Low BEAT(ロービート) 発売日・バックナンバー

全24件中 1 〜 15 件を表示
 最新24号では、アンティークウオッチと長く付き合ううえで、非常に重要な“メンテナンス”についてクローズアップ。
改めてその重要性を考えるとともに、メンテナンスにおける基礎知識や修理実例、さらには国内メンテナンス業界が直面する問題など、様々な角度からメンテナンスの最新事情をお伝えしています。
 そして見どころはもうひとつ。巻頭特集「もっと評価されるべき手巻きムーヴメント」です。
これまで本誌ではオメガの30mmキャリバーやロンジンの12系キャリバーといった傑作機にたびたびフォーカスし、深堀してきました。しかし“機械式黄金期”といわれる当時、優れたムーヴメントはほかにもあります。
今回は、愛好家やショップスタッフらからいただいたご意見を参考に、“もっと評価されて然るべき”手巻きの良作8機種を紹介しています。
 ほかにも耐磁時計の源流ともいえるIWCのインヂニュアの魅力を再考する「アンティーク解体新書」など読み応え十分な特集や、『国産腕時計』増補版の執筆者で知られる本田義彦氏による「JAPAN WATCH 再考」、「男の身だしなみ講座」といった人気連載も。
今回も充実した内容でお届けしています。


コンテンツ  LowBEAT No.24

●アンティーク時計と長く付き合う メンテナンス読本
●識者が選ぶ、もっと評価されるべき手巻きムーヴメント8傑

●名機礼讃 ZENITH/ROLEX/HEUER/VACHERON CONSTANTIN
●アンティーク 解体新書 File No.13
 耐磁時計の源流・軍用時計の耐磁技術を活用し新しいジャンルを開拓 インヂュニアの魅力
●自身のコレクションから自慢の時計を厳選して紹介
 愛好家自慢の逸品時計図鑑

●“オンラインウォッチアカデミー”がフェア参戦!
 時計分解・組み立ての体験レッスンをレポート
●世界最大規模の時計ECサイトで愛好家ライフがさらに充実
 腕時計だけじゃない。Chrono24なら探していた時計パーツも手に入る!

●アンティークショップこだわりの逸品30選
●丸の内エリアに初のアンティークウオッチ専門店が誕生
 業界を牽引する“ケアーズ”の新たな挑戦
●アンティークの魅力を伝え続ける名店たち Antiques SHOP GUIDE

●銀座の名店シェルマンで手に入れる オーデマ ピゲのドレスウオッチ5選
●コレクター白苺が綴るアンティークウオッチエッセイ Vol.21
 白苺のムーヴメント偏愛「セイコーの懐中時計の面白さについて」
●小振りだけど存在感を主張する絶妙なサイズ感
 人気が再燃 35mm以下のドレス系ロレックス
●シチュエーション別に指南 男の身だしなみ講座 【File.06】コート
●ウオッチトレンドを考える。第14回
最近気になる、ネオヴィンテージな時計
●JAPAN WATCH 再考  国産腕時計の知られざる真実をひも解く
 第14回「個人的に評価している国産手巻きムーヴメント」
●歴史に消えた「キワモノ」時計 第8回【トゥルービート④】
●嗜好の時間
●海外ショップ情報 ファッショニスタの3代目が家業を受け継ぐ
 香港の老舗アンティークショップ“BERNE HOROLOGY”
1,925円
1,925円
 最新23号では、主に1950年代から70年代にかけて製造された“国産時計”をクローズアップ。
時計産業では後発国であった日本ですが、戦後、飛躍的に技術力を高め、目覚ましい発展を遂げていきました。
そしてこの時期、“国産初”を冠した腕時計が次々と生まれています。
今回の特集では、こうした国産のエポックピースをジャンル別にフィーチャーし、その歴史的な背景や魅力を紹介するとともに、それぞれのジャンルにおける買い方指南をお伝えしています。

 ほかにも見どころは満載です。誕生60周年を迎えた2023年に新作が発表されたことでも大きな話題となったロレックスの傑作クロノグラフをクローズアップした「デイトナ礼讃」や、ジャガー・ルクルトのメモボックスを取り上げた「アンティーク解体新書」といった読み応え十分な特集のほか、『国産腕時計』増補版の執筆者で知られる本田義彦氏による「JAPAN WATCH 再考」、「愛好家自慢の逸品時計図鑑」などの人気連載も掲載。今回も充実した内容でお届けしています。

コンテンツ

●エポックピースで振り返る国産腕時計
●誕生から60年。名優が愛した傑作クロノグラフ “デイトナ”礼讃
●名機礼讃 PATEK PHILIPPE&MOVADO/BLANCPAIN/ROLEX/OMEGA
●アンティーク 解体新書 File No.12 ジャガー・ルクルト メモボックス
●自身のコレクションから自慢の時計を厳選して紹介 愛好家自慢の逸品時計図鑑
●アンティークの魅力を伝え続ける名店たち Antiques SHOP GUIDE
●アンティークショップこだわりの逸品45選
●銀座の名店シェルマンが提案する
付属品とともに楽しむアンティークウオッチ6選
●コレクター白苺が綴るアンティークウオッチエッセイ Vol.20
白苺のムーヴメント偏愛「オメガの大型天文台クロノメーターについて」
●JAPAN WATCH 再考 国産腕時計の知られざる真実をひも解く
第13回「セイコークラウンとシチズンホーマー(と、その派生機たち)」
●シチュエーション別に指南 男の身だしなみ講座 【File.05】シューズ
●希少性による高いコレクター性が魅力
流通量の少ないレアモデル ミルガウスとサンダーバード
●キュリオスキュリオが全面協力。4月28日(金)発売『軍用時計大全』
その充実した内容を一部ご紹介!
●ウオッチトレンドを考える。
第13回 アンティークウオッチ夜明け前から現在までの歴代人気モデルを紹介
●歴史に消えた「キワモノ」時計 第7回【トゥルービート③】
●嗜好の時間
●“第4回アンティーク時計フェア”の見どころをご紹介
●腕利きの鑑定士に直撃取材! アンティークウオッチのプロフェッショナルたち
●海外ショップ情報 金無垢時計を中心にしたこだわりの品揃えと充実したアフターサービス
“ヴィンテージゴールドウオッチズロンドン”
1,925円
1,925円
最新22号では、軍用として進化・発展していった“航空時計”にクローズアップ。かつてパイロットの命にも関わる重要な計器のひとつであった航空時計は、各時代における最新技術が盛り込まれ、高い信頼性だけでなく、用途に合わせて機能性も充実させていきました。本特集ではそんな航空時計の歴史を振り返るとともに、傑作と呼ばれるモデルの実力と魅力に迫っています。

そして見どころはもうひとつ。世界的にも特異なマーケットを形成してきた日本のアンティーク市場にフィーチャーした「先駆者の証言で辿る アンティーク市場を振り返る」です。日本でアンティークウオッチに特化した市場が形成されたのが1980年代の後半とされており、本特集では黎明期を知る先駆者の証言とともに、その知られざる歴史を振り返っていきます。

ほかにも「エクスプローラーIの変遷」、「名門サプライヤーを探る ケース編」といった読み応え十分な特集や、『国産腕時計』増補版の執筆者で知られる本田義彦氏による「JAPAN WATCH 再考」、「愛好家自慢の逸品時計図鑑」などの人気連載も掲載。今回も充実した内容でお届けします。


[CONTENTS]
●航空機とともに進化を遂げた空のツールウオッチ“航空時計”
●1980年代の黎明期から2000年代初頭まで 先駆者の証言で辿る アンティーク市場を振り返る
●端正な顔立ちのアドベンチャーウオッチ エクスプローラーⅠの変遷
●名門サプライヤーを探る 第3回 「ケースメーカー」編
●名機礼讃 PATEK PHILIPPE/ROLEX/LONGINES/VACHERON CONSTANTIN/GALLET
●自身のコレクションから自慢の時計を厳選して紹介 愛好家自慢の逸品時計図鑑
●「第3回 アンティーク時計フェア in 銀座」両日大盛況で終えたフェアの模様をレポート
●アンティークショップこだわりの逸品50選
●アンティークの魅力を伝え続ける名店たち Antiques SHOP GUIDE

[COLUMN&NEWS]
●銀座の名店シェルマンが推薦する 初めてのアンティークウオッチにぴったりの時計8選
●豊富な種類と高級感 ドレス系ロレックスの最高峰 デイデイトの魅力
●コレクター白苺が綴るアンティークウオッチエッセイ Vol.19
白苺のムーヴメント偏愛「IWCの薄型懐中時計ムーヴメントCal.73と77について」
●便利な機能が満載のChrono24アプリを実際に体験!
●JAPAN WATCH 再考 国産腕時計の知られざる真実をひも解く
第12回「オリエントの初期ダイバーズウオッチ」
●仕様違いがマニア心を刺激 国産アンティークの花形 グランドセイコーの魅力
●ウオッチトレンドを考える。第12回
クロノグラフの顔も、人の顔も十人十色。好みの顔を見つけよう
●歴史に消えた「キワモノ」時計 第6回【トゥルービート②】
●【新連載】嗜好の時間
●海外ショップ情報 入門機からマニア受け必須のユニークモデルまで粒揃い
“クール ヴィンテージ ウォッチ”
1,925円
1,925円
めでたく創刊10周年を迎えた21号では、アンティークにおいても人気ジャンルの“ダイバーズウオッチ”にスポットを当てています。機械式時計にとって古くからの弱点であった“水”に対して、時計メーカー各社はどのような対策を採り克服していったのか。その進化を辿りつつ、ロレックスのサブマリーナーをはじめ、現代にも受け継がれる傑作ダイバーズウオッチの魅力を深掘りしています。

またこのほかにも、誕生50周年を迎えた航空時計の金字塔、ブライトリングのナビタイマーにフォーカスした「アンティーク 解体新書」や連載2回目となる「名門サプライヤーを探る エボーシュSA編」といったツウ好みな小特集をはじめ、『国産腕時計』増補版の執筆者で知られる本田義彦氏による「JAPAN WATCH 再考」、老舗百貨店の名物バイヤーが監修する「男の身だしなみ講座」などの人気連載も掲載。今回も充実した内容でお届けしています。

【主な内容】
●防水を追求して行き着いた最強ジャンル
 ダイバーズウオッチ再考
●アンティーク 解体新書 File No.11
 回転計算尺をアイコンとする航空時計の名機 ナビタイマーのすべて
●名門サプライヤーを探る 第2回 「ムーヴメント(エボーシュSA)」編

●名機礼讃 OMEGA/PATEK PHILIPPE/ETERNA/BREITLING
●愛好家自慢の逸品時計図鑑
●急速な発展を遂げた国産ダイバーズ
●シチュエーション別に指南 男の身だしなみ講座 【File.04】バッグ
●ロレックスとパーツを共有しつつ独自性を主張
 本家デイトナと一線を画すチュードル クロノグラフの魅力
●コレクター白苺が綴るアンティークウオッチエッセイ Vol.18
 白苺のムーヴメント偏愛「パテックを上回るといわれるティファニー懐中時計について」
●JAPAN WATCH 再考 国産腕時計の知られざる真実をひも解く
 第11回「変わり種時計の魅力」
●ウオッチトレンドを考える。第11回
 人形も時計も顔が命。 時計界においては美白ならぬ美黒が人気の的
●歴史に消えた「キワモノ」時計 第5回【トゥルービート】
●海外ショップ情報 アンティークに魅入られたオーナーが仕入れた美品のみが並ぶ
 “シュック ザ オイスター”

●アンティークショップこだわりの逸品50選
●アンティークの魅力を伝え続ける名店たち Antiques SHOP GUIDE
●銀座の名店シェルマンが推薦するビギナーからコレクターまで楽しめる名品7選
●アンティークウオッチ業界の“黒船”が赤坂に来航
 アンティークとお酒が楽しめる“黒船時計古酒店”今夏オープン
●横浜の趣ある商店街に店舗を構えるアンティーク専門店
 ファイアーキッズが業界の重鎮・野村氏を迎えフルリニューアル
1,925円
1,925円
2012年に創刊した小誌も、おかげさまで、今回20号目を迎えることができました。そこで、節目の号ということもあり、原点に戻って“アンティークウオッチの魅力”について深掘りし、さらにまだアンティークを手にしたことのない初心者に向けた“基礎入門”として、選び方のポイントなどを解説する「はじめてのアンティーク時計 基礎入門」をお届けします。

 またこのほかにも、「1950年代に花開いたアラームウオッチを再考する」や「国産スポーツモデルの源流、アルピニストの魅力」、「名門サプライヤーを探る 第1回ブレスレットメーカー編」といったツウ好みな小特集をはじめ、『国産腕時計』増補版の執筆者で知られる本田義彦氏による「JAPAN WATCH 再考」、ケアーズの川瀬氏による「メンテナンス道」などの人気連載コラムも掲載。今回も充実した内容でお届けしています。

【主な内容】
●はじめてのアンティーク時計 基礎入門
●1950年代に花開いたアラームウオッチを再考する
●名機礼讃 PATEK PHILIPPE/ROLEX/OMEGA/GALLET
●アンティーク 解体新書 File No.10
 国産スポーツモデルの源流「アルピニストの魅力」
●愛好家自慢の逸品時計図鑑
●名門サプライヤーを探る 第1回「ブレスレットメーカー」編
●アンティークショップこだわりの逸品50選
●アンティークの魅力を伝え続ける名店たち Antiques SHOP GUIDE
●銀座の名店シェルマンが推薦する
 シンプル系アンティークウオッチの名作4選
●本家ロレックスより手に入れやすい相場も魅力
 独自のコレクションを築いたチュードル サブマリーナー
●シチュエーション別に指南 男の身だしなみ講座
1,925円
1,925円
〈特集〉意外な掘り出し物が見つけられるかも マイナー&無名ブランドの楽しみ方教えます。
実力派エボーシュメーカーの名機を搭載 無名ブランドが手がけた秀作クロノグラフ
時代性を感じる意匠に注目 マイナー&無名の個性派3針
名店シェルマン銀座で見つける マイナーブランドの知られざる良作7選
連載企画「名機礼讃」
自身のコレクションから自慢の時計を厳選して紹介 愛好家自慢の逸品時計図鑑
歴史に消えた「キワモノ」時計 第3回【ジャンピングアワー③】
シチュエーション別に指南 男の身だしなみ講座 【File.01】夏のアンティークウオッチの楽しみ方
オールドパテック入門【第2章】名門を名門たらしめた傑作ムーヴメントを紐解く
軍用時計詳細ファイル⑤ 耐磁機能を備えた軍用パイロットウオッチの代表作 イギリス軍用時計“マーク11”
愛好家座談会 ビギナーのための失敗しないアンティーク選び 最終回 いまも忘れえぬ入手した時の興奮、「昂ぶった」時計を振り返る
JAPAN WATCH 再考 国産腕時計の知られざる真実をひも解く 第9回「キングセイコーについて考える」
絶妙なサイズで装着感も抜群 小顔が魅力。36mmアンダーのロレックス
誕生から50年を迎えた注目のエクスプローラーⅡを再考Ref.1655
時代背景を物語るもうひとつの主役 取材中に見つけた時計付属品&販促物
ウオッチトレンドを考える。第9回 小さきものはみな美しい。ミニマムサイズの時計に気持ちが揺れ動くこの頃。
アンティークショップこだわりの逸品55選
クラウドファンディングで出版化を実現“アンティーク国産時計”発売中
国内屈指の品揃えを誇る注目店 黒船時計店が選ぶ こだわりの時計図鑑
アンティークの軍用時計専門店“キュリオスキュリオ”が監修! イギリス空軍に採用されたバンブーブレスレットを完全復刻
海外ショップ情報 ツウ好みなブランドが多く並ぶ、スペインの注目ショップ“Watches83”
Dr・川瀬のメンテナンス道 其の十六「ジャンピングアワー」
Antiques SHOP GUIDE
設計の妙が光る ロレックス トリカレムーヴの実力
スーツスタイルにこそさりげなく合わせたい 20万円台でも買えるロレックスの手巻きモデル
1,925円
1,925円
今号の大特集は時計界の最高峰と称されるパテック フィリップに焦点に当てた「オールドパテック入門【第1章】」です。アンティークウオッチを語るうえでも欠かせないこのビッグブランドについて、今号から数回にわたってビギナーにもわかりやすく、その魅力を解説。第1章となる今回は、その歴史を振り返りながら歴代モデルを俯瞰していきます。もうひとつ注目は、国産潜水時計の原点でもあるセイコーのヒストリカルモデルにスポットを当てた「セイコーダイバーズの魅力」です。そのファーストモデルから1975年に発表された600m防水モデルまで進化の歴史を辿ります。
 またこのほかにも、老舗百貨店バイヤーが教える「大人の身だしなみ講座」や、歴代サブマリーナーで最も製造期間が長いRef.5513にスポットを当てた特集も。もちろん、好評の連載企画「軍用時計詳細ファイル」をはじめ、『国産腕時計』増補版の執筆者で知られる本田義彦氏による「JAPAN WATCH 再考」やケアーズの川瀬氏による「メンテナンス道」などの人気連載コラムも掲載。今回も充実した内容でお届けしています。


●【第1章】歴史から歴代モデルを俯瞰する オールドパテック入門
●アンティーク 解体新書 File No.08 実用重視で世界に挑んだ国産潜水時計の原点 「セイコーダイバーズの魅力」
●歴代ナンバー1のロングセラーを徹底解剖 サブマリーナーRef.5513大研究
●軍用時計詳細ファイル④ イギリス陸軍用時計“W.W.W.”
●シチュエーション別に指南 男の身だしなみ講座〈ビジネス〉
●名機礼讃
●アンティークの魅力を伝え続ける名店たち Antiques SHOP GUIDE
●歴史に消えた「キワモノ」時計【ジャンピングアワー②】
●JAPAN WATCH 再考 第8回「グロリアンシチズンとシチズンの意地」
●白苺のムーヴメント偏愛「希少ムーヴメントとして知られるプゾー260について」
●ウオッチトレンドを考える。第8回「アンティーク時計は同年代のブレスを装着して完成する。」
●愛好家座談会 第11回「選び方・着け方に変化がウィズコロナ下のアンティーク」
●愛好家からビギナーまで幅広く支持される名店選りすぐりのアンティーク[シェルマン]
●スポーツロレックスの代名詞 サブマリーナーの魅力再考
●海外ショップ情報「アール・デコ リストウオッチズ」
●Dr.川瀬のメンテナンス道 其の十五「耐震装置」
●アンティークショップこだわりの逸品54選
●俳優・木下ほうか氏と編集部がタイアップ あのリベットブレスを忠実に再現
1,925円
1,925円
〈特集〉全7メーカーを検証する 自動巻きクロノ徹底解剖
「第3回 アンティーク時計フェア in 銀座」開催延期のお知らせ
コレクター白苺が綴るアンティークウオッチエッセイ Vol.14 白苺のムーヴメント偏愛 「現代のムーヴメントにも繋がる魅力的なダブルバレルについて」
卓越した審美眼をもつ 名店シェルマンがセレクト 珠玉のアンティークセレクション
連載企画「名機礼讃」
【新連載】歴史に消えた「キワモノ」時計 第1回【ジャンピングアワー①】
愛好家座談会 ビギナーのための失敗しないアンティーク選び 第10回 ショップとメーカー・美意識のせめぎあい 戦前ショップウオッチの魅力
自身のコレクションから自慢の時計を厳選して紹介 愛好家自慢の逸品時計図鑑
アンティークロレックスの定番機 デイトジャストの魅力再考
軍用時計詳細ファイル③ ドイツ時計の流れを汲む高性能フライバッククロノを運用 フランス空軍用クロノグラフ
サプライヤーから知るディープなアンティークの世界 第11回「Martel Watch Company」
アンティークショップこだわりの逸品55選
ニッポンの時計史 其の三 昭和の後半
JAPAN WATCH 再考 国産腕時計の知られざる真実をひも解く 第7回「東京オリンピックと 1964年」
「名機礼讃」 番外編 SEIKO
初心者向けの定番機からマニア目線の狙い目まで 30万円以下で愉しむアンティーク
【新連載】ムーヴメントからひも解く古典機械の魅力 懐中時計一生モノ 第1回 [HAMILTON ハミルトン]
違いはサインの有無だけ?魅惑のダブルネームを追え
アンティークの服飾的愉悦論 最終回 “移行期に製造された 腕時計顔の懐中時計”
ウオッチトレンドを考える。第7回 何も足さない。何も引かない。 ドレスウオッチこそ まさに大人の時計
Dr・川瀬のメンテナンス道 其の十四「プッシャー」
海外ショップ情報 時計に加えて希少なオリジナルパーツも販売する異色の時計ショップ “ヴィンテージウオッチ フィーバー”
Antiques SHOP GUIDE
1,925円
1,925円
今号の大特集「その道を極めた!愛好家8人が選ぶ最良の1本」は、タイトルずばり特定のジャンルやブランドに特化して収集するアンティーク愛好家8人に、自身の経験を踏まえて“最良の1本”と思うモデルを挙げてもらい、そのモデルの何がいいのかなど、魅力を深掘りしていく内容です。ユーザーという立ち位置にある彼らの意見は、まさに生きた情報であり購入するうえで色々と参考になるはずです。また2019年は時計界において様々なエポックメイキングやエピソードが生まれた1969年から、ちょうど50年目の節目に当たります。そこで、“自動巻きクロノグラフとクォーツ”というエポックメイキングの開発の背景を辿った巻頭特集、“ムーンウオッチ”の称号を得たオメガのスピードマスターにスポットを当てた50周年特別企画を二本立てでお届けしています。
 前回からスタートした連載企画「軍用時計詳細ファイル」や「ニッポンの時計史」のほか、『国産腕時計』増補版の執筆者で知られる本田義彦氏による「JAPAN WATCH 再考」やケアーズの川瀬氏による「メンテナンス道」などの連載コラムもお見逃しなく。今回も充実した内容でお届けしています。


●その道を極めた!愛好家8人が選ぶ最良の1本
●誕生50周年特別企画 自動巻きクロノとクォーツ 開発の背景を探る
●スピードマスターが月に降り立って50年 オメガ ムーンウオッチ徹底研究
●軍用時計詳細ファイル② チェコスロバキア空軍用時計
●ニッポンの時計史 其の二 昭和の前半
●名機礼讃
●アンティークの魅力を伝え続ける名店たち Antiques SHOP GUIDE
●JAPAN WATCH 再考 第6回「1969年にセイコーが到達した三つの頂点」
●白苺のムーヴメント偏愛「新旧ロレックスの違いからロレックスの楽しみ方を考える」
●アンティークの服飾的愉悦論「オフィサートラウザーがベースのパンツと軍用クロノ」
●ウオッチトレンドを考える。第6回「月の満ち欠けが見せる ロマンに満ちた時計は腕に着けた小宇宙だ」
●愛好家座談会 第9回「30年代万能シンプルラウンドとキャラ立ち時計の使いまわし」
●ディープなアンティークの世界 第10回「Jacoby-Bender, Inc.」
●海外ショップ情報「アンワインド イン タイム」
●Dr.川瀬のメンテナンス道 其の十三「FBケース」
1,925円
1,925円
特集企画「現代まで受け継がれるアイコニックピース 不滅の定番機 10選」
コラム「アンティークの服飾的愉悦論」
連載企画「愛好家自慢の逸品時計図鑑」
名店シェルマンで味わう 珠玉のアンティーク5選
軍用時計詳細ファイル① ドイツ軍用クロノグラフ
コラム「コレクター白苺が綴る アンティークウオッチエッセイ Vol.12 白苺のムーヴメント偏愛 「生物的な印象すら感じられる ミネルヴァの魅力について」
コラム「SPECIAL VINTAGE TUDOR BY JACKROAD 独自のスタイルを築いた チュードル クロノグラフの魅力」
連載企画「名機礼讃」
【新連載】ニッポンの時計史 其の一 明治~大正時代
コラム JAPAN WATCH 再考 国産腕時計の知られざる真実をひも解く 第5回「キングセイコー クロノメーターと1969年」
コラム「サプライヤーから知るディープなアンティークの世界 第9回「Le Porte- Echappement Universel SA」
ウオッチトレンドはここから生まれる!? 海外オークションの最新動向を探る
コラム「愛好家座談会 ビギナーのための失敗しないアンティーク選び 第8回 ウオッチマニアが考えるアンティーク時計の定番とは」
コラム「ウオッチトレンドを考える。第5回 角金=手巻きとお考えの貴兄に 意外な隠し玉をご紹介」
アンティークショップこだわりの逸品55選
コラム「海外ショップ情報 ドレスから実用時計まで、通好みのモデルを揃えるウェブショップ “ヴィジョンヴィンテージ”」
アンティークとともに時を刻む ケアーズが創業30周年
LowBEAT アンティーク時計フェア in 銀座 “第2回アンティーク時計フェア”の開催迫る! 今回の見どころをご紹介
Antiques SHOP GUIDE
1,925円
1,925円
アンティーク業界において、なかには、“70年代モデルはアンティークと見なされない”というご意見があるかもしれませんが、近年の70年代リバイバルブームが示すとおり、この時代特有の独特なデザインが世界的にも再評価されたいま、『LowBEAT』ならではの視点で、この時代特有のデザインを再考しています。また特集では“スペースエイジ”、“モータースポーツ”、“カラー文字盤”、“ラグジュアリースポーツ”、“デジタル”の五つのカテゴリーに分けて、それぞれのデザイン特徴や時代背景などにも迫っていきます。さらに今号は、もうひとつの柱としてロレックスのGMTマスターを取り上げています。1955年に発表されたファーストモデルからGMTマスターⅡを含む5桁レファレンスまで、歴代モデルの変遷だけでなく、相場感や購入のポイントまでを解説しています。また、今号では読者からの要望も多くいただいていた懐中時計の中特集も。「はじめての懐中時計」と題して、国別で購入のポイントを解説しています。もちろん『国産腕時計』増補版の執筆者で知られる本田義彦氏による「JAPAN WATCH 再考」や「Dr.川瀬のメンテナンス道」など、連載コラムも見逃し厳禁な充実した内容となっています。

【主なコンテンツ】
●スイス時計産業が斜陽の時代に活路を見出した 70sデザインを考察する。
●アンティーク 解体新書 File No.08「ROLEX GMT-MASTER」
●ミリタリーウオッチの魅力 第6回「各国軍用時計のすべて」
●ポケットに入れて楽しもう! 初めての懐中時計
●名機礼讃
●愛好家自慢の逸品時計図鑑
●〈イベントレポート〉LowBEAT アンティーク時計フェア in 銀座
●アンティークの魅力を伝え続ける名店たち Antiques SHOP GUIDE
●白苺のムーヴメント偏愛「いまでは失われてしまった、ポール・ビューレの名品たち」
●アンティークの服飾的愉悦論「カザールと1970年代の個性派時計」
●ウオッチトレンドを考える。第4回「オリンポスの復刻モデル登場にコレクターたちがざわついた」
●JAPAN WATCH 再考 第4回「セイコー ロードマーベルと1958年」
●愛好家座談会 第7回「ウォッチマニアが“40年代以前”を選ぶ理由」
●ディープなアンティークの世界 第8回「Gay Frères S.A.」
●海外ショップ情報 from USA 「ウオッチスティーズ」
●Dr・川瀬のメンテナンス道 其の十二「パッキン」
1,925円
1,925円
いまでこそエスタリブールとしてのイメージが定着してしまったロンジンですが、かつて懐中時計時代には各天文台コンクールで数々の輝かしい成績を残し、さらに腕時計時代に入っても自社でクロノグラフムーヴメントまで手がけた屈指のマニュファクチュールブランドでした。今号は、アンティークにおいて欠かすことのできないこの「ロンジン」にスポットを当て、ムーヴメントと傑作モデルという二つの視点から魅力を再考。46ページの大ボリュームでお届けします。
また5回目を数える好評の連載企画「ミリタリーウオッチの魅力」では、今回、日本軍用時計を取り上げ、初期の軍用時計から、謎の多い自衛隊時代の時計までマニアックなモデルを紹介しています。さらに、バルジューとともに2大クロノグラフメーカーとして君臨したヴィーナスをピックアップしたアンティーク解体新書のほか、ケアーズの川瀬氏よる「Dr.川瀬のメンテナンス道 ハック機構」、国産腕時計研究者、本田氏による「JAPAN WATCH 再考」といった連載コラムも。今回も見逃し厳禁な充実した内容となっています。

【主な内容】
●ミリタリーウオッチの魅力 第5回「日本軍用時計のすべて」
●高級機から普及機まで手がけたクロノグラフの名手 ヴィーナスの魅力
●愛好家自慢の逸品時計図鑑
●名機礼讃
●白苺のムーヴメント偏愛⑨「自分で制御して楽しめる魅力。複雑懐中時計の魅力について」
●ウオッチトレンドを考える。第3回 哀愁のゼンマイ式置き時計
●JAPAN WATCH 再考 第3回「62グランドセイコーとセイコーの自動巻きについて考える」
●サプライヤーから知るディープなアンティークの世界 第7回「THOMAS FIRTH&SONS」
●アンティークの服飾的愉悦論 “サイコバニーのネクタイと金ケースクロノ”
●愛好家座談会 第6回「探れば探るほど深淵に。アンティークロンジンの魅力」
●海外ショップ情報From HONGKONG ヴィンテージコンセプト
●Dr・川瀬のメンテナンス道 其の十一「ハック機構」
●最高のオールド・パテックと巡り合う シェルマン銀座店
●愛好家の好奇心を掻き立てる SPECIAL VINTAGE ROLEX BY JACKROAD
1,925円
1,925円
近年、アンティーク市場は特に人気モデルの高騰ぶりが際立っており、初心者にはなかなか手が出しにくい状況です。そこで、今号は「隠れた逸品教えます。」と題して、まだそれほど注目されていないながらも、意外とお買い得な実力派を編集部が厳選した大特集を企画しました。ピックアップしたモデルはロレックスのサンダーバードやオメガのコンステレーションといった名を知られつつもまだまだお値打ちなモデル。そしてユニバーサルのポールルーターやオメガのジュネーヴなど、実力の高さに反してあまり注目されていないモデルまでを、計34Pにわたって紹介していきます。また今回は、フリーポートであることから時計の中継地として賑わう香港の現地取材「究極のロレックスを求めて…」なども掲載しています。さらに、好評の連載ミリタリーウオッチ企画では、アメリカ軍用時計にスポットを当てているほか、ロレックスの最高峰に位置づけられているデイデイトを取り上げた中特集もお届けします。もちろん、前回からはじまった本田義彦氏による「JAPAN WATCH 再考」をはじめ、10回目を迎えたDr.川瀬のメンテナンス道「モバード」といった連載企画も。今回も愛好家も見逃し厳禁な充実した内容となっています。

【主な内容】
●“時計の中継地”香港から現場レポート 究極のロレックスを求めて…
●愛好家自慢の逸品時計図鑑
●ミリタリーウオッチの魅力 第4回「アメリカ軍用時計のすべて」
●名機礼讃
●ロレックスの本流にして金時計の最高峰 デイデイトを再考する
●白苺のムーヴメント偏愛「懐に優しくも最高峰の仕事。ハイエンド懐中ムーヴメント」
●ブレゲ不朽の傑作 TYPE ⅩⅩ
●ウオッチトレンドを考える。
●サプライヤーから知るディープなアンティークの世界「JOSEPH FAHYS & Co.」
●JAPAN WATCH 再考「引き続きグランドセイコーについて考える」
●海外ショップ情報 「ナコの注目店“オンリーヴィンテージ”」
●アンティークの服飾的愉悦論“ワークスタイルで楽しむアメリカ金時計”
●収集家が写真で魅せる美しいムーヴメント『懐中時計』
●愛好家座談会 ビギナーのための失敗しないアンティーク選び「これから注目しておくべき隠れた逸品アンティークとは」
●懐中時計綺談
●Dr.川瀬のメンテナンス道 其の十「モバード」
1,925円
1,925円
現代における機械式腕時計の標準ともなっている自動巻き機構。しかし本当に普及したのは、この半世紀のことに過ぎません。1777年に生まれたとされる自動巻き機構が、どのような経緯を経ていまに至ったのか。その大まかな歴史を振り返っていくとともに、主要なメカニズムについて徹底解説しています。さらに時計メーカー各社では、どういった設計思想を背景に自動巻き機構を完成させていったのか。各社における自動巻き機構の展開と、いま購入するならば、どの機種が良いのかなどの購入ポイントも交えて紹介。計40Pの大ボリュームでお届けします。また、今回で3回目となるミリタリーウオッチ特集では、現存数が少なく、その希少性でも人気を博す「ドイツ軍用時計」をクローズアップ。そのほかにもアンティーク解体新書 File No.06「ヴァシュロン・コンスタンタン」やDr.川瀬のメンテナンス道「30㎜キャリバー」などの連載企画も必見です。さらに今回から、新たに三つの連載コラムがスタート。『国産腕時計』増補版の執筆者で知られる本田義彦氏による「JAPAN WATCH 再考」。POWER Watchのコラム連載でもおなじみの菅野たけし氏による「ウオッチトレンドを考える。」、そして業界関係者が熱い視線を送る海外ショップ情報といった、愛好家も見逃し厳禁な充実した内容となっています。

[主な内容]
●機械式腕時計の実用性を飛躍的に高めた画期的メカニズム 自動巻き大研究
●愛好家自慢の逸品時計図鑑
●ミリタリーウオッチの魅力 第3回「ドイツ軍用時計のすべて」
●名機礼讃
●アンティーク 解体新書 File No.06「ヴァシュロン・コンスタンタン」
●白苺のムーヴメント偏愛「時計の本質を楽しむのに最適。ユニタスムーヴメントのススメ」
●新時代を示した歴史的タイムピース
【新連載】ウオッチトレンドを考える。
●サプライヤーから知るディープなアンティークの世界「STAR WATCH CASE COMPANY」
●市場を牽引する時計界の絶対王者 ヴィンテージロレックス
【新連載】JAPAN WATCH 再考
【新連載】海外ショップ情報「いま、業界関係者が熱い視線を送るバルセロナの注目店」
●アンティークの服飾的愉悦論“登山靴と軍用時計の機能美を楽しむ”
●収集家が写真で魅せる美しいムーヴメント『自動巻き』
●愛好家座談会 ビギナーのための失敗しないアンティーク選び
「手に取ってみてわかったヴァシュロンの魅力とは?」
●懐中時計綺談
●Dr.川瀬のメンテナンス道 其の九「30㎜キャリバー」
1,925円
1,925円
[主な内容]
●愛好家座談会 ビギナーのための失敗しないアンティーク選び
「日常使いにふさわしいアンティークの条件とは?」
●愛好家自慢の逸品時計図鑑
●時計機能のみを追求した質実アンティーク。
ミリタリーウオッチの魅力「イギリス軍用時計のすべて」
●名機礼讃
PATEK PHILIPPE/ROLEX/C.E.LARDET/LONGINES
●実用性抜群の傑作機
1500系キャリバー搭載サブマリーナ
●ツウも太鼓判を押す実用アンティークの雄
MOVADO「ディテシャイム時代のモバード」~入門編~

今号は、発刊5周年を記念して32ページの増ページでお届けする特大号です。巻頭ではその記念企画として「毎日使えるアンティーク時計」をテーマに、読者や本誌に登場してくれた、あるいは連載コラムを担当するアンティーク愛好家。そして時計ジャーナリスト兼時計専門誌クロノス編集長の広田雅将氏ほか業界の専門家など、いつもロービートを支えてくれているみなさんが選んだムーヴメント25機を紹介。なぜ支持されるのか、その理由を購入ポイントなども交えながら解説します。まさにビギナーも必見です。
また、本誌初企画となるスポーツ系ロレックスの記事「1500系キャリバー搭載 サブマリーナ」は、自動巻きムーヴメントの傑作といわれるCal.1530から始まる1500系のムーヴメントを搭載した1960年代のサブマリーナに焦点を当てた特集。1500系はなぜ傑作と言われるのか。そして、当時販売されていた3種類のサブマリーナについてもその違いや特徴、歴史的経緯などを詳細に解説します。
前号から続くミリタリーウオッチの中特集、2回目はいまでも使える軍用時計として最も有名な「イギリス軍用時計」をクローズアップ。そのほかにもアンティーク解体新書 File No.05「モバード」やDr.川瀬のメンテナンス道「ブレスレット」などの連載企画も必見です。
おすすめの購読プラン

Low BEAT(ロービート)の内容

  • 出版社:交通タイムス社
  • 発行間隔:年2回刊
  • 発売日:4,10月の20日
  • サイズ:A4ワイド版
アンティークウオッチ専門誌
機械式腕時計の黄金期ともいわれている1960年代以前の名機に焦点を当て、その魅力を多角的に紹介する業界唯一のアンティークウオッチ専門誌。

Low BEAT(ロービート)の目次配信サービス

Low BEAT(ロービート)最新号の情報がメルマガで届く♪ メールアドレスを入力して登録(解除)ボタンを押してください。

※登録は無料です
※登録・解除は、各雑誌の商品ページからお願いします。/~\Fujisan.co.jpで既に定期購読をなさっているお客様は、マイページからも登録・解除及び宛先メールアドレスの変更手続きが可能です。
以下のプライバシーポリシーに同意の上、登録して下さい。

定期購読のプレゼント

腕時計用ナイロンベルト「グレータイプ」
対象購読プラン:1年
時計バンドメーカーの国内最大手「バンビ」とパワーウオッチのコラボ企画で実現した、ミリタリー調の特製ナイロンベ ルト。ファッションとのコーディネイトしやすいシンプルな無地のグレータイプです。
  • プレゼントの種類が複数ある商品をご購入の際は、定期購読ページのプルダウンでご希望の種類をお選びの上、「買い物かごに入れる」を押してください。
  • プレゼントは品切れ等の理由により、代替品をお送りする場合がございます。あらかじめご了承ください。
  • プレゼントは、原則として、お申し込み後の変更は承りかねますので、ご注文の際は、ご注意ください。
  • 読者へのプレゼントに関しましては、雑誌とは別便でお送りする場合があります。
  • また、お届けまで、1ヶ月ほどお時間をいただく場合がございますので、ご了承ください。

今すぐ読める無料記事

この雑誌の読者はこちらの雑誌も買っています!

Low BEAT(ロービート)の所属カテゴリ一覧

Fujisanとは?

日本最大級雑誌の定期購読サービスを提供

デジタル雑誌をご利用なら

最新号〜バックナンバーまで7000冊以上の雑誌
(電子書籍)が無料で読み放題!
タダ読みサービスを楽しもう!

総合案内
マイページ
マイライブラリ
アフィリエイト
採用情報
プレスリリース
お問い合わせ
©︎2002 FUJISAN MAGAZINE SERVICE CO., Ltd.