I LOVE MAGAZINES!キャンペーン |500誌以上の雑誌が最大50%OFF!

Them magazine(ゼムマガジン) 発売日・バックナンバー

全54件中 1 〜 15 件を表示
1,500円
2014年創刊のメンズファッション・カルチャー誌「Them magazine」10周年を迎える。4月号は「BEST TEN」と題し、この10年を振り返る。
「ファッション界の10大ニュース」や「ファッションジャーナリストが選ぶ、この10年でのベストショー」、「カルチャーの10年など」の読み物企画や、2024ssシーズンのアイテムを使用したファッションストーリーを掲載。また10周年を記念し、創刊号のカバーデザインのノートブックを付録する。
1,500円
昨年のユーロ・ヴィンテージ号に続き、2月号は「EUROPEAN VINTAGE CATALOG 」と題し、昨年を超える情報量でヴィンテージの魅力を紹介する。デザイナーズアーカイヴ、ユーロ古着の物撮りカタログページや、名品をメインに使用したファッションシューティングを掲載。注目のヴィンテージを扱うショップ取材はもちろん、ヴィンテージと新品のどちらにも愛を注ぐファッショニスタが直面する「ヴィンテージと新品のどっちを買うのか」という難題に切り込んだ取材ページも必見。ユーロ・ヴィンテージの魅力を完全網羅した永久保存版となっている。

■特集内企画
・ヨーロピアン ヴィンテージ カタログ
・デザイナーズアーカイヴ カタログ

■特集内ファッションストーリー
・ユーロの名品
・ヴィンテージコート
・LAILA TOKYO

■特集内取材
・ユーロヴィンテージショップの現在地
(Mél、sinot.clothing、KIT VINTAGE、SIRTURDAY、coussinet、VIE ET NOUVEAU、国立外套店)
・ヴィンテージと新品どっち買う?
(坂田真彦、小島惇史、小林新、金子恵治)
・ヴィンテージと新品を置く店
(ARCH、L'ECHOPPE、St-pour homme)
・フレンチヴィンテージを現代に昇華させた二人の日本人
(outil-宇多悠也、AUBERGE-小林学)
・BERGFABEL
・Miss Dianna

■特集外ファッションストーリー
・DIOR
・BALENCIAGA

■読み物
ジェーン・バーキン AtoZ

and more.
1,200円
12月号のテーマは冬の旅。北欧最大の都市コペンハーゲンでのポートレートやアイスランドを舞台に行ったファッションシューティング、コペンハーゲンの街案内やアイスランドのおすすめスポットを掲載。その他にも、トラベルジャーナリスト寺田直子氏による冬のおすすめホテルや、編集部がセレクトしたアイテムによる冬支度カタログなど、ファッションのみならずライフスタイルの角度からも、弊誌独自の切り口で情報を発信する。これから訪れる寒い季節に抗って、今こそ北へ!


■特集内ファッションストーリー
・アイスランド
・コペンハーゲン etc...
・若手俳優: 水上恒司、奥平大兼、葵揚

■特集内取材
・アイスランドのおすすめスポット
・コペンハーゲン的ライフスタイルガイド

■特集内企画
・写真家・小澤忠恭による日本の七景
・ホテルジャーナリスト・寺田直子が案内する世界のホテル。
・冬支度カタログ

■特集外ファッションストーリー
・JIL SANDER
・GUCCI
・TUDOR
・STONE ISLAND
・HUNTING WORLD
・KIKO KOSTADINOV

[読み物]
スタイルのある映画 Now&Then
『私がやりました』『ティル』 etc...

and more.

1,200円
ガーデン-庭。10月号はガーデンをテーマに展開。国内外の庭園を舞台に行ったファッションシューティングはもちろん、庭園デザイナーやフランスから認められた日本人庭師、庭をインスピレーションとし服作りを行うファッションデザイナーへの取材などを掲載する。庭を形作る自然や植物は、生き物である。そこに庭が存在することは当たり前ではなく、誰かの努力や手助けによって美しく存在し続けられているのかもしれない。
身近に思えるが奥深い、ガーデンについて今一度思いを巡らせたい。

◆特集内ファッションストーリー
・ヨーロピアンガーデン
・グラベルガーデン
・日本庭園


◆特集内取材
・ガーデンクリエイター
パウラ・ウラルギ・エスカローナ、石原和幸
・Tifkit
・モネの庭・川上裕
・グリーンキーパー・柴田智之
・植物ショップ

◆特集内企画
・テリ・ワイフェインバック
・ガーデンパーティ
・おにわさんが選ぶ日本の庭園

[コラム]
・三大庭球場

◆特集外ファッションストーリー
・Dior
・CELINE

◆特集外企画
・トレンドキーワード

[インタビュー]
SETCHU


and more.
1,200円
シンガーと聞いてあなたは誰を思い浮かべるだろう。作詞家や作曲家の思いを声に乗せて届ける者や自らが作った曲を歌う者。それぞれスタイルは異なれど、歌うことを職業とする者がシンガーなのである。ともすれば私たちは、シンガーの何に魅せられるのだろう。歌声や歌唱力、ライブパフォーマンス、はたまたルックスか…8月号のテーマはシンガー。デビューから10年を迎えるKing Krule、SuchmosのフロントマンYONCEを起用したファッションストーリーや、マヒトゥ・ザ・ピーポー率いるGEZANのライブレポート。ロンドンのシンガーYazmin Lacey と小袋成彬、踊ってばかりの国の下津光史と映像作家・山田智和の対談や、多くのシンガーの曲をプロデュースしてきた冨田恵一、注目の若手シンガー5名へのインタビュー、クリエイターの作るプレイリスト、レジェンドシンガーのコラムを掲載。弊誌独自の視点でシンガーの魅力に迫る。

◆特集内ファッションストーリー
①COVER STORY:King Krule
②モデルYONCE(Suchmos)

◆特集内取材
・ライブレポート
マヒトゥ・ザ・ピーポー(GEZAN)
・冨田ラボ
・若手シンガーインタビュー
Hana Hope、イハラカンタロウ、Kamal、UMI、Blondshell
・音楽クリエイターによるプレイリスト
Sapphire Slows、Teppei Kakuda、沖野修也、Neeraj Kajanchi
Jansport J、MARS89、西村仁志、maimie

◆特集内読み物
[対談]
・Yazmin Lacey×小袋成彬
・下津光史×山田智和

[コラム]
・ビリー・ホリデイ
・天から授かった歌声を持つ16人

◆特集外ファッションストーリー
・BALENCIAGA
・DIOR
・GUCCI
・Chrome Heats
・MIKIMOTO
俳優 中川大志

◆特集外企画
・時計カタログ

and more.
1,200円
BoA、「冬のソナタ」、少女時代、KARA、BTS、BLACK PINK、NEW JEANS。社会現象を巻き起こし、経済成長を促した韓国のカルチャー。日本は、ドラマやアイドル、食べ物や美容に至るまで、あらゆる韓国のカルチャーに常に影響されている。なぜなら韓国では、若者を筆頭に、新しいものを作り、それを楽しもうというエネルギーに溢れているのだ。アジアで最も活気のある街、ソウルに向かった。
元モデルでNetflix作品『20世紀のキミ』に出演した俳優のビョン・ウソクのファッションストーリーや、
韓国のインディーズバンドのHYUKOHのヴォーカル、オ・ヒョクをモデルに迎えた撮影のほか、
今年のフジロックに出演するBALMING TIGERのOMEGA SAPIENや、コーチェラで圧巻のパフォーマンスを見せたYAEJI、KUSIKOHCのデザイナー兼フォトグラファーのチョ・ギソクなどに取材を行った。



◆特集内ファッションストーリー
①FEATURE:俳優Byeon WooSeok
②フォトグラファーDASOM HAN、モデルOHHYUK

◆特集内取材
・アーティスト取材
 OMEGA SAPIEN,YAEJI,XIN,CHO GISEOK,ART DEALER

・デザイナー取材
 KANGHYUK,POST ARCHIVE FACTION

・ソウルのショップ取材

◆特集内読み物
・韓国小説「旗」
 作家:JEONG SOYEON、挿絵:CHOI SUNGMIN

◆特集外ファッションストーリー
・DIOR
・HERMES

◆特集外取材
・CELINE

etc...
1,200円
どのようなファッショニスタにも、憧れたファッションアイコンやブランドのコレクションがあるはずだ。
今号ではデヴィッド・ボウイを題材にしたファッションシューティングのほか、フォトグラファーなどのクリエイターたちに加え、今回はファッションに魅了されているお笑い芸人や俳優を取材。
多様なジャンルで活躍する著名人の、ファッションの源に迫る。誰かが羨望の眼差しを向けた、あの人のファッションを目指して。

◆特集内ファッションストーリー
・デヴィッド・ボウイetc...

◆特集内取材
・ビスポーク取材
 FUMIYA HIRANO、MINAMI SHIRTS、EMIKO MATSUDA

・ロンドンの女性テーラー:キンバリー・ミーガン・ロートン

・ファッショニスタの憧れの服、アイコン
 奥平大兼、四千頭身都築拓紀など

・ファッショニスタのこだわりのスタイル
 お笑い芸人みなみかわ、今村怜央など

◆特集外ファッションストーリー
・MIKIMOTO
 lol 佐藤友祐

◆特集外取材
・デザイナー取材
 Olly Sinder

etc...
1,200円
昨年のヴィンテージ号に続き、今号ではヨーロッパヴィンテージをとことん掘り下げる。ヴィンテージはご存知の通り、「沼」なのだ。
古着を用いたファッションシューティングはもちろんのこと、ヨーロッパ現地のショップの紹介、東京のショップがオススメする名品とそのコーディネイトのほか、ファッションだけでなくヴィンテージ 雑貨店も取材した。
ヴィンテージファッションに関する情報が溢れている近年、まだまだ玄人から学ぶことがあるのだと気づく一冊。

◆ユーロヴィンテージ特集内ファッションストーリー
・ブリティッシュトラッド
・レイヴスタイル

◆ユーロヴィンテージ特集内取材
・都内古着屋のスタイル
・ユーロヴィンテージ名品図鑑
・ロンドンのショップ
・東京の古着屋紹介
・ワーク&ミリタリー紹介
・ヴィンテージ雑貨店取材

◆特集外ファッションストーリー
・kiko kostadinov
・Dior ERL
・Balenciaga
 川口力哉
・MIKIMOTO
・Chrome Hearts

◆特集外取材
・クリエイターの選ぶギフト
 武田梨奈、髙木遊、山田健人、Yabiku Henrique Yudiなど
・Kevin Perker

etc...
1,200円
「アイルランド」と聞いて、あなたは何をイメージするだろう。アイリッシュパブ?はたまた、豊かな自然……?
12月号では、アイルランドのファッションから、映画、文学、音楽などを紹介。カメラマンと現地で行なったファッションシューティングをはじめ、ダブリンマップ、アイルランド出身デザイナーやクリエイターのインタビューを掲載する。実は、普段目にしていたものがアイルランド発祥のものだった、なんてことも。今こそ、アイルランドの魅力に浸っていただきたい。


■アイルランド特集
 アイルランドの郊外とダブリンで撮影したファッションストーリー、
 編集部がおすすめするアイルランドのショップ、レストランのマップ、
 クラブハウスなどの音楽事情のほか、
 アイルランド出身のクリエイター、ファッションデザイナーへ行ったインタビューを掲載。
 INTERVIEW WITH Ross Mcdonell,Sinead O'brien,Robyn Lynch,Róisín Pierce

[ファッションクリエイターのお気に入りのニット]
 7名のファッションクリエイターたちによる、私物のニット紹介。

[アランニットの達人]
 静岡県にお店を構え、アイルランドの伝統的なニットであるアランセーターに情熱を注ぐ「ジャック・ノザワヤ」店主の野沢弥一郎氏に取材を行った。

 
■特集外ファッションストーリー
[メンズビューティー]
[Saint Laurent]
[GUCCI]
[BALENCIAGA]
[SUPREME]

■特集外取材
[INTERVIEW WITH DEMNA]

■特集外企画
[ショップの推しアイテム]
 ADDITION ADELAIDE,LAND OF TOMORROW,SSENSE,ZOZOVILLA

and more.
1,200円
アイデンティティ、自己同一性。聴き慣れてしまったようにも思えるこの言葉の意味を、今一度考えてみたい。
私は、あなたは、何者であるのだろうか。
10月号はアイデンティティをテーマに展開。
ファッションの最前線で活躍するデザイナーやバイヤー、クリエイターの核に迫るインタビューや、
女優・三吉彩花、Diorアンバサダーに就任した俳優・横浜流星のファッションストーリーを掲載。
ファッショニスタにとって、「何を着るか」は「どう生きるか」に繋がるのかもしれない。


■特集ファッションストーリー
 ・KENZO
 ・OLIVER SIM from The XX
 ・祐真朋樹×野口強
 ・三吉彩花

■特集読み物
 ・NIGO インタビュー
 ・モードを牽引するデザイナーの遍歴
 ・デザイナーのルーツ(KUDOS,NAMACHEKO,MAGLIANO,SEEKINGS,COMOLI,NOAH)、バイヤーのルーツ(TOMORROWLAND田辺雄一郎、MUKTA宮崎雅也、L'ECHOPPE金子恵治、プライベートセラー石崎孝之、ADELAIDE長谷川左希子、GODARDHABERDASHERY笹子博貴)
 ・日本メンズファッションヒストリー
 ・注目の若手ブランド(AHLUWALIA,SAUL NASH,MOWALOLA,PARIA FARZANEH,LUU DAN)
 ・Z世代のファッションクリエイター

■特集外
 ・Dior with 横浜流星 in Paris
 ・VALENTINO
 ・ERL インタビュー
 ・EGONLAB インタビュー

and more.
1,100円
海外ドラマ、TVドラマ、サブスクのオリジナルドラマ。今やドラマは、時間や場所に限らず、我々の生活に彩りを与えてくれる存在になった。
8月号では、演劇の世界で活躍する俳優に焦点を当てる。かねてより、ラグジュアリーブランドでも俳優をモデルに起用するなど、ファッションと俳優は関係が深いのだ。
若手俳優の笠松将、寛一郎、中島歩のファッションストーリーのほか、バイプレイヤー俳優の徳井優、毎熊克哉のインタビューを掲載。
俳優はハイファッションを纏った時、何を伝えるのか。セリフのない写真の世界での彼らの表現を目に焼き付けてほしい。

■俳優特集ファッションストーリー
 ・笠松将
 ・寛一郎
 ・中島歩
 ・ロンドン演劇集団による群像劇を模したファッションストーリー

■俳優特集読み物
 ・奇怪なバイプレイヤー・徳井優、眼光鋭い若手俳優・毎熊克哉へのインタビュー。
 ・映画スチールカメラマン・金田正
 ・オスカー俳優のスピーチ
 ・PRADAの俳優

■特集外
 編集長がチョイスしたレコードのジャケット60枚を解説。

and more.
1,000円
ANALOGーアナログ。

アナログの良さとはなんだろう。技術の進歩により何もかも便利になっていく中で、忘れている大切なものがあるかもしれない。
6月号は「アナログ」をテーマに展開。バイテンと呼ばれる大判カメラやピンホールカメラ、コラージュによるアナログ的手法でファッションを届ける。
また、レコード、カセットテープ、zine、刺繍、機械式時計、フィルム映画、廃棄物のアート作品などの注目人物にインタビューを行った。今の時代だからこそ発見できるアナログの真髄に迫りたい。



■アナログ特集ファッションストーリー
[LAND CAMERA]
 バイテンという大判カメラで撮影。
 カメラマン:中村和孝

[O]
 ピンホールカメラで撮影。
 カメラマン:木村和平

[VARNISH]
 アートディレクターに沼田創を迎えたコラージュページ。

■アナログ特集読み物
[WET-LAND YOJIRO IMASAKA]
 アーティスト・今坂庸二朗をインタビュー。湿板写真という、薄さ約1mmのガラスの板に薬品を塗ったものを“フィルム”として⼤判カメラに⼊れ、そのガラスにイメージを定着させる古典的な写真。

[DAMMY DAMMY]
 レコード店、メーカー取材。
 Manhattan Records、Beatink、東洋化成 (レコード 造工場)、Ortfon (レコード再生機器メーカー)

[HANDSTAPLED]
 ZINE店、クリエイター取材。
 VOYAGE KIDS(大阪)、TWELVE(京都)、濱田晋、ROB ADER


[AMACHI.]
 山の麓で服作りをしているファッションブランドのアマチ。デザイナーである吉本天地に話を聞いた。

[ANALOG PEOPLE]
 GMKR(廃材アーティスト)、儀間朝龍(段ボールアーティスト)、KENDAI(刺繍アーティスト)、米光一成(ゲームクリエーター)

[SHOP&MUSEUM FOR MANIA]
 advintage(ヴィンテージ時計店)、DUBBY MAD(ラジカセショップ)、ODD TAPE DUPLICATION(カセットテープ)、crevasse(ナノパブリッシャー)、Analogue Life(手工芸品店、国立映画アーカイブ


■特集外
[40 YEARS WITHOUT COMPROMISE:HOW STONE ISLAND MIDE MENSWEAR MODERN.]
 ストーンアイランドのデザイナー・カルロ・リヴェッティにインタビュー。


and more.
1,000円
Le TEMPS de L'AMOURー恋の季節。

もうすぐ、うらうらとした春がやってくる。
暖かくなれば、出かけたくなる。それも一人ではなく、好きな人と。
今月号はデートをテーマに、ロンドン在住の実在するカップルや、水族館でデートする俳優のほか、パパラッチ風にカップルを撮影した。
気鋭の写真家によるデートの短編も見逃せない。
さあ、おしゃれしてデートしに出かけよう!

■デート特集ファッションストーリー
[TWO OF US]
 ジェンダーの組み合わせにとらわれない実際のカップルをロンドンにて撮影。

[THE RIGHT]
 街中のカップルをパパラッチ風に撮影。

[AT THAT TIME YOU WERE...]
 若手俳優をモデルに、水族館を舞台にしたデートストーリー。
 河合 優実、宮田 秀道

■デート特集読み物
[THE TULIPS OF MARCH]
[ATARASHII SEKAI]
 写真家・森 栄喜、映像作家・山田 智和による、デートにまつわる短編集。

■特集外
[XOLO]
 デザイナー自らがスタイリングを手がけた、KIKO KOSTADINOVのコラージュページ。

[THEIR OWN BEAUTY]
 メーキャップアーティストUDA氏が紹介する、メンズのための実用的なメイクとアートメイク。

■取材企画
[FASHION MEETS NFT?]
 思索的デザイン集団Synfluxの川崎和也氏から、「NFT」について学ぼう。

[WHERE THE COMMUNITY IS NOW?]
 ギャラリー「WHITEHOUSE」と「ie」が育むコミュニティに迫る。


and more.

1,000円
ドバイ、ドーハと聞けば何を思い浮かべるだろう。砂漠だろうか、石油だろうか……
今や、ドバイでは国際博覧会が開催され、カタールではワールドカップの開催が待たれている。中東への国際的な注目が高まっているのだ。
そのような中東ではどのようなカルチャーが生まれているのか、知られざるミッドイーストを弊誌の目線でお届けします。
他、今を時めく俳優がヴィンテージアーカイブを着用したファッションストーリーなどを掲載。

■特集
[Dubai & Doha]
 ドバイの砂漠、ドーハの街並みでファッションストーリーを撮影。
 他にも、建築やショップ、市場、アートなど、なかなか知り得ないホットな情報を掲載。
 ドーハで活躍している音楽家、陶芸家、映画監督のインタビューもあり。

■ファッションストーリー
[KIREINA CHI]
 若手俳優が《ヴェロニク ブランキーノ》などのヴィンテージアーカイヴを着用。
 モデル:楽駆、畑芽育

[BECAUSE "THE CHAIR" ISN'T THERE]
 デザイナー家具をメインにしたストーリー。家具好きにはたまらないアイテムに出会えるかも。

[REMINISCENCE]
 フォトグラファー・山元彩香によるアクセサリーページ。

[BELIEVE ONLY HALF OF WHAT YOU SEE.]
 BALENCIAGA SPRING22

■取材企画
[WE WERE MEANT TO MEET.]
 2022年に向かって羽ばたく、アップカミングな才能たちに迫る。
 TRILL DYNASTY(作曲家)、アオイヤマダ(表現者)、中川知也(ネイリスト)、木下麦(アニメーション監督)、SaRa(プロeスポーツ選手)

デザイナーインタビュー
グラム・ヴァザリア(VTMNTS,ヴェトモン )
ニコラス・ディ・フェリーチェ(クレージュ)

■コラム
[VIRGIL WAS HERE]ヴァージル・アブロー
[MERCI BEAUCOUP SATOSHI SAIKUSA]
 ファッション業界を牽引してきた偉大なデザイナーとクリエイターに哀悼の意を表して。

and more.
1,000円
加速する昨今のヴィンテージブーム。互いに影響し合い共存しているモードとヴィンテージの魅力に迫る。
ハイジュエリーと古着をミックスしたファッションストーリー、モードブランドのアーカイブ解説、有名古着店の会談、
気になるあの方へのインタビューなどを盛り込んだイシューとなっている。

[SPECIALIZED]
 世界の一点特化型ヴィンテージ・ショップを紹介。
 ・ロンドンのヴァンズコレクターの店
 ・ストックホルムのレザージャケット、コート店
 ・ロンドンのヴィンテージ眼鏡店
 ・神奈川のヴィンテージバブアー店

[VINTAGE FASHION in FILM]
 映画の中に見る俳優たちの着こなしを年代別に紐解く。

[NEW VINTAGE SHOP]
 2020年から2021年にオープンした新生ショップを紹介。

[Q&A about VINTAGE]
 なんとなく持っていた古着に対する疑問を、編集長が独断で回答する企画。

[The LONELY COLLECTOR]
 ”もーにんぐまん”の名称で転売ヤーとして活動している謎の人物に迫る。

[Quest in the USA]
 古着屋「MU」がアメリカでバイイングする様子をレポート。

[NOW and NEXT]
 日本最大とも言えるインポート古着、アンティーク雑貨の取り扱い点数を誇る「古着屋JAM」。
 アメリカ村店、広島店、京都四条店、京都三条店、原宿店、福岡店の店長たちに古着の流行を尋ねた。

[VINTAGE TALKS THEIR STYLES]
 確固たるスタイルを確立した有名古着店、それぞれの独自性を探る。

[A SELECTION OF SECONDHAND CLOTHES INFLUENCED BY UK OLD SCHOOL]
 ロンドンのキッズが着用する古着をイメージし撮影。

[None can guess the jewel by the casket.]
 古着にハイブランドのジュエリーを合わせたファッションストーリー。

[INTERVIEW WITH LUCIE&LUKE MEIER as JIL SANDER]
[INTERVIEW WITH SNAIL MAIL]

and more.
おすすめの購読プラン

Them magazine(ゼムマガジン)の内容

  • 出版社:Righters
  • 発行間隔:隔月刊
  • 発売日:偶数月24日
世界に誇れる日本発のファッション誌
「ファッションを買う」ための雑誌ではなく、「ファッションを創る」ための雑誌。それが今、日本のファッションシーンに求められているファッション誌ではないでしょうか。ファッションに限らず、アートやカルチャーも同じ視点で特集いたします。なにがかっこよくて、なにがかっこ悪いのか。その哲学を明確に打ち出します。テーマは自由に、そして決してブレることのないスタンスで、多くの読者から美学を共感してもらえる雑誌。Them magazineは、そんな雑誌を目指しています。

Them magazine(ゼムマガジン)の目次配信サービス

Them magazine(ゼムマガジン)最新号の情報がメルマガで届く♪ メールアドレスを入力して登録(解除)ボタンを押してください。

※登録は無料です
※登録・解除は、各雑誌の商品ページからお願いします。/~\Fujisan.co.jpで既に定期購読をなさっているお客様は、マイページからも登録・解除及び宛先メールアドレスの変更手続きが可能です。
以下のプライバシーポリシーに同意の上、登録して下さい。

この雑誌の読者はこちらの雑誌も買っています!

Them magazine(ゼムマガジン)の所属カテゴリ一覧

Fujisanとは?

日本最大級雑誌の定期購読サービスを提供

デジタル雑誌をご利用なら

最新号〜バックナンバーまで7000冊以上の雑誌
(電子書籍)が無料で読み放題!
タダ読みサービスを楽しもう!

総合案内
マイページ
マイライブラリ
アフィリエイト
採用情報
プレスリリース
お問い合わせ
©︎2002 FUJISAN MAGAZINE SERVICE CO., Ltd.