毎号お手元にお届けします!

定期購読の特典

定期購読のお申込み・予約

STEP1 雑誌の形式を選択

今すぐ使える500円割引
初購入500円割引
Fujisan.co.jpでご購入が初めての方は、5000円以上のご注文で500円割引となります。ご注文確認画面のギフト券入力欄に自動的に適用されます。
レビュー投稿500円割引 or 10%割引
好きな雑誌のレビューを投稿すると、5000円以上のご注文にご利用可能な500円割引ギフト券と、5000円以下の定期購読にご利用可な10%割引ギフト券が、投稿後メールですぐに届きます。
  • 月額払いの商品ではご利用いただけません。
  • どちらかひとつのギフト券が 今すぐご利用可能です♪
フローリストのレビューを投稿する

フローリストの内容

花のデザインとビジネス情報満載!
フラワーデザイナーをはじめ、プロを目指す人、家庭での花飾りを楽しむ人のための、花のアートとビジネスの情報誌。1984年創刊。毎月の特集では、ヨーロッパを中心とした海外デザイナーや国内トップデザイナーによる、季節ごとの花のアレンジやブーケ(花束)、ディスプレイなどを紹介。日本をはじめ世界各国の花のイベントや花に関する知識・情報を広く取り上げている。フラワーデザインスクールの学生・講師、生花店のフラワーデザイナー、花き生産者、花き流通業者など関連業界の方にとって必携の花の月刊雑誌。

フローリストの商品情報

商品名
フローリスト
出版社
誠文堂新光社
発行間隔
隔月刊
発売日
奇数月8日
サイズ
A4

フローリストの無料サンプル

2023年2月号 (2023年01月07日発売)
2023年2月号 (2023年01月07日発売)をまるごと1冊ご覧いただけます
サンプルを見る

フローリスト 2024年2月号 (発売日2024年01月06日) の目次
  • 紙版
  • デジタル版

  • 紙版
  • デジタル版
【第一特集】店主に教わる立ち寄りスポット付き わざわざ行きたいお花屋さん
美しい生花を楽しめるのはもちろん、ドライブスルーが利用できたり、
古民家を改装していたり、アップルパイの専門店が併設されていたり……。
遠出してでも覗いてみたいこだわりの花店を紹介します。
店主のみなさんに、近くにあるおすすめのスポットも教えていただきました。

【第二特集】ヨーロッパのフローリストに流行中!Still LifeとNeo Ikebana
さまざまなフラワーデザインを生み出してきたヨーロッパのフローリストたち。花の可能性やスタイルを追求する彼らがいま注目するのは、「Still Life」といけばなのスタイルです。Still Lifeはおもに17世紀オランダの静物画を指し、いけばなは日本古来の伝統文化ですが、それらが現代的に再解釈され、後者は「Neo Ikebana」として、SNSなどで発信されるようになったのは2017年ごろから。フローリストの自己表現として取り入れられ、現在では広告の演出や空間装飾など、さまざまな場面で見られるようになってきました。本特集では、そんなふたつのスタイルを紐解きながら、それぞれを得意とするフローリストを紹介します。

【Interview】花のある日々をもっと身近に、楽しく!『マロウのフラワーレッスン』リリース 輿石智子(Mallow)
インスタグラムのフォロワーが4.4万人を超えるサロン「Mallow(マロウ)」の輿石智子さん。この度著書を発売するにあたって、マロウの人気の秘密、そして花瓶を使ったスタイリング、書籍についてお伝えします。
第一特集は「店主に教わる立ち寄りスポット付き わざわざ行きたいお花屋さん」。地方の素敵なお花屋さんと、せっかく行くなら立ち寄りたいお店や観光地などをご紹介します。第二特集はヨーロッパのフローリストに流行中!Still LifeとNeo Ikebana」。ヨーロッパで流行中ふたつのアーティスティックな花の表現方法について、紐解いていきます。クリエイティビティを高めたい方は必見です!




見聞/渡辺礼人
目次
自由な花屋リトルの事始め 壱岐ゆかり/冬姿も愛おしくて
[第1特集]店主に教わる立ち寄りスポット付き わざわざ行きたいお花屋さん
[第2特集]ヨーロッパのフローリストに流行中! Still LifeとNeo Ikebana
[Interview]花のある日々をもっと身近に、楽しく!『マロウのフラワーレッスン』リリース/Mallow 輿石智子
バラの解体図譜/ビーハイブ+
花束の解剖学/ほどよいバランスの花束を作る 梶谷奈允子/花の配置を検証する
季節の枝物 永塚慎一/2月の枝物:ユキヤナギ 3月の枝物:銀葉ミモザ
ボタニカル・メタモルフォーシス 植物の解体と再構築 丹羽英之/チューリップの葉の美しさを見せる造形
ビジネス・プロダクツ・マーケットガイド2024 Floral Marche
プリザーブド・プラス 大地農園/薔薇のリース グリーンとローズ
フローリスト創刊40周年記念企画 フラワーデザインコンテスト開催決定!
Q人Q募
ある日のひと皿/野村友里×高橋ヨーコ
FLORIST PICK UP! BOOK、CINEMA、ART
FLORIST TOPICS ドアリースコンテスト2023ほか
次号予告
草木育種/塩津植物研究所
旬花探訪/高倉なを 宿根スイートピー‘ブルーフレグランス’/JA宮崎中央
フローリスト花散歩 花福こざる/ガーベラ
ハナノコエ 珠寳/イケバナノススメ

フローリスト 2024年01月06日発売号掲載の次号予告

第1特集
花選び、束ね方、ラッピングまで 花束作りのテクニック
人生の節目を迎える春は花贈りの季節。
自信を持って花束を作りたい人のために、基本的な束ね方からラッピング方法まで必要なノウハウをお教えします。

第2特集
新たなduftの店と花
お休みを経て移転・リニューアルオープンした人気花店「duft」の若井ちえみさんに再始動への思いをインタビュー。
お店の様子やフラワーデザインも紹介します。

※内容は変更になる場合があります。

フローリストの目次配信サービス

フローリスト最新号の情報がメルマガで届く♪ メールアドレスを入力して登録(解除)ボタンを押してください。

※登録は無料です
※登録・解除は、各雑誌の商品ページからお願いします。/~\Fujisan.co.jpで既に定期購読をなさっているお客様は、マイページからも登録・解除及び宛先メールアドレスの変更手続きが可能です。
以下のプライバシーポリシーに同意の上、登録して下さい。

フローリストのレビュー

  • 総合評価: ★★★★☆ 4.48
  • 全てのレビュー: 62件
お花のある生活
★★★★☆2022年03月24日 Tomo! 自営業
友人からの情報でこの雑誌と出会いました 自分が楽しむためのアレンジを学んで行くうちに 回りも変わっていくんだと知りました もっともっと知識を身に付けたいそんな方に オススメです
毎回購入しています。
★★★★★2022年02月12日 Velour 経営者
毎号楽しみにしていたのですが月刊でなくなったのが残念です。
花いけの参考に。
★★★★★2021年06月06日 なつ 自営業
流行りのものや、色の合わせ方、いろんなことが勉強になります。すぐ注文し忘れるので、定期にしようと思いました。
感動花
★★★★★2021年05月03日 うわぉ その他
お花の流行りがわかり、あらたな気づきと感動の一冊です‼︎
10数年間
★★★★☆2021年04月13日 mico パート
フローリスト は10数年間購読してます。 昔の頃と少し傾向が変わったように思えますが、より身近になったのも確かです。旅先でフローリストを開き 掲載されているお店を何軒も回った事もありました。他にもいろいろな月刊誌を購入していましたが今はフローリスト だけになりました。 お花屋さんはもちろん、お花好きの方も楽しめると思います。
毎月の楽しみです
★★★★★2021年04月07日 Ayan 専業主婦
内容はとても充実しています。写真もたくさん載っているので見ているだけでも楽しいです。毎月届くたびにワクワクしております。
花嫁です
★★★★☆2021年04月03日 みき 会社員
1花嫁として、装花、ブーケの参考にしたく、3冊購入しました。 色々なお花が使われているので、色味の参考になりました。
旬の情報が嬉しいです
★★★★☆2021年04月01日 ぴよこ 公務員
旬の花の情報、産地情報がわかって、とても参考になります。また、花の使い方、扱い方も紹介してくださる点も嬉しいです。
季節感満載
★★★★☆2021年03月26日 なつめ 自営業
季節の花がタイムリーに紹介されているので、ページをめくる度にワクワクします。  アレンジ、ラッピングの仕方なども参考になります。
私とフローリスト
★★★★★2021年03月11日 キョンネシ 専業主婦
嵯峨御流師範代の経歴からプリザーブドフラワー、アートフラワー、アレンジメントなど色々勉強していますが 毎月のフローリストを眺めてこれからもスキルを磨いていきたいと思っております。
レビューをさらに表示

フローリストをFujisanスタッフが紹介します

フローリスト(月刊フローリスト)は、誠文堂新光社が発行するフラワービジネス情報誌です。1984年に創刊され、花に関するビジネスに携わる業界人、そしてフラワービジネス業界で働くことを目指す人達に貴重な情報を提供し続けて来ました。業界内では権威ある雑誌としてよく知られており、フラワーデザイナー・花き流通業者・花き生産者、または専門学校の講師や生徒などに愛読されています。ただ、完全な業界誌ではなく一般誌という側面も持ち併せていて、自宅で花飾りを楽しむ一般層も対象にしているのが特徴です。

バックナンバー全ページを細かくチェックしてみたところ、ほぼ全ページがカラーで花や植物の写真がきれいに印刷されているのが印象的でした。誌面ではプロがてがけた個人宅の植物施行例、国内外のおしゃれな生花店などを紹介しているほか、話題の業界人インタビューなどもあります。また、上手な色の組み合わせを紹介するコーナー・花や植物に関する漫画も掲載されていました。その他、花に関する新刊本・毎月の花関連イベントの紹介などもあり、思っていた以上に一般の花好きの人でも楽しく読めそうな印象です。

ただ、分類的には業界誌で大型書店にしか置かれていないため、近くに最新号を買える店がない場合は定期購読を利用したほうがいいように思います。

フローリストの所属カテゴリ一覧

フローリストの無料記事

この雑誌の読者はこちらの雑誌も買っています!

Fujisanとは?

日本最大級雑誌の定期購読サービスを提供

デジタル雑誌をご利用なら

最新号〜バックナンバーまで7000冊以上の雑誌
(電子書籍)が無料で読み放題!
タダ読みサービスを楽しもう!

総合案内
マイページ
マイライブラリ
アフィリエイト
採用情報
プレスリリース
お問い合わせ
©︎2002 FUJISAN MAGAZINE SERVICE CO., Ltd.