MODEetMODE(モードェモード) 発売日・バックナンバー

全77件中 31 〜 45 件を表示
1,466円
1,375円
モードェモード 春号(No.366)
14春夏パリ・オートクチュール・コレクション号、好評発売中!

モードェモード春号では、1月の4週目にパリで開催された14春夏オートクチュールの模様を中心に、プレ・フォール・コレクション、SIHH(ジュネーブサロン)など、ラグジュアリーブランドから発信された最新コレクションをお伝えしています。

まず、巻頭を飾るオートクチュール特集では、シャネルやヴァレンティノ、ジャンポール・ゴルチエをはじめとするトップ7メゾンがランウェイで披露した華麗な世界を、全作品にわたってたっぷりご紹介しています。

今秋のおしゃれを先駆けるプレ・フォール・コレクションのコーナーには、ランバンやアクネ、ステラ・マッカートニーが登場。ジュネーブでエクスクルーシブに行われた高級時計の新作発表会SIHHリポートには、カルティエ、ピアジェ、ヴァンクリーフ&アーペルの御三家による新作時計情報が。

また、6月に東京で開催される「バレエ・リュス展」の特集記事や、ジャンポール・ゴルチエのクリエーションの軌跡をたどる特別企画ページも。モードファン必見の一冊です。
                    


最新号の主なコンテンツ:
(表紙:シャネル)

◆14春夏パリ・オートクチュール・コレクション

今季のオートクチュール・コレクションでは「スポーティ」「バタフライ」といったトレンドが浮上し、春夏らしい軽やかさが加わりました。
「シャネル」と「ディオール」は、伝統的な職人技で仕立てたスーツやドレスに、豪華な刺繍入りのスニーカーを合わせ、スポーティに、若々しく、カジュアルな気分で未来のオートクチュールの在り方を問いました。
「ゴルチエ・パリ」は、バタフライ(アゲハ蝶)のフォルムと鮮やかな色使いに、フレンチカンカンに代表されるパリのエスプリをプラスして、個性あふれる艶やかなスタイルを創出。
ローマ歌劇場と2度目のコラボを果たした「ヴァレンティノ」のコレクションにも、名作オペラ<蝶々夫人>のイメージで、バタフライを羽根の刺繍で再現したイヴニングケープが登場しました。
ミラノから参加の「アルマーニ・プリヴェ」は<ワン・ナイト・オンリー>と題したスペシャルイベントを実施。通常のコレクションショーに続いて、アーカイブ作品による展覧会、イタリアンディナーと、豪華VIPを迎えて夢のひとときを提供しました。
若手の代表格「ヴィクター&ロルフ」は、デザイナーたちの拠点であるオランダのアムステルダムから、オランダ国立バレエ団の女性ダンサーたちを今季のモデルに起用。プロのバレリーナたちが、その鍛えられた身体に美しい身のこなしで、レオタードをイメージした新作のミニドレスにトゥシューズを履いて、ランウェイをパ・ド・ブレしながら登場しました。


◆14-15秋冬プレ・コレクション

このコーナーでは、通常プレ・フォールと呼ばれる、この秋に向け6月ごろから店頭販売が始まる各ブランドのプレ・コレクションをご紹介しています。シック&スポーティでエレガントな「ランバン」、70年代調のボヘミアンなムードをラグジュアリーに表現した「ヴァレンティノ」、ラフ・シモンズのシュールでテクノなアイディアが冴える「ディオール」、エスニックを見事なプリーツテクニックで披露したリカルド・ティッシの「ジバンシィ」、また「ワンダ・ナイロン」などアップカミングなデザイナーの新作も注目です。


◆シャネル・メティエダール・コレクション<パリ‐ダラス>

パリの伝統的なオートクチュールアトリエの職人技を駆使して、シャネルが年に1度発表する最高に贅沢なプレタポルテ(既製服)、メティエダール・コレクション。毎回ショーの開催場所も話題になるこのコレクションですが、今回はアメリカ・テキサス州の都市ダラスが選ばれました。アメリカを代表する高級百貨店ニーマン・マーカスの本拠地であるダラスには、1950年代にココ・シャネルがニーマン・マーカス賞を受賞するにあたって訪れたことがあり、今回のコレクションにも当時の雰囲気をしのばせるような演出が施されていました。シャネルのクラシカルなスーツやドレスに、カウボーイの聖地であるテキサスらしいモチーフを散りばめ、おしゃれで楽しいスタイルに仕上げていました。


◆ヴァレンティノ上海コレクション

現代のヴァレンティノをトップブランドに押し上げ、世界中から注目を集めているマリア・グラツィア・キウリとピエールパオロ・ピッチョーリのデュオ。2013年12月には、上海に新しく出来たフラッグシップショップのオープニングにあわせ、初めて公式に中国・上海を訪れ、「ヴァレンティノ シャンハイ」と名付けたスペシャルコレクション・ショーを開催しました。メゾンを象徴するカラーであり、また中国ではラッキーカラーとして親しまれている「レッド(赤)」一色だけで表現したこのコレクションは、ローマにあるヴァレンティノのオートクチュールアトリエが全て手作業で仕上げた作品数点に、プレタポルテ、バッグやシューズのアクセサリーも加わった、この日のために作られた特別なもの。未来都市・上海の夜を、情熱的な赤に染めて、メゾン・ヴァレンティノの底力を示してくれました。


◆話題沸騰「魅惑のコスチューム:バレエ・リュス展」がやってくる!

20世紀初頭のパリに彗星のごとく現れ、アヴァンギャルドでエキゾチシズムあふれる舞台で人気を博したバレエ団「バレエ・リュス」は、舞踊界の歴史を塗り替えただけでなく、多くの美術家やファッションデザイナーたちに多大な影響を与え、いまだ伝説として語り継がれている。この6月に東京・六本木の国立新美術館で開催が予定されている「魅惑のコスチューム:バレエ・リュス展」は、そんなバレエ・リュスの魅力を、舞台衣装(コスチューム)の視点から探った本邦初の展覧会。開催に先駆け、今号では「バレエ・リュスって何?」をテーマにした“誌上プレビュー”を特別実施。また、ココ・シャネルとバレエ・リュスとのラブ・ストーリーも。


◆プレタからクチュールへ ~ジャンポール・ゴルチエのクリエーション~

パリ・オートクチュール・コレクションに1997年より参加しているジャンポール・ゴルチエ。今ではすっかりオートクチュールの“顔”となっている彼だが、その輝かしいキャリアは70年代末のプレタポルテ・デビューから始まった。美容師の家庭に生まれ育ち、幼い頃から絵を描くのが得意で、パリのレビューの華やかな舞台に強い関心を抱いていた少年が、ピエール・カルダンに認められたのを機にモード界に入り、イヴ・サンローランに憧れ、自らブランドを立ち上げてから早30年余。常にパリ・モード界のトップに君臨し続け、2015年にはパリのグラン・パレで大規模なアーカイブ展開催を控えたジャンポール・ゴルチエの輝かしいクリエーションの軌跡を、今号では「プレタポルテからオートクチュールへ」をテーマに、あらためて振り返っています。


ほかにも「バックステージ・ビューティリポート」「オフ・ザ・ランウェイリポート」など、おしゃれ好き、装い好き、美しいもの好きにはたまらない、永久保存版の1冊です。

(2014年2月21日発売、A4変型、188ページ・オールカラー、1,400円)




1,466円
1,375円
モードェモード No.365
14春夏パリ、ミラノ、ロンドン、ニューヨーク
プレタポルテ・コレクション号 好評発売中!

モードェモード365号は、パリ、ミラノ、ロンドン、ニューヨークの各都市で開催された2014年春夏プレタポルテ・コレクションの特集です。
135ブランドにおよぶ、各都市を代表するトップブランドのランウェイリポートを中心に、春夏ファッションの最旬トレンドをお伝えします。
また、今シーズン限りで電撃的にメゾンを去ったマーク・ジェイコブスによるルイ・ヴィトンにスポットを当て、16年間のクリエーションを振り返った特集記事にもご期待ください。


No.365の主なコンテンツ(表紙:ルイ・ヴィトン)

◆14春夏パリ プレタポルテ・コレクション
2013年9月24日から10月2日まで開催された14春夏パリ プレタポルテ・コレクションは、将来的な視点から言って、パリコレが新時代を迎える節目のシーズンといえるでしょう。まず、シーズン真っ最中に突然に降ってわいたのが、マーク・ジェイコブスによるルイ・ヴィトン辞任のニュースでした。メゾンから正式な発表があったわけではありませんが、一部の地元紙がショーの数日前に、マークに近い関係者からとった「このシーズンはマークにとって最後のシーズンで、最終日のコレクションはこれまでのアーカイブ的な内容になる」というコメントを掲載したことで、噂は業界内に一気に広がりました。ショー当日まで、真実は誰にもわからないままでしたが、発表された14春夏コレクションには、マークからの最後のメッセージがたくさん込められていました。50歳を迎えたマーク・ジェイコブスがパリを去る一方で、来季14-15秋冬シーズンから、ルイ・ヴィトンはニコラ・ゲスキエール(前バレンシアガ)、ロエベはロンドンのJ.W.アンダーソン、ロシャスはミラノのアレッサンドロ・デラックワ、と新任デザイナーの名前が次々発表されるなど、今後もパリではさらなる新陳代謝が期待されます。
掲載ブランド:ルイ・ヴィトン、シャネル、ランバン、サンローラン、ヴァレンティノ、ディオール、ほか45ブランド


◆特集:マークとヴィトンの16年
パリコレの最終日である2013年10月2日朝10時に始まったマーク・ジェイコブスによる最後のルイ・ヴィトン。あまりにも突然で、さよならも言わずに、パリを、ヴィトンを去ったスターデザイナー、マーク・ジェイコブスへ敬意を表した特集です。1997年に就任した彼が、生まれ故郷のニューヨークから伝統に彩られたパリの老舗メゾンに持ち込んだ新風の一部始終を、過去16年間におよぶコレクションを振り返りながら、あらためてご紹介します。


◆14春夏ミラノコレクション
今季のミラノは「アート」からのインスピレーションが、ひとつの大きな潮流となりました。その筆頭はやはり、世界を代表するトレンドセッターのプラダです。会場に入ると、壁一面には、6名の若手現代アーティストが思い思いに表現する“現代の女の子”の肖像画が、鮮やかな原色やパステルカラーで大胆に描かれていました。20世紀初頭のメキシコの画家、ディエゴ・リベラが起こした壁画運動のムーブメントに着想して生まれたというコレクションは、会場のセットだけでなく、コートやドレスの服の上にも忠実に再現されて、観る者に新鮮な衝撃を与えました。アートと並んでもうひとつの大きなトレンドとなった「スポーツ」をテーマに掲げたのはグッチ。ジョギングをした直後のように、汗でしっとり濡れた髪や肌をウェットなヘアメイクで再現し、メッシュやラテックスのスポーツ用素材を取り入れたアイテムには、フェミニンなドレープやセクシーなディープスリットを施しました。また、このシーズンで辞任を表明したジル・サンダーや、30周年記念のモスキーノ、新たに就任したアレッサンドラ・ファッキネッティのトッズなども注目です。
掲載ブランド:プラダ、フェンディ、ジル・サンダー、マルニ、ボッテガ・ヴェネタ、グッチ、アルマーニ、ドルチェ&ガッバーナ、ほか37ブランド。


◆14春夏ロンドンコレクション
今年に入り、グッチを擁するファッションコングロマリット、ケリングがクリストファー・ケーンを傘下におさめたのをきっかけに、ロンドンの若手デザイナーはいま、ラグジュアリーブランドの青田買いの対象として、ますます注目を浴びています。パリのロエベの後継デザイナーに抜擢されたJ.W.アンダーソンは、今季はプリーツをかけたレザーやシースルー素材を使って彼らしいアヴァンギャルドな作品を発表。ロンドンを拠点にする若手シューズデザイナー、ニコラス・カークウッドは、新作発表はパリで行なっていますが、シーズン中にケリングと並ぶ大手グループLVMHとパートナーシップ契約を結んだと発表、今後の動きに注目が集まります。また、英国を代表するファッションブランド、バーバリーは現在クリエイティブディレクターのクリストファー・ベイリーをCEO(最高経営責任者)に昇格という前代未聞の人事を決定。クリエイティブをビジネスとして本格化する動きが、今後ロンドンではさらに盛んになっていくことでしょう。
掲載ブランド:バーバリー・プローサム、クリストファー・ケーン、トム・フォード、アーデム、メアリー・カトランズ、J.W.アンダーソン、ほか27ブランド。


◆14春夏ニューヨークコレクション
世界4大ファッション都市のトップをきって9月4日に開幕したニューヨークコレクション。この頃、まだルイ・ヴィトンの辞任は表明していなかったマーク・ジェイコブスですが、今季も彼らしいアイロニーの効いた、斬新な“トロピカルスタイル”を発表しました。パリのバレンシアガを兼任するアレキサンダー・ワンは、得意のスポーツテイストをパステルカラーで明るく表現。アルトゥザラやトム・ブラウンの新作も、ニューヨークを超え世界で活躍出来そうな実力を示すものでした。また、2009年9月にファッション界のドン、アナ・ウィンターの発案で始まった毎年恒例のファッションイベント、ファッションズ・ナイトアウトは今年とうとう廃止されましたが、その分、コレクション発表に専念できるということで、デザイナーたちにとっては好評だったようです。
掲載ブランド:マーク・ジェイコブス、アルトゥザラ、アレキサンダー・ワン、フィリップ・リム、トリー・バーチ、マイケル・コース、ほか23ブランド。


◆バックステージ ビューティリポート
2014春夏パリ・プレタポルテ・コレクションのバックステージから、どのようにしてコレクションのヘア&メーキャップが作られていくのかを追ったフォトドキュメンタリー。すぐにでも真似したくなるような手軽でナチュラルなスタイルから、パリコレならではのアーティスティックなものまで、トータルに今のファッションを知りたい人におすすめです。


◆オフ・ザ・ランウェイ リポート
世界中からおしゃれ達人の集まるパリコレ会場よりお届けする裏トレンド情報の決定版。今シーズンは例年より気温も高めで過ごしやすかったパリでは、14春夏のランウェイトレンドがすぐさま反映されて、色、柄、シースルーなど、秋とは思えない着こなしであふれました。今どんなブランドが支持されているか?どんな色やアイテムが流行るか?等身大のおしゃれを楽しみたい方におすすめです。


ほかにも様々なブランドやデザイナーに関するトピックスを満載。プレタポルテ草創期の1960年代より、パリをはじめ世界主要都市のコレクション情報を日本に向け、発信してきたモードェモードならではの視点で、今シーズンも伝統と革新が拮抗するモードの最前線をお伝えします。

(2013年11月21日発売、A4変型、188ページ・オールカラー、1,400円)

1,466円
1,375円
モードェモードNo.364では
2013年秋冬パリ・オートクチュール・コレクションの模様を中心にお伝えしています。


<No.364の主なコンテンツ>

(表紙:ヴァレンティノ・クチュール)


◆2013-14秋冬パリ・オートクチュール・コレクション
シャネル、ヴァレンティノ、ディオール、ゴルチエ、アルマーニ、ヴェルサーチのトップ6メゾンを中心に、2013-14秋冬パリ・オートクチュール・コレクションを1点も残すことなく、詳細にレポート。カール・ラガーフェルドのシャネルやジョルジオ・アルマーニのベテラン勢は、シックな大人のテイストで洗練された美の極致を見せました。いっぽう、ディオールのラフ・シモンズや、13年ぶりにオートクチュールの舞台に復帰したヴィクター&ロルフの若手は、オートクチュールをひとつの“アート”ととらえ、斬新なアイディアで勝負しています。また、デザイナーたちのクリエーションはもちろん、オートクチュールでは、刺繍や羽根使いに代表されるアトリエの職人技にも注目を。たとえば、今号の表紙を飾ったヴァレンティノのスカートは、本物の羽根と貝殻を無数に使って、ヨーロッパ伝統のモザイク芸術を緻密に再現したもので、シャネルのラストルックに登場したウエディングドレスには、なんと6万個ものパールがきらめき、製作時間には1,000時間が掛けられました。すべて手作業による完成度の高い作品群を、たっぷりお見せします。


◆魅惑のハイジュエリー
ハイジュエリー界の頂点に立つカルティエの130年余の歴史に迫った特集「カルティエ誕生物語」では、ファミリーによって代々継承されてきたメゾンのエスプリを、アーカイブ、代表的なセレブ顧客、最新コレクション等と交えてご紹介しています。また、今季オートクチュール期間にパリで発表された、ヴァンクリーフ&アーペル、ブシュロン、ディオール・ファインジュエリー、ルイ・ヴィトン・ハイジュエリーによる最新作にも注目です。


◆クルーズ&メンズ・コレクション
5月から世界各地で発表されたクルーズ&プレ・スプリングコレクション。未来都市シンガポールを舞台に、アジア初のクルーズショーを開催したシャネルを筆頭に、ヴァレンティノ、ランバン、ジバンシィ、ディオール、マルニら人気ブランドの新作ルックをご紹介しています。また、6月末にパリで行なわれたメンズ・コレクションより、エディ・スリマンのサンローラン、マリア・グラツィア&ピエールパオロによる新生ヴァレンティノなど、女性目線からも気になる3ブランドをピックアップしました。


◆オフ・ザ・ランウェイ&カンヌ映画祭
恒例となったオフ・ザ・ランウェイリポートでは、オートクチュールコレクションの各会場に現われた、おしゃれなエディターやファッショニスタ達の着こなしをスナップ。夏とはいえ少し肌寒さの残る今季のパリでは、羽織りモノやレイヤード(重ね着)といった、日本の春秋にも使えそうな着こなしのヒントがいっぱい。最新のトレンドに詳しい彼女達ならではのバリエーション豊富な装いから、次の新たな流行が生まれるかも?!また、今号では新企画として、5月に行なわれたカンヌ映画祭でのおしゃれレポートも掲載。ハリウッドをはじめ世界各国の有名女優たちが、オートクチュールの華麗なソワレを実際にまとって、レッドカーペットに登場、その姿は圧巻です!!



ほかにも様々なブランドやデザイナーに関するトピックス、インタビュー、バックステージ情報を満載。1946年より67年間にわたって、パリのオートクチュールを真摯にリポートし続けてきたモードェモードならではの視点で、格式と伝統、革新とエスプリに満ちたモードの最前線をお伝えします。

(2013年8月21日発売、A4変型、196ページ・オールカラー、1,400円)










1,466円
1,375円
モードェモード No.363
2013-14秋冬パリ、ミラノ、ロンドン、ニューヨーク
プレタポルテ・コレクション号 

モードェモード最新号では2月から3月にかけ世界4大都市で開催された秋冬コレクションから“真に美しく価値あるもの”を基準に130ブランドをご紹介しています。
最も賑わうパリはシャネル、ヴィトン、ディオールといった老舗メゾンが目白押し。さすが最上級のデザイナー達が集まる街だけあり、トータルコーディネートや趣向を凝らした舞台まで随所に目を見張るものがあります。パリに次ぐ第二の都市・ミラノはさらに実用的で、素材も仕立ても本物志向。フェンディのファーやプラダのドレス、グッチのスーツ等、欲しいものがすぐに見つかるでしょう。自由な発想で刺激的な街・ロンドンはスターデザイナー、トム・フォードの参入により活気づき、強力な若手陣を擁するニューヨークではマーク・ジェイコブスと、彼に続く次世代の成長ぶりが見ものです。
トップブランドが“最新の美”を競い合う、華やかでクリエイティヴィティ溢れる夢の世界を、どうぞご堪能ください。



No.363の主なコンテンツ

(表紙:ヴァレンティノ)


◆2013-14秋冬パリ・プレタポルテ・コレクション
シックなグレー色をまとった巨大な地球儀をバックに“グローバル”を強調したシャネル、フランドル絵画のタッチやデルフトブルーなど17世紀オランダに着想を得たヴァレンティノ、クラシックなホテルの廊下を再現した舞台で羽根とファーによるゴージャスな“ナイトウェア”が登場したルイ・ヴィトン、バラの花からインスパイアされたフリルのブラウスやドレープドレスでフェミニンさを醸したランバンなど、今シーズンもパリは個々のオリジナリティが際立ちました。デザイナー交代して2シーズン目のディオールは、“シュールレアリスム”と“アンディ・ウォーホル”のアートにヒントを得ながらメゾンのアーカイブを再現。同じくエディ・スリマンのサンローランは、メンズから続くテーマ“カリフォルニア・グランジ”でアメカジを大胆に取り入れ、思い切った若返り策に出ました。今季からニューヨークのアレキサンダー・ワンを起用したバレンシアガは、準備期間も短いことからデザインチームの色合いが強く出る結果に。他にも、人気上昇中のカルヴェンやミュウミュウ、ドリス・ヴァン・ノッテンなど、話題のコレクションがいっぱいです。


◆2013-14秋冬ロンドン・コレクション
数年ぶりにオフィシャルなファッションショーを開催し、そのゴージャス極まりない作品で話題をふりまいたトム・フォードを筆頭に、愛らしいハートのモチーフをちりばめて「トレンチ・キス」と題したバーバリープローサム、グッチグループの傘下に入って作風に厚みの増したクリストファー・ケーン、これまでにないモノトーンで新境地を開拓したメアリー・カトランズと、今季もロンドンのデザイナーたちはそれぞれに自由なクリエーションを謳歌しました。ブリティッシュ・ファッション・カウンシルの新会長に、ネッタポルテ(英国発祥の大手ファッションオンラインサイト)の女性創設者が就任したこともあり、今後のロンドンファッションウィークはさらに注目を集めそうです。


◆2013-14秋冬ミラノ・コレクション
来たる新たな秋冬シーズンを飾るにふさわしく、色もテクニックも鮮やかに、革新的なファーを次々と披露したフェンディ。パステルカラーのギンガムチェックで仕立てたクラシックなスーツに高級毛皮セーブルのカフスをあしらい、アンバランスな魅力を醸したプラダ。フィルムノワールに登場するファム・ファタルや現代彫刻家アレン・ジョーンズのエロティックな女性像を、高級素材で上品なタッチに仕上げたグッチ。ウールフランネルの素材をフォーカスし、軽さと構築性を同時に表現したボッテガ・ヴェネタ。ファーやフェザーのリッチなコートを、アイスクリームカラーのピンクやブルーでフレッシュに見せたエミリオ・プッチなど。様々な加工を施し、軽さとボリューム感を同時に表現した高級素材、深みのある秋色と真冬に着るパステルカラーの対比、イタリア紳士服の伝統に根ざしたマスキュリン・フェミニン、が今季のミラノを支える大きなトレンドとなりました。


◆2013-14秋冬ニューヨーク・コレクション
地平線へと沈みゆくオレンジ色の太陽を背にユニークなコレクションを繰り広げたマーク・ジェイコブスは、今季もニューヨークの雄として活躍しました。バレンシアガに抜擢され、更なるクオリティアップが望まれるアレキサンダー・ワンをはじめ、フィリップ・リム、アルトゥザラ、ジェイソン・ウー、トム・ブラウンらが、マークに続く次世代のデザイナーとして躍進を続ける中、今季は、オスカー・デ・ラ・レンタのアトリエに、かのジョン・ガリアーノがスタージュ(見習い)として3ヶ月だけ参加し新作製作に携わった、というビッグニュースが開幕前に流れて、大御所のコレクションがにわかに注目の的となりました。


他にも、恒例の「トレンド・エクスプレス」「パリコレ・バックステージ・ビューティレポート」、「オフ・ザ・ランウェイ」など、モード界の最新事情が一目でわかる、生きたコレクション情報満載の1冊です。


2013年4月20日発売、A4変型、188ページ・オールカラー、1,400円










1,466円
モードェモードNo.362
~2013春夏パリ・オートクチュール・コレクション号~

2013年春夏シーズンをしめくくるパリ・オートクチュール・コレクションは、1月20日夜、アトリエ・ヴェルサーチのショーで幕を開けました。
モードェモード最新号では、2013年という新しい年の幕開けに相応しく、華やかな作品の出揃った、この2013春夏パリ・オートクチュール・コレクションより、トップメゾンの全作品を余すところなく解説付きでご紹介しています。
また、同時期にスイス・ジュネーブで開催された国際高級時計見本市(SIHH)の模様や、気になる旬のブランドのプレ・フォール・コレクション、メンズ・コレクションも一緒にご紹介しています。
プレタポルテでは見られない、オートクチュール職人たちの手工芸の美と匠の世界を、贅沢な誌面でお楽しみください。


◆2013春夏パリ・オートクチュール・コレクション
長く暗い冬が終わりを告げ、色とりどりの花が咲き、草木が芽吹き、動物たちが目を覚まして、春の訪れを告げる…そんなイメージで新作を披露したのは、シャネル、ヴァレンティノ、ディオールの3メゾン。シャネルのショーでは、緑の生い茂る森の中をイメージしたセットに、鳥の羽で全身をふわふわと覆われた、妖精のようなモデルたちが登場しました。同じく、妖精のようにピュアな女性像を繊細な素材使いで見せたヴァレンティノは、秘密の花園をテーマに、作品1点1点に花の名前を付けました。ラフ・シモンズによるディオールでは、舞台ところ狭しと設置した裸の木の枝に、色とりどりのドレスと小花刺繍で無数の花を咲かせながら、ムッシュ・ディオールの春の庭園を再現しました。
一方、経済発展めざましいインドや、民主化運動に沸く北アフリカなど新興の国からエスニックなインスピレーションを得たのはゴルチエとアルマーニ。かたやパリらしいドレープを生かしたシフォンのドレスを、かたやイタリアメイドのシルク素材で仕立てたマニッシュなパンツスーツを、それぞれメインに、都会的に洗練されたコレクションに仕上げました。前述の3社とは一見、対照的なテーマを掲げたように見えますが、根底には、明るく希望に満ちた未来をファッションを通して描き出す、オートクチュリエたちからの夢あふれるメッセージ、という共通する思いが込められています。
ほかに、本物のゴールドを織り込みシャープなスーツやドレスを仕上げ、ひときわ煌めきを放って女性美をきわめたドナテッラ・ヴェルサーチ。江戸時代から継承される友禅染めの技術でドレスをカラフルに彩り、日本ならではの繊細な美しさを世界にアピールした桂由美など。それぞれに、美しいと同時に個性豊かであることがオートクチュールの条件であることを、改めて示してくれました。


◆魅惑のハイジュエリー
毎年1月、スイスのジュネーブで開催されるSIHH(国際高級時計見本市。ジュネーブサロン)は、カルティエを筆頭とするリシュモングループの全ブランドが、世界各国から時計専門家やバイヤーたちを前に最新作のウォッチを発表する場で、宝飾界の新たなトレンドを占う上でも欠かせない貴重なイベントです。今年特に際立ったのは、ヴァンクリーフ&アーペルとカルティエの2大ブランド。スイスの高級時計ならではの精密な職人技に、ハイジュエラーとして長年培った宝石技術と厳選された最高級の石使い、さらに芸術的なセンスと創造力で仕上げた、見事なコレクションで魅了しました。また、得意のウォッチの薄型化技術にさらなる磨きをかけたピアジェ、パリからスイスへ初参戦のショーメもユニークなウォッチを発表。一方、同時期にパリでは、ブシュロンやディオール、ルイ・ヴィトンといった人気ブランドたちがジュエリーの新作を見せました。


◆シャネル「パリ-エディンバラ」コレクション
来たる秋冬シーズンにさきがけ、毎年12月初旬にいち早く発表されるシャネルのメティエダール・コレクション。ルサージュやルマリエといった、パリ伝統のオートクチュールアトリエとともに作り上げたコレクションは、限りなくオートクチュールに近い完成度を持ったプレタポルテとして、本物志向の顧客たちをうならせています。11年目を迎えた今回は、スコットランドのエディンバラ郊外にある、メアリー・スチュアート(英国史上悲劇の女王と呼ばれる中世のスコットランド女王)の生まれた古城・リンリスゴー宮殿を舞台に選びました。粉雪の舞い散る夜に、宮殿の回廊を使ったゴシックかつロマンあふれるショーには、シャネルの香水No.5のキャラクターを務めるブラッド・ピットがアンジェリーナ・ジョリーを連れて出席するなど、賑わいをみせました。かつてココ・シャネルが恋人ウエストミンスター公爵に影響され、英国紳士の装いやタータンチェックを取り入れたこと、また、昨年シャネル社がスコットランドのカシミアニットメーカーを傘下におさめたことなども縁となり、カール・ラガーフェルド率いる現代のシャネルチームが、おなじみのスコティッシュモチーフを華やかに、フェミニンに再現し、注目です。


◆13-14秋冬プレ&メンズ・コレクション
今季はオートチュール参加を見送ったものの、若手セレブを中心に、レッドカーペットでの需要も高まっているリカルド・ティッシのジバンシィから、スタイリッシュなプレ・フォール・コレクションが届きました。エディ・スリマンが就任して話題のサンローランは、レディスのプレ作品と、1月にパリで発表されたメンズ・コレクションの模様を。ディオールは、レディスを手掛けるラフ・シモンズによる初のプレ作品と、クリス・ヴァン・アッシュによるメンズの両コレクションを。また、アルベール・エルバスのランバン、フィービー・フィロのセリーヌ、スウェーデンから人気急上昇中のアクネの最新作も。ファッション界の未来を担う若きカリスマたちが、今の“気分”で表現するプレ・コレクションには、リアルなワードローブとしてチェックしたい作品が目白押しです。


ほかにも様々なブランドが登場。オートクチュール・コレクションからはバックステージ情報やオフ・ザ・ランウェイなど気になる“場外リポート”も含め、他のメディアでは味わえない、優雅さあふれる高級ファッション界のエスプリをお伝えします。

(2013年2月21日発売、A4変型、180ページ・オールカラー、1,400円)
1,466円
2012年9月のニューヨークに始まり、ロンドン、ミラノ、パリへと10月第1週目まで、約1ヶ月にわたり開催された2013年春夏プレタポルテ・コレクション。

モードェモード361号では、この世界トップクラスを誇る4大都市のコレクションから選りすぐりの134ブランドの新作をご紹介しています。

今シーズンのモード界で話題になった旬のブランドやデザイナー、また最新のトレンド傾向などをファッションショーの最前線からお伝えします。


No.361の主なコンテンツ

(表紙:クリスチャン・ディオール)


◆2013春夏パリ・プレタポルテ・コレクション
今季のパリは「クリスチャン・ディオール」「サンローラン」の2大ブランドが新しいデザイナーを迎え、イメージを一新して話題となりました。ディオールはベルギー出身のラフ・シモンズ、サンローランはパリジャンのエディ・スリマンと、共に1968年生まれ、もともとはメンズ服で人気を博したという、偶然にも似通ったバックグランドがあります。それぞれキャリアも実力も充分な2人が、パリを代表する伝統あるメゾンに若々しさをもたらしたことで、2013春夏はひとつの節目となるシーズンでした。そこに、カール・ラガーフェルド率いる「シャネル」や、マーク・ジェイコブスによる「ルイ・ヴィトン」が大がかりな舞台装置を使ったダイナミックなコレクションで拮抗し、さらに「ランバン」「ヴァレンティノ」「ジバンシィ」「バルマン」「ミュウミュウ」「アレキサンダー・マックイーン」等々、お馴染みの人気ブランドがそれぞれの個性を生かして、華やかな技の競いあいを繰り広げます。また今季は、15年にわたりブランドのクリエーションを支えてきたニコラ・ゲスキエールによる「バレンシアガ」のラストコレクションも必見です。


◆2013春夏ミラノ・コレクション
ここ数シーズン続いた、明るく陽気な色と柄のトレンドは、今シーズンぐっと落ち着いたムードへと方向転換。それを顕著に物語っていたのが、アイテムをワンピースだけに絞って究極のフェミニニティを追求した「ボッテガ・ヴェネタ」と、モノクロに紅の赤を差してポップなジャポニスムを見せた「プラダ」の、ミラノを代表する2ブランドによるコレクションでした。「フェンディ」「グッチ」「ドルチェ&ガッバーナ」のほかにも、「ジル・サンダー」による8年ぶり2度目となる復帰コレクションや、「ジョルジオ・アルマーニ」の貴重なアーカイブ展なども注目を集めました。


◆2013春夏ロンドン・コレクション
エリザベス女王のダイヤモンドジュビリーと、オリンピック開催の2つのビッグイベントで、2012年前半、ロンドンの街は華やかな祝祭ムードに沸きました。後半の主要イベントのひとつとなるファッションウィークでも、若いデザイナーたちを中心に、元気いっぱいなコレクションが勢ぞろい。虹を想わせる7色のメタリックカラーでハッピー気分を盛り上げた「バーバリー プローサム」、綿菓子のように甘くやさしい色と素材で抜群の個性を示した「クリストファー・ケーン」、オリジナリティ豊かなプリントで人気急上昇中の「ピーター・ピロット」と「メアリー・カトランズ」。また、英国を代表する帽子デザイナー「フィリップ・トレーシー」はマイケル・ジャクソンが生前着ていた本物の舞台衣装を借りて、数年ぶりにランウェイショーを開催、音楽好きの多いロンドンの観衆を大いに楽しませました。


◆2013春夏ニューヨーク・コレクション
VOGUE編集長アナ・ウィンターの呼びかけで始まった、マンハッタンの街じゅう挙げてのビッグイベント「Fashion’s Night Out」もすっかり定着し、9月のニューヨークはファッション一色に。そんな中、今シーズンも「マーク・ジェイコブス」はトレンドの“ブラック&ホワイト”“ジオメトリック”を大胆な使い方で見せました。次世代を担う若手では「アルトゥザラ」「プラバル・グルン」「アレキサンダー・ワン」がトップスリーに。「ヴィクトリア・ベッカム」も単なるセレブブランドの枠を超え、実力を増しています。またモードな印象に生まれ変わったカジュアルブランド「Jクルー」、空席になったパリのバレンシアガへ抜擢の噂もある「プロエンツァ・スクーラー」にも注目です。


◆魅惑のハイジュエリー~アンティーク・ビエンナーレ編~
今年9月なかばのパリでは、2年に一度開催される世界的な古美術フェア、アンティーク・ビエンナーレが開催されました。第一回開催から数えてちょうど50年を迎えた2012年は、カール・ラガーフェルドが広告イラストを手掛け、世界有数のハイジュエリーメゾンが一斉に新作発表するなど、ファッション的にも欠かせないイベントとなりました。パリのヴァンドーム広場で100年以上の歴史を誇る「ブシュロン」「ヴァン クリーフ&アーペル」「ショーメ」のグラン・サンクメンバーをはじめ、フランス発祥で世界の王者に君臨する「カルティエ」、最高峰のウォッチ・マニュファクチャー「ピアジェ」、ニューヨーク5番街から参加の「ハリー・ウィンストン」と、本誌でもおなじみの人気ブランドによる華麗なコレクションをご紹介します。


◆パリコレ・バックステージ ビューティ
毎シーズン、世界トップクラスのヘア&メーキャップ・アーティストが集うパリ・コレクション。2013春夏、メーキャップではナチュラル志向な中に、茶系の太め眉が復活しています。ヘアでは、カラーパウダーやカラースプレーを部分的に使ったセルフ&クイックチェンジが、次なるトレンドになりそう。「シャネル」「ディオール」「ミュウミュウ」など、気になるブランドのバックステージから最新のビューティ情報をお届けします。


他にもコレクションやモードに関するさまざまな情報をお届けする充実の1冊です。
(2012年11月21日発売、A4変型、194ページオールカラー、1,400円)
1,466円
2012-13秋冬パリ・オートクチュール・コレクション号 好評発売中!


モードェモードNo.360では2012年7月初旬にパリで開催された2012-13秋冬オートクチュール・コレクションの模様をお伝えしています。

伝統ある“真のオートクチュール”と呼ぶにふさわしいトップ7メゾン ― シャネル、ディオール、ゴルチエ、ジバンシィ、ヴァレンティノ、アルマーニ、ヴェルサーチ ― をフォーカスし、ランウェイで実際に発表された全作品をくまなく拾い上げ、美しく見やすいヴィジュアルで各作品の魅力を詳細にリポート。

また、同期間にヴァンドーム広場を中心に催された、由緒正しきハイジュエラーたちによる新作コレクションも、いち早くご覧いただけます。特に今回は各メゾンとも9月に参加を予定しているアンティーク・ビエンナーレのプレビューも兼ねており、例年以上にゴージャスで華やかな賑わいをみせました。

クルーズ&プレ・コレクションでは、ヴェルサイユ宮殿を舞台にしたシャネルをはじめ、ランバンやカルヴェン、アクネなど、リアルなおしゃれを提案することで定評のあるブランドからホットな新作が登場します。

さらに、デザイナーへのインタビューや、バックステージで繰り広げられるトップアーティストたちによるヘア&メイク、会場に集まったセレブやエディターたちのおしゃれスナップなど、コレクションの舞台裏にも迫りながら、あらゆる角度で世界の頂点にたつメゾンの“エスプリ”をご紹介します。

芸術の秋にぴったりな、この世のものとは思えない美しさに溢れるオートクチュールの世界をぜひ、ご堪能ください。



No.360の主なコンテンツ(表紙:シャネル)


◆2012-13秋冬パリ・オートクチュール・コレクション

 今季シーズン開催前から注目を集めたのは、ラフ・シモンズによる新生「クリスチャン・ディオール」。不世出の天才ジョン・ガリアーノの後任という大きな期待を一身に背負いながらも、マニッシュなタイユール作品や軽やかなイヴニングで、若さと現代感覚にあふれたフレッシュな“ディオールレディ”像を創出しました。
 カール・ラガーフェルドによる「シャネル」は、マリー・ローランサンの絵画からパステルピンクとシルバーグレーを拝借し、アイコンのツイードスーツに甘さと軽やかさを添えました。刺繍のルサージュや羽根のルマリエなど、傘下にあるオートクチュールアトリエとの見事なコラボレーションが開花し、ラストルックには全面をホワイトフェザーで飾り立てた、まったく新しいローブ・ドゥ・マリエ(ウエディングドレス)が登場し、場内を拍手喝采の渦で包み込みました。
 19世紀フランスの作家で男装の麗人としても知られたジョルジュ・サンドにオマージュを捧げたのはジャンポール・ゴルチエの「ゴルチエ・パリ」。サンドの恋人で同時代の詩人アルフレッド・ミュッセに見立てたダンディなメンズモデルたちも同じ舞台に立たせ、クラシックかつマニッシュな新作を披露しました。
 ほかにも、夜の世界に迷い込んだ、古代神話に登場するミューズたちを繊細なコレクションに展開したマリア・グラツィアとピエールパオロの「ヴァレンティノ」、思い出深いホテル・リッツのサロンを舞台に、新発売のハイジュエリーと共に発表したドナテッラ・ヴェルサーチの「アトリエ・ヴェルサーチ」、陽の光の変化にインスピレーションを得て、淡いブルーからナイトブラックへと徐々に色を変化させながら、昼と夜の装いを提案したジョルジオ・アルマーニによる「アルマーニ・プリヴェ」、南欧のジプシーたちにみられる華美なスタイルを、細長いシルエットや神経質なまでに緻密な刺繍でゴージャスに表現した「ジバンシィ・バイ・リカルド・ティッシ」と、どれもディテールにいたるまで見応えたっぷりです。


◆魅惑のハイジュエリー

今シーズンのハイジュエリー各メゾンは、9月にグラン・パレを会場に催される2年に1度のビッグイベント、アンティーク・ビエンナーレ出展に向けた新作コレクションの一部をプレビューとして発表しました。まず注目は、今季からクリエイティブディレクターが新しく替わった「ブシュロン」。35歳の若きフランス人女性、クレール・ショワンヌは、150年以上の歴史あるメゾン・ブシュロンを、よりモダンに、よりフェミニンに生まれ変わらせた期待の新人です。クレールのフレッシュな感性と宝石職人たちの熟練技が見事に融合した新作を、クレールへのインタビューと共にご紹介します。「ヴァン クリーフ&アーペル」は、メゾンに代々伝わる金言をもとに“パレ・ドゥ・ラ・シャンス(幸運の宮殿)”というテーマに辿り着きました。流れ星やてんとう虫、四つ葉のクローバーやユニコーンなど様々な“ラッキーチャーム”を、あらゆる国や時代からかき集めて、希少な輝きを放つカラフルな宝石をふんだんに使った、豪華なのにキュートなハイジュエリー作品を生み出しました。また、同じくヴァンドーム広場に軒を連ねる「ショーメ」と「メレリオ・ディ・メレー」の2大老舗メゾンや、スイス・ジュネーブに本社を置くジュエリーウォッチの最高峰「ピアジェ」、今年で誕生から80周年を迎えた「シャネル」のハイジュエリー、ヴィクトワール・ドゥ・カステラーヌの洗練されたクリエイティヴィティが光る「ディオール」ハイジュエリーなど、それぞれに個性あふれるコレクションを発表しています。


◆バックステージ&オフ・ザ・ランウェイ リポート

オートクチュール各メゾンの舞台裏から、コレクションになくてはならないヘア&メイクの創作プロセスを追った「バックステージ」、パパラッチの群がるショー会場やフロントロゥにあでやかに姿を見せたVIPたちのおしゃれをフォーカスした「オフ・ザ・ランウェイ」と、恒例の2大リポートもお届けします。


◆シャネル・クルーズコレクション in ヴェルサイユ

今年のシャネル・クルーズコレクションは、フレンチ・エレガンスの象徴でもあるヴェルサイユ宮殿の庭園内にある“三つの泉の木立ち”を舞台に選びました。太陽王ルイ14世の命により、時の天才造園家ル・ノートルによって設計された、緑の柵と3つの噴水が美しいこの庭園をランウェイに見立てて、まだ陽の明るいパリの夏の夕暮れ時に、優雅にひそやかにランデブーを楽しむ公爵と貴婦人の姿を、カール・ラガーフェルドは遊び心いっぱいに現代に再現。スイーツのように甘いパステルカラーや、レース、フリル、刺繍、花飾りやリボンのロココモチーフが、ロックなストリートスタイルと見事に融合しています。


◆2012-13プレ・コレクション

シャネルのクルーズ・コレクションに続いて、今年の年末から来年の春先までに展開されるプレ・コレクションから、注目のブランドをピックアップ。ランバンやヴァレンティノ、ジバンシィらお馴染みのメンバーに加え、今回はカルヴェンとアクネの2つの急上昇ブランドが登場します。また、ゴルチエは秋の新作を、東京・銀座の「ゴルチエ銀座店」おすすめコーディネートとともにご紹介します。


他にもコレクションやモードに関するさまざまな情報をお届けする充実の1冊です。
(2012年8月21日発売、A4変型、194ページ・オールカラー、1,400円)




1,466円
モードェモード「2012-13秋冬パリ・ミラノ・ロンドン・ニューヨーク プレタポルテ・コレクション号(No.359)」では、各都市で話題になった総勢108ブランドの新作を中心に、盛りだくさんの内容で「モード界の今」をお伝えしています。


359号の主なコンテンツ
(表紙:ランバン)


◆巻頭特集:CHANEL and JAPAN ~3日間のスペシャルイベント
パリコレ終了から2週間後の3月21日、22日、23日の3日間にわたり、東京を舞台にしたシャネルのスペシャルイベント「CHANEL and JAPAN」が行なわれました。このイベントは、東日本大震災から1年を経、復興に向け日々邁進する日本の人々にエールを送りたい、とパリのシャネル社が一丸となって企画したもの。8年ぶりの来日となるカール・ラガーフェルドを始め、ヴァネッサ・パラディ、サラ・ジェシカ・パーカー、カリーヌ・ロワットフェルドらセレブ達が東京に大集合し、2012春夏オートクチュール・コレクション・ショーほか、盛りだくさんのイベントで楽しませてくれました。その3日間の模様を、カール・ラガーフェルドへのインタビューもまじえ、お伝えします。


◆2012-13秋冬トレンド・エクスプレス
パリ、ミラノ、ロンドン、ニューヨークと、4都市で発表されたコレクションから気になるトレンドをピックアップ。今シーズンは何と言っても“ダーク”がキーワードになりました。ブラックを筆頭に、深いトーンのブルーやグリーン、渋みのあるレッドやゴールドの色が席巻し、ここ数シーズン続いたポップでカラフルなムードに少し変化が出ています。インスピレーションでは、ダークの流れからきた“ゴシック”や“バロック”の新しい表現法に注目。また、アイテムでは長らく続いたスカートに替わって“パンツ”が次なる主役へとシフトしています。


◆2012-13秋冬パリ・プレタポルテ・コレクション
今シーズンのパリは「シャネル」「ヴィトン」「ランバン」のビッグ3に注目が集まりました。アメジストやクリスタルの巨大なレプリカを会場に再現した「シャネル」は、水晶のグラフィカルなフォルムと宝石のような輝きを、伝統的な仕立て技術とハイテク素材を駆使して服に取り入れました。マーク・ジェイコブスによる「ルイ・ヴィトン」は、20世紀初頭の駅をイメージした舞台に、ショー開始の合図とともに本物の汽車が汽笛を鳴らして到着するというダイナミックな仕掛けで、メゾンのコードである“旅”を見事に表現。さらに期間中、装飾美術館で開幕した回顧展『ルイ・ヴィトン-マーク・ジェイコブス』へもご案内します。そして「ランバン」は、今季で就任10周年を迎えたアルベール・エルバスの優れた手腕のもと、アニバーサリーにふさわしい華やかでフェミニンなコレクションを披露し、大喝采を浴びました。また、今季限りで辞任したステファノ・ピラーティによる「イヴ・サンローラン」、3月末に日本でも初のショーを開いて注目を集めるピーター・コッピングの「ニナリッチ」など、“旬のパリ”を、バックステージやオフ・ザ・ランウェイなど恒例コーナーと共にリポートします。


◆アルベール・エルバスによるランバン、10年の軌跡。
今季のパリで話題のひとつ、就任10周年を迎えた“アルベール・エルバスによるランバン”にスポットを当てたミニ特集です。1997-98秋冬にデビューした「ギ・ラロッシュ」ですぐさま頭角を現し、一時期イヴ・サンローラン氏の後継デザイナーを務めるほどまでに活躍したアルベール・エルバスは、2002-03秋冬コレクションより「ランバン」に就任。パリで最古の歴史を誇るメゾンを21世紀に見事に蘇らせ、近年まれにみるモード界きっての大ブレイクを果たしました。本誌では、その間全シーズンのコレクションから代表作をピックアップ、アルベールの洗練されたクリエーションの数々を振り返ります。


◆『ジャンポール・ゴルチエのモードプラネット』展
昨年、カナダのオントリオールで開催され、以後アメリカ、ヨーロッパと世界を巡回中の展覧会『ジャンポール・ゴルチエのモードプラネット』をご紹介します。ゴルチエ初となるこの大規模な回顧展では、永遠のテーマである“パリ”をはじめ、“エスニック”“パンク”“マリニエール”など、ゴルチエ作品に欠かせない要素を、キーワードごとにカテゴライズし、過去のアーカイブ(プレタポルテ、オートクチュール、メンズ)から代表作を展示。その足跡は、男性用に初めて開発したロングスカートや、90年代の幕開けを飾ったマドンナのツアー衣装など、モード史に残る作品の集大成でもあります。1976年にパリ・モード界にデビューし、現在に至るまで一度も休むことなく、そして常にトップの座に君臨し続ける偉大なるクチュリエ、ゴルチエの魅力あふれる世界観を、美術館を訪れた気分でお伝えします。


◆2012-13秋冬ミラノ・コレクション
今季のミラノで一番の話題は、ラフ・シモンズによる最後の「ジル・サンダー」です。ラフ・シモンズについては数か月前から、パリのディオールへ移籍の噂が囁かれるようになりましたが、今回の辞任のお知らせは期間中、それもショー本番のわずか2日前に突然発表されたため、業界内には衝撃が走りました。数シーズン前から50年代のパリ・オートクチュールに影響を受けた作風が特徴立っていたラフですが、今回の作品ではその腕にさらに磨きがかかっています。他にも、「プラダ」や「ボッテガ・ヴェネタ」、「フェンディ」や「ドルチェ&ガッバーナ」など、ミラノには大人の女性が満足できる完成度の高いコレクションが勢ぞろいです。


◆2012-13秋冬ロンドン・コレクション
今年は夏のオリンピックやエリザベス女王戴冠60周年記念式典など、世界中から熱い注目を集めているロンドン。ファッションシーンにおいては、いつの時代も才能あふれる若手の活躍が、この街の起爆剤となっています。その中で今シーズン、最もホットな話題を提供したのは、サラ・バートンが指揮するアレキサンダー・マックイーンのセカンドライン「McQ(マックキュー)」による初ショーでした。ブランドのDNAであるテーラリングの技を随所に活かし、ミステリアスな夜の森をイメージした舞台で、見ごたえのあるコレクションを披露。今後の成長が楽しみなブランドのひとつです。他にも「ジャイルズ」「メアリー・カトランズ」「ピーター・ピロット」など、個性豊かなセントマーティンズ系のメンバーたちも、シーズンを追う毎に実力を増し、注目です。


◆2012-13秋冬ニューヨーク・コレクション
ロンドン同様、ニューヨークももはや若手の活躍なしには語れません。「アルトゥザラ」や「ジェイソン・ウー」「アレキサンダー・ワン」ら、若手の中でもトップクラスのメンバーによるコレクションは、クリエーションとビジネスの両方が非常にバランス良く表現されています。なかでも本誌が注目するのは、デジタルプリントとクチュール感覚をミックスした華やかな作風が特長の「プラバル・グルン」です。今季よりアメリカ市場に再上陸を目指す日本のアパレルブランド「ICB」のディレクションも兼任する彼に、3月に初来日を果たした際にインタビューをおこない、フレッシュなパーソナリティに迫りました。一方、かつては若手の雄で、今ではすっかりベテランとしてニューヨークの王者に君臨する「マーク・ジェイコブス」も、若手に負けないエネルギッシュなコレクションでニューヨークを沸かせました。


他にもコレクションやモードに関するさまざまな情報をお届けする充実の1冊です。

(2012年4月21日発売、A4変型、196ページ、1,400円)



1,466円
 
 2月21日発売のモードェモード最新号(No.358)では、1月下旬にパリで行なわれた2012春夏オートクチュール・コレクションの模様をお伝えしています。
 
 シャネル、ヴァレンティノ、ディオール、ゴルチエ、ジバンシィ、アルマーニと、お馴染みのトップブランドに、今シーズンは8年ぶり復帰となるアトリエ・ヴェルサーチを加えた、現代のオートクチュールを代表する7メゾンの新作を、バックステージリポートとあわせて、全ルックあますとろころなく紹介しています。また、会場に集まったセレブやエディターたちの最新のおしゃれを楽しめる、好評のオフ・ザ・ランウェイ・リポートも。

  ハイジュエリー特集では、ヴァン クリーフ&アーペルとピアジェの最新レポートに加え、昨年3月に亡くなったハリウッド黄金期を代表する女優、エリザベス・テイラーの遺品オークションを大々的にご紹介。“世紀の美女”“恋多き女”で知られたテイラーが、数々の恋物語とともに後世に遺した、膨大にして貴重なコレクションを見ごたえたっぷりに紹介する永久保存版です。 

 眺めているだけでうっとりする、美しく、華麗なオートクチュール・コレクションの世界を、あなたものぞいてみませんか?




358号の主なコンテンツ

◆2012春夏パリ・オートクチュール コレクション
飛行機の機内を再現した舞台でオートクチュールの真髄を見せたシャネル。飛行機の窓から見える空模様の変化を、さまざまなトーンのブルーと、星屑のように細かく散りばめた立体刺繍とともに表現し、ファンタジックな世界を繰り広げました。現代のマリー・アントワネットをイメージしたヴァレンティノ・クチュールは、やさしいタッチで描かれた花柄のタフタにデリケートなレースや緻密なディテールワークを加えて、おとぎばなしのヒロインのように無垢な女性像を描き上げました。スキャンダラスに時代を駆け抜けたエイミー・ワインハウスにオマージュを捧げたゴルチエ・パリでは、衣装もヘアメイクも、エイミーそっくりに真似たスタイルを、上質素材と職人技で洗練させました。後継デザイナー未定のまま、デザインチームによりオートクチュールを継続したディオールは、メゾンのコードをベースに、軽やかな素材とモノトーンで気品あふれるコレクションに仕上げました。8年ぶりに復帰したアトリエ・ヴェルサーチについては、コレクション終了後、デザイナーのドナテッラにインタビューを敢行。また、リカルド・ティッシによるジバンシィ、ジョルジオ・アルマーニによるアルマーニ・プリヴェなど、芸術性あふれる美しいコレクションを全ルック、あますところなく紹介しています。


◆ヴァン クリーフ&アーペルの美しき世界
好評のシリーズ「魅惑のハイジュエリー」で、今シーズンフィーチャーしたのは、100年以上の歴史をもつパリ屈指のハイジュエラー、ヴァン クリーフ&アーペルです。ヴァンドーム広場に誕生し、様々な芸術が花開いた20世紀のパリで育まれてきたメゾンのレガシーをあらためて振り返りながら、ヴァン クリーフ&アーペル作品の美しさの秘訣に迫ります。貴重なアーカイブ作品とそれぞれにまつわるエピソードに加え、今季のパリ・オートクチュール期間に発表された新作ハイジュエリーと、SIHH(ジュネーブサロン)でお披露目された新作ウォッチもあわせてご紹介します。


◆世紀のオークション!ザ・コレクション・オブ・エリザベス・テイラー
2011年12月、ニューヨークの著名なオークションハウス、クリスティーズで故エリザベス・テイラーの遺品コレクションが開催され、大きな話題となりました。今号では、この世界的に注目を集めたオークションに実際に出品され、予想を大きく上回る売り上げを記録した貴重なコレクションの中から、ハイジュエリーとオートクチュールをフィーチャー。それぞれのアイテムに隠された数々の愛のエピソードを紹介しながら、“世紀の女優”エリザベス・テイラーの伝説に迫ります。


◆シャネル メティエダール コレクション「パリ-ボンベイ」
シャネルが毎年12月に発表する、限りなくオートクチュールに近いプレタポルテ、メティエダール コレクションの今年のテーマは「パリ-ボンベイ」。インドのボンベイ(現在のムンバイ)にスポットをあて、マハラジャに代表される華麗にして独自の伝統文化をもち、近年は映画やIT産業で成長の著しいインドを、ファンタジックに再現しました。ジュエリーのようなボタン使いやコスチュームジュエリー、メンズライクな仕立てのスーツに、サリーやターバンを想起させる優雅なドレープなど、インドのアイコンをシャネルらしくスタイリッシュに、現代的に、表現しています。


◆ピーター・フィリップスのつくるシャネル
現代を代表するメーキャップ・アーティスト、ピーター・フィリップスがシャネルメーキャップ部門のクリエイティブディレクターに就任して、今年で5周年。毎シーズン、バックステージで現代のシャネル像を、斬新なメーキャップを通して表現してきたピーターが、この春、満を持して新作ファンデーションを発表します。“パーフェクト”を目指し、自社ラボとのたゆまない研究を積み重ね、ようやく誕生した渾身の作を、これまでのシャネルにおけるピーターの仕事ぶりと重ねて、魅力たっぷりにご紹介します。



他にもコレクションやモードに関するさまざまな情報をお届けする充実の1冊です。

(2012年2月21日発売、A4変型、188ページ、1,400円)



1,466円
モードェモード357号では、世界4大都市で発表された2012年春夏プレタポルテ・コレクションの模様をお伝えしています。


華麗なる“美のサーキット”の開幕を告げたニューヨークは、ディオールの次期アーティスティックディレクターの最有力候補と目されるマーク・ジェイコブスを筆頭に、今シーズンも大いに賑わいました。個性派ぞろいのロンドンでは、バーバリーやポスト・マックイーンのジャイルズなど、この街でしか生まれないユニークな才能が芽吹いています。大御所デザイナーで彩られるミラノは、今や世界のトレンドを引っ張るプラダ、今年90周年を迎えたグッチなど、見逃せないコレクションが満載。そして、サーキットのトリを飾るパリでは、ルイ・ヴィトンやシャネル、ヴァレンティノ、ランバンなど、うっとりするほど美しい作品が目白押しでした。

軽やかな春夏気分をお楽しみいただける、充実の1冊です。



◆2012春夏トレンドエクスプレス
昨年から続く、色とりどりのカラーとデジタル・フラワー・プリントが、今シーズンは満開の時を迎えました。甘いパステルカラーをまとったレースや、綿菓子のようなホワイトオーガンジーなど、スイーツのような色と素材が今シーズンを象徴するトレンドです。インスピレーションでは、海のモチーフや人魚姫のイメージが新たに浮上。スタイリングでは、シャツ&パンツでマルチカラーのフローラルプリントを全身にまとうのが、今年らしい提案です。


◆パリ・プレタポルテ コレクション
開幕前から大きな注目を集めた、マーク・ジェイコブスのディオール就任問題も、結局は未決定のまま2012春夏シーズンを迎えたパリ。渦中の人、マークが手掛けるルイ・ヴィトンは最終日に登場。真っ白なメリーゴーランドにドールのようなモデル達を乗せ、細部までデリケートに仕上げたファンタジックなコレクションで圧倒的な魅力を放ちました。同じく、舞台一面を白一色で覆い、夢のような海底世界へといざなったのはシャネル。海の泡から誕生した美の女神・ヴィーナスや、人魚姫とその姉妹たちを想わせる、フレッシュでみずみずしいスタイルが続々登場。また、アンティークレースをコットンでカジュアルに表現したヴァレンティノや、キュートなミニスタイルにカラフルなイカット柄をのせたギョーム・アンリのカルヴェンなど、見逃せないコレクションが集結しています。


◆ミラノ コレクション
オートクチュール全盛の50年代へのオマージュが続くミウッチャ・プラダによるプラダ。今シーズンは、フェミニンなワンピースやプリーツスカートに、キャディラックなどの“アメ車”モチーフと、車が登場する“アメコミ(50年代アメリカン・コミック)”プリントが、ロリポップのようなキャンディカラーで登場。靴やバッグとのトータルコーディネートも注目です。ドルチェ&ガッバーナは、デザイナーのルーツである南イタリアから新鮮な野菜のプリントをドレスの上に散りばめました。また、今シーズン限りでブランド終了すると発表したD&Gのラストコレクションも必見です。


◆ロンドン コレクション
先ごろウンガロを辞任したジャイルズ・ディーコンは、今シーズンは自身のブランドに専念したことで、シルバーレザーのカットワークや羽根刺繍のドレスなど豪華なコレクションを完成させました。ジョナサン・サンダースやピーター・ピロット、アーデムやメアリー・カトランズといった若手デザイナーたちも、美しい色と柄、フェミニンなシルエットをベースに、それぞれの個性を存分に発揮。トレンドや着やすさも意識しながら、ロンドンのデザイナーらしく、誇り高いアーティスト魂がはじけたシーズンとなりました。


◆ニューヨーク コレクション
ニューヨーカーにとって忘れることのできない9.11から10周年を迎えた今シーズン。コレクションを主催するCFDA(米国ファッション協議会)の現議長ダイアン・フォン・ファステンバーグは、フィナーレで客席に小さな星条旗を配ることで、全デザイナーを代表して犠牲者への追悼と愛国の念を込めました。いっぽうで、この街の未来を担うニューフェイスたちの活躍も盛んでした。中でも安定して優秀なのが、アレキサンダー・ワンやジェイソン・ウー、フィリップ・リムらアジア系デザイナー。今シーズンはシンガポール生まれ、インド出身のプラバル・グルンも仲間入りしました。また、ヴィクトリア・ベッカムやレイチェル・ゾーらセレブによる新進ブランドのコレクションも注目です。


◆パリコレ バックステージ&オフ・ザ・ランウェイ リポート
ヘア&メイクの詳細がわかる、恒例のバックステージリポート。今シーズンは“海”や“マーメイド”がトレンドとして浮上していることから、水に濡れたようなウエット仕上げのヘアに注目です。メイクでは、赤いリップが印象的なイヴ・サンローランや、赤いアイシャドーで強さを見せたミュウミュウなど、「赤」がポイントカラーとして依然人気でした。また、今シーズンのパリは連日30℃の夏日を記録した、季節外れの天候に見舞われたせいで、会場に集まるエディターやセレブ達の着こなしにも大きな変化が見られました。ランウェイから発信されたトレンドが、実際にはどのように支持を集めているか、トレンド別に分析したオフ・ザ・ランウェイ リポートは、巻頭のトレンドエクスプレスとの見比べもおすすめです。


他にもコレクションやモードに関するさまざまな情報をお届けする充実の1冊です。
(2011年11月21日発売、A4変型、188ページ、1,400円)



1,466円

<MODE et MODE 2011-12秋冬パリ オートクチュール・コレクション号>

モードェモードNo.356では2011-12秋冬パリ・オートクチュール・コレクションのレポートを中心にご紹介しています。

2011-12秋冬シーズンのラストを飾るのは、華やかなパリのオートクチュール・コレクションです。モードェモードでは、世界の頂点に立つトップ6メゾンのファッションショーで披露された全作品をくまなく掲載。それぞれに個性が際立つ、見事なクリエーションの全貌を、ランウェイ、バックステージの両面からたっぷりとご堪能いただけます。

中でも今回、本誌が注目したのは、マリア・グラツィア・キウリとピエールパオロ・ピッチョーリのデザインデュオが手掛けるヴァレンティノ・クチュールです。コレクション発表の1週間前、本拠地ローマで60年続くヴァレンティノのオートクチュールアトリエに、デザイナー2人を訪ねインタビューを敢行。熟練した職人達の仕事ぶりとあわせて、新時代のエレガンスを牽引するヴァレンティノのクリエーションの秘訣に迫る、待望のスペシャルレポートです。

また、オートクチュールと同期間に発表された、パリのトップハイジュエラーたちによる最新コレクションや、来春の気分を先取りするクルーズ&プレ・スプリング・コレクションも必見です。



356号の主なコンテンツ

◆2011-12秋冬パリ・オートクチュール・コレクション
7月初旬の4日間にパリで開催されたオートクチュール・コレクションは、まさに芸術の祭典。“古き良きロシア”に想いを馳せ、フレッシュな感性で表現したヴァレンティノ・クチュール。夜のヴァンドーム広場を再現した舞台で、スーツやドレスに光輝く刺繍を散りばめ、満点の星のごとくファンタジックな世界へといざなったシャネル。「日本へのオマージュ」と題し、東日本大震災へのチャリティーも兼ねたジャポネスクな作品はジョルジオ・アルマーニ・プリヴェ。映画「ブラック・スワン」にインスピレーションを得て、パリならではのシックさとエレガンスにユーモアのエスプリを効かせたゴルチエ・パリ。正式な後継デザイナー不在のまま披露されたクリスチャン・ディオール。ピュアなホワイト一色で新境地を見せたジバンシィ・バイ・リカルド・ティッシ。夢あふれるクリエーションと、それを現実にする高度な伝統技との見事なフュージョンは、いつの時代もファッションの原点は何か?を教えてくれます。

◆マリア・グラツィア&ピエールパオロがつくるヴァレンティノの魅力に接近!
本誌では、コレクション発表を一週間後に控えたヴァレンティノ・クチュールのローマアトリエへ潜入し、デザイナー2人へのインタビューを敢行。若々しい、フレッシュな感性があふれる新時代のエレガンスを、熟練工の職人たちとのコラボレーションで実現していく2人に、オートクチュールへの思いを語っていただきました。また、普段はめったに公開されることのないアトリエ内部の様子も、フォトレポートでたっぷりご紹介しています。パリコレの舞台で披露された美しい作品が、実際にはどのようにして作られているのかも垣間見ることができます。

◆魅惑のハイジュエリー
今シーズンもヴァンドーム広場を中心に、パリの老舗ハイジュエラーたちの最新作をご紹介。フランスの初代皇帝ナポレオンの寵愛を受けた、由緒正しきジュエラー、ショーメは今年、ウォッチクリエーションを手掛けて100周年を迎えたのを記念して、特別展を企画。ショーメの歴史と共に、フランスの歴史を知るきっかけともなる、興味深い同展の模様をお伝えします。ヴァン・クリーフ&アーペルは、20世紀に実在した5つの舞踏会から着想し、「伝説の舞踏会」と題したファンタジックなコレクションで、今シーズンも魅了してくれました。カポーティやプルーストなど、著名人が主催する舞踏会の知られざる世界を、うっとりするほど美しいジュエリー作品とあわせて、私たちの前で紐解いてくれます。他に、ディオールやブシュロン、シャネルの新作ハイジュエリーも注目です。

◆クルーズ&プレ・スプリング・コレクション
今年のクリスマスシーズンから来年の新春にかけてのおしゃれを先取りする、クルーズ&プレ・スプリング・コレクション。5月初旬に南フランスのコートダジュールで開催されたシャネルのクルーズコレクションでは、まぶしい太陽のもとで映える全身白のルックに、エクスクルーシブなシャネルのハイジュエリーがコーディネートされました。カクテル&イヴニングでは、南仏をこよなく愛した画家たちの作品を連想させる、色鮮やかなフラワーモチーフや幾何学模様が、最新の刺繍テクニックで散りばめられ、豪華な一夜を演出しました。他に、ランバン、ヴァレンティノ、ジバンシィ、セリーヌとお馴染みのブランドの最新作に加え、今シーズンはギョーム・アンリによるカルバンが新たに仲間入りしました。


他にも、コレクションやモードに関するさまざまな情報をお届けする充実の1冊です。

(2011年8月20日発売、A4変型、202ページ)

1,466円
モードェモードNo.355では、2月から3月にかけパリ・ミラノ・ロンドン・ニューヨーク各都市でおこなわれた秋冬プレタポルテ・コレクションの模様をお伝えしています。


355号の主なコンテンツ

◆11-12秋冬トレンド・エクスプレス
11-12秋冬はフィルム・ノワールをイメージしたクールなモノトーンと、北欧のモダン家具からインスパイアされた原色系のカラーブロックとの両極がトレンドカラーに。ほかにも秋冬にマストなアイテムやスタイリング、靴、バッグの小物など、4都市からピックアップした最新トレンドをご紹介。

◆パリ・プレタポルテ コレクション
ヨーロッパの格式高い高級ホテルをイメージした舞台で、マーク・ジェイコブスによるルイ・ヴィトンは上質のファーやレザー、カシミアをふんだんに使ったコレクションで高い評価を得ました。黒い森をイメージしたミステリアスなランウェイに、黒炭を想わせるダークな色使いでマニッシュなワークウェアを展開したのはシャネル。また、ガリアーノ解雇騒動からわずか3日後に発表されたクリスチャン・ディオールは、アトリエの力を結集したコレクションで大きな感動を呼びました。

◆緊急特集:ジョン・ガリアーノのディオール、15年の軌跡
ジョン・ガリアーノの突然の解任は、ファッション業界のみならず、世界中のファンたちに大きなショックを与えました。本誌では、ジョン・ガリアーノが老舗クチュールメゾン、クリスチャン・ディオールのチーフデザイナーに抜擢され、就任第一弾として当時たいへんな話題を集めた1997年春夏オートクチュール・コレクションから、今年1月に発表されたばかりの2011春夏オートクチュールまで、プレタポルテも含む全57ものクリスチャン・ディオール コレクションを一挙にフラッシュバック。希代の天才デザイナーの出現により、ファッション界が大いに熱狂したひとつの時代を振り返る緊急特集です。

◆ミラノ コレクション
1950~90年代から着想したレトロなスタイルに、鮮やかな色があふれた今シーズンのミラノコレクション。60年代のクレージュを彷彿とさせたプラダを筆頭に、ウィンタースポーツを50年代のミッドセンチュリーテイストでアレンジしたジル・サンダー、メゾン創設90周年を迎えたグッチは、70年代サンローラン・リヴ・ゴーシュを思い起こさせる作品を完成。ドルチェ&ガッバーナは80年代UKのニューロマンティックスのアイドル達のように、ポップでボーイッシュな感覚が好評でした。

◆アルベルタ・フェレッティ 新作を語る
ミラノコレクションにデビューして30年、その間ずっとセンターステージに立つデザイナーとして活躍してきたアルベルタ・フェレッティに、コレクション終了直後にインタビューを敢行。映画『ハリー・ポッター』で知られる英国人女優エマ・ワトソンとコラボし、エコなコレクションを新たにスタートするなど、ますます積極的な動きをみせるアルベルタ・フェレッティに注目です。

◆ロンドン コレクション
ウイリィアム王子&ケイト・ミドルトンのロイヤルカップル誕生で、ますます注目されるロンドンのファッション界。ケイトが婚約発表の場に選んだドレスのデザイナー、イッサのショーには多くのセレブやパパラッチが集まり、今季一番の盛り上がりをみせました。ほかにはクレア・ワイト・ケラーによる最後のプリングル、クラリッジホテルでキュートなコレクションを披露したマルベリー、新デザイナー就任により英国老舗ブランドとして復活を目指すアクアスキュータムと、今シーズンもロンドンは話題がいっぱい。

◆ニューヨーク コレクション
40年代調のクラシックを独自にアレンジし高い評価を得たマーク・ジェイコブス、初のレディスコレクションを披露した人気デザイナー、トム・ブラウン、若手ナンバーワンの座を依然保ち続けるアレキサンダー・ワンなど、今シーズンも不屈のアメリカ魂で元気いっぱいな様相をみせたニューヨーク。アカデミー主演女優賞に輝いた映画『ブラックスワン』で話題のロダルテや、女性らしいデザインで日本でも売れ行き抜群のミリー・バイ・ミッシェル・スミスなども注目株です。

◆パリコレ バックステージ&オフ・ザ・ランウェイ リポート
服がミニマルでマニッシュになるいっぽう、華やかなスパイスを与えるヘアメイクの役割は、これまで以上に注目されています。本誌では、今もっとも売れっ子のアーティストたちが集まり、それぞれに腕を競い合うパリコレクションの舞台裏を取材。また、会場に集まる有名ファッション・エディターやセレブ達の着こなしから、より身近なトレンドを探るオフ・ザ・ランウェイ リポートも。


他にも、コレクションやモードに関するさまざまな情報をお届けする充実の1冊です。

(2011年4月21日発売、A4変型、188ページ、1,400円)

1,466円


2011年1月最終週に、パリを舞台に開催されたオートクチュール コレクションでは、春夏シーズンの最後を飾るにふさわしい華やかな作品が出揃いました。モードェモードの最新号(No.354)では、現代のパリ・オートクチュールを代表するトップ6メゾンの最新作を全ルック、あますところなくご紹介しています。
ほかにも、バックステージ&オフ・ザ・ランウェイリポートや、希代のオートクチュリエ、ジャンポール・ゴルチエへの特別インタビュー、最高級のハイジュエラーによる新作を集めた「魅惑のハイジュエリー」、人気ブランドの2011-12秋冬作品をいち早く紹介するプレ・コレクション、また、最高級の時計とジュエリーで知られる「ピアジェ」のブランドストーリーや、ミラノを代表するデザイナー「アルベルタ・フェレッティ」のフィーチャー記事など、多彩なコンテンツでお届けする充実の1冊です。



354号の主なコンテンツ:

◆2011春夏パリ オートクチュール コレクション
今シーズンはオートクチュールの伝統を土台に、最新テクニックを駆使した「軽さ」が大きなキーワードに。スーパーライト級のツイードジャケットにデニムのレギンスを合わせ、シックでコンテンポラリーな作品を取り揃えたシャネル。超軽量のシフォンやオーガンジー、レースによるドレスでフレッシュな女性像を描き出したヴァレンティノ。ジャンポール・ゴルチエは、過去に何度もテーマにしてきたパリの伝統文化とロンドンのパンクスタイルをミックスし、これまで以上に超シックな作風でオートクチュールの真髄を極めました。また、伝説のイラストレーター、ルネ・グリュオーにオマージュを捧げたディオール、宇宙や鉱物など大自然からインスピレーションを得たような壮大さが印象的なアルマーニ・プリヴェ、現代の“日本”をテーマにコレクションを展開したジバンシィもユニークな存在。さらに日本からは桂由美が参加、「京都の一日」と題し、京都の匠たちとコラボレーションした見事な作品で会場を沸かせました。
掲載ブランド:シャネル、ヴァレンティノ・クチュール、ゴルチエ・パリ、クリスチャン・ディオール、ジョルジオ・アルマーニ・プリヴェ、ジバンシィ・オートクチュール・バイ・リカルド・ティッシ、ユミ・カツラ、メゾン・マルタン・マルジェラ、アレクシ・マビーユ


◆緊急来日!ジャンポール・ゴルチエ特別インタビュー
昨年12月に東京・銀座にオープンした新コンセプトブティックのお披露目のため、緊急来日を果たしたジャンポール・ゴルチエ。1970年代後半より、パリ・コレクションの歴史を鮮やかに塗り替えては“アンファン・テリブル(恐るべき子供)”と呼ばれ、親しまれてきた彼も、35年のキャリアを経た今ではベテランのオートクチュリエに。デビュー間もない頃よりゴルチエ作品を紹介してきた本誌では、来日の貴重な機会にあわせて、特別インタビューを敢行。あらためて、モードとゴルチエの出会いについて語っていただきました。


◆特集「ラグジュアリーウォッチの最高峰、ピアジェ」
19世紀なかば、スイスのジュラ山脈ふもとで産声をあげ、今ではスイスが世界に誇る高級宝飾時計のトップブランドとして名高いピアジェ。もともと時計内部に搭載されるムーブメント製造会社からスタートしたファミリービジネスが、時計作りにおける卓越した職人技や芸術性ゆたかな創造力を徐々にそなえていく過程と、そこから生みだされたエポックメイキング的な代表作を振り返りながら、ピアジェの知られざる魅力に迫った特集です。


◆特集「アルベルタ・フェレッティの世界」
本誌プレタポルテ号でも常に高い人気を保持する、ミラノを代表するデザイナー、アルベルタ・フェレッティ。ミラノコレクションにデビューして30周年を迎えた彼女は、この1月にフィレンツェで開催されたファッションイベント、ピッティに招聘された記念に、30点余の美しいドレスを特別製作、多数のセレブをゲストモデルに、華やかなファッションショーを開きました。本誌ではこの最新コレクションの模様とともに、デザイナーの自宅兼アトリエである美しい邸宅を拝見。独自の世界観で知られるアルベルタ・フェレッティの魅力にあらためて迫ります。


◆シャネル メティエダール コレクション<パリ-ビザンス>
毎年12月、シャネルが単独で開催するメティエダール コレクションは、パリにある伝統的なオートクチュールアトリエの技術をふんだんに取り入れた、豪華極まりないプレタポルテ作品。今回はシャネルの“コスチュームジュエリー”のアイディアソースとなったビザンス(ビザンチン帝国)をテーマに、アンティーク調のゴールドを基調にした重厚感あふれる作品で魅了しました。

◆バックステージ&オフ・ザ・ランウェイリポート・・・シャネル、ディオール、ゴルチエ、ヴァレンティノ、ほか。

◆魅惑のハイジュエリー・・・ヴァン クリーフ&アーペル、ブシュロン、ショーメ、ディオール、ロレンツ・バウマー。

◆2011-12秋冬プレ・コレクション・・・ランバン、ジバンシィ、ディオール、ヴァレンティノ、セリーヌ、ニナリッチ、ステラ・マッカートニー。


他にも、コレクションやモードに関するさまざまな情報をお届けする充実の1冊です。

(2011年2月21日発売、A4変型、194ページ、1,400円)

1,466円
353号の主なコンテンツ

◆2011春夏トレンド・エクスプレス
色、素材、シルエット、インスピレーション、小物など、注目のトレンドを4都市のコレクションから総括してご紹介。

◆パリ・プレタポルテ コレクション
広大な敷地のフランス式庭園を黒と白で再現しながら、優雅でダイナミックなコレクションを展開したシャネルを筆頭に、今シーズンもパリには個性あふれる顔ぶれが勢ぞろい。ジャイルズ・ディーコンを新デザイナーに迎えフレッシュによみがえったウンガロ、本人亡き後はじめてのコレクションとなるサラ・バートンによるアレキサンダー・マックイーン、ゴルチエ最後のコレクションとなるエルメスなどが話題になりました。また、本期間中に2つのエキシビション(展覧会)のオープニングを祝ったのはルイ・ヴィトン。そのうち本誌では、貴重なアーカイブで構成される「Voyage en Capitale~ルイ・ヴィトンとパリ~」展の一部をご紹介しています。

◆ミラノ コレクション
今シーズンもミラノで圧倒的な強さを見せたのはプラダ。ジル・サンダーはスーパーロング丈に鮮やかな色彩を咲かせました。一方、1970年代のイヴ・サンローランにインスパイアされたのは、グッチのフリーダ・ジャンニーニら若い世代のデザイナー達。カラフルなコレクションが多い中で、ドルチェ&ガッバーナはピュアホワイト、ジョルジオ・アルマーニはナイトブルー、ロベルト・カヴァリは大理石の淡いグレーと、ベテラン勢はシックな単色使いで個性を強調しました。

◆ロンドン コレクション
国内外からセレブを招待し、華やかにトリを飾ったバーバリー・プローサム、女優シエナ・ミラーがお姉さんと共に手掛けるトゥエンティエイトトゥエルブ・バイ・エス・ミラーなど、パパラッチ的な話題にも事欠かないロンドン。そんな中、パリのウンガロも兼務し国際的知名度が高まるジャイルズや、有能な新人に贈られるスイス・テキスタイルアワードに輝いたメアリー・カトランズなど、ロンドンらしいクリエイティヴィティも健在です。

◆ニューヨーク コレクション
リアルクローズの本拠地ニューヨークは、アレキサンダー・ワンやフィリップ・リム、タクーンなど、シーズンを重ねるごとに成長する若手を中心に、さらに洗練された印象に仕上がりました。ベテラン勢では、1970年代のBIBAをインスピレーションに、今季のトレンドセッター的役割を果たしたマーク・ジェイコブスに注目が集まりました。

◆バックステージ&オフ・ザ・ランウェイ リポート
パリのバックステージでとらえたヘア&メイクのメイキングリポートを通して最新ビューティトレンドをご紹介する「バックステージ」と、パリコレ会場に集まったおしゃれなエディターやセレブたちの着こなしから、この冬春にかけてのリアルトレンドを探る「オフ・ザ・ランウェイ」の2つの裏リポートをお伝えします。

◆魅惑のハイジュエリー
パリのグラン・パレを会場に2年1度、世界中から貴重なアンティークが集って催される大規模なアートイベント「アンティーク・ビエンナーレ」。今回は、オートクチュールコレクション期間に新作発表を行なう人気のハイジュエラーたちが参加し、大きな話題を呼びました。本誌では、このビエンナーレに参加した6メゾンの最新作を、前号(No.352)に引き続いてご紹介。本誌初登場となるルイ・ヴィトンのハイジュエリーも必見です。


他にも、コレクションやモードに関するさまざまな情報をお届けする充実の1冊です。

(2010年11月20日発売、A4変型、188ページ、1400円)
1,466円
◆2010-11秋冬パリ オートクチュール コレクション

7月5日に開幕した2010-11秋冬パリ オートクチュール コレクション。ヴェネツィアの金の獅子にインスパイアされたシャネル、50年代のチューリップラインを鮮やかな色使いでリメイクしたディオール、ボーヴォワールやジュリエット・グレコのクラシカルなスタイルを甦らせたゴルチエ、細部にまでこだわった作品をプレゼンテーション形式で発表したリカルド・ティッシによるジバンシィ、琥珀色に輝く舞台でナチュラルカラーのシックなスーツが際立ったアルマーニ、シャドーブラックに甘いシュガーピンクをおりまぜ可憐なミニスタイルを披露したヴァレンティノ。伝統的な職人技で真のエレガンスを追究したトップ6メゾンによる華やかな作品を、全ルックあますところなくご紹介します。


◆バックステージ&オフ・ザ・ランウェイ リポート

オートクチュール6メゾンのコレクションから、気になるバックステージの模様を追ったバックステージリポートでは、ヘア&メイクの有名アーティストによる斬新なテクニック、デザイナーやモデルたちの真剣勝負な表情を垣間見ることができます。また、コレクション会場に集まったゲストたちの着こなしをチェックする恒例のオフ・ザ・ランウェイ リポートのコーナーも。


◆魅惑のハイジュエリー

先シーズンよりパリのオートクチュール協会が定めるコレクション期間に正式メンバーとして参加が認められた、ヴァンドーム広場に軒を連ねるハイジュエリーの名門メゾンたち。今シーズンもコレクション最終日の7月8日が、彼らの新作発表のための日として設けられました。ジュール・ヴェルヌの冒険小説をテーマにしたヴァン・クリーフ&アーペル、50年代のブードア(貴婦人の化粧部屋)をヒントに官能的な作品を生みだしたブシュロン、クラウンジュエラーとしての本領を発揮したショーメ、マリー・アントワネットやジョゼフィーヌ王妃らかつての顧客たちにオマージュを捧げたメレリオ・ディ・メレー。また、羽根のモチーフをフォーカスしたシャネルや、10年間の軌跡を回顧したヴィクトワール・ドゥ・カステラーヌによるディオールも、見ごたえ充分です。


◆2011春クルーズ&プレコレクション

南仏の高級リゾート地であるサントロペを華やかなファッションショーの舞台に塗り替えたシャネル、万博開催でにぎわう中国・上海で大規模なコレクションを開催したディオールと、今年5月にはパリを代表する2大メゾンのクルーズコレクションが大きな話題を呼びました。ショー形式ではなくとも、ランバンやジバンシィ、セリーヌ、ニナリッチ、ヴァレンティノなど、話題のブランドをピックアップし最新作をご紹介しています。中でも、サラ・バートンを後継者に迎えた新生アレキサンダー・マックイーンは注目です。


◆「アルマーニ ホテル ドバイ」完成リポート

中東きってのラグジュアリースポット、ドバイにこの春誕生した、世界一の高さを誇るタワー、ブルジュ・ハリファ内に、ミラノの帝王ジョルジオ・アルマーニが初めて手掛けた本格的ホテル「アルマーニ ホテル ドバイ」が見事、完成しました。これまでも、ファッションにとどまらず、インテリア、レストラン、スパやコスメなど、現代人のライフスタイル全般にわたって独自の美学を表現してきたアルマーニですが、ホテルはその最終形として彼の中では位置付けられているとのこと。4月末に開催されたオープニングイベントの模様とともに、同ホテルの内部をご紹介しながら、アルマーニワールドの真髄をお伝えします。



他にも、コレクションやモードに関するさまざまな情報をお届けする充実の1冊です。

(2010年8月21日発売、A4変型、210ページ、1,400円)


おすすめの購読プラン

MODEetMODE(モードェモード) 雑誌の内容

日本で最初に生まれたコレクションマガジン
1946年創刊の伝統ある高級モード誌。パリコレを始め世界4大都市のファッションショーを豊富な写真で紹介。超一流デザイナーやモデルの華やかな競演が見もの。

+   MODEetMODE(モードェモード)の目次配信サービス

MODEetMODE(モードェモード)の今すぐ読める無料記事

MODEetMODE(モードェモード)を買った人はこんな雑誌も買っています!

女性ファッション 雑誌の売上ランキング

最大
50%
OFF
送料
無料

GISELe(ジゼル)

2021年09月28日発売

目次: REVISION 「なくすと増える」仕組み

参考価格: 740円 定期購読(【月額払い】プラン)なら1冊:390円

アラサー(アラウンドサーティー)のための「守りに入らない」大人のカジュアルファッション誌

  • 2021/08/27
    発売号

  • 2021/06/28
    発売号

  • 2021/05/28
    発売号

  • 2021/04/28
    発売号

  • 2021/03/27
    発売号

  • 2021/02/26
    発売号

最大
50%
OFF

nicola (ニコラ)

2021年10月01日発売

目次: ★ふろく
 ・Lovetoxic
   美髪ヘアブラシ&フレンチガールきんちゃくセット


◆ふろくブラシで超美髪になった記録30日!!

◆韓国アイドルみたいなツヤ黒髪になる!!
 ・アム&アヤカがちょこっとカットで髪悩み解決!!
 ・とぅるとぅる ツヤ髪矯正はじめました
 ・シャンプー&ドライヤーLESSON

◆髪巻かなくていい!!サラストで秋おしゃゴン攻め!!

◆新・美脚の女神6人降臨

◆阿部ここはぶっちゃけ100質!!

◆平手友梨奈、藤田ニコル、BLACKPINKがあこがれ!
  自分持ってるかっこいい子ファッション

◆あか抜け学校ヘアここだけネタ帳
 ・小顔見えしか勝たん一週間ヘア
 ・チャリ通OK最強ヘア!!
 ・アホ毛なんとかし隊
 ・部活ショートさんの5変化ヘアアレ


…ほか

定期購読(【月額払い】プラン)なら1冊:280円

おしゃれな中学生のためのファッション誌

  • 2021/09/01
    発売号

  • 2021/07/30
    発売号

  • 2021/07/01
    発売号

  • 2021/06/01
    発売号

  • 2021/04/30
    発売号

  • 2021/04/01
    発売号

最大
50%
OFF
送料
無料

FUDGE(ファッジ)

2021年10月12日発売

目次: ALL ABOUT ENGLAND
ずっと使える、背伸びしてでも欲しい服。

モダンなロンドンガールになりたい!
ずっと変わらないロンドンの服が好き。
らくでかわいい、サイマルウェア。
ロンドンガールになれる“色”の魅力。
秋の夜長、どう過ごす? どう楽しむ?

Feature Brand
MIDIUMISOLID

BRAND PICK UP!
tricot COMME des GARÇONS

参考価格: 690円 定期購読(【月額払い】プラン)なら1冊:345円

FASHION & CULTURE MAGAZINE for GIRLS

  • 2021/09/10
    発売号

  • 2021/08/11
    発売号

  • 2021/07/12
    発売号

  • 2021/06/10
    発売号

  • 2021/05/12
    発売号

  • 2021/04/12
    発売号

最大
50%
OFF
送料
無料

STORY(ストーリィ)

2021年10月01日発売

目次: ファッション大特集 あの人と「再会」の日までに、自分盛ってこ!/ワイド特集 日本全国40代の秋冬トレンドMAP!

定期購読(【月額払い】プラン)なら1冊:420円

人生を満喫する、知性と好奇心に溢れた「新しい40代」女性のために送るファッション&ライフスタイル誌

  • 2021/09/01
    発売号

  • 2021/07/30
    発売号

  • 2021/07/01
    発売号

  • 2021/06/01
    発売号

  • 2021/04/30
    発売号

  • 2021/04/01
    発売号

最大
50%
OFF
送料
無料

LaLaBegin(ララビギン)

2021年09月10日発売

目次: 表紙

新創刊のご挨拶

目次
ご愛読の感謝を込めて新創刊記念プレゼント
LaLaBuy WANTS~AYABE LABO
LaLaBuy WANTS~トラディショナル ウェザーウェア
LaLaBuy WANTS~シテン デニムジャケット
NEW ESSENTIALS
ユニバーサルオーバーオール 働き者の横顔
コンバース 
グランマ ママ ドーター 
グラミチ
永く愛せる名品皮図鑑
ビオクラ
秋の肌づくり、見直し道
ロゴスデイズ
着たい愛でたい服と小物のどうぶつえん
ほしがりノート
LaLa Begini DRY GOOD STORE
違いのわかる女になるための ブランド研究
通が通うショップ通信
MAGICAL FACTORY TOUR
今号のメイクルームから
古着の目利き力を養う「ヴィン」覧
[新連載] 日用品愛好家の処方箋
偏愛レボリューション
原宿キャシディ八木沢さんのメンズ・ララビギン
旅先晩酌
装い今昔物語
読者の架け橋
次号予告
LaLa Begin CALENDAR

参考価格: 630円 定期購読(【月額払い】プラン)なら1冊:315円

“ほしい”が見つかるGOOD LIFE BIBLE

  • 2021/07/12
    発売号

  • 2021/05/12
    発売号

  • 2021/03/12
    発売号

  • 2021/01/12
    発売号

  • 2020/11/12
    発売号

  • 2020/09/12
    発売号

6 美人百花

角川春樹事務所.

最大
50%
OFF
送料
無料

美人百花

2021年10月12日発売

目次: 特別付録はLANVIN en Bleuの「ロゴリボントート」。
揺れるリボンにブランドロゴをあしらった大人可愛いデザイン。こちらの通常版には、どんなコーデにもマッチするブラックのキャンバス素材トートがつきます。A4サイズのノートパソコンがすっぽり入る実用的なサイズだから、さまざまなシーンで使えます。内側にはブランドのピスネーム付き!
サイズ:H36×W34cm


表紙:石原さとみさん

・Fashion Beauty Love Dream
2人の女優が世代を超えて女子トーク
石原さとみ×稲垣来泉 受け継がれるレディのバトン

【大特集】
・「似合う服」と「欲しい服」が一致したら、私は最高にご機嫌♪
理想の服と過ごす、冬のおしゃれ計画
Part1
理想のニットで過ごす、「今日の自分もちゃんと可愛い」30days
Part2
「ウエーブ」「ストレート」「ナチュラル」それぞれの骨格タイプにベストマッチするアウターを徹底比較!
「骨格に合う」それが私の運命のコート
Part3
秋のおしゃれに迷ったらマカロン配色に頼りましょ

【Fashion】
・The Season’s Fashion
私たちに足りないのはドキドキ・ワクワクする体験です
野崎萌香ちゃんとドラマチックな装いでアートトリップ
アートと奏でる秋のクラシカルLOOK

・ “品格”と“可愛いさ“すべてがパーフェクト
「もしもキャサリン妃が百花レディだったら」

・バランスが難しいアイテムが多い季節は、ステキ見えする方程式で上手くいく!
足元から考える「冬の黄金バランスコーデ」

・NBB・PROPORTION・JILL by JILLSTUART×airCloset×美人百花
大好評企画がパワーアップして戻ってきた♪
The Lady’s Closet あなただけの”冬じたくBOX”をご自宅にお届け♡

【美人百花ON!】
・無難になりがちなお仕事服は、こうして鮮度アップを狙いましょう!
〝いつも同じ服〟が見ちがえる!
働くレディのためのマンネリ解消テク

・いつも輝いているあの人のモーニングルーティンを覗き見♡
早起きアナウンサーに学ぶ朝の”ONスイッチ”

【Beauty】
・どのコスメを買うか悩むのも楽しいときめきシーズン到来♪
レディのための買う理由から選ぶクリスマスコフレCatalog

・全体がまとまって俄然おしゃれ見えする方程式をお伝えします
服から決めるヘアとメイク

・カミカリスマ美容師・朝日光輝さんがレディの髪のお悩みを解決します
世界一入門したいフェミニン道場!!

・前撮り、ドレス選び、花嫁美容まで。コロナ禍だからこそのアツすぎるブライダル事情を徹底レポート
花嫁たちのこだわりが今、スゴいことになっています!!

156 恋に仕事に全力で頑張るレディには“かわいいフリして辛口。”なチューハイがぴったり♪
OLうがちゃんのおうちTimeには”すみか”があり

・てりやきバーガー、ミラノ風ドリア、牛丼…etc.人気店の”あの味”を堪能!
奇跡の再現レシピでおうち外食♪←メイン

【Interview】
・町田啓太さん
・大竹しのぶさん

【Regulars】
・泉里香の美人好奇心
・さゆのイベントメイクDiary
・宇垣美里のエンタメ処方箋
・齋藤薫の「美人力」
・小沢一敬のDon’t恋
・イヴルルド遙華の12星座占い
・假屋崎省吾さんの元気が出る花道 美人百花12カ月
・美人百花Golf部日記
・賢く生きるレディのためのマネーサロン
・美人広報の「セレブな手土産」

参考価格: 850円 定期購読(【月額払い】プラン)なら1冊:480円

美人百花は、もっとオシャレを楽しみたい25歳からのバラ色のおしゃれ人生をフィーチャー!

  • 2021/09/10
    発売号

  • 2021/08/11
    発売号

  • 2021/07/12
    発売号

  • 2021/06/10
    発売号

  • 2021/05/12
    発売号

  • 2021/04/12
    発売号

最大
50%
OFF

ニコプチ

2021年10月22日発売

目次: ★クリスマスふろく
 ・アルジー ショルダーバッグ


●おしゃれの達人!選抜プチ(モ)7の冬私服!!


◆小松崎ふたばの100問100答!

◆冬こものヘアアレ講座

◆ハルハレ着まわし革命☆
  クラッシュ03 爆破予告?

◆プチ(モ)プライベートBOOK!

◆大人気で早くも第2弾
  ニコ☆プチスール ルームウェアで映え おうち時間

◆ニコ☆プチ15周年ゲスト 第4弾
  七木奏音さん、桃果さん、田中あんなちゃん、
  藤村木音ちゃん、瀬戸琴楓ちゃん、入江美沙希ちゃん

◆エンタメZERO
 ・BE:FIRST
 ・なにわ男子
   西畑大吾さん、大西流星さん、高橋恭平さん、藤原丈一郎さん


…ほか

定期購読(【月額払い】プラン)なら1冊:320円

おしゃれな小学生のためのファッション誌

  • 2021/08/20
    発売号

  • 2021/06/22
    発売号

  • 2021/04/22
    発売号

  • 2021/02/22
    発売号

  • 2020/12/22
    発売号

  • 2020/10/22
    発売号

最大
50%
OFF
送料
無料

VERY(ヴェリイ)

2021年10月07日発売

目次: 別冊付録 滝沢眞規子さんがミューズのVERY NaVY/大特集 「今日オシャレしてる」実感、もっと欲しい!/VERY BEAUTY 「眉毛」が決まると、全てがうまくいく理由

定期購読(【月額払い】プラン)なら1冊:445円

基盤のある女性は、強く、優しく、美しい。生活のあらゆるシーンを豊かにする、本当に求められている情報だけを発信する30代女性向けの生活誌

  • 2021/09/07
    発売号

  • 2021/08/05
    発売号

  • 2021/07/07
    発売号

  • 2021/06/07
    発売号

  • 2021/05/07
    発売号

  • 2021/04/07
    発売号

9 CLUEL(クルーエル)

THE BOOKS Publishing

最大
50%
OFF
送料
無料

CLUEL(クルーエル)

2021年10月12日発売

目次: 【Feature】
014 ALTERNATIVE CLASSICS.
「クラシックの衝動」
022 《COMPTOIR DES COTONNIERS》Weekend of Parisienne
《コントワー・デ・コトニエ》パリジェンヌの素敵な休日。
032 We can only love BROWN
秋ファッションの新定番ブラウンを着こなす !!
042 She likes classy cloths.
「お洒落な彼女は上質を選ぶ♡」
056 《Véritécoeur》 「ヴェリテクールのアトリエで過ごす午後。」
062 Boyish Girls wear Knit
一枚でサマになる定番ざっくりニットが欲しい♡
072 《journal standard LUXE》COLORS
《ジャーナル スタンダード ラックス》彼女が好きな、カラーパレット。
078 Best Coat
マイ・ベスト・コート
090 《Traditional Weather Wear》Suburbia. Suite
《トラディショナル ウェザーウェア》英国クラシックを手に入れる
100 Outdoor mix!
私はオシャレ防寒主義♡『アウトドア MIX』
112 《KELEN》Have a better life
《ケレン》の上質な日常着
118 《ECRU SOLI》HELLO JAPAN BYE BYE AUTUMN
ハロージャパン《エクルソリ》とクラシック
122 Lesson for Autumn item!!
秋深まる技あり小物レッスン♡
130 《McGREGOR》To Be Prep
《マックレガー》100 年目のアメリカンクラシック
134 《Right-on》
《ライトオン》毎日愛せる日常着 彼女と彼の、冬の着こなし。
136 《nicholson & nicholson》BOULANGERIE
《ニコルソン & ニコルソン》いつものパン屋とおしゃれな彼女
140 BASIC COLOR STYLE LESSON
素材で見え方が変わるベーシックカラー着こなしレッスン

【Regular】
007 Terminal 01 She Loves a Gold
009 Terminal 02 《SUPERIOR CLOSET》IN ENGLAND
011 Terminal 03 LOVE ME KNIT《nest Robe》
013 Terminal 04 PRETTY GIFT
096 GOOD GIRLS GUIDE グッドガールの欲しい物リスト
152 連載 大森伃佑子の「今日 私が女の子であること」
156 Terminal 05 Véritécoeur
157 Terminal 06 Give me CLASSIC BOOTS
158 Terminal 07 GINZA innit
159 Terminal 08 AS. CRAFT FURNITURE
160 GOOD LOOKING for Cosmetic 素敵なコスメの見つけ方
164 今月の映画
165 今月の CD
166 今月の ART & BOOK
167 今月のインタビュー
170 CLUÉL JOURNAL

参考価格: 693円 定期購読(【月額払い】プラン)なら1冊:345円

“上品”と“上質”がキーワード。スマートな女性のためのハイファッション誌。

  • 2021/09/10
    発売号

  • 2021/08/11
    発売号

  • 2021/06/10
    発売号

  • 2021/05/12
    発売号

  • 2021/04/12
    発売号

  • 2021/03/12
    発売号

MODEetMODE(モードェモード)の所属カテゴリ一覧

日本最大級の雑誌取り扱い数!
定期購読の利用数100万人以上!
定期購読とは
雑誌を予約することで毎号ご自宅へお届けします!売り切れの心配なし♪
もっと詳しく ▶︎
タダ読みサービス
無料で雑誌が読み放題♪今日発売のあの雑誌も。
もっと詳しく ▶︎
法人サービス
雑誌を年間5万円以上ならお得な法人プレミアムサービスで!
もっと詳しく ▶︎
アフィリエイト
あなたのサイトで雑誌をおすすめしてみませんか?
もっと詳しく ▶︎
カテゴリ一覧
女性ファッション 雑誌
きれいめ・大人カジュアル系 雑誌 モード系・コレクション 雑誌 フェミニン系 雑誌 ママ・主婦 雑誌 コンサバ系 雑誌 ナチュラル系 雑誌 カジュアル系 雑誌 オフィスカジュアル 雑誌 子ども・キッズファッション 雑誌 ガーリー系 雑誌 ティーンズファッション 雑誌 原宿系 雑誌 着物・和服 雑誌 ギャル系 雑誌 セレブ系 雑誌 森ガール系 雑誌
メンズファッション 雑誌
メンズきれいめカジュアル 雑誌 モノ・グッズ 雑誌 メンズカジュアル 雑誌 ストリートファッション系 雑誌 スーツ・トラッド系 雑誌 アメカジ 雑誌 オラオラ系・お兄系 雑誌 腕時計・ブランド 雑誌 古着系 雑誌
ビジネス・経済 雑誌
経営・マネジメント 雑誌 海外事情・国際ニュース 雑誌 政治 雑誌 マネー・投資 雑誌 ビジネス・経済専門誌 求人・転職情報誌 法律・法務 雑誌 環境・エネルギー 雑誌 広告・マーケティング 雑誌 流通・小売 雑誌 人事・総務 雑誌 四季報 外食・ホテル業界 雑誌 会計・税務・経理 雑誌 農業・畜産・漁業 雑誌 飲食店経営・調理師 雑誌 金融 雑誌 貿易 雑誌 地方自治・行政 雑誌 起業・独立開業 雑誌 企業年鑑・データ 業界データブック 自己啓発 雑誌 ビジネスCD・通信教育 株・FX 雑誌 就職・就活 雑誌
健康・生活 雑誌
子供・児童学習 雑誌 子育て・育児 雑誌 家事・生活情報 雑誌 健康・家庭医学 雑誌 住宅・リフォーム 雑誌 住宅情報・賃貸 雑誌 インテリア・雑貨 雑誌 田舎暮らし・エコ・スローライフ 雑誌 結婚情報・ウェディング 雑誌 絵本・大型絵本 妊婦・赤ちゃん 雑誌
スポーツ 雑誌
サッカー・フットサル 雑誌 高校野球・プロ野球 雑誌 ゴルフ 雑誌 その他球技・競技 雑誌 釣り 雑誌 相撲・武術・武道 雑誌 筋トレ・ボディビル 雑誌 ダイビング・マリンスポーツ 雑誌 スノーボード・スキー 雑誌 ランニング・ウォーキング 雑誌 テニス・卓球 雑誌 バレエ・社交ダンス 雑誌 スポーツ医学・コーチング 雑誌 自転車・サイクリング 雑誌 サーフィン・ボディーボード 雑誌 バスケットボール 雑誌 F1・モータースポーツ 雑誌 ダンス 雑誌 プロレス・格闘技 雑誌 ボクシング 雑誌 水泳・ボート 雑誌 ラグビー・アメフト 雑誌
バイク・自動車・乗り物 雑誌
オートバイ 雑誌 カスタムカー・バイク 雑誌 外車・輸入車 雑誌 4WD・RV 雑誌 新車・ニューモデル情報 鉄道・電車 雑誌 飛行機・航空機 雑誌 中古車・中古バイク 雑誌
芸能・音楽 雑誌
テレビガイド・番組表 雑誌 音楽情報誌 エンタメ 雑誌 DVD(ビデオ)マガジン 映画・シネマ 雑誌 韓国(韓流・K-POP) 雑誌 ピアノ・クラシック 雑誌 ギター・ロック 雑誌 演劇・舞台 雑誌 洋楽 雑誌 ジャズ(JAZZ) 雑誌 ジャニーズ 雑誌 グラビア・アイドル 雑誌 写真週刊誌・ゴシップ 雑誌 写真集
グルメ・料理 雑誌
レシピ 雑誌 グルメガイド・レストラン 雑誌 お酒(ワイン・日本酒など) 雑誌 栄養学・食育 雑誌 パン・スイーツ 雑誌
旅行・タウン情報 雑誌
京都・関西 雑誌 関東 雑誌 東京(TOKYO) 雑誌 九州 雑誌 東海 雑誌 東北 雑誌 北海道 雑誌 北陸・信越 雑誌 中国地方 雑誌 四国 雑誌 沖縄情報 雑誌 旅行情報誌 温泉 雑誌 リゾート・レジャー 雑誌 タイ・アジア 雑誌 ハワイ 雑誌 その他 海外情報 雑誌 鉄道・バス時刻表本 航空時刻表
アニメ・漫画 雑誌
少年コミック・漫画 少女コミック・漫画 青年コミック・漫画 レディース(女性)コミック アニメ 雑誌 声優 雑誌 comics&アメコミ ディズニー・キャラクター 雑誌 コスプレ 雑誌 BL(ボーイズラブ)コミック・雑誌
ペット・動物 雑誌
犬 雑誌 猫 雑誌 トリマー・ペット業界 雑誌 魚・熱帯魚 雑誌 昆虫 雑誌 ペットその他 雑誌
文芸・総合 雑誌
女性総合誌 男性総合誌 カルチャー・文化 雑誌 文芸誌・小説 雑誌 時事・社会 雑誌 機内誌 宗教 雑誌 歴史・史学 雑誌 思想・心理学 雑誌 俳句・短歌・詩 雑誌 占い・開運 雑誌 書道 雑誌
趣味・芸術 雑誌
デザイン・アート 雑誌 プラモデル・模型 雑誌 ガーデニング・園芸 雑誌 手芸・ハンドメイド 雑誌 パズル・クイズ 雑誌 ナンプレ・数独 雑誌 クロスワード・ナンクロ 雑誌 ミリタリー・サバゲー 雑誌 競馬・競輪・競艇 雑誌 オーディオ・ステレオ 雑誌 アウトドア・キャンプ 雑誌 カメラ・写真 雑誌 分冊百科・ワンテーママガジン 将棋・囲碁 雑誌 イラスト・グラフィックデザイン 雑誌 建築・住宅建築 雑誌 陶芸・骨董 雑誌 ラジオ・無線 雑誌 ゲーム 雑誌 フィギュア・ホビー 雑誌 DIY・工具 雑誌 パチンコ・パチスロ 雑誌 ハイキング・登山 雑誌 麻雀 雑誌
ヘアカタログ・美容 雑誌
メイク・ネイル 雑誌 フィットネス 雑誌 ヘアスタイル 雑誌 ヨガ 雑誌 美容専門誌 ダイエット 雑誌 アロマ 雑誌
看護・医学・医療 雑誌
ナース 雑誌 介護・福祉 雑誌 医療技術 雑誌 薬学 雑誌 臨床外科 雑誌 臨床内科 雑誌 医療時事 雑誌 歯科 雑誌 獣医学 雑誌 理学療法 雑誌 その他 医学雑誌
教育・語学 雑誌
その他 NHKテレビ・ラジオテキスト NHK語学テキスト 幼児教育 雑誌 小学生教育 雑誌 中学教育 雑誌 高校教育 雑誌 受験・留学 雑誌 試験問題集・資格 雑誌 日本語学習 教材 ハングル・韓国語学習 教材 中国語学習 教材 リスニング教材・語学CD 英語教育・英会話 教材 フランス語学習 教材 ドイツ語学習 教材 スペイン語学習 教材 その他 語学雑誌 教員・教師 雑誌 通信・教育講座
テクノロジー・科学 雑誌
宇宙・天文 雑誌 機械 雑誌 化学 雑誌 情報処理 雑誌 地球科学・環境問題 雑誌 生物・生物学 雑誌 数学・物理 雑誌
パソコン・PC 雑誌
コンピューター・自作PC 雑誌 ネットワーク・セキュリティ 雑誌 Webデザイン・プログラミング 雑誌 DTP・グラフィック 雑誌 アプリ・スマホ 雑誌 インターネット 雑誌 Mac・マック 雑誌
新聞・業界紙
英字新聞 業界新聞・専門紙 新聞縮刷版 切り抜き・クリッピングマガジン 全国紙(新聞) 中国語 新聞・業界紙 地方紙(新聞)
洋(海外)雑誌
English newspaper Science&Nature Magazines Language&Education Magazines Money&Business& Magazines Fashion&Style Magazines others Design&Architecture Magazines Hobby&Entertainment Magazines Home&Interior Magazines Computers&Electronics Magazines バイリンガルマガジン・雑誌
中国雑誌
中国 ビジネス・経済 雑誌 中国 旅行・タウン情報 雑誌 中国 趣味・芸術 雑誌 中国 看護・医学 ・医療 雑誌 中国 文芸・総合 雑誌 中国 教育・語学 雑誌 中国 テクノロジー・科学 雑誌 中国 スポーツ 雑誌 中国 ファッション 雑誌 高等文化院校学報 高等理工学院学報 中国 バイク・車・乗り物 雑誌 中国 健康・生活 雑誌 中国 学生・こども向け 雑誌
その他
その他 雑誌