※最新号の表紙とは限りません

ヤングマシン

内外出版社
送料無料で毎号お手元にお届けいたします!
最強最速新型バイク専門月刊誌
ヤングマシンはビギナーから上級者まで幅広い層を対象に、得する実用情報を満載したバイク情報のトップ誌。バイクや用品を買おうと思っている方々へ、ニューモデルのスクープ&テスト等、生取材をもとに提供。

ヤングマシンの
定期購読 雑誌・電子書籍(デジタル版)

初めてのご購入で500円割引
Fujisan.co.jpでご購入が初めての方は、500円割引(5000円以上のご注文にご利用可)となります。 ご注文確認画面のギフト券入力欄に自動的に表示されます。
レビュー投稿で500円割引
好きな雑誌のレビューを投稿すると、すぐにメールで500円割引ギフト券(5000円以上のご注文にご利用可)と、10%割引ギフト券(5000円以下の定期購読にご利用可)が届きます。
  • 月額払いの商品ではご利用いただけません。
  • どちらかひとつのギフト券が 今すぐご利用可能です♪
ヤングマシンのレビューを投稿する
  • 紙版
  • 毎号価格
    最新号は880円(税込)
  • ◆ 送料:
    無料
  • ◆ 月額払いとは?
    • 毎号、停止の依頼があるまでお送りします。
    • お支払いは、毎月自動引き落としとなります。
    • 詳しくはこちら
  • 紙版
  • 5,280円(税込)
    1冊あたり880円
  • ◆ 送料:
    無料
  • 紙版
  • 10,560円(税込)
    1冊あたり880円
  • ◆ 送料:
    無料
  • デジタル版
  • 毎号価格
    最新号は880円(税込)
  • ◆ 月額払いとは?
    • 毎号、停止の依頼があるまでお送りします。
    • お支払いは、毎月自動引き落としとなります。
    • 詳しくはこちら
  • ◆ 注意事項
    • 対応端末: PC・iOS・Android (印刷可)
    • プリント版と発売日が異なる場合がございます。
    • デジタル版では、著作権等の関係で一部掲載していない記事や写真がある場合がございます。

ヤングマシンの商品詳細

  • 出版社名:内外出版社
  • 発行間隔:月刊
  • 発売日:[紙版]毎月24日  [デジタル版]紙の発売から10日後
  • サイズ:B5
  • 1冊定価:[紙版]880円 [デジタル版]880円
最強最速新型バイク専門月刊誌
ヤングマシンはビギナーから上級者まで幅広い層を対象に、得する実用情報を満載したバイク情報のトップ誌。バイクや用品を買おうと思っている方々へ、ニューモデルのスクープ&テスト等、生取材をもとに提供。

ヤングマシン 2019年12月号 (2019年10月24日発売) の目次

徹底解説! 2020新車情報&CT125のベージュ市販化をキャッチ!


巻頭ニューモデル詳報では、東京モーターショー出展モデルを中心に11月開幕のミラノショーを占います。国内仕様の登場が確実な新型アフリカツインやADV150を解説するほか、ADV150はインドネシア仕様に先行試乗! また、ヨーロッパなどで先行発表されたヤマハMT-25/MT-03やカワサキNinja650についても詳しくお伝えしています!

2020ニューモデル詳報………東京モーターショー出展モデルも紹介


9月に記事を公開し、2019年最高のアクセス数となったCT125“ハンターカブ”を解説、新型アフリカツインにホンダ3輪EV、アドベンチャースクーターのADV150に続いてヤマハ、スズキ、カワサキの新型車を紹介します。ADV150とトライアンフ・ストリートトリプルRSの試乗記のほか、東京モーターショー出展モデル各車をリストアップ。予習用に、また答え合わせ用にご利用ください!


YMラボはヨシムラ×エーテックによるKATANA 125Rが始動!


水冷124cc単気筒のGSX-R125 ABSをベースとしたKATANA 125Rを提案。実際にヨシムラ×エーテックのコラボが確定し、実現に向けて動き出した! カラーバリエーションでは、オールドカタナでは難しい配色も成立しそうと判明しています。また、読者投票企画『マシン・オブ・ザ・イヤー2019』におけるモニタープレゼント車としてもう1台、ADV150ラリーを提案。こちらはツアラテックとのコラボが決まっています。

試乗記事および最高速度アタックレポート




“レーシング女子”岡崎静夏による試乗テストはCBR250RR。1か月じっくりと乗り込んでのインプレッションは、あくまでも一般ユーザー目線で読者の役に立ちます。いよいよ登場したキジマのMON-DAVIは本家(?)ウルトラと比較試乗! また、ボンネビルでEVバイクの世界記録を樹立したモビテックの戦いもレポートします。



新製品テスト TOUCH & TRY


タッチ&トライのコーナーでは、車両テストだけでなくパーツや用品も。テストしているのは下記。
・KLX230[KAWASAKI]
・GENTLEMAN RACER[GPX]
・CB650R[HONDA]
・ZEROS GLOVE[ROM]
・SOLAR H2OUT Jacket[SPIDI]
・e-ARMED SHORT GLOVE[RS TAICHI]
・OBDⅡ DIAGNOSIS SCANNER[AUTOOL]

別冊付録『CT125 スペシャルブック』待望の現代版“ハンター”


来春の市販が見込まれるCT125を徹底解説。今買えるクロスカブの紹介や往年のCT110の復刻インプレッション、ハンターカブのスペシャリストインタビュー、そしてハンターカブの系譜を辿る歴史を振り返ります。

#ヤンマシ写真部 #俺のコックピット選手権


ヤングマシンのツイッター連動企画『#ヤンマシ写真部』の今月のお題は『#俺のコックピット選手権』です。自慢の愛車のコックピット風景、そしてコックピット越しの世界ををみなさんがさまざまな手法で表現しています。

ヤングマシン 2019年9月号(2019-07-24発売) の特集を少しご紹介

カテゴリー別“走りの違い”新車走評200車
約200台以上の試乗インプレ大図鑑!
P.30~P.65
 各社自慢の最先端メカを満載する1000?のスーパースポーツ=SS。国産勢は、'00年代末期から進化が停滞し、主にトラコンなどの電子制御系で外国車に水を開けられていた。だが、'15年デビューのYZFーR1を契機に、各社とも完全復権を果たしている。 CBR、YZF、GSX、ZXの4車はスーパーバイク世界選手権(SBK)や世界耐久などレースを視野に入れた公認取得マシンとしての性格を併せ持つ。中でもノーマルで最もレーシーなのがYZFーR1。パワー、車体、電子制御と全てがサーキット向きだ。他の3車は、速さを追求しながら、より扱いやすさも考慮。ストリートを含む様々な状況での対応力が高めだ。車体の軽さ&コンパクトさはCBR、懐の広さはGSX、車体の安定感ならZXが群を抜く。一方、異質な存在感を放つのがスーパーチャージャー付きのH2。タイムではなく、怒濤の加速で乗り手を酔わせてくれる。
カスタムマシン+
P.68~P.75
ミーティングに向けてパーツ開発が進行中  日本を代表するレーシングコンストラクターのヨシムラは、多種多様なメーカーの車両に対応するパーツを販売している。'81年から発売が始まったGSX1100Sカタナ用としても、これまでに多種多様な製品を開発しており'01年にはファイナルエディションをベースとするコンプリートマシン、ヨシムラKATANA1135Rを5台限定で販売し、大きな話題を呼んだ。 そんなヨシムラは、新生KATANAにも意欲的な姿勢を示しており、'18年秋のEICMA/'19年春の東京モーターショーでは独自のカスタムマシンを公開。今回撮影したデモ車が装着する、スリップオンのR?11サイクロンやバックステップ、ラジエターコアプロテクター、ブレーキレバーガードなどはすでに市販を開始している。 もっとも現状のヨシムラKATANAに対して、マニアの中には物足りなさを感じる人もいるだろう。
2020MODEL KAWASAKI速報
P.26~P.29
初代の火の玉カラーに続くのは'74年のイエロータイガーだ! カワサキZと言えば"火の玉"と言ってもいい程親しまれているオレンジとブラウンのツートーンカラー。'18年にデビューしたZ900RSが大ヒットしたのはこの鉄板カラーを採用したのも理由の一つだろう。それだけカラーリング設定が重要となるZ900RSの新色がどうなるかは、以前からかなり注目されてきていたが、その答えは?イエロータイガー"だった。 火の玉にしてもタイガーにしてもあくまでも通称で、タイガーの正式名はキャンディトーングリーン。これは'74年に発売されたZ1/Z2と同じカラー名を踏襲したもので、'73年初代の火の玉=キャンディトーンオレンジ×キャンディトーンブラウンに続くカラーリングに最も相応しいもの。過去の遺産をリスペクトしたZ900RSならではの正常進化と言えるだろう。

ヤングマシン 2019年8月号(2019-06-24発売) の特集を少しご紹介

4気筒250cc再び ついに今秋復活へ!
P.36~P.61
5年越し追跡スクープ本誌としての結論に到達 激戦区の250㏄フルカウルスポーツは、各社の2気筒が出揃い、スペック的に横並びの状態にある。次の一手を打つのは、やはりカワサキの「直列4気筒」になりそうだ。情報筋によると「水面下で動いていた直4プロジェクトにゴーサインが下った。早ければ今秋にも発表される」というのだ。 思えば“カワサキの250㏄直4”は、本誌が長年追いかけてきた待望のネタ。海外で'14年に250㏄直4と思われるシリンダーヘッド写真が流出した際や、'16年に新デザインのニンジャがスパイショットされた際は、その真偽を検証した。明確な動きが見えたのは、'17春。カワサキモーターインドネシアがSNSを通じて、次期ニンジャ250に関するアンケートを行い、期待する装備として「直4」「倒立フォーク」などの項目を挙げていた。
新製品テストTOUCH & TRY
P.66~P.75
接地感の高さが印象的倒立化の効果が生きる  YZF- R25と共通のシャーシにボアを8㎜拡大した320㏄のエンジンを搭載し、’15年4月に国内での販売が始まったYZF- R3。’19年モデルでR25と同様の大胆なマイナーチェンジを実施した。42psの最高出力などエンジンスペックは先代から変更はないが、R25と大きく異なるのは標準装着タイヤがラジアル化されたことだ。3万2400円という価格の上げ幅は共通なので、R3はお買い得という見方もできる。 まずはエンジンから。アイドリング時の排気音はR25よりもわずかに太く、プラスされた71㏄分の排気量差を想像させる。そして、スタート時の出足の速さからそれが実感に変わり、その後に続く加速感も明らかに力強いのだ。市街地で自然と多用する4000?7000rpmでのトルクが厚いので、R25より1段高いギヤでもスロットルのオンオフによってキビキビと走れてしまう。
達人&読者と行くトライアル世界選手権わくわく観戦記
世界王者・原田哲也の新たなるファンライド
P.106~P.109
ロードにも通じる極意「全身でバイクを操る」 どんよりした曇り空とは対照的な、晴れやかな笑顔。ツインリンクもてぎに向かう原田哲也さんの表情は、とても明るい。「楽しみだね?!」と何度も繰り返す。人生初のトライアル世界選手権観戦が、楽しみで仕方ないのだ。「装具が汚れるのがイヤで」と、土モノ││オフロードライディングを敬遠していた原田さんだが、最近は林道に目覚めている。さらに、「ロリスに誘われて少しだけトライアルやったんだけど、すごく面白くてさ」と原田さん。「獣道みたいな所に誘い込まれて、さんざんだったよ!」とうれしそうだ。 ちなみにロリスとは、現役GPライダー時代の好敵手、ロリス・カピロッシのこと。「……えっ!?」と思う日本人GPファンも多いことだろう。'98年世界GP最終戦、最終ラップ、最終コーナー。原田さんはカピロッシに弾き出されて転倒し、掴みかけていた2度目の世界タイトルを逃したのだから。

ヤングマシン 2019年7月号(2019-05-24発売) の特集を少しご紹介

SS1000独日最強決戦
直4全開スーパーTEST
P.28~P.47
2019年最大の疑問にシロクロを付けよう 2019年の最も重要な疑問はズバリ「BMWのニューS1000RRは、どの程度優れているのか」、これに尽きる。先代のS1000RRはこれまで峠最速のうちにいて、我々PS誌の比較テストでもしっかりと表彰台の常連として、しかも多くの場合その頂点に輝いていた。しかし、ここ最近はライバルたちとの競争が激しくなり、BMWに弱体化の影が見え隠れしだしていたのも事実だ。 ようやく今年、S1000RRはデビューから10年、大掛かりなマイナーチェンジを受けてから5年を経て、完全なモデルチェンジを果たした。可変バルブタイミング機構の「シフトカム」など、その革新的なメカニズムはこれまで様々なメディアで説明されてきたとおり。PS誌や日本のヤングマシン'19年5月号でも、さっそく単独試乗を行ったが、その戦闘力が大きくアップしているのが確認できた。
250 SPORT国内実測決戦
P.48~P.69
クオリティの高い脚で高度なバランスを構築 ストリートの乗り心地は損なわずに、サーキットでも速さを示す。――これが新型YZF‐R25、最大の凄みだ。 新型は従来型のエンジンとフレームを踏襲するが、フロントフォークの倒立化とともに、大型車向けでコストのかかるカートリッジ式を新採用。これが、走り全体の質を向上させている。 まず従来の正立に比べ剛性感があり、攻めた際の安心感が絶大。その一方で、初期からよく動き、サーキットレベルで強くブレーキングした際も、奥でグッと踏ん張る。決して単純に「硬い」わけではなく、「しなやか」。オーリンズのようにハイクオリティなサスを思わせる上質な過渡特性だ。 さらにFフォークはブレーキングにも好影響を与えている。ブレーキシステム自体は先代と同じながら、新型はFフォークが奥で踏ん張るためタイヤがグリップし、より高い制動力を引き出すことが可能。
海外モデル試乗
P.72~P.83
峠道で現代的な走りを披露ABSによる安心感も高い 続いてハンドリング。フレームはクロモリ鋼を使用したセミダブルクレードルで、ピボットエリアを剛性の高そうなアルミビレットパーツで固めている。テーパー形状のスイングアームはスチールで、プログレッシブリンクを採用。ホイールトラベルは前後とも150㎜と十分な量を確保している。 乾燥重量が140㎏なので、このクラスのトレール車としては重い部類に入るが、走り始めてしまえばほとんど気にならなくなる。特に好印象なのは高速域での安定性で、シャーシ剛性の高さを実感できる。車体は全ての排気量で共通とのことで、これなら最高出力が250の1・6倍もある500でも破綻を来すことはないだろう。前後のショックユニットはダンピングがしっかりと利いており、スロットルのオンオフで発生するピッチングは穏やかなもの。

+   ヤングマシンの目次配信サービス

ヤングマシンのレビュー
総合評価: ★★★★★ 4.53
全てのレビュー:36件

レビュー投稿で500円割引!
バランスの良いバイク雑誌
★★★★★2019年11月05日 Black Daeg 会社員
ニューモデル特集、スクープ、ImageCG、バイク用品などバイク乗りが欲しがる情報を過不足無く提供しているバイク雑誌だと思います。
スクープ記事が面白い
★★★★★2019年07月26日 GAKI 自営業
ヤングマシンは免許取りたてのころから愛読しています。一時期バイクを降りていたことがあり、購読をやめていたのですが、ここ10年は引き続き楽しませていただいています。 夢のようなトンデモスクープが本当にメーカーから出てきたり、読者を楽しませる記事が多いといつもにやにやしながら読んでいます。 これからも楽しい紙面作り期待しています。
最新予測
★★★★★2019年07月21日 Masapyon51 会社員
まだ未発表のバイク等の予測がありとても楽しいです。
楽しめました
★★★★★2019年07月08日 よーちゃん37 会社員
懐かしのマシンの特集でした!詳しく説明がありよくわかりました!次の特集も楽しみです!
ナツカシイ
★★★★★2019年07月08日 よーちゃん37 会社員
懐かしのマシンの特集でした!とても詳しく説明がありよくわかりました。 次号の特集も楽しみです!
おもしろい!
★★★★★2019年06月25日 いーずー 高校生
いろんな比較とかデータとかを一気に見れて面白い!しかもところどころにきちんと人としてのバイクの楽しさについての言及があるところがいい!
バイク関係の情報なら一番
★★★★★2019年06月03日 jack 会社員
最新モデルの情報や試乗でのレビューは一番わかりやすい感じです。まぁ次期最新モデル情報は時々ガセネタもあります(笑)。あとはバイクに装備する汎用性の高い新製品の情報も出ているので役立つ情報も多いです。他にもmotoGP などのレースネタもあるので飽きずに全部読めるのも良いです。
面白い記事がたくさん
★★★★★2019年05月03日 かめたん 社長
以前たまたま本屋さんで見かけて購入。スクープ記事が夢いっぱいで、確かにこんなのが出たら欲しくなっちゃう!ってのがたくさん載ってました。実際に発売になるかは判りませんが、そんなバイク乗り達の夢を紙面いっぱいに載せてくれるのはうれしいですね。 その後なかなか本屋さんで見つけられない事から、定期購読に切り替えました。毎月届くので安心&楽ちん!
一年間読んでみた。
★★★★☆2019年04月15日 Gpz 公務員
一年間読んで見た感想。新車の、比較レポートと、巻末の、名車の記事とてもよかった、 新商品のレポートは、もう少し詳しいと、うれしいなと思う
感想
★★★★★2019年04月14日 ちみこ 会社員
自宅まで届き、とても良いです。 届く前にメールで連絡もあり、分かりやすいです。
レビューをさらに表示

ヤングマシンをFujisan.co.jpスタッフが紹介します

ヤングマシンは、株式会社内外出版社から発行されている、バイクやオートバイなどについて情報を専門に取り扱っている雑誌です。その創刊は1972年と半世紀に上る歴史を有しており、雑誌の廃刊が相次ぐ昨今にあってそれだけ長く続いているということからも、根強いファンが存在していることが分かるでしょう。その時代ごとのバイクの流行を追って、最新モデルや人気のアイテムを実際にテストしてその性能を紹介するという記事を多く掲載していますので、購入前に実際にその機種の乗り心地や使い勝手を知りたいという方にはぜひとも読んでおいてもらいたい一冊と言えるでしょう。

また、本誌には新車スクープという名物コーナーがあるのですが、これは80年代半ばから現在に至るまで続いている息の長い企画です。その内容は、業界における生の情報を専門のライター達が独自の目線で分析し紹介するというもので、普段からバイクに慣れ親しんでいる人にとっても、そのような見方があったのかと新たな気付きが得られる斬新な情報が満載です。メインの読者層は50代と20代のバイクファンとなっていますが、それ以外の世代やバイクにはそれほど関心がないという方であっても十分に楽しむことができる雑誌です。

ヤングマシンのバックナンバー

ヤングマシンの今すぐ読める無料記事

ヤングマシンを買った人はこんな雑誌も買っています!

バイク・自動車・乗り物 雑誌の売上ランキング

ヤングマシンの所属カテゴリ一覧

キャンペーン&TOPICS

ご存知ですか?
Fujisan.co.jpにはお得なサービスが満載です!
定期購読
雑誌は定期購読がお得です!初めての方500円割引♪
もっと詳しく ▶︎
タダ読みサービス
無料で雑誌が読み放題♪今日発売のあの雑誌も。
もっと詳しく ▶︎
法人サービス
年間5万円以上ならお得な法人プレミアムサービスで!
もっと詳しく ▶︎
アフィリエイト
あなたのサイトで雑誌をおすすめしてみませんか?
もっと詳しく ▶︎
カテゴリ一覧
女性ファッション 雑誌
きれいめ・大人カジュアル系 雑誌 モード系・コレクション 雑誌 フェミニン系 雑誌 ママ・主婦 雑誌 コンサバ系 雑誌 ナチュラル系 雑誌 カジュアル系 雑誌 オフィスカジュアル 雑誌 子ども・キッズファッション 雑誌 ガーリー系 雑誌 ティーンズファッション 雑誌 原宿系 雑誌 着物・和服 雑誌 ギャル系 雑誌 セレブ系 雑誌 森ガール系 雑誌
メンズファッション 雑誌
メンズきれいめカジュアル 雑誌 モノ・グッズ 雑誌 メンズカジュアル 雑誌 ストリートファッション系 雑誌 スーツ・トラッド系 雑誌 アメカジ 雑誌 オラオラ系・お兄系 雑誌 腕時計・ブランド 雑誌 古着系 雑誌
ビジネス・経済 雑誌
経営・マネジメント 雑誌 海外事情・国際ニュース 雑誌 政治 雑誌 マネー・投資 雑誌 ビジネス・経済専門誌 求人・転職情報誌 法律・法務 雑誌 環境・エネルギー 雑誌 広告・マーケティング 雑誌 流通・小売 雑誌 人事・総務 雑誌 四季報 外食・ホテル業界 雑誌 会計・税務・経理 雑誌 農業・畜産・漁業 雑誌 飲食店経営・調理師 雑誌 金融 雑誌 貿易 雑誌 地方自治・行政 雑誌 起業・独立開業 雑誌 企業年鑑・データ 業界データブック 自己啓発 雑誌 ビジネスCD・通信教育 株・FX 雑誌 就職・就活 雑誌
健康・生活 雑誌
子供・児童学習 雑誌 子育て・育児 雑誌 家事・生活情報 雑誌 健康・家庭医学 雑誌 住宅・リフォーム 雑誌 住宅情報・賃貸 雑誌 インテリア・雑貨 雑誌 田舎暮らし・エコ・スローライフ 雑誌 結婚情報・ウェディング 雑誌 絵本・大型絵本 妊婦・赤ちゃん 雑誌
スポーツ 雑誌
サッカー・フットサル 雑誌 高校野球・プロ野球 雑誌 ゴルフ 雑誌 その他球技・競技 雑誌 釣り 雑誌 相撲・武術・武道 雑誌 筋トレ・ボディビル 雑誌 ダイビング・マリンスポーツ 雑誌 スノーボード・スキー 雑誌 ランニング・ウォーキング 雑誌 テニス・卓球 雑誌 バレエ・社交ダンス 雑誌 スポーツ医学・コーチング 雑誌 自転車・サイクリング 雑誌 サーフィン・ボディーボード 雑誌 バスケットボール 雑誌 F1・モータースポーツ 雑誌 ダンス 雑誌 プロレス・格闘技 雑誌 ボクシング 雑誌 水泳・ボート 雑誌 ラグビー・アメフト 雑誌
バイク・自動車・乗り物 雑誌
オートバイ 雑誌 カスタムカー・バイク 雑誌 外車・輸入車 雑誌 4WD・RV 雑誌 新車・ニューモデル情報 鉄道・電車 雑誌 飛行機・航空機 雑誌 中古車・中古バイク 雑誌
芸能・音楽 雑誌
テレビガイド・番組表 雑誌 音楽情報誌 エンタメ 雑誌 DVD(ビデオ)マガジン 映画・シネマ 雑誌 韓国(韓流・K-POP) 雑誌 ピアノ・クラシック 雑誌 ギター・ロック 雑誌 演劇・舞台 雑誌 洋楽 雑誌 ジャズ(JAZZ) 雑誌 ジャニーズ 雑誌 グラビア・アイドル 雑誌 写真週刊誌・ゴシップ 雑誌 写真集
グルメ・料理 雑誌
レシピ 雑誌 グルメガイド・レストラン 雑誌 お酒(ワイン・日本酒など) 雑誌 栄養学・食育 雑誌 パン・スイーツ 雑誌
旅行・タウン情報 雑誌
京都・関西 雑誌 関東 雑誌 東京(TOKYO) 雑誌 九州 雑誌 東海 雑誌 東北 雑誌 北海道 雑誌 北陸・信越 雑誌 中国地方 雑誌 四国 雑誌 沖縄情報 雑誌 旅行情報誌 温泉 雑誌 リゾート・レジャー 雑誌 タイ・アジア 雑誌 ハワイ 雑誌 その他 海外情報 雑誌 鉄道・バス時刻表本 航空時刻表
アニメ・漫画 雑誌
少年コミック・漫画 少女コミック・漫画 青年コミック・漫画 レディース(女性)コミック アニメ 雑誌 声優 雑誌 comics&アメコミ ディズニー・キャラクター 雑誌 コスプレ 雑誌 BL(ボーイズラブ)コミック・雑誌
ペット・動物 雑誌
犬 雑誌 猫 雑誌 トリマー・ペット業界 雑誌 魚・熱帯魚 雑誌 昆虫 雑誌 ペットその他 雑誌
文芸・総合 雑誌
女性総合誌 男性総合誌 カルチャー・文化 雑誌 文芸誌・小説 雑誌 時事・社会 雑誌 機内誌 宗教 雑誌 歴史・史学 雑誌 思想・心理学 雑誌 俳句・短歌・詩 雑誌 占い・開運 雑誌 書道 雑誌
趣味・芸術 雑誌
デザイン・アート 雑誌 プラモデル・模型 雑誌 ガーデニング・園芸 雑誌 手芸・ハンドメイド 雑誌 パズル・クイズ 雑誌 ナンプレ・数独 雑誌 クロスワード・ナンクロ 雑誌 ミリタリー・サバゲー 雑誌 競馬・競輪・競艇 雑誌 オーディオ・ステレオ 雑誌 アウトドア・キャンプ 雑誌 カメラ・写真 雑誌 分冊百科・ワンテーママガジン 将棋・囲碁 雑誌 イラスト・グラフィックデザイン 雑誌 建築・住宅建築 雑誌 陶芸・骨董 雑誌 ラジオ・無線 雑誌 ゲーム 雑誌 フィギュア・ホビー 雑誌 DIY・工具 雑誌 パチンコ・パチスロ 雑誌 ハイキング・登山 雑誌 麻雀 雑誌
ヘアカタログ・美容 雑誌
メイク・ネイル 雑誌 フィットネス 雑誌 ヘアスタイル 雑誌 ヨガ 雑誌 美容専門誌 ダイエット 雑誌 アロマ 雑誌
看護・医学・医療 雑誌
ナース 雑誌 介護・福祉 雑誌 医療技術 雑誌 薬学 雑誌 臨床外科 雑誌 臨床内科 雑誌 医療時事 雑誌 歯科 雑誌 獣医学 雑誌 理学療法 雑誌 その他 医学雑誌
教育・語学 雑誌
その他 NHKテレビ・ラジオテキスト NHK語学テキスト 幼児教育 雑誌 小学生教育 雑誌 中学教育 雑誌 高校教育 雑誌 受験・留学 雑誌 試験問題集・資格 雑誌 日本語学習 教材 ハングル・韓国語学習 教材 中国語学習 教材 リスニング教材・語学CD 英語教育・英会話 教材 フランス語学習 教材 ドイツ語学習 教材 スペイン語学習 教材 その他 語学雑誌 教員・教師 雑誌 通信・教育講座
テクノロジー・科学 雑誌
宇宙・天文 雑誌 機械 雑誌 化学 雑誌 情報処理 雑誌 地球科学・環境問題 雑誌 生物・生物学 雑誌 数学・物理 雑誌
パソコン・PC 雑誌
コンピューター・自作PC 雑誌 ネットワーク・セキュリティ 雑誌 Webデザイン・プログラミング 雑誌 DTP・グラフィック 雑誌 アプリ・スマホ 雑誌 インターネット 雑誌 Mac・マック 雑誌
新聞・業界紙
英字新聞 業界新聞・専門紙 新聞縮刷版 切り抜き・クリッピングマガジン 全国紙(新聞) 中国語 新聞・業界紙 地方紙(新聞)
洋(海外)雑誌
English newspaper Science&Nature Magazines Language&Education Magazines Money&Business& Magazines Fashion&Style Magazines others Design&Architecture Magazines Hobby&Entertainment Magazines Home&Interior Magazines Computers&Electronics Magazines バイリンガルマガジン・雑誌
中国雑誌
中国 ビジネス・経済 雑誌 中国 旅行・タウン情報 雑誌 中国 趣味・芸術 雑誌 中国 看護・医学 ・医療 雑誌 中国 文芸・総合 雑誌 中国 教育・語学 雑誌 中国 テクノロジー・科学 雑誌 中国 スポーツ 雑誌 中国 ファッション 雑誌 高等文化院校学報 高等理工学院学報 中国 バイク・車・乗り物 雑誌 中国 健康・生活 雑誌 中国 学生・こども向け 雑誌
その他
その他 雑誌