ナンバー(Sports Graphic Number)

定期購読なら送料無料で毎号お手元にお届けいたします。

定期購読の特典

定期購読のお申込み・予約

STEP1 雑誌の形式を選択

今すぐ使える500円割引
初購入500円割引
Fujisan.co.jpでご購入が初めての方は、5000円以上のご注文で500円割引となります。ご注文確認画面のギフト券入力欄に自動的に適用されます。
レビュー投稿500円割引 or 10%割引
好きな雑誌のレビューを投稿すると、5000円以上のご注文にご利用可能な500円割引ギフト券と、5000円以下の定期購読にご利用可な10%割引ギフト券が、投稿後メールですぐに届きます。
  • 月額払いの商品ではご利用いただけません。
  • どちらかひとつのギフト券が 今すぐご利用可能です♪
ナンバー(Sports Graphic Number)のレビューを投稿する

ナンバー(Sports Graphic Number)の内容

雑誌『ナンバー(Sports Graphic Number)』は、メジャースポーツからマイナースポーツまで、スポーツの魅力を美しい写真でお伝えします!
プロ野球、MLB、サッカーから、モータースポーツ、格闘技、競馬にいたるまでのあらゆるスポーツの魅力を芸術的ともいえる写真でお伝えします。スポーツ総合誌だからといって表面的な内容に終始することなく、特集記事、インタビュー記事や対談記事など記事ごとのボリューム・読み応えも抜群。プレーヤーからスポーツ観戦が大好きな方、初心者の入り口としても楽しめる内容。スポーツという舞台の上で繰り広げられる戦い、そこで流れる汗と涙、そこで生まれ後世まで引き継がれる伝説の数々。ページをめくるごとに、常に勝負に挑み続けるヒーローたちに出会えるスポーツ総合雑誌『ナンバー(Sports Graphic Number)』。
■Number MVP賞 歴代受賞者■
第1回 (1982年) 広岡達朗
第2回 (1983年) 青木功
第3回 (1984年) 山下泰裕
第4回 (1985年) 吉田義男
第5回 (1986年) 清原和博
第6回 (1987年) 岡本綾子
第7回 (1988年) 千代の富士貢
第8回 (1989年) ラグビー日本代表
第9回 (1990年) 野茂英雄
第10回 (1991年) 中嶋悟
第11回 (1992年) 亀山努
第12回 (1993年) 三浦知良
第13回 (1994年) 長嶋茂雄
第14回 (1995年) イチロー
第15回 (1996年) 伊達公子
第16回 (1997年) 中田英寿
第17回 (1998年) 清水宏保
第18回 (1999年) 松坂大輔
第19回 (2000年) 高橋尚子
第20回 (2001年) イチロー
第21回 (2002年) 稲本潤一
第22回 (2003年) 松井秀喜
第23回 (2004年) 北島康介(特別賞)イチロー
第24回 (2005年) 武豊
第25回 (2006年) 王貞治監督とWBC日本代表
第26回 (2007年) 中村俊輔
第27回 (2008年) 上野由岐子
第28回 (2009年) 原辰徳
第29回 (2010年) 本田圭佑
第30回 (2011年) 澤穂希
第31回 (2012年) 内村航平
第32回 (2013年) 上原浩治
第33回 (2014年) 羽生結弦
第34回 (2015年) ラグビー日本代表
第35回 (2016年) 大谷翔平
第36回 (2017年) 桐生祥秀(特別賞)浅田真央
第37回 (2018年) 大坂なおみ
第38回 (2019年) ラグビー日本代表
第39回 (2020年) 藤井聡太
第40回 (2021年) 大谷翔平
第41回 (2022年) 井上尚弥

ナンバー(Sports Graphic Number)の商品情報

商品名
ナンバー(Sports Graphic Number)
出版社
文藝春秋
発行間隔
隔週刊
発売日
隔週木曜日
参考価格
700円

「デジタル版の取扱い開始のお知らせ」を希望の方はこちら

「ナンバー(Sports Graphic Number)」デジタル版定期購読・月額払い購読が取扱いされた時にお客様にお知らせいたします。ご希望の場合はメールアドレスをご登録ください。メールにてご案内いたします。ご登録は無料です!
以下のプライバシーポリシーに同意の上、登録して下さい。

ナンバー(Sports Graphic Number) 2024/3/7(1091号) (発売日2024年02月15日) の目次

サッカー日本代表 リーダーの法則
逆境の主将論。
CAPTAINS’ PHILOSOPHY

THEORY①自信を持ちつつ過信しない
遠藤航
「仲間の思いを受け止めて」

THEORY②逆境では捨て身の覚悟が必要
宮本恒靖
「勝つために〝必死のパッチ〟でした」

THEORY③監督の狙いを忠実に実行する
長谷部誠
「窮余が生んだ稀代のリーダー」

THEORY④嘘をつかず、利他的に行動する
吉田麻也
「言葉の魔術師を目指して」

THEORY⑤先輩への直言でチームを一つに
柱谷哲二
「『闘将』と呼ばれて30年」

THEORY⑥第二のリーダーが組織を活かす
「創造的破壊」の立役者たち
中田英寿/本田圭佑/原口元気

THEORY⑦「武士道」で多国籍軍をまとめる
日本人がなぜ海外クラブでキャプテンを任せられるのか
遠藤航/酒井高徳/長谷部誠/吉田麻也

THEORY⑧理想は「冷静と情熱のあいだ」
日本代表主将のトレンド分布

THEORY⑨現代最強クラブにキャプテンは不要
グアルディオラが「最後の主将」になった理由

THEORY⑩ 「闘うリーダー」が頂点に導く
アルゼンチン
「メッシが身に付けた〝カウディージョ〟とは?」

THEORY⑪ 一人ひとりと腹を割って話す 
熊谷紗希
「涙の選手ミーティング」

[Jリーグの名将が語る]
勝たせる主将の選び方
長谷川健太/ネルシーニョ/城福浩

[時代おくれの男でありたい]
闘将が輝いたあの時代
ドゥンガ/チラベルト/ロイ・キーン/カーン

●アジアカップ総括
Asian Cup Qatar 2023

[独占インタビュー]
守田英正
「日本代表には軸がない」

[佐藤寿人の目]
vs.イラン「植えつけられた恐怖心」

[高まった存在感]
久保建英
「限界はまだ先にある」

[守備リーダーの渇望]
冨安健洋
「僕に足りなかったもの」

[不完全燃焼を越えて]
三笘薫
「ピッチ外の献身」

[確立したエースの座]
上田綺世
「シュートは自分の武器」

[真の強豪国への道]
ベスト8敗退で見えた課題と光明

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

[世界大会優勝の芸人が語る]
だからブラジリアン柔術は楽しい

[NBAオールスタープレビュー]
主役を巡る闘いは新時代に突入した

[新連載 パリへ翔ける①真のエースへ]
張本智和
「五輪の魔物を神様にできるように」

ナンバー(Sports Graphic Number)の目次配信サービス

ナンバー(Sports Graphic Number)最新号の情報がメルマガで届く♪ メールアドレスを入力して登録(解除)ボタンを押してください。

※登録は無料です
※登録・解除は、各雑誌の商品ページからお願いします。/~\Fujisan.co.jpで既に定期購読をなさっているお客様は、マイページからも登録・解除及び宛先メールアドレスの変更手続きが可能です。
以下のプライバシーポリシーに同意の上、登録して下さい。

ナンバー(Sports Graphic Number)のレビュー

  • 総合評価: ★★★★☆ 4.49
  • 全てのレビュー: 395件
スポーツをしていた私の唯一納得できる専門誌!!
★★★★☆2024年01月26日 継之助 社長
スポーツをしていた私の唯一納得できる専門誌!!
スポーツ好きにはたまらない雑誌
★★★★★2023年12月30日 かえで 会社員
スポーツ好きな私には最高の読み物である。 スポーツの楽しさをより知ることができ、また様々なスポーツのことを読むことで、触れることができる。
長年愛読しています
★★★★☆2023年12月27日 くま 主婦
色々なスポーツが特集されていて読み応えがあります。
父から頼まれて
★★★★☆2023年11月12日 ちゃっぷ 会社員
野球、ラグビー、サッカーなどスポーツ全般が好きな、高齢の父に頼まれての定期購読です。
スポーツあれこれ
★★★★☆2023年10月23日 jun 主婦
今年のサムライブルーは見応えがあり。 野球に始まり~バレーもバスケもラグビーも ほんと楽しみが一杯。
毎号楽しみにしています
★★★★☆2023年09月07日 小天狗 会社員
日本で唯一の総合スポーツ雑誌です。選手の内面を描写した記事や写真が好きなので、末永く刊行して欲しいです。
とにかく面白い
★★★★☆2023年08月19日 レコ 主婦
スポーツ全般が旬で分かる。 息子が学生時代から読んでいて、私もファンになりました。
最近は…
★★★★☆2023年08月14日 やぎ 専業主婦
何年も前から読み続けていますが、以前はもっと王道な感じだったのに、ここ数年は将棋の特集等があって「?」となることが多く、面白い回とそうでない回の差が激しいです。「狙い過ぎ」というか… とはいえ、他に代わるものがない唯一無二のスポーツ雑誌なのは確かです
おもしろい
★★★★★2023年07月06日 やっくん 社長
いつも楽しく。ワクワクしながら読んでます。毎号が楽しみです!
背後にあるストーリー
★★★★★2023年06月21日 あーる 会社員
表面に見える勝ち負けの背後にある人生模様に触れることができる唯一の雑誌です。大手マスコミが取り上げないマイナーな競技こそその醍醐味が味わえる。
レビューをさらに表示

ナンバー(Sports Graphic Number)をFujisanスタッフが紹介します

『ナンバー(Sports Graphic Number)』は、コラム、レポート、インタビュー、対談など記事の中身の濃さと、写真の多用、そして様々なスポーツを扱う点が特徴的な、日本でも最大限に知名度の高い総合スポーツ雑誌です。

1980年に文藝春秋より創刊されました。記事は署名原稿がほとんどを占め、沢木耕太郎や乙武洋匡などの著名なライターも寄稿しています。創刊号に掲載された山際淳司の『江夏の21球』なども有名で、ノンフィクション的にアスリートに迫るスタイルが話題を呼び、従来のスポーツ誌とは違う独自のスタイルを印象づけたようです。

毎号、特集記事と巻末のコラム記事等が書かれています。特集記事は、その時に話題となっているスポーツを取り上げており、様々なジャンルのスポーツが特集されます。プロ野球やサッカーの他、バスケットボール、F1、競馬、総合格闘技なども特集されたことがあります。また1982年からは、その年に最もスポーツファンを興奮させたアスリートを選考して「ナンバーMVP賞」を贈っており、これには青木功、千代の富士、ラグビー日本代表、イチロー、伊達公子、高橋尚子、武豊、羽生結弦なども選ばれました。そのラインアップはやはり、『ナンバー(Sports Graphic Number)』が幅広いスポーツを扱っていることを示しているのではないでしょうか。

ナンバー(Sports Graphic Number)の所属カテゴリ一覧

この雑誌の読者はこちらの雑誌も買っています!

Fujisanとは?

日本最大級雑誌の定期購読サービスを提供

デジタル雑誌をご利用なら

最新号〜バックナンバーまで7000冊以上の雑誌
(電子書籍)が無料で読み放題!
タダ読みサービスを楽しもう!

総合案内
マイページ
マイライブラリ
アフィリエイト
採用情報
プレスリリース
お問い合わせ
©︎2002 FUJISAN MAGAZINE SERVICE CO., Ltd.