関節外科 2009年10月号 (発売日2009年09月19日) 表紙
関節外科 2009年10月号 (発売日2009年09月19日) 表紙

関節外科 2009年10月号 (発売日2009年09月19日)

メジカルビュー社
●特集 大腿骨近位部骨折の今日・明日−問題点と展望− 企画・編集 進藤裕幸
introduction 進藤裕幸
I.大腿骨近位部骨折の疫学的最新知見
近未来には増加一途か,減少か? 青柳 潔ほ...

関節外科 2009年10月号 (発売日2009年09月19日)

メジカルビュー社
●特集 大腿骨近位部骨折の今日・明日−問題点と展望− 企画・編集 進藤裕幸
introduction 進藤裕幸
I.大腿骨近位部骨折の疫学的最新知見
近未来には増加一途か,減少か? 青柳 潔ほ...

ご注文はこちら

初購入500円割引
Fujisan.co.jpでご購入が初めての方は、5000円以上のご注文で500円割引となります。ご注文確認画面のギフト券入力欄に自動的に適用されます。
レビュー投稿500円割引 or 10%割引
好きな雑誌のレビューを投稿すると、5000円以上のご注文にご利用可能な500円割引ギフト券と、5000円以下の定期購読にご利用可な10%割引ギフト券が、投稿後メールですぐに届きます。
  • 月額払いの商品ではご利用いただけません。
  • どちらかひとつのギフト券が 今すぐご利用可能です♪
関節外科のレビューを投稿する
2009年09月19日発売号単品
定期購読でご注文
レビュー
500円
割引可
送料無料
送料無料で確実にお手元へお届けします!

関節外科 2009年10月号 (発売日2009年09月19日) の目次

●特集 大腿骨近位部骨折の今日・明日−問題点と展望− 企画・編集 進藤裕幸
introduction 進藤裕幸
I.大腿骨近位部骨折の疫学的最新知見
近未来には増加一途か,減少か? 青柳 潔ほか
II.大腿骨頚部(関節包内)骨折
骨の脆弱性と大腿骨頚部(関節包内)骨折の発生機序 長谷川潔
治療法の決定に有意義な分類法-Garden分類の妥当性- 佐藤 徹
骨接合術の適応と問題点 野々宮廣章
人工骨頭置換術の適応と問題点およびその対策 土井口祐一
III.大腿骨転子部骨折
発生機序と側面像での転位についての臨床的考察 佐藤 朗
治療法の決定におけるポイント 難波良文ほか
髄内釘型内固定材料を用いた治療-その利点と問題点- 正田悦朗
CHS固定法の利点と問題点-不安定型骨折に対する骨折部骨移植を併用したCHS固定法- 中山威知郎
IV.高齢者例への対応
超高齢者大腿骨頚部骨折患者の全身管理のポイント-他の年齢層との比較から- 辰巳徹志
V.周術期の管理
周術期における対応のポイント 時村文秋
VI.予防法はどこまで有効か?
薬物療法,ヒッププロテクターはどこまで有効か? 小池達也
転倒防止の最前線-転倒予防のための評価と運動介入- 井口 茂ほか

■今日の外来から
反復性肩関節脱臼 鈴木一秀
■最新学際情報
軟骨のバイオイメージング 大橋俊孝
■症例と治験
50歳以下の進行期変形性股関節症に対する大腿骨外反骨切り術併用Chiari手術の経験 坂越大悟ほか
両大腿骨外顆部離断性骨軟骨炎に対して大腿骨遠位内反骨切り術を施行した1例 松本直幸ほか

関節外科の内容

関節を中心とした整形外科最新のトピックスを紹介する専門誌
第一線で活躍中の整形外科医が注目する関節を中心とした整形外科最新の研究・知見を、各分野のエキスパートが臨床に直結した鋭い視点から毎号お届けします。また、巻頭のカラー連載「Net Surgery」は、インターネットでの動画配信と連動している新しいタイプの連載企画です。年2回(3月・9月)増刊号を発行しています。

関節外科の目次配信サービス

関節外科最新号の情報がメルマガで届く♪ メールアドレスを入力して登録(解除)ボタンを押してください。

※登録は無料です
※登録・解除は、各雑誌の商品ページからお願いします。/~\Fujisan.co.jpで既に定期購読をなさっているお客様は、マイページからも登録・解除及び宛先メールアドレスの変更手続きが可能です。
以下のプライバシーポリシーに同意の上、登録して下さい。
おすすめの購読プラン

この雑誌の読者はこちらの雑誌も買っています!

関節外科の所属カテゴリ一覧

Fujisanとは?

日本最大級雑誌の定期購読サービスを提供

デジタル雑誌をご利用なら

最新号〜バックナンバーまで7000冊以上の雑誌
(電子書籍)が無料で読み放題!
タダ読みサービスを楽しもう!

総合案内
マイページ
マイライブラリ
アフィリエイト
採用情報
プレスリリース
お問い合わせ
©︎2002 FUJISAN MAGAZINE SERVICE CO., Ltd.