アサヒカメラ 表紙
※定期購読のイメージ画像
この商品は現在休刊となっております。

アサヒカメラのバックナンバー

アサヒカメラの内容

歴史のある写真・カメラの総合誌
アマチュアから専門家までと対象とした総合写真雑誌。写真作品を紹介するページだけでなく、機材や撮影技術の情報も提供しています。

商品情報

商品名
アサヒカメラ
出版社
朝日新聞出版
発行間隔
月刊

アサヒカメラ取扱い開始コール♪

「アサヒカメラ」定期購読・月額払い購読が取扱いされた時にお客様にお知らせいたします。ご希望の場合はメールアドレスをご登録ください。メールにてご案内いたします。ご登録は無料です!
以下のプライバシーポリシーに同意の上、登録して下さい。

レビュー

  • 総合評価: ★★★★☆ 4.34
  • 全てのレビュー: 57件
ありがとう
★★★★★2020年07月06日 しいぼう OL
向井康二くんのファンで康二くんの趣味の影響でカメラを始めてアサヒカメラを購読していました!まさかそこから康二くんがレギュラーになるとは..カメラのことたくさん楽しく学べた大好きな雑誌でした!ありがとうございました!
ありがとうございました!
★★★★★2020年06月20日 moeko 大学生
向井康二くんの連載が始まったと同時に毎月買わせていただいていました。 元々カメラも好きだったので内容が細かく知れて楽しかったです! 少しの間でしたが、ありがとうございました!
癒しの1冊です!
★★★★★2020年05月12日 オト 会社員
向井康二くんが連載をするという事で買うようになりました!連載ページはもちろん最高で、解説もかなりわかりやすく、カメラについてよくわからない私でも理解出来てます。他のページも、もともと写真を見ることが好きなので、綺麗だなとか動物のところであるとその動物の表情が本当に様々でおもしろいなと思ってます。これからも楽しく読まさせていただきます!
良き
★★★☆☆2020年05月08日 やす 会社員
撮り方などが分かって良い!撮影方法など参考にできる!
楽しく読める
★★★★★2020年05月06日 マンボウ その他
以前は某社のフ○○○ンを読んでいたがこちらを定期購読に切り替えた。 内容はカメラに関して写真コンテストもあるし記事も面白く楽しんでいる。 趣味の一環とはいえ楽しく読めるという事は大変重要で勉強にもなる。 有名プロカメラマンのアドバイスなどもぜひ参考にしてさらに進化していきたい。
半分アカデミック。半分バイヤーズガイド
★★★★☆2020年04月29日 風の音 無職
ジャーナル的な傾向がこのところ顕著で読み応えがあり過ぎ(!)だが、一方で新モデルの紹介も丁寧で守備範囲が広い。
向井康二くんに期待
★★★★★2020年04月29日 たわし 会社員
Snow manの向井康二くんの撮る写真が大好きです。 アサヒカメラさんで連載が始まるとのことで、4月号を購入しました。掲載されている写真のクオリティと、連載の[巨匠と撮る白熱レッスン]に感動しました。 そして5月号も購入しました。今号も大満足の内容でした。 連載の次ページには[初めてのカメラを選ぼう!]が、本当にカメラを買って自分でも撮ってみたくなりました。 そして、向井康二くんの写真に、活躍に期待が膨らみます。 定期講読させていただきます。
向井康二くんの連載ありがとうございます!
★★★★★2020年04月22日 ス 学生
向井康二くんの色々な表情やカメラに対する熱い思いがすごく伝わりました。 連載にもなりこれからとても楽しみにしています!
写真への憧れを思い出しました
★★★★★2020年04月16日 juny 会社員
私が大好きなアイドルグループ、Snow Manのカメラ大好きな向井康二くんが連載を持つと聞いて購入したアサヒカメラ。もちろん向井康二くんと渡辺達生さんのやり取りのページはカメラ初心者の私でも勉強になる点が多く読み応えがえり、期待以上にすばらしかったですが、それ以上に昔自分が持っていた写真への憧れを思い出させてくれました。中学の頃に本屋で見つけた「月光浴」という写真集に魅せられて通いつめた日々を思い出し…定期購読を決めました。
初めて読みました
★★★★★2020年03月31日 はな 学生
向井康二くんが表紙ということで定期購読を始めました。一回目の連載では対談からカメラについて沢山学ぶことができました。その後解説も公開され更に深く読むことができました。これから康二くんの連載が楽しみです。
レビューをさらに表示

アサヒカメラをFujisanスタッフが紹介します

アサヒカメラは、1926年に創刊された歴史の古いカメラ雑誌です。戦前、戦後を通じてプロ、アマの区別なく日本の写真界に刺激を与え続けてきました。
プロの写真家の作品掲載は、有名作家から新人作家まで多様です。誌面には多くの写真が掲載され最先端のアート作品、人物写真、動物写真から、奥深い風景写真まで多様な作品を堪能できます。
また、アマチュアのカメラコンテストも開催されており、多数のカメラマンが腕を競っています。 コンテストに応募される写真のジャンルも多岐に渡っています。

アサヒカメラは、写真の掲載だけはなく、機材の紹介や、テストも盛んに行っており、新型カメラの性能テスト、レンズの描写力テストを行っています。さらに三脚の強度テストなどの周辺機材のテストまで行っており、カメラや、他の機材の購入の参考にもなります。
写真の歴史や、社会的役割に言及した記事も多く見受けられます。
写真界で最も権威のある賞といわれる、木村伊兵衛写真賞の発表もアサヒカメラ誌上にて行なわれ、毎年メディアに取り上げられ話題になります。
誌上では、長期や短期の連載も多数掲載されていて、作家の椎名誠氏の写真エッセイは、2019年時点で300回以上続いています。
アサヒカメラは写真に関する事柄を全般に渡って情報提供してくれる総合写真雑誌です。

アサヒカメラの所属カテゴリ一覧

この雑誌の読者はこちらの雑誌も買っています!

Fujisanとは?

日本最大級雑誌の定期購読サービスを提供

デジタル雑誌をご利用なら

最新号〜バックナンバーまで7000冊以上の雑誌
(電子書籍)が無料で読み放題!
タダ読みサービスを楽しもう!

総合案内
マイページ
マイライブラリ
アフィリエイト
採用情報
プレスリリース
お問い合わせ
©︎2002 FUJISAN MAGAZINE SERVICE CO., Ltd.