I LOVE MAGAZINES!キャンペーン |500誌以上の雑誌が最大50%OFF!

定期購読なら断然お得!デジタルサービスもオプション料金なしで使い放題

定期購読の特典

定期購読のお申込み・予約

STEP1 雑誌の形式を選択

今すぐ使える500円割引
初購入500円割引
Fujisan.co.jpでご購入が初めての方は、5000円以上のご注文で500円割引となります。ご注文確認画面のギフト券入力欄に自動的に適用されます。
レビュー投稿500円割引 or 10%割引
好きな雑誌のレビューを投稿すると、5000円以上のご注文にご利用可能な500円割引ギフト券と、5000円以下の定期購読にご利用可な10%割引ギフト券が、投稿後メールですぐに届きます。
  • 月額払いの商品ではご利用いただけません。
  • どちらかひとつのギフト券が 今すぐご利用可能です♪
週刊東洋経済のレビューを投稿する

週刊東洋経済の内容

ビジネスリーダー必携の総合経済誌 『週刊東洋経済』
1895(明治28)に創刊され、情報量と分析力で定評のある「週刊東洋経済」は、溢れる情報の中から、世の中の事象を鋭く徹底的に深掘りし、豊富な図解で、わかりやすくお届けします。ビジネスの最先端で働く方にとって、悔いなき決断を下すために。「週刊東洋経済」は確かなサポートを提供し続けます。デジタルサービスもオプション料金なしで使い放題です。

週刊東洋経済の商品情報

商品名
週刊東洋経済
出版社
東洋経済新報社
発行間隔
週刊
発売日
毎週月曜日
サイズ
A4

週刊東洋経済の無料サンプル

2024年3月30日号 (2024年03月25日発売)
2024年3月30日号 (2024年03月25日発売)をまるごと1冊ご覧いただけます
サンプルを見る

週刊東洋経済 2024年5/25号 (発売日2024年05月20日) の目次
  • 紙版
  • デジタル版

  • 紙版
  • デジタル版
後継者難や事業環境の悪化で、日本の中小企業は廃業リスクが高まっています。一方で、M&Aを契機とした業績回復や海外市場に挑む明るい動きも出てきました。本特集では独自アンケートで約600人から聞いた、人手不足や原価高など中小企業のリアルな悩みを伝えるとともに、コロナ禍からの起死回生を果たしたり、日本の伝統品が海外で大人気となるなど反転攻勢をかける姿も追いました。また中小企業のM&Aの急増でトラブルが相次ぎモラルが問われる仲介会社の実像など、事業承継ビジネスの沸騰ぶりも描きました。


【特集】沸騰する事業承継ビジネス 中小企業 大廃業時代の処方箋

PART1 止まらぬ廃業・倒産
販売低迷に物価高騰が追い打ち コロナ禍よりも悲惨 苦境に陥る中小企業
[アンケート]中小企業経営者など593人に聞いた 人手不足、賃上げ、原価高… 中小企業のリアルな悩み
銀行に問われる中小企業の経営支援 金利上昇が揺さぶる経営

PART2 沸騰する事業承継ビジネス
問われる仲介会社のモラル 中小M&A急増で相次ぐトラブル
[図解]競争激化で「すみ分け」が進む M&Aプレーヤーの勢力図
中小企業を支える多様なサービス 仲介だけで終わらない 課題抽出や経営支援も
[インタビュー]M&A仲介協会 代表理事 荒井邦彦 「サービス品質向上へ資格制度が必要」
大企業を飛び出し経営者に 勃興するサーチファンド
[インタビュー]サクシード代表 水沼啓幸 「中小企業の事業承継で地域経済循環目指す」
[インタビュー]フィーモ代表 大澤 真 「家族経営の永続性向上へルール作りを支援」
[インタビュー]スーパー「アキダイ」 名物社長の決断 「社員を守るためにM&Aを受け入れた」

PART3 反転攻勢の中小企業
苦境から立ち上がる中小企業 コロナ禍からの起死回生
〈明利酒類〉高級日本酒 〈本間製作所〉調理器具 〈久月〉日本人形
能登半島地震から4カ月 被災企業、再建への険しい道のり
[インタビュー]中小企業庁長官 須藤 治 「価格転嫁しやすい環境を地道に整備」
後継者不在率は全国最低の3割 承継「巧者」、三重最前線
日本の伝統品が海外で大人気に 世界に飛び出す中小企業
〈エニシング〉前掛けを30カ国で販売 〈山形工房〉競技用けん玉を輸出
全国に約9000社 地域経済を牽引できるか 「中堅企業」に高まる期待
[インタビュー]早稲田大学ビジネススクール教授 入山章栄 「変化の多い時代は中小企業が有利」

【深層リポート】中国経済 再起動の現場 山田周平
ファーウェイ復活 多角化で「半導体封鎖」を突破
半導体国産化 「質」で苦戦も大増産の予兆
「日本化」する消費 超絶コスパ武器に新勢力躍進

【インタビュー】元財務官 中尾武彦
明らかに「行き過ぎた円安」 異次元緩和を長く続けすぎた

【ひと烈風録】シンガーソングライター・音楽文化研究者 沢 知恵
伝えたいメッセージを歌う 歴史の闇に光を灯す歌手

【ニュース最前線】
営業益5兆円超のトヨタ 減益予想で示す“覚悟”
ダイキン井上会長が退任 新体制が直面する難題

【連載】
|経済を見る眼|日本に第2の「ルイスの転換点」が訪れる|小峰隆夫
|ニュースの核心|マグロ漁業に見る「海の人権問題」と日本の食卓|岡田広行
|トップに直撃|J. フロントリテイリング 社長 小野圭一
|フォーカス政治|「もしトラ」でニクソンの悪夢再び|軽部謙介
|マネー潮流|円安阻止へ試される政府と日銀|木内登英
|中国動態|中国の「魅力攻勢」迎えた欧州の打算|吉岡桂子
|財新 Opinion&News|ファーウェイ、スマホ事業が復調の意味深長
|グローバル・アイ|赤字財政インフレのツケは「普通の人々」に回る|ケネス・ロゴフ
|FROM The New York Times|パレスチナのために戦う学生が映し出す「真の問題」
|少数異見|「失われた○年」はこれから始まる
|シンクタンク 厳選リポート|
|ヤバい会社烈伝|東インド会社 国債買いまくるって どっかの中央銀行か|金田信一郎
|知の技法 出世の作法|佐藤流・情報の収集と 分析の手法 58|佐藤 優
|経済学者が読み解く 現代社会のリアル|医療費は「皆のお金」 費用対効果をどう考えるか|後藤 励
|話題の本|『ルポ 低賃金』著者 東海林 智氏に聞く ほか
|名著は知っている|『命売ります』[後編]
|社会に斬り込む骨太シネマ|『ミッシング』
|PICK UP 東洋経済ONLINE|
|編集部から|
|次号予告|
マクロ経済、企業・産業物から、医療・介護・教育など身近な分野まで超深掘り。情報力と分析力で定評ある総合経済誌。



|経済を見る眼|小峰隆夫
|ニュースの核心|岡田広行
|編集部から|
|ニュース最前線|
【インタビュー】元財務官 中尾武彦 明らかに「行き過ぎた円安」 異次元緩和を長く続けすぎた
|トップに直撃|J.フロント リテイリング 社長 小野圭一
|フォーカス政治|軽部謙介
|マネー潮流|木内登英
|中国動態|吉岡桂子
|財新 Opinion &News|
|グローバル・アイ|ケネス・ロゴフ
|FROM The New York Times|
|少数異見|
|シンクタンク 厳選リポート|
【特集】沸騰する事業承継ビジネス 中小企業 大廃業時代の処方箋
PART1 止まらぬ廃業・倒産 販売低迷に物価高騰が追い打ち コロナ禍よりも悲惨 苦境に陥る中小企業
[アンケート]中小企業経営者など593人に聞いた 人手不足、賃上げ、原価高… 中小企業のリアルな悩み
銀行に問われる中小企業の経営支援 金利上昇が揺さぶる経営
PART2 沸騰する事業承継ビジネス 問われる仲介会社のモラル 中小M&A急増で相次ぐトラブル [図解]競争激化で「すみ分け」が進む M&Aプレーヤーの勢力図
仲介だけで終わらない 課題抽出や経営支援も/[インタビュー]M&A仲介協会 代表理事 荒井邦彦 「サービス品質向上へ資格制度が必要」
大企業を飛び出し経営者に 勃興するサーチファンド
[インタビュー]サクシード代表 水沼啓幸 「中小企業の事業承継で地域経済循環目指す」
[インタビュー]フィーモ代表 大澤 真 「家族経営の永続性向上へルール作りを支援」
[インタビュー]スーパー「アキダイ」 名物社長の決断 「社員を守るためにM&Aを受け入れた」
PART3 反転攻勢の中小企業 コロナ禍からの起死回生 〈明利酒類〉高級日本酒 〈本間製作所〉調理器具 〈久月〉日本人形
能登半島地震から4カ月 被災企業、再建への険しい道のり
[インタビュー]中小企業庁長官 須藤 治 「価格転嫁しやすい環境を地道に整備」
後継者不在率は全国最低の3割 承継「巧者」、三重の最前線
日本の伝統品が海外で大人気に 世界に飛び出す中小企業 〈エニシング〉前掛けを30カ国で販売 〈山形工房〉競技用けん玉を輸出
全国に約9000社 地域経済を牽引できるか 「中堅企業」に高まる期待
[インタビュー]早稲田大学ビジネススクール教授 入山章栄 「変化の多い時代は中小企業が有利」
【深層リポート】中国経済 再起動の現場 山田周平
ファーウェイ復活
半導体国産化
「日本化」する消費
【ひと烈風録】シンガーソングライター・音楽文化研究者 沢 知恵 伝えたいメッセージを歌う 歴史の闇に光を灯す歌手
|ヤバい会社烈伝|金田信一郎
|知の技法 出世の作法|佐藤 優
|経済学者が読み解く 現代社会のリアル|後藤 励
|話題の本|『ルポ 低賃金』著者 東海林 智氏に聞く ほか
|名著は知っている|
|社会に斬り込む骨太シネマ 『ミッシング』|
|PICK UP 東洋経済ONLINE|
|次号予告|

週刊東洋経済 2024年05月20日発売号掲載の次号予告

特集
いつまで魚を食えるのか
ー全解剖ー
日本の魚ビジネス

サンマ、ウナギは高嶺の花!魚を求めてさまよう日本人
データと図解で徹底解説、これが魚の現在地
マグロ、ブリ、サーモン…、日本が誇る養殖技術

※予告内容は変更となる場合があります

週刊東洋経済の目次配信サービス

週刊東洋経済最新号の情報がメルマガで届く♪ メールアドレスを入力して登録(解除)ボタンを押してください。

※登録は無料です
※登録・解除は、各雑誌の商品ページからお願いします。/~\Fujisan.co.jpで既に定期購読をなさっているお客様は、マイページからも登録・解除及び宛先メールアドレスの変更手続きが可能です。
以下のプライバシーポリシーに同意の上、登録して下さい。

週刊東洋経済のレビュー

  • 総合評価: ★★★★☆ 4.25
  • 全てのレビュー: 680件
薦められて・・・
★★★★★2024年03月08日 一心不乱 経営者
会社の経営に携わりながら東洋経済を定期的に読んでないとは・・・と薦められて読むようになりました、もっと早く読めばよかったと思っています、感謝!!!
分かりやすい
★★★★★2024年02月21日 まさかつ 会社員
気になる特集号を定期的に購入していました。分かりやすくまとまっていて、どれもサラっと読めるのがgood👍
上司お薦めの書
★★★★★2023年12月13日 ようまい 会社員
あまた経済雑誌はあるものの、内容が濃く、センスよく、様々な記事が載っていて役立つと上司から勧められて購読しています。
情報がコンパクト
★★★★★2023年10月27日 ロン 会社員
ビジネス中心の内容ですが、必要な情報がコンパクトにまとまっていて読みやすい。特集は個性がありとても面白い。また、トピック記事もネタが新鮮で楽しめます。
定期購読が圧倒的にお得です。
★★★★★2023年10月21日 FXR 会社員
東洋経済と日経ビジネスを定期購読していますが、割引率が大きいので、定期購読が圧倒的にお得です。一冊あたりの単価が安いので、興味の無い話題や政治経済トピックは流し読みしてもいいですし、定期購読の方が自己投資のリターンが大きいと考えています。東洋経済の場合は日経ビジネスに比べて記事あたりの原稿数が少なく、より幅広い話題について触れられているため、東洋経済の方は広く浅いトピックを知る材料にしています。
社会情勢や経済をグローバルな視点で学ぶことができるので非常に勉強になります!
★★★★★2023年09月24日 saki 大学生
社会情勢や経済をグローバルな視点で学ぶことができるので非常に勉強になります!またこれからの就活においても企業選考に大いに役立っています。
経済全般のほか、政治問題も理解できる
★★★★★2023年09月03日 さとる 課長
海外駐在する前は定期購読していました。 帰国したので、もう一度始めようと思います。企業や業界の情報を網羅的に知ることができます。そして、各号の特集も非常に時機に沿った内容で、興味深く読むことができます。
バランスの取れた記事
★★★★☆2023年06月25日 シーゲル 自営業
経済、政治、そして科学記事までバランスの取れた内容でとても役にたちます。 最新号のChatGPT特集もツールの具体的な使い方まで踏み込んだ特集で他の経済雑誌やトレンド雑誌よりも参考になりました。
安定の内容
★★★★☆2023年04月27日 tokyo 会社員
特集に個性があり面白いです。また、トピック記事もネタが新鮮で楽しめます。
東洋経済
★★★★☆2023年03月19日 papa 公務員
ビジネス関連の内容が多いが、一般人としての教養として、楽しませいてもらっていました。
レビューをさらに表示

週刊東洋経済をFujisanスタッフが紹介します

週刊東洋経済は、1895年に創刊した経済誌。為替動向からエンターテインメントまで、敏腕ライターが経済の最先端を読み解きます。特集では最新の国内経済の情勢をはじめとして、21世紀に入ってから急速な成長を遂げている中国経済の事情や不安定化するヨーロッパ・アメリカの経済情勢など、多角的な視野で現代の経済を斬ります。大手企業の社長や経営者の対談も豊富に掲載されており、最先端の動きを読み解くには最適な雑誌です。連載では、現代の情勢にとどまらず歴史的なダイナミズムで世界市場の動向を見る記事や、政治・環境問題などさまざまな社会問題に斬りこむ記事が掲載されており、俯瞰的に経済を学ぶのにも適しています。

日進月歩で移り変わる世界の経済事情を1週間毎にキャッチできるのは大きな魅力ではないでしょうか。どこよりも早く最新の経済情報を届ける週刊東洋経済は、就職に向けて企業の情報を収集したい学生から緻密な分析に取り組む知識人、最先端の現場で働くビジネスマンまで、あらゆる層の読者から支持されています。経済に限らず現代社会の問題をキャッチする上で、押さえておいて間違いはないでしょう。複雑な現代社会を生きる全ての人に勧めたい雑誌です。

週刊東洋経済定期購読のプレゼント

定期購読2大特典
対象購読プラン:1年(デジタルサービス付き)・3年(デジタルサービス付き)
【特典1】<バックナンバーが読み放題>バックナンバー1000冊分から検索して読める「デジタルコンテンツライブラリー」が使い放題!【特典2】<週刊東洋経済セミナー無料ご招待>専門家や東洋経済記者によるセミナーにもれなく参加できます。その他追加セミナーも随時ご案内!(過去のセミナー事例・ビジネスに生かす!「本物の価値を伝える」最強の話術セミナー・世界最高齢アプリ開発者 若宮正子さんと考える、これからの生き方・働き方・どう使う?『会社四季報 業界地図』徹底活用講座 ◆サービスをご利用頂く際には、出版社から届く荷物の宛名ラベルに書かれております【読者番号】が必要になります。
  • プレゼントの種類が複数ある商品をご購入の際は、定期購読ページのプルダウンでご希望の種類をお選びの上、「買い物かごに入れる」を押してください。
  • プレゼントは品切れ等の理由により、代替品をお送りする場合がございます。あらかじめご了承ください。
  • プレゼントは、原則として、お申し込み後の変更は承りかねますので、ご注文の際は、ご注意ください。
  • 読者へのプレゼントに関しましては、雑誌とは別便でお送りする場合があります。
  • また、お届けまで、1ヶ月ほどお時間をいただく場合がございますので、ご了承ください。

週刊東洋経済の所属カテゴリ一覧

週刊東洋経済の無料記事

この雑誌の読者はこちらの雑誌も買っています!

Fujisanとは?

日本最大級雑誌の定期購読サービスを提供

デジタル雑誌をご利用なら

最新号〜バックナンバーまで7000冊以上の雑誌
(電子書籍)が無料で読み放題!
タダ読みサービスを楽しもう!

総合案内
マイページ
マイライブラリ
アフィリエイト
採用情報
プレスリリース
お問い合わせ
©︎2002 FUJISAN MAGAZINE SERVICE CO., Ltd.