『暮しの手帖』を年間購読をお申込みの方にはもれなく「花森安治の表紙ノート」 をプレゼント!

定期購読の特典

定期購読のお申込み・予約

STEP1 雑誌の形式を選択

今すぐ使える500円割引
初購入500円割引
Fujisan.co.jpでご購入が初めての方は、5000円以上のご注文で500円割引となります。ご注文確認画面のギフト券入力欄に自動的に適用されます。
レビュー投稿500円割引 or 10%割引
好きな雑誌のレビューを投稿すると、5000円以上のご注文にご利用可能な500円割引ギフト券と、5000円以下の定期購読にご利用可な10%割引ギフト券が、投稿後メールですぐに届きます。
  • 月額払いの商品ではご利用いただけません。
  • どちらかひとつのギフト券が 今すぐご利用可能です♪
暮しの手帖のレビューを投稿する

暮しの手帖の内容

毎日をていねいに、心豊かに過ごすヒントがたくさん!広告ゼロの編集方針を貫いて半世紀以上。
1948(昭和23)年9月、『美しい暮しの手帖』の誕生から『暮しの手帖』は刊行を続け2018年に70周年を迎えました。あなたの 毎日を豊かに、美しくする「暮らし提案誌」。これは あなたの手帖です。いろ いろのことがここには書きつけてある。この中のどれか一つ二つはすぐ今日あな たの暮しに役立ち、せめてどれかもう一つ二つはすぐには役に立たないように見 えてもやがてこころの底ふかく沈んでいつかあなたの暮し方を変えてしまうそん なふうなこれはあなたの暮しの手帖です
詳細画像

■料理

日々のおそうざいから、特別な日にチャレンジしたいお料理まで、第一人者の先生方の教えのもと、わかりやすい手順と美しい写真でご紹介します。

詳細画像

■手芸

あなた自身や時に大切な誰かのために、自らの手で作る喜び! 身のまわりの小物や洋服の作り方、編み物など、ていねいな解説でお教えします。

詳細画像

■読み物

『暮しの手帖』にはたくさんの人気連載があります。好評企画「すてきなあなたに」「暮らしのヒント集」「買物案内」をはじめ、楽しいエッセイやコラム、紀行、アート、お菓子、健康、装いなど、暮らしの情報が満載です。 連載:佐藤雅彦/高山なおみ/原由美子/ホルトハウス房子/細谷亮太/芝山幹郎 ほか

暮しの手帖シリーズ

暮しの手帖の商品情報

商品名
暮しの手帖
出版社
暮しの手帖社
発行間隔
隔月刊
発売日
奇数月25日
サイズ
A4
参考価格
1,100円

「デジタル版の取扱い開始のお知らせ」を希望の方はこちら

「暮しの手帖」デジタル版定期購読・月額払い購読が取扱いされた時にお客様にお知らせいたします。ご希望の場合はメールアドレスをご登録ください。メールにてご案内いたします。ご登録は無料です!
以下のプライバシーポリシーに同意の上、登録して下さい。

暮しの手帖 暮しの手帖 5世紀29号 (発売日2024年03月25日) の目次

どんな色にも意味がある
わたしの手帖 内田洋子さん 
(取材・文 渡辺尚子)

二人の台所から
檀太郎さんと檀晴子さん
(取材・文 岡野 民)

ふーみんさんの元気の素
(料理 斉風瑞(さいふうみ))

キャロットケーキとケークサレ
(料理 河井美歩)

味つけはこれだけです
(料理 稲田俊輔/堤人美/近藤幸子)

三春町から、こんにちは
(文 長谷川ちえ)

ふたつの中心 第12回「真夜中のドライブ」
(文・写真 茂木綾子)

襟を付け替えてみませんか
(指導 河部佑美:桜三丁目)

自転車の手帖 安心・安全に走るために
(監修 谷田貝(やたがい)一男:自転車安全利用研究会)

あの人の本棚より
(長野ヒデ子)

ごっちぼっち――家族五人の五つの人生
第29回「継がれたリズム」
(写真・文 齋藤陽道)

わたしの仕事 第29回「麦茶・製菓原料の製造」
(取材・文 阿部直美)

また旅。 第25回「弘前へ」
(文・写真 岡本仁)

岩田美津子さんとてんやく絵本 
(取材協力 特定非営利活動法人てんやく絵本ふれあい文庫)

ミロコマチコ奄美大島新聞 第26回
(絵・文 ミロコマチコ)

温故知新の生活道具
「たわしに角があれば」
(選・文 藤田優)

エプロンメモ

家庭学校

読者の手帖

子育ての悩み相談 第26回
「肥満気味の娘が心配です。もともとぽっちゃり体型でしたが最近、急に体重が増えてきました。運動もあまり好きではありません。」
(回答者 太田百合子)

暮らしのヒント集

すてきなあなたに
フレンチトースト/救急車に乗って/にれのきまわりのオーガニックマルシェ/小さい時間/ごめんなさい/だいじな空白/カスタードクリーム一年生/春の湯/元気でね

買物案内
「せん切りに便利なピーラー5種」

ワレモノ梱包術
(指導 日野明子)

気ぬけごはん 第88回
スタッフドオリーブ・フライ/イタリア風ワンタン
(文・料理 高山なおみ)

今日拾った言葉たち
(武田砂鉄)

随筆
自分の削り屑(アフロ)/生きながら生まれ変わる(河合香織)/心のよりどころ 三線(宮沢和史)/兄の記憶(植本一子)/小泉八雲との有縁(うえん)(小宮由)/父との人生会議(信友直子)

みらいめがね 第48回「学校、好き?」
(文 荻上チキ × 絵 ヨシタケシンスケ)

あの時のわたし 第27回(後編)村木厚子「負けない方法」
(取材・文 岡野民)

からだと病気のABC
「パニック症、社交不安症、強迫症の対処法」
(監修 清水栄司:千葉大学医学部付属病院認知行動療法センター長)

わたしの大好きな音楽 オールタイムベスト10
「J-POPに疲れたら、言葉から逃れられる10選」
(浜野謙太)

映画のアン/ラーニング 第16回「無名の人々の生の輝き」
(三浦哲哉)

目利きの本屋さんに聞いてみた
−−今号の本のテーマ「政治について考える」−−
『50代で一足遅れてフェミニズムを知った私がひとりで安心して暮らしていくために考えた身近な政治のこと』和田靜香 著(左右社) 選者:笈入建志(おいり・けんじ)(千駄木 往来堂書店)
『来るべき民主主義 小平市都道328号線と近代政治哲学の諸問題』國分功一郎 著(幻冬舎新書) 選者:早坂大輔(BOOKNERD)
『自分で始めた人たち社会を変える新しい民主主義』宇野重規 著(大和書房) 選者:齊藤加菜(ジュンク堂書店池袋本店)
『くらしのアナキズム』松村圭一郎 著(ミシマ社) 選者:石井 勇(いさむ)(MINOU BOOKS)

春こそ、酒粕
(料理 安田花織)

てと、てと。 第14回
しーちゃんとオオカミちゃん
(取材・文 渡辺尚子)

編集者の手帖

暮しの手帖の目次配信サービス

暮しの手帖最新号の情報がメルマガで届く♪ メールアドレスを入力して登録(解除)ボタンを押してください。

※登録は無料です
※登録・解除は、各雑誌の商品ページからお願いします。/~\Fujisan.co.jpで既に定期購読をなさっているお客様は、マイページからも登録・解除及び宛先メールアドレスの変更手続きが可能です。
以下のプライバシーポリシーに同意の上、登録して下さい。

暮しの手帖のレビュー

  • 総合評価: ★★★★★ 4.69
  • 全てのレビュー: 641件
定期購読しています
★★★★★2024年04月03日 にこ 専業主婦
雑誌が好きでいろいろ読みますが開くたびにホッとするような、温かい気持ちになる雑誌です。これまでもずっと続いてきたけど、これからもずっと続いてほしい、そんな雑誌です。
祖母へのプレゼントに
★★★★★2024年03月20日 でかいねこ 大学生
祖母への誕生日プレゼント代わりに贈っています。 届いたよという報告や、雑誌の内容がどうだったという話題でコミニュケーションが増えるので、そういう意味でもとても良い買い物だと思っています。
定期購読に
★★★★★2024年03月17日 みな パート
書店で見かけて偶に購入していましたが、今回買い忘れの無いよう定期購読にします。やはり、これだけ丁寧に作られている物は手元に置いておきたい。
長いお付き合い
★★★★★2024年03月07日 muffin 主婦
35年以上購読しています。雑誌ですが、読み終えても残しています。昔のものも読み返してみると新しい発見があります。
ずっと読む必要のある雑誌
★★★★★2024年03月07日 rupi その他
このような方はたくさんいらっしゃると思いますが、 気がつくと60年以上、暮しの手帖は必ず目に届くところにありました。 家族の一員のような安心感のある本の感想を書くというのはとても難しいです。 いつもどこかに、心に引っかかる記事や写真があります。 それから、他の本には見ない、既成概念とは違う美意識を感じます。 時々、素敵なのかどうかわからない記事もありますが、 それも、引っかかる原因の一つだと思います。 ずっと後になって、親の言葉のように思い出したりします。 今は、94歳になる父が一番先の読者です。昔は読んだことなどなかったのに。 花森安治さんの頃からの香りを、懐かしく感じているのだと思います。 私としては、小さい頃から工作に近い手芸の記事に長く影響を受け、 現在まで、手工芸に携わっています。 これからも、この本はずっと傍にあることでしょう。 一つだけ。プレゼントは、ふきんが欲しかったです。
素敵な雑誌です
★★★★★2024年02月20日 にる 家事手伝い
届くたびに、暮らしを重ねている仲間がいるのだと心強い気持ちになります。生活を豊かに送るヒントがたくさん書かれたページが特にお気に入りで、毎号楽しみにしております。豊かとは、贅沢でも無理することでもないのですね。日々を着実に、新鮮に。
ふつうのくらし
★★★★★2024年02月16日 ゆり パート
台所のや台所周りの特集がすきです。手の込んだ料理は作ってみようかって気になるし、時短料理や、共働き家庭に寄り添った料理の記事も好きです。生活系の雑誌は乱読していますが、何回も読み返すのは暮しの手帖くらいかな。特に、別冊の『続ける料理』は本当に秀逸で何十回も読んでます。 ふつうに続けるふつうの暮らしがたまに迷走するから、ふつうの暮らしのバイブルとして読んでいきたいです。
落ち着く雑誌
★★★★☆2024年02月12日 たまこ 会社員
広告がないのがよい。ただし、自社広告はそれなりにある。 料理、手芸の特集が多い。昔のような徹底的な商品テストもほしい。
良い雑誌です
★★★★★2024年02月09日 ゆりね 無職
毎号楽しみに届くのを待っています。表紙も良く、中身も充実していていつも満足しています。
親子孫3代で
★★★★★2024年01月25日 Manhattan love 無職
3代に渡って暮しの手帖を愛読しております。私が子供の頃母の本棚にはたくさんの暮しの手帖が並んでいました。今は海外に住む娘の本棚にはたくさんの暮しの手帖が並んでいます。私が近くにいてやれない分、親代わりに暮らしの手帖を贈っています。暮らしの困りごとを暮しの手帖が解決してくれているようです。私の本棚にも暮しの手帖が並んでいます。母が他界してしまった今、暮らしの手帖は母親がわりに私に寄り添ってくれています。ありがとう😊
レビューをさらに表示

暮しの手帖をFujisanスタッフが紹介します

「暮しの手帖」は、1948年9月に創刊された70年以上の歴史がある雑誌です。終戦からまだ数年しか経っていないころ、健康の基本となる「食」と家族を守る「住」をコンセプトに「美しい暮しの手帖」として始まりました。戦時中になかなか学校へ通えなかったたくさんの女性に向けて彼女たちが関心のあることを提供し、各々が「暮し」を大切にすることで平和な世界が築けると考えたのでしょう。そして手作りの家具や直線立ちの衣類などを紙面に載せることにより、彼女たちがわずかでも豊かで美しい生活を送ってほしいと願ったのだと思います。

高度成長期以降、多くの物が世の中にあふれると「暮しの手帖」では商品テストを行うようになります。それは何が本当に役に立つ商品なのかを読者に知らせ、メーカーにも良いものを作ってほしいという発想から実施したとのことです。消費者の立場で行われたそのテストは、たくさんの読者に評価されました。「暮しの手帖」の紙面には一切広告が掲載されておらず、そこからも暮しの手帖社のポリシーが感じられます。過去にはあるドラマのモチーフとして創業者がとりあげられ、大きな話題となりました。今後も「暮しの手帖」は、日々の「暮し」に役立つ雑誌として多くの人に読み継がれることでしょう。

暮しの手帖定期購読のプレゼント

花森安治の表紙ノート
対象購読プラン:1年
定期購読をお申し込みいただいた方には、「花森安治の表紙ノート」1冊をプレゼントいたします。
  • プレゼントの種類が複数ある商品をご購入の際は、定期購読ページのプルダウンでご希望の種類をお選びの上、「買い物かごに入れる」を押してください。
  • プレゼントは品切れ等の理由により、代替品をお送りする場合がございます。あらかじめご了承ください。
  • プレゼントは、原則として、お申し込み後の変更は承りかねますので、ご注文の際は、ご注意ください。
  • 読者へのプレゼントに関しましては、雑誌とは別便でお送りする場合があります。
  • また、お届けまで、1ヶ月ほどお時間をいただく場合がございますので、ご了承ください。

暮しの手帖の所属カテゴリ一覧

この雑誌の読者はこちらの雑誌も買っています!

Fujisanとは?

日本最大級雑誌の定期購読サービスを提供

デジタル雑誌をご利用なら

最新号〜バックナンバーまで7000冊以上の雑誌
(電子書籍)が無料で読み放題!
タダ読みサービスを楽しもう!

総合案内
マイページ
マイライブラリ
アフィリエイト
採用情報
プレスリリース
お問い合わせ
©︎2002 FUJISAN MAGAZINE SERVICE CO., Ltd.