『暮しの手帖』を年間購読をお申込みの方にはもれなく「花森安治の表紙ノート」 をプレゼント!

定期購読の特典

定期購読のお申込み・予約

STEP1 雑誌の形式を選択

今すぐ使える500円割引
初購入500円割引
Fujisan.co.jpでご購入が初めての方は、5000円以上のご注文で500円割引となります。ご注文確認画面のギフト券入力欄に自動的に適用されます。
レビュー投稿500円割引 or 10%割引
好きな雑誌のレビューを投稿すると、5000円以上のご注文にご利用可能な500円割引ギフト券と、5000円以下の定期購読にご利用可な10%割引ギフト券が、投稿後メールですぐに届きます。
  • 月額払いの商品ではご利用いただけません。
  • どちらかひとつのギフト券が 今すぐご利用可能です♪
暮しの手帖のレビューを投稿する

暮しの手帖の内容

毎日をていねいに、心豊かに過ごすヒントがたくさん!広告ゼロの編集方針を貫いて半世紀以上。
1948(昭和23)年9月、『美しい暮しの手帖』の誕生から『暮しの手帖』は刊行を続け2018年に70周年を迎えました。あなたの 毎日を豊かに、美しくする「暮らし提案誌」。これは あなたの手帖です。いろ いろのことがここには書きつけてある。この中のどれか一つ二つはすぐ今日あな たの暮しに役立ち、せめてどれかもう一つ二つはすぐには役に立たないように見 えてもやがてこころの底ふかく沈んでいつかあなたの暮し方を変えてしまうそん なふうなこれはあなたの暮しの手帖です
詳細画像

■料理

日々のおそうざいから、特別な日にチャレンジしたいお料理まで、第一人者の先生方の教えのもと、わかりやすい手順と美しい写真でご紹介します。

詳細画像

■手芸

あなた自身や時に大切な誰かのために、自らの手で作る喜び! 身のまわりの小物や洋服の作り方、編み物など、ていねいな解説でお教えします。

詳細画像

■読み物

『暮しの手帖』にはたくさんの人気連載があります。好評企画「すてきなあなたに」「暮らしのヒント集」「買物案内」をはじめ、楽しいエッセイやコラム、紀行、アート、お菓子、健康、装いなど、暮らしの情報が満載です。 連載:佐藤雅彦/高山なおみ/原由美子/ホルトハウス房子/細谷亮太/芝山幹郎 ほか

暮しの手帖シリーズ

暮しの手帖の商品情報

商品名
暮しの手帖
出版社
暮しの手帖社
発行間隔
隔月刊
発売日
奇数月25日
サイズ
A4
参考価格
1,100円

「デジタル版の取扱い開始のお知らせ」を希望の方はこちら

「暮しの手帖」デジタル版定期購読・月額払い購読が取扱いされた時にお客様にお知らせいたします。ご希望の場合はメールアドレスをご登録ください。メールにてご案内いたします。ご登録は無料です!
以下のプライバシーポリシーに同意の上、登録して下さい。

暮しの手帖 暮しの手帖 5世紀28号 (発売日2024年01月25日) の目次

●ひと味違う煮もののコツ
(料理 林亮平:てのしま)

●新・塩豚のおかず
(料理 荻野恭子)

●有元葉子 冬の葉野菜で作る、とっておきの2品
(料理 有元葉子)

●楽に作れるアイデアひとつ 第6回
「残りがちなパン粉で香ばしさと食感をプラス」
(料理・文 長尾智子)

●夢のスワンシュー
(料理 いがらしろみ)

●特別企画 暮らしの「器」を考える
(絵 岡田雅人)
 ・自分ルールでいい(取材・文 渡辺尚子)
 ・漆器を使ってみませんか?(髙森寬子/日野明子)
 ・小さな家を建てるなら(写真 砺波周平)

●春待ちキャップを編もう
(指導 那須早苗)

●よっちぼっち――家族四人の四つの人生
第28回「果てしない天のように」
(写真・文 齋藤陽道)

●あの人の本棚より
(文 小泉武夫)

●わたしの仕事 第28回「環境保全NPO職員」
(取材・文 阿部直美)

●また旅。 第24回「仙台へ」
(文・写真 岡本仁)

●ふたつの中心 第11回「森のメッセージ」
(文・写真 茂木綾子)

●そこにはいつも歌があった 
(取材協力 国立療養所長島愛生園)

●ミロコマチコ奄美大島新聞 第25回
(絵・文 ミロコマチコ)

●温故知新の生活道具
「刃先の丸みは、先人の粋な計らい」
(取材・文 藤田優)

●エプロンメモ

●家庭学校

●読者の手帖

●今日拾った言葉たち
(武田砂鉄)

●暮らしのヒント集

●すてきなあなたに
草花愛好家たち/風の道/ふかふかのりんご/紙の地図/眉毛とかくれんぼ/薪火のあたたかさ/眼差し/世界の豆料理はおふくろの味/縁の下から

●家族が認知症になったら
(取材・文 一条道)

●気ぬけごはん 第87回
ヒレ肉のやわらかトンテキ/オジャフリ
(文・料理 高山なおみ)

●随筆
身分の道を(奈倉有里)/デジタルに傷つく(柴門ふみ)/観光案内板の裏(乗代雄介)/町内会のバスツアー(古賀及子)/身体化されたもの(岡田憲治)/母の喪服(鈴木保奈美)

●みらいめがね 第47回「理想的な国は、まだない」
(文 荻上チキ × 絵 ヨシタケシンスケ)

●あの時のわたし 第27回(前編)村木厚子「第3のタイプ」
(取材・文 岡野民)

●からだと病気のABC
「声の老化と嚥下障害を防ぐには」
(監修 平野滋:京都府立医科大学耳鼻咽喉科・頭頸部外科学教室教授)

●わたしの大好きな音楽 オールタイムベスト10
「ハマ履歴 濱田マリがハマった音楽の履歴」
(濱田マリ)

●映画のアン/ラーニング 第15回「その体験は一度きり」
(三浦哲哉)

●目利きの本屋さんに聞いてみた
--今号の本のテーマ「手紙が結ぶ物語」--
『須賀敦子の手紙1975―1997年友人への55通』須賀敦子 著(つるとはな) 選者:田尻久子(橙書店)
『手紙(りぼんマスコットコミックスDIGITAL)』谷川史子 作(集英社 電子書籍のみ) 選者:粕川ゆき(二子玉川蔦屋家電)
『エミリ・ディキンスン家のネズミ【新装版】』エリザベス・スパイアーズ 著 クレア・A・ニヴォラ 絵 長田弘 訳(みすず書房) 選者:中川美里(本・中川)
『葉書でドナルド・エヴァンズに』平出隆 著(講談社文芸文庫) 選者:北村知之(梅田蔦屋書店)

●ラジオは友だち
(取材協力 一般社団法人 日本民間放送連盟)

●花森安治 武器をすてよう
(文・絵 花森安治)

●編集者の手帖

暮しの手帖の目次配信サービス

暮しの手帖最新号の情報がメルマガで届く♪ メールアドレスを入力して登録(解除)ボタンを押してください。

※登録は無料です
※登録・解除は、各雑誌の商品ページからお願いします。/~\Fujisan.co.jpで既に定期購読をなさっているお客様は、マイページからも登録・解除及び宛先メールアドレスの変更手続きが可能です。
以下のプライバシーポリシーに同意の上、登録して下さい。

暮しの手帖のレビュー

  • 総合評価: ★★★★★ 4.69
  • 全てのレビュー: 634件
落ち着く雑誌
★★★★☆2024年02月12日 たまこ 会社員
広告がないのがよい。ただし、自社広告はそれなりにある。 料理、手芸の特集が多い。昔のような徹底的な商品テストもほしい。
良い雑誌です
★★★★★2024年02月09日 ゆりね 無職
毎号楽しみに届くのを待っています。表紙も良く、中身も充実していていつも満足しています。
親子孫3代で
★★★★★2024年01月25日 Manhattan love 無職
3代に渡って暮しの手帖を愛読しております。私が子供の頃母の本棚にはたくさんの暮しの手帖が並んでいました。今は海外に住む娘の本棚にはたくさんの暮しの手帖が並んでいます。私が近くにいてやれない分、親代わりに暮らしの手帖を贈っています。暮らしの困りごとを暮しの手帖が解決してくれているようです。私の本棚にも暮しの手帖が並んでいます。母が他界してしまった今、暮らしの手帖は母親がわりに私に寄り添ってくれています。ありがとう😊
義母のお誕生日プレゼントにしています
★★★★★2024年01月24日 Y パート
2年連続で義母に送っております。 継続3年目となると、季節の記事なども重複するかなと思い、継続するかどうか尋ねると、読み応えがあり楽しみにしている、とのことでしたのでまた更新する予定です。
いつも楽しみ
★★★★★2024年01月21日 よっち 専業主婦
定期購読便が届くのをいつも楽しみにしています。到着すると夢中で読んでしまうのでまた次の到着を心待ちにしています。
癒されます
★★★★★2024年01月12日 sk 主婦
母が昔から姉妹で読んでいたこの雑誌を、今プレゼントで購読しています。心安らぐ内容だけ、がありがたく癒されています。
定期購読で楽しみが増えました
★★★★★2024年01月10日 あっちゃん 専業主婦
去年から初めて定期購読を申し込みました。 コロナ禍で楽しみが減る中、日々の暮らしを大切にする中でこの雑誌を見かけて購入しました。発売日に本屋に行くことを忘れがちで、定期購読をして、届く日の楽しみも増えました。この雑誌のおかげで、一つずつ丁寧に生活を楽しめるようにもなりました。また継続したいです
温かな雑誌
★★★★★2024年01月06日 さとりん 会社員
雑誌を読むのが好きで、時々拝見しています。忙しい日々の中で、温かくホッとする、そして生活が潤るような内容が多く、今回定期購買をしてみようと思いました。生活を整えて、気持ちよく生活するのに欠かせない雑誌だと思います。
親子の愛読書
★★★★★2024年01月03日 コブレンツ 専門職
親子で随分と長く愛読しています。写真が美しいこともあって、時折、昔の記事を思い出しては読み直しています。日々の何気ない暮らしの瞬間を切り取ったよう記事が好きです。
癒される
★★★★★2023年12月21日 レモンヌ パート
毎号楽しみにしています。いわゆる丁寧な暮らしに関するヒントが沢山載っていて、読んでいるだけで豊かな気持ちになります。
レビューをさらに表示

暮しの手帖をFujisanスタッフが紹介します

「暮しの手帖」は、1948年9月に創刊された70年以上の歴史がある雑誌です。終戦からまだ数年しか経っていないころ、健康の基本となる「食」と家族を守る「住」をコンセプトに「美しい暮しの手帖」として始まりました。戦時中になかなか学校へ通えなかったたくさんの女性に向けて彼女たちが関心のあることを提供し、各々が「暮し」を大切にすることで平和な世界が築けると考えたのでしょう。そして手作りの家具や直線立ちの衣類などを紙面に載せることにより、彼女たちがわずかでも豊かで美しい生活を送ってほしいと願ったのだと思います。

高度成長期以降、多くの物が世の中にあふれると「暮しの手帖」では商品テストを行うようになります。それは何が本当に役に立つ商品なのかを読者に知らせ、メーカーにも良いものを作ってほしいという発想から実施したとのことです。消費者の立場で行われたそのテストは、たくさんの読者に評価されました。「暮しの手帖」の紙面には一切広告が掲載されておらず、そこからも暮しの手帖社のポリシーが感じられます。過去にはあるドラマのモチーフとして創業者がとりあげられ、大きな話題となりました。今後も「暮しの手帖」は、日々の「暮し」に役立つ雑誌として多くの人に読み継がれることでしょう。

暮しの手帖定期購読のプレゼント

花森安治の表紙ノート
対象購読プラン:1年
定期購読をお申し込みいただいた方には、「花森安治の表紙ノート」1冊をプレゼントいたします。
  • プレゼントの種類が複数ある商品をご購入の際は、定期購読ページのプルダウンでご希望の種類をお選びの上、「買い物かごに入れる」を押してください。
  • プレゼントは品切れ等の理由により、代替品をお送りする場合がございます。あらかじめご了承ください。
  • プレゼントは、原則として、お申し込み後の変更は承りかねますので、ご注文の際は、ご注意ください。
  • 読者へのプレゼントに関しましては、雑誌とは別便でお送りする場合があります。
  • また、お届けまで、1ヶ月ほどお時間をいただく場合がございますので、ご了承ください。

暮しの手帖の所属カテゴリ一覧

この雑誌の読者はこちらの雑誌も買っています!

Fujisanとは?

日本最大級雑誌の定期購読サービスを提供

デジタル雑誌をご利用なら

最新号〜バックナンバーまで7000冊以上の雑誌
(電子書籍)が無料で読み放題!
タダ読みサービスを楽しもう!

総合案内
マイページ
マイライブラリ
アフィリエイト
採用情報
プレスリリース
お問い合わせ
©︎2002 FUJISAN MAGAZINE SERVICE CO., Ltd.