I LOVE MAGAZINES!キャンペーン |500誌以上の雑誌が最大50%OFF!

定期購読なら買い逃しなく、毎号お手元にお届けいたします。

定期購読の特典

定期購読のお申込み・予約

STEP1 雑誌の形式を選択

今すぐ使える500円割引
初購入500円割引
Fujisan.co.jpでご購入が初めての方は、5000円以上のご注文で500円割引となります。ご注文確認画面のギフト券入力欄に自動的に適用されます。
レビュー投稿500円割引 or 10%割引
好きな雑誌のレビューを投稿すると、5000円以上のご注文にご利用可能な500円割引ギフト券と、5000円以下の定期購読にご利用可な10%割引ギフト券が、投稿後メールですぐに届きます。
  • 月額払いの商品ではご利用いただけません。
  • どちらかひとつのギフト券が 今すぐご利用可能です♪
週刊新潮のレビューを投稿する

週刊新潮の内容

文芸出版社から発行される総合週刊誌
「週刊新潮」は1956年(昭和31年)2月に、出版社が出す初めての週刊誌として創刊されました。50年という長い時を経ても、「週刊新潮」の編集方針は、創刊当時から全くと言って良いほど変わっていません。何より、文芸出版社から発行される週刊誌として、常に「人間という存在」を強く意識した記事作りをしています。それはまさに「殺人事件を文学としてとらえる」ことでもあります。偽善を嫌い、人間の本質に切り込む姿勢は、時に「世の中を斜めからシニカルに見ている」と評されることもあります。また、皇室、学界、右翼、左翼、宗教団体、暴力団、日教組、動労……時代により、その対象は変わりますが、あらゆる“タブー”に挑む姿勢も一貫しています。最近では、「加害者の方が、被害者より手厚く保護されている」という少年犯罪の不可解な“タブー”を問題にし、少年法が改正されるに至っています。世の中が左に振れても右に振れても、「週刊新潮」は常に変わらぬ主張を堅持し、その一貫した姿勢が読者に支持されてきました。今後もマスコミ界の「剣鬼」として、「魔剣や凶刃」に磨きをかけていきたいと思っています。

週刊新潮の商品情報

商品名
週刊新潮
出版社
新潮社
発行間隔
週刊
発売日
毎週木曜日

「デジタル版の取扱い開始のお知らせ」を希望の方はこちら

「週刊新潮」デジタル版定期購読・月額払い購読が取扱いされた時にお客様にお知らせいたします。ご希望の場合はメールアドレスをご登録ください。メールにてご案内いたします。ご登録は無料です!
以下のプライバシーポリシーに同意の上、登録して下さい。

週刊新潮 2024年5/23号 (発売日2024年05月16日) の目次

超円安で「海外旅行は高嶺の花」の折も折
「岸田総理」「13閣僚」 GW外遊の税金ムダ遣い
「紳士たれ」なら納税義務を 戦いの場は「キャバクラ」!?
巨人「坂本勇人」の「1億円申告漏れ」
▼「遊興費年間2000万円」で国税に抵抗
▼「キャバ嬢噛みつき」「暴言」「中絶」トラブル史
▼スター選手の礎を築いた実兄も疑念を……
「山崎製パン」の絶望工場
[続]農業を始めた元プロ野球選手たち
日照りと戦う“七転び八起き”物語
ノンフィクション・ライター 西所正道
「頭痛」「肩こり」「疲労」「アトピー」から「腎臓病」まで
知られざる「万病の元」とは!? 「慢性上咽頭炎」に効く「鼻うがい」
堀田修クリニック院長・腎臓内科医 堀田 修
【ワイド】さよならの向う側
▼「娘の内縁夫」は死刑か「報酬250万」実行役は? 「那須焼損殺人事件」6人の量刑
▼「本田真凜」追いかけ引退 「宇野昌磨」のタレント力
▼芸能プロ倒産急増 「氷川きよし」独立で名門「長良プロ」の行く末
▼「寺山修司」に殴り込み「小林薫」宅には包丁で…… 「唐十郎」武闘派伝説
▼「杉咲花」「生見愛瑠」「中村アン」も 「記憶喪失キャラ」乱立のワケ
【テンポ】
▼三木元首相の大豪邸が買い取られて
▼筒香が“計算ずく”大旋風で
▼上岡龍太郎は引退後どうしていた?
モンゴル人の物語
百田尚樹
新宿タワマン刺殺
「シャンパンガール」泡と消えた夢の裏に凄絶半生
■■■ 好評連載コラム ■■■
櫻井よしこ/五木寛之/高山正之/横尾忠則/佐藤 優/坂上 忍/古市憲寿
私の週間食卓日記/吉田 潮/中川淳一郎/里見清一/小林信也/燃え殻
田中優介/池谷裕二/澤田瞳子/渡辺 明・吉原由香里/片山杜秀/タブレット純
吹浦忠正/宮川サトシ
※「だんだん蜜味」は都合により休載いたします。
■■■ 小 説 ■■■
三島屋変調百物語十之続 猫の刻参り/宮部みゆき
逃亡者は北へ向かう/柚月裕子
元NHK岩田明子の貴方にスポットライト 小倉智昭 タレント
■■■ グラビア ■■■
・記念日の晩餐 ・優越感具現化カタログ ・新潮グルメ直送便
▼掲示板 ▼文殊のストレッチ ▼結婚 ▼墓碑銘
▼黒い報告書/深笛義也
▼Bookwormの読書万巻/黒江哲郎
▼新々句歌歳時記(嵐山光三郎・俵 万智)
▼スクリーン ▼テレビジョン ▼ガイド

週刊新潮の目次配信サービス

週刊新潮最新号の情報がメルマガで届く♪ メールアドレスを入力して登録(解除)ボタンを押してください。

※登録は無料です
※登録・解除は、各雑誌の商品ページからお願いします。/~\Fujisan.co.jpで既に定期購読をなさっているお客様は、マイページからも登録・解除及び宛先メールアドレスの変更手続きが可能です。
以下のプライバシーポリシーに同意の上、登録して下さい。

週刊新潮のレビュー

  • 総合評価: ★★★★☆ 4.35
  • 全てのレビュー: 141件
長年定期購読しています
★★★★★2023年12月24日 みあ 会社員
お店でお客様用に長年定期購読しています。男性女性問わず、来店時に必ず読みたいという方もいらっしゃいます。
80台後半の母が毎週楽しみにしています。
★★★★★2023年11月16日 TARO 会社員
もう年なりにボケも始まって、新聞やテレビまでも見なくなった母ですが若いときから読んでいる週刊新潮(とラジオ深夜便)だけは楽しみに読んでいます。数少なくなった娯楽なので大切な一品です。
父の愛読本
★★★★★2023年09月04日 TY 主婦
90歳を超えた父が愛読しており、介護施設にて定期購読。毎回、気に入った記事を丹念に読み込んでおります。とても楽しみにしています。
必読の週刊誌
★★★★★2023年08月09日 kenzo パート
週刊新潮は幅広いテーマで深い洞察、鋭い分析を提供。時事問題からエンターテインメントまで、満足度高い。
週刊新潮
★★★★★2023年08月03日 らりらい 専業主婦
親が介護施設に入所中。そこに定期購買しています。毎号届くのが楽しみのようです。
わかりやすい
★★★★★2023年08月03日 みちこ 経営者
政治・芸能・役に立つ事などが詳しく書かれていてテレビより信頼出来る内容です
ずっと読んでいます
★★★★★2023年04月13日 kiyo 会社員
50年ほどずっと愛読しています。亡き夫が週刊新潮が好きだったので私も一緒にずっと読んでいます。
老人ホームへ
★★★★★2023年02月02日 TM 無職
老人ホームに入居中の母に直接送付しています。買い忘れることがなく便利です。
割引
★★★☆☆2023年01月09日 おいなりさま 社長
毎号コンビニで購入していたが定期購読を初めて知ったので試してみたい。
週刊新潮
★★★★★2022年12月23日 ryusala123 無職
毎号大変興味深い内容で満足しております。今後も期待しております。
レビューをさらに表示

週刊新潮をFujisanスタッフが紹介します

週刊新潮は、文芸出版社から発行されている総合週刊誌です。本の内容は、人間という存在を強く意識された記事作りが特徴となっています。具体的には殺人事件などの詳細を掲載した場合でも、殺人事件を文学的な目線で捉えた内容など人間の本質をに切り込む内容が読む人を魅了します。特集には、様々な事件や政治問題、など様々なジャンルを掲載しています。また、コラムや小説なども大変人気です。また、皇室や学界、右翼や宗教団体など時代によりとの対象は異なりますが、タブーに挑む姿勢が読む人の心を掴んでいます。しかし、タブーに触れていても過激な内容などを極力さけ、常に文学的な目線と記事内容なため、大変読みやすい事も特徴の1つです。

この週刊新潮の主張や独自の目線などは発刊当時から変わらず。一貫した姿勢が読者からの支持を集める理由にもなっています。殺人事件などを取り上げた記事では被害者側の目線で書かれたものや、加害者目線で書かれた内容のものが様々な人の注目を浴びました。批判的な講義などが殺到する中でも、一貫としてそのスタイルを曲げない週刊新潮の文学的な目線が他にはない魅力や特徴となっています。この様に発刊当時から変わらないスタイルが多くの読者から支持を得ている理由です。

週刊新潮の所属カテゴリ一覧

この雑誌の読者はこちらの雑誌も買っています!

Fujisanとは?

日本最大級雑誌の定期購読サービスを提供

デジタル雑誌をご利用なら

最新号〜バックナンバーまで7000冊以上の雑誌
(電子書籍)が無料で読み放題!
タダ読みサービスを楽しもう!

総合案内
マイページ
マイライブラリ
アフィリエイト
採用情報
プレスリリース
お問い合わせ
©︎2002 FUJISAN MAGAZINE SERVICE CO., Ltd.