手術 発売日・バックナンバー

全48件中 1 〜 15 件を表示
8,800円
特集 必携 消化器・一般外科医のための外科解剖アトラス

I.食道・胃

1)食道癌頸部リンパ節郭清に必要な局所解剖
武野 慎祐

2)縦隔鏡による縦隔リンパ節郭清に必要な局所解剖
森 和彦

3)ロボット支援胸腔鏡下食道切除術における縦隔リンパ節郭清に必要な局所解剖
坊岡 英祐

4)食道癌に対する機能温存手術に必要な局所解剖
竹内 優志

5)経裂孔アプローチによる食道胃接合部癌手術に必要な局所解剖
野間 和広

6)定型的胃癌リンパ節郭清に必要な局所解剖
古田土 高志

7)脾門部リンパ節郭清に必要な局所解剖
坂口 正純

8)胃癌に対する大動脈周囲リンパ節郭清に必要な局所解剖
早田 啓治

II.肝胆膵
1)低侵襲下実質温存解剖学的肝切除に必要な局所解剖
伊藤 望

2)右肝切除に必要な局所解剖
天野 怜

3)左肝切除に必要な局所解剖
戸島 剛男

4)Caudal viewの視野から見た新たな肝局所解剖
木下 正彦

5)肝授動操作に必要な肝周囲支持組織の局所解剖
右田 一成

6)腹腔鏡下胆嚢摘出術における局所解剖と最新医工学技術
田代 良彦

7)肝門部領域胆管癌手術に必要な局所解剖
夏目 誠治

8)膵頭十二指腸切除に必要な局所解剖
早崎 碧泉

9)脾温存膵体尾部切除に必要な局所解剖
外山 博近

10)後腹膜一括郭清を伴う膵体尾部切除に必要な局所解剖
田内 潤

III.大腸
1)虫垂切除に必要な局所解剖
高島 順平

2)右側結腸癌手術に必要な局所解剖
愛洲 尚哉

3)横行結腸〜下行結腸癌手術に必要な局所解剖
室野 浩司

4)S状結腸癌手術に必要な局所解剖
下山 雄也

5)大腸癌に対する大動脈周囲リンパ節郭清に必要な局所解剖
諏訪 雄亮

6)低位前方切除に必要な骨盤解剖
石原 慶

7)側方リンパ節郭清に必要な骨盤解剖
三代 雅明

8)経肛門的直腸間膜全切除(TaTME)に必要な骨盤解剖
安藤 幸滋

9)骨盤内臓全摘術のための骨盤解剖
木村 慶

IV.肛門疾患・直腸脱
1)痔核手術に必要な肛門部の局所解剖
松尾 恵五

2)痔瘻手術に必要な肛門部の局所解剖
酒井 悠

3)裂肛手術に必要な肛門部の局所解剖
栗原 浩幸

4)腹腔鏡下直腸固定術に必要な骨盤内解剖
栗原 聰元

V.鼠径部・腹壁瘢痕ヘルニア
1)Lichtenstein法に必要な鼠径部解剖-TAPP法に役立つ手術解剖とのつながりをふまえて
中川 基人

2)TAPP法に必要な鼠径部解剖
嶋田 元

3)TEP法に必要な鼠径部解剖
亀山 哲章

4)女性鼠径部ヘルニアにおける腹腔内からみた解剖の留意点と手術の実際
金平 文

5)大腿ヘルニア修復術に必要な鼠径部解剖
堀 孝吏

6)腹壁切開法による修復術に必要な腹壁解剖
諏訪 勝仁

7)腹腔鏡下IPOM/IPOM-plus法に必要な腹壁解剖
宮木 祐一郎

8)eTEP Rives-Stoppa、TARに必要な腹壁解剖
今村 清隆
3,190円
特集 急性腹膜炎の治療戦略と手術

I.総論
1)急性腹膜炎の診断と手術適応
山田 岳史

2)急性腹膜炎に対する抗菌薬の使い方
大毛 宏喜

II.原因疾患別の治療戦略
1)上部消化管穿孔(良性)による急性腹膜炎に対する手術
大木 亜津子

2)胃癌による穿孔性腹膜炎に対する手術
平尾 素宏

3)急性胆嚢炎による急性腹膜炎に対する手術
竹之内 晶

4)急性虫垂炎に合併した急性腹膜炎に対する手術
長尾 さやか

5)絞扼性腸閉塞に合併した急性腹膜炎に対する手術
小山 文一

6)下部消化管穿孔(良性)による急性腹膜炎に対する手術
松橋 延壽

7)大腸癌による穿孔性腹膜炎に対する手術
山本 聖一郎

8)虚血性腸炎による急性腹膜炎に対する手術
鈴木 修司

9)術後感染(主に下部消化管術後縫合不全、腹腔内膿瘍)による急性腹膜炎に対する治療戦略
中守 咲子

10)急性汎発性腹膜炎に対するdamage control surgery
松本 亮

■手術手技
食道胃接合部癌に対する縫合不全ゼロを目指したパラシュート法再建
樋口 格

困難症例(肥満症例、進行胃癌)に対する腹腔鏡下胃切除術におけるガーゼテーピング法
浜川 卓也

■手術症例報告
胃全摘後の難治性逆流性食道炎に関して腹腔鏡下Y脚再吻合を施行した1例
松下 直彦

腹腔鏡下に十二指腸前壁を開放し切除を行った十二指腸Brunner腺過誤腫の1例
加藤 貴光

辺縁動静脈を温存した脱出腸管切除術が有用であったストーマ脱出の1例
加洲 範明
3,190円
特集 外科医のための臨床研究入門

外科領域における臨床研究の考え方-なぜあなたは研究するのか?
本多 通孝

外科臨床研究を取り巻く研究倫理
上竹 勇三郎

外科臨床研究における研究デザイン
康永 生

新規技術開発に関する外科臨床研究
有田 淳一

外科における薬物治療に関する臨床研究
金光 幸秀

外科におけるトランスレーショナルリサーチ
胡 慶江

多施設共同で実施する外科臨床研究の進め方
小林 省吾

海外の先進施設における外科臨床研究の進め方
小林 光助

外科臨床研究に必要な医学統計
森田 智視

英語論文作成のコツと工夫
廣野 誠子

■手術手技
ロボット支援下噴門側胃切除:観音開き法再建の手技
中尾 英一郎

左腎筋膜前葉の筋膜剥離を先行させた噴門周囲・左胃動脈周囲郭清手技
藤原 尚志

ロボット直腸癌手術におけるポート設定と体位の工夫-Pfannenstiel切開と左手2本展開法で術中臓器損傷・鉗子干渉を回避する
清松 知充

主肝静脈に沿った腹腔鏡下解剖学的肝切除における3-step dorsal approach
二宮 瑞樹

直腸静脈瘤に対する外科手術の経験-Hybrid surgery with BATOについて
川中 博文

■手術症例報告
十二指腸下行脚膵臓側の術後再発GISTに対する臓器機能温存手術(再局所切除)の経験
西川 裕太

下大静脈腫瘍塞栓を伴う高度進行結腸癌に対し合同手術を施行した1例
三城 弥範
3,190円
総特集 外科医の働き方改革を考える

◆テーマ1:外科医として働く意義
1.外科医として働く意義
大木 隆生

2.女性外科医として働く意義
野村 幸世

3.外科医を取り巻く働き方改革の現状
河口 賀彦

4.若手外科医が感じる外科医のやりがい
深田 真宏

5.外科医は幸福なのか
坂本 恭子

◆テーマ2:働き方改革実現に向けた具体的な取り組み
1.チーム制-九州大学病院肝臓・脾臓・門脈・肝臓移植外科での取り組み
吉屋 匠平

2.インセンティブ・地方国立大学病院のサージャンズフィー支給制度
内田 徹郎

3.外科医の労働時間管理
岡村 亮輔

4.アプリ利用-教室におけるオンラインシステム・アプリを利用した働き方改革への取り組み
篠原 由加里

5.医師事務作業補助者を活用したpatient flow managementの確立
西澤 祐吏

6.特定行為研修修了看護師
1)医師の立場から
柴崎 晋

2)診療看護師(NP)の役割と展望
中原 未智

3)臨床工学技士スコープオペレーター業務導入の実際
工藤 道弘

◆テーマ3:医療の質を担保する働き方改革とは
1.地方都市の一般病院における働き方改革
村川 力彦

2.中核都市の一般病院における働き方改革
森 琢児

3.大学病院における働き方改革-診療の質を担保する働き方改革とは
黒田 慎太郎

4.北欧外科医の働き方と抱える課題
熊谷 厚志

◆テーマ4:外科医のリクルート・教育への影響
1.医師の少ない地域で自治体病院統合を行った中核病院の生き残りをかけた研修医・専攻医教育と働き方改革
宮地 正彦

2.大学病院におけるリクルートへの影響
島田 理子

3.一般病院における働き方改革に対応した手術教育
大下 彰彦

4.大学病院における働き方改革に対応した手術教育
八木 真太郎

◆テーマ5:育児に配慮した働き方改革とは
1.外科医師の産休取得・育休取得
竹原 裕子

2.育児への配慮
野原 京子

3.男性外科医の育児参加-男性育休の経験とアンケート調査から考える課題点
高木 泰介
総特集 血管外科疾患の治療と手術手技-消化器・一般外科医が知りたい他科の技と工夫

はじめに
保科 克行

I.大動脈瘤に対する手術
1)破裂性腹部大動脈瘤におけるICTを利用した医療連携の実践
内田 大貴

2)大動脈瘤に対するステントグラフト内挿術-われわれの定型的手技から応用まで
森景 則保

3)腎動脈を巻き込んだ腹部大動脈瘤に対する手術-遮断のアプローチ
前田 剛志

4)感染性腹部大動脈瘤のマネジメント
坂野 比呂志

5)外傷を含む胸部大動脈に対する治療アプローチ
西江 亮祐

II.下肢動脈バイパス術
1)Distal bypassのインパクト
小久保 拓

2)腸骨動脈から大腿膝窩動脈領域の治療-EVT firstの時代へ
松倉 満

3)膝下動脈血管内治療の実際およびその可能性と限界
山岡 輝年

III.腹部内臓動脈の治療
1)内臓動脈瘤の治療とその考え方
橋本 拓弥

2)非閉塞性腸管虚血(NOMI)を含めた腸管虚血に対する治療
根本 卓

IV.他科との連携手術
1)腫瘍・血管合併切除時の要点
鈴木 峻也

2)生体肝移植時の血管吻合に学ぶ
松原 健太郎

3)腎癌腫瘍栓との戦い
山本 洋平

V.その他
1)血管外科手技上達のためのトレーニング法
保科 克行

2)こんな希少な血管疾患を知っていますか
細川 恭佑

3)血管疾患に対するロボット支援手術の可能性を探る
高山 利夫

おわりに
石原 聡一郎
特集 内視鏡下消化管手術における手術デバイスの使い方-腹腔鏡・胸腔鏡手術からロボット支援手術まで

I.剥離・切離デバイスの適切な選択とその上手な使い方
1)胸腔鏡下食道癌手術-胸腔鏡下縦隔郭清を例に
山崎 誠

2)ロボット支援食道癌手術
川久保 博文

3)腹腔鏡下胃癌手術
松井 亮太

4)ロボット支援胃癌手術
木下 敬弘

5)腹腔鏡下大腸癌手術
川島 淳

6)ロボット支援大腸手術
秋月 恵美

II.再建デバイスの適切な選択とその上手な使い方
1)腹腔鏡下(用手補助下)胃管再建術
大塚 耕司

2)ロボット支援胃管再建術
石山 廣志朗

3)腹腔鏡下胃癌手術
稲木 紀幸

4)ロボット支援胃癌手術
小濵 和貴

5)腹腔鏡下大腸癌手術
江本 成伸

6)ロボット支援大腸癌手術
芥田 壮平

■手術症例報告
ICGを用いた術中ナビゲーションによりハイリスク患者に対して選択的リンパ節郭清を施行した1例
天田 塩

外科的切除を施行したKillian Jamieson憩室の1例
大石 一行

重症急性膵炎治療後感染性膵壊死に対して単孔式後腹膜鏡下ネクロセクトミーを施行した4例
菊池 聡

腹腔鏡下空腸癌手術の2例-腫瘍局在に基づく根治的リンパ節郭清と再建
上原 崇平

右胃大網動脈をグラフトとした冠動脈バイパス術後の腹壁瘢痕ヘルニア症例の検討
蛭川 浩史
特集 内視鏡下大腸手術における術中トラブル対応と開腹移行

腹腔鏡下虫垂切除術:術中トラブル対応と開腹移行
今泉 佑太

開腹手術を要する虫垂炎
山田 岳史

腹腔鏡下結腸右半切除術:術中トラブル対応と開腹移行
大木 悠輔

腹腔鏡下S状結腸切除術:術中トラブル対応と開腹移行
大塚 幸喜

開腹手術を選択すべき結腸癌症例と手技のポイント
高雄 美里

腹腔鏡下低位前方切除術:術中トラブル対応と開腹移行
山本 聖一郎

ロボット支援下低位前方切除術:術中トラブル対応と開腹移行
野口 竜剛

開腹手術を選択すべき直腸癌症例と手技のポイント
金光 幸秀

■手術手技
ロボット支援下噴門側胃切除術における再建法-食道残胃手縫い吻合(背枕法)の手技と利点
齋藤 正樹

挟み撃ち法による腹腔鏡下横行結腸切除術の定型化と有効性について
神田 修平
下部直腸腫瘍に対する肛門温存プルスルー変法
盛 真一郎

同部位でのストーマ再造設の工夫
吉松 和彦

下右肝静脈を温存した右肝静脈切離を伴う肝前区域+S7切除術
志智 俊介

■手術症例報告
術前3D-CTにより肺静脈亜型を有する食道癌に対して縦隔鏡下に気管分岐部郭清を安全に完遂した2例
井上 博之

腹腔鏡下噴門側胃切除における食道残胃吻合トラブルを腹腔鏡下に修復した1例
松下 大輔

外腸骨血管浸潤を伴う側方リンパ節転移の直腸NETに対して計画的に二期的な低侵襲手術を行った1例
渡邉 武大

腹腔動脈起始部狭窄を有する膵頭部領域癌に対して膵頭十二指腸切除を行った2例
竹内 琢朗
3,080円
特集 ラパコレを再考する-腹腔鏡下胆嚢摘出術をマスターするために

安全な腹腔鏡下胆嚢摘出術を目指して-問題となる破格と認識すべきランドマーク
大澤 高陽

急性胆嚢炎に対する胆嚢ドレナージ
平川 徳之

腹腔鏡下胆嚢摘出術における術中イメージング
江口 真平

はじめての腹腔鏡下胆嚢摘出術にあたっての留意点-指導者の立場から
黒木 保

定型的腹腔鏡下胆嚢摘出術-基本手技のコツと工夫
上野 義智

層を意識した緊急腹腔鏡下胆嚢摘出術
高橋 崇真

困難症例(difficult gallbladder)に対する腹腔鏡下胆嚢摘出術
砂川 宏樹

非定型的腹腔鏡下胆嚢摘出術-Bailout procedure
梅澤 昭子

Reduced port surgeryによる胆嚢摘出術
高木 剛

胆嚢癌疑診例に対する腹腔鏡手術と胆嚢癌と判明した場合の対応
後藤 邦仁

胆道損傷が発生した場合のリカバリーショット
高野 公徳

■手術手技
膵頭十二指腸切除術における逆Kocher授動を先行したmodified intestinal derotation法によるartery-first approach
渡邉 元己

わかりやすい幽門下リンパ節郭清手技(2デバイス法)
岡 伸一

■手術症例報告
先天性胆道拡張症術後の反復性出血および膵液瘻に対し緊急膵頭十二指腸切除術を施行した1例
黒滝 航希

術前シミュレーションで把握し得た特殊な門脈破格を有する肝腫瘍の1切除例
杉谷 純

内外腸骨動脈に広範に近接した進行S状結腸癌に対する右側臥位腹腔鏡下での腫瘍背側先行アプローチを施行した1例
森 彩
3,080円
特集 上部消化管良性疾患に対する低侵襲治療戦略

食道憩室に対する低侵襲治療
本山 悟

食道アカラシアに対する腹腔鏡手術の現況
菊池 寛利

食道アカラシアに対する経口内視鏡的筋層切開術のコツ
川久保 博文

食道粘膜下腫瘍の手術適応と手技
金森 浩平

胃食道逆流症(GERD)に対する最適な術式
増田 隆洋

薬剤抵抗性胃食道逆流症(PPI-refractory GERD)に対する内視鏡治療の最前線
井上 晴洋

特発性食道破裂のマネジメント-病態からみた手術と保存的治療の選択
千野 修

胃粘膜下腫瘍に対するLECS
寺山 仁祥

胃・十二指腸潰瘍穿孔に対する最適なアプローチ法
岡本 麻美

十二指腸粘膜下腫瘍に対するD-LECS
鷲尾 真理愛

■手術手技
胸腔鏡下食道切除における胸管損傷回避のための工夫
得丸 重夫

左半側臥位(Hybrid法)による胸腔鏡下食道切除術-臓器鞘を軸とした郭清
藤原 由規

腹腔鏡下結腸切除術における体腔内デルタ吻合-支持糸を用いる手技の定型化
中田 健

腹腔鏡下結腸切除術における体腔内吻合時のPfannenstiel法による小開腹
宮城 良浩

■手術症例報告
膵上縁血管破格を伴った腹腔鏡下胃切除術の2例
伊藤 駿一郎

門脈合併切除を伴う膵頭十二指腸切除術後の難治性挙上空腸静脈瘤出血に対してRexシャントとステント留置が奏効した1例
福家 拓郎
5,060円
増大号特集 必携 ロボット支援下消化器外科手術-基本手技とトラブルシューティング

I.総論
手術支援ロボットを使いこなす技術
中内 雅也

II.上部消化管領域
1)ロボット支援下食道切除術
川久保 博文

2)ロボット支援下食道癌手術のトラブルシューティング
大塚 耕司

3)ロボット支援下噴門側胃切除術
杉田 裕

4)ロボット支援下胃全摘術
木下 敬弘

5)OICI式ロボット支援下幽門側胃切除術(Duet surgery)
大森 健

6)ロボット支援下胃癌手術のトラブルシューティング
鈴木 和光

III.下部消化管領域
1)ロボット支援下結腸癌手術の基本手技
渡邉 純

2)ロボット支援下結腸癌手術のトラブルシューティング
松田 宙

3)ロボット支援下低位前方切除術の基本手技
室野 浩司

4)ロボット支援下側方リンパ節郭清術の基本
前田 周良

5)ロボット支援下骨盤内臓全摘術
大和 美寿々

6)ロボット支援下直腸癌手術のトラブルシューティング
関 健太

IV.肝胆膵領域
1)ロボット支援下肝切除術における基本手技とトラブルシューティング
加藤 悠太郎

2)ロボット支援下先天性胆道拡張症手術
高木 弘誠

3)ロボット支援下膵頭十二指腸切除術
仲田 興平

4)低〜中悪性度腫瘍に対する微細解剖に沿ったロボット支援下膵体尾部切除術の手術手技
森本 守

5)膵癌に対するロボット支援下膵体尾部切除術
三瀬 祥弘

6)ロボット支援下膵切除術のトラブルシューティング
刑部 弘哲

■手術手技
噴門側胃切除後の食道残胃吻合-粘膜下層フラップを付加したToupet再建
江原 一尚

ロボット支援下側方リンパ節郭清時の出血に対する止血の工夫
諸橋 一

Real time virtual sonographyを用いた肝切除ナビゲーション
宮田 明典

オーダーメイド腹腔鏡下肝亜区域切除-Glisson分岐形態に応じた至適アプローチの選択
五十嵐 一晴

■手術症例報告
鼠径管を経由し壊死性筋膜炎に至ったS状結腸憩室穿通の1例
稲村 幸雄

出血性ショックをきたした巨大破裂肝嚢胞の1救命例
丸川 大輝
3,080円
特集 どう見える?どう扱う?ランドマークを意識した肝膵内視鏡外科手術

腹腔鏡下肝切除の肝門部操作におけるGlissonの取扱い-個別処理と一括処理
武田 裕

腹腔鏡下肝実質切離における切離線の描き方-demarcation lineとintersegmental / sectional plane
板野 理

腹腔鏡下肝切除の授動操作をどうするか
永山 稔

腹腔鏡下肝切除における肝静脈の取扱い
佐藤 博紀

腹腔鏡下/ロボット支援下肝切除における下大静脈の取扱い
高 済峯

腹腔鏡下肝切除における尾状葉の取扱い
吉田 直樹

腹腔鏡下/ロボット支援下膵体尾部切除における脾動脈の取扱い
木口 剛造

ロボット支援下膵頭十二指腸切除における上腸間膜動静脈の取扱い
井上 陽介

■手術手技
Cranio-dorsal approachを用いた腹腔鏡下肝外側区域切除術
川崎 洋太

咽頭喉頭食道全摘後の層々吻合胃管を用いた再建法
加藤 文彦

胸腔鏡下胸腔内食道胃管吻合-手縫い巾着縫合とDouble Ligation法によるアンビル留置とサーキュラーステープラー吻合
高橋 崇真

腹腔鏡下直腸低位前方切除術における多関節電気メスの有用性
井出 義人

腸管粘膜反転が困難な場合の対処法-煙突状ストーマ造設術の有用性について
村田 悠記

痔核に対するPartial Stapled Hemorrhoidectomy(PSH)
高野 正太

■手術症例報告
右側大動脈弓を伴う胸部中部食道癌に対して左胸腔鏡下食道亜全摘術を施行した1例
鈴木 武文

経験症例から考える経縦隔アプローチでの肺静脈損傷の危険性について
利野 靖
8,800円
特集 イラストで見る消化器癌手術アトラス

I.外科解剖
1.食道癌手術に必要な食道周囲の密性結合織の知識
東海林 裕

2.発生学に基づく幽門下リンパ節郭清に必要な局所解剖
中尾 英一郎

3.横行結腸癌手術に必要な局所解剖
室野 浩司

4.自律神経と直腸周囲の膜構造、肛門直腸移行部の局所解剖
森 貴志

5.骨盤内臓全摘術に必要な骨盤解剖
富永 哲郎

6.腹腔鏡下肝切除術における肝外Glisson一括確保に必要な局所解剖
大目 祐介

7.肝門部領域胆管癌に対する左3区域切除術に必要な外科解剖
藪下 泰宏

8.膵頭十二指腸切除術における膵外神経叢郭清に必要な局所解剖
小林 光助

9.腹腔鏡下/ロボット支援下膵切除術に必要な外科解剖
水井 崇浩

II.食道・胃
1.胸腔鏡下食道癌手術における腹臥位アプローチ
石山 廣志朗

2.胸腔鏡下食道癌手術におけるHybrid体位アプローチ
竹内 優志

3.胸腔鏡下食道癌手術における側臥位アプローチ
大塚 耕司

4.縦隔鏡を用いた食道亜全摘術
藤原 斉

5.ロボット支援下食道切除術における標準化と手技の工夫
野間 和広

6.食道胃接合部癌に対する至適リンパ節郭清
黒川 幸典

7.腹腔鏡下噴門側胃切除術における観音開き法再建
西江 尚貴

8.腹腔鏡下胃全摘術における体腔内吻合
佐川 弘之

9.上部進行胃癌に対する脾門部リンパ節郭清
木下 敬弘

10.進行胃癌に対する大動脈周囲リンパ節郭清
阿部 恭

III.大腸
1.右側結腸癌に対する腹腔鏡手術
山口 茂樹

2.横行結腸癌に対する腹腔鏡手術
諏訪 雄亮

3.脾彎曲部結腸癌に対する腹腔鏡手術
大木 悠輔

4.ロボット支援下結腸右半切除術
平田 真太郎

5.ロボット支援下低位前方切除術
三浦 亮

6.直腸癌に対する腹腔鏡下側方リンパ節郭清
福長 洋介

7.直腸癌に対するロボット支援下側方リンパ節郭清
塩見 明生

8.直腸癌に対する経肛門的/経会陰的側方リンパ節郭清
梶谷 竜路

9.他臓器浸潤を伴う直腸癌に対するロボット支援手術
坂井 義博

10.局所進行直腸癌に対する腹腔鏡下骨盤内臓全摘術
安井 昌義

IV.肝胆膵
1.ICG蛍光イメージングを用いた肝切除ナビゲーション
木下 正彦

2.腹腔鏡下肝亜区域切除術
板野 理

3.ロボット支援下肝切除術
加藤 悠太郎

4.肝静脈再建を伴う肝切除
渡邉 元己

5.悪性腫瘍に対する生体肝移植術
伊藤 孝司

6.局所進行肝門部領域胆管癌に対する肝左3区域・尾状葉切除+肝動脈・門脈切除再建
細川 勇

7.胆嚢癌に対する手術-早期胆嚢癌から進行胆嚢癌まで
日下 彬子

8.広範囲胆管癌に対する肝膵同時切除術
尾上 俊介

9.門脈合併切除、脾静脈再建を伴う膵頭十二指腸切除術
武田 良祝

10.腹腔鏡下膵体尾部切除術
中村 聡

11.腹腔動脈合併切除を伴う尾側膵切除術
平野 聡

12.ロボット支援下膵頭十二指腸切除術
三塚 裕介
3,080円
特集 閉塞性大腸癌の治療戦略と手術

1.閉塞性大腸癌治療の歴史的変遷と現状、今後の展望
斉田 芳久

2.閉塞性大腸癌に対する術前化学療法
中川 和也

3.閉塞性大腸癌に対するbridge to surgery
1)大腸ステントの立場から
松田 明久

2)経肛門イレウス管の立場から
池嶋 遼

4.大腸ステント留置後の全大腸内視鏡検査の有用性
清水口 涼子

5.閉塞性大腸癌に対する根治切除
1)一期的手術の立場から
的場 周一郎

2)二期的手術の立場から
橋口 陽二郎

6.大腸癌穿孔をきたした閉塞性大腸癌症例に対する手術
今泉 佑太

7.根治切除不能な閉塞性大腸癌に対する緩和手術
亀井 佑太郎

■手術手技
ロボット支援下幽門側胃切除術におけるSureFormを用いた新三角吻合の手技の工夫と安全性について
大友 真由子

骨盤臓器脱を合併した直腸脱に対するLaparoscopic Sacrocolpopexy with Ventral Rectopexyの手術手技
加藤 健宏

■手術症例報告
食道ステント留置後の食道癌に対し、安全に胸腔鏡下食道切除術を施行し得た1例
丸山 大貴

胸部ステントグラフト内挿術後の大動脈食道瘻に対して分割手術で救命し得た1例
高橋 優太

巨大な骨盤内神経鞘腫を腹腔鏡下で切除し得た1例
井上 達也

TaTMEの効果的な応用により肛門温存できた肛門近傍巨大直腸GISTの1例
岩井 周作

上腸間膜静脈閉塞を伴う切除不能膵癌に対するconversion surgeryにtemporary portocaval shuntを用いた1例
千代田 武大
3,080円
特集 肥満症・糖尿病患者に対する減量・代謝改善手術

減量・代謝改善手術の現状と展望
太田 正之

肥満症・糖尿病患者に対する内科治療
齋木 厚人

減量・代謝改善手術の導入要件と適応基準
宮崎 安弘

減量・代謝改善手術における周術期(栄養)管理と術後フォローアップ
稲嶺 進

減量・代謝改善手術に関わる治療チームの構成員とその役割
川崎 浩一郎

定型的腹腔鏡下スリーブ状胃切除術
佐々木 章

腹腔鏡下スリーブ状胃切除術のトラブルシューティング
関 洋介

腹腔鏡下スリーブ・バイパス術
北浜 誠一

スリーブ状胃切除術後のステープルラインリークに対する治療法
大城 崇司

内視鏡的胃内バルーン留置術の効果と問題点
前川 智

■手術手技
高度肥満患者に対する第1トロッカー挿入の工夫
遠藤 裕一

Preemptive retropancreatic approachを用いたロボット支援腹腔鏡下噴門側胃切除術における脾動脈幹近位リンパ節郭清手技
海老原 裕磨

高度肥満を伴う急性胆嚢炎に対する腹腔鏡下胆嚢摘出術
林 圭吾

■手術症例報告
食道癌術後の食道胃吻合部縫合不全より発症した難治性皮膚瘻孔に対し2度の大胸筋弁被覆で治癒した1例
中川 将視

急性胆嚢炎による大腸の圧迫が原因で発症した閉塞性大腸炎の1例
庄司 太一

大腸憩室炎の腹腔鏡手術における蛍光尿管ナビゲーション
岡本 敦子

再発左鼠径ヘルニア・腹壁瘢痕ヘルニア合併症例において腹腔鏡下に同時修復を行った1例
深澤 美奈
3,080円
特集 胆管再建を見直す

胆管再建に必要な解剖知識
水井 崇浩

胆管・空腸吻合困難症例におけるコツと落とし穴(右側肝切除)
渡辺 伸元

胆管・空腸吻合困難症例におけるコツと落とし穴(左側肝切除)
山田 美保子

破格や高位胆管切離を伴う膵頭十二指腸切除における胆管空腸吻合
高屋敷 吏

ロボット支援下膵頭十二指腸切除における胆管空腸吻合
三瀬 祥弘

肝移植手術における胆管胆管吻合/胆管空腸吻合
副島 雄二

成人総胆管拡張症に対する胆管空腸吻合
芳賀 淳一郎

胆管再建後の合併症に対する対処-最新の超音波内視鏡下ドレナージ/吻合術
牛尾 真子

腹腔鏡下胆嚢摘出時に胆管損傷が疑われたときの対応
油座 築

胆管再建後の症例に対する肝切除の留意点
三浦 孝之

■手術手技
膵中央切除術:Central pancreatectomy with double pancreaticojejunostomy法(CP-DPJ法)
寺井 太一

新しい食道残胃吻合法手技:CRAFT
益澤 徹
ロボット支援下直腸切除術における低コストかつ安全な直腸間膜処理の工夫-直腸背側からのアプローチ
武居 晋
■手術症例報告
上腸間膜静脈浸潤を伴う腸間膜原発巨大solitary fibrous tumorの1例
石嶺 伝羽

転移性肝血管肉腫破裂による腹腔内出血に対して術前IVR・左肝切除術を行い救命した1例
今村 柾紀

胃穿破をきたした膵管内乳頭状粘液癌(IPMC)に対し、膵全摘・胃全摘術によりR0手術を施行し得た1例
志村 正博

腹腔鏡下Hartmann手術にて救命し得た劇症型アメーバ性大腸炎による大腸穿孔の1例
本吉 章嵩

おすすめの購読プラン

手術の内容

  • 出版社:金原出版
  • 発行間隔:月刊
  • 発売日:毎月20日
  • サイズ:B5判
消化器外科治療のうち,あえて「手術手技」に内容を絞った「手術上達誌」!
手術がうまくなりたいのなら必読の雑誌。食道・胃・肝胆膵・小腸・大腸・肛門などを守備範囲とする消化器外科医療のうち,「手術手技」に特化した編集方針です。売り物の「特集」は基礎から高難度まで,マニアックなほど深堀りした内容。すぐに臨床に役立つプラクティカルな論文も「手術手技」「手術症例報告」として掲載しております。年初から5号に分けて分載される手術の名手たちの講演録「手術手技研究会記事」も必読です!

手術の目次配信サービス

手術最新号の情報がメルマガで届く♪ メールアドレスを入力して登録(解除)ボタンを押してください。

※登録は無料です
※登録・解除は、各雑誌の商品ページからお願いします。/~\Fujisan.co.jpで既に定期購読をなさっているお客様は、マイページからも登録・解除及び宛先メールアドレスの変更手続きが可能です。
以下のプライバシーポリシーに同意の上、登録して下さい。

この雑誌の読者はこちらの雑誌も買っています!

手術の所属カテゴリ一覧

Fujisanとは?

日本最大級雑誌の定期購読サービスを提供

デジタル雑誌をご利用なら

最新号〜バックナンバーまで7000冊以上の雑誌
(電子書籍)が無料で読み放題!
タダ読みサービスを楽しもう!

総合案内
マイページ
マイライブラリ
アフィリエイト
採用情報
プレスリリース
お問い合わせ
©︎2002 FUJISAN MAGAZINE SERVICE CO., Ltd.