※定期購読のイメージ画像
  • 雑誌:StereoSound(ステレオサウンド)
  • 出版社:ステレオサウンド
  • 発行間隔:季刊
  • 発売日:3,6,9月2日、12月11日
  • サイズ:B5
  • 参考価格:[紙版]2,200円 [デジタル版]2,200円
※定期購読のイメージ画像
  • 雑誌:StereoSound(ステレオサウンド)
  • 出版社:ステレオサウンド
  • 発行間隔:季刊
  • 発売日:3,6,9月2日、12月11日
  • サイズ:B5
  • 参考価格:[紙版]2,200円 [デジタル版]2,200円
  • 雑誌
  • デジタル版

StereoSound(ステレオサウンド)

本格オーディオ・クォリティマガジン。バックナンバー・最新号も購入できます!
  • 雑誌
  • デジタル版

StereoSound(ステレオサウンド)

本格オーディオ・クォリティマガジン。バックナンバー・最新号も購入できます!

おすすめの定期購読

定期購読のお申込み・予約

初購入500円割引
Fujisan.co.jpでご購入が初めての方は、5000円以上のご注文で500円割引となります。ご注文確認画面のギフト券入力欄に自動的に適用されます。
レビュー投稿500円割引 or 10%割引
好きな雑誌のレビューを投稿すると、5000円以上のご注文にご利用可能な500円割引ギフト券と、5000円以下の定期購読にご利用可な10%割引ギフト券が、投稿後メールですぐに届きます。
  • 月額払いの商品ではご利用いただけません。
  • どちらかひとつのギフト券が 今すぐご利用可能です♪
StereoSound(ステレオサウンド)のレビューを投稿する

STEP1 雑誌の形式

StereoSound(ステレオサウンド) 雑誌の内容

  • 出版社:ステレオサウンド
  • 発行間隔:季刊
  • 発売日:3,6,9月2日、12月11日
  • サイズ:B5
  • 参考価格:[紙版]2,200円 [デジタル版]2,200円
最高の再生音楽を求める人々のための本格オーディオマガジン。最新製品の本格試聴記事や、組み合わせテストリポートなど、音と音楽を愉しむための情報満載。
季刊『Stereo Sound』は世界随一の本格的なオーディオマガジン。日本で初めてのオーディオ専門誌として昭和41年創刊。以来、「素晴らしい音楽を理想の音で奏でたい、演奏家の魂が聴こえるオーディオ製品を世に広く知らせたいという思いのもと出版を続けている。奏者の息吹を感じ取り、そして、自らそれを求めて努力し続ける人たちへのメッセージ集である。意の尽くされた製品を持つことの喜び、自分の理想とする音を求め、聴くことの喜びを伝道していくオーディオのトップマガジンである。

StereoSound(ステレオサウンド)の無料サンプル

No.184(秋号) (2012年09月02日発売)
No.184(秋号) (2012年09月02日発売)をまるごと1冊ご覧いただけます
サンプルを見る

StereoSound(ステレオサウンド) No.223 (発売日2022年06月02日) の目次

◉特集 創刊55周年記念特別企画
 オーディオの殿堂
 未来に語り継ぎたい
 オーディオコンポーネント105選

◉巻頭座談会 読者の熱い思いで選出された
 105のオーディオコンポーネント
 小野寺弘滋/三浦孝仁/柳沢功力/原田 勲(本誌編集主幹)

◉選出方法
◉未来に語り継ぎたいオーディオコンポーネント105選
◉評論家が選ぶオーディオの殿堂
◉読者が選ぶオーディオの殿堂
──────────────────────────────────
◉アキュフェーズ創立50周年に寄せて
 我が国初の本格的オーディオメーカーの誕生 柳沢功力
◉マークレビンソン創立50周年特別企画
 その足跡をたどり、現在の主力モデルを試聴する 三浦孝仁
◉引き継がれる「心と技」 ウエスギ・アンプの50年 黛 健司
◉マランツ Model 40nに搭載されたHDMI/ARC伝送の先進性 山之内 正
◉連載 レコード芸術を聴く悦楽 岡崎哲也
──────────────────────────────────
◉NEW BIG SOUND
 ●マジコ = M9 ─── 三浦孝仁
 ●ナグラ = Reference Anniversary Turntable ─── 小野寺弘滋
 ●dCS = Vivaldi APEX DAC ─── 三浦孝仁
 ●マッキントッシュ = MC3500 ─── 柳沢功力
──────────────────────────────────
連載 つくりては語る KEF ジャック・オクリーブラウン氏 聞き手・構成 山之内 正
連載 聴く鏡 菅原正二
連載 オーディオ存在論 千葉雅也
連載 日本エンジニア列伝 伊東俊郎氏 構成・伊藤隆剛/聞き手・編集部
連載 オーディオ・ショップ探訪 クロスオーディオ/マックスオーディオ小倉本店 山之内 正
──────────────────────────────────
◉夏の新着モデル徹底試聴 Exciting Components
 ●アラーレ = Remiga2 ─── 小野寺弘滋
 ●ディナウディオ = Confidence 60 ─── 黛 健司
 ●フィンク・チーム = Borg ─── 傅 信幸
 ●KEF = Blade One Meta/Reference 5 Meta ─── 山本浩司
 ●ゴールドムンド = Mimesis 37S Nextgen ─── 山之内 正
 ●ダン・ダゴスティーノ = Momentum M400MxV ─── 三浦孝仁
 ●エソテリック = Grandioso M1X ─── 傅 信幸
 ●アキュフェーズ = P7500 ─── 高津 修
 ●オーディオテクニカ = AT-ART20 ─── 小野寺弘滋
 ●HSEスイス = Referenceline 7 ─── 小野寺弘滋
424 SS HOT NEWS 小野寺弘滋
──────────────────────────────────
◉New Components Review 2022 SUMMER 話題の新製品を聴く
 小野寺弘滋/高津 修/傅 信幸/黛 健司/三浦孝仁/山之内 正/山本浩司
◉SOUND SCOPE 三浦孝仁
◉試聴ディスク一覧
──────────────────────────────────
◉連載 SS NEW MUSIC GUIDE & ESSAY for Audiophiles
 クラシック=東条碩夫/宮下 博 ポピュラー=小林慎一郎
──────────────────────────────────
連載 名盤深聴 高橋健太郎
連載 名曲が染みる 小林慎一郎
連載 名曲には理由(わけ)がある 舩木篤也
新譜紹介 ブダペスト弦楽四重奏団とオイストラフの歴史的名品がSACD化 宮下 博
新譜紹介 エソテリックがアバド、プレヴィン、ピリス、カラヤンの名盤4作品をSACD化 宮下 博

ステレオサウンドSACD紹介 ケルテスのほとばしる才能のしぶきと強壮な生命力 宮下 博
新譜紹介 オーディオファイル注目の新星 アルマ・ナイドゥー 三浦孝仁
シナトラ&ベイシーの『アット・ザ・サンズ』がLPレコードで復刻 菅原正二
速報 ダリ、ミュンヘン・ハイエンドで弩級スピーカーを発表 三浦孝仁

SS Information
連載 音楽の誘拐 許 光俊

追悼 諸石幸生先生 宮下 博

StereoSound(ステレオサウンド) No.212(2019-09-04発売) の特集を少しご紹介

いま、アナログが熱い
P.76~P.147
いま、アナログレコードは空前のブームを迎えている。CDなどのデジタル音源が音楽ソフトの主流となって久しいが、アナログレコードならではの魅力、アナログレコード再生機器ならではの魅力に取り憑かれてしまった音楽愛好家、中古レコード店に足しげく通い、エサ箱(レコードが入っている箱)を漁るヴァイナル・フリーク、昔聴き馴染んだレコードをもう一度聴くためにオーディオ機器を買い揃えるベテランオーディオファイルなど、アナログにハマる人は着実に増えている。 そこで本特集では、アナログブームのいま、あらためてアナログレコード再生ならではの魅力を深く掘り下げてみたい。
ハイレゾ音源の魅力を引き出すミドルクラス[タイプ別]スピーカー選び
P.169~P.192
近年、新素材や新技術の採用によりますます進化を遂げているスピーカーシステム。それはミドルクラスの製品でも例外ではない。本特集では3名のオーディオ評論家が試聴曲をハイレゾ音源に特化し、3カテゴリーに分類した計17機種の最新製品の魅力を検証した。各評論家がそれぞれ考えるハイレゾ音源の魅力を表現してくれる製品は、どの機種なのか。ミドルクラスのスピーカーシステム購入の参考にしていただきたい。P a r1小型スピーカー ハイレゾ音源特有の音のなめらかさ、空気感を最新小型スピーカーで楽しむ 特集「ハイレゾ音源の魅力を引き出すミドルクラス【タイプ別】スピーカー」の試聴取材を依頼され、わたしの担当は「小型スピーカー」なのが嬉しい。上質な小型スピーカーが好きだ。いろいろと小型スピーカーから教わった。小型スピーカーは低音が出ないけれど場所を取らないのがいい……という程度の認識では、小型スピーカーが可哀想である。
秋の新着モデル徹底試聴
EXCITING COMPONENTS
P.311~P.321
エステロンの最上級ラインからフォルツァが日本上陸。解像感に優れた精密な音の提示に魅せられる バルト三国の一角である北ヨーロッパのエストニア共和国。この地で2010年に始動したエステロンは、短期間で世界的に知られる存在となった。同社はスピーカー設計の経験が豊富というデザイナーのアルフレッド・ワシリコフ氏と2人の愛娘が主宰している。わが国では2017年に同社エントリークラスのYBが発売されてから注目を集めており、本年の独ハイエンドショウで初披露されたフラグシップ・シリーズに属するFORZA(フォルツァ)がラインナップに加わることになる。 フォルツァは約168センチという高身長の4ウェイ構成スピーカーシステムだ。搭載されている合計5基のドライバーは、アクトン(ACCUTON)のブランドで知られる独ティール&パートナー社製。すべてCELLコンセプトと呼ばれる最新鋭ドライバー群である。

StereoSound(ステレオサウンド) No.211(2019-06-04発売) の特集を少しご紹介

深化するSACD
P.115~P.187
 その日わたしは、丸ごと一棟にソニーが入っている東京・品川の高層ビルにあるリスニングルームを訪問していた。相手をしてくれていたオーディオ&ホームシアター関係の広報担当者がなにやら落ち着かない。どうしたのか?これから菅野沖彦先生がいらっしゃって出井伸之社長とSACD(スーパー・オーディオ・コンパクト・ディスク)について対談するのだそうだ。1999年、春の日のことだった。 対談は本誌131号(1999年夏号)に掲載された。CDを超えるスーパー規格のディスク誕生について、お二方は、「パッケージメディアを残そうとすると、スーパーレゾリューションでなければならない。(音の質を大事にした)SACDは、量に対するアンチテーゼだ」(出井)、「音楽は音を素材にした芸術、素材としての音をいい加減にしては、音楽を本当に理解することは出来ない」(菅野)と語っていらっしゃる。
夏の新着モデル徹底試聴
EXCITING COMPONENTS
P.301~P.322
励磁型ウーファーを搭載する最新作。腰の据わった堂々たる安定感   フォーカルのフラグシップ「グランド・ユートピアEM Evo」シリーズに弟分となるステラ・ユートピアEM Evoが登場した。弟分といってもペアで1千5百万円は安い価格ではないが、最高級のグランド・ユートピアEM Evoの2千7百万円に比べれば、少しは現実的な価格か。ただし、同様のEM(エレクトロ・マグネット/励磁型)仕様なので、魅力はいっそう大である。グランド・ユートピアとは異なる巨大過ぎないキャビネットサイズはセッティングの自由度も高く、ある意味、より魅力的なスピーカーシステムと言うことができるのではないだろうか。 ステラ・ユートピアEM Evoはグランド・ユートピアEM Evoに投入された技術を多く継承しているが、まずはドライバーユニットから。
New Components Review 2019 SUMMER 話題の新製品を聴く
P.323~P.362
モニターオーディオのゴールド・シリーズが4年ぶりのモデルチェンジ 浸透力の高い血の通った声を聴かせる  「プラチナム」に次ぐ英国モニターオーディオの高級ライン「ゴールド」シリーズが第5世代に生まれ変った。その最上級機となるゴールド300 ― 5Gをテストしたので、インプレッションをお伝えしたい。 本機は20センチ・ウーファーを2基搭載したフロアースタンディング型3ウェイ機だが、2016年に第2世代となったプラチナム・シリーズの技術とノウハウが数多く採用されている。前作でリボン・タイプが使われていたトゥイーターは、プラチナム2同様に同社独自開発のMPD(MicroPleated Diaphragm)に刷新された。これはハイルドライバーの一種で、超軽量素材のカプトンを折り畳み、蛇腹のように伸縮させて音波を放射する方式。

StereoSound(ステレオサウンド) No.210(2019-03-05発売) の特集を少しご紹介

いま鳴らしてみたい心惹かれるスピーカー
オーディオ評論家5人が厳選!
P.78~P.159
 特集1では昨年の本誌グランプリ選考委員を務められた5名のオーディオ評論家に、「ある条件」で、価格帯の異なる現行スピーカーシステムを2機種選んでもらい、それらを本誌試聴室で思う存分に鳴らしていただく。 「ある条件」とは、「本誌試聴室で最後に鳴らしてみたいスピーカーシステム」である。じつは、弊社の移転に伴い、この210号が東京・元麻布にある本誌試聴室を使うことができる最終号となった。そこで、最後にお好みのスピーカーシステムを、制約を設けずに、思う存分に鳴らしてもらうことにしたのである。もちろん、この試聴はオーディオ評論家の自己満足のために行なうのではない。それぞれのスピーカーシステムを、使い慣れた環境下で、どれほどいい音で鳴らすことができるのかを実際にトライし、それを読者諸兄にお伝えすることが、真の狙いである。 現在の本誌試聴室を初めて使ったのは1994年6月発売の111号。
達人が明かすHi-Res再生の実践テクニック
P.181~P.205
特集2ではハイレゾ創成期からデジタルファイル再生を10年あまり実践してこられた3名のオーディオ評論家が、これまでの取り組みを振り返りながらシステム構築の際に押えておくべきポイントを解説します。「ハイレゾ再生システム」「音源管理について」「フォルダー管理について」という共通テーマからはファイル再生における三者三様の姿勢が浮かび上がり、高品位なハイレゾ再生を見据えたネットワーク環境を構築する上で役立つ実践例が明らかにされています。 オーディオに特化したネットワークを構築し、ハイレゾの凄みを堪能する 10年以上前にリンのクライマックスDSでCDでは聴いたことのないような鮮度の高いハイレゾの音を体験 私が11年前にファイル再生を始めたのは「ハイレゾ」を聴くためではなかった。直接のきっかけは、増え続けるCDの物量と混沌に悩んでいたとき、発売されたばかりのリンのクライマックスDSに出会ったこと。
老舗ブランドの現在
P.273~P.289
 現在、オーディオブランドは世界にいくつ存在しているのだろうか。1000? 2000?あるいはそれ以上? その実数を知る人は、おそらく誰一人いないだろう。ただし、誰もがはっきりと分かっていることは、オーディオの長い歴史のなかで、数えきれないほどのオーディオブランドが生まれ、数えきれないほどのオーディオブランドが消えていったことである。 オーディオブランドを起ち上げることは決して容易なことではない。だが、それ以上に容易ではないのは、オーディオブランドを長く存続させ、発展させることなのだ。 この連載では「創業30年以上」を老舗オーディオブランドの目安と定め、躍進をつづけている、歴史あるオーディオブランドの現在を詳しくお伝えしていきたい。

+   StereoSound(ステレオサウンド)の目次配信サービス

StereoSound(ステレオサウンド)のレビュー
総合評価: ★★★★☆ 4.32
全てのレビュー:38件

レビュー投稿で500円割引!
オーディオ雑誌の王道かな
★★★★☆2022年05月16日 髭熊 無職
長年愛読しているが超高級オーディオ寄りの記事が多いことと技術解説がないことには多少不満がある。高級オーディオの情報誌としては楽しめる。
デジタル書籍にチェンジと試みました。
★★★★☆2021年09月08日 YK-DX 無職
端末機器の問題もあるが、読みにくい。続けて読む場合を除き、元のページや先のページに進む等、任意のページへの移動がしにくい。つまり、流し読みがしにくい。紙の媒体に戻ります。
飽きない
★★★★★2021年03月18日 仙 無職
季刊誌としてとても楽しみにしております。
いつも参考にしています。
★★★★★2020年12月08日 マツ 自営業
高くてとても買えない機器で評価を読んで夢が膨らむ。
デジタル書籍にチェンジ
★★★★☆2020年07月23日 YK-DX 無職
今まで、当該雑誌を印刷物で購入していましたが、当該雑誌のバックナンバーで本棚がほぼ一杯になってしまいました。処分したくない記事がありながら、背に腹は代えられず断捨離。デジタル書籍でどこまで満足できるかやってみたいと思い、切り替えてみます。1年後に、デジタル継続か?印刷物に戻るか?・・・。
最も信頼できるオーディオ誌
★★★★★2020年07月06日 Wotan 会社員
数十年前からずっと購読しています。各評論家の資質が高く、オーディオ雑誌の中では最も歴史があり信頼できます。自分ではなかなか購入することのできない超高級機の視聴レポートなど大変参考になります。広告も眺めているだけで面白いです。これからも末長く継続していただきたい書籍です。分厚く重量がある雑誌ですが、デジタル版ならどこにも持って行けて便利です。
高値の花
★★★★☆2020年04月12日 音マニ男 自営業
毎号楽しく拝読させて頂てます。購入するには高すぎる製品ばかりで年1度のインターナショナルオーディオショウで耳の肥しにする材料にさせていただいてます。 50歳で禁煙した金額を原資に20歳代に買えなかった夢を追いかけています。
本格オーディオの評論雑誌
★★★★★2020年03月17日 ぴん 会社員
毎号何人かのオーディオ評論家の先生が超高級機からお手頃な製品までいろいろな製品をレビューしていますが、誌面からは当然音は伝わってこないので自分と感性の近そうな人を見つけるといいと思います。
年末号がお勧めです
★★★★★2019年12月18日 アキュフェーズ 自営業
年末号はその年のベストバイの記事がとても参考になります。他のオーディオ誌と比較しても著名な評論家のレビューは信頼できます。最新号は特製CDが付録なので迷わず購入しました。
最も信頼の置けるオーディオ誌
★★★★★2019年07月09日 mimori 公務員
30年以上購読していますが,新製品情報だけでなく,基礎的なことも掲載されており,最も信頼の置けるオーディオ誌です。 高級機を新品で買うことはできませんが,かつて憧れていた器機を中古で購入して愛用しています。 本誌で名機と評価された機器は,何年経っても愛用できます。
レビューをさらに表示

StereoSound(ステレオサウンド)をFujisan.co.jpスタッフが紹介します

1966年に創刊されたStereoSound(ステレオサウンド)は、オーディオに興味のある方から評価されています。本格的な音楽を楽しみたい方にとって価値のある情報を、分かりやすく解説している雑誌です。StereoSound(ステレオサウンド)ではスピーカーなどに関する情報を、細かく紹介していて沢山の情報を得られます。アンプなどのパーツの情報も提供しているので、良い音を聞ける環境を作りたい時に参考になります。また、オーディオ機器を作っている会社へのインタビュー記事など、特別な情報も多く載っている雑誌です。

StereoSound(ステレオサウンド)ではコラムなども連載されていて、音楽やオーディオ機器に関する情報を得られます。最新のオーディオ機器を開発した時の裏話など、ここでしか読めない記事も多く人気があります。さらに、新しく販売された製品を実際に使ってみた感想など、購入時に参考になる情報を得られます。古くから日本のオーディオ機器の紹介をしてきたStereoSound(ステレオサウンド)は、信頼できる情報を提供している雑誌です。他に、オーディオに関するイベント記事も充実しているため、最新情報を得るためにも利用できます。日本で最初に作られたオーディオ専門雑誌のStereoSound(ステレオサウンド)は、音楽の専門家からも評価されています。

StereoSound(ステレオサウンド)のバックナンバー

◉特集 創刊55周年記念特別企画
 オーディオの殿堂
 未来に語り継ぎたい
 オーディオコンポーネント105選

◉巻頭座談会 読者の熱い思いで選出された
 105のオーディオコンポーネント
 小野寺弘滋/三浦孝仁/柳沢功力/原田 勲(本誌編集主幹)

◉選出方法
◉未来に語り継ぎたいオーディオコンポーネント105選
◉評論家が選ぶオーディオの殿堂
◉読者が選ぶオーディオの殿堂
──────────────────────────────────
◉アキュフェーズ創立50周年に寄せて
 我が国初の本格的オーディオメーカーの誕生 柳沢功力
◉マークレビンソン創立50周年特別企画
 その足跡をたどり、現在の主力モデルを試聴する 三浦孝仁
◉引き継がれる「心と技」 ウエスギ・アンプの50年 黛 健司
◉マランツ Model 40nに搭載されたHDMI/ARC伝送の先進性 山之内 正
◉連載 レコード芸術を聴く悦楽 岡崎哲也
──────────────────────────────────
◉NEW BIG SOUND
 ●マジコ = M9 ─── 三浦孝仁
 ●ナグラ = Reference Anniversary Turntable ─── 小野寺弘滋
 ●dCS = Vivaldi APEX DAC ─── 三浦孝仁
 ●マッキントッシュ = MC3500 ─── 柳沢功力
──────────────────────────────────
連載 つくりては語る KEF ジャック・オクリーブラウン氏 聞き手・構成 山之内 正
連載 聴く鏡 菅原正二
連載 オーディオ存在論 千葉雅也
連載 日本エンジニア列伝 伊東俊郎氏 構成・伊藤隆剛/聞き手・編集部
連載 オーディオ・ショップ探訪 クロスオーディオ/マックスオーディオ小倉本店 山之内 正
──────────────────────────────────
◉夏の新着モデル徹底試聴 Exciting Components
 ●アラーレ = Remiga2 ─── 小野寺弘滋
 ●ディナウディオ = Confidence 60 ─── 黛 健司
 ●フィンク・チーム = Borg ─── 傅 信幸
 ●KEF = Blade One Meta/Reference 5 Meta ─── 山本浩司
 ●ゴールドムンド = Mimesis 37S Nextgen ─── 山之内 正
 ●ダン・ダゴスティーノ = Momentum M400MxV ─── 三浦孝仁
 ●エソテリック = Grandioso M1X ─── 傅 信幸
 ●アキュフェーズ = P7500 ─── 高津 修
 ●オーディオテクニカ = AT-ART20 ─── 小野寺弘滋
 ●HSEスイス = Referenceline 7 ─── 小野寺弘滋
424 SS HOT NEWS 小野寺弘滋
──────────────────────────────────
◉New Components Review 2022 SUMMER 話題の新製品を聴く
 小野寺弘滋/高津 修/傅 信幸/黛 健司/三浦孝仁/山之内 正/山本浩司
◉SOUND SCOPE 三浦孝仁
◉試聴ディスク一覧
──────────────────────────────────
◉連載 SS NEW MUSIC GUIDE & ESSAY for Audiophiles
 クラシック=東条碩夫/宮下 博 ポピュラー=小林慎一郎
──────────────────────────────────
連載 名盤深聴 高橋健太郎
連載 名曲が染みる 小林慎一郎
連載 名曲には理由(わけ)がある 舩木篤也
新譜紹介 ブダペスト弦楽四重奏団とオイストラフの歴史的名品がSACD化 宮下 博
新譜紹介 エソテリックがアバド、プレヴィン、ピリス、カラヤンの名盤4作品をSACD化 宮下 博

ステレオサウンドSACD紹介 ケルテスのほとばしる才能のしぶきと強壮な生命力 宮下 博
新譜紹介 オーディオファイル注目の新星 アルマ・ナイドゥー 三浦孝仁
シナトラ&ベイシーの『アット・ザ・サンズ』がLPレコードで復刻 菅原正二
速報 ダリ、ミュンヘン・ハイエンドで弩級スピーカーを発表 三浦孝仁

SS Information
連載 音楽の誘拐 許 光俊

追悼 諸石幸生先生 宮下 博
◉特集  現代最先端スピーカーB&W 801D4大研究
 Part 1 徹底討論「B&W 801D4が到達した精確さの極限」
  小野寺弘滋/櫻井 卓/三浦孝仁/和田博巳
 Part 2 鳴らしこみテストで探るB&W 801D4の実力
  小野寺弘滋/三浦孝仁/和田博巳
 Part 3 開発担当者に訊く 山之内 正
  B&W 800D4シリーズのコア・テクノロジー
──────────────────────────────────
◉読者投票受付開始
 創刊55周年記念企画「オーディオの殿堂」
 未来へ語り継ぎたいオーディオ・コンポーネント100選

 さあ、オーディオの殿堂を創ろう!! 柳沢功力

 投票方法/プレゼント一 
 投票ノミネートリスト ─── 300機種
──────────────────────────────────
◉連載 レコード 術を聴く悦楽 岡崎哲也
◉『KW50 フィンガー・プリンツ 渡辺香津美の世界』を聴く
 ゲスト 渡辺香津美(ギタリスト)/鈴木浩二(レコーディング マスタリングエンジニア) 進行 小原由夫
──────────────────────────────────
◉JBL Project Everest DD67000 ×  リン EXAKT
 EXAKTマルチアンプドライブの衝撃 小野寺弘滋
◉ヴァルテレ MG1 PKG導入記 和田博巳
◉スフォルツァート DST-Lepus導入記 山本浩司
──────────────────────────────────
◉短期集中連載 最終回 傅信幸と土方久明のファイル再生ワークショップ
◉連載 つくりては語る
 ディナウディオ イェンス・ルンガ氏── 聞き手・構成   健司
 エソテリック 加 徹也氏 新妻知幸氏── 聞き手・構成 山之内 正
──────────────────────────────────
◉連載 聴く鏡 菅原正二
◉連載 オーディオ存在論 千葉雅也
──────────────────────────────────
◉連載 続・ニアフィールドリスニングの快楽 和田博巳
◉連載 日本エンジニア列伝 中村辰也氏 構成 伊藤隆剛/聞き手 編集部
◉連載 オーディオ・ショップ探訪 チャレンジャー音響/のだや郡山本店 山之内 正
──────────────────────────────────
◉春の新着モデル徹底試聴 Exciting Components
 ●エステロン = XB Diamond MkⅡ ─── 三浦孝仁
 ●CHプレシジョン = D1.5 ─── 小野寺弘滋
──────────────────────────────────
◉New Components Review 2022 SPRING 話題の新 品を聴く
 小野寺弘滋/高津 修/黛 健司/三浦孝仁/山之内 正/山本浩司/和田博巳
◉SOUND SCOPE 和田博巳
◉試聴ディスク一覧
◉SS Information
◉ステレオサウンドグランプリ・ゴールデンサウンド賞受賞によせて
 株式会社ディーアンドエムホールディングス 岡田一馬氏
◉SS HOT NEWS
──────────────────────────────────
◉連載 SS NEW MUSIC GUIDE & ESSAY for Audiophiles
 クラシック=東条碩夫/宮下 博/諸石幸生
 ポピュラー=小林慎一郎/和田博巳
──────────────────────────────────
◉連載 名盤深聴 高橋健太郎
◉連載 名曲が染みる 小林慎一郎
◉連載 名曲には理由(わけ)がある 舩木篤也
◉内田光子とラトル、ベルリン・フィルのベートーヴェン・ピアノ協奏曲 許 光俊
◉エソテリック・マスタリング・センター 設、第1弾SACDが登場 宮下 博
◉新譜紹介 イタリアのレーベルFonèのLPが続々リリース 宮下 博
◉新譜紹介 オーディオ名盤コレクション《クラシック》第4期
◉連載 音楽の誘拐 許 光俊
◉60年目の奇跡 アート・ブレイキー、幻の日本初公演時音源を発掘  原正二
◉決定! ステレオサウンドグランプリ
 STEREO SOUND GRAND PRIX 2021
 小野寺弘滋/傅 信幸/三浦孝仁/柳沢功力/和田博巳
 原田 勳(本誌編集主幹)/染谷 一(本誌編集長)
◉CRITICS’ APPLAUSE
──────────────────────────────────
◉告知 創刊55周年記念企画「 オーディオの殿堂」
──────────────────────────────────
◉特集 ジャンル別・価格帯別 '21 '22
 ベストバイ・コンポーネント563選
 小野寺弘滋/傅 信幸/黛 健司/三浦孝仁/柳沢功力/和田博巳
●スピーカーシステム ── 138 機種
●デジタルディスクプレーヤー ── 44 機種
●デジタルディスクトランスポート ─ 10 機種
● D/A コンバーター ── 31 機種
●デジタルファイルプレーヤー ── 17 機種
●プリアンプ ── 49 機種
●パワーアンプ ── 67 機種
●プリメインアンプ ── 45 機種
●アナログプレーヤー ── 25 機種
●フォノカートリッジ ── 41 機種
●フォノイコライザーアンプ ── 30 機種
●その他のコンポーネント ── 38 機種
●サウンドアクセサリー ── 28 機種
──────────────────────────────────
◉NEW BIG SOUND
 B&W=801D4/802D4 ──── 三浦孝仁
 B&W=803D4/804D4/805D4 ──── 黛 健司
 ブルメスター=159 ──── 小野寺弘滋
──────────────────────────────────
◉私、プリメインアンプの味方です
 トム・メッツガー社長、SA750をジャズ喫茶「ベイシー」に納品! 菅原正二
◉連載 レコード芸術を聴く悦楽 岡崎哲也
──────────────────────────────────
◉連載 つくりては語る
 ラックスマン 末吉達哉氏/児玉正博氏/古木邦彦氏/長妻雅一氏/田村通浩氏 ── 聞き手・構成 三浦孝仁
 テクニクス 井谷哲也氏/水俣直裕氏/北戸英理氏── 聞き手・構成 和田博巳
◉スイスの名門、ゴールドムンドの先進性 小野寺弘滋
◉2021東京インターナショナルオーディオショウリポート 宮下 博
◉スピーカー調整記 新たに発覚したリスニングルームの問題 黛 健司

連載 聴く鏡 菅原正二
連載 オーディオ存在論 千葉雅也
連載 続・ニアフィールドリスニングの快楽 和田博巳
連載 日本エンジニア列伝 浜田純伸氏 構成・伊藤隆剛/聞き手・編集部
連載 オーディオ・ショップ探訪 アトリエ Je-tee/ホーム商会 山之内 正
──────────────────────────────────
◉冬の新着モデル徹底試聴 Exciting Components
 ●パラダイム = Founder 120H ─── 小野寺弘滋
 ●アキュフェーズ = C2900 ─── 小野寺弘滋
 ●イプシロン = Phaethon ─── 柳沢功力
◉速報 CHプレシジョン = D1.5 ─── 三浦孝仁
──────────────────────────────────
◉New Components Review 2022 WINTER 話題の新製品を聴く
 小野寺弘滋/高津 修/傅 信幸/黛 健司/三浦孝仁/柳沢功力/山本浩司/和田博巳
◉SOUND SCOPE 山本浩司
◉SS HOT NEWS 三浦孝仁
◉試聴ディスク一覧
──────────────────────────────────
◉連載 SS NEW MUSIC GUIDE & ESSAY for Audiophiles
 クラシック=東条碩夫/宮下 博/諸石幸生
 ポピュラー=小林慎一郎/和田博巳
──────────────────────────────────
連載 名盤深聴 高橋健太郎
連載 名曲が染みる 小林慎一郎
連載 名曲には理由(わけ)がある 舩木篤也

◉エソテリックSACD名盤復刻シリーズ、今季は一挙4作品を発売 宮下 博
◉SS Information
◉SS Sound Accessory Information
◉LPレコード『クロスオーバー黄金時代 1977~1987 FUSION』制作中 小原由夫
◉連載 音楽の誘拐 許 光俊
◉第27回 日本プロ音楽録音賞 受賞作品決定
◉告知 創刊55周年記念企画「オーディオの殿堂」
──────────────────────────────────
◉巻頭エッセイ だからオーディオはやめられない
 小野寺弘滋/傅 信幸/三浦孝仁/柳沢功力/和田博巳
──────────────────────────────────
◉特集 最新モンスターパワーアンプが聴かせる超絶サウンド
 小野寺弘滋/櫻井 卓/三浦孝仁
──────────────────────────────────
◉SPECIAL PRODUCTS REVIEW
 アキュフェーズ=DP1000 + DC1000 ─── 柳沢功力
 ソウルノート=ZERO LINK ULTIMATE SYSTEM Z3+D3+X3 ─── 山之内 正
◉速報 B&W「800D4」シリーズ 三浦孝仁
──────────────────────────────────
◉連載 レコード芸術を聴く悦楽 岡崎哲也
──────────────────────────────────
◉季刊『ステレオサウンド』誌 創刊55周年記念企画
 1 音楽談義 小林秀雄×五味康祐 創刊第2号(1967年春号)より再録
 2 没後40年 オーディオの詩人「瀬川冬樹」が愛した名機たち 黛 健司
──────────────────────────────────
◉新連載 オーディオ存在論 千葉雅也
◉特別寄稿 新しいオーディオ生活、その後 片山恭一
──────────────────────────────────
◉短期集中連載 第2回 傅信幸と土方久明のファイル再生ワークショップ
◉デノン独自の最新D/A変換回路「Ultra AL32 Processing」とは?
 開発者・DENON 大塚 旬氏/飯原弘樹氏   聞き手・構成 黛 健司
◉A Long Vacation 40th Anniversary Edition/大滝詠一
 Side A シングルレイヤーSACD登場 小林慎一郎
 Side B 制作工程について内藤哲也氏に聞く 聞き手 柿崎景二/構成 伊藤隆剛
◉JBL75周年記念LPレコード『ICONIC SOUND ! 
 The JBL 75th Anniversary Jazz Vocal Collection』登場 黛 健司
◉注目の若手エンジニア 松下真也氏(Piccolo Audio Works)のこと    編集部
◉連載 聴く鏡 菅原正二
◉連載 続・ニアフィールドリスニングの快楽 和田博巳
◉連載 日本エンジニア列伝 梅津達男氏 構成 伊藤隆剛/聞き手 編集部
◉連載 オーディオ・ショップ探訪 サウンドピット/テレオン第2店 sound 110 山之内 正
──────────────────────────────────
◉秋の新着モデル徹底試聴 Exciting Components
 ●フィンク・チーム = KIM ─── 傅 信幸
 ●ビビッド・オーディオ = KAYA S12 ─── 小野寺弘滋
 ●ジェフ・ロゥランド = Capri SC ─── 傅 信幸
 ●マッキントッシュ = MA12000 ─── 黛 健司
 ●JBL = SA750 ─── 小野寺弘滋
 ●フェーズメーション = EA1200 ─── 和田博巳
 ●ラックスマン = M10X ─── 三浦孝仁
──────────────────────────────────
◉New Components Review 2021 AUTUMN 話題の新製品を聴く
 小野寺弘滋/高津 修/傅 信幸/黛 健司/三浦孝仁/柳沢功力/山之内 正/山本浩司/和田博巳
◉SOUND SCOPE 黛 健司
◉試聴ディスク一覧
◉SS HOT NEWS
──────────────────────────────────
◉連載 SS NEW MUSIC GUIDE & ESSAY for Audiophiles
 クラシック=東条碩夫/宮下 博/諸石幸生
 ポピュラー=小林慎一郎/和田博巳
──────────────────────────────────
◉連載 名盤深聴 高橋健太郎
◉連載 名曲が染みる 小林慎一郎
◉連載 名曲には理由がある 舩木篤也
◉エソテリックSACD名盤復刻シリーズ、3作品発売 宮下 博
◉タワーレコードの独自企画SACDが続々登場 宮下 博
◉LPレコード『Nobu’s Popular Selection』を聴く 宮下 博
◉SS Information
◉連載 音楽の誘拐 許 光俊
◉新刊予告『Western Electric Sound』の分冊化決定
 Part-1[スピーカー篇]本年11月発売! ! 編集部

◉ステレオサウンドストア カタログ
◉リンが具現化した次世代のフラグシップ機
 Klimax DSM、フルリニューアル!   山之内 正

◉特集 組合せ試聴から探究する
 実力派スピーカー7モデルの魅力
 小野寺弘滋/傅 信幸/黛 健司/三浦孝仁/柳沢功力/山之内 正/和田博巳

◉短期集中連載
 第1回 傅信幸と土方久明のファイル再生ワークショップ

◉作家・片山恭一の試聴システム・リニューアル計画
 リンの多機能ヘッドユニット/マルチch対応パワーアンプを新規導入   山本浩司

◉アナログ環境「再生」記  宮下 博

◉(仮想)アースの話など  小野寺弘滋

◉SPECIAL PRODUCTS REVIEW
  CHプレシジョン=M10 --- 柳沢功力
  ヴァルテレ=MG1 PKG --- 小野寺弘滋
  オーレンダー=W20 Special Edition --- 三浦孝仁
  スフォルツァート=DST-Lepus/DSC-Vela --- 和田博巳

◉マックス・リヒター 静謐な音楽に込められた世界観
 試聴対談:Kotringo × 高橋健太郎  構成・伊藤隆剛

◉連載 レコード芸術を聴く悦楽  岡崎哲也

◉連載 つくりては語る
 オーディオネック フランシス・シャイエ氏   聞き手・構成 山之内 正
 エクスクウィジット/ゴールデンバーグ ミッハ・フーバ氏   聞き手・構成 三浦孝仁

◉マランツ流DACの育ての親 ライナー・フィンク氏   黛 健司

◉開発者に訊く新たなデジタル伝送方式「ZERO LINK」
  スフォルツァート 小俣恭一氏、ソウルノート 加藤秀樹氏  聞き手・構成 和田博巳

◉追悼 ティム・デ・パラヴィチーニ氏

◉連載 聴く鏡   菅原正二
◉連載 続・ニアフィールドリスニングの快楽   和田博巳
◉連載 日本エンジニア列伝 吉沢典夫氏   構成・伊藤隆剛/聞き手・編集部
◉連載 オーディオ・ショップ探訪 山之内 正
    オーディオユニオンお茶の水ハイエンド館/ダイナミックオーディオ5555

◉夏の新着モデル徹底試聴 Exciting Components
 ●リードソン = Oratorio --- 山本浩司
 ●コード = Ultima Pre2 --- 柳沢功力
 ●ファースト・ワット = F8 --- 三浦孝仁
 ●エソテリック = Grandioso G1X --- 三浦孝仁
 ●ナグラ = Classic Phono --- 小野寺弘滋
 ●グランツ = MH1200S --- 三浦孝仁
 ●ゴールドムンド = Mimesis 22H Nextgen / Telos 1000 Nextgen --- 柳沢功力

◉New Components Review 2021 SUMMER
 話題の新製品を聴く
 小野寺弘滋/高津 修/傅 信幸/黛 健司/三浦孝仁
 柳沢功力/山之内 正/山本浩司/和田博巳

◉SOUND SCOPE   高津 修/三浦孝仁/山之内 正
◉試聴ディスク一覧
◉SS Information

◉連載 SS NEW MUSIC GUIDE & ESSAY for Audiophiles
    クラシック=東条碩夫/宮下 博/諸石幸生
    ポピュラー=小林慎一郎/和田博巳

◉連載 名盤深聴   高橋健太郎
◉連載 名曲が染みる   小林慎一郎
◉連載 名曲には理由がある   舩木篤也
◉アンドレ・プレヴィンのワーナー(旧EMI)録音全集CD発売   宮下 博
◉エソテリックSACD名盤復刻シリーズ、今期も3作品が登場   宮下 博
◉ゲルギエフのフィリップス期の「春の祭典」がLPで復刻   小野寺弘滋
◉『Nobu's Popular Selection』、アナログLP化決定
◉SS HOT NEWS
◉連載 音楽の誘拐   許 光俊
◉JBL創業75周年記念モデル「SA750」発表
特集1
  リファレンスディスクから紐解く
  評論家の音の聴き方

  序  柳沢功力
  Part 1  わたしの聴き方
  Part 2  わたしのリファレンスディスク
       小野寺弘滋/傅 信幸/三浦孝仁/柳沢功力/山之内 正/和田博巳
  BONUS TRACK  菅原正二


特集2
   新世代エントリークラススピーカーの魅力

  序文  小野寺弘滋
  4ブランド8モデル 試聴対談  櫻井 卓/山之内 正


連載 レコード芸術を聴く悦楽  岡崎哲也

短期集中連載
   連載準備回 傅信幸と土方久明のファイル再生ワークショップ

新連載 オーディオ・ショップ探訪 山之内 正
    アバックClassic馬車道店/サウンドクリエイト


連載 つくりては語る
   アキュフェーズ  鈴木雅臣氏/山本 誠氏/猪熊隆也氏   構成・聞き手 傅 信幸
   オーディオ・ノート  芦澤雅基氏/廣川嘉行氏    構成・聞き手 三浦孝仁
   コードカンパニー  アラン・ギブ氏   構成・聞き手 小野寺弘滋
   クラッセ  デイブ・ノーバー氏   構成・聞き手 三浦孝仁
   日本音響エンジニアリング  崎山安洋氏/根木健太氏   構成・聞き手 小野寺弘滋

注目製品詳解   小野寺弘滋
   ●マランツ SA12 OSE / PM12 OSE / SACD 30n / Model 30
   ●テクニクス SU-R1000


連載 聴く鏡   菅原正二
連載 続・ニアフィールドリスニングの快楽   和田博巳
連載 日本エンジニア列伝 福井末憲氏   構成・伊藤隆剛/聞き手・編集部



春の新着モデル徹底試聴
Exciting Components
●YGアコースティクス=Sonja 2.2i --- 和田博巳
●イプシロン=Hyperion --- 柳沢功力
●マーテン=Parker Quintet Diamond Edition --- 三浦孝仁
●ハーベス=Super HL5 Plus XD --- 小野寺弘滋
●ヤマハ=NS3000 --- 小野寺弘滋
●エソテリック=Grandioso C1X --- 三浦孝仁
●ソウリューション=711 --- 柳沢功力
●マークレビンソン=No5206/No5302 --- 三浦孝仁
●SME=Diamond Series Synergy --- 小野寺弘滋

SS HOT NEWS


New Components Review 2021 SPRING
   話題の新製品を聴く
   小野寺弘滋/黛 健司/三浦孝仁
   柳沢功力/山本浩司/和田博巳

SOUND SCOPE   黛 健司/三浦孝仁
試聴ディスク一覧
SS Information



連載 SS NEW MUSIC GUIDE & ESSAY for Audiophiles
   クラシック=東条碩夫/宮下 博/諸石幸生
   ポピュラー=小林慎一郎/和田博巳

連載 名盤深聴   高橋健太郎
連載 名曲が染みる   小林慎一郎
連載 名曲には理由がある   舩木篤也
ベルリン・フィル、8人の指揮者によるマーラー交響曲全集   宮下 博
エソテリックSACD名盤復刻シリーズ、歴史的名盤3作が登場   宮下 博
新譜紹介 私自身のためのシャンソン/バルバラ   高橋健太郎
新譜紹介 フランク・シナトラ3作品が世界初SACD化
新譜紹介 オーディオ名盤コレクション《クラシック》第3期
連載 音楽の誘拐   許 光俊
ゴールデンサウンド賞受賞によせて アキュフェーズ 鈴木雅臣

StereoSound(ステレオサウンド)の今すぐ読める無料記事

趣味・芸術 雑誌の売上ランキング

COTTON TIME(コットンタイム)

2022年06月07日発売

目次: 《特別付録1》neige+マルチコラボ定規
《特別付録2》「ジャッキーのボディ&アイテム」実物大型紙

ハンドメイドの醍醐味はもちろん作って楽しむことですが、「作って販売する」ことも、また違った喜び。
対面販売でお客さまに喜んでもらったり、ネット販売で即完売!したときの達成感はひとしおです。
とは言えどこで売るのか、何が売れるのか、値段はどうつけたらいいのか…
初めての「ハンドメイド販売」には疑問がいっぱい!
この特集は人気作家さんの体験談や、売れ筋アイテム11点のレシピ(しかも商用OK!)、
値付けやルールに関するコラムなど「初めの一歩」の背中を押す内容がズラリ。
さあ、勇気を出してトライしましょ!

★第1特集★neige+ 猪俣友紀さんの「商用OK!」の布こもの
★第2特集★みんなが知りたい「売れるハンドメイド」の必勝法!
Part1|憧れの作家にインタビュー「私のハンドメイド販売」ストーリー
Part2|2000円以下の「めちゃ売れ!」アイテム
column1|人気作家さんの(秘)値付け事情こっそり聞きました!
column2|ハンドメイド販売のルールQ&A

〈特別付録企画〉マルチコラボ定規ができました
上品レジンで作る大人のCoolアクセサリー
May Me 伊藤みちよさんのギンガムチェックの「バイアス裁ち」スカート
着せ替えで楽しむ 巾着袋付きPVCバッグ
刺繍のおひつじさんの「#図案なしでできる」刺しゅう
リネンで遊ぶ夏のおしゃれバッグ
3年ぶりの開催!「日本ホビーショー」でワークショップをやりました♪

連載|くまのがっこう ジャッキーの着せかえ帖/おたんじょうびのワンピース
連載|井田ちかこさんのワードローブを手作りで/バックリボンブラウス
連載|ミムラトモミさんのモザイクダーニング刺しゅう
連載|憧れの一品を訪ねて/「デザインレース ユキ」の刺しゅうレースの世界
連載|イラストレーター 津田蘭子のつれづれハンドメイド記
連載|ハンドメイドの便利帳/作業中のミシンまわりが散らかっていると作業効率ダダ下がり
連載|ハンドメイドの便利帳/小さなパーツの型紙写しには100均グッズがお役立ち!
連載|ハンドメイドの便利帳/ラミネート生地の仮どめにベストアンサー

〈INAZUMA〉「メッシュ持ち手コンテスト」大賞決定!
大人の楽しい部活のような〈ニットソーイングクラブ〉を体験してきました
〈告知〉本誌新規モニターを大募集!

参考価格: 1,250円

布のある居心地のいい暮らしを楽しむためのハンドメイドマガジン

  • 2022/04/07
    発売号

  • 2022/02/07
    発売号

  • 2021/12/07
    発売号

  • 2021/10/07
    発売号

  • 2021/08/06
    発売号

  • 2021/06/07
    発売号

2 美術手帖

美術出版社

最大
50%
OFF
送料
無料

美術手帖

2022年06月07日発売

目次: 1932年にドレンスデンで生まれ、ナチスや共産主義体制のもとで青年期を過ごしたゲルハルト・リヒター。60年代に写真をもとにしたイメージにぼかしなどの技法を加える「フォト・ペインティング」で高い評価を受け、70年代には「アブストラクト・ペインティング」を発表。抽象絵画と具象絵画を行き来して、数多くの作品を生み出してきた。彼はその間にも家族を含む自身の記憶とドイツの歴史、その光と影に向き合い続けてきた。そしてついに、アウシュヴィッツとイメージの問題に真正面から取り組んだのが、2014年の《ビルケナウ》である。本特集では、リヒターの60年にわたる画業の到達点《ビルケナウ》に焦点を当て、2つの論考と「アーティストブック」を通して、作品を読み解くとともにリヒターの思索の軌跡を辿った。


SPECIAL FEATURE
ゲルハルト・リヒター 《ビルケナウ》という到達点

PART1
ゲルハルト・リヒター《ビルケナウ》(2014)
[論考]イメージと倫理の位相
ゲルハルト・リヒター《ビルケナウ》とアウシュヴィッツ
西野路代=文


PART2
Artist’s Books of Gerhard Richter
リヒターにとっての「アーティストブック」とは何か?
河内秀子=文


PART3
《ビルケナウ》以降のリヒターの抽象絵画とドローイング

[論考]ふたたび始めること ──ゲルハルト・リヒターの 新作抽象絵画
ディーター・シュヴァルツ=文 中野勉=翻訳

SPECIAL FEATURE
ロバート・スミッソン「フレデリック・ロー・オルムステッドと弁証法的風景」
平倉圭+近藤亮介=翻訳 近藤亮介=解題

***

ARTIST IN FOCUS
小寺創太
大岩雄典=聞き手・文

富田直樹
岩垂なつき=聞き手・文

WORLD NEWS
New York/London/Berlin/Taiwan / Sharjah

ARTIST INTERVIEW
ムン・キョンウォン& チョン・ジュンホ
馬定延=聞き手

PAPERS
無為を表象する ──セーヌ川からジョルジュ・スーラへ流れる絵画の(非)政治学
中島水緒=文

REVIEWS
「生誕100年 松澤宥」展
椹木野衣=文
山本尚志個展「ゲーム」「ART SHODO-進化する芸術運動としての書-」展
清水穣=文

青柳龍太「我、発見せり。」(25)
追悼 池田修 川俣正=文
安藤裕美「前衛の灯火」第2話
プレイバック!美術手帖 原田裕規=文
BOOK
月刊美術史

参考価格: 1,760円 定期購読(【月額払い】プラン)なら1冊:990円

美術の専門雑誌という枠組みにとらわれず、さまざまなジャンルを横断する斬新な内容に定評。

  • 2022/03/07
    発売号

  • 2022/01/07
    発売号

  • 2021/11/06
    発売号

  • 2021/09/07
    発売号

  • 2021/07/07
    発売号

  • 2021/05/07
    発売号

送料
無料

人生100年 植物と暮らそう

  • 2022/05/21
    発売号

  • 2022/04/21
    発売号

  • 2022/03/19
    発売号

  • 2022/02/21
    発売号

  • 2022/01/21
    発売号

  • 2021/12/21
    発売号

4 将棋世界

マイナビ出版

最大
10%
OFF
送料
無料

将棋世界

2022年07月01日発売

目次: ●公式戦
・第80期名人戦七番勝負【渡辺明名人×斎藤慎太郎八段】
【第4局】均衡を維持する難しさ 記/押沢玲
【第5局】辛抱する力 解説/村山慈明七段 構成/今井和樹

・第7期叡王戦五番勝負【藤井聡太叡王×出口若武六段】
【第3局】紙一重のチャンス 解説/髙見泰地七段 構成/住吉薫

・第93期ヒューリック杯棋戦戦五番勝負【藤井聡太棋聖×永瀬拓矢王座】
【第1局】開幕戦だからこそ 記/大川慎太郎
【第2局】一瞬の寄せ 藤井 衝撃の銀捨て 記/渡部壮大

・第15期マイナビ女子オープン五番勝負【西山朋佳女王×里見香奈女流四冠】
【第4局】西山が踏ん張り最終局へ 記/編集部
【第5局】永世称号につなげた深慮の角打ち 記/相崎修司

・第33期女流王位戦五番勝負【里見香奈女流王位×西山朋佳女流二冠】
【第4局】居玉で勝利! 里見4連覇 記/諏訪景子

●エッセイ/インタビュー
・クローズアップ・渡辺和史五段 「7位タイ20連勝 連勝賞受賞 C 級1組昇級」
・リレーエッセイvol.20 「音楽と人」佐藤慎一五段
・灰色の昔話 第2回「佐藤康光九段の巻」泉正樹八段

●講座等
・新連載 相掛かり―最新形に潜む歴史 講師/勝又清和七段
・徹底解析 藤井聡太 コンピュータソフト「やねうら王」と行く藤井将棋観戦ツアー
 【第20回】第71期ALSOK杯王将戦七番勝負第1局 VS渡辺明王将 ガイド/西田拓也五段
・石川優太の三間飛車を指してみよう 第11回 後手三間飛車② 講師/石川優太四段

●戦術特集
「袖飛車急戦矢倉」 総合監修/渡辺和史五段
Chapter1 講座「袖飛車が旬! 進化系急戦矢倉の考え方」
Chapter2 好局鑑賞「袖飛車急戦矢倉の好局を体感」
Chapter3 次の一手「袖飛車急戦矢倉を習得しよう」

●その他
・棋具の匠
・昭和名棋士次の一手 第20回 記/田丸昇九段

●付録 ▲4九金型エルモ急戦 記/黒田尭之五段

定期購読(月額払いプラン)なら1冊:738円

幅広い内容で迫るビジュアルな将棋総合雑誌。※デジタル版についてのご注意: 付録はつきません。棋力認定問題には応募できません。懸賞への応募ができない場合があります。

  • 2022/06/03
    発売号

  • 2022/04/30
    発売号

  • 2022/04/01
    発売号

  • 2022/03/03
    発売号

  • 2022/02/03
    発売号

  • 2021/12/28
    発売号

最大
14%
OFF

CasaBRUTUS(カーサブルータス)

2022年06月09日発売

目次: LIFESTYLE HOTEL 2022
日本の絶景宿

雄大な自然を満喫できる、新時代のライフスタイルホテル。

巣ごもり生活を脱して旅行気分がようやく戻ってきた今、雄大な自然に囲まれてリフレッシュしてみませんか。
2022年、ライフスタイルホテルは、都会から自然の中へ——。
山、海、湖、島。日本ならではの大自然を心ゆくまで満喫する絶景宿が増えています。
待望の複合型リゾート、建築家が手がけた自然と一体になったホテル、絶景を独り占めする一棟貸しの宿、土地の恵みを味わうオーベルジュ……。
そこにしかない絶景に出会える宿へ、心身ともにリフレッシュしに行きませんか。

TRAVELER1
かしゆかさんと瀬戸田の島宿へ。
Azumi Setoda

INDEX
日本全国、絶景に会える宿75。

ARCHITECT
あの建築家が手がけた自然と共生する宿。
坂 茂
禅坊 靖寧/ししいわハウス軽井沢 No.2/ショウナイホテル スイデンテラス/
アートビオトープ スイートヴィラ/クアパーク長湯
隈 研吾
Snow Peak FIELD SUITE SPA HEADQUARTERS/ふふ 奈良/界 別府/
COMICO ART HOUSE YUFUIN
中村拓志
界 ポロト/ HOTEL WHY

VILLA
壮大な景観を独占する一棟貸しの宿。
SHIGUCHI/里山十帖 THE HOUSE IZUMI/Izu Cliff House/
福田屋/カプセルハウスK/アトリエオーハウス

ISLAND
大パノラマを満喫する島ステイ。
直島旅館 ろ霞/星のや沖縄/ Entô

TRAVELER2
こんな日本はいかがですか?
原研哉が選ぶ、絶景を創る宿。
ガンツウ/アマネム/海椿葉山/篪庵

DESIGN
自然とデザインが融け合う宿。
COCOON/HOTEL VISON

AUBERGE
フードジャーナリストPの、本当においしい絶景宿を探せ!
ロテル・デュ・ラク/villa della pace/オーベルジュ玄珠/オーベルジュ オーフ

SAUNA
大自然のサウナ宿で極上の〝ととのい〞を。
Tatehata House/ume, yamazoe/moksa/御船山楽園ホテル

CATALOG 40
絶景+特別な体験が待つ宿へ。

ホンマタカシ before and after TANGE
櫻井翔 ケンチクを学ぶ旅。
古今東西 かしゆか商店
長山智美 デザイン狩人
小寺慶子 レストラン予報
ほしよりこ カーサの猫村さん
Chill Cars 時代を超えて愛される、デザインの良い車。

参考価格: 980円 定期購読(2年プラン)なら1冊:843円

ファッション、建築、デザイン、インテリア、食、アートなど、暮らしにまつわる「デザイン」情報をお届けするLife Design Magazine = 暮らしのデザイン誌

  • 2022/05/09
    発売号

  • 2022/04/08
    発売号

  • 2022/03/09
    発売号

  • 2022/02/09
    発売号

  • 2022/01/08
    発売号

  • 2021/12/09
    発売号

初心者に、いちばんやさしい家庭菜園誌

  • 2022/03/19
    発売号

  • 2022/01/21
    発売号

  • 2021/11/21
    発売号

  • 2021/09/21
    発売号

  • 2021/07/21
    発売号

  • 2021/05/21
    発売号

7 GetNavi(ゲットナビ)

ワン・パブリッシング

最大
50%
OFF
送料
無料

GetNavi(ゲットナビ)

2022年06月23日発売

目次: 【特別付録】カルビープロ野球カード「ドカベンedition山田太郎」
カルビープロ野球チップス発売50年目を記念して、不朽の名作野球マンガ「ドカベン」に登場する人気選手のオリジナルカードが付録に。3号連続のスペシャル企画で、第1弾の今回は主人公の山田太郎。次号では里中 智、次々号では岩鬼正美のカードがつく予定です。いずれもオモテ面は特別感のあるキラ仕様で、もちろん非売品。激レアアイテムになること必至のカードを逃さないようチェックしてください。

【総力特集】2022年上半期売れたモノSELECTION
2022年は早くも半分が過ぎ、各ジャンルで様々なヒットが生まれています。そんな爆売れ中のモノ・コトをピックアップ。「なぜ売れたのか」という分析とともに紹介します。ヒット商品の開発者へのインタビューも多数収録!

メガヒットの真実
★オメガ×スウォッチ「ムーンスウォッチ」
★ソニー「LinkBuds」
★トヨタ「ノア/ヴォクシー」
★タイガー魔法瓶「真空断熱炭酸ボトル」
★サントリー「翠ジンソーダ」

その他、各ジャンルの「売れたモノ」が満載!
◆家電・デジタル
◆レジャー・乗り物
◆日用品
◆フード
◆エンタメ

【緊急特集】僕がゴルフをしない理由。~今日限りですべてなくなりました~
Withコロナ時代、密を避けて楽しめるゴルフが注目を集めており、この機会に始めたり、久しぶりにプレイしたりする人が増えています。その一方で、ギアを揃えるのが大変、練習をするヒマがない、ウエアがなんかダサい……そんな先入観でゴルフを諦めている人も。本特集では、それらの「やらない理由」を徹底的に掘り下げて、完全解消。“1億総ゴルファー化”を目指します!

参考価格: 660円 定期購読(【月額払い】プラン)なら1冊:380円

デジタル機器・車・ファッション・ホビー…若い男性が興味を持つ新アイテムの魅力・購入メリットを解説!

  • 2022/05/24
    発売号

  • 2022/04/22
    発売号

  • 2022/03/24
    発売号

  • 2022/02/24
    発売号

  • 2022/01/24
    発売号

  • 2021/12/24
    発売号

最大
20%
OFF
送料
無料

ステッチidees(ステッチイデー)

2022年04月11日発売

目次: 今号の特集は「小さな花刺しゅう」。ブローチやポーチなど小ものに花の刺しゅうで彩りを添えて。春らしく軽やかに作って楽しめるような提案です。
特集2の「私の好きなもの」では、趣味をテーマにしたユニークな図案が登場します。
このほかにもクロスステッチ、フランス刺しゅう、リボン刺しゅう、刺し子など、さまざまな技法の作品が登場。
新連載「ミステリーSAL 2022」も始まります。
アトリエ取材、海外取材なども充実の春夏号です。
実物大型紙つき。

定期購読(【月額払い】プラン)なら1冊:1,188円

刺しゅうを中心とした糸と布で暮らしを楽しく彩るハンドメイド誌、実物大型紙付き。

  • 2021/12/11
    発売号

  • 2021/09/13
    発売号

  • 2021/04/08
    発売号

  • 2020/10/10
    発売号

  • 2020/04/11
    発売号

  • 2019/10/03
    発売号

送料
無料

ミセスのスタイルブック

2022年06月10日発売

目次: 〈とじ込み付録〉
実物大パターン
S~LLの4サイズ
ワンピース、スカート、シャツ、サロペット、ブラウス、ロングシャツ
計12点

特集 布から始まる 布で決まる

(1) 絶対作りたい夏アイテム12 実物大パターンつき
(2) ときめきのプリント服
(3) 麻と暮らす
(4) 德田民子さんの 浴衣地で作るセットアップ
(5) リバティプリントをつなぐ 阿部真理さんのハギレアイディア

日暮里繊維街マップ

石田純子のスタイリングレッスン
洗練度も着やせ効果も急上昇!
モダンにあか抜ける、黒の底力

BEST ITEM
ブランド別 Summer Collection 30

押田正子さんの着こなしマイルール
ロングスカートで、すっきり細見え! 押田流フェミニン

毎日を快適に 優しいデイリーウェア 囲み製図対応

クリエーターズボイス
Vol.3 スモッキング刺繡作家 秋田由季さん

スタイリスト・渡邊由貴のインスタントソーイング 7
軽くて丈夫な帆布のバケツ型バッグ

ベビーロック「Sakura」と「Kanade」で作る
親子で着られる、オーバーサイズTシャツ

“エレガンス”発
上質な夏スタイルに仕上げる、涼感チュニック&パンツ

“大塚屋”の涼やかな素材で
ギャザーが決め手

“ファッションポラリス”の布地で作る ジャケット&ブラウス

模様を楽しむ“いまり”更紗

宮澤国博先生の 合理的な縫い方で作るワンピース

特別付録 お悩み解決BOOK
こんな時、どうする?
困った時のMAKING NAVI
Q&A[製図編6 操作のしかた] Vol.1

おしゃれを楽しむためのソーイング&ファッション誌

  • 2022/04/12
    発売号

  • 2022/02/12
    発売号

  • 2021/10/12
    発売号

  • 2021/06/11
    発売号

  • 2021/04/12
    発売号

  • 2021/02/12
    発売号

StereoSound(ステレオサウンド)の所属カテゴリ一覧

日本最大級の雑誌取り扱い数!
定期購読の利用数100万人以上!
定期購読とは
雑誌を予約することで毎号ご自宅へお届けします!売り切れの心配なし♪
もっと詳しく ▶︎
タダ読みサービス
無料で雑誌が読み放題♪今日発売のあの雑誌も。
もっと詳しく ▶︎
法人サービス
雑誌を年間5万円以上ならお得な法人プレミアムサービスで!
もっと詳しく ▶︎
アフィリエイト
あなたのサイトで雑誌をおすすめしてみませんか?
もっと詳しく ▶︎
カテゴリ一覧
女性ファッション 雑誌
きれいめ・大人カジュアル系 雑誌 モード系・コレクション 雑誌 フェミニン系 雑誌 ママ・主婦 雑誌 コンサバ系 雑誌 ナチュラル系 雑誌 カジュアル系 雑誌 オフィスカジュアル 雑誌 子ども・キッズファッション 雑誌 ガーリー系 雑誌 ティーンズファッション 雑誌 原宿系 雑誌 着物・和服 雑誌 ギャル系 雑誌 セレブ系 雑誌 森ガール系 雑誌
メンズファッション 雑誌
メンズきれいめカジュアル 雑誌 モノ・グッズ 雑誌 メンズカジュアル 雑誌 ストリートファッション系 雑誌 スーツ・トラッド系 雑誌 アメカジ 雑誌 オラオラ系・お兄系 雑誌 腕時計・ブランド 雑誌 古着系 雑誌
ビジネス・経済 雑誌
経営・マネジメント 雑誌 海外事情・国際ニュース 雑誌 政治 雑誌 マネー・投資 雑誌 ビジネス・経済専門誌 求人・転職情報誌 法律・法務 雑誌 環境・エネルギー 雑誌 広告・マーケティング 雑誌 流通・小売 雑誌 人事・総務 雑誌 四季報 外食・ホテル業界 雑誌 会計・税務・経理 雑誌 農業・畜産・漁業 雑誌 飲食店経営・調理師 雑誌 金融 雑誌 貿易 雑誌 地方自治・行政 雑誌 起業・独立開業 雑誌 企業年鑑・データ 業界データブック 自己啓発 雑誌 ビジネスCD・通信教育 株・FX 雑誌 就職・就活 雑誌
健康・生活 雑誌
子供・児童学習 雑誌 子育て・育児 雑誌 家事・生活情報 雑誌 健康・家庭医学 雑誌 住宅・リフォーム 雑誌 住宅情報・賃貸 雑誌 インテリア・雑貨 雑誌 田舎暮らし・エコ・スローライフ 雑誌 結婚情報・ウェディング 雑誌 絵本・大型絵本 妊婦・赤ちゃん 雑誌
スポーツ 雑誌
サッカー・フットサル 雑誌 高校野球・プロ野球 雑誌 ゴルフ 雑誌 その他球技・競技 雑誌 釣り 雑誌 相撲・武術・武道 雑誌 筋トレ・ボディビル 雑誌 ダイビング・マリンスポーツ 雑誌 スノーボード・スキー 雑誌 ランニング・ウォーキング 雑誌 テニス・卓球 雑誌 バレエ・社交ダンス 雑誌 スポーツ医学・コーチング 雑誌 自転車・サイクリング 雑誌 サーフィン・ボディーボード 雑誌 バスケットボール 雑誌 F1・モータースポーツ 雑誌 ダンス 雑誌 プロレス・格闘技 雑誌 ボクシング 雑誌 水泳・ボート 雑誌 ラグビー・アメフト 雑誌
バイク・自動車・乗り物 雑誌
オートバイ 雑誌 カスタムカー・バイク 雑誌 外車・輸入車 雑誌 4WD・RV 雑誌 新車・ニューモデル情報 鉄道・電車 雑誌 飛行機・航空機 雑誌 中古車・中古バイク 雑誌
芸能・音楽 雑誌
テレビガイド・番組表 雑誌 音楽情報誌 エンタメ 雑誌 DVD(ビデオ)マガジン 映画・シネマ 雑誌 韓国(韓流・K-POP) 雑誌 ピアノ・クラシック 雑誌 ギター・ロック 雑誌 演劇・舞台 雑誌 洋楽 雑誌 ジャズ(JAZZ) 雑誌 ジャニーズ 雑誌 グラビア・アイドル 雑誌 写真週刊誌・ゴシップ 雑誌 写真集
グルメ・料理 雑誌
レシピ 雑誌 グルメガイド・レストラン 雑誌 お酒(ワイン・日本酒など) 雑誌 栄養学・食育 雑誌 パン・スイーツ 雑誌
旅行・タウン情報 雑誌
京都・関西 雑誌 関東 雑誌 東京(TOKYO) 雑誌 九州 雑誌 東海 雑誌 東北 雑誌 北海道 雑誌 北陸・信越 雑誌 中国地方 雑誌 四国 雑誌 沖縄情報 雑誌 旅行情報誌 温泉 雑誌 リゾート・レジャー 雑誌 タイ・アジア 雑誌 ハワイ 雑誌 その他 海外情報 雑誌 鉄道・バス時刻表本 航空時刻表
アニメ・漫画 雑誌
少年コミック・漫画 少女コミック・漫画 青年コミック・漫画 レディース(女性)コミック アニメ 雑誌 声優 雑誌 comics&アメコミ ディズニー・キャラクター 雑誌 コスプレ 雑誌 BL(ボーイズラブ)コミック・雑誌
ペット・動物 雑誌
犬 雑誌 猫 雑誌 トリマー・ペット業界 雑誌 魚・熱帯魚 雑誌 昆虫 雑誌 ペットその他 雑誌
文芸・総合 雑誌
女性総合誌 男性総合誌 カルチャー・文化 雑誌 文芸誌・小説 雑誌 時事・社会 雑誌 機内誌 宗教 雑誌 歴史・史学 雑誌 思想・心理学 雑誌 俳句・短歌・詩 雑誌 占い・開運 雑誌 書道 雑誌
趣味・芸術 雑誌
デザイン・アート 雑誌 プラモデル・模型 雑誌 ガーデニング・園芸 雑誌 手芸・ハンドメイド 雑誌 パズル・クイズ 雑誌 ナンプレ・数独 雑誌 クロスワード・ナンクロ 雑誌 ミリタリー・サバゲー 雑誌 競馬・競輪・競艇 雑誌 オーディオ・ステレオ 雑誌 アウトドア・キャンプ 雑誌 カメラ・写真 雑誌 分冊百科・ワンテーママガジン 将棋・囲碁 雑誌 イラスト・グラフィックデザイン 雑誌 建築・住宅建築 雑誌 陶芸・骨董 雑誌 ラジオ・無線 雑誌 ゲーム 雑誌 フィギュア・ホビー 雑誌 DIY・工具 雑誌 パチンコ・パチスロ 雑誌 ハイキング・登山 雑誌 麻雀 雑誌
ヘアカタログ・美容 雑誌
メイク・ネイル 雑誌 フィットネス 雑誌 ヘアスタイル 雑誌 ヨガ 雑誌 美容専門誌 ダイエット 雑誌 アロマ 雑誌
看護・医学・医療 雑誌
ナース 雑誌 介護・福祉 雑誌 医療技術 雑誌 薬学 雑誌 臨床外科 雑誌 臨床内科 雑誌 医療時事 雑誌 歯科 雑誌 獣医学 雑誌 理学療法 雑誌 その他 医学雑誌
教育・語学 雑誌
その他 NHKテレビ・ラジオテキスト NHK語学テキスト 幼児教育 雑誌 小学生教育 雑誌 中学教育 雑誌 高校教育 雑誌 受験・留学 雑誌 試験問題集・資格 雑誌 日本語学習 教材 ハングル・韓国語学習 教材 中国語学習 教材 リスニング教材・語学CD 英語教育・英会話 教材 フランス語学習 教材 ドイツ語学習 教材 スペイン語学習 教材 その他 語学雑誌 教員・教師 雑誌 通信・教育講座
テクノロジー・科学 雑誌
宇宙・天文 雑誌 機械 雑誌 化学 雑誌 情報処理 雑誌 地球科学・環境問題 雑誌 生物・生物学 雑誌 数学・物理 雑誌
パソコン・PC 雑誌
コンピューター・自作PC 雑誌 ネットワーク・セキュリティ 雑誌 Webデザイン・プログラミング 雑誌 DTP・グラフィック 雑誌 アプリ・スマホ 雑誌 インターネット 雑誌 Mac・マック 雑誌
新聞・業界紙
英字新聞 業界新聞・専門紙 新聞縮刷版 切り抜き・クリッピングマガジン 全国紙(新聞) 中国語 新聞・業界紙 地方紙(新聞)
洋(海外)雑誌
English newspaper Science&Nature Magazines Language&Education Magazines Money&Business& Magazines Fashion&Style Magazines others Design&Architecture Magazines Hobby&Entertainment Magazines Home&Interior Magazines Computers&Electronics Magazines バイリンガルマガジン・雑誌
中国雑誌
中国 ビジネス・経済 雑誌 中国 旅行・タウン情報 雑誌 中国 趣味・芸術 雑誌 中国 看護・医学 ・医療 雑誌 中国 文芸・総合 雑誌 中国 教育・語学 雑誌 中国 テクノロジー・科学 雑誌 中国 スポーツ 雑誌 中国 ファッション 雑誌 高等文化院校学報 高等理工学院学報 中国 バイク・車・乗り物 雑誌 中国 健康・生活 雑誌 中国 学生・こども向け 雑誌
その他
その他 雑誌