沖縄情報誌「ちゃんぷる~」 Vol.2 (発売日2003年11月01日) 表紙
沖縄情報誌「ちゃんぷる~」 Vol.2 (発売日2003年11月01日) 表紙

沖縄情報誌「ちゃんぷる~」 Vol.2 (発売日2003年11月01日)

ライフスタイル研究所スタジオ29
時代を越えて蘇る『琉球古典焼』

沖縄情報誌「ちゃんぷる~」 Vol.2 (発売日2003年11月01日)

ライフスタイル研究所スタジオ29
時代を越えて蘇る『琉球古典焼』

ご注文はこちら

2003年11月01日発売号単品
この商品は定期購読の取扱いがございません。

沖縄情報誌「ちゃんぷる~」 Vol.2 (発売日2003年11月01日) の目次

★【特集1:OLD-NEW】

■時代を越えて蘇る『琉球古典焼』  

琉球に惚れた人々の努力から
生まれたアバンギャルドな焼物

・琉球古典焼の足跡
・古典焼の技法
・古典焼の文様
・古典焼の銘
・古典焼の技法を受け継ぐ現代の陶工たち
・骨董屋探訪記
 
■[琉球古典焼を古典焼を取り巻く人々]
炎と土の流れを追う/壷屋焼物博物館学芸員に聞く

■[古典焼を語る] 
「やちむんの会」編集委員/星 雅彦 
陶芸家/鈴木雅之 
陶芸家/友成 潔

■何を以って古典焼というのか/田野多榮一先生に聞く

■太田保の日記から見える壷屋

■コレクターに聞く「何処が好きで集めるのか」

■座談会/古典焼の楽しみ方と味わい方を語る


★[ちゃんぷる~トーク]

●来間島通信/神田哲夫 
●教育の現場から/納屋 恵 
●沖縄アイデンティティ論/伊江玲美 
●しまぐわーすとーりー/ウルカビンゲン 
●劇団オフィス・ワンダーランド/さいふうめい氏インタビュー
●三線三昧/萩野一政 
●ドイツ人から見た沖縄文化論/ティトス・スプリー 
●路地裏の生活デザイン/テルマユヤー 
●沖縄のこともっと知りたいなら「ニライ書房」
●こだわりの国際通り通信/喜友名智子 
●不思議アイランド沖縄/藤井千紗子 
●ぼけないライフ in OKINAWA/戸袋勝行 
●人生とは面白いもの/やまとかっぱ 
●金城良次の店作り/金城良次
●厨房からながめた沖縄/坂本昭司 
●東京ちゃんぷる~物語/奥田 文 
●沖縄B級グルメが新しい
●琉球泡盛/那知 仁 
●食品の安全・安心に関するフォーラム
●新産業創造/上地 哲 
●西田式循環農業/西田 研 
●渾彩秀の情報市場
●成功する地域おこしのひけつ/山鳥忠司
●沖縄の海/梶原健次
●やんばるの生物とのつきあいかた/大谷 勉
●沖縄カラー宣言/平良斗星
●琉球藍展覧会
●アロハショップ「色々」/オーナー八尾康弘

★【特集:生活の知恵と技・水と暮らし】  

・島の水道水 ・沖縄の水道水 ・化粧品と水 
・水と食文化と企業の関係

■[沖縄産業最前線]
はじめて見るこだわりの黒糖作り

■[沖縄農業最前線]
世界のオーガニック産業と沖縄の農業

■[海人の知恵を学ぶ]
消えた漁法つきん棒 与那国/大朝得三さん

■[できるか沖縄暮らし]
移住者座談会/宮古島篇

■[シリーズ地方行政長を訪ねる]
座間味村長仲村三雄氏に聞く 

■宮古島の自然環境問題 猪澤也寸志
■[チャンプルーツーリズムの現場から] 
■[八重干瀬シンポジウムの報告] 
■[ブルーツーリズムの現場から]
・倶楽部ちゃんぷる~/編集後記

沖縄情報誌「ちゃんぷる~」の内容

好きだから読む、OKINAWA暮らしマガジン
私たちが手がけようとしている雑誌は、本物の沖縄を沖縄在住の感度ある人たちが取材し、沖縄好きのあなたに役立つ情報を定期的にお伝えしようと考えているものです。 沖縄を代表する半農半漁の島暮らし、亜熱帯の風を感じさせてくれる焼物、染め物、織物などの伝統工芸。時を超えて引き継がれてきた伝統芸能の三線、唄、踊り、住宅事情。自然や農業、漁業を活用した人間教育など、ライブ感に溢れる沖縄情報をお届けします。今、あなた自身が必要としている自分磨きの素材を沖縄という地域から発見するための情報誌です。沖縄好きの皆さん、ぜひ色々な声を聞かせていただき、一緒に本を創りたいと思っています

この雑誌の読者はこちらの雑誌も買っています!

沖縄情報誌「ちゃんぷる~」の所属カテゴリ一覧

Fujisanとは?

日本最大級雑誌の定期購読サービスを提供

デジタル雑誌をご利用なら

最新号〜バックナンバーまで7000冊以上の雑誌
(電子書籍)が無料で読み放題!
タダ読みサービスを楽しもう!

総合案内
マイページ
マイライブラリ
アフィリエイト
採用情報
プレスリリース
お問い合わせ
©︎2002 FUJISAN MAGAZINE SERVICE CO., Ltd.