定期購読の特典

定期購読のお申込み・予約

STEP1 雑誌の形式を選択

今すぐ使える500円割引
初購入500円割引
Fujisan.co.jpでご購入が初めての方は、5000円以上のご注文で500円割引となります。ご注文確認画面のギフト券入力欄に自動的に適用されます。
レビュー投稿500円割引 or 10%割引
好きな雑誌のレビューを投稿すると、5000円以上のご注文にご利用可能な500円割引ギフト券と、5000円以下の定期購読にご利用可な10%割引ギフト券が、投稿後メールですぐに届きます。
  • 月額払いの商品ではご利用いただけません。
  • どちらかひとつのギフト券が 今すぐご利用可能です♪
旬刊 経理情報のレビューを投稿する

旬刊 経理情報の内容

無料見本誌進呈中!!10日ごとにお届けする経理・経営企画部門向けの専門情報誌
新制度・実務問題を・タイムリーに・わかりやすく・繰り返し何度も解説します! 「旬刊・経理情報」とは1973年の創刊以来、一貫して経理・税務・金融・証券・法務などの企業の実務担当者に必要な新制度・実務問題を、タイムリーに、わかりやすく取り上げてきた専門実務誌です。 一般的な多くのビジネス情報誌とは、専門性、記事の掘り下げ方、また信頼性を保証すべく厳選して配した執筆陣において格段の違いをもった専門情報誌です。 <特徴> ・旬の実務問題をタイムリーにかつ大胆に特集! ・制度改正をいち早く、わかりやすく解説! ・重要法令・会計基準等は試案の段階から動向をチェック! ・決算実務、株主総会実務も徹底対応! ・会計基準の新設・改正、重要法規等を見やすい別冊付録でお届け!

経理・税務・金融・証券・法務のニュースと解説

掲載記事のジャンル

  • 「特集」では、時の話題に焦点を当て、企業の実務問題の核心を浮き彫りにします。
    そのため、個々の実務課題を、時には広角に、時には徹底して掘り下げてダイナミックに編集します。
  • 「ASBJ解説」や「新法令解説」では、新会計制度や新会計制度の新設・改正について豊富な事例を
    用いながら取り上げます。
    また、立案担当者の公式コメントも多く掲載し、制度の詳細まで丁寧にフォローします。
  • 「アナリストの眼」では、第一線で活躍するアナリストによる企業分析の視点を紹介します。
  • 「情報フラッシュ」では、10日間に公表された膨大な情報の中から厳選された重要ニュースを速報します。

過去の人気記事(2008~2009)

  • ◆IFRS特集
  • 迫るアドプションの波!!
    IFRS導入の準備対応(No.1197)
  • 重要8テーマを徹底比較
    IFRS適用の実務ガイダンス(No.1204)
  • 経営、業務への影響を探る
    IFRSインパクト(No.1213)
  • 進む米国基準との共同作業
    IFRSプロジェクトを読み解く(No.1215)
  • ◆決算特集関連
  • 自社の適用に要注意!
    3月決算総特集
    <強制適用編>(No.1210)
    棚卸資産・リース・在外子会社;
    ・関連当事者;・債券保有目的区分
    <早期適用編>(No.1210)
    工事契約・退職給付・金融商品の時価開示
    ・資産除去債務;・持分法・後入先出法の廃止
    <開示編>(No.1211)
    減価償却・減損・GC注記・計算書類
    /事業報告・株券電子化・XBRL
  • ◆内部統制関連特集
  • 統制上の要点選定と評価体制の見直しが
    肝要!
    2年目の内部統制(No.1211)
  • 初年度で棚上げしてしまった7つの素朴な
    "ギモン"
  • 制度対応の形式化を防ぐ6つの確認ポイント
  • 業務プロセスにおける統制上の要点の見直し
  • 自己評価・独立的評価体制の確立と強化
  • 2年目以降の方針を実行する3つのツール
  • ◆株主総会関連
  • 会社法フル適用2回目で傾向が見えた!?
    今6月株主総会の完全分析(No.1191)
  • 制度対応から株主対応まで
    6月株主総会5つのポイント(No.1212)
  • ◆その他
  • 新セグメント情報開示の現状と対策
    (No.1217)
  • 2年目の四半期報告はこうする!!
    (No.1217)
  • 平成21年度税制改正のポイント(No.1216)
  • 平成21年3月期の税務申告チェックポイント(No.1212)
  • 決算期の「ズレ」解消の進め方(No.1203)

旬刊 経理情報の商品情報

商品名
旬刊 経理情報
出版社
中央経済社
発行間隔
旬刊
発売日
毎月1,10,20日

「デジタル版の取扱い開始のお知らせ」を希望の方はこちら

「旬刊 経理情報」デジタル版定期購読・月額払い購読が取扱いされた時にお客様にお知らせいたします。ご希望の場合はメールアドレスをご登録ください。メールにてご案内いたします。ご登録は無料です!
以下のプライバシーポリシーに同意の上、登録して下さい。

旬刊 経理情報 2024/04/20 (発売日2024年04月10日) の目次

2024年4月20日号(通巻No.1708)

◆特集
来年4月からプライム上場企業義務化へ
英文開示拡充に向けた準備対応ポイント
……中村 咲百合(㈱東京証券取引所 上場部 企画グループ)
……小林 大和(宝印刷㈱ 国際事業統括部)

第1章 東証解説
英文開示の拡充に向けた上場制度整備のポイント

第2章 機密情報の取扱いや誤情報の開示に注意
英文開示実務における翻訳外注のポイント

◆インタビュー
FP&A導入トップランナー企業に聞く【第4回】
I-neの取組み
~事業部に深く入り込むベンチャー企業のFP&A~
……原 義典(㈱I-ne 取締役・執行役員・CFO兼ファイナンス&IT本部 本部長)
……杉江 徹郎(㈱I-ne ファイナンス&IT本部 ファイナンス部 部長)
……土井 志菜(㈱I-ne ファイナンス&IT本部 ファイナンス部 FP&Aチーム)
……門河 充(㈱I-ne ファイナンス&IT本部 ファイナンス部 FP&Aチーム)
……社納 千聖(㈱I-ne ファイナンス&IT本部 ファイナンス部 FP&Aチーム)
……(司会)池側 千絵(ストラットコンサルティング㈱代表)

◆実務解説
J-CAP制度の活用も視野に
税務コンプライアンスをめぐる最新動向
……竹原 昌利(EY弁護士法人 弁護士・公認会計士)

◆米国会計基準 今昔ものがたり 番外編
 この50年の国内外の基準開発の流れを整理
日・米・IFRSの会計基準比較と日本基準の行く末(上)
……長谷川 茂男(公認会計士)

◆ケーススタディ 会計不正調査のコツと心得
【第3回】ケース1:架空取引―③事実認定・事後対応
……坂尾 佑平(三浦法律事務所 弁護士)
……木内 敬(三浦法律事務所 弁護士・公認会計士)
……寺田 昌弘(三浦法律事務所 弁護士)

◆まだ間に合う「排出量取引とカーボンクレジット」Q&A
【第4回】排出量取引(2)
……川端 稔(PwC Japan 有限責任監査法人 公認会計士)
……石川 剛士(PwC Japan 有限責任監査法人)

◆ビジネス実務相談室
経理 販売した製品の不具合発生に伴う会計処理
税務 マトリクス経営管理の実践における検討ポイント

◆談・論
個人の主体性を重視するプロティアン・キャリアとは
……原田 廣人(一般社団法人プロティアン・キャリア協会 理事 オフィスH&H 代表(経営コンサル))

◆アナリストの眼
企業価値担保権の導入
……永野 良佑

◆早わかり ESGトピックス
GPIF、今年の「重大なESG課題」を公表 他
……田井中 克之(森・濱田松本法律事務所 弁護士・ニューヨーク州弁護士)

◆ここが違う?! 税務調査と会計監査
【第9回】消費税や源泉所得税に注意しよう
……村上 博隆(公認会計士・税理士)

◆inほんmation
『スタートアップ・バリュエーション』
……伊藤 彰敏(南山大学経営学部教授)

◆ランキング
週間ビジネス書ベストセラー

◆雑誌論文等の電子的利用についてのお願い

◆本誌の複写利用について

旬刊 経理情報の目次配信サービス

旬刊 経理情報最新号の情報がメルマガで届く♪ メールアドレスを入力して登録(解除)ボタンを押してください。

※登録は無料です
※登録・解除は、各雑誌の商品ページからお願いします。/~\Fujisan.co.jpで既に定期購読をなさっているお客様は、マイページからも登録・解除及び宛先メールアドレスの変更手続きが可能です。
以下のプライバシーポリシーに同意の上、登録して下さい。

旬刊 経理情報のレビュー

  • 総合評価: ★★★★☆ 4.22
  • 全てのレビュー: 27件
読みやすいです
★★★★☆2023年02月28日 tomo 専門職
カラー刷りで、グラフ等も読みやすく記載されています。発行頻度も旬刊でちょうどよいと思います。
専門性が高い
★★★★☆2022年11月01日 なぞ 会社員
まとめて情報が得られる専門性が高い特集記事が有り難い。また紙質が良く、読みやすい。
会計士必読
★★★★★2022年08月22日 あさい 会社員
会計士は定期購読して内容の把握をしておくと良いです。
最新情報のキャッチアップができる
★★★★☆2021年10月05日 ヒロ 会社員
同僚に薦められて何回か購入 経理関連の情報を広い範囲で記載していてとても勉強になる やや難易度は高いと感じる
会計士には必須の雑誌
★★★★★2021年08月24日 やまし 会社員
会計士には必須の雑誌かと思います!社内の情報だけどは分かりづらかったり、情報がうまくまとまっていないので旬刊経理情報を利用しています。
専門書
★★★★★2021年08月21日 青じそ 会社員
暫く読んでいませんでしたが、異動を機に購読再開しました。会計基準の変化にキャッチアップするべく、貴重な一冊となっています。 カラーで見やすい点も有り難いです。デジタル化されるとなお良いと思います。
とても役に立つ!
★★★★★2021年01月10日 ポンポン OL
連結決算と開示の業務を20年ほどやっています。他のどの雑誌よりも役に立ちます。私にとってなくてはならない雑誌です。
配送頻度がちょうど良い
★★★★★2020年12月19日 うなじろう 会社員
夏まで連結、開示を担当していたが、管理会計の部署に異動になり、再度決算から疎遠になった。制度会計の知識をアップデートするために購読を開始したが、量、質共にちょうど良い。
非常に参考になる
★★★★☆2020年12月19日 jay 会社員
最新の会計情報がコンパクトにまとめられ、とても参考になります。また、現役の会計士等最前線で活躍されている専門家の方々が記事を執筆されており、内容も信頼性が高いと思います。
必要になり定期購読を再開
★★★★★2019年12月13日 ヒッキー 専門職
以前、大手の監査法人に勤務していたときは、定期購読をしていました。理由としては、特定のテーマに対しての記事がまとまっていて読みやすいためです。 監査から外れて解約をしましたが、また監査の仕事をすることとなり契約をすることとしました。 到着が楽しみです。
レビューをさらに表示

旬刊 経理情報をFujisanスタッフが紹介します

旬刊 経理情報は、中央経済社から刊行されているビジネス専門誌です。その名の通り、経理に必要な仕分けや会計処理などに必要な情報が掲載されており、企業の経理や財務の担当者であればぜひとも読んでおきたい一冊であるということができるでしょう。経理の業務は近年ますます複雑化してきており、最近では経済のグローバル化に伴ってIFRSなどの国際会計基準にも対応することが求められるようになってきています。そのような状況にあった、本誌のような専門誌は非常に貴重な存在であると言えます。その意味では、企業で働くビジネスマンだけでなく、自営業者や公認会計士などのプロフェッショナルにもお勧めできる一冊と言えるでしょう。

また、経理情報というタイトルからは経理関係の情報に特化していると思われがちですが、旬刊 経理情報には税務に関する情報も満載されています。経理と財務は一見すると共通点が多いようにも見えますが、実際には両者の違いは細かな点も含めるとかなり多く、それらを正確に理解しておくことが間違いのない処理のためには重要です。そのため、税理士や企業で税務を担当している人も、本誌に目を通しておくと何かと役に立つことが多いかもしれません。

旬刊 経理情報の所属カテゴリ一覧

この雑誌の読者はこちらの雑誌も買っています!

Fujisanとは?

日本最大級雑誌の定期購読サービスを提供

デジタル雑誌をご利用なら

最新号〜バックナンバーまで7000冊以上の雑誌
(電子書籍)が無料で読み放題!
タダ読みサービスを楽しもう!

総合案内
マイページ
マイライブラリ
アフィリエイト
採用情報
プレスリリース
お問い合わせ
©︎2002 FUJISAN MAGAZINE SERVICE CO., Ltd.