naranto(ナラント) 発売日・バックナンバー

全22件中 16 〜 22 件を表示
713円
2006年夏号





[特集] 心の旅物語新しい風に出逢う場所
古都奈良を舞台に繰り広げられる物語。人それぞれの心のふれあいを中心に、素晴らしい出会いの瞬間を編集部が総力を挙げて取材します。飾らない等身大の言葉とエッセイ風に書き上げられた文章が奈良人の心に響きます。
 
[特集] ならんと食彩日記つるるんゼリーで憩う夏
奈良の素敵な食べ物や季節の食の楽しみをnaranto流にご提案する奈良の美味しいページが新たにスタート致します。
 
[特集] やまと四季の風物詩夏、こころに刻む灯りを追って
奈良の伝統行事や豊かな自然と人々の歩みをご紹介いたします。
713円
2006年春号





[特集]椿・桜・薔薇で知る
奈良人の春

春の花をキーワードに、さまざまな分野で活躍する奈良人を紹介。奈良で過ごす時間が今より愛しく思えるような、個性的な花たちとの出会いにようこそ。あなただけのテンポで、感性で読んで知ってください。
 



[特集]目的地になる普段使いの店
遠くても、路地裏でも会いたい食

この街の顔というほど大げさではないが、さりげなく心を満たす店がある。オンリーワンだからこそ豊かな気持ちを運んでくれる、とっておきの5軒をご紹介。
 
桜、山吹、スズラン…。言い伝えや古事記・万葉集などから、春の花にまつわるお話を厳選。
713円
2005年冬号




[特集]通い重ねる店を求めて
寿司特集

“あなたのために”握られる寿司は、通い重ねるほどに離れられなくなる。そんな寿司と店を探しに、でかけてみませんか。


[特集]自分らしいアイテムと暮らす
オーダー・メイドという選択

その人のことを思い、その人のために作られるもの。単なる生活の道具としてではなく、「自分らしさ」と一緒に暮らす提案。


713円
2005年秋号





[特集]料理人が案内する
「ひと」「味」「雰囲気」で通う店



[特集]習い事で夢を描く
自分が輝く時間



[特集]誰かと一緒に
秋のお菓子たち
713円
2005年夏号





[特集]
涼み、遊び、”宵”の夏


[特集]
奈良の「今と昔」を紡ぐ夏


[特集]
眠れぬ夏の夜ばなし


[特集]奈良を愛する人たち
山本浩之


713円
■特集 春風と出かける小旅行
奈良を愛する人々が案内する、5つの小粋な春の旅。
・冒険家 稲田信廣さんが案内する“奥吉野”
 →春の水を探す旅。
・天理山辺の道ボランティアガイドが案内する“山の辺の道”
 →美しい山々の裾野を歩きながら古代の悠久の歴史を感じる旅。彩り豊かな花見弁当もご紹介
・天理大学文学部教授が案内する“大和路の旅”
 →小説「春の鐘」の舞台である奈良。美を求めた大和路を、小説をもとに歩く旅。
・(株)モンベル 代表取締役である、辰野勇さん・喜代子さん夫妻が案内する“柳生”
 →モンベル社長ならではの、お茶の楽しみ方を教えてくれる。歴史の宝庫で楽しむ野だて。
・つばさツーリストが案内する“室生”
 →古民家染め工房で体験する田舎暮らしやきり絵教室等、田舎の魅力を再発見させてくれる旅。
  大人の林間学校ともいえる旅をご紹介

■特集 春色フレンチ
 奈良のフレンチ界をリードする若手シェフ軍団“テロワール”。
 それぞれの魅力と個性を生かし、春の食材を使った、料理を紹介。計7店舗。

■特集 奈良の彩り
 明日香の菜の花や、春日大社の朱色など、奈良の歴史を色とともにご紹介。

■特集 「春」を告げる上生菓子
 奈良の和菓子店5軒に、俳句の季語をお題に上生菓子を創作していただいた。
 どれもこれも春の新作。
 それぞれの春を楽しんでほしい。

■奈良を愛する人々 Vol.8
 寄席文字書家の橘右佐喜(たちばなうさぎ)さん。
 日本が誇る伝統を未来へとつなぐ橘右佐喜さんをご紹介
713円
奈良で愉しむ贅沢

●奈良を愛する人たち
 河内國平 刀匠
 刀匠が命を注ぎ込む、炎と力と思いの結集

●コラム 暮らしのコーディネイト
 「いつも」に、ほんの少しの「贅沢」をプラスしてみる

●特集 ゆとりの暮らしで心豊かに
 贅を彩る暮らしの小物

 ・お香 お香のほのかに漂う香りに、心安らぐ

 ・フレーム インスピレーションで、イメージをカタチに

 ・ワイングラス 相性が合えば、最上の個性に出会える

 ・シガー シガーと小物たちとのマリアージュ

●特集 奈良の宿で味わう至福の一夜
 贅を極める宿

 ・奈良ホテル 『和』と『洋』が醸し出す、愉悦の瞬間

 ・四季亭 日本の格式と伝統美が静かに息づく宿

 ・江戸三 粋な日本情緒が漂う大人の遊び心に触れる

 ・さこや 遥かな歴史、たゆたう時に身を委ねる

●特集 贅な素材のおせち
 ・西大和 さえき 地元の厳選素材も取り入れた古都懐石

 ・京料理 南 選び抜かれた繊細な味わいの京風おせち料理

 ・桃谷樓 体にやさしいモダンチャイニーズの祝い膳

 ・風流味覚 梁山泊  遊び心を生かして新年の食卓に驚きと感激を

 ・都旬膳 月の舟 三段のお重に詰まった雅な味
 
 ・食房 たけだ 家族で楽しめる和洋折衷のおせち

●特集 県内の食通御用達 全国美味いもの 取り寄せ帖

 ・フリーライター 中島史子さん 花咲カニ、西賀茂チーズほか

 ・菊水楼料理長 松浦菊美さん 湯葉、奈良漬ほか

 ・カメラマン 矢野正善さん リブロースステーキほか

 ・くるみの木オーナー 石村由起子さん 柿の葉ずし、三河みりんほか

 ・蕎麦処藍邸主人 渡辺誠弥さん アマゴ一夜干、赤こんにゃくほか

●特集 素材自慢の旬の味 冬のあったか鍋

 ・猿石 和風炭火料理 舌も心もほっこりの「赤いつみれ鍋」

 ・鴨料理 一品料理 山嵐 造りにもなる新鮮鴨肉の「鴨鍋」

 ・活魚 割烹 日本海 てっさから鍋まで「活け泳ぎてっちりコース」

 ・相撲茶屋ちゃんこ 好の里 元力士の振る舞う名物「ちゃんこ鍋(横綱)」

 ・しゃぶしゃぶ 鹿の子 甘くてまろやかな生駒牛の「しゃぶしゃぶ」

 ・料理旅館 飛鳥荘 キジ・猪肉など地元の味わい満載の「かぎろひ鍋」

 ・和麺匠やまとけん 千草庵 比内地鶏のダシがじんわり染みた「きりたんぽ鍋」

 ・Japanese Dining 耕平 生ずわい蟹を旨みダシでいただく「蟹すきコース」

●奈良の風物詩 かぎろひ
 文=中田紀子
 阿騎野に広がる、幻想的な明け方の光

●企業の顔と貌
 株式会社一歩 山名勉社長

●旬だより
 金ごぼう

naranto(ナラント)の内容

ゆとりを楽しむ大人のために・・・、季節が薫る奈良の魅力を幅広く提供します。
ゆとりを楽しむ大人のために…。『naranto』は、“奈良で、ゆとりある暮らしを楽しむ大人”を意味する造語。経済的にも時間的にもゆとりが生まれ、毎日を充実させたいと願う40、50代をメインターゲットに、レジャーやイベント、グルメ、趣味、暮らしなど、さまざまな情報を幅広く提供します。情感あふれる美しい写真と想像力をかき立てる文章、季節が薫る奈良の魅力をお届けします。

この雑誌の読者はこちらの雑誌も買っています!

naranto(ナラント)の所属カテゴリ一覧

Fujisanとは?

日本最大級雑誌の定期購読サービスを提供

デジタル雑誌をご利用なら

最新号〜バックナンバーまで7000冊以上の雑誌
(電子書籍)が無料で読み放題!
タダ読みサービスを楽しもう!

総合案内
マイページ
マイライブラリ
アフィリエイト
採用情報
プレスリリース
お問い合わせ
©︎2002 FUJISAN MAGAZINE SERVICE CO., Ltd.