※最新号の表紙とは限りません

月刊おりがみ

日本折紙協会
世界にひろがる「おりがみ」情報満載!最新号やバックナンバーもお買い求めいただけます!
季節にあった折り紙の折り方がたくさん載った楽しい雑誌「月刊おりがみ」毎年の行事にあわせた内容を特集します
幼稚園、保育園の壁紙飾りや教材として、また、四季折々の暮らしを飾り、ゆとりある豊かな気持ちを育み子どもから大人まで楽しめます。

月刊おりがみの
定期購読 雑誌

おすすめの購読プラン
すべての購読プラン
初めてのご購入で500円割引
Fujisan.co.jpでご購入が初めての方は、500円割引(5000円以上のご注文にご利用可)となります。 ご注文確認画面のギフト券入力欄に自動的に表示されます。
レビュー投稿で500円割引
好きな雑誌のレビューを投稿すると、すぐにメールで500円割引ギフト券(5000円以上のご注文にご利用可)と、10%割引ギフト券(5000円以下の定期購読にご利用可)が届きます。
  • 月額払いの商品ではご利用いただけません。
  • どちらかひとつのギフト券が 今すぐご利用可能です♪
月刊おりがみのレビューを投稿する
  • 紙版
  • 9,100円(税込)
    5%
    OFF
    1冊あたり758円
  • ◆ 送料:
    無料
  • ◆ 注意事項
    • この購読プランは、ご注文完了後の解約は原則受け付けておりません。
  • 紙版
  • 17,700円(税込)
    8%
    OFF
    1冊あたり738円
  • ◆ 送料:
    無料
  • ◆ 注意事項
    • この購読プランは、ご注文完了後の解約は原則受け付けておりません。
  • 紙版
  • 26,300円(税込)
    9%
    OFF
    1冊あたり731円
  • ◆ 送料:
    無料
  • ◆ 注意事項
    • この購読プランは、ご注文完了後の解約は原則受け付けておりません。

月刊おりがみの商品詳細

  • 出版社名:日本折紙協会
  • 発行間隔:月刊
  • 発売日:毎月1日
  • 1冊定価:801円
季節にあった折り紙の折り方がたくさん載った楽しい雑誌「月刊おりがみ」毎年の行事にあわせた内容を特集します
幼稚園、保育園の壁紙飾りや教材として、また、四季折々の暮らしを飾り、ゆとりある豊かな気持ちを育み子どもから大人まで楽しめます。

月刊おりがみの無料サンプル

436号 (2011年11月01日発売)
436号 (2011年11月01日発売)をまるごと1冊ご覧いただけます
サンプルを見る

月刊おりがみ 535号 (2020年02月01日発売) の目次

特集 ひなまつり


◆こどもとともに飾れる 壁面12 か月
第3 回 3 月流しびな Nagashi hina-dolls
構成創作 斎藤静夫


平安時代に行われた行事に、巳年の3 月の最初の巳の日に桓武天皇が人ひとがた形で体をなで、これを川原に運んで禊祓をしたあと川に流したと記録にあります。一般にも同様な行事がはやり、『源氏物語』には須すま磨の海上で、人形を海に流すくだりがあります。その後、時代にともに祓の神事が薄れて人形は「がん具」として用いられるようになり、室町時代末期ごろからは人形が次第に精巧になって、三月三日の雛段飾りになったといわれています。
 こうして豪華になった人形は流されなくなりましたが、本来の身を清め心の汚れを託した流し雛の風習は、わずかずつ変わりながらも現在に引き継がれている地方もあります。鳥取県では、流し雛を郷土民芸として取り上げて「足利時代から伝わる風習が因いなば幡地方に残り、代々伝わっている」と紹介して流し雛を行事にしているのは全国的にも知られているところです。
 今回の壁面では、水の流れはマーカーで青い線をかすれる程度に引き、その上に銀色を重ねて、水の光を表現しました。クレヨンで描いても効果は出ます。桟さんだわら俵のパーツの数が多いですが、子どもと一緒に折る場合、折り始めの三角は子どもが折って、次は大人が折って、一つのパーツを分けて折り共同作業しても楽しいかと思います。雛に顔を描いたり、冠を付けても面白いでしょう。(斎藤静夫)



◆ミニ知識
◇雛祭り…3月の最初の巳(み)の日に水辺で体を清め、桃の酒を飲んで、穢れをはらうという中国の昔の風習(上巳の祓)が、海や川に出かけて紙や植物で作った人ひとがた形に息を吹きかけ、体をなでて水にながすことで身の穢れをおとして健康を願う、日本
に古くからある信仰と結びつきました。また、中国から伝わり、奈良、平安時代に貴族の間で行われた、曲がりくねった流れに酒杯を浮かべて杯が自分の前を通り過ぎる前に和歌を詠むという風流な「曲(ごく)水の宴」がありました。一方、貴族の女の子たちのお人形さんごっこの「雛遊び」があり、形代(身代わり)としての人形と雛が結びつき、桃の花や貴族風の装束をした雛人形を飾って女の子の健やかな成長を祈るという今の雛祭りの始まりとなりました。
◇流し雛…形代に自分の穢れや災いを引き受けてもらい、水に流す信仰が現在に伝わっている行事です。なお、江戸時代に入って、流してしまうのがもったいない凝った雛人形が飾られるようになると、飾り雛を片付けることが雛を流すことと同じことと考えられ、「雛人形をしまうのが遅いと、お嫁にいけなくなる」という言い伝えが生まれました。
◇雛人形…雛祭りに飾る人形。天皇夫妻をかたどっているものではなく、「皇族や公家の生活はこのようなものなんだろうなあ」という武家や庶民の憧れが反映されていて、その装束もさまざまで正確ではありません。毛氈の上に紙雛や内裏雛を並べて飾っていましたが、五段や七段など階段状の雛壇に、道具や供え物をあわせて飾り、豪華さを競うようになりました。現在の一般的な三段目までの飾り方を以下に説明します。最上段に男雛と女雛の内裏雛、雪洞、金屏風を置きます。向かって左に男雛、その隣に女雛を飾ることが多いです。もともとは逆で、向かって右に男雛が置かれていました。これは天子(天皇)は南を向いて位置し、日が昇る東側が上座になるという古来の考え方からですが、現在は男女左右どちらでもよいとされています。二段目に三人官女です。通常、真ん中が三方を持って坐り、両側
に長柄の酒入れと銚子(柄のない酒入れ)をそれぞれ持って立っています。眉をそって御歯黒をつけた既婚の年配の女性、あどけない少女、成人女性と世代の異なる三人を並べたものもあります。三段目に少年たちの五人囃子です。江戸時代の中ごろ、江戸で生まれました。向かって左から太鼓、大鼓、小こ鼓、笛、謡の順で並びます。これは能楽の囃はやしかた子方と謡の並びと同じです。(なお、今月号の表紙ともくじの五人囃子は、大鼓と笛の場所が
逆になっています。ご注意ください。)



◆おひなさまHina dolls by Mr. Keiji KITAMURA
北村 惠司

おびな、めびな、三人官女、五人ばやしのおひなさまです。比較的、簡単に折ることができます。すべて同じ大きさの紙で折ると左の写真のようにおびなとめびなが小さくなります。表紙の写真のおひなさまは、おびなとめびなを6cm角、三人官女を5cm角、五人ばやしを4cm角で折っています。



◆ミニひな段Tiered platform by Ms. Tomoko TANAKA
田中 具子

同じ大きさの紙を5枚使って作るひな段です。しあげにのりづけをした方がよいですが、5枚をさしこんで組み立てることができる作品です。普通の折り紙よりは少し厚めの、両面同色のタント紙や色画用紙などで折るとよいでしょう。



◆ミニ知識
◇左近桜、右近橘…京都の平安京内裏の中心に建っていた紫ししんでん宸殿は儀式を行う建物でした。「左近桜、右近橘」はこの庭の東側(左)に桜、西側(右)に橘が植えられていたことにちなみます。現在の京都市内にある京都御所の紫宸殿は1855 年に造営、平安時代の様式をほぼ復元しています。
◇ホワイトデー…3 月14 日。バレンタインデーの行事が定着すると、菓子業界はそのお返しの贈り物としてクッキーやマシュマロやキャンディーを宣伝して販売するようになりました。この動きに合わせて、全国飴あめ菓子工業協同組合がバレンタインデーのお返しに男性から女性へキャンディーを贈る日として、1980年3 月14 日に第一回ホワイトデーを設けました。「ホワイト(白色)は純潔のシンボルで、ティーンのさわやかな愛にぴったり」と名付けられたそうです。今はホワイトデーの1か月後の4月14 日に「オレンジデー」が、JA 全農えひめ(全国農業協同組合連合会愛媛県本部)によって2009 年に制定されています。「バレンタインデー」と「ホワイトデー」でうまくいったカップルが、その二人の愛情を確かなものとする日として、オレンジまたはオレンジ色のプレゼントを贈り合う日だそうです。


●ミニ知識参考図書:『家族で楽しむ子どものお祝いごとと季節の行事』(日本文芸社)、『雛まつり親から子に伝える思い』(近代映画社)、『植物と行事』(朝日新聞社)、『節供の古典』(雄山閣)、『川原慶賀の「日本」画帳』(弦書房)、『年中行事・儀礼事典』(東京美術)、『江戸ごよみ十二ケ月』(人文社)、『浮世絵で読む、江戸の四季とならわし』(NHK出版)、『イギリス祭事カレンダー』(彩流社)、『世界大百科事典』(平凡社)、『朝日新聞』(朝日新聞社)



◆おひなさまHina dolls by Ms. Noriko SUMIDA
住田 則子

子どもたちやデイケアの方たちの色紙作品用に考えました。おひなさまに笏や扇をのりづけしたり、ぼんぼりや桃の花などを一緒に飾ったりといろいろ工夫してみてください。(作者)

◆奴さんから犬Dog by Ms. Sho- ko AOYAGI
青柳 祥子

伝承の奴さんから、いろんな作品が生まれると楽しいので、試みています。耳の色を変えることで、また違った感じの犬になりました。(作者)


◆奴さんからの象さんのペーパークリップ
青柳 祥子

奴さんから何かできないかなあといろいろ考えてみた中の一つです。(作者)


◆おひなさまHina dolls by Ms. Hiroshi MIYATA
宮田 弘

人気のあるおひなさまです。使う用紙の大きさがさまざまで、切り込みもありますが、形よくしあげてください。上衣や打掛は和紙などしなやかな紙が折りやすいでしょう。紙の大きさは写真の作品で使ってあるものです。用紙が小さいので、はじめは各辺が2倍の大きさの紙で折ってみましょう。



◆英語でオリガミしよう Let’s enjoy both Origami and English!
Lesson52 
Bird plate(serving plate) by Ms.Noriko SUMIDA
鳥(取り)皿 住田 則子

大きく羽を広げて大空を飛んでいる鳥のイメージで作りました。名前は主人がつけました。「鳥4 と取り4 4とをかけとるんで!」と自慢げ。お菓子をのせたりして使っていただけたらうれしいです。(作者)
I created this model with the image of a bird flying in the sky with its
wings spread wide. My husband proudly named this model “Tori Zara”
which means both a “bird plate” and a “serving plate.” I would be
happy if you put some sweets on this plate. (Author)



◆おってあそぼう!!
回るコースター 川手 章子
Spinning coaster by Ms. Ayako KAWATE

伝承の「糸入れ」を使った作品です。1枚でもまわりますが、折り紙の色の出し方を楽しんでみたいと思い、2枚合わせました。額としても使えそうです。(作者)




◆Piazza NOA 読者の広場

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
 「プレゼントサンタ」のお腹のポケットが気に入りました。孫娘とクリスマスが楽しみです。「おりがみカーニバル」に孫娘たち家族と行きました。孫娘は昨年感動した作品があり、また今年もその方の作品を楽しみに行きました。「わぁ~すごい!」と驚いてばかりでした。
鳥取県 木下さん
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
 「柊のリース」、「リバーシブルの木」、「サンタ」、「星の子」をセットにして知り合いにプレゼントしました。クリスマスの雰囲気もぐっと盛り上がりました。過日近くの中学校で「おり紙の文化」についてお話ししました。連載中の「高木智氏の収蔵資料紹介」が大変参考になり役に立ちました。ありがとうございます。
 福岡県 田村さん
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆



◆信濃支部りんどう作品展報告
信濃支部「りんどう」(支部長 成田光昭) 文:西園寺桔梗/長野県


 2019(令和1)年10月8日(火)~20日(日)の13日間、長野市東町の「ちょっ蔵くらおいらい館」にて信濃支部りんどうの作品展を開催しました。会期中の3連休を台風が直撃し、その後も天候に恵まれず、前年に比べると来館者がかなり減りましたが、悪天候の合間をぬって250名ほどの方が足を運んでくださり、うち100人以上の方が折り紙の体験をされました。
 今年は見ていただいた方の感想をひとつでも多くいただくことを目標として、そのためにお声かけをしようと決めました。その結果、70枚ものアンケートをいただきました。そのほとんどが、お褒めの言葉や励まし、そして「折り紙の概念が変わった」などの内容でした。悪天候の中、見にきていただいた方に「来て良かった」と思っていただいたことが、心のよりどころです。
 昨年の報告書(『524号』)にも少し書かせていただきましたが、会場の「ちょっ蔵おいらい館」が江戸時代の菜種油問屋を移築移転して「市民の作品発表の場」として開放されたのは、2001(平成13)年です。信濃支部りんどうの作品展は、その年から毎年開催させていただいております(一度だけ会場改修のため別会場)。会場使用の予約を取るのが大変なほど人気の会場ですが、開館年から作品展を続けている団体は、信濃支部りんどうだけ、だそうです。
 こんなにも永く作品展を続けてこられたのは、ひとえに会員の日頃の折り紙に対する精進の賜物ではありますがそれだけではなく、りんどうのことを気に掛けてくださる全国の皆様の存在もけっして忘れてはいません。ご周知の通り全国各地に甚大な被害をもたらした台風19号により、長野県も想像を絶する被害を受けました。12日から13日にかけて河川が氾濫し広範囲に渡って浸水被害の報道がなされた時には、「りんどう関係の方々は大丈夫ですか?」とたくさんの方からお電話を頂きました。気にかけてくださったことを誌面をお借りしてお礼申し上げます。ありがとうございました。そして長野県以外にも本当にたくさんの地域・人々が被災されましたので、皆様の一日でも早い復興と元の生活に戻られることをお祈りいたします。
 最後になりましたが、今回県内の協会会貝に声をかけたところ、作品展を見学に来られた方、支部への参加が決まった方などお仲間の輪が広がったこともご報告いたします。


◆第14回北陸おりがみコンベンション報告
金沢支部「金沢おりがみの会」支部長 田中稔憲/石川県


 2019年度の北陸折り紙コンベンションは11月16日(土)・17日(日)、金沢市の石川県文教会館での開催となりました。今回は大阪支部の土戸英二さんに全体講習をお願いしました。参加者は86名、各講時5教室(最終コマは4教室)の内容で行いました。講師の皆様には厚く御礼申し上げます。
 今回はなにか記念になるものをと、お地蔵様のATCカード(アーティスト・トレーディング・カード。カードサイズの小さな作品)を作って参加者全員に差し上げました。また、会場に展示していただいた作品の一部は今回も日本折紙博物館へ年明けに展示させていただこうと思っております。
 今年は、例年になく開催までに様々なことがあり、予定通り参加できなくなる方や講師も急きゅうきょ遽交代する状況等があり、当日まで不安がありましたが、なんとか無事終えてほっとしているところです。とはいえ、次回の開催場所も未定の状態で、今はさらに不安をかかえております。当日まで変更事項が次々起こって、次回場所の手配までなかなか手が回らない状況だったこともあります。とはいえ、従来より規模を縮小することになってもなんとか継続はしていこうと思っております。

さて、毎回喜んでいただいている記念の折図集についてですが、今年は印刷をコピー機に変えたことで、美しく仕上がっており、なかなか好評です。ご希望の方には例年のとおりお分けしますので、お申込みください。また、ゲストの土戸英二さんの17ページに渡る大作「キリスト降誕」の小冊子もご希望の方にお分けすることができます。
 ついてはまずお問い合わせをいただき、先着順でお分けしたいと思います。完売の場合はご容赦ください。折図集は1冊1,200円、「キリスト降誕」は400円です。



◆高木 智 氏 収蔵資料より
監修 岡村昌夫

四條河原夕涼躰(しじょうがわらゆうすずみのてい)
【資料21】
制作年: 江戸時代18 世紀
制作地:江戸(現在の東京都)
ジャンル:大判錦にしきえ絵 三枚続
絵師:鳥居清長


鴨かもがわ川の四条河原は江戸時代に、京都の大歓楽地として賑わいました。また、夏の納涼の場としても定着していました。江戸暮らしの清長は京都には行ったことはなく、江戸名所以外を描くのは珍しいことでした。この絵には川床(かわどこ、または、ゆか。茶屋や料理店がしつらえた川の上の座敷)で涼を取る女性たちがいきいきと描かれています。向かって右の絵の花火をする女性、真ん中の酔った様子の女性たち。向かって左の絵には銚子を取りかえるため廊下を渡る仲居がいます。そしてその隣の、水面に足をつけようとしている女性の着物の裾に折り鶴が描かれています。



豊歳五節句ノ遊 正月(ほうさいごせっくのあそび しょうがつ)
【資料22】
制作年: 江戸時代末期 1843(天保14)年
制作地:江戸(現在の東京都)
版元: 佐野喜
ジャンル:大判錦にしきえ絵
絵師:歌川国貞(三世「豊国」)
大きさ:35.5cm × 26cm 

『おりがみ529 号』で同じ五節句ものの「重陽」を紹介しています。今回は正月。晴れ着を身につけ、姉が羽子板、弟が奴凧を持っています。着物の袖の形のこま絵に、折り鶴が描かれています。参考図書:『折るこころ 折り紙の歴史』執筆 岡村昌夫・1999年龍野市歴史文化資料館(現:たつの市立龍野歴史文化資料館)発行、『原色浮世絵大百科事典』1982年大修館書店発行、『浮世絵事典』1974年画文堂発行、『歌川國貞 これぞ江戸の粋』2016年東京美術発行、『浮世絵大事典』2008年東京堂出版



+   月刊おりがみの目次配信サービス

月刊おりがみのレビュー
総合評価: ★★★★☆ 4.23
全てのレビュー:87件

レビュー投稿で500円割引!
レパトリーが広がる
★★★★☆2019年11月23日 ねこさん 教職員
市販の本だと違いがわかりにくいほど同じような仕上がりになってしまします。この雑誌のおかげで、誰も折ったことのない魅力的な作品が仕上がり、子どもの創作意欲を高めています。
ほめられたい
★★★★☆2019年11月17日 ごっち 公務員
季節に合わせておりがみのかざりをつくってあげています。上手だねって言われると嬉しいです。
息子がはまりました
★★★★☆2019年05月24日 キリン 学生
小学生の息子は、折り紙に夢中で学校にも持ち歩き、友達に教えたりしているみたいです。初めてなので、説明がわかりにくいところもあり親も一緒に考えたりと、一緒に楽しめます。
おススメです!
★★★★★2019年05月17日 ひさあき 自営業
わかりやすく、キレイな月刊誌です。おりがみの購入にも使わさせていただきました。
月間おりがみ436号
★★★☆☆2019年04月05日 あい 大学生
おりがみに関連する折り方以外の豊富なコーナーがあってとても興味深い内容である。
楽しい
★★★☆☆2019年03月17日 ひろ パート
折り紙講師の資格が欲しくて読み始めました。昇給試験にも挑戦したいです。脳の活性にも役立つし、折り紙楽しい。
参考になります
★★★★★2019年01月14日 博士 学生
折り紙を折るのにとても参考になります。季節のおりがみができるので、楽しい雑誌です。
毎号届くのが楽しみです。
★★★☆☆2018年12月13日 ひなた 専業主婦
講師の資格を取りたいと折り紙を始めました。季節に合わせた作品が掲載されているので、折って飾り楽しんでいます。
折り紙の月刊誌があることを初めて知りました。
★★★★★2018年08月25日 はとぽん 無職
職場でこどもたちと一緒に折り紙をする機会をもらってからはまりました。次は何を折ろうかとネットで検索していると、この月刊誌に行きつきました。季節の折り紙などもたくさん載っていて毎月届くのが楽しみです。今では子供たちの技術も少しずつ上がってきて少し難しい作品もおれるようになってきていているので、この月刊誌に乗っている作品にも挑戦していきたいです。
折紙の輪!
★★★★★2017年11月08日 小つる パート
毎月届くのを楽しみにしてます。折紙の魅力をもっとたくさんの人に広めていきたいです。
レビューをさらに表示

月刊おりがみをFujisan.co.jpスタッフが紹介します

月刊おりがみは、文字通り、世界的にも注目されている「おりがみ」の折り方を詳しく紹介しているマガジンです。私は幼稚園に勤務しているのですが、子供たちと一緒に遊ぶためにおりがみに興味を持ち始めました。ネットで簡単にできるものはないかと検索していたところ、この「月刊おりがみ」の存在を知ったというわけです。実際に手に取って読んでみると、オーソドックスなもの以外にオリジナリティあふれる作品もいっぱい紹介されていて驚きました。クリスマスやイチゴなどいかにも子供が好きそうな作品もあり、すごく参考になります。

月刊おりがみを買って良かった点は、写真をふんだんに使って詳しく折り方を紹介してくれることです。他のおりがみを紹介している雑誌の場合、写真があまり掲載されておらず折り方が分からなくなることが多いです。しかし、月刊おりがみではそのようなことがないので安心して楽しめます。子供向けから大人向けのちょっと難しい作品までいろいろありますが、完成した時の達成感は何とも言えないくらいに嬉しいものです。子供もおりがみの時間になると楽しそうにしてくれることでしょう。月刊おりがみは、豊かな気持ちを育む上で欠かせない雑誌です。

月刊おりがみのバックナンバー

801円
801円
801円
801円
801円
801円

月刊おりがみを買った人はこんな雑誌も買っています!

趣味・芸術 雑誌の売上ランキング

月刊おりがみの所属カテゴリ一覧

キャンペーン&TOPICS

ご存知ですか?
Fujisan.co.jpにはお得なサービスが満載です!
定期購読
雑誌は定期購読がお得です!初めての方500円割引♪
もっと詳しく ▶︎
タダ読みサービス
無料で雑誌が読み放題♪今日発売のあの雑誌も。
もっと詳しく ▶︎
法人サービス
年間5万円以上ならお得な法人プレミアムサービスで!
もっと詳しく ▶︎
アフィリエイト
あなたのサイトで雑誌をおすすめしてみませんか?
もっと詳しく ▶︎
カテゴリ一覧
女性ファッション 雑誌
きれいめ・大人カジュアル系 雑誌 モード系・コレクション 雑誌 フェミニン系 雑誌 ママ・主婦 雑誌 コンサバ系 雑誌 ナチュラル系 雑誌 カジュアル系 雑誌 オフィスカジュアル 雑誌 子ども・キッズファッション 雑誌 ガーリー系 雑誌 ティーンズファッション 雑誌 原宿系 雑誌 着物・和服 雑誌 ギャル系 雑誌 セレブ系 雑誌 森ガール系 雑誌
メンズファッション 雑誌
メンズきれいめカジュアル 雑誌 モノ・グッズ 雑誌 メンズカジュアル 雑誌 ストリートファッション系 雑誌 スーツ・トラッド系 雑誌 アメカジ 雑誌 オラオラ系・お兄系 雑誌 腕時計・ブランド 雑誌 古着系 雑誌
ビジネス・経済 雑誌
経営・マネジメント 雑誌 海外事情・国際ニュース 雑誌 政治 雑誌 マネー・投資 雑誌 ビジネス・経済専門誌 求人・転職情報誌 法律・法務 雑誌 環境・エネルギー 雑誌 広告・マーケティング 雑誌 流通・小売 雑誌 人事・総務 雑誌 四季報 外食・ホテル業界 雑誌 会計・税務・経理 雑誌 農業・畜産・漁業 雑誌 飲食店経営・調理師 雑誌 金融 雑誌 貿易 雑誌 地方自治・行政 雑誌 起業・独立開業 雑誌 企業年鑑・データ 業界データブック 自己啓発 雑誌 ビジネスCD・通信教育 株・FX 雑誌 就職・就活 雑誌
健康・生活 雑誌
子供・児童学習 雑誌 子育て・育児 雑誌 家事・生活情報 雑誌 健康・家庭医学 雑誌 住宅・リフォーム 雑誌 住宅情報・賃貸 雑誌 インテリア・雑貨 雑誌 田舎暮らし・エコ・スローライフ 雑誌 結婚情報・ウェディング 雑誌 絵本・大型絵本 妊婦・赤ちゃん 雑誌
スポーツ 雑誌
サッカー・フットサル 雑誌 高校野球・プロ野球 雑誌 ゴルフ 雑誌 その他球技・競技 雑誌 釣り 雑誌 相撲・武術・武道 雑誌 筋トレ・ボディビル 雑誌 ダイビング・マリンスポーツ 雑誌 スノーボード・スキー 雑誌 ランニング・ウォーキング 雑誌 テニス・卓球 雑誌 バレエ・社交ダンス 雑誌 スポーツ医学・コーチング 雑誌 自転車・サイクリング 雑誌 サーフィン・ボディーボード 雑誌 バスケットボール 雑誌 F1・モータースポーツ 雑誌 ダンス 雑誌 プロレス・格闘技 雑誌 ボクシング 雑誌 水泳・ボート 雑誌 ラグビー・アメフト 雑誌
バイク・自動車・乗り物 雑誌
オートバイ 雑誌 カスタムカー・バイク 雑誌 外車・輸入車 雑誌 4WD・RV 雑誌 新車・ニューモデル情報 鉄道・電車 雑誌 飛行機・航空機 雑誌 中古車・中古バイク 雑誌
芸能・音楽 雑誌
テレビガイド・番組表 雑誌 音楽情報誌 エンタメ 雑誌 DVD(ビデオ)マガジン 映画・シネマ 雑誌 韓国(韓流・K-POP) 雑誌 ピアノ・クラシック 雑誌 ギター・ロック 雑誌 演劇・舞台 雑誌 洋楽 雑誌 ジャズ(JAZZ) 雑誌 ジャニーズ 雑誌 グラビア・アイドル 雑誌 写真週刊誌・ゴシップ 雑誌 写真集
グルメ・料理 雑誌
レシピ 雑誌 グルメガイド・レストラン 雑誌 お酒(ワイン・日本酒など) 雑誌 栄養学・食育 雑誌 パン・スイーツ 雑誌
旅行・タウン情報 雑誌
京都・関西 雑誌 関東 雑誌 東京(TOKYO) 雑誌 九州 雑誌 東海 雑誌 東北 雑誌 北海道 雑誌 北陸・信越 雑誌 中国地方 雑誌 四国 雑誌 沖縄情報 雑誌 旅行情報誌 温泉 雑誌 リゾート・レジャー 雑誌 タイ・アジア 雑誌 ハワイ 雑誌 その他 海外情報 雑誌 鉄道・バス時刻表本 航空時刻表
アニメ・漫画 雑誌
少年コミック・漫画 少女コミック・漫画 青年コミック・漫画 レディース(女性)コミック アニメ 雑誌 声優 雑誌 comics&アメコミ ディズニー・キャラクター 雑誌 コスプレ 雑誌 BL(ボーイズラブ)コミック・雑誌
ペット・動物 雑誌
犬 雑誌 猫 雑誌 トリマー・ペット業界 雑誌 魚・熱帯魚 雑誌 昆虫 雑誌 ペットその他 雑誌
文芸・総合 雑誌
女性総合誌 男性総合誌 カルチャー・文化 雑誌 文芸誌・小説 雑誌 時事・社会 雑誌 機内誌 宗教 雑誌 歴史・史学 雑誌 思想・心理学 雑誌 俳句・短歌・詩 雑誌 占い・開運 雑誌 書道 雑誌
趣味・芸術 雑誌
デザイン・アート 雑誌 プラモデル・模型 雑誌 ガーデニング・園芸 雑誌 手芸・ハンドメイド 雑誌 パズル・クイズ 雑誌 ナンプレ・数独 雑誌 クロスワード・ナンクロ 雑誌 ミリタリー・サバゲー 雑誌 競馬・競輪・競艇 雑誌 オーディオ・ステレオ 雑誌 アウトドア・キャンプ 雑誌 カメラ・写真 雑誌 分冊百科・ワンテーママガジン 将棋・囲碁 雑誌 イラスト・グラフィックデザイン 雑誌 建築・住宅建築 雑誌 陶芸・骨董 雑誌 ラジオ・無線 雑誌 ゲーム 雑誌 フィギュア・ホビー 雑誌 DIY・工具 雑誌 パチンコ・パチスロ 雑誌 ハイキング・登山 雑誌 麻雀 雑誌
ヘアカタログ・美容 雑誌
メイク・ネイル 雑誌 フィットネス 雑誌 ヘアスタイル 雑誌 ヨガ 雑誌 美容専門誌 ダイエット 雑誌 アロマ 雑誌
看護・医学・医療 雑誌
ナース 雑誌 介護・福祉 雑誌 医療技術 雑誌 薬学 雑誌 臨床外科 雑誌 臨床内科 雑誌 医療時事 雑誌 歯科 雑誌 獣医学 雑誌 理学療法 雑誌 その他 医学雑誌
教育・語学 雑誌
その他 NHKテレビ・ラジオテキスト NHK語学テキスト 幼児教育 雑誌 小学生教育 雑誌 中学教育 雑誌 高校教育 雑誌 受験・留学 雑誌 試験問題集・資格 雑誌 日本語学習 教材 ハングル・韓国語学習 教材 中国語学習 教材 リスニング教材・語学CD 英語教育・英会話 教材 フランス語学習 教材 ドイツ語学習 教材 スペイン語学習 教材 その他 語学雑誌 教員・教師 雑誌 通信・教育講座
テクノロジー・科学 雑誌
宇宙・天文 雑誌 機械 雑誌 化学 雑誌 情報処理 雑誌 地球科学・環境問題 雑誌 生物・生物学 雑誌 数学・物理 雑誌
パソコン・PC 雑誌
コンピューター・自作PC 雑誌 ネットワーク・セキュリティ 雑誌 Webデザイン・プログラミング 雑誌 DTP・グラフィック 雑誌 アプリ・スマホ 雑誌 インターネット 雑誌 Mac・マック 雑誌
新聞・業界紙
英字新聞 業界新聞・専門紙 新聞縮刷版 切り抜き・クリッピングマガジン 全国紙(新聞) 中国語 新聞・業界紙 地方紙(新聞)
洋(海外)雑誌
English newspaper Science&Nature Magazines Language&Education Magazines Money&Business& Magazines Fashion&Style Magazines others Design&Architecture Magazines Hobby&Entertainment Magazines Home&Interior Magazines Computers&Electronics Magazines バイリンガルマガジン・雑誌
中国雑誌
中国 ビジネス・経済 雑誌 中国 旅行・タウン情報 雑誌 中国 趣味・芸術 雑誌 中国 看護・医学 ・医療 雑誌 中国 文芸・総合 雑誌 中国 教育・語学 雑誌 中国 テクノロジー・科学 雑誌 中国 スポーツ 雑誌 中国 ファッション 雑誌 高等文化院校学報 高等理工学院学報 中国 バイク・車・乗り物 雑誌 中国 健康・生活 雑誌 中国 学生・こども向け 雑誌
その他
その他 雑誌