月刊おりがみ 発売日・バックナンバー

全210件中 1 〜 15 件を表示
2021年6月号
特集 気になる生きもの

<掲載作品>
①COW(乳牛) 半田丈直
②ほたる 土戸英二
③ゾウ、きりん 中村桂一
④でで虫(かたつむり) 古典
⑤いのしし 笠原邦彦
⑥ツートンカラーの舟 川手章子
⑦バラのコサージュ 二渡昌子
⑧1枚折りのアジサイ 桃谷好英


<連載>
①紙遊び~色紙にえがく十二月~
六月 野あがり
構成・創作 二階堂玲子 
協力 魚住清子、山中小夜子
③英語でオリガミしよう(67)ソファー 伝承
③おりがみギャラリーNo.365
2020おりがみカーニバル入賞作品紹介5
④折り図のヒミツ(49)

・NOA Information
・11月11日「おりがみの日」記念作品募集
・みんなの作品展
・Piazza NOA(読者の広場)
・高木智氏収蔵資料紹介35
・おりがみガーデン
・NOAブックス紹介(裏表紙)

世界にひろがる「おりがみ」情報満載!最新号やバックナンバーもお買い求めいただけます!
季節にあった折り紙の折り方がたくさん載った楽しい雑誌「月刊おりがみ」毎年の行事にあわせた内容を特集します
幼稚園、保育園の壁紙飾りや教材として、また、四季折々の暮らしを飾り、ゆとりある豊かな気持ちを育み子どもから大人まで楽しめます。


2021年5月号
特集 こどもの日


①金太郎、くま、柏餅 青柳祥子
②鶴の扇カード 髙木ひろみ
③あやめ 東海林伸嘉
④三輪車 松野幸彦
⑤ちっちゃな赤ちゃん 川手章子
⑥カーネーション 髙木ひろみ
⑦ツバメ 武井春美
⑧アヒルちゃん 川手章子

連載
①紙遊び~色紙にえがく十二月~
五月 こどもの日
構成・創作 二階堂玲子 
協力 魚住清子、山中小夜子
③英語でオリガミしよう(66)兜
松野幸彦
③おりがみギャラリーNo.364
2020おりがみカーニバル入賞作品紹介4
④折り図のヒミツ(48)

・NOA Information
・おりがみニュース
・Piazza NOA(読者の広場)
・支部だより
・高木智氏収蔵資料紹介33
・おりがみガーデン
・NOAブックス紹介(裏表紙)
801円
2021年4月号
特集 はなやぐ春



①立ちウサギ 田口健司
②うさぎのカード、にんじん 髙木ひろみ
③チューリップ 住田則子
④バラ 堤 政継
⑤セイヨウオダマキ 川手章子
⑥パンジー 児玉 功
⑦五弁の花(パリムラ型) 丹羽兌子
⑧花包み 伝承
⑨ちょうちょ 髙木 ひろみ


①紙遊び~色紙にえがく十二月~
四月 猫の歳事記
構成・創作 二階堂玲子 
協力 魚住清子、山中小夜子
②(新連載)変化を楽しむ
(1)リース作り 永田紀子
③英語でオリガミしよう(65)インコ
中島 進
③おりがみギャラリーNo.363
2020おりがみカーニバル入賞作品紹介3
④折り図のヒミツ(47)

・NOA Information
・みんなの作品展
・Piazza NOA(読者の広場)
・高木智氏収蔵資料紹介33
・おりがみガーデン



A4 1部カラー 52頁
801円
2021年3月号
特集 ひなまつり


①おひなさま 住田則子
②菱鶴、亀甲菱、菱 くわばらさよこ
③いぬ 笠原邦彦
④椿の手さげ 二渡昌子
⑤トトロの折り紙 髙木ひろみ
⑥花、六角に麻の葉 古典
⑦ぼんぼり 丹羽兌子
⑧ナプキンホールダー 青柳祥子
⑨いぬのお守り 川手章子



連載
①紙遊び~色紙にえがく十二月~
三月 春を生ける
構成・創作 二階堂玲子 
協力 魚住清子、山中小夜子
②英語でオリガミしよう(64)おひなさま
笠原邦彦
③おりがみギャラリーNo.362
2020おりがみカーニバル入賞作品紹介2
④折り図のヒミツ(46)


・NOA Information
・みんなの作品展
・Piazza NOA(読者の広場)
・高木智氏収蔵資料紹介32
・おりがみガーデン



A4 1部カラー 52頁
801円
2021年2月号
特集 福をよぼう




①鬼に金棒 桃谷好英
②神明鳥居と明神鳥居 半田丈直
③ハート 朝日 勇
④ハートの名札(リボン付き、リボンなし) 髙木ひろみ
⑤ツノかくしコースター 川手章子
⑥キツネ 奥田光雄
⑦招き猫 髙木ひろみ
⑧あまびえ 丹羽兌子
⑨大黒様 岡村昌夫



①(新連載)紙遊び~色紙にえがく十二月~
二月 福はうち
構成・創作 二階堂玲子 
協力 魚住清子、山中小夜子
②英語でオリガミしよう(63)刀
熊坂 浩
③おりがみギャラリーNo.361
2020おりがみカーニバル入賞作品紹介1
④折り図のヒミツ(45)


・NOA Information
・Piazza NOA(読者の広場)
・2020「おりがみの日」記念イベントレポート
・高木智氏収蔵資料紹介31
・おりがみガーデン



A4 1部カラー 52頁

801円
2021年1月号
特集 うし年のお正月


①うし 北村惠司
②丑のポチ袋 梨本竜子
③漢字の牛 伊達光一
④牛 黒岩琢磨
⑤ウメ 桃谷好英
⑥牛乳パック 半田丈直
⑦ソフトクリーム 志岐成友
⑧桜形ユニット 川手章子
⑨絵馬 くわばらさよこ
⑩牛 中村桂一



①(新連載)紙遊び~色紙にえがく十二月~
一月 春を迎える
構成・創作 二階堂玲子 
協力 魚住清子、山中小夜子
②英語でオリガミしよう(62)ウシ
北村惠司
③おりがみギャラリーNo.360
世界のおりがみ展より「護ろう世界遺産(国外編2)」
④新年の挨拶 半田丈直
⑤折り図のヒミツ(44)

・NOA Information
・Piazza NOA(読者の広場)
・支部だより
・高木智氏収蔵資料紹介30 監修:岡村昌夫
・おりがみガーデン
・草 伝承
・ノアちゃんとトムくん 原作:内山興正「紙子ちゃん」


A4 1部カラー 52頁
801円
特集 クリスマス


①ベビーシューズ 青柳祥子
②こたつBOX 梨本竜子
③キリスト降誕 土戸英二
④サンタクロース 青木 良
⑤キャンドルのオーナメント 二渡昌子
⑥りぼんのコースターとリース 植森豊子
⑦カップリングケース 川手章子
⑧ティーポット 磯野陽子
⑨コーヒーカップ 熊坂 浩



①こどもとともに飾れる壁面12か月(最終回)12月 リースを飾ろう
構成・創作:斎藤静夫
②英語でオリガミしよう(61)サンタクロース
髙木ひろみ
③おりがみギャラリーNo.359
世界のおりがみ展より「護ろう世界遺産(国外編1)」
④折り図のヒミツ(43)

・NOA Information
・Piazza NOA(読者の広場)
・高木智氏収蔵資料紹介29 監修:岡村昌夫
・おりがみガーデン


A4 1部カラー 52頁
801円
特集 ミニ折紙シンポジウムin月刊おりがみ


①薔薇 田中念憲
②正方形の紙からの荷舟(ふね) 伝承
③4×4の市松模様
④もみじツル 川手章子
⑤ローズ・ブーケ 横山文恵
⑥アンティーク風ソファ 磯野陽子
⑦リス 髙山三千江
⑧イーゼルとミニ色紙 髙山三千江
⑨つぼ 伝承




①こどもとともに飾れる壁面12か月(11)11月 風のあしあと
構成・創作:斎藤静夫
②英語でオリガミしよう(60)おすべりにんぎょう
笠原邦彦
③おりがみギャラリーNo.358
日本の世界遺産
④折り図のヒミツ(42)特別編「和」

・NOA Information
・Piazza NOA(読者の広場)
・高木智氏収蔵資料紹介28 監修:岡村昌夫
・おりがみガーデン


A4 1部カラー 52頁
801円
特集 ハロウィン



①魔女 丹羽兌子
②いろいろなポーズの小人さん 川手章子
③コフィンおばけ 高木ひろみ
④きのこのパッケージ 梨本竜子
⑤猫 松野幸彦
⑥バケツ 髙木ひろみ
⑦ジャック・オー・ランタンのミニ封筒 髙山三千江
⑧ケイタイケース 川手章子
⑨祈りの「ヨゲンノトリ」 ハーレー静代
⑩ニコちゃん 梅岡千佳



①こどもとともに飾れる壁面12か月(9)10月 みのりの秋
構成・創作:斎藤静夫
②英語でオリガミしよう(59)ふくろう
髙山三千江
③おりがみギャラリーNo.357
おりがみカーニバルアンコール
④折り図のヒミツ(41)

・NOA Information
・11月11日「おりがみの日」記念作品募集
・Piazza NOA(読者の広場)
・みんなの作品展
・高木智氏収蔵資料紹介27 監修:岡村昌夫
・おりがみガーデン
・とんがり帽子、学校 伝承


A4 1部カラー 52頁
801円
特集 秋の始まり




①升に鶴(堤 政継)
②3枚でできる薬玉(青柳祥子)
③ケーキのようなお花のリース(ハーレー静代)
④花の小物入れ(住田則子)
⑤メリーゴーランド(伝承:笠原邦彦紹介)
⑥1ドル札の指輪(創作者不詳)
⑦おむすびメッセージカード(梨本竜子)
⑧ネズミくんとウサちゃんとたぬきさん(川手章子)
⑨折り紙マスクインナーNo.2(三武美紀) 
⑩見守りじぞうさん(植森豊子)
⑪かやら草の海老(古典)
⑫ききょうの花(伝承)



①こどもとともに飾れる壁面12か月(9)9月 あかね空
構成・創作:斎藤静夫
②英語でオリガミしよう(58)箸袋からの箸置き
伝承
③おりがみギャラリーNo.356
おりがみカーニバルアンコール
④折り図のヒミツ(40)

・NOA Information
・11月11日「おりがみの日」記念作品募集
・Piazza NOA(読者の広場)
・おりがみニュース・NOA通販
・高木智氏収蔵資料紹介26 監修:岡村昌夫
・おりがみガーデン
801円
特集 夏

>
①太陽 笠原邦彦
②Flower bowl(花のボウル) 半田丈直
③すいかのぽち袋 浅井かづゑ
④デコレーション 川手章子
⑤河童のマスク 山田勝久
⑥デフォルメぶたくん 植森豊子
⑦ハートのハイヒール 二渡昌子
⑧さかなのお盆玉袋 梨本竜子
⑨漢字の平和 伊達光一

>
①こどもとともに飾れる壁面12か月(8)8月 そよかぜ
構成・創作:斎藤静夫
②おってあそぼう!!(177)
望遠鏡 笠原邦彦
③英語でオリガミしよう(57)
マスクをしているうさぎさん 青柳祥子
④おりがみギャラリーNo.355 
こうちゃんのもじもじおりがみ 伊達光一
⑤折り図のヒミツ(39)
⑥NOA Information
⑦Piazza NOA(読者の広場)
⑧おりがみニュース
⑨折紙講師資格取得への道のり
⑩東京おりがみミュージアムへ行こう!(23)
⑪高木 智氏 収蔵資料紹介25 監修:岡村昌夫


A4 1部カラー 52頁
801円
特集 七夕 星に願いを

<掲載内容>
①富士山の差し込みスタンド  髙木ひろみ
②織姫・彦星のたんざく、織姫・彦星  髙山三千江
③星の箸袋  山田勝久
④いのりの星メダル  川手章子
⑤前向きのうし  笠原邦彦
⑥おかざりケース  川手章子
⑦荷舟(ふね) 伝承
⑧フラワースター  住田則子
⑨お腹の白い奴さん、くす玉  青柳祥子
⑩団扇  半田丈直
⑪ほおずき  くわばらさよこ
⑫ジュゴン  笠原邦彦
  

<連載>
①こどもとともに飾れる壁面12か月(7)7月 水辺の星
構成・創作:斎藤静夫
②英語でオリガミしよう(56)花短冊  くわばらさよこ
③おりがみギャラリーNo.354
磯野陽子 作品集 弦楽器と私のお気に入り
④NOA Information
⑤Piazza NOA(読者の広場)
⑥World Origami Report
⑦おりがみニュース(蔵書紹介2)
⑧高木 智氏収蔵資料紹介24
⑨おりがみガーデン


A4 1部カラー 52頁


~日本折紙協会(http://www.origami-noa.jp/)とは~
NIPPON ORIGAMI ASSOCIATION (NOA)
日本折紙協会は、折り紙を世界の国々により一層普及させたいという思いと、幼児教育に限らず、大人の趣味、高齢者や身障者の方のリハビリテーションなど様々な可能性をもつ「おりがみ」普及の一助となりたいという考えから1973年10月27日に結成されました。
現在では、月刊「おりがみ」の発行、「世界のおりがみ展」「折紙シンポジウム」の開催、「おりがみ級」「折紙講師」「折紙師範」「折紙上級師範」の認定、「おりがみの日」記念イベントの実施、「日本折紙博物館」との提携など、おりがみ普及のためにさまざまな活動を行っています。

~会員になるには~
月刊「おりがみ」の年間購読を申し込めばどなたでも会員になれます。会員の特典として、協会発行単行本と協会取扱い折り紙商品の割引購入、月刊「おりがみ」への創作作品投稿、「世界のおりがみ展」「おりがみの日」「折紙シンポジウム」など協会主催行事に参加および作品を応募できるほか、「おりがみ級」「折紙講師」の申請資格があたえられます。

~月刊「おりがみ」とは~
会員から投稿される創作折り紙作品(話題の動物やキャラクター、季節にそった行事・イベントに関するもの)の折り図(折り方を図で順番に説明したもの)を紹介するほか、会員の折り紙活動を紹介します。折り図の順番通りに折っていけば完成できるので、小学生から90代の方まで1万人を超える会員の方がおりがみを楽しんでいます。
月刊「おりがみ」は毎月末ごろお届けします。

~世界のおりがみ展とは~
さまざまな情景を折り紙で表現した立体パノラマ作品(おりがみブースといいます)と個人作品の展示コーナーにおりがみ教室を加えたイベントが『世界のおりがみ展』です。もちろん書籍や折り紙用紙の物販コーナーを加えることもできます。

現在、世の中では様々なイベントが行われていますが「世界のおりがみ展」は動員催事と文化催事を兼ね備えた独特の巡回展で、1976年の第1回展より20年以上の歴史があります。

3年に1度ひとつのテーマにそって制作され、お子様ばかりではなく大人の方にも十分楽しんで頂き、毎回皆様に驚きと感動の世界を展開しています。なお、「世界のおりがみ展」には、外務省と文化庁の後援を戴いております。他に都道府県・市町村・地元教育委員会・マスコミ等に後援を戴いている場合もございます。

おりがみ展は、おりがみブース・個人作品展示とおりがみ教室に、オプションの[販売コーナー]で構成するおりがみイベントです。
[おりがみブース]は、数え切れないほどの作品によって作られたジオラマが、所狭しと展示されています。約90㎝角の展示台(ブース)とパネル(壁面)作品を基本に組合せて大小変化にとんだ装飾を可能にしています。又、この展示台は折りたたみ式で、運搬時には箱型に収納して運べるようになっています。

[個人作品]は、折り紙作品コンクールの対象になり、日本国内のみならず、世界20数カ国から送られてきた作品が、200余点集まります。その中から、外務大臣賞、国際交流基金理事長賞、NHK会長賞などの賞が授与されています。さらに、折紙著名人の作品も招待作品として展示します。

[おりがみ教室]は、日本折紙協会認定の折紙講師により行われています。1回40分の講座が1日数回行われ、いずれの会場でも連日大好評を頂いております。

[販売コーナー]は、日本折紙協会編集発行の月刊誌「おりがみ」、折り紙専門書、有名折り紙メーカーの商品(折り紙用紙等)を豊富に取り揃え、販売しています。これらの商品は、日本折紙協会がまとめて会場へ搬入・搬出致します。

この「世界のおりがみ展」は過去には全国の有名百貨店の催事として多く実施され、開催期間は標準で6日間前後です。集客には実績があり、「これほど折り紙が人気のあるものとは思わなかった」と催事のご担当者には必ず驚かれ、喜ばれます。昨年夏には日本橋三越本店催事場で実施し、大好評のうちに幕を閉じました。

来訪者としては、年配の方はもちろんですが、お子様連れのファミリー層も多いです。ベテランの折紙講師が懇切丁寧に教えますので、親子で皆さん楽しんでいかれます。当協会が活動趣旨に掲げている「折り紙の普及」にご協賛いただき、ぜひとも開催をご検討いただきたいと存じます。

~折紙シンポジウムとは~
全国各地で毎年夏(7月下旬)に開催。講演会、児童教育部会、歴史研究部会、創作部会、折り紙教室などにより新たな折り紙の世界に触れる機会として、また会員相互の情報交換や懇親の場として2泊3日の日程を行楽地(温泉地)で楽しく過ごします。世界各国から毎年300名を超えるおりがみファンが集まる世界最大の「おりがみイベント」です。

~おりがみの日(11月11日)とは~
この日は世界平和記念日であり、また数字の「1」が4つで正方形折り紙の4辺を表すことから、日本折紙協会では「おりがみの日」としています。この日を中心にして、会員の皆さんから寄せられた作品の展示会「おりがみカーニバル」を東京スカイツリータウン ソラマチイーストヤード5Fで開催します。

~「おりがみ級」と「折紙講師」とは~
「おりがみ級」とは、主に16歳未満の会員のための資格です。月刊「おりがみ」で指定している作品を規定数折って協会に送付し、認定されると「おりがみ級認定証」が授与されます。最初は10級からスタートします。16歳未満の1級取得者には申請により「こどもおりがみ博士」認定証と、NOA特製バッジが授与されます。(詳細は月刊「おりがみ」をお読みください)

「折紙講師」資格は、16歳以上の会員であればどなたでも申請できます。協会発行の「おりがみ4か国語テキスト100」を購入し、テキスト掲載の全作品約100点を自作完成させた形で申請書(テキスト巻末)とともに協会に送付し、申請料3,300円を納付(下記口座番号へ郵便振替)します。その後審査会が全作品合格と認定した方に折紙講師認定証、資格証、講師指導の手引を授与します。不合格作品があれば、その作品のみ折り直して再提出いただきます。(詳細は月刊「おりがみ」をお読みください)。

口座番号00110-6-188035 加入者名「日本折紙協会」

~おりがみをおしえる~
老人ホームや社会福祉施設、自治体主催のサークル、保育関係施設・学校、文化センター、カルチャー教室などなど、さまざまな場所でおりがみは活躍しています。
独自にボランティアで教えている会員の方も多くおられますが、協会には全国から「おりがみを教えてくれる方を紹介して欲しい」という依頼が毎月あり、折紙講師資格をお持ちの会員の方に指導をお願いしております(協会より報酬を支給)。
おりがみ教室では、お子さんから年配の方まで「おりがみをおぼえたい」という気持ちにこたえようと講師も真剣です。熱のこもった授業を終えて帰られる皆さんの表情は満足そうですが、講師の方は生徒の「ありがとう」の言葉に安心しつつも、もっとわかりやすい説明はないだろうかと考えるようです。毎回真剣勝負なので様々な苦労がありますが、いろいろな形で努力が報われるようです。

~おりがみ教室とは~
日本折紙協会事務局では、全国の日本折紙協会公認の折紙講師を派遣しています。
おりがみ教室をご依頼いただく際は、専用の申込書をご提出いただきますので、
協会ホームページをご覧ください。
必要事項をご記入の上、実施日の最低1~2月前にご提出ください。


801円
世界にひろがる「おりがみ」情報満載!
季節にあった折り紙の折り方がたくさん載った楽しい雑誌「月刊おりがみ」毎年の行事にあわせた内容を特集します
幼稚園、保育園の壁紙飾りや教材として、また、四季折々の暮らしを飾り、ゆとりある豊かな気持ちを育み子どもから大人まで楽しめます。


特集 雨の日はおうちであそぼう

<掲載内容>
①桃 伝承
②かたつむりBOX 梨本竜子
③てるてる坊主の封筒 青柳祥子
④アジサイ 桃谷好英
⑤漢字の生 伊達光一
⑥角鉢 川手章子
⑦野球帽 渡辺眞寿美
⑧四つ葉のおはじき 髙木ひろみ
⑨竹とんぼ 朝日 勇

<連載>
①こどもとともに飾れる壁面12か月(6)6月 虹の精
構成・創作:斎藤静夫
②英語でオリガミしよう(55)フレーベル時代のかえる
古典(紹介:笠原邦彦)
③おってあそぼう!!(176)シャトルコック、コロコロ
石橋美奈子

・おりがみギャラリーNo.353 2019おりがみカーニバル入賞作品紹介・5
・折り図のヒミツ(37)
・NOA Information
・Piazza NOA(読者の広場)
・支部だより
・みんなの作品展
・おりがみニュース
・高木 智氏 収蔵資料紹介23 監修:岡村 昌夫
・おりがみガーデン

A4 1部カラー 52頁



~日本折紙協会(http://www.origami-noa.jp/)とは~
NIPPON ORIGAMI ASSOCIATION (NOA)
日本折紙協会は、折り紙を世界の国々により一層普及させたいという思いと、幼児教育に限らず、大人の趣味、高齢者や身障者の方のリハビリテーションなど様々な可能性をもつ「おりがみ」普及の一助となりたいという考えから1973年10月27日に結成されました。
現在では、月刊「おりがみ」の発行、「世界のおりがみ展」「折紙シンポジウム」の開催、「おりがみ級」「折紙講師」「折紙師範」「折紙上級師範」の認定、「おりがみの日」記念イベントの実施、「日本折紙博物館」との提携など、おりがみ普及のためにさまざまな活動を行っています。

~会員になるには~
月刊「おりがみ」の年間購読を申し込めばどなたでも会員になれます。会員の特典として、協会発行単行本と協会取扱い折り紙商品の割引購入、月刊「おりがみ」への創作作品投稿、「世界のおりがみ展」「おりがみの日」「折紙シンポジウム」など協会主催行事に参加および作品を応募できるほか、「おりがみ級」「折紙講師」の申請資格があたえられます。

~月刊「おりがみ」とは~
会員から投稿される創作折り紙作品(話題の動物やキャラクター、季節にそった行事・イベントに関するもの)の折り図(折り方を図で順番に説明したもの)を紹介するほか、会員の折り紙活動を紹介します。折り図の順番通りに折っていけば完成できるので、小学生から90代の方まで1万人を超える会員の方がおりがみを楽しんでいます。
月刊「おりがみ」は毎月末ごろお届けします。

~世界のおりがみ展とは~
さまざまな情景を折り紙で表現した立体パノラマ作品(おりがみブースといいます)と個人作品の展示コーナーにおりがみ教室を加えたイベントが『世界のおりがみ展』です。もちろん書籍や折り紙用紙の物販コーナーを加えることもできます。

現在、世の中では様々なイベントが行われていますが「世界のおりがみ展」は動員催事と文化催事を兼ね備えた独特の巡回展で、1976年の第1回展より20年以上の歴史があります。

3年に1度ひとつのテーマにそって制作され、お子様ばかりではなく大人の方にも十分楽しんで頂き、毎回皆様に驚きと感動の世界を展開しています。なお、「世界のおりがみ展」には、外務省と文化庁の後援を戴いております。他に都道府県・市町村・地元教育委員会・マスコミ等に後援を戴いている場合もございます。

おりがみ展は、おりがみブース・個人作品展示とおりがみ教室に、オプションの[販売コーナー]で構成するおりがみイベントです。
[おりがみブース]は、数え切れないほどの作品によって作られたジオラマが、所狭しと展示されています。約90㎝角の展示台(ブース)とパネル(壁面)作品を基本に組合せて大小変化にとんだ装飾を可能にしています。又、この展示台は折りたたみ式で、運搬時には箱型に収納して運べるようになっています。

[個人作品]は、折り紙作品コンクールの対象になり、日本国内のみならず、世界20数カ国から送られてきた作品が、200余点集まります。その中から、外務大臣賞、国際交流基金理事長賞、NHK会長賞などの賞が授与されています。さらに、折紙著名人の作品も招待作品として展示します。

[おりがみ教室]は、日本折紙協会認定の折紙講師により行われています。1回40分の講座が1日数回行われ、いずれの会場でも連日大好評を頂いております。

[販売コーナー]は、日本折紙協会編集発行の月刊誌「おりがみ」、折り紙専門書、有名折り紙メーカーの商品(折り紙用紙等)を豊富に取り揃え、販売しています。これらの商品は、日本折紙協会がまとめて会場へ搬入・搬出致します。

この「世界のおりがみ展」は過去には全国の有名百貨店の催事として多く実施され、開催期間は標準で6日間前後です。集客には実績があり、「これほど折り紙が人気のあるものとは思わなかった」と催事のご担当者には必ず驚かれ、喜ばれます。昨年夏には日本橋三越本店催事場で実施し、大好評のうちに幕を閉じました。

来訪者としては、年配の方はもちろんですが、お子様連れのファミリー層も多いです。ベテランの折紙講師が懇切丁寧に教えますので、親子で皆さん楽しんでいかれます。当協会が活動趣旨に掲げている「折り紙の普及」にご協賛いただき、ぜひとも開催をご検討いただきたいと存じます。

~折紙シンポジウムとは~
全国各地で毎年夏(7月下旬)に開催。講演会、児童教育部会、歴史研究部会、創作部会、折り紙教室などにより新たな折り紙の世界に触れる機会として、また会員相互の情報交換や懇親の場として2泊3日の日程を行楽地(温泉地)で楽しく過ごします。世界各国から毎年300名を超えるおりがみファンが集まる世界最大の「おりがみイベント」です。

~おりがみの日(11月11日)とは~
この日は世界平和記念日であり、また数字の「1」が4つで正方形折り紙の4辺を表すことから、日本折紙協会では「おりがみの日」としています。この日を中心にして、会員の皆さんから寄せられた作品の展示会「おりがみカーニバル」を東京スカイツリータウン ソラマチイーストヤード5Fで開催します。

~「おりがみ級」と「折紙講師」とは~
「おりがみ級」とは、主に16歳未満の会員のための資格です。月刊「おりがみ」で指定している作品を規定数折って協会に送付し、認定されると「おりがみ級認定証」が授与されます。最初は10級からスタートします。16歳未満の1級取得者には申請により「こどもおりがみ博士」認定証と、NOA特製バッジが授与されます。(詳細は月刊「おりがみ」をお読みください)

「折紙講師」資格は、16歳以上の会員であればどなたでも申請できます。協会発行の「おりがみ4か国語テキスト100」を購入し、テキスト掲載の全作品約100点を自作完成させた形で申請書(テキスト巻末)とともに協会に送付し、申請料3,300円を納付(下記口座番号へ郵便振替)します。その後審査会が全作品合格と認定した方に折紙講師認定証、資格証、講師指導の手引を授与します。不合格作品があれば、その作品のみ折り直して再提出いただきます。(詳細は月刊「おりがみ」をお読みください)。

口座番号00110-6-188035 加入者名「日本折紙協会」

~おりがみをおしえる~
老人ホームや社会福祉施設、自治体主催のサークル、保育関係施設・学校、文化センター、カルチャー教室などなど、さまざまな場所でおりがみは活躍しています。
独自にボランティアで教えている会員の方も多くおられますが、協会には全国から「おりがみを教えてくれる方を紹介して欲しい」という依頼が毎月あり、折紙講師資格をお持ちの会員の方に指導をお願いしております(協会より報酬を支給)。
おりがみ教室では、お子さんから年配の方まで「おりがみをおぼえたい」という気持ちにこたえようと講師も真剣です。熱のこもった授業を終えて帰られる皆さんの表情は満足そうですが、講師の方は生徒の「ありがとう」の言葉に安心しつつも、もっとわかりやすい説明はないだろうかと考えるようです。毎回真剣勝負なので様々な苦労がありますが、いろいろな形で努力が報われるようです。

~おりがみ教室とは~
日本折紙協会事務局では、全国の日本折紙協会公認の折紙講師を派遣しています。
おりがみ教室をご依頼いただく際は、専用の申込書をご提出いただきますので、
協会ホームページをご覧ください。
必要事項をご記入の上、実施日の最低1~2月前にご提出ください。

801円
特集 こどもの日

◆こどもとともに飾れる 壁面12 か月
第5 回 5 月 五月晴れ
Beautiful weather in May
構成・創作 斎藤 静夫

端たんご午の節句の起源は五節句のひとつとして江戸幕府が制定したもので、武者人形を飾り、粽ちまきや柏かしわもち餅を供えて、軒には菖蒲をさして、病と厄災から守るための行事でした。 
 民間では男児が生まれると家の庭先に長ながさお竿を立てて、布で作った鯉こいや吹き流しを吊り、子どもの成長を祝う風習でした。しかし、時代とともに、生活様式が大きく変わりました。節句の意図するところは変わりませんが、現在の子どもたちの鯉のぼりの印象は川辺の両岸に張り渡したロープに各家々から集めた数多くの鯉のぼりを吊るして風になびかせているのが、普通の鯉のぼりと思っているようです。
 今月の作品は昔から長く継続守られてきた日本の風景のひとつである五月の空に鯉のぼりを掲げた様子を表現しました。
 使用する部品が多いので、樹木や家などの数や配置などを自由に創作構成しても面白いと思います。参考作品を作ってみました。最後のページ(P13)を見てください。
 (斎藤静夫)
参考図書:『総合百科事典』(平凡社)



◆英語でオリガミしよう Let’s enjoy both Origami and English!
Lesson54 
Musubi-Ogi(Knot fan) by Ms.Ayako KAWATE

右ページの写真の「文結び折り」「ふち折り」「手紙折り」「しおり折り」などと呼ばれる折りを発展させた作品です。スタンドが付いた扇の形ですので、飾りや箸置きなどの実用品としても楽しめそうです。
This is the model derived from the origami folds such as
“Fumusubi-ori (Letter knot fol di ng),” ”Fuchi-ori (Side folding),”
“Tegami-ori (Letter folding),” and “Shiori-ori (Bookmark folding)”
in the photos on the right page. You can enjoy this fan with a
stand as a decoration, chopstick rest, and so on.


◆兜Japanese helmet by Mr. Yukihiko MATSUNO
松野 幸彦

『おりがみ345号』(2004年)の「かぶと」の折り出しからの変更版です。吹き返しが四角ですっきりとできていると思っています。(作者)


◆ミニ知識
◇ 7 人制ラグビー…オリンピック競技で行われるラグビーは、男女とも各チーム15 人ではなく、7人で競います。通称「セブンズ」と呼ばれています。15 人制と同じ広さのグラウンドで、フォワード(前衛)3 人、バック(後衛)4 人で、スクラムも3人ずつで組みます。試合時間は15 人制が前・後半各40 分なのに対し、各7 分(大会の決勝のみ各10 分)です。2016 年にリオデジャネイロオリンピック(ブラジル)で、1924 年のパリ大会(15 人制男子のみ実施)以来92 年ぶりにオリンピックの競技となりました。
◇端午の節供…端午とはもともとは月の初めの午の日という意味で、5 月に限りません。旧暦の5 月は現在の6 月にあたっています。病気がはやり、害虫も出るジメジメとした雨の季節なので、古代中国では物忌み(食事や外出を控え、心身を清めること)の月とされていました。数字の重なる5 月5 日を端午の節供とし、薬効のある菖蒲や蓬を使って邪気(病気の原因になると考えられた毒気)をはらう行事が行われました。 それが日本に伝わり、田植えをする前に女性たちが菖蒲と蓬で葺いた屋根の下で、身を清めるという女性の祭に結びついて、菖蒲湯に入って厄やくよけをする風習が生まれました。武士の時代となり、菖蒲が「尚武(武事を尊ぶこと)」と音が同じであることから、江戸時代には男の子の成長を祈る祭へと変わります。そして、5月5 日は、第二次世界大戦後の1948 年に「こどもの人格を重んじ、子どもの幸福をはかるとともに、母に感謝する」という「こどもの日」となりました。
◇五月晴れ…もともと旧暦では5 月は雨の季節で、梅雨の晴れ間の意味でしたが、現在では5 月のゴールデンウィークごろの気持ちのよい晴れの日のことを指します。
◇鯉こいのぼりの日…5 月5 日。2017 年に日本鯉のぼり協会が制定しました。日本鯉のぼり協会は1968(昭和48)年に全国の鯉のぼりメーカーの9 社で発足した日本合繊鯉幟協会がその前身です。部品の規格統一を目指し、鯉のぼりで子どもたちや人々に元気と笑顔を届ける活動などをしているそうです。なお、鯉のぼりは、疫病よけの鍾馗などの武者絵が描かれた幟のぼりの脇に付けられた「まねき」という小さな飾りがその始まりといわれています。

●ミニ知識参考図書:『おきなわの一年』(ボーダーインク)、『年中行事を体験する』(中央公論新社)、『和ごよみと四季の暮らし』(日本文芸社)、『絵でつづるやさしい暮らし歳時記』(日本文芸社)、『和のしきたり』(日本文芸社)、『年中行事事典』(三省堂)、『雛まつり親から子に伝える思い』(近代映画社)、『鯉のぼり図鑑』(小学館)、『世界大百科事典』(平凡社)、『朝日新聞』(朝日新聞社)


◆こいのぼりBox Carp streamer box by Ms. Harumi TAKEI
武井 春美

以前からこいのぼりの箱を創作したいと思っていましたが、内箱がうまくできずにいました。ふと⑦⑧の折りをしたところ、紙という素材の力が手助けしてくれました。内箱はT oblerone Boxという名前をつけて投稿しました。(作者)


◆くるまI、くるまII
Cars by Mr. Nobuyoshi ENOMOTO
榎本 宣吉


Iは、車というとイメージする基本的な形(セダン)です。IIは、車の後ろにドアがあるハッチバックタイプの車です。どちらもタイヤの部分に紙の裏側が出て、平面的ですが自立するので楽しい作品です。作者の榎本さんは「トラック」「バス」「ワゴン車」「レッカー車」など他の種類の車も創作、発表されています。


◆燕子花Japanese ilis( Traditional model)
伝承

雑誌『小国民』明治27(1894)年8号(4月)に掲載された「三弁燕子花」です。本作は以後小学校の手工科の折り紙教材の定番となりますが、正三角形の作り方に重点が置かれていたようで、正方形から折る4弁のものが伝承作「アヤメ」として残ったのでした。 参考:『441号』「雑誌『小国民』にみる折り紙」(解説:岡村昌夫)


◆着せ替えうさちゃん 梨本 竜子
頭(顔)は両面使えるので、前後で表情を変えることができます。ワンピースはいろいろな紙で折って着せ替えをして遊びましょう。(作者)


◆ライオンリング 
武井 春美

別作品で「ナプキンリング」を創作しました。このリングをもっと面白くできないかと折り方を変えていたら、まるでミュージカル「ライオンキング」のような顔が現れました! 伝承の箱を入れて「ライオンBox」としても使えます。(作者)


◆仕切りのある入れもの
永田 紀子

同じ形を十字にさしこんで組んで仕上げます。中央の正方形の入れ物部分は同じ大きさの紙で作った伝承の升ます箱と形、大きさが同じです。(作者)


◆チョウのお手紙入れEnvelope with a butterfly by Ms. Noriko SUMIDA
住田 則子

ちょっとしたプレゼントやおすそ分けなどに添える手紙を入れる封筒にと思って考えました。(作者)


◆ラグビージャージ Rugby jersey by Mr. Takenao HANDA
半田 丈直

『おりがみ519号』に掲載された青木 良さんの「ラガーシャツ」を見て、以前創作したシャツからも折れるのではないかと考えました。いろいろなバリエーションもできました。(P35の)写真の中の作品の一部には、襟や袖の部分の比率の違うものがあります。たくさん折って楽しんでください。(作者)


◆おむすびBOX Rice ball box by Mr. Yukihiko MATSUNO
松野 幸彦

前回、ねずみを投稿しました。そこで昔話の「おむすびころりん」のおむすびを作ってみました。ふたをかぶせるだけでなく、箱を表と裏を逆に折り、折り図どおりに折った箱の中にスライドさせるようにさしこんで組むこともできます。(作者)


◆クマちゃんのメモホルダー
川手 章子

メモ用紙のところは、いろいろな折り紙で服のようにもなりそうです。メモ書きがちょっとついているともらった方が嬉しいかも…。折り図にしたがって折ってみてくださいね。(作者)



読者広場
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
 毎月季節に合った折り紙を楽しみにしています。90 歳の義母も楽しみにしており、今月号は私より先に本を開いていました。お年寄りの家庭に届ける配食サービスのお弁当に、毎月折り紙をつけているので、その参考になるものがないか見たいのです。義母に元気をくれるこの本は本当にありがたいです。私も一緒に楽しみながら折っています。
岐阜県 近藤さん
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
 「2019 おりがみカーニバル入賞作品紹介」、どの作品もステキでした。私も見習いたいと思いました。また、「おしえて!ノアちゃん」で折り紙作品の記念切手が発売されていることを初めて知り、切手がとても身近なものに感じられました。2020 年になり、オリンピックに関係する折り紙イベントがあったら参加してみたいと思っています。
大阪府 萱野さん
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆


支部だより

◆長崎支部第2回おりがみ展―冬の陣―開催
長崎支部「おりがみ伝承の会」(支部長 宮本眞理子) 文:松尾久美/長崎県

長崎県諫いさはや早市の山さざんか茶花高原ピクニックパーク・ハーブ園山茶花の森ギャラリーにて、2019(令和元)年11月22日(金)より2020年1月13日(月/祝)まで、「第2回おりがみ展―冬の陣―」を開催しました。
 期間がクリスマスからお正月にかけてとなり、前半12月25日(水)まではおりがみオーナメントを飾り付けたクリスマスツリーを中心とした秋から冬・クリスマスの展示とし、後半は冬から新春、お雛さまの展示としました。
 また、期間中クリスマスリース、干支ねずみの絵馬のワークショップを2回開催しました。
 天候に恵まれず参加者は少なかったものの、和気あいあいと楽しい時間を過ごすことができました。
 会場にて、素晴らしい出会いやお声かけをいただき感謝するとともに、会員一同さらに精進していかなければと思っております。
 文末になりますが、山茶花高原の理事長様はじめ職員の皆様には多大なるご協力をいただき、心よりお礼申し上げます。


◆「折り紙フェスティバル」と「BEyond KOBE体験プログラム」
神戸支部「おりがみ かうべ」支部長 柴本厚子/兵庫県

「折り紙フェスティバル」出展と講習 2019年10月1日(火)~11月17日(日)、舞まいこ子海上プロムナード8階展望ラウンジで「折り紙フェスティバル」を開催しました。およそ1か月半にわたる作品展示と、10月6日(日)、11月3日(日/祝)の2回の講習会を行いました。
 2019年は明あかし石城開城400年に当たり、お隣の明石市をお祝いし、明石城と大名行列を制作しました。
 明石城は山本一彦副支部長制作で、よ~く見ると、石垣の中に「石」の字が隠れています。小さな兜が使われていたり、楽しいお城になっています。お城の横には、有名な明石城太鼓も配置。大名行列は遠近感を出すために大きさを変え、お侍も色々工夫をしました。大だいみょうかご名籠もリアルで、特別に姫君も乗っています。山からの道の制作に悪戦苦闘しましたが、松並木の前の行列はなかなか良くできたなあと、思います。
 個人作品も色とりどりで、子ども達から年配の方までお楽しみいただけました。
 講習会も盛況でした。2回目の11月3日は、私の表彰式(NOAの「おりがみカーニバル」)と重なったため、支部長不在の中、メンバーみんなが盛り上げてくれたそうです。
 今年もあちらこちらから お褒めの言葉をいただき、また次年に向けてみんなで頑張りたいと思いました。
 素晴らしい会場を提供していただいている舞子公園様はじめ、ご来場いただきました皆様に感謝します。

BEyond KOBE 旧居留地 体験プログラムに参加
 2019年9月28日(土)・29日(日)、10月5日(土)・6日(日)、ラグビーW杯神戸開催にあわせて神戸を楽しむイベント「BEyond KOBE 旧居留地」が開催されました。
 街を挙げてのイベントで、私達は華道、書道の方々とともに日本文化を紹介することになりました。日程の都合上、9月28日(土)だけの参加となり、三井住友銀行神戸本店にて講習をしました。講習作品は伝承の「妹背山」と笹川 勇さんの「起き上がりこぼし」(『530号』掲載)でした。
 PR不足からか、残念ながら海外の方は数組でしたが、折り紙の魅力をお伝えできたと思います。



◆みんなの作品展
宇都宮平石地区の文化祭に参加 鶴見茂文(栃木県)

2019年11月2日(土)・3日(日/祝)の両日、宇都宮市平石市民センターで、恒例の文化祭が盛大に賑やかに行われました。農業祭も兼ねており、買い物客や展示物、ステージの発表を見る客でいっぱいでした。
 私が講師をつとめている平石地区折り紙教室は正面入り口ロビーで展示、ここは一番目立つ場所なので、体験コーナーは子どもさん連れのお母さんたちで賑わい大繁盛!! 『530号』の笹川 勇さんの「起き上がりこぼし」が大好評でした。



◆World 0rigami Report

Oritai 作品展2019 &#8210;LOVE & PEACE&#8210; ハーモニー
明日仁見(インド・ニューデリー/Oオリタイritai 隊長)

2019年11月25日(月)から1か月間、国際交流基金ニューデリー日本文化セ
ンター(JF)にてOritaiの作品展を開催。開会式には新しくインドにいらした鈴木大使夫人がお越しくださいました。
 最初の1週間は筑波大学から三谷純先生がいらして、NIFTというファッションデザイン学校やIIT(工科大学)で講演をされ、最終日はJFでワークショップがありました。普段の折り紙とは違った曲線を使ったアートにみんな虜とりこに。作品がなかなかできず苦戦するも、できた時は満面の笑みであふれました。三谷先生は今回2か月間に8か国への訪問で、インドは5か国目で大変だったでしょうが、最後は笑顔で講習を終えられました。
 今回の作品展は心のハーモニー、色のハーモニー、団体のハーモニー、歌のハーモニーなど、テーマ「ハーモニー」をいろんな形で表現し、それぞれの想いがたくさん詰まった作品ができました。

 私は日本のコーナーを担当しましたが、作品展の少し前まで日本にいたので、ちょうど天皇陛下のパレードをテレビで拝見する機会があり、最初に用意していたバラではなく菊を! と思い、必死で間に合わせました。
 インドのコーナーではいろんな宗教のシンボルをハーモニーとして表現。その横にはインドを代表するアートが折り紙で紹介されています。この国のダイナミックさを感じます。
 今Oritaiメンバーの半分が2019年に入った新人ですが、古株のメンバーがうまく指導し、みんなで作り上げた作品展となりました。これからも「仲間」を大事にこの活動を続けられたらと思います。応援よろしくお願いします。



◆高木 智 氏 収蔵資料より
監修 岡村昌夫

前回に続き今回も着物の柄に「荷舟」が描かれている浮世絵の資料を2点紹介します。 資料25は、昨年2019年に生誕250年の記念の年を迎えた歌川豊国(1769年~1825年)の筆によるものです。この連載で取り上げることが多い歌川国貞(豊国三世)の師匠に当たり、売れっ子の人気絵師でした。


風流八景 帰帆(ふうりゅうはっけい きはん)
【資料25】
制作年: 江戸時代寛政年間(1789 年~ 1800 年)頃
制作地:江戸(現在の東京都)
版元: 和泉屋市兵衛
ジャンル:大判錦絵
絵師:歌川 豊国(初代)
大きさ:36cm × 24cm


この絵は、中国の瀟湘八景(湖南省の瀟水と湘しょうこう江の二つの川が合流する辺りの八つの美しい景色)という山水図の画題になぞらえた絵です。帰帆とは船が港に帰ってくること。左上のこま絵には、船が行き交う品川沖の様子が描かれています。女性は帆船の模型を手に、盆景(盆の上などに砂や石などを使って自然の風景を模したもの)のように設えた海の景色を見ています。
 女性の着物の紋に荷舟が描かれています。この荷舟は、前回の鳥居清満によって描かれた絵の中の折り紙の舟と同じ形です。



玉沢りんや、水木きく三郎、仙国彦助(たまざわりんや、みずききくさぶろう、せんごくひこすけ)
【資料26】
制作年: 江戸時代正徳・享保年間(1716 ~ 1720 年)頃
制作地:江戸(現在の東京都)
ジャンル:紅絵
絵師:鳥居派の絵師(鳥居 清信か)
大きさ:細版(37.3cm × 15cm)


 玉沢りんや、水木きく三郎、仙国彦助の三人は歌舞伎役者です。前回と今回の資料23 ~ 25 とは異なる形の荷舟が右に立つ仙国彦助の着物に描かれています。この形は着物の模様のデザイン画集『正徳雛形』(1713 年、西川祐信 著)に八十番「若衆のもやう」(若者の着物の模様)として描かれている折り紙の舟の形と同じです。西川祐信は京都で活躍した絵師です。「遊戯折り紙は上方(現在の京都府や大阪府)で始まったとされますが、江戸時代の1700 年代初め頃には江戸でも遊戯折り紙が着物の柄として採用されるようになったことがわかる貴重な資料」との記載が高木先生の研究資料に残されています。




~日本折紙協会(http://www.origami-noa.jp/)とは~
NIPPON ORIGAMI ASSOCIATION (NOA)
日本折紙協会は、折り紙を世界の国々により一層普及させたいという思いと、幼児教育に限らず、大人の趣味、高齢者や身障者の方のリハビリテーションなど様々な可能性をもつ「おりがみ」普及の一助となりたいという考えから1973年10月27日に結成されました。
現在では、月刊「おりがみ」の発行、「世界のおりがみ展」「折紙シンポジウム」の開催、「おりがみ級」「折紙講師」「折紙師範」「折紙上級師範」の認定、「おりがみの日」記念イベントの実施、「日本折紙博物館」との提携など、おりがみ普及のためにさまざまな活動を行っています。

~会員になるには~
月刊「おりがみ」の年間購読を申し込めばどなたでも会員になれます。会員の特典として、協会発行単行本と協会取扱い折り紙商品の割引購入、月刊「おりがみ」への創作作品投稿、「世界のおりがみ展」「おりがみの日」「折紙シンポジウム」など協会主催行事に参加および作品を応募できるほか、「おりがみ級」「折紙講師」の申請資格があたえられます。

~月刊「おりがみ」とは~
会員から投稿される創作折り紙作品(話題の動物やキャラクター、季節にそった行事・イベントに関するもの)の折り図(折り方を図で順番に説明したもの)を紹介するほか、会員の折り紙活動を紹介します。折り図の順番通りに折っていけば完成できるので、小学生から90代の方まで1万人を超える会員の方がおりがみを楽しんでいます。
月刊「おりがみ」は毎月末ごろお届けします。

~世界のおりがみ展とは~
さまざまな情景を折り紙で表現した立体パノラマ作品(おりがみブースといいます)と個人作品の展示コーナーにおりがみ教室を加えたイベントが『世界のおりがみ展』です。もちろん書籍や折り紙用紙の物販コーナーを加えることもできます。

現在、世の中では様々なイベントが行われていますが「世界のおりがみ展」は動員催事と文化催事を兼ね備えた独特の巡回展で、1976年の第1回展より20年以上の歴史があります。

3年に1度ひとつのテーマにそって制作され、お子様ばかりではなく大人の方にも十分楽しんで頂き、毎回皆様に驚きと感動の世界を展開しています。なお、「世界のおりがみ展」には、外務省と文化庁の後援を戴いております。他に都道府県・市町村・地元教育委員会・マスコミ等に後援を戴いている場合もございます。

おりがみ展は、おりがみブース・個人作品展示とおりがみ教室に、オプションの[販売コーナー]で構成するおりがみイベントです。
[おりがみブース]は、数え切れないほどの作品によって作られたジオラマが、所狭しと展示されています。約90㎝角の展示台(ブース)とパネル(壁面)作品を基本に組合せて大小変化にとんだ装飾を可能にしています。又、この展示台は折りたたみ式で、運搬時には箱型に収納して運べるようになっています。

[個人作品]は、折り紙作品コンクールの対象になり、日本国内のみならず、世界20数カ国から送られてきた作品が、200余点集まります。その中から、外務大臣賞、国際交流基金理事長賞、NHK会長賞などの賞が授与されています。さらに、折紙著名人の作品も招待作品として展示します。

[おりがみ教室]は、日本折紙協会認定の折紙講師により行われています。1回40分の講座が1日数回行われ、いずれの会場でも連日大好評を頂いております。

[販売コーナー]は、日本折紙協会編集発行の月刊誌「おりがみ」、折り紙専門書、有名折り紙メーカーの商品(折り紙用紙等)を豊富に取り揃え、販売しています。これらの商品は、日本折紙協会がまとめて会場へ搬入・搬出致します。

この「世界のおりがみ展」は過去には全国の有名百貨店の催事として多く実施され、開催期間は標準で6日間前後です。集客には実績があり、「これほど折り紙が人気のあるものとは思わなかった」と催事のご担当者には必ず驚かれ、喜ばれます。昨年夏には日本橋三越本店催事場で実施し、大好評のうちに幕を閉じました。

来訪者としては、年配の方はもちろんですが、お子様連れのファミリー層も多いです。ベテランの折紙講師が懇切丁寧に教えますので、親子で皆さん楽しんでいかれます。当協会が活動趣旨に掲げている「折り紙の普及」にご協賛いただき、ぜひとも開催をご検討いただきたいと存じます。

~折紙シンポジウムとは~
全国各地で毎年夏(7月下旬)に開催。講演会、児童教育部会、歴史研究部会、創作部会、折り紙教室などにより新たな折り紙の世界に触れる機会として、また会員相互の情報交換や懇親の場として2泊3日の日程を行楽地(温泉地)で楽しく過ごします。世界各国から毎年300名を超えるおりがみファンが集まる世界最大の「おりがみイベント」です。

~おりがみの日(11月11日)とは~
この日は世界平和記念日であり、また数字の「1」が4つで正方形折り紙の4辺を表すことから、日本折紙協会では「おりがみの日」としています。この日を中心にして、会員の皆さんから寄せられた作品の展示会「おりがみカーニバル」を東京スカイツリータウン ソラマチイーストヤード5Fで開催します。

~「おりがみ級」と「折紙講師」とは~
「おりがみ級」とは、主に16歳未満の会員のための資格です。月刊「おりがみ」で指定している作品を規定数折って協会に送付し、認定されると「おりがみ級認定証」が授与されます。最初は10級からスタートします。16歳未満の1級取得者には申請により「こどもおりがみ博士」認定証と、NOA特製バッジが授与されます。(詳細は月刊「おりがみ」をお読みください)

「折紙講師」資格は、16歳以上の会員であればどなたでも申請できます。協会発行の「おりがみ4か国語テキスト100」を購入し、テキスト掲載の全作品約100点を自作完成させた形で申請書(テキスト巻末)とともに協会に送付し、申請料3,300円を納付(下記口座番号へ郵便振替)します。その後審査会が全作品合格と認定した方に折紙講師認定証、資格証、講師指導の手引を授与します。不合格作品があれば、その作品のみ折り直して再提出いただきます。(詳細は月刊「おりがみ」をお読みください)。

口座番号00110-6-188035 加入者名「日本折紙協会」

~おりがみをおしえる~
老人ホームや社会福祉施設、自治体主催のサークル、保育関係施設・学校、文化センター、カルチャー教室などなど、さまざまな場所でおりがみは活躍しています。
独自にボランティアで教えている会員の方も多くおられますが、協会には全国から「おりがみを教えてくれる方を紹介して欲しい」という依頼が毎月あり、折紙講師資格をお持ちの会員の方に指導をお願いしております(協会より報酬を支給)。
おりがみ教室では、お子さんから年配の方まで「おりがみをおぼえたい」という気持ちにこたえようと講師も真剣です。熱のこもった授業を終えて帰られる皆さんの表情は満足そうですが、講師の方は生徒の「ありがとう」の言葉に安心しつつも、もっとわかりやすい説明はないだろうかと考えるようです。毎回真剣勝負なので様々な苦労がありますが、いろいろな形で努力が報われるようです。

~おりがみ教室とは~
日本折紙協会事務局では、全国の日本折紙協会公認の折紙講師を派遣しています。
おりがみ教室をご依頼いただく際は、専用の申込書をご提出いただきますので、
協会ホームページをご覧ください。
必要事項をご記入の上、実施日の最低1~2月前にご提出ください。

801円
特集 ウキウキの春

目次
① えんぴつのブックマーク 梨本竜子 13
② ニワトリのエッグスタンド 木村スエヒロ  16-17
③ りんごうさぎの箸置き 宮本眞理子 18-19
④ ミッフィー(ナインチェ)草栁公子 20-21
⑤ ウサちゃんのメモスタンド 川手章子 22-23
⑥ 四葉のクローバーの箸袋 山田勝久 24-26
⑦ カメ 榎本宣吉 27-29
⑧ ダイヤのタイヤ 市川 学 30-31
⑨ さくらのリース 永田紀子 32-33
⑩ バスケット 川手章子 34-35
⑪ 八重桜のお皿、たんぽぽのお皿 青柳祥子 36-37

連載
①こどもとともに飾れる壁面12か月(4)4月 花とあそぶ
構成・創作:斎藤静夫 10-13
②英語でオリガミしよう(53)イースターエッグのオーナメント
青柳祥子 14-15

コーナー
おりがみギャラリーNo.351
2019おりがみカーニバル 入賞作品紹介・3 6-7
折り図のヒミツ(35) 9
NOA Information 38-41
Piazza NOA(読者の広場) 42-45
支部だより 46-47
みんなの作品展 48
高木 智氏 収蔵資料紹介21 監修:岡村昌夫 49
おりがみガーデン 50-51



こどもとともに飾れる 壁面12 か月
Month Wall Decoration with Children by Mr.Shizuo SAITO&#8210;
構成・創作 斎藤 静夫

第4 回 4 月 花とあそぶ
Tulip and Butterfly

厳しかった冬の生活から徐じょじょ徐に解放されて、幼稚園や学校の花壇に、やわらかい太陽の光がそそぐと、福寿草や水仙などに続いて春の花々が顔を見せてくれます。
 その中でも子どもたちがいちばん親しみを感じている花はチューリップではないでしょうか。絵に描くにも単純な輪郭や色彩で描きやすく、子どもたちが日常使っているわかりやすい歌詞と、自然に出てくる音階の歌も有名です。
 ヨーロッパには「チューリップの美しさをあらわすには言葉はいらない」という諺ことわざもあるそうですが、子どもたちにとってもチューリップの花は身近な生活の中の美しさなのです。
 今回は、静的な花だけではなく、蝶々を飛ばすことで全体に動きを出しました。蝶々に好きな模様を描いてもよいかと思います。
蛇足ですが、ピアノ線に蝶々をつけて、窓辺の鉢植えにさして飾ると、そよ風に揺れて飛んでいるように見えます。楽しいので試してみてください。(斎藤静夫)


ミニ知識
◇イースター…春分の日を過ぎてからの満月のあとに来る最初の日曜日。2020 年は4 月12 日です。イースターは日本では「復活祭」と訳されてキリスト教徒の教祖キリストが死後復活したとされる大切な祭日ですが、もともとは春の女神(夜明けの女神)を意味するチュ-トン語(ドイツ人などゲルマン系諸民族の言葉)に由来するといわれています。春の女神を迎え、農作物の豊かな実りを祈るお祭りだったのです。
◇イースターバニー、イースターエッグ…イースターバニーとは、イースターの前日に野ウサギが卵を持ってくるという言い伝えに由来します。イースターエッグとは生命の象徴として贈り物や飾り物にする彩色したニワトリの卵やチョコレートなどのお菓子で作った卵です。イースターバニーが隠したとされるイースターエッグを探すのは、今でも子どもたちの楽しい行事ですが、ドイツでは昔は隠した動物がオンドリやキツネだとする地方もあったそうです。
◇イースターカード…イースターに贈る挨拶状で、ウサギやヒヨコなどの絵が描かれます。
◇お花見…桜の観賞のことを意味する花見は、もともとは春の
農作業に先立って豊作を祈って行われたもので、桜を見ながら持ち寄ったお酒やご馳ちそう走で宴会をしたそうです。桜の花見は平安時代から宮中で催され、しだいに武家社会で行われるようになり、江戸時代になると町民にも楽しまれるようになりました。
◇タンポポ…日本民俗学の父である柳田国男は、タンポポの名前は鼓に由来するとしています。タンポポの花茎を切り取り両端に切り込みを入れて水につけると両端が反り返り、鼓に似た形になります。そこからタンポンポンという鼓の響きが連想され、タンポポという名前になったというものです。
◇チューリップ…中央アジアから小アジアが原産です。シルクロードで栄えた古代中国の出土品に、紀元2 世紀ごろの男性用の袴の裾にチューリップ模様の刺繍が施されたものがあるそうです。
◇ミッフィー…1955 年6 月21 日生まれ。オランダのグラフィックデザイナーのディック・ブルーナ(1927 ~ 2017 年)が作った絵本の主人公で、子どものうさぎです。オランダ語の名前は、Nijntje(ナインチェ)で「ちいさなうさぎちゃん」という意味です。アメリカで翻訳が出版されたときに、アメリカの人たちに親しみやすいようにMiffy(ミッフィー)という名前がつきました。日本では1964 年に福音館書店から『ちいさなうさこちゃん』(石井桃子 訳)という題名で出版されています。
◇タイヤの日…一般社団法人 日本自動車タイヤ協会が4月8日に制定しました。4 月8 日としたのは、春の全国交通安全運動の 実施月から4 月を、また8 の形が輪(タイヤ)のイメージであることから決めたそうです。多くの一般ドライバーにタイヤへの関心を高めて、タイヤの正しい使用方法を広めて交通安全対策が進むことを目的とする記念日です。なお、タイヤの英語の綴りがアメリカとイギリスで異なります。アメリカではtire、
イギリスではtyre と綴ります。


えんぴつのブックマーク
梨本 竜子

見た目は半田丈直さんや熊坂 浩さんの「えんぴつ」(ノアブックス『おりがみ傑作選1』収録)と同じですが、本のカドなどにさしこんで使えるように上部にポケットを作りました。(作者)



英語でオリガミしよう Let’s enjoy both Origami and English!
Lesson54 
Easter egg ornaments by Ms.Shoko AOYAGI
★イースターエッグのオーナメント 青柳 祥子

イースターとは、十じゅうじか字架にかけられて亡くなったキリストが、その3日目に復活したことを祝う「復活祭」で、キリスト教信者にとってとても大切なイベントです。この簡単たまごに、多産のウサギやひよこなどの繁栄の象徴を入れて飾ると楽しいと思いました。いろいろ工夫してみてください。(作者)
At Easter Festival, Christians celebrate the resurrection of Jesus that has
occurred on the third day after his death on the cross. For Christians, this
festival is as important as Christmas. In this simple origami egg, enjoy inserting
a symbol of prosperity such as rabbits and chicks that are prolific. Please try
to make different variations. (Author)


ニワトリのエッグスタンド
木村 スエヒロ

25cm角で折ると、ニワトリのタマゴが入る大きさになります。少し厚手の紙で折ると、座りがよいようです。15cm角では、食卓のつまようじ入れとして使えます。体に紙の裏側の白が出るような折り図になっているので、体に色を出したいときは表裏逆に折ってください。なお、無地でなく、柄物の紙で折っても楽しいです。(作者)



りんごうさぎの箸置きApple rabbit-shaped chopsticks’ holder by Ms. Mariko MIYAMOTO
宮本 眞理子

長崎大学で留学生たちに教える時に飾っていましたら、「これなーに?」と聞かれました。「りんご」を「りんごうさぎ」にわざわざ切って食するのは日本人だけのようで、カルチャーショック。本当に驚きました…(笑)。ただの「リンゴ」を可愛い「うさぎさん」に見立てる日本人が大好きになりました&#9825;(作者)


ミッフィー(ナインチェ)
草栁 公子

『466号』の中島 進さんの「くまモン」に影響を受け、いろいろいじっていたら、体がミッフィーぽくなりました。さらに並行して作っていた「ふなっしー」がうさぎのように見えたのでくっつけてみたらミッフィーになりました。「ナインチェ」はミッフィーの国オランダでの呼び方で、「小さなうさぎ」という意味です。(作者)


ウサちゃんのメモスタンド
川手 章子

表と裏側にウサちゃんのお顔がついたメモスタンドです。お顔の表情を変えても楽しそう。折って楽しんでいただけたらと思いました。(作者)


四葉のクローバーの箸袋Chopsticks’ envelope with a four leaved clover by Mr. Katsuhisa YAMADA
山田 勝久

2019年の折紙講師勉強会で講習した作品です。工程数が多いですが、茎付きの四葉のクローバーが箸袋に折り出せます。メッセージ用の封筒や栞しおりとしても使えます。(作者)


カメ
榎本 宣吉
作者の榎本さんは、このカメのような折り方から恐竜や動物など色々な作品を創作されています。


ダイヤのタイヤ Tire with diamonds by Mr. Manabu ICHIKAWA
市川 学
もともとはハートとクローバの手まり(『519号』掲載)のバリエーションで、右の写真のように6枚組みの球状のユニット作品でした。今回、「組み方を少し変更してタイヤ状にしたい」との編集部の要望にこたえました。(作者)


さくらのリース Cherry blossom wreath by Ms. Noriko NAGATA
永田 紀子

工程がシンプルな桜のリースができました。糊なしのりースは紙が浮きやすいので、できあがり後しばらく重石をして平らにしていただくと仕上がりがきれいです。2020にふさわしい「五輪マーク」としても利用できます。(作者)


バスケットBasket by Ms. Ayako KAWATE
川手 章子

持ち手の部分を折るところが楽しく思われました。好きなものを入れてピクニックへ。大きな紙で折ると、実用として使えそうです。(作者)


伝承作品紹介うさぎの顔 face of rabbit Traditional model


八重桜のお皿、たんぽぽのお皿Double cherry blossom dish and Dandelion dish by Ms. Sho&#8210;ko AOYAGI
青柳 祥子

ユニットの八重桜とタンポポのお皿です。ピンクの和紙で折るととても上品に仕上がり、模様の紙で折ると右の写真のような感じでおしゃれです。タンポポのお皿も気に入っています。折ってみてくださいね。(作者)



読者広場
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
 今月号はねずみの作品が多く、がんばって折りたいと思います。今月号のクイズは何度考えても図柄が反対になりました。正解ではないと思いましたが、送ることにしました。
大阪府 内藤さん
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
 「着物」がよかったです。クイズ、最後に折ったところが問題の色と裏表反対になってしまいました。何度か折りなおしてみましたが、色が反転してものしか折れませんでしたがお送りします。【問題】のカラーがまちがっていないでしょうか?
大阪府 井上さん
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

支部だより
第22回九州折紙コンベンション熊本大会報告
熊本支部「火の国」(支部長 中田武美) 文:事務局長 川合 勇/熊本県

2019年11月9日(土)、第22回九州折紙コンベンション熊本大会を、復興再建が進む熊本城(天守閣はほぼ完成)をロビーの窓越しに臨む「くまもと県民交流館パレア」で開催しました。
 90名余の参加者が3年ぶりの大会に「待ってました」の声が聞こえるなか奈良支部長の竹尾篤子先生の「バラのブローチ」の講習が午前中に行われました。できあがった作品に皆大満足!でした。午後からは15教室での講習があり、参加者の皆さんが折り紙に挑戦していました。
 今回の大会準備は5月25日(土)に長崎支部の宮本眞理子先生、筑後支部の伊藤晴美先生のご協力のもとスタートしました。熊本支部だけでは到底できなかったことを各先生から適切なアドバイスをいただき90余名の参加者と15名の講師の先生方をお呼びし開催することができました。特に講師の先生にあっては埼玉から日帰りで、長野から夜行バスの往復で、とハードスケジュールでの講習をしていただきました。参加者の皆様も諸先生の講習をお受けになり満足されたと思います。また竹尾先生には午前に引き続いて午後からの講習も受け持っていただきました。皆さまもきっと楽しい大会に参加できたと思われたことでしょう。
 翌10日(日)は「竹尾先生と行く 玉名おりがみツアー」がありました(宮本先生企画、17名参加)。熊本城天守閣特別公開を見学後、玉名市立歴史博物館こころピアで開催の「金栗四三展」の見学。2019年のNHK大河ドラマ「いだてん」の主人公の一人でもあります。1912(明治45)年スウェーデンの第5回オリンピックストックホルム大会マラソンに日本人初出場し、途中行方不明扱い(棄権ではない)になってしまいました。大会はそのまま終わりましたが金栗四三の記録は続いていました。それから半世紀、1967(昭和42)年ストックホルムを訪問、コースの残り分を走り42,195kmを54年8か月6日5時間32分20秒3の記録でゴールし、これで正式にストックホルム大会は閉会したそうです。昨年、スウェーデン在住の鳥本 範先生が当館を訪れゴールテープを切る写真を見られ、折り紙で高さ約20cm位の作品にされ寄贈されました。博物館の展示はすでに終わっていたのですが、関係者にこのツアーの目的を説明し特別展示していただきました。また撮影禁止のところ、これも特別に許可していただき全員で記念写真を撮ることができました。熊本大会からツアーまでいろいろな方のご協力で無事に終わることができました。これからも折り紙を通じて皆さまと一緒に楽しめたらいいなと思います。本当にありがとうございました。


山田勝久先生をお迎えして
多摩支部「山鳩」支部長 瀬田美恵子/東京都

2019年11月15日(金)、折り紙作家の山田勝久先生が「山鳩」に来てくださいました。2007年以来、2度目の講習会です。今回は参加者のみなさんに先生の創作作品の折り図を配り、それを見ながらの講習となりました。〔一部〕では工程数の少ない作品に挑戦。まずは「きつね」です。胴体を折り、太くてフサフサした尻尾、そして最後にあのキュートな面長の顔を折ってできあがり! 首から腹にかけての白い胸毛も知らないうちにできあがりました。何が生まれるか想像しながらゆっくり折りすすめてできる形。途中で「きつね」の姿が見えてきたら、しめたもの!! 「ぺんぎん」、「せいうち」、「でめきん」、それから「ソフトクリーム」。頭を自由にして折る動物たちはそれらしく、「ソフトクリーム」は溶けそうで早くなめたくなります。〔二部〕ではもう少し工程数の多い、今年の干支の「ネズミ」を折りました。とても利口そうなネズミです。折り図を見てすすむうちに迷子になりそうになり、手がハタッと止まることがあります。「1つ先の形を見比べて折りましょう!」、有効なヒントです。また折った後の形なども教えてくれる「仮想線」は縁の下の力持ち。ゆっくりやさしい語り口ですすめてくださった山田勝久先生、勉強になりました。ありがとうございました。


みんなの作品展
川口市立グリーンセンターで「新春を飾る折り紙展」開催 朝日 勇(埼玉県)
 2020年1月3日(金)~10日(金)、埼玉県川口市立グリーンセンターの緑のアトリエにて、恒例の「新春を飾る折り紙展」が開催されました。期間中、遠くは関西や信越方面などからの方々を含め多数のご来展をいただき、誠に有難うございました。
 さてここで、謹んでのお知らせをさせていただきますが、市立グリーンセンターは開園52周年の大整備事業開始のため、新年度から園内事業の多くが相当期間中止となりました。したがって18回目の今回が数々の良き思い出を残しつつの最終展でした。
 終わりに臨み、永年会場をご提供いただいた川口市並びにご支援くださった日本折紙協会、ご来展いただいた皆様方に重ねてお礼を申し上げます。


高木 智 氏 収蔵資料より
監修 岡村昌夫

着物の柄に「荷舟」が描かれている浮世絵の資料を2点紹介します。 どちらも鳥居清満(1735:享保20年-1785:天明5年)の筆によるものです。清満は、先月号で取り上げた鳥居清長(1752-1815)の師匠にあたり、鳥居家三代目の当主とし
て、江戸時代中期に活躍した浮世絵師です。

参考図書:『折るこころ 折り紙の歴史』執筆 岡村昌夫・1999年龍野市歴史文化資料館(現:たつの市立龍野歴史文化資料館)発行、『原色浮世絵大百科事典』1982年大修館書店発行、『浮世絵事典』1974年画文堂発行、『浮世絵大事典』2008年東京堂出版

【資料23】
制作年: 江戸時代18 世紀
制作地:江戸(現在の東京都)
版元: 奥村屋
絵師:鳥居清満

 右端の女性が荷舟の柄の着物です。この絵のような、真ん中の三角の突き出た部分を船の荷に見立てた「荷舟」や「宝船」など数種類の船の折り紙のデザインは、着物の柄として人気を呼びました。
 なお、手紙で紙船を折ることは広くおこなわれていたようです。

【資料24】
浮絵 新吉原之図(うきえ しんよしはらのず)
制作年: 江戸時代18 世紀
制作地:江戸(現在の東京都)
版元: 西村屋
ジャンル:大判錦にしきえ絵
絵師:鳥居清満
大きさ:31.3cm × 44.4cm

透視画法(浮絵)で遠近感を強調した画面を背景に、新吉原の大門口の賑わいが描かれています。よく見ると、右端の男性の着物が荷舟の柄です。



~日本折紙協会(http://www.origami-noa.jp/)とは~
NIPPON ORIGAMI ASSOCIATION (NOA)
日本折紙協会は、折り紙を世界の国々により一層普及させたいという思いと、幼児教育に限らず、大人の趣味、高齢者や身障者の方のリハビリテーションなど様々な可能性をもつ「おりがみ」普及の一助となりたいという考えから1973年10月27日に結成されました。
現在では、月刊「おりがみ」の発行、「世界のおりがみ展」「折紙シンポジウム」の開催、「おりがみ級」「折紙講師」「折紙師範」「折紙上級師範」の認定、「おりがみの日」記念イベントの実施、「日本折紙博物館」との提携など、おりがみ普及のためにさまざまな活動を行っています。

~会員になるには~
月刊「おりがみ」の年間購読を申し込めばどなたでも会員になれます。会員の特典として、協会発行単行本と協会取扱い折り紙商品の割引購入、月刊「おりがみ」への創作作品投稿、「世界のおりがみ展」「おりがみの日」「折紙シンポジウム」など協会主催行事に参加および作品を応募できるほか、「おりがみ級」「折紙講師」の申請資格があたえられます。

~月刊「おりがみ」とは~
会員から投稿される創作折り紙作品(話題の動物やキャラクター、季節にそった行事・イベントに関するもの)の折り図(折り方を図で順番に説明したもの)を紹介するほか、会員の折り紙活動を紹介します。折り図の順番通りに折っていけば完成できるので、小学生から90代の方まで1万人を超える会員の方がおりがみを楽しんでいます。
月刊「おりがみ」は毎月末ごろお届けします。

~世界のおりがみ展とは~
さまざまな情景を折り紙で表現した立体パノラマ作品(おりがみブースといいます)と個人作品の展示コーナーにおりがみ教室を加えたイベントが『世界のおりがみ展』です。もちろん書籍や折り紙用紙の物販コーナーを加えることもできます。

現在、世の中では様々なイベントが行われていますが「世界のおりがみ展」は動員催事と文化催事を兼ね備えた独特の巡回展で、1976年の第1回展より20年以上の歴史があります。

3年に1度ひとつのテーマにそって制作され、お子様ばかりではなく大人の方にも十分楽しんで頂き、毎回皆様に驚きと感動の世界を展開しています。なお、「世界のおりがみ展」には、外務省と文化庁の後援を戴いております。他に都道府県・市町村・地元教育委員会・マスコミ等に後援を戴いている場合もございます。

おりがみ展は、おりがみブース・個人作品展示とおりがみ教室に、オプションの[販売コーナー]で構成するおりがみイベントです。
[おりがみブース]は、数え切れないほどの作品によって作られたジオラマが、所狭しと展示されています。約90㎝角の展示台(ブース)とパネル(壁面)作品を基本に組合せて大小変化にとんだ装飾を可能にしています。又、この展示台は折りたたみ式で、運搬時には箱型に収納して運べるようになっています。

[個人作品]は、折り紙作品コンクールの対象になり、日本国内のみならず、世界20数カ国から送られてきた作品が、200余点集まります。その中から、外務大臣賞、国際交流基金理事長賞、NHK会長賞などの賞が授与されています。さらに、折紙著名人の作品も招待作品として展示します。

[おりがみ教室]は、日本折紙協会認定の折紙講師により行われています。1回40分の講座が1日数回行われ、いずれの会場でも連日大好評を頂いております。

[販売コーナー]は、日本折紙協会編集発行の月刊誌「おりがみ」、折り紙専門書、有名折り紙メーカーの商品(折り紙用紙等)を豊富に取り揃え、販売しています。これらの商品は、日本折紙協会がまとめて会場へ搬入・搬出致します。

この「世界のおりがみ展」は過去には全国の有名百貨店の催事として多く実施され、開催期間は標準で6日間前後です。集客には実績があり、「これほど折り紙が人気のあるものとは思わなかった」と催事のご担当者には必ず驚かれ、喜ばれます。昨年夏には日本橋三越本店催事場で実施し、大好評のうちに幕を閉じました。

来訪者としては、年配の方はもちろんですが、お子様連れのファミリー層も多いです。ベテランの折紙講師が懇切丁寧に教えますので、親子で皆さん楽しんでいかれます。当協会が活動趣旨に掲げている「折り紙の普及」にご協賛いただき、ぜひとも開催をご検討いただきたいと存じます。

~折紙シンポジウムとは~
全国各地で毎年夏(7月下旬)に開催。講演会、児童教育部会、歴史研究部会、創作部会、折り紙教室などにより新たな折り紙の世界に触れる機会として、また会員相互の情報交換や懇親の場として2泊3日の日程を行楽地(温泉地)で楽しく過ごします。世界各国から毎年300名を超えるおりがみファンが集まる世界最大の「おりがみイベント」です。

~おりがみの日(11月11日)とは~
この日は世界平和記念日であり、また数字の「1」が4つで正方形折り紙の4辺を表すことから、日本折紙協会では「おりがみの日」としています。この日を中心にして、会員の皆さんから寄せられた作品の展示会「おりがみカーニバル」を東京スカイツリータウン ソラマチイーストヤード5Fで開催します。

~「おりがみ級」と「折紙講師」とは~
「おりがみ級」とは、主に16歳未満の会員のための資格です。月刊「おりがみ」で指定している作品を規定数折って協会に送付し、認定されると「おりがみ級認定証」が授与されます。最初は10級からスタートします。16歳未満の1級取得者には申請により「こどもおりがみ博士」認定証と、NOA特製バッジが授与されます。(詳細は月刊「おりがみ」をお読みください)

「折紙講師」資格は、16歳以上の会員であればどなたでも申請できます。協会発行の「おりがみ4か国語テキスト100」を購入し、テキスト掲載の全作品約100点を自作完成させた形で申請書(テキスト巻末)とともに協会に送付し、申請料3,300円を納付(下記口座番号へ郵便振替)します。その後審査会が全作品合格と認定した方に折紙講師認定証、資格証、講師指導の手引を授与します。不合格作品があれば、その作品のみ折り直して再提出いただきます。(詳細は月刊「おりがみ」をお読みください)。

口座番号00110-6-188035 加入者名「日本折紙協会」

~おりがみをおしえる~
老人ホームや社会福祉施設、自治体主催のサークル、保育関係施設・学校、文化センター、カルチャー教室などなど、さまざまな場所でおりがみは活躍しています。
独自にボランティアで教えている会員の方も多くおられますが、協会には全国から「おりがみを教えてくれる方を紹介して欲しい」という依頼が毎月あり、折紙講師資格をお持ちの会員の方に指導をお願いしております(協会より報酬を支給)。
おりがみ教室では、お子さんから年配の方まで「おりがみをおぼえたい」という気持ちにこたえようと講師も真剣です。熱のこもった授業を終えて帰られる皆さんの表情は満足そうですが、講師の方は生徒の「ありがとう」の言葉に安心しつつも、もっとわかりやすい説明はないだろうかと考えるようです。毎回真剣勝負なので様々な苦労がありますが、いろいろな形で努力が報われるようです。

~おりがみ教室とは~
日本折紙協会事務局では、全国の日本折紙協会公認の折紙講師を派遣しています。
おりがみ教室をご依頼いただく際は、専用の申込書をご提出いただきますので、
協会ホームページをご覧ください。
必要事項をご記入の上、実施日の最低1~2月前にご提出ください。

おすすめの購読プラン

月刊おりがみ 雑誌の内容

季節にあった折り紙の折り方がたくさん載った楽しい雑誌「月刊おりがみ」毎年の行事にあわせた内容を特集します
幼稚園、保育園の壁紙飾りや教材として、また、四季折々の暮らしを飾り、ゆとりある豊かな気持ちを育み子どもから大人まで楽しめます。

月刊おりがみの無料サンプル

436号 (2011年11月01日発売)
436号 (2011年11月01日発売)をまるごと1冊ご覧いただけます
サンプルを見る

+   月刊おりがみの目次配信サービス

月刊おりがみを買った人はこんな雑誌も買っています!

趣味・芸術 雑誌の売上ランキング

BE-PAL(ビーパル)

2021年05月07日発売

目次: BE-PAL 6月号の付録は、ドラえもん50周年を記念したかわいいミニシェラカップ。
コンパクトで使い勝手の良いミニサイズ。
ハンモックでお昼寝中のドラえもんと出かけよう!

アウトドアといえばBE-PAL(ビーパル)!

  • 2021/04/08
    発売号

  • 2021/03/09
    発売号

  • 2021/02/09
    発売号

  • 2021/01/08
    発売号

  • 2020/12/09
    発売号

  • 2020/11/09
    発売号

2 装苑

文化出版局

送料
無料

装苑

2021年03月27日発売

目次: 表紙 SUMIRE × モトーラ世理奈

特集
FUTURE IN THE PAST 新しくない、新しさ。

◆ SO WHAT’S NEW?
私にとっての新しさ

◆ 池田エライザがラッフルをまとう
TOMO KOIZUMI × EMILIO PUCCI

◆ 高田賢三 夢のつづきをみたくて

◆ デザイナーズ・アーカイブ研究
ヴィヴィアン・ウエストウッドとラフ・シモンズに見る新しさ

◆ 今、新しく感じる日本ファッションのアーカイブ

◆ 古川琴音が装う、シャンソンの調べ。

◆ 私が好きな、古くて新しいものやこと
くどうれいん/アイナ・ジ・エンド/弓 ライカ/島倉りか/市川染五郎/
LICAxxx/ロイ/MOSHI/eill/垣畑真由/Mega Shinnosuke/松尾レミ/
カネコアヤノ/日下七海/アマイワナ/ハヤシレナ/斜陽/藤原季節/
ゆっきゅん/金子由里奈/はくる/根矢涼香/小西桜子/関 マリアンナ/
モトーラ世理奈/中島沙希/家入レオ/原田ちあき/ぜったくん/
吉田圭佑/みしゃむーそ/舟山瑛美/土居哲也/市野沢祐大/半澤慶樹/
塩塚モエカ

◆ 成田 凌 × 清原果耶
まともじゃないかも?なふたりのヴィンテージミックス

◆ 構成的ポスターが今の私たちに語りかけるもの

やんばるアートフェスティバル 2020-2021
アートとモードが出会うとき

FEATURES
feature mode プラダ
織田ファッション専門学校コンペティション 入選作品決定!
いきものがかり 吉岡聖恵の初の書籍
『 KIYOEnOTE -キヨエノオト- 』発売に!

REGULARS

◇ PLAY A SENSATION vol.39 Kōki,
◇ One Thousand and One Nights
 蜷川実花と未来の女の子たち 第五夜 浜辺美波

◇ MFBB vol.18 FLOWER 増田貴久(NEWS)× 宇田陽子(logi plants & flowers)

◇このブランドの製図が見たい! vol.37 rurumu:

◇装苑賞に挑んだデザイナーたち vol.57 糀 泰佑

◇ 装苑男子 SPECIAL 菊池風磨(Sexy Zone)

◇ 杉咲 花の言葉と写真 蜜の音 vol.34 「旅」

SO-EN JAM
GIRL これからの、女の子 vol.42 Long Hui
シネマ・コラージュ『アンモナイトの目覚め』
BOOK 本好きの本棚 vol.18 磯上竜也 (toi books)
COLUMN
・[新連載]塩塚モエカ ここだけはエデン
・[新連載]小林裕翔 記憶の中の美術館
・枝 優花 主人公になれないわたしたちへ
・[新連載]Oliveの手仕事
・ 福田里香のフード+1

参考価格: 734円

おしゃれファッションに夢中な女の子を応援する雑誌

  • 2021/01/28
    発売号

  • 2020/11/27
    発売号

  • 2020/09/28
    発売号

  • 2020/07/28
    発売号

  • 2020/03/28
    発売号

  • 2020/01/28
    発売号

最大
25%
OFF

ナンプレファン

2021年04月19日発売

目次: 表紙
目次

BIG3 その1 超ワイドサムクロス
BIG3 その2 対角線交じりの55合体ナンプレ
BIG3 その3 超巨大55合体ナンプレ

★スタンダードステージ中級編★
中級スタンダードナンプレ

★合体ステージ★
2合体ナンプレ
3合体ナンプレ
4合体ナンプレ
5合体ナンプレ
8合体ナンプレ
11合体ナンプレ

★大型ステージ★
12×12ナンプレ
16×16ナンプレ
25×25ナンプレ

★変形合体ナンプレ★
変形4合体ナンプレ
変形5合体ナンプレ
変形8合体ナンプレ
変形10合体ナンプレ

★スタンダードステージ上級編★
上級スタンダードナンプレ

★スタンダードステージ超上級編★
超上級スタンダードナンプレ

★バラエティステージ★
1つ違いナンプレ
サムナンプレ
幾何学 ナンプレ
対角線ナンプレ
不等号ナンプレ
カプセルナンプレ
足し算アローナンプレ
0to9ナンプレ

★数理パズルステージ★
サムクロス
ループコースパズル
さくらんぼ・ボンバーパズル
ビルディングパズル・スターバトル

★ビジュアルステージ★
北野ひぐまの究極の1問
バラエティミュージアム

解き心地最高のナンバープレース専門誌

  • 2021/02/19
    発売号

  • 2020/12/19
    発売号

  • 2020/10/17
    発売号

  • 2020/08/19
    発売号

  • 2020/06/18
    発売号

  • 2020/04/17
    発売号

送料
無料

NHK 趣味の園芸

2021年04月21日発売

目次: 大特集 バラのある幸せ/注目特集 初めての芝生づくり

人生100年 植物と暮らそう

  • 2021/03/21
    発売号

  • 2021/02/21
    発売号

  • 2021/01/21
    発売号

  • 2020/12/21
    発売号

  • 2020/11/21
    発売号

  • 2020/10/21
    発売号

5 BOAT Boy(ボートボーイ)

日本レジャーチャンネル

最大
8%
OFF
送料
無料

BOAT Boy(ボートボーイ)

2021年05月11日発売

目次: 特集 覚醒強!西山貴浩/グラビア特集 DREAM RACERS of BOATRACE ALLSTARS/特集 モーニングレース研究

定期購読(1年(fan note book付き)プラン)なら1冊:633円

あなたとBOAT RACEをアツくする超抜マガジン

  • 2021/04/09
    発売号

  • 2020/06/11
    発売号

  • 2020/05/11
    発売号

  • 2020/04/11
    発売号

  • 2020/03/11
    発売号

  • 2020/02/10
    発売号

6 将棋世界

マイナビ出版

最大
50%
OFF
送料
無料

将棋世界

2021年05月01日発売

目次: ●巻頭カラー
・「師弟」Vol.8 森信雄七段×山崎隆之八段
 【前編】ガラスの内弟子時代  構成・写真/野澤亘伸

●プロ棋戦
・第46期棋王戦五番勝負 渡辺明棋王vs糸谷哲郎八段
 【第4局】勝利の神は棋王に微笑む 記/相崎修司
・NHK杯テレビ将棋トーナメント 稲葉 陽八段vs斎藤慎太郎八段
 【決勝】結婚に花添える初栄冠  記/渡部壮大
・第14期マイナビ女子オープン五番勝負 西山朋佳女王vs伊藤沙恵女流三段
【第1局】新たな立場で  記/荒井 勝

●特集
熱局プレイバック
―棋士が選ぶ2020年度の熱局ベスト10+α―

●戦術特集
横歩を取らない相居飛車 ―定跡や研究から離れて実力勝負!― 総合監修/所司和晴七段
 Chapter1 基礎知識「15手目の可能性」
 Chapter2 講座「相居飛車▲2八飛型の好防」
 Chapter3 ▲2八飛型次の一手「局面の急所を解いて覚えよう」

●読みもの
・リレーエッセイvol.6 棋士のこだわり「畠山流指導対局の心得」文/畠山鎮八段
・AI将棋入門―人工知能はいかに人間を超えたか― 第3回「評価関数を劇的に向上させた機械学習」文/松原仁
・昭和名棋士次の一手〈熟練の技の譜跡〉第6回「九段 灘 蓮照」 田丸昇九段
・第48回将棋大賞選考会 第27回升田幸三賞 第15回名局賞選考会

●講座
・徹底解析 藤井聡太 コンピュータソフト「やねうら王」と行く藤井将棋観戦ツアー
 【第6回】第34期竜王戦ランキング戦2組準決勝 VS松尾歩八段  ガイド/谷合廣紀四段
・アマのための月刊B級ファン[第13回]旧型雁木
・詰将棋を作っちゃおう「捨て駒を覚えよう2」上田初美女流四段

●付録 ※次の一手「新手年鑑2021年版」勝又清和七段

定期購読(【月額払い】プラン)なら1冊:410円

幅広い内容で迫るビジュアルな将棋総合雑誌。※デジタル版についてのご注意: 付録はつきません。棋力認定問題には応募できません。懸賞への応募ができない場合があります。

  • 2021/04/02
    発売号

  • 2021/03/03
    発売号

  • 2021/02/03
    発売号

  • 2020/12/28
    発売号

  • 2020/12/03
    発売号

  • 2020/11/02
    発売号

7 美術手帖

美術出版社

最大
50%
OFF
送料
無料

美術手帖

2021年05月07日発売

目次: 特集 松山智一/ニューヨーク拠点の作家たちが目指す表現とは?

参考価格: 1,760円 定期購読(【月額払い】プラン)なら1冊:880円

美術の専門雑誌という枠組みにとらわれず、さまざまなジャンルを横断する斬新な内容に定評。

  • 2021/03/05
    発売号

  • 2021/01/07
    発売号

  • 2020/11/07
    発売号

  • 2020/09/07
    発売号

  • 2020/07/07
    発売号

  • 2020/05/07
    発売号

最大
50%
OFF
送料
無料

GO OUT(ゴーアウト)

2021年04月28日発売

目次: CAMP & FASHION

キャンプを楽しむウェア&ギア
人気ショップ発おしゃれアウトドアなスタイル&アイテム

参考価格: 780円 定期購読(【月額払い】プラン)なら1冊:390円

ワン&オンリーなアウトドアファッションマガジン

  • 2021/03/30
    発売号

  • 2021/02/27
    発売号

  • 2021/01/29
    発売号

  • 2020/12/28
    発売号

  • 2020/11/30
    発売号

  • 2020/10/30
    発売号

最大
50%
OFF
送料
無料

IMA(イマ)

2021年04月30日発売

目次: 特集 「ミレニアルズからZ世代へ 写真家たちの未来」

・Farah Al Qasimi ファラ・アル・カシミ
・Tyler Mitchell タイラー・ミッチェル
・Ashley Armitage アシュリー・アーミテージ
・Guanyu Xu 徐 冠宇 ジョ・カンウ
・Ryu Ika リュウ・イカ
・System of Culture システム・オブ・カルチャー
・Yushi Li リ・ユシ
・Kanade Hamamoto 濵本 奏
・Arielle Bobb-Willis アリエル・ボッブ=ウィリス
・Alina Maria Frieske アリーナ・マリア・フリスク
・Jesse Navarre Vos ジェシー・ナヴァール・ヴォス
・Jack Davison ジャック・デイヴィソン

■現実を超越した理想の世界を描く
文=ジョアナ・クレスウェル
■「写真」の可視化と民主化の先の透明さ
文=村上由鶴
■INTERVIEW_1 ファラ・アル・カシミ
揺らぐアラブのアイデンティティを可視化する
文=須々田美和
■INTERVIEW_2 タイラー・ミッチェル
黒人のユートピアを夢見て
文=ショナー・マーシャル
■2020年代ファッション写真の行方
文=大城壮平
■Instagramを用いて“個”の可能性を開くZ世代のいま
文=平山 潤
■INTERVIEW_3 ジョ・カンウ
クイアーで自由な表現と、社会的な抑圧の境界線を探る
文=IMA
■INTERVIEW_4 アナ・ジェイ(「Refinary29」アートディレクター)
時代をリードするメディアが求めるクリエイティブとは?
文=龍見ハナ
■Fresh Talents テジタルネイティブの新鋭7人

・Taisuke Nakano 中野泰輔
・Ruka Kashiwagi 柏木瑠河
・Kyoko Takemura 武村今日子
・Miyu Takaki 髙木美佑
・Ichisei Hiramatsu 平松市聖
・Shota Tsukiyama 築山礁太
・Wei Zihan 魏 子涵 ギ・シカン

■CHANEL 11.12 終わりなき再解釈
水谷吉法 野村佐紀子 三ツ谷 想
■Lee Kit リー・キット (Screenshot)
美しく、詩的で穏やかな光の向こう側に
文=IMA
■IMA PHOTOBOOKS
Back Issues
定期購読のご案内

参考価格: 3,300円 定期購読(【月額払い】プラン)なら1冊:1,650円

さまざまなフォトグラファーとその作品を紹介、すぐれた写真評論も掲載する総合誌。

  • 2020/11/29
    発売号

  • 2020/08/29
    発売号

  • 2020/05/29
    発売号

  • 2020/02/28
    発売号

  • 2019/11/29
    発売号

  • 2019/08/29
    発売号

月刊おりがみの所属カテゴリ一覧

日本最大級の雑誌取り扱い数!
定期購読の利用数100万人以上!
定期購読とは
雑誌を予約することで毎号ご自宅へお届けします!売り切れの心配なし♪
もっと詳しく ▶︎
タダ読みサービス
無料で雑誌が読み放題♪今日発売のあの雑誌も。
もっと詳しく ▶︎
法人サービス
雑誌を年間5万円以上ならお得な法人プレミアムサービスで!
もっと詳しく ▶︎
アフィリエイト
あなたのサイトで雑誌をおすすめしてみませんか?
もっと詳しく ▶︎
カテゴリ一覧
女性ファッション 雑誌
きれいめ・大人カジュアル系 雑誌 モード系・コレクション 雑誌 フェミニン系 雑誌 ママ・主婦 雑誌 コンサバ系 雑誌 ナチュラル系 雑誌 カジュアル系 雑誌 オフィスカジュアル 雑誌 子ども・キッズファッション 雑誌 ガーリー系 雑誌 ティーンズファッション 雑誌 原宿系 雑誌 着物・和服 雑誌 ギャル系 雑誌 セレブ系 雑誌 森ガール系 雑誌
メンズファッション 雑誌
メンズきれいめカジュアル 雑誌 モノ・グッズ 雑誌 メンズカジュアル 雑誌 ストリートファッション系 雑誌 スーツ・トラッド系 雑誌 アメカジ 雑誌 オラオラ系・お兄系 雑誌 腕時計・ブランド 雑誌 古着系 雑誌
ビジネス・経済 雑誌
経営・マネジメント 雑誌 海外事情・国際ニュース 雑誌 政治 雑誌 マネー・投資 雑誌 ビジネス・経済専門誌 求人・転職情報誌 法律・法務 雑誌 環境・エネルギー 雑誌 広告・マーケティング 雑誌 流通・小売 雑誌 人事・総務 雑誌 四季報 外食・ホテル業界 雑誌 会計・税務・経理 雑誌 農業・畜産・漁業 雑誌 飲食店経営・調理師 雑誌 金融 雑誌 貿易 雑誌 地方自治・行政 雑誌 起業・独立開業 雑誌 企業年鑑・データ 業界データブック 自己啓発 雑誌 ビジネスCD・通信教育 株・FX 雑誌 就職・就活 雑誌
健康・生活 雑誌
子供・児童学習 雑誌 子育て・育児 雑誌 家事・生活情報 雑誌 健康・家庭医学 雑誌 住宅・リフォーム 雑誌 住宅情報・賃貸 雑誌 インテリア・雑貨 雑誌 田舎暮らし・エコ・スローライフ 雑誌 結婚情報・ウェディング 雑誌 絵本・大型絵本 妊婦・赤ちゃん 雑誌
スポーツ 雑誌
サッカー・フットサル 雑誌 高校野球・プロ野球 雑誌 ゴルフ 雑誌 その他球技・競技 雑誌 釣り 雑誌 相撲・武術・武道 雑誌 筋トレ・ボディビル 雑誌 ダイビング・マリンスポーツ 雑誌 スノーボード・スキー 雑誌 ランニング・ウォーキング 雑誌 テニス・卓球 雑誌 バレエ・社交ダンス 雑誌 スポーツ医学・コーチング 雑誌 自転車・サイクリング 雑誌 サーフィン・ボディーボード 雑誌 バスケットボール 雑誌 F1・モータースポーツ 雑誌 ダンス 雑誌 プロレス・格闘技 雑誌 ボクシング 雑誌 水泳・ボート 雑誌 ラグビー・アメフト 雑誌
バイク・自動車・乗り物 雑誌
オートバイ 雑誌 カスタムカー・バイク 雑誌 外車・輸入車 雑誌 4WD・RV 雑誌 新車・ニューモデル情報 鉄道・電車 雑誌 飛行機・航空機 雑誌 中古車・中古バイク 雑誌
芸能・音楽 雑誌
テレビガイド・番組表 雑誌 音楽情報誌 エンタメ 雑誌 DVD(ビデオ)マガジン 映画・シネマ 雑誌 韓国(韓流・K-POP) 雑誌 ピアノ・クラシック 雑誌 ギター・ロック 雑誌 演劇・舞台 雑誌 洋楽 雑誌 ジャズ(JAZZ) 雑誌 ジャニーズ 雑誌 グラビア・アイドル 雑誌 写真週刊誌・ゴシップ 雑誌 写真集
グルメ・料理 雑誌
レシピ 雑誌 グルメガイド・レストラン 雑誌 お酒(ワイン・日本酒など) 雑誌 栄養学・食育 雑誌 パン・スイーツ 雑誌
旅行・タウン情報 雑誌
京都・関西 雑誌 関東 雑誌 東京(TOKYO) 雑誌 九州 雑誌 東海 雑誌 東北 雑誌 北海道 雑誌 北陸・信越 雑誌 中国地方 雑誌 四国 雑誌 沖縄情報 雑誌 旅行情報誌 温泉 雑誌 リゾート・レジャー 雑誌 タイ・アジア 雑誌 ハワイ 雑誌 その他 海外情報 雑誌 鉄道・バス時刻表本 航空時刻表
アニメ・漫画 雑誌
少年コミック・漫画 少女コミック・漫画 青年コミック・漫画 レディース(女性)コミック アニメ 雑誌 声優 雑誌 comics&アメコミ ディズニー・キャラクター 雑誌 コスプレ 雑誌 BL(ボーイズラブ)コミック・雑誌
ペット・動物 雑誌
犬 雑誌 猫 雑誌 トリマー・ペット業界 雑誌 魚・熱帯魚 雑誌 昆虫 雑誌 ペットその他 雑誌
文芸・総合 雑誌
女性総合誌 男性総合誌 カルチャー・文化 雑誌 文芸誌・小説 雑誌 時事・社会 雑誌 機内誌 宗教 雑誌 歴史・史学 雑誌 思想・心理学 雑誌 俳句・短歌・詩 雑誌 占い・開運 雑誌 書道 雑誌
趣味・芸術 雑誌
デザイン・アート 雑誌 プラモデル・模型 雑誌 ガーデニング・園芸 雑誌 手芸・ハンドメイド 雑誌 パズル・クイズ 雑誌 ナンプレ・数独 雑誌 クロスワード・ナンクロ 雑誌 ミリタリー・サバゲー 雑誌 競馬・競輪・競艇 雑誌 オーディオ・ステレオ 雑誌 アウトドア・キャンプ 雑誌 カメラ・写真 雑誌 分冊百科・ワンテーママガジン 将棋・囲碁 雑誌 イラスト・グラフィックデザイン 雑誌 建築・住宅建築 雑誌 陶芸・骨董 雑誌 ラジオ・無線 雑誌 ゲーム 雑誌 フィギュア・ホビー 雑誌 DIY・工具 雑誌 パチンコ・パチスロ 雑誌 ハイキング・登山 雑誌 麻雀 雑誌
ヘアカタログ・美容 雑誌
メイク・ネイル 雑誌 フィットネス 雑誌 ヘアスタイル 雑誌 ヨガ 雑誌 美容専門誌 ダイエット 雑誌 アロマ 雑誌
看護・医学・医療 雑誌
ナース 雑誌 介護・福祉 雑誌 医療技術 雑誌 薬学 雑誌 臨床外科 雑誌 臨床内科 雑誌 医療時事 雑誌 歯科 雑誌 獣医学 雑誌 理学療法 雑誌 その他 医学雑誌
教育・語学 雑誌
その他 NHKテレビ・ラジオテキスト NHK語学テキスト 幼児教育 雑誌 小学生教育 雑誌 中学教育 雑誌 高校教育 雑誌 受験・留学 雑誌 試験問題集・資格 雑誌 日本語学習 教材 ハングル・韓国語学習 教材 中国語学習 教材 リスニング教材・語学CD 英語教育・英会話 教材 フランス語学習 教材 ドイツ語学習 教材 スペイン語学習 教材 その他 語学雑誌 教員・教師 雑誌 通信・教育講座
テクノロジー・科学 雑誌
宇宙・天文 雑誌 機械 雑誌 化学 雑誌 情報処理 雑誌 地球科学・環境問題 雑誌 生物・生物学 雑誌 数学・物理 雑誌
パソコン・PC 雑誌
コンピューター・自作PC 雑誌 ネットワーク・セキュリティ 雑誌 Webデザイン・プログラミング 雑誌 DTP・グラフィック 雑誌 アプリ・スマホ 雑誌 インターネット 雑誌 Mac・マック 雑誌
新聞・業界紙
英字新聞 業界新聞・専門紙 新聞縮刷版 切り抜き・クリッピングマガジン 全国紙(新聞) 中国語 新聞・業界紙 地方紙(新聞)
洋(海外)雑誌
English newspaper Science&Nature Magazines Language&Education Magazines Money&Business& Magazines Fashion&Style Magazines others Design&Architecture Magazines Hobby&Entertainment Magazines Home&Interior Magazines Computers&Electronics Magazines バイリンガルマガジン・雑誌
中国雑誌
中国 ビジネス・経済 雑誌 中国 旅行・タウン情報 雑誌 中国 趣味・芸術 雑誌 中国 看護・医学 ・医療 雑誌 中国 文芸・総合 雑誌 中国 教育・語学 雑誌 中国 テクノロジー・科学 雑誌 中国 スポーツ 雑誌 中国 ファッション 雑誌 高等文化院校学報 高等理工学院学報 中国 バイク・車・乗り物 雑誌 中国 健康・生活 雑誌 中国 学生・こども向け 雑誌
その他
その他 雑誌