月刊おりがみ 発売日・バックナンバー

全205件中 16 〜 30 件を表示
801円
特集 ノアおんがく部

◆おりがみギャラリーNo.346
こどもとともに飾れる壁面12か月
斉藤 静夫

おりがみ日本むかし話シリーズ
構成・創作 立花 澄子

第11話 かちかち山

早いものでもう11 月ですね。11 月には紅葉の季節を経て冬に向かっていくというイメージがあります。紅葉から山の中を連想して、今回のお話は「かちかち山」にしました。
 いろいろな場面がありますが、山の中でタヌキが背負った薪にウサギが火をつけた場面にしました。「かちかち山」のタイトルの由来になるところです。石を打つカチカチという音を不審に思ったタヌキを、ウサギが「ここはかちかち山だからかちかち鳥が鳴いている」とだますのです。薪を赤くして火がついた! 大変!! 大好きなばあさまを殺されてしまった復讐とはいえ、なかなか怖い場面ですよね。
 タヌキは頭と体と尾の3 枚、ウサギには頭と体の2 枚を使って作りました。初めは両方とも1 枚折りで仕上げていたのですが、少し難しくなったので枚数を増やして簡単にしました。実はウサギの背が少し高いのが気になっているのですが、同じようにお思いの方は少し折り込んで背を低くしてもよいでしょう。
 ウサギは手をずらして動きを出すと、火打石をカチカチさせている感じが出ると思います。火打石の用紙が小さいので、四角に折ったものでもいいと思います。タヌキの背負子は薪が積み上がっているイメージです。赤色とクラフトの両面折り紙を使い、肩ヒモは細長い用紙で折って、手の部分にとおしてのりづけしてあります。
 台紙(大色紙27cm × 24cm)には薄緑色の越前和紙を回りに貼り、フチの部分に落ち葉や紅葉のイメージで和紙をちぎってのりづけしました。



◆ミニ知識

◇かちかち山…先月号の『さるかに合かっせん戦』と同じ動物昔話のひとつです。筋が残ざんこく酷過ぎますが、この話の成立した事情はさまざまな説があり謎だらけだそうです。江戸時代には「兎うさぎの大手柄」と呼ばれていましたが、兎が火打石を打って狸たぬきに背負わせた藁(柴)に火をつけるときの音を「かちかち山のかちかち鳥だ」と言ったことから「かちかち山」という題名が付きました。あらすじは以下のとおりです。
 山で畑仕事をする爺じいさまのために、婆さまが届けた食事を狸が盗んで食べてしまいます。怒った爺は狸を捕まえ、狸汁にして食べようと持ち帰ります。爺が畑に戻ると、狸は「命を助けてくれるなら、かわりに麦搗きをしよう」と婆に言います。かわいそうに思った婆が狸の縄を解いて降ろした途端、狸は婆に飛びかかって殺して汁の鍋に入れます。爺が帰ると、婆に化けた狸から汁を渡されます。食べようとしたとき、狸の姿に戻り
「お前は自分の妻を食べた爺だ」と叫び笑いながら逃げ出します。
悲しむ爺に、兎が婆の敵かたきを討うつことを約束します。爺が炒ってくれた豆の匂いで狸をおびき寄せた兎は、藁の荷を運んでくれたらお礼に豆をあげると言います。しぶしぶ荷を背負った狸の藁に兎は火をつけます。燃え広がった火で狸は背中に火やけど傷をします。兎は火傷に効く薬だとだまして、唐辛子が混ざった塗り薬を渡します。狸はそれを塗り、ひりひりとさらに苦しみますが、しばらくして狸の傷は治ります。今度は、兎は舟を作りました。
「魚を捕まえに行く」と兎から聞いて狸はうらやましくなりますが、兎のように木で作らないで、泥で舟を作りました。兎のあとから泥の舟で海にこぎ出た狸ですが、泥なので舟は沈み始めます。兎は櫂で狸をひとうちで殺しました。


◆どんぐりAcorn by Ms. Mieko SETA
瀬田美恵子
1枚折りで立体的に仕上がるこの作品は、掲載当時人気がありました。①③の折る位置によって、実と殻かくと斗(からの部分)の大きさの割合が変わります。7.5cm角の紙で折ったとき、①の※の幅を1cmくらいにすると⑧で左右のカドの白い部分があまり出ないのでよいようです。


◆八分音符と四分音符Eighth note and Quarter note by Mr. Shin MITARAI
御手洗 伸

正方形の紙から折り込んでいくので、厚手の紙だとすぐに破れてしまいます。そんなときにはあらかじめP18のような、長方形の紙で折り始めるとよいでしょう。仕上がりもきれいです。(作者)


◆ミニ知識
◇ピアノ…形によってアップライト(縦たてがた型)とグランド(平型)に分けられます。鉄の枠に張られた鋼こうてつ鉄の弦げんを、鍵けんばん盤につながったハンマーで打って音を出す鍵盤打弦楽器です。ピアノは1700 年ごろに生まれたとされ、それ以前のチェンバロ(鍵盤楽器。ピアノと違って弦をハンマーで打たずに、ひっかいて音を出します)より音の強弱の変化を自由につけられる楽器です。そのことから「弱く強く」という意味の「ピアノフォルテ」が名前でしたが、しだいにフォルテが略され「ピアノ」と呼ばれるようになりました。ピアノは指の力がうまくハンマーに伝わるように工夫されていて、その装置をアクションといいますが、現在のようなアクションで細かい表現ができるようになったのは1800 年代のことです。
◇リードオルガン…足踏みオルガンとも呼ばれ、日本では明治時代から学校教育に取り入れられてきたオルガンです。パイプオルガンのように笛から音を出すのではなく、ペダルを踏んで送られる風で、枠板に一部を固定したリード(薄くて小さな金属板)を振動させて音を出します。19 世紀中ごろ、フランスで実用化されました。


◆かわいい女の子Lovely girl by Ms. Michie TAKAYAMA
髙山 三千江

愛らしい女の子です。いろんな柄で折って楽しめます。前髪の部分にも襟えりのように切り込みを入れたり、シールを髪飾りのように貼ったりするともっとかわいらしくなります。(作者)


◆女性の指揮者Female musical conductor by Ms. Ayako KAWATE
川手 章子

コマーシャルで女性の指揮者の方がカッコよく指揮をしている姿を見かけました。黒色の折り紙で折ったら雰囲気が出るかな…と思いながら折って見ました。タクト(指揮棒)は別の紙で折って持たせるようにのりづけします。(作者)


◆グランドピアノGrand piano by Ms. Patricia CRAWFORD

作者はアメリカ人女性で、名作として、人気の作品です。日本折紙協会の元理事の高たかはま濱利としえ恵さん(故人)が紹介されたものです。折りすじがつきやすい、張りのある紙で、24cm角くらいの大きめの用紙で折るとよいでしょう。


◆オルガンOrgan by Mr. Nobuyoshi ENOMOTO
榎本 宣吉

オルガンのシルエットに箱の立体化の要素を取り入れることで、型くずれしにくい、しっかりとしたつくりになっています。学習机などに見立てることもできます。


◆オペラ歌手Opera singer by Ms.Ayako KAWATE
川手章子

何気なく折り紙と遊んでもらっているうちに、気がつくと仕上がっていた作品です。15cm角で折ると小さくなるので大きめの紙で折るとよいでしょう。すそのながーいドレスを着たお人形さんのようです。幼いころ、アメの包み紙でお人形さんを作っていたことを思い起こしました。(作者)



◆英語でオリガミしよう Let’s enjoy both Origami and English!
Lesson 48
Ginkgo leaves by Ms. Minako ISHIBASHI
いちょう 石橋 美奈子

いちょうの葉っぱには、切れ込みのないもの(「扇型」または「スカート型」)と、あるもの(真ん中に一本が「ズボン型」、複数本が「てのひら型」)とがあります。扇型とズボン型の2通りを折り紙で作ってみました。緑、黄緑、黄色の3色の折り紙で折って、葉が色づいていく様子を表現できます。なお、いちょうには雄株と雌株とがありますが、スボン型の葉をオスとする説があります。これは俗説で、葉っぱの形で雌雄は区別できません。(作者)
There are two types of ginkgo leaves: one without notch (called “fan” or “skirt”)
and one with notches (“trousers”: one notch in the middle, and “palm of the
hand”: several notches). I made fan-shaped and trouser-shaped Ginkgo with
origami. Folding with three pieces of origami papers of green, yellow-green,
and yellow, you can express how the color of ginkgo leaves changes. There are
male and female strains of ginkgo and it is a common saying that the leaves of
“trousers” are male. However, actually the sex of a leaf is not distinguishable by its shape. (Author)



◆楓 Maple leaf by Ms. Sayoko KUWABARA
くわばら さよこ

もみじの葉を手にとると、なぜかクルクルと回したくなります。うまく折れたら時々、クルクルします。⑳は葉が浮きにくくなるロックです。紙が厚くてかたいので、折らなくてもよいです。できあがりの形は同じですから。(作者)


◆ミニ知識
◇オペラ…歌を中心にした演劇で、歌劇のことです。16 世紀末イタリアで生まれました。o オペラpera は「仕事、作品」がもともとの意味です。
◇紅葉狩り…秋の紅葉を鑑賞して楽しむことです。もともとは宮廷や貴族の間で行われた優雅な遊びでした。彩りの鮮やかさ
を追い、小枝を手折って頭にさしたりしました。紅葉を見ながら宴を開き、和歌を詠みました。
◇イチョウ…イチョウという和名は、葉っぱの形がアヒルの足に似ていることから原産地の中国で「鴨脚」と呼ばれ、それが訛ってついたとされています。花は4 月で、花をつける雌株とつけない雄株とに分かれています。その雌雄が葉っぱの形でわかるという俗説がありますが、これは間違いです。切れ込みがない葉(扇型またはスカート型)と、ある葉(まん中にひとつの切れ込みのズボン型、複数の切れ込みのてのひら型)がなぜ存在するのかはわかっていないのですが、剪定した後に伸びる枝につく葉は、てのひら型になることがあります。剪定されるとその分の失ったエネルギーを補うために、光合成量を増やす必要があり、イチョウは葉を大きくします。しかし大きな葉は扇型のままでは風を受けて落ちやすくなります。それで切れ込みを作り、風の抵抗を減らして落葉を防ぐ役割があるようです。
また、イチョウの木は燃えにくい木で、火事が広がるのを防ぎます。材はまな板や将棋盤などとして使われます。
◇カエデ…秋になると葉が赤や黄色に美しく色づくので「紅葉」とも呼ばれています。切れ込む葉がカエルの手に見えることから、「カエル手」が変化してカエデという名前がつきました。カエデの材は、木目が美しいのでバイオリンの裏板やギターの表面板としても利用されます。


●ミニ知識参考図書:『対訳日本昔噺集』(彩流社)、『日本昔話大成』(角川書店)、『ビジュアル版日本の昔話百科』(河出書房新社)、『日本の昔話④さるかにかっせん』(福音館書店)、『新ジュニア音楽辞典』(音楽之友社)、『ピアノ誕生とその歴史』(音楽之友社)、『楽器用語事典』(リットーミュージック)、『三枝成彰のオペラの楽しみ方』(講談社)、『オペラにいこう!楽しむための基礎知識』(青弓社)、『絵でつづるやさしい暮らし歳時記』(日本文芸社)、『記念日・祝日の事典』(東京堂出版)、『日本の生きもの図鑑』(講談社)、『カエデ(モミジ)の絵本』(農文協)、『みぢかな樹木の絵本』(ポプラ社)、『世界大百科事典』(平凡社)、『朝日新聞』(朝日新聞社)



◆葉っぱの器Leaves’ basket by Mr. Toshikazu KAWASAKI
川崎敏和

正方形の半分の長方形の紙18枚を葉っぱの形に折って、「うず組み」(作者命名)にしてお椀形の器にした作品です。うず組みの他の作例については、『452号』~『457号』の川崎さんの連載「もの作り教育に役立つ幾何折り紙教材の開発」(全6回)の第3回(『454号』)に「鎧よろいだま玉」などがあります。



◆読者の広場

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
 「すいか」を暑中お見舞いに使い、喜ばれました。季節にピッタリです。「お茶筒」はふたのところがむずかしかったですが、形がきれいでした。折り紙で野草や花を折ってあるのを見ますが、なかなか自分で折ることができません。よい本や折り方が知りたいです。
兵庫県 田島さん
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
 「ちょうちょ」も「セミ」もいろいろな色で折り、紙に貼りました。今回は手話のサークルの交流会で行い、子どもからお年寄りまで楽しみました。かわいい虫の世界ができました。「支部だより」の「信州おりがみ交流会」の報告で、続けることのすばらしさを感じました。交流会の折り図集があったら購入したいです。
神奈川県 宮本さん
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆



◆支部だより
「夏の創作おりがみ展」報告
長崎支部「おりがみ伝承の会」支部長 宮本眞理子/長崎県


日本折紙協会長崎支部「おりがみ伝承の会」最初の作品展を、長崎県諫いさはや早市山さざんか茶花高原ハーブ園内『山茶花の森ギャラリー』にて7月14日(日)~8月25日(日)まで開催いたしました。展示作品はもちろん、期間中開催の「はじめてのおりがみ教室(7/28)」「アクアリウムを作ろう(8/18)」のワークショップも好評のうちに無事終えました。お越しいただいた皆様、本当にありがとうございました。


 ありがたいことに同会場にて次の秋冬の作品展開催日程(11/22~1/15)も決まり、次回も会員一同で和気あいあいと楽しい作品展にしようと張り切っております。たくさんの方々に会場にお越しいただきたいと一同心待ちにしております。
 文末になりましたが、山茶花高原の理事長はじめ職員の皆様方には、チラシ作製から展示、ワークショップすべてにおいて絶大なるご協力をたまわり、この場をお借りして心より感謝を申し上げます。本当にありがとうございました。


◆神戸支部活動報告(1)私たちの10周年展開催
  神戸支部「おりがみ かうべ」(支部長 柴本厚子) 文:酒井好子/兵庫県

 7月20日(土)~21日(日)に神戸クリスタルタワー2階兵庫県立神戸生活創造センター 県民ギャラリーにおいて《私たちの10周年》と銘打って作品展を行いました。
 2009年に初代支部長が急逝、その後残されたメンバーは柴本支部長を中心にその意志を受け継ぎ、いろいろな活動に取り組んできました。この10年を振り返り、これまでの合同
作品を再構成し展示しました。展示準備中は、思い出話に花を咲かせながらの作業となりました。
 また、これまでのイベント講習作品も展示し、来場者からは「これもこれも参加しましたよ!」と嬉しいお声もいただきました。

さらに今回は特別スペースを設け、柴本支部長が《おりがみカーニバル》で受賞した作品の数々も展示しました。作品はどれも見応えがあり、来場者の足を留めていました。 
 最終日には、日頃のご愛顧に感謝し、マグロの解体ショーならぬ合同作品の解体ショーを行いました。バーゲン会場さながらの盛り上がりの中、私たちの合同作品は無事に来場者の皆さんの元にお嫁入りを果たしました。
 今回は展示のみにも関わらず、多くの方々にそして遠方からもご来場いただき、ありがとうございました。
 最後にこの場をお借りしまして、あの時、支部長という大役を引き受けて、この仲の良い神戸支部を導いてくださる柴本支部長に、メンバー一同改めて感謝を申し上げます。

◆みんなの作品展

 7月1日(月)から8月31日(土)まで、石川県加賀市の日本折紙博物館で、「遊び・四季彩作品展」を開催しました。
 四季を彩る花や行事を中心に、けん玉やブーメランなどの遊ぶ折り紙や、かわいい動物、指輪などのアクセサリーを展示しました。参加者に人気があったのは、指輪などの折り紙
の切れ端を入れた万華鏡でした。くるくる回しながら四季彩を味わってもらいました。


◆World Origami Report
フランス折紙協会(MFPP)を訪ねて   松井佳容子(京都府)
4月24日(水)から5月1日(水/祝)まで、フランスのパリに、観光を兼ねてフランス折紙協会(MFPP)を尋ねました。パリには、京都支部でゲスト講師を務めていただいた日本人の折り紙作家・佐藤直幹先生が在住なさっていて、ご本人も会員であるフランス折紙協会をご紹介いただいた次第です。佐藤先生が案内してくださった事務所はパリの中心部を少し離れて、「下町」といった感じの場所にありました。すぐ横に電車の線路があり、ときどき私の大好きなTGV(フランスの超高速列車)が走っていて、折り紙同様、ウキウキとその雄姿をスマホに写メすることも、とても楽しかったです。…なにしに行ったのやら(´・ω・‘)。
 協会事務所では、定例の例会が開かれて、老若男女15名ほどの会員さんがにこやかに、かつ熱心に折り紙を折っておられました。会長のJean-Jacques(ジャン・ジャック)さんは自作の「リス」を講習してくださり、私は自著のカバーとなっている「香鈴」を講習させていただきました。講習の最中にも、会員さんらしき方が頻繁に出入りされていて、協会
事務所は「折り紙仲間の楽しいたまり場」といった活気ある場所となっていました。
 協会の役員さんとの食事では、フランス料理もご馳走になり、お腹もいっぱいの「楽しく、美味しい、折り歩き」となりました。
 フランス折紙協会のみなさん、そして佐藤先生、ありがとうございました。


◆高木 智 氏 収蔵資料より
解説 岡村昌夫

 今回も前回に続き、折り鶴が描かれている浮世絵の資料を紹介します。江戸時代後期の浮世絵師、喜きたがわ多川歌うたまろ麿による2点です。『古典にみる折り紙』(高木 智 著、1993年 日本折紙協会 発行)の記述によると、高木先生が浮世絵に描かれた折り紙作品を最初に見つけたのは歌麿の絵だったそうです。

【資料14】
高名美人見立 忠臣蔵 十段目えびすや(こうめいびじんみたて ちゅうしんぐら じゅうだんめ えびすや)
制作年: 江戸時代後期1794(寛かんせい政6)年頃
制作地:江戸
ジャンル:錦にしきえ絵
絵師:喜多川 歌麿
大きさ:38.0cm × 26.5cm

 喜多川歌麿(1753:宝ほうれき暦3 年? ~ 1806・文化3年)は、有名 な浮世絵師ですが、伝記的に不明な点が多い人物です。
 浄じょうるり瑠璃や歌舞伎で大人気の、赤穂事件を題材とした『仮名手本忠臣蔵』の各段を描いた揃物(11 作品)です。有名な美人を登場人物に見立てた
「見立絵」。この十段目は討ち入りの武器を調達した天あまかわや川屋義平の見立て
になっています。長持の上の「天川屋義平は男でござる」が、女性として描かれています。その女性の着物の裾に折り鶴の柄があります。

【資料15】
浮世忠信蔵 十一段目(うきよちゅうしんぐら じゅういちだんめ)
制作年: 江戸時代後期 寛政年間頃
制作地:江戸
ジャンル:錦にしきえ絵
絵師:喜多川 歌麿
大きさ:38.0cm × 26.5cm 



◆~おりがみ教室とは~◆
日本折紙協会事務局では、全国の日本折紙協会公認の折紙講師を派遣しています。
おりがみ教室をご依頼いただく際は、専用の申込書をご提出いただきますので、協会ホームページをご覧ください。
必要事項をご記入の上、実施日の最低1~2月前にご提出ください。

[折り紙教室料金表]
1.講師報酬:講師1名につき、12,600円(拘束3時間以内・対象40名まで)
※対象60名まで2名、80名まで3名、100名まで4名の講師が必要です。
※標準的な時間割は、講習1コマ45分(2作品)、準備・休憩15分です。

2.超過料:3時間を越える1時間毎に講師1名につき、2,100円を加算
3.材料費(折り紙):実費(一人100円程度+会場宛送料)※そちらで用意する場合は不要。
4.教材費(教本等):実費(内容により不要)
5.講師交通費:実費
6.講師昼食代:実費(時間帯による)
7.講師宿泊費:実費(日程による)
8.管理費:上記1~7の合計金額の50%がマネージメント料として加算されます。
※上記料金は消費税込み

※折り紙教室料金のご請求とお支払いについて
折り紙教室実施後、講師が協会に提出する「折り紙教室実施報告書」に基づき請求書を作成し、ご送付申し上げますので、ご検収の上日本折紙協会へお支払いください。
※講師への報酬等は日本折紙協会から講師にお支払いいたします。

折り紙教室でご準備いただくもの
1.予定参加人数分の机とイスをご用意ください。
2.入門証等の証明パスが必要な場合は、手続き方法と通用口をお知らせください。
3.宿泊を必要とする場合は、宿泊場所の手配の有無をお知らせください。
4.講師の人数に応じた講師控え室を教室付近にご用意ください。
5.作品展示をご希望の場合は、事前にご相談ください(別料金)。


教室時間割(プログラム)その他ご不明・ご要望は担当佐野までお気軽にご相談ください。
TEL:03-3625-1161 / FAX:03-3625-1162
801円
特集 ハロウィン


◆おりがみ日本むかし話シリーズ
Origami picture of Japanese falk tales made by Ms.Sumiko TACHIBANA
構成 立花 澄子


第10 話 さるかに合戦
The monkey and the crab

 10 月といえば実りの秋、柿やぶどうがおいしい季節です。柿といえば、やはりサル!を思い出し、今月は「さるかに合戦」にしました。合戦というからにはカニがサルをこらしめる場面がクライマックスですが、登場人物!? が多すぎるので、お話の始まり、つまりサルとカニの出会いの場面を表現することにしました。
 台紙(大色紙27cm × 24cm)には越前和紙の黄緑と茶色を貼って背景を作り、ちぎった白い和紙を雲にして浮かべました。茶色は2 ~ 3cm 幅のもの5本をほんの少しずつ重なるようにしてのりづけしました。
 主役のサルとカニに比べて、柿の種とおにぎりが大きめです。交換するものを強調しましたが、小さく折りたい方は挑戦してみてください。反対に折るのが大変という方は描いてもいいと思います。
 カニの足は実際はもっとたくさんありますが、簡略化いたしました。目玉の部分は5mm の丸シールを貼っていますが、これも描いて表情を出してもよいと思います。目の沈め折り(⑥~⑩)が難しかったら白い三角の部分を出さずに、直接体に目を貼ってもよいと思います。 (立花澄子)※「さるかに合戦」のあらすじは、P14のミニ知識の欄に掲載しています。 



◆ミニ知識

◇猿さるかにかっせん蟹合戦…動物昔話のひとつです。赤本(江戸時代の中ごろから出版された表紙が赤く、本文10 ページの子ども向けの絵本)に話が見られます。明治20(1887)年になって、尋常小学校の教科書にも取り上げられ、広く知られるようになりました。この話にはいろいろなすじを持つものがありますが、代表的なものは以下です。「蟹が猿の柿の種と自分が持っていたおむすびを交換します。蟹は種を植え、実がなるのを楽しみにします。木が大きくなり、実をたくさんつけます。そこへ猿がやって来て、取ってやろうと木に登って熟した柿を食べてしまいます。蟹には渋柿を投げ付けます。石いしうす臼、焼き栗、大蜂などが蟹の味方をして、猿をこらしめます」。なお、江戸時代の赤本では、蟹を助けるものが玉たまご子、包ほうちょう丁、まな箸ばし(料理用の長い箸)、熊ん蜂、蛇、手杵(太い棒の中央のくびれた部分を持ってつく杵)、荒布(コンブのこと)、立たちうす臼(餅などをつく臼)、蛸たこなどと多く登場します。


●ミニ知識参考図書:『対訳日本昔噺集』(彩流社)、『日本昔話大成』(角川書店)、『日本の昔話百科』(河出書房新社)、『あっと驚く謎解き日本昔ばなし』(太陽企画出版)、『ビジュアル版日本の昔話百科』(河出書房新社)、『世界大百科事典』(平凡社)、『朝日新聞』(朝日新聞社)、『魔女と魔女狩り』(刀水書房)、『中世の祝祭』(原書房)、『ハロウィンの文化誌』
(原書房)、『マイ・ヴィンテージ・ハロウィン』(グラフィック社)、『イギリス祭事カレンダー』(彩流社)、『ヨーロッパの祭りたち』(明石書店)、『猫の神話』(新紀元社)、『フクロウの民俗誌』(平凡社)、『絵でつづるやさしい暮らし歳時記』(日本文芸社)、『記念日・祝日の事典』(東京堂出版)


◆キャンディCandy by Ms. Hiromi TAKAGI
髙木 ひろみ

一度折った紙をもどして使う、折り紙の再利用作品として考えました。ちょっとくたびれた紙でも楽しめます。15cm角の半分の紙で折ると、リアルな大きさになります。(作者)


◆お手軽ケースSimple case by Ms. Ayako KAWATE
川手章子

1つのパーツがするりとでき、もう一つを折って組み合わせてみました。比較的しっかりとしたケースに思われました。お手軽になんでも入れて使ってくださったらと考えます。一つのパーツだけでも真ん中を開いて立体にするとケースになります(写真右)。(作者)


◆リボンのバッグBag with a ribbon by Ms. Masako FUTAWATARI
二渡昌子

『おりがみ456号(2013年8月号)』に載せていただいたバッグを少し違うタイプにしてみました。リボンは片側だけにして工程を少なくしました。形もよりふっくらとかわいくなりました。(作者)



◆盆灯籠×2+箱=猫のお菓子入れ
青柳 祥子

今までありそうでなかった作品。伝承の盆灯籠と箱から黒猫のお菓子入れができました! 簡単なので、ハロウィン用にたくさん作れますね。楽しんでくださいね。(作者)


◆魔女Witch by Mr. Nick ROBINSON
Nick ROBINSON

ほうきと魔女を同じ大きさの紙で折って、ほうきにのった魔女を表現しています。簡単なのでたくさん折って楽しんでください。(作者)


◆ミニ知識
◇ハロウィン…10 月31 日の夜。2000 年以上も前のケルト人(古代ヨーロッパのアイルランド、スコットランド、イギリスなどに住んでいた先住民)のサウィン(サムハイン)祭が起源とされます。ケルト人の暦では11月1 日が新年で、冬が始まる日でした。その前夜には冬の訪れを喜ぶ死霊、妖怪、魔女などが現れ人々に悪さをして回ると信じられていました。人々は魔物から身を守るために、篝火をたきました。キリスト教徒が布教のために、死霊が現れるとされるこの祭をキリスト教と結び付けました。Halloween はAll Hallows Evenオール・ハロウズ・イーブン(万聖節前夜祭)の略で、万聖節とはすべての聖人を記念する日、Hallow は古期英語のアングロ・サクソン語で聖人(saint)を意味します。時が過ぎ、19世紀中ごろにはハロウィンの風習はイギリスではすたれていましたが、新天地を求めてイギリスからアメリカへ渡った移民たちがその風習を守りました。そして現在のような、仮装、パレード、お菓子をもらいに回る子どもたちなど、家族や友人や地域の人たちがともに楽しむイベントに変化し、それが世界じゅうに広まっていきました。

◇ ”Trick or treat!”(ごちそうくれなきゃ、いたずらするぞ!)
…子どもたちがお菓子をもらいにまわるハロウィンでのイベントのときの言い回しです。大人たちは“I’m scared.”(わぁ、怖い)といて、お菓子や果物を子どもたちにあげます。なお、trick はいたずら、treat はごちそう、つまりお菓子の意味です。
◇ハロウィンの仮装…さまよう霊に出会ったとき、自分だとばれないように聖人や妖精の格好に変装したのが仮装の始まりとされています。
◇フクロウ…フクロウは夜行性ですが、曇りの日には日中も活動します。視力と聴覚が優れていて、生きた動物を捕まえて食べます。古来、ヨーロッパでは無気味な情景や死の世界のイメージが強く不吉な鳥とされますが、その一方でギリシャの女神アテネの従者であることから知恵の象徴ともなっています。なお、ミミズクは羽角(耳のように見える飾り羽)のあるフクロウのことです。

◆チェシャネコCheshire Cat by Mr. Nick ROBINSON
Nick ROBINSON

このネコは1992年にジョン・スミスとBOS(British Origami Society)が企画した「不思議な国のアリスの折り紙作品コンクール」に出品したものです。3部門の一つで優勝した思い出深い作品です。(作者)


◆ミニ知識
◇チェシャネコ…わけもなくにたにたと笑うネコです。1865年、イギリスの数学者チャールズ・ラトウィッジ・ドジソン(1832-1898 年)がルイス・キャロルというペンネームで書いた児童小説『不思議の国のアリス(Alice’s Adventures inWonderland)』に登場します。イギリスには「わけもなくにやにや笑う」という意味で’grin like a Cheshire cat ’ という
言い回しが18 世紀末にはあり、それを使った名前です。なお、grin とは「歯をむき出して笑う」という意味です。ルイス・キャロルがなぜチェシャネコという名前をつけたのかははっきりとはしていませんが、キャロルの故郷がチェシャ州であることが関係しているようです。チェシャ州はネコの顔の形に似ていて、酪農が盛んな地域でチェシャチーズという歴史のあるチーズの産地です。このチーズが、昔、笑い顔のネコの形で作られ売られていたのが慣用句の由来とする説があるそうです。『不思議の国のアリス』とその続編の『鏡の国のアリス(Through the Looking-Glass』(1871 年発行)は人気のイラストレーター、ジョン・テニエルが挿さしえ絵を担当、小説の場面をみごとに表現し、大評判になりました。
◇スペード、クラブ…ともにトランプの4つのマークの一つで、他はハートとダイヤです。トランプは53 枚(4種各13 枚+ジョーカー1 枚)からなる西洋のカードゲームで、トランプという呼び名は日本だけです。正式には「プレイング・カード」または、たんに「カード」が名称です。4種類のマークはもともと中世のヨーロッパの階級を象徴したもので、スペードが王侯・貴族の剣、クラブが農民の棍こんぼう棒、ハートが僧侶の聖杯、ダイヤが商人の貨幣を表していました。


◆英語でオリガミしよう Let’s enjoy both Origami and English!

起き上がりこぼし 笹川勇

福島県の会あいづ津地方に伝わる「起き上がり小こぼし法師」をイメージして作りました。簡単に折れて、楽しく遊べます。(作者)
I have created this model in the image of “Okiagari Koboshi (getting up
young monk)” of the Aizu region of Fukushima prefecture. It is easy to
fold and fun to play with. (Author).


◆蜘くも(かやら草より) Classical spider introduced in Kayaragusa(the memorandums by Mr.Kazuyuki ADACHI in Edo era)
古典

この作品は足あだちかずゆき立一之が、江戸時代1845(弘こうか化2)年ごろまでに230余冊に書き写した資料集に記載されたものです。足立一之は初めは「なにやら草」、第21冊目から50冊までを「かやら草」と名付けました。「何やらかやら」を書き集めたものの意味です。続いて第231冊までを書きましたが、全体の題はついていません。第27冊目と第28冊目に折り紙の記述が見られます。

◆ネコちゃんKitty cat by Ms. Ayako KAWATE
川手章子

暑い夜、ふと折り紙を手にして生まれてきてくれたネコです。頭と体はほぼ同じ折り方です。体を少し広げると立ちます。背中のスキマにメモなどがさしこめます。(作者)


◆きのこのおうちMushroom house by Ms. Tomoko TANAKA
田中 具子

同じ大きさの紙2枚で折ります。『おりがみ106号』では遊園地の特集で紹介されました。


◆フクロウOwl by Ms. Hiromi TAKAGI
髙木 ひろみ

お土みやげ産屋さんでフクロウの置物をよく見かけます。フクロウは「知恵」を象徴する鳥だそうです。折り紙でフクロウを折って「知恵」を授かりたいものです。(作者)

◆スペードとクラブのスタンド
市川 学

ハート、ダイヤ、クラブ、スペードのトランプのマークのスタンドを作りました。(作者)


◆伝承作品紹介
こうもり


◆読者の広場

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
 「宇宙飛行士」は足の部分が不安定でしたが、微調整して立たせることができました。人類初の月面着陸(月面に降りた!)から50年も経っているのですが。あのときは感動しました。5色5枚で「5枚の組み合わせ鶴」を折ってみました。差し込み部分がはずれやすくずれたりしましたが、カラフルで大きな鶴ができました。
青森県 原子さん
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
 連載「折り図のヒミツ」は、ただ折るだけでなく、方眼紙を使って、折った後の
形をイメージして描いていく、など具体的でワクワクしながら読みました。もっと知りたいです。次回も楽しみです。「大阪支部作品展」の土戸英二さんの「サクラソウ」がとても素敵ですね。花や山野草、道ばたの花に興味があり、折り紙で折れたらいいなーと思っています。
兵庫県 田島さん
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆


◆支部だより

2018年「おりがみでハロウィン」作品展
香川支部「おりがみKAGAWA」支部長 四角整子/香川県

こんにちは!! ごぶさたしていました。支部としての活動および年1回の作品展は地道におこなっていたのですが、なかなか皆様にお伝えすることができず、失礼しておりました。
 2018年9月18日(火)~23日(日)、NHK高松ふれあいギャラリーで「おりがみでハロウィン」と題して、『月刊おりがみ』の作品を再現しました。テーマを早くに決めていたので、各自イメージがひろがり取り組みやすかったようです。みんなでワイワイ言いながら、作品展を楽しみました。NHKニュースでも放映されました。


◆みんなの作品展
こえど折り紙の会の展示会を鑑賞して 守屋 岩夫(埼玉県)

こえど折り紙の会は、江戸の伝統技術で作られた江戸犬張子の技術の継承者であった折り紙講師の飯田省三さん(故人)が、川越のお年寄りの方々に作品を教え始めたのが始まりです。飯田先生亡き後鶴嶋ひろみ先生が後を継ぎ、会場も新しくできた川越市のウエスタ川越の学習施設を利用して、月に1回多くの会員が参加して折り紙教室が開かれています。
年を重ねて皆さんの技術の向上は著しく、作品の展示会をとの声を機に初めての展示会を6月12日(水)から20日(木)、ウエスタ川越の2階で開催することができました。展示作品
の一部と集合写真を皆様にご覧いただきたく紹介いたします。
 会員は35名を超える女性ばかりの大所帯で、伝統の作品から『月刊おりがみ』に発表された数々の作品を中心に鶴嶋先生の丁寧で熱心なご指導の下にここ数年間に作成したものが展示され、市民の皆様にもご覧いただき好評を博しました。


◆World 0rigami Report

OUSA折り紙コンベンション参加レポート
中島 進(日本折紙協会常任理事/埼玉県)

2019年6月20日(木)~26日(水)、『522号』と『523号』で参加をつのった「OrigamiUSAコンベンション参加ツアー」が実施されました。同行した日本折紙協会 中島 進常任理事が報告します。
今回、7日間かけて、ニューヨークに14名で行きました。
 前回は、2014年でしたので(『470号』に報告記事)5年ぶりの参加で、また今回は会場が、マンハッタンから離れ、東側の橋を渡った地区のクイーンズで、少し不便を感じましたが、楽しいツアーとなりました。
 アメリカの参加者の皆さんとは、5年ぶりで会えて、歓迎されました。
 今回の会場は、クイーンズにあるSt Jones’ Universityで、大変大きなきれいな大学でした。私たちのホテルもクイーンズにありました。特別ゲストは、ヨーロッパのDasa Severovaさんと、日本の神谷哲史さんでした。
 日本折紙協会より、田中先生、宮本先生(写真下2枚)、中島が教室で教え、他の方も夜の交流会場で教えて喜ばれました。
 会場では、折り紙作品が展示されていて、日本からのものも展示しました。

最終日の懇親会の時には、Wendy Zeichner会長に、黒岩琢磨理事長の信書をわたし、またWendy会長より、日本より、たくさんの人が参加したことに感謝のあいさつがありました。今後も、さらに折り紙交流を深めていきたい、との言葉がありました。
 こののち、後半は、ホテルをマンハッタンに移り、各自で、NYの観光を楽しみました。
 今回参加できなかった方も、次回はぜひ一緒に行きましょう。


◆World 0rigami Report
ポーランドで折り紙交流       
青柳祥子(埼玉県)

ポーランドのおりがみグループGalician Group Origamiは、今年創立18年を迎えます。18歳が成人年齢のため、その記念すべき第18回
Outdoor Origami Meeting (以下OOM)にスペシャルゲストとして招待されました。
 OOMは、毎年テーマがあります。今年のテーマはHoliday Spirit。参加者はそのテーマに沿って展示及び、教室で教える作品をつくります。私は、森に小動物に会いにいくというテーマでトランクや、リス、小鹿、ハリモグラなどの小動物、桜やタンポポのお皿等を創作しました。
 「ポーランドの京都」といわれる美しい街クラクフでコンベンションはOOMは毎年行われます。
 ヴィスワ川は、ポーランド最長の川。ポーランドとスロバキアの境にそびえる山から源を発し、ポーランド国内を大きく蛇行しながら北へ流れ、バルト海へと注いでいます。
 その川沿いで1日目が始まりました。折り紙散歩です。(5月2日16:00~18:30)(地図参照)

 ヴィスワ川には5本の橋が架かっていて、リーダーのトーマスさんがそれぞれの橋の歴史を説明しながらそれにまつわる折り紙を折るのです。これが新鮮で楽しかったです。ちょうど日本折紙協会の近くの隅田川沿いを、橋の説明を聞きながら歩くような感じでしょうか。
 5月3日~5日まで3日間小学校を借りきって展示及び教室、ゲスト青柳祥子の折り紙レクチャー(1時間)などが行われました。
 午前中の折紙教室、ランチを挟み14時~15時までは全員参加の特別イベント、16時~19時まで折紙教室といった流れです。ランチは小学校の給食そのものでしたが、美味しくてビックリです。
 折り紙教室は、タイムテーブルにレベル別に4つに色分けされていて、教室選びに全くに無駄がありませんでした。私は3日間で、10教室担当しました。いろんな国の折り紙仲間と出会え、会話できて情報交換しました。夢のような時間でした。
 OOMの後は、ワルシャワに移動し、小学校の先生方35名、また子供たちに折り紙講習をしました。おすわりワンワン(『385号』掲載)は特に喜ばれました。
 なお詳細は私のホームページ https://www.shoko-origami.comにも載せていますが、ワルシャワの小学校の校長先生NA T A L I AGUZOWSKAさん(女性)の写真はプロ並みですので、こちらの作品ギャラリーサイトをぜひご覧ください。
https://www.myiorigami.pl/xviiiplener-origami-krakow/



◆高木 智 氏 収蔵資料より
解説 岡村昌夫

2013年に折り鶴の図柄としては最古となる資料が発表されました(『おりがみ 461号』)。安あづちももやま土桃山時代末期に作られた
後藤栄乗製作となる小こづか柄に彫金で描かれた折り鶴です。小柄は小刀をつけて今のペーパーナイフのような役割で使われる、武家の男性の持ち物でした。この資料は武家社会の男性の間で折り鶴が生まれ、それが100年かかって都市にくらす人々に広まっていったという証拠になりました。
 1700年前後の元禄時代には友禅染めの着物のデザイン見本帳に折り鶴の模様が現われ、女性の文化として花開いていたと想像できるのです。
 折り鶴はこの連載2回目(『517号』)紹介の『新雛形千歳袖』をはじめ、高木先生の資料にも多く見られます。今月号からしばらくそれらの資料を写真で紹介しましょう。

参考図書:『折るこころ 折り紙の歴史』執筆 岡村昌夫・1999年龍野市歴史文化資料館(現:たつの市立龍野歴史文化資料館)発行、『原色浮世絵大百科事典』1982年大修館書店発行、『浮世絵のなかの子どもたち』1993年くもん出版社発行、『肉筆浮世絵美人画の世界-春信・清長・歌麿・北斎・広重ほか-』2016年東京 宝島社


【資料12】
制作年: 江戸時代中期 1765(明めいわ和2)年
制作地:江戸
ジャンル:錦絵
絵師:鈴木春信
大きさ:21.3cm × 28cm
※わか井おやぢ(若井兼三郎) 刊 京都便利堂 復刻版より 

鈴木春信(1725 ~ 1770 年)は、 多色槢木版画の錦絵を成立させた中心的絵師です。清楚で上品な美人画を描き、見立絵と呼ばれた、遊郭や街中の日常生活の情景に古典や和歌の意味を結びつけた絵を好んで描きました。この絵もその一つです。
 菊慈童とは中国の周の穆王に仕えた侍童で、罪を犯し南陽郡の酈県に流され、そこで菊の露を飲み、不老不死の仙童になったという伝説があります。
 少女の着物に折り鶴が描かれています。


【資料13】
制作年: 江戸時代中期 1789(寛かんせい政1)~ 1801(寛政13)年
制作地:江戸
ジャンル:錦絵
絵師:鳥ち文斎 栄之
大きさ:37.4cm × 25.6cm

鳥文斎栄之(1756 ~ 1829 年)は、 本名は細田時富。浮世絵師としては珍しく武家の旗本の出身です。鳥居清長を尊敬し、画業に入った当初は清長に似た絵でしたが、寛政期に
は独自の画風でたおやかな美人画を描き、同時代の喜多川歌麿にも影響を与えました。
 「七小町」とは小野小町(平安時代前期の女流歌人。恋歌が多く絶世の美女とした伝説が残っています)を題材にした七つの謡曲のことで、この絵も上記の菊慈童と同じ「見
立絵」です。
 女性の振袖の着物に雪輪とともに折り鶴が描かれています。  


協会ホームページに折り紙用紙のショッピングカートができました
約400種のラインナップをそろえてお待ちしています!
http://origaminoa.cart.fc2.com/

~日本折紙協会(http://www.origami-noa.jp/)とは~
NIPPON ORIGAMI ASSOCIATION (NOA)
日本折紙協会は、折り紙を世界の国々により一層普及させたいという思いと、幼児教育に限らず、大人の趣味、高齢者や身障者の方のリハビリテーションなど様々な可能性をもつ「おりがみ」普及の一助となりたいという考えから1973年10月27日に結成されました。
現在では、月刊「おりがみ」の発行、「世界のおりがみ展」「折紙シンポジウム」の開催、「おりがみ級」「折紙講師」「折紙師範」「折紙上級師範」の認定、「おりがみの日」記念イベントの実施、「日本折紙博物館」との提携など、おりがみ普及のためにさまざまな活動を行っています。

~会員になるには~
月刊「おりがみ」の年間購読を申し込めばどなたでも会員になれます。会員の特典として、協会発行単行本と協会取扱い折り紙商品の割引購入、月刊「おりがみ」への創作作品投稿、「世界のおりがみ展」「おりがみの日」「折紙シンポジウム」など協会主催行事に参加および作品を応募できるほか、「おりがみ級」「折紙講師」の申請資格があたえられます。

~月刊「おりがみ」とは~
会員から投稿される創作折り紙作品(話題の動物やキャラクター、季節にそった行事・イベントに関するもの)の折り図(折り方を図で順番に説明したもの)を紹介するほか、会員の折り紙活動を紹介します。折り図の順番通りに折っていけば完成できるので、小学生から90代の方まで1万人を超える会員の方がおりがみを楽しんでいます。
月刊「おりがみ」は毎月末ごろお届けします。

~世界のおりがみ展とは~
さまざまな情景を折り紙で表現した立体パノラマ作品(おりがみブースといいます)と個人作品の展示コーナーにおりがみ教室を加えたイベントが『世界のおりがみ展』です。もちろん書籍や折り紙用紙の物販コーナーを加えることもできます。

現在、世の中では様々なイベントが行われていますが「世界のおりがみ展」は動員催事と文化催事を兼ね備えた独特の巡回展で、1976年の第1回展より20年以上の歴史があります。

3年に1度ひとつのテーマにそって制作され、お子様ばかりではなく大人の方にも十分楽しんで頂き、毎回皆様に驚きと感動の世界を展開しています。なお、「世界のおりがみ展」には、外務省と文化庁の後援を戴いております。他に都道府県・市町村・地元教育委員会・マスコミ等に後援を戴いている場合もございます。

おりがみ展は、おりがみブース・個人作品展示とおりがみ教室に、オプションの[販売コーナー]で構成するおりがみイベントです。
[おりがみブース]は、数え切れないほどの作品によって作られたジオラマが、所狭しと展示されています。約90㎝角の展示台(ブース)とパネル(壁面)作品を基本に組合せて大小変化にとんだ装飾を可能にしています。又、この展示台は折りたたみ式で、運搬時には箱型に収納して運べるようになっています。

[個人作品]は、折り紙作品コンクールの対象になり、日本国内のみならず、世界20数カ国から送られてきた作品が、200余点集まります。その中から、外務大臣賞、国際交流基金理事長賞、NHK会長賞などの賞が授与されています。さらに、折紙著名人の作品も招待作品として展示します。

[おりがみ教室]は、日本折紙協会認定の折紙講師により行われています。1回40分の講座が1日数回行われ、いずれの会場でも連日大好評を頂いております。

[販売コーナー]は、日本折紙協会編集発行の月刊誌「おりがみ」、折り紙専門書、有名折り紙メーカーの商品(折り紙用紙等)を豊富に取り揃え、販売しています。これらの商品は、日本折紙協会がまとめて会場へ搬入・搬出致します。

この「世界のおりがみ展」は過去には全国の有名百貨店の催事として多く実施され、開催期間は標準で6日間前後です。集客には実績があり、「これほど折り紙が人気のあるものとは思わなかった」と催事のご担当者には必ず驚かれ、喜ばれます。昨年夏には日本橋三越本店催事場で実施し、大好評のうちに幕を閉じました。

来訪者としては、年配の方はもちろんですが、お子様連れのファミリー層も多いです。ベテランの折紙講師が懇切丁寧に教えますので、親子で皆さん楽しんでいかれます。当協会が活動趣旨に掲げている「折り紙の普及」にご協賛いただき、ぜひとも開催をご検討いただきたいと存じます。

~折紙シンポジウムとは~
全国各地で毎年夏(7月下旬)に開催。講演会、児童教育部会、歴史研究部会、創作部会、折り紙教室などにより新たな折り紙の世界に触れる機会として、また会員相互の情報交換や懇親の場として2泊3日の日程を行楽地(温泉地)で楽しく過ごします。世界各国から毎年300名を超えるおりがみファンが集まる世界最大の「おりがみイベント」です。

~おりがみの日(11月11日)とは~
この日は世界平和記念日であり、また数字の「1」が4つで正方形折り紙の4辺を表すことから、日本折紙協会では「おりがみの日」としています。この日を中心にして、会員の皆さんから寄せられた作品の展示会「おりがみカーニバル」を東京スカイツリータウン ソラマチイーストヤード5Fで開催します。

~「おりがみ級」と「折紙講師」とは~
「おりがみ級」とは、主に16歳未満の会員のための資格です。月刊「おりがみ」で指定している作品を規定数折って協会に送付し、認定されると「おりがみ級認定証」が授与されます。最初は10級からスタートします。16歳未満の1級取得者には申請により「こどもおりがみ博士」認定証と、NOA特製バッジが授与されます。(詳細は月刊「おりがみ」をお読みください)

「折紙講師」資格は、16歳以上の会員であればどなたでも申請できます。協会発行の「おりがみ4か国語テキスト100」を購入し、テキスト掲載の全作品約100点を自作完成させた形で申請書(テキスト巻末)とともに協会に送付し、申請料3,240円を納付(下記口座番号へ郵便振替)します。その後審査会が全作品合格と認定した方に折紙講師認定証、資格証、講師指導の手引を授与します。不合格作品があれば、その作品のみ折り直して再提出いただきます。(詳細は月刊「おりがみ」をお読みください)。

口座番号00110-6-188035 加入者名「日本折紙協会」

~おりがみをおしえる~
老人ホームや社会福祉施設、自治体主催のサークル、保育関係施設・学校、文化センター、カルチャー教室などなど、さまざまな場所でおりがみは活躍しています。
独自にボランティアで教えている会員の方も多くおられますが、協会には全国から「おりがみを教えてくれる方を紹介して欲しい」という依頼が毎月あり、折紙講師資格をお持ちの会員の方に指導をお願いしております(協会より報酬を支給)。
おりがみ教室では、お子さんから年配の方まで「おりがみをおぼえたい」という気持ちにこたえようと講師も真剣です。熱のこもった授業を終えて帰られる皆さんの表情は満足そうですが、講師の方は生徒の「ありがとう」の言葉に安心しつつも、もっとわかりやすい説明はないだろうかと考えるようです。毎回真剣勝負なので様々な苦労がありますが、いろいろな形で努力が報われるようです。

~おりがみ教室とは~
日本折紙協会事務局では、全国の日本折紙協会公認の折紙講師を派遣しています。
おりがみ教室をご依頼いただく際は、専用の申込書をご提出いただきますので、
協会ホームページをご覧ください。
必要事項をご記入の上、実施日の最低1~2月前にご提出ください。

801円
特集 9月のイベント

◆おりがみ日本むかし話シリーズ
Origami picture of Japanese falk tales made by Ms.Sumiko TACHIBANA

第9 話 かぐや姫Kaguyahime (The bamboo princess)
構成・創作 立花澄子

 9 月は中秋の名月、月の美しい季節ですね。そして月といえば、うさぎやお月見、かぐや姫が連想されます。久しぶりにおじいさんに登場してもらって、竹やぶの中でのかぐや姫との出会いを色紙にしてみました。色紙はいつも大色紙(27cm × 24cm)に、竹林のイメージで3種類の越前和紙をちぎって貼り、横線が入った緑色の和紙が竹の節に見えたので1~2cm ほどの幅に切り10 本縦に貼りました。背面に貼った3色の紙から出ているように貼ると竹やぶの雰囲気が出ます。もちろんもっとシンプルに黄緑色や淡いモスグリーンの紙を貼るだけでもいいですし、かぐや姫が生まれる竹とおじいさんをクローズアップして貼ってもよいと思います。
 今回、かぐや姫を入れるために竹が太くなりましたのでおじいさんの体も15cm 角で折って大きくしてみました。最後に竹やぶに裸足で入るのは!? という思いで、ぞうりを加えましたが、細かくて大変なときはなくてもいいです。
 かぐや姫もこんなにはみ出していたら、おじいさんになたで切られてしまいます!が、そこは中から出てきたら少し大きくなったということでお許しください。何しろかぐや姫はたった3か月で大人になるのですから。
 竹は緑とクラフト紙の両面折り紙を使っていますが、普通の緑の折り紙でも大丈夫です。姫の着物も友禅柄の折り紙で折り、袖を竹に引っ掛けていますが、普通の赤い折り紙でも綺麗です。髪はカツラのようにかぶせています。かぐや姫の背景に神々しい光が!お花用のラッピングの薄紙を使って、直径9.5cm ほどに切ったものを貼っていますが、これもなくても大丈夫です。 (立花澄子)
※「かぐや姫」のあらすじは、P23のミニ知識の欄に掲載しています。



◆仲良しウサギのリースWreath with eight rabbits arm in arm by Ms. Ayako KAWATE
川手 章子

1パーツ仕上がったところでくみあわせてリースにしてみようと思いました。お顔の表情をいろいろと変えてみても楽しそうです。仲良きことは美しきかな…。(作者)



◆狐狸名牌(キツネのサインホルダー)
陳 韋霖

2018年12月17日から2019年1月7日、東京都港区の台北駐日経済文化代表処「台湾文化センター」で開催された「台日文化交流作品展」に出品された作品です。「狐狸」は中国語でキツネのこと、「名牌」は名札のことです。正方形1枚で名札を抱えたかわいらしいキツネが折り出されています。


◆舟形の器とラグビーボールBoat-shaped receptacle and Rugby ball by Ms. Noriko NAGATA
永田 紀子

舟形の器はたいらになるので持ち運びに便利です。「舟形の器を変化させてラグビーボールにトライしてください」という編集部からの依頼を受け挑戦してみました。かどののりづけなど課題が残るものになっていますが、楽しんで作っていただけたらと思っています。(作者)


◆ミニ知識
◇かぐや姫ひめ…『かぐや姫』は、9 世紀後半から10 世紀の初めの平安時代前期に成立した『竹たけとりものがたり取物語』を子ども向きの昔話にしたときに、よく使われてきたタイトルです。『竹取物語』は、かなで書かれた物語の始祖とされている話で、伝承の説話を軸に上流貴族社会への風刺がユーモアたっぷりに書かれているこの物語は、教養豊かな男性による作と考えられています。作者はわかっていません。あらすじは次のとおりです。「 竹取の翁おきな」が竹の中から見つけて育てた3 寸すん(約10cm) ほどの女の子が、3 か月ほどで輝くほどの美しい女性となりました。「なよ竹のかぐや姫」と名付けられたその女性に、求婚する者も多く、とくに5 人の熱心な貴公子たちがいました。かぐや姫が出す結婚の条件としての難題を解決することができず、最後には帝の求婚も断ったかぐや姫は、十五夜の晩、迎えに来た天人たちとともに月の国に帰って行きます。姫に去られて傷心の帝は、姫が置いていった不死の薬もいらないと天にもっとも近い駿するがのくに河国の山で燃やすように命じます。その山は、たくさんの士(つわもの)が登り、薬を燃やしたので「たくさんの士」と「不死」に掛けて、「富士」と名付けられました。
『かぐや姫』では、求婚者は3 人になり、帝の影も薄くなっています。
◇ラグビー…正式名称はラグビーフットボール。それぞれ15 人の2チームがボールを奪い合い、相手のインゴール(得点ゾーン)にボールを運び、得点を競う球技です。得点は得点ゾーンにボールを持っていくトライと、地面から3m の高さにあるクロスバーにボールを蹴り入れるゴールキックとがあります。ボールは持っても蹴ってもよいですが、パスは自分よりうしろにいる仲間にしかできません。1823 年、イギリスのパブリック・スクールのひとつラグビー校の生徒 ウイリアム・ウェブ・エリスの伝説がラグビーの起源として語り継がれています。彼は、試合中、校内では違反行為とされていたボールを腕にかかえてゴールに走り、それが偉業とされました。ラグビーは、けが人も続出するほど激しい競技ですが、ルールと審判を尊重して紳士(ジェントルマン)としてプレーすることでスポーツとして定着していきます。2019 年9 月20 日に開幕し、11 月2 日に閉幕するラグビーワールドカップは、9 回目を数えます。体をぶつけ合う激しい競技なので試合間隔を開ける必要があり、北海道、本州、九州の12 の会場で44 日間の長い期間をかけて競技が行わ
れます。日本にラグビーが正式に伝わったのが1899 年で、今年2019 年は日本伝来120 周年の記念の年でもあります。ラグビーはイギリスから南半球の国々、そして他の地域の国へと広まりましたが、「国籍主義」ではなく「所属協会主義」で、本人、両親、祖父母がその地域で生まれていれば代表資格を持て、また、本人が3 年以上継続して居住した場合でも資格を得られます。そういう訳で海外出身選手が多いのです。
◇ラグビーボール…初期のボールはブタの膀ぼうこう胱に空気を入れてふらませたものに、ウシの革4 枚を縫い合わせたものでした。1851 年、イギリスのロンドンで世界で初めて開催された万国博覧会に、 今のラグビーボールの形に近い楕だえん円のボールが展示されました。高く上がりやすい形ということで、楕円の形が採用されたという説があります。

●ミニ知識参考図書:『対訳日本昔噺集』(彩流社)、『日本昔話大成』(角川書店)、『日本の昔話百科』(河出書房新社)、『あっと驚く謎解き日本昔ばなし』(太陽企画出版)、『ビジュアル版日本の昔話百科』(河出書房新社)、『すぐわかるラグビー』(成美堂出版)、『世界大百科事典』(平凡社)、『朝日新聞』(朝日新聞社)


◆ラグビーワールドカップ2019大会公式マスコットレンジー
土戸英二

歌舞伎や能の「連獅子」がイメージされている、親子のペアマスコットを折り紙で考えてみました。それぞれ同じ大きさの紙2枚で折ります。本物は嬉しいことがあると、髪をぐるぐる回したり、レンジーダンスを踊るそうです。(作者)


◆ラガーシャツRugger shirt by Mr. Ryo- AOKI
青木 良

ラグビーといえば、しましまのシャツを思い浮かべます。2本ボーダーと1本ボーダーの2通り作ってみました。⑫からは立体でたいらにならない工程がありますが、左右対称に形よくなるようにていねいに折り進めてください。


◆英語でオリガミしよう Let’s enjoy both Origami and English!
Lesson46 
A spinning top transformed from a box by Ms. Sho-ko AOYAGI
☆ ハコからコマ 青柳 祥子


伝承の箱から独こま楽が生まれました。底の白い部分でいろいろな模様を作ることができ、回転させて模様の変化を楽しむことができる作品です。折り図では基本の形とバリエーション2種類だけを紹介していますが、右のページの写真を参考にして他の形も作ってみてください。(作者)
A spinning top is created from a traditional box. You can make various
patterns on the white bottom part and enjoy the changing pattern by
spinning the top. In the folding diagram, only the basic shape and two
variations are presented, but you also can make other shapes as well
by referring to the photos on the right page. (Author)
※ 15cm 角の大きさの紙で折ると、たて5.5cm、よこ5.5cm、高さ1.2cm の箱型のコマができます。
※ With a 15 cm square paper, the size of the box-shaped top is 5.5cm long,
5.5cm wide, and 1.2cm high.



◆胡蝶蘭
市川 学

今までに何度か胡蝶蘭を創ろうとしましたがうまくいきませんでした。今回はまず蝶を創り、蝶の応用として創ってみました。茎も同じ大きさの紙で
創れました。(作者)


◆漢字の日本Kanji(Chinese character) having the meaning of Japan by Mr. Ko-ichi DATE
伊達 光一

今年、ラグビーの世界大会の開催地が日本なので、自分の漢字の折り紙の中から、「日」「本」が選ばれました! 「本」は、「日」を先に折った後、測って折ってください! 16~19は少し難しいけどラグビーのように決めよう! 台紙に貼って旗にしてね!(作者)


◆読者の広場

「あじさいのお皿」と「オナガ」はきれいだったので、さっそく折ってみました。「支部だより」に載っていた作品に「チコちゃん」があり驚きました。折り方を教えてほしいです。
埼玉県 高橋さん
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
 「あじさいのお皿」ははなやかで、眺めたり、くるくる回して楽しみました。いろいろな色の組み合わせてみたいと思っています。「トランク」は折り図を見てむずかしそうかなと思いましたが、「やってみよう!」と思いとりかかりました。本体2と本体3が混同してしまうなどハプニングもありましたが、できあがってうれしいです。「本当の旅行に持って行きたい」と思いました。
東京都 池田さん


◆支部だより
日本折紙協会は支部設立を応援しています ! 
このコーナーでは各地で活動中の支部の情報をお待ちしております

◆折り紙夢工房50周年記念作品展
武南支部「折り紙夢工房」支部長 金杉優子/埼玉県

前武南支部長の金杉登喜子主宰で創立された「折り紙夢工房」は今年50周年を迎え、これまでの歩みとともに、皆で築き上げた折り紙作品(700点)の世界をご紹介する機会として、
5月11日(土)・12日(日)の2日間に渡り、川口総合文化センターリリア展示ホールで「折り紙夢工房50周年記念作品展」を開催しました。
 インターネットや新聞を見て来場してくださった方や、『月刊おりがみ』を見て全国各地から、また台湾など外国の方も来てくださり、2日間で延べ1,300人の来場者を迎え、終始賑わいのある楽しさ溢れる作品展となりました。
 オープニングセレモニーでは黒岩琢磨理事長をはじめ、地元川口市長、県議会議員、市議会議員の方にもご出席いただき、華々しい幕開けとなりました。
 作品展では、折り紙の他、会員の方が趣味を生かした写真や編み物など、多くの作品も「趣味園」と題し、同時開催しました。こちらも多くの方々が興味深く熱心に見ておられ、会員に質問されていました。
 また恒例の「折り紙体験教室」も、多くの皆様がご参加、終始席が空くことなく、折り紙の楽しさを体験していただくことができました。
 入り口に設置されたバラのアーチで、家族連れの方が記念写真を撮る姿が多く見受けられ、賑わっていました。
 来場された方より「折り紙で芸術的な作品が多く驚き、趣味園では多彩な作品に触れ、感動し、あたたかい気持ちになりました」「会員の方の目がキラキラ輝いています」など、お声をいただき会員一同、大変励みとなりました。
 これからの折り紙夢工房では川口市石神の工房において年間を通して折り紙作品を展示し、折り紙体験教室、紙すき、刻書作りなどのワークショップを行い季節のテイストを織り交ぜながら、地域の皆様の憩いの場として展開してまいります。
 また今後の予定としましては、10月2日(水)~7日(月)、埼玉県芸術文化祭の一環として川口総合文化センターリリアにて作品展を開催します。テーマは「折り紙でアニメーション」を目標に制作中です。
 これからも50年間積み上げてきた折り紙の世界観と技術を「初心忘れるべからず」の思いを原点に後進の指導、育成、折り紙の伝承に努めて参りたいと思います。


◆陶山ヤス子先生をお迎えして
神戸支部「おりがみ かうべ」支部長 柴本厚子

6月9日(日)、京都府在住の陶すやま山ヤス子先生にお越しいただきました。いつも(奈良、吹田との)三支部勉強会では、可愛い作品を教えていただき、何かとお世話になっているのですが、今回も丁寧に講習をしていただきました。
 2枚で作る「市松模様」は、クルンクルンと畳んでいくと、市松模様ができる、不思議な作品でした。(創作:マーチン・ウォール/イギリス)6枚で作る「ガーデンコースター」
は、豪華な模様が浮き上がり、美しい
作品でした。(創作:ルース・シャケル/オランダ)
 お忙しい中、遠いところをお越しくださり、本当にありがとうございました。


◆みんなの作品展

40年の眠りを醒ます 驚異のユニット 寺田徳重氏創案の「ピラミッドカラー」「寺田式ユニット折紙 √3 -の魅力に迫る!」作品展開催京都おりがみ会 松原ちえ(京都府)


 2016年11月15日(火)~20日(日)、京都市中京区のギャラリー𠮷象堂で、京都おりがみ会と近鉄文化センター阿倍野教室合同の、「折紙展」を開催しました。40年の眠りを醒ます驚異のユニット、寺田徳重氏創案の「ピラミッドカラー」を中心とした作品展でした。
 会期中の土曜、日曜日にはワークショップも行いました。

「ピラミッド カラー」(60°ユニット折紙)について 創案者の言葉に『ピラミッド カラーの魅力は、一に、幾何学的な立体形と、美しい色の無限の配色です。1個の作品についても、色々に配色してみることにより、幾通りにも楽しめるのです。注意すべき点は、ユニットを折るにあたり、(1)机の上で (2)正確に (3)折り目をしっかりとつけること、そして、良い配色を選ぶことです。(1977年12月 第30回NOA定期講習会テキストより)』と、あります。
 創案以来半世紀を過ぎた今も、その年月を感じさせない発想と、新鮮さを失わない感覚を持った「60°ユニット折紙」。公開講習会から40年の歳月を経て、以来、忘れ去られようとしている今、ここにこの独創的なユニット折紙の魅力を、一人でも多くの方に知っていただきたく、√3ユニットファンの一人として、皆様にご紹介方々、作品展を企画・開催する運びとなりました。正三角形に含まれる、直角三角形=1:2:√3の数字が生み出す不思議な力と、様々な可能性をお楽しみください。
 今回の作品展では、氏の原作を復元した幾何学的造形群に合わせ、私達女性の目から見た60°ユニット利用による、新しい作品の数々もご覧いただきたいと存じます。
 なお、この作品展を開催するにあたり、ご協力いただいた各方面の皆様方に、心より厚くお礼申し上げます。和紙提供:越前和紙の里 用紙協力:大与紙工株式会社資料協力:日本折紙協会、大成建設株式会社


◆World Origami Report
PEAUrigami(皮膚紙)展   Corinne DECHELETTE(フランス)

私の本職は美容学を専門とする薬局の医師です。CNRS(国立科学研究センター)で働いている研究者、中澤恵子さんに日本文化を紹介されて日本に行きました。癒しの文化に感銘を受け、以来、畏敬の念を持って日本文化に接しています。
 2019年1月15日(火)~2月2日
(土)、フランス南部のラバンスタン
Lルe CサンクINQ文化協会で、皮膚学と折り

紙テクニックの共通点に着目した展示会を開催しました。
 さまざまな皮膚の模様の写真や肌が生まれ変わる仕組み(剥離)を表現した図などを展示。また、参加者には、本イベントを通じて皮膚の持つ複合性の再発見と、折り目(皺)、多角形をなす点など皮膚構造と共通点を持つ日本の芸術「折り紙」を体験してもらいました。


◆高木 智 氏 収蔵資料より
解説 岡村昌夫

「資料11」 豊歳五節句ノ遊 重陽(ほうさいごせっくのあそび ちょうよう)
制作年: 江戸時代 1843(天てんぽう保14)年
制作地:江戸
ジャンル:錦にしきえ絵
絵師:歌うたがわ川国くにさだ貞(三世「豊国」)
大きさ:37.1cm × 25.6cm

歌川国貞(1786 ~ 1864 年) は、 22 歳で浮世絵界にデビューして79 歳で亡くなるまで江戸の町で大活躍した浮世絵師です。歌舞伎の役者絵、吉原の遊女や市井の女性の美人画、庶民の生活を描いたものなど彼の残した多くの絵で、私たちは江戸時代末期の文化や風俗を知ることができます。 この連載でも第1 回(『516 号』掲載)に『偐紫田舎源氏』と『百人一首八十四番俊恵法師』、第4 回(『519 号』掲載)に『北國五色墨』が登場しています。
 なお、国貞は師の豊国の名をついで「二世豊国」を名のりましたが、実はすでに「二世」がいたことがわかり、「三世」と呼ばれるようになりました。
中国では奇数は陽数とされ、その最大数の9が重なることから旧暦9月9日は「重陽」と呼ばれ、その日に香りの強い茱萸(山椒のこと)を髪などにさして、菊酒を飲むと長寿になると信じられていました。重陽の節供に菊を用いる風習は日本に
伝わって平安時代には貴族たちの間でも広まり、真綿を菊の花にかぶせてその露で濡れた「菊綿」で肌を撫でて長寿を祈ることなどが行われました。江戸時代になると武家から都市に暮らす庶民にも風習が広がりました。 
 さて、この絵、若い姉妹が菊の花壇の前にいます。姉は花壇の菊の葉を摘もうとしており、そのそばで妹は菊の花びらを摘んで折り紙の箱に入れています。姉に笑顔で話しかけている様子で、話の内容を想像するのも楽しい絵です。
 妹が花びらを入れている箱が、当時「折居」と呼ばれた紙の箱で、長方形の紙で平面的に折り進めて「畳紙」にし、最後に立体的に箱に仕上げるものです。「重陽の節供」に菊の花びらを摘んで紙の箱に入れることはよく行われたようで、重陽を描く絵にはよく出てきます。同じ国貞による「十干兄弟ノ内乙」の絵にも、立ち姿の若い娘が菊一本と菊の花びらの入った紙の箱を持ったものがあります。まに、国貞とほぼ同時代の歌うたがわひろしげ川広重(1797~1858年)の「風流遊び」という浮世絵には、「をりもの」というタイトルで二人の女の子が折り紙をし、折居、折り鶴、蛙かえる、兜かぶとの胡ごましお麻塩包みが描かれています。 
 ところで、1700年代半ば頃までは、とくに上方では折り紙全般のことを「折りすえ」といっていました。「折りすえ」を漢字では「折居」と書き、「居」は「据」と同じ意味を持ちますから平面的になるように折り畳んだものという意味でしょう。
 右下の図は『女諸礼集大全』(北尾辰宣 著、1751年 発行)の中のものです。香道具としての「折居」が描かれていますが、ここでは「折居」の意味が限定されています。なお、香道や茶道では競技をするときの札を入れる容器として、現代でも同じ「折居」という名で用いられています。
  「嬉遊笑覧」(国学者の喜きたむらのぶよ多村信節が江戸時代後期の風俗習慣などについて書いた随筆。 1830年発刊)に「今をり鶴というものにや[伊呂芝居]に女子の遊びごとをいふ処に、折すゑの鶴、鍬形の兜かぶととあり。今も作るものなり。畳紙のみ折居とこころ得るは非なり。」とあります。「今の折り鶴と思われるものが昔の本に折りすゑの鶴とある。したがって畳紙(の一種の箱形のもの)だけを折りすえと理解してはならない」といった意味です。[伊呂芝居]がどんな本なのかは謎ですが、この記述からも「折りすえ」は「折り紙」全般を表す言葉だったことがわかります。1830年ごろには一般に「折居」は、「折り紙」の意から離れ、「たとう」の一種の折り箱だけを指すようになったのです。 



協会ホームページに折り紙用紙のショッピングカートができました
約400種のラインナップをそろえてお待ちしています!
http://origaminoa.cart.fc2.com/

~日本折紙協会(http://www.origami-noa.jp/)とは~
NIPPON ORIGAMI ASSOCIATION (NOA)
日本折紙協会は、折り紙を世界の国々により一層普及させたいという思いと、幼児教育に限らず、大人の趣味、高齢者や身障者の方のリハビリテーションなど様々な可能性をもつ「おりがみ」普及の一助となりたいという考えから1973年10月27日に結成されました。
現在では、月刊「おりがみ」の発行、「世界のおりがみ展」「折紙シンポジウム」の開催、「おりがみ級」「折紙講師」「折紙師範」「折紙上級師範」の認定、「おりがみの日」記念イベントの実施、「日本折紙博物館」との提携など、おりがみ普及のためにさまざまな活動を行っています。

~会員になるには~
月刊「おりがみ」の年間購読を申し込めばどなたでも会員になれます。会員の特典として、協会発行単行本と協会取扱い折り紙商品の割引購入、月刊「おりがみ」への創作作品投稿、「世界のおりがみ展」「おりがみの日」「折紙シンポジウム」など協会主催行事に参加および作品を応募できるほか、「おりがみ級」「折紙講師」の申請資格があたえられます。

~月刊「おりがみ」とは~
会員から投稿される創作折り紙作品(話題の動物やキャラクター、季節にそった行事・イベントに関するもの)の折り図(折り方を図で順番に説明したもの)を紹介するほか、会員の折り紙活動を紹介します。折り図の順番通りに折っていけば完成できるので、小学生から90代の方まで1万人を超える会員の方がおりがみを楽しんでいます。
月刊「おりがみ」は毎月末ごろお届けします。

~世界のおりがみ展とは~
さまざまな情景を折り紙で表現した立体パノラマ作品(おりがみブースといいます)と個人作品の展示コーナーにおりがみ教室を加えたイベントが『世界のおりがみ展』です。もちろん書籍や折り紙用紙の物販コーナーを加えることもできます。

現在、世の中では様々なイベントが行われていますが「世界のおりがみ展」は動員催事と文化催事を兼ね備えた独特の巡回展で、1976年の第1回展より20年以上の歴史があります。

3年に1度ひとつのテーマにそって制作され、お子様ばかりではなく大人の方にも十分楽しんで頂き、毎回皆様に驚きと感動の世界を展開しています。なお、「世界のおりがみ展」には、外務省と文化庁の後援を戴いております。他に都道府県・市町村・地元教育委員会・マスコミ等に後援を戴いている場合もございます。

おりがみ展は、おりがみブース・個人作品展示とおりがみ教室に、オプションの[販売コーナー]で構成するおりがみイベントです。
[おりがみブース]は、数え切れないほどの作品によって作られたジオラマが、所狭しと展示されています。約90㎝角の展示台(ブース)とパネル(壁面)作品を基本に組合せて大小変化にとんだ装飾を可能にしています。又、この展示台は折りたたみ式で、運搬時には箱型に収納して運べるようになっています。

[個人作品]は、折り紙作品コンクールの対象になり、日本国内のみならず、世界20数カ国から送られてきた作品が、200余点集まります。その中から、外務大臣賞、国際交流基金理事長賞、NHK会長賞などの賞が授与されています。さらに、折紙著名人の作品も招待作品として展示します。

[おりがみ教室]は、日本折紙協会認定の折紙講師により行われています。1回40分の講座が1日数回行われ、いずれの会場でも連日大好評を頂いております。

[販売コーナー]は、日本折紙協会編集発行の月刊誌「おりがみ」、折り紙専門書、有名折り紙メーカーの商品(折り紙用紙等)を豊富に取り揃え、販売しています。これらの商品は、日本折紙協会がまとめて会場へ搬入・搬出致します。

この「世界のおりがみ展」は過去には全国の有名百貨店の催事として多く実施され、開催期間は標準で6日間前後です。集客には実績があり、「これほど折り紙が人気のあるものとは思わなかった」と催事のご担当者には必ず驚かれ、喜ばれます。昨年夏には日本橋三越本店催事場で実施し、大好評のうちに幕を閉じました。

来訪者としては、年配の方はもちろんですが、お子様連れのファミリー層も多いです。ベテランの折紙講師が懇切丁寧に教えますので、親子で皆さん楽しんでいかれます。当協会が活動趣旨に掲げている「折り紙の普及」にご協賛いただき、ぜひとも開催をご検討いただきたいと存じます。

~折紙シンポジウムとは~
全国各地で毎年夏(7月下旬)に開催。講演会、児童教育部会、歴史研究部会、創作部会、折り紙教室などにより新たな折り紙の世界に触れる機会として、また会員相互の情報交換や懇親の場として2泊3日の日程を行楽地(温泉地)で楽しく過ごします。世界各国から毎年300名を超えるおりがみファンが集まる世界最大の「おりがみイベント」です。

~おりがみの日(11月11日)とは~
この日は世界平和記念日であり、また数字の「1」が4つで正方形折り紙の4辺を表すことから、日本折紙協会では「おりがみの日」としています。この日を中心にして、会員の皆さんから寄せられた作品の展示会「おりがみカーニバル」を東京スカイツリータウン ソラマチイーストヤード5Fで開催します。

~「おりがみ級」と「折紙講師」とは~
「おりがみ級」とは、主に16歳未満の会員のための資格です。月刊「おりがみ」で指定している作品を規定数折って協会に送付し、認定されると「おりがみ級認定証」が授与されます。最初は10級からスタートします。16歳未満の1級取得者には申請により「こどもおりがみ博士」認定証と、NOA特製バッジが授与されます。(詳細は月刊「おりがみ」をお読みください)

「折紙講師」資格は、16歳以上の会員であればどなたでも申請できます。協会発行の「おりがみ4か国語テキスト100」を購入し、テキスト掲載の全作品約100点を自作完成させた形で申請書(テキスト巻末)とともに協会に送付し、申請料3,240円を納付(下記口座番号へ郵便振替)します。その後審査会が全作品合格と認定した方に折紙講師認定証、資格証、講師指導の手引を授与します。不合格作品があれば、その作品のみ折り直して再提出いただきます。(詳細は月刊「おりがみ」をお読みください)。

口座番号00110-6-188035 加入者名「日本折紙協会」

~おりがみをおしえる~
老人ホームや社会福祉施設、自治体主催のサークル、保育関係施設・学校、文化センター、カルチャー教室などなど、さまざまな場所でおりがみは活躍しています。
独自にボランティアで教えている会員の方も多くおられますが、協会には全国から「おりがみを教えてくれる方を紹介して欲しい」という依頼が毎月あり、折紙講師資格をお持ちの会員の方に指導をお願いしております(協会より報酬を支給)。
おりがみ教室では、お子さんから年配の方まで「おりがみをおぼえたい」という気持ちにこたえようと講師も真剣です。熱のこもった授業を終えて帰られる皆さんの表情は満足そうですが、講師の方は生徒の「ありがとう」の言葉に安心しつつも、もっとわかりやすい説明はないだろうかと考えるようです。毎回真剣勝負なので様々な苦労がありますが、いろいろな形で努力が報われるようです。

~おりがみ教室とは~
日本折紙協会事務局では、全国の日本折紙協会公認の折紙講師を派遣しています。
おりがみ教室をご依頼いただく際は、専用の申込書をご提出いただきますので、
協会ホームページをご覧ください。
必要事項をご記入の上、実施日の最低1~2月前にご提出ください。

801円
特集 虫図鑑

◆おりがみ日本むかし話シリーズ
Origami picture of Japanese falk tales made by Ms.Sumiko TACHIBANA
第8話 浦島太郎
構成創作 立花澄子

8 月はやはり海ですね。海といえば「浦島太郎」のお話が思い浮かびました。お話の中にはいろいろな場面がありますが、亀の背に乗って竜宮城へ行く場面が海そのものなので選びました。
 海の中の雰囲気を出すために、水の流れと漂う様子が表現できればと思い、水色の和紙を5mm 幅ほどに切って白い大色紙(27cm × 24cm)全体に湾曲にのりづけしてみました。水の泡は白い丸シールに青色の蛍光マーカーで彩色したものを使いました。
 浦島太郎さんの頭は笠原邦彦さんの一寸法師の髷の部分を少しアレンジして使わせていただき、結わえた髪が水中で揺らいでいるように先をひねってみました。「腰みの」は「はかま」に段折りを加えて仕上げました。ただ細かい折りなので、難しい時は段折りをしないでスジを描いてもよいと思います。
 亀の背中に太郎さんを貼ると、寝ているように見えるので、足をはさみ込んでみました。展示するうえで問題がなければ、頭をのりづけしないで起こすと立体的になり、亀の背に座っているように見えます。
 魚は坂田英昭さん創作のエンゼルフィッシュと、鯛を泳がせてみました。お好きな海の生き物や海藻を貼って、もっとにぎやかにしてもよいと思います。
 ところで、鯛として使った魚は、尾を伝承の「風船金魚」ように折り出す作品で、簡単なので昔から気に入っている作品なのですが、創作者がわかりません。もしご存知の方
がいらしたらお知らせください。      (立花澄子)
※「浦島太郎」のあらすじは、P33のミニ知識の欄に掲載しています。 


◆蛸
Octopus by Mr. Yukihiko MATSUNO
松野幸彦

折りにくいので最初に折りすじをつけました。もともとは同じ足の長さの7本足でしたが、どうせならと足の数を8本にしてみました。(作者)


◆セミCicada by Mr. Tetsuo KIMURA
木村 哲夫

シンプルな折り紙を考えているうちに、セミができました。⑥や⑧の折り方で羽や体の大きさが変わるので、紙の色によって、いろいろな種類のセミが表現できます。折った後は、図鑑で似ているセミを探して下さい。(作者)


◆ちょうちょButterfly by Mr. Saboro‒ KASE
加瀬 三郎
④で折った位置で⑦で中わり折りをすることで左右のかどに厚みが出るので、注意して折りましょう。また、④の折りでハネの広がり方が変わります。好みの位置をみつけてください。


◆英語でオリガミしよう Let’s enjoy both Origami and English!
☆くわがた虫カプセル 梨本 竜子

同じ大きさの紙2枚で折ります。人気の昆虫を容れ物にしてみました。小さなお宝やお菓子を入れたり、また「お盆ぼんだまぶくろ玉袋」としていかがでしょう。
(作者)
With two sheets of the same size of paper, I created an envelope of a
popular insect. You can put small treasures or sweets inside, or use it
as an “obondama-bukuro (an envelope for Bon holiday gift).” (Author)


◆カブトムシBeetle by Mr. Takayuki USUDA
臼田 隆行

カブトムシがより簡単に折れるようにと、シンプルな三角形のツノ、脚は細くなくても大丈夫と考えたものが、皆さんに喜んでいただけたようでとても嬉しく思っています。(作者)


◆クワガタStag beetle by Mr. Yukihiko MATSUNO
松野幸彦

クワガタムシの6本脚と2本の大アゴが無理なく折り出されています。長めの工程のわりには難しくないのですが、中に押しこむ「しずめ折り」が多いので、ていねいに折りましょう。クワガタムシは、立体的に整えるより、ぺちゃんこにしてしまった方が、かえって本物らしくなります。

◆オトシブミJapanese weevil by Mr. Kunihiko KASAHARA
笠原邦彦

赤と黒の両面折り紙で、体が赤く出るように折るとよいでしょう。富山大学で生態学を教授しておられた鈴木邦雄先生は「オトシブミはオリガミができる虫です! 木の葉を折り畳み、その中に卵をうむのです」と伺ったことがありました。(作者)



◇オトシブミ…5 月の終わりから7 月にかけて雑木林や公園で葉っぱを長さ2cm ほどに丸めたものを見かけます。これはオトシブミという、体長1cm ほどの虫のメスが作った子どもを守り育てるための「ゆりかご」です。このゆりかごの形が巻き文に似ているところから虫の名前がつきました。ゆりかごは「揺ようらん籃」と呼ばれています。クリやクヌギやケヤキなどの広葉樹の葉の根元を葉の真ん中を通る主脈だけはつなげたままするどいアゴで切り、葉脈をかんで葉全体をやわらかくします。そして主脈を軸にして二つ折りして葉の先から巻き上げていき、最後に葉が開かないように巻き終わりを返してしっかり閉じたら主脈をかみ切って落とします。巻き方はオトシブミの種類によって異なり、主脈を切らないで木についたままにしておくものもいるそうです。葉を巻き上げていく最初のうちに卵をひと粒産みます。この真ん中に産みつけられた卵が幼虫になり、揺籃の葉を食べながら成長し、1か月ほどで親と同じ姿になって出てきます。オトシブミの仲間は上下に動かせる長い首を持つものが多く、メスは葉を丸めるのに都合がよく、オスは首を振ってうなずくような動作を繰り返しどちらが上手か競い合うのに使うそうです。直接相手に触れないので、体を傷つけることがない戦い方です。


◆マツムシ、スズムシCricket and Bellringer cricket by Mr.Yoshihide MOMOTANI
桃谷 好英

スズムシの形はマツムシとよく似ていますが、色が黒く、胸の部分が少し小さく、翅はねの幅が広く、好んで住む場所も少し違うようです。(作者)


◆すいかWatermelon by Ms. Sayoko KUWABARA
くわばら さよこ

(両面折り紙を使わないで)どこにでもある折り紙で、子どもも初心者も手軽に折れるようにつくりました。できあがりIIは裏側がスッキリします。15cm角で折って、白い部分に文字を書いて封筒に入れて、暑中御見舞いにすると、迫力があって面白いかなと思います。(作者)


◆ミニ知識
◇浦うらしまたろう島太郎…現在よく知られている話のあらすじは以下のようなものです。「漁師の浦島太郎はあるとき、子どもたちが浜辺で亀をいじめているところに出会い、亀を買い取り海に逃がしてやります。その数日後、亀が浦島太郎の前に現れ、先日のお礼にと海中の竜宮城に招待します。亀の背中に乗って、海に潜り、城では乙おとひめ姫にもてなされて楽しく過ごしますが、数日後、故郷のことが気になり帰ることにします。そのときに乙姫から「けっして開けないように」と玉たまてばこ手箱を渡されました。戻ると辺りの様子がすっかり変わっていて、浦島太郎は自分が竜宮城に行っている間に、地上では何百年も過ぎていたことを知ります。悲しみにくれた浦島太郎は玉手箱のふたを開けます。すると白い煙が立ち上り、浦島太郎は白髪の老人になってしまいました」。
浦島太郎の話の原型は『日本書紀』『万葉集』などの古代の文献にもあり、室町時代までは浦島太郎が亀を助けると、その亀が船に乗った女性の姿で迎えに来るというような話でした。
◇カブトムシ…名前は武士が戦いでかぶった「兜かぶと」に由来します。オスは頭部の中央に1 本のツノがあり、突き合わせて戦います。メスにはありません。
○クワガタムシ…名前はクワガタムシの大おおあご顎が、「鍬形」という
兜の飾りに似ていることに由来します。メスにも小さな大顎があります。
◇マツムシ…コオロギの仲間で、体長22 ~ 25mm で淡い褐色をしています。チンチンチロやチンチロリンなどと鳴き、スズムシとともに夏から秋にかけて美しく鳴く虫として古くから親しまれてきました。鳴くのはオスの成虫で、おもにメスへの求愛のために前バネをこすりあわせて音を出しています。平安時代の文学に登場する「すずむし」は実は現在の「マツムシ」のことです。現在の「スズムシ」のことを当時その鳴き声が松しょうらい籟(松風。茶の湯で茶釜のお湯が煮え立つ音)に似ているので「松虫」と呼んでいたそうです。その後、名称と実体とが入れかわって現在に至っています。
○スズムシ…リ-リ-リ-やリ-ンリンリンと鳴き、体長15 ~17mm です。スズムシもマツムシも耳は前足にあり、仲間がどこにいるかを正確に知るためと考えられています。
◇ハコの日…1991 年に東京紙器工業組合がハコの語呂合わせで8月5日を「ハコの日」に制定しました。紙器業界の技術の向上と一般の消費者への紙箱のよさの宣伝と普及を目的にしています。


●ミニ知識参考図書:『対訳日本昔噺集』(彩流社)、『日本昔話大成』(角川書店)、『日本の昔話百科』(河出書房新社)、『ときめくチョウ図鑑』(山と渓谷社)、『あっと驚く謎解き日本昔ばなし』(太陽企画出版)、『ビジュアル版日本の昔話百科』(河出書房新社)、『日本のクワガタムシ・カブトムシ観察図鑑』(誠文堂新光社)、『クワガタムシ・カブトムシの知られざる世界』(KKベストセラーズ)、『なぜ?どうして?昆虫図鑑』(PHP研究所)、『甲虫』(山と渓谷社)、『バッタ・カマキリのなかま』(新日本出版社)、『世界大百科事典』(平凡社)、『朝日新聞』(朝日新聞社)


◆お茶筒Tea container by Ms. Ayako KAWATE
川手章子

ふたが先にでき、下もくみわせてみようと思い、折ってみました。八角形の茶筒です。少し固めの折り紙で折ると、本当にお茶を入れて使えそうです。また、プレゼントボックスにもよさそうです。フタの丸いアクセントが楽しく思われました。(作者)


◆マジカルキューブMagical cube by Ms. Noriko NAKADE
中出 典子

組み合わせる前に、単体を立体にすることにより、三角形の模様が現れるところをキューブでまとめてみました。模様の出方が不思議に思えたので、「マジカルキューブ」と名付けました。(作者)


◆読者の広場

 「三角づるのたとう」の折り方がおもしろかったです。アイロンビーズに興
味を持っています。
東京都 小林さん
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
 「金太郎」、「カーネーションのインテリア」、「お花のパーツ」、「プレゼントBOX」、「三角づるのたとう」がよかったです。「八角形の彩りプレート」は少し大きめの紙で作るとよいと思いました。
静岡県 青木さん
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆


◆支部だより
第20回信州おりがみ交流会 報告
信濃支部「りんどう」(支部長 成田光昭)  文:今井久子/長野県

 空は青く、望む北アルプスは白く、里山は桜と杏あんずで彩られる北信濃の春、4月13日(土)、14日(日)に、第20回信州おりがみ交流会を長野市勤労者女性会館「しなのき」において180名の愛好者にご参加いただき開催しました。ゲストとして半田直さん、特別講師として黒岩琢磨理事長、布施知子さんをお迎えし、また全国で広くご活躍の講師の方々からもそれぞれ直々に懇切丁寧なご指導をいただきました。
 全体会では、半田丈直さんより「[折紙の楽しさ]って何?」と題して講演いただきました。
 飾る、贈る、教える、習う、教え合う、創り出す、工夫する、その折々に、一つの手段として、「折り紙は手軽に楽しさを実感し、共有することでお互い喜びを知り、得たものを共に教えたり、教えられたりすることで人と人とを結ぶ中で、いっそうの楽しさと喜びが生まれてくるのでは…」とお話しされていました。すでに講師資格をお持ちの方は是非、それを活用しされてはといった提言もありました。実技では「ハングラムパズル」をご披露いただきました。折り方の流れを図でスライドショーにしていただき、解り易く皆さん楽しまれたようです。
 場所を松代温泉に移した懇親会では、20回の感謝と歓迎の気持ちを込めて地元、善光寺木遣り保存会※による鶴や奴さんなどの伝承折り紙を盛り込んだ「木きや遣り」で城下町らしいおもてなしで開宴、途中、有志の方々より手作り作品のプレゼントを含めた福引きを行い、さらには黒岩理事長からは唄のご披露があったりと楽しいひとときを過ごすことができました。
 今回は、例年のボランティアスタッフに加え、協会のホープ、藤根和也さんにも両日、スタッフとして参加いただきました。いつもとちょっと違った雰囲気で、若さと明るさで
参加者も日本折紙協会(事務局)がとても身近に感じられたようです。
 私ども信濃支部りんどうは、この20年を顧みて、今は第一線を離れた諸先輩からの貴重なご指導と長年、りんどうを愛して活動を共にした皆様、お心よせていただいたたくさん
の皆様に育まれ、現いま在があることを深く心に刻みました。あらためて全ての皆様に会員一同、心より感謝申し上げます。


◆みんなの作品展
折り紙展「歩歩(ほほ)~さあゆこう~」開催 堀之内恵美(福岡県)

3月22日(金)~30日(土)、折り紙展「歩歩(ほほ)~さあゆこう~」を開催させていただきました。門もじ司図書館での4回目の展示です。徐々にではありますが来場者数も増え、今回253名もの方々の目に触れたようです。あらためて感謝いたしております。日本の文化である折り紙を令和の時代につなぐ、日本の文化を人から人につなぐと意識を持ち歩みたいと思います。ひとりの力は小さいですが、みなさまの力と合わせて楽しんでいきたいと思います。


◆World Origami Report
マンガフェスティバルで折紙アトリエ! ~コスプレコンテストに3D折紙トロフィーも制作  倉橋聡美(ニューカレドニア)

2019年5月4日(土)、ニューカレドニアのMont-Dore(モンドア)にあるカルチャーセンターで、マンガフェスティバルが開催されました。今年で3回目となるこのフェスティバル。ニューカレドニアじゅうから、日本のマンガファンが、さまざまなコスチューム姿で集まります。
 このマンガフェスティバルで、今年初めて、折り紙アトリエを出展しました。来場者はみんな日本好きとあって、折り紙をよく知っている人が多く、飾ったサンプルを見て、「こ
れは知っている、これは知らない」と言いながら、親子でさまざまな折り紙を折って楽しみました。
 午後1時30分からは、センター内のステージでコスプレコンテストが開催されました。事前に「このコンテストに折り紙のトロフィーを…」と依頼されました。マンガをテーマにしたトロフィーということで、考え抜いた末、『ドラゴンボール』の神龍(シェンロン)をイメージした3D折紙を作ることにしました。
 まずはインターネットで神龍(シェンロン)のイメージを探し、仮のモデルを制作。その後、実物の制作に取りかかり、約1か月かけて、オリジナルの3D折り紙『ドラゴン』を制作しました。
 担当の方に手渡すと、驚いて「すごい! 1位に用意したトロフィーよりも綺麗」と好評でした。ドラゴンのトロフィーはコスプレコンテスト3位に入賞した方に手渡されたようです。私はコンテストを見ることができませんでしたが、担当の方からは「折り紙のトロフィーを手渡した瞬間、入賞者は涙を流して喜びました」と聞き、気に入ってもらえたかなとホッと一息。充実した一日となりました。



◆高木 智 氏 収蔵資料より
解説 岡村昌夫

[資料10]士農工商

絵師の楊斎延一(1872 ~ 1944 年)は、本名は渡辺(のちに島田に改姓)次郎です。東京の本郷森川町(現在の文京区本郷6丁目辺り)に住んでいました。絵師として活躍したのは明治中期から後期までの20 年間ほど。幕末から明治時代の浮世絵師 楊州周延の弟子の一人で、師の周延は、3 枚続きの美人画を得意としましたが、延一もそれを継いでいます。

 明治時代の浮世絵は、江戸時代末期に西洋からもたらされた、安くて発色もよいベルリン藍(ベロ藍)やアニリン赤やムラコ紫といった化学染料で、色合いはより派手で鮮やかなものになりました。
 また、明治に入ると、江戸時代には描くことを禁止されていた江戸城内の様子が描けるようになります。制限されていたニュースを伝える新聞的要素が強くなり、錦絵新聞も生まれます。延一も日清戦争(1894 ~ 1895 年)や日露戦争(1904 ~1905 年)などの戦争ものを描いて有名になっています。
 明治10 年代以降明治時代の半ばごろまで、江戸時代の懐古趣味で浮世絵が好まれた時期もありましたが、印刷技術の急速な進歩により浮世絵は明治時代の終わりには衰退します。
 この絵は明治時代に描かれた錦絵です。江戸時代にあった「士農工商」という社会階級が美人画で表現されています。
 右の二人は商家の姉妹です。姉は島田髷(髷を途中で折り曲げて元もとゆい結でとめた髪型)を結っていますので未婚の娘です。妹といっしょに「鶴」と「三方」と「箱」を折っています。
 絵の中央の立っている女性は、髪型が文金高島田のようですから武士の娘です。弟を木馬に乗せて遊ばせています。武士の男の子は馬術の遊びですが、折り紙はしていません。
 左端は農家の女性で、田畑で働いている家族の食事を届けて一緒に食べて帰ってきたところでしょう。土瓶とタバコも持っています。手ぬぐいを被っているので未婚か既婚かはわかりません。農家の女性の隣は「工」で、「刺繍」をする職人です。丸まるまげ髷のようですから、既婚の女性です。江戸時代までは既婚女性は眉をそっていました。明治以後、その習慣は特に外国人に嫌われて廃れました。「農」「工」は働いている姿ですが、「士」「商」の娘の仕事は弟や妹の世話で、遊ばせているところです。
 いずれにせよ、労働している人たち(農と工)は、時間的余裕も経済的余裕もなく、教えてくれる人もいないので、折り紙はしていませんでした。「母から子へ」と伝えたのは、「士」の家庭と、余裕のある「商」の家庭だけで、例外は、昼の間は時間的に余裕がある、接客業の人たちの世界で「折り紙」は広まっていました。



協会ホームページに折り紙用紙のショッピングカートができました
約400種のラインナップをそろえてお待ちしています!
http://origaminoa.cart.fc2.com/

~日本折紙協会(http://www.origami-noa.jp/)とは~
NIPPON ORIGAMI ASSOCIATION (NOA)
日本折紙協会は、折り紙を世界の国々により一層普及させたいという思いと、幼児教育に限らず、大人の趣味、高齢者や身障者の方のリハビリテーションなど様々な可能性をもつ「おりがみ」普及の一助となりたいという考えから1973年10月27日に結成されました。
現在では、月刊「おりがみ」の発行、「世界のおりがみ展」「折紙シンポジウム」の開催、「おりがみ級」「折紙講師」「折紙師範」「折紙上級師範」の認定、「おりがみの日」記念イベントの実施、「日本折紙博物館」との提携など、おりがみ普及のためにさまざまな活動を行っています。

~会員になるには~
月刊「おりがみ」の年間購読を申し込めばどなたでも会員になれます。会員の特典として、協会発行単行本と協会取扱い折り紙商品の割引購入、月刊「おりがみ」への創作作品投稿、「世界のおりがみ展」「おりがみの日」「折紙シンポジウム」など協会主催行事に参加および作品を応募できるほか、「おりがみ級」「折紙講師」の申請資格があたえられます。

~月刊「おりがみ」とは~
会員から投稿される創作折り紙作品(話題の動物やキャラクター、季節にそった行事・イベントに関するもの)の折り図(折り方を図で順番に説明したもの)を紹介するほか、会員の折り紙活動を紹介します。折り図の順番通りに折っていけば完成できるので、小学生から90代の方まで1万人を超える会員の方がおりがみを楽しんでいます。
月刊「おりがみ」は毎月末ごろお届けします。

~世界のおりがみ展とは~
さまざまな情景を折り紙で表現した立体パノラマ作品(おりがみブースといいます)と個人作品の展示コーナーにおりがみ教室を加えたイベントが『世界のおりがみ展』です。もちろん書籍や折り紙用紙の物販コーナーを加えることもできます。

現在、世の中では様々なイベントが行われていますが「世界のおりがみ展」は動員催事と文化催事を兼ね備えた独特の巡回展で、1976年の第1回展より20年以上の歴史があります。

3年に1度ひとつのテーマにそって制作され、お子様ばかりではなく大人の方にも十分楽しんで頂き、毎回皆様に驚きと感動の世界を展開しています。なお、「世界のおりがみ展」には、外務省と文化庁の後援を戴いております。他に都道府県・市町村・地元教育委員会・マスコミ等に後援を戴いている場合もございます。

おりがみ展は、おりがみブース・個人作品展示とおりがみ教室に、オプションの[販売コーナー]で構成するおりがみイベントです。
[おりがみブース]は、数え切れないほどの作品によって作られたジオラマが、所狭しと展示されています。約90㎝角の展示台(ブース)とパネル(壁面)作品を基本に組合せて大小変化にとんだ装飾を可能にしています。又、この展示台は折りたたみ式で、運搬時には箱型に収納して運べるようになっています。

[個人作品]は、折り紙作品コンクールの対象になり、日本国内のみならず、世界20数カ国から送られてきた作品が、200余点集まります。その中から、外務大臣賞、国際交流基金理事長賞、NHK会長賞などの賞が授与されています。さらに、折紙著名人の作品も招待作品として展示します。

[おりがみ教室]は、日本折紙協会認定の折紙講師により行われています。1回40分の講座が1日数回行われ、いずれの会場でも連日大好評を頂いております。

[販売コーナー]は、日本折紙協会編集発行の月刊誌「おりがみ」、折り紙専門書、有名折り紙メーカーの商品(折り紙用紙等)を豊富に取り揃え、販売しています。これらの商品は、日本折紙協会がまとめて会場へ搬入・搬出致します。

この「世界のおりがみ展」は過去には全国の有名百貨店の催事として多く実施され、開催期間は標準で6日間前後です。集客には実績があり、「これほど折り紙が人気のあるものとは思わなかった」と催事のご担当者には必ず驚かれ、喜ばれます。昨年夏には日本橋三越本店催事場で実施し、大好評のうちに幕を閉じました。

来訪者としては、年配の方はもちろんですが、お子様連れのファミリー層も多いです。ベテランの折紙講師が懇切丁寧に教えますので、親子で皆さん楽しんでいかれます。当協会が活動趣旨に掲げている「折り紙の普及」にご協賛いただき、ぜひとも開催をご検討いただきたいと存じます。

~折紙シンポジウムとは~
全国各地で毎年夏(7月下旬)に開催。講演会、児童教育部会、歴史研究部会、創作部会、折り紙教室などにより新たな折り紙の世界に触れる機会として、また会員相互の情報交換や懇親の場として2泊3日の日程を行楽地(温泉地)で楽しく過ごします。世界各国から毎年300名を超えるおりがみファンが集まる世界最大の「おりがみイベント」です。

~おりがみの日(11月11日)とは~
この日は世界平和記念日であり、また数字の「1」が4つで正方形折り紙の4辺を表すことから、日本折紙協会では「おりがみの日」としています。この日を中心にして、会員の皆さんから寄せられた作品の展示会「おりがみカーニバル」を東京スカイツリータウン ソラマチイーストヤード5Fで開催します。

~「おりがみ級」と「折紙講師」とは~
「おりがみ級」とは、主に16歳未満の会員のための資格です。月刊「おりがみ」で指定している作品を規定数折って協会に送付し、認定されると「おりがみ級認定証」が授与されます。最初は10級からスタートします。16歳未満の1級取得者には申請により「こどもおりがみ博士」認定証と、NOA特製バッジが授与されます。(詳細は月刊「おりがみ」をお読みください)

「折紙講師」資格は、16歳以上の会員であればどなたでも申請できます。協会発行の「おりがみ4か国語テキスト100」を購入し、テキスト掲載の全作品約100点を自作完成させた形で申請書(テキスト巻末)とともに協会に送付し、申請料3,240円を納付(下記口座番号へ郵便振替)します。その後審査会が全作品合格と認定した方に折紙講師認定証、資格証、講師指導の手引を授与します。不合格作品があれば、その作品のみ折り直して再提出いただきます。(詳細は月刊「おりがみ」をお読みください)。

口座番号00110-6-188035 加入者名「日本折紙協会」

~おりがみをおしえる~
老人ホームや社会福祉施設、自治体主催のサークル、保育関係施設・学校、文化センター、カルチャー教室などなど、さまざまな場所でおりがみは活躍しています。
独自にボランティアで教えている会員の方も多くおられますが、協会には全国から「おりがみを教えてくれる方を紹介して欲しい」という依頼が毎月あり、折紙講師資格をお持ちの会員の方に指導をお願いしております(協会より報酬を支給)。
おりがみ教室では、お子さんから年配の方まで「おりがみをおぼえたい」という気持ちにこたえようと講師も真剣です。熱のこもった授業を終えて帰られる皆さんの表情は満足そうですが、講師の方は生徒の「ありがとう」の言葉に安心しつつも、もっとわかりやすい説明はないだろうかと考えるようです。毎回真剣勝負なので様々な苦労がありますが、いろいろな形で努力が報われるようです。

~おりがみ教室とは~
日本折紙協会事務局では、全国の日本折紙協会公認の折紙講師を派遣しています。
おりがみ教室をご依頼いただく際は、専用の申込書をご提出いただきますので、
協会ホームページをご覧ください。
必要事項をご記入の上、実施日の最低1~2月前にご提出ください。

801円
特集 七夕

◆おりがみ日本むかし話シリーズ
Origami picture of Japanese falk tales made by Ms.Sumiko TACHIBANA
構成 立花 澄子
第7話 寸法師

Wooden bowl(original model by Mr.Kunihiko KASAHARA) 原作:笠原 邦彦

7月といえば七夕ですので、七夕のお話とも思いましたが、あれは確か中国から来たお話だったような!?…、「日本昔ばなし」として紹介していいのか!??。そこで、夏といえば水、さらに川や海という連想から、川をお椀の舟に乗って流れていく一寸法師にいたしました。
 一寸法師の頭とお椀は笠原邦彦さん原作のものに少しアレンジを加え、髪を短めに、お椀には少し丸みをつけてみました。
 舟をこぐためのお箸は細長い用紙をかんのん折りにして下部を少し細くしたものにしました。波は色紙に貼ってある組み方を図示していますが、向きを変えたり好きなように組み合わせてみてください。上向きでも下向きでも左右逆でも、水の流れがみえてくると思います。
 波にお椀の下部が隠れるように貼って、一寸法師をお椀にさしこんで「乗船」させて、お箸の櫂を持たせましょう。
 台紙はいつも通りの大色紙(27cm × 24cm)に、越前和紙を天地(天は約8cm 幅、地は3.5cm 幅)に下図のように貼りました。天は緑色を貼り、その上に空をイメージして水色、さらに雲の白色をちぎって貼りました。一方、地には水色を貼りました。白い雲と水で、色紙に流れが表現できたと思います。
 一寸法師が流れに乗って、無事に都へ行けますように!(立花澄子)
※「一寸法師」のあらすじは、P29のミニ知識の欄に掲載し
ています。


◆織姫、彦星Vega doll and Altair doll by Ms. Yo-ko NAKAMOTO
中本 容子

私の初の折り図掲載作品は、『251号(1996年7月号)』の「おりひめ・ひこぼし」(写真右)でした。以来、23年ぶりの「織姫、彦星」です。今回の織姫の頭は切り込みを入れることにより、難しくなりすぎることなくうまく表現できました。(作者)



◆ミニ知識
◇星伝説…後漢時代(25 ~ 220 年)の中国で生まれたとされる伝説です。「天帝の娘の織女と牛飼いの牽牛は夫婦の仲がよすぎて仕事も手につかなくなったので、天帝の怒りを買い、天の川を境に東西に引き裂かれてしまいました。二人の深い悲しみに、一年に一度だけ七夕の日に会うことを許されました」というものです。二人は鵲羽を連ねてかける橋をわたって会います。織女星はこと座のベガ、牽牛星はわし座のアルタイルの漢名で、和名では織姫、彦星とそれぞれ呼ばれています。アルタイルとベガ、そして、中国では頭と尾を逆にして、鵲に見立てられた白鳥座のデネブの3つを結ぶ三角形は「夏の大三角」と呼ばれています。
◇七夕…7 月7 日。中国の星伝説や短冊に歌や文字を書いて裁縫や書道の上達を願う乞きっこうでん巧奠(乞巧は巧を乞うこと、奠は祀)が、日本に古くから伝えられていた棚機女神話(神を迎えるために水辺の棚の機で神衣を織る乙女)という禊の風習と結びつき、七夕の行事になりました。中国で「しちせき」と呼ばれた「七夕」を「たなばた」と呼ぶのは、この風習が由来だからです。
◇五ごしき色…中国の五行説思想(木、火、土、金、水の5つの要素で、自然界と人間界のすべての現象をつかさどっているとするもの)に基づいた青(木)、赤(火)、黄(土)、白(金)、黒(水)の5つの色です。のちに黒のかわりに紫も使われるようにもなりました。

●ミニ知識参考図書:『日本昔話大成』(角川書店)、『日本の昔話百科』(河出書房新社)、『あっと驚く謎解き日本昔ばなし』(太陽企画出版)、『世田谷のおはなし』(東京都世田谷区)、『月へ』(偕成社)、『年中行事事典』(三省堂)、『和のしきたり』(日本文芸社)、『絵でつづるやさしい暮らし歳時記』(日本文芸社)、『七夕の紙衣と人形』(ナカニシヤ出版)、『日本の生きもの図鑑』(講談社)、『花おりおり』(朝日新聞社)、『朝日新聞』(朝日新聞社)、『世界大百科事典』(平凡社)


◆着物のカードKimono card by Ms. Hiromi TAKAGI
髙木 ひろみ

色々な千代紙で折って、柄がきれいに出るととても楽しいです。メッセージを書いたり、立てて飾ることができます。七夕の短冊としてつるして使用するときは、折り目が伸びてしまわないようにマスキングテープやシールを帯がわりに貼るとよいでしょう(写真右ページ)。(作者)



◆英語でオリガミしよう  Let’s enjoy both Origami and English!
ウシくんのメモ入れ 川手章子

投稿の時には右の写真のような作品でしたが、⑬から⑯のように内側を折って白い角を出してみました。㉖で谷折りして顔を前面に出しますが、いったん元に戻して逆三角形のところで山折りしてさしこむと収まりが少しよくなります。鼻とあごの裏側をのりづけするとよいでしょう。楽しく使っていただければうれしいです。(作者)
“The picture on the right shows the originally posted model to which I have added
two white horns in steps ⑬ to ⑯. After making a valley fold to bring the face to
the front at step ㉖, you can once unfold to fold backward and then valley fold
again to place the face well. You may want to glue the back of the nose and chin.
I hope you enjoy using it. (Author)


◆漢字の七夕Kanji(Chinese character) having the meaning of Tanabata by Mr. Ko-ichi DATE
伊達 光一

「七」は元々「切」の偏へんだけにして折り上げた作品です。「夕」は依頼で創作したのですが、実は「夜」「夢」のためにストックして修正する予定でした。でも、結局そのままにしました。なお、「七」は骨を切った形からできた文字、「夕」は夕ぐれの空の三日月をあらわした文字だそうです。(作者)


◆笹の葉と鶴の菱飾りBamboo grass and Diamond decoration with a crane by Ms. Hiromi TAKAGI
髙木 ひろみ

「笹の葉」は子どものころ、鶴の折り方を間違えてなんだか変な鶴ができてしまった経験から生まれました。「七夕の菱飾り」は天の川を表現したものだそうです。魔除けの意味がある五色で折ってください。「鶴の菱飾り」と「笹の葉」はつなげることができます。(作者)


◆宇宙飛行士Astronaut by Mr. Kunihiko KASAHARA
笠原 邦彦

この宇宙飛行士はそのまま潜水夫にもなります。この作品は(頭部)の折り方が、いかにもそれらしく出来ていて気に入っています。それから足の折り方ですが、前後に重なっているのを(中わり折り)で組み変えて2本にする技法は、千野利雄先生から学んだものです。(作者)


◆ミニ知識
◇一寸法師…江戸時代になると、版本(版木による印刷本)が多く発行されて貴族や武家や僧侶ばかりでなく、一般庶民(町民)が古典や新しい話を読むことができるようになりました。昔話では大坂(現在の大阪)の渋川清右衛門が1729 年ごろまでに出版した、23 冊の絵入り本の御伽草紙が、「渋川版の御伽文庫」として有名です。渋川版収録の「一寸法師」は、現在、一般的に知られている「一寸法師」とは少し違って面白いのであらすじを以下に紹介します。
 子どものいない老夫婦が子がほしいと住み吉神社に祈ったのが叶い、身長一寸(約3cm)の小さな子どもがおばあさんから生まれ「一寸法師」と名づけられます。ところがいつまでたっても大きくならないので追い出されそうになり、お椀を舟にして京の都に上って宰さいしょうどの相殿に雇われます。やがて宰相殿の姫を妻にしたいと思うようになり、姫が父親に叱られ家を出されるように策を練ります。一寸法師の大切な米を勝手に食べたと
いう濡衣を着せられ、姫は一寸法師をお供に島流しにされます。そこで一寸法師は出会った鬼を退治し、打うちで出の小槌を手に入れて背を高くします。京へ戻ると宮中に迎えられ、堀川の少将となって幸福に暮らしました。
◇人類初の月面着陸…今からちょうど50 年前の1969 年7 月16 日にアメリカのロケット「アポロ11 号」が地球を出発して、7 月20 日アメリカ東部夏時間午後4 時18 分、初めて月面着陸に成功し、その地点は「静かの基地」と呼ばれています。同日午後10 時56 分、3 人の宇宙飛行士のうちニ-ル・アームストロング船長が月面に降り立ち、彼は「これは一人の人間にとっては小さな一歩だが、人類にとっては大きな跳躍だ」と言います。20 分後にはバズ・オルドリンも降り立ち、それから2 時間半かけて月を探索し写真を撮ったり、石や土のサンプルを集め、テスト装置を設置しました。そして、7 月24 日、地球に戻ってきました。今年1 月、中国の無人月探査機「嫦じょうが娥4号」が世界で初めて月の裏側に着陸しました。その着陸地点とその周辺を中国は七夕伝説にちなんで名づけました。着陸地点は「天の川」の意味の「天河基地」、周りの3つのクレーターの2つには「織姫」の「織女」、「ひこ星」の意味の「河かこ鼓」と命名しました。なお、「河鼓」はわし座の明るい3つの星を太鼓の形に見立て、「天の川のほとりの太鼓」という意味があるそうです。
◇サギ…首と足とクチバシが長く、首をZ状に曲げてゆっくりとはばたいて飛びます。水辺で生活することが多く、食べ物は生きた動物で、魚、カエル、昆虫などのほか、ヘビやトカゲやネズミや鳥の雛なども食べます。鳴き声はしわがれ声です。
◇常ときわひめ盤姫の伝説…16 世紀の戦国時代、奥沢城の美しい常盤姫が世田谷城主吉よ良頼康に側室として迎えられます。美しく、子を身ごもった常盤姫ばかりを頼康がかわいがるので、他の側室たちにねたまれます。常盤姫は根も葉もない噂を立てられ、頼康も常盤姫を避けるようになります。悲しんだ常盤は幼い頃からかわいがり嫁ぎ先まで連れてきた白鷺の足に遺書を結び付け、実家に向かって放ち自害します。そのとき狩りをしていた頼康がその白鷺を矢で射落としてしまいます。その白鷺の落ちたあとに一本の草が生え、白鷺に似た花が咲き、「さぎ草」とよばれるようになったそうです。なお、常盤姫は実在した人物ではないそうです。
◇サギソウ…小型のランです。7 ~ 8 月、高さ20cm ~ 40cm のまっすぐな茎の先にサギをイメージさせる白い花を1~ 3 個ほど咲かせます。葉は通常1 本の茎の下部に3~ 5 枚つけます。湿地に自生しますが、栽培されることが多い花です。7 月に東京都世田谷区内で開催される「サギ草市」ではたくさんの鉢植えが販売されます。


◆短冊星ユニットStar wreath with 5 strips of fancy paperstar by Ms.Sayako KUWABARA
くわばら さよこ

なるべく折り数が少なくて、短冊がぐるっと回ったリングを作りました。出来上がった時に穴が星になっていたのは、思いがけないおまけで、うれしくなりました。組んだ後、短冊が浮くので、重石をのせておくと、落ち着きます。(作者)


◆5枚の組み合わせ鶴Crane holding five pieces of paper by Mr.Akira KAKINUMA
柿沼 明

他社出版の折り紙の本で「五色鶴」という作品で知られるようになった作品です。『月刊おりがみ53号』(1980年2月号)で、「パロディ折り紙」と称して「ヤッコさん」などとあわせて「おりがみ頭の体操」の問題用に投稿された作品です。異なる色の5枚の紙で折りましょう。



◆飛ぶサギとサギソウFlying heron and Orchid with heron-like flower by Mr. Yoshihide MOMOTANI
桃谷 好英

サギソウは日当たりのよい湿地に生える小さい蘭ですが、花の形が鳥のシラサギに似ていることから名づけられています。小さい蘭は、折り鶴を折って棒につけるだけでもそれらしく見せることができます。サギソウは5cm角くらいの小さな紙で折ってください。(作者)



◆読者の広場
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
 「ハートの手まりと四つ葉のクローバーの手まり」がとてもかわいらしくて、折ってみたくなりました。1 月に小さな神社を折って職場(福祉施設)に持って行きました。実際に初詣に行ったときよりも、熱心に折り紙の神社に拝んでいる姿を見てほっこりしました。
埼玉県 高橋さん
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
 「おりがみ日本むかし話シリーズ」の「桃太郎」がかわいかったです。「チューリップ」も春らしくてよかったです。
大阪府 内藤さん
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆



◆支部だより
2018年の支部活動より
熊本支部「火の国」(支部長 中田武美)
青少年のための科学の祭典 熊本会場(2018.8/18・19 グランメッセ熊本)


多くの親子連れの方々の来場により、4 万人を超えるにぎわいの中、「ぴょんぴょんガエル」「ひまわりゴマ」「くまモン」などが好評でした。
 今回、新しい企画として縦横3m四方の大きな紙を用意して、一度に5~6人の子どもたちとともに「巨大折鶴作り」に挑戦しました。その時、初めて出会った子どもたちがお互いに協力し、眼を輝かせて一つの作品を完成させます。その作品をみんなで
持ち上げると、保護者の方々から写真を撮ってもらえるので、子どもたちは笑顔でピース。親子で喜んでいただける企画になりました。
 折り紙には一人で完成させる楽しみ方もありますが、みんなで協力して作って完成させることで、達成感を共有するという楽しみ方もあるようです。
 このように私どもは、折り紙の楽しさを広めつつ、その楽しみを共有できるような活動を続けたいと思います。(杉本好伸:記)

会員の個人作品とともに、朝日 勇先生の作品を共同制作して展示しました。共同作品は「今回はご来場くださった方にも協力していただき、完成させよう」ということで、一緒に折り図を参考にトンボやリスなどを折り、貼って完成させました。
 また、9月14日(金)は県内外からのお客様や、熊本支部を築き支えてくださった先輩の皆さん方もおいでになり思いがけず賑やかな交流の場となりました。長崎の宮本眞理子先生、福岡筑後支部の伊藤春美先生にはすてきなブローチの製作をご指導いただき有意義なひと時を過ごすことができました。
 ご来場者のなかには、折り方を学び作品を持ちかえられる方もあり、好評のうちに終了しました。
 本年度の作品展は9月11日(水)~17日(火)に鶴屋百貨店で開催予定です。今から楽しみです。(谷口さよ:記)


工夫を凝らして大阪支部作品展「阿倍野市民センターグループフェスティバル2019」
大阪支部「日本折紙協会なにわ・みおつくし会」支部長 梅本吉広/大阪府

今年も3月9日(土)・10日(日)、大阪市立阿倍野市民学習センターで「あべのグループフェスティバル2019」が開催され、作品展示部門に参加しました。大阪支部は当センターで、毎月研究会と定例会を開催し、会員相互の親睦と研修を図るとともに、地域の文化発展に寄与してきました。
 今年は折り紙を折るだけにとどまらず、身のりにある透明なコップや、すのこや百円均一のアミや透明な合成繊維の幅広

今年も3月9日(土)・10日(日)、大阪市立阿倍野市民学習センターで「あべのグループフェスティバル2019」が開催され、作品展示部門に参加しました。大阪支部は当センターで、毎月研究会と定例会を開催し、会員相互の親睦と研修を図るとともに、地域の文化発展に寄与してきました。
 今年は折り紙を折るだけにとどまらず、身の回りにある透明なコップや、すのこや百円均一のアミや透明な合成繊維の幅広

折り紙に興味のある見学者や子ども達に手渡す作品を用意していましたが、すぐになくなるなど大盛況のうちに終了しました。


◆みんなの作品展

NHK文化センター川越教室
おりがみドリーム作品展 髙山鈴子(東京都)

3月15日(金)~17日(日) 、埼玉県川越市の小江戸蔵くらり里 展示室で、私が指導している教室の「NHK文化センター川越教室おりがみドリーム作品展」が開催されました。
 当教室の作品展は1997年から川越駅周辺で開催していましたが、2015年より、国の登録有形文化財に指定された3つの蔵に隣接する和の雰囲気に満ちたこの会場に展示、好評を博しています。
 県内外から約150名のご来場があり、展示作品の出来映えに感嘆のお言葉をいただきました。会員一同心より感謝しております。


◆World Origami Report
パリでの折り紙活動  西-SERVAN-SCHREIBER 由美子(フランス)

初めてお便りさせていただきます。
 数年前に、日本折紙協会に入会し、それ以来、パリの小学校や病院で、子ども達を相手に折り紙のボランティア活動をしています。

パリの小学校での折り紙教室
先日も、復活祭(イースター)を前に、子ども達が一生懸命、うさぎを折ってくれました。
 フランス人も、ちゃんと、日本語の「オリガミ」をそのまま発音し理解して大人気です。これからも微力ながら、海外で、折り紙の素晴らしさを伝えていけたら幸せです。

パリの病院で
 右の写真は、フランス領タヒチから、大病で、パリの病院に治療に来ていた少年です。
 隔離病棟の中で、大好きな折り紙をたくさん折って、先生や看護婦さんにプレゼントしてくれていました。



◆高木 智 氏 収蔵資料より  解説 岡村昌夫

資料9
風流東都八景 忍ケ岡弁財天
(ふうりゅうとうとはっけい しのぶがおかべんざいてん)

制作年:19 世紀半ば(天てんぽう保頃)   
制作地:江戸(現在の東京)
ジャンル:浮世絵
絵師:菊川 英山
大きさ:37.4cm × 25.6cm
絵師の菊川英山(1787 ~ 1867 年)は、江戸の市ヶ谷に生まれ、父親は造花業を生業にしていました。
はつらつとした美人画を描いた喜多川歌麿(1753~ 1806 年)が亡くなったあと、新時代の美人画をリードした浮世絵師です。黒目がちの瞳に、六頭身でほっそりとした体つきの愛らしい女性像が特徴で、弟子の溪斎英泉(1790 ~ 1848 年)のみならず、歌川貞や歌川国芳など、以後の絵師たちに大きな影響を与えました。


この連載の第1回目で紹介した『偐紫田舎源氏』(歌川国貞 画、1832年:天保3年)や『百人一首八十四番俊恵法師』(歌川国貞:豊国三世 画、1844~1847年:弘化元年頃)と同じで、題材は鶴を折る女性です。繰り返し描かれたテーマです。たくさんの簪を指し、長い袂の振袖を身に着けていますので若い娘です。
 江戸の上野の不しのばずのいけ忍池の弁天社。江戸の庶民のデート場所は神社の境内や夕涼み場所などでした。偶然を装って逢瀬の機会を待ちます。しかし、娘一人で出かけることはできないので、弁天娘(容姿端麗な娘のこと)は幼い弟をあやすという口実で連れて行きます。愛しい男と添えるように願いを込めて、鶴を折りあげたところ。弟は姉に折ってもらった蛙かえるの折り紙を手のひらに載せて無邪気に遊んでいます。もしかして弟のために折った蛙にも恋人が帰って来ますようにとの想いを託したかもしれません。
 ところが、弁財天は大のカップル嫌いで、男女揃って参拝すると、仲を引き裂こうとするという言い伝えがあります。たとえ恋人と会えたとしても、この美しい娘は弁財天に嫉
妬され、別れの憂き目に遭うかもしれないのです。
 少し話がそれますが、明治時代の泉いずみきょうか鏡花原作『婦系図』の名場面が思い起こされます。湯島天神の境内でのお蔦と早瀬主ちから税のシーンで、お蔦がすぐ近くだから弁財天にお参りしたいが二人で行くのは都合が悪いので、ここで待っていてと言うのです。江戸時代、明治時代、そして時を経て現代もこの迷信は伝承されそうです。


協会ホームページに折り紙用紙のショッピングカートができました
約400種のラインナップをそろえてお待ちしています!
http://origaminoa.cart.fc2.com/

~日本折紙協会(http://www.origami-noa.jp/)とは~
NIPPON ORIGAMI ASSOCIATION (NOA)
日本折紙協会は、折り紙を世界の国々により一層普及させたいという思いと、幼児教育に限らず、大人の趣味、高齢者や身障者の方のリハビリテーションなど様々な可能性をもつ「おりがみ」普及の一助となりたいという考えから1973年10月27日に結成されました。
現在では、月刊「おりがみ」の発行、「世界のおりがみ展」「折紙シンポジウム」の開催、「おりがみ級」「折紙講師」「折紙師範」「折紙上級師範」の認定、「おりがみの日」記念イベントの実施、「日本折紙博物館」との提携など、おりがみ普及のためにさまざまな活動を行っています。

~会員になるには~
月刊「おりがみ」の年間購読を申し込めばどなたでも会員になれます。会員の特典として、協会発行単行本と協会取扱い折り紙商品の割引購入、月刊「おりがみ」への創作作品投稿、「世界のおりがみ展」「おりがみの日」「折紙シンポジウム」など協会主催行事に参加および作品を応募できるほか、「おりがみ級」「折紙講師」の申請資格があたえられます。

~月刊「おりがみ」とは~
会員から投稿される創作折り紙作品(話題の動物やキャラクター、季節にそった行事・イベントに関するもの)の折り図(折り方を図で順番に説明したもの)を紹介するほか、会員の折り紙活動を紹介します。折り図の順番通りに折っていけば完成できるので、小学生から90代の方まで1万人を超える会員の方がおりがみを楽しんでいます。
月刊「おりがみ」は毎月末ごろお届けします。

~世界のおりがみ展とは~
さまざまな情景を折り紙で表現した立体パノラマ作品(おりがみブースといいます)と個人作品の展示コーナーにおりがみ教室を加えたイベントが『世界のおりがみ展』です。もちろん書籍や折り紙用紙の物販コーナーを加えることもできます。

現在、世の中では様々なイベントが行われていますが「世界のおりがみ展」は動員催事と文化催事を兼ね備えた独特の巡回展で、1976年の第1回展より20年以上の歴史があります。

3年に1度ひとつのテーマにそって制作され、お子様ばかりではなく大人の方にも十分楽しんで頂き、毎回皆様に驚きと感動の世界を展開しています。なお、「世界のおりがみ展」には、外務省と文化庁の後援を戴いております。他に都道府県・市町村・地元教育委員会・マスコミ等に後援を戴いている場合もございます。

おりがみ展は、おりがみブース・個人作品展示とおりがみ教室に、オプションの[販売コーナー]で構成するおりがみイベントです。
[おりがみブース]は、数え切れないほどの作品によって作られたジオラマが、所狭しと展示されています。約90㎝角の展示台(ブース)とパネル(壁面)作品を基本に組合せて大小変化にとんだ装飾を可能にしています。又、この展示台は折りたたみ式で、運搬時には箱型に収納して運べるようになっています。

[個人作品]は、折り紙作品コンクールの対象になり、日本国内のみならず、世界20数カ国から送られてきた作品が、200余点集まります。その中から、外務大臣賞、国際交流基金理事長賞、NHK会長賞などの賞が授与されています。さらに、折紙著名人の作品も招待作品として展示します。

[おりがみ教室]は、日本折紙協会認定の折紙講師により行われています。1回40分の講座が1日数回行われ、いずれの会場でも連日大好評を頂いております。

[販売コーナー]は、日本折紙協会編集発行の月刊誌「おりがみ」、折り紙専門書、有名折り紙メーカーの商品(折り紙用紙等)を豊富に取り揃え、販売しています。これらの商品は、日本折紙協会がまとめて会場へ搬入・搬出致します。

この「世界のおりがみ展」は過去には全国の有名百貨店の催事として多く実施され、開催期間は標準で6日間前後です。集客には実績があり、「これほど折り紙が人気のあるものとは思わなかった」と催事のご担当者には必ず驚かれ、喜ばれます。昨年夏には日本橋三越本店催事場で実施し、大好評のうちに幕を閉じました。

来訪者としては、年配の方はもちろんですが、お子様連れのファミリー層も多いです。ベテランの折紙講師が懇切丁寧に教えますので、親子で皆さん楽しんでいかれます。当協会が活動趣旨に掲げている「折り紙の普及」にご協賛いただき、ぜひとも開催をご検討いただきたいと存じます。

~折紙シンポジウムとは~
全国各地で毎年夏(7月下旬)に開催。講演会、児童教育部会、歴史研究部会、創作部会、折り紙教室などにより新たな折り紙の世界に触れる機会として、また会員相互の情報交換や懇親の場として2泊3日の日程を行楽地(温泉地)で楽しく過ごします。世界各国から毎年300名を超えるおりがみファンが集まる世界最大の「おりがみイベント」です。

~おりがみの日(11月11日)とは~
この日は世界平和記念日であり、また数字の「1」が4つで正方形折り紙の4辺を表すことから、日本折紙協会では「おりがみの日」としています。この日を中心にして、会員の皆さんから寄せられた作品の展示会「おりがみカーニバル」を東京スカイツリータウン ソラマチイーストヤード5Fで開催します。

~「おりがみ級」と「折紙講師」とは~
「おりがみ級」とは、主に16歳未満の会員のための資格です。月刊「おりがみ」で指定している作品を規定数折って協会に送付し、認定されると「おりがみ級認定証」が授与されます。最初は10級からスタートします。16歳未満の1級取得者には申請により「こどもおりがみ博士」認定証と、NOA特製バッジが授与されます。(詳細は月刊「おりがみ」をお読みください)

「折紙講師」資格は、16歳以上の会員であればどなたでも申請できます。協会発行の「おりがみ4か国語テキスト100」を購入し、テキスト掲載の全作品約100点を自作完成させた形で申請書(テキスト巻末)とともに協会に送付し、申請料3,240円を納付(下記口座番号へ郵便振替)します。その後審査会が全作品合格と認定した方に折紙講師認定証、資格証、講師指導の手引を授与します。不合格作品があれば、その作品のみ折り直して再提出いただきます。(詳細は月刊「おりがみ」をお読みください)。

口座番号00110-6-188035 加入者名「日本折紙協会」

~おりがみをおしえる~
老人ホームや社会福祉施設、自治体主催のサークル、保育関係施設・学校、文化センター、カルチャー教室などなど、さまざまな場所でおりがみは活躍しています。
独自にボランティアで教えている会員の方も多くおられますが、協会には全国から「おりがみを教えてくれる方を紹介して欲しい」という依頼が毎月あり、折紙講師資格をお持ちの会員の方に指導をお願いしております(協会より報酬を支給)。
おりがみ教室では、お子さんから年配の方まで「おりがみをおぼえたい」という気持ちにこたえようと講師も真剣です。熱のこもった授業を終えて帰られる皆さんの表情は満足そうですが、講師の方は生徒の「ありがとう」の言葉に安心しつつも、もっとわかりやすい説明はないだろうかと考えるようです。毎回真剣勝負なので様々な苦労がありますが、いろいろな形で努力が報われるようです。

~おりがみ教室とは~
日本折紙協会事務局では、全国の日本折紙協会公認の折紙講師を派遣しています。
おりがみ教室をご依頼いただく際は、専用の申込書をご提出いただきますので、
協会ホームページをご覧ください。
必要事項をご記入の上、実施日の最低1~2月前にご提出ください。

801円
特集 雨の季節


◆おりがみ日本むかし話シリーズ
Origami picture of Japanese falk tales made by Ms.Sumiko TACHIBANA

構成・創作 立花澄子

第6話 かえるぼたもち

 6 月は梅雨の季節です。そして梅雨といえば、カエルやカタツムリやアジサイなどが浮かびますが、海外のお話によく登場するカエルも日本昔話では主人公としても脇役としてもあまり出てきません。母子カエルの悲しいお話もありましたが、ちょっと笑える「かえるぼたもち(かえるになったぼたもち)」のお話を選びました。
 お嫁さんにおいしいぼたもちを食べさせたくない、食い意地のはったおばあさんです。これからぼたもちを食べようと座っているので、今までのおじいさんの足を折りこんでしまい、着物を着せました。顔は肌色と灰色の両面折り紙がないので、肌色と灰色の折り紙を裏合わせで折っています。
 カエルは顔だけでいいので増やしてもいいです。目はシールを使いました。囲炉裏は和紙を棒状に切って貼りましたが、折り図では折り紙を額縁状に折って中に灰色を入れる形のものを紹介しています。鍋や釜をつるす自在鉤は細い紙に4等分の折り線を入れてから細く折ることにより、煤竹の雰囲気を出しています。
 鍋の鉉も鉤も細く折って作っていますが、描いてもよいと思います。台紙は今回も大色紙(27cm × 24cm)。色紙の下部に板の間として13cm × 23.8cm の和紙を横8等分の折り線を縦方向に入れたものを貼りました。その上に2cm × 23.8cm の大きさの紙を貼っています。昔は板の間にござを敷いて座っていたのですね。ござは8cm × 10cmの大きさをちぎったものを使いました。(立花澄子)
※おばあさんの着物ともんぺ4 4 4は『522号』P14-15のこぶとりじいさんの着物とはかま4 4 4の図をご覧ください。なお、「かえるぼたもち」のあらすじは、P19のミニ知識の欄に掲載しています。



◆漢字の六 Kanji( Chinese character) having the meaning of six by Mr. Ko-ich DATE
伊達 光一

漢字の「牛」を見て他の漢字ができるかもと思って創り上げました。⑰と㉓は、④まで折ったもう一枚の折り紙で測って折るとよいでしょう。『521号』に掲載された「月」も完成すると「六月」と熟語になります。この六の形のバリエーションで漢字の「大」などがあります。(作者)




◆あじさいのお皿 Hydrangea dish by Ms. Noriko SUMIDA
住田 則子

平面のままで飾ってもきれいだなと思いましたが、最後に折りすじをつけたら器になるかなと思いました。指ではじいて回して遊ぶこともできます。(作者)



◆モーニング Morning coat by Mr. Saburo- KASE
加瀬 三郎

作者の加瀬三郎さん(1926-2008)は全盲の折り紙作家で、折り紙民間外交大使として世界各地を歴訪されました。また、日本折紙協会の理事を務められました。




◆ミニ知識

◇かえるぼたもち(蛙かえるになったぼた餅もち)…初めて図書に登場したのは『信濃の民話 日本の民話1』(1957 年未来社発行)に収録されたものです。あらすじは次のとおりです。「あるところに姑しゅうとめおばあさんと嫁よめがいました。ある晩、ごちそうのぼた餅を作り食べました。残りを重箱にしまうとき、おばあさんは嫁にやるのが惜しくなりました。そこで、ぼた餅に「嫁を見たら、蛙になれよ」と言い聞かせて、戸棚にしまって寝ます。それを聞いていた嫁は次の日の朝、早起きして重箱のぼた餅をみんな食べ、かわりに田んぼで捕まえた蛙を入れて元通りに戸棚にしまっておきました。みんなが田んぼに行き、一人になったおばあさんは重箱のふたを開けます。するとあんこだらけの蛙が跳び出し、おばあさんはびっくりして「ぼたや、おれだぞ、嫁ではないぞ。そんなに跳ぶと小あずき豆がこぼれる」と蛙を追い掛けまわしたそうです。アニメ番組の「まんが日本昔ばなし」(1975 ~ 1994 年TBS 系列放送)でも、この話が1980 年4 月に取り上げられています。その中では、おばあさんは囲いろり炉裏の鍋にぼた餅を隠します。
◇和菓子の日…6 月16 日。もともと旧暦6 月16 日は、江戸時代ま
で「嘉祥の日」とされ、菓子と餅を供え、疫病よけと無病息災を祈りました。嘉祥の日は、平安の仁明天皇の時代、国内にひどい伝染病が起こり、豊後の国(現在の大分県)から白い亀を贈られたことを吉兆として、848 年に年号を「めでたいしるし」という意味の「嘉祥」と改めました。その年の6 月16 日に「16」にちなんだ菓子と餅を神に捧げ、疫病よけを祈ったのが始まりとされています。1979 年に日本和菓子協会が新暦のこの日を「和菓子の日」と決めました。
◇ピクトグラム(絵文字)…男女の形で表したトイレマークや非常口のマークなど、だれが見てもすぐ意味がわかるように、絵や文字や記号を組み合わせて色と形を工夫して作られたマークです。日本でピクトグラムが初めて登場したのは1964 年の東京オリンピックのときだといわれています。さまざまな国から来日した外国人に、伝えたいことが一目でわかるようにとデザイナーたちが知恵をしぼってたくさんのマークを作りました。その後、社会に還元すべきとの考えで著作権を放棄したために広まったそうです。
◇オナガ…全長37cm ほどのカラス科の鳥です。名前どおりの長い水色の尾と羽を持っていて、頭は黒いです。鳴き声はギューイギューイやグェイグェイと大きくて、うるさい。雑食性で、虫や果実などその季節にあるものを食べます。中部以北の本州で1 年中群れで生活し、巣は木の上に小枝などで作り、5 ~ 6 月に1 羽につき5~8個の卵を産みます。
◇モーニング(コート)…男性用の日中の正礼装服です。もともとは丈の長いフロックコートの裾すそを乗馬用に前を丸くカットして誕生したとされています。背部の裾は丸く、ベント(切り込み)はありません。第一次世界大戦後、礼装として定着しました。一方、夜の正礼装服を「燕えんびふく尾服」といいます。背部の裾にベント(切り込み)が入って、燕つばめの尾をイメージするところからこの名前がつきました。前身頃の裾はモーニングのように長くなく、お腹の部分でカットされています。


●ミニ知識参考図書:『松谷みよ子の本 8 昔話』(講談社)、『うりこひめとあまんじゃく さるじぞう-ほか』(講談社)、『まんが日本昔ばなしデータベース』(ホームページ)、『日本昔話大成』(角川書店)、『日本の昔話百科』(河出書房新社)、『五感の力でバリアをこえる』(大日本図書)、『ユニバーサルデザインとバリアフリーの図鑑』(ポプラ社)、『絵でつづるやさしい暮らし歳時記』(日本文芸社)、『朝日新聞』(朝日新聞社)、『世界大百科事典』(平凡社)



◆英語でオリガミしよう Let’s enjoy both Origami and English!
Lesson43 
Envelope by Mr. Hiroshi KUMASAKA

「紙は折ることで、立たせたり、はさんだりなどとさまざまな機能が生まれます。折り紙はただ形を作るだけでなく、それを生活の中に活かして楽しむようにすると、人の和が広がります」と、作者はよく語られていました。今回紹介した作品の発展した形が「ハートのついた封筒」で、『おりがみ66号』・『おりがみ174号』・ノアブックス『おりがみ傑作選2』などに収録されています。ぜひそちらも折ってみてください。
“Folding a paper allows us to make it stand, insert things inside and create new
functions. Not only making the form of origami but also using and enjoying the
model in everyday life leads to having broader social exchanges among people,”
the author used to say. The developed form of this model is “Envelope with
Heart,” which is contained in “Origami No. 66,” “Origami No.174,” NOA books “Best
selections of origami magazine vol.2” and so on. Please also enjoy folding it.


◆モダンな壁掛けケースCase by Ms. Ayako KAWATE
川手章子

折り紙の表と裏をいかしたツートンカラーのケースで、ちょっとモダンかな…と思われました。インテリアとして、またガーデニングでお花を植えたりしてもよさそうに思いました。(作者)


◆トランクSuitcase by Ms. Sho- ko AOYAGI
青柳祥子

のりづけなく組め、蝶ちょうつがい番のような本体で開閉ができる素敵な作品になりました。タント紙くらいの厚みがあり、しっかりして大きめの紙で折れば、いろいろ物が入ります。サイドのポケットも気に入っています。ミウラ折りの地図などを入れてみたらどうでしょう。(作者)


◆オナガAzure-winged magpie by Mr. Dokuoutei NAKANO
中野 獨王亭

オナガの特徴である長く美しい尾羽をうまく表現したじゃばら折りが、そのまま前方に向かってボックスプリーツの技法で仕舞い込まれる構造が見事です。左右対称になるように、また、じゃばら折りの幅が均等になるように注意しながら、ていねいに折り進めましょう。


◆トイレマークToilet pictographs by Mr.Yukihiko MATSUNO
松野 幸彦

改良が間に合わなかったのですが、男女とも⑱(18)から折るよりも、㉑(22)からの足の部分の折りを先に行った方が、まとまりよく仕上がります。(作者)


◆カワウソOtter by Mr.David BRILL
David BRILL

40年前のこの作品のことはまったくおぼえていませんでしたが、NOAの皆さんに折っていただけたらうれしいです。(作者)


◆布袋様 Hotei( god of good luck with a potbelly and a cloth bag) by Mr. Eiji TSUCHIDO
土戸 英二

七福神の中で一柱だけ実在していた人物がモデルの布袋様。一番とらえどころがなくて難しかったです。たまたま袋の上に乗っかっている絵を見かけて、この作品ができました。(作者)



◆ミニ知識

◇布袋…七福神の一人。お坊さんのような身なりで、日常用具を入れた袋を背負い、太って突き出た腹をしていると考えられています。突き出て大きい腹のことを「布ほていばら袋腹」といいます。
◇世界カワウソの日…5 月の最終水曜日で、イギリスで制定されました。
イギリスにいるのはユーラシアカワウソです。ニホンカワウソは毛皮や結核治療薬として肝4 目当てでの乱獲や環境汚染のために数を減らしました。1979 年、四国の高知県での目撃情報を最後に見られなくなり、絶滅したと考えられています。2017 年に長崎県の対馬列島でカワウソと見られる動物が撮影されましたが、その後の調査や研究でニホンカワウソではなく、韓国やサハリンにすむユーラシアカワウソとみなされています。近年、東南アジアでカワウソの密猟と売買が横行し、世界で大問題となっています。



●読者の広場
 「おひなさま」、「円ひな」など全作品を折ってみました。むずかしい点もありました、楽しく折りました。コップ折り8 枚を使い、表面にいろいろな折りを入れて楽しんでいます。静岡県 青木さん
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
 「おひなさま」がくわしく載っていて助かります。立体的な作品を折ることに興味があります。埼玉県 高橋さん
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
 「2018 年おりがみカーニバル入賞作品紹介」、いろいろな作品があってとてもよかったです。ひなまつりの作品、春がもうそこに来ているみたいでよかったです。
大阪府 内藤さん
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆



◆支部だより

大学病院内ギャラリーと兵庫県民会館講座
のじぎく兵庫支部「神戸国際おりがみ会」(支部長 石橋美奈子) 文:山本孝子/兵庫県

今年1月から2月半ばまで、神戸大学大学病院内ギャラリーに、作品を展示していただきました。私たちの仲間の一人に大学病院でボランティアをされておられる方があり、その方のお口添えで毎年展示させていただいています。今回はパネル作品とキャラクターの展示です。入院中の方、お見舞いに訪れた方、大学病院の関係者の皆様など、た<さんの方々に観ていただき、嬉しく思っています。神戸大学大学病院内ギャラリーの作品に関心を持ってくださる方が多いほどやりがいを感じています。また、病院のボランティアの方々の
計画の中に、私たちの折紙作品展を入れていただいていることを嬉しく思っています。


 また、2月1日(金)~3日(日)に開催された兵庫県民会館講座の合同展にも参加しました。パネル、立体など、いろいろな作品が展示されました。今回も展示会場とは別に一部屋お借りして、三日間とも体験折り紙教室を開きました。た<さんの方に作品を見ていただき、また折り紙体験にも参加していただき、楽しく盛り上がった三日間でした。


◆京都折り紙コンベンションと支部例会の報告
京都支部「古都折紙倶楽部」支部長 松井佳容子/京都府

 第3回京都折り紙コンベンションは、3月2日(土)~3日(日)、京都市東山区の知恩院境内にある、知恩院和順会館で開催されました。
 今年は「あの名作をもう一度!」というテーマで、『月刊おりがみ創刊号』(1974年)に掲載されている千野利雄先生の「かたつむり」をはじめ、田中稔憲常任理事の講習による古典かやら草より「蟹」や、中澤信子先生の講習による、昭和10年発行の木版本『折紙模様』からの「ほおずき」など、日本の折り紙の美しさを見直すイベントとなりました。
 遠くは福岡県や岩手県など、全国から70名の折り紙愛好家にご参加いただき、いつもながらの、熱気あふれる会場となりました。
 また今回は、『月刊おりがみ114号』(1985年)に折り紙作品「コアラ」を投稿された入いりえ江尚たかし志さんが参加、折り紙関連の会合は久しぶりとのことでしたが、力強く「コアラ」を講習してくださいました。入江先生はこの春から京都市上京区に常設の「折り紙ギャラリー」※を開設することなりましたので、京都にお越しのおりはぜひお立ち寄りください。
 さらに今回は、大阪支部長の梅本吉広先生がご参加くださり、名作「結び桜」を、また、中島 進 常任理事は、鶴作品の名作「稜線の鶴」を講習くださいました。
 「石の上にも三年」といいますが、なんとか3回目を無事なしとげ、京都の面目が保てた思いです。
 ご参加のみなさん、協会役員の先生方、ほんとうにありがとうございました。


京都折り紙コンベンションが終わってすぐの京都支部定例会は、3月16日(土)、定例会場の京都駅前・東本願寺しんらん交流館で、「佐藤ローズ」でご活躍のフランス在住・佐藤直幹先生をお招きして開催しました。
 講習の前は、ご参加の会員さんには、「佐藤先生のバラは難しいぞ」との思いがあったようですが、基本の正五角形の切り出し方を「紙ズレがないように」ていねいに教えてくださったり、花びらをきれいに開いていく技法や、机の間を忙しく回って、一人一人の折り具合を確かめてくださるなど、とにかく講習前の「不安を解消」してくださった、すてきな講習となりました。
 記念写真や本のサインにも本当に気軽に応えてくださり、気さくな優しいお人柄に、楽しいひとときを過ごせました。集合写真をご覧ください。みなさん、満足そうでしょ?
 佐藤先生に次にすばらしい作品が生まれたら、また京都で講習していただきたいなと思いました。佐藤先生、ありがとうございました。



◆World Origami Report
西豪州豪日協会 雛まつりイベントでの折り紙デモンストレーション
山本知美(パース/西オーストラリア州)


3月6日(水)、西オーストラリア州・兵庫文化交流センターで、西豪州豪日協会の皆様との交流イベント“HinaMatsuri Ladies’ Morning Tea”が開催されました。今回私は折り紙デモンストレーションのお手伝いをさせていただきました。
 テーマは雛まつり。シンプルで遊び心のある作品を、というリクエストを事前にいただき、伝承作品の内裏雛や池田明美さんの「おひなさまのはし入れ」(『487号』)を選びました。比較的やさしい手順で完成する点と、同じステップの折り方で女雛と男雛をそれぞれ作製する点で、覚えて下さってご自宅に戻られても、また一から折り楽しめるかなと思ったからです。お箸入れも同様で、その用途以外に、お箸を入れる部分にシンプルに小さなお菓子を置いて、朝のお茶のお供として見て和み楽しめそうかなと思いました。
また、ディスプレイ用に左近の桜、右近の橘をイメージし、吉田淳子さんの「花びらたとう」(『523号』)を色違いで作成し、飾りに添えました。
 参加メンバーの15名のみなさんの前でプレゼンテーション形式で進めていき、参加者の中には折り紙が初めての方もおられましたので、ゆっくり一つ一つのステップを理解してもらえるよう、説明をしながら空中で折り進めていきました。
 また今回のイベントでは、折り紙だけではなく、裏千家茶道の盆ぼんりゃくてまえ略点前のデモンストレーションや、参加者のお薄うすの点た て方体験、さまざまな日本のお菓子もお茶会に添えられ、大変充実した雛まつりのお茶会となりました。また2日後の3月8日(金)は「国際女性の日」でもあり、参加者の女性の皆様と記念撮影をし、大いに楽しみました。
 海外で、折り紙を通して日本の節句行事をお祝いでき、改めて折り紙の大切さや海外の方との気持ちをつなげるツールとして、大いに役立つものだと嬉しくなりました。パースに暮らす私の方がこちらでは外国人なのですが、どこで暮らしても、折り紙は年齢、性別、国籍を問わず、人の心を優しく楽しくしてくれると信じて、今後パースの多くの方々に折り紙を知ってもらい、その楽しさの発見のお手伝いができればと願っております。



◆高木 智 氏 収蔵資料より
解説 岡村昌夫

物を贈るとき、清潔な白紙で包むことが発展したのは武家の時代でした。和紙は折り目を付け直したり、乱雑に扱ったりすると元の清浄な状態に戻せなくなるので、贈り先の手に渡るまで他人が品物に触れていないことを証明することができます。いろいろな包みが考えられ、「礼法折り紙」として広まりました。この「礼法折り紙」の余技から「遊戯折り紙」が誕生したことは折り紙愛好者によく知られていることです。
 さて、前回に続いて1705(宝永2)年の「小笠原流諸式折形雛形」の行と草の折形です。真と同じで、包むものの形によって細長いもの、平くて短いもの、筒状のものなど3パターンほどに分けられ、本来の礼法家伝承の形を色濃く残しています。その一方で、19番には女性の白粉や眉墨などの化粧用品を包む畳紙が見え、25番や40番などの包丁人の家の折形も入っています。武家の男礼のみとした本来の礼法家のものとは違っています。 
 ところで、雛形は実際に使用するものではないので、それ自体が美しく折られている場合があります。つまり「雛形」が単なる折り見本ではなくて、そのまま鑑賞に耐える作品になっているのです。これは折り紙史上、注目すべき事実でしょう。次回以降で資料をご紹介する機会もあると思います。


協会ホームページに折り紙用紙のショッピングカートができました
約400種のラインナップをそろえてお待ちしています!
http://origaminoa.cart.fc2.com/

~日本折紙協会(http://www.origami-noa.jp/)とは~
NIPPON ORIGAMI ASSOCIATION (NOA)
日本折紙協会は、折り紙を世界の国々により一層普及させたいという思いと、幼児教育に限らず、大人の趣味、高齢者や身障者の方のリハビリテーションなど様々な可能性をもつ「おりがみ」普及の一助となりたいという考えから1973年10月27日に結成されました。
現在では、月刊「おりがみ」の発行、「世界のおりがみ展」「折紙シンポジウム」の開催、「おりがみ級」「折紙講師」「折紙師範」「折紙上級師範」の認定、「おりがみの日」記念イベントの実施、「日本折紙博物館」との提携など、おりがみ普及のためにさまざまな活動を行っています。

~会員になるには~
月刊「おりがみ」の年間購読を申し込めばどなたでも会員になれます。会員の特典として、協会発行単行本と協会取扱い折り紙商品の割引購入、月刊「おりがみ」への創作作品投稿、「世界のおりがみ展」「おりがみの日」「折紙シンポジウム」など協会主催行事に参加および作品を応募できるほか、「おりがみ級」「折紙講師」の申請資格があたえられます。

~月刊「おりがみ」とは~
会員から投稿される創作折り紙作品(話題の動物やキャラクター、季節にそった行事・イベントに関するもの)の折り図(折り方を図で順番に説明したもの)を紹介するほか、会員の折り紙活動を紹介します。折り図の順番通りに折っていけば完成できるので、小学生から90代の方まで1万人を超える会員の方がおりがみを楽しんでいます。
月刊「おりがみ」は毎月末ごろお届けします。

~世界のおりがみ展とは~
さまざまな情景を折り紙で表現した立体パノラマ作品(おりがみブースといいます)と個人作品の展示コーナーにおりがみ教室を加えたイベントが『世界のおりがみ展』です。もちろん書籍や折り紙用紙の物販コーナーを加えることもできます。

現在、世の中では様々なイベントが行われていますが「世界のおりがみ展」は動員催事と文化催事を兼ね備えた独特の巡回展で、1976年の第1回展より20年以上の歴史があります。

3年に1度ひとつのテーマにそって制作され、お子様ばかりではなく大人の方にも十分楽しんで頂き、毎回皆様に驚きと感動の世界を展開しています。なお、「世界のおりがみ展」には、外務省と文化庁の後援を戴いております。他に都道府県・市町村・地元教育委員会・マスコミ等に後援を戴いている場合もございます。

おりがみ展は、おりがみブース・個人作品展示とおりがみ教室に、オプションの[販売コーナー]で構成するおりがみイベントです。
[おりがみブース]は、数え切れないほどの作品によって作られたジオラマが、所狭しと展示されています。約90㎝角の展示台(ブース)とパネル(壁面)作品を基本に組合せて大小変化にとんだ装飾を可能にしています。又、この展示台は折りたたみ式で、運搬時には箱型に収納して運べるようになっています。

[個人作品]は、折り紙作品コンクールの対象になり、日本国内のみならず、世界20数カ国から送られてきた作品が、200余点集まります。その中から、外務大臣賞、国際交流基金理事長賞、NHK会長賞などの賞が授与されています。さらに、折紙著名人の作品も招待作品として展示します。

[おりがみ教室]は、日本折紙協会認定の折紙講師により行われています。1回40分の講座が1日数回行われ、いずれの会場でも連日大好評を頂いております。

[販売コーナー]は、日本折紙協会編集発行の月刊誌「おりがみ」、折り紙専門書、有名折り紙メーカーの商品(折り紙用紙等)を豊富に取り揃え、販売しています。これらの商品は、日本折紙協会がまとめて会場へ搬入・搬出致します。

この「世界のおりがみ展」は過去には全国の有名百貨店の催事として多く実施され、開催期間は標準で6日間前後です。集客には実績があり、「これほど折り紙が人気のあるものとは思わなかった」と催事のご担当者には必ず驚かれ、喜ばれます。昨年夏には日本橋三越本店催事場で実施し、大好評のうちに幕を閉じました。

来訪者としては、年配の方はもちろんですが、お子様連れのファミリー層も多いです。ベテランの折紙講師が懇切丁寧に教えますので、親子で皆さん楽しんでいかれます。当協会が活動趣旨に掲げている「折り紙の普及」にご協賛いただき、ぜひとも開催をご検討いただきたいと存じます。

~折紙シンポジウムとは~
全国各地で毎年夏(7月下旬)に開催。講演会、児童教育部会、歴史研究部会、創作部会、折り紙教室などにより新たな折り紙の世界に触れる機会として、また会員相互の情報交換や懇親の場として2泊3日の日程を行楽地(温泉地)で楽しく過ごします。世界各国から毎年300名を超えるおりがみファンが集まる世界最大の「おりがみイベント」です。

~おりがみの日(11月11日)とは~
この日は世界平和記念日であり、また数字の「1」が4つで正方形折り紙の4辺を表すことから、日本折紙協会では「おりがみの日」としています。この日を中心にして、会員の皆さんから寄せられた作品の展示会「おりがみカーニバル」を東京スカイツリータウン ソラマチイーストヤード5Fで開催します。

~「おりがみ級」と「折紙講師」とは~
「おりがみ級」とは、主に16歳未満の会員のための資格です。月刊「おりがみ」で指定している作品を規定数折って協会に送付し、認定されると「おりがみ級認定証」が授与されます。最初は10級からスタートします。16歳未満の1級取得者には申請により「こどもおりがみ博士」認定証と、NOA特製バッジが授与されます。(詳細は月刊「おりがみ」をお読みください)

「折紙講師」資格は、16歳以上の会員であればどなたでも申請できます。協会発行の「おりがみ4か国語テキスト100」を購入し、テキスト掲載の全作品約100点を自作完成させた形で申請書(テキスト巻末)とともに協会に送付し、申請料3,240円を納付(下記口座番号へ郵便振替)します。その後審査会が全作品合格と認定した方に折紙講師認定証、資格証、講師指導の手引を授与します。不合格作品があれば、その作品のみ折り直して再提出いただきます。(詳細は月刊「おりがみ」をお読みください)。

口座番号00110-6-188035 加入者名「日本折紙協会」

~おりがみをおしえる~
老人ホームや社会福祉施設、自治体主催のサークル、保育関係施設・学校、文化センター、カルチャー教室などなど、さまざまな場所でおりがみは活躍しています。
独自にボランティアで教えている会員の方も多くおられますが、協会には全国から「おりがみを教えてくれる方を紹介して欲しい」という依頼が毎月あり、折紙講師資格をお持ちの会員の方に指導をお願いしております(協会より報酬を支給)。
おりがみ教室では、お子さんから年配の方まで「おりがみをおぼえたい」という気持ちにこたえようと講師も真剣です。熱のこもった授業を終えて帰られる皆さんの表情は満足そうですが、講師の方は生徒の「ありがとう」の言葉に安心しつつも、もっとわかりやすい説明はないだろうかと考えるようです。毎回真剣勝負なので様々な苦労がありますが、いろいろな形で努力が報われるようです。

~おりがみ教室とは~
日本折紙協会事務局では、全国の日本折紙協会公認の折紙講師を派遣しています。
おりがみ教室をご依頼いただく際は、専用の申込書をご提出いただきますので、
協会ホームページをご覧ください。
必要事項をご記入の上、実施日の最低1~2月前にご提出ください。

801円
特集 五月のお祝い

◆おりがみ日本むかし話シリーズ
Origami picture of Japanese falk tales made by Ms.Sumiko TACHIBANA
構成:立花 澄子

第5話 金太郎

 5 月はこどもの日がありますね。強い子、元気な子の象徴はやはり金太郎ですね!熊と相撲をとれる子どもなんて見たことありません。熊を見たら死んだふりをしなくては!(笑)
 さて、金太郎の頭は笠原邦彦さんの創作作品に腹がけと体をつけました。体は先月までのおじいさんの体を太らせて使用! 足が細いと思われた方、太くしてもいいですヨ。腹がけは赤と黒の両面折り紙を使いましたが、赤の折り紙で折って上部のフチを黒く塗ってもよいと思います。頭と体は、黒と肌の両面折り紙です。くまは色紙仕様で考えてみましたので裏に耳はありません。ですから向きを変えたい時は、逆(左右対称)折りに折ってください。
 5月らしい雰囲気を出すためにあやめをつけてみました。伝承のチューリップから折った作者不詳の花の中心に黄色の紙を貼っていますが、なくても十分にあやめに見えます。花をなくして葉っぱだけでも、草のように見えて野原の雰囲気が出ると思います。
 台紙の大色紙(27cm × 24cm)には越前和紙を空と野原のイメージで貼ってみました。自由な発想で作ってみてください。(立花澄子)
※「金太郎」のあらすじは、P33 のミニ知識の欄に掲載しています。


◆甲冑
Armor by Mr.Yukihiko MATSUNO
松野 幸彦

同じ大きさの紙2枚で折ったよろいに、立て物付きのかぶとをかぶせました。かぶとは『165号』掲載作品の考え方とほぼ同じ、前横にポケットがあるので、単純なパーツで、伊達政宗風、榊原康政風、黒田長政風 、 伊井直政風 、最上義光風、真田昌幸風など作ってみた中の一つ(伊達政宗風)です。(作者)


◆鶴のぽち袋vol.II
Crane envelope vol.II by Ms. Minako ISHIBASHI
石橋 美奈子

前に創作した「鶴のぽち袋」のバリエーション です。18cm角の大きさの紙
で折ると、三つ折りのお札がぴったり入ります。(作者)



◆ミニ知識
◇端午の節せっく供…端午とはもともとは「月の初めの午うまの日」という意味です。旧暦の5 月は現在の6 月にあたり、じめじめとして病気になりやすく、害虫の被害も多い梅雨の時期なので古代中国では物忌みの月とされました。数字が重なる五月五日を端午の節供とし、強い香りのする菖蒲や蓬を使って邪気(病気を引き起こす元とされる気)をはらう行事が行われました。 それが日本に伝わり、田植え前に菖蒲と蓬で葺ふ いた屋根の下で、身を清めるという女性の祭に結びついて、菖蒲湯に入って厄よけをする風習が生まれました。武士の時代となり、菖蒲が「尚武(武事を尊ぶこと)」と音が同じであることから、江戸時代には身を守る鎧兜を飾って、男の子の成長を願う祭へと変わっていきました。なお、江戸時代末期には紙製の鎧兜飾りがはやったそうです。

◇甲冑…鎧兜のことで、頭部や身体を守るための武具です。もともと甲が ヨロイ、冑がカブトの意味でしたが、のちに混同されて甲がカブトの意味で使われるようになったとされています。今月号の甲冑の下のスカートのような部分を草くさずり摺といいます。裾が草をこするところからこの呼び名がついたようです。鎧の胴に付属し腰から上脚部を守る部分です。足が動かしやすいように分割されていて、その一片を一いっけん間と呼びます。


◆英語でオリガミしよう Let’s enjoy both Origami and English!
Lesson42 
Triangular crane Tato- by Ms. Sho-ko AOYAGI

伝承の「角つのこうばこ香箱」をねじるように折ることで、三角づるができました。 裏側にちょっとしたものを入れられます。きちんと立つので、きれいな紙で折って飾ると素敵です。(作者)
You can make a Triangular crane Tato- (envelope) by modifying a
traditional “Tsunoko-bako.” You can insert a small thing on the back
side. It is pleasant to make a nice standing origami crane with a
beautiful piece of paper. (Author)


◆カーネーションのインテリア
Carnation ornament by Ms.Masako FUTAWATARI
二渡昌子

しっかりと安定感のあるカーネーションです。いろいろなところに飾って母の日を楽しく演出してください。(作者)



◆りすとどんぐりSquirrel and acorn by Ms. Sho- ko AOYAGI
青柳祥子

伝承の角香箱からりすと手の部分にちょうど収まる「どんぐり」ができました。どんぐりは右の写真のように違う形のものも作ってみました。(作者)


◆お花のパーツFlower parts by Ms. Michie TAKAYAMA
髙山 三千江
1枚で作るお花のパーツは「たとう折り」なので、よい香りのものを入れて、文香やサッシェなどとして使えます。同じ大きさの紙8枚でリース、折り方を少し変えて6枚でくす玉、また伝承の箱にぴったりのふたにもなります。いろいろ楽しんでください。(作者)



◆八角形の彩りプレートOctagonal colorful plate by Ms.Ayako KAWATE
川手章子

シンプルなパーツを少しはなやかにと思いました。ちょっと見は手の込んだ作品のようですが、実際はそうでもありません。両面おりがみで折ると彩りが楽しめそうです。組み合わせ方は折り図をよく見ていただけたらと思います。(作者)


◆プレゼントBOX
Gift box by Ms.Ayako KAWATE
川手章子

フタの上部を少し工夫してみました。この中に折り紙作品を入れて、プレゼントしたら良さそうと思いました。比較的スッキリと仕上がったように思われます。いろんな折り紙で折って楽しんでみてくださいね。(作者)



◆ミニ知識

◇金太郎…子ども用の腹掛けを「金太郎」と呼んだり、どこを切っても金太郎の顔が出る「金太郎飴」など、由来のあるものもあり、人々に昔から親しまれている子どもです。『教科適用幼年唱歌 初編上巻』(1900年、明治33 年)に収録された「キンタロー」(石原和三郎 作詞、田村虎蔵 作曲)の歌で有名です。歌詞は「1番…マサカリカツイデ、キンタロー、クマニマタガリ、オウマノケイコ、ハイ、シイ、ドードー、ハイ、ドードー、ハイ、シイ、ドードー、ハイ、ドードー。2 番…アシガラヤマノ、ヤマオクデ、ケダモノアツメテ、スマウノケイコ、ハッケ、ヨイヨイ、ノ コッタ、ハッケ、ヨイヨイ、ノ コッタ」です。立身出世の物語で、巌いわや谷小波が書いた『金太郎』(1901 年)ではあらすじは以下のようになっています。「足柄山の山姥から生まれた金太郎は小さな時から怪力で、熊くまや鹿しかや猿さるや兎うさぎなど山の動物たちと遊んでいました。いつものように金太郎が相すもう撲をとって遊んだあと、大きな木を引き抜いて橋をかけました。それを見た源みなもとのよりみつ頼光の家来の碓井貞光は、金太郎と母に都に行って武士にならないかと話をします。金太郎は都に出て頼光の家来になりました。のちに大江山の鬼を退治し、土蜘蛛を討ち取った坂田金時はこの金太郎のことです」
◇八十八夜…5 月2 日ごろ。雑節(二十四節気以外の気候の変わり目)の一つで、立春から数えて88 日目に当たる日です。「夏も近づく八十八夜」という歌詞で始まる「茶摘」(作詞者・作曲者不詳)という文部省唱歌にもあるように、茶摘みが盛んに行われるころです。昔から八十八夜に摘み取られたお茶は上質だとされ、古くから神仏に供えられました。また末広がりの八の字が重なることから縁起がよいとされこの日に摘んだお茶を飲むと長生きできるという言い伝えもあるそうです。

●ミニ知識参考図書:『対訳日本昔噺集』(彩流社)、『日本昔話大成』(角川書店)、『日本の昔話百科』(河出書房新社)、『鬼むかし』(角川書店)、『植物と行事』(朝日新聞社)、『絵でつづるやさしい暮らし歳時記』(日本文芸社)、『植物ごよみ』(朝日新聞社)、『変わり兜図鑑』(新人物往来社)、『甲冑のすべて―ビジュアル・ガイド』(PHP研究所)、『朝日新聞』(朝日新聞社)、『世界大百科事典』(平凡社)


◆福禄寿、寿老人
Fukurokujyu nad Jyurojin by Mr.Eiji TSUCHIDO
もともとは同じ神様とされる「福禄寿」と「寿老人」です。かぶりものや持ち物が逆になった形もあるようです。(作者)



◆読者の広場

 「コアラ」、「ハートスタンド」、「ハーレクイン・ハート」がよかったです。どれも難しかったのですが、完成したらうれしゅうございました。
東京都 阿部さん
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
 「オニの豆入れ」がよかったです。壁飾りの折り紙に興味を持っています。
大阪府 井上さん
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆


◆支部だより

張替亮子先生をお迎えして特別講習会
多摩支部「山鳩」(支部長 瀬田美恵子) 文:元秋功枝/東京都

 すっかり秋が深まった(昨年)11月16日(金)、「平織り、あじさい折り」の張替亮子先生をお迎えして講習会を行いました。参加者は30人余り、会場には作品がたくさん飾られ、華やかな雰囲気の中、講習会が始まりました。
 最初に「あじさい基本形A」を習いました。紙を折りたたむ前に折りすじをしっかりつけるのがポイントで、「あとは紙が教えてくれる」とのこと。張替先生の明るい声と小気味いい進め方により、線にそって両手でよせていくとみるみる4弁の花ができあがりました。次に「あじさい2連」という、長方形の紙を使い「あじさい基本形」の花を連続に折りつないでいく形。これは「無限折り」とも言われますが、先生による3m近くの作品は圧巻でした。さらに「表裏あじさい」という表裏の色の違いを生かす折り方を教えていただきました。「あじさい基本形」と同じ線から折り出すのですが、表の色が裏側にも表れ両面楽しめる花となります。時間を忘れて夢中で折り続けました。
 張替先生の適切なお声がけのおかげでみなさん作品をしあげることができ、楽しい時間を過ごすことができました。本当にありがとうございました。しっかり折ることの大事さを改めて感じた講習会となりました。そして「(藤本修三さんが残された)平織り、あじさい折りを広めたい!」と最後に熱く語られた張替先生の言葉が印象的でした。


◆三支部合同勉強会を開催しました
神戸支部「おりがみ かうべ」支部長 柴本厚子/兵庫県

2018年11月24日(土)・25日(日)、大阪市北区の山西福祉記念会館で、奈良支部、吹田支部との三支部合同勉強会を開催しました。 藤本祐子先生をお招きし、たくさんの作品の講習をしていただきました。それぞれ生徒さんをお持ちの参加者が多く、今後教室で活用できる作品ばかりでした。
 1日目の夜には、夕食後、お楽しみビンゴ大会がありました。初めて参加された信濃支部の今井様、大口様からいただいた立派なリンゴも賞品になり、大盛り上がりしました。
 藤本先生からいただいた賞品にも、会場からため息が漏れる中、当選者には笑顔があふれました。残念ながら、なかなかビンゴにならない方には、全員で応援のヤー‼を捧げ、最後には豪華賞品をゲットされました。ビンゴの後は10時まで特別講習会が開催されました。
2日間、丁寧に教えていただいた藤本先生ありがとうございました。
 また、準備から当日の進行、片付けまで、一手に引き受けていただいた山本一彦先生とご家族の方に感謝しています。次回も楽しい会になりますように。



◆みんなの作品展
年初めの折り紙は川口市立グリーンセンター緑のアトリエの作品展です。1月3日(木)~11日(金)の開催中はお天気に恵まれ連日たくさんの方々がいらしてくださいました。お正月ですのでご家族でいらした方々も多く、魚つりで遊んだり作品を見てくださったり、思い思いの時間を過ごしていただきました。折り紙は折るだけでなく、飾ったり、見たり、そして出会いがあり、交流が生まれるすばらしい「宝物」だと改めて感じる時間でした。寒い中ご来場いただきましたみなさま、本当にありがとうございました。会員一同お礼を申し上げます。

昨年11月3日(土)・4日(日)、宇都宮市平石市民センターで、恒例の文化・農業祭が行われました。折り紙教室(浅見栄子会長)も参加し、体験コーナーには両日子どもさんたちがたくさん参加され、完成すると「ワーッ!!」と歓声をあげて大喜びで、大盛況でした。展示コーナーも、会員の皆さんの傑作、力作が並び、来場者も楽しんでおられました。




◆高木 智 氏 収蔵資料より
解説 岡村昌夫

資料8『小笠原流諸式折形雛形』(おがさわらりゅうしょしきおりかたひなが

参考図書:『折るこころ 折り紙の歴史』執筆 岡村昌夫、1999年龍野市歴史文化資料館(現:たつの市立龍野歴史文化資料館)発行

時代:江戸時代1705 年(宝永2)年   
内容:袋に年月日が裏書きされた、100 枚を越す折形雛形のセット。折形雛形とは折形の見本として小さい紙で折り畳み、折り目の崩れを防ぐために上から合あいいん印を押したものです。この雛形は小笠原家に正式に伝承されるものではなく、いわゆる「小笠原流」というものですが、年代が古く、本来の小笠原家伝承の形を残しています。なお、折形は使う場の格式によって、最高位の「真」、真を少し崩した「行」、もっとも略式が「草」と3段階に分かれますが、今回の資料は高木氏によって、真41 点、行27 点、草17点が確認されています。


上流の武家社会で、折形(贈答品の包みや婚礼など儀礼の席での飾りのための折り紙)が整備されたのは、室むろまち町時代14世紀後半の将軍足あしかがよしみつ利義満の頃らしいが、その後幕府の滅亡とともに衰退します。小笠原家、伊勢家、それに今川家を継承した吉良家は、徳川家三代将軍家光より礼法を司る専門職に任じられ、「高家」として将軍家や
大名に礼法を教えました。江戸時代末期、伊勢家だけが『折形皆伝包之記』(伊勢貞丈 著、1836年 写)で公開しましたが、他家では秘伝で、正式に世に出ることはありませんでした。
 初めに三家が相談して武家の礼法を混乱させないようにまとめた時、基本的には同じで流派による大きな差はなかったはずです。包みは、品物によって変わるのではなく、細長いもの、平たいもの、筒状のものなどと形によって定められていましたので、3種類ほどの基本を覚えてあとは応用で済むものでした。このことを伊勢貞丈は『包之記』で書いているのです。

江戸時代初めに大量に発生した浪ろうにん人達が、食うために「小笠原流」と名乗って一般人に教え出してからは、品物ごとに少しずつ形を変えるなどの方法で複雑化し、基本を教えるのでなく、一つ一つを口伝にしてしまったわけです。今回の資料で見ると、甲こうだて立や雌蝶雄蝶などの、包ほうちょうにん丁人の家の折形も取り入れて種類を増やしていますし、男性用だけでなく「女中かね付つけ筆包み」などを入れています。これは「お歯黒」を付ける時の筆型の刷毛でしょう。小笠原家では伝統を固く守って、本来の男礼だけを扱い、女礼を含めるようになったのは明治時代に入ってからですが、いわゆる「小笠原流」は早くから女性向きを取り上げていたのです。
 しかし、全体的には似た物が多く、3種類ほどに分類できる形をしています。その点がこの資料が古式を残している、筋のよい資料と考えられている理由です。


◆~おりがみ教室とは~◆
日本折紙協会事務局では、全国の日本折紙協会公認の折紙講師を派遣しています。
おりがみ教室をご依頼いただく際は、専用の申込書をご提出いただきますので、協会ホームページをご覧ください。
必要事項をご記入の上、実施日の最低1~2月前にご提出ください。

[折り紙教室料金表]
1.講師報酬:講師1名につき、12,600円(拘束3時間以内・対象40名まで)
※対象60名まで2名、80名まで3名、100名まで4名の講師が必要です。
※標準的な時間割は、講習1コマ45分(2作品)、準備・休憩15分です。

2.超過料:3時間を越える1時間毎に講師1名につき、2,100円を加算
3.材料費(折り紙):実費(一人100円程度+会場宛送料)※そちらで用意する場合は不要。
4.教材費(教本等):実費(内容により不要)
5.講師交通費:実費
6.講師昼食代:実費(時間帯による)
7.講師宿泊費:実費(日程による)
8.管理費:上記1~7の合計金額の50%がマネージメント料として加算されます。
※上記料金は消費税込み

※折り紙教室料金のご請求とお支払いについて
折り紙教室実施後、講師が協会に提出する「折り紙教室実施報告書」に基づき請求書を作成し、ご送付申し上げますので、ご検収の上日本折紙協会へお支払いください。
※講師への報酬等は日本折紙協会から講師にお支払いいたします。

折り紙教室でご準備いただくもの
1.予定参加人数分の机とイスをご用意ください。
2.入門証等の証明パスが必要な場合は、手続き方法と通用口をお知らせください。
3.宿泊を必要とする場合は、宿泊場所の手配の有無をお知らせください。
4.講師の人数に応じた講師控え室を教室付近にご用意ください。
5.作品展示をご希望の場合は、事前にご相談ください(別料金)。


教室時間割(プログラム)その他ご不明・ご要望は担当佐野までお気軽にご相談ください。
TEL:03-3625-1161 / FAX:03-3625-1162
801円
特集 明るい春

◆おりがみ日本むかし話シリーズ
Origami picture of Japanese falk tales made by Ms.Sumiko TACHIBANA
構成 立花 澄子

第4 話 桃太郎 Momotaro Peach Boy
4 月は、新学期、そして新しい年度が始まる月。ということで「これからさあ行くぞ!」と出かけて行く桃太郎のお話にしました。桃太郎の体や着物は先月号までのおじいさんと同じですが、新たに羽織を追加し、頭は笠原邦彦さんの桃太郎の頭を少しアレンジして髷
をつけてみました。肌色と黒の両面折り紙を使って折りましたが、肌色の一角におでこ
のハチ巻き部分が出るように白い三角の紙を貼っています。腰にはきびだんごが入っている巾着をつけました。青柳祥子さん創作の「宝袋」(『おりがみ389 号』掲載)です。用紙が小さいので、なくてもよいと思います。旗には「日本一」の文字、台紙の大色紙には春らしく桃色の越前和紙を貼りました。
 初めは右の写真のようにお供の犬(松野幸彦さん創作。先月号掲載作品)と猿(北村惠司さん創作)ときじ(サミュエル・ランドレットさん創作)を連れた構成で作成したの
ですが、桃太郎と空を飛んでいるきじだけで作って見ました。どうしてもお供はイヌ、サル、キジ、そろっていないと!
と思われる方は、ぜひ工夫してみてください。(立花澄子)


きじ Pheasant by Mr.Samuel RANDLETT
創作:Samuel RANDLETT

旗さしもの 創作:笠原 邦彦
桃太郎  原作:笠原 邦彦
巾着 創作:青柳 祥子


◆漢字の明 Kanji
伊達 光一

漢字の「日」と『521号』に掲載した「月」を合わせて「明」を創作しました。旧作がありましたが2画目と5画目がくっついていて、欠けた
「用」に見えてしまうので、それを修正しました。今年度はいつもより明るく前向きに進んでいきましょう!(作者)


◆ハートの手まりと四つ葉のクローバーの手まりHeart ball and Four-leafed clover by Mr. Manabu ICHIKAWA
市川 学

『おりがみ519号』で掲載の「手まり」のバリエーション作品です。四つ葉のクローバーは❽で茎の部分を出してみました。のりづけしなくても組めます。(作者)


◆葉つきのバラRose with leaves by Ms. Masako FUTAWATARI
二渡 昌子

以前、茎と葉のついたプリンセスローズを投稿しましたが、折り方に無理があったので、今回なるべくカンタンに折れるバラをと作りました。⑳で開きかえると、ぶあつくなってしまうので微調整しながら折ってください。(作者)


◆おってあそぼう!!
パンダの指人形 金子 玲子

上野動物園で大人気のジャイアントパンダ「シャンシャン」を折り紙で遊ぶには?と考えていたところ、指人形を思いつきました。(作者)


◆ミニ知識
◇桃太郎…もっとも有名な昔話の一つです。おばあさんが川に流れていた桃を拾ってその桃を家で割ると桃太郎が生まれたとする話が有名ですが、桃を食べて若返ったおじいさんとおばあさんから生まれたという話もあるそうです。前者は明治時代以降の書物や口承の昔話に多く見られ、後者は江戸時代の草くさぞうし双紙(江戸時代中期から後期にあった絵入り小説本)に描かれた話です。たくましく育った桃太郎は、鬼が島に財宝を取りに出かけます。鬼が島に行く途中、犬、猿さる、雉きじが黍きびだんご団子と引きかえにお供ともすることになります。鬼が島の鬼たちは、急に攻め入ってきた桃太郎に降参して宝物を渡します。
◇チューリップ…中央アジアから小アジアが原産で、江戸時代末期から
明治時代にかけて日本に伝えられました。チューリップで有名な国といえば、国花として親しまれ生産量世界一のオランダを思い起こしますが、もともとはトルコの花でした。16 世紀半ば、オスマントルコは強国になり、神聖ローマ帝国(10 世紀半ばから19 世紀初めまで続いたドイツ国家の呼び名)のウィーンに攻め入ります。和平交渉の使者としてトルコに派遣されたド・ブスベックは珍しい花を目にし、高額な代金を払い持ち帰ります。それがチューリップでした。その後、チューリップは、ウィーンの宮殿で栽培されてトルコからも輸入されます。オランダに伝わったのは、宮殿の庭園の園長をしていたクルシウスがオランダのライデン大学の教授になり、チューリップを持参したためです。クルシウスは外に出さないように大切に育てていましたが、あるとき盗まれてオランダじゅうに拡がりました。
◇園児…小学校入学前の幼稚園や保育所(保育園)に通っている子どものことです。ところで、幼稚園は、1837 年にドイツの教育者フリードリッヒ・フレーベルが世界で初めて開設したとされています。そのとき、保育施設も付設していました。フレーベルが幼稚園のことを「みずから発育する可能性を持った植物の芽がすぐれた庭師の指導のもと成長する花園」という意味でKindergarten( キンダーガルテン:こどもの庭)と名付け、それが世界各国に広まりました。日本では1876 年東京女子師範学校(現在のお茶の水女子大学)の付属として、フレーベル式保育の本格的な幼稚園が設置されました。
◇漢字の明…「日」と「月」から「あかるい」という漢字が生まれました。
小学2 年生で習う漢字です。


●ミニ知識参考図書:『対訳日本昔噺集』(彩流社)、『日本昔話大成』(角川書店)、『日本の昔話百科』(河出書房新社)、『鬼むかし』(角川書店)、『植物と行事』(朝日新聞社)、『明治・大正編子ども史年表』(河出書房新社)、『誕生の物語 』(平凡社)、『朝日新聞』(朝日新聞社)、『世界大百科事典』(平凡社)


◆園児Kindergarten child by Ms. Michie TAKAYAMA
髙山 三千江

園服を着たかわいらしい幼稚園・保育園児です。写真の作品は髪は切ったものを貼り、顔にも肌の色を貼り合わせましたが、そのまま描いてもいいと思います。バッグも工夫して作って見てくださいね。(作者)


◆チューリップ Tulip by Ms. Tomoko MIZUSHIMA
水島 朋子

花の部分と、葉の部分を、できるだけ同じ折り方でできあがるように考えて
みました。(作者)


◆ジョウロWatering pot by Ms.Sho- ko AOYAGI
青柳祥子

伝承作品のお駕かご籠、折ったことがあまりなかったのですが、じーっと見ているとじょうろに見えたので作ってみました。蓮はすぐち口が気に入っています。『おりがみ4か国語テキスト100』は、発見が一杯です。皆さんもどんどん活用しましょう。(作者)


◆英語でオリガミしよう Let’s enjoy both Origami and English!
Lesson41 
Ono-ono-tsunagi box by Ms. Ayako KAWATE

オノオノツナギケース 
川手 章子

伝承の箱からの発展作品です。 同じ大きさの紙で折ります。オノオノのケースに何を入れようかなと楽しみながら折ってみました。立てて置くこともできます。単体を5個組んで、真ん中が五角形の形のものをできあがりとしましたが、2個、3個、4個、5個…、いろいろと組んで遊んでください。(作者)
This model comes from the model of a traditional box. You can fold each box with the same size of paper. I enjoy folding these Ono-ono-tsunagi boxes while imagining what to put in them. You can make them stand upright. I used five boxes to have the shape of a pentagon in the middle. Please enjoy connecting 2, 3, 4, 5 boxes or even more.(Author)

◆弁財天
Saraswati(God o f wealth, music,eloquence and water) by Mr. Eiji TSUCHIDO
土戸英二

七福神の中で一人だけの女性の神様です。琵びわ琶は頭と体を15cm角の紙で折ったとき、7.5cm角としましたが、細かいところがあるので10cm角で折ってもよいと思います。好みで右図のように羽衣をつけてもよいでしょう。(作者)


◆支部だより
川崎敏和先生の講習会
讃岐支部「さぬき折り紙会」支部長 香西康子/香川県

2018年12月9日(日)、さぬき折り紙会の顧問、川崎敏和先生(阿南工業高等専門学校教授)の講習会を、香川県高松市の宮脇書店総本店で開催しました。 《プログラム》10:30~12:30 「川崎敏和先生定年退職記念特別講習会」14:00~16:00 「折り紙博士に教わろう 川崎敏和講習会」とそれぞれ題して、午前の部は、さぬき折り紙会会員を中心に、新作「キュービック・スター」を一人一人折り方をチェックしながら、川崎先生にもどんどん折っていただくという、恒例の講習会とはひと味違う研究会になりました。
 午後の部は、年齢や折り紙経験を問わず、一般の方も参加できる楽しい講習会でした。6歳から80歳過ぎまでと幅広い年齢層の方々が、午前34名、午後45名の計79名来場してくださり、盛況のうちに終わりました。
 また、徳島支部「藍の香」の皆様はじめ、遠方から足を運んでくださった方々もいらして、有意義な講習会になったと思います。


◆信濃支部りんどう作品展報告
信濃支部「りんどう」(支部長 成田光昭)文:西さいおんじ園寺桔ききょう梗/長野県


2018年11月20(火)~12月2日(日)の12日間、長野市東町の「門前商家蔵館」にて信濃支部りんどうの作品展を開催しました。会場は、江戸時代から菜種油問屋として栄えた商家を移築移転した趣のある建物です。その歴史ある建物に「折り紙」の作品がよく映えます。今回は特別な試みとして地元の方の作品の他に、黒岩琢磨理事長はじめ全国の作家の方々からの作品もお寄せいただき賑やかな作品展となりました。
 期間中は毎日会員が当番として常駐し、お越しいただいた方に折り紙を講習するという
「おりがみでのおもてなし」も例年通りさせていただきました。
 作品展の来館者は約390名(おいらい館調べ)でした。うち体験おりがみを受講された方は100名を超えました。小学校低学年の子どもさんから、20代、年配者まで幅広い年代の方に楽しんでいただきました。感想ノートにはお褒めの言葉や激励、来年も楽しみにしています、折り紙を始めてみたくなりました、など、たく
さんのコメントもいただきました。
 また黒岩理事長他おおぜいの方々も県外からお越しくださいました。来館していただいた全ての皆様に感謝申し上げます。




◆読者の広場
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
 かんじのしょうがつがよかったです。さいきんポチ袋がいっぱいあるのがおもしろいです。
東京都 小林さん
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
 北村さんの「いのしし」がよかったです。「ペタン・プク」をたくさん作ってしまいました。楽しかったです。
東京都 阿部さん
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆


◆World Origami Report
Oritai Exhibition 2018 レポート
明日仁見(インド・ニューデリー/Oritai 隊長)

2018年12月17日(月)~22日(土)、作品展を開催しました。会場は国際交流基金ニューデリー事務所の地下展示室。ランゴリガミ・コンテスト(『521号』掲載)から2か月という恐るべきスケジュールでしたが何とか開催にこぎつけ、今回日本大使館から平松大使が開会式にご出席。折り紙がお好きなパトリシア夫人(アルゼンチン出身)はこれまで何度かイベントにご参加くださいましたが、大使は初のご来場で、Oritaiもやっと政府に認められるようになったと自負しております。
 今回のテーマはUnity in Diversity(多様性を統一)。折り紙のいろいろなジャンルをコーナーごとに紹介。写真の他にもたくさんのオーナメントで飾られたXmasツリー、実用折り紙、Oritai Kidsコーナーなど。1枚折りコンプレックス折り紙と平織りではOritaiの技量も進歩した気がします。

今回特にご紹介したいのは、初の試みWarligamiです。日本を代表するものということで、青柳祥子さん作の「忍者」(『505号』掲載)を500体作り、細いピンでトントン壁に打ち付けていきました。この壁は緩やかな曲線で、普通の展示にはちょっと不向きですが、Warligamiにはぴったり! 2mx4mの大作で、他のコーナーがカラフルなので、黒と白の忍者たちはやけに落ち着いていた気がします。さすが忍びの者…。
 今回は活け花がお得意のプリティさんが参加できなかったのですが、インディラニさん
(写真右)が素敵な折り花を披露。感謝、感謝です。
 インドには様々な州出身の人がいて、言葉も文化も違います。それを日本が誇る折り紙で繋ぎ合わせて一つにできたことに喜びを感じ、これからも多くの人たちをつないでいきたいと思っています。


◆高木 智 氏 収蔵資料より
解説 岡村昌夫

【資料7】「森脇家旧蔵おりがみ資料群」(もりわきけきゅうぞうおりがみしりょうぐん)
その3(3回連続で高木氏が分類・整理されたファイルを写真で紹介します)
参考図書:『折るこころ 折り紙の歴史』執筆 岡村昌夫、1999年
龍野市歴史文化資料館(現:たつの市立龍野歴史文化資料館)発行

 「森脇家旧蔵おりがみ資料群」とは、江戸時代の1700 年代半ばから100 年以上に渡っての森脇という一家の複数人による折り紙コレクションです。『522 号』『523 号』そして今月号の3回で数十点を紹介することになりますが、取り上げきれなかっ
た作品も多く、「いろいろ折形」と記された包みには、「折り鶴」「奴」「二船」「お宮みや」「宝船」「お駕籠」「蓮華」「箱」「三方」「足付き三方」「箕み 」「兜」「がまぐち」「たとう」「胡椒内包み」「胡麻塩包み」などの現在も折られる伝承作品が入っています。おそらく明治時代以降の子孫が加えたものと推測されます。また、高木氏によると、礼法折り紙の「雄蝶雌蝶」、「小笠原 折形」と記されたたとうには43 点の雛形もあるそうです。


森脇家資料は江戸時代の折り紙愛好家の創作折り紙集

森脇家資料の作品は、数も多く、題材も多岐に渡ります。包みがないものもありますが、それぞれの折り見本を段階的に複数揃え、「たとう」に包み入れています。
 類似した作品も多く、増補を重ねたようで、習作やら、未完成品やら、未熟な出来のものもあります。用紙もいろんな形を使っていて、当時の伝統的な折り紙を伝えていたはずの礼法家などから伝承の技法を受け継いだものとは思えません。いいかえれば、折り紙好きの人たちが、創作をしようとする姿勢が強く感じられるのです。
 高木先生のご調査によると、森脇家の折り紙の大部分は、文化文政期(1804~1830年。江戸の町人文化が爛熟した時代とされます)のものだそうです。当時の折り紙愛好者の実
態を伝える貴重な資料で、創作折り紙集といった趣があるのです。

「森脇家作品」と「かやら草作品」と「勾当さん作品」
 「森脇家旧蔵おりがみ資料群その1」の回でふれましたが、「森脇家作品」と「かやら草作品」と「勾当さん作品」の三者は時代が重なることもあり、折り紙作品を比較•検討することが必要ですが、それは簡単にできることではありません。
 2008年から2009年の『398号』~『409号』で、「勾当さんの折り紙」と題して、江戸時代末期から明治時代初めを生きた盲人箏曲者の葛くずはら原勾当折り紙遺品を解説しました。勾当さんは森脇家資料とは違い、折り方記録のための整理をしないで、高度な技術で折られた完成品だけを重複しないように残しました。前ページの2段目左から2つ目の写真に孔雀がありますが、これを『404号』で勾当さん遺品と比べて解説しました。
詳しくは掲載誌を見ていただきたいのですが、森脇家資料では正方形と半円のような形をつないだ用紙から折ってあります。私が再現して、右の写真のように仕上げました。さらに別紙で足を切り抜いてのりづけするというのですから、かなり写実的です。
 『かやら草』の筆者足あだち立一かずゆき之は「千羽鶴を始として、舟、乗物、蓮花、三方、箱、こも僧、いと入、かぶとのたぐひは、皆人の知る処なれば図をわずらわさず」 、つまり少し難しいものだけを記録したといってます。『かやら草』の折り紙は、誰にでも折れるものではなくて、腕自慢の人向けの作品だったわけです。また「孔雀、蟷螂(カマキリのこと)、ふくらすずめ、ふぐ、狐嫁入などの類有りといへども其赴をつまびらかにせず。故に略す。」とも書いてあるので、さらに難しいマニア向けの折り紙もあったことを窺わせ、しかもこれらの伝承不明作が勾当さん遺品の中にはほぼ全部含まれていたのでした。「ふぐ」は森脇家にもあります(前ページ4段目左から2つ目)が、勾当遺品では「ナマズ」の形に変化しています。勾当さんが「ナマズ」として誰かに教わったということなのです
が、安政の大地震(江戸時代の安政期に日本各地で13回も起こった地震)で、世の中が鯰大明神人気で大騒ぎになったことと関係があるのでしょう。「ふぐ」はその後の時代も「ナマズ」として伝承されていくのです。



協会ホームページに折り紙用紙のショッピングカートができました
約400種のラインナップをそろえてお待ちしています!
http://origaminoa.cart.fc2.com/

~日本折紙協会(http://www.origami-noa.jp/)とは~
NIPPON ORIGAMI ASSOCIATION (NOA)
日本折紙協会は、折り紙を世界の国々により一層普及させたいという思いと、幼児教育に限らず、大人の趣味、高齢者や身障者の方のリハビリテーションなど様々な可能性をもつ「おりがみ」普及の一助となりたいという考えから1973年10月27日に結成されました。
現在では、月刊「おりがみ」の発行、「世界のおりがみ展」「折紙シンポジウム」の開催、「おりがみ級」「折紙講師」「折紙師範」「折紙上級師範」の認定、「おりがみの日」記念イベントの実施、「日本折紙博物館」との提携など、おりがみ普及のためにさまざまな活動を行っています。

~会員になるには~
月刊「おりがみ」の年間購読を申し込めばどなたでも会員になれます。会員の特典として、協会発行単行本と協会取扱い折り紙商品の割引購入、月刊「おりがみ」への創作作品投稿、「世界のおりがみ展」「おりがみの日」「折紙シンポジウム」など協会主催行事に参加および作品を応募できるほか、「おりがみ級」「折紙講師」の申請資格があたえられます。

~月刊「おりがみ」とは~
会員から投稿される創作折り紙作品(話題の動物やキャラクター、季節にそった行事・イベントに関するもの)の折り図(折り方を図で順番に説明したもの)を紹介するほか、会員の折り紙活動を紹介します。折り図の順番通りに折っていけば完成できるので、小学生から90代の方まで1万人を超える会員の方がおりがみを楽しんでいます。
月刊「おりがみ」は毎月末ごろお届けします。

~世界のおりがみ展とは~
さまざまな情景を折り紙で表現した立体パノラマ作品(おりがみブースといいます)と個人作品の展示コーナーにおりがみ教室を加えたイベントが『世界のおりがみ展』です。もちろん書籍や折り紙用紙の物販コーナーを加えることもできます。

現在、世の中では様々なイベントが行われていますが「世界のおりがみ展」は動員催事と文化催事を兼ね備えた独特の巡回展で、1976年の第1回展より20年以上の歴史があります。

3年に1度ひとつのテーマにそって制作され、お子様ばかりではなく大人の方にも十分楽しんで頂き、毎回皆様に驚きと感動の世界を展開しています。なお、「世界のおりがみ展」には、外務省と文化庁の後援を戴いております。他に都道府県・市町村・地元教育委員会・マスコミ等に後援を戴いている場合もございます。

おりがみ展は、おりがみブース・個人作品展示とおりがみ教室に、オプションの[販売コーナー]で構成するおりがみイベントです。
[おりがみブース]は、数え切れないほどの作品によって作られたジオラマが、所狭しと展示されています。約90㎝角の展示台(ブース)とパネル(壁面)作品を基本に組合せて大小変化にとんだ装飾を可能にしています。又、この展示台は折りたたみ式で、運搬時には箱型に収納して運べるようになっています。

[個人作品]は、折り紙作品コンクールの対象になり、日本国内のみならず、世界20数カ国から送られてきた作品が、200余点集まります。その中から、外務大臣賞、国際交流基金理事長賞、NHK会長賞などの賞が授与されています。さらに、折紙著名人の作品も招待作品として展示します。

[おりがみ教室]は、日本折紙協会認定の折紙講師により行われています。1回40分の講座が1日数回行われ、いずれの会場でも連日大好評を頂いております。

[販売コーナー]は、日本折紙協会編集発行の月刊誌「おりがみ」、折り紙専門書、有名折り紙メーカーの商品(折り紙用紙等)を豊富に取り揃え、販売しています。これらの商品は、日本折紙協会がまとめて会場へ搬入・搬出致します。

この「世界のおりがみ展」は過去には全国の有名百貨店の催事として多く実施され、開催期間は標準で6日間前後です。集客には実績があり、「これほど折り紙が人気のあるものとは思わなかった」と催事のご担当者には必ず驚かれ、喜ばれます。昨年夏には日本橋三越本店催事場で実施し、大好評のうちに幕を閉じました。

来訪者としては、年配の方はもちろんですが、お子様連れのファミリー層も多いです。ベテランの折紙講師が懇切丁寧に教えますので、親子で皆さん楽しんでいかれます。当協会が活動趣旨に掲げている「折り紙の普及」にご協賛いただき、ぜひとも開催をご検討いただきたいと存じます。

~折紙シンポジウムとは~
全国各地で毎年夏(7月下旬)に開催。講演会、児童教育部会、歴史研究部会、創作部会、折り紙教室などにより新たな折り紙の世界に触れる機会として、また会員相互の情報交換や懇親の場として2泊3日の日程を行楽地(温泉地)で楽しく過ごします。世界各国から毎年300名を超えるおりがみファンが集まる世界最大の「おりがみイベント」です。

~おりがみの日(11月11日)とは~
この日は世界平和記念日であり、また数字の「1」が4つで正方形折り紙の4辺を表すことから、日本折紙協会では「おりがみの日」としています。この日を中心にして、会員の皆さんから寄せられた作品の展示会「おりがみカーニバル」を東京スカイツリータウン ソラマチイーストヤード5Fで開催します。

~「おりがみ級」と「折紙講師」とは~
「おりがみ級」とは、主に16歳未満の会員のための資格です。月刊「おりがみ」で指定している作品を規定数折って協会に送付し、認定されると「おりがみ級認定証」が授与されます。最初は10級からスタートします。16歳未満の1級取得者には申請により「こどもおりがみ博士」認定証と、NOA特製バッジが授与されます。(詳細は月刊「おりがみ」をお読みください)

「折紙講師」資格は、16歳以上の会員であればどなたでも申請できます。協会発行の「おりがみ4か国語テキスト100」を購入し、テキスト掲載の全作品約100点を自作完成させた形で申請書(テキスト巻末)とともに協会に送付し、申請料3,240円を納付(下記口座番号へ郵便振替)します。その後審査会が全作品合格と認定した方に折紙講師認定証、資格証、講師指導の手引を授与します。不合格作品があれば、その作品のみ折り直して再提出いただきます。(詳細は月刊「おりがみ」をお読みください)。

口座番号00110-6-188035 加入者名「日本折紙協会」

~おりがみをおしえる~
老人ホームや社会福祉施設、自治体主催のサークル、保育関係施設・学校、文化センター、カルチャー教室などなど、さまざまな場所でおりがみは活躍しています。
独自にボランティアで教えている会員の方も多くおられますが、協会には全国から「おりがみを教えてくれる方を紹介して欲しい」という依頼が毎月あり、折紙講師資格をお持ちの会員の方に指導をお願いしております(協会より報酬を支給)。
おりがみ教室では、お子さんから年配の方まで「おりがみをおぼえたい」という気持ちにこたえようと講師も真剣です。熱のこもった授業を終えて帰られる皆さんの表情は満足そうですが、講師の方は生徒の「ありがとう」の言葉に安心しつつも、もっとわかりやすい説明はないだろうかと考えるようです。毎回真剣勝負なので様々な苦労がありますが、いろいろな形で努力が報われるようです。

~おりがみ教室とは~
日本折紙協会事務局では、全国の日本折紙協会公認の折紙講師を派遣しています。
おりがみ教室をご依頼いただく際は、専用の申込書をご提出いただきますので、
協会ホームページをご覧ください。
必要事項をご記入の上、実施日の最低1~2月前にご提出ください。

801円
特集 ひなまつり


◆おりがみ日本むかし話シリーズ
Origami picture of Japanese falk tales made by Ms.Sumiko TACHIBANA
構成 立花 澄子

第3話 花咲じいさん
THE OLD MAN WHO MADE THE DEAD TREES BLOSSOM.

3 月といえば桜! そうなれば「枯れ木に花を咲かせましょう!」という台詞が浮かんで来て、今月は「花咲じいさん」にいたしました。本来ならクライマックスの花を咲かせる場面がよいのかもしれませんが、あえておじいさんに小判のありかを教えてあげた犬を折りたくてこの場面にしました。
 「お家」と「くわ」は笠原邦彦さん、「犬」は松野幸彦さんの干支の犬が日本犬でしたので使わせていただきました。15cm 角でもよいのですが、大きめに! 色は白にしましたが、お好きな色で楽しんでください。「ここ掘れワンワン!」すると小判がザックザク! 私も体験してみたいです!(笑)
 「花咲じいさん」は前回の「こぶとりじいさん」のこぶを耳に変化させました。そして横から顔を出しているのは「ひょっこりはん」ならぬ隣のいじわるじいさん、悪そうな顔をしています。花咲じいさんより顔色を白く細長い顔にしました。小判は金紙に最初に横の折り線を入れてからかんのん折りをして作ります。 和紙の間にさしこんで貼ると、地面にたくさんの小判が埋まっている感じが出ます。小さな用紙で折りましたが、もっと大きな小判にしても面白いと思います。
 台紙は大色紙(27cm × 24cm)に越前和紙をさいて貼りました。色味が少なく寂しかったので、桃色をちぎって貼ったら3 月らしくなりました。(立花澄子)
※「花咲じいさん」の体、着物、はかまは『522 号』P14-15をご覧ください。なお、「花咲じいさん」のあらすじは、P31のミニ知識の欄に掲載しています。 

◆おひなさまHina dolls by Ms. Toshie TAKAHAMA
高濱 利恵

『おりがみ127号』(1986年3月号)とノアブックス『おりがみでひなまつり』などに掲載された作品です。今回、工程を見直し、より折りやすい図になりました。手の位置などを気にしながらお気に入りの形にしあげてください。なお、写真の作品はおびなとめびなが15cm角、それ以外は12.5cm角で折ってあります。


◆桃Peach blossoms by Ms. Tomoko TANAKA
田中 具子

パーツが折れたら大色紙(27cm×24cm)に写真や下の図を参考にのりづけしましょう。横向きの花やつぼみはがくにさしこんでのりづけします。作者の作例をきちんと再現するには用紙のサイズが小さいので、折りにくいときは構図や台紙、花の大きさや数などを工夫してみてください。


◆ごあいさつの女の子 Girl bowing her head by Ms. Ayako KAWATE
川手 章子

「ようこそ、いらっしゃいませ!」「こんにちは!」「どうぞよろしく!」などと、ご挨拶をしている女の子のように思われました。上体を少し傾けると、ごあいきょうがよく見えそうです。(作者)



◆ちょうButterfly by Mr.Yukihiko MATSUNO
松野幸彦

形はそれなり、考え方も単純ですが、最後の仕上げの折りがきついのが難点です。本の下に半日はさんでおけば平らになります。翅はねの色は模様なしの同一色にもできますが、面倒で手順長くなるので…。(作者)


◆ミニ知識

◇花咲じいさん…昔話。江戸時代の赤本(17 世紀の終わりから18 世紀の中ごろにかけて発行された子ども向けの本文10 ページの絵本。表紙が赤い色だったことが名前の由来)に「枯木に花さかせ親仁」とあり、それがもともとの題名だと考えられています。明治時代になって国語の教科書や唱歌にも取り上げられました。川で拾って育てた犬がきっかけとなり次々と幸運を得る正直なおじいさんと、それをうらやむ隣の欲の深いおじいさんの失敗の物語です。あらすじは次のとおりです。正直じいさんが拾ってかわいがっていた犬が示す場所を掘ると宝物が出てきました。それを見ていた隣のじいさんが犬を借りて引き連れていくと、犬が転んだのでそこを掘ると、汚物や犬のフンがたくさん出てきます。怒った隣のじいさんは犬を殺します。悲しんだ正直じいさんは、犬を木のそばに葬ります。夢枕に現れた犬が告げるとおりに、その木から臼うすを作って餅をつくと小判が出てきます。隣のじいさんは臼を借り餅をつきますが、また汚物と犬のフンが出てきます。怒って臼を燃やします。正直じいさんはその灰を持って帰ります。その灰をまくと、枯れ木にたくさんの花が咲き、殿様を喜ばせて褒ほうび美の宝物をもらいました。隣のじいさんも同じようにまきますが、灰が殿様の目に入り、罰を受けました。
◇雛祭り…3月の最初の巳み の日に水辺で体を清め、桃の酒を飲んで、穢けがれをはらうという中国の昔の風習(上巳)が、海や川に出かけ、紙や植物で作った人ひとがた形に息を吹きかけ、体をなでて川にながし、身の穢れをおとして健康を願うという日本に古くからある信仰と結びつきました。また、中国から伝わり、奈良、平安時代に貴族の間で行われた、曲がりくねった流水に酒杯を浮かべて杯が自分の前を通り過ぎる前に和歌を詠むという風流な「曲水の宴」がありました。一方、貴族の女の子たちの
お人形さんごっこの「雛遊び」があり、形かたしろ代としての人ひとがた形と雛人形が結びつき、今の雛祭りの始まりとなりました。
◇雛人形…雛祭りに飾る人形。天皇夫妻をかたどっているものではなく、皇族や公家の生活は「おおよそこのようなものだろう」という武家や庶民の憧れが反映されています。毛氈(フェルト)の上に紙雛や内裏雛を並べていましたが、五段や七段など階段状の雛壇に道具や供え物をあわせて飾り、豪華さを競うようになりました。最上段に男雛と女雛の内裏雛、雪洞、金屏風を置きます。向かって左に男雛、その隣に女雛を飾ることが多いです。これは、昭和天皇(大正天皇という説もあります)の即位式での西洋式の並びが流行したためとされています。もともとは天子(天皇)は南を向いて位置すると、日が昇る東側が上座になるという古来の考え方から、向かって右に男雛が置かれていました。現在は男女左右どちらでもよいとされています。二段目に三人官女です。通常、真ん中が三方を持って坐り、両側は長柄の酒入れと銚子という柄のない酒入れをそれぞれ持って立っています。三段目にあどけない少年の五人囃子です。向かって左から太鼓、大鼓、小鼓、笛、謡の順で並びます。これは能楽の囃子方と謡の並びと同じです。その下には右大臣と左大臣と呼ばれる随身です。白い鬚ひげの老人が位が高い左大臣、若い方が右大臣とされています。五段飾りの一番下の人形が仕丁です。泣き顔の真ん中、向かって右の笑顔の老人、怒った若い男、この3 人の表情から三人上戸ともいわれています。
◇啓蟄…二十四節気(地球から見た太陽がえがく大きな円の位置で1 年を24 に分けたもの)のひとつで、3 月6 日ごろです。地中で冬ごもりの虫が春の訪れを感じ、草木が芽吹くのにあわせて、地上へ出てくるという意味です。東京ではモンシロチョウが見られるころです。


●ミニ知識参考図書:『対訳日本昔噺集』(彩流社)、『日本昔話大成』(角川書店)、『日本の昔話百科』(河出書房新社)、『植物と行事』(朝日新聞社)、『節供の古典』(雄山閣)、『川原慶賀の「日本」画帳』(弦書房)、『年中行事・儀礼事典』(東京美術)、『江戸ごよみ十二ケ月』(人文社)、『浮世絵で読む、江戸の四季となわわし』(NHK出版)、『母と子のお雛さまめぐり』(美術出版社)、『雛まつり 親から子に伝える思い』(近代映画社)、『世界大百科事典』(平凡社)、『朝日新聞』(朝日新聞社)



◆英語でオリガミしよう Let’s enjoy both Origami and English!
花びらたとう
吉田 淳子

たとう折りからの発展作品です。 下の写真のように、何段階かの小さいサイズの紙で折って重ねたり、同じ大きさの紙で折って、のりづけしてリースを作っても楽しいです。(作者)
This model is a developed version of “Tatou(envelop)” fold. As shown in the
pictures below, you can superimpose models made of different sizes of paper
or glue models made of the same size of paper to create a wreath. (Author)


◆毘沙門天Bishamonten: Vaisravan a( Guardian god of Buddhism) by Mr.Eiji TSUCHIDO
土戸英二

この七福神のシリーズは、体の⑪の形から頭と体を作るように工夫するのを目標にしましたが七柱のうち四柱は変形させています。毘沙門天もその一つで、基本からどう変形させているかを考えてみるのも面白いと思います。同じ基本形のバージョンは(右図)、小さくなるのでお蔵入りになっています。(作者)



◆読者の広場

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
 たくさんのサンタさんを作りました。12 月に折り紙展をしますので、どれを飾ろうか迷っています。「くるみ」も作りました。とてもリアルにできました。
京都府 井上さん
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
 「くまさん」がよかったです。今月号はクリスマスの作品が多くてうれしかったです。立体作品に興味があります。
 大阪府 井上さん
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
 いろいろなサンタさんが登場して、楽しく折れました。12 月号には来年の干支の作品を載せてほしいです。
静岡県 青木さん
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆


◆みんなの広場

2018年の活動報告 鶴嶋ひろみ(埼玉県)
折紙講師資格をとって14年、デイサービスや学童などのボランティア活動も10年が過ぎました。折り紙を通してこんなにも皆さんと交流がはかれるとは思ってみませんでした(もちろん日本折紙協会の会員さんとの交流も含んでいます)。お年寄りと学童とでは作るものは違っても、できあがったときはとても喜んでくれるのは同じです。学童はヘビがとても気に入ってたくさん作り、お年寄りの施設訪問のおみやげにしました。施設の方々は季節のものを喜びますネ。いくつか作品を紹介したいと思います。

高坂丘陵地区文化祭
デイサービス
学童保育
 2018年も11月10日(土)・11日(日)、東松山市高坂丘陵地区の文化祭に参加しました。参加することが当たり前になってきた今回はそれぞれの個性も出てきて、仕上げもとても見栄えよくなりました。これからが楽しみです。



◆円ひな
沓名輝政

カンタンに立体になり外国人にも人気。美しい和紙で折って贈り物に。アレンジして和装の人形いろいろ。みんなで楽しく折って世の中まーるく。(^^)。(作者)


◆高木 智 氏 収蔵資料より
解説 岡村昌夫

【資料7】『森脇家旧蔵おりがみ資料群』(もりわきけきゅうぞうおりがみしりょうぐん)
その2(3回連続で高木氏が分類・整理されたファイルを写真で紹介します)

参考図書:『折るこころ 折り紙の歴史』執筆 岡村昌夫、1999年
龍野市歴史文化資料館(現:たつの市立龍野歴史文化資料館)発行

江戸時代には鶴、薦僧、三さんぼう方など、正方形の紙を切り込みなしで折る作品が広く知られていた一方で、「人物折形」はその独特の世界を作っていました。まず、「鶴の基本形」を折り、広げて正方形の各辺の中央から用紙の中心に向けて切り込みを4本入れてから折り始めるのが基本で、さらに複雑な形にしたいときは切り込みの数を多くしたり、用紙の形を複雑にするような工夫も行われました。紙の中央で人物の頭を作るので、柔軟かつ強靭な和紙が欠かせないこともあって、昭和期に入って和紙の衰退とともに作られなくなったという経緯があります。
 前回から紹介の「森脇家旧蔵おりがみ資料群」にも「人物折形」が多くあります。なお、作品名に見られる「したかた」とは見本のことです。




801円
特集 しあわせアイテム

◆おりがみ日本むかし話シリーズ
Origami Japanese falk tales made by Ms.Sumiko TACHIBANA
構成 立花 澄子

第2 話 こぶとりじいさんTHE OLD MAN WHO GOT RID OF HIS LUMP
2月といえば節分ですね。節分といえば鬼! 鬼が出てくるお話といえば、桃太郎やこぶとりじいさん。鬼征伐の桃太郎もいいのですが、あえて鬼を喜ばせた凄腕のこぶとりじいさんを選んでみました。色紙には越前和紙をちぎって貼り、岩穴の雰囲気を出しました。鬼は笠原邦彦さんの鬼を使わせていただきました。この鬼のユーモラスなこと!大好きな作品です。遠近感を出すために二人の鬼さんの大きさを変えました。
 おじいさんは自分で考えてみました。体に着物を着せる形にし、はかまも着物の脇にはさみこめるようにタグの部分を付けました。昔懐かしい着せ替え人形のようで楽しかったです。
 顔は百円ショップのダイソーの両面折り紙を使いましたが、普通の折り紙で、顔が白くても、頭巾が白くてもよいと思います。体も顔と色味をあわせたくて両面折り紙を使用しています。
 鶏は朝を告げる終宴の合図ですので、上部の角に配置しました。北村惠司さんの「おんどり」を使いました。
 前回の「十二支のはじまり」と同様、大色紙(27cm × 24cm)を使っています。表情豊かに色紙を作ってください。(立花澄子)
※「こぶとりじいさん」のあらすじは、P19 のミニ知識の欄に掲載しています。



◆オニ包みEnvelope with oni by Ms. Ayako KAWATE
川手 章子

折り紙に遊んでもらっているうちにできあがった作品です。何を中に入れて包もうかな?と考えているうちに、お福さんも作ってあげなければと作ったのが「福ふく包み」(写真下)です。オニの部分はネコのようにも見えますので、「ネコ包み」としても使えそうです。(作者)


◆オニの豆入れOni-shaped bag for scattering parched beans by Ms. Michie TAKAYAMA
髙山 三千江

伝承のチューリップを折ろうとしてできた作品です。(作者)


◆ミニ知識
◇「こぶとり爺じいさん」のあらすじ…よいお爺さんと欲張りのお爺さんが住んでいて、二人とも頰ほおに大きなこぶがありました。よいおじいさんは自分のこぶを取ってもらいたいと、いつも考えていました。あるとき、隣となりの丹たんば波の国にこぶを取ってくれるところがあると聞き、すぐに向かいます。途中で夜になり、灯あかりのある方へたどり着くと、そこに赤鬼と青鬼がやってきて酒さかも盛りを始めます。鬼たちは自分たちの歌にあわせて元気よく踊れといいます。鬼たちを喜ばせるような愉快な踊りをしたお爺さんに、明日も来い、約束にこぶを預かっておくと鬼たちはこぶをもぎました。こぶがなくなったお爺さんは、喜んで家に帰ります。その話を聞いた欲張りお爺さんも鬼に会いに行きました。鬼たちに踊るようにいわれますが、恐ろしくて泣きながら踊り、鬼たちの怒りを買います。よいお爺さんのこぶもくっつけられ、両方の頰にこぶをぶら下げることになりました。
◇鬼…「おに」は「隠」に由来し、「目に見えないもの」に対しての人間の恐怖心が考え出したとされています。日本では、鬼は丑寅(北東)の方角(鬼きもん門)にいるとされ、鬼には牛のような角が生え、虎とらのような牙きばを持ち、虎の毛皮を着ている姿になったとも考えられています。鬼は邪気(病気をおこすと考えらえた悪い気)や厄やくさい災の象徴ですが、人々に福をもたらすという側面も持っている鬼もいます。1 月15 日の小こしょうがつ正月に来訪すると伝えられている、秋田県のナマハゲはその代表です。



◆英語でオリガミしよう Let’s enjoy both Origami and English!
Lesson39 
Heart with stand by Mr. Francis M.Y.OW

フランシス・オウさん(1949-2018)は、ハートやユニット作品を多く創作された、シンガポールの折り紙作家です。日本の出版社から『折り紙ハート』(1990年 筑摩書房 発行 布施知子さん 監訳)などを出されているので、日本のファンもたくさんいます。今月号の作品は上記の本や、”BOS Birmingham ’86 Convention” などに収録されています。なお、スタンドつきハートの作品には、右下の写真のようなもの(”GENERATIONS OF LOVE”)もあります。
Francis OW (1949 - 2018) is an origami author in Singapore who has created
many heart models and modular origami models. As his book, “Origami hāto
[Origami Hearts]” (translated by Tomoko FUSE, Chikuma shobo, 1990), is
published in Japan, there are many Japanese supporters. The model in the
current issue is included in the above- mentioned book
and “BOS (British Origami Society) Birmingham ’86
Convention”. The model, “GENERATIONS OF LOVE”,
shown in the picture on the bottom right is one of his
“Heart with stand” models. (Author)



◆ミニ知識
◇節せつぶん分…節分は季節の分かれ目のことで、もともとは立春、立夏、立秋、立冬のそれぞれの前日ですが、立春が、正月と同じように新年の始まりとして大切にされたので、現在まで行事が残っています。豆をまいて厄に見立てた鬼をはらいますが、これは奈良時代、中国から宮廷に伝えられた「追儺」が起源とされています。当時は豆まきではなく、桃の木で作った弓、葦あしの矢で鬼を追いはらうというものでした。豆をまくようになったのは
南北朝時代(1336 ~ 92 年。日本の朝廷が京都の北朝と吉野の南朝に分かれた時代)からで、庶民に広まったのは江戸時代です。


◆HARLEQUIN’S HEART
Francis M.Y.OW

ハーレクィンとはパントマイム劇の主役の道化師役です。格子の柄の衣装を着ていることからこの作品名がついたようです。この作品もP20-21と同じようにハートの形のスタンドです。


◆ミニ知識
◇バレンタインデー…2 月14 日。もともと愛の守護聖人バレンタインにあやかったキリスト教徒の祭日で、恋人どうしで愛を伝え、カードや贈り物をしあう日です。日本では女性が男性にチョコレートを贈り、思いを伝える日としてチョコレートメーカーがキャンペーンをしたのが始まりとされています。職場や学校などでの知り合いへ(義理チョコ)、男性から女性へ(逆ぎゃくチョコ)、友だちどうしで(友チョコ)、ご褒ほうび美として高級チョコレートを自分に買う(自分チョコ)など、チョコレートを贈る人は広がっています。チョコレートばかりではなく和菓子やお煎せんべい餅までにもバレンタイン用のものが売られ、お菓子メーカにとっては売り上げが伸びる嬉しいイベントとなっています。
◇ハートマーク …心臓の形を象ったもので、愛情などを表します。
◇ブタ…富と繁はんえい栄の象徴とされ、世界各地で幸運をもたらす動物と考えられています。

◇コアラ…「コモリグマ」や「フクログマ」ともいわれます。
胎盤がなく、超未熟児で産んで雌の袋で育てる「有袋類」と呼ばれる哺乳類の動物です。有袋類の先祖は、ヨーロッパから追われて南下し、南アメリカから当時は陸続きだった南極を経由して、敵がいなかったオーストラリアでくらすようになったと考えられています。コアラの子どもは母親のフンを食べて大きくなります。コアラはユーカリの葉を食用にしますが、ユーカリの葉は油分が多く、季節によっては若葉に強い毒があり、他の生き物は食用にはしません。コアラは哺乳類の中ではもっとも長いとされる盲もうちょう腸で葉を発酵させ、有害な葉を無害にしています。コアラは木の上で1日のうち20 時間ほどを眠って過ごしています。実はユーカリの葉だけでは生きるためのエネルギーとしては少ないので、エネルギーを使わないために寝ているのだそうです。また、指の形は木にしっかりとつかまっていられるようになっています。

●ミニ知識参考図書:『日本の神様と楽しく生きる』(東邦出版)、『昔話の森』(大修館書店)、『名作よんでよんで日本の昔ばなし 20話 もっと』(学研教育出版)、『昔話の年輪80選』(筑摩書房)、『京都のご利益めぐり』(ナツメ社)、『京都お守り手帖①②』(光村推古書院)、『縁起物』(自由国民社)、『世界の開運案内』(アルマット編集部)、『にほんのお福分け歳時記』

(主婦の友インフォス情報社)、『絵でつづるやさしい暮らし歳時記』(日本文芸社)、『和のしきたり』(日本文芸社)、『ヨーロッパの祝祭日の謎を解く』(創元社)、『動物の生体図鑑(学研)、『びっくり! おどろき! 動物まるごと大図鑑』(ミネルヴァ書房)、『ずらーりウンチをならべてみると…』(アリス館)、『世界大百科事典』(平凡社)、『朝日新聞』(朝日新聞社)


◆ハート付きカードCard with double hearts by Ms. Ayako KAWATE
川手 章子

2つのハートがついた作品を折って見ようと折り進めると、カードまたはコーナークリップとして使えるものができました。上のスキマにちょっと入れたりもできます。(作者)



◆箱Box Traditional model
伝承
折り紙歴史研究家の岡村昌夫さんの本誌連載「勾こうとう当さんの折り紙」で紹介された、江戸時代からある伝承作品です。明治時代の雑誌にも「紙ばこ」として紹介されていました。和紙の強さ、しなやかさがないと折れない手順だったのを、以下のように和紙を使わなくても折れる手順に工夫されています。



◆おってあそぼう!
コアラ
桃谷 好英

15cm角の大きさの紙で折って、コアラの手の部分を指にはさむと、とまります。(作者)


◆取っ手付きカップCup with a handle by Mr. Motoyuki ASAI
浅井 基言

「コップ」は有名な伝承作品の一つですが、取っ手が付いた折り紙作品が作りたいと思い、この作品を仕上げました。(作者)



◆ミニ知識
◇梅…まだまだ寒い季節に、まるで枯れているような枝に可憐な花を咲かせる梅は、人々におめでたい花として愛され親しまれてきました。奈良時代に中国から日本に伝えられたとされる
梅は、万まんようしゅう葉集の和歌に登場する花の中では萩はぎに次いで多い花です。ただし、この当時、歌によまれたのは、紅梅ではなく白梅です。その後、平安時代になると、紅梅も『源げんじものがたり氏物語』や『枕まくらのそうし草子』などに現れています。江戸時代には、梅干し作りが農家の副業として成り立つようになり、各地で植樹が盛んに行われ、梅見が庶民の楽しみになったそうです。2 月は各地で「梅祭り」が開催されます。

◇猫の日…日本の猫の日実行委員会が、公募で1987 年に制定。
「ニャン、ニャン、ニャン」の猫の鳴き声の語呂合わせで2 月22 日と決められました。猫の飼育数が1994 年の調査開始以来、犬を上回ったとペットフードメーカ業界団体の「一般社団法人 ペットフード協会」が2017 年に発表し、話題になりました。ちなみに「犬の日」は 11 月1 日です。これも「ワン、ワン、ワン」という犬の鳴き声の語呂合わせからです。


◆グリュックスシュバイン(幸運のブタ)
髙木 ひろみ

ドイツでは、ブタは幸福をもたらすと考えられ、「幸運(グリュック)のブタ(シュバイン)」と呼ばれます。クリスマスが終わると、1ユーロセントコインを乗せたブタの置き物を新年が幸運であるように贈り合う風習があるそうです。(作者)


◆読者の広場
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
 「折り紙ドリーム・キャッチャーVer.1」は素敵な作品でした。「玉手箱」は簡単そうに見えて、折り紙がくずれてしまい、難しいところがありました。「ワンダーユニット」は60 枚組に挑戦中です。
広島県 絹原さん
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
 「輪鶴」、これからお正月に向けてたくさん作りたいと思います。ユニット作品が好きなので、楽しめました。10月号のキューブを使って、ゲーム「マインクラフト」のキャラクターを作りました。息子に好評でした。(全てキューブで成立しているキャラです)
 愛知県 本庄さん



◆支部だより
舞子海上プロムナードで「おりがみフェスティバル」開催
神戸支部「おりがみ かうべ」支部長 柴本厚子/兵庫県

2018年10月3日(水)~11月15日(木)、舞まいこ子海上プロムナードにて、おりがみフェスティバルを開催しました。1か月半の期間で、展示と2回の講習会を行いました。
 メンバー全員で作った作品は、明石大橋開通20周年をお祝いした作品になりました。橋の上にはたくさんの人物や動物達がお祝いをしています。メンバーも天使になって遊んでいます。空からは気球(朝日 勇さん作)が、海には鳴門の渦潮(笠原
邦彦さん作「大波」)や波間には魚達もお祝いしています。楽しい作品はとても好評でした。展示の準備中に海外からの旅行者の熱い視線が注がれ、1つプレゼントして喜んでいただいたりしました。
 講習会には大阪支部長の梅本吉広先生もお越しくださり、即席教室が始まりました。また、神戸タータン折り紙で作られた作品もいただきましたので、早速特別参加とさせていただきました。
 講習会のあとは、恒例のクリスタルベルさんのコンサート。最後はやっぱりお客様とのダンスと合唱。今回も楽しく終わることができました。遠方よりお越しいただきましたお客様、ありがとうございました。



2018「おりがみの日」記念イベントレポート東京スカイツリータウン・ソラマチ5階すみだまち処どころで5回目の開催,、すっかりおなじみとなった「おりがみカーニバル」。今回の記念作品展のテーマは「私のお気に入り」。お寄せいただいた作品は105点、うち子どもの作品が22作品。作品は会場いっぱいに、華やかに展示されました。

 これまで「折紙シンポジウム」と同時開催やゴールデンウィークのイベントとして好評を博した「キッズおりがみフェスタ」を、「おりがみの日」記念イベントとして実施しました。


 「おりがみの日」記念作品の表彰式と、懇親会を開催しました。会場は前年と同じく、ソラマチのすぐ隣にあるホテルで、多数ご出席、軽食をとりながら参加者どうしの親睦を深めました。(入賞者、出品者一覧は『521号』P41に掲載しています)



◆高木 智 氏 収蔵資料より
解説 岡村昌夫

100 年以上にわたる折り紙作品のコレクション
 高木先生の資料の中で、今回の「森脇家旧蔵おりがみ資料群」に触れないわけにはいかないでしょう。類例のない貴重な折り紙の実物作品群です。「森脇家」の三代以上に連なる男性たちの、収集品や習い覚えた数々の折り紙作品の集合と思われます。
 礼法折り紙も含まれていますが、制作年代や制作の事情などの詳細は全く不明です。高木先生の遺稿などによると、古書店からの売り込みで、つづら入りの資料を言い値で購入されたそうです。その時、折り紙以外の大量の文書もあって、目を通された高木先生の解説が残されています。それによりますと、「浄じょうせん泉博光」「泉亮嘉教」「栄泉嘉明」「貞啓嘉慶」の四代のうち、正しょうとく徳ごろ(1711~1716年)の浄泉は除外しても、以後の三代にまたがる、1700年代半ばの寛かんぽう保年間(1741~1744年)から延えんきょう享年間(1744~1748年)、天てんめい明(1781~1789年)、寛かんせい政ごろ(1789~1801年)から安あんせい政期(1854~1860年)までという長期間に記録の残る人物たちのうちの誰か(複数かもしれない)が、折り紙に関心が深かったらしいということです。
 作品群の一部には明治初期の制作かもしれない作品も含まれているようで、数十点に及ぶ作品名の書かれた「たとう」とそれらに包まれていたはずの作品がばらばらになって残されていたこともあり、詳しく調べるには今後の調査・整理が必要ですし、「かやら草」
(江戸時代末期、足あだち立一かずゆき之という人が1845年ごろまでに230余冊に書き写した覚書。第21冊目から第50冊目に「かやら草」と名づけた。その中の巻7と巻8に折り紙のことが記載されている)や「葛くずはら原勾こうとう当遺品折り紙」(江戸時代末から明治時代初めに生きた一人の人によって折られた折り紙実物)などとの比較検討を経ずしては何も確実なことは論じられないと思われます。
 森脇家について高木先生は「現にその子孫の方が実在されるはずで、あえて詮索しないことにした」と書かれています。私が別ルートで知った情報でも、「奉行」を務めた家というだけで、どこの土地の家かも全く不明でした。高木先生へ売り込んだ業者は、業者の市でセリ落としたというだけで、出どころは把握できませんでした。折り紙以外の大量の文書類も、当時はバブル期ということもあり、地方のある大学が一括購入したそうですが、その後のことは手がかりもつかめませんでした。

801円
特集 サンタがいっぱいクリスマス!

◆陽気なサンタさんのグリーティングカード
青柳祥子

頭と体が同じ折り方で作れ、体が封筒になっています。体の後ろの三角のつまみを引っ張ると開きます。形もシンプルで気に入っています。(作者)


◆ミニ知識
◇クリスマス…12 月25 日。キリスト教を開いたイエス・キリストの誕生を祝う祭日とされますが、聖書には具体的な誕生日の記載はありません。北半球では12 月は冬とうじ至の月に当たります。キリストが生まれるずっと以前から、古代ローマ人は冬至を「不滅の太陽の誕生日」として祝っていました。その後、農耕の神のサトゥルヌス(英語ではサターン。土曜日:Saturday の語源)にちなんで、「サトゥルナリア」と呼んでお祭りを行うようになりました。また、ヨーロッパ北部でも、冬至の日に丸太を焼いて太陽を呼び戻す儀式が行われていました。古くから民衆の間に浸透していたこのような習慣にあやかって、冬至が過ぎて太陽の力が日一日と増すこの時期を、キリストの誕生日にしたのです。「愛がクリスマスにやって来た“Love came down at Christmas”」は19 世紀のイギリスの詩人クリスティーナ・ロセッティの詩の一節です。また、宗教学者の賀かく来周一さんはその著作の中で、「クリスマスは、何かをすることで評価を得るのではなく、そこにいるだけをよしとすることを教える季節」と述べられています。クリスマスは時を越えて、世界中でさまざまに広がりを見せる行事となっています。


◆ソリにのったサンタのおじさん
Father Christmas riding the sled by Mr. Martin WALL

マーティン・ウォールさんはイギリスの折り紙作家です。この作品が『おりがみ8号』に掲載されたころは大学生でした。


◆サンタボックスSanta box by Ms. Harumi TAKEI
武井春美

2つのパーツが、最後にピタッリはまるところが気に入っています。「内箱をもう一つ折る→外箱の背中側に入れる→⑨を折る」と、背中のすき間もなくなり、箱としては使いやすくなります。立てて飾るだけでもかわいいです。(作者)


◆ミニ知識
◇サンタクロース…クリスマスの贈りものの運び手として有名です。サンタクロースのモデルは、小アジア(現在のトルコ)にいた初期キリスト教の司教の聖セントニコラウス(3世紀後半生まれ)とされています。聖ニコラウスは人助けの伝説を多く持ち、あらゆる階層の人々の間で「聖ニコラウス信仰」が盛んでした。16 世紀の宗教改革で聖人信仰が禁止されますが、オランダでは根強い信仰が続き、新天地を求めて移民したオランダ人たちがアメリカ大陸に持ち込みました。オランダ語での聖ニコラウスの「Sinterklaas(シンタ・クラース)」がなまって「サンタクロース」と呼ばれるようになったと考えられています。1821年にアメリカで出版された『子どもの友(The Children’sFriend)』は、サンタクロースの絵(毛皮のコートを着たおじいさんのサンタクロースが一頭立てのトナカイの橇そりに乗った絵)が最初に掲載された本で、あわせて詩も掲載されています。その詩の中でサンタクロースと北欧の冬が結びつき、トナカイと橇、サンタクロースが「聖ニコラウスの日(12 月6 日)ではなく、クリスマスイブにやって来ることが紹介され、サンタクロースの歴史を知るうえで重要な資料となっています。1862 年、アメリカの政治風刺画家トーマス・ナストが「まんまると太った、笑い顔で白いヒゲを伸ばしたおじいさんのサンタクロース」を描き、現在の一般的なサンタクロース像ができあがりました。


◆英語でオリガミしよう Let’s enjoy both Origami and English!
Lesson37 Banzai Santa (Happy
Santa Claus)by Mr. Susumu NAKAJIMA

この作品は『おりがみ424号』(2010年12月号)で「サンタクロース」という作品名で紹介されたものです。「バンザイサンタ」という愛称で人気の作品ですので、その愛称で再掲載します。手の部分を出す⑦⑧が少しわかりにくいですが、⑨のとおりに白い三角が4つならぶように折ってととのえましょう。下の写真のように、三角に折った紙に貼ったりして「サンタツリー」を作って楽しめます。
This model was presented as “Santa Claus” in “Origami No.424”(December 2010). This model is posted here as “Banzai Santa”because it is well known with this nickname. It may be difficult to make hands in step ⑦ and ⑧. Please fold four white triangles in line as shown in step ⑨. You can make a “Santa Claus Tree” by posting this
model on a triangle formed paper as pictured below.


◆トナカイ、ソリ、サンタ袋Reindeer、Sled and Santa bag by Ms. Hiromi TAKAGI
髙木 ひろみ

正面から見たトナカイとソリです。ソリにサンタクロースとプレゼントを入れてソリの前にトナカイを並べて飾ってください。⑭でツノを立てるのが難しいですが、ツノの根元を押さえて先を引っ張って垂直にしてください。(作者)


◆雪のこどもSnow fairy by Ms. Ayako KAWATE
川手 章子

雪のこどもたちが首にリボンをつけ、帽子を頭にかぶっているように思われました。人間のこどもたちにも〝一緒に外で遊ぼうよ〟っていいそうです。いく人も折って作ったりしたら、元気に飛び跳ね回ることでしょう。スノーマンのこどものようでもあります。(作者)


◆天使Angel by Ms. Lore SCHIROKAUER
ローラさんはアメリカの折り紙作家です。1990年当時、大阪府の石橋美奈子さん(現・のじぎく兵庫支部長)は、彼女の招きでニューヨークで個展を開催しそのお祝いにこの作品をプレゼントされたそうです。1990年10月28日の神戸新聞でも紹介されました。


◆ハンドバッグHand bag by Ms. Masako FUTAWATARI
二渡 昌子

ふっくらとしたシルエットがかわいいバッグです。持ち手とバッグ本体の色の組み合わせもお楽しみください。(作者)


◆正三角形の木Tree by Mr. Yukihiko MATSUNO
松野 幸彦

表裏ほぼ同じ形で自立するのがよいところです。(作者)


◆編み込み風リース
住田 則子

単体は「魚の基本形」に少し手を加えただけの簡単なものですが、つなぎ方で編み込んであるように見えるなあと思いました。クリスマスの飾りにどうでしょうか。(作者)


◆くるみWalnut by Ms. Hiromi TAKAGI
髙木ひろみ

15cm角で折ると、リアルな大きさになると思います。⑪で立体に仕上げるとき、適度に溝を残して広げるとそれらしくなります。中身をうまくしまって、小さく折った折り紙作品を入れて、⑱でねじる部分にひもをつけてつるして飾るとクリスマスのオーナメントになります。(作者)

◆くまさんBear doll by Ms. Sho- ko AOYAGI
青柳祥子

頭と体を「鶴の基本形」でつなげたところ、足が開きしっかり立つところがよくできたと思います。首のところにリボンをつけたり、楽しんでください。鼻は体の1/8より小さめの方がくまらしくなります。1/8より大きいとコアラのようになります。(作者)


◆ミニ知識
◇クルミ…山や野の日当たりのよい林や川沿いに生える落葉高木です。クルミの名前の由来は樹皮を黒の染料として利用したことから実を「黒実」と呼んだことにちなむそうです。日本でも古くから、固いカラを割って取り出した種子(仁じん)からクルミ油をとったり、そのまま食べたりしていました。脂肪やタンパク質に富み栄養価が高い植物です。木材は固くて衝撃に強いので、家具やスキー板などに利用されます。西欧ではクルミは固いカラに包まれていることから生命や不滅のシンボルと考えられています。結婚式やクリスマスに豊かな実りと子宝を願ってクルミを贈ります。なお、「くるみ割り人形」とよばれる、兵
隊の姿をした木製の人形があります。歯の部分にクルミをはさんで割る道具です。ドイツのホフマン原作『くるみ割り人形とネズミの王』をもとにロシアの作曲家チャイコフスキーがバレエ音楽を作りました。クリスマスの季節の定番演目になっています。

◇冬至…二十四節気のひとつで、12 月22 日ごろ。2018 年は12 月22 日。一年中で昼の時間がもっとも短い日で、かぼちゃや小豆粥を食べる風習があります。かぼちゃは冬至の日に食べると中ちゅうふう風(脳血管障害)にならず、風邪をひかないという言い伝えがあります。かぼちゃがカロチンやカリウム(塩分を排泄し、高血圧予防に役立ちます)などを多く含み栄養価が高いからです。小豆は、赤い小豆には邪気を払う力があると考えられたからです。なお、二十四節気とは黄こうどう道(地球から見て一年かけて地球の周りを1 周する太陽の天球上の道)を春分を基点に24 等分した暦で、中国の黄河中・下流域の気候を基準にしているために日本の季節とは異なるものもあります。
◇ユズ…中国原産のミカン科の常緑低木です。もともとは「柚ゆ 」が木の名前で、「柚ゆず子」はその実をさしました。枝や葉のつけ根にトゲが多く、でこぼことした酸味が強い実をつけます。冬至のころは、寒さで体調を崩しやすい時期なので、血行をよくする効果があるユズを浮かべたお風呂に入るという習慣があります。

●ミニ知識参考図書:『クリスマス百科事典』(柊風舎)、『クリスマスの起源』(教文館)、『クリスマスの文化史』(白水社)、『サンタクロースの謎』(講談社)、『誰も知らないクリスマス』(朝日新聞社)、『イェンセン家のクリスマス』(文藝春秋)、『絵でつづるやさしい暮らし歳時記』(日本文芸社)、『和のしきたり』(日本文芸社)、『木の実の呼び名事典』(世界文化社)、『草木の種子と果実』(誠文堂新光社)、『世界大百科事典』(平凡社)、『総合百科辞典ポプラディア』(ポプラ社)、『朝日新聞』(朝日新聞社)


◆ゆずYuzu by Ms. Sho- ko AOYAGI
青柳祥子

冬至にはゆず湯。お正月料理にもゆずは大活躍。ゆずをいただくことも多いので、お礼状にも使えるように考えました。(作者)


◆読者の広場
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
 「ミニカー」、「一枚でミニバラ」、「高木智氏収蔵資料紹介」がよかった。重陽の節句にちなんだものも見たかった。ハバロフスクへ行きました。7 回目です。バス代が30 ルーブルに上がっていました。
東京都 千葉さん
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
 「田中具子さんの色紙作品展」がよかったです。「支部だより」の「兵庫県民会館講座合同展開催」で、いろいろな作品が見ることができてよかったです。今度も展示かでいろいろな作品が見られるといいですネ。あじさい折り、フレーベルの模様折り、フチモトムネジさんのオリロボ、オリガミロボットを折りました。
 三重県 堀木さん
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆


◆支部だより
「ひろしま盆ダンス」折り鶴教室
広島支部「アトムクラブ」支部長 佐藤 恵/広島県

2018年8月11日(土/祝)に、広島県広島市中区の旧広島市民球場跡地において、中国新聞社主催の「ひろしま盆ダンス」という体験型国際平和イベントが開催され、私たち日本折紙協会広島支部のメンバーも折り鶴教室のボランティアとして参加しました。
 「ひろしま盆ダンス」は、被爆から1年後の夏に廃墟の広島の街で平和と復興を誓った「戦後供養盆踊り大会」を、72年ぶりに復活させたイベントです。この日は約1万5千人が訪れ、会場は熱気に包まれました。
 折り鶴ブースでは、伝承の「折り鶴」のほか、アレンジとして「はばたく鶴」も紹介しました。動きのある鶴はとても興味を持たれ、ほとんどの方が挑戦されていました。
 外国の方の参加も多数あり、翻訳機を使って会話をしたり、折り方を説明しながら一緒に折っていきました。テント1つ分のスペースで始めた折り鶴ブースでしたが、予想以上の参加者があり、増設して対応するほど大盛況でした。
 できあがった折り鶴はワイヤーに通し、平和への願いを込めながら、折り鶴のモニュメントに吊して行かれました。
 どの方も目をキラキラさせて折られる姿を見て、ORIGAMIが日本だけでなく世界で通用するコミュニケーションツールであると再認識した1日でした。


◆神戸支部活動報告
  神戸支部「おりがみ かうべ」支部長 柴本厚子/兵庫県

「たのしい おりがみ」講習会を開催
 6月17日(日)、兵庫県立生活創造センターにて、講習会を今年も開催いたしました。
 当日は父の日でしたので、プレゼントになるような作品にしました。今年完成した「神戸タータン折り紙」を使ってネクタイを作り、コピー用紙で作ったシャツに貼りました。
 参加者の方から、完成したホットドッグとビールを中に入れるとちょうどよいですねと教えられ、なるほどと思いました。

「夏休み こどもセミナー」に参加
 8月5日(日)、兵庫県立生活創造センターにて講習をしました。たくさんの登録グループさんたちと一緒に参加しましたが、折り紙は特に人気で、机を追加して対応しなくてはいけないことになりました。
 メンバーも総動員で、時間の限られたお客様にも作品を完成していただき、賑やかな講習会となりました。毎回お越しになるお馴染みさんもおられ、楽しみにしてくださっていて有難いと思います。
 秋に向けて次々講習会があります。メンバーの健康を祈りながら、準備をしています。


◆練馬支部活動報告(1)作品展を開催
練馬支部「ノア・こぶし会」 支部長 服部周平/東京都

恒例になっている支部の展示会を、表参道クレヨンハウスにほど近い
「ギャラリーM」で、8月25日(土)~29日(水)の5日間開催。メンバー各位の個性が深く表わされた多彩な作品が展示され、連日猛暑にもかかわらず、メンバーの関係者をはじめ多くの方々にご来場いただきました。特にいつもながらの青柳祥子先生、張替亮子先生(ともに埼玉県)や、遠くは香川県の髙こうち智千鶴子先生、静岡県の山梨明子先生、長野県の武井春美先生など、足をお運びいただきました。この誌上をお借りして厚く御礼申し上げます。
 展示会終了後、会場近くの新潟県アンテナショップ、表参道新潟館ネスパスで打ち上げ兼反省会を行い、無事終了いたしました。


◆World Origami Report
ハンガリー折紙協会30周年コンベンションレポート
    青柳祥子(埼玉県)

今年で30周年を迎えるハンガリー折紙協会のコンベンションに、スペシャルゲストとして招待されました。
 ここ数年は、複雑な形を創作する折り紙作家を招待していたそうなのですが、ハンガリーのメンバーの7割が幼児教育に携わっていることから、基本形から比較的簡単に折れ、遊べる作品の多い私が推薦されたようです。大変光栄なことでした。
 1日目:8月10日(金)
 1日目は午前中のケチケメート市グループ観光です。9:00からおもちゃ博物館を訪問しました。
 1984年から1986年に日本の美術史家石川みつのぶ氏とその奥様サシスカさんが、日本のおもちゃの入った箱をこの博物館に送りました。中には、木製の独楽、紙風船、ひな人形、折り鶴、折り紙用紙、子ども向けの絵本などが入っていたそうです。始めはその「紙」を何に使うかわからなかった

そうですが、入っている本などを見て折り紙のための紙だとわかったそうです。そしてハンガリーの折り紙愛好家が初めて折り紙のサークルを作ったのが、1988年1月、このおもちゃ博物館でした。それが今から30年前というわけです。元代表のジュジャンヌさんが、30年の思い出を語り、それから会長のユディットさんが遊べる折り紙を3種(親子バッタ、尺取虫、コトコットン)紹介しました。続いてTheCifra Palota(美術館)、Leskovsky(楽器博物館)を巡り、鑑賞しました。
 17:00~18:00「ゲスト青柳祥子と一緒におりがみ」の時間です。「フィリップアイランドにフェアリーペンギンを観に行こう」というお話折り紙をしました。紙飛行機やヨットに乗って旅をしながら、フェアリーペンギンに会いに行きます。約100名参加で楽しんでもらえました。
 18:00~21:00には、広いレストランで、開会式と夕食会が行われました。座席には30周年記念の指輪が置いてありました。歴代の会長が30年の思い出をバトンタッチで語り、貢献者が次々に表彰されます。今までのゲストの映像など歴史が駆け足で上映されました。そのあと、私がハンガリー語で一言挨拶し、三角形からできるテトラバックを講習しました。なんとそのあと私も表彰され、夕食の時間になりました。
 2日目:8月11日(土)
 午前、午後3コマずつ計6コマ教えました。ひよこ、太陽、バラ、テディベアー、ペンギンのペン立て、三角柱の箱、おすわりわんわん、ブルドック、フードボール、骨など。
3日目:8月12日(日)
 2コマ教えたあとで11:00からジュジャンヌさんの講習を受けました。今回ずっと講習する側だったので、他の教室には1つしか行けず残念でした。
 12:30からは閉会式そして解散です。ポーランドのおりがみグループの方たちとも仲良くなりました。作家さんたちのレベルが高く、折り紙を教育に取り入れてとても勉強熱心でした。
 最後の日は、ドナウ川をはさみ夜景を楽しみました。


●みんなの作品展
◆「メルヘンの絵おりがみ展」を終えて 朝日 勇(埼玉県)

去る8月7日(火)から9月2日(日)まで、比ひき企郡小川町の埼玉伝統工芸会館にて個展を開催しました。今夏は異例の猛暑の連続で、どなたも外出が鈍りがちの中を遠方各地から多くの方々にご来展いただき、誠にありがとうございました。会場の関係で多くの出展要望があり、色紙並びにパネルの両作品数120点程になりましたが、色紙作品では折しも出版された新刊書※の内容に合わせ、「こども」中心の作品群を展示しました。残念ながら出展者自身、暑さ負けになり皆様にご迷惑をおかけしましたことをお詫びいたします。その間1日だけ会場に出向いた折に、幸運にも西横浜支部ご一行様と遭遇し素晴らしい思い出時間をいただきました。おりがみ関係皆様の平素のご支援に心から感謝を申し上げます。

◆原市公民館まつりに参加して 臼田鏡子(埼玉県)
5月12日(土)・13日(日)、「原はらいち市公民館まつり」に折り紙同好会の仲間と参加しました。今年は公民館まつりのポスター作りから参加させていただき、うれしいやらびっくりするやら…。共同作品として黄色い舟を折って「ひまわり」、桃色の椿を折って「たちあおい」、ポスター作りに使った作品も盛り込み「夏の花畑」ができました。これは搬出のとき、「ほしい方にあげます」と言ったら、「わー、ほしい」と手をあげてくださった方にさしあげました。保育園に勤めている方で、後日、園長先生から「子どもたちがとても喜んでいます」とていねいな礼状とスナップ写真が届けられました。プレゼントコーナーもたくさん用意しましたが、どんどんなくなりうれしい悲鳴でした。見るだけでなく体験コーナーも広く、みんなで精一杯応対しました。


◆高木 智 氏 収蔵資料より  解説 岡村昌夫
【資料5】『欄間図式』(らんまずしき)
出版年:1734(享きょうほう保19)年   
出版地と出版社:江戸日本橋の須原屋茂兵衛(すはらや もへえ)と大坂心斎橋の大野木市兵衛(おおのき いちべえ)の共同出版
装丁:18.5cm × 25.7cm。枕まくらぼん本(半紙を縦に二つ切りにし、袋ふくろと綴じした横長の本)。上(見開き14 図)・中(見開き14 図)・下(見開き14 図)の全3巻の下巻の13 丁ウラと14 丁オモテの見開きに掲載  
作者:大岡 隼人(おおおか はやと)


欄間の図案に折り紙の図
欄間は、日本家屋の建築様式で、天井と鴨かもい居の間に通風と採光のために設けられ装飾も兼ねた部分です。『欄間図式』は、欄間の透かし彫りのデザイン集で、3巻本の下巻に「折形」の模様の欄間の図が収録されていて、折り紙史上重要な資料となっています。

折形と折りすゑ(え)
説明書きをわかりやすいように漢字や意味を補足して以下に記します。「おりかた(折形)のもやう(模様)、さまざま(様々)あるべし。近くは、つる、こもぞう、にふね、たまてはこ、おりかうつゝみ(折り香包み)のおりすゑ(折居)のたぐひなり。このづ(図)は、小ざいく(細工)なきものゆへに、所によらば、けづり(削り)立てはあさあさしき事あるべし。杉のいため(板目)を、さくらすり(桜摺り)、あるいはすなすり(砂摺り:砂状の研磨材で磨くこと)など、または焼き切りなどもしかるべし(よろしかろう)」。
 説明書きには「鶴、菰僧(後世の奴やっこさん)、荷船」のいわゆる「遊戯折り紙の3点セット」以外に実用折り紙の「玉手箱」と「折り香包み」があげてあり、さらに絵の中には説明書きにはない「足付き三方」も描かれています。
 京都や大坂などの上かみがた方では「折りすえ」を折り紙一般のことを表す言葉として使っていました。一方、『欄間図式』の説明書きでは遊戯折り紙と実用折り紙を併せた全体を「折形」と呼び、「折り香包みの折りすゑ」で折りすえが折り紙一般でなく「折り香包み」のような実用品に限定されたものの意味で使われています。おそらく箱を平面的に折り据す えたということで、これが「折りすゑ」のもともとの意味なのでしょう。漢字では普通「折居」と書き、現在でも香道や茶道で使われている紙の容器です。 
 『欄間図式』の絵の左端下に切れている図が、「折り香包み」のように見えますが、下に2か所出ている角があって断定はできません。意見が分かれるところです。

ユニット折り紙の最古の資料

 「たまてはこ」、漢字で書くと「玉手箱」と称されたものは、2か所描かれているサイコロ状のものです。これは、ユニット折り紙の最古の資料です。この作品について以前の私見では、伝承の「糸入れ(めんこ)」の背面にある正方形を対角線でバッテンに切り、同じもの6枚を貼り合わせて、どの面からも開けることのできる不思議な箱として、明治時代以降も伝承されてきたものとしてきました。
 しかし、10年前の2008年に、江戸時代末期から明治初めの箏奏者の「葛くずはら原勾こうとう当」の遺品の折り紙に出会ってから、1:5の細長い紙から折る単体6枚を組んで作る作品と解釈を変えました(『おりがみ401号』『おりがみ402号』掲載)。この作品には糊づけは必要なく、江戸時代から昭和時代までは確実に伝承されていた作品でした。渡辺保平著『小学手工大全』(1930年)に「組合四角」の作品名で出ていまし
た。また、本多 功 著『The World of Origami』(1965年)に「MysteryBox」(その後1969年に日本語版『日本のこころ 伝統折紙』に「六色組み合わせ箱」)として紹介されています。ただし、両者とも厚紙使用が前提で幅に厚みを考慮した長さが提示されています。


協会ホームページに折り紙用紙のショッピングカートができました
約400種のラインナップをそろえてお待ちしています!
http://origaminoa.cart.fc2.com/

~日本折紙協会(http://www.origami-noa.jp/)とは~
NIPPON ORIGAMI ASSOCIATION (NOA)
日本折紙協会は、折り紙を世界の国々により一層普及させたいという思いと、幼児教育に限らず、大人の趣味、高齢者や身障者の方のリハビリテーションなど様々な可能性をもつ「おりがみ」普及の一助となりたいという考えから1973年10月27日に結成されました。
現在では、月刊「おりがみ」の発行、「世界のおりがみ展」「折紙シンポジウム」の開催、「おりがみ級」「折紙講師」「折紙師範」「折紙上級師範」の認定、「おりがみの日」記念イベントの実施、「日本折紙博物館」との提携など、おりがみ普及のためにさまざまな活動を行っています。

~会員になるには~
月刊「おりがみ」の年間購読を申し込めばどなたでも会員になれます。会員の特典として、協会発行単行本と協会取扱い折り紙商品の割引購入、月刊「おりがみ」への創作作品投稿、「世界のおりがみ展」「おりがみの日」「折紙シンポジウム」など協会主催行事に参加および作品を応募できるほか、「おりがみ級」「折紙講師」の申請資格があたえられます。

~月刊「おりがみ」とは~
会員から投稿される創作折り紙作品(話題の動物やキャラクター、季節にそった行事・イベントに関するもの)の折り図(折り方を図で順番に説明したもの)を紹介するほか、会員の折り紙活動を紹介します。折り図の順番通りに折っていけば完成できるので、小学生から90代の方まで1万人を超える会員の方がおりがみを楽しんでいます。
月刊「おりがみ」は毎月末ごろお届けします。

~世界のおりがみ展とは~
さまざまな情景を折り紙で表現した立体パノラマ作品(おりがみブースといいます)と個人作品の展示コーナーにおりがみ教室を加えたイベントが『世界のおりがみ展』です。もちろん書籍や折り紙用紙の物販コーナーを加えることもできます。

現在、世の中では様々なイベントが行われていますが「世界のおりがみ展」は動員催事と文化催事を兼ね備えた独特の巡回展で、1976年の第1回展より20年以上の歴史があります。

3年に1度ひとつのテーマにそって制作され、お子様ばかりではなく大人の方にも十分楽しんで頂き、毎回皆様に驚きと感動の世界を展開しています。なお、「世界のおりがみ展」には、外務省と文化庁の後援を戴いております。他に都道府県・市町村・地元教育委員会・マスコミ等に後援を戴いている場合もございます。

おりがみ展は、おりがみブース・個人作品展示とおりがみ教室に、オプションの[販売コーナー]で構成するおりがみイベントです。
[おりがみブース]は、数え切れないほどの作品によって作られたジオラマが、所狭しと展示されています。約90㎝角の展示台(ブース)とパネル(壁面)作品を基本に組合せて大小変化にとんだ装飾を可能にしています。又、この展示台は折りたたみ式で、運搬時には箱型に収納して運べるようになっています。

[個人作品]は、折り紙作品コンクールの対象になり、日本国内のみならず、世界20数カ国から送られてきた作品が、200余点集まります。その中から、外務大臣賞、国際交流基金理事長賞、NHK会長賞などの賞が授与されています。さらに、折紙著名人の作品も招待作品として展示します。

[おりがみ教室]は、日本折紙協会認定の折紙講師により行われています。1回40分の講座が1日数回行われ、いずれの会場でも連日大好評を頂いております。

[販売コーナー]は、日本折紙協会編集発行の月刊誌「おりがみ」、折り紙専門書、有名折り紙メーカーの商品(折り紙用紙等)を豊富に取り揃え、販売しています。これらの商品は、日本折紙協会がまとめて会場へ搬入・搬出致します。

この「世界のおりがみ展」は過去には全国の有名百貨店の催事として多く実施され、開催期間は標準で6日間前後です。集客には実績があり、「これほど折り紙が人気のあるものとは思わなかった」と催事のご担当者には必ず驚かれ、喜ばれます。昨年夏には日本橋三越本店催事場で実施し、大好評のうちに幕を閉じました。

来訪者としては、年配の方はもちろんですが、お子様連れのファミリー層も多いです。ベテランの折紙講師が懇切丁寧に教えますので、親子で皆さん楽しんでいかれます。当協会が活動趣旨に掲げている「折り紙の普及」にご協賛いただき、ぜひとも開催をご検討いただきたいと存じます。

~折紙シンポジウムとは~
全国各地で毎年夏(7月下旬)に開催。講演会、児童教育部会、歴史研究部会、創作部会、折り紙教室などにより新たな折り紙の世界に触れる機会として、また会員相互の情報交換や懇親の場として2泊3日の日程を行楽地(温泉地)で楽しく過ごします。世界各国から毎年300名を超えるおりがみファンが集まる世界最大の「おりがみイベント」です。

~おりがみの日(11月11日)とは~
この日は世界平和記念日であり、また数字の「1」が4つで正方形折り紙の4辺を表すことから、日本折紙協会では「おりがみの日」としています。この日を中心にして、会員の皆さんから寄せられた作品の展示会「おりがみカーニバル」を東京スカイツリータウン ソラマチイーストヤード5Fで開催します。

~「おりがみ級」と「折紙講師」とは~
「おりがみ級」とは、主に16歳未満の会員のための資格です。月刊「おりがみ」で指定している作品を規定数折って協会に送付し、認定されると「おりがみ級認定証」が授与されます。最初は10級からスタートします。16歳未満の1級取得者には申請により「こどもおりがみ博士」認定証と、NOA特製バッジが授与されます。(詳細は月刊「おりがみ」をお読みください)

「折紙講師」資格は、16歳以上の会員であればどなたでも申請できます。協会発行の「おりがみ4か国語テキスト100」を購入し、テキスト掲載の全作品約100点を自作完成させた形で申請書(テキスト巻末)とともに協会に送付し、申請料3,240円を納付(下記口座番号へ郵便振替)します。その後審査会が全作品合格と認定した方に折紙講師認定証、資格証、講師指導の手引を授与します。不合格作品があれば、その作品のみ折り直して再提出いただきます。(詳細は月刊「おりがみ」をお読みください)。

口座番号00110-6-188035 加入者名「日本折紙協会」

~おりがみをおしえる~
老人ホームや社会福祉施設、自治体主催のサークル、保育関係施設・学校、文化センター、カルチャー教室などなど、さまざまな場所でおりがみは活躍しています。
独自にボランティアで教えている会員の方も多くおられますが、協会には全国から「おりがみを教えてくれる方を紹介して欲しい」という依頼が毎月あり、折紙講師資格をお持ちの会員の方に指導をお願いしております(協会より報酬を支給)。
おりがみ教室では、お子さんから年配の方まで「おりがみをおぼえたい」という気持ちにこたえようと講師も真剣です。熱のこもった授業を終えて帰られる皆さんの表情は満足そうですが、講師の方は生徒の「ありがとう」の言葉に安心しつつも、もっとわかりやすい説明はないだろうかと考えるようです。毎回真剣勝負なので様々な苦労がありますが、いろいろな形で努力が報われるようです。

~おりがみ教室とは~
日本折紙協会事務局では、全国の日本折紙協会公認の折紙講師を派遣しています。
おりがみ教室をご依頼いただく際は、専用の申込書をご提出いただきますので、
協会ホームページをご覧ください。
必要事項をご記入の上、実施日の最低1~2月前にご提出ください。

801円
特集 ユニットと花

◆飾りのない篭かごめ目ボール Woven pattern of ball by Mr. Yoshihide MOMOTANI
桃谷 好英
この作品の単体の裏側を表にして立体的に仕上げて「篭目ボール」(写真下I)と名付けています。組んで二そう舟のような形にしていくこのつなぎ方は幾何学的な構造体を作るのに向いていて、1960年くらいからさまざまな作品を作っていました。下の写真IIのように単体を6個よりたくさんの組んでもよいでしょう。(作者)


◆手まりTraditional Japanese handball by Mr. Manabu ICHIKAWA
市川 学
伝承作品やっこさんから折るユニットのパーツをもとに色々な模様を創り
出してみました。( 作者)


◆玉手箱Treasure box(Traditional model)
伝承

江戸時代から昭和時代まで伝承されていた作品です。ユニット折り紙でもっとも古い例です。かたい紙で練習して、ふつうの紙で折りましょう。折り紙歴史研究家の岡村昌夫さんの工夫による折り方で紹介します。



◆ワンダーユニットWonder unit by Ms. Gianna ALICE
Giannna ALICE
2種類の単体を組みます。単体は易しいですが、組むのが少し難しいです。60枚を組むこともできます。挑戦してみてください。(作者)


◆折り紙ドリーム・キャッチャーVer.I
山本 勝博

ドリームキャッチャーとは北米先住民のお守りで、丸い枠に糸を網目状に張ったものです。それをイメージして、ユニットで作りました。枕元にかけておくと、悪い夢は引っかかり、よい夢だけが通り抜けてやってくるとされています。(作者)


◆シルクハットのうさぎRabbit top hat by Mr. Edwin CORRIE
Edwin CORRIE

シルクハットの中からウサギが現れるマジックが、折り紙で表現されています。あのマジックは、お客さんからは見えない台の下などに隠して置いたウサギをマジシャンがさっと帽子の中に入れるのが種あかしだそうです。


ミニ知識

◇シクラメン…シリアからギリシアが原産とされるサクラソウ科の球根植物で、日本には明治時代に渡来しました。赤、桃、白、赤紫などの花色があり、冬に鉢植えで楽しまれます。葉の間から太い花茎を伸ばし、その先に5 弁の花を一輪下向きに咲かせます。開花すると花枝の方に反り返ります。シクラメンの花の名前はギリシア語の「旋回する(サイクル)」に由来し、野生種の花茎は花が散ったあと一回転するからだそうです。1975 年に「シクラメンのかほり」という歌謡曲が大流行しましたが、一般に栽培されている大輪種のシクラメンには香りはなく、香りがあるのは野生種やミニチュア種です。近年、品種改良で香りのある大輪種が作られています。

◇ケイトウ(鶏頭)…ヒユ科の一年草で、秋に赤、紅、黄、白などの色の花を咲かせます。熱帯アジアやインドが原産で、日本へは奈良時代に中国から渡来したとされています。花が雄鶏のトサカに似ているので、鶏頭と名前がつきました。花軸が扇状や帯状に広がり、その両面に小さな花がびっしりと咲きます。昔は染料として使われ、「韓からあい藍」とも呼ばれていました。
◇シルクハット…西欧の男子の礼装用帽子で、黒色の絹(シルク)仕上げのものが正式なことから名付けられました。てっぺんが平たい、円筒状の形をしています。

●ミニ知識参考図書:『花おりおり』(朝日新聞社)、『花と樹の事典』(柏書房)、『花を愉しむ事典』(八坂書房)、『川原慶賀の日本画帳』(弦書房)、『大道芸人』(ビレッジセンター)、『絵でつづるやさしい暮らし歳時記』(日本文芸社)、『記念日・祝日の事典』(東京堂出版)、『朝日新聞』(朝日新聞社)、『世界大百科事典』(平凡社)


◆ドレスの人Woman in dress by Ms. Ayako KAWATE
川手 章子

スカートのフンワリ感はお好みで広げたり、タイトにしたりも楽しめそうです。ヘアースタイルを少しだけ工夫してみました。お好みの折り紙で楽しんでくださいね。(作者)


◆シクラメン Cyclamen by Mr. Yoshihide MOMOTANI
桃谷 好英

花の口は下向きに開いているのですが、花弁がそり返って上向きになるので、花弁の内側が外になっています。和名の「カガリビバナ」は花の形に由来し、一方、「ブタノマンジュウ」という名前は球根からついた名前でしょう。(作者)


◆ケイトウCockscomb by Ms. Tomoko TANAKA
田中 具子

写真の花は折り図のできあがりにひと折り加えたものになっています。折り図を参考に形よいケイトウを作ってください。


◆輪鶴Crane to circle by Ms. Hiromi TAKAGI
髙木 ひろみ

用紙は下の図のような対角線が2:1のひし形を使います。正確に測って切ってもよいですが、私がいつもやっている切り方から紹介します。ワインなどをプレゼントする時には、リボンをつけてビンにかけて贈ると喜ばれます。ひもをつけてクリスマスのオーナメントにしたり、立てて飾ることもできます。(写真P35右下)(作者)



◆英語でオリガミしよう Let’s enjoy both Origami and English!
Lesson36  Frame and Box Traditional model

この作品はヨーロッパの伝承折り紙で、ドイツのフレーベル(1782-1852。世界最初の幼稚園を設立したドイツの教育者)やその弟子たちの幼稚園で使われた折り紙の中にあったものと考えられています。Eleonore Heerwart増補『Course of papar-folding』(London Charles & Dible 1895年発行)には折り方が説明してあり、額から箱に変化させています。平面の額の中の部分を引き出して、立体の箱にするという工程が面白く、1999年に折り紙のイベントで紹介しました。(紹介者:岡村昌夫)
This model is one of the European traditional origami. This is believed to have been used in the Froebel and his disciples’ kindergarten in Germany (Froebel is a German educator who established the world’s first kindergarten, 1782- 1852).
The book “Course of paper-folding” (an enlarged edition by Eleonore Heerwart, issued in London Charles & Dible 1895) explains the way to change the model from a frame to a box. The creative process of pulling out the inside of a plane frame to make a three-dimensional box was presented in an origami event in 1999 by Masao Okamura.



◆読者の広場
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
 「ひまわりの花」は見てもよし、折って遊んでも楽しかったです。「てんとう虫」もワクワク、ドキドキしながらしあげました。「クローバー」に苦労しましたが、できあがったときには達成感を味わいました。
 神奈川県 坂下さん
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
 「クローバー」を折って、ハッピーな気分に!!「てんとう虫」も折ってみたくなりました。地震、大雨、猛暑そして台風。気候が安定していて夏休みの1 番楽しいときなのに…。おかしいですね。明け方まで猛烈に風が吹いていて寝られませんでした。
京都府 井上さん
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆



◆2018折紙シンポジウムin山形 レポート


◆World 0rigami Report
映画祭で花の折り紙ワークショップ
Maritina Ferro-Casagrande(イタリア)

私はイタリアのトリエステに住むNOA会員で、2016年に、折紙講師の資格を取得いたしました。
 この度、近隣のウーディネという町にて、ファー・イースト・フィルム・フェスティバルという大規模なアジア映画祭の開催に合わせ、4月28日(土)、CASA TONIN(I 中央広場にほど近い高級インテリアショップ)で折り紙のワークショップをさせていただきました。
 この他にも、月に一度トリエステにてワークショップを開催しています。今後も『月刊おりがみ』誌上にイタリアでの折り紙活動を紹介できればと思っています。どうぞよろしくお願いいたします。


◆支部だより
支部20周年記念作品展巡回開催
草加越谷支部「しらこばと」(支部長 中島 進) 取材:編集部

『517号』で紹介した、日本折紙博物館(石川県加賀市)での展示を終えた作品が、7月29日(日)~8月31日(金)、支部例会の会場でもある埼玉県越谷市蒲がもう生の「和紙の中野」2階、ギャラリー通あけび草で展示されました。


◆みんなの作品展

ベトナム友好折鶴アート
ハーレー静代(広島県)

本年(2018年)は、日本ベトナム国交樹立45周年記念の年であり、なおかつ 広島ベトナム平和友好協会(HVPF)設立10周年記念に当たる年でもあり、記念事業に係わる「折鶴アート」の依頼を2件受けました。 一つ目は HVPFの「シンボルマーク」、そしてもう一つは 「祝 日本ベトナム国交樹立45周年記念イベントinホーチミン」に向けた 原爆ドームをモチーフにした「折鶴アート」の制作でした。
 材料となる千羽鶴は、この会のお世話役をされている方が 長年趣味で折り貯めていた千羽鶴を使用してとのことでした。3.5cm×3.5cmの紙で折られた様々な色の千羽鶴をいただ
き、まずは折り紙スタッフのKさんにお願いしてダンボールいっぱいあったたくさんの千羽鶴の色分け作業をしていただきました。
 5月の連休明けから取り掛かり、まる2か月かけてできあがったのがこのシンボルマーク(右上)です。
次に制作したのが「原爆ドーム」の折鶴アートですが、限られた色を使ってということで、下絵を考えるのにだいぶ時間がかかりました。
 こちらはまるまる1か月、掛かりきりで、 ようやく完成しました。
 人と人を繋ぐ虹に未来への希望を込めました。原爆ドームのドーム部分は、やはり戦争というあってはならないものから残された建物ですので「黒」にしました。
 日本からベトナムへ贈る作品ですので、両国の明るい未来を願う人々の思いが伝わることを念じながら作りました。
 予想以上に猛暑日が続く日々の中、「10月の使節団によるベトナム訪問に間に合うように」との依頼で、完成させることができるのかと当初は自信がありませんでしたが、どちらの作品も多くの方々の思いを感じながらなんとか仕上げることができました。人の思いは無限大! 本当に感謝の一言に尽きます!
 できあがった作品を改めて見ると、我ながら綺麗な「希望の虹」に仕上げることができたものだと思い、嬉しくなりました!!


◆高木 智 氏 収蔵資料より
解説 岡村昌夫

【資料4】『倡賣往来』(しょうばいおうらい)

今月は前回の『倡賣往来』(1805年)を補足して、その他の参考資料(図2と図3)を紹介します。どちらも高木先生の収蔵資料ではありませんが、先月号での説明がさらに納得のいくものになると思います。
 図1の『倡賣往来』には、「当用の折形」(さし当たっての折り紙)として、鶴、かいる(かえるの訛)と続き、かえるの左下の図は、仮名書きの説明では「ちょっとしうぎ(祝儀)のつつみかた」とあります。「ちょっと祝儀」はつまりチップのことで、小銭を紙で巻くように包んで結ぶようにしたもので、略式のご祝儀包みです。一方、きちんとした「ご祝儀」の場合は、包み方にも幾段階かあって、上書きをして「誰から誰へ」と書き添えることもあります。
 芸者や遊女の置屋には、ご祝儀の包み紙を糸でくくり連ねて「縁起棚」(神様や縁起物などご利益のありそうなものを並べて置く神棚)の近くに吊るすという習俗がありました。成島柳北(1837~1884年。江戸時代には幕府に仕え、明治時代には朝ちょうや野新聞の社長を務める)による『柳橋新誌』は、江戸時代末期から明治時代初めにかけての柳橋(現在の東京都台東区柳橋)の花柳界の風俗を描いた漢文随筆集です。
 その中に「細い縄を横の柱にかけて、それに紙をひねってくくりつけている。ごちゃごちゃと垂れ下がっている。客からもらった祝儀を帯にはさんで帰って、金を開いて取り出し、包み紙を結びつけたものだ。この紙がその伴侶である金を招くといわれることからだが、実際は店が繁盛していることを誇りたいからだろう」という意味の文章があります。江戸時代末から明治時代の柳橋の芸者たちは、祝儀の包み紙の量で人気度を競っていましたので、目立つところに吊り下げておいたのだそうです。
 図2の豊とよはら原国くにちか周による錦にしきえ絵の「潤色三十六花撰」(1881 年)には、絵の右端に縁起棚が描かれ、その横の柱に祝儀の包み紙がごちゃごちゃとぶら下がっているのがわかります。『倡賣往来』に描かれた「ちょっと祝儀」が花街
で実際に折られ使われていたのです。
 図1の鶴のところには、「鶴の折形、ないしゃう(内証)の神たなにあり」
との説明があり、「内証」は妓楼の「帳場」、「折形」は折り紙のことです。神棚には「括猿」などとともに、折り鶴1羽ではなく連鶴(つなぎ折り)の千羽鶴が吊られていました。前回、歌うたがわ川国貞の『北國五色墨(内証の女房)』(1814年頃)の絵などがその証拠だと説明しました。図3がその錦絵です。
縦に並んだ折り鶴の尾の先が上の鶴につながっていて、また、最下部の小鶴が羽につながっており、糸を通してつながれているのではないということが明らかです。1枚の巻き紙でつなぎ折りしたもので、魯縞庵による『秘伝千羽鶴折形』(1797 年)の49 種類のつなぎ折り鶴にはない折り方ですが、少なくとも当時の吉原では流行していた折り方です。つなぎ折り鶴の最上部は余りの部分で紙こより縒を作って輪を作り、掛けていました。1828(文政11)年の『誹風柳多留102篇』(江戸時代中期から幕末まで、ほぼ毎年刊行されていた川柳の句集)に「千羽鶴いたちごっこのよふに折り」とあるのは、この折りを詠んだものと思われます。「いたちごっこ」とは、子どもが向き合って互いの手の甲をつまみあって重ねていく遊びのことです。鶴を1羽ずつ下段から折ってつなげていく工程が似て
いたのです。『おりがみ469号』(2014年9月号)で「國貞描く千羽鶴」という作品名で折り方を紹介しています(右写真)ので、ぜひご覧ください。 


協会ホームページに折り紙用紙のショッピングカートができました
約400種のラインナップをそろえてお待ちしています!
http://origaminoa.cart.fc2.com/

~日本折紙協会(http://www.origami-noa.jp/)とは~
NIPPON ORIGAMI ASSOCIATION (NOA)
日本折紙協会は、折り紙を世界の国々により一層普及させたいという思いと、幼児教育に限らず、大人の趣味、高齢者や身障者の方のリハビリテーションなど様々な可能性をもつ「おりがみ」普及の一助となりたいという考えから1973年10月27日に結成されました。
現在では、月刊「おりがみ」の発行、「世界のおりがみ展」「折紙シンポジウム」の開催、「おりがみ級」「折紙講師」「折紙師範」「折紙上級師範」の認定、「おりがみの日」記念イベントの実施、「日本折紙博物館」との提携など、おりがみ普及のためにさまざまな活動を行っています。

~会員になるには~
月刊「おりがみ」の年間購読を申し込めばどなたでも会員になれます。会員の特典として、協会発行単行本と協会取扱い折り紙商品の割引購入、月刊「おりがみ」への創作作品投稿、「世界のおりがみ展」「おりがみの日」「折紙シンポジウム」など協会主催行事に参加および作品を応募できるほか、「おりがみ級」「折紙講師」の申請資格があたえられます。

~月刊「おりがみ」とは~
会員から投稿される創作折り紙作品(話題の動物やキャラクター、季節にそった行事・イベントに関するもの)の折り図(折り方を図で順番に説明したもの)を紹介するほか、会員の折り紙活動を紹介します。折り図の順番通りに折っていけば完成できるので、小学生から90代の方まで1万人を超える会員の方がおりがみを楽しんでいます。
月刊「おりがみ」は毎月末ごろお届けします。

~世界のおりがみ展とは~
さまざまな情景を折り紙で表現した立体パノラマ作品(おりがみブースといいます)と個人作品の展示コーナーにおりがみ教室を加えたイベントが『世界のおりがみ展』です。もちろん書籍や折り紙用紙の物販コーナーを加えることもできます。

現在、世の中では様々なイベントが行われていますが「世界のおりがみ展」は動員催事と文化催事を兼ね備えた独特の巡回展で、1976年の第1回展より20年以上の歴史があります。

3年に1度ひとつのテーマにそって制作され、お子様ばかりではなく大人の方にも十分楽しんで頂き、毎回皆様に驚きと感動の世界を展開しています。なお、「世界のおりがみ展」には、外務省と文化庁の後援を戴いております。他に都道府県・市町村・地元教育委員会・マスコミ等に後援を戴いている場合もございます。

おりがみ展は、おりがみブース・個人作品展示とおりがみ教室に、オプションの[販売コーナー]で構成するおりがみイベントです。
[おりがみブース]は、数え切れないほどの作品によって作られたジオラマが、所狭しと展示されています。約90㎝角の展示台(ブース)とパネル(壁面)作品を基本に組合せて大小変化にとんだ装飾を可能にしています。又、この展示台は折りたたみ式で、運搬時には箱型に収納して運べるようになっています。

[個人作品]は、折り紙作品コンクールの対象になり、日本国内のみならず、世界20数カ国から送られてきた作品が、200余点集まります。その中から、外務大臣賞、国際交流基金理事長賞、NHK会長賞などの賞が授与されています。さらに、折紙著名人の作品も招待作品として展示します。

[おりがみ教室]は、日本折紙協会認定の折紙講師により行われています。1回40分の講座が1日数回行われ、いずれの会場でも連日大好評を頂いております。

[販売コーナー]は、日本折紙協会編集発行の月刊誌「おりがみ」、折り紙専門書、有名折り紙メーカーの商品(折り紙用紙等)を豊富に取り揃え、販売しています。これらの商品は、日本折紙協会がまとめて会場へ搬入・搬出致します。

この「世界のおりがみ展」は過去には全国の有名百貨店の催事として多く実施され、開催期間は標準で6日間前後です。集客には実績があり、「これほど折り紙が人気のあるものとは思わなかった」と催事のご担当者には必ず驚かれ、喜ばれます。昨年夏には日本橋三越本店催事場で実施し、大好評のうちに幕を閉じました。

来訪者としては、年配の方はもちろんですが、お子様連れのファミリー層も多いです。ベテランの折紙講師が懇切丁寧に教えますので、親子で皆さん楽しんでいかれます。当協会が活動趣旨に掲げている「折り紙の普及」にご協賛いただき、ぜひとも開催をご検討いただきたいと存じます。

~折紙シンポジウムとは~
全国各地で毎年夏(7月下旬)に開催。講演会、児童教育部会、歴史研究部会、創作部会、折り紙教室などにより新たな折り紙の世界に触れる機会として、また会員相互の情報交換や懇親の場として2泊3日の日程を行楽地(温泉地)で楽しく過ごします。世界各国から毎年300名を超えるおりがみファンが集まる世界最大の「おりがみイベント」です。

~おりがみの日(11月11日)とは~
この日は世界平和記念日であり、また数字の「1」が4つで正方形折り紙の4辺を表すことから、日本折紙協会では「おりがみの日」としています。この日を中心にして、会員の皆さんから寄せられた作品の展示会「おりがみカーニバル」を東京スカイツリータウン ソラマチイーストヤード5Fで開催します。

~「おりがみ級」と「折紙講師」とは~
「おりがみ級」とは、主に16歳未満の会員のための資格です。月刊「おりがみ」で指定している作品を規定数折って協会に送付し、認定されると「おりがみ級認定証」が授与されます。最初は10級からスタートします。16歳未満の1級取得者には申請により「こどもおりがみ博士」認定証と、NOA特製バッジが授与されます。(詳細は月刊「おりがみ」をお読みください)

「折紙講師」資格は、16歳以上の会員であればどなたでも申請できます。協会発行の「おりがみ4か国語テキスト100」を購入し、テキスト掲載の全作品約100点を自作完成させた形で申請書(テキスト巻末)とともに協会に送付し、申請料3,240円を納付(下記口座番号へ郵便振替)します。その後審査会が全作品合格と認定した方に折紙講師認定証、資格証、講師指導の手引を授与します。不合格作品があれば、その作品のみ折り直して再提出いただきます。(詳細は月刊「おりがみ」をお読みください)。

口座番号00110-6-188035 加入者名「日本折紙協会」

~おりがみをおしえる~
老人ホームや社会福祉施設、自治体主催のサークル、保育関係施設・学校、文化センター、カルチャー教室などなど、さまざまな場所でおりがみは活躍しています。
独自にボランティアで教えている会員の方も多くおられますが、協会には全国から「おりがみを教えてくれる方を紹介して欲しい」という依頼が毎月あり、折紙講師資格をお持ちの会員の方に指導をお願いしております(協会より報酬を支給)。
おりがみ教室では、お子さんから年配の方まで「おりがみをおぼえたい」という気持ちにこたえようと講師も真剣です。熱のこもった授業を終えて帰られる皆さんの表情は満足そうですが、講師の方は生徒の「ありがとう」の言葉に安心しつつも、もっとわかりやすい説明はないだろうかと考えるようです。毎回真剣勝負なので様々な苦労がありますが、いろいろな形で努力が報われるようです。

~おりがみ教室とは~
日本折紙協会事務局では、全国の日本折紙協会公認の折紙講師を派遣しています。
おりがみ教室をご依頼いただく際は、専用の申込書をご提出いただきますので、
協会ホームページをご覧ください。
必要事項をご記入の上、実施日の最低1~2月前にご提出ください。

801円
特集 ハロウィン

◆コウモリのポップアップカード
Jeremy SHAFER

左右を引っ張ると、コウモリが飛び出すポップアップカードです。作者のジェレミー・シェーファーさんは、アメリカの折り紙作家で、愉快な作品をたくさん創作されています。


◆南瓜とジャックオーランタン
半田丈直

形の楽しさを探していたら、こんなテクニックを使いたくなりました。㉒~㉓です。南瓜はできた。じゃ、顔はどうする? という訳で、目と口は別の紙。こんな方法なら、表現の幅が広がりそうです。工夫の糸口にしてください。(作者)



◆ハロウィンの魔女Hallowe’en witch by Mr. David BRILL
David BRILL

日本の折り紙愛好家とも交流の深い、ブリルさん。すでに著作で発表されていて世界中で人気の魔女が、本誌に初登場です。けっしてやさしい折り方とはいえませんが、基準がはっきりしているので、次の図をよく見て折れば何とかなります。ほうきの柄はきつく丸めてのりづけしましょう。


◆ミニ知識

◇ハロウィン…10 月31 日の夜。ケルト人(古代ヨーロッパのアイルランド、スコットランド、イギリスなどに住んでいた先住民)のサムハイン(原語ではサウィン)祭が起源とされます。ケルト人の暦では11月1 日が新年で、冬の始まる日でした。その前夜には冬の訪れを喜ぶ死霊、妖怪、魔女など異界のものが現れて人々に悪さをして回ると信じられていました。人々は魔物から身を守るために、篝火を焚きました。キリスト教徒は布教のために死霊が現れるとされるこの祭をキリスト教と結び付けました。Halloween はAll Hallows Even オール・ハロウズ・イーブン(万聖節前夜祭)の略で、万聖節とはすべての聖人を記念する日、Hallow は古期英語のアングロ・サクソン語で聖人(saint)を意味します。19 世紀中ごろにはハロウィンの風習はイギリスではすたれていましたが、新天地を求めてアメリカへ渡った移民たちがその風習を守りました。そして現在のような、仮装、パレード、お菓子をもらいにまわる子どもたちなど、家族や友人や地域の人たちがともに楽しむイベントに変化し、それが世界じゅうに広まっていきました。

◇ Trick or treat(! ごちそうくれなきゃ、いたずらするぞ!)…ハロウィンで子どもたちがお菓子をもらいにまわるときの言い回しです。大人たちは“I ’m scared.”( わぁ、怖い)といって、お菓子や果物を子どもたちにあげます。
◇ジャック・オ・ランタン…カボチャをくり抜いて目、鼻、口をつけたカボチャの提灯で、もともとはカブで作られていました。これには鍛冶屋ジャックの伝説があって、ジャックは所業の悪さで寿命が来ても天国にも地獄にも行けず、カブをくり抜いて作ったランタンの灯りだけをたよりにこの世をさまよっているというものです。
◇ピエロ…もともとはヨーロッパの喜劇やパントマイムなどに登場する喜劇的な役柄のことですが、日本ではサーカスの道化(クラウン)を混同してピエロと呼ぶことも多いです。現在、もっとも典型的なクラウンは、白い衣装で、白塗ぬ りの悲しそうな顔のクラウンですが、これは19世紀、フランスのパリでフュナンビュール座の道化ドビュローが考えて演じ、大評判になったのが始まりです。


●ミニ知識参考図書:『魔女と魔女狩り』(刀水書房)、『中世の祝祭』(原書房)、『ハロウィンの文化誌』(原書房)、『マイ・ヴィンテージ・ハロウィン』(グラフィック社)、『イギリス祭事カレンダー』(彩流社)、『ヨーロッパの祭りたち』(明石書店)、『大道芸人』(ビレッジセンター)、『絵でつづるやさしい暮らし歳時記』(日本文芸社)、『記念日・祝日の事典』(東京堂出版)、『朝日新聞』(朝日新聞社)、『世界大百科事典』(平凡社)


◆シッポ猫
加茂 弘郎

アジア雑貨のお店などで見かける、インドネシアのバリ島に伝わる木製の猫の置物をモデルに作りました。まっすぐピンと立てた長いシッポがチャームポイントです。(作者)


◆フクロウ
松野 幸彦

特徴的な目と最低限必要と思われるパーツを折り出すため手順が長くなってしまいましたが、足と尾の折りで自立が可能なのがよいところです。(作者)


◆かぼちゃおばけのお皿Dish of Jack-o’-lantern by Mr. Hideo ISHIBASHI
石橋秀夫

ハロウィンで有名なジャック・オー・ランタンを折りたかったので創作しました。みんなに大きな紙で折ってもらって、トリック・オア・トリートのときのお菓子入れに使ってくれたら、とても嬉しいです。(作者)


◆ピエロ
高山 三千江

足を左右に動かすことができる可愛いピエロです。体を傾けて立たせてもしっかり立つ作品です。顔の貼り付け部分は、両面折り紙を使う場合、必要となります。片面折り紙の場合は、裏面の白が出ますので使わなくても構いません。(作者)



◆エコバッグ
川手 章子

折り図に従って、ていねいに折ってみてくださいね。大き目の折り紙で折って色々な折り紙作品を入れて飾ってもよさそうに思われました。(作者)



◆キューブボックスCube box by Mr. Giovanni MALTAGLIATI
Giovanni MALTAGLIATI

伝承作品の升ます(箱)からの、みごとな変身作例です。バリエーションとして右の写真の作品もあります。伝承の升通りに折ると、写真の右側の作品のようになります。
(紹介者:笠原邦彦)


◆ルーレット
笠原邦彦

何か新しいスタイルのユニットを求めていたときの作例です。8つのかどの、どれか一つに印をつけて、ルーレット遊びは結構楽しいですよ。(作者)



◆英語でオリガミしよう Let’s enjoy both Origami and English!
Lesson35  Blow Top by
Ms. Ayako KAWATE

この作品は伝承の「糸入れ(めんこ)」から折り進めていって仕上がったものです。ヒョッとしたら吹いて回るかも…と思い、上からソーッと吹いて見ました。クルクルクルとよく回り、嬉しくなりました。楽しんでいただけたらと思いました。⑰ではしっかりと折りすじをつけてください。(作者)
Transforming the traditional “thread case (Menko )” allows me to
make this model. I tried blowing the top gently from the above
as I thought it would spin. I was glad to find out that it was
indeed spinning. I hope you can enjoy it. Please press the paper
flat to make a firm crease at step ⑰. (Author)


◆読者の広場
 「笹の葉と竹」、「笹」は1枚でできあがりがスッキリとして簡単に折れていいですネ。「フレーベルのリース」は色の組み合わせによって表情が違い、楽しく折れました。
東京都 磯野さん
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
 「笹の葉と竹」、「2017 おりがみカーニバル入賞作品・6」、「フレーベルのリース」がよかったです。「おりがみギャラリー」や「みんなの作品展」が楽しみです。あじさい折りの折り紙に興味があります。
三重県 堀木さん


◆World Origami Report
自閉症の子どもたちと折り紙&アート    
倉橋聡美(ニューカレドニア)

 2018年7月21日(土)、ニューカレドニアのウエンギーにある私たちの自宅で、自閉症の子どもたちのための折り紙&アート教室を開きました。
 子どもたちの親も含め、この日のメンバーは7人。自宅内にある合気の道場に手作りの机を並べ、アトリエにしました。この日のテーマは折り紙とアートのコラボレーション。伝承の折り鶴の展開図を作って用意し、そこに好きなデザインを描き込むことで、世の中に1つだけのオリジナル折り鶴を創ってもらいました。
 折り紙に慣れていない外国の人たちにとって折り鶴は結構難しく、なかなかうまく折れない折り紙の1つです。最初は折れるかどうか不安でしたが、2つ3つと練習するうちに、みんななんとか完成できるようになりました。
 折り紙の練習の後は、折り鶴の展開図の中に、思い思いのデザインを描き込んでもらいました。大人も子どもも絵を描くのは大好き。驚くほどの集中力で、それぞれのオリジナルな世界を描き上げてくれました。
 私たちの住むOuenghiは、ニューカレドニアの首都・ヌメアから80km離れた田舎で、家の周りは鳥たちのさえずりの他、雑音はほとんどありません。鳥のさえずりと風で草木が揺れる音が心地よい道場で、折り紙とアートの世界に身を浸す。よいひとときを作れたかと思います。
 この自閉症の子どもたちのグループとは、来月から定期的に折り紙やアートのクラスを行なっていくことが決まりました。今後、どんなオリジナルな作品を一緒に創りあげていこうか…。考えるのも楽しみの1つです。


◆ドイツでの初仕事
高木ひろみ

昨年11月に、日本(千葉県)からドイツに引っ越しました。初めは不安も大きかったのですが、ドイツにどんな折り紙が売られているか、どんな折り紙の本があるのか探しに行くのが楽しみでした。
 5月16日(水)に、ドイツ、ミュンヘンのAlten-unt Service ZentrumAu (シニアの方々の文化施設)で、ヤーパンフェスト(日本祭り)が行われ、日本の習字、生け花、茶道、日本食、そして折り紙が紹介されました。そこで、初の折り紙ボランティアとして、ドイツのシニアの方々と「かぶと」を一緒に折りました。皆様に楽しんでいただけて嬉しかったです。



◆支部だより
第2回支部折り紙展開催
栃木県北部支部「折鶴」支部長 宇佐美 健/栃木県

昨年度8名で支部を結成し、今年度はすでに19名が支部員となり、折り紙教室上級クラス・初級クラス月4回行っております。支部会は月6回行い、講師の資格者が交代で勉強会を開いております。
 今年の支部折り紙展の会場は那須塩原市と大田原市の共同で建てた立派な那須野が原ハーモニーホールで7月28日(土)~30日(月)の3日間開催しました。今回は「大人から子供ま楽しめる作品」がテーマで260点という多くの作品を展示することができました。
 初日に180名も来観いただき、3日間で約500名、大盛況の折り紙展となりました。夏休み中でもあり、子供達が多数来て折り紙を折りたい希望があり、急きょコマの折り紙のワークショップを開き楽しんでもらいました。
 今回の折り紙展で、生徒さんの作品が上達されて心から嬉しく思いました。そして、来観者の中で、折り紙を習いたい方が意外と多くいらっしゃることに驚きました。
 これからも支部の活動を、みんなで協力し合い活動して行き、地域の折り紙の普及に努
めていきたいと思います。
 期間中、支部員の皆さんが力を合わせ協力し、またボランティアの方々ご尽力くださり、心から感謝いたします。ありがとうございました。


◆高木 智 氏 収蔵資料より
解説 岡村昌夫

【資料4】『倡賣往来』(しょうばいおうらい)

出版年:1805(文化2)年   
出版地:江戸の目白坂(現在の東京都文京区内)
出版社:青陽堂米助(せいようどうよねすけ)
装丁:洒落本、縦長の和綴じ冊子(18.1cm × 13cm)
作者:十返舎一九(じっぺんしゃいっく)

江戸時代の1694(元禄7)年、寺子屋での商業に関する教本として『商賣往来』という本が出版され、大人気となりました。今回の本は「商賣」をだじゃれで「倡賣」(倡は遊女のこと)とかけ、妓楼(遊郭)の風俗あれこれを書いたものです。
 「当用の折形」の頁に、折り鶴と蛙の折り紙が描かれています。折り鶴には「鶴の折形、ないしゃう(内証)の神たなにあり」とあります。「内証」は妓楼の「帳場」で、神棚には「括猿」などとともに、折り鶴1羽ではなく連鶴の千羽鶴が吊られていました。鳥とりい居清きよなが長の「新しんよしわら吉原江戸町二丁目丁子屋之図」(1787年頃)をはじめ、歌川国貞の『北國五色墨(内証の女房)』(1814年頃)、その他初代歌川豊国、葛飾北斎などの諸作品の中にその様子を見ることができます。
 一方、「蛙」の折り紙には「まち人まじなひのかいるの折かた、諸家ともにおなじ」と説明書きがされています。「(「蛙」は「帰る」と同音なので)待ち人が帰って来るおまじないとして、蛙の折り紙がどこでも同じように使われている」という意味で、広く行われていたことがわかります。さらに頁をめくると次の見開きが上の右の写真です。

「倡家重宝 秘伝」の項に「同法(待人のまじなひ)、紙にて蛙をおり、その背中へ客の名をかきつけ、是に針をさして人の目にかからざる所に置べし。その人来ること妙なり。尤もっとも待人の来たる上にて針をぬき蛙は川へすつべきなり」とあります。折り紙がまじないに使われていたことを証明する資料です。
 蛙の折り紙を川に流す風習は、吉よしわら原(江戸時代に始まる遊郭。現在の東京都台東区浅草北部)で、遊郭が廃止された昭和33(1958)年まで行われていたということを時代小説作家の隆りゅう 慶けいいちろう一郎が『かくれさと苦界行』( 1990年) という小説の中に書いています。針で突き刺すことを今の人たちは残酷だと思うかもしれませんが、昔話でも、例えば『猿蟹合戦』で、柿の種をまいた蟹が「早く芽を出せ柿の種。出さぬと、ハサミでちょん切るぞ」と言います。「ちょん切るぞ」を繰り返すところが、面白かったものです。「ハサミでちょん切るぞ」は、てるてる坊主もそうで、おまじないでは人気の高い決めゼリフだったのです。「指切り」も同様です。日々の暮らしの中で、願いが叶いますようにと人から人へと受け継がれてきた呪文やおまじないがありました。折り紙の蛙はその一つであったのです。


協会ホームページに折り紙用紙のショッピングカートができました
約400種のラインナップをそろえてお待ちしています!
http://origaminoa.cart.fc2.com/

~日本折紙協会(http://www.origami-noa.jp/)とは~
NIPPON ORIGAMI ASSOCIATION (NOA)
日本折紙協会は、折り紙を世界の国々により一層普及させたいという思いと、幼児教育に限らず、大人の趣味、高齢者や身障者の方のリハビリテーションなど様々な可能性をもつ「おりがみ」普及の一助となりたいという考えから1973年10月27日に結成されました。
現在では、月刊「おりがみ」の発行、「世界のおりがみ展」「折紙シンポジウム」の開催、「おりがみ級」「折紙講師」「折紙師範」「折紙上級師範」の認定、「おりがみの日」記念イベントの実施、「日本折紙博物館」との提携など、おりがみ普及のためにさまざまな活動を行っています。

~会員になるには~
月刊「おりがみ」の年間購読を申し込めばどなたでも会員になれます。会員の特典として、協会発行単行本と協会取扱い折り紙商品の割引購入、月刊「おりがみ」への創作作品投稿、「世界のおりがみ展」「おりがみの日」「折紙シンポジウム」など協会主催行事に参加および作品を応募できるほか、「おりがみ級」「折紙講師」の申請資格があたえられます。

~月刊「おりがみ」とは~
会員から投稿される創作折り紙作品(話題の動物やキャラクター、季節にそった行事・イベントに関するもの)の折り図(折り方を図で順番に説明したもの)を紹介するほか、会員の折り紙活動を紹介します。折り図の順番通りに折っていけば完成できるので、小学生から90代の方まで1万人を超える会員の方がおりがみを楽しんでいます。
月刊「おりがみ」は毎月末ごろお届けします。

~世界のおりがみ展とは~
さまざまな情景を折り紙で表現した立体パノラマ作品(おりがみブースといいます)と個人作品の展示コーナーにおりがみ教室を加えたイベントが『世界のおりがみ展』です。もちろん書籍や折り紙用紙の物販コーナーを加えることもできます。

現在、世の中では様々なイベントが行われていますが「世界のおりがみ展」は動員催事と文化催事を兼ね備えた独特の巡回展で、1976年の第1回展より20年以上の歴史があります。

3年に1度ひとつのテーマにそって制作され、お子様ばかりではなく大人の方にも十分楽しんで頂き、毎回皆様に驚きと感動の世界を展開しています。なお、「世界のおりがみ展」には、外務省と文化庁の後援を戴いております。他に都道府県・市町村・地元教育委員会・マスコミ等に後援を戴いている場合もございます。

おりがみ展は、おりがみブース・個人作品展示とおりがみ教室に、オプションの[販売コーナー]で構成するおりがみイベントです。
[おりがみブース]は、数え切れないほどの作品によって作られたジオラマが、所狭しと展示されています。約90㎝角の展示台(ブース)とパネル(壁面)作品を基本に組合せて大小変化にとんだ装飾を可能にしています。又、この展示台は折りたたみ式で、運搬時には箱型に収納して運べるようになっています。

[個人作品]は、折り紙作品コンクールの対象になり、日本国内のみならず、世界20数カ国から送られてきた作品が、200余点集まります。その中から、外務大臣賞、国際交流基金理事長賞、NHK会長賞などの賞が授与されています。さらに、折紙著名人の作品も招待作品として展示します。

[おりがみ教室]は、日本折紙協会認定の折紙講師により行われています。1回40分の講座が1日数回行われ、いずれの会場でも連日大好評を頂いております。

[販売コーナー]は、日本折紙協会編集発行の月刊誌「おりがみ」、折り紙専門書、有名折り紙メーカーの商品(折り紙用紙等)を豊富に取り揃え、販売しています。これらの商品は、日本折紙協会がまとめて会場へ搬入・搬出致します。

この「世界のおりがみ展」は過去には全国の有名百貨店の催事として多く実施され、開催期間は標準で6日間前後です。集客には実績があり、「これほど折り紙が人気のあるものとは思わなかった」と催事のご担当者には必ず驚かれ、喜ばれます。昨年夏には日本橋三越本店催事場で実施し、大好評のうちに幕を閉じました。

来訪者としては、年配の方はもちろんですが、お子様連れのファミリー層も多いです。ベテランの折紙講師が懇切丁寧に教えますので、親子で皆さん楽しんでいかれます。当協会が活動趣旨に掲げている「折り紙の普及」にご協賛いただき、ぜひとも開催をご検討いただきたいと存じます。

~折紙シンポジウムとは~
全国各地で毎年夏(7月下旬)に開催。講演会、児童教育部会、歴史研究部会、創作部会、折り紙教室などにより新たな折り紙の世界に触れる機会として、また会員相互の情報交換や懇親の場として2泊3日の日程を行楽地(温泉地)で楽しく過ごします。世界各国から毎年300名を超えるおりがみファンが集まる世界最大の「おりがみイベント」です。

~おりがみの日(11月11日)とは~
この日は世界平和記念日であり、また数字の「1」が4つで正方形折り紙の4辺を表すことから、日本折紙協会では「おりがみの日」としています。この日を中心にして、会員の皆さんから寄せられた作品の展示会「おりがみカーニバル」を東京スカイツリータウン ソラマチイーストヤード5Fで開催します。

~「おりがみ級」と「折紙講師」とは~
「おりがみ級」とは、主に16歳未満の会員のための資格です。月刊「おりがみ」で指定している作品を規定数折って協会に送付し、認定されると「おりがみ級認定証」が授与されます。最初は10級からスタートします。16歳未満の1級取得者には申請により「こどもおりがみ博士」認定証と、NOA特製バッジが授与されます。(詳細は月刊「おりがみ」をお読みください)

「折紙講師」資格は、16歳以上の会員であればどなたでも申請できます。協会発行の「おりがみ4か国語テキスト100」を購入し、テキスト掲載の全作品約100点を自作完成させた形で申請書(テキスト巻末)とともに協会に送付し、申請料3,240円を納付(下記口座番号へ郵便振替)します。その後審査会が全作品合格と認定した方に折紙講師認定証、資格証、講師指導の手引を授与します。不合格作品があれば、その作品のみ折り直して再提出いただきます。(詳細は月刊「おりがみ」をお読みください)。

口座番号00110-6-188035 加入者名「日本折紙協会」

~おりがみをおしえる~
老人ホームや社会福祉施設、自治体主催のサークル、保育関係施設・学校、文化センター、カルチャー教室などなど、さまざまな場所でおりがみは活躍しています。
独自にボランティアで教えている会員の方も多くおられますが、協会には全国から「おりがみを教えてくれる方を紹介して欲しい」という依頼が毎月あり、折紙講師資格をお持ちの会員の方に指導をお願いしております(協会より報酬を支給)。
おりがみ教室では、お子さんから年配の方まで「おりがみをおぼえたい」という気持ちにこたえようと講師も真剣です。熱のこもった授業を終えて帰られる皆さんの表情は満足そうですが、講師の方は生徒の「ありがとう」の言葉に安心しつつも、もっとわかりやすい説明はないだろうかと考えるようです。毎回真剣勝負なので様々な苦労がありますが、いろいろな形で努力が報われるようです。

~おりがみ教室とは~
日本折紙協会事務局では、全国の日本折紙協会公認の折紙講師を派遣しています。
おりがみ教室をご依頼いただく際は、専用の申込書をご提出いただきますので、
協会ホームページをご覧ください。
必要事項をご記入の上、実施日の最低1~2月前にご提出ください。

801円
特集 乗り物

<掲載作品>
①ダンプカー 桃谷好英
②ミニカー 磯野陽子
③救急車 青木 良
④船 紹介:エキグチクニオ
⑤バイク 松野幸彦
⑥鰹釣り漁船 桃谷好英
⑦一枚でミニバラ 髙木ひろみ
⑧鶴の小物入れ 青柳祥子
⑨サシコミキューブ 川手章子
⑩こぶたのお皿とお面 石橋秀夫

<連載>
①英語でオリガミしよう(34)
ゴンドラ 伝承

②おって遊ぼう!!(169)
マンタ 田口健司

③おりがみギャラリーNo.332
田中具子さん色紙作品選2

④折り図のヒミツ(16)

<掲載>
①NOA Information
②11月11日「おりがみの日」記念作品募集
③Piazza NOA(読者の広場)
④World Origami Report
⑤みんなの作品展
⑥支部だより
⑦高木智氏 収蔵資料紹介2 解説:岡村昌夫
⑧おりがみガーデン
⑨日本折紙協会 定期講習会案内



~日本折紙協会(http://www.origami-noa.jp/)とは~
NIPPON ORIGAMI ASSOCIATION (NOA)
日本折紙協会は、折り紙を世界の国々により一層普及させたいという思いと、幼児教育に限らず、大人の趣味、高齢者や身障者の方のリハビリテーションなど様々な可能性をもつ「おりがみ」普及の一助となりたいという考えから1973年10月27日に結成されました。
現在では、月刊「おりがみ」の発行、「世界のおりがみ展」「折紙シンポジウム」の開催、「おりがみ級」「折紙講師」「折紙師範」「折紙上級師範」の認定、「おりがみの日」記念イベントの実施、「日本折紙博物館」との提携など、おりがみ普及のためにさまざまな活動を行っています。

~会員になるには~
月刊「おりがみ」の年間購読を申し込めばどなたでも会員になれます。会員の特典として、協会発行単行本と協会取扱い折り紙商品の割引購入、月刊「おりがみ」への創作作品投稿、「世界のおりがみ展」「おりがみの日」「折紙シンポジウム」など協会主催行事に参加および作品を応募できるほか、「おりがみ級」「折紙講師」の申請資格があたえられます。

~月刊「おりがみ」とは~
会員から投稿される創作折り紙作品(話題の動物やキャラクター、季節にそった行事・イベントに関するもの)の折り図(折り方を図で順番に説明したもの)を紹介するほか、会員の折り紙活動を紹介します。折り図の順番通りに折っていけば完成できるので、小学生から90代の方まで1万人を超える会員の方がおりがみを楽しんでいます。
月刊「おりがみ」は毎月末ごろお届けします。

~世界のおりがみ展とは~
さまざまな情景を折り紙で表現した立体パノラマ作品(おりがみブースといいます)と個人作品の展示コーナーにおりがみ教室を加えたイベントが『世界のおりがみ展』です。もちろん書籍や折り紙用紙の物販コーナーを加えることもできます。

現在、世の中では様々なイベントが行われていますが「世界のおりがみ展」は動員催事と文化催事を兼ね備えた独特の巡回展で、1976年の第1回展より20年以上の歴史があります。

3年に1度ひとつのテーマにそって制作され、お子様ばかりではなく大人の方にも十分楽しんで頂き、毎回皆様に驚きと感動の世界を展開しています。なお、「世界のおりがみ展」には、外務省と文化庁の後援を戴いております。他に都道府県・市町村・地元教育委員会・マスコミ等に後援を戴いている場合もございます。

おりがみ展は、おりがみブース・個人作品展示とおりがみ教室に、オプションの[販売コーナー]で構成するおりがみイベントです。
[おりがみブース]は、数え切れないほどの作品によって作られたジオラマが、所狭しと展示されています。約90㎝角の展示台(ブース)とパネル(壁面)作品を基本に組合せて大小変化にとんだ装飾を可能にしています。又、この展示台は折りたたみ式で、運搬時には箱型に収納して運べるようになっています。

[個人作品]は、折り紙作品コンクールの対象になり、日本国内のみならず、世界20数カ国から送られてきた作品が、200余点集まります。その中から、外務大臣賞、国際交流基金理事長賞、NHK会長賞などの賞が授与されています。さらに、折紙著名人の作品も招待作品として展示します。

[おりがみ教室]は、日本折紙協会認定の折紙講師により行われています。1回40分の講座が1日数回行われ、いずれの会場でも連日大好評を頂いております。

[販売コーナー]は、日本折紙協会編集発行の月刊誌「おりがみ」、折り紙専門書、有名折り紙メーカーの商品(折り紙用紙等)を豊富に取り揃え、販売しています。これらの商品は、日本折紙協会がまとめて会場へ搬入・搬出致します。

この「世界のおりがみ展」は過去には全国の有名百貨店の催事として多く実施され、開催期間は標準で6日間前後です。集客には実績があり、「これほど折り紙が人気のあるものとは思わなかった」と催事のご担当者には必ず驚かれ、喜ばれます。昨年夏には日本橋三越本店催事場で実施し、大好評のうちに幕を閉じました。

来訪者としては、年配の方はもちろんですが、お子様連れのファミリー層も多いです。ベテランの折紙講師が懇切丁寧に教えますので、親子で皆さん楽しんでいかれます。当協会が活動趣旨に掲げている「折り紙の普及」にご協賛いただき、ぜひとも開催をご検討いただきたいと存じます。

~折紙シンポジウムとは~
全国各地で毎年夏(7月下旬)に開催。講演会、児童教育部会、歴史研究部会、創作部会、折り紙教室などにより新たな折り紙の世界に触れる機会として、また会員相互の情報交換や懇親の場として2泊3日の日程を行楽地(温泉地)で楽しく過ごします。世界各国から毎年300名を超えるおりがみファンが集まる世界最大の「おりがみイベント」です。

~おりがみの日(11月11日)とは~
この日は世界平和記念日であり、また数字の「1」が4つで正方形折り紙の4辺を表すことから、日本折紙協会では「おりがみの日」としています。この日を中心にして、会員の皆さんから寄せられた作品の展示会「おりがみカーニバル」や折紙講師勉強会を毎年10月にこどもの城(東京都渋谷区)で開催します。

~「おりがみ級」と「折紙講師」とは~
「おりがみ級」とは、主に16歳未満の会員のための資格です。月刊「おりがみ」で指定している作品を規定数折って協会に送付し、認定されると「おりがみ級認定証」が授与されます。最初は10級からスタートします。16歳未満の1級取得者には申請により「こどもおりがみ博士」認定証と、NOA特製バッジが授与されます。(詳細は月刊「おりがみ」をお読みください)

「折紙講師」資格は、16歳以上の会員であればどなたでも申請できます。協会発行の「おりがみ4か国語テキスト100」を購入し、テキスト掲載の全作品約100点を自作完成させた形で申請書(テキスト巻末)とともに協会に送付し、申請料3,240円を納付(下記口座番号へ郵便振替)します。その後審査会が全作品合格と認定した方に折紙講師認定証、資格証、講師指導の手引を授与します。不合格作品があれば、その作品のみ折り直して再提出いただきます。(詳細は月刊「おりがみ」をお読みください)。

口座番号00110-6-188035 加入者名「日本折紙協会」

~おりがみをおしえる~
老人ホームや社会福祉施設、自治体主催のサークル、保育関係施設・学校、文化センター、カルチャー教室などなど、さまざまな場所でおりがみは活躍しています。
独自にボランティアで教えている会員の方も多くおられますが、協会には全国から「おりがみを教えてくれる方を紹介して欲しい」という依頼が毎月あり、折紙講師資格をお持ちの会員の方に指導をお願いしております(協会より報酬を支給)。
おりがみ教室では、お子さんから年配の方まで「おりがみをおぼえたい」という気持ちにこたえようと講師も真剣です。熱のこもった授業を終えて帰られる皆さんの表情は満足そうですが、講師の方は生徒の「ありがとう」の言葉に安心しつつも、もっとわかりやすい説明はないだろうかと考えるようです。毎回真剣勝負なので様々な苦労がありますが、いろいろな形で努力が報われるようです。

~おりがみ教室とは~
日本折紙協会事務局では、全国の日本折紙協会公認の折紙講師を派遣しています。
おりがみ教室をご依頼いただく際は、専用の申込書をご提出いただきますので、
協会ホームページをご覧ください。
必要事項をご記入の上、実施日の最低1~2月前にご提出ください。

801円
特集 ハッピーサマー

◆続 デイケアで折り紙~もっとやさしく~
Origami workshop in the day care service 2nd series

最終回 タツノオトシゴ  田中 稔憲
Sea horse by Mr. Toshinori TANAKA

今回の色紙作品は、『おりがみ480 号』の「おりがみガーデン」での写真掲載をきっかけに2017 年7 月の東急カードのキャンペーンに使われた作品ですから、皆さんの中に見たことがある方があるかもしれません。タツノオトシゴというのはとてもユーモラスな「魚」で、心のどこかをくすぐるようなところがありますよね。
 もちろん頭の後ろの部分とか、背中のカーブとか表現したくなる部分はいろいろとあるのですが、そこを我慢して、より単純で簡単に折れるようにと工夫したものです。お年寄りのための作品を作るときには、対象を表現するときに本当にその部分は要るのか、なかったらそれとわからなくなるのかということを常に問い続ける必要があります。表現したいと思っても、対象がそれとわからなくならないのなら、すべて削るというくらいの覚悟というか、思い切りというか、そんなものが必要なのです。

表現要素をしぼりきるというのが伝承化されうる作品を創り上げるための姿勢だと思いますし、尊敬する大橋晧也前理事長の作品には常にそれがあると私は感じます。造形である以上、表現の方法は多様であり、なににも束縛されるべきではないと考えますが、折り紙でなければできない表現とは何かを考え続けていきたいと思うのです。
 タツノオトシゴのいる、のどかな海を表現するために、岩や海藻をつけています。それぞれ自由に構成してよいでしょう。



◆コノハムシLeaf insect by Mr. Eiji TSUCHIDO
土戸 英二

兵庫県の伊丹市昆虫館での折り紙展のために創作した作品です。展示作品は本作よりリアルでしたが、会場での折り紙教室のために簡略化しました。葉脈のような折りすじをしっかりていねいに付けてください。(作者)



◆クワガタとカブトムシStag beetle and Beetle by Mr.Tetsuo KIMURA
木村哲夫

簡単な昆虫の折り紙を考えていたら、この羽の動きを思いつきました。折った後でも羽は動きますので、広げたり閉じたりしてお楽しみください。


◆てんとう虫とクローバーLadybird and Four-leafed clover by Ms. Hiromi TAKAGI
髙木 ひろみ

ドイツの友人にプレゼントするために作りました。てんとう虫は幸運を運ぶ縁起のよいものだそうです。羽の内側にメッセージを書いて、ひもでつるして贈ろうと思います。クローバーを15cm角で折り、てんとう虫を7.5cm角で折ると、てんとう虫がクローバにとまり楽しくなりました。クローバーには下の右の写真のようにアメひと粒を入れることができます。(作者)



◆しょうりょうバッタ
丹羽 兌子

夏は虫好きの子たちには楽しい季節。このしょうりょうバッタはシンプルな作品ですが、時には折り紙の虫たちの仲間に入れていただければ嬉しく思います。(作者)


◆英語でオリガミしよう Let’s enjoy both Origami and English!
Lesson33  Sunflowerby Ms.Hiromi TAKAGI

伝承の百面相(フレーベルの模様折りの基礎)からの「くんしょう」のアレンジ作品です。中原恭子さんの「ひまわりのブローチ」(ノアブックス『おりがみ 傑作選3』収録)を、ざぶとん基本形を折らなくてもすべての花びらに色が出るように、また、本体と花心が同じ大きさで折れるように工夫しました。はじくとコマのように回ります。(作者)
This is the arranged model of “Kunsho (medal)” which comes from traditional “various
faces (Froebel’s pattern folds)”. I have modified Ms. Kyo-ko NAKAHARA’s “Sunflower’s Brooch” (included in Noa Books“ Origami Masterpiece Selection 3”) so that you can have
all the petals colored even without folding the Blintz Base and that you can use the same
size sheet of paper to make the main unit and the flower center. Being flicked, the flower
turns like a spinning top. (Author)


◆三角つつみTriangle envelope by Ms. Ayako KAWATE
川手 章子

とてもシンプルなケースですが、使いやすさと折りやすさをほんの少しだけ工夫してみました。しっかりと包めますので、便利に使っていただけたらと思います。両面折り紙で折ると、少し華やぎます。(作者)


◆家型のカードスタンドHouse-shaped card holder by Mr. Motoyuki ASAI
浅井 基言

ハガキ、名刺、カード、また、折り紙の作品等を立てる時に使うと便利です。折り紙で生活空間を(縁の下の力持ち的な)引立役折り紙作品というテーマで折りました。(作者)


◆三葉虫Trilobite by Ms. Mariko MIYAMOTO
宮本眞理子

この作品は、長崎市科学館の恐竜展用に考えたものです。三葉虫は示しじゅん準化かせき石(地層の対比や地層年代決定に役立つ化石)で、形も大きさもさまざまです。⑯の時に角をつまんだり全体を丸くしても形が変わり、右ページのようにアレンジできます。(作者)


◆ミニ知識

○三さんようちゅう葉虫…古生代(約5億7000 万年前から2 億5000 万年前)の3 億年も栄えて、一説には魚に食べられるようになったので絶滅したとされています。海を泳いだり、海底をはい回ったり、潜っていたりしたとされる節せっそく足動物で、世界じゅうで化石が発掘されています。頭部、胸部、尾部に分かれ、各部は縦に、中央の軸部、左右の肋ろく部(肋は肋あばらぼね骨のこと)に3 分されます。「三葉虫」という名前はtri(3)、lobe(肋または葉)、ites(石になったものにつける接尾語)に由来します。
○テントウムシ…太陽(天てんとう道)に向かうように、枝や葉の先に登って飛び立つ習性があるので、天道虫という名前がつきました。丸い前ばねの下に後ろばねがあり、飛ぶときは広げます。テントウムシを手のひらにのせて、指先まで移動し飛び立つ様
子をながめて楽しんだことがある方もいると思います。「ナミテントウ」は同じ種類でも、前ばねの模様や色がさまざまです。赤い前ばねに7つの丸い斑紋がある、「ナナホシテントウ」はテントウムシの象徴的存在です。農作や園芸で害になるアブラムシを食べるので、益えきちゅう虫(人の役に立つ虫)とされています。一方、植物食で農作物の葉を食べる「ニジュウヤホシテントウ」などは害虫とされています。
○ショウリョウバッタ…体長オス4cm、メス8cm で、メスは日本のバッタの中で最大級です。オスは飛ぶときに前ばねと後ろばねを打ち合わせてキチキチと音をたてることから、「キチキチバッタ」と呼ばれることもあります。イネ科の植物の葉を食べます。頭部は円えんすい錐形で細長いのが特徴です。旧暦のお盆(精しょうりょうえ霊会)のころによく見られることから「ショウリョウバッタ」と名づけられたとされています。
○クワガタムシ…クワガタムシもカブトムシも、名前は武具の兜かぶとに由来します。鍬くわがた形とは兜の前面につけられた飾りで、クワガタムシのオスの大おおあご顎が鍬形の形に発達しています。なお、クワガタムシは英語でsスタッグtag bビートルeetle といいますが、stag とは雄鹿のことでクワガタが雄鹿の枝分かれしたツノに似ているところから英名がつきました。大あごはけんかに使ったり、木のうろや割れ目などにひそむときに、穴を大きくするのに使ったりします。クヌギ、ナラなどの樹液を好み、木の汁を吸うために枝に傷をつけるときにも使います。なお、虫の捕まえ方で「灯火採取」という方法があります。夜、見晴らしのよい場所で明かりを灯して、飛んで集まって来たものを捕まえるというものです。クワガタムシやカブトムシも堅い前ばねの下に柔らかいはねを折り畳んで隠していて、飛ぶときはそれを開いて、羽ばたかせます。
○カブトムシ…ツノは戦うときの武器として使われます。同じ種類でもツノの大きさは個体差がありますが、ツノの小さなオスは大型のオスが現れる前にエサ場に行き、戦わないで樹液を得、同じように早めに来たメスと交尾します。


◆クサビフグ Slender sunfish by Mr. Tetsuo KIMURA
木村哲夫

クサビフグはマンボウのようなヒレと、フグのような体形をしています。その特徴的な形を、風船の基本形から折り出しました。(作者)



◆パンダGiant panda by Mr. Eiji TSUCHIDO
土戸英二

昨年の東京・上野動物園のパンダ誕生を祝って創作しました。頭と体は、同じ大きさの2枚の紙で折ります。(作者)


◆ミニ知識

◇コノハムシ…体長は7cm ほど、緑色の幅広の平たい虫で、背中の2 枚の前ばねが1 枚の木の葉の形をしています。日本にはいない虫ですが、南の熱帯アジア、インド、ニューギニア島、アフリカなどにすんでいます。ゆっくりとした動作で、幼虫も成虫も木の葉を食べます。卵も植物の種のような形です。
◇タツノオトシゴ…ヨウジウオ科の魚です。体長は10cm 以下で小型。馬のような頭が特徴的で、英語名は sea horse(海の馬という意味)といい、日本でもウマウオやウミウマと呼ぶ地方もあります。静かな浅い海で、尾を海かいそう藻に巻き付けて流されないようにしています。泳ぐときは立ち泳ぎの格好で、背びれを小刻みに動かしながら進みます。「イクメン」の魚で、オスの腹部に「育児囊」があり、メスがその中に卵を産み落とします。卵が育児囊の上端の開口部を通るときに受精が行われ、育児嚢で孵化(卵をかえすこと)し、親と同じ形になってから生み出されます。タツノオトシゴのオスとメスの干物を安産のお守りにする風習があるそうです。
○クサビフグ…熱帯地域の沖合にいる魚ですが、近年、日本でもしばしば確認され、ニュースになっています。マンボウの仲間で、体の後部が直線的に断ち切られたような姿をしていますが、マンボウより細長く、楔くさびがた形の体型をしています。正面から見ると楕円形に開いた口は縦方向に閉じますが、これは魚では珍しい特徴です。
○やっぱり家の日…8 月1 日。「やっぱりいえのひ」の語呂合わせから、家具量販店のイケア・ジャパンが2010 年に制定しました。「やっぱり家が、世界でいちばん」という同社のコンセプトから決めました。
○ひまわり…北アメリカ原産の花で、キク科の1 年草です。種子から油が採れます。花の形が太陽をイメージさせ、若い蕾つぼみは太陽を追って、夜には向きを戻す習性があります。
○クローバー…ヨーロッパでは家畜の飼料となるので豊ほうじょう穣の象徴とされました。さらにその中でも珍しい四つ葉のクローバーは、見つけた人に幸運が訪れるとされました。和名は「白詰草」で、日本には16 世紀にオランダからの輸入品の箱の詰め物として持ち込まれたことが名前の由来となっています。
○パンダ…2017 年6 月12 日、東京都の上野動物園で待望のパンダの赤ちゃんが生まれ、「香シャンシャン香」と名づけられました。誕生から1 年余り、成長の様子がニュースで伝えられ、人々にうれしい話題を提供しています。英連邦クック諸島政府では「しあわせのパンダ金貨(HAPPINESS .9999 GOLD)」という、桜の花を抱えたパンダの絵柄の記念金貨が日本向けに発行されました。


●ミニ知識参考図書:『虫の名、貝の名、魚の名』(東海大学出版会)、『蚊が脳梗塞を治す!昆虫能力の驚異』(講談社)、『日本のクワガタムシ・カブトムシ観察図鑑』(誠文堂新光社)、『昆虫の生態図鑑』(学研)、『昆虫』(学研)、『虫の呼び名事典』(世界文化社)、『植物は動けないけど強い』(ソフトバンククリエイティブ)、『ヒマワリはなぜ東を向くか』(中央公論新社)、『花おりおり』(朝日新聞社)、『三葉虫の謎』(早川書房)、『日本の生きもの図鑑』(講談社)、『大字源』(角川書店)、『英語語源辞典』(研究社)、『世界大百科事典』(平凡社)、『総合百科辞典ポプラディア』(ポプラ社)、『朝日新聞』(朝日新聞社)


◆福かごHappy basket by Ms. Ayako KAWATE
川手 章子

巾着の形のようにも、しもぶくれの形の籠のようにも見えましたので、「福かご」という名前をつけました。コロコロしていて手のひらにのせるとかわいらしく思いました。(作者)


読者の広場
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
 「続デイケアで折り紙」の「夏野菜」と「ハイヒール」がよかったです。野菜の作品は老人ホームで喜ばれました。私としてはちょっと意外で、私がよいものとの違いを感じさせられました。
神奈川県 宮本さん
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
 端午の節供の作品、季節の折り紙がたくさん載っていて楽しかったです。
子どもが楽しめる折り紙に興味を持っています。
 大阪府 井上さん
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆


◆World Origami Report
オランダ折紙協会(OSN)コンベンションに参加して  
半田丈直(愛知県)

この度、NOAの推薦でOSNの折り紙コンベンションのゲストとして参加させていただきました。そのような大役を務めるにあたり、以前にOSNのコンベンションに参加された先輩諸姉兄のアドバイスをいただきながら準備をしました。
 4月13日PieterJ annekeさんご夫妻とともに、コンベンション会場に向かいました。
 2泊3日のコンベンションの持ち方に関して、感じたことを報告します。
 Workshops(折り紙教室)は、あらかじめ内容も公開され、コンベンション参加申込みの際に希望を出し、どの教室に参加するのかが決定されています。
 Exhibition(各自自慢の作品を展示するコーナー)のスペースが確保されると、参加者もモチベーションが上がると思います。
 初日午後3時過ぎ、到着した私たちは、皆さんからの歓迎の挨拶を受けるのですが…今回、インスタントプリントカメラを持参しました。でき上がった写真にお互いサインをし、プレゼントとして皆さんにさしあげました。大変喜ばれました。
 さらに、お互い作ってきた小作品を交換し合います。Key Cordと言われる、ルームキーを首から下げるためのコード(ひも)に作品を付けます。
 ゲストとして、私の折り紙コーナーが設定されました。次から次へと参加者が集います。提供する作品は、相手の興味や関心も異なるので、いくつかの折り図をあらかじめ印刷しラミネート加工をして持参しました。「うさこちゃん」「クローバー」「花の容器」「ふくろう」「はさみ」「みわボール」です。指導は夜遅くまで続きました。
 正式には2日目の11:00にオープニングセレモニーがありました。大会委員の5人が前に並び紹介と挨拶。ワークショップの指導者の紹介の後、私のスピーチ。挨拶の内容は割愛します。スピーチの後は参加者135人全員に向かっての折り紙の指導。「色鉛筆」を全員折ることができました。
 その他、紙類の販売コーナー、ATC(Artist trading card)の交換会、図書(古書)の販売などがありました。
 今回、オランダのコンベンションに参加させていただいて、会の持ち方だけではなく、その根底に流れる文化の違いまでもが、私にとってとても新鮮でした。


3日間、より多くの方々と交流することに努め、通じない言葉にもどかしさを感じながら、今後もNOAとのよい関係を保っていきたいとの思いでできるだけのことをしたつもりです。今後は海外の折り紙愛好家を日本に迎える際には、「おもてなし」の心を持って、接したいと思いました。今回、この機会を与えてくださったすべての人に、感謝いたします。
 以上コンベンションの報告ですが、終了後、私たちはコンベンションの委員でもあるJosさんのお宅にご主人のVincentさんの運転する車で向かいました。
 自宅で折り紙談義をしたり、オランダのことについていろいろお聞きしたりして、2日間を過ごし、その後帰国しました。
 みなさん、来年はあなたも参加してみてください。折り紙の世界観が きっと変わると思います。

◆韓国で折り紙交流           
安藤明子(埼玉県)

2018年2月23日(金)から2月27日(火)の5日間、韓国の仁川(インチョン)、谷城(コッソン)、光州(クァンジュ)、ソウルをまわってきました。韓国の味噌(谷城)、伝統酒(光州)作りが目的のツアーでしたが、日本から参加したのは私ひとりでした。
 味噌作りをした夜の交流会では主催者から依頼され、13名の参加者の方に折り紙を講習しました。『115号』掲載の田中具子さんの「ひな人形」と貝合わせ」、『510号』掲載の藤本祐子さんの「富士山の楊枝入れ」を作りました。難しいところもありましたが、みなさん喜んで全員完成させました。伝統的な民家に泊まり、いろいろな体験をしながらソウルに戻りました。ソウルでは子育てグループの方々に会いました。子どもを育てるにあたり、1人では難しいけれど、みんなで育てる、そんな取り組みをしている2層の高層住宅に住んでいる子育て世代グループ「マウイキウイ」リボンチームです。1週間に1度、交替で開放していただける家に夕飯後集まり、子どもたちと歌、手遊び、読み聞かせ、折り紙などして2時間近く過ごします。この日の担当の全(ジョン)さんから依頼され、親子15組とコマを折って、大人気で喜ばれました。
 日韓交流は“おりがみ”でさらに深まったと思います。2か所の地域で次回も折り紙の講習をお願いされました。期間中、通訳をしてくださったみなさまに感謝いたします。


◆第19回信州おりがみ交流会報告
信濃支部「りんどう」支部長 成田光昭/長野県

4月21日(土)・22日(日)に長野市勤労者女性会館しなのきにおいて第19回信州おりがみ交流会を開催しました。今回はゲストに木村良寿さんをお迎えし、地元・全国・USAより170名の参加をいただきました。
 私が折り紙活動でわくわくした1980年代初め、月刊『おりがみ』には木村さんの作品が毎回のように掲載されていました。その後、折紙探偵団の創設メンバーとなって活動の場を広げておられましたが、久しぶりに日本折紙協会関係の会への登場となりました。講演では、ご自身の折り紙活動を振り返り、紹介がありました。かつてはアニメや特撮ものなど、キャラクターのファンに折ってもらおうと作品を創作されていたそうです。一方で昨年出版された『おりがみのはこどうぶつ』(日本ヴォーグ社発行)に収録される作品に代表されるように、多くの人が楽しめる折り紙作品を多数、発表されています。講演を拝聴すると、折り紙作品にはそれぞれのコンセプトがあって、それぞれに応じた折り方のルールを決めて創作を行っていることを伺い、あらためて「折り紙の引き出し」をたくさんお持ちであるのだと感心しました。実技講習では、以前『おりがみ55号』で発表された「オタマジャクシ→かえる」のリメイク版「おたまからかえる」が披露されました。直前に折り方のレクチャーを受けたスタッフの協力によって全員、作品を完成することができました。
 なお、延べ47の講習プログラムについては、今年もたくさんの講師の協力をいただきました(写真下)。今回、信州での講師デビューを果たされた方もおられました。どの教室も真剣な雰囲気の中、時折、笑顔が伺えるものでした。
 運営面においては、運営委員会制を始めて3年目。担当のローテーションを決めて業務の振り分けと分担(シェア)を行う方式は軌道に乗ってきたものと思います。それぞれの担当の中で各人が責任を持って業務にあたっていく様子がよくわかりました。
 一支部の行事が20年かけて全国規模の大会となった半面、だんだん少なくなっている地元の参加者への対応などは考えなければいけない課題にも直面しています。
 まずは無事、全員を笑顔で送り、来年、20回での再会を確認することができました。大会運営にあたり、協力いただいた皆様にこの場を借りて御礼を申し上げます。


◆支部活動「日帰りバスツアー」「渡辺先生にお越しいただいて」
神戸支部「おりがみ かうべ」支部長 柴本厚子/兵庫県

◇日帰りバスツアー
 3月29日(木)に滋賀方面の日帰りバスツアーに行って来ました。
 今年は折り紙をチョットお休みし、お花とお菓子を楽しむ1日となりました。石山にある「寿長生の郷(すないのさと)」では、桜をはじめ里山を案内していただきました。季節
のお弁当をいただいた後は、和菓子作りにチャレンジです。初めての体験に一喜一憂し、完成作品に自画自讃しました。
 帰りには京都の和紙屋さんに寄り、車窓から満開の桜も拝見できました。手が届きそうな桜で、渋滞が有り難く感じました。
 来年は奈良方面にしようかしらと、相談しながら帰路につきました。
◇渡辺先生にお越しいただいて
5月13日(日)、雨の中、大阪の吹田支部長の渡辺眞寿美先生にお越しいただき、折り紙講習会を行いました。今年話題のエンゼルスや大好きなタイガースの野球帽と、可愛い動物帽子、季節のパンジーのミニ色紙を教えていただきました。
 色々なアレンジの仕方や、帽子にまつわるエピソードなど、たくさんお話も伺え、あっという間の2時間でした。
 初めての方もおられましたが、全て完成され 楽しかったですと言ってくださいました。
 笑いの絶えない楽しい講習会でした。


◆高木 智 氏 収蔵資料より
解説 岡村昌夫

日本の折り紙の歴史研究の世界に、大きな灯火を掲げられた高木 智先生が遺された膨大な貴重資料が日本折紙協会に寄贈されて大切に保管されています。その一部の特に重要なものについては、すでに公にされているので、私も内容をよく知っておりますが、全貌については、まだ把握しておりません。しかし、このシンポジウムの機会に、少しでも、実物を会員の方々にお見せして、昔の人が生活の中で、折り紙とどう関わってきたかという実態に触れていただくのが良いと思い、お話しさせていただくことにいたしました。(岡村昌夫/折り紙歴史研究家)(『2017シンポジウム部会報告』より)

少女が楽しく「鶴」と「お三方」を折って遊んでいるところが描かれています。まだ肩上げの取れない娘のあどけなさに折り紙はよく似合います。この本は、流行作家の柳りゅうていたねひこ亭種彦が『源氏物語』を、時代を平安から室町時代に移して、通俗的な絵本に仕立てたもので、浮世絵師歌川国貞の歌舞伎趣味たっぷりの細密挿絵ともども、大好評を博しました。主人公の光源氏は足利将軍の妾腹の子、「足あしかがみつうじ利光氏」となっていて、風俗は江戸時代風の非現実的な夢物語ですが、この第6編は原作の「若紫の巻」に当たります。光氏邸に引き取られてきた無邪気な少女は、優しくてよく一緒に遊んでくれる光氏を兄のように慕い、彼女を愛人にしようとしている意図があるとは思っていません。この絵に描かれている場面を種彦は書いていませんが、国貞は、この二人の微妙な関係を見事に描いて見せました。
 この絵で、少女は長い振袖に両手を通さず子供っぽいお行儀の悪さで気をゆるしたまま、頰を膨らませて折り鶴の尻から息を吹き込んで、ふと、背後に光氏の気配を感じて振
り返ったところ。彼はすました顔つきで腹話術師のように、市松人形に「変な顔を、見たぞ見たぞ」と言わせています。この瞬間の少女の微妙な心の揺れを見事に描いた国貞の傑作です。折り鶴が効果的な小道具として使われています。大好評だったはずで、国貞は、何度か同じ構図で描いています。
 右も同じ構図で、国貞が描いた錦にしきえ絵の一枚です。『偐紫田舎源氏』では少女の衣装の柄が春のスミレですが、ここでは百人一首の俊恵法師「夜もすがらもの思ふころは明けやらで閨のひまさへつれなかりけり」の歌の夜長の風情に合わせて、同じ紫色でも秋のアサガオにしてあります。折り紙には千代紙を使って源氏絵らしく豪華な気分で、少女の表情がいかにも上品です。国貞が描き続けたこの構図は、他に追従する絵師も出ました。


協会ホームページに折り紙用紙のショッピングカートができました
約400種のラインナップをそろえてお待ちしています!
http://origaminoa.cart.fc2.com/

~日本折紙協会(http://www.origami-noa.jp/)とは~
NIPPON ORIGAMI ASSOCIATION (NOA)
日本折紙協会は、折り紙を世界の国々により一層普及させたいという思いと、幼児教育に限らず、大人の趣味、高齢者や身障者の方のリハビリテーションなど様々な可能性をもつ「おりがみ」普及の一助となりたいという考えから1973年10月27日に結成されました。
現在では、月刊「おりがみ」の発行、「世界のおりがみ展」「折紙シンポジウム」の開催、「おりがみ級」「折紙講師」「折紙師範」「折紙上級師範」の認定、「おりがみの日」記念イベントの実施、「日本折紙博物館」との提携など、おりがみ普及のためにさまざまな活動を行っています。

~会員になるには~
月刊「おりがみ」の年間購読を申し込めばどなたでも会員になれます。会員の特典として、協会発行単行本と協会取扱い折り紙商品の割引購入、月刊「おりがみ」への創作作品投稿、「世界のおりがみ展」「おりがみの日」「折紙シンポジウム」など協会主催行事に参加および作品を応募できるほか、「おりがみ級」「折紙講師」の申請資格があたえられます。

~月刊「おりがみ」とは~
会員から投稿される創作折り紙作品(話題の動物やキャラクター、季節にそった行事・イベントに関するもの)の折り図(折り方を図で順番に説明したもの)を紹介するほか、会員の折り紙活動を紹介します。折り図の順番通りに折っていけば完成できるので、小学生から90代の方まで1万人を超える会員の方がおりがみを楽しんでいます。
月刊「おりがみ」は毎月末ごろお届けします。

~世界のおりがみ展とは~
さまざまな情景を折り紙で表現した立体パノラマ作品(おりがみブースといいます)と個人作品の展示コーナーにおりがみ教室を加えたイベントが『世界のおりがみ展』です。もちろん書籍や折り紙用紙の物販コーナーを加えることもできます。

現在、世の中では様々なイベントが行われていますが「世界のおりがみ展」は動員催事と文化催事を兼ね備えた独特の巡回展で、1976年の第1回展より20年以上の歴史があります。

3年に1度ひとつのテーマにそって制作され、お子様ばかりではなく大人の方にも十分楽しんで頂き、毎回皆様に驚きと感動の世界を展開しています。なお、「世界のおりがみ展」には、外務省と文化庁の後援を戴いております。他に都道府県・市町村・地元教育委員会・マスコミ等に後援を戴いている場合もございます。

おりがみ展は、おりがみブース・個人作品展示とおりがみ教室に、オプションの[販売コーナー]で構成するおりがみイベントです。
[おりがみブース]は、数え切れないほどの作品によって作られたジオラマが、所狭しと展示されています。約90㎝角の展示台(ブース)とパネル(壁面)作品を基本に組合せて大小変化にとんだ装飾を可能にしています。又、この展示台は折りたたみ式で、運搬時には箱型に収納して運べるようになっています。

[個人作品]は、折り紙作品コンクールの対象になり、日本国内のみならず、世界20数カ国から送られてきた作品が、200余点集まります。その中から、外務大臣賞、国際交流基金理事長賞、NHK会長賞などの賞が授与されています。さらに、折紙著名人の作品も招待作品として展示します。

[おりがみ教室]は、日本折紙協会認定の折紙講師により行われています。1回40分の講座が1日数回行われ、いずれの会場でも連日大好評を頂いております。

[販売コーナー]は、日本折紙協会編集発行の月刊誌「おりがみ」、折り紙専門書、有名折り紙メーカーの商品(折り紙用紙等)を豊富に取り揃え、販売しています。これらの商品は、日本折紙協会がまとめて会場へ搬入・搬出致します。

この「世界のおりがみ展」は過去には全国の有名百貨店の催事として多く実施され、開催期間は標準で6日間前後です。集客には実績があり、「これほど折り紙が人気のあるものとは思わなかった」と催事のご担当者には必ず驚かれ、喜ばれます。昨年夏には日本橋三越本店催事場で実施し、大好評のうちに幕を閉じました。

来訪者としては、年配の方はもちろんですが、お子様連れのファミリー層も多いです。ベテランの折紙講師が懇切丁寧に教えますので、親子で皆さん楽しんでいかれます。当協会が活動趣旨に掲げている「折り紙の普及」にご協賛いただき、ぜひとも開催をご検討いただきたいと存じます。

~折紙シンポジウムとは~
全国各地で毎年夏(7月下旬)に開催。講演会、児童教育部会、歴史研究部会、創作部会、折り紙教室などにより新たな折り紙の世界に触れる機会として、また会員相互の情報交換や懇親の場として2泊3日の日程を行楽地(温泉地)で楽しく過ごします。世界各国から毎年300名を超えるおりがみファンが集まる世界最大の「おりがみイベント」です。

~おりがみの日(11月11日)とは~
この日は世界平和記念日であり、また数字の「1」が4つで正方形折り紙の4辺を表すことから、日本折紙協会では「おりがみの日」としています。この日を中心にして、会員の皆さんから寄せられた作品の展示会「おりがみカーニバル」や折紙講師勉強会を毎年10月にこどもの城(東京都渋谷区)で開催します。

~「おりがみ級」と「折紙講師」とは~
「おりがみ級」とは、主に16歳未満の会員のための資格です。月刊「おりがみ」で指定している作品を規定数折って協会に送付し、認定されると「おりがみ級認定証」が授与されます。最初は10級からスタートします。16歳未満の1級取得者には申請により「こどもおりがみ博士」認定証と、NOA特製バッジが授与されます。(詳細は月刊「おりがみ」をお読みください)

「折紙講師」資格は、16歳以上の会員であればどなたでも申請できます。協会発行の「おりがみ4か国語テキスト100」を購入し、テキスト掲載の全作品約100点を自作完成させた形で申請書(テキスト巻末)とともに協会に送付し、申請料3,240円を納付(下記口座番号へ郵便振替)します。その後審査会が全作品合格と認定した方に折紙講師認定証、資格証、講師指導の手引を授与します。不合格作品があれば、その作品のみ折り直して再提出いただきます。(詳細は月刊「おりがみ」をお読みください)。

口座番号00110-6-188035 加入者名「日本折紙協会」

~おりがみをおしえる~
老人ホームや社会福祉施設、自治体主催のサークル、保育関係施設・学校、文化センター、カルチャー教室などなど、さまざまな場所でおりがみは活躍しています。
独自にボランティアで教えている会員の方も多くおられますが、協会には全国から「おりがみを教えてくれる方を紹介して欲しい」という依頼が毎月あり、折紙講師資格をお持ちの会員の方に指導をお願いしております(協会より報酬を支給)。
おりがみ教室では、お子さんから年配の方まで「おりがみをおぼえたい」という気持ちにこたえようと講師も真剣です。熱のこもった授業を終えて帰られる皆さんの表情は満足そうですが、講師の方は生徒の「ありがとう」の言葉に安心しつつも、もっとわかりやすい説明はないだろうかと考えるようです。毎回真剣勝負なので様々な苦労がありますが、いろいろな形で努力が報われるようです。

~おりがみ教室とは~
日本折紙協会事務局では、全国の日本折紙協会公認の折紙講師を派遣しています。
おりがみ教室をご依頼いただく際は、専用の申込書をご提出いただきますので、
協会ホームページをご覧ください。
必要事項をご記入の上、実施日の最低1~2月前にご提出ください。

おすすめの購読プラン

月刊おりがみ 雑誌の内容

季節にあった折り紙の折り方がたくさん載った楽しい雑誌「月刊おりがみ」毎年の行事にあわせた内容を特集します
幼稚園、保育園の壁紙飾りや教材として、また、四季折々の暮らしを飾り、ゆとりある豊かな気持ちを育み子どもから大人まで楽しめます。

月刊おりがみの無料サンプル

436号 (2011年11月01日発売)
436号 (2011年11月01日発売)をまるごと1冊ご覧いただけます
サンプルを見る

+   月刊おりがみの目次配信サービス

月刊おりがみを買った人はこんな雑誌も買っています!

趣味・芸術 雑誌の売上ランキング

BE-PAL(ビーパル)

2021年01月08日発売

目次: 特別付録 コールマン“あったか”ブランケットBIG/特集 2020-2021本当に売れたアウトドア道具BEST300/野外料理の達人が伝授!ほっこり激ウマ!アウトドア鍋14レシピ

アウトドアといえばBE-PAL(ビーパル)!

  • 2020/12/09
    発売号

  • 2020/11/09
    発売号

  • 2020/10/09
    発売号

  • 2020/09/09
    発売号

  • 2020/08/06
    発売号

  • 2020/07/09
    発売号

2 美術手帖

美術出版社

最大
50%
OFF
送料
無料

美術手帖

2021年01月07日発売

目次: 特集
2020年代を切り開く
ニューカマー・アーティスト100

新進気鋭の作家から、まだあまり活動を知られていない作家まで、要注目のニューカマー・アーティスト100組を紹介する。
日本を拠点に活動する、もしくは日本国籍を持つアーティストを対象に、キュレーター、批評家、アーティストらから推薦を募った。また芸術分野のジェンダー不平等な状況を鑑み、推薦者は男女同数に依頼した。(*)
後半には、アートスペース、コミュニケーション、ハラスメント問題という3つのテーマから、アーティストと美術界の未来を探る記事を掲載。近年明るみに出た様々な問題のもととなる硬直化した権力構造に一石を投じ、新たな可能性を提示する実践を紹介する。
コロナ禍によって様々な価値観が転覆し、多様性を求める声が社会のなかで高まるいま、日本のアートシーンもまた大きな変化を必要としている。時代を刷新する新たな表現の萌芽や、アーティストたちの試みに注目してほしい。

*──ただし各推薦者にご自分のジェンダー・アイデンティティを確認していないため、推薦者と編集部の認識が異なる可能性がある。また推薦者1名からの希望により、1組は連名になっている。


SPECIAL FEATURE
2020年代を切り開くニューカマー・アーティスト100

PART1
ニューカマー・アーティスト100

浅野友理子/柳瀬安里/エレナ・トゥタッチコワ/菊地匠/関優花/
川口瑠利弥/キヤマミズキ/小川潤也/久保田智広/さとうくみ子/
杉藤良江/八幡亜樹/高本敦基/鈴木雄大/Shart &Bahk/磯崎未菜/
古閑慶治/山口麻加/本山ゆかり/泉川のはな/菊池聡太朗/斉木駿介/
水上愛美/宮田明日鹿/近藤太郎/田島ハルコ/木坂美生/前田耕平/
副島しのぶ/盛田渓太/青柳拓/濵口京子/みょうじなまえ/春原直人/
青木美紅/森山晴香/許寧/近藤七彩/大見新村プロジェクト/宮川知宙/
リリー・シュウ/幸洋子/猪瀬直哉/うらあやか/皆藤齋/東山詩織/
鄭梨愛/寺田衣里/堀内悠希/乾真裕子/阿児つばさ/畑山太志/
ジョン・パイレス/木下令子/細井美裕/平野真美/鮫島ゆい/遠藤薫/
内田望美/小林紗織/櫻井崇史/小笠原盛久/工藤千尋/臼井達也/
後藤有美/仲田恵利花/折笠良/長田奈緒/名もなき実昌/灰原千晶/
渡邉庸平/石澤英子/山本千愛/大橋鉄郎/桑迫伽奈/オヤマアツキ/
岩本麻由/高野萌美/隅田うらら/青原恒沙子/高橋臨太郎/青山真也/
Ahmed Mannan/石毛健太/ 雯婷/迎英里子/黒川岳/浦川大志/吉田山/
丸山のどか/藤田クレア/NTsKi/西永怜央菜/大野晶/川角岳大/
澤田華/寺田健人/野村由香/武政朋子/谷澤紗和子

推薦者・執筆者一覧


PART2
新時代のためのアート・プラクティス

注目の新進アートスペース
新大久保UGO/山中suplex/ナオ ナカムラ/The 5th Floor

コラム:つやま自然のふしぎ館と無美術館主義
原田裕規=文

コミュニケーションとつながり
対談:田村かのこ×布施琳太郎

ハラスメント問題
対談:荒木夏実×岩崎貴宏

論考:日本美術界のジェンダー・アンバランスとハラスメント
竹田恵子=文

ハラスメント防止ガイドライン
EGSA JAPAN=作成


SPECIAL FEATURE
平成美術
うたかたと瓦礫1989-2019
「平成」の美術はいかにして成立しうるか?

椹木野衣インタビュー
山本浩貴=聞き手

参加作家座談会
松蔭浩之×中ザワヒデキ×梅津庸一×李晶玉
筒井宏樹=聞き手・構成

参加作家グループ紹介


ARTIST PICK UP
ゲリラ・ガールズ/竹川宣彰


WORLD NEWS
New York /London /Berlin /Neuss /Insight


アート&デザイン学校ガイド
武蔵野美術大学/女子美術大学/多摩美術大学/
東京造形大学/相模女子大学 ほか


ARTIST INTERVIEW
豊嶋康子
藪前知子=聞き手


特別寄稿
公共と彫刻のために
小田原のどか=文


REVIEWS
「クルト・セリグマンと岡本太郎」展
椹木野衣=文
「ロバート・フランク ブック&フィルム 1947– 2019」展
清水穣=文

青柳龍太「我、発見せり。」(17)
平山昌尚「つづく」44話
プレイバック! 美術手帖

タグ・エイケン New Ocean: thaw
岡田杏里「Soñar dentro de la tierra」展


BOOK
月刊美術史
常備店リスト
バックナンバー案内
次号予告

参考価格: 1,760円 定期購読(【月額払い】プラン)なら1冊:880円

美術の専門雑誌という枠組みにとらわれず、さまざまなジャンルを横断する斬新な内容に定評。

  • 2020/11/07
    発売号

  • 2020/09/07
    発売号

  • 2020/07/07
    発売号

  • 2020/05/07
    発売号

  • 2020/03/06
    発売号

  • 2020/01/07
    発売号

最大
14%
OFF

CasaBRUTUS(カーサブルータス)

2021年01月09日発売

目次: MY HOME 2021
新しい家のつくり方

これからの暮らしと家づくり。
最新BEST 住宅サンプル集!

「新しい生活様式」が喧伝される中、住宅の価値基準も変わろうとしています。
家で過ごす時間が長くなるにつれ、リラックスできるリビングや機能的なキッチンはもちろん、建材、空調設備、通気性、生活動線、音響設備まで、住空間を細やかにチューニングしていくことの重要性が再認識されています。
そこで巻頭では、数々の美しい住宅を手がけ、新しい家のあり方を常に模索する、建築家・谷尻誠が自ら設計して2020年に完成させた自邸を大解剖。
新しい時代に向けた新しい家づくりのアイデアを集めました。

HOW TO DESIGN A NEW HOUSE
建築家・谷尻誠が自邸で挑んだ新しい時代の家づくり。
PLANNING:新しい時代に求められるのは どんな変化にも柔軟に呼応する家。
LIVING「:こもる時間」を豊かに変える 洞窟のようなほの暗さ。
KITCHEN:どこから見ても完璧に美しい、コンクリートカウンターが主役です。
DINING:インドアとアウトドア、2つのダイニングを楽しむ。
DESIGN:谷尻さん、100m²のワンルームをどうデザインしたのですか?
POWDER ROOM:ヴィンテージ色の金物や黒タイルで、上品にデザイン。
CLOSET:水回り~寝室の通路を兼ねたウォークインクローゼット。
BATHROOM1:暗めの雰囲気が落ち着くインドアバスルーム。
BATHROOM2:コンクリートに囲まれたプライベート露天風呂。
BEDROOM:こぢんまりした空間に梁や棚の水平ラインが心地いい。
DETAILS:空間の美しさを邪魔しない、〝なじむ〞ディテールが理想。

LIVING WITH NATURE
自然と暮らす家。
土地の魅力を最大限に活かした山の家。:齊藤太一(造園家、〈SOLSO〉代表)
音を楽しむ、森の中のドームハウス。:蓮井幹生(写真家)
外気0℃でも室温20℃の住空間。:古川 潤・佐藤柚香(アトリエヨクト主宰)
アートに囲まれた森のスマートハウス。:山本憲資(Sumally Founder&CEO)

BEST HOUSE 2021
最新住宅カタログ。
【PeacoQ】by UID/前田圭介
【T/K邸】by SSA/園田慎二
【SETOYAMA】by MORIYA AND PARTNERS/森屋隆洋
【K HOUSE】byトネリコ/君塚賢
【ひかり庭のコートハウス】by 杉山博紀建築設計事務所/杉山博紀
【朝霞の住宅】by STUDIO YY/中本剛 志+田中裕一・吉田昌平建築設計事務所/ 吉田昌平
【ケーブルカー】by 生物建築舎/藤野高志
【雑司が谷高橋邸】by 高橋朋之+川口琢磨
【ササハウス】by 矢部達也建築設計事務所/矢部達也

住宅デザイン建築家リスト
新しい家づくりのための 住宅ニュース2021

ホンマタカシ TOKYO NEW SCAPES
祐真朋樹 Miracle Closet
古今東西 かしゆか商店
長山智美 デザイン狩人
小寺慶子 レストラン予報
ほしよりこ カーサの猫村さん
Chill Cars 時代を超えて愛される、デザインの良い車。

参考価格: 980円 定期購読(2年プラン)なら1冊:843円

ファッション、建築、デザイン、インテリア、食、アートなど、暮らしにまつわる「デザイン」情報をお届けするLife Design Magazine = 暮らしのデザイン誌

  • 2020/12/09
    発売号

  • 2020/11/09
    発売号

  • 2020/10/09
    発売号

  • 2020/09/09
    発売号

  • 2020/08/07
    発売号

  • 2020/07/09
    発売号

4 ランドネ

エイ出版社

最大
50%
OFF
送料
無料
参考価格: 1,000円 定期購読(【月額払い】プラン)なら1冊:500円

アクティブな女性のためのアウトドアマガジン。街が知らない感動体験、山の上で出会えます。

  • 2020/09/23
    発売号

  • 2020/07/21
    発売号

  • 2020/05/23
    発売号

  • 2020/03/23
    発売号

  • 2020/01/23
    発売号

  • 2019/11/22
    発売号

最大
50%
OFF
送料
無料
参考価格: 1,100円 定期購読(【月額払い】プラン)なら1冊:605円

山登りをやってみたいと思っている20~30代、登山雑誌になじめない40~50代の人への情報誌。

  • 2020/12/15
    発売号

  • 2020/11/13
    発売号

  • 2020/10/15
    発売号

  • 2020/09/15
    発売号

  • 2020/08/12
    発売号

  • 2020/07/15
    発売号

最大
8%
OFF
送料
無料

月刊ホビージャパン(Hobby Japan)

2020年12月25日発売

目次: 【別冊付録】ガンプラアーカイブ2020-2021
その年に発売されたガンプラや、ガンプラに関連するトピックを振り返りつつ、翌年のガンプラ展開にも少しだけ触れてみる本誌版ガンプラカタログ「ガンプラアーカイブ2020-2021」が別冊付録となります。オールカラー96ページでお届けしますのでご期待ください!!

【巻頭特集】プレイバック! “TV版”『新機動戦記ガンダムW』
ここしばらく新商品がコンスタントにリリースされている『新機動戦記ガンダムW』。
一時期は“Endless Waltz版”のリリースが目立ったが、ここ最近はHGシリーズにおけるヘビーアームズ、サンドロック改、ヴァイエイト&メリクリウス、そして「ガンプラEXPO」でのRG ウイングガンダムの発表と、なんだかTV版が盛り上がりを見せているぞ…?
ということで、本誌2020年最後の巻頭特集は“TV版”『ガンダムW』を大特集!
ちなみに、同時期にリリースされるMOOK『ガンダムフォワードVol.4』では“Endless Waltz版”をピックアップし、12月は本誌とMOOKで『ガンダムW』祭りを開催します!
見どころの多い作例と企画を準備しているので、自爆しないで待っててね! !

参考価格: 1,100円

ホビーファンのための総合ホビー誌

  • 2020/11/25
    発売号

  • 2020/10/24
    発売号

  • 2020/09/25
    発売号

  • 2020/08/25
    発売号

  • 2020/07/22
    発売号

  • 2020/06/25
    発売号

NHK すてきにハンドメイド

2020年12月21日発売

目次: 特別付録 型紙・図案/特集 手作りで楽しむおうち時間/かっぽう着で1年をスタート

丁寧な作り方解説と付録の型紙でビギナーでもすぐ作れます!

  • 2020/11/21
    発売号

  • 2020/10/21
    発売号

  • 2020/09/21
    発売号

  • 2020/08/21
    発売号

  • 2020/07/21
    発売号

  • 2020/06/21
    発売号

送料
無料

NHK 趣味の園芸

2020年12月21日発売

目次: 特集 冬こそ!インドアグリーン/注目特集 縁起物植物

人生100年 植物と暮らそう!

  • 2020/11/21
    発売号

  • 2020/10/21
    発売号

  • 2020/09/21
    発売号

  • 2020/08/21
    発売号

  • 2020/07/21
    発売号

  • 2020/06/21
    発売号

9 将棋世界

マイナビ出版

最大
50%
OFF
送料
無料

将棋世界

2020年12月28日発売

目次: 新春インタビュー 藤井聡太二冠 直筆サイン色紙プレゼント


●巻頭カラー
・新春スペシャルインタビュー 藤井聡太二冠「二冠奪取を振り返る」構成/荒井 勝
・第33期竜王戦七番勝負 豊島将之竜王vs羽生善治九段 [第5局]戦いは終わらない 記/大川慎太郎
・フォト竜王戦第4局「最強vs伝説の指宿対局」撮影/金子光徳
・第10期リコー杯女流王座戦五番勝負 西山朋佳女流王座vs里見香奈女流四冠 [第4局]二人の創作 記/馬上勇人(リコー)
・読者モニター募集2021「現代の名工 本榧将棋盤」

●プロ棋戦
・第33期竜王戦七番勝負 豊島将之竜王vs羽生善治九段 [第4局]好角を幻にした疑問手 記/大川慎太郎
・第28期銀河戦 藤井聡太二冠vs糸谷哲郎八段 [決勝]早指し克服 藤井、初優勝 記/渡部壮大
・第41回将棋日本シリーズJTプロ公式戦 豊島将之竜王vs 永瀬拓矢王座[決勝]豊島、4年ぶりの栄冠 記/渡部壮大
・第28期大山名人杯倉敷藤花戦三番勝負 里見香奈倉敷藤花vs中井広恵女流六段[第1局]歴史の1ページ 記/藤本裕行

●戦術特集
・指してみよう!現代の相掛かり―考え方と狙い筋を知れば意外と簡単―
 Chapter1 講座「やさしく学ぼう 現代の相掛かり」講師/大石直嗣七段
 Chapter2 好局鑑賞「盤上でプロの相掛かりを体感」

●連載講座
・徹底解析 藤井聡太 コンピュータソフト「やねうら王」と行く藤井将棋観戦ツアー
【第2回】第70期王将戦挑戦者決定リーグ VS広瀬章人八段  ガイド/谷合廣紀四段
・短期集中講座 勝又教授が帰ってきた! 居飛車vs振り飛車 対抗形の軌跡【持久戦編6】居飛車の対策・先手藤井システム編
・アマのための月刊B級ファン 【第9回】美馬棒銀(▲6九金型角換わり棒銀)前編」美馬和夫
・詰将棋を作っちゃおう「開き王手」上田初美女流四段

●連載読み物
・リレーエッセイ〈棋士と日常〉第2回「残り時間を見据えて」青野照市九段
・戦国順位戦―歴史は棋士たちに何を望むのか!―「B級1組9回戦」泉正樹八段
・将棋めし いま、むかし 最終回「市民権を得た将棋めし」小笠原輝
・昭和名棋士・次の一手〈熟練の技の譜跡〉第2回「九段 大野源一」田丸昇九段

●その他
・第79期A級順位戦予想クイズ
・クローズアップ「加藤桃子女流三段」女流名人リーグ全勝 挑戦権獲得
・電王戦を描いた話題作 映画『AWAKE』山田篤宏監督に聞く

●付録
実戦次の一手「相掛かり最前線 流行の変遷」上村 亘五段

定期購読(【月額払い】プラン)なら1冊:410円

幅広い内容で迫るビジュアルな将棋総合雑誌。※デジタル版についてのご注意: 付録はつきません。棋力認定問題には応募できません。懸賞への応募ができない場合があります。

  • 2020/12/03
    発売号

  • 2020/11/02
    発売号

  • 2020/10/02
    発売号

  • 2020/09/03
    発売号

  • 2020/08/03
    発売号

  • 2020/07/03
    発売号

月刊おりがみの所属カテゴリ一覧

日本最大級の雑誌取り扱い数!
定期購読の利用数100万人以上!
定期購読とは
雑誌を予約することで毎号ご自宅へお届けします!売り切れの心配なし♪
もっと詳しく ▶︎
タダ読みサービス
無料で雑誌が読み放題♪今日発売のあの雑誌も。
もっと詳しく ▶︎
法人サービス
雑誌を年間5万円以上ならお得な法人プレミアムサービスで!
もっと詳しく ▶︎
アフィリエイト
あなたのサイトで雑誌をおすすめしてみませんか?
もっと詳しく ▶︎
カテゴリ一覧
女性ファッション 雑誌
きれいめ・大人カジュアル系 雑誌 モード系・コレクション 雑誌 フェミニン系 雑誌 ママ・主婦 雑誌 コンサバ系 雑誌 ナチュラル系 雑誌 カジュアル系 雑誌 オフィスカジュアル 雑誌 子ども・キッズファッション 雑誌 ガーリー系 雑誌 ティーンズファッション 雑誌 原宿系 雑誌 着物・和服 雑誌 ギャル系 雑誌 セレブ系 雑誌 森ガール系 雑誌
メンズファッション 雑誌
メンズきれいめカジュアル 雑誌 モノ・グッズ 雑誌 メンズカジュアル 雑誌 ストリートファッション系 雑誌 スーツ・トラッド系 雑誌 アメカジ 雑誌 オラオラ系・お兄系 雑誌 腕時計・ブランド 雑誌 古着系 雑誌
ビジネス・経済 雑誌
経営・マネジメント 雑誌 海外事情・国際ニュース 雑誌 政治 雑誌 マネー・投資 雑誌 ビジネス・経済専門誌 求人・転職情報誌 法律・法務 雑誌 環境・エネルギー 雑誌 広告・マーケティング 雑誌 流通・小売 雑誌 人事・総務 雑誌 四季報 外食・ホテル業界 雑誌 会計・税務・経理 雑誌 農業・畜産・漁業 雑誌 飲食店経営・調理師 雑誌 金融 雑誌 貿易 雑誌 地方自治・行政 雑誌 起業・独立開業 雑誌 企業年鑑・データ 業界データブック 自己啓発 雑誌 ビジネスCD・通信教育 株・FX 雑誌 就職・就活 雑誌
健康・生活 雑誌
子供・児童学習 雑誌 子育て・育児 雑誌 家事・生活情報 雑誌 健康・家庭医学 雑誌 住宅・リフォーム 雑誌 住宅情報・賃貸 雑誌 インテリア・雑貨 雑誌 田舎暮らし・エコ・スローライフ 雑誌 結婚情報・ウェディング 雑誌 絵本・大型絵本 妊婦・赤ちゃん 雑誌
スポーツ 雑誌
サッカー・フットサル 雑誌 高校野球・プロ野球 雑誌 ゴルフ 雑誌 その他球技・競技 雑誌 釣り 雑誌 相撲・武術・武道 雑誌 筋トレ・ボディビル 雑誌 ダイビング・マリンスポーツ 雑誌 スノーボード・スキー 雑誌 ランニング・ウォーキング 雑誌 テニス・卓球 雑誌 バレエ・社交ダンス 雑誌 スポーツ医学・コーチング 雑誌 自転車・サイクリング 雑誌 サーフィン・ボディーボード 雑誌 バスケットボール 雑誌 F1・モータースポーツ 雑誌 ダンス 雑誌 プロレス・格闘技 雑誌 ボクシング 雑誌 水泳・ボート 雑誌 ラグビー・アメフト 雑誌
バイク・自動車・乗り物 雑誌
オートバイ 雑誌 カスタムカー・バイク 雑誌 外車・輸入車 雑誌 4WD・RV 雑誌 新車・ニューモデル情報 鉄道・電車 雑誌 飛行機・航空機 雑誌 中古車・中古バイク 雑誌
芸能・音楽 雑誌
テレビガイド・番組表 雑誌 音楽情報誌 エンタメ 雑誌 DVD(ビデオ)マガジン 映画・シネマ 雑誌 韓国(韓流・K-POP) 雑誌 ピアノ・クラシック 雑誌 ギター・ロック 雑誌 演劇・舞台 雑誌 洋楽 雑誌 ジャズ(JAZZ) 雑誌 ジャニーズ 雑誌 グラビア・アイドル 雑誌 写真週刊誌・ゴシップ 雑誌 写真集
グルメ・料理 雑誌
レシピ 雑誌 グルメガイド・レストラン 雑誌 お酒(ワイン・日本酒など) 雑誌 栄養学・食育 雑誌 パン・スイーツ 雑誌
旅行・タウン情報 雑誌
京都・関西 雑誌 関東 雑誌 東京(TOKYO) 雑誌 九州 雑誌 東海 雑誌 東北 雑誌 北海道 雑誌 北陸・信越 雑誌 中国地方 雑誌 四国 雑誌 沖縄情報 雑誌 旅行情報誌 温泉 雑誌 リゾート・レジャー 雑誌 タイ・アジア 雑誌 ハワイ 雑誌 その他 海外情報 雑誌 鉄道・バス時刻表本 航空時刻表
アニメ・漫画 雑誌
少年コミック・漫画 少女コミック・漫画 青年コミック・漫画 レディース(女性)コミック アニメ 雑誌 声優 雑誌 comics&アメコミ ディズニー・キャラクター 雑誌 コスプレ 雑誌 BL(ボーイズラブ)コミック・雑誌
ペット・動物 雑誌
犬 雑誌 猫 雑誌 トリマー・ペット業界 雑誌 魚・熱帯魚 雑誌 昆虫 雑誌 ペットその他 雑誌
文芸・総合 雑誌
女性総合誌 男性総合誌 カルチャー・文化 雑誌 文芸誌・小説 雑誌 時事・社会 雑誌 機内誌 宗教 雑誌 歴史・史学 雑誌 思想・心理学 雑誌 俳句・短歌・詩 雑誌 占い・開運 雑誌 書道 雑誌
趣味・芸術 雑誌
デザイン・アート 雑誌 プラモデル・模型 雑誌 ガーデニング・園芸 雑誌 手芸・ハンドメイド 雑誌 パズル・クイズ 雑誌 ナンプレ・数独 雑誌 クロスワード・ナンクロ 雑誌 ミリタリー・サバゲー 雑誌 競馬・競輪・競艇 雑誌 オーディオ・ステレオ 雑誌 アウトドア・キャンプ 雑誌 カメラ・写真 雑誌 分冊百科・ワンテーママガジン 将棋・囲碁 雑誌 イラスト・グラフィックデザイン 雑誌 建築・住宅建築 雑誌 陶芸・骨董 雑誌 ラジオ・無線 雑誌 ゲーム 雑誌 フィギュア・ホビー 雑誌 DIY・工具 雑誌 パチンコ・パチスロ 雑誌 ハイキング・登山 雑誌 麻雀 雑誌
ヘアカタログ・美容 雑誌
メイク・ネイル 雑誌 フィットネス 雑誌 ヘアスタイル 雑誌 ヨガ 雑誌 美容専門誌 ダイエット 雑誌 アロマ 雑誌
看護・医学・医療 雑誌
ナース 雑誌 介護・福祉 雑誌 医療技術 雑誌 薬学 雑誌 臨床外科 雑誌 臨床内科 雑誌 医療時事 雑誌 歯科 雑誌 獣医学 雑誌 理学療法 雑誌 その他 医学雑誌
教育・語学 雑誌
その他 NHKテレビ・ラジオテキスト NHK語学テキスト 幼児教育 雑誌 小学生教育 雑誌 中学教育 雑誌 高校教育 雑誌 受験・留学 雑誌 試験問題集・資格 雑誌 日本語学習 教材 ハングル・韓国語学習 教材 中国語学習 教材 リスニング教材・語学CD 英語教育・英会話 教材 フランス語学習 教材 ドイツ語学習 教材 スペイン語学習 教材 その他 語学雑誌 教員・教師 雑誌 通信・教育講座
テクノロジー・科学 雑誌
宇宙・天文 雑誌 機械 雑誌 化学 雑誌 情報処理 雑誌 地球科学・環境問題 雑誌 生物・生物学 雑誌 数学・物理 雑誌
パソコン・PC 雑誌
コンピューター・自作PC 雑誌 ネットワーク・セキュリティ 雑誌 Webデザイン・プログラミング 雑誌 DTP・グラフィック 雑誌 アプリ・スマホ 雑誌 インターネット 雑誌 Mac・マック 雑誌
新聞・業界紙
英字新聞 業界新聞・専門紙 新聞縮刷版 切り抜き・クリッピングマガジン 全国紙(新聞) 中国語 新聞・業界紙 地方紙(新聞)
洋(海外)雑誌
English newspaper Science&Nature Magazines Language&Education Magazines Money&Business& Magazines Fashion&Style Magazines others Design&Architecture Magazines Hobby&Entertainment Magazines Home&Interior Magazines Computers&Electronics Magazines バイリンガルマガジン・雑誌
中国雑誌
中国 ビジネス・経済 雑誌 中国 旅行・タウン情報 雑誌 中国 趣味・芸術 雑誌 中国 看護・医学 ・医療 雑誌 中国 文芸・総合 雑誌 中国 教育・語学 雑誌 中国 テクノロジー・科学 雑誌 中国 スポーツ 雑誌 中国 ファッション 雑誌 高等文化院校学報 高等理工学院学報 中国 バイク・車・乗り物 雑誌 中国 健康・生活 雑誌 中国 学生・こども向け 雑誌
その他
その他 雑誌