※最新号の表紙とは限りません

footballista(フットボリスタ)

ソル・メディア
月額払いなら毎号10%OFF!送料無料でお届けします!
ワールドサッカーシーンを視点の定まった記事とデザイン・コンシャスな誌面でお届けする、海外サッカー専門誌
欧州フットボール(UEFAチャンピオンズリーグ、各国リーグ)を中心としたワールドサッカーシーンを視点の定まった記事とデザイン・コンシャスな誌面でお届けする、海外サッカー専門誌。フットボールのある生活をより豊かに成熟させる雑誌、それがfootballistaです。

footballista(フットボリスタ)の
定期購読 雑誌・電子書籍(デジタル版)

おすすめの購読プラン
すべての購読プラン
初めてのご購入で500円割引
Fujisan.co.jpでご購入が初めての方は、500円割引(5000円以上のご注文にご利用可)となります。 ご注文確認画面のギフト券入力欄に自動的に表示されます。
レビュー投稿で500円割引
好きな雑誌のレビューを投稿すると、すぐにメールで500円割引ギフト券(5000円以上のご注文にご利用可)と、10%割引ギフト券(5000円以下の定期購読にご利用可)が届きます。
  • 月額払いの商品ではご利用いただけません。
  • どちらかひとつのギフト券が 今すぐご利用可能です♪
footballista(フットボリスタ)のレビューを投稿する
  • + 紙版+デジタル版
  • 毎号価格
    10%
    OFF
    最新号は900円(税込)
  • ◆ 送料:
    無料
  • ◆ 月額払いとは?
    • 毎号、停止の依頼があるまでお送りします。
    • お支払いは、毎月自動引き落としとなります。
    • 最低契約期間の365 日以降は、解約可能となります
    • 詳しくはこちら
  • ◆ 紙+デジタルとは?
    • 「自宅にお届けする雑誌」と「PC、スマートフォンで見るデジタル版」の両方セットの定期購読です。
    • 外出先など、いつでもどこでも雑誌を読むことができます。資料として活用するのに最適です。
    • 詳しくはこちら
  • ◆ 注意事項
    • 対応端末: PC・iOS・Android (印刷可)
    • 2006年10月25日(水)発売号からデジタル版の閲覧が可能です。
    • 定期購読中に限り、デジタル版の閲覧が可能です。
    • footballista(フットボリスタ)305 (2013年05月08日発売)デジタル版には、特別付録本体及び関連記事は掲載しておりません。予めご了承ください。
    • デジタル版では、著作権等の関係で一部掲載していない記事や写真がある場合がございます。
  • + 紙版+デジタル版
  • 10,778円(税込)
    10%
    OFF
    1冊あたり898円
  • ◆ 送料:
    無料
  • ◆ 紙+デジタルとは?
    • 「自宅にお届けする雑誌」と「PC、スマートフォンで見るデジタル版」の両方セットの定期購読です。
    • 外出先など、いつでもどこでも雑誌を読むことができます。資料として活用するのに最適です。
    • 詳しくはこちら
  • ◆ 注意事項
    • 対応端末: PC・iOS・Android (印刷可)
    • 2006年10月25日(水)発売号からデジタル版の閲覧が可能です。
    • 定期購読中に限り、デジタル版の閲覧が可能です。
    • footballista(フットボリスタ)305 (2013年05月08日発売)デジタル版には、特別付録本体及び関連記事は掲載しておりません。予めご了承ください。
    • デジタル版では、著作権等の関係で一部掲載していない記事や写真がある場合がございます。
  • デジタル版
  • 毎号価格
    20%
    OFF
    最新号は800円(税込)
  • ◆ 月額払いとは?
    • 毎号、停止の依頼があるまでお送りします。
    • お支払いは、毎月自動引き落としとなります。
    • 詳しくはこちら
  • ◆ 注意事項
    • 対応端末: PC・iOS・Android (印刷可)
    • footballista(フットボリスタ)305 (2013年05月08日発売)デジタル版には、特別付録本体及び関連記事は掲載しておりません。予めご了承ください。
    • プリント版と発売日が異なる場合がございます。
    • デジタル版では、著作権等の関係で一部掲載していない記事や写真がある場合がございます。
  • デジタル版
  • 9,581円(税込)
    20%
    OFF
    1冊あたり798円
  • ◆ 注意事項
    • 対応端末: PC・iOS・Android (印刷可)
    • footballista(フットボリスタ)305 (2013年05月08日発売)デジタル版には、特別付録本体及び関連記事は掲載しておりません。予めご了承ください。
    • 海外にお住まいのお客様は中途解約できません。
    • プリント版と発売日が異なる場合がございます。
    • デジタル版では、著作権等の関係で一部掲載していない記事や写真がある場合がございます。

footballista(フットボリスタ)の商品詳細

  • 出版社名:ソル・メディア
  • 発行間隔:月刊
  • 発売日:毎月12日
  • 1冊定価:[紙版]998円
ワールドサッカーシーンを視点の定まった記事とデザイン・コンシャスな誌面でお届けする、海外サッカー専門誌
欧州フットボール(UEFAチャンピオンズリーグ、各国リーグ)を中心としたワールドサッカーシーンを視点の定まった記事とデザイン・コンシャスな誌面でお届けする、海外サッカー専門誌。フットボールのある生活をより豊かに成熟させる雑誌、それがfootballistaです。
image image

欧州各国リーグで活躍する注目選手、監督のインタビュー

image image

現地在住ライターによる、欧州各国リーグの注目試合プレビュー&レビュー。

image image

個性豊かな執筆陣による連載企画やオリジナルコラム

image

footballista(フットボリスタ)の無料サンプル

2018年12月号 (2018年11月12日発売)
2018年12月号 (2018年11月12日発売)をまるごと1冊ご覧いただけます
サンプルを見る

footballista(フットボリスタ) 2019年11月号 (2019年10月12日発売) の目次

[特集]
モダンCB論 
後方の司令塔に見る戦術の進化 

[対談]レナート・バルディ×片野道郎
『モダンサッカーの教科書』コンビが考えるモダンCB論

21世紀のリバプール、そしてCBというポジションのステータスを変えたファン・ダイクの価値

偉大なる元帥ナサシ、真の皇帝ベッケンバウアー、不敗神話のファン・ダイク
「フルバック」から紐解くセンターバック史

The Tactical Room
現代の名CBに必要な要素とは――
ジェラール・ピケ:「ヒエラルキー」と「格の違うプレー」が両立している時

L’ Ultimo Uomo
ゴールキックルール改正の影響はすでに出始めている

注目クラブの「チーム戦術×CB」活用術
○ マンチェスター・シティ
フェルナンジーニョ起用でなぜ守れる? ペップが重視する「配置」「優位性」とCB像

○ リバプール
セットプレー以外は「守備要員」 プレスの脱出口はSBの持ち上がり

○ トッテナム
やや「個」に頼った自陣ビルドアップ CBの役割はハーフスペースからの配給

○ アーセナル
D.ルイスの長距離パスを活かせる新機軸も… 「その先」が見えない現状

○ ブライトン
ポッターの“魔法”でCBのパスが激増、典型的ストッパーがプレーメイカーに!

○ シェフィールド・ユナイテッド
オーバーラッピング・センターバック? CBが最前線で数的優位を生み出す!

○ RB ライプツィヒ
新指揮官の下で役割が激変 適応を終えた時、進化は次のフェーズへ

○ ボルシア MG
リスクテイクと安定志向 足下の優れた2CBの異なるタスク

○ シャルケ
よく走り、闘うモダンな戦闘集団 ボランチ含めた好連係がチームの土台に

○ フライブルク
選手の特徴も考慮し、あえて2CMFより3バックで組み立てる

○ アヤックス
状況に応じてサイドにも中盤にも進出 弱点は技術でカモフラージュする「巧者」ぞろい

○ ユベントス
求めるのは「対人」よりも「頭脳」 サッリ流の完全ゾーンディフェンス

○ インテル
コンテ式3バックが早くも機能 質が高くバランスの良いCB陣

○ ナポリ
欧州屈指のCBコンビ形成… のはずが マノラス加入で、クリバリに迷い?

○ アトレティコ・マドリー
メインタスクは組み立て役との調整 スタイル変化でより重要になる「本分」

○ レアル・マドリー
チーム戦術に組み込まれている印象は希薄 役割分担が明確なサッカーで「ほぼ守る人」

○ グラナダ
個人技のない分、連動で勝負。 「特別ではない」チームの終着駅にしてチェック役

時代に取り残される!?「守備に徹する」CBの存在意義
ブルーノ(ヘタフェ)/ジエゴ・カルロス(セビージャ)他

欧州で成長を続ける日本人CBの現在地
○ 長谷部誠/フランクフルト
他のリベロが真似できない異質な守備スキル 「今までの経験があるから今の自分がある」 

○ 吉田麻也/サウサンプトン
「今が一番いい」 成長する31歳、世界最高峰プレミア8年の厚み

○ 昌子源/トゥールーズ
「展開を予想して動く」その才を DFリーダーとして求められるもの

○ 植田直通/セルクル・ブルージュ
「武闘派」から「頭脳派」への脱皮 “イエローなし”が意味するもの

○ 板倉滉/フローニンゲン
監督を振り向かせた意識改革 激しさ身につけ、次は「より高く」

○ 冨安健洋/ボローニャ
レナート・バルディが見た冨安、ボローニャ2カ月半での成長プロセス

COLUMN
縦と横への展開を自在に操るラポルト
「CBとGKの連係」を元ケルンGKコーチ、田口哲雄が解説
1対1に強い若手が出ない。守備の国イタリアのCB事情

INTERVIEW 
ネベン・スボティッチ(ウニオン・ベルリン)
あいまいな“ドイツ” のネベン

マルク・バルトラ(ベティス) 
彼を知り、己を知る現代型CB

槙野智章(浦和レッズ/日本代表)
CBに見つけたゴール以上の快感

連載
TACTICAL FRONTIER/戦術リストランテ
ディープスロート/ウォッチング・グアルディオラ 他

コラム
山中忍/小川由紀子/中田徹
篠崎直也/沢田啓明/チヅル・デ・ガルシア

footballista(フットボリスタ) 2019年8月号(2019-07-12発売) の特集を少しご紹介

「 再現性」を追求するデータ分析の未来
P.6~P.73
2018 年6 月のロシアW 杯のタイミングで、ある競技規則が改定された。ベンチにタブレットなどの通信機器を持ち込むことが許可されたのだ。これによって監督やコーチングスタッフは、試合中にリアルタイムで映像やデータをチェックすることが可能になった。 欧州サッカーでも18 ?19 シーズンからこのルールが採用され、現場での試行錯誤が続いている。欧州最高峰のCLでトップクラブが試合中に目まぐるしくシステムを変えるようになったのも、リアルタイム情報が増えたことと無関係ではないのかもしれない。 そこで本誌では「リアルタイム分析の進化」「日本のデータ分析の夜明け」という2 つのテーマで現場のテクニカルスタッフやテクノロジー側のデータ会社など様々なレイヤーの当事者たちを徹底取材し、データ分析の未来を探ってみることにした。テクノロジーはサッカーというスポーツをどう変えるのだろうか――?
戦術リストランテ
「セレソンは最先端であり古典でもある」
P.76~P.78
── 西部さんは今回のコパ・アメリカ全体をどう見ましたか? 「今大会で感じたのは、およそ何も変化がないこと。ブラジル、コロンビア、ウルグアイが3強ですが、これにチリ、アルンチンを加えてもロシアW杯時からメンバーもプレースタイルもほぼ何にも変わっていない。W杯が1年前ということはあると思いますが、南米勢は変化が少ないですね。その中で、ブラジルはFWが変わっているので、まだ変化がある方ですね。 コロンビアもクアドラードがインサイドMFになったのは変化ですが。ウルグアイ、チリはそのまんま。アルゼンチンも悪い意味で変化なし」 ── ゲスト参加の日本はどうでした? 「日本はぶっつけ本番のチリ戦では準備不足が出ましたが、ウルグアイ戦以降は戦い方が定まり、チームとして戦えるようになりました。基本は国としてみんなが持っている共通理解をベースに戦うサッカーでしたね。3戦目のエクアドル戦は混じりけなしの真剣勝負でしたし、いい経験ができたと思います。
Gargantas Profundas en el Madrid. ―― 内部情報が語るレアル・マドリー
久保建英とエデン・アザール。それぞれの獲得の真実
P.85~P.85
絶望的な状況では、人は本能のままに動くものである。ここ最近のレアル・マドリーで起こっているのがまさにそれだ。 フロレンティーノ・ペレス会長のチーム作りは誤った方向へ進んでいる。理由は3つある。1つはゼロからチームを作った経験がないこと。2つ目はどうすればいいのかわからないこと。3つ目は本人はそれをわかったつもりでいることだ。 この3つが合わさって行われたのが、例えば久保建英の獲得である。この18歳の日本人は素晴らしい才能でトップチームのスターになるかもしれない。成功はそんなに遠くない日のことかもしれない。しかし、彼を獲らせたのは頭で計算されたプランではなく、はらわたから湧いてきた衝動である。 長期的なプランの立て方、それに沿った選手獲得術を知らないフロレンティーノは、自分が得意とすることをした。それは政治的嗅覚によって動くことだ。

footballista(フットボリスタ) 2019年7月号(2019-06-12発売) の特集を少しご紹介

18?19 欧州総括
欧州カップ戦&各国リーグ戦
P.6~P.79
リバプールの優勝で幕を閉じた18?19シーズンのCL。こんなにもドラマチックな試合が続いた年は、長いCLの歴史でも唯一なのではないだろうか。毎シーズン1回あるかないかの「世紀の大逆転劇」が何度も見られた。ベスト16からポルト(ローマ相手に1?2から3?1の逆転)、マンチェスター・ユナイテッド(パリSG相手に0?2から3?1の逆転)、アヤックス(レアル・マドリー相手に1?2から4?1の逆転)、ユベントス(アトレティコ相手に0?2から3?0の逆転)。準決勝では、リバプールがバルセロナ相手に0?3から4?0の大逆転劇を演出。そして、アヤックスと対戦したトッテナムもホームでの初戦を0?1で落とし、アウェイの第2レグの前半で0?2(計0?3)にされながらも、後半で一気に3点返しアウェイゴールで上回る。両試合ともCLの歴史に残る大逆転劇となった。
名優たちの”セカンドライフ”
ニコラス・ロデイロ
P.86~P.86
「ウ・ル・グアージョ! ウ・ル・グアージョ!」――「ウルグアイ人」を称えるコールが響き渡るボンボネーラ(ボカ・ジュニオールのホームスタジアム)の光景を、ロデイロは今でも鮮明に覚えている。 ほんの1年半足らず在籍しただけだったが、毎試合ピッチで全力を出し切ったロデイロはボカのサポーターたちの心をしっかりとつかんだ。闘志あふれるウルグアージョと情熱的なボケンセたちは完全に相思相愛の関係で結ばれていたのだ。 シアトル・サウンダーズへ移籍したのは2016年7月、コパ・リベルタドーレス準決勝で痛恨の敗退を喫した後のこと。 「移籍を決意するのは容易なことではなかった。長い間ボカでプレーすることを夢見ていた者として、お別れはとても辛い。(シアトルからは)もっと早く加入してほしいと言われていたけど、僕はリベルタが終わるまでボカにいたかった。期待に応えることができなかったとしたら謝りたい。自分は常にベストを尽くしたつもりだ」 惜しみ、惜しまれつつボカを去ったロデイロは、未知の世界だったMLSで新たなキャリアをスタートさせた。
CALCIOおもてうら
P.94~P.94
今シーズンのセリエA には「勝ち組」がいないと前回のコラムで書いたが、終わってみれば優勝したユベントスを筆頭に、インテル、ミラン、ローマと、トップ5 に入ったビッグクラブがそろって監督の首をすげ替える異例の事態になっている。 彼らに共通するのは、トップマネージメント、強化、監督というクラブ運営における3つのレイヤーで人事サイクルが噛み合っておらず、そのズレが生み出した軋轢がシーズンの展開を少なからず左右し、また監督の仕事に対する評価にも小さくない影響を及ぼしたこと。ここ何カ月か本誌のテーマの1つになっている「総力戦」という切り口から見ると、上で見た3つのレイヤー間でベクトルが合っていなかったため、「総力を結集する」体制が整わない状態でシーズンを送った、という言い方ができるだろうか。

footballista(フットボリスタ) 2019年6月号(2019-05-11発売) の特集を少しご紹介

コパ・アメリカ展望
情熱と、戦術と。日本が体感する魅惑の南米
P.6~P.77
関西風に言うならば、「あのこてこての情熱にまた会える!」 かれこれ30年近くも欧州サッカーの試合時刻に合わせて、仕事のためにその日の体調のピークを持ってくる生活を続けているから、そこから数時間ずれる南米のキックオフ時間はどうしても苦手だ。それでも南米の面白さがギュギュッと詰まったコパ・アメリカのライブ観戦は待ち遠しい。 誤解を恐れずに言えば、南米の大会はある程度いい加減に見た方が楽しいと思う。あやふやさを許容する傾向が欧州より強いからだ。なんてったって南米は広くて複雑でややこしい。国土も自然もでっかい。多くの民族が共存するからすべてを包括する必要があるわけだ。 選手たちは技術をお金に換えるために経済的に豊かな欧州で好まれるサッカーを覚え旅立っていくが、本来は小さくまとまる器ではないだろう。普段は欧州の規格に合わせている南米の精鋭たちが本来の遺伝子をのぞかせる舞台こそコパ・アメリカだ。スーパーエリートのメッシもネイマールもこの大会の優勝を心から強く欲している。
Gargantas Profundas en el Madrid.
ディープスロート ―― 内部情報が語るレアル・マドリー
P.89~P.89
ジダンは騙されたことに気がついた。自分は出口のない迷路にいることを完璧に理解した。自分の言うことを無視しプランニングを破壊するフロレンティーノ・ペレス会長と、孤独に戦っている。もう一度辞任しようかとも考えた。だが、会長の側近は言う。「今回は、我われは彼をしっかりと捕まえている」と。 会長がジダンに復帰要請をした3月10日、2人の間にどんなやり取りがあったのかが明らかになってきた。が、どういう理屈で拒否できなかったのかは不明のままだ。 クラブ上層部によると、会長は魅力的な条件を提示したという。税込み基本年俸3000万ユーロ(約38億円/ボーナス別)、3億ユーロ(約375億円)の補強費を使えること、それでも足りない時はベイル、イスコ、モドリッチ、カセミロ、クロース、セルヒオ・ラモスの売却金を追加できることだ。
Theatre Of ENTERTAINMENTS
“El Bar?a femenino hace historia”「バルサ女子チームが歴史を作る」
P.85~P.85
バルセロナの男子チームが通算26回目のリーグ優勝を決めた翌日の4 月28日、今度は女子チームが偉業を達成した。本拠ミニ・エスタディにバイエルンを迎えて行われた女子CLの準決勝第2レグ。この試合でバルサは、アウェイでの第1レグに続いてバイエルンを1?0で退け、スペインのチームで史上初となる決勝進出を果たしたのだ。 バルサの女子CLでの躍進にとどまらず、ここ最近のスペインでは女子サッカーの盛り上がりが加速している。今年1月に開催されたアスレティック・ビルバオ対アトレティコ・マドリーで女子サッカーにおける国内新記録の4万8121人を動員すると、その2カ月後のアトレティコ対バルサでは実に6万739 人を動員。女子のクラブサッカーにおける世界記録をも更新した。一方、今回の歴史的一戦では1万2764人を記録。バルサ女子チーム のホームゲームにおけるレコードを樹立している。

+   footballista(フットボリスタ)の目次配信サービス

footballista(フットボリスタ)のレビュー
総合評価: ★★★★☆ 4.38
全てのレビュー:310件

レビュー投稿で500円割引!
よりサッカーを知りたくなる
★★★★★2019年08月17日 谷 会社員
欧州サッカー等の布陣予想であったり、注目選手であったり誰が見ても興味が湧く内容があり読みやすいです。 監督、ディレクター、クラブ内部のことなども書かれておりよりそのクラブに興味を持つことができ、とても楽しませて頂いてます。
ただ試合を見るだけでは物足りなくなってしまった方向き
★★★★★2019年08月06日 ぼへ 会社員
月刊誌になって情報誌としての速報性は無くなったものの、特集記事が飛躍的に充実したので、個人的にはドンピシャな雑誌化しました。
すすめられた
★★★★★2019年06月15日 そーま 学生
クラブの先輩にすすめられ購入。とてもためになることばかりだったので定期購読決定!
マニア向け
★★★★☆2019年06月14日 やまお アルバイト
戦術やフィジカルトレーニング、トレーナーなど欧州サッカーをマニアックに見たい人におすすめ
フットボリスタ
★★★★★2019年05月01日 ひらく 会社員
欧州サッカーを中心に具体的にわかりやすく解説しており、非常に参考になります!
最新情報を手にできる。
★★★★☆2019年04月24日 妥協の神様 大学院生
日々ヨーロッパにおける最新情報をゲットできる唯一の雑誌として定期購読しています。ビギナー用のサッカー雑誌というよりは、よりサッカーを深く知りたい人用だと思います。
ワールドシーンを観るサッカー誌
★★★★☆2019年04月13日 Foole P 公務員
サッカー好きの息子の愛読誌です。もう5年間くらい継続で購入していますが、ヨーロッパサッカーを中心とした本格的な内容が気に入っています。
カフェに置いています。
★★★★★2019年04月04日 honeybee123 経営者
一時購読を取りやめましたが、2~30代の男性からのリクエストが多くまた購入することになりました。
全方位
★★★★★2019年03月24日 イニエスタブリッシュ 教職員
 フットボリスタを定期購読させていただいています。様々な視点でチームや選手が描かれているのが大変魅力的です。特に、3月号の「総力戦となった現代サッカー」はチームの方向性を見る上で大変参考になる号でした。これからも、様々な視点で描かれることを楽しみにしています。個人的には、モナコのジャルディン監督が行ったエコロジカルトレーニングに興味があります。これが特集されるとうれしいです。
読みたいタイトルが揃っている
★★★★★2019年03月20日 雪次郎 大学生
読みたいと思った雑誌は大体揃っていますし定期購読をすると割引サービスもあるのでとても満足しています。
レビューをさらに表示

footballista(フットボリスタ)をFujisan.co.jpスタッフが紹介します

footballista(フットボリスタ)は、海外サッカーの情報を詳しく紹介している専門誌です。とりわけ欧州フットボール(UEFAチャンピオンズリーグ、各国リーグ)を中心にサッカー情報を掲載しているのが特徴です。日本のスポーツ番組やネットのニュースでは知ることのできない欧州サッカーのコアな情報を知ることができます。海外の選手や監督の性格、気質なども正確に伝えてくれるので、試合を観戦する際の楽しみ方が広がるでしょう。さらに、現地のサッカー関係者の生の声、各種メディア情報の抜粋など日本にいながら現地のバックグラウンドを感じられるので、欧州のサッカーが好きならば必読の情報誌です。

footballista(フットボリスタ)では、その他にもサッカーの戦術、効果的なトレーニング方法などサッカーが上達するための役に立つ情報も満載です。なので、学校やクラブなどでサッカーを指導している方は大いに参考になるでしょう。また、footballista(フットボリスタ)で掲載されている選手の写真やレイアウトは非常に美しいので、ただ眺めているだけでも楽しめます。他のサッカー関連の情報誌では入手できない情報が満載なので、footballista(フットボリスタ)はサッカーマニアにお勧めの雑誌といえるでしょう。

footballista(フットボリスタ)のバックナンバー

footballista(フットボリスタ)を買った人はこんな雑誌も買っています!

スポーツ 雑誌の売上ランキング

footballista(フットボリスタ)の所属カテゴリ一覧

キャンペーン&TOPICS

ご存知ですか?
Fujisan.co.jpにはお得なサービスが満載です!
定期購読
雑誌は定期購読がお得です!初めての方500円割引♪
もっと詳しく ▶︎
タダ読みサービス
無料で雑誌が読み放題♪今日発売のあの雑誌も。
もっと詳しく ▶︎
法人サービス
年間5万円以上ならお得な法人プレミアムサービスで!
もっと詳しく ▶︎
アフィリエイト
あなたのサイトで雑誌をおすすめしてみませんか?
もっと詳しく ▶︎
カテゴリ一覧
女性ファッション 雑誌
きれいめ・大人カジュアル系 雑誌 モード系・コレクション 雑誌 フェミニン系 雑誌 ママ・主婦 雑誌 コンサバ系 雑誌 ナチュラル系 雑誌 カジュアル系 雑誌 オフィスカジュアル 雑誌 子ども・キッズファッション 雑誌 ガーリー系 雑誌 ティーンズファッション 雑誌 原宿系 雑誌 着物・和服 雑誌 ギャル系 雑誌 セレブ系 雑誌 森ガール系 雑誌
メンズファッション 雑誌
メンズきれいめカジュアル 雑誌 モノ・グッズ 雑誌 メンズカジュアル 雑誌 ストリートファッション系 雑誌 スーツ・トラッド系 雑誌 アメカジ 雑誌 オラオラ系・お兄系 雑誌 腕時計・ブランド 雑誌 古着系 雑誌
ビジネス・経済 雑誌
経営・マネジメント 雑誌 海外事情・国際ニュース 雑誌 政治 雑誌 マネー・投資 雑誌 ビジネス・経済専門誌 求人・転職情報誌 法律・法務 雑誌 環境・エネルギー 雑誌 広告・マーケティング 雑誌 流通・小売 雑誌 人事・総務 雑誌 四季報 外食・ホテル業界 雑誌 会計・税務・経理 雑誌 農業・畜産・漁業 雑誌 飲食店経営・調理師 雑誌 金融 雑誌 貿易 雑誌 地方自治・行政 雑誌 起業・独立開業 雑誌 企業年鑑・データ 業界データブック 自己啓発 雑誌 ビジネスCD・通信教育 株・FX 雑誌 就職・就活 雑誌
健康・生活 雑誌
子供・児童学習 雑誌 子育て・育児 雑誌 家事・生活情報 雑誌 健康・家庭医学 雑誌 住宅・リフォーム 雑誌 住宅情報・賃貸 雑誌 インテリア・雑貨 雑誌 田舎暮らし・エコ・スローライフ 雑誌 結婚情報・ウェディング 雑誌 絵本・大型絵本 妊婦・赤ちゃん 雑誌
スポーツ 雑誌
サッカー・フットサル 雑誌 高校野球・プロ野球 雑誌 ゴルフ 雑誌 その他球技・競技 雑誌 釣り 雑誌 相撲・武術・武道 雑誌 筋トレ・ボディビル 雑誌 ダイビング・マリンスポーツ 雑誌 スノーボード・スキー 雑誌 ランニング・ウォーキング 雑誌 テニス・卓球 雑誌 バレエ・社交ダンス 雑誌 スポーツ医学・コーチング 雑誌 自転車・サイクリング 雑誌 サーフィン・ボディーボード 雑誌 バスケットボール 雑誌 F1・モータースポーツ 雑誌 ダンス 雑誌 プロレス・格闘技 雑誌 ボクシング 雑誌 水泳・ボート 雑誌 ラグビー・アメフト 雑誌
バイク・自動車・乗り物 雑誌
オートバイ 雑誌 カスタムカー・バイク 雑誌 外車・輸入車 雑誌 4WD・RV 雑誌 新車・ニューモデル情報 鉄道・電車 雑誌 飛行機・航空機 雑誌 中古車・中古バイク 雑誌
芸能・音楽 雑誌
テレビガイド・番組表 雑誌 音楽情報誌 エンタメ 雑誌 DVD(ビデオ)マガジン 映画・シネマ 雑誌 韓国(韓流・K-POP) 雑誌 ピアノ・クラシック 雑誌 ギター・ロック 雑誌 演劇・舞台 雑誌 洋楽 雑誌 ジャズ(JAZZ) 雑誌 ジャニーズ 雑誌 グラビア・アイドル 雑誌 写真週刊誌・ゴシップ 雑誌 写真集
グルメ・料理 雑誌
レシピ 雑誌 グルメガイド・レストラン 雑誌 お酒(ワイン・日本酒など) 雑誌 栄養学・食育 雑誌 パン・スイーツ 雑誌
旅行・タウン情報 雑誌
京都・関西 雑誌 関東 雑誌 東京(TOKYO) 雑誌 九州 雑誌 東海 雑誌 東北 雑誌 北海道 雑誌 北陸・信越 雑誌 中国地方 雑誌 四国 雑誌 沖縄情報 雑誌 旅行情報誌 温泉 雑誌 リゾート・レジャー 雑誌 タイ・アジア 雑誌 ハワイ 雑誌 その他 海外情報 雑誌 鉄道・バス時刻表本 航空時刻表
アニメ・漫画 雑誌
少年コミック・漫画 少女コミック・漫画 青年コミック・漫画 レディース(女性)コミック アニメ 雑誌 声優 雑誌 comics&アメコミ ディズニー・キャラクター 雑誌 コスプレ 雑誌 BL(ボーイズラブ)コミック・雑誌
ペット・動物 雑誌
犬 雑誌 猫 雑誌 トリマー・ペット業界 雑誌 魚・熱帯魚 雑誌 昆虫 雑誌 ペットその他 雑誌
文芸・総合 雑誌
女性総合誌 男性総合誌 カルチャー・文化 雑誌 文芸誌・小説 雑誌 時事・社会 雑誌 機内誌 宗教 雑誌 歴史・史学 雑誌 思想・心理学 雑誌 俳句・短歌・詩 雑誌 占い・開運 雑誌 書道 雑誌
趣味・芸術 雑誌
デザイン・アート 雑誌 プラモデル・模型 雑誌 ガーデニング・園芸 雑誌 手芸・ハンドメイド 雑誌 パズル・クイズ 雑誌 ナンプレ・数独 雑誌 クロスワード・ナンクロ 雑誌 ミリタリー・サバゲー 雑誌 競馬・競輪・競艇 雑誌 オーディオ・ステレオ 雑誌 アウトドア・キャンプ 雑誌 カメラ・写真 雑誌 分冊百科・ワンテーママガジン 将棋・囲碁 雑誌 イラスト・グラフィックデザイン 雑誌 建築・住宅建築 雑誌 陶芸・骨董 雑誌 ラジオ・無線 雑誌 ゲーム 雑誌 フィギュア・ホビー 雑誌 DIY・工具 雑誌 パチンコ・パチスロ 雑誌 ハイキング・登山 雑誌 麻雀 雑誌
ヘアカタログ・美容 雑誌
メイク・ネイル 雑誌 フィットネス 雑誌 ヘアスタイル 雑誌 ヨガ 雑誌 美容専門誌 ダイエット 雑誌 アロマ 雑誌
看護・医学・医療 雑誌
ナース 雑誌 介護・福祉 雑誌 医療技術 雑誌 薬学 雑誌 臨床外科 雑誌 臨床内科 雑誌 医療時事 雑誌 歯科 雑誌 獣医学 雑誌 理学療法 雑誌 その他 医学雑誌
教育・語学 雑誌
その他 NHKテレビ・ラジオテキスト NHK語学テキスト 幼児教育 雑誌 小学生教育 雑誌 中学教育 雑誌 高校教育 雑誌 受験・留学 雑誌 試験問題集・資格 雑誌 日本語学習 教材 ハングル・韓国語学習 教材 中国語学習 教材 リスニング教材・語学CD 英語教育・英会話 教材 フランス語学習 教材 ドイツ語学習 教材 スペイン語学習 教材 その他 語学雑誌 教員・教師 雑誌 通信・教育講座
テクノロジー・科学 雑誌
宇宙・天文 雑誌 機械 雑誌 化学 雑誌 情報処理 雑誌 地球科学・環境問題 雑誌 生物・生物学 雑誌 数学・物理 雑誌
パソコン・PC 雑誌
コンピューター・自作PC 雑誌 ネットワーク・セキュリティ 雑誌 Webデザイン・プログラミング 雑誌 DTP・グラフィック 雑誌 アプリ・スマホ 雑誌 インターネット 雑誌 Mac・マック 雑誌
新聞・業界紙
英字新聞 業界新聞・専門紙 新聞縮刷版 切り抜き・クリッピングマガジン 全国紙(新聞) 中国語 新聞・業界紙 地方紙(新聞)
洋(海外)雑誌
English newspaper Science&Nature Magazines Language&Education Magazines Money&Business& Magazines Fashion&Style Magazines others Design&Architecture Magazines Hobby&Entertainment Magazines Home&Interior Magazines Computers&Electronics Magazines バイリンガルマガジン・雑誌
中国雑誌
中国 ビジネス・経済 雑誌 中国 旅行・タウン情報 雑誌 中国 趣味・芸術 雑誌 中国 看護・医学 ・医療 雑誌 中国 文芸・総合 雑誌 中国 教育・語学 雑誌 中国 テクノロジー・科学 雑誌 中国 スポーツ 雑誌 中国 ファッション 雑誌 高等文化院校学報 高等理工学院学報 中国 バイク・車・乗り物 雑誌 中国 健康・生活 雑誌 中国 学生・こども向け 雑誌
その他
その他 雑誌