※定期購読のイメージ画像
※定期購読のイメージ画像
  • 書籍

NS NOW

送料無料で確実にお手元へお届けします!
  • 書籍

NS NOW

送料無料で確実にお手元へお届けします!
この商品は定期購読の取扱いがございません。
11,000円
Ⅰ 手技編

術中破裂の予防と対応 井上智弘,長谷川洋敬 

■アウトライン
■セッティング
■開頭時の注意
■脳室穿刺
■硬膜切開と同時に破裂したら
■術野の展開,バイパスの併用
■動脈瘤剥離操作


重症くも膜下出血の手術 瀧澤克己 

■アウトライン
■手術手技
開頭・脳室ドレナージ挿入
アプローチ,合併する血腫の除去,くも膜下腔洗浄
動脈瘤クリッピング
クリッピング後から閉創まで
■重症くも膜下出血の手術コンセプト


脳動脈瘤手術における穿通枝の剥離・温存 佐々木達也,西嶌美知春 

■アウトライン
■問題となる穿通枝
■手術手技
■オキシセルロースを用いた温存法
■穿通枝温存の確認法
Doppler血流計
蛍光血管撮影
運動誘発電位(motor evoked potential;MEP)
■Clip rotationの問題
■血流一時遮断の問題
■おわりに



大型動脈瘤に対する手術セットアップ
― Suction decompression法とモニタリングを中心に 伊達 勲

■アウトライン
■手術手技
大型内頚動脈瘤に対するsuction decompression法のセットアップ
MEPモニタリング
ICGモニタリング
血流Doppler
VEPモニタリング
■まとめ


広頚・大型動脈瘤の頚部形成的クリッピング 西 徹 

■アウトライン
■手術手技
画像の検討・手術のプランニング
体位・頭位・開頭
アプローチ・neckの剥離・クリッピング可否の見極め
クリッピング


血栓化脳動脈瘤の直達手術 大瀧雅文 

■アウトライン
■手術手技
テント上の小型(10~15mm以下)血栓化脳動脈瘤
テント上の大型・巨大(15mm以上)血栓化脳動脈瘤
椎骨動脈の血栓化脳動脈瘤
椎骨脳底動脈の血栓化巨大脳動脈瘤に対する超低体温循環停止法


クリップ・コイル術後の再発例に対する手術 森田健一,飯原弘二 

■アウトライン
■動脈瘤の再発
■再発例に対する手術
クリッピング術後再発例のコイル塞栓術
コイル塞栓術後の再コイル塞栓術
クリッピング術後の再クリッピング術
コイル塞栓術後のクリッピング術
バイパスを併用した血行再建術
■おわりに


脳動脈瘤手術におけるバイパス手術 髙橋 淳 

■アウトライン
■高流量バイパス(ECA-RA-MCA bypass)
手術手技
■低流量バイパス
STA-MCA bypass
OA-PICA bypass
ACA-ACA bypass
STA-SCA bypass/STA-PCA bypass


次世代の動脈瘤術者育成のコツ 堤 一生 

■アウトライン
■はじめに
■クリッピング手術を極めるために必要なこと
■最後に



Ⅱ 部位別編

前交通動脈瘤 pterional approach
― 外側頭蓋底側からの視野を活用しよう 原田洋一 

■アウトライン
■アプローチ法
■Lateral approachの解剖学的考察
■手術手技
手術アプローチの決定:interhemispheric approachかpterional approachか
手術側の決定
体位
頭位
皮切・開頭
硬膜外ドリリング
硬膜内操作
クリッピング



前交通動脈瘤 interhemispheric approach
― 特に高位からのアプローチについて 大熊洋揮 

■アウトライン
■本法のコンセプト
■手術手技
体位
開頭部位と皮切
前頭部架橋静脈の流入位置と硬膜切開
くも膜切開と動脈瘤までのアプローチ
脳動脈瘤頚部の剥離・確保
クリッピングの実際
クリッピング後の処置
閉頭


中大脳動脈瘤 数又 研

■アウトライン
■Broad neck,plaque,clip applicationについて
■Complex aneurysmsへの対処
Stepwise clipping method
バイパス術の併用
■M1部動脈瘤への対処
■一時遮断:Temporary clipについて
■中大脳動脈瘤の重要なコンセプトとは


内頚動脈瘤(C2-C3動脈瘤) 鰐渕昌彦,三上 毅,三國信啓 

■アウトライン
■はじめに
■C2-C3動脈瘤での術前検討事項
近位側親血管の確保
眼動脈の確認
Sphenoparietal sinusの灌流パターン
Anterior and posterior communicating artery(AcomA,PcomA)の発達程度
視神経と内頚動脈の関係
前床突起削除の方法
クリップの選択
■前床突起の解剖
■海綿静脈洞前外側部の解剖
■手術手技
体位,皮膚切開,頚部内頚動脈の確保
開頭
前床突起削除
硬膜切開,distal dural ringの開放
動脈瘤のクリッピング
硬膜閉鎖,閉創
■症例提示
■結語


内頚動脈瘤(後交通あるいは前脈絡叢動脈分岐部) 清水宏明,冨永悌二 

■アウトライン
■手術手技
画像読影のポイントと術前準備・手術計画
体位
皮切,開頭
シルビウス裂開放
側頭葉牽引の手順①
側頭葉牽引の手順②
側頭葉牽引の手術③
瘤の剥離とクリッピング
■まとめ


脳底動脈先端部動脈瘤 pterional approachとその発展形 佐々木雄彦 

■アウトライン
■手術手技
体位
開頭
術野拡大の手術テクニック
クリッピングテクニック
■まとめ

脳底動脈本幹動脈瘤 transpetrosal approach 鮫島哲朗
■アウトライン
■手術手技
Anterior transpetrosal approach
Posterior transpetrosal approach


椎骨動脈瘤 酒井圭一 

■アウトライン
■手術手技
セットアップ(ポジショニング)
皮膚切開~筋層展開~硬膜外椎骨動脈の同定
開頭~骨削除
硬膜切開~硬膜内操作
閉頭
11,000円
Ⅰ 総論

経蝶形骨手術の変遷と今後の展開
■アウトライン
■下垂体手術の黎明期
■顕微鏡下手術の誕生とその展開
■内視鏡下手術の登場
■今後の展開


II 基礎知識・教育

内視鏡下下垂体・頭蓋底手術のトレーニング―耳鼻科と献体解剖から学ぶ 佐伯直勝 
■アウトライン
■下垂体手術の歴史-耳鼻科医から学ぶ
■鼻腔操作,腫瘍摘出を学ぶ
■手術の難易度評価
■献体解剖の重要性
■まとめ

内視鏡下経蝶形骨手術の術中モニタリング 川俣貴一 
■アウトライン
■内視鏡下経蝶形骨洞手術と術中モニタリング
■ナビゲーションシステム
 序言
 経蝶形骨手術におけるナビゲーションシステム
■眼球運動モニタリング
■血管Doppler
■術中迅速ホルモン測定
 術中GH測定の実際
 術中PRL測定の実際
■迅速組織診断
■まとめ


内視鏡下経蝶形骨手術の合併症 富永 篤 
■アウトライン
■体位による合併症とその回避
■アプローチにおける合併症とその回避
 蝶形骨前面での合併症
 蝶形骨洞内での合併症
 腫瘍摘出の際の合併症
 その他の合併症
■閉創時の合併症
 術後出血
 髄液漏の対策

術後髄液漏防止策
―有茎鼻中隔粘膜弁法,バルーン法 堀口健太郎,佐伯直勝 
■アウトライン
■有茎鼻中隔粘膜弁を用いた再建法
 適応
 手術材料
 手技
 術後
■バルーン法
 適応
 手術材料
 手技
 術後


経蝶形骨手術の術後管理 西岡 宏 
■アウトライン
■一般的事項
■下垂体前葉機能低下
■尿崩症
■遅発性低ナトリウム(Na)血症
■術後髄液鼻漏
■術後の鼻処置:出血など

III 各術式
内視鏡下経蝶形骨手術:私の手技―片側鼻腔法 永谷哲也 
■本術式の特徴
■手術手技
 術前準備
 手術手技
■まとめ


内視鏡下経蝶形骨手術:私の手技―両側鼻腔法 矢野茂敏 
■本術式の特徴
■手術手技
 術前準備
 手術手技
■本法で用いる器具の紹介

腺腫の被膜外摘出 田原重志,寺本 明
■本術式の特徴
■下垂体腺腫の偽性被膜(pseudocapsule)とは
■下垂体腺腫におけるpseudocapsulectomyの実際
 Microadenomaの摘出
 Macroadenomaの摘出
 Liquefied adenomaの摘出
 Fibrous adenomaの摘出
■偽性被膜(pseudocapsule)の病理
■被膜外摘出と下垂体機能
■まとめ

腺腫被膜の病理 井野元智恵,長村義之 
■アウトライン
■下垂体腺腫被膜の定義
 硬膜(dura mater)と鞍隔膜(sellar diaphragm)
 下垂体被膜
 腺腫被膜
■下垂体腺腫被膜
 腺腫被膜の形成と腺腫サイズとの関連性
 腺腫と腺腫被膜,周囲前葉細胞との関係
■下垂体腺腫細胞の腺腫被膜への浸潤
■硬膜への浸潤


拡大経蝶形骨手術―巨大下垂体腺腫 大山健一 102
■本術式の特徴 102
■手術手技 102
 使用機器および術前準備 102
 手術手技 103
■症例提示 109
■まとめ 111


拡大経蝶形骨手術―髄膜腫 北野昌彦 112
■本術式の特徴 112
■手術手技 112
 術前準備 112
 手術手技 113


拡大経蝶形骨手術―頭蓋咽頭腫 小川欣一 124
■本術式の特徴 124
■手術手技 124
 視神経,視交叉 124
 下垂体および下垂体茎部の処理 126
 第三脳室底 128
 第三脳室 129
 閉創 129
■術後 129


内視鏡補助下の経蝶形骨手術
―顕微鏡・内視鏡併用経蝶形骨手術 藤尾信吾,有田和徳 130
■本術式の特徴 130
■顕微鏡下手術,内視鏡下手術の特徴 131
■手術手技 131
 術前準備 131
 手術手技:顕微鏡下手術 133
 手術手技:内視鏡下手術 138
■術後の鼻腔内 141


経蝶形骨手術・開頭術同時併用術 山田正三 142
■本術式の特徴 142
■Combined approachの重要なコンセプトとは
(何のためにこのアプローチを行うのか) 144
■手術手技 144
 適応症例 144
 手術アプローチ 144
 手術手技 145
11,000円
Ⅰ 医療安全学
リスクマネージメント-術前後での説明と合併症発生時の対応
小林浩之,宝金清博
 アウトライン
 リスクマネージメントの概略
    社会背景
    脳神経外科診療はハイリスクか
    用語の定義
 インフォームド・コンセント
    説明義務
    ICの方法論
    ICには雛型を用意する(無視できない必須項目)
 事故後の対応
    発生時直ちに行うべきこと
    状況が安定してから行うこと
    院内報告
    対外的報告
    その他の報告基準

リスクマネージメント-小児と成人の違い 荒木 尚
 アウトライン
 意思をだれが決めていくのか
 小児診療におけるリスクマネ-ジメント
 患者・家族の参加と医療安全
    小児科領域における患者・家族参加
 小児脳死下臓器提供時における意思決定
 まとめ

学習曲線と失敗学について 手取屋岳夫
 アウトライン
 失敗学とは?
 失敗のほとんどは防ぐことができる
 失敗は伝わらない
 失敗を自分自身のこととして考える
 個の失敗よりも組織の失敗
 徹底した現場主義(現地・現物・現人主義)による失敗学的振り返りによって失敗を科学的に分析する
 医療のための失敗学
 外科医のための失敗学の実践

Ⅱ 構造別のトラブルシューティング
動脈の損傷 勝野 亮,谷川緑野
 アウトライン
 動脈の損傷部位の確認
 動脈の損傷原因別の対処方法
 血管形成の方法
   直接縫合
   端々吻合ならびに端側吻合
   パッチグラフト
   Free vessel graft
 血管形成後の遮断解除の方法
 動脈修復の評価
 おわりに

静脈の損傷-合併症の予防と対処 中瀬裕之,本山 靖
 アウトライン 32
 術前の静脈解剖の評価とアプローチの選択
    評価
    アプローチ
 脳静脈温存のテクニック
 安全な脳静脈切断
 脳静脈損傷後の対処

脳の腫れ-術中および術後の対応 丸山啓介,塩川芳昭
 アウトライン
 理論的背景
 術前の対応
 術中の対応
    硬膜開放早期の髄液排除
    出血・血腫の対処
    減圧開頭
 術後の対応
    血圧管理など
 おわりに

脳神経の損傷-術中および術後の対応 森田明夫
 アウトライン
 嗅神経(Ⅰ)の損傷
 視神経(Ⅱ)の損傷
 動眼神経・滑車神経・外転神経の損傷
    動眼神経(Ⅲ)
    滑車神経(Ⅳ)
    外転神経(Ⅵ)
 三叉神経(Ⅴ)の損傷
 顔面神経(Ⅶ)の損傷
 蝸牛・前庭神経(Ⅷ)の損傷
 舌咽神経・迷走神経・副神経(Ⅸ~ⅩⅠ)の損傷
 舌下神経(ⅩⅡ)の損傷
 まとめ

脳脊髄液漏の予防と対応 西澤 茂
 アウトライン
 テント上の開頭
 後頭下開頭
 前頭洞開放
 経蝶形骨洞手術
 Combined petrosal approach
 Dolenc approach
 聴神経腫瘍の手術
 脳脊髄液漏防止の重要なコンセプトとは

Ⅲ 術式別のトラブルシューティング
血管内治療 大石英則
 アウトライン
 術者・助手・コメディカルの心がけとデバイス準備
 イントロデューサーシース留置
 ガイディングカテーテル留置
 マイクロカテーテル・バルーンカテーテル誘導
 術中破裂
 血栓塞栓症
 コイル離脱不可
 アンラベリング
 離脱コイルの迷入
 頭蓋内ステント留置のトラブル
 止血
 まとめ

脳動脈瘤クリッピング術 菊田健一郎
 アウトライン 88
 術前検討が不十分なために生ずるトラブル
    症例1:露出および周囲の穿通枝からの剥離が大変であった小型未破裂中大脳動脈瘤
    症例2:予想外にクリップが難しかった未破裂内頚動脈眼動脈分岐部動脈瘤
    症例3:術中破裂した非典型内頚動脈後交通動脈分岐部動脈瘤
    症例4:術中ネック近傍が裂けてしまった前交通動脈瘤
    症例5:誤って術中に前大脳動脈分枝を焼灼してしまった再発前交通動脈瘤
 最後に

脳腫瘍切除 竹村 直,櫻田 香,嘉山孝正
 アウトライン
 手術手技
    術前画像診断
    体位,開頭
    腫瘍摘出準備~正常脳に可動性をもたせワーキンングスペースを確保する
    腫瘍摘出~徹底したdevascularizationを
    腫瘍の剥離~少しずつ全周性に
    腫瘍と脳神経の剥離~脳神経の全長を確認し,脳神経の近くでは凝固を控える
    腫瘍と血管の剥離~血管の全長を常に確認する
 コメント

血管吻合術-STA-M2/3バイパスにおけるトラブルシューティング 中島英樹
 アウトライン
 手術手技
    術前準備
    手術手技

頭蓋底手術 吉田一成
 アウトライン
 手術手技
    術前準備
    手術手技
 合併症
    髄液漏
    感染症
    神経・血管損傷
 おわりに

経蝶形骨洞手術 池田秀敏
 アウトライン
 体位アプローチの要点
 腫瘍摘出時の要点
    腫瘍血管豊富な腫瘍の摘出処理の仕方
    落下したdiaphragmaの処理法のひと工夫
    偽腫瘍被膜のみつけ方のコツ
 鞍底部閉鎖の工夫
 結語

脊椎手術 下川宣幸
 アウトライン
 術前の画像診断におけるピットフォール
 挿管時の神経根・脊髄損傷
 腹臥位の眼球圧迫
 体位変換時の注意点
 脊椎高位の術中確認
 頚椎手術におけるC5麻痺を含む術後神経根障害
 頚椎前方手術時の食道損傷
 頚椎前方手術時の反回神経損傷
 脊椎手術時の硬膜損傷・髄液漏
 最後に

脊髄手術 髙見俊宏,大畑建治
 アウトライン
 脊髄腫瘍(髄外)
    手術方針
    神経モニタリング
    神経鞘腫(末梢神経原性腫瘍)
    髄膜腫
    ダンベル型腫瘍
 脊髄腫瘍(髄内)
    手術方針
    手術体位
    神経モニタリング
    手術到達法の選択
    後正中溝の開放
    腫瘍の剥離操作
    脊髄上衣腫の手術における最後の難関
    軟膜縫合と硬膜閉鎖
 脊髄動静脈奇形
    手術方針
    手術適応
    術中支援
11,000円
Ⅰ 外傷治療に必要な知識
外傷に伴う低髄液圧症候群 前田 剛,井田正博,有賀 徹,片山容一
■アウトライン
■低髄液圧症候群とは
  原因,疫学
  症状
  検査所見
  診断
  治療
  硬膜外ブラッドパッチ(EBP)
■外傷に伴う低髄液圧症候群
■日本脳神経外傷学会の報告「外傷に伴う低髄液圧症候群」に関する前向き調査
外傷に伴う低髄液圧症候群の典型症例
■厚生労働省科学研究補助金による「脳脊髄液減少症の診断・治療の確立に対する研究」の報告
■むすび


頭部外傷後の高次脳機能障害 富田博樹
■アウトライン
■代表的な症例
  症例1
  症例2
■高次脳機能障害の病態
■高次脳機能障害の診断
  症状の説明
  画像
  病態と画像の特徴
■高次脳機能障害の経過
■高次脳機能障害の治療
■高次脳機能障害へのサポートシステム
■おわりに

軽症頭部外傷のマネージメント 島 克司
■アウトライン
■軽症頭部外傷
■マネージメント
  症状(脳振盪後症候群)
  診断
  治療指針
  予後


重症頭部外傷の管理の実際 松本 学,横田裕行 41
■アウトライン
■重症頭部外傷患者の初期診療
  症例提示
■重症頭部外傷の神経集中治療
  症例提示
■重症頭部外傷の手術適応と手術方法
  緊急穿頭術の手術適応
  手術方法
  症例提示


脳外傷のモニタリングのポイント 宮城知也,森岡基浩
■アウトライン
■ICPモニタリング
  適応
  測定方法
  測定部位
  その他のモニタリング
■ICP・CPP管理の実際
  脳血管自動調節能の障害の有無による管理法
■おわりに

脳挫傷における手術適応とタイミング 前田 剛,片山容一
■アウトライン
■手術手技
  術前準備
  手術手技
  術後管理
  挫傷脳摘出の限界
■まとめ


頭蓋顔面外傷の外科的治療-形成外科の立場から 佐藤兼重,三川信之 
■アウトライン
■手術手技
  頭皮切開―形成外科の立場から
  顔面外傷の処置―形成外科の立場から
  頭蓋顔面骨骨折後眼窩位置異常の治療

Ⅱ さまざまな神経外傷の診断と治療
交通事故による神経外傷-初期診療を中心に 安心院康彦,坂本哲也 
■アウトライン
■疫学
■損傷の発生機序
■受傷機転
  車両乗車中
  自動二輪・原動機付自転車乗車中
  自転車乗車中・路上歩行中
■交通事故による頭部外傷の特徴
  びまん性脳損傷
  局所性脳損傷
  びまん性脳腫脹
  多発外傷に伴う頭部外傷
  頭蓋底骨折
■重症外傷の初期診療手順
■交通事故による重症頭部外傷初期診療例
  救急隊からの第1報
  Primary survey(PS)
  Secondary survey(SS)
  手術室入室
■重症頭部外傷初期診療のポイント

スポーツによる頭部外傷 荻野雅宏 
■アウトライン
■脳振盪とは
  スポーツによる脳振盪の問題点
  Practice Parameter:代表的な過去の指針
  国際スポーツ脳振盪会議:現行の指針を制定
■SCAT2
■予防のためになにができるか
  メディカルチェック
  選手や指導者への指導


頭蓋頚椎移行部の外傷 安田宗義,高安正和
■アウトライン
■手術手技(odontoid screw)
  術前準備
  手術手技
  術後管理
■手術手技〔環軸椎後方固定(C1 lateral mass-C2 screw固定)〕
  術前準備
  手術手技
  術後管理

脊椎・脊髄外傷 権藤学司
■アウトライン
■手術手技(中下位頚椎後方固定術)
  術前準備
  手術手技
  合併症
■手術手技(胸腰椎後方固定術)
  術前準備
  手術手技
  合併症

小児頭部外傷 伊達裕昭 
■アウトライン
■小児の頭部外傷
  小児の運動発達と不慮の事故
  小児頭部外傷の重症度判定
  小児重症頭部外傷治療の基本的な考え方
■小児特有の頭部外傷
  分娩に伴う外傷
  進行性頭蓋骨骨折
  乳児急性硬膜下血腫
  乳児慢性硬膜下血腫(水腫)
  虐待による頭部外傷
  外傷性てんかん
  小児の脊椎・脊髄損傷


外傷性脳神経損傷 高里良男 
■アウトライン
■外傷の発生機転
  発生部位と頻度および損傷度
■各論
  嗅神経(Ⅰ)損傷
  視神経(Ⅱ)損傷
  動眼(Ⅲ)・滑車(Ⅳ)・外転神経(Ⅵ)損傷
  顔面神経(Ⅶ)損傷
  聴・平衡神経(Ⅷ)損傷


外傷性脳血管障害 佐藤 章 
■アウトライン
■TCVIを生じやすい頭頚部外傷の病態
■診断法
■穿通性外傷によるTCVI
  穿通性外傷による頚部動脈損傷
  穿通性外傷による頭蓋内動脈損傷
■閉鎖性頭頚部外傷によるTCVI
  頚部血管損傷
  頭蓋内内頚動脈損傷
  その他の外傷性頭蓋内動脈瘤
■まとめ

11,000円
機能的脳神経外科手術の基本
コツと注意点


Ⅰ不随意運動

パーキンソン病に対する視床下核DBS 深谷 親,山本隆充,片山容一

■本術式の特徴
■STN-DBS手術の要点
■視床下核の同定
解剖学的同定法
神経生理学的同定法
■手術手技
術前準備
手術手技
■手術合併症と刺激副作用2

パーキンソン病に対する淡蒼球DBS 小倉光博
■本術式の特徴
■手術手技
術前・術中の処置
ステレオリングの装着
淡蒼球の解剖学的基礎知識
ターゲットの設定
手術手技
■合併症
■DBS治療の意義と長期治療

ジストニアに対する定位脳手術 谷口 真
■本術式の特徴
■手術手技
術前準備
手術手技

Ⅱ難治性疼痛

脊髄硬膜外刺激療法 齋藤洋一
■本術式の特徴
■手術手技
術前準備
手術手技
術後刺激の調整
■合併症

脊髄後根進入部遮断術 佐々木寿之,平 孝臣
■本術式の特徴
■背景
■手術適応
■手術手技
術前準備
手術手技
術後管理
■おわりに

三叉神経痛に対する微小血管減圧術 増岡 淳,松島俊夫
■本術式の特徴
■手術手技
術前準備
手術手技

三叉神経痛に対するガンマナイフ治療 岩井謙育
■本術式の特徴
■三叉神経痛に対するガンマナイフ治療の実際
フレーム固定
治療計画用のMRIの撮像
GammaPlan(R)での線量計画
治療後の経過
■最後に

Ⅲ痙縮

髄腔内バクロフェン注入法 貴島晴彦
■本術式の特徴
■髄腔内バクロフェン投与療法の実際
概略
治療の流れ
対象
痙縮の軽減により期待される効果
評価方法
スクリーニングトライアル
■手術手技
術前準備
ポンプの準備
手術手技
■合併症

選択的脊髄後根遮断術 佐々木寿之,平 孝臣
■本術式の特徴
■手術手技
治療方法の決定
手術手技(マクロ操作)
手術手技(マイクロ操作)
Rhizotomy
■効果および術後合併症

Ⅳてんかん

海馬硬化症に対する外科治療 川合謙介
■本術式の特徴
■手術手技
術前準備
手術手技

皮質てんかん原性焦点切除術 三國信啓
■本術式の特徴
■手術手技
術前準備
皮質形成異常に対する焦点切除術
脳腫瘍に関連する皮質てんかん原性焦点摘出
■重要なコンセプトとは

Multiple subpial transection(MST) 岩崎真樹
■本術式の特徴
■手術手技
MSTの概念
適応
術前検査
使用器具
手術手技
■合併症

半球離断術(垂直法) 菅野秀宣
■本術式の特徴
■手術手技
術前準備
手術手技(マクロ操作)
手術手技(マイクロ操作)

脳梁離断術 馬場啓至
■本術式の特徴
■手術手技
術前準備
手術手技
術後管理


迷走神経刺激装置植込術 山本貴道
■本術式の特徴
■手術手技
手術側
手術手技
■合併症
■迷走神経刺激療法
11,000円
NS NOW No.15 CONTENTS
傍鞍部病変の手術
ここの病変こそ,解剖が手術の生命線

Ⅰ 解剖
海綿静脈洞の基本解剖“Triangles” 鮫島哲朗
■アウトライン
■海綿静脈洞の基本解剖
■内頚動脈の分類
■海綿静脈洞のtriangles
■Cavernous sinus approach
開頭および硬膜外からのアプローチ
海綿静脈洞上壁からのアプローチ

傍鞍部の膜構造 吉田一成,堀口 崇
■アウトライン
■髄膜の基本解剖
■Interdural approach
■Cadaverを用いた手術シミュレーション
■傍鞍部腫瘍の局在と髄膜および周囲構造物との解剖学的関係

前床突起削除を想定した外科解剖 野口明男,塩川芳昭
■アウトライン
■前床突起を構成する骨構造
上眼窩裂 superior orbital fissure
optic strut
視神経管 optic canal
前床突起に関係するdural fold
■硬膜外前床突起削除
ステップ1:硬膜切開
ステップ2:上眼窩裂の開放
ステップ3:視神経管上壁のunroofing
ステップ4:前床突起中心部の削除
ステップ5:optic strutの削除
■閉頭

経蝶形骨アプローチに必要な外科解剖 堀口健太郎,佐伯直勝
■アウトライン
■鼻腔内解剖
■蝶形骨洞およびその近傍解剖
■硬膜内解剖

Ⅱ 画像診断と周術期管理
傍鞍部腫瘍の画像診断 鰐渕昌彦
■アウトライン
■読影のポイント
視神経
下垂体,下垂体茎
内頚動脈
海綿静脈洞,動眼神経,外転神経
蝶形骨洞
乳頭体,脳弓
硬膜,鞍隔膜
■疾患の鑑別と症例画像
下垂体腺腫
頭蓋咽頭腫
髄膜腫
脊索腫
■筆者らが施行している最新の画像処理
■結語

神経症候―視機能温存のために 高野晋吾,阿久津博義
■アウトライン
■傍鞍部髄膜腫
症例1:回復良好群
症例2:緩徐回復群
視機能改善にかかわる因子
■海綿静脈洞部髄膜腫
■下垂体卒中pituitary apoplexy
概念
頻度
誘因
治療と予後
経蝶形骨洞手術後の合併症
■眼球運動障害を起こさないために

モニタリング―術中視覚誘発電位モニタリング,外眼筋モニタリング 後藤哲哉
■アウトライン
■VEPモニタリングの実際
VEPモニタリング方法
■VEPモニタリング結果と術後視機能との関連について
対象と方法
結果
症例提示
■VEPのまとめ
■外眼筋モニタリング

Ⅲ 血管病変
内頚動脈動脈瘤(海綿静脈洞)―内頚動脈閉塞+RAグラフト術 水成隆之
■本術式の特徴
■手術手技
術前検査
術前の注意
手術に臨む体制
準備物品
手術手技

内頚動脈動脈瘤(C2) 飯原弘二
■本術式の特徴
■手術手技
傍鞍部脳動脈瘤の特徴と分類
術前評価
手術手技

内頚動脈海綿静脈洞瘻―血管内治療 里見淳一郎
■本術式の特徴
■病態
■症候
■画像診断
■手術手技
経動脈的塞栓術
経静脈的塞栓術

Ⅳ 腫瘍
髄膜腫―Medial sphenoid ridge 大宅宗一,斉藤延人
■本術式の特徴
■アプローチの選択・術前準備に関して
■手術手技
開頭と硬膜外操作
頭位,皮切・開頭
硬膜外操作
硬膜内操作
腫瘍摘出
閉頭・術後管理

髄膜腫―Tuberculm sellae 後藤剛夫,大畑建治
■本術式の特徴
■手術手技
体位,皮膚切開,開頭範囲
硬膜切開,嗅索剥離
腫瘍露出
腫瘍摘出
硬膜閉鎖,閉頭

髄膜腫―Cavernous sinus-orbit 齋藤 清
■本術式の特徴
■手術手技
術前準備
手術手技
合併症

眼窩先端部腫瘍 長谷川光広
■本術式の特徴
■手術手技
重要解剖
経眼窩アプローチと経副鼻腔アプローチ
手術手技

神経鞘腫 田宮 隆
■本手術の特徴
■手術手技
手術アプローチの決定
術前準備
手術手技
合併症
■まとめ

下垂体腫瘍―マイクロ,内視鏡,SRSの選択 丸山啓介,塩川芳昭
■本術式の特徴
■手術手技
術前準備
手術手技(マイクロ操作)
手術手技(内視鏡下手術)
■定位放射線治療
治療適応
治療手技

下垂体腫瘍―拡大経蝶形骨洞手術 北野昌彦
■本術式の特徴
■手術手技
体位
鼻中隔粘膜剥離
側方への術野拡大
前方への術野拡大
下方への術野拡大
腫瘍摘出
創の閉鎖

下垂体腫瘍―開頭術 南田善弘
■本術式の特徴
■開頭術の適応
鞍上部進展が著明な下垂体腫瘍
海綿静脈洞進展例
硬膜内(被膜内)進展を伴う例
線維性腺腫
トルコ鞍が拡大していない例
蝶形骨洞の発達不良例
■手術手技
開頭術の基本原則
到達法の選択
■終わりに

NS NOW 書籍の内容

スキルアップを目指す脳神経外科医のための手術手技実践書シリーズ
脳神経外科手術の最新技術と必須技術についてポイントやキーとなる点を、ダイナミックなイラストや写真をふんだんに使用して詳細に解説していく実践書シリーズです。従来の教科書的な記述に縛られず“これが基本中の基本”“ここがコツ”“そこが危ない”“ここにこだわり”といったベテラン医師の経験に基づく熱いメッセージとテクニックを伝授します。2008年3月に№1、№2の2冊を同時刊行の予定です。(年4冊刊行)

NS NOWのレビューはまだありません

レビュー投稿で500円割引!

NS NOWを買った人はこんな雑誌も買っています!

看護・医学・医療 雑誌の売上ランキング

1 へるぱる

世界文化社

送料
無料

へるぱる

2021年11月30日発売

目次: 表紙
目次
実地指導を「苦手」から「見直し、改める機会」へ!
「なぜ?」がわかればケアにいかせる!高齢者の身体を知る
組織で取り組む 全員で共有する 事故再発防止
うつらない うつさない 介助術
老計第10号からひもとく訪問介護計画書
コロナ禍における 働きやすい職場づくり
事例から考える あいまいゾーン
高齢者の薬&生活への影響
利用者・家族からのハラスメント
知っとこ! 介護ニュース
ホームヘルパー奮闘体験
訪問介護の書類の書き方
愛すべきヘルパーな日々
バックナンバー販売店リスト
へるぱるからのお知らせ
へるぱるPICK UP
高齢者が食べやすい 洋食の便利食材で時短レシピ
年間購読のご案内

参考価格: 1,940円

”訪問介護事業所向けの季刊誌創刊。

  • 2021/09/30
    発売号

  • 2021/07/29
    発売号

  • 2021/06/01
    発売号

  • 2021/03/31
    発売号

  • 2021/02/01
    発売号

  • 2020/12/01
    発売号

2 ケアマネジャー

中央法規出版

最大
4%
OFF
送料
無料

ケアマネジャー

2021年11月27日発売

目次: 【特集】記入例でわかる! ケアプラン新様式の変更点と書き方のポイント
今年3月、厚労省からケアプランの新様式が公表されました。どのように解釈し、何を書けばよいのでしょうか。改定のポイントを、書き方例を交えて解説します。

<プロフェッショナルの視点>
■相談援助技術を研く“省察的実践” 渡部律子
■利用者理解と問題解決に活かす「考える力」の磨き方 谷 義幸

<最新ニュース&制度>
■最新ニュース 深掘り解説 田中元
■よくわかる! 社会保障制度 やさしい解説と活用ポイント 福島敏之

<基本スキルをBrush Up>
■何をどう書く?法的根拠に基づくケアプラン作成のポイント 後藤佳苗
■面接力を高める 役立つ“知識”と使える“技術” 取出涼子
■チーム力を高めるための他職種とのかかわり方 阿部充宏

<医療知識を押さえよう>
■現場で役立つ! 高齢者に多い疾患の基礎知識 鶴岡浩樹
■イラストでわかる!カラダと病気の雑学 小倉加奈子
■支援に役立つ口腔機能の基礎知識 篠原弓月

<さらに究める!実践力>
■どうかかわる?どう支える?8050問題 エキスパートが教える支援の原則 山根俊恵
■障害者と向き合う支援者の“攻め”と“守り”の心構え 大久保薫
■精神疾患×支援困難ケースへのあす活スキル 小瀬古伸幸

<デキる管理者・主任ケアマネを目指す>
■成果の出るチームをつくる職場マネジメントの極意 眞辺一範
■ケアマネジャー発 地域づくりのヒントとコツ

<その他コンテンツ>
・紡ぐ物語 ケアマネジャーにできること 佐賀由彦
新刊紹介/information/ケアカフェ/Back Number/次号予告

<巻末カラー>
・事業所レポート Our Vision
・データで見る日本の高齢化と社会保障 舞田敏彦
・忘れられない一言
・注目! 製品・サービスレポート
・きょう何食べる? おうち薬膳レシピ 相川あんな

参考価格: 1,047円 定期購読(1年プラン)なら1冊:1,008円

超高齢社会を目前に控え、激動する保健・医療・福祉の世界で、ケアマネジャーのプロフェッショナルを目指す方へ!ケアマネの“いま”がわかる月刊誌

  • 2021/10/27
    発売号

  • 2021/09/27
    発売号

  • 2021/08/27
    発売号

  • 2021/07/27
    発売号

  • 2021/06/25
    発売号

  • 2021/05/27
    発売号

送料
無料

プチナース

2021年11月10日発売

目次: 別冊 疾患別看護過程
ゴードンの枠組みでアセスメント
事例でわかる! 疾患別看護過程
統合失調症

別冊フロク
第111回国試 ぜんぶ覚える 関係法規BOOK

特集
ここまで問われる! 国試にでた疾患
脳神経

循環器

消化器

腎・泌尿器/内分泌

感覚器

感染症

こんな疾患もでている!

特集
覚えれば得点UP 頻出 組合せ問題
環境と健康

薬剤の副作用

加齢による薬物動態の変化

ホルモン

ビタミン

セクシュアリティ

国際機関

覚えておきたいカタカナ用語

強力連載!
気になる! 今月の最新トピックス
<NEWS>
WHO、世界初のマラリアワクチン接種へ。アフリカ等での使用を推進
<NEWS>
COVID-19により臓器移植件数が世界的に減少。日本では約7割と大きく低下
<GOODS>
置き場所に困らない
コンパクト充電式加湿器〈プレゼント〉
気になる科の先輩に聞く! 臨床ナースのお仕事レポート
産科(助産師)
関係法規&社会資源、イチからまとめました。
障害をもつ人にかかわる制度&法律
実習の学びを最大化する! 身につけたい! ナースの視点
手術後、抗がん剤をはじめて投与する患者さん
学生生活をサポート
プチカフェ
プチレコメンド
みんなでつくる看護師国試ごろ合わせプロジェクト#ごろプロ
かげさんのお絵かきさん
感染症の歴史
今月のBOOKS
めざせ合格! プチナース国試部
毎月コツコツ合格に近づく!
#プチナース国試部
必修問題
一般問題

ナースを目指す、貴方に!

  • 2021/10/08
    発売号

  • 2021/09/10
    発売号

  • 2021/08/10
    発売号

  • 2021/07/10
    発売号

  • 2021/06/10
    発売号

  • 2021/05/10
    発売号

送料
無料

クリニックばんぶう

2021年12月01日発売

目次: ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
最 新 内 容 2021年12月号(2021年12月1日 発行)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆特集◆ 院長が働きやすい組織をつくれるのか?
     事務長アウトソーシングの徹底研究

院長が働きやすい組織をつくるうえで、さまざまな仕事を任せられる事務長は重要な存在だ。しかし、「いい人材が見つからない」「採用したけど何もできなかった」というケースも少なくない。有能な人材は給与が高いし、自前の人材育成には時間がかかる――。
そこで本企画では近年、増えているものの内容が今一つわからない事務長アウトソーシングの使い方や選び方を紹介する。

Part1 インタビュー
 仕事の明確化と権限委譲、傾聴の姿勢 この3つなしに事務長は活かせない

Part2 事務長の仕事
 現役事務長・経営参謀に聞く 診療所事務長の仕事とは?

Part3 事例紹介 対談
 外部事務長で組織再建に成功 院内事務長の育成にも取り組み

Part4 気になる部分、答えました
 事務長代行図鑑

Extra 事務長業務のデジタル化
 事務長に任せたい経営管理をデジタルツールでサポート

-----------------------------------------------------------------
その他注目記事!
-----------------------------------------------------------------

■巻頭対談 Up To Discussion
 開業医の副業のススメ
 現場課題と解決策を知る医師こそ
 新規事業の立ち上げに向いている

■診療所トップの突破力
 山城 大(アルプスこどもクリニック 院長)

■Topics
 医療法人社団凛咲会さくらクリニック
 訪問サポートアプリHOVITで
 在宅医療の効率性向上を実現

■実践!!トップマネジメント塾
 リーダーシップの強化書
 組織マネジメント入門
 事務長の発想力
 院長のための“この一冊”

■院長×スタッフスキルアップ講座
 診療所マーケティング
 在宅医療のウイズコロナ日誌
 今月の患者志向トピックス

■事務長奮闘記
 松村眞吾

■診療所事務長の仕事術

■注目トピックの最前線を追う──診療所レポート
 第9回「不妊治療専門クリニック」

■DATAで読み解く今後の方向性
 地域医療・介護向上委員会【特別編】
 石川雅俊

■医療介護政策の動きと展望
 宮島俊彦

■真野俊樹の世界の医療を知る

■デジタルヘルスの今と可能性
 加藤浩晃

■MMPG会員事業所一覧

■Quality of Clinic【第6回】
 おおすが整形外科(愛知県東海市)

■CLINICBAMBOO MonthlyTOPICS

■院長夫人はコンサルタント

■全国CLINIC NEWS
 北海道・東北/関東/北信越・中部/関西・九州・山口/関連企業

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
次 号 予 告 2022年1月号(2022年1月1日 発行)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆特集◆ 分院展開か、機能拡充か?
     診療所の成長戦略、成功の法則

診療科の拡張や機材の拡充による患者の受診体験の向上か、より多くの患者を診るための分院展開か。成長期にある診療所はこの2つの戦略の選択を迫られる。本特集では診療科目や地域性を踏まえた成長戦略の最適な選択、さらには今後の医療を見据えた成功の法則を考える。

参考価格: 1,100円

開業医の“不安”と“悩み”の解消を強力にサポートする、事例ベース中心のクリニック向け総合情報誌

  • 2021/11/01
    発売号

  • 2021/10/01
    発売号

  • 2021/09/01
    発売号

  • 2021/08/01
    発売号

  • 2021/07/01
    発売号

  • 2021/06/01
    発売号

最新医療経営PHASE3(フェイズ・スリー)

2021年11月10日発売

目次: -------------------------------------------------------------
最 新 内 容 2021年12月号 Vol.448(2021年11月10日 発行)
-------------------------------------------------------------
◆特集◆
脱・一人何役
「経営職域」の専門性を磨こう

近年、多くの病院は「病院」にとどまらず、診療所や訪問看護事業、介護施設など手広く手がけるようになっている。なかには地域に暮らす高齢者の生活支援に乗り出すところも出てきた。そうした事業の多角化に加えて昨今の診療報酬の厳格化もあって、経営の必要性はますます高まり、「経営部門」が組織図に載るようになっている。一方でその内実に焦点を合わせると、特定の「デキる人物」がいくつもの職務を掛け持ちしたり、形骸化した部門があったりというケースも散見される。診療部門が専門性を明確化し、それぞれのスタッフがその職域で責任を全うしているように、経営部門も職域を確立し、専門性を追求する必要があるのではないか。ポストコロナの病院経営のあり方として、「経営部門における職域の明確化」を考える。

●職域の視点1
 経営企画
 新しい病院経営が必要な今
 経営のプロ人材が欠かせない
 正木義博
 社会福祉法人恩賜財団済生会支部神奈川県済生会 支部長兼常務理事

●職域の視点2
 財務
 財務の視点から経営を分析・改善
 提案できる人材を育てる
 安井智美
 社会医療法人財団董仙会法人本部 財務部部長

●専門家の提言
 法務
 リーガルチェック部門で
 トラブルを「早期発見」
 柴田崇
 宮澤潤法律事務所 パートナー弁護士

●追記
 経営の専門性を活かす
 経営部門の各職域がもつ
 専門性を活かして病院の基盤強化を図ろう

病院トップの経営者魂
医療と介護の壁をなくし
地域包括ケアを担う
新たな連携モデルをつくる
神成文裕 医療法人社団鴻愛会こうのす共生病院理事長(埼玉県鴻巣市)

病院新時代
高レベルのがんと糖尿病診療
コロナ患者をチームで支える
医療法人慈公会公平病院(埼玉県戸田市)

◆チーム医療 マネジメントの実践 第6回
上尾中央総合病院の医師事務
医療法人社団 愛友会 上尾中央総合病院(埼玉県上尾市)
概要
書類代行、外来診療支援を行い医師の負担減、効率化に貢献
経営的視点
久保田巧 一般社団法人上尾中央医科グループ協議会総局長
DA業務部会座談会

特別インタビュー 官民一体で地域をつくる
“地元愛”の強い地域性を活かした
市民によるセーフティネット
大阪府岸和田市 永野耕平市長

ホスピカ!
専門職による患児・家族へのケア
千葉県こども病院(千葉市緑区)

-------------------------------------------------------------
次 号 予 告  2022年1月号 VOL.449(12月10日発行)
-------------------------------------------------------------
◆特集◆
コロナ禍で
在宅患者を見守る(仮題)

新型コロナウイルス感染症の拡大にともない、医療現場の間で大きな課題の一つとなったのが「受診控え」。特に生活習慣病や慢性疾患を抱える高齢患者は自宅に引きこもり、その結果、状態が悪化する事態が深刻化している。外出機会が減ったことでフレイルが進行するという報告も聞かれる。この影響が短期間で収束するとは考えにくく、高齢者医療においても大きな問題であり続けるであろう。受診控えを受けての医療機関の取り組みをレポート、遠隔での見守りシステムの活用や状態管理の手法なども紹介する。

参考価格: 1,320円

1984年創刊、わが国初の“病院経営”専門情報誌

  • 2021/10/10
    発売号

  • 2021/09/10
    発売号

  • 2021/08/10
    発売号

  • 2021/07/10
    発売号

  • 2021/06/10
    発売号

  • 2021/05/10
    発売号

送料
無料

月刊ナーシング

2021年11月20日発売

目次: 特集1 事例で学ぶ臨床推論 あぶない咳の原因は?/特集2 循環器の薬と薬キケンな関係

参考価格: 1,257円

ほかにはない特集、ビジュアル重視の誌面で、看護の臨床を強力サポート!

  • 2021/10/20
    発売号

  • 2021/09/18
    発売号

  • 2021/08/20
    発売号

  • 2021/07/19
    発売号

  • 2021/06/21
    発売号

  • 2021/05/20
    発売号

8 おはよう21

中央法規出版

送料
無料

おはよう21

2021年11月27日発売

目次: 【特集】弁護士が教える トラブル・訴訟を防ぐ介護記録の書き方
介護現場で事故が起こると、民事事件として訴訟が提起されたり、施設側の責任を追求されたり、場合によっては刑事責任を問われることもあります。そんなときに重要な役割を果たすのが記録です。トラブル・訴訟を防ぐために押さえたい記録の書き方のポイントをまとめます。

【在宅特集】ヘルパー支援をスムーズに進めるための他職種との連携

【マネジメント特集】介護サービスの品質を分析・評価する方法

<連載>
■現場の疑問をすっきり整理 介護保険・社会保障制度情報 : 田中 元
■注目ニュースPICK UP : 田中元
■(新連載) 排便ケアの知識と実践力を高める 「うんこ文化」学のすすめ : 榊原千秋
■症状別に押さえる 認知症の医学知識:石川容子
■「本人主体」を実現するための認知症ケアのポイント : 宮川久美子
■場面別にみる 介護技術のチェックポイント : 山﨑隆博
■(新連載)今日から始める“根拠のあるケア” 杉本浩司の“自立支援介護”講座 : 杉本浩司
テーマ別 職場内研修はここを押さえる : 永島 徹
■外国人介護人材の受け入れ・定着のための悩み解決Q&A
■けがをしにくい身体をつくる 介護職の関節トレーニング : 中村和人
■頻出ポイントがわかる! 介護福祉士国家試験合格講座2022 : 青木宏心

<巻末カラー>
・おはようクローズアップ対談 鎌田實と語る介護の“魅力”
・介護イノベーション・レポート
・Life is......:葉 祥明

<その他のコンテンツ>
おはようクラブ/ケアスタグラム:吉田美紀子/パズルの広場/インフォメーション/商品紹介/ブックレビュー

「介護」って大変! そんな、あなたの悩みに答えます!今、介護の現場で求められている情報や知識・技術を、わかりやすく、実務に役立つよう具体的に紹介

  • 2021/10/27
    発売号

  • 2021/09/27
    発売号

  • 2021/09/16
    発売号

  • 2021/08/27
    発売号

  • 2021/07/27
    発売号

  • 2021/06/25
    発売号

送料
無料

エキスパートナース

2021年11月20日発売

目次: [特集]
◆COVID-19で増加中! いま知っておきたい
 ハイフローセラピーのこと
 はじめに COVID-19とハイフローセラピーについて
 Part1 メカニズムと適応 ハイフローセラピーってどんなもの?
 Part2 使用される場面 臨床ではどのように使われる?
 Part3 アセスメント・ケア アセスメント・ケアのポイントは?
 Part4 設定・フィッティング 設定・フィッテングで気をつけることは?
 資料 写真でみる ハイフローセラピーデバイス一覧
[特集]
◆ますます重要になる!
 『日本版敗血症診療 ガイドライン2020』
 改訂内容と日々のケアに生かすポイント
 Part1 基礎知識 敗血症ってどんな状態? どんなことが危ないの?
 Part2 新しいガイドラインのポイント 『日本版敗血症診療ガイドライン2020』の改訂内容
 Part3 ナースがおさえておきたいポイント① 敗血症の早期発見のために大切なこと
 Part4 ナースがおさえておきたいポイント② 知っておきたいPICS ケアの進め方
 Part5 ナースがおさえておきたいポイント③ 脳障害にも注意! 治療とケアの特徴
 Part6 ナースがおさえておきたいポイント④ 上部消化管出血にも注意! 薬物による予防と注意したい副作用
[これからのナースに必要な力を伸ばす連載]
<基礎医学>
◆患者をみる技術
 “薬の副作用”のお勉強をしよう
<アセスメント>
◆日々のアセスメントとケアが一歩深くなる
 患者のみかたと看護のしかた
 透析中の患者さん
<チーム医療>
◆HELP! お助け多職種さん
 薬剤師(Ph)
<患者・家族対応>
◆患者と家族にじょうずに向き合うための方法
 弁護士の遠藤先生に聞いてみます「パワハラに困っています!」
[NEWS]
◆エキナスクリップ
[連載]
◆白衣最前線
◆ナースのための医療・看護 最新TOPIC
 医療者が考えたい「スティグマ」のこと
◆働くナースのための精神医学
 よくある診断書の病名の謎
◆考えるナース
◆[新連載] 日ごろのギモンを解決! 看護に関する法律の話
 まず知っておきたい、医療事故における「過失」
◆みんなのVOICE
◆お悩み相談ROOM
◆BOOK NAVI
[INFORMATION]
 ・学会&研究会イベント
 ・次号予告

ナース・看護・ケアに役立つ医療情報をより早く!よりわかりやすく!

  • 2021/10/20
    発売号

  • 2021/09/20
    発売号

  • 2021/08/20
    発売号

  • 2021/07/20
    発売号

  • 2021/06/21
    発売号

  • 2021/05/20
    発売号

NS NOWの所属カテゴリ一覧

キャンペーン&TOPICS

日本最大級の雑誌取り扱い数!
定期購読の利用数100万人以上!
定期購読とは
雑誌を予約することで毎号ご自宅へお届けします!売り切れの心配なし♪
もっと詳しく ▶︎
タダ読みサービス
無料で雑誌が読み放題♪今日発売のあの雑誌も。
もっと詳しく ▶︎
法人サービス
雑誌を年間5万円以上ならお得な法人プレミアムサービスで!
もっと詳しく ▶︎
アフィリエイト
あなたのサイトで雑誌をおすすめしてみませんか?
もっと詳しく ▶︎
カテゴリ一覧
女性ファッション 雑誌
きれいめ・大人カジュアル系 雑誌 モード系・コレクション 雑誌 フェミニン系 雑誌 ママ・主婦 雑誌 コンサバ系 雑誌 ナチュラル系 雑誌 カジュアル系 雑誌 オフィスカジュアル 雑誌 子ども・キッズファッション 雑誌 ガーリー系 雑誌 ティーンズファッション 雑誌 原宿系 雑誌 着物・和服 雑誌 ギャル系 雑誌 セレブ系 雑誌 森ガール系 雑誌
メンズファッション 雑誌
メンズきれいめカジュアル 雑誌 モノ・グッズ 雑誌 メンズカジュアル 雑誌 ストリートファッション系 雑誌 スーツ・トラッド系 雑誌 アメカジ 雑誌 オラオラ系・お兄系 雑誌 腕時計・ブランド 雑誌 古着系 雑誌
ビジネス・経済 雑誌
経営・マネジメント 雑誌 海外事情・国際ニュース 雑誌 政治 雑誌 マネー・投資 雑誌 ビジネス・経済専門誌 求人・転職情報誌 法律・法務 雑誌 環境・エネルギー 雑誌 広告・マーケティング 雑誌 流通・小売 雑誌 人事・総務 雑誌 四季報 外食・ホテル業界 雑誌 会計・税務・経理 雑誌 農業・畜産・漁業 雑誌 飲食店経営・調理師 雑誌 金融 雑誌 貿易 雑誌 地方自治・行政 雑誌 起業・独立開業 雑誌 企業年鑑・データ 業界データブック 自己啓発 雑誌 ビジネスCD・通信教育 株・FX 雑誌 就職・就活 雑誌
健康・生活 雑誌
子供・児童学習 雑誌 子育て・育児 雑誌 家事・生活情報 雑誌 健康・家庭医学 雑誌 住宅・リフォーム 雑誌 住宅情報・賃貸 雑誌 インテリア・雑貨 雑誌 田舎暮らし・エコ・スローライフ 雑誌 結婚情報・ウェディング 雑誌 絵本・大型絵本 妊婦・赤ちゃん 雑誌
スポーツ 雑誌
サッカー・フットサル 雑誌 高校野球・プロ野球 雑誌 ゴルフ 雑誌 その他球技・競技 雑誌 釣り 雑誌 相撲・武術・武道 雑誌 筋トレ・ボディビル 雑誌 ダイビング・マリンスポーツ 雑誌 スノーボード・スキー 雑誌 ランニング・ウォーキング 雑誌 テニス・卓球 雑誌 バレエ・社交ダンス 雑誌 スポーツ医学・コーチング 雑誌 自転車・サイクリング 雑誌 サーフィン・ボディーボード 雑誌 バスケットボール 雑誌 F1・モータースポーツ 雑誌 ダンス 雑誌 プロレス・格闘技 雑誌 ボクシング 雑誌 水泳・ボート 雑誌 ラグビー・アメフト 雑誌
バイク・自動車・乗り物 雑誌
オートバイ 雑誌 カスタムカー・バイク 雑誌 外車・輸入車 雑誌 4WD・RV 雑誌 新車・ニューモデル情報 鉄道・電車 雑誌 飛行機・航空機 雑誌 中古車・中古バイク 雑誌
芸能・音楽 雑誌
テレビガイド・番組表 雑誌 音楽情報誌 エンタメ 雑誌 DVD(ビデオ)マガジン 映画・シネマ 雑誌 韓国(韓流・K-POP) 雑誌 ピアノ・クラシック 雑誌 ギター・ロック 雑誌 演劇・舞台 雑誌 洋楽 雑誌 ジャズ(JAZZ) 雑誌 ジャニーズ 雑誌 グラビア・アイドル 雑誌 写真週刊誌・ゴシップ 雑誌 写真集
グルメ・料理 雑誌
レシピ 雑誌 グルメガイド・レストラン 雑誌 お酒(ワイン・日本酒など) 雑誌 栄養学・食育 雑誌 パン・スイーツ 雑誌
旅行・タウン情報 雑誌
京都・関西 雑誌 関東 雑誌 東京(TOKYO) 雑誌 九州 雑誌 東海 雑誌 東北 雑誌 北海道 雑誌 北陸・信越 雑誌 中国地方 雑誌 四国 雑誌 沖縄情報 雑誌 旅行情報誌 温泉 雑誌 リゾート・レジャー 雑誌 タイ・アジア 雑誌 ハワイ 雑誌 その他 海外情報 雑誌 鉄道・バス時刻表本 航空時刻表
アニメ・漫画 雑誌
少年コミック・漫画 少女コミック・漫画 青年コミック・漫画 レディース(女性)コミック アニメ 雑誌 声優 雑誌 comics&アメコミ ディズニー・キャラクター 雑誌 コスプレ 雑誌 BL(ボーイズラブ)コミック・雑誌
ペット・動物 雑誌
犬 雑誌 猫 雑誌 トリマー・ペット業界 雑誌 魚・熱帯魚 雑誌 昆虫 雑誌 ペットその他 雑誌
文芸・総合 雑誌
女性総合誌 男性総合誌 カルチャー・文化 雑誌 文芸誌・小説 雑誌 時事・社会 雑誌 機内誌 宗教 雑誌 歴史・史学 雑誌 思想・心理学 雑誌 俳句・短歌・詩 雑誌 占い・開運 雑誌 書道 雑誌
趣味・芸術 雑誌
デザイン・アート 雑誌 プラモデル・模型 雑誌 ガーデニング・園芸 雑誌 手芸・ハンドメイド 雑誌 パズル・クイズ 雑誌 ナンプレ・数独 雑誌 クロスワード・ナンクロ 雑誌 ミリタリー・サバゲー 雑誌 競馬・競輪・競艇 雑誌 オーディオ・ステレオ 雑誌 アウトドア・キャンプ 雑誌 カメラ・写真 雑誌 分冊百科・ワンテーママガジン 将棋・囲碁 雑誌 イラスト・グラフィックデザイン 雑誌 建築・住宅建築 雑誌 陶芸・骨董 雑誌 ラジオ・無線 雑誌 ゲーム 雑誌 フィギュア・ホビー 雑誌 DIY・工具 雑誌 パチンコ・パチスロ 雑誌 ハイキング・登山 雑誌 麻雀 雑誌
ヘアカタログ・美容 雑誌
メイク・ネイル 雑誌 フィットネス 雑誌 ヘアスタイル 雑誌 ヨガ 雑誌 美容専門誌 ダイエット 雑誌 アロマ 雑誌
看護・医学・医療 雑誌
ナース 雑誌 介護・福祉 雑誌 医療技術 雑誌 薬学 雑誌 臨床外科 雑誌 臨床内科 雑誌 医療時事 雑誌 歯科 雑誌 獣医学 雑誌 理学療法 雑誌 その他 医学雑誌
教育・語学 雑誌
その他 NHKテレビ・ラジオテキスト NHK語学テキスト 幼児教育 雑誌 小学生教育 雑誌 中学教育 雑誌 高校教育 雑誌 受験・留学 雑誌 試験問題集・資格 雑誌 日本語学習 教材 ハングル・韓国語学習 教材 中国語学習 教材 リスニング教材・語学CD 英語教育・英会話 教材 フランス語学習 教材 ドイツ語学習 教材 スペイン語学習 教材 その他 語学雑誌 教員・教師 雑誌 通信・教育講座
テクノロジー・科学 雑誌
宇宙・天文 雑誌 機械 雑誌 化学 雑誌 情報処理 雑誌 地球科学・環境問題 雑誌 生物・生物学 雑誌 数学・物理 雑誌
パソコン・PC 雑誌
コンピューター・自作PC 雑誌 ネットワーク・セキュリティ 雑誌 Webデザイン・プログラミング 雑誌 DTP・グラフィック 雑誌 アプリ・スマホ 雑誌 インターネット 雑誌 Mac・マック 雑誌
新聞・業界紙
英字新聞 業界新聞・専門紙 新聞縮刷版 切り抜き・クリッピングマガジン 全国紙(新聞) 中国語 新聞・業界紙 地方紙(新聞)
洋(海外)雑誌
English newspaper Science&Nature Magazines Language&Education Magazines Money&Business& Magazines Fashion&Style Magazines others Design&Architecture Magazines Hobby&Entertainment Magazines Home&Interior Magazines Computers&Electronics Magazines バイリンガルマガジン・雑誌
中国雑誌
中国 ビジネス・経済 雑誌 中国 旅行・タウン情報 雑誌 中国 趣味・芸術 雑誌 中国 看護・医学 ・医療 雑誌 中国 文芸・総合 雑誌 中国 教育・語学 雑誌 中国 テクノロジー・科学 雑誌 中国 スポーツ 雑誌 中国 ファッション 雑誌 高等文化院校学報 高等理工学院学報 中国 バイク・車・乗り物 雑誌 中国 健康・生活 雑誌 中国 学生・こども向け 雑誌
その他
その他 雑誌