映像制作者のためのポストプロダクション・ハンドブック 2007年06月29日発売号 表紙
  • ムック:映像制作者のためのポストプロダクション・ハンドブック
  • 出版社:玄光社
  • 発行間隔:既刊
  • サイズ:B5判
映像制作者のためのポストプロダクション・ハンドブック 2007年06月29日発売号 表紙
  • ムック:映像制作者のためのポストプロダクション・ハンドブック
  • 出版社:玄光社
  • 発行間隔:既刊
  • サイズ:B5判

映像制作者のためのポストプロダクション・ハンドブック 2007年06月29日発売号

玄光社
巻頭インタビュー① 中島信也 氏(CMディレクター) 
巻頭インタビュー② 北村久美子 氏(CMプロデューサー)

第1章 撮影 
撮影は企画に沿った編集素材をつくる場として位置づける。
そのために、ま...

映像制作者のためのポストプロダクション・ハンドブック 2007年06月29日発売号

玄光社
巻頭インタビュー① 中島信也 氏(CMディレクター) 
巻頭インタビュー② 北村久美子 氏(CMプロデューサー)

第1章 撮影 
撮影は企画に沿った編集素材をつくる場として位置づける。
そのために、ま...

ご注文はこちら

2007年06月29日発売号単品
  • 売り切れ
この商品は現在取り扱っておりません。

映像制作者のためのポストプロダクション・ハンドブック 2007年06月29日発売号 の目次

巻頭インタビュー① 中島信也 氏(CMディレクター) 
巻頭インタビュー② 北村久美子 氏(CMプロデューサー)


第1章 撮影 
撮影は企画に沿った編集素材をつくる場として位置づける。
そのために、まず機材およびメディアの選択、そして現場での準備等を紹介する。

第2章 現像/テレシネ
ポストプロダクション工程の始まりが、現像・テレシネ。
撮影映像をデジタル素材に変換して、かつトーンを整える場がテレシネ。
ここでの一連の流れを紹介する。

第3章 オフライン編集
オフライン編集は映像制作の検証の場。
ここで企画に沿った内容をブラッシュアップしていく。
また、ここはオンライン編集をスムースに行なうための、
精密な映像の設計図をつくる場でもある。

第4章 CG制作 
ほとんどのCMで、何らかの形でCG映像が使われている。
しかしCG制作はブラックボックス状態。
そこで制作者の視点で必要なCG制作の知識を解説していく。

第5章 本編集(オンライン編集) 
本編集は、全ての映像素材をコンポジットして完成形にしていく現場。
ここで行われる代表的な基本的な合成作業を例に、オンライン編集の作業を紹介する。

第6章 MA-音編集
音は映像制作において重要な要素。そこで、音に関する制作の流れを紹介する。
現場での録音の現状、音楽制作の実態、そしてMA作業の現場、ミキサーの本音など。

第7章 納品
映像が完成しても、放送局の放送基準に合わないと放送することができない。
完全な納品原版をつくるにはどういった注意が必要なのかを紹介。

第8章 CMのWeb時代
Webでも動画CMを展開する時代になった。
そこで今求められているのはCM制作者の映像制作力。
ここではWeb時代に求められるCM制作者の知識とは何かを紹介する。


■訂正
『現像・テレシネ』欄、P.39の記事中、
一部事実と異なる記述がありました。

「通常は10時スタートで、早ければ11時にはテレシネを開始できる。」

実際には、現像作業には前後の工程があるため、
前述のような作業時間で仕上がることはありません。
株式会社IMAGICAおよび関係各位にお詫びして、
訂正いたします。

映像制作者のためのポストプロダクション・ハンドブックの内容

  • 出版社:玄光社
  • 発行間隔:既刊
  • サイズ:B5判
映像制作者に必要なポスプロ技術の現場ノウハウを網羅
撮影後に、様々な素材を集めて編集加工し、イメージに沿った形に仕上げる、ポストプロダクションでの工程は重要なパート。効率的な映像制作のノウハウを理解するに最適な1冊。

この雑誌の読者はこちらの雑誌も買っています!

映像制作者のためのポストプロダクション・ハンドブックの所属カテゴリ一覧

Fujisanとは?

日本最大級雑誌の定期購読サービスを提供

デジタル雑誌をご利用なら

最新号〜バックナンバーまで7000冊以上の雑誌
(電子書籍)が無料で読み放題!
タダ読みサービスを楽しもう!

総合案内
マイページ
マイライブラリ
アフィリエイト
採用情報
プレスリリース
お問い合わせ
©︎2002 FUJISAN MAGAZINE SERVICE CO., Ltd.