※定期購読のイメージ画像
※定期購読のイメージ画像
  • 雑誌
  • デジタル版
  • プレゼント

イタリア好き

毎号充実取材!イタリア各州、各地のディープなイタリアをお届けします。
  • 雑誌
  • デジタル版
  • プレゼント

イタリア好き

毎号充実取材!イタリア各州、各地のディープなイタリアをお届けします。

定期購読のお申込み

初めてのご購入で500円割引
Fujisan.co.jpでご購入が初めての方は、500円割引(5000円以上のご注文にご利用可)となります。 ご注文確認画面のギフト券入力欄に自動的に表示されます。
レビュー投稿で500円割引
好きな雑誌のレビューを投稿すると、すぐにメールで500円割引ギフト券(5000円以上のご注文にご利用可)と、10%割引ギフト券(5000円以下の定期購読にご利用可)が届きます。
  • 月額払いの商品ではご利用いただけません。
  • どちらかひとつのギフト券が 今すぐご利用可能です♪
イタリア好きのレビューを投稿する

雑誌の形式を選ぶ

支払い方を選ぶ i

611円(税込)/冊

イタリア好き 雑誌の内容

“イタリア好き”にオススメ! 観光情報誌とは違う、イタリア人の日常、素顔を感じられる雑誌。
人が好き、旅が好き、出会いが好き、楽しいことが好き、食べることが好き、愛することが好き、そして何よりイタリアが好き。食、芸術、デザイン、建築、ファッション、 エンターテインメント、歴史遺産、スポーツ、どんなジャンルをとっても「粋・誇り・愛嬌」が感じられ、知らぬ間に、ぐっと惹きつけられてしまう。それがイタリア。 そして何より、その土地を愛し、家族を愛し、誇りに思い生活するイタリア人、その人に魅力を感じてしまう。毎号、各州や一つのテーマにフォーカスし、そこに暮らす人々と食を通して、知られざる魅力を紹介していきます。おいしさの中から見えてくるのは、人生を楽しく生きる姿かもしれません。

イタリア好きの無料サンプル

Vol.31 (2017年11月01日発売)
Vol.31 (2017年11月01日発売)をまるごと1冊ご覧いただけます
サンプルを見る

イタリア好き Vol.44 (発売日2021年02月01日) の目次

昨年2月29日にイタリアから帰国して早一年が経とうとしている。この間、新型コロナウイルスは想像以上に拡大し、今もなお我々の生活に重い空気を漂わせている。

そして新しい生活様式により、できるだけ人と接せず、密にならず暮らすという、人が人として生きる価値を奪われてしまうような生活を余儀なくされている。

このままではダメだ!

すべての物事において長い時間——特に人間の寿命をも超える長い時間——をその内に蓄積したものには、その種のものしか身にまとうことのできない力がある。ただ、そうした作用は客観的に測定がしづらいために失うことも容易であるのだと、『ゆっくり、いそげ』影山知明著の中に書かれている。

どういうことか、誤解を恐れずに簡単に言えば、できあがるまでの手間ひまの時間と、できてからの時間の積み重ねが味となって長く愛され続けているということだ。ただそれはすべての人と共有できるものでもない。

西村さんはインタヴューの中で、「イタリアには人々の思いが詰まったものがいつまでも変わらずにあり、それが魅力の一つでもある」とも話されている。

なるほど、今この変化の中において、これから先もずっと愛していける、変わらずに守っていけるのは何か(それは極めて主観的であっていい)を見極める機会を与えられたと考えれば、それは幸いであり、とても前向きなのである。

進もう。

そんな思いでこの写真を眺め、次にまた同じ風景が見られることを望むのであった。

+   イタリア好きの目次配信サービス

イタリア好き定期購読のプレゼント

期間限定!(2022年01月31日迄) 『イタリア好き』バックナンバープレゼント!
対象購読プラン:1年
定期購読へ新規にお申込みいただいた方全員へ、『イタリア好き』バックナンバー ”Vol.31『イタリア好き』ってなんだ?”をプレゼントさせていただきます! 本号は、2010年の5月に創刊してからを振り返るVol.1~30までの総集編でもあります。 『イタリア好き』のこだわりがギュギュっと詰まった1冊となっていますので、ぜひ楽しんでご覧ください。
  • プレゼントの種類が複数ある商品をご購入の際は、定期購読ページのプルダウンでご希望の種類をお選びの上、「買い物かごに入れる」を押してください。
  • プレゼントは品切れ等の理由により、代替品をお送りする場合がございます。あらかじめご了承ください。
  • プレゼントは、原則として、お申し込み後の変更は承りかねますので、ご注文の際は、ご注意ください。
  • 読者へのプレゼントに関しましては、雑誌とは別便でお送りする場合があります。
  • また、お届けまで、1ヶ月ほどお時間をいただく場合がございますので、ご了承ください。

イタリア好きのレビューはまだありません

レビュー投稿で500円割引!
おすすめの購読プラン

イタリア好きのバックナンバー

611円
昨年2月29日にイタリアから帰国して早一年が経とうとしている。この間、新型コロナウイルスは想像以上に拡大し、今もなお我々の生活に重い空気を漂わせている。

そして新しい生活様式により、できるだけ人と接せず、密にならず暮らすという、人が人として生きる価値を奪われてしまうような生活を余儀なくされている。

このままではダメだ!

すべての物事において長い時間——特に人間の寿命をも超える長い時間——をその内に蓄積したものには、その種のものしか身にまとうことのできない力がある。ただ、そうした作用は客観的に測定がしづらいために失うことも容易であるのだと、『ゆっくり、いそげ』影山知明著の中に書かれている。

どういうことか、誤解を恐れずに簡単に言えば、できあがるまでの手間ひまの時間と、できてからの時間の積み重ねが味となって長く愛され続けているということだ。ただそれはすべての人と共有できるものでもない。

西村さんはインタヴューの中で、「イタリアには人々の思いが詰まったものがいつまでも変わらずにあり、それが魅力の一つでもある」とも話されている。

なるほど、今この変化の中において、これから先もずっと愛していける、変わらずに守っていけるのは何か(それは極めて主観的であっていい)を見極める機会を与えられたと考えれば、それは幸いであり、とても前向きなのである。

進もう。

そんな思いでこの写真を眺め、次にまた同じ風景が見られることを望むのであった。
イタリアが好きだ。
これといってあまり深い理由もないけれど、あの国に行くと生きているという実感が湧いてくる。理屈でなく、そう、肌で感じるのだ。行くたびに湧き上がる好奇心と解放される心は、どこからともなくやって来る。
時間はゆったりと流れることを許されるいっぽうで、速さに熱狂する人や、できないと言わない自信満々の人や、自己愛の強い人。研究熱心な人や、おしゃべりな人。難しいことは分からないけれど、そんなイタリア人に会うと、自分の生き方を問われ、知らずしらずのうちにリセットされていたのかもしれない。が、今はそれがしばらくされないままだ。
今号は過去の取材からセレクトした写真と、今ならではのリモートインタヴューやメッセージで構成したので、足りなくなったイタリアを少しでも補完して、読者の皆さんもぜひリセットしてもらいたい。
また行きたい場所、また食べたい料理、また聴きたい歌、また登りたい坂、また飲みたいワイン、また会いたい人。
イタリア万歳!
どことなく田舎臭くて、素朴な包みが僕は好きだ。

深夜にB&Bに到着して部屋に入ると、ベッド数が足らない。よくあることだが、ダブルで二人分とカウントされている。メッセージしてあったのに~。仕方がないその夜は一人が椅子を並べて寝ることになった。翌朝、フランチェスカさん(P7)が近くに住む親戚からベッドを借りてきてくれた。これで煩わしい部屋探しをしなくて済んだ。その後、日曜日の家族とのランチを一緒にした。

食事の準備ができるまで、アーチレアーレの海岸を一望できる屋上に案内されて、街のこと、家族のこと、いろいろと話してくれた。「暖かくなったらここで食事するからその時もぜひ」と、笑顔のフランチェスカさん。部屋に戻ると、ワイン片手にニコニコ顔で現れたお父さんに導かれ、ご自慢のアンティーク家具の見学会が始まった。たった数時間で心地よい家族の風に包まれていた。

そういえば、早朝に取材した「ドルチェリーア・ベッラ」のアンジェラさん。白髪にヴィオラ色のニットと艶やかな口紅が美しい。彼女が店に入ってくるとたちまち晴れやかな空気に包まれ、大袈裟じゃなく幸せのシャワーを浴びた感じがした(P12)。「いつも笑顔で自分の舞台を演じるのよ」という母親の教えどおり、彼女の楽しむ姿が周りの人たちも楽しませているのだ。

サルヴァトーレさん(P14)は、常連客に囲まれてゆったりマイペースでサービスをする。そのおおらかさで店内はまったりとした空気に包まれている。笑顔でいるからこそ得られる豊かさがあると、人生を謳歌している。

ところで「包」の字源は、人が子供を身ごもっているさまを象ったもの。大切なものを「つつむ」ことを源とする言葉だ。だからだろう、何かの「包み」には、包んだ人の気持ちも一緒に包まれているように感じることがある。

B&Bの椅子で夜を過ごしたときにはどうなることかと思ったが、取材を終えてみれば、明るくて社交的で、ホスピタリティにあふれているアチェージ(アーチレアーレの人)の、質素でピュアなもてなしに包まれた、いい時間だった。

発行編集人 マッシモ松本
もう何十年も前の話。本誌連載中のカメラマン、篠さんと一緒に朝市の撮影をしにホテルを出た。するとそこにいた警官が、篠さんのたすき掛けをしている2台のカメラを指差して、「それはよくない気をつけろ」と言って注意してきた。篠さんはイタリアのベテラン。「その辺りは心得ている」と、うまく話して先に進んだ。

しばらく行くと、今度はサラリーマン風の紳士が「カメラはしまったほうがいい」と親切に声をかけてくれた。篠さんも「ありがとう」と答え、一度はカメラをしまうが、それでは撮影にならないと、また取り出し同じようにたすき掛けにして歩いていた。すると、スクーターに乗って一度は通り過ぎたおばちゃんがわざわざ大声で呼び止めながら戻ってきて、「ダメ、ダメ、ダメ! カメラはしまいなさい」と言うのだ。しかもおばちゃんはしまうまでそこを立ち去る様子もなく、滔々となぜ危ないかを話し始める。さすがの篠さんも、この短時間の間に同じことを3人に言われたら、しまわないわけにはいかない。そこは大人しくカメラをしまいメルカートへ向かった。そして十分に注意をしながら撮影を始め、無事になんのトラブルもなく、一見陽気なナポレターノたちの写真を収めることができた。

この話、ナポリが危険な街だと言いたいのではない、ナポリは誇りと自信に満ち、郷土愛に溢れた地元民に支えられている魅力的な街ということだ。

美しい海岸線と地理的優位性から、独立と被支配を繰り返してきた歴史の中で、文化が交差して積みあげられてきたナポリ。雑然とした街並みや、けたたましい車の騒音、荒々しく飛び交う人々の声、貧困と富裕、数多ある教会、エスプレツソ、ピッツア、王宮……そういう混沌の中で、生きる活気がみなぎるのがナポリであり、来る人を惹きつけてやまない。

最近では、カメラ片手に歩く観光客も増え、タクシーもほぼぼったくられることはほとんどなくなり、ずいぶんセーフティな街になったようだ。むしろ昔のようなハラハラ、ドキドキのナポリを懐かしむ人も少なくないのかもしれない。
 
それでもナポリは、ナポリである。
 
発行編集人 マッシモ松本
2020年が始まった。日本ではオリンピックイヤーとなり、開会までの準備を整えるために世の中は忙しい。

いっぽうで、新年早々米国のイランへの攻撃や、イギリスのEU撤退、地球温暖化による気候変動によるさまざまな影響など。経済を中心にこれまで人類がしてきたことが、今少しずつずれて、崩れてきている、そんなことさえ思える最近の出来事が多い。

ビジネス、ファッョン、モード、デザインなどイタリアの産業、経済の中心地のミラノ。スターバックスやユニクロもオープンし連日賑わいを見せている。どこに行ってもある店は、安心感の代わりに、その街の個性を失わせてしまうように思う。僕はどこかでイタリアはそうなって欲しくないと願っている。町の小さなバールや、肉屋や魚屋、八百屋や食料品店など魅力的な店をたくさん見てきた。それらもだんだんと数を減らしている様子とはいえ、そのスピードは日本よりずっと遅く感じる。そう、引き継がれてきた伝統を誇りに、無理をせず、客のニーズに合わせて緩やかに変化させることはあっても骨格は失わず、安心と信頼を得ている店。そんな店がここミラノにも数多くあった。

出発直前のトラブルからほぼ白紙の状態でのミラノ入りだった。もともと〝暮らし〟をテーマにしたかった取材。前々日入りした僕が、滞在先のホテル周辺の少しの情報を元にリサーチに回り、地元の人たちが溜まっている、立ち寄っている店を巡り、取材先を決めていった。そこからは飛び込み取材を敢行。どの店も思いのほかあたたかく迎えてくれて、とてもいい取材ができた。滞在中何度も通った店も少なくない。

それらの店に共通していたことは実にシンプル。誠実さと謙虚さだった。そして老舗でも、新店でも、そういう店には必ず客が並んでいる。客もまた店をきちんと守ろうとする。当たり前に聞こえるが、これが意外にそうでもないのは皆さんもよくご存知であろう。

ビートルズは「all you need is love」と唄い、清志郎はある歌の中で、「愛が欲しいなんてただの口癖」と皮肉って唄っていたけど、やっぱりイタリア、根底には「アモーレ」が溢れているのだ。

目先に囚われずに、本質を見据え、根っこをしっかり踏みしめることこそ今の我々にとっては大切なのではないかと、オリンピック後のニッポンを憂慮しながらパニーノをほおばっていた。

発行人編集長 マッシモ松本
「ハレ」と「ケ」

サルデーニャ、ここは不思議な魅力を持った島である。この島に来るたびに思う。島独特の文化、風習が今もなお色濃く残り、それを誇りに思い、守っていこうとする力を特に強く感じるのだ。それは島であることと、被支配の歴史によることに少なからず影響しているだろう。
 
特に祭りの風俗や習慣、民族衣装どれを取っても興味深い。季節になれば、島のあちらこちらで大小さまざまな祭りが催され、住民が集い、聖人を祀り、祈り、そこに伝わる料理を食べ、ワインを飲むのである。

日本には「ハレ」(晴)と「ケ」(褻)という考え方がある。「ハレ」とは祭礼や節句、正月や、冠婚葬祭の非日常的な行事を言い、「ケ」は日常の生活を言う。その非日常と日常という生活のリズムが、季節の変化とともに古くから日本人の意識に根付いていた。「ハレ」の日には「晴れ着」を着て、日常とは違う料理を食べ、その区別をしっかりつけることによって、心と体のエネルギーを充填し「ケ」の日常も滞りなく過ごせるというのである。そしてハレの日の祭りでは、皆が酒食を共にすることでより家族や地域の結び付きを強くさせるという考えもある。

サルデーニャの人たちが、祭りの伝統や習慣、風習を大切にしているのは、祭りを通して地域での絆を確かなものにし、さまざまな支配や影響から自身を守る術の一つなのかもしれない。だから「ケ」の日常でも、質素な暮らしも大切にしているのだと感じられた。

誇りとホスピタリティの島、サルデーニャ。

発行人編集長 マッシモ松本

イタリア好きの今すぐ読める無料記事

イタリア好きを買った人はこんな雑誌も買っています!

旅行・タウン情報 雑誌の売上ランキング

1 ノジュール(nodule)

JTBパブリッシング

最大
13%
OFF
送料
無料

ノジュール(nodule)

2021年02月28日発売

目次: 【大特集】

土地の記憶を紡ぐ場所……
 『美術館のある町へ』

●史上初、全巻同時公開
 国宝 鳥獣戯画がやってくる!
 特別対談:山田五郎×土屋貴裕
 
●美術館のある町へ
 ・上野(東京都)
  東京国立博物館/国立科学博物館/国立西洋美術館

 ・岡崎(京都府)
  京都市京セラ美術館/京都国立近代美術館
 
 ・中之島(大阪府)
  大阪市立東洋陶磁美術館/大阪府立中之島図書館

 ・箱根(神奈川県)
  岡田美術館/箱根美術館

 ・丸の内(東京都)
  三菱一号館美術館

 ・金沢(石川県)
  国立工芸館(東京国立近代美術館工芸館)/石川県立美術館

●おすすめミュージアムグッズ

●絶対見ておきたい!
 2021年注目の展覧会厳選15


【特集】

 2021年の桜はここで見る!
 『ゆったり花見の大公園10』

●大都会で楽しむ特別な桜の饗宴「新宿御苑の桜」
●広い公園お花見ガイド
●桜前線大予想2021


【特集】

 国宝「東塔」特別公開!
 『奈良 薬師寺を歩く』

●白鳳伽藍復興への道
 ~50年の軌跡と高田好胤師
 語り手:加藤朝胤管主


【連載】
●季節でめぐる世界の絶景 第5回
 カンペチェ(メキシコ合衆国) 写真:富井義夫
●河合 敦の日本史の新常識 第6回
 コロナ禍で閉ざされた日本の門戸と江戸時代の「鎖国」のはなし
●東西高低差を歩く 第17回 関西編
 巨椋地、豊臣秀吉の巨大「地形改造」事業
●あの日の時刻表 第6回
 最後の国鉄監修・時刻表
●“令和版”東海道中記 第3回
 幕末の開港場 神奈川から難所 権太坂と大坂を越える
●ドクター格子のからだリフォーム体操 第5回
 腰〈前編〉
●京懐石の老舗が教える 旬のおかず 第6回
 アサリの酒蒸しあんかけ
●老後に備えるあんしんマネー学 第5回 畠中雅子
 NISAと iDeCoを利用して賢く資産を守る
●心ときめく今月の名作 第5回
 青柳 小村雪岱
●見つけてきました! 第18回
 晩白柚が香るFCゼリー
●読者の本音 第18回
 美術館
●旅と暮らしのひとコマから
●楽しみながら脳トレ!

参考価格: 896円 定期購読(1年プラン)なら1冊:775円

「ノジュール」は、直接皆さまのご自宅にお届けする “50代からの旅と暮らしの情報雑誌”です。

  • 2021/01/28
    発売号

  • 2020/12/28
    発売号

  • 2020/11/28
    発売号

  • 2020/10/28
    発売号

  • 2020/09/28
    発売号

  • 2020/08/28
    発売号

BE-PAL(ビーパル)

2021年02月09日発売

目次: 特別付録 人感センサー富士山LEDランタン/特集 ポカポカ冬キャンプ-初めてのテント内暖房術から真冬のおうちキャンプ術まで/冬籠りの時季にぜひチャレンジ!“壊れかけのギア”リペア&リメイク術

アウトドアといえばBE-PAL(ビーパル)!

  • 2021/01/08
    発売号

  • 2020/12/09
    発売号

  • 2020/11/09
    発売号

  • 2020/10/09
    発売号

  • 2020/09/09
    発売号

  • 2020/08/06
    発売号

3 東京カレンダー

東京カレンダー

最大
50%
OFF
送料
無料

東京カレンダー

2021年02月20日発売

目次: 2月20日発売、東京カレンダーは「大人が使える恵比寿」


◆表紙 
 白石麻衣/大人の「まいやん」から目が離せない
◆インタビュー&グラビア
 京本大我(SixTONES)/ほっとけない男。
 チョコレートプラネット/大人のホテルデート
 岡田健史/そういや、絵が、描きたかったんだ

参考価格: 800円 定期購読(【月額払い】プラン)なら1冊:407円

きっとこの街がすきになる、遊びたい大人の厳選情緒誌。

  • 2021/01/21
    発売号

  • 2020/12/21
    発売号

  • 2020/11/21
    発売号

  • 2020/10/21
    発売号

  • 2020/09/19
    発売号

  • 2020/08/21
    発売号

4 旅の手帖

交通新聞社

最大
8%
OFF
送料
無料

旅の手帖

2021年02月10日発売

目次: のんびり走る路面電車は、その町の様子を車窓に映します。鉄道よりもさらに近い視線で、町の風情を感じてみませんか。
途中下車したくなるローカル感あふれる見どころや沿線グルメを案内しつつ、全国の路面電車のある町の遊び方をご紹介します。
第2特集は、「体感!日本の手しごと」です。
伝統の技術が受け継がれる、日本各地のものづくりをご紹介していきます。

【第1特集】
路面電車で町遊び

市電沿線で栄えた、北の食と文化
札幌市電●北海道札幌市

ゆっくり走る電車で下町さんぽ
都電荒川線(東京さくらトラム)●東京都豊島区・北区ほか

古都をのんびり走る海岸電車
江ノ電●神奈川県鎌倉市・藤沢市

鋳物・銅器の町と港町をつなぐ
万葉線(高岡軌道線)●富山県高岡市

東海道をのんびり走って歴史を感じたい
豊鉄市内線●愛知県豊橋市

堺の文化と歴史を訪ねてちん電旅
阪堺電車●大阪府大阪市・堺市

広島の歴史とともに歩んだ市民の足
広電●広島県広島市

伝統と交差する南国の軌道
とさでん●高知県高知市・いの町ほか

風情あふれる城下町をトコトコと
熊本市電●熊本県熊本市

異国情緒薫る港町をのんびりと
長崎電気軌道●長崎県長崎市

市民の心の中で走り続ける
横浜市電の“いま”●神奈川県横浜市

今も廃線跡に多くの痕跡を残す
名鉄美濃町線さんぽ●岐阜県岐阜市・関市・美濃市

令和5年春、75年ぶりに新たな路面電車が走る
芳賀・宇都宮LRTが誕生

トコトコ走って町めぐりにも活躍!
全国の路面電車

________________________________
【第2特集】
体感! 日本の手しごと

食卓に工芸品の彩りを
燕●新潟県燕市

雪国の透きとおった美しさ
富山●富山県富山市

出雲国のとっておきを探して
松江●島根県松江市

薩摩で息吹くオンリーワン
鹿児島●鹿児島県鹿児島市

下町で特別な体験に出合う
“江戸”ものづくりさんぽ●東京都墨田区

毎日の生活に取り入れたい伝統の技
モダン工芸品がほしい 東日本・西日本

________________________________
【TOPICS】
新しい魅力発見!
高知の建築さんぽ

世界遺産の教会堂を訪ねて、春の長崎へ
五島列島で楽しむ島時間

風光明媚な車窓とともに、徳島横断の旅を満喫
「藍よしのがわトロッコ」運行開始

________________________________
【特別付録】
東北デスティネーションキャンペーンハンドブック

________________________________
【連載】
旅で見つけた旬の味_凍みこんにゃく“しゃもげたん”●茨城県大子町
ご当地スーパー劇場_ナガノヤ 芳士店●宮崎県宮崎市
ゆるりと歩く町の旅_本物のむかし町でタイムトリップ●奈良県橿原市
鉄道時間旅行_SLの年間走行日数、総走行距離、保存運転車両日本最多! 大井川鐵道
島日和_朴島●宮城県塩竈市
花まるトリップ_手つかずの自然と漁師たちの営み。神秘に満ちた常神半島へ●福井県若狭町
空の旅_平塚
かけ湯くん_温泉は火山の恵みだもの
旅の便利アイテム_インスタントカメラプリンターiNSPiC ZV-123

_________________________________
【情報】
東日本発news&topics
西日本発news&topics
読みたい本
旅する映画
プレゼント&インフォメーション
JRニュース
おいしいプレゼント「愛媛県伊予市」計18名!
旅の手帖アンケート
今月のトラベルクロス【図書カードNEXTが当たる!】
読者からのお便り紹介「みんなの手帖」
バックナンバー&定期購読のご案内
次号予告

参考価格: 650円 定期購読(1年プラン)なら1冊:596円

日本文化応援マガジン!旅を「身近な気分転換」ととらえる行動派に読まれています。

  • 2021/01/09
    発売号

  • 2020/12/10
    発売号

  • 2020/11/10
    発売号

  • 2020/10/10
    発売号

  • 2020/09/10
    発売号

  • 2020/08/07
    発売号

最大
50%
OFF
送料
無料

旅と鉄道

2021年01月21日発売

目次: 特別付録 2021年鉄道絶景カレンダー/特集 鉄道旅事典2021

参考価格: 1,100円 定期購読(【月額払い】プラン)なら1冊:605円

鉄道旅行の魅力を語る、深める、伝える! 鉄道ファン・旅行ファン必携の“乗り鉄”バイブル

  • 2020/09/19
    発売号

  • 2020/07/18
    発売号

  • 2020/05/21
    発売号

  • 2020/03/21
    発売号

  • 2020/01/21
    発売号

  • 2019/11/21
    発売号

最大
50%
OFF
送料
無料

OZmagazine (オズマガジン)

2021年02月12日発売

目次: 表紙 1 1
編集長メッセージ 2 2
目次 3 3
AD 4 4
NICE DAY STORY 1  TOKYO AM7:30 5 5
定期購読 6 6
NICE DAY STORY 2  マキヒロチのモーニングクローゼット 7 7
今日のよりみち 中野 8 11
名店で味わう“おおいた魚”グルメ 12 13
SNSで話題のあの子が集合 どうぶつって。 14 20
大人の動物園&水族館 21 23
知るほどに心が和む動物園へ 24 39
元気になれる楽しい水族館へ 40 55
みんな大好きパンダが待っている動物園 56 65
「市原ぞうの国」へようこそ 66 69
『俺、つしま』特別編 70 73
どうぶつカフェ&スポットでほっこりしあわせ 74 87
オトナの動物雑貨 88 93
ニューノーマルなおでかけアイテムを選ぼう 94 95
Zoogle 96 103
だいすきなきみが教えてくれたこと 104 109
オズのうちの子自慢大賞 110 111
SDGs学新聞 112 112
NICE DAY STORY 3  夜のよりみち あしたのワンピース 113 113
TOPICS&PRESENT 114 114
NICE DAY NOTE 115 122
暮らし観光郵便局 123 123
スターツ出版からのお知らせ 124 124

参考価格: 700円 定期購読(【月額払い】プラン)なら1冊:400円

丁寧な日常を過ごすきっかけを提供。トレンドなど最新情報に<提案性>と<メッセージ>を込めた東京OLの情報誌

  • 2021/01/12
    発売号

  • 2020/12/11
    発売号

  • 2020/11/12
    発売号

  • 2020/10/12
    発売号

  • 2020/09/12
    発売号

  • 2020/08/11
    発売号

翼の王国・TSUBASA -GLOBAL WINGS-

2021年03月01日発売

目次: ※4月号以降「翼の王国」はデジタル化され、ANAアプリ上で3月号を含めた過去1年分のバックナンバーを閲覧できるようになります。

翼の王国 表紙
目次
特集 熊本 阿蘇 火山の恵み
特集 秋田 白神の、森を遊ぶ
ANA’S WORLD SCOPE 当たり前の旅
ANA’S WORLD SCOPE オアハカの灯り
ANA’S WORLD SCOPE 競走馬譚 アーモンドアイと軽ハンデ
あの空とプレイリスト 太田莉菜
ワイン・カリフォルニア ボンド
京都の流儀 引き祝い
天然記念物のいきもの図鑑 沖縄県・西表島 カンムリワシ
東京もん 手仕事もん①
東京もん 手仕事もん②
旅育日記~親子で飛ぶ日~ 子連れスキーの真実
おべんとうの時間 加藤耕介さん
空の冒険 オオキクアオイソラノウエデ
みやげ遊覧絵図 鹿児島
水と人とが出合うところ 道東
くらべる迷路 マヌー
シリーズ「三度の至福」 能登半島の三食
MY SWEET HOME TOWN わたしの奈良
郵便飛行
ANA TOMORROW 機内食で挑戦! ~世界へ羽ばたく機内食~
ANA GROUP INFORMATION ANAグループからのお知らせ
Route Map
In-flight Entertainment
In-flight internet service
Transit Information
Fleet Information
ANA Group Information 
TIME FOR OBENTO KOSUKE KATO
TO/RI/SE/TSU HARU
KUMAMOTO ASO:THE VOLC BLESSING
Exclusive to TOKYO Exclusive HANDIWORK
CONTENTS
TSUBASA-GLOBAL WINGS- 表紙

ANAグループ機内誌「翼の王国・TSUBASA -GLOBAL WINGS-」

  • 2021/02/01
    発売号

  • 2021/01/01
    発売号

  • 2020/12/01
    発売号

  • 2020/11/01
    発売号

  • 2020/10/01
    発売号

  • 2020/09/01
    発売号

8 TRANSIT(トランジット)

ユーフォリアファクトリー

最大
5%
OFF
送料
無料

TRANSIT(トランジット)

2020年12月17日発売

目次: ・ケラマンチュの青い春 沖縄/慶良間諸島
青い海と空に囲まれた島に残る戦争の跡。ここに生まれた人びとの青春の日々に触れる。

・水色の国に暮らせば 熊本/熊本市、南阿蘇村、南小国町、三角町、人吉市 他
熊本に魅せられた人びとが語る、澄んだ水がある毎日の暮らし。

・働くものが見つめる紺碧 宮城/気仙沼市、岩手/遠野市
海の漁と森の猟を取材。2つの現場から見えた命の物語。

・蒼に宿る神 和歌山/熊野古道
神々が住まう森の中を静かに歩き、自らと向き合った旅の路。

・明日に藍の種をまく 徳島/徳島市、上板町、美馬市
日本最大の藍の産地に受け継がれている伝統と、彼らが生み出す新しい未来のこと。

・前略、青の大地から 北海道/美瑛町、東川町、士別市、稚内市、利尻島 他
心に浮かんだ親しいあの人へ、北海道旅の途中で綴った手紙。

・自然と人の永久を想う 三重/伊勢志摩国立公園
伊勢神宮のお膝元で保たれてきた森や海の恵み、長きにわたり守られてきた文化。

・東京空色採集
時間ごとに移ろう東京の青と、詩人・最果タヒが紡ぐ人と人の関係性。

・浮世絵とジャパン・ブルー
世界を魅了したスター浮世絵師、葛飾北斎と歌川広重の華やかな青色。

・NIPPON青考
「青」と聞いて受けとるイメージや連想するものは、日本と世界ではどう違う?
あおのなりたち/青のイメージ/青キャラクター分析/ブルーとジェンダーの関係/日本映画を覆う青/青い歌/世界の青図鑑/信仰世界の青

・東山魁夷と青の世界
静謐で叙情性に富んだ、青の画家・東山魁夷の世界。

・青のメカニズム
人が色を認識する仕組み、ものが青く見える理由を絵図で解説。

・日本の「青」ができるまで
日本人が親しんできた青の歴史と青系色を総まとめ。


【連載】
・STARTING POINT ブレケル・オスカル、足立和也、小林モー子

参考価格: 1,980円 定期購読(月額払いプラン)なら1冊:1,881円

TRANSIT紙版の定期購読でデジタル版の雑誌も無料で読める!! 1号ごとのお支払いもできます。

  • 2020/09/17
    発売号

  • 2020/06/26
    発売号

  • 2020/03/13
    発売号

  • 2019/12/16
    発売号

  • 2019/09/13
    発売号

  • 2019/06/17
    発売号

送料
無料

鉄道ダイヤ情報

2021年02月15日発売

目次: 巻頭特集:
令和時代の貨物列車

本誌1年半ぶりの貨物特集は、JR貨物にとどまらず、私鉄系貨物鉄道の多彩な話題が盛りだくさん。
DD51形がいよいよ終焉を迎える関西本線のほか、中央西線におけるロクヨン重連の運転も気になるJR。
そして、名古屋臨海鉄道、衣浦臨海鉄道、西濃鉄道の私鉄系とともに、アツい中部地区に注目です。
さらに、同じく中部地区の三岐鉄道のほか、岩手開発鉄道、秩父鉄道などで盛んな石灰石輸送についてもじっくり解説します。
明治に開業し、時代の変化とともに廃止となった九州の「炭鉱電車」、
運転の実態そのものが秘密のベールに包まれた「くろがね線」……。
ちょっとディープな貨物列車の世界を覗いてみましょう。

●今、中部地区の貨物列車がアツい!
●三岐鉄道 ~鉄道貨物輸送の長所を発揮~
●秩父鉄道 ~気軽に見られる鉱石列車~
●岩手開発鉄道 ~長編成・高頻度輸送~
●貨物鉄道トピックス 2020→2021
●三池の「炭鉱電車」が刻んだ歴史
●「くろがね線」って どんな路線?
●ロクヨン重連+タキをらしく撮る

■JR東日本 ダイヤグラム[2020(令和2)年3月14日改正]
武蔵野線、日光線、烏山線

■DATA FILES
●JR車両のうごき[2020.10.1~12.31]
●春の臨時列車一覧表
●冬の臨時列車追加情報
●定期列車編成変更情報
●DJ時刻表
●団体臨時列車運転予定表
●検測車運転予定表
●甲種鉄道車両輸送計画表

■GRAPHICS
●鉄道瞬景 vol.67/夕焼け菜の花
●DJフォトコンテスト 第398回/2020ニューフェイス
●旅空ノオト #11/記録

■NEWS
●新車トピックス
●国内ニュース
●SL情報ファイル

■REGULAR
●鉄道HERO完全密着 JR東海 総合研修センター 講師
●遖!はらから鉄道塾 都心のオアシスに伝説の秘境を見た!?/潜入!! 京成電鉄 旧博物館動物園駅篇
●シリーズ車両基地 Vol.79/大井川鐵道 両国車両区
●台湾鉄道TOPICS
●鉄夫のトリセツ 寝台列車〔カシオペア〕に永遠を感じた珍道中

■OTHERS
●Telework 望遠レンズで切り取った鉄道風景
●らくがきダイヤグラム
●新製品・新刊情報
●読者プレゼント
●DJ情報局

参考価格: 990円

行動派レールファン必携の情報源

  • 2021/01/15
    発売号

  • 2020/12/15
    発売号

  • 2020/11/13
    発売号

  • 2020/10/15
    発売号

  • 2020/09/15
    発売号

  • 2020/08/17
    発売号

イタリア好きの所属カテゴリ一覧

キャンペーン&TOPICS

日本最大級の雑誌取り扱い数!
定期購読の利用数100万人以上!
定期購読とは
雑誌を予約することで毎号ご自宅へお届けします!売り切れの心配なし♪
もっと詳しく ▶︎
タダ読みサービス
無料で雑誌が読み放題♪今日発売のあの雑誌も。
もっと詳しく ▶︎
法人サービス
雑誌を年間5万円以上ならお得な法人プレミアムサービスで!
もっと詳しく ▶︎
アフィリエイト
あなたのサイトで雑誌をおすすめしてみませんか?
もっと詳しく ▶︎
カテゴリ一覧
女性ファッション 雑誌
きれいめ・大人カジュアル系 雑誌 モード系・コレクション 雑誌 フェミニン系 雑誌 ママ・主婦 雑誌 コンサバ系 雑誌 ナチュラル系 雑誌 カジュアル系 雑誌 オフィスカジュアル 雑誌 子ども・キッズファッション 雑誌 ガーリー系 雑誌 ティーンズファッション 雑誌 原宿系 雑誌 着物・和服 雑誌 ギャル系 雑誌 セレブ系 雑誌 森ガール系 雑誌
メンズファッション 雑誌
メンズきれいめカジュアル 雑誌 モノ・グッズ 雑誌 メンズカジュアル 雑誌 ストリートファッション系 雑誌 スーツ・トラッド系 雑誌 アメカジ 雑誌 オラオラ系・お兄系 雑誌 腕時計・ブランド 雑誌 古着系 雑誌
ビジネス・経済 雑誌
経営・マネジメント 雑誌 海外事情・国際ニュース 雑誌 政治 雑誌 マネー・投資 雑誌 ビジネス・経済専門誌 求人・転職情報誌 法律・法務 雑誌 環境・エネルギー 雑誌 広告・マーケティング 雑誌 流通・小売 雑誌 人事・総務 雑誌 四季報 外食・ホテル業界 雑誌 会計・税務・経理 雑誌 農業・畜産・漁業 雑誌 飲食店経営・調理師 雑誌 金融 雑誌 貿易 雑誌 地方自治・行政 雑誌 起業・独立開業 雑誌 企業年鑑・データ 業界データブック 自己啓発 雑誌 ビジネスCD・通信教育 株・FX 雑誌 就職・就活 雑誌
健康・生活 雑誌
子供・児童学習 雑誌 子育て・育児 雑誌 家事・生活情報 雑誌 健康・家庭医学 雑誌 住宅・リフォーム 雑誌 住宅情報・賃貸 雑誌 インテリア・雑貨 雑誌 田舎暮らし・エコ・スローライフ 雑誌 結婚情報・ウェディング 雑誌 絵本・大型絵本 妊婦・赤ちゃん 雑誌
スポーツ 雑誌
サッカー・フットサル 雑誌 高校野球・プロ野球 雑誌 ゴルフ 雑誌 その他球技・競技 雑誌 釣り 雑誌 相撲・武術・武道 雑誌 筋トレ・ボディビル 雑誌 ダイビング・マリンスポーツ 雑誌 スノーボード・スキー 雑誌 ランニング・ウォーキング 雑誌 テニス・卓球 雑誌 バレエ・社交ダンス 雑誌 スポーツ医学・コーチング 雑誌 自転車・サイクリング 雑誌 サーフィン・ボディーボード 雑誌 バスケットボール 雑誌 F1・モータースポーツ 雑誌 ダンス 雑誌 プロレス・格闘技 雑誌 ボクシング 雑誌 水泳・ボート 雑誌 ラグビー・アメフト 雑誌
バイク・自動車・乗り物 雑誌
オートバイ 雑誌 カスタムカー・バイク 雑誌 外車・輸入車 雑誌 4WD・RV 雑誌 新車・ニューモデル情報 鉄道・電車 雑誌 飛行機・航空機 雑誌 中古車・中古バイク 雑誌
芸能・音楽 雑誌
テレビガイド・番組表 雑誌 音楽情報誌 エンタメ 雑誌 DVD(ビデオ)マガジン 映画・シネマ 雑誌 韓国(韓流・K-POP) 雑誌 ピアノ・クラシック 雑誌 ギター・ロック 雑誌 演劇・舞台 雑誌 洋楽 雑誌 ジャズ(JAZZ) 雑誌 ジャニーズ 雑誌 グラビア・アイドル 雑誌 写真週刊誌・ゴシップ 雑誌 写真集
グルメ・料理 雑誌
レシピ 雑誌 グルメガイド・レストラン 雑誌 お酒(ワイン・日本酒など) 雑誌 栄養学・食育 雑誌 パン・スイーツ 雑誌
旅行・タウン情報 雑誌
京都・関西 雑誌 関東 雑誌 東京(TOKYO) 雑誌 九州 雑誌 東海 雑誌 東北 雑誌 北海道 雑誌 北陸・信越 雑誌 中国地方 雑誌 四国 雑誌 沖縄情報 雑誌 旅行情報誌 温泉 雑誌 リゾート・レジャー 雑誌 タイ・アジア 雑誌 ハワイ 雑誌 その他 海外情報 雑誌 鉄道・バス時刻表本 航空時刻表
アニメ・漫画 雑誌
少年コミック・漫画 少女コミック・漫画 青年コミック・漫画 レディース(女性)コミック アニメ 雑誌 声優 雑誌 comics&アメコミ ディズニー・キャラクター 雑誌 コスプレ 雑誌 BL(ボーイズラブ)コミック・雑誌
ペット・動物 雑誌
犬 雑誌 猫 雑誌 トリマー・ペット業界 雑誌 魚・熱帯魚 雑誌 昆虫 雑誌 ペットその他 雑誌
文芸・総合 雑誌
女性総合誌 男性総合誌 カルチャー・文化 雑誌 文芸誌・小説 雑誌 時事・社会 雑誌 機内誌 宗教 雑誌 歴史・史学 雑誌 思想・心理学 雑誌 俳句・短歌・詩 雑誌 占い・開運 雑誌 書道 雑誌
趣味・芸術 雑誌
デザイン・アート 雑誌 プラモデル・模型 雑誌 ガーデニング・園芸 雑誌 手芸・ハンドメイド 雑誌 パズル・クイズ 雑誌 ナンプレ・数独 雑誌 クロスワード・ナンクロ 雑誌 ミリタリー・サバゲー 雑誌 競馬・競輪・競艇 雑誌 オーディオ・ステレオ 雑誌 アウトドア・キャンプ 雑誌 カメラ・写真 雑誌 分冊百科・ワンテーママガジン 将棋・囲碁 雑誌 イラスト・グラフィックデザイン 雑誌 建築・住宅建築 雑誌 陶芸・骨董 雑誌 ラジオ・無線 雑誌 ゲーム 雑誌 フィギュア・ホビー 雑誌 DIY・工具 雑誌 パチンコ・パチスロ 雑誌 ハイキング・登山 雑誌 麻雀 雑誌
ヘアカタログ・美容 雑誌
メイク・ネイル 雑誌 フィットネス 雑誌 ヘアスタイル 雑誌 ヨガ 雑誌 美容専門誌 ダイエット 雑誌 アロマ 雑誌
看護・医学・医療 雑誌
ナース 雑誌 介護・福祉 雑誌 医療技術 雑誌 薬学 雑誌 臨床外科 雑誌 臨床内科 雑誌 医療時事 雑誌 歯科 雑誌 獣医学 雑誌 理学療法 雑誌 その他 医学雑誌
教育・語学 雑誌
その他 NHKテレビ・ラジオテキスト NHK語学テキスト 幼児教育 雑誌 小学生教育 雑誌 中学教育 雑誌 高校教育 雑誌 受験・留学 雑誌 試験問題集・資格 雑誌 日本語学習 教材 ハングル・韓国語学習 教材 中国語学習 教材 リスニング教材・語学CD 英語教育・英会話 教材 フランス語学習 教材 ドイツ語学習 教材 スペイン語学習 教材 その他 語学雑誌 教員・教師 雑誌 通信・教育講座
テクノロジー・科学 雑誌
宇宙・天文 雑誌 機械 雑誌 化学 雑誌 情報処理 雑誌 地球科学・環境問題 雑誌 生物・生物学 雑誌 数学・物理 雑誌
パソコン・PC 雑誌
コンピューター・自作PC 雑誌 ネットワーク・セキュリティ 雑誌 Webデザイン・プログラミング 雑誌 DTP・グラフィック 雑誌 アプリ・スマホ 雑誌 インターネット 雑誌 Mac・マック 雑誌
新聞・業界紙
英字新聞 業界新聞・専門紙 新聞縮刷版 切り抜き・クリッピングマガジン 全国紙(新聞) 中国語 新聞・業界紙 地方紙(新聞)
洋(海外)雑誌
English newspaper Science&Nature Magazines Language&Education Magazines Money&Business& Magazines Fashion&Style Magazines others Design&Architecture Magazines Hobby&Entertainment Magazines Home&Interior Magazines Computers&Electronics Magazines バイリンガルマガジン・雑誌
中国雑誌
中国 ビジネス・経済 雑誌 中国 旅行・タウン情報 雑誌 中国 趣味・芸術 雑誌 中国 看護・医学 ・医療 雑誌 中国 文芸・総合 雑誌 中国 教育・語学 雑誌 中国 テクノロジー・科学 雑誌 中国 スポーツ 雑誌 中国 ファッション 雑誌 高等文化院校学報 高等理工学院学報 中国 バイク・車・乗り物 雑誌 中国 健康・生活 雑誌 中国 学生・こども向け 雑誌
その他
その他 雑誌