※定期購読のイメージ画像
※定期購読のイメージ画像
  • 雑誌
  • デジタル版
  • プレゼント

イタリア好き

毎号充実取材!イタリア各州、各地のディープなイタリアをお届けします。
  • 雑誌
  • デジタル版
  • プレゼント

イタリア好き

毎号充実取材!イタリア各州、各地のディープなイタリアをお届けします。

定期購読のお申込み

初めてのご購入で500円割引
Fujisan.co.jpでご購入が初めての方は、500円割引(5000円以上のご注文にご利用可)となります。 ご注文確認画面のギフト券入力欄に自動的に表示されます。
レビュー投稿で500円割引
好きな雑誌のレビューを投稿すると、すぐにメールで500円割引ギフト券(5000円以上のご注文にご利用可)と、10%割引ギフト券(5000円以下の定期購読にご利用可)が届きます。
  • 月額払いの商品ではご利用いただけません。
  • どちらかひとつのギフト券が 今すぐご利用可能です♪
イタリア好きのレビューを投稿する

雑誌の形式を選ぶ

支払い方を選ぶ i

611円(税込)/冊

イタリア好き 雑誌の内容

“イタリア好き”にオススメ! 観光情報誌とは違う、イタリア人の日常、素顔を感じられる雑誌。
人が好き、旅が好き、出会いが好き、楽しいことが好き、食べることが好き、愛することが好き、そして何よりイタリアが好き。食、芸術、デザイン、建築、ファッション、 エンターテインメント、歴史遺産、スポーツ、どんなジャンルをとっても「粋・誇り・愛嬌」が感じられ、知らぬ間に、ぐっと惹きつけられてしまう。それがイタリア。 そして何より、その土地を愛し、家族を愛し、誇りに思い生活するイタリア人、その人に魅力を感じてしまう。毎号、各州や一つのテーマにフォーカスし、そこに暮らす人々と食を通して、知られざる魅力を紹介していきます。おいしさの中から見えてくるのは、人生を楽しく生きる姿かもしれません。

イタリア好きの無料サンプル

Vol.31 (2017年11月01日発売)
Vol.31 (2017年11月01日発売)をまるごと1冊ご覧いただけます
サンプルを見る

イタリア好き Vol.44 (発売日2021年02月01日) の目次

昨年2月29日にイタリアから帰国して早一年が経とうとしている。この間、新型コロナウイルスは想像以上に拡大し、今もなお我々の生活に重い空気を漂わせている。

そして新しい生活様式により、できるだけ人と接せず、密にならず暮らすという、人が人として生きる価値を奪われてしまうような生活を余儀なくされている。

このままではダメだ!

すべての物事において長い時間——特に人間の寿命をも超える長い時間——をその内に蓄積したものには、その種のものしか身にまとうことのできない力がある。ただ、そうした作用は客観的に測定がしづらいために失うことも容易であるのだと、『ゆっくり、いそげ』影山知明著の中に書かれている。

どういうことか、誤解を恐れずに簡単に言えば、できあがるまでの手間ひまの時間と、できてからの時間の積み重ねが味となって長く愛され続けているということだ。ただそれはすべての人と共有できるものでもない。

西村さんはインタヴューの中で、「イタリアには人々の思いが詰まったものがいつまでも変わらずにあり、それが魅力の一つでもある」とも話されている。

なるほど、今この変化の中において、これから先もずっと愛していける、変わらずに守っていけるのは何か(それは極めて主観的であっていい)を見極める機会を与えられたと考えれば、それは幸いであり、とても前向きなのである。

進もう。

そんな思いでこの写真を眺め、次にまた同じ風景が見られることを望むのであった。
クリスマスの景色 フィレンツェ/おいしいイタリア 郷土の味を旅しよう 北イタリア、中部イタリア



表紙
BAR&TABACCHIのある風景
変わらないイタリアの景色
イタリアのほんの小さな出来事 長本和子
マンマのレシピ トスカーナ州フィレンツェ
新しい希望と伝統、変化の時代を、しなやかに生きる
あの時のあの人は今どうしてる
Facciamo un viaggio Italia
おいしいイタリア 郷土の味を旅しよう!
Facciamo un viaggio Italia
スペシャルインタヴュー 元祖イタリア好き 西村暢夫さん
地方のイタリア語〜方言と同義語〜
ワインソムリエ矢野航の今日は何をオススメしましょうか?
イタリア好き通信
イタリア野菜好き フィノッキオ
池田匡克のイタリア美食日記
フォト通信 イタリアのクリスマス編
Information/Present
Back Number/編集後記
イタリアズッキーニパートナーズ(配布店)リスト
イタリア散歩 篠利幸

+   イタリア好きの目次配信サービス

イタリア好き定期購読のプレゼント

期間限定!(2022年01月31日迄) 『イタリア好き』バックナンバープレゼント!
対象購読プラン:1年
定期購読へ新規にお申込みいただいた方全員へ、『イタリア好き』バックナンバー ”Vol.31『イタリア好き』ってなんだ?”をプレゼントさせていただきます! 本号は、2010年の5月に創刊してからを振り返るVol.1~30までの総集編でもあります。 『イタリア好き』のこだわりがギュギュっと詰まった1冊となっていますので、ぜひ楽しんでご覧ください。
  • プレゼントの種類が複数ある商品をご購入の際は、定期購読ページのプルダウンでご希望の種類をお選びの上、「買い物かごに入れる」を押してください。
  • プレゼントは品切れ等の理由により、代替品をお送りする場合がございます。あらかじめご了承ください。
  • プレゼントは、原則として、お申し込み後の変更は承りかねますので、ご注文の際は、ご注意ください。
  • 読者へのプレゼントに関しましては、雑誌とは別便でお送りする場合があります。
  • また、お届けまで、1ヶ月ほどお時間をいただく場合がございますので、ご了承ください。

イタリア好きのレビューはまだありません

レビュー投稿で500円割引!
おすすめの購読プラン

イタリア好きのバックナンバー

昨年2月29日にイタリアから帰国して早一年が経とうとしている。この間、新型コロナウイルスは想像以上に拡大し、今もなお我々の生活に重い空気を漂わせている。

そして新しい生活様式により、できるだけ人と接せず、密にならず暮らすという、人が人として生きる価値を奪われてしまうような生活を余儀なくされている。

このままではダメだ!

すべての物事において長い時間——特に人間の寿命をも超える長い時間——をその内に蓄積したものには、その種のものしか身にまとうことのできない力がある。ただ、そうした作用は客観的に測定がしづらいために失うことも容易であるのだと、『ゆっくり、いそげ』影山知明著の中に書かれている。

どういうことか、誤解を恐れずに簡単に言えば、できあがるまでの手間ひまの時間と、できてからの時間の積み重ねが味となって長く愛され続けているということだ。ただそれはすべての人と共有できるものでもない。

西村さんはインタヴューの中で、「イタリアには人々の思いが詰まったものがいつまでも変わらずにあり、それが魅力の一つでもある」とも話されている。

なるほど、今この変化の中において、これから先もずっと愛していける、変わらずに守っていけるのは何か(それは極めて主観的であっていい)を見極める機会を与えられたと考えれば、それは幸いであり、とても前向きなのである。

進もう。

そんな思いでこの写真を眺め、次にまた同じ風景が見られることを望むのであった。
イタリアが好きだ。
これといってあまり深い理由もないけれど、あの国に行くと生きているという実感が湧いてくる。理屈でなく、そう、肌で感じるのだ。行くたびに湧き上がる好奇心と解放される心は、どこからともなくやって来る。
時間はゆったりと流れることを許されるいっぽうで、速さに熱狂する人や、できないと言わない自信満々の人や、自己愛の強い人。研究熱心な人や、おしゃべりな人。難しいことは分からないけれど、そんなイタリア人に会うと、自分の生き方を問われ、知らずしらずのうちにリセットされていたのかもしれない。が、今はそれがしばらくされないままだ。
今号は過去の取材からセレクトした写真と、今ならではのリモートインタヴューやメッセージで構成したので、足りなくなったイタリアを少しでも補完して、読者の皆さんもぜひリセットしてもらいたい。
また行きたい場所、また食べたい料理、また聴きたい歌、また登りたい坂、また飲みたいワイン、また会いたい人。
イタリア万歳!
どことなく田舎臭くて、素朴な包みが僕は好きだ。

深夜にB&Bに到着して部屋に入ると、ベッド数が足らない。よくあることだが、ダブルで二人分とカウントされている。メッセージしてあったのに~。仕方がないその夜は一人が椅子を並べて寝ることになった。翌朝、フランチェスカさん(P7)が近くに住む親戚からベッドを借りてきてくれた。これで煩わしい部屋探しをしなくて済んだ。その後、日曜日の家族とのランチを一緒にした。

食事の準備ができるまで、アーチレアーレの海岸を一望できる屋上に案内されて、街のこと、家族のこと、いろいろと話してくれた。「暖かくなったらここで食事するからその時もぜひ」と、笑顔のフランチェスカさん。部屋に戻ると、ワイン片手にニコニコ顔で現れたお父さんに導かれ、ご自慢のアンティーク家具の見学会が始まった。たった数時間で心地よい家族の風に包まれていた。

そういえば、早朝に取材した「ドルチェリーア・ベッラ」のアンジェラさん。白髪にヴィオラ色のニットと艶やかな口紅が美しい。彼女が店に入ってくるとたちまち晴れやかな空気に包まれ、大袈裟じゃなく幸せのシャワーを浴びた感じがした(P12)。「いつも笑顔で自分の舞台を演じるのよ」という母親の教えどおり、彼女の楽しむ姿が周りの人たちも楽しませているのだ。

サルヴァトーレさん(P14)は、常連客に囲まれてゆったりマイペースでサービスをする。そのおおらかさで店内はまったりとした空気に包まれている。笑顔でいるからこそ得られる豊かさがあると、人生を謳歌している。

ところで「包」の字源は、人が子供を身ごもっているさまを象ったもの。大切なものを「つつむ」ことを源とする言葉だ。だからだろう、何かの「包み」には、包んだ人の気持ちも一緒に包まれているように感じることがある。

B&Bの椅子で夜を過ごしたときにはどうなることかと思ったが、取材を終えてみれば、明るくて社交的で、ホスピタリティにあふれているアチェージ(アーチレアーレの人)の、質素でピュアなもてなしに包まれた、いい時間だった。

発行編集人 マッシモ松本
もう何十年も前の話。本誌連載中のカメラマン、篠さんと一緒に朝市の撮影をしにホテルを出た。するとそこにいた警官が、篠さんのたすき掛けをしている2台のカメラを指差して、「それはよくない気をつけろ」と言って注意してきた。篠さんはイタリアのベテラン。「その辺りは心得ている」と、うまく話して先に進んだ。

しばらく行くと、今度はサラリーマン風の紳士が「カメラはしまったほうがいい」と親切に声をかけてくれた。篠さんも「ありがとう」と答え、一度はカメラをしまうが、それでは撮影にならないと、また取り出し同じようにたすき掛けにして歩いていた。すると、スクーターに乗って一度は通り過ぎたおばちゃんがわざわざ大声で呼び止めながら戻ってきて、「ダメ、ダメ、ダメ! カメラはしまいなさい」と言うのだ。しかもおばちゃんはしまうまでそこを立ち去る様子もなく、滔々となぜ危ないかを話し始める。さすがの篠さんも、この短時間の間に同じことを3人に言われたら、しまわないわけにはいかない。そこは大人しくカメラをしまいメルカートへ向かった。そして十分に注意をしながら撮影を始め、無事になんのトラブルもなく、一見陽気なナポレターノたちの写真を収めることができた。

この話、ナポリが危険な街だと言いたいのではない、ナポリは誇りと自信に満ち、郷土愛に溢れた地元民に支えられている魅力的な街ということだ。

美しい海岸線と地理的優位性から、独立と被支配を繰り返してきた歴史の中で、文化が交差して積みあげられてきたナポリ。雑然とした街並みや、けたたましい車の騒音、荒々しく飛び交う人々の声、貧困と富裕、数多ある教会、エスプレツソ、ピッツア、王宮……そういう混沌の中で、生きる活気がみなぎるのがナポリであり、来る人を惹きつけてやまない。

最近では、カメラ片手に歩く観光客も増え、タクシーもほぼぼったくられることはほとんどなくなり、ずいぶんセーフティな街になったようだ。むしろ昔のようなハラハラ、ドキドキのナポリを懐かしむ人も少なくないのかもしれない。
 
それでもナポリは、ナポリである。
 
発行編集人 マッシモ松本
2020年が始まった。日本ではオリンピックイヤーとなり、開会までの準備を整えるために世の中は忙しい。

いっぽうで、新年早々米国のイランへの攻撃や、イギリスのEU撤退、地球温暖化による気候変動によるさまざまな影響など。経済を中心にこれまで人類がしてきたことが、今少しずつずれて、崩れてきている、そんなことさえ思える最近の出来事が多い。

ビジネス、ファッョン、モード、デザインなどイタリアの産業、経済の中心地のミラノ。スターバックスやユニクロもオープンし連日賑わいを見せている。どこに行ってもある店は、安心感の代わりに、その街の個性を失わせてしまうように思う。僕はどこかでイタリアはそうなって欲しくないと願っている。町の小さなバールや、肉屋や魚屋、八百屋や食料品店など魅力的な店をたくさん見てきた。それらもだんだんと数を減らしている様子とはいえ、そのスピードは日本よりずっと遅く感じる。そう、引き継がれてきた伝統を誇りに、無理をせず、客のニーズに合わせて緩やかに変化させることはあっても骨格は失わず、安心と信頼を得ている店。そんな店がここミラノにも数多くあった。

出発直前のトラブルからほぼ白紙の状態でのミラノ入りだった。もともと〝暮らし〟をテーマにしたかった取材。前々日入りした僕が、滞在先のホテル周辺の少しの情報を元にリサーチに回り、地元の人たちが溜まっている、立ち寄っている店を巡り、取材先を決めていった。そこからは飛び込み取材を敢行。どの店も思いのほかあたたかく迎えてくれて、とてもいい取材ができた。滞在中何度も通った店も少なくない。

それらの店に共通していたことは実にシンプル。誠実さと謙虚さだった。そして老舗でも、新店でも、そういう店には必ず客が並んでいる。客もまた店をきちんと守ろうとする。当たり前に聞こえるが、これが意外にそうでもないのは皆さんもよくご存知であろう。

ビートルズは「all you need is love」と唄い、清志郎はある歌の中で、「愛が欲しいなんてただの口癖」と皮肉って唄っていたけど、やっぱりイタリア、根底には「アモーレ」が溢れているのだ。

目先に囚われずに、本質を見据え、根っこをしっかり踏みしめることこそ今の我々にとっては大切なのではないかと、オリンピック後のニッポンを憂慮しながらパニーノをほおばっていた。

発行人編集長 マッシモ松本
「ハレ」と「ケ」

サルデーニャ、ここは不思議な魅力を持った島である。この島に来るたびに思う。島独特の文化、風習が今もなお色濃く残り、それを誇りに思い、守っていこうとする力を特に強く感じるのだ。それは島であることと、被支配の歴史によることに少なからず影響しているだろう。
 
特に祭りの風俗や習慣、民族衣装どれを取っても興味深い。季節になれば、島のあちらこちらで大小さまざまな祭りが催され、住民が集い、聖人を祀り、祈り、そこに伝わる料理を食べ、ワインを飲むのである。

日本には「ハレ」(晴)と「ケ」(褻)という考え方がある。「ハレ」とは祭礼や節句、正月や、冠婚葬祭の非日常的な行事を言い、「ケ」は日常の生活を言う。その非日常と日常という生活のリズムが、季節の変化とともに古くから日本人の意識に根付いていた。「ハレ」の日には「晴れ着」を着て、日常とは違う料理を食べ、その区別をしっかりつけることによって、心と体のエネルギーを充填し「ケ」の日常も滞りなく過ごせるというのである。そしてハレの日の祭りでは、皆が酒食を共にすることでより家族や地域の結び付きを強くさせるという考えもある。

サルデーニャの人たちが、祭りの伝統や習慣、風習を大切にしているのは、祭りを通して地域での絆を確かなものにし、さまざまな支配や影響から自身を守る術の一つなのかもしれない。だから「ケ」の日常でも、質素な暮らしも大切にしているのだと感じられた。

誇りとホスピタリティの島、サルデーニャ。

発行人編集長 マッシモ松本

イタリア好きの今すぐ読める無料記事

イタリア好きを買った人はこんな雑誌も買っています!

旅行・タウン情報 雑誌の売上ランキング

BE-PAL(ビーパル)

2021年04月08日発売

目次: 特別付録 SHO’S 肉厚グリルパン/大特集 最新キャンプ道具徹底チェック145/特集 ハンモックLifeのススメ

アウトドアといえばBE-PAL(ビーパル)!

  • 2021/03/09
    発売号

  • 2021/02/09
    発売号

  • 2021/01/08
    発売号

  • 2020/12/09
    発売号

  • 2020/11/09
    発売号

  • 2020/10/09
    発売号

2 ノジュール(nodule)

JTBパブリッシング

最大
13%
OFF
送料
無料

ノジュール(nodule)

2021年03月28日発売

目次: 【大特集】

一年で一番カラフルな季節到来
 『春爛漫!花絶景の旅』

●日本一の藤を求めて全7景
 
●大自然を借景に楽しむ「山と海の花絶景」
 <山の絶景>
 ・春爛漫!花絶景の旅(長野県)
 ・富士山とネモフィラの美しき青の競演(山梨県)
 ・霊峰戸隠山に麓に咲く白い清楚な水芭蕉(長野県)
 ・陽光に咲くチューリップと立山連峰に誘われて(富山県)
 
 <海の絶景>
 ・瀬戸内海へと続くマーガレット畑(香川県)
 ・碧く煌めく城ヶ崎の海と春の花畑(静岡県)
 ・バラの香りに誘われてレトロな港町散策(神奈川県)

●春を楽しむ「花図鑑」
●春の「花イベント」ガイド
●『時刻表』の表紙を飾った花と鉄道の絶景


【特集】

「青天を衝け」の舞台 深谷&王子
 『渋沢栄一の足跡をたどる』

●早わかり!渋沢栄一
●渋沢の志が萌芽した生まれ故郷「論語の里」【深谷編】
●渋沢が本邸を構え、晩年を過ごした飛鳥山へ【王子編】
●「青天を衝け」2つの大河ドラマ館


【特集】

 動画配信サービスで世界が広がる!
 人気4社総まとめ


【連載】
●季節でめぐる世界の絶景 第6回
 サンティア ゴ・デ・クーバ(キューバ共和国) 写真:竹沢うるま
●河合 敦の日本史の新常識 第7回
 和同開珎から新1万円札まで。知られざる「お金」の日本史
●東西高低差を歩く 第18回 関東編
 江戸近郊の名所~王子・飛鳥山
●あの日の時刻表 第7回
 いい旅チャレンジ20,000kmキャンペーン
●“令和版”東海道中記 第4回
 盆踊りのルーツ遊行寺から 松並木が残る湘南を西へ
●ドクター格子のからだリフォーム体操 第5回
 腰〈後編〉
●京懐石の老舗が教える旬のおかず 第7回
 筍と鯛の和風カルパッチョ
●老後に備えるあんしんマネー学 第6回 畠中雅子
 高齢期の医療費はいくらくらいかかる?
●心ときめく今月の名作 第7回
 色面の楕円コンポジション2 ピート・モンドリアン
●見つけてきました! 第19回
 土佐打刃物のくじらナイフ
●読者の本音 第19回
 旅行用シューズ
●旅と暮らしのひとコマから
●楽しみながら脳トレ!

参考価格: 896円 定期購読(1年プラン)なら1冊:775円

「ノジュール」は、直接皆さまのご自宅にお届けする “50代からの旅と暮らしの情報雑誌”です。

  • 2021/02/28
    発売号

  • 2021/01/28
    発売号

  • 2020/12/28
    発売号

  • 2020/11/28
    発売号

  • 2020/10/28
    発売号

  • 2020/09/28
    発売号

3 旅の手帖

交通新聞社

最大
50%
OFF
送料
無料

旅の手帖

2021年04月09日発売

目次: 日本人の心のよりどころ“温泉”。
今年の温泉旅は雄大な景色をひとり占めできる“おひとりさま”歓迎の露天風呂に出かけませんか。
海や風、木々の音をBGMに、自分だけの世界に浸れば、身も心も温泉と景色にとけてゆくようです。
第2特集では全国の“なんだかすごい”ミュージアムをご紹介します。
なにかに特化した美術館、ちょっと尖った博物館など、一度は行ってみたいミュージアムのオンパレードです。
第1特集「一人で泊まれる絶景露天風呂の宿」
【巻頭グラビア】秘密にしたいとっておきの露天湯

時を忘れる眺望と海のごちそうが待つ
南三陸温泉 南三陸ホテル観洋●宮城県南三陸町

世界ジオパークの雄大な自然をひとり占め
堂ヶ島温泉 絶景の宿 堂ヶ島ホテル天遊●静岡県西伊豆町

黒潮の荒波を望む大洞窟温泉
南紀勝浦温泉 ホテル浦島●和歌山県那智勝浦町

開放感と海との一体感を味わう
虎杖浜温泉 心のリゾート 海の別邸 ふる川●北海道白老町

露天風呂から青い空と錦江湾を一望
指宿温泉 吟松●鹿児島県指宿市

山並み迫る別天地でにごり湯三昧
万座温泉 日進舘●群馬県嬬恋村

昭和という時代が生んだ別天地
奥道後温泉 奥道後壱湯の守●愛媛県松山市

旨い梅酒と圧巻の渓谷美に酔う
奥日田温泉 うめひびき●大分県日田市

岩峰が迫りくる仙境の露天風呂
姥湯温泉 桝形屋●山形県米沢市

山々を眺めて季節の移ろいを感じる
宇奈月温泉 延楽●富山県黒部市

松島湾に昇る月と朝日をめでる
松島温泉 小松館好風亭●宮城県松島町

富士と湖を一望する雲海リゾート
山中湖温泉 ホテルマウント富士●山梨県山中湖村

貸し切り湯で味わう瀬戸内の日本三景
宮浜温泉 安芸グランドホテル●広島県廿日市市

一人泊歓迎!絶景の温泉宿 東日本編&西日本編

オンリーワン温泉に入りたい!

第2特集「なんだかすごい! ミュージアム」
一期一会を求めて
安曇野アートラインで自然と芸術にふれる●長野県安曇野市・大町市ほか

なぜかこんなに集まる
伊豆半島のちょっぴり不思議な博物館●静岡県伊東市・伊豆市・東伊豆町

島がまるごと美術館
生口島へ行こう!●広島県尾道市

ウポポイ(民族共生象徴空間)●北海道白老町

弘前れんが倉庫美術館●青森県弘前市

日本銀行金融研究所 貨幣博物館●東京都中央区

福井県立恐竜博物館●福井県勝山市

龍谷大学 龍谷ミュージアム●京都府京都市

仁摩サンドミュージアム●島根県大田市

NAGARE STUDIO 流政之美術館●香川県高松市

大分香りの博物館●大分県別府市

一度は行ってみたい! 個性派ミュージアム

TOPICS
心落ち着く景色がある
東北デスティネーションキャンペーン開催中!

連載
旅で見つけた旬の味_かんかんずし●香川県高松市ほか
ご当地スーパー劇場_アップルサンショウ 新根塚町店●富山県富山市
ゆるりと歩く町の旅_大仏だけじゃない魅力的な牛久さんぽ●茨城県牛久市
鉄道時間旅行_八王子と横浜を結ぶシルクロード JR横浜線
島日和_大根島●島根県松江市
花まるトリップ_都心からのちょい旅で人気の厚木を満喫●神奈川県厚木市
空の旅_沼津
かけ湯くん_気まずい貸し切り湯
旅の便利アイテム_超撥水風呂敷 ながれ

情報
東日本発news&topics
西日本発news&topics
読みたい本
旅する映画
プレゼント&インフォメーション
JRニュース
魅惑の物産プレゼント「広島県福山市」計18名!
旅の手帖アンケート
今月のトラベルクロス【図書カードNEXTが当たる!】
読者からのお便り紹介「みんなの手帖」
バックナンバー&定期購読のご案内
次号予告

参考価格: 650円 定期購読(【月額払い】プラン)なら1冊:325円

日本文化応援マガジン!旅を「身近な気分転換」ととらえる行動派に読まれています。

  • 2021/03/10
    発売号

  • 2021/02/10
    発売号

  • 2021/01/09
    発売号

  • 2020/12/10
    発売号

  • 2020/11/10
    発売号

  • 2020/10/10
    発売号

4 東京カレンダー

東京カレンダー

最大
50%
OFF
送料
無料

東京カレンダー

2021年04月21日発売

目次: 鮨は不動の人気ジャンル。

予約を取ることすら難しいような超有名店も存在するし おまかせの値段も高騰の一途をたどっている。

そういったエクスクルーシブな世界はもちろん、最高なのだが もっと気軽に鮨を楽しめたら、と思ってしまうのも事実。

毎月のように誕生する新店、そして手の届く名店に目を向けてみる。

「日々のご馳走にもっと鮨を」 それが叶う鮨特集をお届けしたい。

参考価格: 815円 定期購読(【月額払い】プラン)なら1冊:407円

きっとこの街がすきになる、遊びたい大人の厳選情緒誌。

  • 2021/03/19
    発売号

  • 2021/02/20
    発売号

  • 2021/01/21
    発売号

  • 2020/12/21
    発売号

  • 2020/11/21
    発売号

  • 2020/10/21
    発売号

定期購読(【月額払い】プラン)なら1冊:346円

東海エリアのおでかけ&イベント情報をお届け!

  • 2021/03/19
    発売号

  • 2021/02/20
    発売号

  • 2021/01/20
    発売号

  • 2020/11/20
    発売号

  • 2020/10/20
    発売号

  • 2020/09/19
    発売号

最大
50%
OFF
送料
無料

OZmagazine (オズマガジン)

2021年04月12日発売

目次: 表紙 1 1
編集長メッセージ 2 2
MAP 3 5
AD 6 6
目次 7 7
道道是好日 8 8
前田エマのよりみちのとも 9 9
お花と風の宅配便 10 11
今日のよりみち 神楽坂 12 15
よりみちノートを始めよう 16 18
#よりみち文具研究会 19 19
OZ #サステナブルチャレンジ 20 21
オズマガジン×江ノ電 鎌倉フォトコンテスト開催 22 23
鎌倉で、耳をすませば 24 29
心地よい鎌倉の新名所へ 30 59
絶景ホテルのまったりステイ 60 61
鎌倉雑貨辞典 62 69
地元人が推薦する鉄板グルメガイド 70 85
ローカルがナビゲート 鎌倉普段着プチハイキング 86 95
おうちでできる簡単まかないレシピ 96 111
AD 112 114
TOPICS&PRESENTS 115 115
NICE DAY STORIES 116 123
オズマガジンからのお知らせ 124 124

参考価格: 850円 定期購読(【月額払い】プラン)なら1冊:425円

丁寧な日常を過ごすきっかけを提供。トレンドなど最新情報に<提案性>と<メッセージ>を込めた東京OLの情報誌

  • 2021/03/12
    発売号

  • 2021/02/12
    発売号

  • 2021/01/12
    発売号

  • 2020/12/11
    発売号

  • 2020/11/12
    発売号

  • 2020/10/12
    発売号

7 TRANSIT(トランジット)

ユーフォリアファクトリー

最大
5%
OFF
送料
無料

TRANSIT(トランジット)

2021年03月19日発売

目次: 特集記事

トーキョー・オーバービュー
【佐藤健寿=写真、若林幹夫=文】

江戸落語で転々と
【佐内正史=写真 柳亭小痴楽=談】

文明開化に踊れば
【宮本武=写真 小林エリカ=文】

消えゆく昭和の光と影
【大森克己=写真 フリート横田=文】

ニュータウンでみた、夢のあとさき
【田尾沙織=写真 中澤日菜子=文】

生産性の向こうがわ #さらば平成
【パトリック・ツァイ=写真 清田隆之=文】

NIPPONの国立公園
北と南の交差点で生きるもの/鹿児島・奄美大島
【福岡秀敏=写真 林紗代香(TRANSIT)=文】

特集企画

東京未来地図
東京一極集中/高難度の東京物語/東京に隙間はあるか? 都市計画/実施か中止か? 東京2020オリパラの行方/首都は移転できる?/スマートシティへの道/活動家と描く東京の未来


そのほかの記事

時代絵巻 江戸/明治・大正/昭和①/昭和②/平成
東京はどんな街? 世界の都市とデータで比較
東京一番勝負!
46道府県と東京の秘密
東京で、さくら、さくら
変わりつづける江戸東京ヒストリー


特別付録
100年先も残したい東京 トラベルガイド
寄席(柳亭小痴楽)/立ち食いそば(平松洋子)/銭湯(ステファニー・コロイン)/横丁(藤木TDC)/看板建築(宮下潤也)/喫茶店(飯塚めり)/名画座・小劇場(今泉力哉)/都市の自然(落合俊也)


連載
STARTING POINT
イオ・パヴェル
ナタリー・エモンズ
座間アキーバ

参考価格: 1,980円 定期購読(月額払いプラン)なら1冊:1,881円

TRANSIT紙版の定期購読でデジタル版の雑誌も無料で読める!! 1号ごとのお支払いもできます。

  • 2020/12/17
    発売号

  • 2020/09/17
    発売号

  • 2020/06/26
    発売号

  • 2020/03/13
    発売号

  • 2019/12/16
    発売号

  • 2019/09/13
    発売号

最大
50%
OFF
送料
無料

OZmagazine petit(オズマガジン プチ)

2021年04月12日発売

目次: 表紙 1 1
編集長メッセージ 2 2
MAP 3 5
AD 6 6
目次 7 7
道道是好日 8 8
前田エマのよりみちのとも 9 9
お花と風の宅配便 10 11
今日のよりみち 神楽坂 12 15
よりみちノートを始めよう 16 18
#よりみち文具研究会 19 19
OZ #サステナブルチャレンジ 20 21
オズマガジン×江ノ電 鎌倉フォトコンテスト開催 22 23
鎌倉で、耳をすませば 24 29
心地よい鎌倉の新名所へ 30 59
絶景ホテルのまったりステイ 60 61
鎌倉雑貨辞典 62 69
地元人が推薦する鉄板グルメガイド 70 85
ローカルがナビゲート 鎌倉普段着プチハイキング 86 95
おうちでできる簡単まかないレシピ 96 111
AD 112 114
TOPICS&PRESENTS 115 115
NICE DAY STORIES 116 123
オズマガジンからのお知らせ 124 124

参考価格: 850円 定期購読(【月額払い】プラン)なら1冊:425円

丁寧な日常を過ごすきっかけを提供。トレンドなど最新情報に<提案性>と<メッセージ>を込めた東京OLの情報誌

  • 2021/03/12
    発売号

  • 2021/02/12
    発売号

  • 2021/01/12
    発売号

  • 2020/12/11
    発売号

  • 2020/11/12
    発売号

  • 2020/10/12
    発売号

最大
50%
OFF
送料
無料

鉄道ダイヤ情報

2021年04月15日発売

目次: 『ロマンスカーミュージアム』がいよいよオープン! ミュージアムで私たちを待っているのは“SE”から始まる数々のレジェンドたち。今号ではミュージアムの概要をいち早く紹介するとともに、名車たちがこれまで歩んできた足跡をたどります。 もちろん現役のロマンスカーにも注目。“VSE”以降のロマンスカー誕生の舞台裏に迫るべく、その設計に携わった関係者にお話を伺います。さらに譲渡車両を含む全車両のガイドに加えて、1日でロマンスカー全車種を制覇する無謀企画も。 私たちの心をとらえて離さない、ロマンスカーの魅力に迫ります。

巻頭特集:小田急ロマンスカーで行こう
●開館! ロマンスカーミュージアム
●小田急ロマンスカーガイド
 走り去った“レジェンド”たち
 新天地でも輝くロマンスカー
 現役ランナーのラインナップ
●小田急ロマンスカーの足跡
●小田急ロマンスカーの美学
●どうなってるの!? 運転台
●ロマンスカーに乗って出かけよう
●ロマンスカーをらしく撮る

JR東日本 ダイヤグラム[2021(令和3)年3月13日改正]
常磐線、磐越東線(いわき~小野新町)、水郡線、水戸線、日光線、烏山線

DATA FILES
●貨物列車時刻表
常磐線[(隅田川~)南千住~いわき]
武蔵野線、常磐線、総武本線、成田線、鹿島線、鹿島臨海鉄道
[越谷タ~馬橋~金町~新小岩操~鹿島サッカースタジアム~神栖]
外房線、京葉臨海鉄道[千葉~千葉貨物]
●春の臨時列車追加情報
●定期列車編成変更情報
●DJ時刻表
●団体臨時列車運転予定表
●集約臨時列車運転予定表
●検測車運転予定表
●甲種鉄道車両輸送計画表
GRAPHICS
●鉄道瞬景 vol.69/萌える峠道
●DJフォトコンテスト 第400回/第三セクター鉄道
●旅空ノオト #13/コミュニケーションツール
●新車トピックス
●改正ニュース
●国内ニュース
●SL情報ファイル
REGULAR
●遖!はらから鉄道塾 京成電鉄の憩いとリフレッシュの地!? 潜入!! 京成電鉄 宗吾車両基地篇
●鉄夫のトリセツ 鉄道尽くしの四国・新婚旅行で、妻が鉄道旅に開眼!
●シリーズ車両基地 Vol.80/熊本電気鉄道 北熊本車両工場
●台湾鉄道TOPICS
※「鉄道HERO完全密着」は休載です。
OTHERS
●“ゆふいんの森Ⅰ世”車内で挙式 ふたりの門出の舞台裏に密着!
●阪神最後の赤胴車 7890号車 静態保存で武庫川団地に移設完了!
●新製品・新刊情報
●読者プレゼント
●DJ情報局
●らくがきダイヤグラム

参考価格: 990円 定期購読(【月額払い】プラン)なら1冊:495円

行動派レールファン必携の情報源

  • 2021/03/15
    発売号

  • 2021/02/15
    発売号

  • 2021/01/15
    発売号

  • 2020/12/15
    発売号

  • 2020/11/13
    発売号

  • 2020/10/15
    発売号

イタリア好きの所属カテゴリ一覧

キャンペーン&TOPICS

日本最大級の雑誌取り扱い数!
定期購読の利用数100万人以上!
定期購読とは
雑誌を予約することで毎号ご自宅へお届けします!売り切れの心配なし♪
もっと詳しく ▶︎
タダ読みサービス
無料で雑誌が読み放題♪今日発売のあの雑誌も。
もっと詳しく ▶︎
法人サービス
雑誌を年間5万円以上ならお得な法人プレミアムサービスで!
もっと詳しく ▶︎
アフィリエイト
あなたのサイトで雑誌をおすすめしてみませんか?
もっと詳しく ▶︎
カテゴリ一覧
女性ファッション 雑誌
きれいめ・大人カジュアル系 雑誌 モード系・コレクション 雑誌 フェミニン系 雑誌 ママ・主婦 雑誌 コンサバ系 雑誌 ナチュラル系 雑誌 カジュアル系 雑誌 オフィスカジュアル 雑誌 子ども・キッズファッション 雑誌 ガーリー系 雑誌 ティーンズファッション 雑誌 原宿系 雑誌 着物・和服 雑誌 ギャル系 雑誌 セレブ系 雑誌 森ガール系 雑誌
メンズファッション 雑誌
メンズきれいめカジュアル 雑誌 モノ・グッズ 雑誌 メンズカジュアル 雑誌 ストリートファッション系 雑誌 スーツ・トラッド系 雑誌 アメカジ 雑誌 オラオラ系・お兄系 雑誌 腕時計・ブランド 雑誌 古着系 雑誌
ビジネス・経済 雑誌
経営・マネジメント 雑誌 海外事情・国際ニュース 雑誌 政治 雑誌 マネー・投資 雑誌 ビジネス・経済専門誌 求人・転職情報誌 法律・法務 雑誌 環境・エネルギー 雑誌 広告・マーケティング 雑誌 流通・小売 雑誌 人事・総務 雑誌 四季報 外食・ホテル業界 雑誌 会計・税務・経理 雑誌 農業・畜産・漁業 雑誌 飲食店経営・調理師 雑誌 金融 雑誌 貿易 雑誌 地方自治・行政 雑誌 起業・独立開業 雑誌 企業年鑑・データ 業界データブック 自己啓発 雑誌 ビジネスCD・通信教育 株・FX 雑誌 就職・就活 雑誌
健康・生活 雑誌
子供・児童学習 雑誌 子育て・育児 雑誌 家事・生活情報 雑誌 健康・家庭医学 雑誌 住宅・リフォーム 雑誌 住宅情報・賃貸 雑誌 インテリア・雑貨 雑誌 田舎暮らし・エコ・スローライフ 雑誌 結婚情報・ウェディング 雑誌 絵本・大型絵本 妊婦・赤ちゃん 雑誌
スポーツ 雑誌
サッカー・フットサル 雑誌 高校野球・プロ野球 雑誌 ゴルフ 雑誌 その他球技・競技 雑誌 釣り 雑誌 相撲・武術・武道 雑誌 筋トレ・ボディビル 雑誌 ダイビング・マリンスポーツ 雑誌 スノーボード・スキー 雑誌 ランニング・ウォーキング 雑誌 テニス・卓球 雑誌 バレエ・社交ダンス 雑誌 スポーツ医学・コーチング 雑誌 自転車・サイクリング 雑誌 サーフィン・ボディーボード 雑誌 バスケットボール 雑誌 F1・モータースポーツ 雑誌 ダンス 雑誌 プロレス・格闘技 雑誌 ボクシング 雑誌 水泳・ボート 雑誌 ラグビー・アメフト 雑誌
バイク・自動車・乗り物 雑誌
オートバイ 雑誌 カスタムカー・バイク 雑誌 外車・輸入車 雑誌 4WD・RV 雑誌 新車・ニューモデル情報 鉄道・電車 雑誌 飛行機・航空機 雑誌 中古車・中古バイク 雑誌
芸能・音楽 雑誌
テレビガイド・番組表 雑誌 音楽情報誌 エンタメ 雑誌 DVD(ビデオ)マガジン 映画・シネマ 雑誌 韓国(韓流・K-POP) 雑誌 ピアノ・クラシック 雑誌 ギター・ロック 雑誌 演劇・舞台 雑誌 洋楽 雑誌 ジャズ(JAZZ) 雑誌 ジャニーズ 雑誌 グラビア・アイドル 雑誌 写真週刊誌・ゴシップ 雑誌 写真集
グルメ・料理 雑誌
レシピ 雑誌 グルメガイド・レストラン 雑誌 お酒(ワイン・日本酒など) 雑誌 栄養学・食育 雑誌 パン・スイーツ 雑誌
旅行・タウン情報 雑誌
京都・関西 雑誌 関東 雑誌 東京(TOKYO) 雑誌 九州 雑誌 東海 雑誌 東北 雑誌 北海道 雑誌 北陸・信越 雑誌 中国地方 雑誌 四国 雑誌 沖縄情報 雑誌 旅行情報誌 温泉 雑誌 リゾート・レジャー 雑誌 タイ・アジア 雑誌 ハワイ 雑誌 その他 海外情報 雑誌 鉄道・バス時刻表本 航空時刻表
アニメ・漫画 雑誌
少年コミック・漫画 少女コミック・漫画 青年コミック・漫画 レディース(女性)コミック アニメ 雑誌 声優 雑誌 comics&アメコミ ディズニー・キャラクター 雑誌 コスプレ 雑誌 BL(ボーイズラブ)コミック・雑誌
ペット・動物 雑誌
犬 雑誌 猫 雑誌 トリマー・ペット業界 雑誌 魚・熱帯魚 雑誌 昆虫 雑誌 ペットその他 雑誌
文芸・総合 雑誌
女性総合誌 男性総合誌 カルチャー・文化 雑誌 文芸誌・小説 雑誌 時事・社会 雑誌 機内誌 宗教 雑誌 歴史・史学 雑誌 思想・心理学 雑誌 俳句・短歌・詩 雑誌 占い・開運 雑誌 書道 雑誌
趣味・芸術 雑誌
デザイン・アート 雑誌 プラモデル・模型 雑誌 ガーデニング・園芸 雑誌 手芸・ハンドメイド 雑誌 パズル・クイズ 雑誌 ナンプレ・数独 雑誌 クロスワード・ナンクロ 雑誌 ミリタリー・サバゲー 雑誌 競馬・競輪・競艇 雑誌 オーディオ・ステレオ 雑誌 アウトドア・キャンプ 雑誌 カメラ・写真 雑誌 分冊百科・ワンテーママガジン 将棋・囲碁 雑誌 イラスト・グラフィックデザイン 雑誌 建築・住宅建築 雑誌 陶芸・骨董 雑誌 ラジオ・無線 雑誌 ゲーム 雑誌 フィギュア・ホビー 雑誌 DIY・工具 雑誌 パチンコ・パチスロ 雑誌 ハイキング・登山 雑誌 麻雀 雑誌
ヘアカタログ・美容 雑誌
メイク・ネイル 雑誌 フィットネス 雑誌 ヘアスタイル 雑誌 ヨガ 雑誌 美容専門誌 ダイエット 雑誌 アロマ 雑誌
看護・医学・医療 雑誌
ナース 雑誌 介護・福祉 雑誌 医療技術 雑誌 薬学 雑誌 臨床外科 雑誌 臨床内科 雑誌 医療時事 雑誌 歯科 雑誌 獣医学 雑誌 理学療法 雑誌 その他 医学雑誌
教育・語学 雑誌
その他 NHKテレビ・ラジオテキスト NHK語学テキスト 幼児教育 雑誌 小学生教育 雑誌 中学教育 雑誌 高校教育 雑誌 受験・留学 雑誌 試験問題集・資格 雑誌 日本語学習 教材 ハングル・韓国語学習 教材 中国語学習 教材 リスニング教材・語学CD 英語教育・英会話 教材 フランス語学習 教材 ドイツ語学習 教材 スペイン語学習 教材 その他 語学雑誌 教員・教師 雑誌 通信・教育講座
テクノロジー・科学 雑誌
宇宙・天文 雑誌 機械 雑誌 化学 雑誌 情報処理 雑誌 地球科学・環境問題 雑誌 生物・生物学 雑誌 数学・物理 雑誌
パソコン・PC 雑誌
コンピューター・自作PC 雑誌 ネットワーク・セキュリティ 雑誌 Webデザイン・プログラミング 雑誌 DTP・グラフィック 雑誌 アプリ・スマホ 雑誌 インターネット 雑誌 Mac・マック 雑誌
新聞・業界紙
英字新聞 業界新聞・専門紙 新聞縮刷版 切り抜き・クリッピングマガジン 全国紙(新聞) 中国語 新聞・業界紙 地方紙(新聞)
洋(海外)雑誌
English newspaper Science&Nature Magazines Language&Education Magazines Money&Business& Magazines Fashion&Style Magazines others Design&Architecture Magazines Hobby&Entertainment Magazines Home&Interior Magazines Computers&Electronics Magazines バイリンガルマガジン・雑誌
中国雑誌
中国 ビジネス・経済 雑誌 中国 旅行・タウン情報 雑誌 中国 趣味・芸術 雑誌 中国 看護・医学 ・医療 雑誌 中国 文芸・総合 雑誌 中国 教育・語学 雑誌 中国 テクノロジー・科学 雑誌 中国 スポーツ 雑誌 中国 ファッション 雑誌 高等文化院校学報 高等理工学院学報 中国 バイク・車・乗り物 雑誌 中国 健康・生活 雑誌 中国 学生・こども向け 雑誌
その他
その他 雑誌