めぐる、 発売日・バックナンバー

全18件中 1 〜 15 件を表示
【特集】日々の買い物
006 旬の味覚を探す週末の小さな旅
012 男子中学生 魚を買い、魚を捌く
018 うわさの‟いい店”探訪
026 全日食チェーンのお店が魅力的なワケ
028 楽しく工夫して家計のやりくりを
034 数日間のレシート拝見
038 “選ぶ”という行為は自分の在り方を示すこと
044 POPは買い物客へのメッセージ
046 便利なだけじゃない“ここ”で買う理由
052 産直市おやつ備忘録
054 鮮魚がおいしいと山間でうわさの中岡商店
058 徳島の自動販売機は令和の今、どうなっているのか!?
065 “縁の下の力持ち”を頼って
068 何度も足を運びたくなる店
074 古着買い付け旅 アメリカの街から街へ。
077 取材先でついつい購入 ライター陣の「おいしい」買い物


078 海陽町めぐり 飲食店編
082 自然の中で映える本
083 みなみのくらし
087 つくる、ひとの暮らし
090 再々来来(さいさいきいきい)
092 食を生業にする人の おもいでごはん
094 下車して、たべる 日和佐駅
096 剣山より
098 やさしさのかけら
100 Made in Local.

【特集】このまちの風景
006 地道な活動が人を動かした、倉庫街 万代中央ふ頭
012 生産量日本一 スジアオノリを育む冬の河口 吉野川
016 南岸と北岸を渡す、唯一車の通れない橋
020 水都の街並みに架かる生活橋 徳島市助任橋
026 徳島の名水を求めて 徳島市蔵本町、上勝町
030 徳島駅前に愛をこめて
032 JR羽ノ浦駅……ほか来年3月中旬から無人駅に
034 いつまでもレンコンの花を咲かせるために 鳴門市などレンコン栽培地
041 わたしが好きな徳島の風景① 木々と大地に癒やされる橋本林業の森
042 朝、テレビを通じて徳島はつながっていた
048 ひと目で子どもに戻るケーキ
054 シャッター商店街に灯を 徳島市東新町
060 伝統を絶やさない まちに祭りが戻ってきた
067 わたしが好きな徳島の風景② 日常と非日常
068 いつも見てるのはどの眉山?
072 山頂に戻った、愛される宿 眉山
074 高速バスを根付かせた旅立ちの拠点 松茂町
081 わたしが好きな徳島の風景③ 心からほっとする実家みたいに温かい場所
082 「徳島に帰ってきた」と感じる目印


084 自然の中で映える本
085 つくる、ひとの暮らし
088 再々来来(さいさいきいきい)
090 食を生業にする人の おもいでごはん
092 下車してたべる 吉成駅
094 剣山より 人と自然をアウトドアで繋ぐ旅
096 やさしさのかけら 京都にて思う徳島のこと
098 Made in Local. 親しき像
100 めぐる、主催イベント・リポート 徳島とフランスが近づく夜
【特集】それぞれの夜
010 キャンドルの灯りがゆれるひそやかな夜
016 おいしい一杯のため、焙煎士が集う実験室
020 ぞめく夜雑踏の安全を守る
026 運転代行サービスは車社会の“大人の嗜み”
030 変わりゆく夜の街で守りたい味
034 大人の世界に触れて音を浴びる
040 カメラ一つで歩いた夜の繁華街
046 日本三大怪魚アカメとの出会い
052 近づく夜に緊張している
056 港町のハレとケを映像に
062 夜な夜な銭湯
064 夜、阿波しらさぎ大橋にて
070 悠久の焚き火で゛自分”に戻る
074 野仕舞いの夜
078 異郷の夜に何を思う


085 自然の中で映える本
087 つくる、ひとの暮らし
090 再々来来(さいさいきいきい)
092 おもいでごはん
094 下車して食べる 阿波川端駅編
096 剣山より
098 やさしさのかけら
100 Made in Local.
【特集】「食」に生きて
008 みずみずしい感性で伝える日本料理の魅力
014 上勝のテロワールと節気の移ろいを
020 一切の妥協を許さぬ食の求道者
028 徳島から世界へ洋菓子の新たな可能性を発信したい
034 素材の力と自らの腕で季節の”口福”を届ける
040 東京にて、徳島の食を想う。
044 たゆまぬ努力が実現する昨日よりもおいしい料理
050 カレー料理人として幸せな場所、徳島
056 自然と向き合い物語性のある料理を
064 農業と両立したら見えたこと
070 植物に寄り添う幸せな料理とケーキを
076 土地の風景が見えるような料理
080 “風の人”たる料理人がもたらしたもの

083 つくる、ひとの暮らし
086 剣山より-人と自然の境界を探すアウトドア旅-
090 再々来来(さいさいきいきい)
092 食を生業にする人の おもいでごはん
094 下車して、食べる 阿波川島駅編
096 自然の中で映える本。
097 わたしの一生モノ
098 Made in Local. 岩蔵の仕事
100 四国のみちをゆく 中津峰山越のみち
102 暮しの中の藍布~四国大学「藍の家」所蔵品展~に向けて
【特集】食卓を支えるもの
012 ひと口で夢中になる“みんなが食べてる海苔”
018 鳴門に根ざした「地ソース」
024 伝統を守りながら現代の暮らしに合う楽しみ方を
030 一級品[里浦わかめ]を全国に届ける、漁師の息子の粋
036 阿波の入浜塩田に想いを馳せて 昔の塩はどんな味?
042 町の歴史を見続けてきた煙突の下で
048 購入は店頭のみ池田町民が愛用し続ける醤
052 有機栽培でつくられた“幻の果実”ゆこう果汁
058 本物の味を守り続ける“美しい郷”の梅農家
064 あの飲食店の味が我が家に! 飲食店オリジナル調味料の話
066 みりんの味のバトンを渡す人、受け取る人
072 殿さまが舌鼓を打ったみそを後世につなぐ 大豆・塩・米がそろった阿波
078 発想の転換で生まれた新しい徳島の特産品
082 信念を貫くことがものづくりの真髄


089 つくる、ひとの暮らし
092 再々来来(さいさいきいきい)
094 食を生業にする人の おもいでごはん
096 下車して食べる 地蔵橋駅編
098 自然の中で映える本。
099 わたしの一生モノ
100 Made in Local. 献灯
102 四国のみちをゆく
【特集】徳島に住む理由
012 本によるつながりで地域に人の循環を生む
016 漁師になると決めたから
022 稀有な会社に引き寄せられた対極の移住物語
026 鳴門の海が好き 心と体に耳を傾ける在り方
030 徳島で店を営む理由
040 県外出身者に聞いた 徳島に住んで驚いたこと
042 日和佐で実現したキャンプ場経営の夢
046 故郷の土や水は自然としっくりくる
050 「子どもがほしい」が移住のきっかけ
054 ここが第二の故郷になりました
058 徳島から北海道、再び四国へ
062 インド、ネパールを経てつくった上勝の暮らし
070 ひとがひとを呼ぶ好循環が続く町
076 住む町が好きな理由を知りたい、伝えたい


080 山岳集落に息づくありのままの日常を慈しむ
082 牟岐を守る匠たち~鳥獣被害を産業に変える~
084 つづくみなみ
087 つくる、ひとの暮らし
090 再々来来(さいさいきいきい)
092 食を生業にする人の おもいでごはん
094 下車して食べる 教会前駅編
096 自然の中で映える本
097 わたしの一生モノ
098 Made in Local. 心を支える靴
100 四国のみちをゆく 渦潮の見えるみち
102 石川直樹トークイベント・レポート
【特集】学ぶ、ということ
012 体質を知ってカラダと向き合う料理教室
018 技術よりも、まず音楽の醍醐味を知ってほしい
022 自分が“主役”になる社交ダンスの持つ魅力
028 サーフィン初心者に力を入れて教えてくれる
032 しゃべってもいいし聞くだけでもいい場所
036 町の店主が先生に
039 箍(たが)を外して、白紙に線を引く時間。
046 音楽によって世界がどんどん広がっていく
050 英語と美術を通して視野が広がるのが楽しいんです
054 学びたいことを学べる そんな教育が理想です
058 自然と遊ぶ子どもたちが大人にもたらすこと
062 学び直すことができる喜びを噛みしめています
066 学びは成長の糧だと思います
070 とってもやさしいハーブのはなし
074 大人の嗜み①クラシックカメラ
078 大人の嗜み②魚のさばき方
080 大人の嗜み③お菓子づくり
082 大人の嗜み④陶芸
084 あの人は最近何を読んだ?

087 つくる、ひとの暮らし
090 再々来来(さいさいきいきい)
092 食を生業にする人のおもいでごはん
094 下車して、食べる 西原駅編
096 ヨシノガワジャーニー
098 自然の中で映える本。
099 わたしの一生モノ
100 Made in Local. エッセンス
102 四国のみちをゆく 潮風そよぐみち
【特集】時を継ぐ
010 これまでの味で町の名を看板に
014 “継ぐ”とは文化を将来につなげていくこと
018 父の夢が詰まった小さな店
022 皆で紡ぐ故郷の姿は“まち”への恩返し
026 親から子へ、商いの志を継ぐ① 米穀店からおにぎりスタンドへ
028 自宅に風呂を作らない だから続けられる
032 しなやかに、選ばれる店をつくり続ける
036 「社長になりたい」が動機の。風変わりな継承
040 受け継がれるのは人と人とをつなぐ精神
044 親から子へ、商いの志を継ぐ② 町中華からスパイス料理店へ
046 共鳴し集った場所は三好のカーペット工場
052 未来の徳島にもすだちがあふれるように
056 親から子へ、商いの志を継ぐ③ 仕出し屋から創作居酒屋へ
058 郷土の舞を途絶えさせないために
062 三人が一体となって人形は進む
066 楽しい種まきをこれからも
068 ゼロ・ウェイストを通じて世界と上勝町をつなぐ
074 暮らしを耕す

080 ぼくらの四星球、結成20周年「いままでとこれから」
085 つくる、ひとの暮らし
088 再々来来(さいさいきいきい)
090 食を生業にする人のおもいでごはん
092 下車して、食べる 府中駅編
094 ヨシノガワジャーニー
096 自然の中で映える本
097 わたしの一生モノ
098 Made in Local. 宜候
100 「繋ぐを考える03.」レポート
102 名酒場めぐり
【特集】はたらく人とごはん
012 やさしい味付けの一汁三菜
014 昭和から令和。街を見つめて43年
016 毎日のひと踏ん張りを支えるお昼
018 大阪スタイルの潤沢メニュー
020 おふくろの味と山の緑に癒されて
022 米のプロが届ける弁当
024 名物うどんと優しさを求めて
026 昭和レトロな町中華食堂
028 栄養源と社会インフラ
030 艶々の美しき球体に惚れ惚れ
032 美馬市で働く人々の社員食堂
034 移ろいゆく中でも、変わらぬ味
036 実力店がしのぎを削る 徳島駅周辺
040 男たちの腹を満たすめし処 マリンピア沖洲産業団地
046 『徳島文理小学校』教師 坂本裕紀さんの給食
048 『岸火工製造所』花火師 山内奈々江さんの手作り弁当
050 『山仁産業有限会社』専務取締役 松下周平さんのお弁当
052 『むつみホスピタル』作業療法士 佐藤杏里さんの社食
056 地域の人々の胃袋も満たす 徳島中央警察署食堂
058 料理も気配りもあったかい 徳バス内食堂
062 サッと作って、パッと食べる 思いつきで変わっていく昼ご飯
068 繁忙期の昼食は決まって“そうめん”だった。
072 栄養も彩りもバランスよく 人気ラーメン店を支える、母の味
076 今日はらくちん“ミールキット” はたらく子育て世代の夕食
080 仕事のまえに、足が向く店

085 つくる、ひとの暮らし
088 再々来来(さいさいきいきい)
090 食を生業にする人の おもいでごはん
092 下車してたべる 立江駅編
094 現代に残る四国遍路の霊験記 不思議の国の昔ばなし
096 ヨシノガワジャーニー
098 自然の中で映える本。
099 わたしの一生モノ
100 Made in Local. キリーク・サ・サク
102 名酒場めぐり 昼酒はテラス席で
【特集】木と、暮らす
010 徳島藩水軍と木工業
014 身体の延長として機械を操る
018 木は唯一、人の力で再生産できる素材
020 偶然が生んだ自然の造形美
022 答えのない椅子のおもちゃ
024 手に寄り添う、やさしい木の丸物
026 千年の樹齢の木材は、千年待つ
028 端材に新たな命を吹き込む
030 阿波指物で、心潤す空間を
034 作り手を訪ねて 木工の町を歩く
042 町の誇り、船だんじり
044 ずっと暮らしに寄り添う “メイド・イン・トクシマ”の椅子
050 かつて、剣山周辺には「木地師」がいた。
052 長いスパンで物事を見て 道を拓き、豊かな森の山をつくる
058 未来に希望を託して 古来の自然観を見直した林業
066 いま、思うこと 「木」を仕事にする人たち
070 巨樹をめぐる旅へ。
076 水を育む千年の森を守る いろんな人の思いが入った山はいい
082 木で遊んで森を知る

085 つくる、ひとの暮らし
088 再々来来(さいさいきいきい)
090 食を生業にする人の おもいでごはん
092 下車して、たべる 板野駅編
094 現代に残る四国遍路の霊験記 不思議の国の昔ばなし
096 ヨシノガワジャーニー
098 自然の中で映える本。
099 わたしの一生モノ
100 Made in Local. オドリコ
102 名酒場めぐり 鉄板焼き愛
【特集】食をつなぐ
010 徳島県産のものを集めた 宝箱のような一画を目指して
016 地域に根ざした直売所 食べる楽しさをもっと提案したい
022 身体を喜ばせる食事指導 食に悩む人々の駆け込み寺
026 良い品をお値打ち価格で 世界のおいしい酒を徳島の人へ
032 早朝からアツい 市場で働くということ
038 150年のやさしい甘さ まじりけのない阿波和三盆糖
044 家族で守ってきた製法 変わらぬ味を届ける
052 400年以上続く伝統文化 いつまでも阿波晩茶を食卓に
056 加工品開発への挑戦 ジビエのおいしさを伝えるために
062 全方位でサポートする 徳島の農業の未来
068 魅力ある商品を発掘 徳島を世界とつなぐ
072 産地直送の課題を解決 物流のプロならではの優れたサービス
076 人の心を動かす 包むデザインが届ける世界
082 地元の“当たり前”の価値を知ってもらう

085 つくる、ひとの暮らし
088 再々来来(さいさいきいきい)
090 食を生業にする人の おもいでごはん
092 下車して、たべる 勝瑞駅編
094 現代に残る四国遍路の霊験記 不思議の国の昔ばなし
096 ヨシノガワジャーニー
098 自然の中で映える本。
099 わたしの一生モノ
100 Made in Local. 桃持猿
102 名酒場めぐり 中華で飲む
【特集】徳島で泊まる
010 あわえと帰巣の古町へ
016 港町の栄華を辿る
024 石積みに惚れて、探して 
030 疎水の流れる町 
038 四国有数の宿場町ではしご酒
044 週末は湯治泊
048 囲炉裏を囲んで味わう日本の季節
052 五感に刻まれる里山の恵みごはん
054 徳島が全国に誇る珍しい鮮魚を
058 趣向を凝らした調味でビーガンの裾野を広げる
062 「喜ばせたい」が詰まった海のごちそう
064 温かな交流が生まれる夕食づくり
068 冬ならではのひとときを楽しむ
072 大人だって楽しい少年自然の家
074 出会いとふれあいが旅の醍醐味

004 夢を実現した住まいづくりの話 海の側で暮らした
078 農村漁村を守る 『ふるさと応援し隊』という活動
080 “もったいない”という気持ち 食品ロス・ゼロを目指して
082 世界初が走る町・海陽町 DMVがある景色
083 つくる、ひとの暮らし
086 再々来来(さいさいきいきい)
088 食を生業にする人の おもいでごはん
090 下車して、たべる 文化の森駅
092 現代に残る四国遍路の霊験記 不思議の国の昔ばなし
094 Made in Local. 自分らしさを纏う
096 ヨシノガワジャーニー
098 自然の中で映える本。
099 わたしの一生モノ
100 名酒場めぐり 駅近の店
102 めぐる、主催 イベントリポート
【特集】わたしのつくる徳島の味
010 おひさまとかまどの味
014 山暮らしに溶け込む石(いわ)のような豆腐
022 鳴門の漁師町で地元食を調査
026 徳島のあちこちのお雑煮ばなし
028 「くみざかな」約半世紀ぶりに蘇ったハレの日の料理
034 徳島からのごちそう便
036 昔のおやつを現代につなぐ
040 産直市でみつけたふるさとの甘味
042 おばあちゃんから教わったお寿司
050 ずっと愛されてきた普段着の一品
054 初徳島のゲストには案内しないとっておき
056 元公邸料理人が創る、新しい徳島の味 
060 旬の味をカクテルにのせて
062 唐辛子から、辛くてうまい美馬を創る
066 ワタシが徳島で作る一品

073 わたしの一生モノ
074 コウノトリが選んだ地は、レンコン畑だった
078 むぎのじかん
083 つくる、ひとの暮らし
086 再々来来(さいさいきいきい)
088 食を生業にする人の おもいでごはん
090 下車して、たべる 阿南駅編
092 現代に残る四国遍路の霊験記 不思議の国の昔ばなし
094 Made in Local. 一五三のリズム
096 ヨシノガワジャーニー
099 自然の中で映える本。
100 四国の一番小さな町で受け継がれてきた 「上勝阿波晩茶」のはなし。
102 名酒場めぐり くつろぎの個室66 ワタシが徳島で作る一品
【特集】直して使う

008 道具の実力を100%引き出す
012 思い出の輝きを蘇らせる
014 人生の時を刻む“相棒”を支える
016 あらゆる家電の蘇生に力を尽くす
018 思い出の服に捨てないという選択肢を
020 大切な洋服に遊び心を詰め込んで
024 色と色でもっと面白くなる お直しは営みの一部
028 直す時間
030 自転車に新しい命を吹き込むつながりの場
034 上勝町で裏返った(蘇った)ぬいぐるみ
036 使い込まれた風合いを残して
038 「直して使う」がある風景①
040 きりっと美しく 今を生きる古道具
044 技術のバトンを受け継いで
048 肌心地のいい家の魅力を伝える
052 物を育み、受け継ぐ北欧のはなし
054 山里で生きてきた人の“直す”知恵
058 古い素材から新しいものを生み出す魅力
062 自分たちで直すことで家の構造を学ぶ
066 風景をつくる石積み
070 「直して使う」がある風景②
072 ものづくりの共有から芽生えること
076 運転の楽しさを唯一無二の時間に
080 ゼロ・ウェイストの町で考える 物との付き合い方


082 あるくみなみ 美波町・日和佐
087 徳島の企業と考える 未来のためにできること
094 再々来来
096 食を生業にする人の おもいでごはん
098 下車して、食べる 貞光駅編
100 ヨシノガワジャーニー
102 現代に残る四国遍路の霊験記 不思議の国の昔ばなし
104 Made in Local. 績む
106 四国の一番小さな町で受け継がれてきた 「上勝阿波晩茶」のはなし。
109 自然の中で映える本。
110 わたしの一生モノ
【特集】すする幸せ
012 多様な顔ぶれが等しく満足顔の朝
014 地域の“お母さん”が捏ねて打つ
016 徳島の“麺”を巡る旅 ① 鳴門うどん
022 苦境を乗り越え守った一杯
024 おいしさに宿るえびす顔
026 一枚のそばに込められた技術と想い
028 人には人のうどんタイム。劇場『さぬきや』
030 三世代の好みに対応できる品数
032 胃袋を支えるのは太っ腹な心意気
036 徳島に来た食いしん坊さん 好きな麺を教えて!
038 徳島の“麺”を巡る旅 ② 御所のたらいうどん
044 自分だけの定番がうれしいセルフうどん
048 祖父から受け継いだバスの店
052 捏ねて、打って、楽しむそば
056 徳島の“麺”を巡る旅 ③ 半田そうめん
062 徳島県民に愛される「ソウルフード」
066 手間を惜しまず中華そばの名店を支える
068 食卓を支える一食をつくる総合製麺工場
072 昭和から続ける存在感のある麺づくり
074 王道以外も侮るなかれ 個性豊かな麺目録
076 放課後うどんを思い出の味に
078 徳島の“麺”を巡る旅 ④ 祖谷そば
084 「もっとおいしく」の向上心が活気を生む
086 戦後から静かに佇む人情店
088 もう、そばでしかシメられない

004 働くこと。生きること。
090 淡泊で上品な夏鱧、越冬に備えて脂がのった秋鱧 鱧には二度、旬がある。
094 再々来来
096 食を生業にする人の おもいでごはん
098 下車して、食べる
100 ヨシノガワジャーニー
102 現代に残る四国遍路の霊験記 不思議の国の昔ばなし
104 Made in Local. 先人への敬意
106 四国の一番小さな町で受け継がれてきた 「上勝阿波晩茶」のはなし。
111 自然の中で映える本。
113 わたしの一生モノ
おすすめの購読プラン

めぐる、の内容

  • 出版社:あわわ
  • 発行間隔:季刊
  • 発売日:3,6,9,12月の20日
「語り継ぎたい」「徳島に残したい」と感じる文化をとことん掘り下げる
徳島は山や清流など自然に恵まれ、暮らしやすいとよく言われる地方都市。その地に根付く、風景、におい、音。その背景には、今へと続く歴史や文化、人々の営みがあります。少しづつ変わりつつある町の姿を新しい視点で丁寧にすくいあげたら、観光スポットのようなよく知られた場所だけではなく、徳島の素顔の魅力が集まりました。ありのままの日常からみつけた物語を、たっぷりとつづります。

めぐる、の目次配信サービス

めぐる、最新号の情報がメルマガで届く♪ メールアドレスを入力して登録(解除)ボタンを押してください。

※登録は無料です
※登録・解除は、各雑誌の商品ページからお願いします。/~\Fujisan.co.jpで既に定期購読をなさっているお客様は、マイページからも登録・解除及び宛先メールアドレスの変更手続きが可能です。
以下のプライバシーポリシーに同意の上、登録して下さい。

この雑誌の読者はこちらの雑誌も買っています!

めぐる、の所属カテゴリ一覧

Fujisanとは?

日本最大級雑誌の定期購読サービスを提供

デジタル雑誌をご利用なら

最新号〜バックナンバーまで7000冊以上の雑誌
(電子書籍)が無料で読み放題!
タダ読みサービスを楽しもう!

総合案内
マイページ
マイライブラリ
アフィリエイト
採用情報
プレスリリース
お問い合わせ
©︎2002 FUJISAN MAGAZINE SERVICE CO., Ltd.