※最新号の表紙とは限りません

BIRDER(バーダー)

文一総合出版
四季折々、美しい野鳥のグラビアがいっぱい!
日本で唯一のバードウォッチングマガジン。野鳥観察愛好者必携!
四季折々の野鳥グラビア、イラスト、生態、識別の仕方、観察に必要なアイテム、鳥類生理学、バードカービングなど、バードウォッチングファンにはかかせない1冊。

BIRDER(バーダー)の
定期購読 雑誌・電子書籍(デジタル版)

おすすめの購読プラン
すべての購読プラン
初めてのご購入で500円割引
Fujisan.co.jpでご購入が初めての方は、500円割引(5000円以上のご注文にご利用可)となります。 ご注文確認画面のギフト券入力欄に自動的に表示されます。
レビュー投稿で500円割引
好きな雑誌のレビューを投稿すると、すぐにメールで500円割引ギフト券(5000円以上のご注文にご利用可)と、10%割引ギフト券(5000円以下の定期購読にご利用可)が届きます。
  • 月額払いの商品ではご利用いただけません。
  • どちらかひとつのギフト券が 今すぐご利用可能です♪
BIRDER(バーダー)のレビューを投稿する
  • + 紙版+デジタル版
  • 毎号価格
    最新号は1,100円(税込)
  • ◆ 送料:
    1配送 20円
  • ◆ 月額払いとは?
    • 毎号、停止の依頼があるまでお送りします。
    • お支払いは、毎月自動引き落としとなります。
    • 詳しくはこちら
  • ◆ 紙+デジタルとは?
    • 「自宅にお届けする雑誌」と「PC、スマートフォンで見るデジタル版」の両方セットの定期購読です。
    • 外出先など、いつでもどこでも雑誌を読むことができます。資料として活用するのに最適です。
    • 詳しくはこちら
  • ◆ 注意事項
    • 対応端末: PC・iOS・Android (印刷可)
    • 購読開始号と同じ号からデジタル版の閲覧が可能です。
    • 定期購読中に限り、デジタル版の閲覧が可能です。
    • デジタル版では、著作権等の関係で一部掲載していない記事や写真がある場合がございます。
  • + 紙版+デジタル版
  • 6,720円(税込)
    1冊あたり1,120円
  • ◆ 送料:
    込み
  • ◆ 紙+デジタルとは?
    • 「自宅にお届けする雑誌」と「PC、スマートフォンで見るデジタル版」の両方セットの定期購読です。
    • 外出先など、いつでもどこでも雑誌を読むことができます。資料として活用するのに最適です。
    • 詳しくはこちら
  • ◆ 注意事項
    • 対応端末: PC・iOS・Android (印刷可)
    • 購読開始号と同じ号からデジタル版の閲覧が可能です。
    • 定期購読中に限り、デジタル版の閲覧が可能です。
    • デジタル版では、著作権等の関係で一部掲載していない記事や写真がある場合がございます。
  • + 紙版+デジタル版
  • 13,440円(税込)
    1冊あたり1,120円
  • ◆ 送料:
    込み
  • ◆ 紙+デジタルとは?
    • 「自宅にお届けする雑誌」と「PC、スマートフォンで見るデジタル版」の両方セットの定期購読です。
    • 外出先など、いつでもどこでも雑誌を読むことができます。資料として活用するのに最適です。
    • 詳しくはこちら
  • ◆ 注意事項
    • 対応端末: PC・iOS・Android (印刷可)
    • 購読開始号と同じ号からデジタル版の閲覧が可能です。
    • 定期購読中に限り、デジタル版の閲覧が可能です。
    • デジタル版では、著作権等の関係で一部掲載していない記事や写真がある場合がございます。
  • デジタル版
  • 毎号価格
    最新号は880円(税込)
  • ◆ 月額払いとは?
    • 毎号、停止の依頼があるまでお送りします。
    • お支払いは、毎月自動引き落としとなります。
    • 詳しくはこちら
  • ◆ 注意事項
    • 対応端末: PC・iOS・Android (印刷可)
    • プリント版と発売日が異なる場合がございます。
    • デジタル版では、著作権等の関係で一部掲載していない記事や写真がある場合がございます。
  • デジタル版
  • 2,640円(税込)
    20%
    OFF
    1冊あたり880円
  • ◆ 注意事項
    • 対応端末: PC・iOS・Android (印刷可)
    • 海外にお住まいのお客様は中途解約できません。
    • プリント版と発売日が異なる場合がございます。
    • デジタル版では、著作権等の関係で一部掲載していない記事や写真がある場合がございます。
  • デジタル版
  • 5,280円(税込)
    20%
    OFF
    1冊あたり880円
  • ◆ 注意事項
    • 対応端末: PC・iOS・Android (印刷可)
    • 海外にお住まいのお客様は中途解約できません。
    • プリント版と発売日が異なる場合がございます。
    • デジタル版では、著作権等の関係で一部掲載していない記事や写真がある場合がございます。
  • デジタル版
  • 10,560円(税込)
    20%
    OFF
    1冊あたり880円
  • ◆ 注意事項
    • 対応端末: PC・iOS・Android (印刷可)
    • 海外にお住まいのお客様は中途解約できません。
    • プリント版と発売日が異なる場合がございます。
    • デジタル版では、著作権等の関係で一部掲載していない記事や写真がある場合がございます。

BIRDER(バーダー)の商品詳細

  • 出版社名:文一総合出版
  • 発行間隔:月刊
  • 発売日:毎月16日
  • 1冊定価:[紙版]1,100円 [デジタル版]880円
日本で唯一のバードウォッチングマガジン。野鳥観察愛好者必携!
四季折々の野鳥グラビア、イラスト、生態、識別の仕方、観察に必要なアイテム、鳥類生理学、バードカービングなど、バードウォッチングファンにはかかせない1冊。

BIRDER(バーダー)の無料サンプル

2019年4月号 (2019年03月15日発売)
2019年4月号 (2019年03月15日発売)をまるごと1冊ご覧いただけます
サンプルを見る

BIRDER(バーダー) 2020年4月号 (2020年03月16日発売) の目次

特集『バードウォッチャー名鑑』
・バードウォッチャーウォッチング by カラス  漫画●一日一種
・昭和─平成─令和[バードウォッチャーはこれだけ変わった!] 構成●柴田佳秀、BIRDER イラスト●白玉社
・バードウォッチャー 家族の肖像
 - 人生のパートナー=最良の鳥見仲間?[夫婦バーダー] 文・写真●先崎啓究・先崎愛子
 - 20年来の鳥友=両親[親子バーダー] 文・写真●廣田純平
・鳥見求道者のこだわりを見よ![極北バードウォッチャー列伝]
 - 通学路は探鳥路[及川樹也]
 - 鳥のフィールドサイン観察を楽しみ尽くす[箕輪義隆]
 - 粘土で鳥の形を再現する[木村和未]
 - 北極や南極へ 生き物たちとの奇跡の出会いを求めて[中村惠美]
・無人島で鳥を調査すること[水平線の向こう側、人跡未踏の地で鳥と向き合う] 文・写真●川上和人
・ここが違う?世界と日本の“鳥見の常識”[海外バーダーの鳥見スタイル] 文・写真●松井 淳
・部活で鳥見!─三重県立四日市西高等学校 自然研究会─  文・写真●丹下 浩

連載
・雀と一休み #04[やっときた春 共にひととき楽しもう] 文・写真●うえだこうじ
・BIRDER Graphics[ミヤコドリ ─海辺に映える三色配色─] 文・写真●中村利和
・English for Birding #37[鳥の見た目の形容詞] 文・イラスト●東郷なりさ
・Young Gunsの野鳥ラボ SeasonII #61[夜の渡り観察2] 構成●Young Guns 文・写真●原 星一
・私のケッサク!“鳥”写真[第41回募集 入賞作品]  写真●読者の皆さん 選評●叶内拓哉
・鳥の形態学ノート #121[ティラノサウルス 雛] 文・イラスト●川口 敏
・Field Report #112[台風19号の爪痕] イラスト●水谷高英
・鳥の“都会暮らしはじめました” #25[手乗りスズメの真相] 文●柴田佳秀 イラスト●安斉 俊
・ぶらり・鳥見 散歩道[世界最大のカンムリウミスズメ繁殖地・枇榔島(宮崎県門川町)] 文・写真●♪鳥くん 協力●清水恵弘
・BIRD CHALLENGE by Jizz #10[見慣れない模様の鳥] 文・写真●神戸宇孝
・鳥たちの素敵な名前の物語 #04[ゴジュウカラ] 文・写真●大橋弘一
・鳥業界、旬なヒト対談 ─タナカが今、話したい人─ #13【特別編】田仲謙介さん  構成●田仲謙介
・鳥博士の研究レポート #73[タンチョウを取り巻く状況はどのように変わってきたか] 構成●Liferbird 報告●吉野智生

その他
・驚きの高性能 高速AF・高速連写・小型・軽量ミラーレス一眼カメラ[ソニーα6400] 文・写真●中村利和
・[サハリン、シマアオジ調査紀行]知られざる「北の大地」の野鳥たち  文・写真●長谷部 真
・[世界遺産の森と海を守る]厳寒の知床半島で活躍するZEISS Victory SF & Victory Harpia
  取材●BIRDER 協賛●カールツァイス株式会社 協力●公益財団法人 知床財団
・ガンが舞う空を取り戻せ!─サントリー世界愛鳥基金とガン類保全と復活への歩み
  取材・文●BIRDER 協力●公益信託「サントリー世界愛鳥基金」

・今月のプレゼント
・BIRDER’s BOX
・BOOK REVIEW

BIRDER(バーダー) 2019年10月号(2019-09-14発売) の特集を少しご紹介

オオタカの暮らし
~ 都 心での知られざる生態~
P.20~P.21
オオタカが国内希少野生動植物種から解除されたのは記憶に新しい。 都会進出も目覚ましいというが,人の目が多く,里山のような環境が少ない都心でどのよう な暮らしをしているのだろう。その暮らしと行動を追った。  オオタカはハイタカ属の中では最も知名度が高い鳥といえるだろう。里山生態系の頂点 に位置付けられており,多様な自然環境を利用している。主食は生きた鳥類で,スズメ,ハ ト,キツツキ,サギやカモ類までさまざまな種を捕食し,小?中形哺乳類や,稀ではあるが 両生類や爬虫類,昆虫までも捕食する。オオタカが生息するためには,これらの生き物が豊 富で,営巣や狩りに適した森や開放地がなくてはならない。このことから,里山環境保全の 象徴にもされてきた。
オオタカやツミは本当に増えているのか?
P.26~P.27
「オオタカ増えたよねぇ」という人がいる反面,「オオタカは減った」という人もいる。 「どっちなのよ?」と思っている人も多いはずだ。 保護側の人は減っているといいたい,開発側は増えているといいたいというポジション トークもありそうで,人間側の事情や思惑も透けて見えるが,果たして実態はどうなのか? 時間スケールと地域・環境によって見解は変わる オオタカの増減を示す資料の1つに傷病鳥の回収についての情報がある。まずはこれを見 てみよう[図]。動物園でのオオタカの傷病回収状況,そして環境省の鳥獣関係統計内の「傷 病による保護を要する鳥獣の保護」にあるオオタカの保護数を合わせたグラフだ。傷病鳥の 数は1980年ごろから上昇を続けているが,2010年ごろをピークにその後,減少に転じて いるのがわかる。この値が実際のオオタカの数を反映しているとしたら, 例えば,1980年ごろからオオタカを観察している人ならば,「オオタカは増えている」とい うだろう。しかし,2000年ごろから観察している人ならば,「そんなに変化はない」といい, 2010年ごろから観察している人ならば,「オオタカは減っている」というだろう。同じもの を見ていても,時間スケールによって見解は変わるのだ。
東京近郊でハイタカ属の子育てを観る
意外すぎる街なかの繁殖地
P.28~P.29
取材日選びは慎重に 「街なかで繁殖するツミを取材できたとして掲載できるのか」?1月号のアリスイ以来の 「東京近郊見に行くシリーズ」は,これまでとは違った難しさがあった。ツミの繁殖を見る こと自体は近年,それほど難しくはないが,テーマがテーマだけに取材時期は慎重に 選びたい。そんなとき,編集委員の志賀 眞氏から,近所の公園でツミが繁殖したという一 報が入った。聞くと,園路沿いの木の10mもない高さに巣があるという。公園なら人通り も多く,過去に同公園での繁殖例もあるということで,人慣れした個体の可能性は高い。そ れでも細心の注意を払い,取材時期は繁殖の進行を見守りつつ決めることとした。 前座取材はオオタカ  その志賀氏から,今度は都内の別の公園でオオタカが繁殖しているという情報が入った。

BIRDER(バーダー) 2019年9月号(2019-08-16発売) の特集を少しご紹介

シギ・チドリ観察のキホン
ふんわりかわいい? 海辺の小鳥たちに注目!
P.15~P.37
「シギ・チドリ」や「シギチ」という言葉に反応するのは野鳥ファンぐらいだろう。スズメ,カラス,フクロウ,カモの姿形ぐらいはどんな人でも大体わかるが,シギやチドリと聞いて姿形が思い浮かぶ人は,そう多くはいないはずだ。シギチたちは,スズメやカラスほど身近な場所にはおらず,そういえば動物園でも目立たない。ずっと昔から人とは少し距離を置いた関係だったのかもしれない。 シギ・チドリたちは大きな鳥でもなければ,色鮮やかな羽をまとっているわけでもない。 水辺を見渡せば嫌でも目に留まるサギやカモの仲間と違って,存在を意識しなければ視界に入ることが少ない鳥たちだ。 彼らと出会うには,まず双眼鏡や望遠鏡で干潟や砂浜を隅々まで探ってみよう。何もいないと思っていた泥や砂の上をチョコチョコ動き回る,愛らしい姿の小鳥が見つかるはずだ。
大都会・東京で暮らすオオタカ
P.5~P.14
東京都区部にある自宅近くで初めてオオタカを目撃したのは,かれこれ10年も前の出来事だ。その場所は住宅地に囲まれた,「まさかここに……」と思うような小さな緑地。当初は「きっとすぐにいなくなるに違いない」と,高をくくっていたが,3年前からはそこで繁殖も始めた。 周囲の地面はアスファルトで覆われ,近くを流れる川の両岸はコンクリートで囲まれている。「森の王者」たる彼らに似合わないそんな環境でも,しっかりと子孫を残しながら暮らし続けているのである。 早朝,いつもの止まり木から川に群れるコガモの様子を探っていた雄が,岸辺に近づいた1羽に狙いを定めて飛び出した瞬間。 しかし,コガモのほうも心得たもので,その都度,水に潜って身をかわす。何度が攻撃を仕掛けたものの,結局,あきらめて去って行った。
壮大なアカハラダカのタカ柱を観察する
P.58~P.59
 朝鮮半島から南下してくるアカハラダカたちが烏帽子岳(長崎県佐世保市)を通過していくのは,例年9月半ば。ピーク時には1日で数千羽のアカハラダカが現れ,山頂付近の上空に壮大なタカ柱を作ることもあるという。以前から行ってみたかった場所なのだが,1?2日の日程を組んだとしても,天候次第ではまったく飛ばない=見られないということもある。撮影なども考えれば少なくとも5日,いや1週間は欲しいが,同じ場所で同じ鳥を取材するためにこれだけの時間を割くというのは,仕事としては効率が悪く,なかなか足が向かなかった。  2018年9月,タイミングよく東よか干潟(佐賀県)での仕事が舞い込んできたこともあり,そのついでという理由で,観察適期とされる15日前後に7日間の取材日を食い込ませることができた。

BIRDER(バーダー) 2019年8月号(2019-07-16発売) の特集を少しご紹介

南極・亜南極にくらすペンギンたち
P.4~P.13
今年の日本の夏は,どんな気象状況になるのだろう。 日本の裏側の南半球では,今,寒い時期を過ごすペンギンたちがいる。 私たち人間は,自分たちに住みやすいように環境を整えてきたが,自然界にすむ彼らは,変わりゆく気候に順応しようと懸命に生きている。 その姿は,この地球が決して人間だけのものではないことを教えてくれる。 日々を懸命に生き,一瞬を大切にする?今年の日本の夏は,どんな気象状況になるのだろう。 日本の裏側の南半球では,今,寒い時期を過ごすペンギンたちがいる。 私たち人間は,自分たちに住みやすいように環境を整えてきたが,自然界にすむ彼らは,変わりゆく気候に順応しようと懸命に生きている。 その姿は,この地球が決して人間だけのものではないことを教えてくれる。 日々を懸命に生き,一瞬を大切にする?それは,生あるものすべてにいえること。 大切な時間は,平等に流れていることを忘れずにいたい。 日本が寒い冬を迎えるころ,南極・亜南極※は春~初夏の季節。11月はまだ寒さも残るが,真冬の北海道ほど寒くはなく,氷もきれいで,美しい氷山の景色を楽しむことができる。12~1月にかけては,ペンギンたちの出産・子育ての時期を迎え,かわいい雛たちの姿が見られる絶好の季節となる。 ※南極エリアのすぐ北,南緯46~60度くらいまでの地域のこと。
絶滅鳥類事典
恐鳥ディアトリマからドードーまで。これが「恐竜滅亡後の鳥類」の姿だ!
P.15~P.39
恐竜滅亡後の地球の覇権を争ったのは,哺乳類と,恐竜の血筋を受け継いだ鳥類であった。長きに渡って両者の勢力は拮抗していたが,人類の登場によって,両者の勢力図は大きく書き換えられる――。新生代の鳥類の興亡には,常に我々人類を含めた哺乳類の存在が大きくかかわっているのである。 白亜紀末期の巨大ハードル 鳥類の出現は今から約1億5000万年前といわれている。恐竜の中に羽毛をもつものが現れ,それが翼となり,やがて鳥へと進化していったらしい。だが,およそ6600万年前?それはティラノサウルスなどが生きていた白亜紀と呼ばれる時代のこと,地球に巨大隕石が衝突した。衝突による大爆発の威力はTNT火薬1億メガトン相当と推定され,大規模な火災が起きた。 さらにその衝撃は大津波を引き起こし,地球規模の天変地異となり,恐竜を含む約70%の生物が絶滅したのである。
ライチョウ保護最前線(後編)
P.42~P.44
先月号では,南アルプスの北岳でライチョウの保護増殖事業をおこなっている 信州大学名誉教授の中村浩志氏のもとへ取材に出かけた戸塚氏。 今回は,新潟県の火打山を訪れ,標高の低い繁殖地の現状と保全活動を取材した。 昨年の「第18回ライチョウ会議」の報告とあわせて紹介する。 火打山調査に同行 北岳でのケージ保護の取材最終日,中村浩志先生から「よかったらいらっしゃい」とチラシを手渡された。それは,新潟県妙高市で2018年10月19~22日に行われる「第18回ライチョウ会議」の案内だった。4日間の日程で,後半2日間は火打山に登り,ライチョウがおかれている自然環境の現状を知り,専門家のガイダンスにより知識を深めるというものだ。しかし,最も気になる後半2日間に,別の仕事が重なる可能性があったため,北岳取材の際に協力してもらった環境省信越自然環境事務所の福田真さんに「10月までに火打山で作業があれば同行させてほしい」と連絡したところ,8月29~31日に作業の予定があり同行可能,というありがたい返事をもらった。

+   BIRDER(バーダー)の目次配信サービス

BIRDER(バーダー)のレビュー
総合評価: ★★★★☆ 4.43
全てのレビュー:70件

レビュー投稿で500円割引!
鳥好きにオススメ
★★★★★2020年03月24日 quail 会社員
バードウォッチングの専門誌だけあって、内容が充実しています。写真も綺麗で楽しめます。
バードウォッチャー年鑑
★★★★★2020年03月20日 nmana 学生
はじめて買いました。すごくよかったです。ぜひ定期購読をしたいと思います
野鳥が身近に
★★★★★2020年03月18日 よっよ 主婦
身近な鳥スズメから、なかなか見られない野鳥まで、すてきな写真で見ることができます。野鳥の持つたくましさや華麗さが写し出されたバードウオッチャーの写真は圧巻。私はただのと鳥好きですが、それでもじゅうぶん楽しめます。
情報満載です。
★★★★★2020年01月25日 ぼんちゃん パート
毎回興味深いテーマで構成されていると思います。プロの視点のみならず、一般投稿写真なども掲載され、楽しめます。お風呂あがり、ベッドタイム読書にもいいです。
鳥好き
★★★★★2020年01月24日 ジョハリ 会社員
小学生のこどもが鳥好きで、愛読しています。 文字を読むことにも繋がって、一石二鳥です。
この一冊で興味が深まります
★★★★★2020年01月12日 miyabi3700 公務員
2年ほど前から野鳥写真を週末に楽しんでいます。図鑑や書籍、ネットで鳥知識を収集していますが、このBIRDERは毎月の特集の中で自分が知りたかったことや「へぇーっ」というようなことが書かれてあって興味深いです。ということで不定期購読から定期購読にして広い知識を得て、里山歩きを楽しみたいです。
鳥見初心者にも
★★★★★2019年12月26日 レモンピール 主婦
強者が多いバードウォッチング愛好家のための雑誌ですが、私のような初心者にも美しい写真や興味のわく記事が多くて楽しめます。年末年始はカレンダーやバードウォッチングに役立つ手帳が付いているので、他の雑誌に比べてやや高額ですが、お得感もありますね。
English for Birding
★★★★★2019年10月23日 ぱふぃん 学生
愛読者の小学生の代理で保護者が書いています。 イギリス在住時に鳥が好きになり、帰国後から定期購読を始めました。毎月特にEnglish for Birdingのページを楽しみにしています。 全体的に写真も素晴らしく、将来こんな写真が撮れるようになりたいと言っています。 半年の購読期間が終わりましたが、引き続き更新したいと思います。
バードウオッチングの必読書
★★★★★2019年10月22日 植田山仙人 専門職
干潟や山地、定点観測地点にいる鳥たちの情報が満載。バーダーにとっては定番の鳥達も環境を見直す上で大切な対象だけれど、まして絶滅危惧種は喫緊の課題。
写真・カメラが好きな人にもお薦め
★★★★★2019年09月30日 TamTam 会社員
 鳥に関するいろいろなことが、特集やコラムで分かりやすくレポートされています。だからといって、“素人”向けの内容でもなく、毎回、新たな発見を提供してくれます。「どうやって撮影したのだろう」と驚くような決定的瞬間をとらえた写真が掲載されているのも、毎月の楽しみの一つ。カメラや双眼鏡の新製品レビューもよく掲載されており、鳥さんはもちろん、写真・カメラが好きな人にもお薦めです。
レビューをさらに表示

BIRDER(バーダー)のバックナンバー

BIRDER(バーダー)の今すぐ読める無料記事

BIRDER(バーダー)を買った人はこんな雑誌も買っています!

趣味・芸術 雑誌の売上ランキング

BIRDER(バーダー)の所属カテゴリ一覧

キャンペーン&TOPICS

ご存知ですか?
Fujisan.co.jpにはお得なサービスが満載です!
定期購読
雑誌は定期購読がお得です!初めての方500円割引♪
もっと詳しく ▶︎
タダ読みサービス
無料で雑誌が読み放題♪今日発売のあの雑誌も。
もっと詳しく ▶︎
法人サービス
年間5万円以上ならお得な法人プレミアムサービスで!
もっと詳しく ▶︎
アフィリエイト
あなたのサイトで雑誌をおすすめしてみませんか?
もっと詳しく ▶︎
カテゴリ一覧
女性ファッション 雑誌
きれいめ・大人カジュアル系 雑誌 モード系・コレクション 雑誌 フェミニン系 雑誌 ママ・主婦 雑誌 コンサバ系 雑誌 ナチュラル系 雑誌 カジュアル系 雑誌 オフィスカジュアル 雑誌 子ども・キッズファッション 雑誌 ガーリー系 雑誌 ティーンズファッション 雑誌 原宿系 雑誌 着物・和服 雑誌 ギャル系 雑誌 セレブ系 雑誌 森ガール系 雑誌
メンズファッション 雑誌
メンズきれいめカジュアル 雑誌 モノ・グッズ 雑誌 メンズカジュアル 雑誌 ストリートファッション系 雑誌 スーツ・トラッド系 雑誌 アメカジ 雑誌 オラオラ系・お兄系 雑誌 腕時計・ブランド 雑誌 古着系 雑誌
ビジネス・経済 雑誌
経営・マネジメント 雑誌 海外事情・国際ニュース 雑誌 政治 雑誌 マネー・投資 雑誌 ビジネス・経済専門誌 求人・転職情報誌 法律・法務 雑誌 環境・エネルギー 雑誌 広告・マーケティング 雑誌 流通・小売 雑誌 人事・総務 雑誌 四季報 外食・ホテル業界 雑誌 会計・税務・経理 雑誌 農業・畜産・漁業 雑誌 飲食店経営・調理師 雑誌 金融 雑誌 貿易 雑誌 地方自治・行政 雑誌 起業・独立開業 雑誌 企業年鑑・データ 業界データブック 自己啓発 雑誌 ビジネスCD・通信教育 株・FX 雑誌 就職・就活 雑誌
健康・生活 雑誌
子供・児童学習 雑誌 子育て・育児 雑誌 家事・生活情報 雑誌 健康・家庭医学 雑誌 住宅・リフォーム 雑誌 住宅情報・賃貸 雑誌 インテリア・雑貨 雑誌 田舎暮らし・エコ・スローライフ 雑誌 結婚情報・ウェディング 雑誌 絵本・大型絵本 妊婦・赤ちゃん 雑誌
スポーツ 雑誌
サッカー・フットサル 雑誌 高校野球・プロ野球 雑誌 ゴルフ 雑誌 その他球技・競技 雑誌 釣り 雑誌 相撲・武術・武道 雑誌 筋トレ・ボディビル 雑誌 ダイビング・マリンスポーツ 雑誌 スノーボード・スキー 雑誌 ランニング・ウォーキング 雑誌 テニス・卓球 雑誌 バレエ・社交ダンス 雑誌 スポーツ医学・コーチング 雑誌 自転車・サイクリング 雑誌 サーフィン・ボディーボード 雑誌 バスケットボール 雑誌 F1・モータースポーツ 雑誌 ダンス 雑誌 プロレス・格闘技 雑誌 ボクシング 雑誌 水泳・ボート 雑誌 ラグビー・アメフト 雑誌
バイク・自動車・乗り物 雑誌
オートバイ 雑誌 カスタムカー・バイク 雑誌 外車・輸入車 雑誌 4WD・RV 雑誌 新車・ニューモデル情報 鉄道・電車 雑誌 飛行機・航空機 雑誌 中古車・中古バイク 雑誌
芸能・音楽 雑誌
テレビガイド・番組表 雑誌 音楽情報誌 エンタメ 雑誌 DVD(ビデオ)マガジン 映画・シネマ 雑誌 韓国(韓流・K-POP) 雑誌 ピアノ・クラシック 雑誌 ギター・ロック 雑誌 演劇・舞台 雑誌 洋楽 雑誌 ジャズ(JAZZ) 雑誌 ジャニーズ 雑誌 グラビア・アイドル 雑誌 写真週刊誌・ゴシップ 雑誌 写真集
グルメ・料理 雑誌
レシピ 雑誌 グルメガイド・レストラン 雑誌 お酒(ワイン・日本酒など) 雑誌 栄養学・食育 雑誌 パン・スイーツ 雑誌
旅行・タウン情報 雑誌
京都・関西 雑誌 関東 雑誌 東京(TOKYO) 雑誌 九州 雑誌 東海 雑誌 東北 雑誌 北海道 雑誌 北陸・信越 雑誌 中国地方 雑誌 四国 雑誌 沖縄情報 雑誌 旅行情報誌 温泉 雑誌 リゾート・レジャー 雑誌 タイ・アジア 雑誌 ハワイ 雑誌 その他 海外情報 雑誌 鉄道・バス時刻表本 航空時刻表
アニメ・漫画 雑誌
少年コミック・漫画 少女コミック・漫画 青年コミック・漫画 レディース(女性)コミック アニメ 雑誌 声優 雑誌 comics&アメコミ ディズニー・キャラクター 雑誌 コスプレ 雑誌 BL(ボーイズラブ)コミック・雑誌
ペット・動物 雑誌
犬 雑誌 猫 雑誌 トリマー・ペット業界 雑誌 魚・熱帯魚 雑誌 昆虫 雑誌 ペットその他 雑誌
文芸・総合 雑誌
女性総合誌 男性総合誌 カルチャー・文化 雑誌 文芸誌・小説 雑誌 時事・社会 雑誌 機内誌 宗教 雑誌 歴史・史学 雑誌 思想・心理学 雑誌 俳句・短歌・詩 雑誌 占い・開運 雑誌 書道 雑誌
趣味・芸術 雑誌
デザイン・アート 雑誌 プラモデル・模型 雑誌 ガーデニング・園芸 雑誌 手芸・ハンドメイド 雑誌 パズル・クイズ 雑誌 ナンプレ・数独 雑誌 クロスワード・ナンクロ 雑誌 ミリタリー・サバゲー 雑誌 競馬・競輪・競艇 雑誌 オーディオ・ステレオ 雑誌 アウトドア・キャンプ 雑誌 カメラ・写真 雑誌 分冊百科・ワンテーママガジン 将棋・囲碁 雑誌 イラスト・グラフィックデザイン 雑誌 建築・住宅建築 雑誌 陶芸・骨董 雑誌 ラジオ・無線 雑誌 ゲーム 雑誌 フィギュア・ホビー 雑誌 DIY・工具 雑誌 パチンコ・パチスロ 雑誌 ハイキング・登山 雑誌 麻雀 雑誌
ヘアカタログ・美容 雑誌
メイク・ネイル 雑誌 フィットネス 雑誌 ヘアスタイル 雑誌 ヨガ 雑誌 美容専門誌 ダイエット 雑誌 アロマ 雑誌
看護・医学・医療 雑誌
ナース 雑誌 介護・福祉 雑誌 医療技術 雑誌 薬学 雑誌 臨床外科 雑誌 臨床内科 雑誌 医療時事 雑誌 歯科 雑誌 獣医学 雑誌 理学療法 雑誌 その他 医学雑誌
教育・語学 雑誌
その他 NHKテレビ・ラジオテキスト NHK語学テキスト 幼児教育 雑誌 小学生教育 雑誌 中学教育 雑誌 高校教育 雑誌 受験・留学 雑誌 試験問題集・資格 雑誌 日本語学習 教材 ハングル・韓国語学習 教材 中国語学習 教材 リスニング教材・語学CD 英語教育・英会話 教材 フランス語学習 教材 ドイツ語学習 教材 スペイン語学習 教材 その他 語学雑誌 教員・教師 雑誌 通信・教育講座
テクノロジー・科学 雑誌
宇宙・天文 雑誌 機械 雑誌 化学 雑誌 情報処理 雑誌 地球科学・環境問題 雑誌 生物・生物学 雑誌 数学・物理 雑誌
パソコン・PC 雑誌
コンピューター・自作PC 雑誌 ネットワーク・セキュリティ 雑誌 Webデザイン・プログラミング 雑誌 DTP・グラフィック 雑誌 アプリ・スマホ 雑誌 インターネット 雑誌 Mac・マック 雑誌
新聞・業界紙
英字新聞 業界新聞・専門紙 新聞縮刷版 切り抜き・クリッピングマガジン 全国紙(新聞) 中国語 新聞・業界紙 地方紙(新聞)
洋(海外)雑誌
English newspaper Science&Nature Magazines Language&Education Magazines Money&Business& Magazines Fashion&Style Magazines others Design&Architecture Magazines Hobby&Entertainment Magazines Home&Interior Magazines Computers&Electronics Magazines バイリンガルマガジン・雑誌
中国雑誌
中国 ビジネス・経済 雑誌 中国 旅行・タウン情報 雑誌 中国 趣味・芸術 雑誌 中国 看護・医学 ・医療 雑誌 中国 文芸・総合 雑誌 中国 教育・語学 雑誌 中国 テクノロジー・科学 雑誌 中国 スポーツ 雑誌 中国 ファッション 雑誌 高等文化院校学報 高等理工学院学報 中国 バイク・車・乗り物 雑誌 中国 健康・生活 雑誌 中国 学生・こども向け 雑誌
その他
その他 雑誌