送料無料!毎号お手元にお届けします!

定期購読の特典

定期購読のお申込み・予約

STEP1 雑誌の形式を選択

今すぐ使える500円割引
初購入500円割引
Fujisan.co.jpでご購入が初めての方は、5000円以上のご注文で500円割引となります。ご注文確認画面のギフト券入力欄に自動的に適用されます。
レビュー投稿500円割引 or 10%割引
好きな雑誌のレビューを投稿すると、5000円以上のご注文にご利用可能な500円割引ギフト券と、5000円以下の定期購読にご利用可な10%割引ギフト券が、投稿後メールですぐに届きます。
  • 月額払いの商品ではご利用いただけません。
  • どちらかひとつのギフト券が 今すぐご利用可能です♪
週刊エコノミストのレビューを投稿する

週刊エコノミストの内容

ビジネスマンに愛読される経済誌の老舗。金融経済をグローバルな視点で分析。
日本と世界両方の座視から経済を分析。経済専門誌なので市場の状況を多角的に捉え、金融情勢などの情報も豊富。資産運用の際にも力になってくれるでしょう。「当たる」と評判のエコノミストの経済分析は日本のビジネスリーダーに愛読されています。先の見えない今だからこそ頼りになる視点を手に入れたい。

週刊エコノミストの商品情報

商品名
週刊エコノミスト
出版社
毎日新聞出版
発行間隔
週刊
発売日
[紙版]毎週月曜日  [デジタル版]毎週月曜日(18:00)

週刊エコノミストの無料サンプル

2023年4/11・18合併号 (2023年04月03日発売)
2023年4/11・18合併号 (2023年04月03日発売)をまるごと1冊ご覧いただけます
サンプルを見る

週刊エコノミスト 2024年4/16・23合併号 (発売日2024年04月08日) の目次
  • 紙版
  • デジタル版

  • 紙版
  • デジタル版
今こそ知りたい!世界経済入門
〔特集〕今こそ知りたい! 世界経済入門
・長短金利逆転でも景気堅調 「ジンクス」破る米国経済
・米大統領選 「二つの米国」の分断深く バイデン、トランプ氏拮抗
・貿易・投資 世界の分断とブロック化で「スローバリゼーション」進行
・金融政策 物価鈍化で欧米は利下げへ 日銀はようやく「普通」転換
・米ドル 金、ビットコインが最高値 下がり続ける「交換価値」
・日本株 「バブル」ではない最高値更新 賃上げなど構造変化を反映

〔特集〕相続登記義務化の大変
・ゼロから分かる 相続登記義務化Q&A
・登記の実効性 抜けない「伝家の宝刀」で違反時の罰則は骨抜きか

〔エコノミストリポート〕
・ライドシェア 4月から「白タク」合法化 海外とは異なる制度の中身

【インタビュー】2024年の経営者 市川聡 デジタル・インフォメーション・テクノロジー社長



〔週刊エコノミスト〕ご利用のご案内
〔闘論席〕古賀茂明
〔2024年の経営者〕編集長インタビュー 市川聡 デジタル・インフォメーション・テクノロジー社長
〔週刊エコノミスト目次〕4月16日・23日合併号
〔FOCUS〕フォーミュラEが初開催 EV普及へ東京都が誘致 2万人を前に日産が2位=河村靖史
〔FOCUS〕航空機産業戦略 MRJの重い教訓 1国1社体制構築を=吉川忠行
〔深層真相〕ルネサスが定昇半年延期 慣習排除で進む欧米化/紅麹「被害」に大揺れ 小林製薬に最大の危機
〔特集〕世界経済入門 長短金利逆転でも景気堅調 「ジンクス」破る米国経済=桐山友一
〔特集〕世界経済入門 米大統領選 「二つの米国」の分断深く バイデン、トランプ氏拮抗=前嶋和弘
〔特集〕世界経済入門 貿易・投資 世界の分断とブロック化で「スローバリゼーション」進行=伊藤博敏
〔特集〕世界経済入門 金融政策 物価鈍化で欧米は利下げへ 日銀はようやく「普通」転換=南武志
〔特集〕世界経済入門 人口と経済成長 新興国のGDPシェア拡大 「グローバルサウス」台頭の源=谷村真
〔特集〕世界経済入門 所得格差 米国、中国などで拡大顕著 「共同貧困」状態に陥る日本=宮本弘暁
〔特集〕世界経済入門 中国 消費低迷で「デフレ」リスク 「日本化」で長期停滞の恐れも=月岡直樹
〔特集〕世界経済入門 国際秩序 ウクライナ戦争で流動化 冷戦後の「ひずみ」あらわに=佐藤丙午
〔特集〕相続登記義務化 明治から放置の相続登記 518人分に7年の歳月=松本万紀
〔特集〕相続登記義務化 ゼロから分かる 相続登記義務化Q&A=編集部/監修・松本万紀
〔特集〕相続登記義務化 登記の実効性 抜けない「伝家の宝刀」で違反時の罰則は骨抜きか=荒井達也
〔特集〕相続登記義務化 相続登記だけじゃない 土地・建物の地目・構造など 増改築時の「表示登記」に注意=川本光範
〔独眼経眼〕日銀がこれから抱える「円安リスク」=愛宕伸康
〔学者が斬る・視点争点〕加熱式たばこにも健康リスク?=吉岡貴史
〔株式市場が注目!海外企業〕/111 ドアダッシュ 料理宅配サービス米最大手=清水憲人
〔情熱人〕/111 沈んだ漁船の謎に迫る 伊澤理江 ジャーナリスト
〔現代資本主義の展開〕マルクス主義への懐疑と批判 第18回 先進資本主義国の経済的将来像を示そう=小宮隆太郎
〔言言語語〕~3/27
〔編集後記〕谷道健太/平野純一
〔書評〕『金融政策の大転換 中央銀行の模索と課題』 評者・服部茂幸/『天野為之 日本で最初の経済学者』 評者・原田泰
〔書評〕話題の本 『母の最終講義』ほか
〔書評〕読書日記 だまされずカモにならず いかにして身を守るか=美村里江
〔書評〕歴史書の棚 自立した外交のため「戦後」政治を終わらせよ=井上寿一/海外出版事情 中国 おそるべし、顔認識の実践応用!=菱田雅晴
〔社告〕西垣通『デジタル社会の罠 生成AIは日本をどう変えるか』
〔ワシントンDC〕WASHINGTON D.C. 日米友好の象徴に危機 名所の桜木一部除去へ=西田進一郎
〔中国視窓〕チャイナウオッチ 「AI+」「低空経済」など続々 産業高度化に挑む中国=神宮健
〔論壇・論調〕中国が欧州に「ほほ笑み外交」 経済安保の溝が足かせに=河津啓介
〔ザ・マーケット〕東京市場 ストラテジストが読む 割安続いた内需銘柄も上昇の機運=三宅一弘/NY市場 インフレと金融政策を注視=橋本真拓
〔ザ・マーケット〕欧州株 超大型成長株がけん引=田中純平/ドル・円 介入が呼び込む投機筋=佐々木融
〔ザ・マーケット〕プラチナ 独VW問題から本格回復=吉田哲/長期金利 0.7%台中心の動き=野地慎
〔ザ・マーケット〕マーケット指標
〔ザ・マーケット〕今週のポイント 中国1~3月期GDP(4月16日) 5%台でまずまずのスタートか=三浦祐介/向こう2週間の材料 4/8~19
〔ザ・マーケット〕経済データ
〔東奔政走〕ささやかれる「7月21日総選挙」 行方を占う衆院3補選=及川正也
〔エコノミストリポート〕ライドシェア 4月から「白タク」合法化 海外とは異なる制度の中身=中村吉明
〔鎌田浩毅の役に立つ地学〕/180 「地震予知」が困難なワケ 非可逆現象で三つの「想定外」
〔特集〕世界経済入門 米ドル 金、ビットコインが最高値 下がり続ける「交換価値」=長内智
〔特集〕世界経済入門 ドル・円相場 「購買力平価」から大幅乖離 日本の競争力低下を反映か=橋本将司
〔特集〕世界経済入門 日本株 「バブル」ではない最高値更新 賃上げなど構造変化を反映=市川雅浩
〔特集〕世界経済入門 EV 補助金廃止などで販売鈍化 メーカーが相次ぎ軌道修正=杉浦誠司
〔特集〕世界経済入門 半導体 進化を続け生成AIも登場 ブームは始まったばかり=津田建二
〔特集〕世界経済入門 エネルギー 供給不安で化石燃料に「回帰」 現実的な脱炭素へ業界シフト=小菅努
〔特集〕世界経済入門 パナマ&スエズ 両運河が同時に通航支障 影響限定的も長期化懸念=後藤洋政/松田琢磨
〔挑戦者2024〕芹澤孝悦 プランティオCEO ビル屋上や公園での野菜作りを支援
〔WORLD・WATCH〕ニューヨーク ピザが最もおいしい街=冷泉彰彦/ブラジル 観光都市が物流で飛躍=松本浩治
〔WORLD・WATCH〕豪州 ウーバー、265億円支払い=守屋太郎/上海 広がる「STEM教育」=尹世花
〔WORLD・WATCH〕UAE 中東初のプロ野球リーグ=柳田尚之/英国 キャサリン妃、がんを公表=酒井元実
〔小川仁志の哲学でスッキリ問題解決〕/206 組織の一員であるという以上の自分を持ち続ける方法は?
〔アートな時間〕映画 リバウンド 弱小バスケ部の実話を再現 不器用で心地よい青春描く=寺脇研/舞台 新国立劇場「デカローグ」 不完全な人間を肯定的に描く全10篇のロングランがスタート=濱田元子
〔グラフの声を聞く〕株高は超インフレの前触れか=市岡繁男

週刊エコノミストの目次配信サービス

週刊エコノミスト最新号の情報がメルマガで届く♪ メールアドレスを入力して登録(解除)ボタンを押してください。

※登録は無料です
※登録・解除は、各雑誌の商品ページからお願いします。/~\Fujisan.co.jpで既に定期購読をなさっているお客様は、マイページからも登録・解除及び宛先メールアドレスの変更手続きが可能です。
以下のプライバシーポリシーに同意の上、登録して下さい。

週刊エコノミストのメルマガサービス

週刊エコノミストよりメールマガジンをお届けします。

※登録は無料です

週刊エコノミストのレビュー

  • 総合評価: ★★★★☆ 4.23
  • 全てのレビュー: 118件
投資にも知識増にも役立つ
★★★★★2024年04月11日 sumifumi 会社員
定期購読をしています。投資をしているため、世界情勢や市場のタイムリーな情報は必須です。政治、経済、地政学など幅広い情報を得ることができ、大変役に立っています。また、NISAやインド情勢、半導体、相続税など、各回の特集も大変役に立ちます。今やエコノミストなしでは私の資産は増えないといっても過言ではないくらいです。
通勤の相棒
★★★★★2024年03月02日 ton 役員
毎朝の通勤電車の相棒です。他の経済誌と併用してますが、個人的には一番手放せません。定年までの長い付き合いになります。
エコノミスト100年に寄せて
★★★★★2023年12月20日 ふみやん 役員
今年は、「エコノミスト」創刊100年で、特集企画も1年通じて掲載されて来ましたが、いまひとつ趣旨が明確でないものもあったように思います(この人に聞く、都留・小宮旧論文の掲載 等)。折角の「100年」ですから、100年間の経済的な大きな出来事を採り上げ、その時代に掲載された報道、論文などを順次再掲載していただいた方が面白かったように思います。
継続して経済の勉強ができる
★★★★★2023年12月11日 なヲ 自営業
日本の経済情報のみでなく世界経済の情報がわかりやすい。
EV
★★★★★2023年10月06日 ひで 会社員
EV特集で今とても興味深いテーマで購入します。通勤時間に見たいと思います。
見るのが日常
★★★★★2023年06月28日 経済オタク 無職
大学2年の昭和43年5月から購読し、消費税が始まった年からはエコノミスト社から郵送してもらっている、生活の一部になっています。当時のエコノミストは100円、今は850円。、相和47年の初任給は55000円、いまは20万円以上。原油は5ドルが70ドル以上。手書きの郵送がパソコンとインターネット。時代は大きく変化したことを痛感しています。
専門的でアカデミックだから面白い
★★★★★2023年03月19日 タクヤ 会社員
専門的でアカデミックだから基礎知識がないと難しい内容ではある、でもわかる人にはとても面白い 経済、国際情勢、投資に特化している 経済オタクなら必須です
良いと思うが
★★★☆☆2023年03月04日 スクロ〜 会社員
世界情勢、動向などをもっと盛り込んで欲しい。今注目されるトピックだけでなく、注目されてないが大きな課題やニッチな話題にも触れて欲しい
えこのみすと知識を吸収
★★★★★2023年02月22日 ぷうたろう 無職
本などほとんど読まない私が、エコノミストを毎週定期購読しています。経済関係情報、特に株式情報が参考になりに重宝しています。また、労働関係情報、税金情報など参考になる記事が多く、自分の知識吸収に役立っている雑誌です。
必読書
★★★★★2022年12月01日 貧乏子だくさん 会社員
景気動向の把握、企業の成長戦略をビジネスに活かす他、投資にも役立てています。他のビジネス雑誌よりも充実しているのでは?
レビューをさらに表示

週刊エコノミストの所属カテゴリ一覧

週刊エコノミストの無料記事

この雑誌の読者はこちらの雑誌も買っています!

Fujisanとは?

日本最大級雑誌の定期購読サービスを提供

デジタル雑誌をご利用なら

最新号〜バックナンバーまで7000冊以上の雑誌
(電子書籍)が無料で読み放題!
タダ読みサービスを楽しもう!

総合案内
マイページ
マイライブラリ
アフィリエイト
採用情報
プレスリリース
お問い合わせ
©︎2002 FUJISAN MAGAZINE SERVICE CO., Ltd.