[紙+デジタル]定期購読なら、購読期間中に限り実質無料でデジタル版が読み放題!

定期購読の特典

定期購読のお申込み・予約

STEP1 雑誌の形式を選択

今すぐ使える500円割引
初購入500円割引
Fujisan.co.jpでご購入が初めての方は、5000円以上のご注文で500円割引となります。ご注文確認画面のギフト券入力欄に自動的に適用されます。
レビュー投稿500円割引 or 10%割引
好きな雑誌のレビューを投稿すると、5000円以上のご注文にご利用可能な500円割引ギフト券と、5000円以下の定期購読にご利用可な10%割引ギフト券が、投稿後メールですぐに届きます。
  • 月額払いの商品ではご利用いただけません。
  • どちらかひとつのギフト券が 今すぐご利用可能です♪
AXIS(アクシス)のレビューを投稿する

AXIS(アクシス)の内容

デザイン誌「AXIS」は、大胆な分析と美しいレイアウトで伝え続ける、グローバル・デザイン・ジャーナルです。
デザイン誌「AXIS」は1981年の創刊以来、「デザイン」をカタチとしてではなく、文化やコミュニケーション、ビジネスの一端を担うものとして考えています。プロダクトに限らず、建築、インテリア、ファッション、グラフィック、マルチメディアなど、あらゆる分野の情報を満載し大胆な分析と美しいレイアウトで伝え続けるデザイン誌です。和英両記で、海外の情報を日本へ、日本の情報を海外へと伝える、デザイン関係者およびプランナー必携のグローバル・デザイン・ジャーナルです。

AXIS(アクシス)の商品情報

商品名
AXIS(アクシス)
出版社
アクシス
発行間隔
季刊
発売日
4,7,10月の1日、12月末
参考価格
[紙版]1,800円 [デジタル版]1,080円

AXIS(アクシス)の無料サンプル

2023年4月号 (2023年03月01日発売)
2023年4月号 (2023年03月01日発売)をまるごと1冊ご覧いただけます
サンプルを見る

AXIS(アクシス) Vol.228 (発売日2024年03月01日) の目次
  • 紙版
  • デジタル版

  • 紙版
  • デジタル版
特集
PRODUCT DESIGN 2024

あらためてモノの造形や可能性を探りたい。デザイン誌の原点とも言えるテーマへ立ち返るとともに、最新プロダクトが私たちの暮らしや社会に与える影響を正確に捉えたいと思います。デザインのトレンドがコトやバ、さらには仮想空間へと重心を移して久しいですが、依然としてモノには大きな説得力があります。実際に見て触れることができる意匠は、私たちの感情を瞬時に揺り動かすことができますし、モノのデザインは半径1メートル以内の生活圏から社会全体のシステムまで、広範囲に影響を及ぼします。今こそプロダクトデザインの可能性を探ることが必要であり、それは決して回顧ではなく、むしろ現実的、未来志向的な試みとも言えるでしょう。インテリアからモビリティ、さらにXRまで、各領域の最新プロダクトから見えてくるデザインの真のポテンシャルを考察します。

特集内容:

□ 【AUDIO】 TP-7 /TEENAGE EINGINEERING

□ 【MOBILITY】 MOTOCOMPACT / HONDA

□ 【CONCEPT EV】 Concept 451/ YAMAHA

□ 【HEALTHCARE】 CIONIC NEURAL SLEEVE/ CIONIC

□ 【INTERIOR】 La Line/ARTEMIDE

□ 【SPORTS】 ASICS & DESCENTE

□ 【METAVERSE】 Immersive Spatial Content Creation System / Sony

□ 対談:西堀晋×21B STUDIO

□ カトラリー研究会

insight:

●バイオデザインからより良い未来を導く、
ナツアイ・オードリー・チエザ

ジンバブエ出身で英国を拠点に活動するデザイナー、ナツアイ・オードリー・チエザ。彼女の出発点はバクテリアを用いた染色の研究だが、近年はヴェネチア・ビエンナーレ国際建築展で共生をテーマに展示をしたり、自社ブランドからジャケットを発売するなど活動は多岐にわたっている。彼女は「バイオデザイン」を通じて何を実現しようとしているのか、また、チエザの呼びかけに多くの人が共感する理由を探った。

●2024年の倉俣デザイン論
その偉大なる創造性の行方とは?

1991年に他界するまで、常識を覆すような家具を自主的に発表しつづけたデザイナー、倉俣史朗。それは彼にとって、内的衝動の結果であるとともに、ものづくりとの、そして社会との葛藤を表出する手段だったのではないか。彼を回顧する「倉俣史朗のデザイン―記憶のなかの小宇宙」展により改めて注目されるその創造性を、世界のデザインシーンとの関連から考える。

●紙と布が生み出す「サンクチュアリ」
ウクライナ侵攻、能登半島地震——家を失った人に寄り添う建築家・坂茂

世界で相次ぐ戦争、そして今年の元日に起きた能登半島地震——戦争や災害が起こる度に、無惨に崩れる街や建物。そんな光景を前に「建築家として何ができるのか」と自問し、国境を越えた支援活動を続ける建築家、坂茂。彼が考案した紙管と布のパーティションシステム(PPS)は、能登の避難所でも広がりを見せる。PPSを体感しながら、ウクライナ難民の言葉に触れることができる展示「ペーパー・サンクチュアリ」展を訪ねた。

連載:

●LEADERS MIKIKO(演出振付家)

●田川欣哉のBTCトークジャム ゲスト:松岡陽子(Yohana CEO)

●TAKT PROJECTの東北考 

●クリエイターズナビ
特集
PRODUCT DESIGN 2024

あらためてモノの造形や可能性を探りたい。デザイン誌の原点とも言えるテーマへ立ち返るとともに、最新プロダクトが私たちの暮らしや社会に与える影響を正確に捉えたいと思います。デザインのトレンドがコトやバ、さらには仮想空間へと重心を移して久しいですが、依然としてモノには大きな説得力があります。実際に見て触れることができる意匠は、私たちの感情を瞬時に揺り動かすことができますし、モノのデザインは半径1メートル以内の生活圏から社会全体のシステムまで、広範囲に影響を及ぼします。今こそプロダクトデザインの可能性を探ることが必要であり、それは決して回顧ではなく、むしろ現実的、未来志向的な試みとも言えるでしょう。インテリアからモビリティ、さらにXRまで、各領域の最新プロダクトから見えてくるデザインの真のポテンシャルを考察します。




連載:close-up 江戸東京リシンク展
特集:PRODUCT DESIGN 2024
特集1:アートとプロダクトはいつか再び重なり合うティーンエージ・エンジニアリングのデザイン哲学
特集2:モビリティデザインを変える、ヤマハ発動機のプラットフォーム構想と生成AI活用
特集3:“乗って楽しい”を追求した米国ホンダの電動バイク
特集4:コンシューマプロダクトのトレンドを取り入れた、フューズプロジェクトによる歩行補助装置
特集5:フレキシブルな発想が時代をリードするビャルケ・インゲルス・グループ(BIG)の照明
特集6:特別対談 | 西堀 晋×21B STUDIOプロダクトデザイナーのマインドをどうデザインするべきか
特集7:速さを訴求するデザイン ミズノとデサントのスーパーシューズ
特集8:仮想空間の手触りをクリエイター視点で考える ソニーの「ストレスフリー」の形状に徹した3Dデザインのフォームファクター
特集9:ピザを片手に4人で語り合う「カトラリー研究会」とは?
連載:LEADERS  ゴードン・ブルース(デザインコンサルタント)
連載:Sci Tech File ヒトの言語誕生の鍵をサルの音声器官の進化から探る
連載:田川欣哉のBTCトークジャム ゲスト:松岡陽子(ヨハナ創業者・CEO、パナソニックホールディングス執行役員、パナソニックウェル本部長)
INSIGHT:バイオデザインからより良い未来を導く、ナッサイ・オードリー・チエザ
INSIGHT:紙と布が生み出す「サンクチュアリ」ウクライナ侵攻、能登半島地震 ―家を失った人に寄り添う建築家・坂 茂
INSIGHT:2024年の倉俣デザイン論 その偉大なる創造性が現在に指し示すもの
連載:TAKT PROJECTの東北考 地続きの異界
連載:& design テック(深津貴之)、インテリア(土田貴宏)、フード(君島佐和子)、ブック(宮後優子)
連載:クリエイターズNAVI コヴァレヴァ・アレクサンドラ+佐藤敬/KASA、ガブリエル・フォンタナ、カルロ・クロパット、河野未彩、鄭宇&詹迪
バックナンバー
編集後記

AXIS(アクシス) 2024年03月01日発売号掲載の次号予告

リニューアル号に向けて鋭意制作中!
新たなAXIS誌にご期待ください。

AXIS(アクシス)の目次配信サービス

AXIS(アクシス)最新号の情報がメルマガで届く♪ メールアドレスを入力して登録(解除)ボタンを押してください。

※登録は無料です
※登録・解除は、各雑誌の商品ページからお願いします。/~\Fujisan.co.jpで既に定期購読をなさっているお客様は、マイページからも登録・解除及び宛先メールアドレスの変更手続きが可能です。
以下のプライバシーポリシーに同意の上、登録して下さい。

AXIS(アクシス)のメルマガサービス

AXIS(アクシス)よりメールマガジンをお届けします。

※登録は無料です

AXIS(アクシス)のレビュー

  • 総合評価: ★★★★★ 4.51
  • 全てのレビュー: 43件
創刊号からの読者です。
★★★★★2024年01月08日 KC 自営業
創刊号からの読者です。デザイン及び建築、工芸など多岐に渡りその時代に、即した、記事にいつも、参考にさせて頂いています。今後も期待していますので、より良い本に 育てて下さい。
いい雑誌です!
★★★★★2023年12月04日 Nika 大学生
デザイン学科の学生です。すごく勉強しましだ。
デザイン業界誌の新星 ?? インタレスティングな誌面構成と情報量 !!
★★★★★2023年10月15日 天空海闊 無職
○株式会社アクシスが発行している「AXIS」には、毎号、新鮮かつ興味深い企画と情報が満載されています。毎号、テーマが斬新で、しかも次号の予告はさりげないのですが、そのためにかえって次号が待ち遠しくなります。カラー写真も豊富で、誌面構成もよく考えられており、楽しく読み進めることが出来ます。
視点が鋭く、文章も読みやすい。
★★★★★2023年08月17日 オレンジ 会社員
国内海外の最新のデザイン情報が先どって掲載されていて、いつもいい情報源になっています。
参考にしています。
★★★★★2023年01月13日 mou 会社員
デザインの視点で業界をまたいで流れを見るのにとても良いです。 定期的に読ませていただいています。
新規読者
★★★★★2022年10月30日 T 無職
先生から紹介くれたこの雑誌、本当に素晴らしいです。一目惚れしました!
洗練されている
★★★★☆2022年08月03日 rico 会社員
グラフィックも内容もとても洗練されていて、手軽に密度の高い最新の話題を読むことができます。 web版は鮮度がよく、刊行版はテーマがより深堀られている気がします。 隔月に一度ポスト届いたものを開いたとき、3年間この雑誌が届くことが嬉しく思います。
社会課題を考えるデザイン
★★★★★2022年05月14日 Aki 自営業
社会課題を解決に導くデザインが、色々な角度から丁寧にピックアップされ掲載されています。英語も併記されており、広い範囲に内容を届けようとされているのだろうと思います。
静かで、美しい雑誌。
★★★★★2022年04月25日 和音 会社員
職場で定期購読していましたが、テレワークと転職を境に触れる機会がグッと減ってしまっていました。 誌面を見るたびに、クリエイティブへの誠実な姿勢と、潔いデザイン性にハッとさせてくれる、私自身の指標となる雑誌のひとつです。
デザインに対する深い理解
★★★★☆2022年04月02日 ぷーやん 教職員
デザイン雑誌であるが、毎号切り口と掘り下げ方が秀逸である。今回もオフィスを働く場としてだけではない取り上げ方に興味が持てる。
レビューをさらに表示

AXIS(アクシス)をFujisanスタッフが紹介します

AXIS(アクシス)は1981年創刊、奇数月に発売されているデザイン誌です。デザインと一言で言っても、その種類は広告、建築、服飾、インテリア、グラフィック、マルチメディア等多岐に渡ります。この雑誌の場合は特定の分野に偏らず、様々な分野のデザインを取り上げています。そのため広告業、建築業、服飾業などデザインに関係する多くの方にとって参考になる雑誌となっています。

デザイン誌の場合、写真やデザイン画が中心になっているものも少なくありません。AXIS(アクシス)の場合、掲載されているのはきれいなデザインの写真や広告だけではありません。文章も多く掲載されています。少し字が細かく感じられる方もいるかもしれませんが、そこにはデザインの特徴や作り手の想いが細かく書かれています。デザインの核となる部分が取り上げられているため、デザイン関係に携わっている方は特にコンセプト作りの参考になります。

なお文章は日本語と英語、両方で記載されています。デザインに関する英語を学ぶこともできます。AXIS(アクシス)には素敵な写真や広告が数多く掲載されています。デザインに関係する方はもちろんですが、普段デザインに精通していない方も楽しむことができます。デザインについて知りたい方、デザインが好きな方に広くお勧めしたい雑誌です。

AXIS(アクシス)の所属カテゴリ一覧

AXIS(アクシス)の無料記事

この雑誌の読者はこちらの雑誌も買っています!

Fujisanとは?

日本最大級雑誌の定期購読サービスを提供

デジタル雑誌をご利用なら

最新号〜バックナンバーまで7000冊以上の雑誌
(電子書籍)が無料で読み放題!
タダ読みサービスを楽しもう!

総合案内
マイページ
マイライブラリ
アフィリエイト
採用情報
プレスリリース
お問い合わせ
©︎2002 FUJISAN MAGAZINE SERVICE CO., Ltd.