AXIS(アクシス)
※定期購読のイメージ画像
  • 雑誌:AXIS(アクシス)
  • 出版社:アクシス
  • 発行間隔:隔月刊
  • 発売日:奇数月1日
  • 参考価格:[紙版]1,800円 [デジタル版]1,080円
※定期購読のイメージ画像
  • 雑誌:AXIS(アクシス)
  • 出版社:アクシス
  • 発行間隔:隔月刊
  • 発売日:奇数月1日
  • 参考価格:[紙版]1,800円 [デジタル版]1,080円
  • 雑誌
  • デジタル版
  • 50%OFF

AXIS(アクシス)

[紙+デジタル]定期購読なら、購読期間中に限り実質無料でデジタル版が読み放題!
  • 雑誌
  • デジタル版
  • 50%OFF

AXIS(アクシス)

[紙+デジタル]定期購読なら、購読期間中に限り実質無料でデジタル版が読み放題!

おすすめの定期購読

定期購読のお申込み

初めてのご購入で500円割引
Fujisan.co.jpでご購入が初めての方は、500円割引(5000円以上のご注文にご利用可)となります。 ご注文確認画面のギフト券入力欄に自動的に表示されます。
レビュー投稿で500円割引
好きな雑誌のレビューを投稿すると、すぐにメールで500円割引ギフト券(5000円以上のご注文にご利用可)と、10%割引ギフト券(5000円以下の定期購読にご利用可)が届きます。
  • 月額払いの商品ではご利用いただけません。
  • どちらかひとつのギフト券が 今すぐご利用可能です♪
AXIS(アクシス)のレビューを投稿する

雑誌の形式を選ぶ

支払い方を選ぶ i

1,200円〜(税込)/冊
最大
33%
OFF

AXIS(アクシス) 雑誌の内容

  • 出版社:アクシス
  • 発行間隔:隔月刊
  • 発売日:奇数月1日
  • 参考価格:[紙版]1,800円 [デジタル版]1,080円
デザイン誌「AXIS」は、大胆な分析と美しいレイアウトで伝え続ける、グローバル・デザイン・ジャーナルです。
デザイン誌「AXIS」は1981年の創刊以来、「デザイン」をカタチとしてではなく、文化やコミュニケーション、ビジネスの一端を担うものとして考えています。プロダクトに限らず、建築、インテリア、ファッション、グラフィック、マルチメディアなど、あらゆる分野の情報を満載し大胆な分析と美しいレイアウトで伝え続けるデザイン誌です。和英両記で、海外の情報を日本へ、日本の情報を海外へと伝える、デザイン関係者およびプランナー必携のグローバル・デザイン・ジャーナルです。

AXIS(アクシス)の無料サンプル

Vol.207 (2020年09月01日発売)
Vol.207 (2020年09月01日発売)をまるごと1冊ご覧いただけます
サンプルを見る

AXIS(アクシス) Vol.213 (発売日2021年09月01日) の目次

特集: SINCE 1981

デザイン誌「AXIS」は1981年、「デザインの時代に新しい座標軸(アクシス)を」という想いのもとに創刊し、今年で40年を迎えました。創刊以来40年にわたり積み重ねてきた冊数は212冊になります。
213冊目となる本号では、社会提案や生活提案といった創刊当初の想いに立ち返り、この40年のデザインの歩みを振り返るとともに、本質的な価値をともなうデザインが、社会のどのような領域やシーンで今後いっそう求められていくのかを探ります。
AXISが捉えた40年にわたるデザインを、一歩引いた社会の側から見た視点なども織り交ぜながら、未来に向けた新たなデザインの座標軸として描いていきます。

表紙アートワーク:木村浩康(フロウプラトウ)、塚本裕文(フロウプラトウ)


016 AXIS 40th COVER: ザ・メイキング・オブ・ストーリー
AXIS 40th COVER: The making of stories

017
SINCE 1981
——デザインの求心力と遠心力
SINCE 1981
—Centripetal and Centrifugal Forces of Design

019
Chapter 1
デザインクロニクル 1981–2021
川田 学、佐藤 卓、デヴィッド・ケリー、深澤直人、ハルトムート・エスリンガー、
マライエ・フォーゲルサング、ダン&レイビー、浜野安宏ら歴代編集長
Design Chronicle 1981–2021
Manabu Kawada, Taku Satoh, David Kelley, Naoto Fukasawa, Hartmut Esslinger,
Marije Vogelzang, Dunne & Raby, Yasuhiro Hamano and other past Editors-in-Chief

022
40年間のデザインを振り返る(文/藤崎圭一郎)
Looking Back at 40 Years of Design
Text by Keiichiro Fujisaki


061
私とAXIS、私とデザイン
田根 剛、八木 保、田川欣哉、水戸岡鋭治、三宅一生、佐藤オオキ、堀切和久
With AXIS and Design
Tsuyoshi Tane, Tamotsu Yagi, KInya Tagawa, Eiji Mitooka, Issey Miyake, Oki sato, Kazuhiri Horikiri



065 Chapter 2
AXIS40年のグランドプラン
AXIS’ grand plan for its 40th anniversary


106 私とAXIS、私とデザイン ダン・ローズガールデ、ミケーレ・デ・ルッキ、長澤忠徳、ネリ&フー、坂 茂 With AXIS and Design Daan Roosegaarde, Michele De Lucchi, Tadanori Nagasawa, Neri & Hu, Shigeru Ban



111
Chapter 3
未来のデザイナーに求める視座
青木竜太、アトリエNL、阿部憲嗣、岩渕正樹、牛込陽介、牛場潤一、遠藤 謙、
加藤貞顕、齋藤帆奈、ジョン・マエダ、シリル・ザミット、ダヴィデ・ファッシ、
竹原あき子、太刀川英輔、長嶋りかこ、長門康之、林 眞理、ファーフ・デザインスタジオ、
マイコテック ラボ、前田育男、真崎 嶺、マチルダ・ボエルハウエル、三澤 遥、
水口怜斉、山入端佳那 、横井康秀 、横山いく子 、吉泉 聡
Perspectives required for designers of the future
Ryuta Aoki, Atelier NL, Kenji Abe, Masaki Iwabuchi, Yosuke Ushigome, Junichi Ushiba,
Ken Endo, Sadaaki Kato, Hanna Saito, John Maeda, Cyril Zammit, Davide Fassi, Akiko Takehara,
Eisuke Tachikawa, Rikako Nagashima, Yasuyuki Nagato, Makoto Hayashi, Furf Design Studio,
Mycotech Lab, Ikuo Maeda, Ray Masaki, Matilde Boelhouwer, Haruka Misawa, Ryosei Mizuguchi,
Kana Yamairibata, Yasuhide Yokoi, Ikko Yokoyama, Satoshi Yoshiizumi

112
デザイナーに求める時代性と社会性、その方向感
対談/土田貴宏(デザインジャーナリスト)×津久井五月(SF作家
Designers are required to grasp the characteristics of the times and society and a sense of where those are headed Takahiro Tsuchida (Design Journalist)×Itsuki Tsukui (Science Fiction Writer)

130
養老猛司インタビュー
諸行無常の世に生きること
AN INTERVIEW WITH TAKESHI YORO
What it means to live in a world of “the impermanence of all things”


148
必要なのは、未来に続く活動のコンセプト
対談/土田貴宏(デザインジャーナリスト)×津久井五月(SF作家)
We need concepts for activities that lead to the future
Takahiro Tsuchida (Design Journalist)×Itsuki Tsukui (Science Fiction Writer)
表紙
目次
特集:AXIS 40th COVER: ザ・メイキング・オブ・ストーリー
特集:SINCE 1981 デザインの求心力と遠心力
特集:デザインクロニクル 1981–2021
特集:40年間のデザインを振り返る(文/藤崎圭一郎)
特集:私とAXIS、私とデザイン 田根 剛、八木 保、田川欣哉、水戸岡鋭治、三宅一生、佐藤オオキ、堀切和久
特集:AXIS40年のグランドプラン
特集:私とAXIS、私とデザイン ダーン・ローズガールデ、ミケーレ・デ・ルッキ、長澤忠徳、ネリ&フー、坂 茂
特集:未来のデザイナーに求める視座
特集:デザイナーに求める時代性と社会性、その方向感
特集:養老猛司インタビュー
特集:必要なのは、未来に続く活動のコンセプト
定期購読、電子版、バックナンバーのご案内
広告目次、編集後記、次号予告

AXIS(アクシス) Vol.201(2019-08-30発売) の特集を少しご紹介

ホテル、その新しい潮流
P.12~P.67
スマートフォンひとつあれば、ハバナのメインストリートの喧騒の音も、パリの流行りのお土産品も、手に入ります。しかし、今、人は、そこにしかないものを見、身を置き、時間を過ごすということに魅了されはじめているようです。旅をする人が増え続けているだけでなく、ホテルもまた、時を過ごす装置として、多彩な顔を見せはじめています。そこで、この特集では、エクストリーム(この環境でしか得られない非日常を体験する場)/ヘリテージ(その地域の歴史や文化を感得する場)/エクスペリエンス(多彩な体験を楽しむ場)という3つのキーワードを設定し、新しいホテルの潮流を探りました。泊まるという体験が新しい感動や発見を呼ぶ、そんなホテルの可能性を考えます。ホテルは今どんな状況にあるのか? 2020年春には、京都の中心部にアジアで初めての開業を予定しているエースホテル。
ダイソン・インスティテュート・オブ・エンジニアリング・アンド・テクノロジー 未来のエンジニアの学び舎
P.82~P.87
掃除機からドライヤー、電気自動車までを手がけるダイソンが2017年から新たに始めたのは「学校」だった。英マルムズベリーの研究デザイン開発拠点に併設された「ダイソン・インスティテュート・オブ・エンジニアリング・アンド・テクノロジー」で、次代のエンジニアたちは何を学ぶのか? 掃除機から学校まで イギリス南西部ののどかな田舎町マルムズベリーに位置するダイソンのテクノロジーキャンパスには、最近「ポッド」と呼ばれる建物が完成した。コンクリート状のキューブが積み重なってできたもので、それぞれの部屋にはベッドやバスルーム、そしてもちろん空気清浄ファンやデスクライトといったダンソン製品の数々も備わったひとり用の宿泊設備だ。キューブひとつひとつが「独立精神」を表しているという理由で、ジェームズ・ダイソン本人のリクエストによりデザインされたという。 この建物は、社員寮でもなければゲスト用の宿泊施設でもない。
多様性の容認からインクルーシビティへ ジョン・マエダとグーグルによる「デザイン・イン・テック」
P.88~P.93
サンテティエンヌは、フランス中南部にあるユネスコ認定のデザイン都市。ここで開かれた国際デザインビエンナーレの11回目のタイトルは、「ME YOU NOUS( 私たち)」だった。多様性が求められる現代において共通の土台を見出そうという意図だ。ここにジョン・マエダがグーグル「マテリアルデザイン」の開発チームとともに参加した。 展示テーマはウェブデザイン 「現在、デザインの関心事はモノよりもシステムのほうに移行しています」。こう語るのは、今年のサンテティエンヌ国際デザインビエンナーレのメインキュレーターを務めたアメリカ人のリサ・ホワイト。彼女は、世界有数のトレンド予測のシンクタンクWGSNの社長だ。 彼女の言葉の通り、家具やオブジェから離れ、未来予測や国際政治にまで踏み込みながらデザインの力を示した展示が多かった。そのなかで最も異彩を放っていたのがジョン・マエダによる「デザイン・イン・テック」だ。

AXIS(アクシス) Vol.200(2019-07-01発売) の特集を少しご紹介

Japan & Design
How does the world see Japanese design today?
P.5~P.33
デザイナーをめぐる「変わらないもの」 1981年の創設当初より、海外のデザイン情報を日本に、日本のデザイン情報を海外に伝えるメディアとして活動を続けてきた「AXIS」が、今改めてデザインとナショナリティをテーマに掲げるということ。その背景にはやはり、インターネットをはじめとする情報環境の進化があります。  インターネットという情報網の拡大と高速化、パーソナルデバイスや自動翻訳ソフトの精度向上、人工言語(機械言語)によって成されるデザイン領域の拡大など、個人のデザイナーが世界とつながるための道具や環境は変貌と発展を続けています。かつては高く立ちはだかっていた「国境と自然言語」というハードルを飛び越えずとも、デザイナーは自身が世界とつながる手段を、「AXIS」創刊時と比べて格段に多く持っているはずです。
【寄稿】ディヤン・スジック「AXIS」創刊時からの、日本のデザイン
P.12~P.13
黄金時代の後に  1981年、「AXIS」創刊の年。東京は、世界のどこよりも未来を予想しに人々がやって来る都市だった。世界で最もダイナミックな経済の首都。革新的なテクノロジーを使い、浮かれ気味なクリエイティブカルチャーをサポートする場所。言ってみれば、日本はちょうど今日の中国だったのだ。81年、それは長い好景気の始まりだった。 当時、日本は、アメリカやヨーロッパといった競合相手を侵食するように、世界中 へクルマを輸出していた。製品には信頼性だけでなく、カリスマ性や遊び心も求めら れた。例えば、91年に発売された大人向けの玩具としてデザインされた最初のクルマ、日産「フィガロ」がそれだ。日本の家電メーカーは、世界中の消費者が何を買いたいのかを予想でき、お金儲けをしている最中だった。
【寄稿】ステファン・ジャ・ワン 「かたち」― 日本のデザインにおける哲学的継承
P.24~P.25
美と機能性の融合 日本のデザインには長い歴史と独特の文化的背景がある。とりわけ戦後はデザインを通してモダンとポストモダンの両面で世界を牽引することに成功している。ここでは、20世紀初めからの社会の変化に触れながら、日本のデザインの哲学について再考したい。 各国には独自の明確なデザイン文化というものがあるものだが、そこにはふたつの面がある。見た目と哲学的な側面だ。外観という面で言えば形、色、材料、動き、また広い意味では品質など、より直接的に知覚できるものが含まれる。日本のデザインの素晴らしい点のひとつは、これらの見た目の要素が目的や意味によるものだということだ。それを「かたち」という。「かたち」とは、「美と機能性の融合」を表す伝統的な概念であり、完璧な例が、「バタフライスツール」である。このデザインが、日本の伝統と欧米の近代デザインの概念、日本の美学と成形合板を結びつけた。

+   AXIS(アクシス)の目次配信サービス

+   AXIS(アクシス)のメルマガサービス

AXIS(アクシス)のレビュー
総合評価: ★★★★☆ 4.45
全てのレビュー:31件

レビュー投稿で500円割引!
こどもに
★★★★★2021年05月28日 じぶたじぶえもん 社長
ぼんやり美術系に進みたいと言い出した息子に、具体的なイメージを持ってもらうために、カッコ良くて、いろんなジャンルを扱っていて、デザインが産業やビジネスと津永ている記事が豊富なので定期購読いたしました。今後も幅広いテーマを期待しています。
洗礼されています
★★★★★2020年09月07日 やまだ 会社員
時々読むと新しい発見が多く、読んでよかったと思えます。
折に触れ購入するようにしています
★★★★★2020年07月29日 koba_iku 役員
かれこれ15年くらい購入し続けています。毎号必ず買うと言うよりは、行き詰まったときや変化を求めるときに立ち位置を確認するように購入して読んでいます。気に入っている物はバックナンバーも保存しています。
日英両表記がおすすめ!
★★★★★2020年07月23日 Haru 大学生
デザインに興味があり、購読しています。日英両表記であることから、英語学習にも最適です。海外の事例についてもリアルな言葉を通して読むことができます。これからも購読を続けたいと思います。
デザイナーフィロソフィーを磨く
★★★★☆2020年07月19日 りんりん 会社員
会社で定期的に購読してます。最近だとウィズ・コロナのデザイナーのあり方など、タイムリーな部分に感心しました。今後の意識や動きを考えるための参考になりました。
紙面が美しい
★★★★★2020年06月05日 Misae 専門職
紙面のデザインが美しく、内容も充実している。 海外の情報も豊富で、刺激を受ける。
安い!
★★★★★2020年05月08日 シャ 学生
500円ギフト券(合計5000円以上のご注文)と、10%割引ギフト券(5000円以下の定期購読)をメールでお送りいたします。
デザインについて発見があります
★★★★☆2020年02月10日 なお 会社員
まだ一冊しか読んでいませんが、オリンピックに関するデザインの話などタイムリーな情報が多くあるように思います。記事を読んでいて参考にしたい事や、発見があり、デザインの知見がちょっと広がりました。
非常に良質な雑誌
★★★★★2019年04月20日 hu 会社員
デザインを語るうえで欠かせない雑誌。これからもスタンスを貫いてほしい。
デザインのトレンドを知ることができる
★★★★☆2019年04月18日 たかたか 会社員
AXISは、今のデザイントレンドを知ることができるだけでなく、バックナンバーを見返せば、過去のデザイントレンドも再認識できるので、役立っています。また、和文と英文が併記された記事の為、李語が苦手な私としては多少なり英語学習の足しになるかなと思っています。
レビューをさらに表示

AXIS(アクシス)をFujisan.co.jpスタッフが紹介します

AXIS(アクシス)は1981年創刊、奇数月に発売されているデザイン誌です。デザインと一言で言っても、その種類は広告、建築、服飾、インテリア、グラフィック、マルチメディア等多岐に渡ります。この雑誌の場合は特定の分野に偏らず、様々な分野のデザインを取り上げています。そのため広告業、建築業、服飾業などデザインに関係する多くの方にとって参考になる雑誌となっています。

デザイン誌の場合、写真やデザイン画が中心になっているものも少なくありません。AXIS(アクシス)の場合、掲載されているのはきれいなデザインの写真や広告だけではありません。文章も多く掲載されています。少し字が細かく感じられる方もいるかもしれませんが、そこにはデザインの特徴や作り手の想いが細かく書かれています。デザインの核となる部分が取り上げられているため、デザイン関係に携わっている方は特にコンセプト作りの参考になります。

なお文章は日本語と英語、両方で記載されています。デザインに関する英語を学ぶこともできます。AXIS(アクシス)には素敵な写真や広告が数多く掲載されています。デザインに関係する方はもちろんですが、普段デザインに精通していない方も楽しむことができます。デザインについて知りたい方、デザインが好きな方に広くお勧めしたい雑誌です。

AXIS(アクシス)のバックナンバー

特集: SINCE 1981

デザイン誌「AXIS」は1981年、「デザインの時代に新しい座標軸(アクシス)を」という想いのもとに創刊し、今年で40年を迎えました。創刊以来40年にわたり積み重ねてきた冊数は212冊になります。
213冊目となる本号では、社会提案や生活提案といった創刊当初の想いに立ち返り、この40年のデザインの歩みを振り返るとともに、本質的な価値をともなうデザインが、社会のどのような領域やシーンで今後いっそう求められていくのかを探ります。
AXISが捉えた40年にわたるデザインを、一歩引いた社会の側から見た視点なども織り交ぜながら、未来に向けた新たなデザインの座標軸として描いていきます。

表紙アートワーク:木村浩康(フロウプラトウ)、塚本裕文(フロウプラトウ)


016 AXIS 40th COVER: ザ・メイキング・オブ・ストーリー
AXIS 40th COVER: The making of stories

017
SINCE 1981
——デザインの求心力と遠心力
SINCE 1981
—Centripetal and Centrifugal Forces of Design

019
Chapter 1
デザインクロニクル 1981–2021
川田 学、佐藤 卓、デヴィッド・ケリー、深澤直人、ハルトムート・エスリンガー、
マライエ・フォーゲルサング、ダン&レイビー、浜野安宏ら歴代編集長
Design Chronicle 1981–2021
Manabu Kawada, Taku Satoh, David Kelley, Naoto Fukasawa, Hartmut Esslinger,
Marije Vogelzang, Dunne & Raby, Yasuhiro Hamano and other past Editors-in-Chief

022
40年間のデザインを振り返る(文/藤崎圭一郎)
Looking Back at 40 Years of Design
Text by Keiichiro Fujisaki


061
私とAXIS、私とデザイン
田根 剛、八木 保、田川欣哉、水戸岡鋭治、三宅一生、佐藤オオキ、堀切和久
With AXIS and Design
Tsuyoshi Tane, Tamotsu Yagi, KInya Tagawa, Eiji Mitooka, Issey Miyake, Oki sato, Kazuhiri Horikiri



065 Chapter 2
AXIS40年のグランドプラン
AXIS’ grand plan for its 40th anniversary


106 私とAXIS、私とデザイン ダン・ローズガールデ、ミケーレ・デ・ルッキ、長澤忠徳、ネリ&フー、坂 茂 With AXIS and Design Daan Roosegaarde, Michele De Lucchi, Tadanori Nagasawa, Neri & Hu, Shigeru Ban



111
Chapter 3
未来のデザイナーに求める視座
青木竜太、アトリエNL、阿部憲嗣、岩渕正樹、牛込陽介、牛場潤一、遠藤 謙、
加藤貞顕、齋藤帆奈、ジョン・マエダ、シリル・ザミット、ダヴィデ・ファッシ、
竹原あき子、太刀川英輔、長嶋りかこ、長門康之、林 眞理、ファーフ・デザインスタジオ、
マイコテック ラボ、前田育男、真崎 嶺、マチルダ・ボエルハウエル、三澤 遥、
水口怜斉、山入端佳那 、横井康秀 、横山いく子 、吉泉 聡
Perspectives required for designers of the future
Ryuta Aoki, Atelier NL, Kenji Abe, Masaki Iwabuchi, Yosuke Ushigome, Junichi Ushiba,
Ken Endo, Sadaaki Kato, Hanna Saito, John Maeda, Cyril Zammit, Davide Fassi, Akiko Takehara,
Eisuke Tachikawa, Rikako Nagashima, Yasuyuki Nagato, Makoto Hayashi, Furf Design Studio,
Mycotech Lab, Ikuo Maeda, Ray Masaki, Matilde Boelhouwer, Haruka Misawa, Ryosei Mizuguchi,
Kana Yamairibata, Yasuhide Yokoi, Ikko Yokoyama, Satoshi Yoshiizumi

112
デザイナーに求める時代性と社会性、その方向感
対談/土田貴宏(デザインジャーナリスト)×津久井五月(SF作家
Designers are required to grasp the characteristics of the times and society and a sense of where those are headed Takahiro Tsuchida (Design Journalist)×Itsuki Tsukui (Science Fiction Writer)

130
養老猛司インタビュー
諸行無常の世に生きること
AN INTERVIEW WITH TAKESHI YORO
What it means to live in a world of “the impermanence of all things”


148
必要なのは、未来に続く活動のコンセプト
対談/土田貴宏(デザインジャーナリスト)×津久井五月(SF作家)
We need concepts for activities that lead to the future
Takahiro Tsuchida (Design Journalist)×Itsuki Tsukui (Science Fiction Writer)
表紙
連載:Close-Up「GOOD OFFICE 新橋(堀ビル)」
目次
特集:uni:forms
特集1:巻頭対談 社会を映すユニフォームのこれまでとこれから
特集2:衣服を通して、普ユニバーサル遍的な価値を示す CFCL(高橋悠介)
特集3:多様性という「思想」が次の100年を生むTANAKA(タナカサヨリ)
特集4:動きを妨げない、身体と一ユニファイ体化するウェア ポスタルコ(マイク・エーブルソン、エーブルソン友理)
特集5:古来の技術を未来へつなぎ、上質な原ユニット型を紡いでいくÉchapper(久﨑康晴)
特集6:森永邦彦(アンリアレイジ)、西崎 暢(ウジョー)が語る今日的ユニフォームのデザイン
特集7:“作業用ユニフォーム” で巻き起こすふたつの循環
特集8:アートがユニフォームを開放する パグメント
特集9:宇宙空間での衣服は地上の装いを変えるか?
連載:LEADERS 斎藤幸平(哲学者、経済思想家、マルキスト)s
連載:Sci Tech File 見慣れた世界が一変する地衣類、観察のすすめ
INSIGHT:建築家、アンヌ・ホルトロップの揺らぐフォルム
INSIGHT:飛驒産業と彫刻家が挑む、現代の“アーツ・アンド・クラフツ”
INSIGHT:これまでの10年、これからの10年 企業の変革を担うデザインファームIDEO Tokyo
INSIGHT:コロナ禍のヴェネチア・ビエンナーレ国際建築展に探る、未来へのヒント
INSIGHT:城谷耕生は何をデザインしたのか 長崎県小浜町に息づく営みのデザインを探る
連載:クリエイターズナビ ウィリアム・チァー、ミヒャエル・ジーガー、水戸岡鋭治、we+、秋田祥秀
連載:田川欣哉のBTCトークジャム ゲスト:岡島礼奈(ALE 代表取締役社長/ CEO)
連載:& DESIGN フード(君島佐和子)、アート(太田睦子)、インテリア(土田貴宏)、ファッション(大根田 杏)、ビジネス(長谷川敦士)
定期購読、電子版、バックナンバーのご案内
広告目次、編集後記、次号予告
人々の行動や接点が常時オンライン接続する環境が整うなか、AR(拡張現実)やMR(複合現実)など仮想世界と現実を融合したXRテクノロジーの台頭しています。本特集では、エンターテインメントはもちろん、教育、ヘルスケア、ビジネス、ライフスタイルなどさまざまなシーンに広がりはじめたXRテクノロジーを駆使した新感覚の体験デザインとそのリアリティについて考えます。

特集一覧

XRが描く現在、そして未来
サウス・バイ・サウスウエスト(SXSW)2021

知覚の扉を開け放つ共感覚体験装置「シナスタジアX1 – 2.44 〈Hazo〉」
水口哲也(エンハンス)、evala(See By Your Ears)、清水啓太郎(フロウプラトウ)

常識や感覚を揺り動かすMRダンス、ライゾマティクス「border」
真鍋大度、石橋 素

新しい扉を開けるデジタル空間
ディエゴ・プリルスキー(元インテル・スタジオ)

カルチャーと人をつないで教育的役割を担う、グーグル・アーツ&カルチャー
ローラン・ガヴォー(グーグル・アーツ&カルチャー・ラボ)

医療におけるVR/ARの可能性
ウォルター・グリーンリーフ(スタンフォード大学バーチャルヒューマン・インタラクションラボ)

ソニーが切り開く、“超臨場”の音場体験 ─「360 Reality Audio」
知念 徹、岡崎真治

「触覚」によってつながるバーチャルとフィジカル
英国ベンチャー企業、ウルトラリープの「ストラトス」

イスラエルのスタートアップ、ケムタイによるAIパーソナルフィットネスの未来

探究心を刺激して時空を超える、プライマル・ツーリズム
ヤコブ・クスク・ステンセン(アーティスト)

本物の価値をさらに高めるXR体験、8K文化財プロジェクト
松嶋雅人(東京国立博物館)、国見太郎・髙木市教・鈴木 聡(NHK)

対談 XRは人間拡張の夢を見るか
藤井直敬(脳科学者) × 清水幹太(テクニカルディレクター)

第2特集
事業承継にデザインはどう関わる
各地で中小企業の跡継ぎ問題が湧きあがる現在。経済合理性だけではない、例えばデザインの視点から、企業や事業の魅力にさらなる磨きをかけて、次の時代に継承できないだろうか─。デザイナーにとって身近とは言い難い、事業承継の現状と可能性に、デザインジャーナリストの廣川淳哉と迫った。

日本の中小企業の事業承継をめぐる数字
中小企業庁

事業承継の可能性を高めるM&Aプラットフォームとは
ビズリーチ・サクシード

経営とデザインと「事業承継」の幸せな関係
中川政七

デザインファームKESIKIが実践する「愛される事業承継」
愛される無垢の木の家具・ウッドユウライクカンパニー

INSIGHT
ダーン・ローズガールデのパワー・オブ・ライト

INSIGHT
現場をひらいて建築に居場所をつくり出すTEAMクラプトンの手法

LEADERS
佐藤祐輔(新政酒造代表取締役)

田川欣哉のBTCトークジャム
ゲスト:寺田親弘(Sansan代表取締役社長/CEO、神山まるごと高等専門学校理事長)


他にもさまざまなクリエイターたちの活動を紹介

Close-Up
Crowd Cloud(スズキユウリ×細井美裕)

Sci Tech File
地球科学の未来の博物館
芝原暁彦(地球科学可視化技術研究所)

クリエイターズナビ
齊藤太一、高山まさき、アーロン・ニエ、リッケ・フロスト、梅田哲也

& DESIGN
アート(太田睦子)、ファッション(大根田 杏)、ビジネス(長谷川敦士)、インテリア(土田貴宏)、フード(君島佐和子)
 食文化や伝統工芸といった地域のシンボルを再生の切り札とする動きが一巡した今、これからの地域とデザインの関わりを考えるうえで何がキーワードになるのか。今号の特集ではそのヒントを探ります。
 地方移住などの機運が増し、新たな人脈やネットワークが形成されたことで都会では生み出せない価値の創出を目指す動きや、自らの暮らしを充実させたいという個人の営みが共感を呼び、多くの人を巻き込む共創につながっていく事例など……。地域の多様性に呼応するように、そのデザインアプローチや取り組みも実にさまざまです。資源も人脈も課題も豊富な環境下で、人と地域がデザインを通してどんな濃密な関係を築いていくのか。人、地域、デザインという3つの要素の関係性に注目し、地域とデザインのこれからを考えます。
_

巻頭寄稿
藤崎圭一郎(東京藝術大学デザイン科教授)

地域との距離を縮めるデザイナーの活動
熊野 亘×岡本 健×大月 均×前村達也(長野県御代田町)、そこをなんとか(福島県いわき市)、アカオニ(山形県山形市)

超地域密着型建築家
渡辺 隆(静岡県磐田市)、関根健一(埼玉県富士見市)、岡 昇平(香川県高松市)

地域密着便り
6組のクリエイターたちの声

土産品に見る超地域密着デザイン

新しい「地域らしさ」をつくる活動
西村佳哲(徳島県神山町)、瀬下翔太(島根県津和野町)、牧 大介(岡山県西粟倉村)

特集対談
新山直広(TSUGI)×ジョラン・フェレリ(奈良県十津川村役場) ほか
_

INSIGHT
What Design Can Doが新たに挑む「No Waste Challenge」

インハウスデザイン組織の行方
臼井重雄(パナソニック デザインセンター所長)×宇田哲也(富士通デザインセンター長) ほか
_

連載
LEADERS 柚木沙弥郎(染色家)
Sci Tech File 土から環境や食料の問題に挑む(森林総合研究所、藤井一至)
田川欣哉BTCトークジャム 田中絢子(COHINAディレクター)
クリエターズナビ サミュエル・ウィルキンソン、岡田 舜、八木義博、山本篤子、パピエ・ティグル
&DESIGN 君島佐和子(フード) 、大根田 杏(ファッション)、土田貴宏(インテリア)、太田睦子(アート)、長谷川敦士(ビジネス)
AXIS vol.209
特集: 起業×デザイン

従来デザインが重要視されていなかった領域や、すでに確立された業界に新風を巻き起こすような起業、社会課題に取り組むスタートアップが増えています。本特集では、事業の核にデザインを据えて主に2010年以降に起業したり、ブランドを立ち上げた、国内外のアントレプレナーの姿やインキュベーターなどの動向を追いました。

_

カーデザイナーが立ち上げた近距離モビリティ「WHILL」
杉江 理

上海発の家具ブランド「ステラワークス」
堀 雄一朗

海洋資源を守るセーフティネットテクノロジーズ
アラン・ダッサン&ダン・ワトソン

「空飛ぶクルマ」で未来の移動をデザインするスカイドライブ
福澤知浩&山本卓身

街の銭湯をクリエイターの力で活性化する「ニコニコ温泉」
真神友太郎

ナイジェリア発、デザインでみせるアフリカの物語「イリン・ジャーナル」
アヨミデ・アボロワ

フェムテックによってタブーに挑むフェルマータ
杉本亜美奈&中村寛子

「D&Department」の起業家がみるこれから
ナガオカケンメイ

今、起業を加速させる理由
恒田有希子(フォースタートアップス)

元インハウスデザイナーの起業ストーリー
小西哲哉(exiii design)

日本のベンチャーキャピタルに聞く「デザイナーは起業すべきか」
D4V、アーキタイプベンチャーズ、リアルテックファンド

世界が注目するデンマーク「インデックスプロジェクト」発のスタートアップ

米国パーソンズ・スクール・オブ・デザインから誕生する社会起業家たち

英国ロイヤル・カレッジ・オブ・アートの起業支援機関「イノベーションRCA」

_

第2特集: 現代のデザインは、なぜ美しくなくなったのか
山口 周、田井 悟、緒方慎一郎ほか

_

INSIGHT
手引きのない時代に必要なのは、「なぜ(Why)」を問うこと
米コンサルティング会社SYパートナーズ

可視化されていく「見えないもの」と未来
京セラの「コックピットの透明化」、豊田啓介の「グルーオン」

_

連載
Close-Up「霧の街のクロノトープ」(中谷芙二子×高谷史郎)
LEADERS 金井一人、金井志人(染色家)
田川欣哉BTCトークジャム 村井 満(Jリーグチェアマン)
クリエターズナビ 堂園翔矢、アンドレ・アマドール、森澤有人、神谷修平、菅野 猛
&DESIGN 太田睦子、長谷川敦士、大根田 杏、君島佐和子、土田貴宏
AXIS vol.208
特集:腕にまく未来。
腕時計から見えてくるこれからのデザイン、ビジネス、テクノロジー
_

時間と無関係でいられない私たちにとって、腕時計は今もこれからも、時に身体の一部として、時に感性を刺激するデザインプロダクトとして存続し続けます。今号では、デザインや社会課題と向き合うビジネスモデル、デジタル技術を駆使した新たな体験の創造など、腕時計から見える「未来」について考えます。

時計グラビア Wristwatch Overview
パティックフィリップ、ジャガー・ルクルト
ヴァンクリーフ&アーペル、アップル
ユンハウス、ノモス
写真:林 雅之

並木浩一が語る時計デザインの潮流
アール・デコ、バウハウス、ミニマリズム、DX

日本の時計メーカーのデザイントップに聞く
セイコーウオッチ、シチズン時計、カシオ計算機

独立時計師によるハイエンドの腕時計
牧原大造、浅岡 肇

秋田県発の国産腕時計、ミナセ

腕時計ビジネスにおける新セグメントの創造
東京・吉祥寺から生まれたリストウェアブランド「ノット」

私と時計
ひがしちか(日傘作家)、中山英之(建築家)
川崎力宏(ギャラリスト)、鶴岡真弓(芸術文明史家)

ISSEY MIYAKE WATCH の20年
デザインを支えるセイコーウオッチの開発力

新生海外ブランド 世界各地で生まれている新しい流れ
スターングラス、クレシャ、ノマド

社会課題に挑む新興腕時計メーカー
ノードグリーン、トリワ、ヴォレバック

座談会 デザインにもっとロマンを
和田 智(カーデザイナー)、井上英樹(シチズン時計チーフデザインマネージャー)、鈴木 元(プロダクトデザイナー)

「テクノロジーが新たなラグジュアリー」な時代の、その先へ
ヴェルト、ソニー、東京フラッシュ


INSIGHT
丸山 新が構想するグローバルデザインプラットフォーム「Form」

大理石のファンタジー ヴァレクストラ、マーヴルズ・プロジェクト

富山で高まるデザインへの期待「とやまD’DAYS」


連載
Close-Up 国立工芸館
LEADERS 土井善晴(料理研究家)
Sci Tech File 原野健一(玉川大学ミツバチ科学研究センター)
田川欣哉BTCトークジャム 土屋尚史(グッドパッチ代表取締役社長/CEO)
クリエターズナビ ナダ・デビス、黒田勝雄、江崎 聡、唐津絵理、井上 成
&DESIGN 太田睦子、長谷川敦士、大根田 杏、君島佐和子、土田貴宏

趣味・芸術 雑誌の売上ランキング

1 GetNavi(ゲットナビ)

ワン・パブリッシング

最大
50%
OFF
送料
無料

GetNavi(ゲットナビ)

2021年09月24日発売

目次: 【特別付録】コールマン ミニショルダーバッグ
人気アウトドアブランド「コールマン」とのコラボによる、コンパクトなショルダーバッグが付録に!
★POINT★
・使い勝手の良いサイズ感で、ちょっとしたお出かけにピッタリ
・黒のレザー調タグにエンボスで入ったさりげないロゴがクール
・裏地は水を通しにくい素材を採用し、ガジェット類を入れても安心
ひと足お先にこのバッグを使ってくれた人気モデル・橋下美好さんのインタビューも必見です!

【総力特集】人気ショップの超買い物ガイド
皆が大好きな人気7ショップを徹底解剖。いま買うべきアイテムをピックアップするとともに、各ショップのトピックや、おトクに買い物ができるTipsも紹介します。今シーズン最強のショッピングとしてご活用あれ!
★掲載ショップ★
無印良品
ニトリ
DAISO
3COINS
ユニクロ
カルディコーヒーファーム
業務スーパー

※内容は変更になる場合がございます

参考価格: 630円 定期購読(【月額払い】プラン)なら1冊:495円

デジタル機器・車・ファッション・ホビー…若い男性が興味を持つ新アイテムの魅力・購入メリットを解説!

  • 2021/08/24
    発売号

  • 2021/07/21
    発売号

  • 2021/06/24
    発売号

  • 2021/05/24
    発売号

  • 2021/04/23
    発売号

  • 2021/03/24
    発売号

2 将棋世界

マイナビ出版

最大
50%
OFF
送料
無料

将棋世界

2021年10月01日発売

目次: ●タイトル戦
・第6期叡王戦七番勝負第5局 豊島将之叡王VS藤井聡太二冠
「藤井聡太三冠誕生」 記/小暮克洋
・お~いお茶杯第62期王位戦七番勝負第5局 藤井聡太王位VS豊島将之竜王
「死角になった端桂」 記/大川慎太郎
・第69期王座戦五番勝負第1局 永瀬拓矢王座VS木村一基九段
「見過ごされた失着」 記/渡部壮大
・第1期ヒューリック杯白玲戦七番勝負 西山朋佳女流三冠VS渡部愛女流三段
「女流初の七番勝負開幕」 記/荒井勝

●特別企画
・緊急分析
「藤井聡太三冠の誕生でどう動く? 将棋界」 記/鈴木宏彦
・第34期竜王戦七番勝負展望対談 深浦康市九段×糸谷哲郎八段
「七番勝負の鍵は豊島の戦型選択」 記/相崎修司
・師弟Vol.9「宮田利男一門」【後編】宮田利男八段×本田奎五段・斎藤明日斗四段・伊藤匠四段
「羽ばたけ!金の卵たち」 記/野澤亘伸

●講座等
・徹底解析 藤井聡太 コンピュータソフト「やねうら王」と行く藤井将棋観戦ツアー
 【第11回】第71期ALSOK杯王将戦二次予選 VS稲葉陽八段 ガイド/谷合廣紀四段
・【第2回】石川優太の三間飛車を指してみよう 先手三間vs 持久戦② 講師/石川優太四段
・詰将棋を作っちゃおう 講師/上田初美女流四段

●戦術特集
自陣角&自陣飛車のテクニック 総合監修/古賀悠聖四段
Chapter1 講座「効果的な自陣角&自陣飛車の考え方」
Chapter2 次の一手「局面の急所を解いて覚えよう」
Chapter3 プロの自陣角&自陣飛車「プロの妙技を堪能しよう」

●エッセイ/インタビュー
・リレーエッセイvol.11 記/深浦康市九段
・クローズアップ 戸辺誠七段

●その他
・AI将棋入門―人工知能はいかに人間を超えたか― 第8回「羽生善治九段の研究」 記/松原仁
・昭和名棋士次の一手 第11回「山本武雄九段」 記/田丸昇九段

●付録
・詰め手筋サプリⅣ 児玉孝一八段

定期購読(【月額払い】プラン)なら1冊:410円

幅広い内容で迫るビジュアルな将棋総合雑誌。※デジタル版についてのご注意: 付録はつきません。棋力認定問題には応募できません。懸賞への応募ができない場合があります。

  • 2021/09/03
    発売号

  • 2021/08/03
    発売号

  • 2021/07/02
    発売号

  • 2021/06/03
    発売号

  • 2021/05/01
    発売号

  • 2021/04/02
    発売号

BE-PAL(ビーパル)

2021年10月07日発売

目次: 特別付録 CHUMS ファイア・ブラスター&バーベキュー・フォーク/大特集 「秋冬キャンプ飯」全37レシピ/小特集 街からフィールドまで”使える”一着を探せ!

アウトドアといえばBE-PAL(ビーパル)!

  • 2021/09/09
    発売号

  • 2021/08/05
    発売号

  • 2021/07/08
    発売号

  • 2021/06/09
    発売号

  • 2021/05/07
    発売号

  • 2021/04/08
    発売号

4 美術手帖

美術出版社

最大
50%
OFF
送料
無料

美術手帖

2021年09月07日発売

目次: 近年、アートマーケットの活性化が著しい。
だがしばしば高額な落札額に「なぜこれにそんな値段が?」
「この作品にはどんな価値があるの?」と困惑することがある。
その原因は、アートの価値がどんなシステムのなかでつくられるのか、
価格と価値がどんな関係性にあるのかが不透明だからではないだろうか。
そこで本特集では、キュレーター、ギャラリスト、批評家といったプレイヤーたちが、
どのように価値づくりを支えているのか、その仕組みを解明する。
さらにそうしたシステムを構成する美術館や画廊、マーケットといった現場で、
いまどんな課題が迫っているのかを明らかにし、
これからのアートの価値とは何かを考える、道筋を照らし出したい。


SPECIAL FEATURE
アートの価値の解剖学

「アートの価値」を象徴する作品とは? Part1

PART1

アートの価値の意味を知るための基礎分析
森功次=文

アートの価値を支えるシステムに
いま何が起きているのか?
荒木夏実×藪前知子×竹村京×福住廉×菊竹寛

美術館の役割とコレクションの価値基準とは?
副田一穂=解説

陽炎の美術批評
福住廉=文

パンデミック下での美術館と地域社会の関係とは?
岩崎仁美インタビュー

日本のギャラリーはどう現代美術の価値を根付かせたか?
東京画廊/SCAI THE BATHHOUSE/Take Ninagawa

美術作品の教材化の功罪
森功次=文


PART2

美術作品の価格はどう決まるのか?
陳海茵=文

ヴェロニク・シャンニョン-バークに聞く
近現代のアート界におけるエコシステムの変遷

豊かな美術館コレクションはどうつくられるか?
藤高晃右インタビュー

ジェリー・ゴゴシアンに聞く
Instagramから見るアートワールドの表と裏

文化政策はアートシーンを活性化できるか?
作田知樹/林保太/綿江彰禅

「アートの価値」を象徴する作品とは? Part2


PART3

アート業界の労働環境をフェアにするために
青木彬×川久保ジョイ×吉澤弥生

多様な価値軸で生きる作家の「美術」の担い方
久保寛子+水野俊紀/名もなき実昌/MES/
塩見允枝子/qp/梶井照陰/ガタロ/結城唯善


ARTIST PICK UP
荒木悠
中川千恵子=聞き手

WORLD NEWS
New York /London /Berlin /Insight

ARTIST INTERVIEW
加藤翼
橋本梓=聞き手


特別寄稿
芸術試(私)論 山本浩貴=文

REVIEWS
「エキシビジョン・カッティングス」
椹木野衣=文
ラファエル・ローゼンダール+玉山拓郎
清水穣=文

Go Artists Go! Vol.71 坂内友美

注目の美術館&展覧会
大阪中之島美術館/東京都美術館/長野県立美術館/佐賀県立美術館

和紙から始まるニューバランスのアップサイクル・プロジェクト
カルティエ現代美術財団 横尾忠則:The Artists」展
呉竹×Inktober 2021

青柳龍太「我、発見せり。」(21)
平山昌尚「つづく」48話
プレイバック!美術手帖

BOOK
月刊美術史
常備店リスト
バックナンバー案内
次号予告

参考価格: 1,760円 定期購読(【月額払い】プラン)なら1冊:880円

美術の専門雑誌という枠組みにとらわれず、さまざまなジャンルを横断する斬新な内容に定評。

  • 2021/07/07
    発売号

  • 2021/05/07
    発売号

  • 2021/03/05
    発売号

  • 2021/01/07
    発売号

  • 2020/11/07
    発売号

  • 2020/09/07
    発売号

最大
50%
OFF
送料
無料

月刊ホビージャパン(Hobby Japan)

2021年09月25日発売

目次: 【特別付録】
「1/144 メイレスケンブ」プラキット

ここでしか手に入らない本誌特製キット!!
 10月スタートアニメ『境界戦機』より主役メカ「ケンブ」を1/144スケールでプラキット化。
通常アイテムに先行して入手できます!

【巻頭特集】
巣籠り需要もあり、昨年からエアブラシシステムを初めて導入する方も多いことでしょう。
しかし、手に入れたはいいけど、なかなかその性能を充分に発揮できていない、なんてことも…。
そこで、次号ではエアブラシだからこそできる、塗装テクニックの数々を、最新キットによるHow toを交え詳細に解説。
これで貴方のエアブラシテクも格段にレベルアップします!

【注目連載】
●週末でつくるガンプラ凄技テクニック
●ノモ研 野本憲一モデリング研究所
●Tony’sヒロインワークス
●月刊工具 模型の入り口はいつの時代も工具から。
●超合金の魂

参考価格: 1,100円 定期購読(【月額払い】プラン)なら1冊:825円

ホビーファンのための総合ホビー誌

  • 2021/08/25
    発売号

  • 2021/07/21
    発売号

  • 2021/06/24
    発売号

  • 2021/05/25
    発売号

  • 2021/04/24
    発売号

  • 2021/03/25
    発売号

6 装苑

文化出版局

送料
無料

装苑

2021年09月28日発売

目次: 表紙 小松 菜奈


特集 ファッションが好きすぎて!


◆ 小松 菜奈 変わらず好きなもの 今、選びたいもの
◆ We need a NEW JACKET! ジャケットを制覇せよ!
◆ マルタン・マルジェラがファッションに残したもの
 マルジェラの声と手が語るマルタン・マルジェラ・ストーリー
 映画『マルジェラが語る"マルタン・マルジェラ"』
 デザイナーが語る、マルタンから受け継いだもの
 MIKIOSAKABE 坂部三樹郎/yushokobayashi 小林裕翔/kudos 工藤 司
◆ kemioʼs fashion theory  好きな服で生きていく!
◆ これが私の1番のお気に入り
 モトーラ世理奈/カネコアヤノ/綾部帆乃香/相澤 樹/SUMIRE/渋川舞子/
 MÖSHI/河合優実/伊藤万理華/みゆな/倉 悠貴/野村仁美/大倉 綾/ビアンカ/
 藤澤ゆき/リンリン(BiSH)/yama/Yuri/あさぎーにょ/和田ミリ
◆7人の女の子が着る、秋冬の7つのキーワード。
 森川 葵/長澤 樹/塩塚モエカ(羊文学)/見上 愛/xiangyu/アオイヤマダ/伊藤万理華
◆12組のデザイナーが語る思想とデザイン
 青木明子/岩井良太/熊切秀典/ MUG /進 美影/横澤琴葉/富永 航/譚 芸斯/
 アンナ・チョイ/竹島 綾/ニコライ・レフストラップ&ディッテ・レフストラップ/
 ライ・リュウジュ&ショウ・ウトウ
◆ Romantic 永遠に好きなもの


FEATURES
◇ feature mode  バレンシアガ
◇ SUBU×ELEY KISHIMOTOのFLASH柄で、いつものモードをUP&DOWN!
◇ PLAY A SENSATION SPECIAL vol.42 V6
◇ MIKA NINAGAWA 東京とパリ、二つの蜷川実花展


REGULARS
◇ ヴィヴィアン・ウエストウッドからのメッセージ vol.56
◇ SO-EN BEAUTY ファッションとメイクの小粋な関係。
 資生堂 渋沢知美 × 美絽
◇ このブランドの製図が見たい! vol.40 ホウガ
◇ MFBB vol.21 Children of the discordance
 増田貴久(NEWS)×志鎌英明(Children of the discordance)
◇ 杉咲 花の言葉と写真 蜜の音 vol.37 「日々」


SO-EN JAM
○ シネマ・コラージュ『TOVE/トーベ』
○ BOOK 本好きの本棚 vol.21 中村水絵(HeHe)
○ COLUMN
 塩塚モエカ ここだけはエデン/小林裕翔 記憶の中の美術館/
 枝 優花 主人公になれないわたしたちへ/Oliveの手仕事
○ 福田里香のフード+1
○ 装苑男子 vol.41 青木 柚
○ Creation from ONE SENTENCE 冬の触りごこち
○ 装苑賞に挑んだデザイナーたち vol.60 アンナ・チョイ

参考価格: 748円

おしゃれファッションに夢中な女の子を応援する雑誌

  • 2021/07/28
    発売号

  • 2021/05/28
    発売号

  • 2021/03/27
    発売号

  • 2021/01/28
    発売号

  • 2020/11/27
    発売号

  • 2020/09/28
    発売号

送料
無料

NHK 趣味の園芸

2021年09月21日発売

目次: パンジー&ビオラで元気になる!/注目特集 シャコバサボテンの今/「増やす」に挑戦

人生100年 植物と暮らそう

  • 2021/08/20
    発売号

  • 2021/07/21
    発売号

  • 2021/06/21
    発売号

  • 2021/05/21
    発売号

  • 2021/04/21
    発売号

  • 2021/03/21
    発売号

最大
50%
OFF
送料
無料

PEAKS(ピークス)

2021年10月15日発売

目次: 表紙
Trail Head 予知することが難しい地震発生時、登山者がとるべき行動と心得
Trail Head ザ・ノース・フェイスの「アドヴァンスドマウンテンキット」が世界同時発売!
Trail Head PEAKSよりお得な“PEAKS BOX”登場
目次
特集◎Winter Clothing Gear Catalog 2021-2022 ウインタークロージングギアカタログ
2021年の新作ウインターウエア。-5℃で試してみました!
ウエアをどう使いこなすか、それが大事! シーン別雪山ウエアリング術
ハードシェル
ソフトシェル
雪山のウエアリング①
変化の時を迎えた、シェル素材の撥水加工。PFCフリーってなに?
インシュレーション
フリースウエア
ポーラテック アルファダイレクト×マムート。ウエアリングの常識を変える 進化形アクティブインシュレーション
ベースレイヤー
Wool on Woolという選択肢。天然の力をまとって、山へ
雪山のウエアリング②
ゴアテックス vs フューチャーライト。ザ・ノース・フェイスのウインターウエアふたつの選択
トレッキングパンツ
ゲイター
どれも同じと思うなかれ! アウトドアウエアに採用される高機能素材見本帳
ヘッドウエア
雪山のウエアリング③
グローブ
ソックス
冬期最新モデルカタログと選び方指南。’21FW Women's Wear Selection
すごしやすい季節は岩と戯れる山遊びへ! BOULDERING CAMP with Jeep Compass
2021-2022 WINTER PICK UP ITEM COLLECTION
アークテリクス
ホグロフス
ミレー
モンチュラ
PICK UP NEW ITEM
小雀陣二の山グルメ
MOUNTAIN CULTURE CATALOG/今月のPICK UP BOOK
ユーコンカワイの山岳妖怪図鑑
やつなみアーカイブス わが心の山旅の帰り道
狩猟採集食道楽 あべちゃん
山妄想ハイパー
元祖 道なき道のケルン 総本家
おだまきかあさんのMYOG道
長谷部的エマージェンシー塾
井上大助の超個性的山道具店DX
PEAKS女子登山部
スタイリスト近澤のアウトドアファッション通信 チカラックアウト~
山と僕たちを巡る話
メーカーインフォメーション
Because it is there... なぜなら、そこに山があるから/山下舞弓
シェルパ斉藤の山小屋24時間滞在記/南竜山荘
PEAKS SCRAMBLE
そろそろ本気で撮るぜ山写真
彼女が“山着”に着替えたら……

参考価格: 1,100円 定期購読(【月額払い】プラン)なら1冊:660円

山登りをやってみたいと思っている20~30代、登山雑誌になじめない40~50代の人への情報誌。

  • 2021/09/15
    発売号

  • 2021/08/12
    発売号

  • 2021/07/14
    発売号

  • 2021/06/15
    発売号

  • 2021/05/14
    発売号

  • 2021/04/15
    発売号

9 BOAT Boy(ボートボーイ)

日本レジャーチャンネル

最大
8%
OFF
送料
無料

BOAT Boy(ボートボーイ)

2021年10月11日発売

目次: ●【特集】伸びとは何か
ここ最近、伸びにこだわる選手が増え、意外な選手までチルトを跳ねてレースをしたりするなど、「伸び」は旬なキーワードとなっている。その代表選手に直撃!

●藤山翔大/菅章哉/高田ひかるインタビュー
「伸び」3人衆を一挙インタビューの豪華版! 彼らはどのようにして伸びに辿り着き、現在のスタイルを手に入れたのか。そして、そのこだわりとは!? 一気読み必至!

●ボートレースメモリアルレポート
原田幸哉の準パーフェクト優勝という鮮烈な結果となったボートレースメモリアル。その裏側などについて、熱くレポートしています。丸野一樹、奇跡のSG初優出も!

●新概念データ全選手版
完全にレギュラー化した本誌オリジナルデータ「全選手版」。今月は本家新概念データ! JLCのレース中継などでも紹介されるデータを、使い方もあわせて紹介!

●ボートレースダービー徹底展望
ビッグレース展望はボートレースダービー! ボートレース平和島で開催される伝統の一戦をさまざまな角度から展望しています。ダービージャケットに袖を通すのは誰だ!?

●【特集】がんばれ2000番台レーサー
昭和のボートレースを支えた登番2000番台レーサーも、いまや現役は10人のみ。彼らベテランレーサーに、本誌はエールを送ります! 10人の実績や戦いぶりなどを紹介!

定期購読(1年(fan note book付き)プラン)なら1冊:633円

あなたとBOAT RACEをアツくする超抜マガジン

  • 2021/09/10
    発売号

  • 2021/08/11
    発売号

  • 2021/07/09
    発売号

  • 2021/06/11
    発売号

  • 2021/05/11
    発売号

  • 2021/04/09
    発売号

AXIS(アクシス)の所属カテゴリ一覧

日本最大級の雑誌取り扱い数!
定期購読の利用数100万人以上!
定期購読とは
雑誌を予約することで毎号ご自宅へお届けします!売り切れの心配なし♪
もっと詳しく ▶︎
タダ読みサービス
無料で雑誌が読み放題♪今日発売のあの雑誌も。
もっと詳しく ▶︎
法人サービス
雑誌を年間5万円以上ならお得な法人プレミアムサービスで!
もっと詳しく ▶︎
アフィリエイト
あなたのサイトで雑誌をおすすめしてみませんか?
もっと詳しく ▶︎
カテゴリ一覧
女性ファッション 雑誌
きれいめ・大人カジュアル系 雑誌 モード系・コレクション 雑誌 フェミニン系 雑誌 ママ・主婦 雑誌 コンサバ系 雑誌 ナチュラル系 雑誌 カジュアル系 雑誌 オフィスカジュアル 雑誌 子ども・キッズファッション 雑誌 ガーリー系 雑誌 ティーンズファッション 雑誌 原宿系 雑誌 着物・和服 雑誌 ギャル系 雑誌 セレブ系 雑誌 森ガール系 雑誌
メンズファッション 雑誌
メンズきれいめカジュアル 雑誌 モノ・グッズ 雑誌 メンズカジュアル 雑誌 ストリートファッション系 雑誌 スーツ・トラッド系 雑誌 アメカジ 雑誌 オラオラ系・お兄系 雑誌 腕時計・ブランド 雑誌 古着系 雑誌
ビジネス・経済 雑誌
経営・マネジメント 雑誌 海外事情・国際ニュース 雑誌 政治 雑誌 マネー・投資 雑誌 ビジネス・経済専門誌 求人・転職情報誌 法律・法務 雑誌 環境・エネルギー 雑誌 広告・マーケティング 雑誌 流通・小売 雑誌 人事・総務 雑誌 四季報 外食・ホテル業界 雑誌 会計・税務・経理 雑誌 農業・畜産・漁業 雑誌 飲食店経営・調理師 雑誌 金融 雑誌 貿易 雑誌 地方自治・行政 雑誌 起業・独立開業 雑誌 企業年鑑・データ 業界データブック 自己啓発 雑誌 ビジネスCD・通信教育 株・FX 雑誌 就職・就活 雑誌
健康・生活 雑誌
子供・児童学習 雑誌 子育て・育児 雑誌 家事・生活情報 雑誌 健康・家庭医学 雑誌 住宅・リフォーム 雑誌 住宅情報・賃貸 雑誌 インテリア・雑貨 雑誌 田舎暮らし・エコ・スローライフ 雑誌 結婚情報・ウェディング 雑誌 絵本・大型絵本 妊婦・赤ちゃん 雑誌
スポーツ 雑誌
サッカー・フットサル 雑誌 高校野球・プロ野球 雑誌 ゴルフ 雑誌 その他球技・競技 雑誌 釣り 雑誌 相撲・武術・武道 雑誌 筋トレ・ボディビル 雑誌 ダイビング・マリンスポーツ 雑誌 スノーボード・スキー 雑誌 ランニング・ウォーキング 雑誌 テニス・卓球 雑誌 バレエ・社交ダンス 雑誌 スポーツ医学・コーチング 雑誌 自転車・サイクリング 雑誌 サーフィン・ボディーボード 雑誌 バスケットボール 雑誌 F1・モータースポーツ 雑誌 ダンス 雑誌 プロレス・格闘技 雑誌 ボクシング 雑誌 水泳・ボート 雑誌 ラグビー・アメフト 雑誌
バイク・自動車・乗り物 雑誌
オートバイ 雑誌 カスタムカー・バイク 雑誌 外車・輸入車 雑誌 4WD・RV 雑誌 新車・ニューモデル情報 鉄道・電車 雑誌 飛行機・航空機 雑誌 中古車・中古バイク 雑誌
芸能・音楽 雑誌
テレビガイド・番組表 雑誌 音楽情報誌 エンタメ 雑誌 DVD(ビデオ)マガジン 映画・シネマ 雑誌 韓国(韓流・K-POP) 雑誌 ピアノ・クラシック 雑誌 ギター・ロック 雑誌 演劇・舞台 雑誌 洋楽 雑誌 ジャズ(JAZZ) 雑誌 ジャニーズ 雑誌 グラビア・アイドル 雑誌 写真週刊誌・ゴシップ 雑誌 写真集
グルメ・料理 雑誌
レシピ 雑誌 グルメガイド・レストラン 雑誌 お酒(ワイン・日本酒など) 雑誌 栄養学・食育 雑誌 パン・スイーツ 雑誌
旅行・タウン情報 雑誌
京都・関西 雑誌 関東 雑誌 東京(TOKYO) 雑誌 九州 雑誌 東海 雑誌 東北 雑誌 北海道 雑誌 北陸・信越 雑誌 中国地方 雑誌 四国 雑誌 沖縄情報 雑誌 旅行情報誌 温泉 雑誌 リゾート・レジャー 雑誌 タイ・アジア 雑誌 ハワイ 雑誌 その他 海外情報 雑誌 鉄道・バス時刻表本 航空時刻表
アニメ・漫画 雑誌
少年コミック・漫画 少女コミック・漫画 青年コミック・漫画 レディース(女性)コミック アニメ 雑誌 声優 雑誌 comics&アメコミ ディズニー・キャラクター 雑誌 コスプレ 雑誌 BL(ボーイズラブ)コミック・雑誌
ペット・動物 雑誌
犬 雑誌 猫 雑誌 トリマー・ペット業界 雑誌 魚・熱帯魚 雑誌 昆虫 雑誌 ペットその他 雑誌
文芸・総合 雑誌
女性総合誌 男性総合誌 カルチャー・文化 雑誌 文芸誌・小説 雑誌 時事・社会 雑誌 機内誌 宗教 雑誌 歴史・史学 雑誌 思想・心理学 雑誌 俳句・短歌・詩 雑誌 占い・開運 雑誌 書道 雑誌
趣味・芸術 雑誌
デザイン・アート 雑誌 プラモデル・模型 雑誌 ガーデニング・園芸 雑誌 手芸・ハンドメイド 雑誌 パズル・クイズ 雑誌 ナンプレ・数独 雑誌 クロスワード・ナンクロ 雑誌 ミリタリー・サバゲー 雑誌 競馬・競輪・競艇 雑誌 オーディオ・ステレオ 雑誌 アウトドア・キャンプ 雑誌 カメラ・写真 雑誌 分冊百科・ワンテーママガジン 将棋・囲碁 雑誌 イラスト・グラフィックデザイン 雑誌 建築・住宅建築 雑誌 陶芸・骨董 雑誌 ラジオ・無線 雑誌 ゲーム 雑誌 フィギュア・ホビー 雑誌 DIY・工具 雑誌 パチンコ・パチスロ 雑誌 ハイキング・登山 雑誌 麻雀 雑誌
ヘアカタログ・美容 雑誌
メイク・ネイル 雑誌 フィットネス 雑誌 ヘアスタイル 雑誌 ヨガ 雑誌 美容専門誌 ダイエット 雑誌 アロマ 雑誌
看護・医学・医療 雑誌
ナース 雑誌 介護・福祉 雑誌 医療技術 雑誌 薬学 雑誌 臨床外科 雑誌 臨床内科 雑誌 医療時事 雑誌 歯科 雑誌 獣医学 雑誌 理学療法 雑誌 その他 医学雑誌
教育・語学 雑誌
その他 NHKテレビ・ラジオテキスト NHK語学テキスト 幼児教育 雑誌 小学生教育 雑誌 中学教育 雑誌 高校教育 雑誌 受験・留学 雑誌 試験問題集・資格 雑誌 日本語学習 教材 ハングル・韓国語学習 教材 中国語学習 教材 リスニング教材・語学CD 英語教育・英会話 教材 フランス語学習 教材 ドイツ語学習 教材 スペイン語学習 教材 その他 語学雑誌 教員・教師 雑誌 通信・教育講座
テクノロジー・科学 雑誌
宇宙・天文 雑誌 機械 雑誌 化学 雑誌 情報処理 雑誌 地球科学・環境問題 雑誌 生物・生物学 雑誌 数学・物理 雑誌
パソコン・PC 雑誌
コンピューター・自作PC 雑誌 ネットワーク・セキュリティ 雑誌 Webデザイン・プログラミング 雑誌 DTP・グラフィック 雑誌 アプリ・スマホ 雑誌 インターネット 雑誌 Mac・マック 雑誌
新聞・業界紙
英字新聞 業界新聞・専門紙 新聞縮刷版 切り抜き・クリッピングマガジン 全国紙(新聞) 中国語 新聞・業界紙 地方紙(新聞)
洋(海外)雑誌
English newspaper Science&Nature Magazines Language&Education Magazines Money&Business& Magazines Fashion&Style Magazines others Design&Architecture Magazines Hobby&Entertainment Magazines Home&Interior Magazines Computers&Electronics Magazines バイリンガルマガジン・雑誌
中国雑誌
中国 ビジネス・経済 雑誌 中国 旅行・タウン情報 雑誌 中国 趣味・芸術 雑誌 中国 看護・医学 ・医療 雑誌 中国 文芸・総合 雑誌 中国 教育・語学 雑誌 中国 テクノロジー・科学 雑誌 中国 スポーツ 雑誌 中国 ファッション 雑誌 高等文化院校学報 高等理工学院学報 中国 バイク・車・乗り物 雑誌 中国 健康・生活 雑誌 中国 学生・こども向け 雑誌
その他
その他 雑誌