定期購読だと送料無料で毎号お届け!

定期購読の特典

定期購読のお申込み・予約

STEP1 雑誌の形式を選択

今すぐ使える500円割引
初購入500円割引
Fujisan.co.jpでご購入が初めての方は、5000円以上のご注文で500円割引となります。ご注文確認画面のギフト券入力欄に自動的に適用されます。
レビュー投稿500円割引 or 10%割引
好きな雑誌のレビューを投稿すると、5000円以上のご注文にご利用可能な500円割引ギフト券と、5000円以下の定期購読にご利用可な10%割引ギフト券が、投稿後メールですぐに届きます。
  • 月額払いの商品ではご利用いただけません。
  • どちらかひとつのギフト券が 今すぐご利用可能です♪
歴史街道のレビューを投稿する

歴史街道の内容

愚者は経験から学び、賢者は歴史から学ぶ!
「いま、歴史がおもしろい」 歴史は過去の人物や出来事を取り上げるとはいえ、現代の人びとに役立たなければ意味がありません。また、歴史は本来、そんなに堅苦しく難しいものではなく、もっと身近で楽しいものであるはずです。そして何より、人間を知り、時代の流れを知る上で、歴史ほど有益な参考書はありません。そこで『歴史街道』は、現代からの視点で日本や外国の歴史を取り上げ、今を生きる私たちのために「活かせる歴史」「楽しい歴史」をビジュアルでカラフルな誌面とともに提供する歴史雑誌です。

歴史街道の商品情報

商品名
歴史街道
出版社
PHP研究所
発行間隔
月刊
発売日
毎月6日
参考価格
840円

歴史街道の無料サンプル

2017年08月06日発売号
2017年08月06日発売号をまるごと1冊ご覧いただけます
サンプルを見る

歴史街道 3月号 (発売日2024年02月06日) の目次

2024/3月号の読みどころ
明治37年(1904)2月の日露開戦から120年ということで、
今月の特集1は、〈二〇三高地・120年目の真実――日露戦争の分岐点〉です。
日露戦争における旅順の戦いと二〇三高地をめぐる攻防は、
激戦として語り継がれています。
そもそもなぜ、その地が焦点となり、そして、乃木希典率いる
第三軍は、いかに戦ったのでしょうか。
本特集では、改めてそれらを検証してみました。

特集2は、〈秀吉を支えた名将・豊臣秀長〉。
兄・秀吉の補佐役として広く認知されている秀長ですが、
その人物像や残した事績については、意外と知られていません。
果たして、いかなる武将だったのでしょうか。その素顔に迫ります。

特別企画は、〈大奥暮らしの24時間〉。
将軍と御台所、そのほかごく限られた人しか
立ち入りできなかった大奥。
庶民とは隔絶された世界で、彼らはどんな一日を
過ごしていたのでしょうか。秘められた世界をご紹介します

------もくじ--------
【総論】新解釈から見た日露戦争と旅順攻防戦
小林道彦
14p
「戦略」で読み解く――なぜ、二〇三高地が焦点となったのか
大木 毅
22p
死闘に次ぐ死闘…第三軍、旅順要塞に挑む 【前編】早期の攻略を求められ、二度の総攻撃へ 【後編】運命の攻略目標変更! その決断の末に…
松田十刻
28p
乃木司令部の作戦指揮はどう評価すべきなのか
瀬戸利春
38p
攻略の切り札として投入された“第七師団”とは
渡辺浩平
44p
三十年式歩兵銃、二十八糎榴弾砲、気球…陸戦で活躍した兵器
吉野泰貴
48p
ビジュアル1 二〇三高地への道のりとその後の戦い

20p
ビジュアル2 映画『ゴールデンカムイ』にみる激戦

54p
特集2 秀吉を支えた名将 豊臣秀長
【総論】「兄の分身」として生きた天下統一の功労者
小和田哲男
104p
先行きへの不安、ありし日の思い出…最期に抱いた思い
谷津矢車
110p
特別企画 大奥暮らしの24時間
【御台所編】身支度も食事も大がかりで、時には息抜きも
安藤優一郎
70p
【将軍編】お相手選びも床入りも、そう簡単ではなかった
安藤優一郎
76p
連載ほか
この人に会いたい
vol.199
小芝風花
7p
日本屈指の巨大山城! 向羽黒山城ものがたり
最終回
原作:今川美玖 漫画:吉田健二
116p
漫画家に聞く!
第17回 相田裕 妖刀を求める不死の少女と元武士の明治浪漫譚

66p
大日の使徒 ザビエルとヤジロウ
第7回
川越宗一
82p
特別グラビア 
ムロツヨシ&永山瑛太
56p
弥生時代に思いを馳せて… 青谷上寺地遺跡の魅力に迫る

61p
冠帽具から自由な髪型へ 男性頭部の変遷にまつわる意外な歴史
佐多芳彦
97p
教育者、経営者としても…京都の蘭方医・新宮凉庭の生涯
今川美玖
122p
空から味わう日本の名城
第6回 備中松山城
写真・文 畠中和久
130p
歴史街道伝言板

92p
BOOKS・CINEMA

94p
この著者に注目!
今尾恵介

96p
ふるさとの先人×SDGs~嚶鳴だより
第16回 山村蘇門の顔

120p
歴史街道脇本陣

127p
年間購読のご案内

124p
読者アンケートのご案内

125p
次号予告!

126p
乃木の偽の疑の欺の議、について
黒鉄ヒロシ
3p
-------------
以上でございます。ぜひ本誌にてお楽しみください。

歴史街道の目次配信サービス

歴史街道最新号の情報がメルマガで届く♪ メールアドレスを入力して登録(解除)ボタンを押してください。

※登録は無料です
※登録・解除は、各雑誌の商品ページからお願いします。/~\Fujisan.co.jpで既に定期購読をなさっているお客様は、マイページからも登録・解除及び宛先メールアドレスの変更手続きが可能です。
以下のプライバシーポリシーに同意の上、登録して下さい。

歴史街道のレビュー

  • 総合評価: ★★★★☆ 4.41
  • 全てのレビュー: 104件
歴史は面白い
★★★★★2023年06月03日 no 無職
歴史の内容が詳しく、とても興味深く読んでいます。毎月楽しみにしてます。
洋の東西のバランスがいい
★★★★★2022年06月07日 はじめ その他
日本史、東洋史、西洋史のどれかに偏る事無く、バランスがいいボリューム配分です。
なかなか濃い内容
★★★★★2022年06月01日 TAKEMON 会社員
いろいろな時期の歴史に関して深く掘り下げた内容で楽しく読ませてもらっています。
愛読書です
★★★★★2022年04月08日 ベイキチ 役員
10年ぐらい前から、毎月購入しています。同じようなテーマでも、色々なアプローチがあり、楽しく読ませていただいてます。
時流を追いかけられる
★★★★☆2022年01月27日 ポコリ 会社員
同じ人物や事象でも研究が進むとまた特集してくれるので、最新の知識をもらえます。大河に引っ張られがちなのは、玉にキズ。
専門誌的
★★★★☆2021年08月08日 なりぴー 会社員
あまりメジャーではない武将やエピソードを取り上げているときがあり気に入っています。 マイナス点は、たまに文章に誤植があるところです。
奥深い歴史
★★★★★2021年02月11日 ビアー 会社員
この本の存在は随分前から知っており、たまに買って読む程度でした。それが定年退職してからさらに歴史が好きになり今ではほぼ毎月読んでいます。発売日が楽しみです。これからも私のような初心者でも分かりやすい構成でお願いいたします。
歴史好き
★★★★★2021年01月22日 maruru 自営業
たまたま見た諸葛孔明と劉備 三国志の真実のタイトルに引かれ読んで、ちょうど良いまとまった文章でよみやすかった。 毎月テーマを決めているので気にいった月を購入してもいいし、毎月のがさないために年間購読するも良いと思う・
歴史街道
★★★★★2021年01月15日 ボンドムース 役員
大変面白い記事が満載してあり楽しみが継続出来るから
歴史街道
★★★★★2021年01月15日 ボンドムース 役員
大変面白い記事が満載してあり楽しみが継続出来るから
レビューをさらに表示

歴史街道をFujisanスタッフが紹介します

歴史街道は、PHP研究所から発行されている雑誌で、主に日本や世界の歴史における様々な出来事を毎号ピックアップして紹介しています。これまでの歴史関連の雑誌では、コアなファンの多い戦国時代を中心に記事化する傾向にありましたが、この雑誌は戦国時代に限らず、古代から近代に至るまで幅広い時代にフォーカスするとともに、世界史におけるエポックメイキングな出来事についてもカバーしているのが特徴です。例えば、ある号では桶狭間の戦いや厳島の戦いといった戦国時代に発生した大逆転劇を取り上げているかと思えば、別の号では古代ローマにおける皇帝を紹介するといった具合です。

紙面は全体にビジュアルに重点を置いており、しかも見る人の目を楽しませることができるようにカラー刷りとなっていることから、歴史にさほど関心がなくてもパラパラ眺めているだけでも面白いと感じるような作りになっています。そのため、学校で日本史を勉強している中高生はもちろんのこと、社会人になって改めて歴史について深く知りたいと感じるようになった人々や、定年後に趣味として歴史を楽しみたいと考えているお年寄りまで、ありとあらゆる方々にお勧めの一冊であるということができます。

歴史街道の所属カテゴリ一覧

この雑誌の読者はこちらの雑誌も買っています!

Fujisanとは?

日本最大級雑誌の定期購読サービスを提供

デジタル雑誌をご利用なら

最新号〜バックナンバーまで7000冊以上の雑誌
(電子書籍)が無料で読み放題!
タダ読みサービスを楽しもう!

総合案内
マイページ
マイライブラリ
アフィリエイト
採用情報
プレスリリース
お問い合わせ
©︎2002 FUJISAN MAGAZINE SERVICE CO., Ltd.