※最新号の表紙とは限りません

ニューズウィーク日本版 Newsweek Japan

CCCメディアハウス
定期購読なら送料も無料!
日本だけのニュースを読むか、世界と同じニュースを読むか。世界と同じニュースを読む!それが、ニューズウィーク・バリュー
政治・経済・国際情勢など、グローバルな視点から徹底した報道をお届けする『ニューズウィーク日本版』。ネット社会だからこそ「信頼」できる「質」の高い情報を求め、「日本だけのニュース」ではない「世界と同じニュース」を読む価値を知る皆様に読まれています。

ニューズウィーク日本版 Newsweek Japan
雑誌の予約/定期購読 紙版・電子版

おトクな定期購読
すべての定期購読
初めてのご購入で500円割引
Fujisan.co.jpでご購入が初めての方は、500円割引(5000円以上のご注文にご利用可)となります。 ご注文確認画面のギフト券入力欄に自動的に表示されます。
レビュー投稿で500円割引
好きな雑誌のレビューを投稿すると、すぐにメールで500円割引ギフト券(5000円以上のご注文にご利用可)と、10%割引ギフト券(5000円以下の定期購読にご利用可)が届きます。
  • 月額払いの商品ではご利用いただけません。
  • どちらかひとつのギフト券が 今すぐご利用可能です♪
ニューズウィーク日本版 Newsweek Japanのレビューを投稿する
  • 紙版
  • 19,180円(税込)
    20%
    OFF
    1冊あたり384円
  • ◆ 送料:
    無料
  • 紙版
  • 36,000円(税込)
    25%
    OFF
    1冊あたり360円
  • ◆ 送料:
    無料
  • 紙版
  • 50,400円(税込)
    30%
    OFF
    1冊あたり336円
  • ◆ 送料:
    無料
  • 紙版
  • 10,440円(税込)
    13%
    OFF
    1冊あたり418円
  • ◆ 送料:
    無料
  • 紙版
  • 毎号価格
    19%
    OFF
    最新号は389円(税込)
  • ◆ 送料:
    無料
  • ◆ 月額払いとは?
    • 毎号、停止の依頼があるまでお送りします。
    • お支払いは、毎月自動引き落としとなります。
    • 詳しくはこちら
  • デジタル版
  • 毎号価格
    最新号は400円(税込)
  • ◆ 月額払いとは?
    • 毎号、停止の依頼があるまでお送りします。
    • お支払いは、毎月自動引き落としとなります。
    • 詳しくはこちら
  • ◆ 注意事項
    • 対応端末: PC・iOS・Android
    • 2016年1月5日発売のデジタル版につきましては、1月5日の15時前後の配信となりますので予めご了承下さいませ。
    • プリント版と発売日が異なる場合がございます。
    • デジタル版では、著作権等の関係で一部掲載していない記事や写真がある場合がございます。
  • デジタル版
  • 8,400円(税込)
    30%
    OFF
    1冊あたり336円
  • ◆ 注意事項
    • 対応端末: PC・iOS・Android
    • 2016年1月5日発売のデジタル版につきましては、1月5日の15時前後の配信となりますので予めご了承下さいませ。
    • 海外にお住まいのお客様は中途解約できません。
    • プリント版と発売日が異なる場合がございます。
    • デジタル版では、著作権等の関係で一部掲載していない記事や写真がある場合がございます。
  • デジタル版
  • 15,800円(税込)
    34%
    OFF
    1冊あたり316円
  • ◆ 注意事項
    • 対応端末: PC・iOS・Android
    • 2016年1月5日発売のデジタル版につきましては、1月5日の15時前後の配信となりますので予めご了承下さいませ。
    • 海外にお住まいのお客様は中途解約できません。
    • プリント版と発売日が異なる場合がございます。
    • デジタル版では、著作権等の関係で一部掲載していない記事や写真がある場合がございます。
  • デジタル版
  • 30,000円(税込)
    38%
    OFF
    1冊あたり300円
  • ◆ 注意事項
    • 対応端末: PC・iOS・Android
    • 2016年1月5日発売のデジタル版につきましては、1月5日の15時前後の配信となりますので予めご了承下さいませ。
    • 海外にお住まいのお客様は中途解約できません。
    • プリント版と発売日が異なる場合がございます。
    • デジタル版では、著作権等の関係で一部掲載していない記事や写真がある場合がございます。
  • デジタル版
  • 42,000円(税込)
    42%
    OFF
    1冊あたり280円
  • ◆ 注意事項
    • 対応端末: PC・iOS・Android
    • 2016年1月5日発売のデジタル版につきましては、1月5日の15時前後の配信となりますので予めご了承下さいませ。
    • 海外にお住まいのお客様は中途解約できません。
    • プリント版と発売日が異なる場合がございます。
    • デジタル版では、著作権等の関係で一部掲載していない記事や写真がある場合がございます。

ニューズウィーク日本版 Newsweek Japan 雑誌の内容

  • 出版社名:CCCメディアハウス
  • 発行間隔:週刊
  • 発売日:毎週火曜日
  • サイズ:A4変形
  • 1冊定価:[紙版]480円 [デジタル版]400円
日本だけのニュースを読むか、世界と同じニュースを読むか。世界と同じニュースを読む!それが、ニューズウィーク・バリュー
政治・経済・国際情勢など、グローバルな視点から徹底した報道をお届けする『ニューズウィーク日本版』。ネット社会だからこそ「信頼」できる「質」の高い情報を求め、「日本だけのニュース」ではない「世界と同じニュース」を読む価値を知る皆様に読まれています。
詳細画像
詳細画像
詳細画像
詳細画像

米国同時多発テロの、マイケル・ジャクソンの悲報を伝え、
結婚を、天才の育て方を科学し、
世界が尊敬する日本人を、人気批評家が注目の映画を紹介し、
最先端医療が、世界の最新トレンドがわかる。

それが、ニューズウィーク・バリュー。

『ニューズウィーク日本版 Digital』

[Digital版]は、1冊まるごとパソコンで読む、もうひとつの読み方です。
●一番早い『ニューズウィーク日本版』!
今すぐ読める[Digital版]は発売日0時の配信。海外勤務、出張もに便利です。
●専用リーダー不要!
パソコンのブラウザで読むため、WindowsにもMacにも対応します!
●完売した「バックナンバー」も購入できます!品切れがありません!


ニューズウィーク日本版

【Newsweekの歴史】


ニュースの裏側にある事実を掘り下げ、その意味を探り、徹底した報道をする──英語版Newsweekはそんな編集方針のもとに、1933年に創刊されました。60年代になると、ベトナム戦争や公民権運動などを早くから積極的に特集して、その「時代を読む目」が高く評価され、急速に部数を拡大しました。アメリカの一般誌で初めて表紙にビートルズを載せたのもNewsweekです。

世界情勢の報道とあわせて、社会や文化のテーマにも力を入れる姿勢は今も貫かれており、90年代以降は同性愛者やエイズの問題、近年は環境問題やテクノロジー関連にも多くのページを割いています。現在、全米で300万部以上、全世界で400万部近い発行部数をもち、TIMEとともにアメリカを代表するニュース週刊誌となっています。

ご自宅やオフィスへ毎週お届けします。
重大ニュースや関心をおもちのテーマを読み逃す心配がありません。
お得な割引価格でご購読いただけます。
※価格は消費税込みです。

送料は無料です(ゼロ円)。
売れ切れがなく、今スグ読める!デジタル版はお届けも最速!海外勤務、出張に便利!

地球を救う? トンデモ科学

さよならマイケル世界が尊敬する日本人100人

イラン動乱

資本主義再考

6.12大統領選 イランの針路

北朝鮮危機 核拡半島の脅威

グーグルへの挑戦状

オバマ、オバマを語る

インフルエンザ次なる脅威

ニューズウィーク日本版 Newsweek Japanの無料サンプル

2020年2/11号 (2020年02月04日発売)
2020年2/11号 (2020年02月04日発売)をまるごと1冊ご覧いただけます
サンプルを見る

ニューズウィーク日本版 Newsweek Japan 2020年8/11・18号 (2020年08月04日発売) の目次

Special Report
人生を変えた55冊
コロナ自粛の夏休みは読書で自分を高めるチャンス──
世界と日本の著名人が教える「価値観を揺さぶられた本」
読書 あなたの人生を変える55冊
劉 慈欣 「大機械」と「2001年」が私をSF作家へと導いた
エディー・ジョーンズ 良書を通じて学んだ小さい日本人の戦い方
壇蜜 因果応報と百合萌えと壇蜜としての天命と
ウスビ・サコ 価値観を揺さぶられて気付いた自由の意味
ローランド 「捨てる」大切さと対人術の極意を知り、僕は変わった
中満 泉 ボスニアの「アンネ」と国連事務総長の孤独
デービッド・ピース 別の世界の作品で孤立の時代に共感を
閻 連科 鎌とニラとニラを食べる人──「発禁作家」の5つの足跡
マーサ・ヌスバウム ディケンズの小説で社会の不平等を知った
太田 光 藤村、太宰からヴォネガットまで「笑い」の原点に哲学あり
加藤シゲアキ 小説を読む感動に『ライ麦畑』でつかまって

Periscope
SOUTH AFRICA コロナ禍の南アで「フェミサイド」急増
UNITED STATES トランプがすがる選挙延期は可能か
BRITAIN 英ヘンリー王子夫妻「暴露本」の破壊力
GO FIGURE トランプ政権下で政府債務が急拡大中

Commentary
イギリス 中国に無関心で甘い時代の終焉──コリン・ジョイス
欧州 コロナが迫るサステナブル転換──ヨシュカ・フィッシャー
米政治 史上初の女性大統領が決まる?──サム・ポトリッキオ
Superpower Satire 風刺画で読み解く「超大国」の現実
追悼:不屈の闘士が望んだもの──ロブ・ロジャース&パックン
Economics Explainer 経済ニュース超解説
それでも財政破綻は現実問題だ── 加谷珪一
Help Wanted 人生相談からアメリカが見える
夫の前妻が残した留守電が気になる
Oral History あなたの人生 聞かせてください
第三者が被爆体験を語る意義── 久保田智子
Japanese Cinema Notes 森達也の私的邦画論
無様なのにキラキラ輝く『ばかのハコ船』── 森達也

World Affairs
親権問題 日本人「子供連れ去り」にEUが激怒
新型コロナ 逆流する中東出稼ぎ労働者
追悼 台湾を変えた男、李登輝よさらば

Features
諜報 ファーウェイは通信傍受する、英米のように

Life/Style
Movies 子役スターと父のゆがんだ愛の行方
Movies 「スパゲッティの神」に願いを
Work 理想のテレワーク・ファッションを探して
Technology 紙と鉛筆で作る装着型生体センサー
Celebrity コロナで学ぶセレブパワーの使い方

Tokyo Eye 外国人リレーコラム── 石野シャハラン
副業推進で日本の格差は広がる
※デジタル版は紙の雑誌とは一部内容が異なり、掲載されない、または掲載期限のある広告や写真、記事、ページがある場合がございます。また、掲載されているプレゼント企画に、デジタル版ではご応募できません。あらかじめご了承ください。



Special Report
人生を変えた55冊
コロナ自粛の夏休みは読書で自分を高めるチャンス──
世界と日本の著名人が教える「価値観を揺さぶられた本」
読書 あなたの人生を変える55冊
劉 慈欣 「大機械」と「2001年」が私をSF作家へと導いた
エディー・ジョーンズ 良書を通じて学んだ小さい日本人の戦い方
壇蜜 因果応報と百合萌えと壇蜜としての天命と
ウスビ・サコ 価値観を揺さぶられて気付いた自由の意味
ローランド 「捨てる」大切さと対人術の極意を知り、僕は変わった
中満 泉 ボスニアの「アンネ」と国連事務総長の孤独
デービッド・ピース 別の世界の作品で孤立の時代に共感を
閻 連科 鎌とニラとニラを食べる人──「発禁作家」の5つの足跡
マーサ・ヌスバウム ディケンズの小説で社会の不平等を知った
太田 光 藤村、太宰からヴォネガットまで「笑い」の原点に哲学あり
加藤シゲアキ 小説を読む感動に『ライ麦畑』でつかまって

Periscope
SOUTH AFRICA コロナ禍の南アで「フェミサイド」急増
UNITED STATES トランプがすがる選挙延期は可能か
BRITAIN 英ヘンリー王子夫妻「暴露本」の破壊力
GO FIGURE トランプ政権下で政府債務が急拡大中

Commentary
イギリス 中国に無関心で甘い時代の終焉──コリン・ジョイス
欧州 コロナが迫るサステナブル転換──ヨシュカ・フィッシャー
米政治 史上初の女性大統領が決まる?──サム・ポトリッキオ
Superpower Satire 風刺画で読み解く「超大国」の現実
追悼:不屈の闘士が望んだもの──ロブ・ロジャース&パックン
Economics Explainer 経済ニュース超解説
それでも財政破綻は現実問題だ── 加谷珪一
Help Wanted 人生相談からアメリカが見える
夫の前妻が残した留守電が気になる
Oral History あなたの人生 聞かせてください
第三者が被爆体験を語る意義── 久保田智子
Japanese Cinema Notes 森達也の私的邦画論
無様なのにキラキラ輝く『ばかのハコ船』── 森達也

World Affairs
親権問題 日本人「子供連れ去り」にEUが激怒
新型コロナ 逆流する中東出稼ぎ労働者
追悼 台湾を変えた男、李登輝よさらば

Features
諜報 ファーウェイは通信傍受する、英米のように

Life/Style
Movies 子役スターと父のゆがんだ愛の行方
Movies 「スパゲッティの神」に願いを
Work 理想のテレワーク・ファッションを探して
Technology 紙と鉛筆で作る装着型生体センサー
Celebrity コロナで学ぶセレブパワーの使い方

Tokyo Eye 外国人リレーコラム── 石野シャハラン
副業推進で日本の格差は広がる

ニューズウィーク日本版 Newsweek Japan 2019年10/15号(2019-10-08発売) の特集を少しご紹介

嫌韓の心理学
P.19~P.32
現在、日韓関係は「戦後最悪」と言われる。韓国では「反日」デモや日本製品不買運動が行われ、日本を訪れる韓国人旅行者数が激減。他方の日本でも、韓国の「反日」をワイドショーや雑誌が報じ、「韓国への嫌悪」、いわゆる「嫌韓(けんかん)」と呼ばれる現象が目に付くようになった。今年5~6月にかけて日本の非営利組織「言論NPO」が実施した世論調査で、韓国に対して「良い印象を持っている」という人は20%、「良くない印象を持っている」は49.9%と、約半数が悪印象を持つ。インターネット空間には嫌韓コメントがあふれ返り、日本では「嫌韓」がよりありふれた光景になりつつある。では、誰がなぜ嫌韓に「なる」のか。本特集は、嫌韓現象のメカニズムを社会心理学とメディア空間の両面から解き明かそうという試みだ。
ラグビー日本代表、分断と対立を超えて
 「多様性ジャパン」が象徴す日本の現在地とその躍進が社会を変える可能性
P.34~P.37
イギリスの歴史家、トニー・コリンズは大著『ラグビーの世界史』(邦訳・白水社、2019年)の結論に、およそ学者とは思えないほど感情を込めた一文を添えている。「ラグビーはそれをプレイし、観戦するすべての人のために、情熱、プライド、意味を生み出してきた」と。ラグビーは意味を生み出す。ならば、このような問いが成り立つ。世界でおよそ強豪とは言えない日本がラグビーワールドカップで、強豪アイルランドを打ち破った一戦の意味はどこにあるのか――。いくつか考えることができる。前回大会で南アフリカを破ったのに続き、世界を驚かせる大番狂わせの主役になった日本は世界の強豪国に近づいた。長らく低迷してきた日本のラグビー人気に、また火を付けることになる。より魅力的なスポーツコンテンツとしての価値を高めた。いずれもそのとおりだが、ここではラグビーそのものよりも、ラグビー日本代表というチームが映し出す理想像に注目したい。
話題作『全裸監督』を丸裸にする
P.58~P.60
できれば手放しで褒めたかった。『全裸監督』の感想を聞かれると、そう答えている。ストリーミング配信サービス・ネットフリックスのオリジナルドラマのことだ。80年代に「ハメ撮りの帝王」と称されたAV監督・村西とおると、彼の監督作でデビューした黒木香を主人公に据えた作品である。かつて婦人誌編集者として日本のポルノ業界に取材を重ねた筆者は、なじみ深い題材を扱った日本発の意欲作に、大いに期待を寄せていた。配信と同時にニューヨークの自宅で全8話を視聴し、はや2カ月がたつ。数字の上では、非常に好調である。シーズン1の配信開始は今年8月8日、同16日には早くもシーズン2の制作が発表された。今まで国内で制作された同社オリジナル作品の中で最も多く見られたタイトルとなり、新規顧客獲得にも大きく寄与した。現在190カ国以上で配信中、12言語吹き替え、28言語字幕に対応。

ニューズウィーク日本版 Newsweek Japan 2019年10/8号(2019-10-01発売) の特集を少しご紹介

消費増税からマネーを守る経済超入門
P.19~P.38
好むと好まざるとに関係なく、変化はやって来る。必要のない消費増税のように、歓迎できない変化もあれば、キャッシュレス化の進展のように、いい面と悪い面の両面を併せ持つ変化もある。キャッシュレス化は買い物を便利にする半面、プライバシーに関する不安は拭えない。米中貿易戦争のように、影響が読みにくい変化もある。世界を景気後退に引きずり込む可能性もあるが、日米同盟の強化につながったり、将来的に中国を好ましい方向に変える要因になったりするかもしれない。未来は不透明だが、日本人は楽観していい。理由は2つある。第1に、構造的な低成長に悩まされている国は、日本だけではなくなった。「Japanification(日本化)」という英単語を検索すると、何万件もヒットする。世界中で超低金利状態が加速していることからも明らかなように、多く国で成長への期待がしぼんでいる。第2に、日本はこれまで数十年にわたり、この状況を経験してきた。
トランプにへいこらして墓穴を掘ったゼレンスキー
P.8~P.9
今年7月の議会選で自身が率いる新党が圧勝し、トランプ米大統領から祝福の電話を受けたウクライナのゼレンスキー大統領だが、米情報当局者の内部告発をきっかけに電話の内容が公表された。思わぬ伏兵に足を取られた格好だ(関連記事40ページ)。トランプは電話でゼレンスキーにちょっとした頼み事をした。2020年の米大統領選で対戦する可能性が高い民主党のバイデン前副大統領に関し、「多くの人々が知りたがっている」真相を調べてほしいと言ったのだ。ゼレンスキーの立場では、トランプに頼まれればノーとは言えない。14年に南部のクリミア半島をロシアに奪われ、今も東部のドンバス地方で親ロシア派との戦闘が続くウクライナにとって、アメリカの軍事援助は頼みの綱だ。米政府と米議会の不興を買うわけにはいかない。しかもトランプは電話の前に軍事援助の延期を決めていた。
トランプの「新たな陰謀」
P.40~P.42
あっという間だった。16年の米大統領選に対するロシアの介入疑惑では2年がかりの捜査でも得られなかったものが、今回はあっさり手に入った。ドナルド・トランプが現職のアメリカ大統領としてウクライナの大統領に、軍事援助を餌に自分の政敵への攻撃をけしかけた疑惑が急浮上し、ついにナンシー・ペロシ下院議長(民主党)も、大統領弾劾に向けた調査にゴーサインを出した。もちろん、誰も弾劾(大統領の罷免)が実現するとは思っていない。トランプ自身、今回もロシア疑惑のときと同じ悪質な「魔女狩り」にすぎず、いくら調べても何も出てこないぞと強弁している。しかし2つの疑惑の構図は根本的に異なる。3年前はトランプを勝たせるためにロシアが画策し、それにトランプ陣営が共謀したかどうかが争点だった。しかし今回はトランプ自身が疑惑の中心人物だ。現職大統領が自ら外国の指導者に電話して、私的な利益のために権力を乱用した疑いだ。

ニューズウィーク日本版 Newsweek Japan 2019年10/1号(2019-09-25発売) の特集を少しご紹介

2020サバイバル日本戦略
P.21~P.38
米中対決、韓国の「メルトダウン」、台湾、香港、インドとパキスタンの衝突、イラン、パレスチナ、シリア、ウクライナ、ブレグジット(イギリスのEU離脱)、その他、その他……。今の世界は騒がしくなるばかり。それに油を注ぐのは、ほかならぬアメリカのドナルド・トランプ大統領である。「アメリカを再び偉大な国にする」「アメリカ第一(同盟国や世界のことより、まず米国民の利益を優先)」という彼のモットーは、他国にとって既得権益をトランプに力ずくで奪い取られるということにほかならない。世界の多極化やアメリカのたそがれと言われるが、基軸通貨ドルを擁し、世界最大の市場と最強の軍隊を持つアメリカの力はまだ健在だ。今後1年、世界情勢の基調になるのは、「大統領再選を目指すトランプのあがきがどこまで世界の政治・経済秩序を破壊するか」。
ラグビーが統合するアイルランド
P.44~P.45
ラグビー世界ランク1位の強豪アイルランド代表が9月22日、日本で開催中のワールドカップ(W杯)に登場した。試合前に流れる歌は、アイルランド共和国の国歌でもイギリス領北アイルランドの歌でもない。選手たちを鼓舞するのは、この種の国際イベント用に特別に作られた「アイルランズ・コール」。歌詞にはアイルランド分断の歴史は一切出てこない。少なくともラグビーの国際試合では、「2つのアイルランド」が1つの代表チームに一致して声援を送る。アイルランドでは何世紀もの間、激しい宗教的・政治的紛争が繰り返されてきた。1922年にカトリック教徒主体の南部が自治領「アイルランド自由国」として成立してからほぼ100年。イギリス統治下に残ったプロテスタント主体の北部との間には、今も敵対感情がある。スポーツも例外ではない。サッカーでは全アイルランドの代表チーム結成は望み薄だ。
トランプの混沌がイラン危機をあおる
P.40~P.42
犯人はイランなのか。サウジアラビア東部の石油施設2カ所が9月14日、ドローンと巡航ミサイルに攻撃された事件をめぐる問いの答えは、イエスである可能性が高い。となれば、さらに重大な疑問が浮上する。ドナルド・トランプ米大統領はどう動くのか──。トランプは、極めて厳しい経済制裁によってイランの体制を崩壊させようと決意しているようだ。だがその一方で、戦争には消極的な姿勢を見せている。今年6月にイランが米軍の無人偵察機を撃墜した事件では、報復措置として軍事攻撃を承認したものの、直前になって撤回。9月10日に解任を発表した強硬派のジョン・ボルトン大統領補佐官(国家安全保障担当)とは、トランプが対イラン交渉再開に向けた制裁緩和をほのめかしたことで対立していた。タカ派かと思えばハト派になり、時にはタカ派であってハト派になる……。トランプの態度に困惑させられるのは、実際、態度が分かりにくいからだ。

+   ニューズウィーク日本版 Newsweek Japanの目次配信サービス

ニューズウィーク日本版 Newsweek Japanのレビュー
総合評価: ★★★★☆ 4.20
全てのレビュー:770件

レビュー投稿で500円割引!
ニュースのバランス
★★★★☆2020年07月26日 taka 会社員
詠んでいる間 しばらく日本を離れて鳥のように空から世界を見ることができます。そして記事を読み進むにつれ なぜこんな大事なニュースが日本のテレビやネットでは扱われないのか暗澹たる気持ちになります。
世界の情勢がわかる
★★★★☆2020年07月17日 kiki 役員
表紙からも目を引く雑誌です。読んでも分かりやすく面白い。 定期購読していたが他の雑誌も読みたいため一時お休み中。 また次回購読します。
外国人ジャーナリストからの多角的な視点での投稿に興味津津
★★★★☆2020年07月11日 Vintage Cool 経営者
事象に対し、いまなら、コロナとか、香港、米国大統領選 などについて、実に多角的な視点で 記事が掲載されている。 これらの大半は、外国人ジャーナリストなので、捉え方も独特で、読んでいておもしろい。 週間の薄い雜誌なので、持ち出しやすい点も良いと思います。
ニューズウィーク日本版2020年7月7日号のBLMの記事
★★★★☆2020年07月05日 タナカ 会社員
ピュリツァー賞受賞ジャーナリストのウェスリー•ラウリー氏のblack Lives Matter への特別レポートが分かりやすかった。なかなか日本の新聞やテレビで報道されることの少ないBLMの本質や、今何が起こっているかがわかり本当に素晴らしいレポートでした。これが読めるニューズウィークはすごいし意義深いと思う。
世界を傅恆できる。
★★★★☆2020年07月04日 ryoma ジャ-ナリスト
日本のメディアだけを読んでいるとわからない、各国の政治の舞台裏・世相・人々の動きが傅恆できる。アフリカと中国、中南米と中東との関係など、入り乱れる各国の思惑を知ることが出来、世界の潮流に敏感になれる。会社員のビジネス戦略にも役立つ知識であるし、今を生きる一個人として知っておいて損はしない知識にあふれている。
毎週、楽しみにしています
★★★★☆2020年07月04日 yokko 主婦
今は亡き父が、定期購読していた分が届くので、毎週楽しみに読んでいました。今回、期限が切れたので、これからは、自分で定期購読をお願いしました。
読みやすく、興味を持たせる本
★★★★★2020年06月26日 よこゆう 会社員
5年末継続して講読しています。新聞ではわからない事や情報を得ています。
いつもと別な視点から世界が見える
★★★★☆2020年06月23日 Dai 経営者
何か一つの媒体や団体からだけの情報から見える世界は偏っていると感じていました。 Newsweekも一つの雑誌ではありますが、我々の視点を一つ増やしてくれる点ではとても有意義です。 それにゴシップの類が少ないのも好きなところです。
世界の情勢がわかる
★★★★☆2020年06月05日 にんにん 会社員
ニューズウィークを読んでいると世界の情勢が分かります 国内だけでなく世界の常識を知る良い機会だとおもいます
日本のメディアに疑問を感じたら
★★★★☆2020年06月04日 ばるなべ 社長
右だ左だといったところで、実際のところはどうなんだ?日本のテレビ、新聞に不信感を抱いたら、ちらっとこの雑誌をめくってみるといい、それが全てでないことを確信させてくれるはず。
レビューをさらに表示

ニューズウィーク日本版 Newsweek JapanをFujisan.co.jpスタッフが紹介します

ニューズウィーク日本版 Newsweek Japanは、CCCメディアハウスから発行されている週刊誌です。その名の通り、アメリカで流通しているニューズウィークの日本語版で、世界各国で起きた出来事や国際問題などを独自の視点で分析して紹介しています。日本版ということで、特に東アジア情勢にフォーカスした記事が多く掲載されているのが特徴で、社会のテスト対策として時事問題を押さえておきたい学生にとっても有用な雑誌と言えるでしょう。

ニューズウィークの紙面は日本版独自の記事に加えて、アメリカ版の翻訳も掲載されており、同国からの目線で世界情勢がどのように報じられているのかを知るにもよい情報源です。前述の通り、単に事実だけを載せているのではなく、実力に定評のある記者たちが自分の考えを交えて記事を書いていることから、政界や財界の著名人にも愛読者が多く存在しています。そのため、経営者の感覚を持っておきたいビジネスマンや政界を目指そうとしている人であればぜひ定期的に購読しておきたいところです。本書を購読することによってグローバルな感覚を養っておくことが、これからの国際化に向けては重要となってくるはずですので、社会人から学生まで幅広い層にお勧めです。

ニューズウィーク日本版 Newsweek Japanのバックナンバー

ニューズウィーク日本版 Newsweek Japanの今すぐ読める無料記事

ニューズウィーク日本版 Newsweek Japanを買った人はこんな雑誌も買っています!

ビジネス・経済 雑誌の売上ランキング

1 正論

産経新聞社

最大
12%
OFF
送料
無料

正論

2020年07月31日発売

目次: 【大特集 尖閣喪失寸前】
日本は「受け身」やめよ インド政策研究センター教授 ブラーマ・チェラニー
東シナ海は8月が危ない 東海大学教授 山田吉彦
迫ってくる日中中間線  石垣市長 中山義隆
米FBI長官が明かす 中国の経済スパイ活動     訳・本誌編集部
中国共産党は諸悪の根源だ       作家・ジャーナリスト 門田隆将×評論家 石 平
五つの火薬庫と五発の爆弾  チャイナ監視台        産経新聞台北支局長 矢板明夫 
反中になりきれないインドの事情 国際基督教大学上級准教授 近藤正規 


何があったかお話しします   札幌国際大学教授(係争中) 大月隆寛 

【特集 「イージス・アショア」断念の背景と今後】
自国を守る国に変わる好機到来 元陸上幕僚長 岩田清文 
太平洋での軍事衝突も 海上防衛強化せよ 元海上幕僚長、三波工業株式会社特別顧問 武居智久 
改めて訴える「防衛的防衛」 防衛大学校教授 神谷万丈 
日米「盾と矛」の役割見直しを 衆院議員 長島昭久


【特集 ポスト安倍を直撃】
総理になれるかは天命 元自民党幹事長 石破 茂
情熱が足りない?覚悟はありますよ 自民党政調会長 岸田文雄

【特集 米国で起きている潮流】
ポリコレに蝕まれる米軍      麗澤大学准教授 ジェイソン・モーガン 
大統領選は「文化戦争」に        慶応義塾大学教授 渡辺 靖   
トランプ再選阻止のうごめきに注意  アメリカの深層特別版            福井県立大学教授 島田洋一 

【特集 メディアのココがダメでしょ】
中国「臓器移植」が美談? 評論家 三浦小太郎 
主義主張と願望を込めた捏造報道     元海上保安官 一色正春 
報道機関なのに事実を伝えない     評論家 八幡和郎 
〝上から目線〟〝誘導質問〟民意測れない世論調査     政策シンクタンク代表 原 英史 
「ヘイト認定」が暴走 フジ住宅訴訟判決を解説       産経新聞大阪正論調査室長 小島新一  

▼終戦から75年
孫の世代が果たす祖父からの〝宿題〟              登山家 野口 健✕ノンフィクション作家 早坂 隆 
今こそ先人たちを「顕彰」しよう          大阪観光大学国際交流学部講師 久野 潤   


【好評連載!】
<話の肖像画>台湾と歩んだわが人生㊦  元台湾総統 陳水扁/聞き手 矢板明夫 
短期集中連載緊急シミュレーション小説 202X年日本黙示録 OKI(隠岐)を奪還せよ       
                  最終回  壮大な実験               作家 杉山隆男
昭和の大戦とあの東京裁判 ―同時代を生きた比較史家が振り返る― 第7回 複眼で見る歴史
東京大学名誉教授 平川祐弘 

【グラビア】
巻頭カラー 皇室歳時記  信任状捧呈式 再開
文字のふるさと  瀧野喜星
不肖・宮嶋の現場 はるばる来たぜ木更津へ
業田良家 それ行け!天安悶
西原理恵子 ぬるま湯正論
文人論客 壷中之天  岡倉天心「日暮里 羽二重団子本店」/取材・構成 将口泰浩


巻頭コラム 激流世界を読む 田久保忠衛
フロント・アベニュー 麗澤大学教授 八木秀次 
フィフィの本音                タレント フィフィ
政界なんだかなあ 産経新聞政治部編集委員兼論説委員 阿比留瑠比  
経済快快 産経新聞特別記者 田村秀男
君は日本を誇れるか     作家 竹田恒泰
SEIRON時評 評論家 江崎道朗 
朝鮮半島藪睨み                      産経新聞編集委員 國學院大學客員教授 久保田るり子 
シリーズ対談 日本が好き! 特攻隊を思い精一杯演じます     女優 島村明日果 /ジャーナリスト 井上和彦  
シネマ異聞 そこまで言う⁉         読売テレビ・チーフプロデューサー 結城豊弘  
読書の時間 潮匡人/桑原聡のこの本を見よ
読者のプロムナード
編集者へ・編集者から    
メディア裏通信簿                
折節の記                    
操舵室から                   

参考価格: 900円 定期購読(1年プラン)なら1冊:790円

日本人の鼓動が響く雑誌です。~フジサンケイグループのオピニオン誌「正論」~

  • 2020/07/01
    発売号

  • 2020/06/01
    発売号

  • 2020/05/01
    発売号

  • 2020/04/01
    発売号

  • 2020/02/29
    発売号

  • 2020/02/01
    発売号

2 PRESIDENT(プレジデント)

プレジデント社

最大
58%
OFF
送料
無料

PRESIDENT(プレジデント)

2020年07月22日発売

目次: 特集

1分で「伝わる」話し方
知らないと恥をかく基本がぎっしり!

痛快! 吉村洋文大阪知事の「すごい会話術」
カリスマリーダーの「声・表情・文章・ことば」を科学する
▼孫正義のスピーチ…………「ホラ=ビジョン」の類まれなるユーモアセンス
▼柳井正の発信力……………「大切なことを絶対に伝える」基本を守る
▼似鳥昭雄の話術…………… 親父ギャグを交えて「お、ねだん以上。」の話し方
▼小池百合子の魔力…………「女性が応援したくなる」魔法の言葉
コラム▼Zoomであの人を見るとイラつく感情は、脳科学で解明できた ◎枝川義邦
名経営者が伝授「部下、顧客を心酔させる」大鉄則

話ド下手がトークの天才に!
ローソン/ジャパネットたかた/GMOインターネット/野村HD/武蔵野
グーグル潜入! 取材班が見た「1分で、何を、どう伝えているか」

マスク会話&オンライン会議を攻略せよ!
▼マスク美人………………… CAがやさしく教える! マスク越しの笑顔のつくり方
▼マスク会話………………… お悩み「会話・呼吸、メガネの曇り、メイク落ち」を一発解決!
「在宅ワーク」進めるFacebook、過大評価しないApple ◎浜根圭佑
仕事しながら月+10万円を稼ぐ完全手法 ◎小林昌裕
Webライター/動画編集/ネット物販/インスタグラム運用/株/FX/不動産/ソーシャルレンディング
行列のできるテレワーク法律相談所 ◎野澤 隆/末 啓一郎
▽勤務時間ちょろまかして7時間労働を捏造してしまいました ほか
Zoom/Google Meet/LINE/Teams…

できる!「在宅ワーク」完全ガイドブック・決定版 ◎三上 洋
コロナ危機でも「絶好調企業」の意外な秘密
▼ケンタッキーは売上37・6%アップ▼集英社アプリ「少年ジャンプ+」は1500万DL
堀江貴文「スペースXに負けない、これからの宇宙ビジネス戦略を語ろう」
コロナにやり返すプレジデントのお金の学校

「株・金で10倍儲ける」 「不動産はすぐ売る」
NEWS & INTERVIEWS
ユニクロ柳井正が100億円寄付を決めた「本物の匂い」
面接で、ヤバい人は「たった2つの質問」で見抜け
人事部・匿名座談会◎経営者の本音は「在宅勤務に反対」
日本損害保険協会会長・広瀬伸一 インタビュー
好評連載
人間邂逅[770]

●池田 明×亀田 信介

圧倒的なエネルギー
茂木健一郎の「成功への物語」[218]

“ひらめき”を放置する人が知らない事実
大前研一の「日本のカラクリ」[248]

「新しい働き方」模索者が新型コロナで急増中
菅義偉の「戦略的人生相談」[7]

「あなた自身の人生」を始めよう
飯島 勲の「リーダーの掟」[271]

今しかない。拉致問題解決に秘策あり
齋藤孝の「人生がうまくいく古典の名言」[42]

なぜ誰でも簡単に思いつくようなビジネスが大成功するのか
「橋下 徹」通信[104]

ダム中止には「ダム以外の治水」が不可欠である
猫組長の「ダークサイド経済日誌」[10]

米の実暴力から見える欧州の分断・新冷戦
伊藤詩織の「ドーナツてるの?」[7]

タイに逃れたロヒンギャが売っていた、名古屋のママチャリ
鈴木宗男×佐藤 優の「世界大地図」[12]

検察は正義の味方ではない! その権力と汚れた手法を明かす
三浦瑠麗の「山王日記」[11]

文通から始まる過去の自分をめぐる旅『チィファの手紙』
本田 健の「賢者は年収3000万の小金持ちを目指す」[12]

価値観の違う親に、衝撃の事実をカミングアウトする方法
池上 彰と増田ユリヤの「ドキドキ大冒険」[43]

核なき世界を願い続ける地 広島
笹井恵里子の「あなた vs 〇〇〇」[12]

ドリンク
銀座ザボン・水口素子の「愛しい人」[3]

銀座の女は、そう易々と体を売らない
職場の心理学[709]

いつも、そこに小室哲哉がいた 歌うと元気が出るJ-POP
マネーの新流儀 [306]●山野祐介

「レジ袋有料化でエコバッグ」は正しいのか
新刊書評

近内悠太 著『世界は贈与でできている 資本主義の「すきま」を埋める倫理学』
福原秀己 著『2030「文化GDP」世界1位の日本』
クローズアップ・ニッポン

著者インタビュー

木村尚敬 著『管理職失格 新世代リーダーへの条件』
柳田由紀子 著『宿無し弘文 スティーブ・ジョブズの禅僧』
経営者たちの四十代[258]●街風隆雄

●古河電気工業会長・柴田光義

変化を楽しみ、受け入れよう
プレジデント言行録
エディターズノート
読者の声
平河の燕巣から

参考価格: 780円 定期購読(学割6ヶ月プラン)なら1冊:325円

現代の悩めるビジネスリーダーの「問題解決のバイブル」として、米国FORTUNEの日本版として始まりました日本一のビジネス誌「プレジデント」を!

  • 2020/07/10
    発売号

  • 2020/06/26
    発売号

  • 2020/06/12
    発売号

  • 2020/05/22
    発売号

  • 2020/05/08
    発売号

  • 2020/04/24
    発売号

最大
15%
OFF
送料
無料

ダイヤモンドZAi(ザイ)

2020年07月21日発売

目次: あらゆる世代のための「攻め」と「守り」の総合マネー誌
ダイヤモンド・ザイ
Diamond ZAi
2020 9 September


大暴落に備えよ!
村上世彰さんに聞く

コロナ禍での投資の心構え


CONTENTS1


震災もコロナもへっちゃら!
継続こそ企業の実力!
10年連続株

発表!
4大ランキング

PART1
今まで&この先
減配しない株は?
10年配当株ベスト50

PART2
配当が増え続ける株は
コロナ禍で圧勝!
10年増配株全52

PART3
10期以上売上を
伸ばし続けるスゴイ株!
10年成長株全63

PART4
現金を持つ
イザという時強い株!
10年金持ち株全62

Column


上場10年以内で5年以上連続増配
未来の10年増配株を探せ!


10年連続でROEが2ケタの企業
稼ぎ方が上手い株を探せ!


Withコロナ時代の株主優待
新常識&カタログ47

Part 1
優待投資家たちのぶっちゃけ座談会

Part 2
勝ち負けが鮮明に!外食優待15

Part 3
Withコロナで大活躍優待カタログ32
食品
買物
日用品

桐谷さんのコロナ籠城生活


CONTENTS2


2020年株主総会
事件簿

Part1
お騒がせ株
●日産自動車
●日本郵政

Part2
注目のM&A株
●大戸屋HD
●Zホールディングス

Part3
気になる人気株
●ソフトバンクG
●オリエンタルランド ほか


10年ずっと成績がいい投信ベスト15


ZAi NEWS CHANNEL
1 夫婦のおかね、2人に1人は隠し事あり!
2 人気加速中の
ダブルインバースETFって?


別冊付録
データで判明! 勝つための秘策!?
自分でやらないFX


自腹でガチンコ投資!
AKB48株ガチバトル
サード・シーズン
「小麟、スマホでパパッと銘柄探し」編


AKB48
武藤十夢のわくわくFX生活(ライフ)!
「スキャルパー十夢誕生!」


株入門マンガ
恋する株式相場!
VOL.47 「コロナ禍で株価上昇はひと時の夢」


マンガ
どこから来てどこへ行くのか日本国
事故物件サイト大島てるが語る
ちょっとコワイ話


月イチで健全度&利回りの変化をチェック!
人気毎月分配型100本の
「分配金」速報データ!


好評連載


表紙の人/Precious Talk Lounge!
奈緒


アナリストがガチンコ勝負! 1カ月先の日本株大予測


3カ月先を読む「日本株」と「為替」の透視図


読者の情報交換スポット/ZAiクラブ


読者アンケート


Information & Present


次号予告


年間定期購読のお知らせ


資料請求の仕方

15名様に
豪華プレゼントが
当たる!

インターネット(http://ad.diamond.ne.jp/zai/)
または、巻末の無料ハガキで
気になる広告の資料をドンドン請求しよう。

カタログギフト
図書カードNEXT
が当たります!

株価チャート提供
株式投資情報サイト
ケンミレ株式情報
http://www.miller.co.jp/
(一部のチャートについては
編集部で作成したものがあります)

参考価格: 750円 定期購読(1年プラン)なら1冊:638円

マネービギナーのための楽勝攻略マガジン。お金や投資に役立つ情報が満載!

  • 2020/06/19
    発売号

  • 2020/05/21
    発売号

  • 2020/04/21
    発売号

  • 2020/03/21
    発売号

  • 2020/02/21
    発売号

  • 2020/01/21
    発売号

4 TIME(タイム)

Time Magazine Hong Kong Limited

最大
75%
OFF
送料
無料
参考価格: 1,100円 定期購読(学割1年プラン)なら1冊:270円

No.1国際英文ニュース誌!本商品はTime Asia Edition です。

最大
10%
OFF
送料
無料

企業診断

2020年07月29日発売

目次: ■特集 事例IV 経営分析──勝利の解答メソッド 平野純一

第1章 経営分析,本当に理解できていますか?
第2章 選択指標の歴史的傾向と対策
第3章 頻出の指標をマスターする
第4章 指標の選択方法と記述のフレームワーク
第5章 実戦! 過去問演習──先着50名様限定の誌上添削付き

■連載 インタビュー Umano! #27
「本気になったら大原」の強みとは──実学と人格育成で「幸せな就職」を提供する
学校法人大原学園 理事長 中川和久さん

■インタビュー 誰もがM&Aの買い手・売り手になる時代をつくる
株式会社トランビ 代表取締役 高橋聡さん

■トピック 業界最前線──健康食品業界の最新事情

■トピック インボイス制度が始まる前に──中小企業は何を準備すべきか

■論考 デザイン思考の実践

■シリーズ 指針は世界! 海外進出ナビゲート
診断士が見たルワンダ

■シリーズ 企業の魅力を引き出すシゴト 販売促進コンサルタントが行く!
株式会社ライブラリーデザイン

■シリーズ 私の愛した診断士受験 多年度受験生のモチベーション維持法

■講座 中小企業診断士試験 実戦! 錬成問題集
中小企業診断士第2次試験対応
事例I 組織(人事を含む)に関する事例
事例II マーケティング・流通に関する事例
事例III 生産・技術に関する事例
事例IV 財務・会計に関する事例

など

参考価格: 1,430円 定期購読(月額払いプラン)なら1冊:1,287円

1953年創刊以来、ビジネス・クリエーターのための情報誌として高く評価されています

  • 2020/06/27
    発売号

  • 2020/05/27
    発売号

  • 2020/04/28
    発売号

  • 2020/03/27
    発売号

  • 2020/02/27
    発売号

  • 2020/01/29
    発売号

最大
30%
OFF
送料
無料

ニューズウィーク日本版 Newsweek Japan

2020年08月04日発売

目次: Special Report
人生を変えた55冊
コロナ自粛の夏休みは読書で自分を高めるチャンス──
世界と日本の著名人が教える「価値観を揺さぶられた本」
読書 あなたの人生を変える55冊
劉 慈欣 「大機械」と「2001年」が私をSF作家へと導いた
エディー・ジョーンズ 良書を通じて学んだ小さい日本人の戦い方
壇蜜 因果応報と百合萌えと壇蜜としての天命と
ウスビ・サコ 価値観を揺さぶられて気付いた自由の意味
ローランド 「捨てる」大切さと対人術の極意を知り、僕は変わった
中満 泉 ボスニアの「アンネ」と国連事務総長の孤独
デービッド・ピース 別の世界の作品で孤立の時代に共感を
閻 連科 鎌とニラとニラを食べる人──「発禁作家」の5つの足跡
マーサ・ヌスバウム ディケンズの小説で社会の不平等を知った
太田 光 藤村、太宰からヴォネガットまで「笑い」の原点に哲学あり
加藤シゲアキ 小説を読む感動に『ライ麦畑』でつかまって

Periscope
SOUTH AFRICA コロナ禍の南アで「フェミサイド」急増
UNITED STATES トランプがすがる選挙延期は可能か
BRITAIN 英ヘンリー王子夫妻「暴露本」の破壊力
GO FIGURE トランプ政権下で政府債務が急拡大中

Commentary
イギリス 中国に無関心で甘い時代の終焉──コリン・ジョイス
欧州 コロナが迫るサステナブル転換──ヨシュカ・フィッシャー
米政治 史上初の女性大統領が決まる?──サム・ポトリッキオ
Superpower Satire 風刺画で読み解く「超大国」の現実
追悼:不屈の闘士が望んだもの──ロブ・ロジャース&パックン
Economics Explainer 経済ニュース超解説
それでも財政破綻は現実問題だ── 加谷珪一
Help Wanted 人生相談からアメリカが見える
夫の前妻が残した留守電が気になる
Oral History あなたの人生 聞かせてください
第三者が被爆体験を語る意義── 久保田智子
Japanese Cinema Notes 森達也の私的邦画論
無様なのにキラキラ輝く『ばかのハコ船』── 森達也

World Affairs
親権問題 日本人「子供連れ去り」にEUが激怒
新型コロナ 逆流する中東出稼ぎ労働者
追悼 台湾を変えた男、李登輝よさらば

Features
諜報 ファーウェイは通信傍受する、英米のように

Life/Style
Movies 子役スターと父のゆがんだ愛の行方
Movies 「スパゲッティの神」に願いを
Work 理想のテレワーク・ファッションを探して
Technology 紙と鉛筆で作る装着型生体センサー
Celebrity コロナで学ぶセレブパワーの使い方

Tokyo Eye 外国人リレーコラム── 石野シャハラン
副業推進で日本の格差は広がる

参考価格: 480円 定期購読(3年プラン)なら1冊:336円

日本だけのニュースを読むか、世界と同じニュースを読むか。世界と同じニュースを読む!それが、ニューズウィーク・バリュー

  • 2020/07/28
    発売号

  • 2020/07/21
    発売号

  • 2020/07/14
    発売号

  • 2020/07/07
    発売号

  • 2020/06/30
    発売号

  • 2020/06/23
    発売号

最大
50%
OFF
送料
無料

月刊経理ウーマン

2020年07月20日発売

目次: 月刊経理ウーマン

□2020/7/20発売号(現在発売中の号)


【特別企画】
いくらまでなら損金にできる? 隣接科目との違いはどこにある?
「交際費の税務」がすらすら理解できる3時間セミナー

経理担当者の皆さんにとって馴染みのある勘定科目の一つが「交際費」です。社内や取引先との円滑なコミュニケーションのために欠かせない費用ですが、一方でグレーゾーンが多い経費でもあります。また実際の実務では、広告宣伝費や福利厚生費、会議費等と交際費の違いに迷うケースも少なくありません。今月の特集では「交際費の税務取扱い」について徹底解説します。


【その他の記事】
◆会社にお金を残すための「節税の極意」
書店に行くと節税に関する書籍がたくさん並んでいます。それだけ節税に関心のある会社が多いということでしょうが、数ある節税策のなかには「やってはいけない節税策」もあります。税金を払いたくないからといって無駄な経費を支出するのは論外ですが、ほかにも節税目的の保険加入で結果的に損をするケースもあるので注意が必要です。そもそも節税には「やってはいけない節税」「とりあえずはやってもいい節税」、そして「積極的にやるべき節税」の3種類があるのです。今月号の特集では会社にお金を残すための「節税の極意」をアドバイスします。

◆「事務所・店舗」などを賃借したときの会計処理
事務所や店舗を賃借する場合には、敷金・保証金、礼金(または権利金)、家賃、仲介手数料の支払いが発生します。毎月の家賃は「地代家賃」で処理しますが、会計処理に迷うケースもあります。たとえば契約更新時の更新料や更新手数料などはどう処理すればよいのでしょうか。あるいは解約時の原状回復費用の仕訳はどうなるのでしょうか。ここでは事務所や店舗などを賃借したときの会計処理について解説します。

◆経理担当者が知っておきたい「コロナ禍対応税制」の概要
新型コロナウイルス感染症拡大による企業への影響を緩和させるために各種の税制措置が講じられています。たとえば売上が減少した企業に対しては、一定の条件のもとで法人税を無担保かつ延滞税なしで1年間納税猶予する特例(特例猶予)が創設されています。経理担当者としてはこうした税制措置の内容を理解し、自社で適用できないか検討する必要があります。ここでは、国税および地方税(固定資産税・都市計画税の軽減措置)関連の税制措置の概要について解説します。

◆「フレックスタイム」にまつわる労務知識6Q6A
「フレックスタイム」は、労働者が日々の始業・終業時刻、労働時間を自ら決めることによって、ライフワークバランスを図りながら効率的に働くことができる制度です。働き方改革の一環として推し進められてきたこの「フレックスタイム」ですが、新型コロナの感染防止で時差通勤の導入を検討する企業も増えているようです。ここでは2019年4月の法改正の内容など、「フレックスタイム」にまつわる労務知識を専門家が解説します。

◆「文房具屋さん大賞2020」最新アイテムカタログ
“文房具のプロ”である売り場の店員さんが「自腹でも買いたい! 」という最高の逸品を選ぶ「文房具屋さん大賞」。1年の間に発売された商品の中から、デザイン、機能、アイデアごとにポイントをつけ、「大賞」の他、「デザイン賞」「機能賞」「アイデア賞」「部門賞」が決まります。受賞した文具は納得のアイデア商品ばかり! 文具好きにはたまりません。ここでは、「部門賞」の中から編集部が厳選した最新のステイショナリーをご紹介しました。ぜひチェックしてみてください!

◆有名人が語る「わたしの金銭哲学」(秋本奈緒美さん)
毎回、各界の著名人の方に「金銭哲学」を語ってもらう連載企画。今月号は1982年1月21日『Rolling80’s』でアルバムデビュー。その後は女優としても大活躍している秋本奈緒美さんにご登場いただきました。

【連載記事】
景気を読む/今月の事務チェックポイント/実務レッスン講座/税理士のひとりごと/今月のシネマ/ホームページガイド/お気に入りの「この1冊」/仕訳ワンポイントレッスン/税金用語辞典/読者の井戸端会議室  他

参考価格: 980円 定期購読(【月額払い】プラン)なら1冊:490円

経理業務のことならおまかせ!あなたの経理センスに磨きをかけてみませんか?

  • 2020/06/20
    発売号

  • 2020/05/20
    発売号

  • 2020/04/20
    発売号

  • 2020/03/20
    発売号

  • 2020/02/20
    発売号

  • 2020/01/20
    発売号

8 週刊ダイヤモンド

ダイヤモンド社

最大
57%
OFF
送料
無料

週刊ダイヤモンド

2020年08月03日発売

目次: 特集
コロナで激変!
大学 序列 入試

Part 1 新型コロナで視界不透明 大学を襲う「七大クライシス」
Interview 岩切正一郎●国際基督教大学学長
Interview 両角亜希子●東京大学大学経営・政策コース准教授
Column スケジュールはひと月遅れ 手探り状態だった就職戦線
Column チャットで質問が相次ぐ 双方向型のウェブ説明会
潜入! 立教大学・NAKAHARA─LAB
学生を締め出しオープンキャンパスは開催? 「もう限界」学生の怒りが爆発
Interview 学長に聞く 田中愛治●早稲田大学総長
Interview 学長に聞く 植木朝子●同志社大学学長
Interview 学長に聞く 曄道佳明●上智大学学長
Interview 学長に聞く 仲谷善雄●立命館総長・立命館大学長

Part 2 コロナ禍にAIで激変? 理系大学の“新序列”
来春の入試は“文低理高”が鮮明に 関西で理系戦争が勃発か
Interview 学長に聞く 村田 治●関西学院大学学長
総合大学には負けられない! 追い風が吹く「理系大学」
Column 「理系復活」をけん引する情報系で学部新設ラッシュ
Interview 岡村総一郎●東京理科大学副学長
10年前の難易度も掲載 主要“理系”大学・学部を網羅! 178大学359学部「全」偏差値
主要63大学「理系」序列全解剖
留学不可で視界不良のグローバル系学部 人気学部から一転、狙い目へ
Interview 学長に聞く 郭 洋春●立教大学総長
Interview 学長に聞く 大六野耕作●明治大学学長
Interview 学長に聞く 阪本 浩●青山学院大学学長
Interview 学長に聞く 芝井敬司●関西大学学長

Part 3 コロナでどうなる大学経営 財務耐久度ランキング
病院など収入も多いが経費もかかる 医学部は大学経営を圧迫
Interview 学長に聞く 田中優子●法政大学総長

Part 4 どうなる2021大学入試&おトクな大学
不透明要因が重なる21年入試 新テストとコロナに備えよ
中堅だけど年収700万円以上の有名企業に行ける! 高レバレッジ大学リスト
首都圏/公立・私立/318校 学歴レバレッジ度リスト
東大・京大に面接で入れる“お得”な大学院はここだ


特集2
3ステップで超理解!
プロが教える
株&為替予測入門


News

ダイヤモンドレポート
売上“消滅”でJTB、HISが瀕死に
“Go To”でも経営危機の4社業績試算


(1)Close Up 地銀・国際金融・デジタル通貨 氷見野金融庁長官を待つ難題


オフの役員 土屋哲雄●ワークマン専務取締役


ウォール・ストリート・ジャーナル発
【社説】米の対中強硬姿勢、選挙対策にあらず
新ゴールドラッシュ、投資家が群がる訳とは?
米雇用に警告灯、回復の雲行き怪しく


Market

為替市場 透視眼鏡
リスクオンのドル安は来年以降 ユーロ、豪ドルの波乱を警戒●田中泰輔

金融市場 異論百出
「半沢直樹」を見て悩み深まる オールドジャパンの構造問題●加藤 出


Data

数字は語る
26% 地方圏(三大都市圏以外の36道県)でのテレワーク実施率●神田慶司


ダイヤモンド・オンライン発
マツキヨHDとココカラ統合による「業界1位」が怪しくなってきた理由


連載・コラム

井手ゆきえ/カラダご医見番
深堀圭一郎のゴルフIQを高めよう!
山本洋子/新日本酒紀行
牧野 洋/Key Wordで世界を読む
渡部潤一/大人のための最先端理科
Book Reviews/佐藤 優/知を磨く読書
Book Reviews/オフタイムの楽しみ
Book Reviews/目利きのお気に入り
Book Reviews/ビジネス書ベストセラー
校條 浩/シリコンバレーの流儀
後藤謙次/永田町ライヴ!
読者アンケート
From Readers From Editors
世界遺産を撮る

This is.(宮本製作所)
ビジネス掲示板

定期購読(学割1年プラン)なら1冊:314円

書店で一番売れているビジネス週刊誌(ABC協会調べ)東証企業情報満載

  • 2020/07/27
    発売号

  • 2020/07/20
    発売号

  • 2020/07/13
    発売号

  • 2020/07/06
    発売号

  • 2020/06/30
    発売号

  • 2020/06/22
    発売号

最大
5%
OFF
送料
無料

日経マネー

2020年07月21日発売

目次: ■特集1 次世代10倍株

●次世代10倍株 コロナ後 相場の主役はこれだ! (020p)
●4つのアプローチで未来の10倍株を見つけよう(022p)
●4大テーマで探す大化け成長株 社会の変化の波に乗って勝つ! (024p)
●次代をつくるテーマが10倍株を生み出す コロナ禍で新顔が浮上(025p)
●THEME.1 新しい働き方 関連の注目銘柄コロナ禍で新しい働き方が加速 「独自性」 が銘柄選びの鍵に(026p)
●THEME.2 AI ・ 自動化 関連の注目銘柄 DXとの距離近い銘柄に成長期待(030p)
●THEME.3 消費の変化 関連の注目銘柄コロナ禍で消費行動が大きく変化 新たな商機をつかむ銘柄に注目(032p)
●THEME.4 バイオ創薬 関連の注目銘柄コロナ関連でのブームは一服 これから狙うなら真打ちと出遅れ銘柄(035p)
●大型株から探す 10年で10倍株になる銘柄も(038p)
●ホントの好業績株でがっちり稼ぐ コロナ禍でも成長する企業を探せ! (042p)
●今がチャンス! お宝株はこう探す! (043p)
●業績予想非開示企業からお宝銘柄を発掘 月次情報を活用して好業績株を見抜く(044p)
●注目! 6業種月次ランキング コロナに負けない企業が一目で分かる! (046p)
●200日移動平均線とアナリスト予想の合わせ技(050p)
●業績予想開示企業から鉄板銘柄を探す 5つの視点でお宝好業績株を発掘(052p)
●今こそ仕込みたい10万円株はこれだ! 爆騰期待銘柄をプロが厳選! (056p)
●コロナ禍で“10万円株”に上昇チャンス(057p)
●大化け株の主役はIPO銘柄にあり アフターコロナで注目 急騰銘柄が続々誕生! (062p)
●2020年 下半期IPOはこう攻めろ 目玉不在も初値は好調か需給面での追い風は強い(063p)
●TARGET.1 「地味系」 IPO大化け相次ぐ 「地味系」 見極めの鍵はやはり業績(065p)
●TARGET.2 大型IPO コロナ禍で安定感に脚光 テーマ性ある銘柄は急伸(066p)
●TARGET.3 リベンジIPO 発行条件緩和で需給改善 業績予想は保守的な傾向(068p)


■特集2 ずーっと儲かる! 株主優待 2020夏

●ずーっと儲かる! 株主優待 2020夏 コロナ後の優待投資の新ルール(080p)
●優待改悪と廃止リスクの見極め方 ベテラン優待投資家が伝授(082p)
●8月、9月権利の安心優待セレクション 改悪 ・ 廃止リスクが低い! (084p)
●業績または財務が良好だから安心 優待を続けるキャッシュがある! (085p)
●長期で優待継続しているから安心 実績の裏付けあり! (087p)
●優待制度維持の理由があるから安心 導入に目的あればリスクは低し! (088p)
●自社製品 ・ サービスで低コスト優待だから安心 負担が少ないから続けやすい(089p)
●最近、優待拡充したばかりだから安心 優待重視の姿勢が見える(091p)


■特集3 アフターコロナのアーリー ・ リタイア新戦略

●アフターコロナのアーリー ・ リタイア新戦略(092p)
●辞めていたからこそリバウンドを取れた(094p)
●下落幅は想定以下 運用方針に自信(095p)
●投資も人生も心の余裕が最優先(096p)
●資産激減で株撤退 投資再開は4年後 リーマン ・ ショック経験を先輩に聞く(097p)
●コロナ後のリタイア 6つの心配事にプロが回答(098p)


■表紙の人

●徳永えり 女優 年齢を重ねてできることがある未来が楽しみです(012p)


■先読みTIMES

● 「リベンジ消費」 に期待 持続力には疑問の声も アパレルや家電量販店に恩恵? (015p)
●先行き不透明でもグロース株高の理由(016p)


■先読みカレンダー 2020 8月

●コロナ禍後を見据えGAFAMが先導(018p)


■スペシャル座談会

●乱高下相場はこう乗り切る トッププロとスゴ腕個人が真剣トーク(073p)


■ろくすけさんの勝てる株式投資入門

●投機と投資の違いを理解する(102p)


■株の達人に聞く 今月の注目銘柄

●昨年から時価総額が増えた企業(106p)


■クローズアップ企業

●アディッシュ SNSの監視技術で注目 MaaS関連の成長期待(112p)


■もっと得する株主優待生活

●長く持って真価を発揮 お薦め長期優遇優待(114p)
●8月に取れるお得優待(116p)


■Money Interview

●奥野一成 農林中金バリューインベストメンツCIO 「投資家の思想」 と一歩を踏み出す勇気が働く人と日本を強くする(118p)


■クイズで学ぶ会計知識

●貸借対照表で海外戦略が分かる(122p)


■澤上篤人のゴキゲン長期投資

●最重要の投資先は教育なのだ(124p)


■豊島逸夫の世界経済の深層真理

●株高下の金バブル終焉か、さらなる上昇か(126p)


■広木隆のザ ・ 相場道

●グロース株活況が示す 「非財務シフト」 (128p)


■滝田洋一の経済ニュースここだけの話

● 「バイデン政権」 から目背ける株式市場(130p)


■岡崎良介のマーケット ・ アナライズ

●米長短金利差が示す長いトンネル(132p)


■エミン ・ ユルマズの未来観測

●米国のコロナ禍第2波 強まるトランプへの逆風、頼りはデモの過激化? (134p)


■マネーの達人に学ぶ お金に強い子供の育て方

●早稲田大学大学院 教授 入山章栄さんお金に強い=お金にとらわれない。 重要なのは自分の 「好き」 を知ること(136p)


■マルトクセレクション

●マイナポイントでキャンペーン ほか(139p)


■特許で騰がる株を探せ! 工藤特許探偵事務所

●日本が高い技術競争力を誇る 「化学工業」 関連の割安銘柄(140p)


■山本伸のネクスト爆騰銘柄

●バイデン勝利で環境バブル再燃へ 爆騰期待のパワー半導体関連株(142p)


■関大介のREITウオッチ

●テレワークの進展はオフィス需要を減らすか(144p)


■最新! 投信ランキング

●自粛下の船出で資金集めた米株投信(145p)


■佐々木明子のモーサテ日記

●視聴者と共に米雇用統計をチェック。 「ウェビナー」 という新しい形(146p)


■生保損保 業界ウオッチ

●生活習慣病の重症化を防ぐ 生命保険の特約新サービス(147p)


■ネット証券DATA

●7月3日現在(10%税込み表記) (148p)


■マネー ・ データバンク

●7月7日現在(150p)


■役に立つ! 投資用語集

●株式用語/投資信託用語(151p)


■Readers’ FORUM

●定額給付金10万円の使い道(152p)


■Money Books

●コトラーのリテール4.0 デジタルトランスフォーメーション時代の10の法則 ほか(153p)


■別冊付録

●得する&社会貢献もできる 注目度 急上昇! ふるさと納税 得ガイド

●FX自動売買 解説ブック

参考価格: 750円 定期購読(1年プラン)なら1冊:713円

日経グループがお届けする、信頼できるマネー情報誌です!

  • 2020/06/19
    発売号

  • 2020/05/21
    発売号

  • 2020/04/21
    発売号

  • 2020/03/21
    発売号

  • 2020/02/21
    発売号

  • 2020/01/21
    発売号

ニューズウィーク日本版 Newsweek Japanの所属カテゴリ一覧

キャンペーン&TOPICS

日本最大級の雑誌取り扱い数!
定期購読の利用数100万人以上!
定期購読とは
雑誌を予約することで毎号ご自宅へお届けします!売り切れの心配なし♪
もっと詳しく ▶︎
タダ読みサービス
無料で雑誌が読み放題♪今日発売のあの雑誌も。
もっと詳しく ▶︎
法人サービス
雑誌を年間5万円以上ならお得な法人プレミアムサービスで!
もっと詳しく ▶︎
アフィリエイト
あなたのサイトで雑誌をおすすめしてみませんか?
もっと詳しく ▶︎
カテゴリ一覧
女性ファッション 雑誌
きれいめ・大人カジュアル系 雑誌 モード系・コレクション 雑誌 フェミニン系 雑誌 ママ・主婦 雑誌 コンサバ系 雑誌 ナチュラル系 雑誌 カジュアル系 雑誌 オフィスカジュアル 雑誌 子ども・キッズファッション 雑誌 ガーリー系 雑誌 ティーンズファッション 雑誌 原宿系 雑誌 着物・和服 雑誌 ギャル系 雑誌 セレブ系 雑誌 森ガール系 雑誌
メンズファッション 雑誌
メンズきれいめカジュアル 雑誌 モノ・グッズ 雑誌 メンズカジュアル 雑誌 ストリートファッション系 雑誌 スーツ・トラッド系 雑誌 アメカジ 雑誌 オラオラ系・お兄系 雑誌 腕時計・ブランド 雑誌 古着系 雑誌
ビジネス・経済 雑誌
経営・マネジメント 雑誌 海外事情・国際ニュース 雑誌 政治 雑誌 マネー・投資 雑誌 ビジネス・経済専門誌 求人・転職情報誌 法律・法務 雑誌 環境・エネルギー 雑誌 広告・マーケティング 雑誌 流通・小売 雑誌 人事・総務 雑誌 四季報 外食・ホテル業界 雑誌 会計・税務・経理 雑誌 農業・畜産・漁業 雑誌 飲食店経営・調理師 雑誌 金融 雑誌 貿易 雑誌 地方自治・行政 雑誌 起業・独立開業 雑誌 企業年鑑・データ 業界データブック 自己啓発 雑誌 ビジネスCD・通信教育 株・FX 雑誌 就職・就活 雑誌
健康・生活 雑誌
子供・児童学習 雑誌 子育て・育児 雑誌 家事・生活情報 雑誌 健康・家庭医学 雑誌 住宅・リフォーム 雑誌 住宅情報・賃貸 雑誌 インテリア・雑貨 雑誌 田舎暮らし・エコ・スローライフ 雑誌 結婚情報・ウェディング 雑誌 絵本・大型絵本 妊婦・赤ちゃん 雑誌
スポーツ 雑誌
サッカー・フットサル 雑誌 高校野球・プロ野球 雑誌 ゴルフ 雑誌 その他球技・競技 雑誌 釣り 雑誌 相撲・武術・武道 雑誌 筋トレ・ボディビル 雑誌 ダイビング・マリンスポーツ 雑誌 スノーボード・スキー 雑誌 ランニング・ウォーキング 雑誌 テニス・卓球 雑誌 バレエ・社交ダンス 雑誌 スポーツ医学・コーチング 雑誌 自転車・サイクリング 雑誌 サーフィン・ボディーボード 雑誌 バスケットボール 雑誌 F1・モータースポーツ 雑誌 ダンス 雑誌 プロレス・格闘技 雑誌 ボクシング 雑誌 水泳・ボート 雑誌 ラグビー・アメフト 雑誌
バイク・自動車・乗り物 雑誌
オートバイ 雑誌 カスタムカー・バイク 雑誌 外車・輸入車 雑誌 4WD・RV 雑誌 新車・ニューモデル情報 鉄道・電車 雑誌 飛行機・航空機 雑誌 中古車・中古バイク 雑誌
芸能・音楽 雑誌
テレビガイド・番組表 雑誌 音楽情報誌 エンタメ 雑誌 DVD(ビデオ)マガジン 映画・シネマ 雑誌 韓国(韓流・K-POP) 雑誌 ピアノ・クラシック 雑誌 ギター・ロック 雑誌 演劇・舞台 雑誌 洋楽 雑誌 ジャズ(JAZZ) 雑誌 ジャニーズ 雑誌 グラビア・アイドル 雑誌 写真週刊誌・ゴシップ 雑誌 写真集
グルメ・料理 雑誌
レシピ 雑誌 グルメガイド・レストラン 雑誌 お酒(ワイン・日本酒など) 雑誌 栄養学・食育 雑誌 パン・スイーツ 雑誌
旅行・タウン情報 雑誌
京都・関西 雑誌 関東 雑誌 東京(TOKYO) 雑誌 九州 雑誌 東海 雑誌 東北 雑誌 北海道 雑誌 北陸・信越 雑誌 中国地方 雑誌 四国 雑誌 沖縄情報 雑誌 旅行情報誌 温泉 雑誌 リゾート・レジャー 雑誌 タイ・アジア 雑誌 ハワイ 雑誌 その他 海外情報 雑誌 鉄道・バス時刻表本 航空時刻表
アニメ・漫画 雑誌
少年コミック・漫画 少女コミック・漫画 青年コミック・漫画 レディース(女性)コミック アニメ 雑誌 声優 雑誌 comics&アメコミ ディズニー・キャラクター 雑誌 コスプレ 雑誌 BL(ボーイズラブ)コミック・雑誌
ペット・動物 雑誌
犬 雑誌 猫 雑誌 トリマー・ペット業界 雑誌 魚・熱帯魚 雑誌 昆虫 雑誌 ペットその他 雑誌
文芸・総合 雑誌
女性総合誌 男性総合誌 カルチャー・文化 雑誌 文芸誌・小説 雑誌 時事・社会 雑誌 機内誌 宗教 雑誌 歴史・史学 雑誌 思想・心理学 雑誌 俳句・短歌・詩 雑誌 占い・開運 雑誌 書道 雑誌
趣味・芸術 雑誌
デザイン・アート 雑誌 プラモデル・模型 雑誌 ガーデニング・園芸 雑誌 手芸・ハンドメイド 雑誌 パズル・クイズ 雑誌 ナンプレ・数独 雑誌 クロスワード・ナンクロ 雑誌 ミリタリー・サバゲー 雑誌 競馬・競輪・競艇 雑誌 オーディオ・ステレオ 雑誌 アウトドア・キャンプ 雑誌 カメラ・写真 雑誌 分冊百科・ワンテーママガジン 将棋・囲碁 雑誌 イラスト・グラフィックデザイン 雑誌 建築・住宅建築 雑誌 陶芸・骨董 雑誌 ラジオ・無線 雑誌 ゲーム 雑誌 フィギュア・ホビー 雑誌 DIY・工具 雑誌 パチンコ・パチスロ 雑誌 ハイキング・登山 雑誌 麻雀 雑誌
ヘアカタログ・美容 雑誌
メイク・ネイル 雑誌 フィットネス 雑誌 ヘアスタイル 雑誌 ヨガ 雑誌 美容専門誌 ダイエット 雑誌 アロマ 雑誌
看護・医学・医療 雑誌
ナース 雑誌 介護・福祉 雑誌 医療技術 雑誌 薬学 雑誌 臨床外科 雑誌 臨床内科 雑誌 医療時事 雑誌 歯科 雑誌 獣医学 雑誌 理学療法 雑誌 その他 医学雑誌
教育・語学 雑誌
その他 NHKテレビ・ラジオテキスト NHK語学テキスト 幼児教育 雑誌 小学生教育 雑誌 中学教育 雑誌 高校教育 雑誌 受験・留学 雑誌 試験問題集・資格 雑誌 日本語学習 教材 ハングル・韓国語学習 教材 中国語学習 教材 リスニング教材・語学CD 英語教育・英会話 教材 フランス語学習 教材 ドイツ語学習 教材 スペイン語学習 教材 その他 語学雑誌 教員・教師 雑誌 通信・教育講座
テクノロジー・科学 雑誌
宇宙・天文 雑誌 機械 雑誌 化学 雑誌 情報処理 雑誌 地球科学・環境問題 雑誌 生物・生物学 雑誌 数学・物理 雑誌
パソコン・PC 雑誌
コンピューター・自作PC 雑誌 ネットワーク・セキュリティ 雑誌 Webデザイン・プログラミング 雑誌 DTP・グラフィック 雑誌 アプリ・スマホ 雑誌 インターネット 雑誌 Mac・マック 雑誌
新聞・業界紙
英字新聞 業界新聞・専門紙 新聞縮刷版 切り抜き・クリッピングマガジン 全国紙(新聞) 中国語 新聞・業界紙 地方紙(新聞)
洋(海外)雑誌
English newspaper Science&Nature Magazines Language&Education Magazines Money&Business& Magazines Fashion&Style Magazines others Design&Architecture Magazines Hobby&Entertainment Magazines Home&Interior Magazines Computers&Electronics Magazines バイリンガルマガジン・雑誌
中国雑誌
中国 ビジネス・経済 雑誌 中国 旅行・タウン情報 雑誌 中国 趣味・芸術 雑誌 中国 看護・医学 ・医療 雑誌 中国 文芸・総合 雑誌 中国 教育・語学 雑誌 中国 テクノロジー・科学 雑誌 中国 スポーツ 雑誌 中国 ファッション 雑誌 高等文化院校学報 高等理工学院学報 中国 バイク・車・乗り物 雑誌 中国 健康・生活 雑誌 中国 学生・こども向け 雑誌
その他
その他 雑誌