• 雑誌:ニューズウィーク日本版 Newsweek Japan
  • 出版社:CCCメディアハウス
  • 発行間隔:週刊
  • 発売日:毎週火曜日
  • サイズ:A4変形
  • 参考価格:[紙版]480円 [デジタル版]400円
  • 雑誌:ニューズウィーク日本版 Newsweek Japan
  • 出版社:CCCメディアハウス
  • 発行間隔:週刊
  • 発売日:毎週火曜日
  • サイズ:A4変形
  • 参考価格:[紙版]480円 [デジタル版]400円
  • 雑誌
  • デジタル版
  • 42%OFF

ニューズウィーク日本版 Newsweek Japan

送料無料で毎号お手元にお届けします!
  • 雑誌
  • デジタル版
  • 42%OFF

ニューズウィーク日本版 Newsweek Japan

送料無料で毎号お手元にお届けします!

おすすめの定期購読

定期購読のお申込み・予約

初購入500円割引
Fujisan.co.jpでご購入が初めての方は、5000円以上のご注文で500円割引となります。ご注文確認画面のギフト券入力欄に自動的に適用されます。
レビュー投稿500円割引 or 10%割引
好きな雑誌のレビューを投稿すると、5000円以上のご注文にご利用可能な500円割引ギフト券と、5000円以下の定期購読にご利用可な10%割引ギフト券が、投稿後メールですぐに届きます。
  • 月額払いの商品ではご利用いただけません。
  • どちらかひとつのギフト券が 今すぐご利用可能です♪
ニューズウィーク日本版 Newsweek Japanのレビューを投稿する

STEP1 雑誌の形式

ニューズウィーク日本版 Newsweek Japan 雑誌の内容

  • 出版社:CCCメディアハウス
  • 発行間隔:週刊
  • 発売日:毎週火曜日
  • サイズ:A4変形
  • 参考価格:[紙版]480円 [デジタル版]400円
日本だけのニュースを読むか、世界と同じニュースを読むか。世界と同じニュースを読む!それが、ニューズウィーク・バリュー
政治・経済・国際情勢など、グローバルな視点から徹底した報道をお届けする『ニューズウィーク日本版』。ネット社会だからこそ「信頼」できる「質」の高い情報を求め、「日本だけのニュース」ではない「世界と同じニュース」を読む価値を知る皆様に読まれています。
詳細画像
詳細画像
詳細画像
詳細画像

米国同時多発テロの、マイケル・ジャクソンの悲報を伝え、
結婚を、天才の育て方を科学し、
世界が尊敬する日本人を、人気批評家が注目の映画を紹介し、
最先端医療が、世界の最新トレンドがわかる。

それが、ニューズウィーク・バリュー。

『ニューズウィーク日本版 Digital』

[Digital版]は、1冊まるごとパソコンで読む、もうひとつの読み方です。
●一番早い『ニューズウィーク日本版』!
今すぐ読める[Digital版]は発売日0時の配信。海外勤務、出張もに便利です。
●専用リーダー不要!
パソコンのブラウザで読むため、WindowsにもMacにも対応します!
●完売した「バックナンバー」も購入できます!品切れがありません!


ニューズウィーク日本版

【Newsweekの歴史】


ニュースの裏側にある事実を掘り下げ、その意味を探り、徹底した報道をする──英語版Newsweekはそんな編集方針のもとに、1933年に創刊されました。60年代になると、ベトナム戦争や公民権運動などを早くから積極的に特集して、その「時代を読む目」が高く評価され、急速に部数を拡大しました。アメリカの一般誌で初めて表紙にビートルズを載せたのもNewsweekです。

世界情勢の報道とあわせて、社会や文化のテーマにも力を入れる姿勢は今も貫かれており、90年代以降は同性愛者やエイズの問題、近年は環境問題やテクノロジー関連にも多くのページを割いています。現在、全米で300万部以上、全世界で400万部近い発行部数をもち、TIMEとともにアメリカを代表するニュース週刊誌となっています。

ご自宅やオフィスへ毎週お届けします。
重大ニュースや関心をおもちのテーマを読み逃す心配がありません。
お得な割引価格でご購読いただけます。
※価格は消費税込みです。

送料は無料です(ゼロ円)。
売れ切れがなく、今スグ読める!デジタル版はお届けも最速!海外勤務、出張に便利!

地球を救う? トンデモ科学

さよならマイケル世界が尊敬する日本人100人

イラン動乱

資本主義再考

6.12大統領選 イランの針路

北朝鮮危機 核拡半島の脅威

グーグルへの挑戦状

オバマ、オバマを語る

インフルエンザ次なる脅威

ニューズウィーク日本版 Newsweek Japanの無料サンプル

2022年5/17号 (2022年05月10日発売)
2022年5/17号 (2022年05月10日発売)をまるごと1冊ご覧いただけます
サンプルを見る

ニューズウィーク日本版 Newsweek Japan 2022年8/9・16号 (発売日2022年08月02日) の目次

Special Report
世界が称賛する日本の暮らし
治安、医療、食文化、教育、住環境……
日本人が気付かない日本の魅力
ライフスタイル 外国人が証言する暮らしやすい日本
治安 子供が自由に街を歩けるニッポンの不思議──オーウェン・ウェイグッド
医療 平等・最新・丁寧な世界一の保険診療──ニコラス・レニック
食文化 発想力こそ日本食の神髄だ──マッシ
物価 世界が「安っ!」と驚く国──パックン
教育 食育に体育に茶道、世界に誇る教養教育──唐辛子
住環境 小さな空間を最大・最長に生かす美学──アズビー・ブラウン
東京生活 この空の下、11年間暮らしてきた──カン・ハンナ
多様性 「余裕」から生まれる放任のありがたさ──小原ブラス
趣味 包容力にあふれたオタク天国です──はちこ
障害者支援 目の見えない私が見る社会──モハメド・オマル・アブディン
交通 米大使が太鼓判、日本の鉄道は世界最高!──ラーム・エマニュエル
座談会 日本の暮らし、ここが好き──石野&西村&周&ラズロ
Q&A アルトゥルさん、日本に住みたいですか──アルトゥル・ガラタ

Periscope
MONKEYPOX サル痘をどれくらい怖がるべきか
UNITED STATES 刑事訴追の足音がトランプを追い詰める
INDONESIA パプア地方に迫る大量虐殺シナリオ
GO FIGURE ロシア軍の戦死者数、どの数字が正しい?

Commentary
宗教 国際情勢から考える統一教会問題──木村幹
南アジア スリランカ経済危機は人道災害──カウシク・バス
主張 日本は首相国葬を制度化せよ──サム・ポトリッキオ
Superpower Satire 風刺画で読み解く「超大国」の現実
危険な「文化地雷」と老人バイデン──ロブ・ロジャース&パックン
Economics Explainer 経済ニュース超解説
いよいよ日本を押し潰す貿易赤字── 加谷珪一
Help Wanted 人生相談からアメリカが見える
義父母の口出しに気が狂いそう
[新連載]Another Look 忘れられたニュース
「日本でゼロコロナ」誰が言った?──石戸諭
Japanese Cinema Notes 森達也の私的邦画論
美学と美学が衝突する『けんかえれじい』── 森達也

World Affairs
米中関係 ペロシの訪台計画はどこかで見た風景
ミャンマー 民主派の死刑執行で一線を越えた軍政
タリバン 再訪のアフガンは暴力と不条理だらけ
イタリア 迫る右派ポピュリズムの時代
ウクライナ戦争 対ロシア制裁は徐々に効果あり

Life/Style
Movies 最強の男、コードネームはシックス
Celebrity 結婚で名字を変えたジェニロペ
My Turn トランスジェンダー選手は女子競技に不要

Picture Power
樹木が内包する空襲の炎の記憶

Tokyo Eye 外国人リレーコラム── 石野シャハラン
倹約国家ニッポンの知られざる実力
他の日本のメディアにはない深い追求、グローバルな視点。「知とライフスタイル」のナビゲート雑誌。

※デジタル版は紙の雑誌とは一部内容が異なり、掲載されない、または掲載期限のある広告や写真、記事、ページがある場合がございます。また、掲載されているプレゼント企画に、デジタル版ではご応募できません。あらかじめご了承ください。



Special Report
世界が称賛する日本の暮らし
治安、医療、食文化、教育、住環境……
日本人が気付かない日本の魅力
ライフスタイル 外国人が証言する暮らしやすい日本
治安 子供が自由に街を歩けるニッポンの不思議──オーウェン・ウェイグッド
医療 平等・最新・丁寧な世界一の保険診療──ニコラス・レニック
食文化 発想力こそ日本食の神髄だ──マッシ
物価 世界が「安っ!」と驚く国──パックン
教育 食育に体育に茶道、世界に誇る教養教育──唐辛子
住環境 小さな空間を最大・最長に生かす美学──アズビー・ブラウン
東京生活 この空の下、11年間暮らしてきた──カン・ハンナ
多様性 「余裕」から生まれる放任のありがたさ──小原ブラス
趣味 包容力にあふれたオタク天国です──はちこ
障害者支援 目の見えない私が見る社会──モハメド・オマル・アブディン
交通 米大使が太鼓判、日本の鉄道は世界最高!──ラーム・エマニュエル
座談会 日本の暮らし、ここが好き──石野&西村&周&ラズロ
Q&A アルトゥルさん、日本に住みたいですか──アルトゥル・ガラタ

Periscope
MONKEYPOX サル痘をどれくらい怖がるべきか
UNITED STATES 刑事訴追の足音がトランプを追い詰める
INDONESIA パプア地方に迫る大量虐殺シナリオ
GO FIGURE ロシア軍の戦死者数、どの数字が正しい?

Commentary
宗教 国際情勢から考える統一教会問題──木村幹
南アジア スリランカ経済危機は人道災害──カウシク・バス
主張 日本は首相国葬を制度化せよ──サム・ポトリッキオ
Superpower Satire 風刺画で読み解く「超大国」の現実
危険な「文化地雷」と老人バイデン──ロブ・ロジャース&パックン
Economics Explainer 経済ニュース超解説
いよいよ日本を押し潰す貿易赤字── 加谷珪一
Help Wanted 人生相談からアメリカが見える
義父母の口出しに気が狂いそう
[新連載]Another Look 忘れられたニュース
「日本でゼロコロナ」誰が言った?──石戸諭
Japanese Cinema Notes 森達也の私的邦画論
美学と美学が衝突する『けんかえれじい』── 森達也

World Affairs
米中関係 ペロシの訪台計画はどこかで見た風景
ミャンマー 民主派の死刑執行で一線を越えた軍政
タリバン 再訪のアフガンは暴力と不条理だらけ
イタリア 迫る右派ポピュリズムの時代
ウクライナ戦争 対ロシア制裁は徐々に効果あり

Life/Style
Movies 最強の男、コードネームはシックス
Celebrity 結婚で名字を変えたジェニロペ
My Turn トランスジェンダー選手は女子競技に不要

Picture Power
樹木が内包する空襲の炎の記憶

Tokyo Eye 外国人リレーコラム── 石野シャハラン
倹約国家ニッポンの知られざる実力

ニューズウィーク日本版 Newsweek Japan 2019年10/15号(2019-10-08発売) の特集を少しご紹介

嫌韓の心理学
P.19~P.32
現在、日韓関係は「戦後最悪」と言われる。韓国では「反日」デモや日本製品不買運動が行われ、日本を訪れる韓国人旅行者数が激減。他方の日本でも、韓国の「反日」をワイドショーや雑誌が報じ、「韓国への嫌悪」、いわゆる「嫌韓(けんかん)」と呼ばれる現象が目に付くようになった。今年5~6月にかけて日本の非営利組織「言論NPO」が実施した世論調査で、韓国に対して「良い印象を持っている」という人は20%、「良くない印象を持っている」は49.9%と、約半数が悪印象を持つ。インターネット空間には嫌韓コメントがあふれ返り、日本では「嫌韓」がよりありふれた光景になりつつある。では、誰がなぜ嫌韓に「なる」のか。本特集は、嫌韓現象のメカニズムを社会心理学とメディア空間の両面から解き明かそうという試みだ。
ラグビー日本代表、分断と対立を超えて
 「多様性ジャパン」が象徴す日本の現在地とその躍進が社会を変える可能性
P.34~P.37
イギリスの歴史家、トニー・コリンズは大著『ラグビーの世界史』(邦訳・白水社、2019年)の結論に、およそ学者とは思えないほど感情を込めた一文を添えている。「ラグビーはそれをプレイし、観戦するすべての人のために、情熱、プライド、意味を生み出してきた」と。ラグビーは意味を生み出す。ならば、このような問いが成り立つ。世界でおよそ強豪とは言えない日本がラグビーワールドカップで、強豪アイルランドを打ち破った一戦の意味はどこにあるのか――。いくつか考えることができる。前回大会で南アフリカを破ったのに続き、世界を驚かせる大番狂わせの主役になった日本は世界の強豪国に近づいた。長らく低迷してきた日本のラグビー人気に、また火を付けることになる。より魅力的なスポーツコンテンツとしての価値を高めた。いずれもそのとおりだが、ここではラグビーそのものよりも、ラグビー日本代表というチームが映し出す理想像に注目したい。
話題作『全裸監督』を丸裸にする
P.58~P.60
できれば手放しで褒めたかった。『全裸監督』の感想を聞かれると、そう答えている。ストリーミング配信サービス・ネットフリックスのオリジナルドラマのことだ。80年代に「ハメ撮りの帝王」と称されたAV監督・村西とおると、彼の監督作でデビューした黒木香を主人公に据えた作品である。かつて婦人誌編集者として日本のポルノ業界に取材を重ねた筆者は、なじみ深い題材を扱った日本発の意欲作に、大いに期待を寄せていた。配信と同時にニューヨークの自宅で全8話を視聴し、はや2カ月がたつ。数字の上では、非常に好調である。シーズン1の配信開始は今年8月8日、同16日には早くもシーズン2の制作が発表された。今まで国内で制作された同社オリジナル作品の中で最も多く見られたタイトルとなり、新規顧客獲得にも大きく寄与した。現在190カ国以上で配信中、12言語吹き替え、28言語字幕に対応。

ニューズウィーク日本版 Newsweek Japan 2019年10/8号(2019-10-01発売) の特集を少しご紹介

消費増税からマネーを守る経済超入門
P.19~P.38
好むと好まざるとに関係なく、変化はやって来る。必要のない消費増税のように、歓迎できない変化もあれば、キャッシュレス化の進展のように、いい面と悪い面の両面を併せ持つ変化もある。キャッシュレス化は買い物を便利にする半面、プライバシーに関する不安は拭えない。米中貿易戦争のように、影響が読みにくい変化もある。世界を景気後退に引きずり込む可能性もあるが、日米同盟の強化につながったり、将来的に中国を好ましい方向に変える要因になったりするかもしれない。未来は不透明だが、日本人は楽観していい。理由は2つある。第1に、構造的な低成長に悩まされている国は、日本だけではなくなった。「Japanification(日本化)」という英単語を検索すると、何万件もヒットする。世界中で超低金利状態が加速していることからも明らかなように、多く国で成長への期待がしぼんでいる。第2に、日本はこれまで数十年にわたり、この状況を経験してきた。
トランプにへいこらして墓穴を掘ったゼレンスキー
P.8~P.9
今年7月の議会選で自身が率いる新党が圧勝し、トランプ米大統領から祝福の電話を受けたウクライナのゼレンスキー大統領だが、米情報当局者の内部告発をきっかけに電話の内容が公表された。思わぬ伏兵に足を取られた格好だ(関連記事40ページ)。トランプは電話でゼレンスキーにちょっとした頼み事をした。2020年の米大統領選で対戦する可能性が高い民主党のバイデン前副大統領に関し、「多くの人々が知りたがっている」真相を調べてほしいと言ったのだ。ゼレンスキーの立場では、トランプに頼まれればノーとは言えない。14年に南部のクリミア半島をロシアに奪われ、今も東部のドンバス地方で親ロシア派との戦闘が続くウクライナにとって、アメリカの軍事援助は頼みの綱だ。米政府と米議会の不興を買うわけにはいかない。しかもトランプは電話の前に軍事援助の延期を決めていた。
トランプの「新たな陰謀」
P.40~P.42
あっという間だった。16年の米大統領選に対するロシアの介入疑惑では2年がかりの捜査でも得られなかったものが、今回はあっさり手に入った。ドナルド・トランプが現職のアメリカ大統領としてウクライナの大統領に、軍事援助を餌に自分の政敵への攻撃をけしかけた疑惑が急浮上し、ついにナンシー・ペロシ下院議長(民主党)も、大統領弾劾に向けた調査にゴーサインを出した。もちろん、誰も弾劾(大統領の罷免)が実現するとは思っていない。トランプ自身、今回もロシア疑惑のときと同じ悪質な「魔女狩り」にすぎず、いくら調べても何も出てこないぞと強弁している。しかし2つの疑惑の構図は根本的に異なる。3年前はトランプを勝たせるためにロシアが画策し、それにトランプ陣営が共謀したかどうかが争点だった。しかし今回はトランプ自身が疑惑の中心人物だ。現職大統領が自ら外国の指導者に電話して、私的な利益のために権力を乱用した疑いだ。

ニューズウィーク日本版 Newsweek Japan 2019年10/1号(2019-09-25発売) の特集を少しご紹介

2020サバイバル日本戦略
P.21~P.38
米中対決、韓国の「メルトダウン」、台湾、香港、インドとパキスタンの衝突、イラン、パレスチナ、シリア、ウクライナ、ブレグジット(イギリスのEU離脱)、その他、その他……。今の世界は騒がしくなるばかり。それに油を注ぐのは、ほかならぬアメリカのドナルド・トランプ大統領である。「アメリカを再び偉大な国にする」「アメリカ第一(同盟国や世界のことより、まず米国民の利益を優先)」という彼のモットーは、他国にとって既得権益をトランプに力ずくで奪い取られるということにほかならない。世界の多極化やアメリカのたそがれと言われるが、基軸通貨ドルを擁し、世界最大の市場と最強の軍隊を持つアメリカの力はまだ健在だ。今後1年、世界情勢の基調になるのは、「大統領再選を目指すトランプのあがきがどこまで世界の政治・経済秩序を破壊するか」。
ラグビーが統合するアイルランド
P.44~P.45
ラグビー世界ランク1位の強豪アイルランド代表が9月22日、日本で開催中のワールドカップ(W杯)に登場した。試合前に流れる歌は、アイルランド共和国の国歌でもイギリス領北アイルランドの歌でもない。選手たちを鼓舞するのは、この種の国際イベント用に特別に作られた「アイルランズ・コール」。歌詞にはアイルランド分断の歴史は一切出てこない。少なくともラグビーの国際試合では、「2つのアイルランド」が1つの代表チームに一致して声援を送る。アイルランドでは何世紀もの間、激しい宗教的・政治的紛争が繰り返されてきた。1922年にカトリック教徒主体の南部が自治領「アイルランド自由国」として成立してからほぼ100年。イギリス統治下に残ったプロテスタント主体の北部との間には、今も敵対感情がある。スポーツも例外ではない。サッカーでは全アイルランドの代表チーム結成は望み薄だ。
トランプの混沌がイラン危機をあおる
P.40~P.42
犯人はイランなのか。サウジアラビア東部の石油施設2カ所が9月14日、ドローンと巡航ミサイルに攻撃された事件をめぐる問いの答えは、イエスである可能性が高い。となれば、さらに重大な疑問が浮上する。ドナルド・トランプ米大統領はどう動くのか──。トランプは、極めて厳しい経済制裁によってイランの体制を崩壊させようと決意しているようだ。だがその一方で、戦争には消極的な姿勢を見せている。今年6月にイランが米軍の無人偵察機を撃墜した事件では、報復措置として軍事攻撃を承認したものの、直前になって撤回。9月10日に解任を発表した強硬派のジョン・ボルトン大統領補佐官(国家安全保障担当)とは、トランプが対イラン交渉再開に向けた制裁緩和をほのめかしたことで対立していた。タカ派かと思えばハト派になり、時にはタカ派であってハト派になる……。トランプの態度に困惑させられるのは、実際、態度が分かりにくいからだ。

+   ニューズウィーク日本版 Newsweek Japanの目次配信サービス

ニューズウィーク日本版 Newsweek Japanのレビュー
総合評価: ★★★★☆ 4.22
全てのレビュー:810件

レビュー投稿で500円割引!
なつかしきNewsweek Japan
★★★★★2022年07月30日 しんひが 会社員
20代後半に定期購読契約で読み始めました。何がきっかけか忘れましたが15年位で購読を止めてしまいました。 現在、61才で再雇用で働いています。今思うにこの週刊誌で得たGlobal感覚と記者の意見(事実に対する受け捉え方)は会社生活の中、日常の物事の捉え方に役に立ったと思います。 ネットでNewsweekが目に留まり懐かしく思い又、定期購読をしようかと思ってます。
日本のメディアにはない観点
★★★★☆2022年06月04日 Sh.M 会社員
日本のメディアにはない視線での記事が多く、海外情勢を概観したいのならばおすすめできます。定期購読すれば、必ずしも興味のない号を読む事で新しい発見がある。
広い視点に立った思考に繋がっている。
★★★★☆2022年05月28日 無し 会社員
国内紙と異なり、海外視点の寄稿が中心でもあり、毎回、広い視野が養えつつあるように感じています。
大人の雑誌
★★★★★2022年05月28日 社長 社長
内容も分かりやすく、とても良い雑誌です。
届かない
★★★☆☆2022年05月21日 がん 会社員
今週の定期購読が土曜日になりましたがとどきません。ご確認お願いします。 毎週、新聞等では伝わらない写真が魅力的で楽しみにしています。
世界の情勢を様々な視点から理解できる
★★★★★2022年05月16日 かいちょう 役員
Newsweekは以前、書店から購入していました。書店まで10kmほど離れているので購入出来ないこともよくありました。今はデジタル版で毎週読んでいます。国内の週刊誌などと違って、世界各地のライターからの署名記事で信頼性も高く、視点も多岐にわたり重宝しています。特に、ロシアのプーチンの戦争では、ウクライナに偏ることなくかなり客観的な記事だと私は思っています。いつもありがとうございます。
手に取ってめくる
★★★★☆2022年05月03日 aoDesign 自営業
食卓に最新号を置いておき、会いた時間に手にとってパラパラとめくります。 ふと目に止まった記事を話題にするなど、デジタルとは正反対のアナログの良さを実感します。
一目惚れな雑誌
★★★★★2022年03月11日 RobinYang 大学院生
ニューズウィーク日本版と最初の出会いは大学図書館である。初めて見て、すぐ興味が起こしてきました。内容とイラストとデザイン等、色んな利点を持って、素晴らしいマガジンと思っております。これからも定期的に拝読続きたいと思います。
知識を深める
★★★★☆2022年02月04日 Taka 公務員
新聞だけでは入ってこない情報があります。
サクラのつぶやき
★★★★★2021年12月21日 サクラ散る初夏 大学生
櫻井さんの記事が掲載されているものを購入しましたが、櫻井さんの想いや努力や他者への温もりが伝わってくるものでした。まだ読んだことのない方は是非読んでほしいです。
レビューをさらに表示

ニューズウィーク日本版 Newsweek JapanをFujisan.co.jpスタッフが紹介します

ニューズウィーク日本版 Newsweek Japanは、CCCメディアハウスから発行されている週刊誌です。その名の通り、アメリカで流通しているニューズウィークの日本語版で、世界各国で起きた出来事や国際問題などを独自の視点で分析して紹介しています。日本版ということで、特に東アジア情勢にフォーカスした記事が多く掲載されているのが特徴で、社会のテスト対策として時事問題を押さえておきたい学生にとっても有用な雑誌と言えるでしょう。

ニューズウィークの紙面は日本版独自の記事に加えて、アメリカ版の翻訳も掲載されており、同国からの目線で世界情勢がどのように報じられているのかを知るにもよい情報源です。前述の通り、単に事実だけを載せているのではなく、実力に定評のある記者たちが自分の考えを交えて記事を書いていることから、政界や財界の著名人にも愛読者が多く存在しています。そのため、経営者の感覚を持っておきたいビジネスマンや政界を目指そうとしている人であればぜひ定期的に購読しておきたいところです。本書を購読することによってグローバルな感覚を養っておくことが、これからの国際化に向けては重要となってくるはずですので、社会人から学生まで幅広い層にお勧めです。

ニューズウィーク日本版 Newsweek Japanのバックナンバー

他の日本のメディアにはない深い追求、グローバルな視点。「知とライフスタイル」のナビゲート雑誌。

※デジタル版は紙の雑誌とは一部内容が異なり、掲載されない、または掲載期限のある広告や写真、記事、ページがある場合がございます。また、掲載されているプレゼント企画に、デジタル版ではご応募できません。あらかじめご了承ください。



Special Report
世界が称賛する日本の暮らし
治安、医療、食文化、教育、住環境……
日本人が気付かない日本の魅力
ライフスタイル 外国人が証言する暮らしやすい日本
治安 子供が自由に街を歩けるニッポンの不思議──オーウェン・ウェイグッド
医療 平等・最新・丁寧な世界一の保険診療──ニコラス・レニック
食文化 発想力こそ日本食の神髄だ──マッシ
物価 世界が「安っ!」と驚く国──パックン
教育 食育に体育に茶道、世界に誇る教養教育──唐辛子
住環境 小さな空間を最大・最長に生かす美学──アズビー・ブラウン
東京生活 この空の下、11年間暮らしてきた──カン・ハンナ
多様性 「余裕」から生まれる放任のありがたさ──小原ブラス
趣味 包容力にあふれたオタク天国です──はちこ
障害者支援 目の見えない私が見る社会──モハメド・オマル・アブディン
交通 米大使が太鼓判、日本の鉄道は世界最高!──ラーム・エマニュエル
座談会 日本の暮らし、ここが好き──石野&西村&周&ラズロ
Q&A アルトゥルさん、日本に住みたいですか──アルトゥル・ガラタ

Periscope
MONKEYPOX サル痘をどれくらい怖がるべきか
UNITED STATES 刑事訴追の足音がトランプを追い詰める
INDONESIA パプア地方に迫る大量虐殺シナリオ
GO FIGURE ロシア軍の戦死者数、どの数字が正しい?

Commentary
宗教 国際情勢から考える統一教会問題──木村幹
南アジア スリランカ経済危機は人道災害──カウシク・バス
主張 日本は首相国葬を制度化せよ──サム・ポトリッキオ
Superpower Satire 風刺画で読み解く「超大国」の現実
危険な「文化地雷」と老人バイデン──ロブ・ロジャース&パックン
Economics Explainer 経済ニュース超解説
いよいよ日本を押し潰す貿易赤字── 加谷珪一
Help Wanted 人生相談からアメリカが見える
義父母の口出しに気が狂いそう
[新連載]Another Look 忘れられたニュース
「日本でゼロコロナ」誰が言った?──石戸諭
Japanese Cinema Notes 森達也の私的邦画論
美学と美学が衝突する『けんかえれじい』── 森達也

World Affairs
米中関係 ペロシの訪台計画はどこかで見た風景
ミャンマー 民主派の死刑執行で一線を越えた軍政
タリバン 再訪のアフガンは暴力と不条理だらけ
イタリア 迫る右派ポピュリズムの時代
ウクライナ戦争 対ロシア制裁は徐々に効果あり

Life/Style
Movies 最強の男、コードネームはシックス
Celebrity 結婚で名字を変えたジェニロペ
My Turn トランスジェンダー選手は女子競技に不要

Picture Power
樹木が内包する空襲の炎の記憶

Tokyo Eye 外国人リレーコラム── 石野シャハラン
倹約国家ニッポンの知られざる実力
他の日本のメディアにはない深い追求、グローバルな視点。「知とライフスタイル」のナビゲート雑誌。

※デジタル版は紙の雑誌とは一部内容が異なり、掲載されない、または掲載期限のある広告や写真、記事、ページがある場合がございます。また、掲載されているプレゼント企画に、デジタル版ではご応募できません。あらかじめご了承ください。




Special Report
地球がヤバい
世界を立て続けに襲う殺人熱波と異常豪雨
温暖化による自然災害は人類をここまで追い詰める
気候変動 世界の大都市を水没から救え
途上国 熱波リスクが貧困層を襲う

羽生結弦の第2章が始まった
フィギュアスケート 五輪連覇を成し遂げ、プロ転向を決めた絶対王者の美しき軌跡

次の英首相はどっち?
イギリス ポスト・ジョンソンは初のインド系か、3人目の女性か

Periscope
CHINA 静かに米国債を売り始めた中国の思惑
CHINA 中国IT大手が当局の検閲を「暗示」した訳
SRI LANKA スリランカ新大統領に国民は早くもノー
EU ECBがついに利上げ、懸念される副作用は

Commentary
中国 香港が台湾侵攻の出撃基地になる日──練乙錚
視点 安倍暗殺を招いた暫定ニッポン──河東哲夫
米社会 秘密工作活動が生んだ日米の危機──グレン・カール
Superpower Satire 風刺画で読み解く「超大国」の現実
安倍元首相の死を悲しむ中国人──ラージャオ&トウガラシ
Economics Explainer 経済ニュース超解説
東電判決が日本の経営者を変える── 加谷珪一
Help Wanted 人生相談からアメリカが見える
結婚式をしたのに友人が「ケチ」でした
Life as Music ニューヨークの音が聴こえる
人生の儚さに思う「幸せ」の意味── 大江千里

World Affairs
ウクライナ 避難民を武器化するプーチン
中国経済 住宅ローン返済拒否で不動産が悪循環に
米韓 ウクライナ戦争に学ぶ半島有事への教訓

Features
フィリピン マルコス復活の陰に教科書あり
自然保護 象牙輸出は是か非か、アフリカの深い溝

Life/Style
Drama 無意味に子供を殺す『ターミナル・リスト』の罪
Movies 演技派レスリー・マンビルの挑戦
Royal Family ヘンリー回顧録で爆弾投下はある?
Travel この夏は一味違うテーマパークへ
My Turn 「故郷」の日本よ、同性婚を認めて

Picture Power
砂漠に浮かぶエジプトの未来

Tokyo Eye 外国人リレーコラム──トニー・ラズロ
日本は「修理する権利」の後進国
他の日本のメディアにはない深い追求、グローバルな視点。「知とライフスタイル」のナビゲート雑誌。

※デジタル版は紙の雑誌とは一部内容が異なり、掲載されない、または掲載期限のある広告や写真、記事、ページがある場合がございます。また、掲載されているプレゼント企画に、デジタル版ではご応募できません。あらかじめご了承ください。




Special Report
中国経済2030……と、その後
ロックダウンで中国経済が大失速──
「2030年米中逆転」の先にある再逆転という未来
経済 中国経済を待つ「2030年の罠」
テクノロジー 米中技術戦争に勝者はいない
主張 大転換した中国と紛争を避ける法
景気 13億経済の失速を願うのは間違い
貿易 米中「離婚」はやっぱり無理?

Features
ある在日ウイグル女性の死
中国 「新疆公安ファイル」が物語る逃れられない強制収容の罠

Periscope
UNITED STATES バイデンが推進する「中東版クアッド」
ITALY 「インフレ辞任」の波がイタリアにも
RUSSIA 対ロシア制裁を緩和したEUに批判殺到
GO FIGURE インフレが最も深刻なアメリカの都市は?

Commentary
英国 ひとりぼっちの悪童ジョンソン──コリン・ジョイス
米政治 新冷戦を戦うバイデンのアキレス腱──ミンシン・ペイ
視点 「カルトと銃の国」から考える──サム・ポトリッキオ
Superpower Satire 風刺画で読み解く「超大国」の現実
「有毒判決」でアメリカに暗雲が──ロブ・ロジャース&パックン
Economics Explainer 経済ニュース超解説
中国「独自基準」が日本に迫る選択── 加谷珪一
Help Wanted 人生相談からアメリカが見える
両親の中絶の勧めを娘に知られてしまった
Wrong Words その言葉への違和感
「戦争といじめ」発言の問題性──望月優大
Japanese Cinema Notes 森達也の私的邦画論
『憂鬱之島』に込められた香港の怒りと悲しみ──森達也

World Affairs
南アジア 何がスリランカを崩壊させたのか
ウクライナ戦争 HIMARSは逆転のカギ?
共産党政権 中国式抗議デモは「寸止め」が大事

Life/Style
Music 休業宣言でも消えないBTSの悩み
Movies 愛しのブタを奪われ男は復讐の旅へ向かう
Movies バイラル動画から飛び出して
Health 「もう年だから」と冗談でも言っちゃ駄目!
Science 目立たない生物にセレブな名前の理由が
My Turn 私が仮想通貨を手放さない訳

Picture Power
震災を乗り越え命をつなぐ千年の神事

Tokyo Eye 外国人リレーコラム── 周来友
醜悪なミニ政党こそ民主主義の危機
他の日本のメディアにはない深い追求、グローバルな視点。「知とライフスタイル」のナビゲート雑誌。

※デジタル版は紙の雑誌とは一部内容が異なり、掲載されない、または掲載期限のある広告や写真、記事、ページがある場合がございます。また、掲載されているプレゼント企画に、デジタル版ではご応募できません。あらかじめご了承ください。




Special Report
安倍晋三暗殺の衝撃
「戦後保守政治の最高峰」がテロに倒れた日──
この悲劇は日本の政治をどう変えるか
追悼 安倍暗殺を招いた日本型ポピュリズム
評価 ニッポンを再び「大国」にしたリーダーの功と罪
視点 「空疎な苛立ち」故の凶行

悪童ジョンソンが諦めた理由
イギリス 型破り首相を追い詰めた国民の複雑な感情と怒り

「維新の野心」が壁を越える日
政治 与野党が逃した「不可視の中道」をすくい上げ躍進するが

Periscope
MYANMAR 女性斬首映像にミャンマー国軍の焦りが
UKRAINE ロシアの前進と薄れるウクライナへの関心
CHINA 「10億人の情報売ります」謎の流出事件
BRITAIN ブックメーカーが占う次期英首相の大本命は

Commentary
外交 日本が世界に示せ「新・人間主義」──河東哲夫
米社会 「銃を持つ自由」という名の狂気──グレン・カール
イスラム アラブのかくも根強い同性愛嫌悪──飯山陽
Superpower Satire 風刺画で読み解く「超大国」の現実
「共産党テーブル支部」ができる日──ラージャオ&トウガラシ
Economics Explainer 経済ニュース超解説
賃金上昇を妨げる古い商慣行── 加谷珪一
Help Wanted 人生相談からアメリカが見える
音信不通になる妹にうんざりします
Just a Joke たかがジョーク、されどジョーク
お父さん、ミサイルは何発必要?── 早坂隆

World Affairs
ウクライナ 黒海封鎖の解除が戦争の鍵

Features
インタビュー 米女子サッカーの星、不平等との闘い

Life/Style
Movies 「ジュラシック」最新作のここがヘン
Movies 東京五輪公式記録映画は駄作なのか
Books 鬼才ウォーターズに時代がやっと追い付いた
My Turn 男女不平等の解消はまだ道半ば

Picture Power
ウクライナの若者が生きる戦時の平和

Tokyo Eye 外国人リレーコラム── 西村カリン
「あだ名の禁止」で失われるもの
他の日本のメディアにはない深い追求、グローバルな視点。「知とライフスタイル」のナビゲート雑誌。

※デジタル版は紙の雑誌とは一部内容が異なり、掲載されない、または掲載期限のある広告や写真、記事、ページがある場合がございます。また、掲載されているプレゼント企画に、デジタル版ではご応募できません。あらかじめご了承ください。





Special Report
世界のエリートが学ぶ「権力」の授業
他人を動かす「パワー」は権力者の専有物でない
ハーバード大学MBAの人気講義で学ぶそのメカニズム
教養 ビジネスエリートが学ぶMBA「権力」の授業
インタビュー パワーをめぐる誤解を解いて変革を応援したい
分析 リーダーたちの権力構造を読み解く
ビジネス 管理職に必要なのは感化の力

ウクライナ戦争と朝鮮戦争
視点 共に世界の二極化を決定づけたが、米中ロの新冷戦はより不安定だ

Periscope
CHINA 習近平3期目を前に国民はうんざりだが
UNITED STATES 「トランプは議会襲撃に加わろうとした」
PHILIPPINES マルコス新大統領を待つ正と負の遺産
UNITED STATES 米南部の住宅価格がバブルまっただ中

Commentary
韓国 BTS「活動休止」は若年層の悲鳴──木村幹
資源 水力発電は「悪魔との取引」だ──ブラマ・チェラニ
米司法 中絶禁止判決の裏に党利党略?──サム・ポトリッキオ
Superpower Satire 風刺画で読み解く「超大国」の現実
現代ならニクソンは清廉潔白?──ロブ・ロジャース&パックン
Economics Explainer 経済ニュース超解説
インフレ長期化に勝つ唯一の道── 加谷珪一
Help Wanted 人生相談からアメリカが見える
亡き母親の恋人が家をゴミ屋敷に
Book Booing 本好きに捧げる ホメない書評
「敵をぶった斬る」式極論の罪──石戸諭
Japanese Cinema Notes 森達也の私的邦画論
『清作の妻』が描き出す共同体の狂気の源泉──森達也

World Affairs
戦略 NATO拡大容認はトルコの思う壺に
中絶 米最高裁が選んだ「死」の未来

Features
中東 イスラエルは暗殺作戦がお好き

Life/Style
Movies 『エルヴィス』で善人役をやめたトム・ハンクス
Movies 「無限の彼方へ!」飛び立てなくて
Medicine メラトニンサプリの取りすぎにご用心
My Turn 核で脅かすプーチンに被爆者の私が贈る言葉

Picture Power
あれから10年、アマゾンが奪った町の未来

Tokyo Eye 外国人リレーコラム── 石野シャハラン
政策・公約より選挙で大事なもの
他の日本のメディアにはない深い追求、グローバルな視点。「知とライフスタイル」のナビゲート雑誌。

※デジタル版は紙の雑誌とは一部内容が異なり、掲載されない、または掲載期限のある広告や写真、記事、ページがある場合がございます。また、掲載されているプレゼント企画に、デジタル版ではご応募できません。あらかじめご了承ください。





Special Report
広がるインフレ 世界経済危機
急激なインフレ、食糧・エネルギー不足、米バブル崩壊……
「舵取り役」なき世界経済はどこへ
世界経済 危機のなか協調を忘れた世界に漂う暗雲
アメリカ キッチン感覚で読む米インフレの行方
資源 それでも原油価格が下がらない4つの理由
生活 インフレから家計を守る

前大統領の転落が止まらない
ロシア 生き残りのため過激化するメドベージェフの悲しい賭け

Periscope
CHINA 3隻目の空母は「ポスト米国」の野望か
UNITED STATES 銃規制に逆行する米最高裁判決
VATICAN 次期教皇の有力候補はアジア系とアフリカ系
GO FIGURE アメリカ経済に最も貢献している車は?

Commentary
外交 中東でアメリカが中国と渡り合う方法──ミンシン・ペイ
日本 参院選後に待つガバナンスなき世界──河東哲夫
貿易 アメリカの原油高を止める秘策──魏尚進
Superpower Satire 風刺画で読み解く「超大国」の現実
中国の反犯罪運動は政治運動──ラージャオ&トウガラシ
Economics Explainer 経済ニュース超解説
年金が減る仕組みを理解しよう── 加谷珪一
Help Wanted 人生相談からアメリカが見える
トランスジェンダーのわが子を支えたい
Life as Music ニューヨークの音が聴こえる
「ノーマスク」に傾く世界を生きる──大江千里

World Affairs
中東 多様性か極右カルトか、イスラエルの分岐点
北朝鮮 31発のミサイル実験の意味

Features
サイエンス 中絶の議論を科学で考えると

Life/Style
Movies 愛すべき青春映画『リコリス・ピザ』
Drama 『ミズ・マーベル』に大抜擢されたら
Books M・ドライバーが語る映画界のセクハラ
Science 温暖化が進んでクマの新種が誕生する?
Travel スピリチュアルな旅で癒やされたい
My Turn 肖像画家が語るエリザベス女王の素顔

Picture Power
無情と絶望のアフガン脱出記

Tokyo Eye 外国人リレーコラム──トニー・ラズロ
フリマアプリの悪質客も神様なの?

ビジネス・経済 雑誌の売上ランキング

2 正論

産経新聞社

最大
12%
OFF
送料
無料

正論

2022年08月01日発売

目次: 【特集 安倍晋三の遺志を継げ】
■阿比留瑠比/まかれた種を次の世代につなげ
■田久保忠衛/時代を先取りした不世出の指導者
■金美齢/日本には稀有な戦う政治家
■竹田恒泰/皇室を守り抜いた尊皇の気概
■屋山太郎/念願は憲法改正して普通の国になること
■西岡力/命懸けだった闘いの記録
■八木秀次/日本の救世主か 松陰の生まれ変わりか
■古森義久/米国内の評価を一変させた祖国愛
■岩田規久男/岸田政権がなすべきアベノミクスの完遂
■田村秀男/PB黒字化目標 完全撤廃へ結束せよ
■楊海英/アジア諸民族への深い理解と支持
■林智裕/「反アベ無罪」に寛容すぎた社会
■矢板明夫/台湾に走った激震
■江崎道朗/国際政治変えた三つの業績
■織田邦男/安心感失った後の外交・安保政策を憂う
■岩田温/全てを背負った要の喪失
■河崎真澄/李登輝先生への手紙
■森喜朗/絶対に言えなかった「第三次安倍政権」

●月刊「正論」編集部/日米訓練に水差す岸田首相の感度疑う
●松原実穂子/日本のサイバー能力は本当に低いのか
●有馬純/日本のエネルギー政策を取り戻そう
●第二尚家23代当主 尚衞×仲村覚/沖縄の人々は先住民族にあらず

▼清水ともみ/漫画『墓標なき草原』
②牧畜民 バイワル--74ページ一挙掲載!
三浦小太郎/「在日ウイグル人証言録⑪」
府は人権状況を調べよ〈証言1〉ハイレット(男性)「発信が許されない社会」〈証言2〉グリ(仮名・女性)「国際社会の抗議は効いている」〈証言3〉アリフ・ミジト(男性)「ウイグル人の意識を持てば罪」

■椎谷哲夫/安倍氏も嘆いた「埼玉LGBT条例」
■鎮目博道/「表現の不自由」で面白さ失ったテレビ

【好評連載!】
●河村直哉/【産経新聞の軌跡】昭和20年代編
第9回 独立自尊の国へ 憲法改正 正面から訴え
●宮本雅史/「訥行塾」14~若手官僚らが国家のあり方を考える
安全保障戦略の欠陥とインテリジェンス
●杉山隆男/海洋軍事小説「Sub」深海の防人たち
第6回 大統領直々の使者

参考価格: 900円 定期購読(1年プラン)なら1冊:790円

日本人の鼓動が響く雑誌です。~オピニオン誌「正論」~

  • 2022/07/01
    発売号

  • 2022/06/01
    発売号

  • 2022/04/30
    発売号

  • 2022/04/01
    発売号

  • 2022/03/01
    発売号

  • 2022/02/01
    発売号

3 PRESIDENT(プレジデント)

プレジデント社

最大
58%
OFF
送料
無料

PRESIDENT(プレジデント)

2022年08月12日発売

目次: 読者が選ぶ、尊敬する経営者ランキング1位

松下幸之助 新・名言録
説得力ダントツ、気持ちよく人がついてくる

たった一言で心が動く「松下幸之助の言葉力」5大法則
●楠木 建
法則 (1) 腹の底から出た言葉である
法則 (2) 平易、かつシンプルである
法則 (3) 理想ではなく、理念を語っている
法則 (4) 「言」ではなく、「動」が先である
法則 (5) 人間の矛盾が内包されている
読めば、悩み解決!仕事と人生のためのヒント

「答えがない時代」に道をひらく名言30選
自分を見つめる編 ●千本倖生、深澤祐二、中川いち朗、徳重 徹
(1) 苦境や逆境にあるとき
「経営者、指導者の人はまず初めに言葉をもたなくてはならない。いいかえれば、一つの発想をし、目標を皆に示すということである」「企業は社会の公器」 ほか

(2) 仕事の意味を見失ったとき
「一度転んで気がつかなければ、七度転んでも同じこと。一度で気のつく人間になりたい」「素直な心とは、何物にもとらわれることなく物事の真実を見る心」ほか

(3) 大きな失敗をしたとき
「いくら問題が起こってきても、次々と工夫を凝らしてそれを解決していけばよいのである。決してあきらめない。成功するまで続けていく。そうすれば、やがて必ず成功するわけである」 ほか

人と向き合う編 ●山口絵理子、出雲 充、鈴木康友、野本周作 ほか
(4) 相手が動いてくれないとき
「やはり、すべての関係先との共存共栄を考えていくことが大切である」「人の言に耳を傾けないというのは、みずから求めて心を貧困にするようなもの」ほか

(5) 周囲の力を結集したいとき
「こちらに謙虚な気持ちがあるならば、思わぬ知恵が与えられる。つまり一人の知恵が二人の知恵になるのである。二人が三人、三人が四人。多ければ多いほどいい」ほか

未来を切り拓く編 ●加治資朗 ほか
(6) 判断や決断を迫られたとき
「進むもよし、とどまるもよし。要はまず断を下すことである」 「きょうはまたきょうの運命がひらける。きのうの分まで背負ってはいられない」ほか

(7) 事業をもっと伸ばしたいとき
「生産者の使命は貴重なる生活物資を、水道の水のごとく無尽蔵たらしめることである」「人間関係や商売など何ごとにおいても、自然の理にかなっていれば必ず事は成る」ほか
時代を超えて輝く、日本経済の礎を築いた精神
戦後創業者の情熱、狂気、魔―

「カリスマ経営者」人を発奮させるメッセージ88
●北 康利
▼本田宗一郎 … できるかできないかわからないが、オレはやりてえよ。
▼藤沢武夫 …… 状況が変わっても、一筋の太い道を迷わずに進むことです。
▼盛田昭夫 …… 名前よりも実をあげることがビジネスだ。
▼井深 大 ……… ものを作る苦労を知っている人は、失敗を人のせいにしない。
▼稲盛和夫 …… 動機善なりや、私心なかりしか。
▼佐治敬三 …… 損だと思いながら挑戦することが必要。
▼土光敏夫 …… 問題がないのは、望ましいことでなく恐ろしいことだ。
▼五島 昇 ……… 分かるような言い方をしなければ駄目なんだ。
▼小倉昌男 …… 物事をできるだけ単純に考えることが、真の目的に到達する近道なのである。
▼江副浩正 …… 経営に関わる情報はトップも新入社員も共有すべき。ほか
声は変えられる、演出もできる

衝撃データ◎声が低い社長は、年収が2000万円高い
●山﨑広子
経済小説家に聞く、物語の主人公がまとうオーラの正体

本物の経営者だけが知る「商売の哲学」図鑑
●黒木 亮
▼「『女』と『口』を狙え」「宇宙はすべて78対22に分割されている」
▼「苦況下でこそ顧客を選ぶ」「“恋愛と同じように”が営業必勝法」
▼「お客様は驚くだろうということを前提にしないといけない」
▼「差別化とは3割以上勝ること」「晴れ間にしかるべき手を打て」
▼「値引きは『お客様への裏切り行為』だからしない」「大黒柱に車をつけよ」 ほか
安藤百福、山内 溥、柳井 正、孫 正義…

40歳からの「座右の銘レッスン」お手本
●黒田真行
スペシャルインタビュー

香取慎吾 「飲み込む言葉と、伝える言葉」
短期集中連載

茂木健一郎×山口 周

日本人だけが知らない、日本の未来
Vol.2―

「世界は『脱成長』時代に生きるヒントを、日本に求めている」
Great leaders
「人間の器」を広げる誌上レッスン
黒字店長と赤字店長、どこが違うか?

ビジョナリーホールディングス社長 星﨑尚彦
好評連載
人間邂逅[819]

●青木仁志×中島 土

青年経済人として
飯島 勲の「リーダーの掟」[317]

今年の夏は大人も自由研究をしよう
大前研一の「日本のカラクリ」[297]

安倍元首相の政治的評価を冷静に検証する
三浦瑠麗の「私たちの民主主義」[29]

日本における宗教と政治とテロの成就
齋藤孝の「人生がうまくいく古典の名言」[91]

ピンチを切り抜ける「アイデアの神様」の呼び出し方
職場の心理学[755]

米国流リーダー論に違和感あり!「日本型リーダーシップ」を探れ
社員教育の最前線[9]

文系管理職にプログラミング研修が、必要な理由を言えますか?
プレジデント調査室[8]

仕事で怒った相手は誰?
浜ちゃん総研 運命の出会い編 [5]

●西浦三郎 ヒューリック会長

「やらないことを決める」バブルに学んだ危機管理の要
茂木健一郎の「成功への物語」[263]

「生きづらさ」を感じる人が根本的に勘違いしていること
本の時間 新刊書評

鎌田浩毅 評 萬年一剛 著
『富士山はいつ噴火するのか? 火山のしくみとその不思議』
著者インタビュー

稲川淳二 著『稲川怪談 昭和・平成・令和 長編集』
笹井恵里子の「あなた vs 〇〇〇」[59]

うつ
銀座ママは知っているイイかげんな男たち[6]

男が気付かない、女の「脈ナシ」サイン
プレジデント言行録
エディターズノート
▼編集者の眼 ▼特集班より ▼読者の声 ▼出版だより

参考価格: 780円 定期購読(学割6ヶ月プラン)なら1冊:325円

現代の悩めるビジネスリーダーの「問題解決のバイブル」として、米国FORTUNEの日本版として始まりました日本一のビジネス誌「プレジデント」を!

  • 2022/07/22
    発売号

  • 2022/07/08
    発売号

  • 2022/06/24
    発売号

  • 2022/06/10
    発売号

  • 2022/05/27
    発売号

  • 2022/05/13
    発売号

最大
19%
OFF
送料
無料

ニューズウィーク日本版 Newsweek Japan

2022年08月02日発売

目次: Special Report
世界が称賛する日本の暮らし
治安、医療、食文化、教育、住環境……
日本人が気付かない日本の魅力
ライフスタイル 外国人が証言する暮らしやすい日本
治安 子供が自由に街を歩けるニッポンの不思議──オーウェン・ウェイグッド
医療 平等・最新・丁寧な世界一の保険診療──ニコラス・レニック
食文化 発想力こそ日本食の神髄だ──マッシ
物価 世界が「安っ!」と驚く国──パックン
教育 食育に体育に茶道、世界に誇る教養教育──唐辛子
住環境 小さな空間を最大・最長に生かす美学──アズビー・ブラウン
東京生活 この空の下、11年間暮らしてきた──カン・ハンナ
多様性 「余裕」から生まれる放任のありがたさ──小原ブラス
趣味 包容力にあふれたオタク天国です──はちこ
障害者支援 目の見えない私が見る社会──モハメド・オマル・アブディン
交通 米大使が太鼓判、日本の鉄道は世界最高!──ラーム・エマニュエル
座談会 日本の暮らし、ここが好き──石野&西村&周&ラズロ
Q&A アルトゥルさん、日本に住みたいですか──アルトゥル・ガラタ

Periscope
MONKEYPOX サル痘をどれくらい怖がるべきか
UNITED STATES 刑事訴追の足音がトランプを追い詰める
INDONESIA パプア地方に迫る大量虐殺シナリオ
GO FIGURE ロシア軍の戦死者数、どの数字が正しい?

Commentary
宗教 国際情勢から考える統一教会問題──木村幹
南アジア スリランカ経済危機は人道災害──カウシク・バス
主張 日本は首相国葬を制度化せよ──サム・ポトリッキオ
Superpower Satire 風刺画で読み解く「超大国」の現実
危険な「文化地雷」と老人バイデン──ロブ・ロジャース&パックン
Economics Explainer 経済ニュース超解説
いよいよ日本を押し潰す貿易赤字── 加谷珪一
Help Wanted 人生相談からアメリカが見える
義父母の口出しに気が狂いそう
[新連載]Another Look 忘れられたニュース
「日本でゼロコロナ」誰が言った?──石戸諭
Japanese Cinema Notes 森達也の私的邦画論
美学と美学が衝突する『けんかえれじい』── 森達也

World Affairs
米中関係 ペロシの訪台計画はどこかで見た風景
ミャンマー 民主派の死刑執行で一線を越えた軍政
タリバン 再訪のアフガンは暴力と不条理だらけ
イタリア 迫る右派ポピュリズムの時代
ウクライナ戦争 対ロシア制裁は徐々に効果あり

Life/Style
Movies 最強の男、コードネームはシックス
Celebrity 結婚で名字を変えたジェニロペ
My Turn トランスジェンダー選手は女子競技に不要

Picture Power
樹木が内包する空襲の炎の記憶

Tokyo Eye 外国人リレーコラム── 石野シャハラン
倹約国家ニッポンの知られざる実力

参考価格: 480円 定期購読(月額払いプラン)なら1冊:397円

日本だけのニュースを読むか、世界と同じニュースを読むか。世界と同じニュースを読む!それが、ニューズウィーク・バリュー

  • 2022/07/26
    発売号

  • 2022/07/20
    発売号

  • 2022/07/12
    発売号

  • 2022/07/05
    発売号

  • 2022/06/28
    発売号

  • 2022/06/21
    発売号

最大
15%
OFF
送料
無料

ダイヤモンドZAi(ザイ)

2022年07月21日発売

目次: ◎第1特集
今しか買えないお宝株がゴロゴロ
5万円株113
●トップは6%超!しかも買い!高配当株トップ50の買い×売り激辛診断
●追い風上昇株30[円安メリット][インバウンド][DX][新ビジネス][環境]
●成長株12[稼ぐチカラが増している好業績株]
●割安株10[割安で経営が安定している株]
●桐谷さん激推し!株主優待株12+金券優待利回りトップ30
●みんなが気になる有名大型株の買い・売り診断
Zホールディングス(ヤフー・LINE)/ENEOS/日産/ヤマダ/りそな

◎第2特集
現地在住 のアナリストに聞く!
米国株リアルレポート
●from金融の街!ニューヨークNew York
「市街地は活況が戻る!株価の底値も見えてきた」
●fromハイテクの街!シアトルSeattle
「物価高への対応が上手な企業に注目」
●現地住みだからピンときた買いの株11

◎第3特集
アノお騒がせ企業や株主泣かせの企業も
株主総会2022-突撃!41社
●1:アフターコロナに期待
●2:インフレで浮き沈み
●3:不祥事 お騒がせ
●4:優待改悪・廃止を発表!
●5:みんなが気になる!
●達人3人が語りつくす!株主総会にモノ申す!
「コロナを口実に経営者は逃げるな!」

◎第4特集
日経平均やS&P500を大きく上回る投信も!
直近1年の成績トップ投信60
●6タイプをチェック!
-日本株一般型
-日本の中小型株型
-米国株型
-グローバル株型
-Jリート型
-グローバルリート型

◎別冊付録
書き込み式で株力up!
あなたの株レベルを判定!
株ドリル!

◎ZAi NEWS CHANNEL
●Topic1:主要国株に振り回されない中国株がひとり勝ちの理由は?
●Topic2:旅先で納税してすぐ使えるふるさと納税で夏休みを満喫!

◎新連載
おカネの本音!VOL.01
「ボクの筋肉はふるさと納税でできている!」青木源太さん

◎他の好評連載も注目!
●10倍株を探せ!2022年6月編IPO株研究所
「先行き不透明感は残るが新興株への逆風がやわらぐ」
●株入門マンガ恋する株式相場!VOL.70
「学校では教えてくれない株と恋」
●マンガどこから来てどこへ行くのか日本国
「マクロ経済スライドってナニ?物価とナゼ逆行!?年金減額の理由を探れ!」
●人気毎月分配型100本の「分配金」速報データ
「人気の予想分配金提示型は分配金0円を継続、利回りは2ケタのマイナスに!」

参考価格: 780円 定期購読(1年プラン)なら1冊:665円

マネービギナーのための楽勝攻略マガジン。お金や投資に役立つ情報が満載!

  • 2022/06/21
    発売号

  • 2022/05/20
    発売号

  • 2022/04/21
    発売号

  • 2022/03/19
    発売号

  • 2022/02/21
    発売号

  • 2022/01/20
    発売号

6 週刊エコノミスト

毎日新聞出版

最大
22%
OFF
送料
無料

週刊エコノミスト

2022年08月01日発売

目次: 世界経済 ’22下期 総予測

定期購読(2年プラン)なら1冊:546円

ビジネスマンに愛読される経済誌の老舗。金融経済をグローバルな視点で分析。

  • 2022/07/25
    発売号

  • 2022/07/19
    発売号

  • 2022/07/11
    発売号

  • 2022/07/04
    発売号

  • 2022/06/27
    発売号

  • 2022/06/20
    発売号

7 企業実務

日本実業出版社

最大
20%
OFF
送料
無料

企業実務

2022年07月25日発売

目次: 2022年8月号目次
8月のビジネスカレンダー
8月の事務ごよみ
新法令・通達解説
これからの法改正の動き
インボイス制度の開始に向けて確認したい事前準備と検討事項
送金・入金額が誤っていたときの適切な対処法とは
企業版「ふるさと納税」の仕組みと留意点
証拠書類のない簿外経費の損金不算入が厳格化されます
新連載 担当者なら知っておきたい「税金用語」【1】
連載 なるほど納得勘定科目【64】
人事担当者なら知っておきたい「発達障害・パーソナリティ障害・精神疾患」の特性と対処法
解雇無効時の金銭救済制度(労働契約解消金制度)の論点を確認する
働き方の多様化に対応「各種手当」を見直す際のポイントとは
新連載 総務担当者のための「産休・育休制度」の実務と勘どころ【1】
連載 労務トラブルを防ぐ「社内規程」「労使協定」はこうつくる【43】
連載 これってハラスメント?【29】
知らないでは済まされない企業におけるSNS活用と著作権法上の留意点
閑散期に実施したい みんなが使いやすい給湯室のつくり方
民事訴訟法の改正により民事裁判手続がIT化されます
被災時の対処法とBCP策定のポイント
消費者保護の強化を図る「改正特定商取引法」のチェックポイント
パソコンやスマホに届く迷惑メール 効果的な対処方法はこれだ!
新連載 健康寿命を延ばすために理解しておきたい「生活習慣病」【1】
新連載 温故知新 東京のレトロ建築を歩く【1】
連載 売上アップを実現するSNSの上手な活用術【17】
連載 最近の“危ない”商法【44】
世の中を読むデータ
机の上の小さな変革
花のある空間
読者プレゼント
企業実務記事総索引
企業実務付録(実務Series)目次
(付録) 1. 「顛末書」「始末書」「反省文」とは
(付録) 2. 顛末書・始末書・反省文の目的
(付録) 3. 社員に書かせる際の留意点
(付録) 4. 顛末書・始末書・反省文の文例

定期購読(月額払いプラン)なら1冊:1,760円

経理・総務・人事部門の抱える課題を解決するために

  • 2022/06/25
    発売号

  • 2022/05/25
    発売号

  • 2022/04/25
    発売号

  • 2022/03/25
    発売号

  • 2022/02/25
    発売号

  • 2022/01/25
    発売号

8 週刊東洋経済

東洋経済新報社

最大
46%
OFF
送料
無料

週刊東洋経済

2022年08月08日発売

目次: 相続では「節税」という言葉が禁句になりつつあります。今年4月に高額のマンション節税が最高裁判決で否定されました。さらに、毎年の「生前贈与」がいつまで続くか不透明な状況です。特集では現実に起きたマンション節税での失敗例や、相続税・贈与税「一本化」のシナリオ、さらに2024年から義務化される相続登記について解説。節税“受難”時代に備えたあらゆる相続対策を盛り込んでいます。

【第1特集】マンション節税も生前贈与もダメ 変わる相続
[カバーストーリー]衝撃の司法判断で行き詰まる対策 相続で「節税」が禁句になる

第1章 マンション節税にNG!
決め手は“銀行内部文書"だった 実録 不動産節税の「失敗」
[インタビュー]「節税対策では円滑に相続できない」 青山財産ネットワークス 社長 蓮見正純

目的や金額、年齢──これ以上は危ない マンション節税の「線引き」
高級時計こそ贈与に値する資産 ロレックスバブルは終わる
[コラム]株売却益の税率20%を上げるか 金融所得課税に震える市場
[コラム]10億円以上なら提出の義務あり 財産債務調書で捕捉される
早見表1 相続税・贈与税の計算式と税率 最高55%で累進性が高い
早見表2 相続税・贈与税の税額と実質税率 財産と家族構成でわかる

駆け込み贈与で将来の相続税を減らせる!
生前贈与でできる相続税「節税額」シミュレーション

第2章 110万円非課税は廃止?
生前贈与は本当になくなるのか 相続・贈与一本化の筋書き
[インタビュー]「暦年課税は見直し対象 金融所得課税にも着手」自民党税制調査会会長、参議院議員 宮沢洋一
[Q&A]お小遣いも贈与? 知っているようで知らない生前贈与
プロでなくても書ける! 贈与契約書の書き方

教育や結婚資金は縮小・廃止か 一括贈与の非課税生かせ
肉親や税務署と衝突、空き家は不要…… 相続「これでもめました」
「相続・贈与」3700人アンケートに見る これが“相続する人の実像"だ

第3章 相続と登記をイチから知る
[図解]“その日"は突然、やってくる 押さえるべき相続の基本
1.手続き|期限と必要書類
2.順位|法定相続人と優先順位
3.財産|プラスの財産とマイナスの財産
4.計算方法|5つのステップで相続税を計算

所有者不明土地問題の解消に一歩 相続登記は3年以内が義務
特別受益や寄与分で争いをなくす 遺産分割に10年間の制限
[コラム]インボイス導入を前に身構える 高齢化に直面する税理士
[インタビュー]「精算課税を手直しし、非課税措置は縮減を」日本税理士会連合会 会長 神津信一
[インタビュー]「株は全部売却した 残す物は断捨離する」経済アナリスト、獨協大学経済学部教授 森永卓郎

富裕層を狙い撃ち 初公開!
税務署別 全国相続税 「課税割合」ランキング

【第2特集】検証 安倍政治とは何だったのか
[図解]安倍政権の歩みを振り返る

[インタビュー]安倍1強を支えた官邸側近が語る
前国家安全保障局長 北村 滋/元首相補佐官 今井尚哉

ライバル・安倍氏について語る
「政治家の歴史的評価は50年かかる」 衆議院議員 石破 茂

[証言]対中「強硬」の深層
アメとムチを駆使した安倍外交

[インタビュー]リフレ派が語る「アベノミクス」評価と今後
「『3本の矢』に大きな共感 金融政策には誤算も散見」 エコノミスト 嶋中雄二

[論考]私たちはアベノミクスで豊かになったのか
超金融緩和を続けることの弊害

【ニュース最前線】
塩野義コロナ薬の審議継続 緊急承認制度に残る違和感
KDDI、防げた通信障害 業界全体の対策が必須
「漫画村」を出版社が提訴 難航する海賊版の撲滅対策

【連載】
|経済を見る眼|日本でもやはり値上げは進んでいる|早川英男
|ニュースの核心|東電・株主代表訴訟判決から何を学ぶべきか|岡田広行
|発見! 成長企業|Recovery International
|会社四季報 注目決算|今号の4社
|トップに直撃|エイベックス 社長CEO 黒岩克己
|フォーカス政治|岸田氏が「国葬」を即断した真の狙い|塩田 潮
|中国動態|中国「新型空母」の実力を診断する|小原凡司
|財新 Opinion&News|中国発着の国際貨物列車、ロシア方面が絶好調
|グローバル・アイ|国外逃避ロシア人には「体制転換能力」がある|ケント・ハリントン
|Inside USA|中間選挙にみる2大政党の分断と新・階級闘争|会田弘継
|FROM The New York Times|バイデン大統領がコロナ感染 疑問視されるワクチンの効果
|マネー潮流|中国の住宅ローン返済拒否問題|中空麻奈
|少数異見|政教分離ではなく政教連携を
|知の技法 出世の作法|ウクライナでの戦略目標を 変化させ始めたロシア|佐藤 優
|経済学者が読み解く 現代社会のリアル|慎重さや利他性、性格は投資行動にどう影響するか|山根承子
|話題の本|『人は死ねない』著者 奥 真也氏に聞く ほか
|シンクタンク 厳選リポート|
|PICK UP 東洋経済ONLINE|
|編集部から|
|次号予告|

定期購読(学割1年プラン)なら1冊:396円

ビジネスリーダー必携の総合経済誌 『週刊東洋経済』

  • 2022/08/01
    発売号

  • 2022/07/25
    発売号

  • 2022/07/19
    発売号

  • 2022/07/11
    発売号

  • 2022/07/04
    発売号

  • 2022/06/27
    発売号

9 会社四季報

東洋経済新報社

最大
1%
OFF
送料
無料

会社四季報

2022年06月17日発売

目次: 業界担当記者が独自取材・独自分析で業績変化を先取り。
上場会社をフルカバー、完全2期予想の会社四季報で
原材料高、円安、地政学リスクなどが引き起こす混乱の中、環境激変に負けない企業を探そう!

2022年3集夏号では、上場会社全体の約7割を占める3月期決算会社の本決算を完全収録!
これを踏まえ、業界担当記者が独自取材に基づいて今2022年度の業績予想を全面的に見直し、新たに2023年度の予想を行いました。

日本国内上場全3,861社をフルカバーした四季報で自分だけの「お宝銘柄」を探しましょう!
株式投資はもちろんのこと、営業先開拓などのビジネスユースや就職活動などにも、ぜひお役立てください。

【今号のおもなトピック】
●全社調査:外国人投資家の持株比率を追跡
●海外勢が狙う有望企業を探せ!
●注目ランキング:上振れ期待、営業増益率、最高純利益更新

※お知らせ:■袋とじ付録は、ワイド版だけのオリジナル付録です。ご注意ください。

参考価格: 2,200円 定期購読(1年プラン)なら1冊:2,170円

3500社を超える企業情報ハンドブック

  • 2022/03/18
    発売号

  • 2021/12/15
    発売号

  • 2021/09/17
    発売号

  • 2021/06/18
    発売号

  • 2021/03/19
    発売号

  • 2020/12/16
    発売号

ニューズウィーク日本版 Newsweek Japanの所属カテゴリ一覧

日本最大級の雑誌取り扱い数!
定期購読の利用数100万人以上!
定期購読とは
雑誌を予約することで毎号ご自宅へお届けします!売り切れの心配なし♪
もっと詳しく ▶︎
タダ読みサービス
無料で雑誌が読み放題♪今日発売のあの雑誌も。
もっと詳しく ▶︎
法人サービス
雑誌を年間5万円以上ならお得な法人プレミアムサービスで!
もっと詳しく ▶︎
アフィリエイト
あなたのサイトで雑誌をおすすめしてみませんか?
もっと詳しく ▶︎
カテゴリ一覧
女性ファッション 雑誌
きれいめ・大人カジュアル系 雑誌 モード系・コレクション 雑誌 フェミニン系 雑誌 ママ・主婦 雑誌 コンサバ系 雑誌 ナチュラル系 雑誌 カジュアル系 雑誌 オフィスカジュアル 雑誌 子ども・キッズファッション 雑誌 ガーリー系 雑誌 ティーンズファッション 雑誌 原宿系 雑誌 着物・和服 雑誌 ギャル系 雑誌 セレブ系 雑誌 森ガール系 雑誌
メンズファッション 雑誌
メンズきれいめカジュアル 雑誌 モノ・グッズ 雑誌 メンズカジュアル 雑誌 ストリートファッション系 雑誌 スーツ・トラッド系 雑誌 アメカジ 雑誌 オラオラ系・お兄系 雑誌 腕時計・ブランド 雑誌 古着系 雑誌
ビジネス・経済 雑誌
経営・マネジメント 雑誌 海外事情・国際ニュース 雑誌 政治 雑誌 マネー・投資 雑誌 ビジネス・経済専門誌 求人・転職情報誌 法律・法務 雑誌 環境・エネルギー 雑誌 広告・マーケティング 雑誌 流通・小売 雑誌 人事・総務 雑誌 四季報 外食・ホテル業界 雑誌 会計・税務・経理 雑誌 農業・畜産・漁業 雑誌 飲食店経営・調理師 雑誌 金融 雑誌 貿易 雑誌 地方自治・行政 雑誌 起業・独立開業 雑誌 企業年鑑・データ 業界データブック 自己啓発 雑誌 ビジネスCD・通信教育 株・FX 雑誌 就職・就活 雑誌
健康・生活 雑誌
子供・児童学習 雑誌 子育て・育児 雑誌 家事・生活情報 雑誌 健康・家庭医学 雑誌 住宅・リフォーム 雑誌 住宅情報・賃貸 雑誌 インテリア・雑貨 雑誌 田舎暮らし・エコ・スローライフ 雑誌 結婚情報・ウェディング 雑誌 絵本・大型絵本 妊婦・赤ちゃん 雑誌
スポーツ 雑誌
サッカー・フットサル 雑誌 高校野球・プロ野球 雑誌 ゴルフ 雑誌 その他球技・競技 雑誌 釣り 雑誌 相撲・武術・武道 雑誌 筋トレ・ボディビル 雑誌 ダイビング・マリンスポーツ 雑誌 スノーボード・スキー 雑誌 ランニング・ウォーキング 雑誌 テニス・卓球 雑誌 バレエ・社交ダンス 雑誌 スポーツ医学・コーチング 雑誌 自転車・サイクリング 雑誌 サーフィン・ボディーボード 雑誌 バスケットボール 雑誌 F1・モータースポーツ 雑誌 ダンス 雑誌 プロレス・格闘技 雑誌 ボクシング 雑誌 水泳・ボート 雑誌 ラグビー・アメフト 雑誌
バイク・自動車・乗り物 雑誌
オートバイ 雑誌 カスタムカー・バイク 雑誌 外車・輸入車 雑誌 4WD・RV 雑誌 新車・ニューモデル情報 鉄道・電車 雑誌 飛行機・航空機 雑誌 中古車・中古バイク 雑誌
芸能・音楽 雑誌
テレビガイド・番組表 雑誌 音楽情報誌 エンタメ 雑誌 DVD(ビデオ)マガジン 映画・シネマ 雑誌 韓国(韓流・K-POP) 雑誌 ピアノ・クラシック 雑誌 ギター・ロック 雑誌 演劇・舞台 雑誌 洋楽 雑誌 ジャズ(JAZZ) 雑誌 ジャニーズ 雑誌 グラビア・アイドル 雑誌 写真週刊誌・ゴシップ 雑誌 写真集
グルメ・料理 雑誌
レシピ 雑誌 グルメガイド・レストラン 雑誌 お酒(ワイン・日本酒など) 雑誌 栄養学・食育 雑誌 パン・スイーツ 雑誌
旅行・タウン情報 雑誌
京都・関西 雑誌 関東 雑誌 東京(TOKYO) 雑誌 九州 雑誌 東海 雑誌 東北 雑誌 北海道 雑誌 北陸・信越 雑誌 中国地方 雑誌 四国 雑誌 沖縄情報 雑誌 旅行情報誌 温泉 雑誌 リゾート・レジャー 雑誌 タイ・アジア 雑誌 ハワイ 雑誌 その他 海外情報 雑誌 鉄道・バス時刻表本 航空時刻表
アニメ・漫画 雑誌
少年コミック・漫画 少女コミック・漫画 青年コミック・漫画 レディース(女性)コミック アニメ 雑誌 声優 雑誌 comics&アメコミ ディズニー・キャラクター 雑誌 コスプレ 雑誌 BL(ボーイズラブ)コミック・雑誌
ペット・動物 雑誌
犬 雑誌 猫 雑誌 トリマー・ペット業界 雑誌 魚・熱帯魚 雑誌 昆虫 雑誌 ペットその他 雑誌
文芸・総合 雑誌
女性総合誌 男性総合誌 カルチャー・文化 雑誌 文芸誌・小説 雑誌 時事・社会 雑誌 機内誌 宗教 雑誌 歴史・史学 雑誌 思想・心理学 雑誌 俳句・短歌・詩 雑誌 占い・開運 雑誌 書道 雑誌
趣味・芸術 雑誌
デザイン・アート 雑誌 プラモデル・模型 雑誌 ガーデニング・園芸 雑誌 手芸・ハンドメイド 雑誌 パズル・クイズ 雑誌 ナンプレ・数独 雑誌 クロスワード・ナンクロ 雑誌 ミリタリー・サバゲー 雑誌 競馬・競輪・競艇 雑誌 オーディオ・ステレオ 雑誌 アウトドア・キャンプ 雑誌 カメラ・写真 雑誌 分冊百科・ワンテーママガジン 将棋・囲碁 雑誌 イラスト・グラフィックデザイン 雑誌 建築・住宅建築 雑誌 陶芸・骨董 雑誌 ラジオ・無線 雑誌 ゲーム 雑誌 フィギュア・ホビー 雑誌 DIY・工具 雑誌 パチンコ・パチスロ 雑誌 ハイキング・登山 雑誌 麻雀 雑誌
ヘアカタログ・美容 雑誌
メイク・ネイル 雑誌 フィットネス 雑誌 ヘアスタイル 雑誌 ヨガ 雑誌 美容専門誌 ダイエット 雑誌 アロマ 雑誌
看護・医学・医療 雑誌
ナース 雑誌 介護・福祉 雑誌 医療技術 雑誌 薬学 雑誌 臨床外科 雑誌 臨床内科 雑誌 医療時事 雑誌 歯科 雑誌 獣医学 雑誌 理学療法 雑誌 その他 医学雑誌
教育・語学 雑誌
その他 NHKテレビ・ラジオテキスト NHK語学テキスト 幼児教育 雑誌 小学生教育 雑誌 中学教育 雑誌 高校教育 雑誌 受験・留学 雑誌 試験問題集・資格 雑誌 日本語学習 教材 ハングル・韓国語学習 教材 中国語学習 教材 リスニング教材・語学CD 英語教育・英会話 教材 フランス語学習 教材 ドイツ語学習 教材 スペイン語学習 教材 その他 語学雑誌 教員・教師 雑誌 通信・教育講座
テクノロジー・科学 雑誌
宇宙・天文 雑誌 機械 雑誌 化学 雑誌 情報処理 雑誌 地球科学・環境問題 雑誌 生物・生物学 雑誌 数学・物理 雑誌
パソコン・PC 雑誌
コンピューター・自作PC 雑誌 ネットワーク・セキュリティ 雑誌 Webデザイン・プログラミング 雑誌 DTP・グラフィック 雑誌 アプリ・スマホ 雑誌 インターネット 雑誌 Mac・マック 雑誌
新聞・業界紙
英字新聞 業界新聞・専門紙 新聞縮刷版 切り抜き・クリッピングマガジン 全国紙(新聞) 中国語 新聞・業界紙 地方紙(新聞)
洋(海外)雑誌
English newspaper Science&Nature Magazines Language&Education Magazines Money&Business& Magazines Fashion&Style Magazines others Design&Architecture Magazines Hobby&Entertainment Magazines Home&Interior Magazines Computers&Electronics Magazines バイリンガルマガジン・雑誌
中国雑誌
中国 ビジネス・経済 雑誌 中国 旅行・タウン情報 雑誌 中国 趣味・芸術 雑誌 中国 看護・医学 ・医療 雑誌 中国 文芸・総合 雑誌 中国 教育・語学 雑誌 中国 テクノロジー・科学 雑誌 中国 スポーツ 雑誌 中国 ファッション 雑誌 高等文化院校学報 高等理工学院学報 中国 バイク・車・乗り物 雑誌 中国 健康・生活 雑誌 中国 学生・こども向け 雑誌
その他
その他 雑誌