※最新号の表紙とは限りません

ニューズウィーク日本版 Newsweek Japan

CCCメディアハウス
定期購読なら送料も無料!
日本だけのニュースを読むか、世界と同じニュースを読むか。世界と同じニュースを読む!それが、ニューズウィーク・バリュー
政治・経済・国際情勢など、グローバルな視点から徹底した報道をお届けする『ニューズウィーク日本版』。ネット社会だからこそ「信頼」できる「質」の高い情報を求め、「日本だけのニュース」ではない「世界と同じニュース」を読む価値を知る皆様に読まれています。

ニューズウィーク日本版 Newsweek Japanの
定期購読 雑誌・電子書籍(デジタル版)

おすすめの購読プラン
すべての購読プラン
初めてのご購入で500円割引
Fujisan.co.jpでご購入が初めての方は、500円割引(5000円以上のご注文にご利用可)となります。 ご注文確認画面のギフト券入力欄に自動的に表示されます。
レビュー投稿で500円割引
好きな雑誌のレビューを投稿すると、すぐにメールで500円割引ギフト券(5000円以上のご注文にご利用可)と、10%割引ギフト券(5000円以下の定期購読にご利用可)が届きます。
  • 月額払いの商品ではご利用いただけません。
  • どちらかひとつのギフト券が 今すぐご利用可能です♪
ニューズウィーク日本版 Newsweek Japanのレビューを投稿する
  • 紙版
  • 19,180円(税込)
    20%
    OFF
    1冊あたり384円
  • ◆ 送料:
    無料
  • 紙版
  • 36,000円(税込)
    25%
    OFF
    1冊あたり360円
  • ◆ 送料:
    無料
  • 紙版
  • 50,400円(税込)
    30%
    OFF
    1冊あたり336円
  • ◆ 送料:
    無料
  • 紙版
  • 10,440円(税込)
    13%
    OFF
    1冊あたり418円
  • ◆ 送料:
    無料
  • 紙版
  • 毎号価格
    19%
    OFF
    最新号は389円(税込)
  • ◆ 送料:
    無料
  • ◆ 月額払いとは?
    • 毎号、停止の依頼があるまでお送りします。
    • お支払いは、毎月自動引き落としとなります。
    • 詳しくはこちら
  • デジタル版
  • 毎号価格
    最新号は400円(税込)
  • ◆ 月額払いとは?
    • 毎号、停止の依頼があるまでお送りします。
    • お支払いは、毎月自動引き落としとなります。
    • 詳しくはこちら
  • ◆ 注意事項
    • 対応端末: PC・iOS・Android
    • 2016年1月5日発売のデジタル版につきましては、1月5日の15時前後の配信となりますので予めご了承下さいませ。
    • プリント版と発売日が異なる場合がございます。
    • デジタル版では、著作権等の関係で一部掲載していない記事や写真がある場合がございます。
  • デジタル版
  • 8,400円(税込)
    30%
    OFF
    1冊あたり336円
  • ◆ 注意事項
    • 対応端末: PC・iOS・Android
    • 2016年1月5日発売のデジタル版につきましては、1月5日の15時前後の配信となりますので予めご了承下さいませ。
    • 海外にお住まいのお客様は中途解約できません。
    • プリント版と発売日が異なる場合がございます。
    • デジタル版では、著作権等の関係で一部掲載していない記事や写真がある場合がございます。
  • デジタル版
  • 15,800円(税込)
    34%
    OFF
    1冊あたり316円
  • ◆ 注意事項
    • 対応端末: PC・iOS・Android
    • 2016年1月5日発売のデジタル版につきましては、1月5日の15時前後の配信となりますので予めご了承下さいませ。
    • 海外にお住まいのお客様は中途解約できません。
    • プリント版と発売日が異なる場合がございます。
    • デジタル版では、著作権等の関係で一部掲載していない記事や写真がある場合がございます。
  • デジタル版
  • 30,000円(税込)
    38%
    OFF
    1冊あたり300円
  • ◆ 注意事項
    • 対応端末: PC・iOS・Android
    • 2016年1月5日発売のデジタル版につきましては、1月5日の15時前後の配信となりますので予めご了承下さいませ。
    • 海外にお住まいのお客様は中途解約できません。
    • プリント版と発売日が異なる場合がございます。
    • デジタル版では、著作権等の関係で一部掲載していない記事や写真がある場合がございます。
  • デジタル版
  • 42,000円(税込)
    42%
    OFF
    1冊あたり280円
  • ◆ 注意事項
    • 対応端末: PC・iOS・Android
    • 2016年1月5日発売のデジタル版につきましては、1月5日の15時前後の配信となりますので予めご了承下さいませ。
    • 海外にお住まいのお客様は中途解約できません。
    • プリント版と発売日が異なる場合がございます。
    • デジタル版では、著作権等の関係で一部掲載していない記事や写真がある場合がございます。

ニューズウィーク日本版 Newsweek Japanの商品詳細

  • 出版社名:CCCメディアハウス
  • 発行間隔:週刊
  • 発売日:毎週火曜日
  • サイズ:A4変形
  • 1冊定価:[紙版]480円 [デジタル版]400円
日本だけのニュースを読むか、世界と同じニュースを読むか。世界と同じニュースを読む!それが、ニューズウィーク・バリュー
政治・経済・国際情勢など、グローバルな視点から徹底した報道をお届けする『ニューズウィーク日本版』。ネット社会だからこそ「信頼」できる「質」の高い情報を求め、「日本だけのニュース」ではない「世界と同じニュース」を読む価値を知る皆様に読まれています。
詳細画像
詳細画像
詳細画像
詳細画像

米国同時多発テロの、マイケル・ジャクソンの悲報を伝え、
結婚を、天才の育て方を科学し、
世界が尊敬する日本人を、人気批評家が注目の映画を紹介し、
最先端医療が、世界の最新トレンドがわかる。

それが、ニューズウィーク・バリュー。

『ニューズウィーク日本版 Digital』

[Digital版]は、1冊まるごとパソコンで読む、もうひとつの読み方です。
●一番早い『ニューズウィーク日本版』!
今すぐ読める[Digital版]は発売日0時の配信。海外勤務、出張もに便利です。
●専用リーダー不要!
パソコンのブラウザで読むため、WindowsにもMacにも対応します!
●完売した「バックナンバー」も購入できます!品切れがありません!


ニューズウィーク日本版

【Newsweekの歴史】


ニュースの裏側にある事実を掘り下げ、その意味を探り、徹底した報道をする──英語版Newsweekはそんな編集方針のもとに、1933年に創刊されました。60年代になると、ベトナム戦争や公民権運動などを早くから積極的に特集して、その「時代を読む目」が高く評価され、急速に部数を拡大しました。アメリカの一般誌で初めて表紙にビートルズを載せたのもNewsweekです。

世界情勢の報道とあわせて、社会や文化のテーマにも力を入れる姿勢は今も貫かれており、90年代以降は同性愛者やエイズの問題、近年は環境問題やテクノロジー関連にも多くのページを割いています。現在、全米で300万部以上、全世界で400万部近い発行部数をもち、TIMEとともにアメリカを代表するニュース週刊誌となっています。

ご自宅やオフィスへ毎週お届けします。
重大ニュースや関心をおもちのテーマを読み逃す心配がありません。
お得な割引価格でご購読いただけます。
※価格は消費税込みです。

送料は無料です(ゼロ円)。
売れ切れがなく、今スグ読める!デジタル版はお届けも最速!海外勤務、出張に便利!

地球を救う? トンデモ科学

さよならマイケル世界が尊敬する日本人100人

イラン動乱

資本主義再考

6.12大統領選 イランの針路

北朝鮮危機 核拡半島の脅威

グーグルへの挑戦状

オバマ、オバマを語る

インフルエンザ次なる脅威

ニューズウィーク日本版 Newsweek Japanの無料サンプル

2019年12/3号 (2019年11月26日発売)
2019年12/3号 (2019年11月26日発売)をまるごと1冊ご覧いただけます
サンプルを見る

ニューズウィーク日本版 Newsweek Japan 2020年6/9号 (2020年06月02日発売) の目次

Special Report 新型コロナ
検証:日本モデル
日本のやり方は正しかったのか?
感染対策の効果を感染症専門家と考える
特別寄稿 「8割おじさん」の数理モデル
緊急対談 日本のコロナ対策は過剰だったか
リスク管理 行動を変えるのは「説得」より「納得」

■習近平の危険な香港遊戯
中国 自由と民主化運動と一国二制度は風前の灯火なのか

■元慰安婦の家で何があった
韓国 寄付金横領、高齢者虐待……「ナヌムの家」職員が内部告発

Periscope
UNITED STATES トランプがWHOに絶縁状を
SOUTH KOREA 韓国総選挙にデジタル不正疑惑?
INDIA 中印の国境対立再燃に3つの要因
GO FIGURE バイデンがさらに優位に

Commentary
イスラム ラマダンとコロナと過激派と──飯山陽
日本政治 コロナを契機に日本を大掃除──河東哲夫
アメリカ 続・元CIA工作員のコロナな日常──グレン・カール
Superpower Satire 風刺画で読み解く「超大国」の現実
「習近平そっくりさん」の運命は──ラージャオ&トウガラシ
Economics Explainer 経済ニュース超解説
日本は「豊かな小国」になる勇気を──加谷珪一
Help Wanted 人生相談からアメリカが見える
夫に10万ドルの借金があった!
Just a Joke たかがジョーク、されどジョーク
葬列に頭を垂れた釣り人の正体── 早坂隆

World Affairs
ロックダウン イギリス的な首相側近の封鎖破り騒動
日本 デーブが斬る『テラハ』事件の深層

Features
分析 就任20年、プーチンはロシアをどう変えた
テクノロジー ポストコロナ時代のアマゾン無人戦略

Life/Style
Movies メル・ギブソンが狙う復活の時
Drama 新版『スノーピアサー』に早々の黄信号
Health 忘れ去られたコロナのメンタルヘルス危機
Celebrity 伝説の霊長類学者が語るコロナと自然保護
Celebrity 英キャサリン妃の素敵な「写真力」
Nature 空想の旅に出よう! 驚異の絶景10選

Tokyo Eye 外国人リレーコラム── 西村カリン
「世帯主」をそろそろやめては?
※デジタル版は紙の雑誌とは一部内容が異なり、掲載されない、または掲載期限のある広告や写真、記事、ページがある場合がございます。また、掲載されているプレゼント企画に、デジタル版ではご応募できません。あらかじめご了承ください。



Special Report 新型コロナ
検証:日本モデル
日本のやり方は正しかったのか?
感染対策の効果を感染症専門家と考える
特別寄稿 「8割おじさん」の数理モデル
緊急対談 日本のコロナ対策は過剰だったか
リスク管理 行動を変えるのは「説得」より「納得」

■習近平の危険な香港遊戯
中国 自由と民主化運動と一国二制度は風前の灯火なのか

■元慰安婦の家で何があった
韓国 寄付金横領、高齢者虐待……「ナヌムの家」職員が内部告発

Periscope
UNITED STATES トランプがWHOに絶縁状を
SOUTH KOREA 韓国総選挙にデジタル不正疑惑?
INDIA 中印の国境対立再燃に3つの要因
GO FIGURE バイデンがさらに優位に

Commentary
イスラム ラマダンとコロナと過激派と──飯山陽
日本政治 コロナを契機に日本を大掃除──河東哲夫
アメリカ 続・元CIA工作員のコロナな日常──グレン・カール
Superpower Satire 風刺画で読み解く「超大国」の現実
「習近平そっくりさん」の運命は──ラージャオ&トウガラシ
Economics Explainer 経済ニュース超解説
日本は「豊かな小国」になる勇気を──加谷珪一
Help Wanted 人生相談からアメリカが見える
夫に10万ドルの借金があった!
Just a Joke たかがジョーク、されどジョーク
葬列に頭を垂れた釣り人の正体── 早坂隆

World Affairs
ロックダウン イギリス的な首相側近の封鎖破り騒動
日本 デーブが斬る『テラハ』事件の深層

Features
分析 就任20年、プーチンはロシアをどう変えた
テクノロジー ポストコロナ時代のアマゾン無人戦略

Life/Style
Movies メル・ギブソンが狙う復活の時
Drama 新版『スノーピアサー』に早々の黄信号
Health 忘れ去られたコロナのメンタルヘルス危機
Celebrity 伝説の霊長類学者が語るコロナと自然保護
Celebrity 英キャサリン妃の素敵な「写真力」
Nature 空想の旅に出よう! 驚異の絶景10選

Tokyo Eye 外国人リレーコラム── 西村カリン
「世帯主」をそろそろやめては?

ニューズウィーク日本版 Newsweek Japan 2019年10/15号(2019-10-08発売) の特集を少しご紹介

嫌韓の心理学
P.19~P.32
現在、日韓関係は「戦後最悪」と言われる。韓国では「反日」デモや日本製品不買運動が行われ、日本を訪れる韓国人旅行者数が激減。他方の日本でも、韓国の「反日」をワイドショーや雑誌が報じ、「韓国への嫌悪」、いわゆる「嫌韓(けんかん)」と呼ばれる現象が目に付くようになった。今年5~6月にかけて日本の非営利組織「言論NPO」が実施した世論調査で、韓国に対して「良い印象を持っている」という人は20%、「良くない印象を持っている」は49.9%と、約半数が悪印象を持つ。インターネット空間には嫌韓コメントがあふれ返り、日本では「嫌韓」がよりありふれた光景になりつつある。では、誰がなぜ嫌韓に「なる」のか。本特集は、嫌韓現象のメカニズムを社会心理学とメディア空間の両面から解き明かそうという試みだ。
ラグビー日本代表、分断と対立を超えて
 「多様性ジャパン」が象徴す日本の現在地とその躍進が社会を変える可能性
P.34~P.37
イギリスの歴史家、トニー・コリンズは大著『ラグビーの世界史』(邦訳・白水社、2019年)の結論に、およそ学者とは思えないほど感情を込めた一文を添えている。「ラグビーはそれをプレイし、観戦するすべての人のために、情熱、プライド、意味を生み出してきた」と。ラグビーは意味を生み出す。ならば、このような問いが成り立つ。世界でおよそ強豪とは言えない日本がラグビーワールドカップで、強豪アイルランドを打ち破った一戦の意味はどこにあるのか――。いくつか考えることができる。前回大会で南アフリカを破ったのに続き、世界を驚かせる大番狂わせの主役になった日本は世界の強豪国に近づいた。長らく低迷してきた日本のラグビー人気に、また火を付けることになる。より魅力的なスポーツコンテンツとしての価値を高めた。いずれもそのとおりだが、ここではラグビーそのものよりも、ラグビー日本代表というチームが映し出す理想像に注目したい。
話題作『全裸監督』を丸裸にする
P.58~P.60
できれば手放しで褒めたかった。『全裸監督』の感想を聞かれると、そう答えている。ストリーミング配信サービス・ネットフリックスのオリジナルドラマのことだ。80年代に「ハメ撮りの帝王」と称されたAV監督・村西とおると、彼の監督作でデビューした黒木香を主人公に据えた作品である。かつて婦人誌編集者として日本のポルノ業界に取材を重ねた筆者は、なじみ深い題材を扱った日本発の意欲作に、大いに期待を寄せていた。配信と同時にニューヨークの自宅で全8話を視聴し、はや2カ月がたつ。数字の上では、非常に好調である。シーズン1の配信開始は今年8月8日、同16日には早くもシーズン2の制作が発表された。今まで国内で制作された同社オリジナル作品の中で最も多く見られたタイトルとなり、新規顧客獲得にも大きく寄与した。現在190カ国以上で配信中、12言語吹き替え、28言語字幕に対応。

ニューズウィーク日本版 Newsweek Japan 2019年10/8号(2019-10-01発売) の特集を少しご紹介

消費増税からマネーを守る経済超入門
P.19~P.38
好むと好まざるとに関係なく、変化はやって来る。必要のない消費増税のように、歓迎できない変化もあれば、キャッシュレス化の進展のように、いい面と悪い面の両面を併せ持つ変化もある。キャッシュレス化は買い物を便利にする半面、プライバシーに関する不安は拭えない。米中貿易戦争のように、影響が読みにくい変化もある。世界を景気後退に引きずり込む可能性もあるが、日米同盟の強化につながったり、将来的に中国を好ましい方向に変える要因になったりするかもしれない。未来は不透明だが、日本人は楽観していい。理由は2つある。第1に、構造的な低成長に悩まされている国は、日本だけではなくなった。「Japanification(日本化)」という英単語を検索すると、何万件もヒットする。世界中で超低金利状態が加速していることからも明らかなように、多く国で成長への期待がしぼんでいる。第2に、日本はこれまで数十年にわたり、この状況を経験してきた。
トランプにへいこらして墓穴を掘ったゼレンスキー
P.8~P.9
今年7月の議会選で自身が率いる新党が圧勝し、トランプ米大統領から祝福の電話を受けたウクライナのゼレンスキー大統領だが、米情報当局者の内部告発をきっかけに電話の内容が公表された。思わぬ伏兵に足を取られた格好だ(関連記事40ページ)。トランプは電話でゼレンスキーにちょっとした頼み事をした。2020年の米大統領選で対戦する可能性が高い民主党のバイデン前副大統領に関し、「多くの人々が知りたがっている」真相を調べてほしいと言ったのだ。ゼレンスキーの立場では、トランプに頼まれればノーとは言えない。14年に南部のクリミア半島をロシアに奪われ、今も東部のドンバス地方で親ロシア派との戦闘が続くウクライナにとって、アメリカの軍事援助は頼みの綱だ。米政府と米議会の不興を買うわけにはいかない。しかもトランプは電話の前に軍事援助の延期を決めていた。
トランプの「新たな陰謀」
P.40~P.42
あっという間だった。16年の米大統領選に対するロシアの介入疑惑では2年がかりの捜査でも得られなかったものが、今回はあっさり手に入った。ドナルド・トランプが現職のアメリカ大統領としてウクライナの大統領に、軍事援助を餌に自分の政敵への攻撃をけしかけた疑惑が急浮上し、ついにナンシー・ペロシ下院議長(民主党)も、大統領弾劾に向けた調査にゴーサインを出した。もちろん、誰も弾劾(大統領の罷免)が実現するとは思っていない。トランプ自身、今回もロシア疑惑のときと同じ悪質な「魔女狩り」にすぎず、いくら調べても何も出てこないぞと強弁している。しかし2つの疑惑の構図は根本的に異なる。3年前はトランプを勝たせるためにロシアが画策し、それにトランプ陣営が共謀したかどうかが争点だった。しかし今回はトランプ自身が疑惑の中心人物だ。現職大統領が自ら外国の指導者に電話して、私的な利益のために権力を乱用した疑いだ。

ニューズウィーク日本版 Newsweek Japan 2019年10/1号(2019-09-25発売) の特集を少しご紹介

2020サバイバル日本戦略
P.21~P.38
米中対決、韓国の「メルトダウン」、台湾、香港、インドとパキスタンの衝突、イラン、パレスチナ、シリア、ウクライナ、ブレグジット(イギリスのEU離脱)、その他、その他……。今の世界は騒がしくなるばかり。それに油を注ぐのは、ほかならぬアメリカのドナルド・トランプ大統領である。「アメリカを再び偉大な国にする」「アメリカ第一(同盟国や世界のことより、まず米国民の利益を優先)」という彼のモットーは、他国にとって既得権益をトランプに力ずくで奪い取られるということにほかならない。世界の多極化やアメリカのたそがれと言われるが、基軸通貨ドルを擁し、世界最大の市場と最強の軍隊を持つアメリカの力はまだ健在だ。今後1年、世界情勢の基調になるのは、「大統領再選を目指すトランプのあがきがどこまで世界の政治・経済秩序を破壊するか」。
ラグビーが統合するアイルランド
P.44~P.45
ラグビー世界ランク1位の強豪アイルランド代表が9月22日、日本で開催中のワールドカップ(W杯)に登場した。試合前に流れる歌は、アイルランド共和国の国歌でもイギリス領北アイルランドの歌でもない。選手たちを鼓舞するのは、この種の国際イベント用に特別に作られた「アイルランズ・コール」。歌詞にはアイルランド分断の歴史は一切出てこない。少なくともラグビーの国際試合では、「2つのアイルランド」が1つの代表チームに一致して声援を送る。アイルランドでは何世紀もの間、激しい宗教的・政治的紛争が繰り返されてきた。1922年にカトリック教徒主体の南部が自治領「アイルランド自由国」として成立してからほぼ100年。イギリス統治下に残ったプロテスタント主体の北部との間には、今も敵対感情がある。スポーツも例外ではない。サッカーでは全アイルランドの代表チーム結成は望み薄だ。
トランプの混沌がイラン危機をあおる
P.40~P.42
犯人はイランなのか。サウジアラビア東部の石油施設2カ所が9月14日、ドローンと巡航ミサイルに攻撃された事件をめぐる問いの答えは、イエスである可能性が高い。となれば、さらに重大な疑問が浮上する。ドナルド・トランプ米大統領はどう動くのか──。トランプは、極めて厳しい経済制裁によってイランの体制を崩壊させようと決意しているようだ。だがその一方で、戦争には消極的な姿勢を見せている。今年6月にイランが米軍の無人偵察機を撃墜した事件では、報復措置として軍事攻撃を承認したものの、直前になって撤回。9月10日に解任を発表した強硬派のジョン・ボルトン大統領補佐官(国家安全保障担当)とは、トランプが対イラン交渉再開に向けた制裁緩和をほのめかしたことで対立していた。タカ派かと思えばハト派になり、時にはタカ派であってハト派になる……。トランプの態度に困惑させられるのは、実際、態度が分かりにくいからだ。

+   ニューズウィーク日本版 Newsweek Japanの目次配信サービス

ニューズウィーク日本版 Newsweek Japanのレビュー
総合評価: ★★★★☆ 4.20
全てのレビュー:762件

レビュー投稿で500円割引!
世界の情勢がわかる
★★★★☆2020年06月05日 にんにん 会社員
ニューズウィークを読んでいると世界の情勢が分かります 国内だけでなく世界の常識を知る良い機会だとおもいます
日本のメディアに疑問を感じたら
★★★★☆2020年06月04日 ばるなべ 社長
右だ左だといったところで、実際のところはどうなんだ?日本のテレビ、新聞に不信感を抱いたら、ちらっとこの雑誌をめくってみるといい、それが全てでないことを確信させてくれるはず。
新聞の補足
★★★★★2020年05月25日 よこゆう 会社員
新聞で書かれてない情報やアイデアを得るのに役立っています。数年来身近にある情報誌でさし。
テレビのニュースでは知れないニュース
★★★★☆2020年05月17日 Ryo 会社員
テレビのニュースではなかなか知ることのできない世界のニュースを幅広く知ることができると思います。日本に関する分析記事も多くこういう世界から見ると視点もあるのかという、新たな気づきもあります。ただ、定期購読料が少し値段が高い(?)ので、本サイトから割引で申し込めて嬉しいですね。
安倍晋三の力及ばぬ報道機関
★★★★☆2020年05月06日 jigoro アルバイト
日本:この国のマスコミは自由に報道出来なくなった今、海外メディアに頼らざるを得ません。
ニューズウィーク日本版
★★★★★2020年05月05日 アッキー 主婦
巷の新聞の国際面にも掲載されていないような情報がわかりやすくまとめられています。内容は知りたいことばかりではありませんが、逆に視点が変わり物の見方も考え方も柔軟になったような気がします。
アフターコロナの世界秩序
★★★★★2020年04月28日 おおさか 会社員
アフターコロナの世界秩序について世界規模の思考やアイデアが満載で定期購読始めました。日本の識者だけを集めた日本の総合雑誌とは視野の広さがちょっと違います。
いい
★★★★★2020年04月27日 ぽん その他
テレビのニュースだけではわからないことも、外国目線で書かれていて良いし、読みやすい。
興味深い
★★★★☆2020年04月20日 hanaさん 専門職
日本では報じられない海外の状況も分かりやすく書かれている。ページ数が少ないのであっと言う間に読み終わります。
多様な視点と、多面的なアプローチが良い
★★★★★2020年04月16日 宇治の住人 会社員
youtubeの動画サイトで毎号取り上げられていたので、思い切って定期購読を決意。特集のページ数が適度なボリュームで、次号までに読み切りやすい。コメントや解説が、異なった視点からアプローチしている場合が多いので、テーマを多面的に理解できる。現場取材ならではの記述が多く、他のメディアでは得られない情報があり、とても有益である。
レビューをさらに表示

ニューズウィーク日本版 Newsweek JapanをFujisan.co.jpスタッフが紹介します

ニューズウィーク日本版 Newsweek Japanは、CCCメディアハウスから発行されている週刊誌です。その名の通り、アメリカで流通しているニューズウィークの日本語版で、世界各国で起きた出来事や国際問題などを独自の視点で分析して紹介しています。日本版ということで、特に東アジア情勢にフォーカスした記事が多く掲載されているのが特徴で、社会のテスト対策として時事問題を押さえておきたい学生にとっても有用な雑誌と言えるでしょう。

ニューズウィークの紙面は日本版独自の記事に加えて、アメリカ版の翻訳も掲載されており、同国からの目線で世界情勢がどのように報じられているのかを知るにもよい情報源です。前述の通り、単に事実だけを載せているのではなく、実力に定評のある記者たちが自分の考えを交えて記事を書いていることから、政界や財界の著名人にも愛読者が多く存在しています。そのため、経営者の感覚を持っておきたいビジネスマンや政界を目指そうとしている人であればぜひ定期的に購読しておきたいところです。本書を購読することによってグローバルな感覚を養っておくことが、これからの国際化に向けては重要となってくるはずですので、社会人から学生まで幅広い層にお勧めです。

ニューズウィーク日本版 Newsweek Japanのバックナンバー

ニューズウィーク日本版 Newsweek Japanの今すぐ読める無料記事

ニューズウィーク日本版 Newsweek Japanを買った人はこんな雑誌も買っています!

ビジネス・経済 雑誌の売上ランキング

1 正論

産経新聞社

最大
12%
OFF
送料
無料

正論

2020年06月01日発売

目次: 【大特集 非常事態と国家】
武漢ウイルス対応で/際立った日本の異端 麗澤大学特別教授・産経新聞ワシントン駐在客員特派員 古森義久 
安倍晋三と国家の命運   評論家 西尾幹二
日本は国難を克服できる ~言論テレビより~ 内閣総理大臣 安倍晋三×ジャーナリスト 櫻井よしこ
十年前の政治介入に声を上げたのか 櫻井よしこ
パフォーマンスだけの首長はいらない   評論家 八幡和郎
批判一辺倒では国民に響かない 国民民主党代表 玉木雄一郎
編纂から千三百年 『日本書紀』に学ぶ国難突破の処方箋 大阪観光大学講師 久野潤
イデオロギー脱却が時代乗り越える 評論家 三浦小太郎
国難の時代と天皇の祈り 編集者・著述家 谷田川惣
伝わらなかった警鐘 事実見ぬメディア 作家・ジャーナリスト 門田隆将

【特集 中国という存在】
希望的観測による政策継続を戒める 元自衛艦隊司令官 香田洋二
コロナ禍にあっても脅威への備え怠るな 防衛大学校教授 神谷万丈
コロナ後の悪夢になる「債務の罠」 国際ジャーナリスト 安部雅延
日本に上陸している「もう一つの脅威」 本誌編集部
宣伝戦の犠牲になった二人の元日本兵 近現代史研究家 阿羅健一


財政健全主義が壊した薬の安定供給体制 ジャーナリスト 小笠原理恵
ユダヤ難民と北海道を救った陸軍中将  樋口季一郎の遺訓と改憲論 ノンフィクション作家 早坂隆
ご都合主義が過ぎるメディア  連載特別版 産経新聞政治部編集委員兼論説委員 阿比留瑠比


【特集 朝鮮半島情勢報告】
内ゲバ始まった韓国・慰安婦運動           モラロジー研究所教授・麗澤大学客員教授 西岡力
やっぱり金正恩は心疾患抱えている デイリーNKジャパン編集長 高英起
「金正恩有事」という東アジアの時限爆弾 龍谷大学教授 李相哲
金正恩「死亡情報」が物語るもの  連載特別版 産経新聞台北支局長 矢板明夫


教科書検定制度への誤解に基づく正論編集部の「つくる会」批判に反論する     新しい歴史教科書をつくる会副会長 藤岡信勝
自由社歴史教科書に関する正論編集部の考え 正論編集長 田北真樹子
なぜ私は『業平』を書いたのか 作家 高樹のぶ子


【好評連載!】
短期集中連載緊急シミュレーション小説 202X年日本黙示録 OKI(隠岐)を奪還せよ       
            第8回 取り憑かれた一日              作家 杉山隆男
昭和の大戦とあの東京裁判 ―同時代を生きた比較史家が振り返る― 第6回 太平洋戦争か大東亜戦争か
東京大学名誉教授 平川祐弘 

<話の肖像画>台湾と歩んだわが人生㊤  元台湾総統 陳水扁/聞き手 矢板明夫

【グラビア】
巻頭カラー 皇室歳時記 
いのちかがやく ~鎌倉初夏  渡辺照明
阿蒙列車 大竹直樹
不肖・宮嶋の現場  嵐の前の静けさ
業田良家 それ行け!天安悶
西原理恵子 ぬるま湯正論
文人論客 壷中之天  サトウハチロー「深大寺 そばごちそう門前」/取材・構成 将口泰浩


巻頭コラム 激流世界を読む 田久保忠衛
フロント・アベニュー 麗澤大学教授 八木秀次 
フィフィの本音 第一回               タレント フィフィ
経済快快 産経新聞特別記者 田村秀男
君は日本を誇れるか     作家 竹田恒泰
アメリカの深層                         福井県立大学教授 島田洋一 
朝鮮半島藪睨み                      産経新聞編集委員 國學院大學客員教授 久保田るり子 
シリーズ対談 日本が好き! ルールには必ず理由がある  元宝塚歌劇団星組男役 壱城あずさ/ジャーナリスト 井上和彦  
シネマ異聞 そこまで言う⁉         読売テレビ・チーフプロデューサー 結城豊弘  
読書の時間 潮匡人/桑原聡のこの本を見よ
読者のプロムナード
編集者へ・編集者から    
メディア裏通信簿                
折節の記                    
操舵室から               

参考価格: 900円 定期購読(1年プラン)なら1冊:790円

日本人の鼓動が響く雑誌です。~フジサンケイグループのオピニオン誌「正論」~

  • 2020/05/01
    発売号

  • 2020/04/01
    発売号

  • 2020/02/29
    発売号

  • 2020/02/01
    発売号

  • 2019/12/25
    発売号

  • 2019/12/10
    発売号

2 TIME(タイム)

Time Magazine Hong Kong Limited

最大
75%
OFF
送料
無料
参考価格: 1,100円 定期購読(学割1年プラン)なら1冊:270円

No.1国際英文ニュース誌!本商品はTime Asia Edition です。

3 PRESIDENT(プレジデント)

プレジデント社

最大
58%
OFF
送料
無料

PRESIDENT(プレジデント)

2020年05月22日発売

目次: 特集

コロナ恐慌に無敵のマネー入門

年収300万父さんは、なぜリッチなのか
この先30年、安心を約束!
緊急◎高収入ビンボーvs低収入でも貯まる人

全国8500世帯・家計調査の衝撃!
年収1000万はビンボー、年収300万は新型リッチ
年収1000万でも火の車、10%は無貯蓄「3大固定費の重圧」
年収700万は所得税10%増の地獄にあえぐ
なぜ、年収が上がるほど幸福度は伸び悩むのか
コラム▼金なし・無名校でも?なんで私が東大に? 現役東大生が合格勉強法を大公開
芥川賞作家の幸せ哲学「お金の心配、パッと消す」

何かがなければ貧乏だなんて、誰が決めたことなのさ
◎三木 卓
ドライブインで買うデラックスバーガー(3・7ドル)!

ビル・ゲイツの贅沢が素敵だ
◎藤野英人
コツはたった3つ「バランス・家族円満・フットワーク」が最強

1億円達成!年収300万父さんのリアル家計簿大公開
◎横山光昭
マネーの新流儀連載300回超特別企画。ぜひ、お試しください。

特大付録 自然に1億貯まる。ほったらかし家計簿入門
心を整える▼キリストの教え「つらいときこそ、いつもどおり」
◎関根一夫
プロが緊急伝授! 総額1076万円バッサリ削減

生活レベル向上委員会!「家計のムダ取り?簡単テク」
光熱費▼電力&ガス代、最新エコ家電
通信費▼格安スマホ、ネット回線乗り換え
交通費▼えっ、まだ6カ月定期を使っているんですか?
交際費▼外食サブスク/アンケートで食事代タダ
教育費▼名門中学受験、社会人でも学割
心を整える▼ブッダは、先行き不安を乗り越えろとこう説いた
◎藤尾聡允
申請すればもらえるお金、副業、株主優待まで

最新スクープ満載! 誰でも月収10万円アップは簡単です
知ってる人だけ得をする「マネーの裏ワザ」教えます~2020初夏~
心を整える▼元経済ヤクザが教える年収1000万円の不幸
◎猫組長
日用品「とっても安くて、本当にいいもの」36番勝負
総力取材◎経済のプロ24人に聞いたこれからの株価乱高下

気をつけろ![日経2万4000円][大暴落1万5000円]どっちも本当だ!
半年後の株価、金利、不動産、年金はどうなる?
NEWS & INTERVIEWS
浜田宏一「このままでは日本は復活できません」
表紙のCAT・すずめ&うなぎ
スズキ会長・鈴木 修「印度人」
衆議院議員・国光あやのインタビュー
好評連載
人間邂逅[766]

●木村浩一郎×八田克彦

ゴールがない「技」の世界
茂木健一郎の「成功への物語」[214]

今どきテレビなんか見てたら負け
D・アトキンソンの「このピンチが最後のチャンスだ」[2]

最低賃金引き上げで日本は必ず復活する
大前研一の「日本のカラクリ」[244]

アフターコロナは遠隔診療を新常識にせよ
菅義偉の「戦略的人生相談」[3]

面倒事の押し付け合いは、どの組織にもある
飯島 勲の「リーダーの掟」[267]

安倍政権が批判される理由がわからない
齋藤孝の「人生がうまくいく古典の名言」[38]

ローマ皇帝の遺した言葉がカッコよすぎる
橋下 徹の「ノーサイド・トーク」

●ゲスト・織作峰子/川井郁子
「橋下 徹」通信[100]

吉村知事が発信力を身につけた「大阪流」真剣勝負
伊藤詩織の「ドーナツてるの?」[3]

アフリカで出会った、13 歳で母になる少女の涙
鈴木宗男×佐藤 優の「世界大地図」[8]

ふざけるな! 国会議員の給料は半分でいい
三浦瑠麗の「山王日記」[7]

コロナに揺れる長い夜にお勧めする「ザ・ホワイトハウス」
本田 健の「賢者は年収3000万の小金持ちを目指す」[8]

自宅で仕事に集中するために一流の人がやっているマル秘テク
池上 彰と増田ユリヤの「ドキドキ大冒険」[39]

ハーレムの教育がすごい
笹井恵里子の「あなた vs 〇〇〇」[8]

ストレス
職場の心理学[705]

外出自粛を守れない人はなぜ守れないのか
マネーの新流儀 [302]●山野祐介

還元率3%の「LINEクレカ」は余命1年
新刊書評

ウルリケ・ヘルマン 著『スミス・マルクス・ケインズ』
クローズアップ・ニッポン

著者インタビュー

元木昌彦『野垂れ死に ある講談社・雑誌編集者の回想』戸田山和久『教養の書』
経営者たちの四十代[254]●街風隆雄

●大林組社長・蓮輪賢治

部下の説明でよければ、黙っている
プレジデント言行録
エディターズノート
読者の声
平河の燕巣から

参考価格: 780円 定期購読(学割6ヶ月プラン)なら1冊:325円

現代の悩めるビジネスリーダーの「問題解決のバイブル」として、米国FORTUNEの日本版として始まりました日本一のビジネス誌「プレジデント」を!

  • 2020/05/08
    発売号

  • 2020/04/24
    発売号

  • 2020/04/10
    発売号

  • 2020/03/27
    発売号

  • 2020/03/13
    発売号

  • 2020/02/28
    発売号

最大
15%
OFF
送料
無料

ダイヤモンドZAi(ザイ)

2020年05月21日発売

目次: ◎巻頭特集
最新決算でわかった強い株
[1]今期予想増益トップ50
[2]上ブレ着地ベスト8
[3]月次が好調ベスト6

◎第1特集
今しか買えない株がある!
逆襲の日本株!厳選96銘柄
●Type1追い風:新型コロナ拡大で業績が伸びる株
●Type2大逆転:売られすぎ優良株で株価数倍を狙う株!
●Type3ド安定:どんな時も安定的に稼ぐスゴイ株!
●プロ5人が集結!今後の日本株予測&投資戦略「日経平均は二番底もその後2万2000円へ」
●column:コロナ後に世界をリードする米国株

◎第2特集
大荒れ相場の正しい立ち回り方がわかる
個人投資家1300人のコロナショックの悲喜こもごも&売買てん末記
●Part1:有名個人投資家10人はコロナ相場でこう動いた!
●Part2:個人投資家1300人七転八倒&奮闘ぶりを大調査!
●桐谷さんと金子ナンペイさんの最新情報も!

◎第3特集
コロナショックで利回りに大異変!
毎月分配型人気投信100本の最新利回り
●利回り激減ワースト25本
●急落時こそ重要なチェックポイント3

◎第4特集
コロナショックで急騰!
財産を守るための金投資

◎別冊付録
見直し1回で年間13万円節約!?
やらなきゃ大ゾン!
「スマホ」&「電気代」見直しBOOK

◎ZAiニュースチャンネル
「コロナ禍で株主総会はオンライン参加が増加!」

◎連載も充実!
●自腹でガチンコ投資!AKB48(株)ガチバトルサード・シーズン
「智代梨の巣ごもり大公開!」編
●AKB48武藤十夢のわくわくFX生活(ライフ)!
「少しはオトナになりました」
●株入門マンガ恋する株式相場!
VOL.45「コロナショックで狙う株」
●マンガどこから来てどこへ行くのか日本国
「見えない敵とネットの中傷と戦うときのお値段」

参考価格: 750円 定期購読(1年プラン)なら1冊:638円

マネービギナーのための楽勝攻略マガジン。お金や投資に役立つ情報が満載!

  • 2020/04/21
    発売号

  • 2020/03/21
    発売号

  • 2020/02/21
    発売号

  • 2020/01/21
    発売号

  • 2019/12/21
    発売号

  • 2019/11/21
    発売号

5 FX攻略.com

Wa plus(ワプラス)

最大
50%
OFF
送料
無料

FX攻略.com

2020年05月21日発売

目次: ■巻頭特集 全11名の専業&兼業の常勝トレーダーを徹底取材!! 取引手法から分析環境までマル秘テクニック大公開
・損失を抑えて、利益の積み重ねを目指す 内田まさみ
・時間帯を絞った順張りスタイル きぬ
・朝に3分、夜に3分スマホでトレード! 木里ゆう
・仕事や家事の傍らでコツコツ取引! あき
・兼業での成功は裁量のスキルが重要 Dakar
・例えるなら選手から監督になるイメージ 金ツッパ侍
・一目均衡表で相場観を常に最新に 浅野敏郎
・貯金・経験・自信を持つこと スキャトレふうた
・ギャンブルをしない資金管理 川崎ドルえもん
・実践・反省・改善を繰り返すこと ましゅまろ
・成功を目指すならEAが圧倒的に有利 Kaibe

■注目記事
・3大通貨の未来を予測するテクノ&ファンダ分析 「ボリンジャーバンド」で見るコロナショックの衝撃と為替変動率 
 佐藤正和(外為オンライン・シニアアナリスト)
・Dealer’s EYE Trader’s対談 井口喜雄(トレイダーズ証券市場部ディーリング課) 山中康司(為替アナリスト)
・金融リテラシーが身につく YEN蔵の投資大学(アカデミア) YEN蔵(ADVANCE代表)
・陽和ななみと一人前のトレーダーを目指す!ななみんと学ぶFX 山中康司(為替アナリスト) 陽和ななみ(女優・投資家)
・カニトレーダー式FXを収入の柱にする8つの鉄則 エントリーは計画的に カニトレーダー(兼業トレーダー)
・馬渕の目 米国は「戦時下」の態勢で新型コロナに立ち向かう! 馬渕磨理子(フィスコ企業リサーチレポーター)
・ユーちぇるのトレードフィットネスジム FXで稼げない本当の理由 ユーちぇる(筋肉トレーダー)

■有名トレーダーの成功「私」考
・私が使う移動平均線の期間 不動修太郎(国際エコノミスト)
・私が見た、成功する人・失敗する人 サトウカズオ(投資家兼ブロガー)
・私にとって勝ちやすい相場 岡ちゃんマン(専業トレーダー)

■国際経済・金融の真相
・金融安定化に向けて 森晃(エコノミスト)
・新型コロナウイルスと商品相場 佐藤りゅうじ(エイチスクエア代表)
・これからの外国為替場の行方 田嶋智太郎(経済アナリスト)

■コラム
・人工知能と相場とコンピュータと トランジスタとシリコンバレーの誕生 奥村尚(マーケットの魔術師)
・山中康司氏 特別インタビュー 裁量トレード&シストレ兼用の相場分析術 「ボリンジャーバンド1つでこんなに相場が見える!」 
 FX攻略.com編集部
・時期と傾向からトレード戦略を組み立てる 川崎ドルえもん流 時間統計論 6月編 川崎ドルえもん(トレーダー)
・なにわのチャート博士・神藤将男の中間波動攻略メソッド! シナリオを考察する方法 神藤将男(ストラテジスト)
・FXの魅力の本質を理解しよう~レバレッジに関する誤解~ いいだっち先生(専業トレーダー)
・眞壁憲治郎のFX長者列伝 第二章 眞壁憲治郎(トレーダー)
・欧州ファンダメンタルズ入門 英国の首相不在時の対応策 松崎美子(トレーダー)
・気になるFX Q&A 知ったかぶり卒業宣言シリーズPart1 「日銀のマイナス金利政策」とは? 間瀬健介(インヴァスト証券・マーケティング部)
・モバイルトレード最前線 ツーコニア
・“需給の鬼”こと井上哲男の相場の潮流 井上哲男(スプリングキャピタル代表)
・荒野浩の相場を極める相場を楽しむ 荒野浩(マーケットアナリスト)
・Exciting米国株~アーリーリタイヤを目指す!!~日本株vs米国株 業種ごとに下落率とリバウンド状況を一挙比較!第2弾 
 福島理(マネックス証券)
・仮想通貨通信 コロナ禍による経済停滞でのビットコインの可能性 オオヒラ(トレーダー)
・FX要人名鑑 FX攻略.com編集部
・「ミラートレーダー」が選りすぐりのストラテジーを採用するまで 中里エリカ(セントラル短資FX)
・新型コロナウイルス感染拡大で見えたこと 内田まさみ(フリーアナウンサー兼ライター)
・OVX急騰~ドル高が続く!? 大橋ひろこ(フリーアナウンサー)
・FX業界初のアイドルへ直撃インタビュー Karen-cies(カレンシーズ)がFXの魅力をPR カレンシーズ(FX系アイドル)

■FX会社記事
・サクソバンク証券 MT4のサクソバンク証券がハイクオリティなEAのプレゼントキャンペーン EA開発は次のステージへ
・ゴールデンウェイ・ジャパン ゴールデンウェイ・ジャパンの新イメージキャラクターに山本舞香さんが就任しました!

■その他
・「マネーアップ」初月0円キャンペーン実施中!!!
・経済指標カレンダー
・Twitterアカウントベストセレクション
・主要各国の政策金利
・MAiMATEってなんだ?
・雑誌のオンライン書店Fujisan.co.jpでFX攻略.com10周年記念キャンペーン実施中!
・プレゼント
・読者投稿募集のお知らせ ぜひ編集部へ、ご連絡ください
・GogoJungle「投資ナビ+」で、今すぐ学ぼう、今すぐ伝えよう
・FX用語集
・編集後記・次号予告

参考価格: 800円 定期購読(【月額払い】プラン)なら1冊:400円

日本で唯一のFX(外国為替証拠金取引)専門情報誌(月刊)

  • 2020/04/21
    発売号

  • 2020/03/21
    発売号

  • 2020/02/21
    発売号

  • 2020/01/21
    発売号

  • 2019/12/21
    発売号

  • 2019/11/21
    発売号

最大
30%
OFF
送料
無料

ニューズウィーク日本版 Newsweek Japan

2020年06月02日発売

目次: Special Report 新型コロナ
検証:日本モデル
日本のやり方は正しかったのか?
感染対策の効果を感染症専門家と考える
特別寄稿 「8割おじさん」の数理モデル
緊急対談 日本のコロナ対策は過剰だったか
リスク管理 行動を変えるのは「説得」より「納得」

■習近平の危険な香港遊戯
中国 自由と民主化運動と一国二制度は風前の灯火なのか

■元慰安婦の家で何があった
韓国 寄付金横領、高齢者虐待……「ナヌムの家」職員が内部告発

Periscope
UNITED STATES トランプがWHOに絶縁状を
SOUTH KOREA 韓国総選挙にデジタル不正疑惑?
INDIA 中印の国境対立再燃に3つの要因
GO FIGURE バイデンがさらに優位に

Commentary
イスラム ラマダンとコロナと過激派と──飯山陽
日本政治 コロナを契機に日本を大掃除──河東哲夫
アメリカ 続・元CIA工作員のコロナな日常──グレン・カール
Superpower Satire 風刺画で読み解く「超大国」の現実
「習近平そっくりさん」の運命は──ラージャオ&トウガラシ
Economics Explainer 経済ニュース超解説
日本は「豊かな小国」になる勇気を──加谷珪一
Help Wanted 人生相談からアメリカが見える
夫に10万ドルの借金があった!
Just a Joke たかがジョーク、されどジョーク
葬列に頭を垂れた釣り人の正体── 早坂隆

World Affairs
ロックダウン イギリス的な首相側近の封鎖破り騒動
日本 デーブが斬る『テラハ』事件の深層

Features
分析 就任20年、プーチンはロシアをどう変えた
テクノロジー ポストコロナ時代のアマゾン無人戦略

Life/Style
Movies メル・ギブソンが狙う復活の時
Drama 新版『スノーピアサー』に早々の黄信号
Health 忘れ去られたコロナのメンタルヘルス危機
Celebrity 伝説の霊長類学者が語るコロナと自然保護
Celebrity 英キャサリン妃の素敵な「写真力」
Nature 空想の旅に出よう! 驚異の絶景10選

Tokyo Eye 外国人リレーコラム── 西村カリン
「世帯主」をそろそろやめては?

参考価格: 480円 定期購読(3年プラン)なら1冊:336円

日本だけのニュースを読むか、世界と同じニュースを読むか。世界と同じニュースを読む!それが、ニューズウィーク・バリュー

  • 2020/05/26
    発売号

  • 2020/05/19
    発売号

  • 2020/05/12
    発売号

  • 2020/04/28
    発売号

  • 2020/04/21
    発売号

  • 2020/04/14
    発売号

7 英国The Economist(エコノミスト)

The Economist Newspaper Limited

最大
43%
OFF
送料
無料

英国The Economist(エコノミスト)

2020年06月06日発売

目次: Leaders

Policing and race in America
The fire this time
Will protesters in American cities bring progress, or set back the cause they champion?

Hong Kong
Conduit’s end?
How to tell if the world’s third-biggest international financial centre is fading

Covid-19
The other three-quarters
In most of the world the pandemic is still gathering pace

Inflation
Tomorrow’s problem
Why it isn’t worth worrying about inflation until economies have recovered from the pandemic

Commercial space flight
Orbital liberties
Another step on the way to making human space travel a routine form of commerce

Letters

Letters to the editor
On public debt, Vitamin D, the BBC, clock dials, lists of three, globalisation
Briefing

How covid-19 kills
Assault and battery
The ways in which the virus wears the body down

Asia


Covid-19 in South Asia
Deadly tide
Marriage in Japan
Knot happy
Repressing dissent in Thailand
Voice of treason
South Korea
Haunted by Gwangju
Indonesian politics
Viral marketing
Banyan
The beast from the east
China


The Belt and Road Initiative
Break time
Chaguan
Crossing blood lines
United States


Criminal justice
Order above the law
African-Americans
Slow progress
Global leadership
Groping for the right grouping
Fishing
Alaska welcomes hooligans
Lexington
Far worse than Nixon
The Americas


Canada
Contenders for a cracked crown
Colombia
Medellín’s medical marvel
Bello
The empty skies
Middle East & Africa


Yemen and covid-19
The invisible outbreak
Israel
Empty empires
The Hirak
Streets with no rage (for now)
Boko Haram
No rain, slow gains
Women and politics in Uganda
Hell yeah, I’m a feminist
Debt relief
Thanks, but no
Europe


Inequality and the pandemic
Widening spread
Spain
A more equal country
Poverty in Italy
Hitting the poorest hardest
France
Time for a reboot
Germany
Social distancing and sex work
Slovenia
Barbarians at the gates
Turkey and covid-19
Strength in numbers
Britain


The United Kingdom
One nation, under covid
Hong Kong
A warm(ish) welcome
Ethnicity and covid-19
Doubly unlucky
Lifting lockdown
A risky reopening
Religion
Your own personal Jesus
Parliament
The mother of all queues
Documenting the pandemic
How history is made
Bagehot
The new victims
International


Fake news
Return of the paranoid style
Speech online
The moderator’s dilemma
Business


The sharing economy
What’s mine is yours
Floating not drowning
IPOs stay afloat
Video gaming
Command & reconquer
Twitter and Facebook
A tale of two social networks
IKEA
Part of the furniture
Bartleby
Cultural challenge
Schumpeter
Boffins v the bug
Finance & economics


Hong Kong’s future
Electrical storm
America’s public pensions
Counting the cost
Prudence in the pandemic
Americans saved a record chunk of their incomes in April
Sustainable finance
Social climbing
Buttonwood
The options gambit
Women in the workforce
This time is different
Free exchange
Land of the rising sum
Science & technology


Human space flight
The shape of things to come
Archaeology
Taking soundings in Teotihuacan
Climate feedbacks
Fire down below
Books & arts


Russian literature
Rapture on the battleground
Morality
Hearts of gold
Socially distanced art
The floor lines of beauty
Home Entertainment
Hayao Miyazaki’s flights
Home Entertainment
Rereading “Jane Eyre”
Perspectives
Of covid and kin
Economic & financial indicators

Economic data, markets and data
Graphic detail


Covid-19 and democracy
Out in the open
Obituary


George Floyd
The life pressed out

参考価格: 1,234円 定期購読(学割3年プラン)なら1冊:709円

【5000円OFFCampaign実施中!!】英国の世界に誇る知性『The Economist』

  • 2020/05/30
    発売号

  • 2020/05/23
    発売号

  • 2020/05/16
    発売号

  • 2020/05/09
    発売号

  • 2020/05/02
    発売号

  • 2020/04/25
    発売号

8 週刊東洋経済

東洋経済新報社

最大
46%
OFF
送料
無料

週刊東洋経済

2020年06月01日発売

目次: 【特集】テレワーク総点検
在宅勤務 4つの焦点

PART1 コロナが変えた働き方
10業界のコロナ対応をチェック 広がるテレワーク格差
現場面接を経ず内定出しも 「Web面接」で変わる就活
在宅勤務者の悩みと工夫
コロナ禍で一気に進む電子化 「ハンコ」は風前の灯火
[INTERVIEW]日本人の働き方を変えるか

PART2 コロナショックは終わらない
サービス残業していませんか テレワークの落とし穴
勤務態度での判断は困難に 人事評価は見える化せよ
コロナ対策で導入機運高まる 株主総会もオンライン化
通勤する価値はなくなるか 「オフィス不要論」の現実味
花開くシェアオフィス事業 鉄道各社の対テレワーク戦略

PART3 テレワーク達人を目指せ
さらば、オフィスワーク 在宅勤務でここまでやる
海外工場も遠隔でサポート ディスコが崩す「機密」の壁
エンタメ業界で 続々登場する新しい試み ライブ配信が拓く新世界
Zoom Google・・・ テレワークツール勢力図
遠隔での対話術をプロが伝授 心の距離を縮める6つのワザ
自宅をオフィス化するビジネス ギア11
光熱費、通信費、モニター購入費・・・ どこまでが会社負担なのか
[INTERVIEW]北海道大学大学院 医学研究院教授 西浦 博
 「3密」を避ければ感染は防げる 妥協なき取り組みが不可欠だ

スペシャルリポート
“臭いものに蓋”終わるのか JDI「不正会計」の晴れぬ闇

ニュース最前線
老舗「レナウン」が経営破綻 アパレル淘汰・再編の序章
ソニーが〝大変身〞を決断 金融事業を取り込む思惑
首位交代のメガバンク 逆風下で試される覚悟

連載
|経済を見る眼|求められる短時間労働者の待遇改善|藤森克彦
|トップに直撃|大和自動車交通 社長 前島忻治
|ニュースの核心|日韓間の緊張がポストコロナでも残る理由|福田恵介
|フォーカス政治|国民の社会生活に介入する 新たな規制国家への対処法|牧原 出
|グローバルアイ|アスクルが示した経済再生のヒント|リチャード・カッツ
|INSIDE USA|データが変える政策決定現場 始まった米経済再建への道|安井明彦
|中国動態|新型コロナで米中台が暗闘 「言った者勝ち」の情報戦|富坂 聰
|財新|原油小口投資 巨額損失 に政府仲裁案 /「微信」ユーザーが12億人を突破
|マネー潮流|FRBはマイナス金利に動かない|木内登英
|少数異見|電子マネー礼賛に見る、弱者切り捨ての発想
|知の技法 出世の作法|検察庁法改正から見える メディアと検察の「共犯関係」|佐藤 優
|経済学者が読み解く 現代社会のリアル|コロナ休校で遅れた教育 9月入学での解決は困難|中室牧子
|人が集まる街 逃げる街|大阪府 千里ニュータウン|牧野知弘
|クラシック音楽最新事情|忘れられないアドバイス 吉田秀和氏からの手紙|田中 泰
|話題の本|『人類と病』の著者 詫摩佳代に聞く ほか
|「英語雑談力」入門|behind closed doors|柴田真一
|経済クロスワード|テレワーク
|編集部から|
|読者の手紙 次号予告|

ビジネスリーダー必携の総合経済誌

  • 2020/05/25
    発売号

  • 2020/05/18
    発売号

  • 2020/05/11
    発売号

  • 2020/04/27
    発売号

  • 2020/04/20
    発売号

  • 2020/04/13
    発売号

9 投資手帖

日本株式新聞社

最大
6%
OFF
送料
無料

投資手帖

2020年05月20日発売

目次: 特集
有望50銘柄の買いゾーン・売りゾーン
世界経済は大恐慌以来の苦難期に遭遇も
金融・財政政策でコロナ禍を乗り越える

スコープ
日本の小売業界でもIT活用が本格化
「リテールテック」導入拡大により恩恵を受ける企業群

クローズアップ
人々の生活を快適にする大潮流
コロナ後の新時代!!
「DX」(デジタルトランスフォーメーション)加速へ

特別銘柄企画
相場に亀裂が入った後は物色の流れが変わる
待ち伏せ狙いの「低PBR・中低位株」厳選⑦銘柄

参考価格: 800円 定期購読(1年プラン)なら1冊:750円

投資手帖は、豊かな明日を創る投資情報誌です。

  • 2020/04/20
    発売号

  • 2020/03/19
    発売号

  • 2020/02/20
    発売号

  • 2020/01/21
    発売号

  • 2019/12/20
    発売号

  • 2019/11/20
    発売号

ニューズウィーク日本版 Newsweek Japanの所属カテゴリ一覧

キャンペーン&TOPICS

ご存知ですか?
Fujisan.co.jpにはお得なサービスが満載です!
定期購読とは
雑誌を毎号ご自宅へお届けします!初めての方500円割引♪
もっと詳しく ▶︎
タダ読みサービス
無料で雑誌が読み放題♪今日発売のあの雑誌も。
もっと詳しく ▶︎
法人サービス
年間5万円以上ならお得な法人プレミアムサービスで!
もっと詳しく ▶︎
アフィリエイト
あなたのサイトで雑誌をおすすめしてみませんか?
もっと詳しく ▶︎
カテゴリ一覧
女性ファッション 雑誌
きれいめ・大人カジュアル系 雑誌 モード系・コレクション 雑誌 フェミニン系 雑誌 ママ・主婦 雑誌 コンサバ系 雑誌 ナチュラル系 雑誌 カジュアル系 雑誌 オフィスカジュアル 雑誌 子ども・キッズファッション 雑誌 ガーリー系 雑誌 ティーンズファッション 雑誌 原宿系 雑誌 着物・和服 雑誌 ギャル系 雑誌 セレブ系 雑誌 森ガール系 雑誌
メンズファッション 雑誌
メンズきれいめカジュアル 雑誌 モノ・グッズ 雑誌 メンズカジュアル 雑誌 ストリートファッション系 雑誌 スーツ・トラッド系 雑誌 アメカジ 雑誌 オラオラ系・お兄系 雑誌 腕時計・ブランド 雑誌 古着系 雑誌
ビジネス・経済 雑誌
経営・マネジメント 雑誌 海外事情・国際ニュース 雑誌 政治 雑誌 マネー・投資 雑誌 ビジネス・経済専門誌 求人・転職情報誌 法律・法務 雑誌 環境・エネルギー 雑誌 広告・マーケティング 雑誌 流通・小売 雑誌 人事・総務 雑誌 四季報 外食・ホテル業界 雑誌 会計・税務・経理 雑誌 農業・畜産・漁業 雑誌 飲食店経営・調理師 雑誌 金融 雑誌 貿易 雑誌 地方自治・行政 雑誌 起業・独立開業 雑誌 企業年鑑・データ 業界データブック 自己啓発 雑誌 ビジネスCD・通信教育 株・FX 雑誌 就職・就活 雑誌
健康・生活 雑誌
子供・児童学習 雑誌 子育て・育児 雑誌 家事・生活情報 雑誌 健康・家庭医学 雑誌 住宅・リフォーム 雑誌 住宅情報・賃貸 雑誌 インテリア・雑貨 雑誌 田舎暮らし・エコ・スローライフ 雑誌 結婚情報・ウェディング 雑誌 絵本・大型絵本 妊婦・赤ちゃん 雑誌
スポーツ 雑誌
サッカー・フットサル 雑誌 高校野球・プロ野球 雑誌 ゴルフ 雑誌 その他球技・競技 雑誌 釣り 雑誌 相撲・武術・武道 雑誌 筋トレ・ボディビル 雑誌 ダイビング・マリンスポーツ 雑誌 スノーボード・スキー 雑誌 ランニング・ウォーキング 雑誌 テニス・卓球 雑誌 バレエ・社交ダンス 雑誌 スポーツ医学・コーチング 雑誌 自転車・サイクリング 雑誌 サーフィン・ボディーボード 雑誌 バスケットボール 雑誌 F1・モータースポーツ 雑誌 ダンス 雑誌 プロレス・格闘技 雑誌 ボクシング 雑誌 水泳・ボート 雑誌 ラグビー・アメフト 雑誌
バイク・自動車・乗り物 雑誌
オートバイ 雑誌 カスタムカー・バイク 雑誌 外車・輸入車 雑誌 4WD・RV 雑誌 新車・ニューモデル情報 鉄道・電車 雑誌 飛行機・航空機 雑誌 中古車・中古バイク 雑誌
芸能・音楽 雑誌
テレビガイド・番組表 雑誌 音楽情報誌 エンタメ 雑誌 DVD(ビデオ)マガジン 映画・シネマ 雑誌 韓国(韓流・K-POP) 雑誌 ピアノ・クラシック 雑誌 ギター・ロック 雑誌 演劇・舞台 雑誌 洋楽 雑誌 ジャズ(JAZZ) 雑誌 ジャニーズ 雑誌 グラビア・アイドル 雑誌 写真週刊誌・ゴシップ 雑誌 写真集
グルメ・料理 雑誌
レシピ 雑誌 グルメガイド・レストラン 雑誌 お酒(ワイン・日本酒など) 雑誌 栄養学・食育 雑誌 パン・スイーツ 雑誌
旅行・タウン情報 雑誌
京都・関西 雑誌 関東 雑誌 東京(TOKYO) 雑誌 九州 雑誌 東海 雑誌 東北 雑誌 北海道 雑誌 北陸・信越 雑誌 中国地方 雑誌 四国 雑誌 沖縄情報 雑誌 旅行情報誌 温泉 雑誌 リゾート・レジャー 雑誌 タイ・アジア 雑誌 ハワイ 雑誌 その他 海外情報 雑誌 鉄道・バス時刻表本 航空時刻表
アニメ・漫画 雑誌
少年コミック・漫画 少女コミック・漫画 青年コミック・漫画 レディース(女性)コミック アニメ 雑誌 声優 雑誌 comics&アメコミ ディズニー・キャラクター 雑誌 コスプレ 雑誌 BL(ボーイズラブ)コミック・雑誌
ペット・動物 雑誌
犬 雑誌 猫 雑誌 トリマー・ペット業界 雑誌 魚・熱帯魚 雑誌 昆虫 雑誌 ペットその他 雑誌
文芸・総合 雑誌
女性総合誌 男性総合誌 カルチャー・文化 雑誌 文芸誌・小説 雑誌 時事・社会 雑誌 機内誌 宗教 雑誌 歴史・史学 雑誌 思想・心理学 雑誌 俳句・短歌・詩 雑誌 占い・開運 雑誌 書道 雑誌
趣味・芸術 雑誌
デザイン・アート 雑誌 プラモデル・模型 雑誌 ガーデニング・園芸 雑誌 手芸・ハンドメイド 雑誌 パズル・クイズ 雑誌 ナンプレ・数独 雑誌 クロスワード・ナンクロ 雑誌 ミリタリー・サバゲー 雑誌 競馬・競輪・競艇 雑誌 オーディオ・ステレオ 雑誌 アウトドア・キャンプ 雑誌 カメラ・写真 雑誌 分冊百科・ワンテーママガジン 将棋・囲碁 雑誌 イラスト・グラフィックデザイン 雑誌 建築・住宅建築 雑誌 陶芸・骨董 雑誌 ラジオ・無線 雑誌 ゲーム 雑誌 フィギュア・ホビー 雑誌 DIY・工具 雑誌 パチンコ・パチスロ 雑誌 ハイキング・登山 雑誌 麻雀 雑誌
ヘアカタログ・美容 雑誌
メイク・ネイル 雑誌 フィットネス 雑誌 ヘアスタイル 雑誌 ヨガ 雑誌 美容専門誌 ダイエット 雑誌 アロマ 雑誌
看護・医学・医療 雑誌
ナース 雑誌 介護・福祉 雑誌 医療技術 雑誌 薬学 雑誌 臨床外科 雑誌 臨床内科 雑誌 医療時事 雑誌 歯科 雑誌 獣医学 雑誌 理学療法 雑誌 その他 医学雑誌
教育・語学 雑誌
その他 NHKテレビ・ラジオテキスト NHK語学テキスト 幼児教育 雑誌 小学生教育 雑誌 中学教育 雑誌 高校教育 雑誌 受験・留学 雑誌 試験問題集・資格 雑誌 日本語学習 教材 ハングル・韓国語学習 教材 中国語学習 教材 リスニング教材・語学CD 英語教育・英会話 教材 フランス語学習 教材 ドイツ語学習 教材 スペイン語学習 教材 その他 語学雑誌 教員・教師 雑誌 通信・教育講座
テクノロジー・科学 雑誌
宇宙・天文 雑誌 機械 雑誌 化学 雑誌 情報処理 雑誌 地球科学・環境問題 雑誌 生物・生物学 雑誌 数学・物理 雑誌
パソコン・PC 雑誌
コンピューター・自作PC 雑誌 ネットワーク・セキュリティ 雑誌 Webデザイン・プログラミング 雑誌 DTP・グラフィック 雑誌 アプリ・スマホ 雑誌 インターネット 雑誌 Mac・マック 雑誌
新聞・業界紙
英字新聞 業界新聞・専門紙 新聞縮刷版 切り抜き・クリッピングマガジン 全国紙(新聞) 中国語 新聞・業界紙 地方紙(新聞)
洋(海外)雑誌
English newspaper Science&Nature Magazines Language&Education Magazines Money&Business& Magazines Fashion&Style Magazines others Design&Architecture Magazines Hobby&Entertainment Magazines Home&Interior Magazines Computers&Electronics Magazines バイリンガルマガジン・雑誌
中国雑誌
中国 ビジネス・経済 雑誌 中国 旅行・タウン情報 雑誌 中国 趣味・芸術 雑誌 中国 看護・医学 ・医療 雑誌 中国 文芸・総合 雑誌 中国 教育・語学 雑誌 中国 テクノロジー・科学 雑誌 中国 スポーツ 雑誌 中国 ファッション 雑誌 高等文化院校学報 高等理工学院学報 中国 バイク・車・乗り物 雑誌 中国 健康・生活 雑誌 中国 学生・こども向け 雑誌
その他
その他 雑誌