現代化学 発売日・バックナンバー

全164件中 1 〜 15 件を表示
【座談会】
「科学への信頼」を育むには
瀬川至朗・詫摩雅子・田中智之・美馬のゆり・横山広美

【話題】
ノーベル賞技術,ゲノム編集 遺伝子を壊す治療の承認背景と展望
石井哲也


【解説】
“鉄”から高活性・高耐久性触媒をつくる
満留敬人


99%の水と1%の固体からなる,水に溶けやすく水に溶けにくい高分子ゲル
石川昇平・酒井崇匡


【植物と共生 すぐそこにある分子】
メタボロミクスで“すぐそこにある分子”に迫る
中林 亮


対称性とその応用:群論入門(9)
自在に変身する分子たち
今野豊彦


【連載】
電気化学入門(12)
光と電気化学(その2)
光合成
渡辺 正

Pythonで学ぶ機械学習(12)
ベイズ最適化
藤波美起登

ノーベル賞選考資料から読み解く日本の科学(12)
朝永振一郎の受賞まで
岡本拓司

Pythonによる化学シミュレーション入門(24)
まとめと展望
安藤耕司

やさしく学ぶ科学技術英語 正しく,明瞭で簡潔に表現する(24)
現在分詞と過去分詞
中山裕木子

進化のじかん(50)
五感の遺伝子をめぐる冒険
聴覚編(1)
新村芳人

大切なことは質問をやめないことだ!
コンプライアンスは敵か?味方か?
有賀克彦

周期表には載っていない元素名(48)
エオシウム
サツルナム,シレン(シレニウム),アリジウム,ジアニウム
江頭和宏

カフェ・シミック Café Chimique(60)
エスプレッソ
旦部幸博

結晶美術館(135)
成長丘と蝕像
田中陵二


【セキララかがく】
同級生
白木賢太郎・ウチダヒロコ

【FLASH】
・金属だけでできたフラーレン フルメタルフラーレンの合成
・リュウグウで見つかった 窒素を含む鉱物
・ゾウが踏んでも壊れない!? 強くて軽いガラス
・毒性元素を含まない,高効率の熱電材料
・デンキウナギで遺伝子導入

【化学かわらばん】
・ネット検索は慎重に(K. Aslettほか,Nature, 625, 548 (2024))
・意思を光遺伝子で操作する(R. Sasakiほか,Science, 383, 55 (2024))
・自然現象を学ぶ機械学習(T. Aitaほか,PLoS ONE, 18, e0295649 (2023))
・微生物でカーボンナノチューブを分解(S. Takahashi, K. Hori, Front. Microbiol., 14, 1298323 (2023))
・イヌの尿からiPS細胞をつくる(M. Tsukamotoほか,Stem Cell Rep., 19, 141 (2024))
・圧力で働く固体冷媒(S. Ohkoshiほか,Nat. Commun., 14, 8466 (2023))
【インタビュー】
Josep Cornella博士に聞く
有機合成化学の新時代

【解説】
亜鉛に光を
複数金属の協働効果で可視光を捉える
和田啓幹・砂田祐輔

反物質の重力「落下」実験
百瀬孝昌

電気の流れやすさを精密に制御する
有機半導体の精密ドーピング
石井政輝・山下 侑


対称性とその応用:群論入門(8)
電子のきずなと分子の形の不思議な関係
今野豊彦


【構造×化学】
胎盤の形成を担う膜タンパク質
シンシチン-2の構造と機能
高橋勝彦


【佐藤健太郎のこぼれ話】
第二の剣を磨くこと
佐藤健太郎


【あれ・これ】
曜変天目・油滴天目の輝きの正体を探る
古郡悦子


【連載】
電気化学入門(11)
光と電気化学(その1)
太陽電池・光電極反応
渡辺 正

Pythonで学ぶ機械学習(11)(←解答はこちら)(←実習用のCSVファイルはこちら)
分子物性の予測
藤波美起登

ノーベル賞選考資料から読み解く日本の科学(11)
湯川秀樹の受賞
岡本拓司

Pythonによる化学シミュレーション入門(23)
分子軌道法(5)
安藤耕司

やさしく学ぶ科学技術英語 正しく,明瞭で簡潔に表現する(23)
表現の幅を広げる関係副詞
中山裕木子

周期表には載っていない元素名(47)
「光化学」元素
江頭和宏

カフェ・シミック Café Chimique(59)
ウィンナコーヒー
旦部幸博

大切なことは質問をやめないことだ!
What makes you so busy?
有賀克彦

結晶美術館(134)
山梨県の水晶産業
田中陵二

【セキララかがく】
学術指導
白木賢太郎・ウチダヒロコ

【FLASH】
・AIによるRNA構造の解読
・ベンゼンをピリジンへ 芳香環の位置選択的C-N置換
・巨大エネルギーをもつ宇宙線の観測
・カルベンを酸化して陽イオンに

【化学かわらばん】
・ChatGPTによる問診(T. Hazeほか,Int. J. Med. Inform., 180, 105283 (2023))
・太陽系はどこで生まれた?(J. Babaほか,Mon. Notices Royal Astron. Soc., 526, 6088 (2023))
・硫化水素が呼吸を調節(M. Okazakiほか,Sci. Rep., 13, 20046 (2023))
・木材からつくる真っ黒(B. Zhaoほか,Nat. Commun., 14, 7875 (2023))
・半分人工の酵母(K. Bourzac, Nature, 623, 469 (2023); Y. Zhaoほか,Cell, 186, 5220 (2023); D. Schindlerほか,Cell, 186, 5237 (2023))
・安全で簡単なPdナノシート合成法(S. Andoほか,ACS Nano (2023) DOI: 10.1021/acsnano.3c07861)
≪特集≫生命とは何か 2024 現代的アプローチで描く生命像
1.歴史を振返る
生命論的世界観を求める:分子生物学,生命科学,生命誌という流れ
中村桂子

Column①「生命の起原研究」から読み解く「生命とは何か」
大島泰郎


2.仕組みを探り,生命を理解する
分子夾雑化学によって生命の仕組みを探り,実像に迫る
浜地 格

Column② 微生物から見る秩序立った生命
鈴木志野

Column③ 生命現象をつかさどる分子マシンを“観て”,“識る”
南後恵理子


3.つくって理解する
生命の折り合い:単純と複雑の調和
藤原 慶・柳澤実穂

Column④ つくって理解する:生命への構成論的アプローチ
天野俊太郎

化学進化を実験室で再現する
市橋伯一

Column⑤ 物理学や情報科学の観点から見た生命科学研究
瀧ノ上正浩


4.理論で探る生命像
生命とは何か 2024:多様性と普遍性の視点から
金子邦彦

生命の共通法則と物理学
川口喬吾

量子から見た生命とは何か
田中成典


〈アンケート〉9名の科学者に聞く「あなたにとって“生命に重要なモノ”は何?」
忍久保洋/杉田有治/玉田 薫/坂井南美/関根康人/竹内一将/古川修平/木村由莉/長谷川美貴
≪特集≫2023年ノーベル賞解説

【特別再録】
mRNAワクチン開発の立役者
カタリン・カリコー博士
ドリュー・ワイスマン博士
【ノーベル化学賞】
量子ドット:化学と物理の融合から生まれた新材料
上松太郎・亀山達矢・秋吉一孝・鳥本 司・桑畑 進

【ノーベル物理学賞】
高強度レーザーからアト秒科学へ
板谷治郎

【ノーベル生理学・医学賞】
塩基修飾による自己・非自己RNA認識機構
石井 健


【解説】
室温超伝導の夢
秋光 純

私にとって科学とは
岡本佳男

対称性とその応用:群論入門(7)
今野豊彦


【あれ・これ】
新型コロナワクチンをめぐる
ビオンテックとモデルナの物語
古郡悦子


【インタビュー】
近藤洋介博士に聞く
新たな同位体「酸素28」の発見

藤野智子博士に聞く
電気を流す有機材料をつくる


【解説】
タンパク質設計技術で分子モーターを加速する
小杉貴洋

フロンティア軌道理論とは:その誕生と意義
田中一義


対称性とその応用:群論入門(6)
分子の振動が秘める対称性
今野豊彦


【環境×化学】
エコチル調査でわかったこと,わからないこと
磯部友彦・高木麻衣・中山祥嗣


【私にとって科学とは】
科学とは
西尾成子


【あれ・これ】
科学者の記憶を記録・保存・活用するには
古郡悦子

【インタビュー】
分子マシン研究をリードする David A.Leigh 博士
聞き手:飯野亮太・金原 数


【解説】
タンパク質を設計する人工知能
白木賢太郎

殺して生かすサイボーグ細胞
合成生物学の新たなアプローチ
車 兪澈

「共感性」を支える脳の情報処理メカニズム
合成生物学の新たなアプローチ
黄 子彦・ジョン ミョン・奥山輝大


【植物と共生 すぐそこにある分子】
最新解析技術で見えてくる
ヒト体内での腸内細菌叢の営みと野菜のチカラ
浅野さとみ


【環境×化学】
エコチル調査における環境曝露の評価
高木麻衣・中山祥嗣・磯部友彦


【佐藤健太郎のこぼれ話】
芳しい双葉は栴檀になれるか
佐藤健太郎


【あれ・これ】
根付き始めた「母乳バンク」
古郡悦子

【インタビュー】
矢貝史樹博士に聞く
分子集合が拓くメゾスケールの科学


【解説】
大規模言語モデルとは何か
三田雅人(サイバーエージェント)
佐々木翔大(サイバーエージェント)

ついに背景重力波の証拠を捉えた
高橋慶太郎

昆虫が海にいない理由
昆虫特有の化学反応が海への進出を阻む
朝野維起


対称性とその応用:群論入門(5)
群の世界の仕組み
今野豊彦


【環境×化学】
環境が子どもの健康に及ぼす影響
エコチル調査とは?
中山祥嗣・磯部友彦・高木麻衣


【あれ・これ】
カブトムシは魅力がいっぱい
古郡悦子

≪特集≫
科学の新たなパラダイム? AIで変わる科学の方法
機械学習を利用した研究成果が連日報告され,ChatGPTなど生成AIの進展も著しい.
このようななかで,科学や科学の方法はどう変わるのか.科学者はどのような役割を担うようになるのか.
多様な観点から変わりゆく研究の姿を考える.

執筆者
1.今泉允聡(東京大学): AIと科学: 人間による「理解」のために
2.江間有沙(東京大学):研究方法今昔: 20年ごとに変わる研究方法と研究者の役割
3.大上雅史(東京工業大学):AIによって変わる生命科学
4.神谷利夫(東京工業大学):計算科学・データ科学が加速する無機機能材料開発
5.神田元紀(理化学研究所)/加藤 月(理化学研究所):実験の自動化からロボティックバイオロジーへ
6.杉本 舞 (関西大学):歴史からみるAIとその多様性
7.鈴木雅大(東京大学):人工知能と学術論文の未来: 生成AIから自律的AIへ
8.田中一義(京都大学):近未来的考察: 生成AIによって理論化学・計算化学は変わるか
9.野家啓一(東北大学,立命館大学): 生成AIは「パラダイム転換」を起こせるか
10.船津公人(奈良先端科学技術大学院大学):データ駆動化学が死語となる日



【基礎講座】
エントロピーとは何か?
― 熱力学編 ―(3)
竹内 淳


【佐藤健太郎のこぼれ話】
書き手の「やらかし」について
佐藤健太郎


【あれ・これ】
作曲家ボロディンはどんな化学者だったのか
古郡悦子


【連載】
電気化学入門(5)
標準電極電位E゜
渡辺 正

Pythonで学ぶ機械学習(5)(←解答はこちら)
Pythonによる機械学習の実装 ― 識別
藤波美起登

ノーベル賞選考資料から読み解く日本の科学(5)
鈴木梅太郎 ― 化学と医学のはざま
岡本拓司

Pythonによる化学シミュレーション入門(17)
分子動力学シミュレーション(2)
安藤耕司

やさしく学ぶ科学技術英語 正しく,明瞭で簡潔に表現する(17)
能動態と受動態の選択
中山裕木子

周期表には載っていない元素名(41)
ノリウム ― オストラニウム,ジャーゴニウム,ニグリウム,ユウキセニウム,アシウム
江頭和宏

カフェ・シミック Café Chimique(53)
焙煎豆の保存法
旦部幸博

大切なのは質問をやめないことだ!
研究実力にふさわしい
投稿ジャーナルの見極め方とは?
有賀克彦

結晶美術館(128)
金属ケイ素
田中陵二

【セキララかがく】
コーラ牛乳
白木賢太郎・ウチダヒロコ

【FLASH】
・蚊が好む香り,嫌う香り
・最大のねじれをもつ芳香族ベルト分子
・分子設計と合成経路発見を同時に行うAI
・細胞内でカルベンをつくる
・触媒活性の最高記録 高活性なアンモニア合成触媒

【化学かわらばん】
・土星の衛星にリンを大量発見(F. Postbergほか,Nature, 618, 489 (2023))
・機械的な力で反応を加速(Y. S. Zholdassovほか,Science, 380, 1053 (2023))
・サルも相手に同調する(S. Tomatsu, M. Isoda, Proc. Natl. Acad. Sci. U.S.A., 120, e2301614120)
・タウリンが老化を防ぐ(P. Singhほか,Science, DOI: 10.1126/science.abn9257)
・C60はなぜ安定?(M. Hayakawaほか,Nat. Commun., 14, 2741 (2023))
・ナスカの地上絵をAIで発見(M. Sakaiほか,J. Archaeol. Sci., 155, 105777 (2023))

【ほん】
物理化学入門 基本の考え方を学ぶ
【鼎談】
桝太一が聞く「サイエンスコミュニケーションの今」
宇宙の伝え方,伝わり方
秋山文野 × 水上陽誠 × 桝 太一


【解説】
CO2を有用物質に導く
分子触媒を用いたCO2の炭素固定化法の最前線
斎藤 進・野崎京子


【基礎講座】
エントロピーとは何か
― 熱力学編 ―(2)
竹内 淳


対称性とその応用:群論入門(4) 対称操作が秘めた数のマジック
今野豊彦


鉄錯体でメタンをメタノールに
酵素をまねたキャッチ・アンド・リリース基質酸化
藤﨑寛人・小島隆彦


【私にとって科学とは】
なぜ,研究開発を一生の仕事として選んだか
國武豊喜


【あれ・これ】
宇宙で快適に暮らすために
古郡悦子


【座談会】
気鋭の化学者 David Sarlah博士と語る
医薬品開発・エネルギー問題・ナノサイエンス


【解説】
DNAオリガミって何?
石川大輔・瀧ノ上正浩

追悼Jobプロット
赤池情報量基準を献花に
池本晃喜・磯部寛之


【基礎講座】
エントロピーとは何か?
― 熱力学編 ―
竹内 淳


【植物と共生 すぐそこにある分子】
複雑な漢方処方システムを化学と情報・数理の観点からひも解く
岡田岳人


【佐藤健太郎のこぼれ話】
化学は趣味になりうるか
佐藤健太郎


【サイエンスコミュニケーションの今】
遺伝子変異は病気の原因?
― サイエンスコミュニケーション的解決は可能か ―
石浦章一


【あれ・これ】
収穫量減少でどうなる日本の昆布食文化
古郡悦子
【対談】
非平衡物理学で探る生命現象
沙川貴大 × 岡田康志


【解説】
化学の再構築
化学が果たす役割はますます多様化している
吉川航平・藤澤雄太・相田卓三

愛情の可視化へ
オキシトシンの脳内分布や動きを明かす
中村花穂・塗谷睦生


【構造×化学】
脳の発達に不可欠な
ω3系脂肪酸の取込み口 MFSD2A
高橋勝彦


対称性とその応用:群論入門③ 結晶のなかの点対称性
今野豊彦


【あれ・これ】
タイタニック号遭難がもたらした氷山監視システムと海底探査技術
古郡悦子

【鼎談】
桝太一が聞く「サイエンスコミュニケーションの今」
サイエンスイラストレーションの現在地
桝 太一 × ウチダヒロコ × 工藤光子


【インタビュー】
光遺伝学で脳を解き明かす
カール・ダイセロス博士,ゲロ・ミーゼンベック博士

インターネット社会を支える光通信システムの実現
中沢正隆博士,萩本和男氏


【解説】
炭素原子一つだけを埋込む新反応SCAD
鳶巣 守


【私にとって科学とは】
科学に拠って科学を超える「誌」へ
中村桂子


【植物と共生 すぐそこにある分子】
気候変動に対応するための接ぎ木の活用
野田口理孝・白武勝裕


【佐藤健太郎のこぼれ話】
ネーミングについて考えてみる
佐藤健太郎


【あれ・これ】
老朽化する現代のインフラ vs.
長持ちする古代ローマの建造物
古郡悦子

【鼎談】
分子創造
ー 美しい構造,予想外の機能 ー
澤田知久× 瀬川泰知× 宮島大吾


【解説】
不世出の有機化学者
岸 義人 博士の気概に学ぶ
野依良治

多孔質液体の化学
竪山瑛人・中西尚志


【第62回 生物物理若手の会 夏の学校「現代化学賞」受賞研究】
生きた細胞のなかのヌクレオソームの動きをみる
飯田史織・前島一博


対称性とその応用:群論入門② 結晶の対称性と空間群
今野豊彦


【サイエンスコミュニケーションの今】
オリジナルな研究の意義を子供たちに伝えるには
石浦章一


【あれ・これ】
有機フッ素化合物汚染と規制の行方は?
古郡悦子
≪特集:分子編集 ―― 分子の構造を部分的に書き換える≫
分子を編集する
鳶巣 守

脂肪族化合物の骨格編集
中尾佳亮

芳香環の骨格編集
依光英樹・黒木 尭


【インタビュー】
西原洋知博士に聞く
カーボン材料の化学
現代化学編集グループ


【解説】
タンパク質ナノチューブ「微小管」が織りなす超構造体
― チューブを超えるチューブを人工的につくれるか ―
稲葉 央・松浦和則


【植物と共生 すぐそこにある分子】
大腸菌や酵母を用いた薬用代謝産物の異種生産
山田泰之


【あれ・これ】
足りない歯・失った歯の再生に挑戦する
古郡悦子


【私にとって科学とは】
統計学と科学のあいだ
竹内 啓


【佐藤健太郎のこぼれ話】
AI先生に聞いてみた
佐藤健太郎


【連載】
有機化学読本(10)
分子間力の話 その2
工藤一秋

Pythonによる化学シミュレーション入門(11)
古典力学(1) 単振動
安藤耕司

やさしく学ぶ科学技術英語 正しく,明瞭で簡潔に表現する(11)
具体的で効果的な動詞を使う
中山裕木子

化学のための数学入門(14)
統計と分布
田中一義

大切なことは質問をやめないことだ!
真の共同研究とは異種格闘技戦だ!
ナノポーラス物質でニッポンの核医療を救え
ERATO,病院,原研の勇士たち
有賀克彦

周期表には載っていない元素名(35)
ラボアジウム
デービウム
江頭和宏

カフェ・シミック Café Chimique(47)
抽出器具の発明史
旦部幸博

結晶美術館(122)
硫酸銅
田中陵二

【セキララかがく】
祝200回
白木賢太郎・ウチダヒロコ

【FLASH】
・真っ青に光る量子ドット
・水と重水を分離する
・隕石中の炭化水素が語ること
・二つの機能をもつ分子モーター

【新型コロナウイルス関連ニュース】
新型コロナウイルス感染症の致死率は低下している
水谷哲也

【化学かわらばん】
・旧石器時代の料理(C. Kabukcuほか,Antiquity, DOI: 10.15184/aqy.2022.143)
・雄殺しタンパク質"オスカル"(S. Katsumaほか,Nat. Commun., 13, 6764(2022))
・生物の水泳ことはじめ(H. Kiyamaほか,Sci. Adv., 8, eabo7490(2022))
・カーリングの石はなぜ曲がる?(J. Murataほか,Sci. Rep., 12, 15047(2022))
・X線で骨が傷つく(K. Sauerほか,Nat. Commun., 13, 7829(2022))
・イオンを選んで通す人工膜(L. Caoほか,Nat. Commun., 13, 7894(2022))
≪特集:現代化学の最前線2023≫
新しい分子から新しい科学を
秋山みどり

次世代赤外分光
井手口拓郎

化学熱力学のすすめ
伊藤創祐

メカノ化学者の挑戦
有機合成におけるゲームチェンジャーを目指して
久保田浩司

タンパク質設計技術で目指す未来
小杉貴洋

「金属錯体」が未来を拓く
光合成機能の再現を目指して
近藤美欧・正岡重行

人や環境に優しい高分子材料の開発
徐 于懿

ヒドリドの固体化学
竹入史隆

メカノケミストリーの理論をつくる
春田直毅

トリプレットの機能化学
楊井伸浩

分子より大きく,目では見えないくらい小さな,
細胞サイズの空間効果
柳澤実穂

蓄電池研究が拓く脱化石燃料に向けた未来像
藪内直明


【解説】
対称性とその応用 群論入門① 分子の対称性と点群
今野豊彦


【植物と共生 すぐそこにある分子】
Invisible World
小さな体で植物を操る線虫のはなし
大津美奈・吉田聡子
おすすめの購読プラン

現代化学の内容

  • 出版社:東京化学同人
  • 発行間隔:月刊
  • 発売日:毎月18日
  • サイズ:A4
化学と科学技術の最新の知識と動向を紹介

現代化学の目次配信サービス

現代化学最新号の情報がメルマガで届く♪ メールアドレスを入力して登録(解除)ボタンを押してください。

※登録は無料です
※登録・解除は、各雑誌の商品ページからお願いします。/~\Fujisan.co.jpで既に定期購読をなさっているお客様は、マイページからも登録・解除及び宛先メールアドレスの変更手続きが可能です。
以下のプライバシーポリシーに同意の上、登録して下さい。

この雑誌の読者はこちらの雑誌も買っています!

現代化学の所属カテゴリ一覧

Fujisanとは?

日本最大級雑誌の定期購読サービスを提供

デジタル雑誌をご利用なら

最新号〜バックナンバーまで7000冊以上の雑誌
(電子書籍)が無料で読み放題!
タダ読みサービスを楽しもう!

総合案内
マイページ
マイライブラリ
アフィリエイト
採用情報
プレスリリース
お問い合わせ
©︎2002 FUJISAN MAGAZINE SERVICE CO., Ltd.