※定期購読のイメージ画像
  • 雑誌:ZAITEN(ザイテン)
  • 出版社:財界展望新社
  • 発行間隔:月刊
  • 発売日:毎月1日
  • サイズ:B5判
  • 参考価格:[紙版]1,100円 [デジタル版]1,100円
※定期購読のイメージ画像
  • 雑誌:ZAITEN(ザイテン)
  • 出版社:財界展望新社
  • 発行間隔:月刊
  • 発売日:毎月1日
  • サイズ:B5判
  • 参考価格:[紙版]1,100円 [デジタル版]1,100円
  • 雑誌
  • デジタル版
  • 8%OFF

ZAITEN(ザイテン)

当事者が隠したがる「本音」や「真実」に肉薄する!
  • 雑誌
  • デジタル版
  • 8%OFF

ZAITEN(ザイテン)

当事者が隠したがる「本音」や「真実」に肉薄する!

定期購読のお申込み

初めてのご購入で500円割引
Fujisan.co.jpでご購入が初めての方は、500円割引(5000円以上のご注文にご利用可)となります。 ご注文確認画面のギフト券入力欄に自動的に表示されます。
レビュー投稿で500円割引
好きな雑誌のレビューを投稿すると、すぐにメールで500円割引ギフト券(5000円以上のご注文にご利用可)と、10%割引ギフト券(5000円以下の定期購読にご利用可)が届きます。
  • 月額払いの商品ではご利用いただけません。
  • どちらかひとつのギフト券が 今すぐご利用可能です♪
ZAITEN(ザイテン)のレビューを投稿する

雑誌の形式を選ぶ

支払い方を選ぶ i

当月分を翌月にご請求
1,100円(税込)/冊

ZAITEN(ザイテン) 雑誌の内容

  • 出版社:財界展望新社
  • 発行間隔:月刊
  • 発売日:毎月1日
  • サイズ:B5判
  • 参考価格:[紙版]1,100円 [デジタル版]1,100円
刺激的な経済情報マガジン『ざいてん』
企業で今、何が起きているのか。永田町や霞が関で何が進行しているのか。 『ZAITEN』は、誰もが感じる「素朴な疑問」や「怒り」を大切に経済社会の出来事を追いかけています。 株式、不動産、金融をはじめ企業活動の不可解な動きや情報を提供することに定評を得ています。 読者層は情報重視型の銀行・証券・商社などのビジネスマンを中心に、中小企業経営者やマスコミ関係者まで幅広く読 まれています。また、生活者の視点を忘れないとの姿勢から大学生や主婦などの 読者が多いのも特色となっています。

ZAITEN(ザイテン)の無料サンプル

2020年12月号 (2020年11月02日発売)
2020年12月号 (2020年11月02日発売)をまるごと1冊ご覧いただけます
サンプルを見る

ZAITEN(ザイテン) 2021年4月号 (発売日2021年03月01日) の目次

【特集】「経団連」はもういらない!
――叙勲を心待ちにする“老財界人たちの憩いの場”


【特集】東京五輪「中止」を検証しない“あきれた大手新聞社”

■高田昌幸・東京都市大学教授
――「アンダーコントロールはウソだった」
■望月衣塑子・東京新聞記者
――「五輪は本当に開催できるのか⁉」
■マーティン・ファクラーNYタイムズ元支局長
――「新聞社が五輪スポンサー」なんて米国ではあり得ない!」
■評論家・佐高信
――「“恥辱の五輪”には“恥ずかしい森喜朗”しかいなかった」
■玉木正之の「今月のスポーツ批評」
――森喜朗辞任では済まないスポーツ界の「女性差別」


【組織・個人の内幕に迫るレポート「ZAITEN REPORT」】

■菅政権に睨まれた「KDDI」に再編の波
――「官製値下げ」に反発した高橋誠社長の“落とし前”

■連載《新あの人の自宅》
――KDDI・田中孝司会長 &高橋誠社長

■コロナ禍の企業を弄ぶ「メガバンク」の強欲
――三菱UFJ銀行は「リンガーハット」救済で一石二鳥のスキーム

■日本ペイント田中正明社長「恩返し」の情実経営

■三井住友トラストが黙認する「日興アセット」の女性蔑視とパワハラ

■パレスホテル「4代目若社長」にコロナ禍


連載《職場ウォッチング》
■ファイザー
――30代で年収1000万円超えもドメスティックな外資系製薬

■連載《池本孝慈の「超広告批評」》
――クラウド顧客管理「セールスフォース」の危険な広告 


【情報コラム「ZAITEN SIGHT」】

●森永製菓・太田社長「イエスマン抜擢」に怨嗟の声
●デジタル庁にITゼネコン「NEC」「富士通」が職員を押し込み合戦
●新生銀行をマネックス証券に攫われた「北尾SBI」
●金融庁官民ファンド「REVIC」が国費でメガ銀のリストラ支援
●ユニクロ「北朝鮮問題」に危機管理の“一穴”
●NTTレゾナントの「ネット記事タダ食い」の脱法商法


【深層を抉るレポート「scopeZ」】

■二階俊博が掌握する「カジノ利権」
――「夜の街徘徊」で離党・辞任したのは自公の“カジノ議員”たちだった

●桜美林大学「教員20名から訴訟」の異常事態
●埼玉・飯能「ムーミンバレーパーク」に身売り説

■関電工「リモートワークを拒むパワハラ役員」の情報募集!

■連載《捜査当局こぼれ話》
――国税庁・証券取引等監視委員会・警視庁

■袋とじ連載《今月の怪文書》
――東証一部上場企業の経営トップが無断で巨額不動産購入の暴走

■袋とじ連載《シルエットスキャンダル》
――「地方金融機関ドン」のバカ息子


【ゴルフ】

■連載《タケ小山の「ゴルフ言いたい放題」》
――「みなさんのオープン」改め「みなさんに支えられるオープン」とすべき

■連載《月刊ゴルフ場批評》
――湘南カントリークラブ
さすが旧財閥系、若手社員は敬遠する過剰で異常なサービス

■連載《マエシンのゴルフ場「あれこれ」》
――真冬のこの時期に半袖プレー「南国・宮崎」で人気コースを4ラウンド


【企業倫理を問う】

連載《新クレーマーズ・レポート》
■三鷹市役所「駅前喫煙所」は民度の低さを象徴

■消費者庁「消費者保護より天下り」の無責任官庁

■島根県 財政力最下位なのに「意味不明広告」で税金の無駄遣い

■読売新聞 料理記事の下に「排便」強調広告

■《新連載》あきれた新商品
食文化を破壊するフマキラーの食品用アルコールスプレー「フードキーパー」


【ZAITENの人気連載】

■巻頭人気連載「澤井健のZAITEN戯画」
――妻・谷村有美を襲う原田泳幸の「シャイニング」

■古谷経衡の憂国コラム「ダマすワル、ダマされるアホ」
――愛知県知事リコール不正署名に沈黙するアホ

■哲学者・適菜収の「個人tekina 体験」
――「女性蔑視」でオウンゴールを最後に決めた、
森喜朗は「嘘と恥辱にまみれた東京五輪」の金メダル

■上杉隆の「予定“不”調和ニュース」
――森会長の辞任では終わらない五輪の利権構造

■更科修一郎の「時代観察者の逆張り思考」
――76年後に現実となった令和の「オリンピック作戦」

■岡田憲治教授の「所詮、政治はゼニとカネ」
――妄言そのものではなく、その後にするべきこと

■外国人特派員連続インタビュー
――フリージャーナリスト デコート豊崎アリサ

■永田町ヒショヒショ話

■著者インタビュー
――廣末 登『だからヤクザを辞められない』

■ルーペ要らずの虫めがね
――愛娘とのヴァージンロードを待ち望む某広報部長
【特集】「経団連」はもういらない!
――叙勲を心待ちにする“老財界人たちの憩いの場”


【特集】東京五輪「中止」を検証しない“あきれた大手新聞社”

■高田昌幸・東京都市大学教授
――「アンダーコントロールはウソだった」
■望月衣塑子・東京新聞記者
――「五輪は本当に開催できるのか⁉」
■マーティン・ファクラーNYタイムズ元支局長
――「新聞社が五輪スポンサー」なんて米国ではあり得ない!」
■評論家・佐高信
――「“恥辱の五輪”には“恥ずかしい森喜朗”しかいなかった」
■玉木正之の「今月のスポーツ批評」
――森喜朗辞任では済まないスポーツ界の「女性差別」


【組織・個人の内幕に迫るレポート「ZAITEN REPORT」】

■菅政権に睨まれた「KDDI」に再編の波
――「官製値下げ」に反発した高橋誠社長の“落とし前”

■連載《新あの人の自宅》
――KDDI・田中孝司会長 &高橋誠社長

■コロナ禍の企業を弄ぶ「メガバンク」の強欲
――三菱UFJ銀行は「リンガーハット」救済で一石二鳥のスキーム

■日本ペイント田中正明社長「恩返し」の情実経営

■三井住友トラストが黙認する「日興アセット」の女性蔑視とパワハラ

■パレスホテル「4代目若社長」にコロナ禍


連載《職場ウォッチング》
■ファイザー
――30代で年収1000万円超えもドメスティックな外資系製薬

■連載《池本孝慈の「超広告批評」》
――クラウド顧客管理「セールスフォース」の危険な広告 


【情報コラム「ZAITEN SIGHT」】

●森永製菓・太田社長「イエスマン抜擢」に怨嗟の声
●デジタル庁にITゼネコン「NEC」「富士通」が職員を押し込み合戦
●新生銀行をマネックス証券に攫われた「北尾SBI」
●金融庁官民ファンド「REVIC」が国費でメガ銀のリストラ支援
●ユニクロ「北朝鮮問題」に危機管理の“一穴”
●NTTレゾナントの「ネット記事タダ食い」の脱法商法


【深層を抉るレポート「scopeZ」】

■二階俊博が掌握する「カジノ利権」
――「夜の街徘徊」で離党・辞任したのは自公の“カジノ議員”たちだった

●桜美林大学「教員20名から訴訟」の異常事態
●埼玉・飯能「ムーミンバレーパーク」に身売り説

■関電工「リモートワークを拒むパワハラ役員」の情報募集!

■連載《捜査当局こぼれ話》
――国税庁・証券取引等監視委員会・警視庁

■袋とじ連載《今月の怪文書》
――東証一部上場企業の経営トップが無断で巨額不動産購入の暴走

■袋とじ連載《シルエットスキャンダル》
――「地方金融機関ドン」のバカ息子


【ゴルフ】

■連載《タケ小山の「ゴルフ言いたい放題」》
――「みなさんのオープン」改め「みなさんに支えられるオープン」とすべき

■連載《月刊ゴルフ場批評》
――湘南カントリークラブ
さすが旧財閥系、若手社員は敬遠する過剰で異常なサービス

■連載《マエシンのゴルフ場「あれこれ」》
――真冬のこの時期に半袖プレー「南国・宮崎」で人気コースを4ラウンド


【企業倫理を問う】

連載《新クレーマーズ・レポート》
■三鷹市役所「駅前喫煙所」は民度の低さを象徴

■消費者庁「消費者保護より天下り」の無責任官庁

■島根県 財政力最下位なのに「意味不明広告」で税金の無駄遣い

■読売新聞 料理記事の下に「排便」強調広告

■《新連載》あきれた新商品
食文化を破壊するフマキラーの食品用アルコールスプレー「フードキーパー」


【ZAITENの人気連載】

■巻頭人気連載「澤井健のZAITEN戯画」
――妻・谷村有美を襲う原田泳幸の「シャイニング」

■古谷経衡の憂国コラム「ダマすワル、ダマされるアホ」
――愛知県知事リコール不正署名に沈黙するアホ

■哲学者・適菜収の「個人tekina 体験」
――「女性蔑視」でオウンゴールを最後に決めた、
森喜朗は「嘘と恥辱にまみれた東京五輪」の金メダル

■上杉隆の「予定“不”調和ニュース」
――森会長の辞任では終わらない五輪の利権構造

■更科修一郎の「時代観察者の逆張り思考」
――76年後に現実となった令和の「オリンピック作戦」

■岡田憲治教授の「所詮、政治はゼニとカネ」
――妄言そのものではなく、その後にするべきこと

■外国人特派員連続インタビュー
――フリージャーナリスト デコート豊崎アリサ

■永田町ヒショヒショ話

■著者インタビュー
――廣末 登『だからヤクザを辞められない』

■ルーペ要らずの虫めがね
――愛娘とのヴァージンロードを待ち望む某広報部長

ZAITEN(ザイテン) 2019年11月号(2019-10-01発売) の特集を少しご紹介

テレビ朝日報ステのセクハラ事件内幕
それでも「報道機関」の資格はあるのか
P.14~P.21
「今日の番組終了後の反省会で、何か重大発表があるようだ」 8月30日(金)午後、東京・六本木のテレビ朝日本社4階にある『報道ステーション』のスタッフルームでは、午後9時54分からの本番を前に、こんな情報が飛び交っていた。 テレ朝の〝ドン?、会長兼CEO(最高経営責任者)の早河洋(75)直々の指名により、昨年7月から報ステのチーフプロデューサー(CP)を務めている桐永洋(49)の姿は、なぜかそこになかった。実は桐永は、フィールドキャスターで局アナの森葉子(33)をはじめ、報ステの女性スタッフ10数人にセクハラ行為をしていたことが会社に露見。 この時点ですでに報ステCP職を解任されていたのだ。 「文春を読めば分かる」 実は、反省会の約7時間前の午後5時過ぎには、人事局長名義の「通知」がイントラネットに人知れずアップされていた。
ソニーが萎える「吉田社長の暗い顔」
〝ファンド迎合〟で株価は上向いたが…
P.22~P.27
一見、復活を果たし好調に見えるソニー。しかし、かつての〝輝き〟はとうに失せたばかりか、ますます個性を失い続けている。そんな色のない同社の現状を〝財務の達人〟吉田憲一郎社長の面構えが物語っている―  2期連続で最高益更新中にもかかわらず、ソニーに活気がない。エレクトロニクス分野で世界のイノベーションの中心だった同社がトップ人事の相次ぐ失敗で失速したのが2000年代以降。工場閉鎖や余剰人員を「追い出し部屋」へ送り込むなど過酷なリストラを 繰り返した結果、収益は改善したが、革新的な製品は姿を消し、今や映画とゲーム、半導体で大半を稼ぐ「ありふれたコングロマリット(複合企業)」へ成り下がった。 伸び悩む株価に神経を尖らせ、マスコミへの露出を極度に嫌う社長、吉田憲一郎(59)の内向的な性格が社員の士気を一段と阻喪しつつある。
超広告批判
Amazon「アレクサCM」が気持ち悪い理由
P.44~P.44
Amazоnの広告が好きだ。ここ数年の広告で見ても、特にAmazоnプライムの一連のCMはクリエイティブ表現、広告効果ともに素晴らしかった。  例えば、2016年に放映されたライオン篇。  若い夫婦の間に子どもが生まれた。赤ん坊はライオンのぬいぐるみがお気に入りだ。夫婦が飼っている犬も赤ん坊に気に入られようと近づく。  しかし、赤ん坊は犬が怖くて泣き出してしまう。犬は寂しげに立ち去る。それを見ていた夫は良案を思いつき、Amazоnで何かを注文する。すぐに届いたのはライオンのたてがみを模した変装用玩具だった。夫は犬に被せる。ライオンに変装した犬は恐る恐る赤ん坊に近づく。すると、赤ん坊は犬に手を伸ばす。 テレビで何度も流れていたので一度は観たことはあるだろう。このCMは、好 感度調査でも常に上位をキープした。

ZAITEN(ザイテン) 2019年10月号(2019-09-02発売) の特集を少しご紹介

テレビ局「統廃合」の密謀
P.15~P.19
「凋落」「瀬戸際」「危機」―。ここ数年、地上波民放局の経営状況を取り上げる記事のタイトルや見出しには、大方、こんな煽り文句が躍ってきた。  確かにインターネットメディアの伸長は著しく、2018年度のインターネット広告費は1兆7589億円と、地上波テレビ広告費(1兆7848億円)に肉薄。今年度には逆転するのが確実と言われている。民放テレビ局、とりわけローカル局について「明日はない」というのも頷ける。  そんな中、「地方局が近年、押しなべて内部留保を積み上げている」(地方局関係者)というのである。どうして、こんな錯綜した事態になったのか。16ページのグラフは、民放194社(地上波114社に加え、ラジオ単営局、BS局等を含む)の売上高、内部留保額の合算値である。売上高はリーマンショックの影響で08年度に一気に縮小、東日本大震災のあった11年度で底を打ったものの、アベノミクスと持て囃される割には07年度以前の水準には回復していない。
総務省VS.金融庁「日本郵政」の代理戦争
長門社長、鈴木副社長の首を狙う金融庁
P.24~P.28
保険料の二重取りなど、傘下のかんぽ生命保険で18万件超にのぼる不正契約が明らかになった日本郵政。「郵政民営化後で最大の不祥事」にも、日本郵政社長の長門正貢(旧日本興業銀行出身)、かんぽ生命社長の植平光彦(東京海上日動火災保険出身)、保険を委託販売した日本郵便社長の横山邦男(三井住友銀行出身)の3トップは引責辞任を否定し、居座る姿勢を示している。  だが、昨春以降の内偵調査でかんぽの不正を炙り出した金融庁は今秋にも立ち入り検査に踏み切り、一部業務停止命令など行政処分を科す方針で、「3トップのクビを飛ばす」(監督局筋)と意気込んでいる。その上で後任トップの人選に介入し、日本郵政の旧郵政省支配を突き崩したい考えだ。
テレ朝・報ステCP「官邸忖度」の咆哮
参院選報道を突如〝お蔵入り〟に……
P.56~P.58
この民放局を報道機関と見做すのは、もはや悪い冗談なのかも知れない。ほんの数年前まで「権力に物申すテレビ局」と期待されていたテレビ朝日のことだ。小誌は今年6月号で、安倍晋三・自民党政権の走狗と化した同社報道局政治部の実情を伝えたが、今回は看板報道番組『報道ステーション』で7月17日に起きた、安倍官邸に対する〝忖度劇?など、報道機関にあるまじきその実態を報告する。  報ステの忖度劇の主役は、テレ朝の〝ドン?と称される会長兼CEO(最高経営責任者)の早河洋(75)から直々に抜擢された同番組チーフプロデューサー(CP)の桐永洋(49)。硬派だった報ステのワイドショー化を恥ずかしげもなく進めてきたA級戦犯だ。  事の発端は、時事通信が参院選投票日10日前の7月11日午後に配信した「立憲が国民に『刺客』=官邸参戦で対立激化-静岡」と題する、参院選静岡選挙区の情勢分析記事だった。

ZAITEN(ザイテン) 2019年9月号(2019-08-01発売) の特集を少しご紹介

まだいた! 学者政商「竹中平蔵」の新世界
P.14~P.18
学者政商、レントシーカー(利権漁り屋)、果ては売国奴まで……。さまざまな罵詈雑言の形容詞と共に語られて来た竹中平蔵がここにきて、またもや積極的に立ち回っているという。会長を務めるパソナグループをはじめ、オリックス、SBIホールディングスなどの社外取締役など、お仲間の経営者が君臨する企業のみならず、近年は、今流行りのスタートアップ企業の顧問にも。他方、メインフィールドと言えるのが、未来投資会議や国家戦略特別区域諮問会議メンバーといった安倍政権の〝ご意見番〟の立場。自身が出世の糸口を与えた官房長官、菅義偉のアシストを受けながら、アベノミクスの政策を自家薬籠中のものにしようとしていると言うから恐ろしい。齢六十八を迎えた男の、さらなる野望とは―。
三菱重工が辿る「東芝の来た道」
三菱航空機を〝外人部隊〟に譲り渡した宮永会長
P.20~P.22
 三菱重工業は6月末、カナダ・ボンバルディアの小型機事業「CRJ」の買収を決めた。今春に泉澤清次に社長をバトンタッチしながら、院政支配を続ける会長、宮永俊一のトップダウンによる決定だ。宮永本人は5度の納入延期など迷走を続けてきた小型ジェット旅客機事業「三菱スペースジェット」(MSJ、旧三菱リージョナルジェット=MRJ)再建に向けた「起死回生の手が打てた」とご満悦だという。  今後は宮永がボンバルディアから引き抜いてMSJ事業を手掛ける子会社、三菱航空機の最高開発責任者(CDO)に就けた碧眼技術者が率いる外国人部隊を中心に座席数70席の新機種開発も進める方針だ。だが、当初見込みの4倍以上(6千億円超)となったMSJの開発費は、さらに数千億円単位で膨らむとの予想もあり、事業がいつ独り立ちできるかは全く見えない。
澤井健のZAITEN戯画総集編
P.44~P.48
小誌巻頭連載「ZAITEN戯画」。映画と話題の人物がコラボした過去作を、作者の澤井健氏と共に振り返ってみよう。  第1回目となる18年9月号に登場したのは安倍晋三首相&昭恵夫妻。森友学園の元理事長・籠池泰典夫妻と昭恵夫人の親密な交際&便宜疑惑が問題視されていた最中だった。 澤井「やはり安倍首相を描く機会は増えましたね。正直、それほど描きたい顔ではないのですが、現役の首相なので問題意識として注目していかねばならないと思っています」  18年10月号に登場したのは小池百合子東京都知事&東京五輪組織委員会・森喜朗会長。五輪大会の酷暑対策に「打ち水」を推奨した小池氏&組織委に対しては「人の命をなんだと思っているんだ」と非難轟轟だった。

+   ZAITEN(ザイテン)の目次配信サービス

ZAITEN(ザイテン)のレビュー
総合評価: ★★★★☆ 4.11
全てのレビュー:58件

レビュー投稿で500円割引!
素晴らしい
★☆☆☆☆2021年02月08日 なんか 無職
とてもおもしろいざっしだと、思っておりまする。素敵な雑誌です
定期購入
★★★★☆2021年01月25日 こい3 無職
とにかく読みやすい雑誌です。毎号読ませてもらってます。
newsweek
★★★★★2020年08月08日 はまだ 自営業
新しい発見があり毎回のリリースを楽しみにしています。デジタル版はいつでも見れるため便利です。
普通
★★★☆☆2020年05月06日 ヒガシ 会社員
良くもなく悪くもなくといったところでした
zaiten読んで
★★☆☆☆2020年04月05日 saityan 会社員
刺激的なタイトルですが、内容が本当なのか?
月刊紙だから良い
★★★☆☆2020年02月25日 yosi 無職
週刊誌だとネタ切れを起こす可能性もあるが月刊紙だから良い
さすが
★★★★★2020年02月22日 あすあ 会社員
刺激的なタイトルと鋭い着眼点が魅力の社会派雑誌の王様
毎号好奇心がくすぐられる
★★★★☆2020年01月31日 shin 会社員
値段は高いが、興味深い記事が多く、非常に為になる。
面白く知識が深まる
★★★★★2019年11月30日 RR 会社員
facta と合わせて定期購読している。 コンプライアンス業務を担当しているので他業種の記事であっても、 もし自分が記事中の人間ならいかに振る舞うかというシミュレーションを しながら読んでおり自分にとっては必読の雑誌です。
ZAITEN
★★★★☆2019年10月31日 やまだ 会社員
切り込んだ内容で面白いです。なかなか社内でも知ることのできない情報もあり読み応えあります。
レビューをさらに表示
おすすめの購読プラン

ZAITEN(ザイテン)のバックナンバー

【特集】「経団連」はもういらない!
――叙勲を心待ちにする“老財界人たちの憩いの場”


【特集】東京五輪「中止」を検証しない“あきれた大手新聞社”

■高田昌幸・東京都市大学教授
――「アンダーコントロールはウソだった」
■望月衣塑子・東京新聞記者
――「五輪は本当に開催できるのか⁉」
■マーティン・ファクラーNYタイムズ元支局長
――「新聞社が五輪スポンサー」なんて米国ではあり得ない!」
■評論家・佐高信
――「“恥辱の五輪”には“恥ずかしい森喜朗”しかいなかった」
■玉木正之の「今月のスポーツ批評」
――森喜朗辞任では済まないスポーツ界の「女性差別」


【組織・個人の内幕に迫るレポート「ZAITEN REPORT」】

■菅政権に睨まれた「KDDI」に再編の波
――「官製値下げ」に反発した高橋誠社長の“落とし前”

■連載《新あの人の自宅》
――KDDI・田中孝司会長 &高橋誠社長

■コロナ禍の企業を弄ぶ「メガバンク」の強欲
――三菱UFJ銀行は「リンガーハット」救済で一石二鳥のスキーム

■日本ペイント田中正明社長「恩返し」の情実経営

■三井住友トラストが黙認する「日興アセット」の女性蔑視とパワハラ

■パレスホテル「4代目若社長」にコロナ禍


連載《職場ウォッチング》
■ファイザー
――30代で年収1000万円超えもドメスティックな外資系製薬

■連載《池本孝慈の「超広告批評」》
――クラウド顧客管理「セールスフォース」の危険な広告 


【情報コラム「ZAITEN SIGHT」】

●森永製菓・太田社長「イエスマン抜擢」に怨嗟の声
●デジタル庁にITゼネコン「NEC」「富士通」が職員を押し込み合戦
●新生銀行をマネックス証券に攫われた「北尾SBI」
●金融庁官民ファンド「REVIC」が国費でメガ銀のリストラ支援
●ユニクロ「北朝鮮問題」に危機管理の“一穴”
●NTTレゾナントの「ネット記事タダ食い」の脱法商法


【深層を抉るレポート「scopeZ」】

■二階俊博が掌握する「カジノ利権」
――「夜の街徘徊」で離党・辞任したのは自公の“カジノ議員”たちだった

●桜美林大学「教員20名から訴訟」の異常事態
●埼玉・飯能「ムーミンバレーパーク」に身売り説

■関電工「リモートワークを拒むパワハラ役員」の情報募集!

■連載《捜査当局こぼれ話》
――国税庁・証券取引等監視委員会・警視庁

■袋とじ連載《今月の怪文書》
――東証一部上場企業の経営トップが無断で巨額不動産購入の暴走

■袋とじ連載《シルエットスキャンダル》
――「地方金融機関ドン」のバカ息子


【ゴルフ】

■連載《タケ小山の「ゴルフ言いたい放題」》
――「みなさんのオープン」改め「みなさんに支えられるオープン」とすべき

■連載《月刊ゴルフ場批評》
――湘南カントリークラブ
さすが旧財閥系、若手社員は敬遠する過剰で異常なサービス

■連載《マエシンのゴルフ場「あれこれ」》
――真冬のこの時期に半袖プレー「南国・宮崎」で人気コースを4ラウンド


【企業倫理を問う】

連載《新クレーマーズ・レポート》
■三鷹市役所「駅前喫煙所」は民度の低さを象徴

■消費者庁「消費者保護より天下り」の無責任官庁

■島根県 財政力最下位なのに「意味不明広告」で税金の無駄遣い

■読売新聞 料理記事の下に「排便」強調広告

■《新連載》あきれた新商品
食文化を破壊するフマキラーの食品用アルコールスプレー「フードキーパー」


【ZAITENの人気連載】

■巻頭人気連載「澤井健のZAITEN戯画」
――妻・谷村有美を襲う原田泳幸の「シャイニング」

■古谷経衡の憂国コラム「ダマすワル、ダマされるアホ」
――愛知県知事リコール不正署名に沈黙するアホ

■哲学者・適菜収の「個人tekina 体験」
――「女性蔑視」でオウンゴールを最後に決めた、
森喜朗は「嘘と恥辱にまみれた東京五輪」の金メダル

■上杉隆の「予定“不”調和ニュース」
――森会長の辞任では終わらない五輪の利権構造

■更科修一郎の「時代観察者の逆張り思考」
――76年後に現実となった令和の「オリンピック作戦」

■岡田憲治教授の「所詮、政治はゼニとカネ」
――妄言そのものではなく、その後にするべきこと

■外国人特派員連続インタビュー
――フリージャーナリスト デコート豊崎アリサ

■永田町ヒショヒショ話

■著者インタビュー
――廣末 登『だからヤクザを辞められない』

■ルーペ要らずの虫めがね
――愛娘とのヴァージンロードを待ち望む某広報部長
【特集】
悪徳業者の手口と紙一重
コロナに笑う「便乗企業」

■花王、ライオン、P&G、シャープ……
「ウイルス除去」を謳う脱法スレスレ企業
■大幸薬品「クレベリンは雑貨」で逃げるインチキ商法
■小林製薬「意図的に誤認を煽る」有害広告


【組織・個人の内幕に迫るレポート「ZAITEN REPORT」】
■日本郵政に忍び寄る「利権屋たち」
――“事なかれ”増田寛也社長の無為経営でゾンビ化が進む

■連載《新あの人の自宅》
――日本郵政・増田寛也社長 & 日本郵便・衣川和秀社長兼CEO

■三菱UFJで続く「老醜の暗闘」
――半沢頭取誕生でも「半沢直樹」などいない

■「政治主導」で漂流する黒田日銀

■ヒューリック“無謀”病院計画を「松井大阪市長」がゴリ押し

■今治造船・ジャパンマリンユナイテッド「造船新会社」暗雲の船出

■不動産に激震! コロナ禍で変わる「人気物件」の条件

■連載《職場ウォッチング》
プリンスホテル
――「サービス残業禁止」でも慢性的な人手不足

■連載《池本孝慈の「超広告批評」》
西武・そごう――〈希望を売る〉と謳う思い上がり広告

【情報コラム「ZAITEN SIGHT」】
■旧興銀エリートが“放り出した”ユニゾHDの阿鼻叫喚
■経産省の原発利権死守の手駒に落ちぶれた電事連
■寺岡光博氏の菅首相政務秘書官起用を素直に喜べない財務省
■菅首相の「弱い者イジメ」の標的になった製薬業界
■大相撲協会「力士の命よりカネ」で客も力士も離反の土俵際


【深層を抉るレポート「scopeZ」】
■JR東日本「附属病院で大量リストラ」の異常

■筑波大学「独裁学長」から届いた呆れた抗議文

■ゴッドマザーとお誕生日会「安倍晋三家のキモい素顔」

■中国系カジノと「6代目山口組」を結ぶキーマン

■連載《捜査当局こぼれ話》法務省・検察庁・警視庁

■袋とじ連載《今月の怪文書》
――セクハラ、パワハラ三昧の「超有名ホテル出身の支配人」

■袋とじ連載《シルエットスキャンダル》
――教育系企業トップの社員承知の「二重生活」

■不定期連載《WANTED》
――「コロナ罰則 50万円」をつくった木っ端役人は誰だ!


【インタビュー】
■日本の起業家に求められる戦略思考と「アイアンハート」
起業家インキュベーター 折口雅博


【ゴルフ・スポーツ】
■イチローの「ゴルフ倶楽部成田ハイツリー」特別待遇の入会審査

■連載《タケ小山の「ゴルフ言いたい放題」》
――米LPGAトップの辞任表明

■連載《月刊ゴルフ場批評》
――総丘カントリー倶楽部(千葉県)

■連載《マエシンのゴルフ場「あれこれ」》
――常陽カントリーの魅力は「年会費無料」

■連載《玉木正之の「今月のスポーツ批評」》
――勇気を持って東京五輪「中止」にそして早期に再挑戦の道を考えるべし


【企業倫理を問う】
■連載《新クレーマーズ・レポート》
――日本ロレアルフタが開かない「白髪染め用シャンプー」

■JTが流す「海岸でタバコ」のマナー違反CM

■JRA「無観客競馬」なのにテレビCMは“3密”


【連載】前号踏襲
■巻頭人気連載「澤井健のZAITEN戯画」
――六本木界隈の「アヤシイ」仲間たち

■古谷経衡の憂国コラム「ダマすワル、ダマされるアホ」
――「お金配りおじさん」を否定できないアホ

■哲学者・適菜収の「個人tekina 体験」
――「慢心しきったお坊ちゃん」安倍はきちんと叱られた方がいい

■上杉隆の「予定“不”調和ニュース」
――「白人のアメリカ」の終焉

■更科修一郎の「時代観察者の逆張り思考」
――トランプ勝ち組とリベラリストの信仰

■岡田憲治教授の「所詮、政治はゼニとカネ」
――アメリカの分断よりも深刻な日本の「何もやらない保守政権」

■外国人特派員連続インタビュー
――『Deep in Japan』プロデューサー ジェフ・クルーガー

■永田町ヒショヒショ話

■著者インタビュー
――秋山信一『菅義偉とメディア』

■ルーペ要らずの虫めがね
――某社役員ご息女が弊社ゴルフレッスン本でメキメキ上達中!

【特集】2020年「コロナ禍広報」総まくり
――リモートでも〝全力対応〞企業の一方、取材にバックレる広報も......

■日立「広報が取材無視」東原社長に“配達証明質問状”
■富士急行・堀内社長が広報に書かせた非常識な「名無し書簡」
■連載《新あの人の自宅》富士急行・堀内光一郎社長
■危機管理弁護士が断言「『回答拒否』は絶対に得策ではない」
■本誌クレーマー担当記者が振り返る「この1年のダメ広報」

■あきれた広報実話年間大賞は「明治」広報部に決定!

■連載《新クレーマーズ レポート》
――コンタクトのアイシティ〝提携眼科〞のおかしな対応


【組織・個人の内幕に迫るレポート「ZAITEN REPORT」】

■三菱UFJ・半沢頭取誕生の陰で「平野vs.三毛」の最終戦争
--本業凋落そっちのけで〝新旧異端トップ〞が権力闘争

■菅政権・経団連が三顧の礼「DeNA南場智子」は高嶺の花

■三菱電機「業績急ブレーキ」のブラック企業
■関西財界「ホンマはやりたない大阪万博」
■菅政権で猛威を奮う「アトキンソン・ウイルス」

■連載《職場ウォッチング》
花王――出来る人材は辞めていく昔ながらの終身雇用企業

■連載《池本孝慈の「超広告批評」》
――朝日新聞「意見広告」の名を借りた優良誤認広告


【情報コラム「ZAITEN SIGHT」】
■NEC社長交代も「A級戦犯」遠藤会長は居座り
■東電エナジーパートナー“身売り先”にENEOSが浮上
■菅政権に忖度か「SBI」に過剰肩入れする金融庁
■河野太郎が一本釣りした経産省の“反逆官僚”
■東証社長の首を差し出した「日本取引所・清田CEO」の逆切れ
■大正製薬が切り捨てた「有名企業家発ベンチャー」
■警備大手テイケイが社長名義で敵対する労組を「雲助」呼ばわり
■東芝子会社の「循環取引事件」関与先に有名芸能人の関係会社が浮上
■つくばエクスプレス「巨額詐欺」に利用されるユルさ
■サッカーJ2「東京ヴェルディ」でお家騒動
■弘中弁護士vs.「読売新聞「ゴーン逃亡記事」で激突中
■破産「淡島ホテル」債権者が〝事件化〞の狼煙


【深層を抉るレポート「scopeZ」】

■日興アセット「パワハラ専務」の内部告発
――三井住友トラスト傘下の資産運用会社で〝内部通報者〞は閑職に

■人材派遣「マンパワーグループ」内部告発者を雇い止め
■筑波大学「独裁者学長」が外国人留学生水増し疑惑

■武田総務相に届く「NHKの怪文書」

■日本維新の会・串田誠一議員のデタラメ政治資金

■〝剛腕〞森山自民国対委員長を悩ます「馬毛島」の市長選

■連載《捜査当局こぼれ話》検察庁・政界事件簿・警視庁

■袋とじ連載《今月の怪文書》
――密かに帰り咲いた学校法人トップ

■袋とじ連載《シルエットスキャンダル》
――セクハラ幹部に人身御供を捧げていた部下


【インタビュー】

■「日本が“スーパーリッチ”を生み出せなかった理由」
by ジャーナト 太田康夫

■コロナ禍で明らかになった「国民を守れない日本の法律」
by 弁護士・予備自衛官 田上嘉一


【ゴルフ・スポーツ】

■連載《タケ小山の「ゴルフ言いたい放題」》
――〝世界最強〟PGAツアーが落ち目の欧州ツアーと提携する真意

■連載《月刊ゴルフ場批評》
――ニューセントアンドリュースGCジャパン(栃木県)

■連載《マエシンのゴルフ場「あれこれ」》
――幅広ロッカーと“はちきん”キャディの「高知のゴルフ場」

■連載《玉木正之の「今月のスポーツ批評」》
――東京五輪“人種差別主義者”ブランデージ元IOC会長の「遺した陰」


■【新春特別企画】名物連載「新あの人の自宅」総集編


【連載】

■巻頭人気連載「澤井健のZAITEN戯画」新春特別編
――菅義偉&二階俊博&竹中平蔵の「鬼滅の刃」

■古谷経衡の憂国コラム「ダマすワル、ダマされるアホ」
――草津町議「リコール騒動」で都県した反知性

■哲学者・適菜収の「個人tekina 体験」
――安倍晋三が逮捕されたら国際的信用も少しは高まる

■上杉隆の「予定〝不〟調和ニュース」
――さよなら「日本ゴルフ改革会議」

■更科修一郎の「時代観察者の逆張り思考」
――新自由主義者が狙うNHKは令和の電電公社か

■岡田憲治教授の「所詮、政治はゼニとカネ」
――「リーダー」不在の基礎疾患は ゼニカネでは解決できない

■外国人特派員連続インタビュー
――米CNN・定塚恵美子記者

■永田町ヒショヒショ話

■著者インタビュー
――牧村康正 『ヤクザと過激派が棲む街』

■ルーペ要らずの虫めがね
――某社広報が芸能人に人気の街に 「秘密部屋」の噂

【特集】

■大手企業「ハラスメント」の実態

◆大手企業40社「ハラスメント」対策の実情
――キヤノン、ソフトバンクが模範解答の一方で日立、三菱商事、JR東海は「まともに答えず」……

◆本誌既報「セクハラ・パワハラ企業」の今
――電通、ブリヂストン、百十四銀行、三菱UFJ信託、森永製菓

◆本誌に寄せられた「凄惨パワハラ」内部告発
――グローバル展開の大手メーカーで権力闘争も絡み……

◆社員のための「ハラスメント対策」指南

◆専門弁護士が警鐘「女性への“チャン付け”もセクハラの恐れ」
――「三菱UFJ信託銀行子会社セクハラ」の被害者代理人弁護士が語る

◆笹川財団「人権啓発」委託事業で人権侵害



【組織・個人の内幕に迫るレポート「ZAITEN REPORT」】

■三菱重工「終わりなき経営危機」
――「スペースジェット」頓挫の陰で佃和夫、大宮英明、宮永俊一ら歴代“A級戦犯”トップの責任は不問に……

■富士通“壊し屋ジーパン社長”時田社長の陥穽

◆連載《新あの人の自宅》富士通・時田隆仁社長 & 古田英範 副社長

■スズキと地元静岡を翻弄する「鈴木修」の晩節

■日銀と財務省が慄く内閣参与「高橋洋一センセイ」


■連載《職場ウォッチング》
――コーセー 女性社員は多いが役員はオトコばかりの職場環境

■連載《池本孝慈の「超広告批評」》
――新生銀行レイク「衝動買い」を煽るサラ金CM



【情報コラム「ZAITEN SIGHT」】

■「物申す人材」が相次いで去る“政権追従”の黒田日銀
■「菅製再編」圧力と「横浜銀行不信」で揺れる地銀協
■経産省天下りトップが居座る「東京商品取引所」のゾンビ化
■東京芸術大学の「完全法律無視」の雇用体制
■オーナーも動き出した「光文社」でリストラ懸念
■ユニバーサルエンターテインメント「株主」名誉棄損訴訟の違和感



【深層を抉るレポート「scopeZ」】

■イージス・アショアに東京地検特捜部が重大関心

■公明党ゴリ押し「GoToイート」に悪評紛々

■関西外国語大学「長男学長」を追放した“母理事長”の愛憎

■「JALワインアドバイザー」に悪質ワイントラブル

■連載《捜査当局こぼれ話》証取委 ・公取委・警視庁

■袋とじ連載《今月の怪文書》
――外資系日本法人代表“突如退任”の「本当の理由」

■袋とじ連載《シルエットスキャンダル》
――コロナ禍でも食事会「学校法人の“老害”トップ」



【ゴルフ・スポーツ】

■「ゴルフネットワーク」劣悪中継に“カネ返せ”の怒号
――「ZOZOチャンピョンシップ」で松山英樹他、選手の顔がモザイク状に

■連載《タケ小山の「ゴルフ言いたい放題」》
――JLPGA(日本女子プロゴルフ協会)が進めるQTの制度改悪

■連載《月刊ゴルフ場批評》旧軽井沢ゴルフクラブ(長野県)

■連載《マエシンのゴルフ場「あれこれ」》
――新鮮な海の幸と絶景 東京からプロペラ機で25分の「大島GC」

■連載《玉木正之の「今月のスポーツ批評」》
――「Too Big to fail」肥大化で中止にできない東京五輪の「負の遺産」は?



【消費者・広報対応……「ZAITENの企業倫理を問う」】

■連載《新クレーマーズレポート》
――エレコム 顧客と宅配に“無駄な負担”を強いる「不良品回収」

■アツギ「ラブタイツ」キャンペーン公式謝罪の顛末

■連載《新あきれた広報実話》拡大版
――三菱自動車「評判が最低・最悪」の広報部



【ZAITEN人気連載】

■巻頭人気連載「澤井健のZAITEN戯画」
――竹中平蔵の令和版「銭ゲバ」

■古谷経衡の憂国コラム「ダマすワル、ダマされるアホ」
――米大統領選の「不正選挙」を拡散するアホ

■哲学者・適菜収の「個人tekina 体験」
――「維新の会」をひとことで言えば“迷惑系ユーチューバー”

■上杉隆の「予定“不”調和ニュース」
――米国大統領選後の混乱で騒ぐ日本こそが国益を損なう

■更科修一郎の「時代観察者の逆張り思考」←前号同様
――大阪都構想と「常勝関西」の終焉

■岡田憲治教授の「所詮、政治はゼニとカネ」
――マジで〝ゼニカネだけ〟を動機に政治やっていた爺さん

■外国人特派員連続インタビュー
――仏『レ・ジュール』 カロリーヌ・ガルダン記者

■永田町ヒショヒショ話
――細田派で大政奉還か、大阪都構想の“真の勝者”は山本太郎

■著者インタビュー
――千正康裕 『ブラック霞が関』

■ルーペ要らずの虫めがね
――松葉杖をついてもサッポロ黒ラベルを飲み続ける某社役員
特集 三菱商事を引きずり込む三菱自動車の泥沼/みずほ「20年」の奈落の底/焼きが回った日本製鉄の「無策経営」
【総力特集】
◆邪悪なスガノミクス「規制改革」を騙る新型利権政権の正体
●スガノミクス利権に群がる官僚と怪しい経済人たち
●植草一秀が喝破する「菅政権は“竹中平蔵”直伝の政商内閣だ」
●菅義偉が描く地元「横浜」の新型利権地図

■人気巻頭連載《澤井健のZAITEN戯画》
――菅義偉が化ける「3人の殺し屋」


【特集2】
◆三菱商事・垣内威彦社長「異形の独裁」経営
――「オレは“カス屋”だ……」自己憐憫と陶酔に揺れる社長に社内は戦慄

■連載《新あの人の自宅》三菱商事・垣内威彦社長 & 増 一行CFOの自宅拝見


【組織・個人の内幕に迫るレポート「ZAITEN REPORT」】

■中西宏明会長「安倍批判」大放言を抹消した経団連
■武田薬品 ついに始まった「高額退職金リストラ」の陰惨
■小泉進次郎を振り付けるファンドマネージャー「水野弘道」の正体
■日本M&Aセンター「会長と銀座社交クラブ」
■神戸製鋼「今さら石炭火力発電」の窮地
■菅義偉「薬価引き下げ」に戦々恐々の製薬業界

■連載《職場ウォッチング》
パソナ
――ライバル社より給与水準は低め 若手中心の“仲良しサークル”ノリ

■連載《池本孝慈の「超広告批評」》
「としまえん」最後まで広告に利用された悲哀


【深層を抉るレポート「scopeZ」】

■「聖路加国際病院」乗っ取りを画策する“立教人脈”
■三菱地所が放置する「マンション共用部分」の手抜き工事
■東海大学「コロナ病院」開設に学長の下心
■リソー教育「違法配当」幕引きの首謀者
■読売とフジが追放した「テレビ長崎」のドン
■私立大学が利用する「パワハラ退職強要」コンサル会社
■国税局「コロナ禍調査」で嗤う者・狙われる者

■袋とじ連載《今月の怪文書》
――世界的メーカー日本人役員の「犯罪的営業」の過去
■袋とじ連載《シルエットスキャンダル》
――総合商社M子会社の「イヤ〜なオンナ役員」
■連載《捜査当局こぼれ話》
――河井夫妻訴訟、秋元司4度目の逮捕、刑事は麺好き?
■袋とじ連載《今月の信用情報》
――日産危機で自動車部品メーカーも苦境 ほか


【ゴルフ・スポーツ】

●連載《月刊ゴルフ場批評》ギャツビイゴルフクラブ(静岡県)
●連載《タケ小山の「ゴルフ言いたい放題」》
――過酷な“条件”を強いる日本のナショナルオープン「最終予選」
●連載《マエシンのゴルフ場「あれこれ」》
――アリソンの傑作「廣野GC」改修後の初プレーを楽しむ
●連載《玉木正之の「今月のスポーツ批評」》
――大阪なおみの「黒マスク」はオリンピックでは認められるのか?


【消費者・広報対応…「ZAITENの企業倫理を問う」】

■富士ゴルフコース 取材申し込み後に慌てて行った「コロナ対策」
■商工中金 中小企業救済の新聞広告を“社長の宣伝”に使用
■東京電力 原発“ゼロ”でも「電力安定供給」のナゼ
■龍角散「コロナに効く」を連想させるテレビCM

■連載《新クレーマーズ・レポート》
――「サンシャイン水族館」子どもも来場する水族館で「セクハラ広告」はやめろ!
■連載《新あきれた広報実話》
――東京電力「分社化」で広報体制は崩壊!


【情報コラム「ZAITEN SIGHT」】

●三菱重工も驚く「河野太郎」前防衛相の置き土産
●“地元企業”日産の迷走に頭を悩ます菅首相
●就任早々にカミナリ「氷見野・金融庁長官」が豹変
●菅政権誕生で「森信親・元金融庁長官」が復活の予兆
●電通と癒着「前田・中小企業長官」が続投も雲隠れ
●政府観光局人事に“菅首相の指南役”デービッド・アトキンソン氏の影
●炭素税導入発言「中井・環境事務次官」にネット上で“免職運動”
●日経新聞社内で上昇する岡田社長の“評判”
●PR TIMES“急成長”も大量の「リリース配信」に記者は辟易
●ジャニーズ事務所「山P処分」に独禁法抵触の疑い
●フリージア・グループ佐々木ベジに「調査料払え訴訟」進行中


【好評連載】

■古谷経衡の憂国コラム「ダマすワル、ダマされるアホ」
――空気がつくった「菅義偉」「石破茂」のイメージに騙されるアホ
■上杉隆の「予定〝不〟調和ニュース」
――マスコミを抑え込む菅政権発足で「解散総選挙」は近い
■哲学者・適菜収の「個人tekina体験」
――“苦労人”というのも怪しい菅義偉は「諸悪の根源」
■更科修一郎の「時代観察者の逆張り思考」
――「インテリ・リベラル」の抹殺装置だった安倍晋三
■岡田憲治教授の「所詮、政治はゼニとカネ」
――「政党助成金」という小遣いが野党をダメな子どもにする
■外国人特派員連続インタビュー
――『Gourmet Magazine Sweden』メリンダ•ジョ 東京特派員
■連載《ルーペ要らずの虫めがね》
――地下鉄車内で嬌声をあげる会社員のストラップに「味の素」の社名
■著者インタビュー
――奥窪優木『ルポ 新型コロナ詐欺』
■プリーズ、虫めがね

ビジネス・経済 雑誌の売上ランキング

最大
15%
OFF
送料
無料

ダイヤモンドZAi(ザイ)

2021年02月20日発売

目次: ◎巻頭企画
最新決算で判明! 本当に強い株36
●追い風継続
●不況でも成長
●高配当好業績

◎第1特集
5万円株は48!
いま買いの10万円株132
●高配当の5万円株ベスト100「買い」×「売り」診断
複数持って利回り安定! ほとんど利回り3%以上!
●桐谷さんオススメ! 高利回りな株主優待株22
「カタログ」「金券」「食事券・買い物券」
●高成長のテーマ株24
「DX」「環境」「半導体」「脱コロナ」
●過去10年で最高益の好業績株16
●業績が急回復中の株10
●10倍期待のIPO株11

◎別冊付録
定年前後の不安を解消!
800万円も差がつく! 老後のダンドリ確認BOOK
手取りを増やすワザが満載
退職金・失業手当・年金・健康保険・税金
裏はチェックリストに!

◎第2特集
旬の食材を旬の時期に!
ふるさと納税2021年年間計画
●品切れ必至の人気フルーツ&野菜先回り計画カレンダー
●一回の申し込みであとはラクラク旬が届く定期便8
●返礼品カタログ33
果物・野菜・果物・魚介類・肉(牛・豚・鶏)
●おうち時間が充実の返礼品10

◎第3特集
6タイプの利回りが改善!
毎月分配型投信100本の本当の利回り

◎ZAI NEWS CHANNEL
トピック1「政権のハナシ!」
アノマリーで見ると菅政権の終わりは近い!?
トピック2「退職金のハナシ!」
退職金専用定期預金が好利回りな22行を公開!

◎人気連載も注目!
●自腹でガチンコ投資! AKB48株ガチバトルサード・シーズン
「智代梨がついに首位!次の一手は?」編
●AKB48武藤十夢のわくわくFX生活! ライフ
「“風の時代”に突入!」
●株入門マンガ恋する株式相場!
VOL.54 「恋も株も新フェイズへ」
●マンガどこから来てどこへ行くのか日本国
「費用と人情の板挟み墓は作るのもしまうのも一苦労!」

参考価格: 750円 定期購読(1年プラン)なら1冊:638円

マネービギナーのための楽勝攻略マガジン。お金や投資に役立つ情報が満載!

  • 2021/01/21
    発売号

  • 2020/12/21
    発売号

  • 2020/11/20
    発売号

  • 2020/10/21
    発売号

  • 2020/09/19
    発売号

  • 2020/08/21
    発売号

2 PRESIDENT(プレジデント)

プレジデント社

最大
58%
OFF
送料
無料

PRESIDENT(プレジデント)

2021年02月26日発売

目次: なぜ、三菱は「人生は常にこれから」と考えるか

常勝財閥 三菱 歴史的名訓
他の追随を許さぬ岩崎家4代の人間力

魂を紐解く ◎武田晴人
激動の時代こそ日本人の原点に学ぶ
◎三菱重工業会長 宮永俊一/三菱商事会長 小林 健/三菱みらい育成財団理事長(MUFG会長) 平野信行
人間を磨く、信じれば花開く

最強「三菱」語録50
「三菱財界人」不屈の金言
●若し、人、不正を以て争わば、我は正義を以て闘う可きである。
●景気の悪い会社の社長は胸を張って、いつも朗らかな顔をして歩け。
●豊かさの中にあってこそ却って「ハンブル・ライフ」の精神を尊重していかなければならない。
●男性が会社人間をいいことに家庭を大事にしないのは間違っている。
●モスト・リバブル・カントリーを目指すべき。
●経営者は教育者でなければならない。
●企業もまた『人』を育て続ける責務があるのです。
トップたちが心を鍛錬した言葉
●向こう傷は武士の勲章だ。
●大きな目標に挑む際には、三菱の仲間として連携する。
●仕事が人を育て、人が仕事を拓く。
●先輩を乗り越えていく。
●三菱グループは結集せよ。
●易きになじまず難きにつく。
●目先の利益に飛びつくな。
●刹那な利益を得るために信頼を失うな。
●王道を歩め。
●仕事や社会に対して常に誠実であれ。
●フェアプレーで事業を運営せよ。
●時代の要請に応えよ。
●企業は人や社会に求められてこそ存続できる。
●時代の変化を捉えて、常に時代の先を走れ。
●新・三綱領は「パブリック」「フェア」「グローバル」。
●どんな仕事にも愛着を持て。
●チャレンジこそがDNA。
●「三綱領」と遺訓を令和に生かす。
●私たちの守る伝統とは、古いものを壊すことだ。
●国難と共に歩み、国民と共に栄える。
叩き込まれた三菱イズム
●三菱は“奇跡のベンチャー”なのです。
●こんなにお金をかけて社員に本物を見せてくれる企業があるんだ。
●人材にエネルギーとコストをかけて良質な組織をつくり上げる。
●良い組織をつくるには経営者が百万回訓示するより、多くの一流に触れてもらうほうが近道です。
●ベンチャーづくりは人づくりだ。
●真実は現場にある。
●可能性の大きな市場を勢いのある若手に任せてみよう。
●決意が固いならやってみたらいい。
●正しいと判断したなら必ずやり切る、やり切れば花開くと信じ突き進む。
●(震災時に)こんなときは自分で見ないと判断できない。
●相手も同じ人間だ。
●毎朝下っ腹に力を入れろ。健闘を祈る。
岩崎家の教え
●人は天の道にそむかないこと。
●子に苦労をかけないこと。
●他人の中傷で心を動かさないこと。
●一家を大切に守ること。
●無病のときに油断しないこと。
●貧しいときのことを忘れないこと。
●常に忍耐の心を失わないこと。
●桃李不言。下自成蹊。
●機会は雲中に現れる蚊龍のごときのもの。これを捕捉するのには、透徹明敏なる注意と、豪邁なる胆力が必要である。
私が見た「三菱の品格」
●三菱グループのトップは、皆さん、一言で言えば紳士。
●「組織の三菱」は結束力の高さを象徴しているが、縦割り組織が強いことでもある。“三菱の品格”を維持する意味でも、長期的視点は大事にしていただきたい。
●三菱総研は未来志向の強いシンクタンクであり、その点は大学とも共通点がある。
●「課題先進国」の日本、シンクタンクが担う役割は以前にも増して重要になる。
●今後の課題は強過ぎる縦割り組織を打破し、いかに横断的な組織に変えていけるか。
●三菱重工を含めた三菱グループ各社は日本社会の縮図です。
●退職してからも、無意識のうちに「あれはウチで造ったのよ」と。
●三菱重工さんの教育はみごとだなァ。
「三菱」は結婚相手としての価値があるか ◎鈴木涼美
岩崎弥太郎と渋沢栄一の大喧嘩 ◎鹿島 茂
給料、結婚、他財閥……有価証券報告書と調査データで読みとく

現代の日本で、三菱で働くということ。
「日々感謝、日々感動。」三菱とともにに生きる

覆面座談会 半沢頭取「出世」の秘密
「三菱」が出てくる10冊の読書案内

名著に心を洗う
竜馬がゆく/雄気堂々/暁の群像/オレたちバブル入行組ほか
他財閥が「三菱さん」に言いたいことがある

ライバルの言葉に耳を傾ける
特別付録

巨人たちが遺した東京「財閥庭園」巡りマップ
一念が道をひらく ◎三菱ケミカルホールディングス会長 小林喜光
NEWS & INTERVIEWS
PEOPLE 大河ドラマ『青天を衝け』主演・吉沢 亮
日本のエスタブリッシュメントを支える“三菱の結婚相談所”
独占・“前澤金配り”企画が強盗・詐欺のカモリストに
官邸が怯える「『NO』と言える小池百合子」
好評連載
人間邂逅[784]

●五十嵐光喜×大井川和彦

「ビリ県」脱出
茂木健一郎の「成功への物語」[232]

岩崎弥太郎の教えが現代の日本を救う
大前研一の「日本のカラクリ」[262]

バイデン新政権は日本軽視、台頭する中国とどう向き合うか
飯島 勲の「リーダーの掟」[285]

大騒動の舞台ウラ これが本当の木を見て「森」を見ず
齋藤孝の「人生がうまくいく古典の名言」[56]

不遇の連続でも、人生は一からやり直せる
「橋下 徹」通信[118]

権限がなくても人を動かせる「政治力」とは何か
猫組長の「ダークサイド経済日誌」[24]

人類を救うワクチンがコロナを暴力に変える
伊藤詩織の「ドーナツてるの?」[21]

「日本手話のポエム」を観たら、あなたは圧倒される
鈴木宗男×佐藤 優の「世界大地図」[26]

独房で学んだリモートワーク術
三浦瑠麗の「山王日記」[25]

『イデオロギーと日本政治』に見る「保守」「革新」の逆転現象
本田 健の「賢者は年収3000万の小金持ちを目指す」[26]

早熟な人が、一発屋で終わってしまう理由とは
池上 彰と増田ユリヤの「ドキドキ大冒険」[57]

知られざる情報収集力 バチカン市国
渡瀬裕哉のワシントン便り[8]

極左バイデンで世界は地獄に落ちる…
笹井恵里子の「あなた vs 〇〇〇」[24]

牛乳
銀座ザボン・水口素子の「愛しい人」[16]

ホステスと交際中のお客様が来店したときの対処法
職場の心理学[722]

社員の給料を「言い値」で払ったら、会社に何が起こるか
マネーの新流儀 [320]●山野祐介

携帯料金の新プラン、最強チョイスはこれだ!
探せ! みんなの新定番体当たりレビュー部

外部グッズを使ってスマホのスマートさを引き出せ!
新刊書評

森 功 著『鬼才 伝説の編集人 齋藤十一』
クローズアップ・ニッポン

著者インタビュー

布施川天馬 著『東大式節約勉強法』
著者インタビュー

森岡 毅 著『誰もが人を動かせる! あなたの人生を変えるリーダーシップ革命』
経営者たちの四十代[272]●街風隆雄

●トリドール社長・粟田貴也

誰もが当然とする道は、選ばない
プレジデント言行録
エディターズノート

参考価格: 780円 定期購読(学割6ヶ月プラン)なら1冊:325円

現代の悩めるビジネスリーダーの「問題解決のバイブル」として、米国FORTUNEの日本版として始まりました日本一のビジネス誌「プレジデント」を!

  • 2021/02/12
    発売号

  • 2021/01/22
    発売号

  • 2021/01/08
    発売号

  • 2020/12/25
    発売号

  • 2020/12/11
    発売号

  • 2020/11/27
    発売号

4 正論

産経新聞社

最大
12%
OFF
送料
無料

正論

2021年03月01日発売

目次:
【特集】軍事忌避の異常
            
匿名対談 現役学者が告発 軍事研究禁止の実態        
大学はこうやって軍事研究を禁じる(リスト付き)        本誌編集部  
陸自の「極秘合意」で暴走する沖縄メディア                本誌編集部 
「私的戦闘訓練」何が悪いのか    陸上自衛隊特殊作戦群初代群長  荒谷 卓 



森喜朗氏騒動と〝魔女狩り〟の恐怖   産経新聞政治部編集委員兼論説委員   阿比留瑠比   
徹底検証 森氏の発言は「女性蔑視」にあらず 情報検証研究所メンバー 田村和広  
東京五輪へ国家の覚悟見せろ    スポーツジャーナリスト 二宮清純 × 登山家 野口健 
                      


【特集】中国という禍   
ジェノサイド黙認は許されない      東京大学教授 平野聡 
ウイグル人弾圧で対応鈍い日本 日本ウイグル協会副会長 アフメット・レテプ  
北京冬季五輪開催に反対する 自由インド太平洋連盟副会長 石井英俊  
「植民地支配」に世界は抗議せよ    評論家 三浦小太郎 
中国「政治戦」の最終目標   元米海軍省戦略広報部長 ケリー・ガーシャネック 
聞き手 麗澤大学准教授 ジェイソン・モーガン
尖閣防衛けん制のフリするな   軍事社会学者 北村 淳 
バイデン政権はすでに中国忖度  麗澤大学特別教授 産経新聞ワシントン駐在客員特派員 古森義久 
南米とアジアで外交二連勝     チャイナ監視台  産経新聞台北支局長 矢板明夫 


米中を左右する東南アジア情勢    政策研究大学院大学客員教授 飯村 豊 
人権問題に声あげない日本  軍事ジャーナリスト 黒井文太郎 
アジアの核抑止に核シェアリングを  前内閣官房副長官補 同志社大学特別客員教授 兼原信克 

「CO2ゼロ」政策は国民経済破壊する    キヤノングローバル戦略研究所研究主幹 杉山大志 
フェミニズムに狙われる歴史教科書 麗澤大学特任教授 高橋史朗 


【特集】 東日本大震災から10年  
原発ゼロは国を亡ぼす  東京工業大学原子炉工学研究所助教 澤田哲生 
急げ、処理水の海洋放出  衆院議員 細野豪志  
                  産経新聞論説委員 長辻象平
甲状腺がん検査の中止を 福島県議会議員 渡辺康平  




【特集】武漢ウイルスとの闘い 
第3波後に向けて備えるべきこと  日本医科大学教授 松本 尚 
医療機関狙う もう一つのウイルス  NTTチーフ・サイバーセキュリティ・ストラテジスト 松原実穂子 
厚労官僚は今こそ「公」に尽くせ  元国税庁長官 寺村信行 


第36回正論大賞受賞記念論文
北の暗号資産詐欺と石炭密輸事件の接点 安全保障問題専門家・元国連安保理北朝鮮制裁専門家パネル委員
  古川勝久 
第21回正論新風賞受賞記念論文
日本はいつ建国したか  作家 竹田恒泰 


【好評連載!】
小説 寒い国から来た工作員(スパイ) 第6回 最期 特定失踪者問題調査会代表 荒木和博 

昭和の大戦とあの東京裁判―同時代を生きた比較史家が振り返る―
第13回 戦後民主主義世代への失望       東京大学名誉教授 平川祐弘 


【グラビア】
皇室歳時記  被災地に寄り添われ   
神話よよみがえれ 写真・文 廣田勇介       
文字のふるさと   瀧野喜星    
不肖・宮嶋の現場  砂かぶり席でのデモ 
業田良家 それ行け!天安悶 
西原理恵子 ぬるま湯正論 
文人論客壺中之天 三島由紀夫 「新宿三丁目 どん底」 取材・構成 将口泰浩 

巻頭コラム 激流世界を読む        田久保忠衛
フロント・アベニュー 麗澤大学教授 八木秀次
フィフィの本音    タレント  フィフィ
経済快快  産経新聞特別記者 田村秀男 
SEIRON時評   評論家 江崎道朗 
アメリカの深層  福井県立大学教授 島田洋一 
朝鮮半島藪睨み 産経新聞編集委員 國學院大學客員教授 久保田るり子
シリーズ対談 日本が好き! よく墓参りして報告します 
                芸人 友近/ ジャーナリスト 井上和彦
シネマ異聞 そこまで言う⁉  読売テレビ・チーフプロデューサー 結城豊弘 
読書の時間 潮匡人/桑原聡のこの本を見よ  
編集者へ・編集者から 
メディア裏通信簿  
折節の記  
操舵室から  

参考価格: 900円 定期購読(1年プラン)なら1冊:790円

日本人の鼓動が響く雑誌です。~オピニオン誌「正論」~

  • 2021/02/01
    発売号

  • 2020/12/26
    発売号

  • 2020/12/01
    発売号

  • 2020/10/30
    発売号

  • 2020/10/01
    発売号

  • 2020/09/01
    発売号

5 会社四季報

東洋経済新報社

最大
1%
OFF
送料
無料

会社四季報

2020年12月16日発売

目次: 業界担当記者が独自取材・独自分析で業績変化を先取り。
完全2期予想の会社四季報で自分だけの“成長企業"を探そう!

2021年1集新春号では、3月期決算企業の中間決算を踏まえ、業界担当記者が今期および来期の業績回復シナリオを先読み。
日本国内全上場3,800社をフルカバーした四季報で、2021年に輝く有望企業を見つけましょう!

株式投資はもちろんのこと、営業先開拓などのビジネスユースや就職活動などにも、ぜひお役立てください。

【今号のおもなトピック】
●コロナで株主還元も二極化
●配当総額の伸びを全社調査
●注目ランキング:V字回復、上振れ…サプライズ満載

【デジタル特典】
スマホで丸ごと読み!

※お知らせ:袋とじ付録は、ワイド版だけのオリジナル付録です。ご注意ください。

参考価格: 2,200円 定期購読(1年プラン)なら1冊:2,170円

3500社を超える企業情報ハンドブック

  • 2020/09/18
    発売号

  • 2020/06/26
    発売号

  • 2020/03/16
    発売号

  • 2019/12/13
    発売号

  • 2019/09/19
    発売号

  • 2019/06/18
    発売号

6 投資手帖

日本株式新聞社

最大
6%
OFF
送料
無料

投資手帖

2021年02月20日発売

目次: 特集
自動車業界が復活・新成長へ‼
出遅れ自動車株と電子部品株が狙い目

スコープ
菅義偉首相の「2050年カーボンニュートラル宣言」で一躍脚光
世界的な再生可能エネルギー導入の動きが追い風
「定置用蓄電池システム」関連銘柄の成長力に注目

クローズアップ
ワクチン接種で世界景気は正常化へ
IMFが世界景気見通しを上方修正、「割安株」を総点検

特別銘柄企画
待ち伏せ狙いの「低PBR・中低位株」
ワクチン接種が進み、経済活動の正常化とともに、株価は一段高へ

参考価格: 800円 定期購読(1年プラン)なら1冊:750円

投資手帖は、豊かな明日を創る投資情報誌です。

  • 2021/01/20
    発売号

  • 2020/12/19
    発売号

  • 2020/11/20
    発売号

  • 2020/10/20
    発売号

  • 2020/09/19
    発売号

  • 2020/08/20
    発売号

最大
5%
OFF
送料
無料

日経マネー

2021年02月20日発売

目次:
■特集1 ニューノーマル時代の新10倍株で勝つ

●ニューノーマル時代の新10倍株で勝つ! (020p)
●10倍高も見込める大化け株で大きく儲ける 狙いは大きくテンバガー(022p)
●10倍株候補発掘の5つのポイントをつかむ チャートの特徴も要チェック! (024p)
●3大潮流で探す未来の10倍株 今からでも間に合う! 中長期保有で大化けも(026p)
●これが次世代の大化け3大テーマだ 長期でテンバガーも夢じゃない! (027p)
●3大テーマ1 ヘルスケアコロナ禍で医療は 「非接触」 にシフト ヘルステックは準トップに妙味(028p)
●3大テーマ2 DX企業、官公庁ともデジタル化は加速 20年急騰銘柄の押し目を狙え(032p)
●3大テーマ3 脱炭素脱炭素化は日本企業にとって好機 水素社会到来で中型株に大化け余地(036p)
●直近IPOで探せ! 最強の成長株 上場間もない新興株から10倍株の卵を発掘(040p)
●IPO株は“隠れ優良銘柄”で儲ける 10倍株の卵はここだ(041p)
●スゴ腕流 大化けIPO株の狙い方 CASE1人気薄の 「非DX銘柄」 を割安な水準で仕込む(042p)
●スゴ腕流 大化けIPO株の狙い方 CASE2利確を重ねて着実に勝つトレンドをいいとこ取り(044p)
●注目株を見逃すな! 直近IPO18銘柄を徹底査定直近IPOは割高感強いものも長期の事業成長が鍵に(046p)
●10倍株の利確テク チャートでは売り時を判定しない 決め手は株価より企業の成長度(052p)
●ここから上がる逆襲大化け株 コロナ逆風銘柄が狙い目! (054p)
●逆襲株を探し出す3つの戦略 出遅れと侮るなかれ(055p)
●コロナでダメージ大の銘柄ほど大化け期待 狙うのは大きな業績の変化率(056p)
●売上高大幅減の株、出遅れBtoB株を狙う 景気回復の伝播を期待(059p)
●注目は工作機械とパワー半導体関連銘柄 日本企業が強みを持つ分野(062p)
●スゴ腕が仕込んだ 逆襲株パナソニックで会心の投資再現狙う 三井金属はインフレで大化けを期待(064p)
●データで斬る! 出遅れ銘柄から選ぶ安定成長期待株(066p)
●トップファンマネに学ぶ大化け株発掘法 高パフォーマンスの鍵は銘柄選びにあり(067p)
●知る人ぞ知るトップマネジャー 塩住秀夫さんの成長株投資術3つの成長分野に狙いを絞る ウイズコロナ銘柄を新たな主力に(068p)
●中小型株投資の専門家集団 エンジェルジャパンの銘柄発掘利益成長の次のステップを見据えた企業へ投資(070p)
●伝説のファンドマネジャー ピーター ・ リンチ氏が説いたテンバガー投資アマチュアこそ10倍株が見つかる 現役の直弟子はニッチ銘柄を狙う(072p)


■特集2 ESGで上がる株&投信

●ESGで上がる株&投信 世界的潮流に乗って資産を増やす! (077p)
●世界でも日本でも拡大中 ESG投資で稼ぐ! (078p)
●ESGの大波を個別株で捉える プロが選んだ有望22銘柄(080p)
●ESG投信で波に乗る 今から買いたいESG投信3本(086p)


■特集3 介護にかかるお金&必要な備え

●介護にかかるお金&必要な備え 知っておきたい 親のために、自分のために(102p)
●公的介護保険の仕組みと自己負担の中身を知る 基本を押さえて賢く活用(104p)
●在宅介護と施設介護 かかるお金をチェック どんなサービスにいくらかかる? (106p)
●親の介護に備えやっておくべきこと できることから実行しよう(108p)


■表紙の人

●夏菜 女優 初の悪女役に挑戦 意識したのは丁寧な 「動き」 (012p)


■先読みTIMES

●脱炭素が迫る事業転換 第2のソニー登場の鍵か ソニーの時価総額が過去最高に(015p)
●業績改善が火をつけた割安日本株買い(016p)


■先読みカレンダー 2021 3月

●グリーン成長戦略に注目(018p)


■ろくすけさんの勝てる株式投資入門

● 「素晴らしい企業」 の探し方を学ぶ(074p)


■もっと得する株主優待生活

●人気のカタログギフト お薦め優待ベスト10(090p)
●3月に取れるお得優待(092p)


■株の達人に聞く 今月の注目銘柄

●上昇期待が高い 「10万円株」 (094p)


■クローズアップ企業

●プレミアアンチエイジング 定期購入と店頭販売を両立 新ブランドで海外展開も(100p)


■Money Interview

●パトリック ・ ハーラン タレント、東京工業大学非常勤講師相対的貧困に苦しむ子供たちの未来のため 日本社会に支援の輪を広げたい(110p)


■クイズで学ぶ会計知識

●教育業界の貸借対照表(114p)


■澤上篤人のゴキゲン長期投資

●中小企業の活性化が日本復興の近道(116p)


■豊島逸夫の世界経済の深層真理

●バイデン政権、じわり広がる市場との距離(118p)


■広木隆のザ ・ 相場道

●実は危うい 「株高はバブルではない」 説(120p)


■滝田洋一の経済ニュースここだけの話

●米株式市場SNSの乱とバイデン政権(122p)


■岡崎良介のマーケット ・ アナライズ

●サイズのローテーション 米国株は小型株優位の時代に(124p)


■エミン ・ ユルマズの未来観測

●バイデン新政権発足 随所に潜む急落リスク、楽観は禁物だ(126p)


■マネーの達人に学ぶ お金に強い子供の育て方

●イー ・ カンパニー 代表 ファイナンシャルプランナー 八木陽子さんマネー教育は実体験が何より重要。 頭に詰め込むより、学びがある(128p)


■マルトクセレクション

●非対面契約 ・ 手続きが拡大 ほか(131p)


■特許で騰がる株を探せ! 工藤特許探偵事務所 Special

●新型コロナ対策やEVも守備範囲 「繊維 ・ フィルム」 関連の技術割安株(132p)


■山本伸のネクスト爆騰銘柄

●半導体、環境、親子上場 株価材料満載の爆騰期待3銘柄(134p)


■関大介のREITウオッチ

●逆風ホテル型の価格堅調 分配金回復期待は本物か(136p)


■最新! 投信ランキング

●騰落率ランキング 首位は年125%上昇(137p)


■佐々木明子のモーサテ日記

●急ピッチで進む 「脱炭素」 への取り組み。 理想と現実のはざまで企業は(138p)


■生保損保 業界ウオッチ

●安全運転で保険料が安くなる テレマティクス保険が続々(139p)


■ネット証券DATA

●2月3日現在(10%税込み表記) (140p)


■マネー ・ データバンク

●2月8日現在(142p)


■Readers’ FORUM

●2021年にチャレンジしたいこと(144p)


■Money Books

●格差のない未来は創れるか? 今よりもイノベーティブで今よりも公平な未来 ほか(145p)


■別冊付録

●スマホ料金見直し&ネット証券活用術

参考価格: 750円 定期購読(1年プラン)なら1冊:713円

日経グループがお届けする、信頼できるマネー情報誌です!

  • 2021/01/21
    発売号

  • 2020/12/21
    発売号

  • 2020/11/20
    発売号

  • 2020/10/21
    発売号

  • 2020/09/19
    発売号

  • 2020/08/21
    発売号

最大
19%
OFF
送料
無料

ニューズウィーク日本版 Newsweek Japan

2021年03月02日発売

目次: Special Report
人民元研究
一足先にデジタル化する「RMB」の実力
中国の通貨は本当に米ドルを駆逐するのか
通貨 ドル支配の終わりと人民元時代の始まり
分析 基軸通貨への準備は万端
歴史 「弱小」人民元はこうして飛躍した
■タイムライン 人民元、国際通貨への足跡
視点 ドルと世界が迎える予測不可能な未来

◆ミャンマー軍はなぜ賭けに出た?
クーデター 暴挙に出た真の理由は組織の歴史から読み取れる

Periscope
SAUDI ARABIA 皇太子の「罪」認定でも制裁できない訳
UNITED STATES 「空爆」バイデンとイランの神経戦
HONG KONG 香港のコロナ対策を阻む政府不信
GO FIGURE コロナワクチンの副反応は心配無用?

Commentary
英国 偉人像攻撃の耐えられない単純さ──コリン・ジョイス
科学 火星開発は人類生存のため──クリストファー・メーソン
アメリカ 党内対立が民主党を強くする──サム・ポトリッキオ
Superpower Satire 風刺画で読み解く「超大国」の現実
保守派大スターの負の遺産──ロブ・ロジャース&パックン
Economics Explainer 経済ニュース超解説
ファミマが開く金融新時代の扉── 加谷珪一
Help Wanted 人生相談からアメリカが見える
不倫で生まれた娘に真実を話すべき?
Wrong Words その言葉への違和感
かくも悪質な「差別発言は冗談」論── 望月優大
Japanese Cinema Notes 森達也の私的邦画論
衝撃の初ジブリ体験は『風の谷のナウシカ』── 森達也

World Affairs
紛争 さらば、祖国アフガニスタンよ
国境問題 インドはどうやって中国を撃退したのか

Features
米政治 ポスト・トランプの隠しきれない野心

Life/Style
Movies ジョディ・フォスターの新作が最高に政治的な訳
Movies 何が歌姫ブリトニーを追い詰めたのか
Movies ディズニー伝説的悪役の知られざる過去
Books 「フランス式」が許した少女への虐待
Art 草間彌生のアートを追って世界中を旅したい
My Turn 警官として助けた女の子が家族になるまで

Picture Power
移民の祖国が払う高い代償

Tokyo Eye 外国人リレーコラム── 李娜兀
「女子東大生」が少ない本当の理由

参考価格: 480円 定期購読(月額払いプラン)なら1冊:389円

日本だけのニュースを読むか、世界と同じニュースを読むか。世界と同じニュースを読む!それが、ニューズウィーク・バリュー

  • 2021/02/24
    発売号

  • 2021/02/16
    発売号

  • 2021/02/09
    発売号

  • 2021/02/02
    発売号

  • 2021/01/26
    発売号

  • 2021/01/19
    発売号

9 週刊東洋経済

東洋経済新報社

最大
46%
OFF
送料
無料

週刊東洋経済

2021年03月08日発売

目次: 【第1特集】コロナ倒産 最終局面
資金不足企業が続出! 急増必至のコロナ倒産

Part1 危ない企業のカウントダウン
吹き飛んだインバウンド需要と上場の夢 負債額最大のコロナ破綻
[ホテル・観光]名門が相次いで資産売却 Go Toでも救えぬ惨状
[外食] 債務超過企業が続出 「悪魔の増資」に走る居酒屋
[アパレル]「レナウンの次」はどこだ? テレワーク普及で窮地
消えない「三越銀座店売却」 百貨店を襲う閉店ラッシュ
[エアライン] 繰延税金資産取り崩しの最悪シナリオ ANAが抱える2つの時限爆弾
社債が紙くずに、地銀も被害 ユニゾ倒産のカウントダウン
緊急事態宣言ショック 揺らぐ銀座の灯
あえて銀座に出店する人々
人員削減に事業、不動産も相次ぎ売却 吹きすさぶリストラの嵐

Part2 危ない企業の見抜き方
金融のプロが伝授する4カ条 倒産予備軍を見破れ
融資増の裏で膨らむリスク 「不良債権爆弾」を恐れる銀行
危険水域企業はここだ! 倒産危険度ランキング504社
継続性にイエローカード 疑義注記&重要事象会社一覧

【第2特集】資生堂「魚谷体制」の光と影
「魚谷改革」と企業文化の摩擦
コロナ禍で7年ぶり最終赤字に 守りを鮮明にした資生堂 看板ブランド売却へ

スペシャルリポート
福島原発事故から10年 終わりなき廃炉の道のり
「拙速な作業を懸念。廃炉の最終形の明示を」 日本原子力学会 福島第一原子力発電所廃炉検討委員会委員長 宮野 廣

ニュース最前線
米長期金利急騰で株価下落 一服でも拭えない不透明感
希代のカリスマが退任 スズキが立ち向かう難局
社員の新聞補助に大ナタ 朝日新聞、赤字への危機感

連載
|経済を見る眼|リモートで実現する副業人材の戦略活用|柳川範之
|ニュースの核心|ミャンマーのクーデターとアジアの経験|福田恵介
|発見!成長企業|大阪有機化学工業
|会社四季報 注目決算|今号の4社
|トップに直撃|ブリヂストン 取締役 代表執行役 Global CEO 石橋秀一
|フォーカス政治|民意がカギ握る菅首相の「引き際」|塩田 潮
|グローバル・アイ|見えた8つのトレンド コロナで世界はこう変わる|ジム・オニール
|INSIDE USA|始まった脱シリコンバレー コロナで加速「テックジット」|瀧口範子
|中国動態|子ども激減、「二人っ子政策」で論争|伊藤亜聖
|財新|アリババが4年ぶりに巨額社債を発行/中国初の「カーボンニュートラル債」発行
|マネー潮流|はしゃぎすぎ? スーパーサイクル論|高井裕之
|少数異見|コロナとトランプが生んだ「孝行息子」の正体
|企業事件簿 |粉飾アレンジャー 不振企業に食らいつくハイエナ|高橋篤史
|知の技法 出世の作法|ロシア外務省情報局長の対日発言をどう読むか|佐藤 優
|経済学者が読み解く 現代社会のリアル|一律10万円の給付金で家計消費は増えたのか|久保田 荘、大西宏一郎、遠山祐太
|リーダーのためのDX超入門|ソフトバンクG・ニトリが大学と組んだ理由|山本康正
|話題の本|『飯舘村からの挑戦』著者 田尾陽一氏に聞く ほか
|経済クロスワード|企業の倒産
|人が集まる街 逃げる街|北海道 函館市|牧野知弘
|編集部から|
|読者の手紙 次号予告|

定期購読(1年(デジタルサービス付き)プラン)なら1冊:560円

ビジネスリーダー必携の総合経済誌 『週刊東洋経済』

  • 2021/03/01
    発売号

  • 2021/02/22
    発売号

  • 2021/02/15
    発売号

  • 2021/02/08
    発売号

  • 2021/02/01
    発売号

  • 2021/01/25
    発売号

日本最大級の雑誌取り扱い数!
定期購読の利用数100万人以上!
定期購読とは
雑誌を予約することで毎号ご自宅へお届けします!売り切れの心配なし♪
もっと詳しく ▶︎
タダ読みサービス
無料で雑誌が読み放題♪今日発売のあの雑誌も。
もっと詳しく ▶︎
法人サービス
雑誌を年間5万円以上ならお得な法人プレミアムサービスで!
もっと詳しく ▶︎
アフィリエイト
あなたのサイトで雑誌をおすすめしてみませんか?
もっと詳しく ▶︎
カテゴリ一覧
女性ファッション 雑誌
きれいめ・大人カジュアル系 雑誌 モード系・コレクション 雑誌 フェミニン系 雑誌 ママ・主婦 雑誌 コンサバ系 雑誌 ナチュラル系 雑誌 カジュアル系 雑誌 オフィスカジュアル 雑誌 子ども・キッズファッション 雑誌 ガーリー系 雑誌 ティーンズファッション 雑誌 原宿系 雑誌 着物・和服 雑誌 ギャル系 雑誌 セレブ系 雑誌 森ガール系 雑誌
メンズファッション 雑誌
メンズきれいめカジュアル 雑誌 モノ・グッズ 雑誌 メンズカジュアル 雑誌 ストリートファッション系 雑誌 スーツ・トラッド系 雑誌 アメカジ 雑誌 オラオラ系・お兄系 雑誌 腕時計・ブランド 雑誌 古着系 雑誌
ビジネス・経済 雑誌
経営・マネジメント 雑誌 海外事情・国際ニュース 雑誌 政治 雑誌 マネー・投資 雑誌 ビジネス・経済専門誌 求人・転職情報誌 法律・法務 雑誌 環境・エネルギー 雑誌 広告・マーケティング 雑誌 流通・小売 雑誌 人事・総務 雑誌 四季報 外食・ホテル業界 雑誌 会計・税務・経理 雑誌 農業・畜産・漁業 雑誌 飲食店経営・調理師 雑誌 金融 雑誌 貿易 雑誌 地方自治・行政 雑誌 起業・独立開業 雑誌 企業年鑑・データ 業界データブック 自己啓発 雑誌 ビジネスCD・通信教育 株・FX 雑誌 就職・就活 雑誌
健康・生活 雑誌
子供・児童学習 雑誌 子育て・育児 雑誌 家事・生活情報 雑誌 健康・家庭医学 雑誌 住宅・リフォーム 雑誌 住宅情報・賃貸 雑誌 インテリア・雑貨 雑誌 田舎暮らし・エコ・スローライフ 雑誌 結婚情報・ウェディング 雑誌 絵本・大型絵本 妊婦・赤ちゃん 雑誌
スポーツ 雑誌
サッカー・フットサル 雑誌 高校野球・プロ野球 雑誌 ゴルフ 雑誌 その他球技・競技 雑誌 釣り 雑誌 相撲・武術・武道 雑誌 筋トレ・ボディビル 雑誌 ダイビング・マリンスポーツ 雑誌 スノーボード・スキー 雑誌 ランニング・ウォーキング 雑誌 テニス・卓球 雑誌 バレエ・社交ダンス 雑誌 スポーツ医学・コーチング 雑誌 自転車・サイクリング 雑誌 サーフィン・ボディーボード 雑誌 バスケットボール 雑誌 F1・モータースポーツ 雑誌 ダンス 雑誌 プロレス・格闘技 雑誌 ボクシング 雑誌 水泳・ボート 雑誌 ラグビー・アメフト 雑誌
バイク・自動車・乗り物 雑誌
オートバイ 雑誌 カスタムカー・バイク 雑誌 外車・輸入車 雑誌 4WD・RV 雑誌 新車・ニューモデル情報 鉄道・電車 雑誌 飛行機・航空機 雑誌 中古車・中古バイク 雑誌
芸能・音楽 雑誌
テレビガイド・番組表 雑誌 音楽情報誌 エンタメ 雑誌 DVD(ビデオ)マガジン 映画・シネマ 雑誌 韓国(韓流・K-POP) 雑誌 ピアノ・クラシック 雑誌 ギター・ロック 雑誌 演劇・舞台 雑誌 洋楽 雑誌 ジャズ(JAZZ) 雑誌 ジャニーズ 雑誌 グラビア・アイドル 雑誌 写真週刊誌・ゴシップ 雑誌 写真集
グルメ・料理 雑誌
レシピ 雑誌 グルメガイド・レストラン 雑誌 お酒(ワイン・日本酒など) 雑誌 栄養学・食育 雑誌 パン・スイーツ 雑誌
旅行・タウン情報 雑誌
京都・関西 雑誌 関東 雑誌 東京(TOKYO) 雑誌 九州 雑誌 東海 雑誌 東北 雑誌 北海道 雑誌 北陸・信越 雑誌 中国地方 雑誌 四国 雑誌 沖縄情報 雑誌 旅行情報誌 温泉 雑誌 リゾート・レジャー 雑誌 タイ・アジア 雑誌 ハワイ 雑誌 その他 海外情報 雑誌 鉄道・バス時刻表本 航空時刻表
アニメ・漫画 雑誌
少年コミック・漫画 少女コミック・漫画 青年コミック・漫画 レディース(女性)コミック アニメ 雑誌 声優 雑誌 comics&アメコミ ディズニー・キャラクター 雑誌 コスプレ 雑誌 BL(ボーイズラブ)コミック・雑誌
ペット・動物 雑誌
犬 雑誌 猫 雑誌 トリマー・ペット業界 雑誌 魚・熱帯魚 雑誌 昆虫 雑誌 ペットその他 雑誌
文芸・総合 雑誌
女性総合誌 男性総合誌 カルチャー・文化 雑誌 文芸誌・小説 雑誌 時事・社会 雑誌 機内誌 宗教 雑誌 歴史・史学 雑誌 思想・心理学 雑誌 俳句・短歌・詩 雑誌 占い・開運 雑誌 書道 雑誌
趣味・芸術 雑誌
デザイン・アート 雑誌 プラモデル・模型 雑誌 ガーデニング・園芸 雑誌 手芸・ハンドメイド 雑誌 パズル・クイズ 雑誌 ナンプレ・数独 雑誌 クロスワード・ナンクロ 雑誌 ミリタリー・サバゲー 雑誌 競馬・競輪・競艇 雑誌 オーディオ・ステレオ 雑誌 アウトドア・キャンプ 雑誌 カメラ・写真 雑誌 分冊百科・ワンテーママガジン 将棋・囲碁 雑誌 イラスト・グラフィックデザイン 雑誌 建築・住宅建築 雑誌 陶芸・骨董 雑誌 ラジオ・無線 雑誌 ゲーム 雑誌 フィギュア・ホビー 雑誌 DIY・工具 雑誌 パチンコ・パチスロ 雑誌 ハイキング・登山 雑誌 麻雀 雑誌
ヘアカタログ・美容 雑誌
メイク・ネイル 雑誌 フィットネス 雑誌 ヘアスタイル 雑誌 ヨガ 雑誌 美容専門誌 ダイエット 雑誌 アロマ 雑誌
看護・医学・医療 雑誌
ナース 雑誌 介護・福祉 雑誌 医療技術 雑誌 薬学 雑誌 臨床外科 雑誌 臨床内科 雑誌 医療時事 雑誌 歯科 雑誌 獣医学 雑誌 理学療法 雑誌 その他 医学雑誌
教育・語学 雑誌
その他 NHKテレビ・ラジオテキスト NHK語学テキスト 幼児教育 雑誌 小学生教育 雑誌 中学教育 雑誌 高校教育 雑誌 受験・留学 雑誌 試験問題集・資格 雑誌 日本語学習 教材 ハングル・韓国語学習 教材 中国語学習 教材 リスニング教材・語学CD 英語教育・英会話 教材 フランス語学習 教材 ドイツ語学習 教材 スペイン語学習 教材 その他 語学雑誌 教員・教師 雑誌 通信・教育講座
テクノロジー・科学 雑誌
宇宙・天文 雑誌 機械 雑誌 化学 雑誌 情報処理 雑誌 地球科学・環境問題 雑誌 生物・生物学 雑誌 数学・物理 雑誌
パソコン・PC 雑誌
コンピューター・自作PC 雑誌 ネットワーク・セキュリティ 雑誌 Webデザイン・プログラミング 雑誌 DTP・グラフィック 雑誌 アプリ・スマホ 雑誌 インターネット 雑誌 Mac・マック 雑誌
新聞・業界紙
英字新聞 業界新聞・専門紙 新聞縮刷版 切り抜き・クリッピングマガジン 全国紙(新聞) 中国語 新聞・業界紙 地方紙(新聞)
洋(海外)雑誌
English newspaper Science&Nature Magazines Language&Education Magazines Money&Business& Magazines Fashion&Style Magazines others Design&Architecture Magazines Hobby&Entertainment Magazines Home&Interior Magazines Computers&Electronics Magazines バイリンガルマガジン・雑誌
中国雑誌
中国 ビジネス・経済 雑誌 中国 旅行・タウン情報 雑誌 中国 趣味・芸術 雑誌 中国 看護・医学 ・医療 雑誌 中国 文芸・総合 雑誌 中国 教育・語学 雑誌 中国 テクノロジー・科学 雑誌 中国 スポーツ 雑誌 中国 ファッション 雑誌 高等文化院校学報 高等理工学院学報 中国 バイク・車・乗り物 雑誌 中国 健康・生活 雑誌 中国 学生・こども向け 雑誌
その他
その他 雑誌