I LOVE MAGAZINES!キャンペーン |500誌以上の雑誌が最大50%OFF!
週刊新潮 2024年3/28号 (発売日2024年03月21日) 表紙
  • 雑誌:週刊新潮
  • 出版社:新潮社
  • 発行間隔:週刊
  • 発売日:毎週木曜日
週刊新潮 2024年3/28号 (発売日2024年03月21日) 表紙
  • 雑誌:週刊新潮
  • 出版社:新潮社
  • 発行間隔:週刊
  • 発売日:毎週木曜日

週刊新潮 2024年3/28号 (発売日2024年03月21日)

新潮社
【特集】大学ご卒業 「愛子さま」躍進に「紀子妃」の歯ぎしり▼妃殿下の代役「宮中ランチデビュー」で称賛されなぜこんなに違うのか
【特集】“同期の桜” 「大谷翔平」と「羽生結弦」の“明”と“暗”/歌舞伎...

週刊新潮 2024年3/28号 (発売日2024年03月21日)

新潮社
【特集】大学ご卒業 「愛子さま」躍進に「紀子妃」の歯ぎしり▼妃殿下の代役「宮中ランチデビュー」で称賛されなぜこんなに違うのか
【特集】“同期の桜” 「大谷翔平」と「羽生結弦」の“明”と“暗”/歌舞伎...

ご注文はこちら

2024年03月21日発売号単品
キャンペーン
定期購読でご注文
ギフト券
5/31まで!1000円OFF
送料: 込み
2024年05月23日発売号から購読開始号が選べます。
定期購読なら買い逃しなく、毎号お手元にお届けいたします。

週刊新潮 2024年3/28号 (発売日2024年03月21日) の目次

【特集】大学ご卒業 「愛子さま」躍進に「紀子妃」の歯ぎしり▼妃殿下の代役「宮中ランチデビュー」で称賛されなぜこんなに違うのか
【特集】“同期の桜” 「大谷翔平」と「羽生結弦」の“明”と“暗”/歌舞伎町ラブホの“性倫”ばかりか政倫も怪しい……
もうひとつの遠野物語 「赤ベンツ不倫」広瀬めぐみ議員の「幽霊公設秘書」疑惑/元子役スター【特集「間下このみ」に“子ども連れ去り”離婚訴訟 ついに「共同親権」審議入りの理由
ノンフィクション作家 西牟田 靖
【特別読物】【レスリング】土性沙羅 【マラソン】小鴨由水「女性オリンピアン」が語る「第2の人生」/ノンフィクション・ライター西所正道
【特別読物】高齢者は8時間以上寝ると寿命が縮む!? 
10年ぶり指針改訂 世代で違う「睡眠時間と死亡リスク」
【ワイド】神様はお見通し ▼“白鵬追放”の急先鋒 協会ナンバー3「春日野親方」も「暴力隠蔽」▼宮司が独裁で「神社本庁」離脱「鶴岡八幡宮」内部はゴタゴタ▼格闘家と破局「川口春奈」が試される「明石家さんま」▼能登大地震「日本航空石川」 センバツナインの「段ボールベッド」生活
【テンポ】▼万博相を狙う? 維新の本気▼株高で年配者がお金を使い出す▼ソフィー・マルソーも性被害騒動
モンゴル人の物語 百田尚樹
【特集】『不適切にもほどがある!』の適切な楽しみ方 クドカンが「コンプラ社会」に一石!
■■■ コラム ■■■
日本ルネッサンス/櫻井よしこ
生き抜くヒント!/五木寛之
変見自在/高山正之
曖昧礼讃ときどきドンマイ/横尾忠則
インテリジェンス『孫子』入門 不敗の哲学/佐藤 優
スジ論 わたしのルールブック/坂上 忍
誰の味方でもありません/古市憲寿
私の週間食卓日記/黒井文太郎
TVふうーん録/吉田 潮
この連載はミスリードです/中川淳一郎
医の中の蛙/里見清一
アスリート列伝 覚醒の時/小林信也
それでも日々はつづくから/燃え殻
危機下の頓珍会議室/田中優介
全知全脳/池谷裕二
歴史のしっぽ 古都の歩き方/澤田瞳子
気になる一手/渡辺 明・吉原由香里
夏裘冬扇/片山杜秀
「昭和歌謡」残響伝/タブレット純
知られざる国旗の世界/吹浦忠正
俺は健康にふりまわされている/宮川サトシ
※「だんだん蜜味」は都合により休載いたします。
■■■ 小 説 ■■■
三島屋変調百物語十之続 猫の刻参り/宮部みゆき
逃亡者は北へ向かう/柚月裕子
元NHK岩田明子の貴方にスポットライト 平野レミ 料理愛好家・シャンソン歌手
■■■ グラビア ■■■
・記念日の晩餐
・優越感具現化カタログ
・新潮グルメ直送便
▼掲示板
▼文殊のストレッチ
▼結婚
▼墓碑銘
▼黒い報告書/蜂谷 涼
▼Bookwormの読書万巻/柴山桂太
▼新々句歌歳時記(嵐山光三郎・俵 万智)
▼スクリーン ▼テレビジョン ▼ガイド

週刊新潮の内容

  • 出版社:新潮社
  • 発行間隔:週刊
  • 発売日:毎週木曜日
文芸出版社から発行される総合週刊誌
「週刊新潮」は1956年(昭和31年)2月に、出版社が出す初めての週刊誌として創刊されました。50年という長い時を経ても、「週刊新潮」の編集方針は、創刊当時から全くと言って良いほど変わっていません。何より、文芸出版社から発行される週刊誌として、常に「人間という存在」を強く意識した記事作りをしています。それはまさに「殺人事件を文学としてとらえる」ことでもあります。偽善を嫌い、人間の本質に切り込む姿勢は、時に「世の中を斜めからシニカルに見ている」と評されることもあります。また、皇室、学界、右翼、左翼、宗教団体、暴力団、日教組、動労……時代により、その対象は変わりますが、あらゆる“タブー”に挑む姿勢も一貫しています。最近では、「加害者の方が、被害者より手厚く保護されている」という少年犯罪の不可解な“タブー”を問題にし、少年法が改正されるに至っています。世の中が左に振れても右に振れても、「週刊新潮」は常に変わらぬ主張を堅持し、その一貫した姿勢が読者に支持されてきました。今後もマスコミ界の「剣鬼」として、「魔剣や凶刃」に磨きをかけていきたいと思っています。

週刊新潮の目次配信サービス

週刊新潮最新号の情報がメルマガで届く♪ メールアドレスを入力して登録(解除)ボタンを押してください。

※登録は無料です
※登録・解除は、各雑誌の商品ページからお願いします。/~\Fujisan.co.jpで既に定期購読をなさっているお客様は、マイページからも登録・解除及び宛先メールアドレスの変更手続きが可能です。
以下のプライバシーポリシーに同意の上、登録して下さい。
おすすめの購読プラン

この雑誌の読者はこちらの雑誌も買っています!

週刊新潮の所属カテゴリ一覧

Fujisanとは?

日本最大級雑誌の定期購読サービスを提供

デジタル雑誌をご利用なら

最新号〜バックナンバーまで7000冊以上の雑誌
(電子書籍)が無料で読み放題!
タダ読みサービスを楽しもう!

総合案内
マイページ
マイライブラリ
アフィリエイト
採用情報
プレスリリース
お問い合わせ
©︎2002 FUJISAN MAGAZINE SERVICE CO., Ltd.