I LOVE MAGAZINES!キャンペーン |500誌以上の雑誌が最大50%OFF!

新ハイキング 発売日・バックナンバー

全192件中 121 〜 135 件を表示
607円
暑かった夏山の思い出にひたっていたら、今年の山歩きも終わりが近づいてきました。初冬の山には冬ならではの楽しみ方があります。太平洋側の地方では晴天の日が多くなりますから、あまり高くない山に出かけて、枯葉が落ちて見通しが良くなった樹間から眺望を楽しみましょう。

[花との出会い]
ナリヤラン(ラン科)・・・内山 裕

[山からの便り]
挿絵:高尾・城山茶屋
霧氷の花咲く 物見山・・・柴崎 文夫

[随想]
霜月祭・・・岡部 紀正
経ケ岳が怒っている・・・須田 漢一
カモシカとの出会い・・・近藤 雅幸
『バリエーションルートを楽しむ』新・・・自社広告

[特集]冬枯れの山を味わう
物語山からトヤ山・・・岡田 敏夫
石老山から高塚山・・・甲野 啓一
東蓬来山・・・遠藤 明彦
上州三峰山・・・後藤 信雄
高谷山・・・柴田 篤志
喜右衛門尾根から聖尾根へ・・・箱田 孝光
高太石山・白馬石山・戦山・・・岡本 明
都留与縄・日影山・・・小倉 修
醍醐丸から吊尾根―市道山へ・・・山中 美子
高床山・・・伊藤 慎一

[紀行ほか]
初冬の青麻山―あけら山・・・蒲生 章
男体山から白木山―高崎山・・・中﨑 髙志
金勝山から鷲丸山・・・町田 尚夫
棒ノ嶺―長尾丸山―日向沢ノ峰・・・金野 光郎
天城・二本杉歩道・・・鈴木 眞弓
雪の金峰山・・・植手 崇文
大同心稜から横岳へ・・・上村 幸司
エンジェルズランディング・・・富田 彰
七福神の由来・・・窪田 弘

[おすすめガイド 12コース]
1. 雪入山と竜ケ峰・・・高木 康雄
2. 戸神山・・・前島 義弘
3. 物見山―仙元山・・・宇山清太郎
4. 久須美坂から大高山・・・阿部 稔
5. 天覧山から多峯主山・・・森田俊男
6. 金堀沢からミカン園へ・・・大久保 恵
7. 裏鋸山・・・佐々木 寛
8. 大界木山―畦ケ丸・・・窪田 弘
9. 順礼峠―白山・・・伊東 守
10. 伊東七福神・・・坂本 勇
11. 岩殿山から花咲山・・・稲葉 克巳
12. 荒倉山・・・岡村 憲明
13. 富士見岳・・・松浦 理博
14. 飯道山・・・藤宗 正彦
607円
北の国や高い山から初雪の便りが次々に届いて、いつの間にか、冬が間近になっているようです。でも、平地では秋の色がまだまだ残っています。関東地方を中心に、遠出をしなくても、もみじ狩りを楽しめる低山や渓谷、そして山上の湖水を訪ねてみましょう。

[花との出会い]
アキノハハコグサ(キク科)・・・内山 裕

[山からの便り]
挿絵:上高地から焼岳
安倍山系の最高峰・山伏・・・牟田口和子

[随想]
50歳からの沢歩き・・・成島よし子
小河内ダム50周年と川野車人形・・・渡邊 唯夫
『山の絵本』・・・山口 佳延
石割山―巨石の伝説・・・須田 漢一
名山の名山たる所以・・・近藤 雅幸
ライム病―足のトラブル・・・竹内 和義

[特集]近くで楽しむもみじ狩り
土岳と花貫渓谷・・・高木 康雄
竜ケ岳と目指岳・・・岡本 明
月居山から袋田の滝・・・高波 操
小佐飛山・・・藤田 謙三
子持山・・・後藤 信雄
有間山を越えて浦山へ・・・加藤 恒彦
海沢から大岳山・・・酒井 晴永
芦ノ湖西岸歩道・・・伊佐 泰治
吹切尾根・馬立峠から大丸へ・・・小倉 修
仁科峠から猫越岳―三蓋山・・・鈴木 眞弓

[紀行ほか]
歩き遍路へのアドバイス(下)・・・権田 英定
蒲生岳の新登山道・・・鈴木 澄雄
徳網山・・・蒲生 章
米山と鋸山・・・箱田 孝光
立場岳・・・柴田 篤志
野登山と仙ケ岳・・・佐々木 寛
比叡山回峰道・・・山崎 毅
焼岩と大岩・・・猪俣恵美子
普賢岳と経ケ岳―多良岳・・・飯田 三恵子
チリ エル・プロモ山・・・小林 潤也

[おすすめガイド 12コース]
1. 栄蔵室と花園山―花園神社・・・鳥羽 健次
2. 長久保坂―久々戸越え・・・山口ゆき子
3. 杉並・科学と自然の散歩みち・・・植村 三郎
4. 青柳崖線から矢川緑地へ・・・奥 貴男
5. 興津海岸から鵜原理想郷・・・内田 栄一
6. 舟山と木枯ノ森・・・松浦 理博
7. 表日光・大笹山・・・木地 賢一
8. いたち川から「追越」「天台山」三角点・・・熊谷 松治
9. 手賀沼周辺・・・川人 順太郎
10. 大鐘山・・・金野 光郎
11. 駿河・矢倉山と白岩寺山・・・山口千枝子
607円
遠い山の頂がほんの少し白くなったと思ったら、秋は駆け足で麓におりてきます。好天をもたらしてくれる高気圧の動きを見極めて、紅葉狩りの山歩きに行きませんか。ブナの黄色、ナナカマドの真紅、そして、草紅葉の高層湿原や、樹間から見上げる滝も素晴らしいですよ。

[花との出会い]

ワタラセツリフネソウ(ツリフネソウ科)・・・内山 裕
[山からの便り]

白山屋堂平から別山

ポルトガル 岩山の町・・・島田 純吉
[随想]

ヴァリエーションルートこそ山登りの原点・・・的場 大祐
山の果実酒・・・鷲頭 隆
ヒラタケ・・・小川モトエ
[特集]紅葉を踏みわけ高嶺へ

森吉山・・・山崎 舞
小阿寺沢口から後烏帽子岳・・・蒲生 章
布滝―百貫清水―デコ平湿原・・・関根 茂子
大真名子山―小真名子山・・・山中 美子
黒檜岳―三俣山から松木渓谷へ・・・久曽神皐浩
鳥甲山・・・後藤 信雄
白馬大池―雪倉鉱山道・・・北原 兼幸
天狗原山から金山・・・岡田 敏夫
大猫山・・・鷲頭 隆
赤谷山・・・伊藤 慎一
南会津・台倉高山・・・中﨑 髙志
米子瀑布と志賀高原温泉めぐり・・・三宅 紘子
秋色の槍ケ岳を撮る・・・砂小原 隆
[紀行ほか]

歩き遍路へのアドバイス(上)・・・権田 英定
白井差新道から両神山・・・森田 武
水松山南東尾根から天祖山・・・松浦 隆康
苺平から大馴鹿峠―千頭星山・・・飯田 三恵子
沢口山・朝日岳・前黒法師岳・・・高羽 秀徳
大日ケ岳と鷲ケ岳・・・箱田 孝光
日野山と吉野ケ岳・・・石森 長博
東海道新幹線から山座同定(5)米原=新大阪・・・富田 彰
尾鷲から大台ケ原へ・・・猪俣恵美子
[おすすめガイド 12コース]

1. 篭岩山・・・鳥羽 健次
2. 日光・戊辰の道・・・早崎 嶺子
3. 金時山から夕日の滝へ・・・竹内 和義
4. 鶴峠―奈良倉山―西原峠・・・小林 経雄
5. 古部山から三角コンバ・・・川人順太郎
6. 乾徳山・・・鶴野 紘一
7. 雨乞岳・・・助廣 弘子
8. 愛鷹・越前岳・・・坂本 勇
9. 古峠から旧天城峠・・・鈴木 眞弓
10. 山伏―七面山・・・岡村 憲明
11. 恵那山から神坂峠・・・鈴木 一雄
12. 天蓋山 ・・・北村 武彦
607円
日本海に沿う福井県・石川県・富山県・新潟県の山は、日本有数の豪雪地帯だけあって、標高はそれほど高くなくても山容はそれぞれにユニークです。
この地方の歴史は太平洋沿いの東海地方よりはるかに古いといわれ、長年にわたって信仰登山の対象となってきた由緒ある山がいくつもあります。

[花との出会い]
オンガタヒゴタイ(キク科)・・・内山 裕

[山からの便り]
百花繚乱・池ノ平・・・柴崎 文夫
東海道新幹線から山座同定④豊橋=米原・・・富田 彰
山のレポート
削られる山・武甲山の30年・・・鈴木 澄雄
白花のトリカブト・・・小川モトエ

[随想]
わがロマンの山旅を・・・山本 佗介
猛禽類の狩・・・森田 武
峰谷の人・・・渡邊 唯夫
熊をはねた車・・・近藤 雅幸

[特集] 越前・越中・越後の山
文殊山と越知山・・・石森 長博
早月尾根―剱岳―別山尾根・・・金子 雅孝
越中駒ケ岳・・・鷲頭 隆
鉾ケ岳から権現岳へ ・・・佐々木 寛
神奈山・・・木地 賢一
大源太山・・・新井 昇
宝蔵山から白山・・・岡本 明
焼峰山の岩尾根を歩く・・・箱田 孝光
蒜場山・・・中﨑 髙志

[紀行ほか]
コケモモ(富士山・奥庭にて)
芦別岳・十勝岳・富良野岳・・・高木 康雄
乳頭山から三ツ石山・・・三宅 紘子
初秋の八甲田山・・・柴田 篤志
八幡平温泉三昧・・・飯田三恵子
東天狗岳―ミドリ池―稲子湯・・・関根 茂子
戸隠表山縦走・・・後藤 信雄
東山道内村道から保福寺峠へ・・・近藤 雅幸
光岳―加加森山―池口岳・・・竹田 賢一

[おすすめガイド 9コース]
1. 糠平富士とウペペサンケ山・・・石川 洋右
2. 羊蹄山・・・鳥羽 健次
3. 朝日連峰・三体山・・・蒲生 章
4. 田代山と三依山・・・藤宗 正彦
5. 毛無峠から御飯岳・・・岡田 敏夫
6. 菰釣山から山中湖へ・・・鶴野 紘一
7. 秋山二十六夜山・・・伊東 守
8. セイメイバン東尾根から岩殿山・・・松浦 隆康
9. 平和の森公園から実相院へ・・・植村 三郎
607円
夏山の醍醐味といえば、岩稜が続く日本アルプスの縦走。その中でも、この時期の北アルプスは花が美しい上に、天候も安定して、スケールの大きな山登りを楽しむことができます。交通便利なポピュラーコースから味わい深いルートまで、中ア・南アを含めてバラエティー豊かに紹介します。

[花との出会い]
シロバナサンプクリンドウ(リンドウ科)・・・内山 裕

[随想]
心に残る山登りを・・・伊佐九三四郎
懐の深い編笠山・・・須田 漢一
75歳の「青春」・・・窪田 弘

[特集]アルプスの岩稜をたどる
燕岳―大天井岳―常念岳―蝶ケ岳・・・上野 和夫
船窪岳―不動岳―烏帽子岳・・・菅原 郁也
朝日岳―白馬岳―阿曽原温泉・・・山崎 昇
栂海新道を日本海へ・・・竹田 賢一
立山三山縦走・・・山中 美子
槍平―南岳―奥穂高岳―前穂高岳・・・島田 純吉
霞沢岳・・・椎谷 明司
御嶽山・・・中﨑 髙志
三沢岳から茶臼山・・・藤宗 正彦
小太郎山から北岳・・・遠藤 明彦
剱岳―立山・・・砂小原 隆
薬師岳―黒部五郎岳―鷲羽岳―水晶岳・・・後藤 信雄

[紀行ほか]
武華山と平山―比麻良山・・・川越はじめ
南日高・野塚岳・・・久曽神皐浩
若女平から西吾妻山へ・・・蒲生 章
鷹ノ巣沢 遡行・・・箱田 孝光
恵能野川からアモウ沢乗越・・・松浦 隆康
晩夏の妙高山・・・藤本 一美
大ぼっこから坊寺山へ・・・関根 茂子
白岩岳・・・澤田 治之
東海道新幹線から山座同定(3)静岡=豊橋・・・富田 彰

[おすすめガイド 9コース]
会津駒ケ岳・・・前川 整洋
角田山・浦浜コース・・・伊藤 慎一
谷川岳東面の展望コース・・・越地 力蔵
高原山・明神岳・・・小倉 孝康
日光・清滝から長坂の滝へ・・・阿部 稔
荒船山-御岳-兜岩山・・・松浦 理博
富士宮口から富士山・・・前島 義弘
アサヨ峰・・・佐々木 寛
北横岳―蓼科山・・・山崎 毅
607円
夏の山歩きの楽しみは、なんといっても高山に咲き乱れる花々の観賞でしょう。特に東日本・北日本は冬の気候が厳しい分、夏に咲き競う花の美しさは格別です。
知床、日高、大雪など北海道、そして岩木山、月山、早池峰など東北の各地をめぐる花の山旅をお楽しみください。

[花との出会い]シレトコスミレ(スミレ科)・・・内山 裕

[随想]
黒部・平ノ小屋・・・上野 和夫
烏水コレクション・・・岡部 紀正
秘めやかな同居者 ヤモリ・・・鷲頭 隆
思い立ったらサイクリング・・・斎藤 憲

[特集]北の山は花ざかり
幌尻岳から伏美岳へ・・・三宅 紘子
斜里岳と羅臼岳・・・佐々木 寛
知床岳・・・川越はじめ
旭岳と後旭岳・・・上野 和夫
札内岳に登る・・・久曽神皐浩
岩木山に魅せられて・・・高田 敏幸
出羽三山の主峰 月山・・・松田 孝一
摩耶連峰・湯ノ沢岳―金峯山・・・蒲生 章
早池峰山から鶏頭山・・・岡本 明
南会津・駒止湿原・・・鈴木 澄雄
スイス・エンガディンのハイキング・・・内田 康男

[紀行ほか]
初夏の尾瀬ケ原・・・柴山 好浩
葛老山・・・木地 賢一
横篶尾根の東面コース・・・松浦 隆康
硫黄岳―横岳・・・飯田三恵子
北横岳から双子山・・・岡田 敏夫
黒姫山・・・後藤 信雄
八葉山・南宮山・岩岳・・・藤宗 正彦
東海道新幹線から山座同定②三島=静岡・・・富田 彰
富士講の聖地「人穴」・・・石森 長博
初めて富士山に登る支度・・・松浦 理博
一等三角点と日本百名山・・・窪田 弘

[おすすめガイド 9コース]
北海道・三国山・・・河田 充
焼石岳から東成瀬へ・・・中﨑 髙志
白笹山から南月山と沼原湿原・・・小倉 孝康
持小屋沢の滝・・・宇山清太郎
高山不動三滝めぐり・・・町田 尚夫
葛飾湧水群から八幡の薮不知・・・鈴木 一雄
霧ケ峰・山彦の南の峰・北の峰・・・山中 美子
三界山・・・甲野 啓一
荒島岳・・・前川 整洋
607円
北の山は、これから本格的に花の季節を迎えます。そして、ブナをはじめとする落葉樹の若葉の緑がいちだんと濃さを増していきます。稜線の雪はほとんど消えても、沢筋はまだ豊かな残雪が埋め尽くしています。麓では若葉を仰ぎ、山の上では花の饗宴を愛でる旅に出てみましょう。

[表紙]
新緑のブナ林(丹沢・檜洞丸 ツツジ新道)・・・鏑木 隆
[花との出会い]
シナノショウキラン(ラン科)・・・内山 裕
[随想]
谷川岳の遅い春・・・佐藤 光雄
子育ても山登りも・・・山中 美子
尊仏山荘日記に想う・・・窪田 弘

[特集]花と若葉にそまる
残雪とお花畑の焼石岳・・・岡本 明
天城連山縦走・・・岡部 紀正
大日岳から西俣ノ峰へ・・・猪俣恵美子
花の木六山に登る・・・箱田 孝光
七時雨山・・・宇田川建一郎
十勝幌尻岳・佐幌岳の旅・・・岡部 紀正
多摩川源流を歩く・・・牟田口和子
泉ケ岳と船形山・・・高木 康雄
日光・高山・・・藤田 謙三
一ツ石から大高山、ダン沢ノ頭・・・後藤 信雄
中山道信濃路(下)・・・権田 英定
残雪の高妻山を歩く・・・藤本 一美

[紀行ほか]
漁岳に沢から登る・・・久曽神皐浩
尾瀬ケ原からアヤメ平・・・岡田 敏夫
大蔵高丸から大鹿山へ・・・山中 美子
海沢不動ノ滝から鉄五郎新道・・・松浦 隆康
編笠山から西岳・・・高羽 秀徳
南木曽岳・・・飯田三恵子
東海道新幹線から山座同定①東京=新富士・・・富田 彰
村山修験の道・・・石森 長博
ガイド記事の対象読者とタイム表記・・・酒井 晴永

[おすすめガイド 14コース]
あじさい山・・・稲葉 克巳
八国山と花菖蒲・・・阿部 稔
市川国府台・・・宇山清太郎
南房総・御殿山・・・鈴木 一雄
大山・唐沢川・・・矢澤 孝二
西丹沢・不老山・・・横井 國春
源蔵尾根から檜洞丸・・・酒井 晴永
飛龍山・・・伊東 守
源氏山と大峠・・・石川 洋右
天狗山―男山・・・長橋 周平
三峰山-鉢伏山・・・松浦 理博
火打山・・・野口 正雄
刈羽黒姫山・・・新井 昇
竜宮―東電小屋―鳩待峠・・・中﨑 髙志
607円
いよいよ新緑が美しい季節です。「若葉前線」が南から北へ、山麓から稜線へ向けて駆け上がり、花々が山肌を美しく彩ります。とはいえ、5月は10月とともに、天候急変による遭難が多発しやすい時期。しっかりした雨具と、できれば一人一人がツェルトを用意していきましょう。

[表紙]
新緑の山肌(甲府市・曲岳にて)・・・岡部紀正

[随想]
春の下宿人 コアシナガバチ・・・鷲頭 隆
武田軍団 山道の名将・・・内田 栄一
怪峰と呼ばれた畦ケ丸・・・須田 漢一
檜洞丸 山頂の結婚式・・・古川 晶子
消えゆく山上集落・・・岩崎 和平

[特集]萌える翠の山稜へ
土湯温泉・沼めぐり・・・関根 茂子
加治川・大峰山・・・高波 操
ミズバショウの宝庫 斑尾高原・・・渡辺 貴光
佐渡島・ドンデン山―金北山・・・新井 昇
奥高尾横断・・・鈴木 澄雄
奥多摩・平溝から上成木へ・・・渡邊 唯夫
タワ尾根の小川谷側を歩く・・・松浦 隆康
ヨモギ尾根から雲取山へ・・・箱田 孝光
中山道信濃路(上)・・・権田 英定
天孫降臨の山 高千穂峰・・・佐々木 寛

[紀行ほか]
霊峰白山の魅力・・・石森 長博
僧ケ岳から毛勝山を経て大明神山へ・・・猪俣恵美子
至仏山と燧ケ岳・・・植手 崇文
飯豊を望む鏡山・・・岡本 明
こげえな山と大岩山・・・後藤 信雄
伊豆ケ岳東尾根からスルギ尾根へ・・・上村 幸司
丹沢表尾根縦走・・・加藤 恒彦
中山城とその周辺・・・内田 栄一
曲岳と黒富士・・・岡部 紀正
萱ダワから小川山―大日岩・・・北村 武彦
尾高山から奥茶臼山へ・・・遠藤 明彦
鍋倉山―黒倉山と赤倉山・・・倉持 裕至
小笠山丘陵を歩く・・・山口千枝子
中国・大姑娘山に登る・・・斎藤 憲

[おすすめガイド 13コース]
上越・六万騎山・・・鈴木 一雄
西上州・烏帽子岳・・・横井 國春
雨見山・・・木地 賢一
烏帽子ケ岳から鬢櫛山・・・小倉 孝康
天覚山から永田山・・・森田 俊男
陣馬山―景信山―高尾山・・・伊東 守
あけぼの子どもの森公園・・・大久保 恵
奈良倉山から小菅の湯へ・・・熊谷 松治
月夜見山から御前山・・・甲野 啓一
七ツ石小屋―鷹ノ巣山・・・山口ゆき子
日川尾根から源次郎岳・・・鶴野 紘一
道志・菜畑山から朝日山・・・山中 美子
鬼が城山―三本杭・・・岡村 憲明
607円
4月は、山登りをする私たちにとって1年のうちでもっとも心騒ぐときかもしれません。低山では桜やツツジ、そしてカタクリやスミレなどが花盛り。その一方で、高い峰々には雪がまだ豊かに残っています。北から西へ花を訪ねるもよし、残雪を求めるもよし。春の山旅に出ましょう。

[山からの便り]
残雪の巻機山を楽しむ・・・米澤 怜子
[花との出会い]
ジンバホウチャクソウ(ユリ科)・・・内山 裕

[随想]
春爛漫に想う・・・岡部 紀正
西上州・星尾峠にて・・・岩崎 和平
サクラ咲く高尾山・・・須田 漢一

[特集] 桜・ツツジ それとも残雪の山へ
屹兎屋山―猫鳴山と蓬田岳・・・中﨑 髙志
小夜戸山と駒見山・・・後藤 信雄
高尾山麓 桜狩りと滝開き・・・渡邊 唯夫
一碧湖―さくらの里―伊豆高原桜並木・・・関根 茂子
ぐんま百名山 庚申山・・・柴崎 文夫
白山城と武田の里・・・内田 栄一
京ケ倉・・・松浦 隆康
京都・大原野の社寺を巡る・・・権田 英定
秘峰・向白神岳へ・・・大須賀 晃
残雪期の石見堂岳・・・蒲生 章
春の守門岳・・・浅井 拓也
武奈ケ岳と蓬莱山を歩く・・・箱田 孝光
東谷山から日白山・・・岡本 明

[紀行ほか]
日向山と六番峠・・・加藤 恒彦
矢岳に登る・・・鶴野 紘一
地蔵新道―蛭ケ岳―源蔵新道・・・三宅 紘子
下日川峠から源次郎岳・・・岡部 紀正
小式部城山から花戸屋・・・岡田 敏夫
早戸大滝―丹沢山―塔ノ岳・・・窪田 弘
光城山から長峰山・・・伊佐 泰治
手倉山と小倉山・・・倉持 裕至
ビク石と掛川古城巡り・・・飯田三恵子

[おすすめガイド 15コース]
星野の谷倉山・・・石川 洋右
次石山―城山・・・新井 昇
上州・萬葉の丘・・・栗原 正子
今井の桜と滝田家住宅・・・鈴木 一雄
仙元山から玉川温泉・・・小林 利秋
大塚山・・・横井 國春
新柵山・・・宇山清太郎
三鷹から東小金井へ・・・植村 三郎
高岩山から鍋割山・大楢峠・・・山中 美子
高尾山・一丁平・・・鈴木 澄雄
長興山・枝垂桜へ・・・早崎 嶺子
要害山から尾続山・・・小林 経雄
子檀嶺岳と夫神岳・・・柴田 篤志
南条八石山・・・高波 操
リトル比良縦走・・・原 里子
607円
雪山登山というと、アイゼンを履きピッケルを持った重装備を思い浮かべやすいのですが、スノーシューならば雪の山を楽しく歩くことができます。登山道がないため無雪期には藪でとてもいけない山に好きなルートから登ることができるのも、雪山歩きならではの強みです。

表紙 霧氷とたわむれる(南沢山にて)・・・ 葛西孝則

目次スケッチ 天野修一
本文カット 柴田正明 湯沢宏
略図版下 上野和夫 宇田川建一郎 坂本勇 柴田正明
田中 幸男 早崎 嶺子 湯沢 宏
花との出会い]
ヒトリシズカ(センリョウ科)・・・ 内山裕

[随想]
ミツバ岳のミツマタ・・・ 窪田弘
スプリングエフェメラル・・・ 三沢佐登子
三増の合戦場で・・・ 須田漢一

[特集] 陽光の雪山に遊ぶ
スノーシューイングの楽しみ・・・ 佐藤俊男
日光湯元・石楠花平・・・ 鶴野紘一
高森山と高陽山・・・ 岡本明
高峯山・・・ 森惠子
八方尾根から唐松岳へ・・・ 植手崇文

大仁・雛のつるし飾り・・・ 鈴木眞弓
サルギ尾根・・・ 鈴木澄雄
堂上節分草園地から四阿屋山福寿草園地・・・ 関根茂子

[紀行ほか]
ユガテ―大高取山―越生・・・ 甲野啓一
鹿岳と四ツ又山・・・ 後藤信雄
野火止用水―滝の城―所沢航空公園・・・ 早崎嶺子
岩殿城・・・ 内田栄一
大日影から大蔵経寺山・・・ 松浦隆康
苗敷山から旭山・・・ 岡田敏夫
天子山塊と白糸ノ滝・・・ 渡邊唯夫
大島峠から三石山へ・・・ 足立博
三ツ森山・大塔山・法師山・・・ 大須賀晃
六甲・須磨アルプス・・・ 上野和夫
新倉山と倉掛山・・・ 倉持裕至

[おすすめガイド 13コース]
檜山と矢祭山探鳥路・・・ 石川洋右
愛宕山から吾国山・・・ 山崎毅
仙元山―小倉城址―大平山・・・ 伊佐泰治
蕨山から金毘羅山へ・・・ 稲葉克巳
伊豆ケ岳・・・ 横井國春
浅間尾根・松生山・・・ 山中美子
上平尾根から丸山・土俵岳・・・ 箱田孝光
八王子・南大沢周辺・・・ 酒井晴永
八丈富士と三原山・・・ 新井昇
御春山から寺山・・・ 小林経雄
駿河・大鈴山・・・ 松浦理博
八嶽山と本宮山・・・ 藤宗正彦
鬼ケ岳から王岳・・・ 遠藤明彦
607円
新ハイキング 最新号のご案内 購入のご案内


2007年2月号 No.616
[特集]冬こそ里山の味わい

表紙 篠井連峰の冬枯れ道 ・・・ 岡部紀正
口絵 柴崎文夫 鈴木澄雄 砂小原隆 田中輝美
鏑木隆 日出山三起雄 潮田輝子 串田竹治
張栄華 坂井康朗 進藤一恵 竹尾菊次郎
目次スケッチ 天野修一
扉 鷲頭隆 小林隆一
本文カット 柴田正明 湯沢宏
略図版下 上野和夫 宇田川建一郎 坂本勇 柴田正明
田中幸男 早崎嶺子 湯沢宏
[随想]
山で聞いた民謡とカントリーソング・・・ 柴田正明
北八ツに降る雪・・・ 岩崎和平
和田の里を歩く・・・ 須田漢一
槍穂高縦走失敗の教訓・・・ 赤川恒明

[特集] 冬こそ里山の味わい
真岡の浅間山と磯山・・・ 小倉孝康
北武蔵・御嶽山 ・・・町田尚夫
房州アルプスと嵯峨山・・・ 佐々木寛
江見大塚山から秋葉山・・・ 内田栄一
小仏路「梅まつり」と薬王院「火渡り式」・・・ 渡邊 唯夫
鷹取山―浅間山―湘南平・・・ 早崎 嶺子
天城峠―河津七滝・・・ 甲斐 順子

大屋山と黒滝山・・・ 後藤 信雄
美濃戸から赤岳鉱泉・・・ 岡部 紀正

[花との出会い]
ミドリセツブンソウ(キンポウゲ科)・・・ 内山裕

[山からの便り]
伊豆韮山のつるし飾り雛・・・ 鈴木眞弓
伊豆長岡温泉の「まゆ玉飾り」・・・ 鈴木眞弓

[紀行ほか]
川本の史跡を巡り白鳥飛来地へ・・・ 関根茂子
裏磐梯 イエローフォール・・・ 岡本明
奈良倉山と倉掛山・・・ 倉持 裕至
高畑山北尾根・・・ 松浦 隆康
鍋割山―塔ノ岳―丹沢三峰・・・ 窪田弘
石垣島・屋良部岳・・・ 竹内和義
黄嶺―八仙嶺と鳳凰山―大東山・・・ 遠藤明彦
オートルート奮戦記・・・ 三宅紘子
塔ノ岳から見る夕陽のダイヤモンド冨士・・・ 窪田弘

おすすめガイド 9コース]
鹿沼・二股山・・・ 石川 洋右
晃石山から太平山・・・ 高木康雄
練馬から哲学堂公園へ・・・ 植村三郎
狭山丘陵の廃線跡を歩く・・・ 大久保恵
払沢の滝―浅間嶺・・・ 山口ゆき子
高川山西尾根・・・ 上野和夫
沼津アルプス縦走・・・ 新井昇
和佐又山・信貴山・愛宕山・・・ 甲野啓一
周防・嘉納山・・・ 岡村憲明
607円
[随想]
山上のカルタ取り ・・・ 三宅 紘子
富士山は世界遺産になれるか ・・・ 岡部 紀正
猪鼻岳と金時娘 ・・・ 須田 漢一
イノシシ考 ・・・ 渡邊 唯夫
365日毎日登山 ・・・ 岡本 明
百名山、60歳からの挑戦 ・・・ 小林 松次

[特集]亥年に歩きたい山・温泉と七福神
猪狩山と秩父御岳山 ・・・ 加藤 恒彦
猪臥山と尾崎山 ・・・ 佐々木 寛
伊豆長岡温泉の源氏山七福神 ・・・ 市川 静子
南会津の立ち寄り湯 ・・・ 鈴木 澄雄
習志野七福神 ・・・ 鈴木 一雄
武蔵越生七福神 ・・・ 権田 英定
板橋七福神 ・・・ 宇山清太郎
八王子八福神 ・・・ 稲葉 克巳
湘南(逗子・葉山)七福神 ・・・ 熊谷 松治

[花との出会い]
オンガタイノデ(オシダ科)・・・ 内山裕

[紀行ほか]
凛冽の燕岳・・・ 植手 崇文
東金砂山と西金砂山・・・ 岡部 紀正
鳴神山から吾妻山縦走・・・ 後藤 信雄
要倉山と夕倉山・・・ 倉持 裕至
房総・保田の水仙ロード・・・ 窪田 弘
相模原公園から国分寺跡・・・ 祖父川精治
谷村東山稜と谷村城山・・・ 小倉 修
地蔵峠から天子ケ岳・・・ 北村 武彦
大仁城山―発端丈山・・・ 鈴木 眞弓

[おすすめガイド 13コース]
音羽山から鐘撞山・・・ 小倉 孝康
奥武蔵の無名峰縦走・・・ 柴田 篤志
都内城北の富士山巡り・・・ 箱田 孝光
御岳山奥ノ院・・・ 川人順太郎
倉戸山・・・ 新井 昇
石老山南東尾根・・・ 鶴野 紘一
高取山から華厳山へ・・・ 鈴木 澄雄
鎌倉山と国宝大仏・・・ 阿部 稔
大山南尾根から鶴巻温泉・・・ 伊東 守
杣口山・・・ 松浦 隆康
駿河・若山・・・ 松浦 理博
宇津ノ谷峠から満観峰・・・ 山口千枝子
火剣山・・・ 藤宗 正彦
607円
[随想]
登れなかった青海黒姫山 ・・・ 鷲頭隆
第六天と尺里峠 ・・・ 須田漢一
わたしまけましたわ ・・・ 関戸 彩愛
柿色を求めて甲州へ ・・・ 岡部紀正

[特集]冬晴れの尾根をあるく
栃木・羽黒山 ・・・ 小倉孝康
堂岩山 ・・・ 後藤信雄
ゴシュウ山 ・・・ 岡田敏夫
吾嬬山 ・・・ 中島仁志
西丸と東丸 ・・・ 松浦隆康
鳥居地峠から忍草山・権現山 ・・・ 小倉修
宮宕山から棚横手・甲州高尾山 ・・・ 菅原郁也
静岡・高山 ・・・ 松浦理博
守屋山 ・・・ 守屋龍男
散在ケ池から獅子舞の谷へ ・・・ 内田康男

[花との出会い]
イヌセンブリ(リンドウ科) ・・・ 内山裕

[紀行ほか]
江見八幡山から大塚山 ・・・ 内田栄一
鷹巣山 ・・・ 伊東守
大野山 ・・・ 高波操
殿平 岡部 ・・・紀正
今熊山から金剛ノ滝 ・・・渡邊唯夫
初心者が登ったキリマンジャロ山 ・・・ 森正義

[おすすめガイド 16コース]
岳ノ山―大鳥屋山 ・・・ 遠藤明彦
小沢岳 ・・・ 鶴野紘一
寺久保山 ・・・ 新井昇
比企・雷電山から大峰山 ・・・ 町田尚夫
檥峠から大築山へ ・・・ 澤田幸子
竹寺―子の権現 ・・・山口ゆき子
大仁田山と嫗ケ岳 ・・・ 佐々木寛
小山田緑地~薬師池 ・・・ 山下正博
堂所山北尾根 ・・・ 鈴木澄雄
和見峠から権現山・浅川峠へ ・・・ 山中美子
四方津御前山東尾根を下る ・・・ 上野和夫
谷戸山と207・2メートル三角点峰 ・・・ 金野光郎
足和田山 ・・・ 三上勝昭
弥三郎岳から白砂山 ・・・ 横井國春
芭蕉の里・黒羽から御亭山へ ・・・ 藤田謙三
練馬区中央部を散策 ・・・ 植村三郎
607円
[随想}
あなたも歩ける四国遍路みち 後藤 典重
山の動物記 森田 武
机龍之介の幻影が 加藤 恒彦
ああ、松茸山 梅香 亮一

[特集]落ち葉を踏みわけて
豪士山―駒ケ岳 川越はじめ
福島県側から御神楽岳 岡本 明
晩秋・初冬の青田南葉山 伊藤 慎一
久慈山地・鍋足山 高羽 秀徳
迦葉山―鹿俣山と高平山 藤宗 正彦
千ケ平から毛無岩 岡田 敏夫
晩秋の上高地散策 鈴木 眞弓
神山から坊ケ沢 越地 力蔵
下呂御前山と萩原御前山 佐々木 寛

[花との出会い]ラッパイチョウ 内山 裕

[紀行ほか]
土埋山・鳥屋山・富士山を歩く 箱田 孝光
ネギト林道から錫ケ岳へ 市川 静子
雨乞山 後藤 信雄
鍋割峠―雨山峠―檜岳 窪田 弘
箱根外輪山の南面を下る 早崎 嶺子
鉄砲木ノ頭から丸尾山 松浦 隆康
十枚山から竜爪山へ 猪俣恵美子
爪ケ城から那岐山へ 竹内 和義
エベレスト街道を行く 小林 利秋
秋山にはツェルトを持っていこう 福永 克夫

[おすすめガイド 15コース]
三依山 新井 昇
花瓶山 藤田 謙三
石裂山 鶴野 紘一
物見山 伊東 守
金ケ嶽から大平山 森 恵子
鎌倉湖周遊 栗原 正子
丹沢・不老山 坂本 勇
猿橋城山 小倉 修
滝子山 鈴木 一雄
大久保山から恵能野川へ 小林 経雄
高芝山から柳沢ノ頭 稲葉 克巳
小楢山から母恋し道へ 木村由佳里
大菩薩峠から牛ノ寝通り 守屋 龍男
烏帽子岳から三方分山へ 高木 康雄
天狗石山 松浦 理博
607円
[花との出会い]
ハナカズラ(キンポウゲ科) 内山 裕

[随想]
日本一うまい米 ・・・・・ 大久保昭次
峠道を辿る ・・・・・ 山口ゆき子
二極化する登山者の年齢 ・・・・・ 春日井孝行
ウィーンへの旅 ・・・・・ 岡部 紀正

[特集]錦秋の山道をたどる
岩菅山と赤石山 ・・・・・ 後藤 信雄
神室山から杢蔵山へ ・・・・・ 三宅 紘子
戸来岳と十和利山 ・・・・・ 佐々木 寛
乳頭山 ・・・・・ 横井 國春
和賀山塊・大荒沢岳 ・・・・・ 岡田 敏夫
御神楽岳 ・・・・・ 岡本 明
奥只見・荒沢岳 ・・・・・ 上野 和夫
鹿狼山と霊山 ・・・・・ 熊谷 松治
流石山から三倉山 ・・・・・ 新井 昇
一ノ倉沢出合から蓬峠越え ・・・・・ 森田 武
大烏山から小烏山 ・・・・・ 松浦 隆康
藤里駒ケ岳と岩木山・田代岳 ・・・・・ 高木 康雄
屋久島・宮之浦岳 ・・・・・ 島田 純吉
スケッチ:高尾・城山の茶店

[紀行ほか]
秋の編笠山と権現岳を撮り歩く ・・・・・ 安田 和男
名水百選・尾白川渓谷 ・・・・・ 渡邊 唯夫
信越トレイル・仏ケ峰―関田峠 ・・・・・ 大西 宏志
大菩薩峠から嶺を経て柳沢峠へ ・・・・・ 山中 美子
飯田・風越山 ・・・・・ 関根 茂子
葛根田川を遡る ・・・・・ 澤田 幸子
クンデピークに登る ・・・・・ 斎藤 憲

新幹線から山座同定を楽しむ 連載を終えて ・・・・・ 富田 彰
「新幹線から山座同定を楽しむ」を読んで ・・・・・ 船水 康宏

新ハイキングの内容

紀行とガイドを主体とする日本で唯一のハイキング専門誌です。
昭和25年、「生まれるべきものがハイキング愛好家の愛の結集によって生まれた・・・育てるのはこの雑誌を手にした方。読者と手をつなぐ雑誌」と言う言葉とともに始まりました。雑誌発行とともに、山行のクラブの活動も盛んで毎月バラエティーに富んだ50コースほどの山行がボランティア精神あふれるリーダー(係)のもとで行われています。これまで4万人近くの方が会員になり、雑誌と共に自然を愛し歩くことを愉しんで来られました。 地味路線、手作りの味、ボランティアの書き手、実際に歩くのに使える内容など、他にはない味を新ハイキングでお楽しみください。

この雑誌の読者はこちらの雑誌も買っています!

新ハイキングの所属カテゴリ一覧

Fujisanとは?

日本最大級雑誌の定期購読サービスを提供

デジタル雑誌をご利用なら

最新号〜バックナンバーまで7000冊以上の雑誌
(電子書籍)が無料で読み放題!
タダ読みサービスを楽しもう!

総合案内
マイページ
マイライブラリ
アフィリエイト
採用情報
プレスリリース
お問い合わせ
©︎2002 FUJISAN MAGAZINE SERVICE CO., Ltd.