1年購読だと1冊お得!「できるビジネスマンの目」を養うビジネス情報誌。あなたの「知りたい」がここにある!月額払いなら初回3号50%OFF!4号目以降も10%OFF!

定期購読の特典

定期購読のお申込み・予約

STEP1 雑誌の形式を選択

今すぐ使える500円割引
初購入500円割引
Fujisan.co.jpでご購入が初めての方は、5000円以上のご注文で500円割引となります。ご注文確認画面のギフト券入力欄に自動的に適用されます。
レビュー投稿500円割引 or 10%割引
好きな雑誌のレビューを投稿すると、5000円以上のご注文にご利用可能な500円割引ギフト券と、5000円以下の定期購読にご利用可な10%割引ギフト券が、投稿後メールですぐに届きます。
  • 月額払いの商品ではご利用いただけません。
  • どちらかひとつのギフト券が 今すぐご利用可能です♪
月刊リベラルタイムのレビューを投稿する

月刊リベラルタイムの内容

あなたの疑問に答えるビジネス誌
毎号の特集は読者の疑問からスタートします。あなたの知りたい、聞きたいテーマを 編集部が徹底取材。あらゆるジャンルの真相を明らかにします。加えて、豪華な連載 執筆陣も多角度から情報分析。ジャーナリスト・田原総一朗の「THIS MONTH」、『月刊Hanada』編集長・花田紀凱の「血風取材日記」、『文藝春秋』元編集長・堤堯の「永田町仄聞録」、 江波戸哲夫の「気になる一冊」等、注目のジャーナリスト、作家、評論家を総動員。 独自の情報分析を展開。あなたにさまざまな視点や情報を提供します。さらに、豊富 な情報ルートを駆使して、企業情報から永田町、霞ヶ関の情報を解析。マネジメント から企業情報までを網羅したまったく新しいタイプのビジネス情報誌「リベラルタイ ム」は、あなたのニーズに的確にお答えします。






会社役員または管理職をメインターゲットに発信する総合ビジネス情報誌。マネジメントから企業情報までを網羅するほか、ビジネス誌という概念にとらわれず、政財官、マスコミ界の極秘情報や斬新な切り口の企画を毎号用意しています。
読者からの質問をもとに徹底取材し、他誌にはない情報が満載。マスコミ界でも注目されています。さらに、見やすさ、読みやすさを追求した誌面づくりが多くの読者から支持されています。大きな活字を使用しているため、疲労感なく読むことができます。幅広い層の読者が抵抗感なく読める全く新しいビジネス雑誌です。

毎号の【特集】は、社内の意見のみならず読者からの投書を参考に、編集会議で揉まれて決まります。読者の皆様がこれを読み、自分の意見の参考にしてほしい…フィードバックを実践しています。過去の特集では「三洋電機」「テレビ局」「警察」「森ビル」……等、企業、人物、官界等、様々な業界にスポットを当てています。
情報が溢れているいま、ひとつの事象についてジャーナリストや評論家、大学教授から研究員まで、最適な執筆者に依頼。より正確で内容の濃い記事となっています。物事を凝り固まって見ることをよしとせず、自由な(リベラルな)視点からしっかりと分析しています。弊社まであなたの疑問をお寄せください!




編集部に集まる政財官、マスコミ界のインサイダー情報から厳選した記事を掲載する「CONFIDENTIAL」。1/2ページに情報を凝縮した記事は、簡にして要。特集ページ前の大きな見所として、読者から反響が最も大きいページです。「CONFIDENTIAL」とは一線を画し、対象となる事件をじっくり掘り下げ、レポートするのが「LT-REPORT」。政治家とカネの動き、企業の不祥事、最先端の医学まで、他誌では読めないニュースの裏側まで追う「問題追及型レポート」を発信しています。

編集長インタビュー「Talking」、対談「田代沙織のここが聞きたい!」では、いま最も注目すべき「重要人物」の本音を鋭い質問で聞き出しています。「Talking」に登場するのは、大企業のトップや大臣等、錚々たるメンバー。今後の事業、政策の行方等をインタビュー。「いま一番聞きたいこと」に切り込んでいます。「田代沙織のここが聞きたい!」では、人気急上昇中の田代沙織さんが、独自の視点で様々な相手と対談します。時代のキーパーソンの本音を垣間見ることのできる「Talking」「田代沙織のここが聞きたい!」は一回たりとも見逃せない!


月刊リベラルタイムの商品情報

商品名
月刊リベラルタイム
出版社
リベラルタイム出版社
発行間隔
月刊
発売日
毎月3日
サイズ
A4変
参考価格
[紙版]880円 [デジタル版]880円

月刊リベラルタイムの無料サンプル

2024年1月号 (2023年12月04日発売)
2024年1月号 (2023年12月04日発売)をまるごと1冊ご覧いただけます
サンプルを見る

月刊リベラルタイム 2024年3月号 (発売日2024年02月05日) の目次
  • 紙版
  • デジタル版

  • 紙版
  • デジタル版
■ 特集 ■□ ■ ■□ ■ □■ □■ □■ □■

戦争は「世界の何」を滅ぼしたか?

■□ ■ ■□ ■ □■ □ ■□ ■□ □■ □■
ロシアによるウクライナ侵攻から約2年、いまだに軍事侵攻は続いている。昨年には、イスラエル軍によるパレスチナ・ガザ地区への地上侵攻も始まった。現在、2つの侵攻は大規模化しており、世界経済にも大きな影響を及ぼしている。戦争は世界の何を滅ぼしたのか、大規模化している2つの侵攻をそれぞれの観点から検証しました。

「パンドラの箱」が開いて「世界経済壊滅」の危機へ?
 岩崎 博充◎経済ジャーナリスト

「ルハンスク」で進むロシア化 就労には「ロシアパスポート」が不可欠
 小野寺 翔太朗◎フォトジャーナリスト

等、他4項目を収録。

◆◇◆ Interview ◆◇◆
本誌では、3つのインタビューを掲載。巻頭の「TALKING」は、主に大手企業の社長や大臣等に、事業や政策に対する考えを聞くページ。新たにスタートした「SPECIAL CONVERSATION」は、時事をテーマに公明党議員と有識者が対談。時事に関するファクトの深掘りや課題解決に向けたビジョンを話し合う。「田代沙織のここが聞きたい」は、いま注目の人にタレントの田代沙織さんが政界幹部や大手企業トップの方々の他、社会的活動をする方々に組織への取り組みや思いについて話を聞くページ。

■TALKING■
菅野 等◎電源開発(J-POWER)社長
「ブルーミッション」の推進
──────────────────────────────────
エネルギーと環境の共生を目指し、火力電源の脱炭素化や水素発電への移行に向けた技術開発に取り組む電源開発(J-POWER)。2023年6月から社長に就任した菅野等社長は、カーボンニュートラルと水素社会を実現するための“BLUE MISSION 2050”を策定した人物。現在、電源開発はエネルギー供給の安定性、カーボンニュートラルの2つを成し遂げるべく、地熱発電所の開発、洋上風力や陸上風力、CCS等、再生可能エネルギー事業を国内外で展開している。同社のエネルギー事業について菅野社長に聞いた。


■SPECIAL CONVERSATION■
稲津 久◎公明党幹事長代理/衆院議員
        ×
合瀬 宏毅◎AFJ日本農業経営大学校代表理事理事長・校長
日本の「食」を守り抜く!
───────────────────────────────────
年々、食料自給率、生産年齢人口が減少する等、課題が多い日本の農業。穀物、肥料、飼料等の備蓄体制の整備はもちろん、農地バンク制度の充実やスマート農業の普及等、農業に参入しやすい環境づくりに取り組んでいる。農地を活用した自国生産による食糧自給力の向上等、農業の今後について公明党農林水産業活性化調査会会長を務め、農林水産物に精通する公明党の稲津久幹事長代理とAFJ日本農業経営大学校校長の合瀬宏毅氏が対談した。


■田代沙織のここが聞きたい!■
国光 あやの◎自民党女性局長代理/衆院議員
社会保障制度を持続可能に  
───────────────────────────────────
医師から官僚、そして官僚から政治家と、医師時代の経験を生かして医療・福祉政策等に精力的に取り組んでいる国光あやの衆院議員。出産費用等の負担軽減に向け、岸田文雄、野田聖子両議員らと協力し議員連盟を立ち上げ、改革に取り組んだ。また、SNS等のネットの誹謗中傷対策にも力を入れている他、身寄りのない高齢者対策も進めている。国光議員に、社会保障制度の財政健全化等について話を聞きました。

■◇■ CONFIDENTIAL ■◇■
「CONFIDENTIAL」では、主に政治・経済に関するホットなニュースを取り扱う。政治・経済の現状から見える様々な課題を分析しています。

パーティ券事件の今後の焦点は「検察審査会」が「強制起訴」と議決するか否か!
「ケーキ問題」の謝罪に髙島屋・村田社長の顔見えずネット戦略に「陰り」

等、他8項目を収録。

◆◇◆ 連載 ◆◇◆
ジャーナリストの田原総一朗氏による「THIS MONTH」、ジャーナリストで元『文藝春秋』編集長の堤堯氏の「永田町仄聞録」、さらにジャーナリスト・毎日新聞客員編集委員の「与良正男の『政治のツボ』」を掲載、その他にも「『宣伝』探訪!」「マーケットトレンドレビュー」「球界『黄金時代』譚」等、幅広いジャンルを連載。ぜひご一読ください。
■ 特集 ■□ ■ ■□ ■ □■ □■ □■ □■

戦争は「世界の何」を滅ぼしたか?

■□ ■ ■□ ■ □■ □ ■□ ■□ □■ □■
ロシアによるウクライナ侵攻から約2年、いまだに軍事侵攻は続いている。昨年には、イスラエル軍によるパレスチナ・ガザ地区への地上侵攻も始まった。現在、2つの侵攻は大規模化しており、世界経済にも大きな影響を及ぼしている。戦争は世界の何を滅ぼしたのか、大規模化している2つの侵攻をそれぞれの観点から検証しました。

「パンドラの箱」が開いて「世界経済壊滅」の危機へ?
 岩崎 博充◎経済ジャーナリスト

「ルハンスク」で進むロシア化 就労には「ロシアパスポート」が不可欠
 小野寺 翔太朗◎フォトジャーナリスト

等、他4項目を収録。

◆◇◆ Interview ◆◇◆
本誌では、3つのインタビューを掲載。巻頭の「TALKING」は、主に大手企業の社長や大臣等に、事業や政策に対する考えを聞くページ。新たにスタートした「SPECIAL CONVERSATION」は、時事をテーマに公明党議員と有識者が対談。時事に関するファクトの深掘りや課題解決に向けたビジョンを話し合う。「田代沙織のここが聞きたい」は、いま注目の人にタレントの田代沙織さんが政界幹部や大手企業トップの方々の他、社会的活動をする方々に組織への取り組みや思いについて話を聞くページ。

■TALKING■
菅野 等◎電源開発(J-POWER)社長
「ブルーミッション」の推進
──────────────────────────────────
エネルギーと環境の共生を目指し、火力電源の脱炭素化や水素発電への移行に向けた技術開発に取り組む電源開発(J-POWER)。2023年6月から社長に就任した菅野等社長は、カーボンニュートラルと水素社会を実現するための“BLUE MISSION 2050”を策定した人物。現在、電源開発はエネルギー供給の安定性、カーボンニュートラルの2つを成し遂げるべく、地熱発電所の開発、洋上風力や陸上風力、CCS等、再生可能エネルギー事業を国内外で展開している。同社のエネルギー事業について菅野社長に聞いた。


■SPECIAL CONVERSATION■
稲津 久◎公明党幹事長代理/衆院議員
        ×
合瀬 宏毅◎AFJ日本農業経営大学校代表理事理事長・校長
日本の「食」を守り抜く!
───────────────────────────────────
年々、食料自給率、生産年齢人口が減少する等、課題が多い日本の農業。穀物、肥料、飼料等の備蓄体制の整備はもちろん、農地バンク制度の充実やスマート農業の普及等、農業に参入しやすい環境づくりに取り組んでいる。農地を活用した自国生産による食糧自給力の向上等、農業の今後について公明党農林水産業活性化調査会会長を務め、農林水産物に精通する公明党の稲津久幹事長代理とAFJ日本農業経営大学校校長の合瀬宏毅氏が対談した。


■田代沙織のここが聞きたい!■
国光 あやの◎自民党女性局長代理/衆院議員
社会保障制度を持続可能に  
───────────────────────────────────
医師から官僚、そして官僚から政治家と、医師時代の経験を生かして医療・福祉政策等に精力的に取り組んでいる国光あやの衆院議員。出産費用等の負担軽減に向け、岸田文雄、野田聖子両議員らと協力し議員連盟を立ち上げ、改革に取り組んだ。また、SNS等のネットの誹謗中傷対策にも力を入れている他、身寄りのない高齢者対策も進めている。国光議員に、社会保障制度の財政健全化等について話を聞きました。

■◇■ CONFIDENTIAL ■◇■
「CONFIDENTIAL」では、主に政治・経済に関するホットなニュースを取り扱う。政治・経済の現状から見える様々な課題を分析しています。

パーティ券事件の今後の焦点は「検察審査会」が「強制起訴」と議決するか否か!
「ケーキ問題」の謝罪に髙島屋・村田社長の顔見えずネット戦略に「陰り」

等、他8項目を収録。

◆◇◆ 連載 ◆◇◆
ジャーナリストの田原総一朗氏による「THIS MONTH」、ジャーナリストで元『文藝春秋』編集長の堤堯氏の「永田町仄聞録」、さらにジャーナリスト・毎日新聞客員編集委員の「与良正男の『政治のツボ』」を掲載、その他にも「『宣伝』探訪!」「マーケットトレンドレビュー」「球界『黄金時代』譚」等、幅広いジャンルを連載。ぜひご一読ください。

月刊リベラルタイムの目次配信サービス

月刊リベラルタイム最新号の情報がメルマガで届く♪ メールアドレスを入力して登録(解除)ボタンを押してください。

※登録は無料です
※登録・解除は、各雑誌の商品ページからお願いします。/~\Fujisan.co.jpで既に定期購読をなさっているお客様は、マイページからも登録・解除及び宛先メールアドレスの変更手続きが可能です。
以下のプライバシーポリシーに同意の上、登録して下さい。

月刊リベラルタイムのレビュー

  • 総合評価: ★★★★☆ 3.95
  • 全てのレビュー: 22件
鋭い視点と内容
★★★★★2021年03月03日 チムチム 会社員
毎号、読むたびに含蓄のある視点と内容に驚かされる。ページ数以上の主張に考えさせれること多し!これからも期待してます!
時事情報満載
★★★☆☆2020年05月07日 ウルトラリベラル その他
自分の考え方とは相いれない主張の記事もあるが、様々な角度からの情報が得られる。
内容の濃い雑誌
★★★★★2017年02月07日 おうぶ 会社員
経済から、政治の状況など600円でしっかりと読み応えのある雑誌。電車、就寝前のお伴にしたい雑誌だ。
鋭い視点
★★★★★2017年01月31日 まろん 会社員
物事を多面的に捉え、様々な視点から描き出す。鋭い視点で物事の本質をえぐり出す。読みごたえありです。オススメ。
政治経済の動向が理解出来る。
★★★☆☆2016年12月15日 AZ 会社員
内容に物足り無い処もあるが、興味が無かった分野も確認出来る。
トランプ米大統領
★★★★★2016年11月14日 佐川 会社員
「リベラルタイム」11月4日発売12月号には「ヒラリー・クリントン大勝利は、蜃気楼」という記事があった。日本政治だけでなく、アメリカ政治にも強いということがよくわかった。
政局雑誌
★☆☆☆☆2012年11月12日 じゅんや 議員
政局情報の正確性に定評あり「早期の解散」を約束した? 野田首相(8月号)10月の「臨時国会」で衆院解散?(9月号)衆院解散は10月 総選挙は11月か?(10月号)総選挙は来年以降に先送りの気配(11月号)「細野豪志」を新首相にして解散のシナリオ(12月号)
月刊リベラルタイム
★★★★★2009年11月27日 TAA 会社員
政治及び経済の最新情報を入手するために購入してみました。タイムリーな話題が取り上げてあり読み応えがありました。また、毎号、特集が組まれ深く掘り下げて解説されており理解し易い内容となっていました。期待通りの内容で、今後の内容を楽しみにしています。
知事特集
★★★☆☆2009年07月15日 半ライス長官 自営業
8月号を読みました。内容は全国の47都道府県の知事特集。一人一人、詳細に人物像、政策、問題点がまとめられていて面白かった。保存版にできるようなこんな特集を今後も期待します。ただ、ちょっと文章量が少ないかな。もっと読んでみたい知事の記事もあった。
今、求められる宗教の尊さ
★★★★★2008年11月08日 SKY・SEA 会社員
一見、よくあるビジネス誌のような「リベラルタイム」。だが、他の雑誌と違う点が一つ。それは、”宗教を学ぶ”コーナーがある事。リアルタイムな政治・経済の情報も大事だが、宗教の教えを通して、人としての道徳やマナーを学ぶ事がはるかに尊く感じる。世知辛い世の中において、忘れかけていた何かを思い起こさせる”宗教を学ぶ”と”リベラルタイム”。是非、必読です。
レビューをさらに表示

月刊リベラルタイムの所属カテゴリ一覧

この雑誌の読者はこちらの雑誌も買っています!

Fujisanとは?

日本最大級雑誌の定期購読サービスを提供

デジタル雑誌をご利用なら

最新号〜バックナンバーまで7000冊以上の雑誌
(電子書籍)が無料で読み放題!
タダ読みサービスを楽しもう!

総合案内
マイページ
マイライブラリ
アフィリエイト
採用情報
プレスリリース
お問い合わせ
©︎2002 FUJISAN MAGAZINE SERVICE CO., Ltd.