※定期購読のイメージ画像
  • 雑誌:+81(PLUS EIGHTY ONE)
  • 出版社:ディーディーウェーブ
  • 発行間隔:年2回刊
  • 発売日:4,10月の30日
  • サイズ:A4
  • 参考価格:2,200円
※定期購読のイメージ画像
  • 雑誌:+81(PLUS EIGHTY ONE)
  • 出版社:ディーディーウェーブ
  • 発行間隔:年2回刊
  • 発売日:4,10月の30日
  • サイズ:A4
  • 参考価格:2,200円
  • 雑誌
  • 40%OFF

+81(PLUS EIGHTY ONE)

世界16ヶ国で発売されているバイリンガル雑誌
  • 雑誌
  • 40%OFF

+81(PLUS EIGHTY ONE)

世界16ヶ国で発売されているバイリンガル雑誌

おすすめの定期購読

定期購読のお申込み・予約

初めてのご購入で500円割引
Fujisan.co.jpでご購入が初めての方は、500円割引(5000円以上のご注文にご利用可)となります。 ご注文確認画面のギフト券入力欄に自動的に表示されます。
レビュー投稿で500円割引
好きな雑誌のレビューを投稿すると、すぐにメールで500円割引ギフト券(5000円以上のご注文にご利用可)と、10%割引ギフト券(5000円以下の定期購読にご利用可)が届きます。
  • 月額払いの商品ではご利用いただけません。
  • どちらかひとつのギフト券が 今すぐご利用可能です♪
+81(PLUS EIGHTY ONE)のレビューを投稿する

STEP1 雑誌の形式

「デジタル版の取扱い開始のお知らせ」を希望の方はこちら

+81(PLUS EIGHTY ONE) 雑誌の内容

世界各地のクリエイター情報満載!“今知りたい事”がきっと見つかる!!

+81(PLUS EIGHTY ONE) Vol.88 (発売日2021年12月10日) の目次

Vol.87 A Journey through Contemporary Art in Japan issue

日本には多くの素晴らしい現代美術館が存在する。今回の特集では、国内のアート・ミュージアムの魅力を探求。北海道から九州までを旅しながら日本全国の美術館めぐりをすることで、世界有数の作品の数々を目的別に観て回ることができる。そして、名立たる建築家が設計した世界最高峰の建築物を楽しめる旅にもなる。日本で行きたい、行かなければならない美術館特集となる。
第2企画では、東京を拠点に国際的に活躍する現代美術作品を扱う8つのギャラリーを紹介。
第3企画では、現代アートの保管とリセールに焦点を当て、日本最多のギャラリー・スペースを誇る複合施設と、今注目を集めているアート・オークションを特集する。

There are many wonderful contemporary art museums in Japan. So, in this special issue, we explore the appeal of art museums in Japan. You will be able to see many of the world's greatest works of art with different objectives by traveling from Hokkaido to Kyushu and visiting museums all over Japan, It is also a journey to enjoy the world's finest architecture designed by renowned architects. This special edition of "Japan's must-visit museums" is a must-have.
We will introduce eight galleries based in Tokyo that dealing with contemporary art works internationally as part of the second chapter.
It will focus on the storage and resale of contemporary art, and will feature a complex facility that boasts the largest number of gallery spaces in Japan, as well as an art auction that is currently attracting attention as part of the third chapter.


--CONTENTS--
-A Journey through Contemporary Art in Japan-
モエレ沼公園(北海道)/ Moerenuma Park (Hokkaido)
青森県立美術館(青森)/ Aomori Museum of Art (Aomori)
十和田市現代美術館(青森) / Towada Art Center (Aomori)
せんだいメディアテーク(宮城)/ Sendai Mediatheque (Miyagi)
原美術館 ARC(群馬)/ Hara Museum ARC (Gunma)
川崎市岡本太郎美術館(神奈川)/ TARO OKAMOTO MUSEUM OF ART, KAWASAKI (Kanagawa)
東京都現代美術館(東京)/ MUSEUM OF CONTEMPORARY ART TOKYO (Tokyo)
森美術館(東京)/ Mori Art Museum (Tokyo)
東京オペラシティアートギャラリー(東京)/ Tokyo Opera City Art Gallery (Tokyo)
中村キース・ヘリング美術館(山梨)/ Nakamura Keith Haring Collection (Yamanashi)
セゾン現代美術館(長野)/ Sezon Museum of Modern Art (Nagano)
富山県美術館(富山)/ Toyama Prefectural Museum of Art and Design (Toyama)
金沢21世紀美術館(石川)/ 21st Century Museum of Contemporary Art, Kanazawa (Ishikawa)
豊田市美術館(愛知)/ Toyota Municipal Museum of Art (Aichi)
兵庫県立美術館(兵庫)/ Hyogo Prefectural Museum of Art (Hyogo)
国立国際美術館(大阪)/ The National Museum of Art, Osaka (Osaka)
京都国立近代美術館(京都)/ The National Museum of Modern Art, Kyoto (Kyoto)
地中美術館(香川)/ Chichu Art Museum (Kagawa)
ベネッセハウスミュージアム(香川)/ Benesse House Museum (Kagawa)
高松市美術館(香川)/ Takamatsu Art Museum (Kagawa)
丸亀市猪熊弦一郎現代美術館(香川)/ Marugame Genichiro-Inokuma Museum of Contemporary Art (Kagawa)
高知県立美術館(高知)/ THE MUSEUM OF ART, KOCHI (Kochi)
YCAM 山口情報芸術センター [YCAM](山口)/ Yamaguchi Center for Arts and Media [YCAM] (Yamaguchi)
大原美術館(岡山)/ Ohara Museum of Art (Okayama)
福岡市美術館(福岡)/ FUKUOKA ART MUSEUM (Fukuoka)
鹿児島県霧島アートの森(鹿児島)/ Kirishima Open-Air Museum (Kagoshima)

-An Introduction to Eight Galleries Dealing in Contemporary Art-
Taka Ishii Gallery
ShugoArts
Tomio Koyama Gallery
TARO NASU
Whitestone Gallery
MAKI
NANZUKA UNDERGROUND
KOTARO NUKAGA

-Storing and Selling Contemporary Art-
SBI Art Auctiony
TERRADA ART COMPLEX

INTRODUCTION OF D&AD
Creative News

+   +81(PLUS EIGHTY ONE)の目次配信サービス

+81(PLUS EIGHTY ONE)のレビュー
総合評価: ★★★★☆ 4.40
全てのレビュー:40件

レビュー投稿で500円割引!
Design がクールで刺さる
★★★★☆2021年04月04日 NickHaveNoName 自営業
毎号1つのカルチャーを取り上げ、掘り下げ、解明、再発見する世界。 表紙のARTwork、貴重インタビュー、誌面のクールなエディトリアル等、独自の世界。
見やすいデザイン雑誌です
★★★★★2020年12月13日 chipoo 大学院生
デザイン系の学生です よく制作のために参考にさせてもらっています
20年以上生き残ってきたデザイン誌
★★★★★2020年05月06日 デザイナ アルバイト
デザインだけでなく様々なテーマで世界中の情報をバイリンガルで紹介する。エディトリアルデザインも実験的でとても刺激を受ける。
デザインの勉強になるので雑誌で唯一買い続けている
★★★★★2020年04月11日 ポキポキ 会社員
届いたときの本の香り。インクの香りも楽しみつつ、デザインレイアウトの勉強にもなるので毎回届くのが楽しみ。
毎号楽しみ
★★★★★2019年11月16日 M/M 会社員
ずっと買い続けてる本で毎号刺激され、新しい世界を教えてくれる。
数少ないアート系マガジン
★★★★☆2019年03月15日 あばばば 会社員
毎号ごとにコンセプトがあり気になった時に買ってます。 デジタルでも出てくれれば言うことない。。
タイポグラフィが最高
★★★★★2018年06月03日 ゆり 自営業
2001年の頃からファンです本当に素晴らしい。
洋書のようです。
★★★★★2017年05月01日 りり 会社員
紙面デザインも掲載内容的にも洋書っぽい感じで、ちょっとオシャレです。書棚にコレクションしておきたい雑誌です。サイズもユニークで、紙質にもこだわりを感じます。そして、デザイン誌にしてはリーズナブルだと思います。
デザイン雑誌
★★★★☆2014年10月18日 ハリネヅミ 学生
写真やデザインの作品が大きくて見ているだけで楽しめました デザインといっても平面、空間、写真、本、など種類の毎回特集があります。英語と日本語のってますが、読むより見る雑誌だと思います。
+81(PLUS EIGHTY ONE)
★★★★★2014年07月30日 sae 会社員
デザインの仕事をしています。毎回とても楽しめる内容です。
レビューをさらに表示

+81(PLUS EIGHTY ONE)のバックナンバー

2,200円
Vol.87 A Journey through Contemporary Art in Japan issue

日本には多くの素晴らしい現代美術館が存在する。今回の特集では、国内のアート・ミュージアムの魅力を探求。北海道から九州までを旅しながら日本全国の美術館めぐりをすることで、世界有数の作品の数々を目的別に観て回ることができる。そして、名立たる建築家が設計した世界最高峰の建築物を楽しめる旅にもなる。日本で行きたい、行かなければならない美術館特集となる。
第2企画では、東京を拠点に国際的に活躍する現代美術作品を扱う8つのギャラリーを紹介。
第3企画では、現代アートの保管とリセールに焦点を当て、日本最多のギャラリー・スペースを誇る複合施設と、今注目を集めているアート・オークションを特集する。

There are many wonderful contemporary art museums in Japan. So, in this special issue, we explore the appeal of art museums in Japan. You will be able to see many of the world's greatest works of art with different objectives by traveling from Hokkaido to Kyushu and visiting museums all over Japan, It is also a journey to enjoy the world's finest architecture designed by renowned architects. This special edition of "Japan's must-visit museums" is a must-have.
We will introduce eight galleries based in Tokyo that dealing with contemporary art works internationally as part of the second chapter.
It will focus on the storage and resale of contemporary art, and will feature a complex facility that boasts the largest number of gallery spaces in Japan, as well as an art auction that is currently attracting attention as part of the third chapter.


--CONTENTS--
-A Journey through Contemporary Art in Japan-
モエレ沼公園(北海道)/ Moerenuma Park (Hokkaido)
青森県立美術館(青森)/ Aomori Museum of Art (Aomori)
十和田市現代美術館(青森) / Towada Art Center (Aomori)
せんだいメディアテーク(宮城)/ Sendai Mediatheque (Miyagi)
原美術館 ARC(群馬)/ Hara Museum ARC (Gunma)
川崎市岡本太郎美術館(神奈川)/ TARO OKAMOTO MUSEUM OF ART, KAWASAKI (Kanagawa)
東京都現代美術館(東京)/ MUSEUM OF CONTEMPORARY ART TOKYO (Tokyo)
森美術館(東京)/ Mori Art Museum (Tokyo)
東京オペラシティアートギャラリー(東京)/ Tokyo Opera City Art Gallery (Tokyo)
中村キース・ヘリング美術館(山梨)/ Nakamura Keith Haring Collection (Yamanashi)
セゾン現代美術館(長野)/ Sezon Museum of Modern Art (Nagano)
富山県美術館(富山)/ Toyama Prefectural Museum of Art and Design (Toyama)
金沢21世紀美術館(石川)/ 21st Century Museum of Contemporary Art, Kanazawa (Ishikawa)
豊田市美術館(愛知)/ Toyota Municipal Museum of Art (Aichi)
兵庫県立美術館(兵庫)/ Hyogo Prefectural Museum of Art (Hyogo)
国立国際美術館(大阪)/ The National Museum of Art, Osaka (Osaka)
京都国立近代美術館(京都)/ The National Museum of Modern Art, Kyoto (Kyoto)
地中美術館(香川)/ Chichu Art Museum (Kagawa)
ベネッセハウスミュージアム(香川)/ Benesse House Museum (Kagawa)
高松市美術館(香川)/ Takamatsu Art Museum (Kagawa)
丸亀市猪熊弦一郎現代美術館(香川)/ Marugame Genichiro-Inokuma Museum of Contemporary Art (Kagawa)
高知県立美術館(高知)/ THE MUSEUM OF ART, KOCHI (Kochi)
YCAM 山口情報芸術センター [YCAM](山口)/ Yamaguchi Center for Arts and Media [YCAM] (Yamaguchi)
大原美術館(岡山)/ Ohara Museum of Art (Okayama)
福岡市美術館(福岡)/ FUKUOKA ART MUSEUM (Fukuoka)
鹿児島県霧島アートの森(鹿児島)/ Kirishima Open-Air Museum (Kagoshima)

-An Introduction to Eight Galleries Dealing in Contemporary Art-
Taka Ishii Gallery
ShugoArts
Tomio Koyama Gallery
TARO NASU
Whitestone Gallery
MAKI
NANZUKA UNDERGROUND
KOTARO NUKAGA

-Storing and Selling Contemporary Art-
SBI Art Auctiony
TERRADA ART COMPLEX

INTRODUCTION OF D&AD
Creative News
2,200円
Vol.87 Sustainable Design Tour issue

今注目されるサスティナビリティをコンセプトに制作・活動する世界各国のデザイナー、建築家、プロダクト・エンジニア、また後半では日本の地域再生に焦点をあてる。
巻頭は、国連のSDGsロゴ・アイコンをデザインしたJakob Trollbäckを始め、再生可能エネルギーを自ら育成する建築を手がけるSnøhetta、環境理論家兼デザイナーであるBruce Mau、環境配慮型建築家のOvertreders W、彼ら4組の作品と理論・思想を交えて紹介する。
第2企画では、サステナブルな社会を目指し再生エネルギー・プロジェクトに挑み続ける7組のエンジニア、デザイナーを特集。 TOYOTA Woven City、太陽光発電機や風力発電機、サハラ砂漠の緑化プロジェクトなど、その開発と未来像に迫る。あわせてリユース容器プロジェクトLOOPで世界的に知られるTom Szackyに、ゴミを出さない社会を目指すためのアイデアをインタビューする。
第3企画は地域再生をテーマに、JINs田中仁が取組むクリエイティヴで地域の活性化を目指す群馬県前橋市、隈研吾建築が点在する高知県梼原町、ごみ自体を出さない社会を目指す「ゼロ・ウ ェイスト」宣言を掲げる徳島県上勝町のそれぞれのまちおこし活動を紹介する。

This issue focus designers, architects, and project engineers from around the world who are creating and working with the concept of sustainability, and the second half of the issue focuses on local revitalization in Japan.
The first part of the book features Jakob Trollb ck, who designed the UN's SDGs logo and icon, Sn hetta, whose architecture fosters renewable energy, Bruce Mau, an environmental theorist and designer, and Overtreders W, an environmentally conscious builder. The works and theoretical ideas of these four groups will be introduced.
The second part features seven engineers and designers who have been working on renewable energy projects for a sustainable society, including TOYOTA Woven City, solar and wind power generators, and the Sahara Forest Project. In addition, we interview Tom Szacky, known worldwide for his reuse project "LOOP," about his ideas for a waste-free society.
The third part focuses on community revitalization and introduces the activities of Maebashi City in Gunma Prefecture, where Jin Tanaka is working to revitalize the community through creativity, Yusuhara Town in Kochi Prefecture, where Kengo Kuma's architecture is located, and Kamikatsu Town in Tokushima Prefecture, which has declared itself a "zero-waste" town.


--CONTENTS--
-Practitioners Advocating for a Sustainable Society-
Jakob Trollb ck
Kjetil Tr dal Thorsen / Sn hetta
Bruce Mau
Hester van Dijk and Reinder Bakker / Overtreders W

-Challengers Creating the Future Through Renewable Energy Development-
Heliogen
Vortex Bladeless
Toyota Woven City
Carbon Engineering
Sahara Forest Project
SD Green Energy

-A New Generation of Sustainable Entrepreneur-
Loop

-Community Revitalization Activities in Japan-
Maebashi, Gunma
Yusuhara, Kochi
Kamikatsu, Tokushima

E-code
Creative News
2,200円
Vol.86 Creators’ Working Style issue

今回の特集では、日本人の若きクリエイティヴ関連の仕事をしている人たちの働き方、Working Styleにスポットを当てる。
世界から実力者が集まり競い合う街、New York。世界一厳しいビジネスの現場で名を挙げ活躍する人たち。彼らの原点と仕事への取り組み方を読み取ることで、N.Y.でのCreative Working Styleを紐解いていく。ここから世界に通用する必要素を探索してみる。
第2特集として、JUNYA WATANABEのCOMME des GARÇONS M S/S 21.コレクションを掲載。個性的なWorking Styleを持つプロフェショナルな働く人たちを撮影した意欲的なブック『MANUAL: JW-CDG M S/S21.』を誌上コレクションとして紹介する。
後半のページでは、Creative Working Style in Tokyoと題して東京のクリエイターの働き方に焦点を当て、N.Y.と東京のWorking Style の相違点を比較しながら、コロナ後の社会におけるクリエイターのWorking Styleに注目した。

This issue starts by showcasing the working styles of young Japanese involved in creative fields.
New York is a city where talented minds from across the planet gather to test their mettle. We explore the origins and professional ethos of these dedicated individuals who make their names this most fiercely competitive of locales. Unravelling the mystery of how those in creative fields conduct their business in N.Y. offers ideas of what it takes to succeed on the global stage.
The second part of the issue is a feature on the S/S ‘21 collection of COMME des GARÇONS M by JUNYA WATANABE. The latest lineup from this label is presented on the pages of the must-have “ MANUAL: J W-CDG M S /S21.” w ith photos professionals who all have very distinct methods of working.
The latter pages of the issue takes up the theme of creative working styles in Tokyo. We put the spotlight on how creators go about their chosen field there and compare the way things are done in Tokyo versus N.Y., while also taking a look at new working style of creators in a COVID world.

--CONTENTS--
-Creators’ Working Style-
Rei Inamoto / I&CO

-Art Working Style in New York-
Tomokazu Matsuyama / Matsuyama Studio
Meguru Yamaguchi / GOLD WOOD ART WORKS CORP.
Kentaro Totsuka

MANUAL: JW-CDG M S/S21.
JUNYA WATANABE
Comme des Garçons MAN

-Creative Working Style in Tokyo-
Fumihiko Sano / Fumihiko Sano stutio
Seitaro Yamazaki / Seitaro design
Tetsuya Chihara / Lemonlife
Shuzo Okabe / upsetters architects
Akane Kikuchi / KiQ
Jeong-ho Im / mount inc.
Naonori Yago / SIX
Shun Kawakami / artless I nc.
Shiori Takei / Adobe Creative Cloud
Hiroshi Koike / NON-GRID
2,200円
Vol.85 The Olympics - Creative Highlights from 1964 to 2020 issue

開催延期となったTOKYO 2020 Olympic and Paralympic Gamesだが、今号ではオリンピックのクリエイティヴ面にフォーカスを当て特集する。元来、近代オリンピックはスポーツと芸術の祭典という趣旨で開催されている。その意味で、もうひとつのオリンピック・クリエイティヴ史を時代と共に探求する。
巻頭では、東京2020 年大会のエムブレム、スタジアム、ピクトグラムをピックアップ。続いて、東京1964大会の丹下健三の国立代々木競技場、亀倉雄策のグラフィックから、2016 年のリオオリンピックまで、各大会のクリエイティヴ・ハイライトを集約。
伝説の1968 年メキシコ大会、1972年のミュンヘン大会のエムブレム・デザイナー、2008 年北京大会の通称「鳥の巣」スタジアムの建築家などを含めた総勢21名のオリンピックを彩ったクリエイターへの単独インタビューと当時の貴重な写真、作品を掲載する。
加えてグラビア特集として、時代を超えても忘れられない裸足の王者アベベ、体操コマネチからボルトまでのアスリート達を各大会ごとに振り返る。
資料的にも貴重な永久保存版の一冊。

While Tokyo 2020 Olympics and Paralympics have been postponed, this issue will nonetheless focus on the creative elements of the Games. The modern Olympics were originally meant to be a celebration of both sports and art, and it is with this intent that we explore this other, creative history of the Games throughout the years.
The issue kicks off with a look at the emblems, stadiums, and pictograms of the 2020 Olympics. Next up are interviews and visuals highlighting the artistic vision of each installment of the Olympics starting with Kenzo Tange’s The Yoyogi 1st Gymnasium and Yusaku Kamekura’s graphics for the Tokyo 1964 Games all the way up through the 2016 Olympics in Rio. The feature includes archives photos and images along with solo interviews from 21 different designers and architects whose ingenuity graced the Olympics, with notable examples being the legendary creator of the emblems for the 1968 Games in Mexico and the’72 Games in Munich, as well as the mind behind the “bird’s nest” built for the’08 Beijing Games. We also have a photogravure special feature looking back over timeless, unforgettable shots of the athletes from these same tournaments like the barefoot champion Abebe Bikila, gymnast Nadia Comaneci, and Usain Bolt.
This is one issue that will stand the test of time as a valuable historical reference.

--CONTENTS--
-Tokyo 2020-21 Olympic Games-
Tokyo 2020 / Asao Tokolo
Tokyo 2020 / Kengo Kuma
Tokyo 2020 / Masaaki Hiromura
Tokyo 2020 / Kota Iguchi
Tokyo 2020 / Paul Noritaka Tange
Tokyo 1964 Olympic Games
Tokyo 1964 / Kenzo Tange
Tokyo 1964 / Yusaku Kamekura
Tokyo 1964 / Kazumasa Nagai

Memorable Athletes

-1968-1972 Olympic Games-
Mexico 1968 / Lance Wyman and Eduardo Terrazas
Munich 1972 / Coordt von Mannstein
Munich 1972 / Mark Holt

Nike Track Spikes Innovation Archive 1966-2020

-1968-1972 Olympic Games-
Los Angeles 1984 / Deborah Sussman
Barcelona 1992 / Arata Isozaki
Atlanta 1996 / Michael Collins
Atlanta 1996 / Primo Angeli
Sydney 2000 / Paul Henry (POPULOUS)
Athnes 2004 / Rodanthi Senduka (Red Design Consultants)
Bejin 2008 / Stefan Marbach (Herzog & de Meuron)
London 2012 / Shaun Gallagher (POPULOUS)
Rio 2016 / Fred Gelli (the Tatil)
2,200円
Vol.84 Sports Graphics and Brand Stories issue

東京2020 オリンピック・パラリンピックを迎えるにあたり、+81では初の試みとなるスポーツ・ブランドとグラフィックに焦点をあてた特集。
巻頭企画では、Nike のシューズ・デザイナーTinker Hatfieldによる「Air Jordan」III~XVシリーズの開発秘話と貴重なデザイン・スケッチを網羅。他にも革新的なスポーツ・ブランドのキー・パーソンや数々のコラボレーション・プロジェクトを手がけるアーティストへのインタビューから、ブランド哲学、ブランド存在意義、科学的な分析に基づく商品開発の背景といった多角的な視点でスポーツ・ブランドを立体的に紹介する。
第2企画は、スポーツ作品を手がける、写真家とイラストレータを取り上げ、スポーツの美しさや魅力が表現されたアーティスティックなアートワークを掲載。
巻末特集は、スケートボード、スノーボード、BMXを中心に独自のアートワーク、グラフィックを持つ X-Sportsブランドを特集。そのブランド・ヒストリーやコンセプトと共に、アイコニックなグラフィックをはじめ、創設当初から最新のヴィジュアルに至るまでアーカイヴ的に紹介。
Sports Brand & Graphics の楽しさや奥深さを、見て、感じて、理解できる一冊となっている。

The days of Heisei drew to an end last month in April 2019, with the new Reiwa Era beginning this May. This being the case, we decided to fill this issue with long interviews in which we speak to some of the key contributors to the movements and culture of the creative scene in Japan during the 30 years of the Heisei Era.
We selected 13 leaders from genres spanning architecture and photography to art, programming, music, fashion, as well as interior, product, graphic, and web design, introducing their most iconic handiwork alongside invaluable stories, which in some cases span 5,000 words, that can’t be found anywhere else. This is a volume for looking back on the Heisei from a creator’s perspective, analyzing and pondering it to glean some idea of what lays ahead in the future.
The cover features artwork by Hideki Inaba, who, in addition to appearing within, served as editorial designer of +81 for four years beginning with our initial issue.
Lastly, in what is our 22nd year of publication, we will be making some major revisions to the size, methods, print run, price, and content of our magazine. +81 will now be released twice a year in a much larger size with many more pages than before, so please look forward to a new version of our magazine that is more impressive than ever in terms of both appearance and content.


--CONTENTS--
-Sports Graphics and Brand Stories-
Scott Mellin and Tim Hamilton / The North Face
Tinker Hatfield / Nike Air Jordan × Michael Jordan
Jim Riswold × Nike Air Jordan × Michael Jordan × Spike Lee
Futura
Radek Wojcik / Made Thought × adidas by Stella McCartney
Jérôme Noviant / Rossignol

-Sports Graphics Photographers and Illustrator-
Bob Martin
Howard Schatz
Riccardo Guasco
Donald Miralle

-Sports Graphics Photographers and Illustrator-
Burton Snowboards
SE BIKES
ARMADA
SIMS
Rapha
PALACE SKATEBOARDS
Santa Cruz Skateboards
Evisen Skateboards
2,200円
Vol.83 Japan Creative Chronicle issue

先月の2019年4月で「平成」という一時代が終わり、この5月からは新元号「令和」という新たな時代を迎えた。そこで今回は、平成の30年間に起きたクリエイティヴ界のムーブメントやカルチャーに大きく貢献した、日本を代表するキーパーソンにロング・インタビューを敢行した。
建築やインテリア、プロダクト、グラフィック、ウェブ、写真、アート、プログラミング、音楽、ファッションといったジャンルを牽引する、13名のクリエイターをピックアップし、彼らの代表作品を中心に紹介しながら、他では聞くことができない各5000Wにも及ぶ貴重な言葉を掲載している。クリエイティヴ面から平成時代を振り返り、検証・考察し、これからの未来を見据える一冊となった。
表紙には、+81創刊号から4 年間、エディトリアル・デザイナーを務め、本誌内にも登場する稲葉英樹のアートワークを採用。
最後に、創刊22年を越えた今年、大幅なサイズ、仕様、発行数、料金、内容を改訂する。年2回発行になり、サイズは一回り大きく、ページ数も大幅に増加した、以前のよりも見応え・読み応え満点の新たな+81に今後も乞うご期待を。

The days of Heisei drew to an end last month in April 2019, with the new Reiwa Era beginning this May. This being the case, we decided to fill this issue with long interviews in which we speak to some of the key contributors to the movements and culture of the creative scene in Japan during the 30 years of the Heisei Era.
We selected 13 leaders from genres spanning architecture and photography to art, programming, music, fashion, as well as interior, product, graphic, and web design, introducing their most iconic handiwork alongside invaluable stories, which in some cases span 5,000 words, that can’t be found anywhere else. This is a volume for looking back on the Heisei from a creator’s perspective, analyzing and pondering it to glean some idea of what lays ahead in the future.
The cover features artwork by Hideki Inaba, who, in addition to appearing within, served as editorial designer of +81 for four years beginning with our initial issue.
Lastly, in what is our 22nd year of publication, we will be making some major revisions to the size, methods, print run, price, and content of our magazine. +81 will now be released twice a year in a much larger size with many more pages than before, so please look forward to a new version of our magazine that is more impressive than ever in terms of both appearance and content.


--CONTENTS--
Kengo Kuma
Naoto Fukasawa
Kashiwa Sato
Masamichi Katayama
Shuwa Tei
Yugo Nakamura
Hideki Inaba
Mikiya Takimoto
Kohei Nawa
Daito Manabe
Yasutaka Nakata
Yuni Yoshida
Kunihiko Morinaga

趣味・芸術 雑誌の売上ランキング

アウトドアといえばBE-PAL(ビーパル)!

  • 2021/12/09
    発売号

  • 2021/11/09
    発売号

  • 2021/10/07
    発売号

  • 2021/09/09
    発売号

  • 2021/08/05
    発売号

  • 2021/07/08
    発売号

2 美術手帖

美術出版社

最大
50%
OFF
送料
無料

美術手帖

2022年01月07日発売

目次: 医療や福祉の現場における意思決定のプロセスや、ケア労働とジェンダーの問題などが議論されるなかで、自己責任の限界を提唱する「ケア」の概念が注目されてきた。本特集では、介護や子育てといったケア労働を扱った作品から、 他者との関係性のなかにある自己について考える作品まで、広く「ケア」の思想に通じる活動をする作家やプロジェクトを取り上げる。美術はこれまでも、異なる身体や感覚を持つ人々が他者について想像する契機となってきた。コロナ禍により、かつてなく生命の危うさに向き合わざるをえない今日、私たちはいかにして個人主義的な価値観を脱し、ともに生きることができるのか。アートの視点から考えてみたい。


SPECIAL FEATURE
ケアの思想とアート

アーティストたちがナビゲートするケアの視点で見るアート

PART1
稲葉俊郎×田中みゆき
アートにみるケア、ケアにみる創造性

小川公代インタビュー
固定観念に抗う「ケアの時代」の想像の力
田中みゆき=聞き手

渡辺篤
斎藤環=聞き手

碓井ゆい
中尾英恵=聞き手

小林エリカ
清水知子=聞き手

傍にある生を照らす、美術の向き合い方
佐々木健×飯山由貴

ケアの思想とは何か
清水知子+岡野八代=文

佐藤慎也に聞く
美術館の「アクセシビリティ」

ケアがひらく体と表現
砂連尾理×伊藤亜紗×青木彬

PART2
世界のアーティスト&プロジェクト10
リア・クレメンツ/Who Cares?/ヨハンナ・ヘドヴァ/シモーネ・リー/
チェ・テユン/フランシス・ケレ/ペン!コレクティブ/フィフス・シーズン/
テイキング・ケア・プロジェクト/はじまりの美術館

批評としての《ケア》
飯岡陸=文

ケアの思想から関係性へ
杉田敦=文

ケアあるいは不確かさの共同体
田中功起=文

「ケア」を起点に考える、新しい社会のかたち
岡野八代×杉田敦×田中功起

ARTIST PICK UP
クリスチャン・マークレー
細田成嗣=聞き手

セシリー・ブラウン
山本浩貴=聞き手

WORLD NEWS
New York/London/Berlin/
Los Angeles/Insight

ARTIST INTERVIEW
ホー・ツーニェン
能勢陽子=聞き手

特別寄稿
VRと国家
星野太=文

REVIEWS
エキソニモ「CONNECT THE RANDOM DOTS」展
椹木野衣=文
「キュレトリアル・スタディズ15: 八木一夫の写真」展
清水穣=文

台湾ナウ『アフロディーテ〜阿婆蘭〜』

エスパス ルイ・ヴィトン

伊藤公象の現在地

アート&デザイン学校ガイド
武蔵野美術大学/女子美術大学/秋田公立美術大学/
多摩美術大学/東京造形大学/相模女子大学ほか

青柳龍太「我、発見せり。」(23)
平山昌尚「つづく」50話(最終回)
プレイバック!美術手帖 原田裕規=文
BOOK
月刊美術史
常備店リスト
バックナンバー案内
次号予告

参考価格: 1,760円 定期購読(【月額払い】プラン)なら1冊:880円

美術の専門雑誌という枠組みにとらわれず、さまざまなジャンルを横断する斬新な内容に定評。

  • 2021/11/06
    発売号

  • 2021/09/07
    発売号

  • 2021/07/07
    発売号

  • 2021/05/07
    発売号

  • 2021/03/05
    発売号

  • 2021/01/07
    発売号

最大
20%
OFF
送料
無料

ステッチidees(ステッチイデー)

2021年12月11日発売

目次: ステッチの種類別に特集した特別号になります。
●クロスステッチやフランス刺しゅうなどおなじみの技法から、スウェーデン刺しゅう、リボン刺しゅう、こぎん刺し、プントアンティーコなどさまざまな技法をレッスンつきで紹介しています。刺してみたかったステッチや、あらためて基本に立ち戻ることもできるいわば保存版です。
●人気連載「ミステリーSAL」は最終回を迎えます。
●特別付録は青木和子さんの「刺しゅうカレンダー」で、2か月に1枚の図案が楽します。

定期購読(【月額払い】プラン)なら1冊:1,232円

刺しゅうを中心とした糸と布で暮らしを楽しく彩るハンドメイド誌、実物大型紙付き。

  • 2021/09/13
    発売号

  • 2021/04/08
    発売号

  • 2020/10/10
    発売号

  • 2020/04/11
    発売号

  • 2019/10/03
    発売号

  • 2019/04/11
    発売号

“これ作りたい!”が必ず見つかる

  • 2021/11/21
    発売号

  • 2021/10/21
    発売号

  • 2021/09/21
    発売号

  • 2021/08/20
    発売号

  • 2021/07/21
    発売号

  • 2021/06/21
    発売号

送料
無料

人生100年 植物と暮らそう

  • 2021/11/21
    発売号

  • 2021/10/21
    発売号

  • 2021/09/21
    発売号

  • 2021/08/20
    発売号

  • 2021/07/21
    発売号

  • 2021/06/21
    発売号

最大
14%
OFF

CasaBRUTUS(カーサブルータス)

2022年01月08日発売

目次: MY HOME 2022
真似したくなる家づくり

取り入れたいアイデア満載。
最新BEST住宅サンプル集!

美しい家づくりの第一歩は、ずばり美しい家のエッセンスを取り入れることです。
そこで今年の住宅特集は思わず真似をしたくなる選りすぐりのサンプルを取り揃えました。
〈SOPH.〉の清永浩文がハウスメーカーと協業し、名作家具と現代アートで溢れる都心の住まいを郊外の一軒家にコンバートするという実験的な家づくりから、デザイナーの深澤直人が自らの理想とする空間を実現した職住一体の新築住宅、建築家が思いを込めた自邸、最新住宅のトレンドまで、盛りだくさんでお届けします!

HOW TO DESIGN A NEW HOUSE 1
都心のレジデンスを写した清永浩文の実験的な家づくり。

HOW TO DESIGN A NEW HOUSE 2
職住一体のアトリエとして深澤直人がデザインした家。

ARCHITECT'S HOUSE
建築家の自邸。
01 風越の家 by 加藤匡毅/Puddle
02 TERADA HOUSE by 寺田尚樹+平手健一
03 甲陽園の家 by 畑友洋 94 BEST HOUSE 2022 最新住宅カタログ。

BEST HOUSE 2022
最新住宅カタログ。
【鶴岡邸】by 武田清明建築設計事務所/武田清明
【城の家】by 手塚建築研究所/手塚貴晴+手塚由比
【巣-pider】by UID/前田圭介
【岩倉の家】 by ALTS DESIGN OFFICE/水本純央
【House in Fukasawa】by Schenk Hattori/スティーブン・シェンク+服部大祐
【鎌倉寺分の家】by 八島建築設計事務所/八島正年+八島夕子
【生態系と共に生きる家】by MARU。architecture/高野洋平+森田祥子
【IBIS SENDAGAYA】by KOMPAS/小室舞
【SHOCHIKUCHO HOUSE】by 西沢立衛建築設計事務所

14 SELECTED ARCHITECTS AND DESIGNERS
2022 建築家&デザイナーリスト。

HOUSING NEWS
新しい家づくりのための住宅ニュース2022。


ホンマタカシ before and after TANGE
祐真朋樹 Miracle Closet
櫻井翔 ケンチクを学ぶ旅。
長山智美 デザイン狩人
小寺慶子 レストラン予報
ほしよりこ カーサの猫村さん
Chill Cars 時代を超えて愛される、デザインの良い車。

参考価格: 980円 定期購読(2年プラン)なら1冊:843円

ファッション、建築、デザイン、インテリア、食、アートなど、暮らしにまつわる「デザイン」情報をお届けするLife Design Magazine = 暮らしのデザイン誌

  • 2021/12/09
    発売号

  • 2021/11/09
    発売号

  • 2021/10/08
    発売号

  • 2021/09/09
    発売号

  • 2021/08/06
    発売号

  • 2021/07/09
    発売号

8 GetNavi(ゲットナビ)

ワン・パブリッシング

最大
50%
OFF
送料
無料

GetNavi(ゲットナビ)

2021年12月24日発売

目次: 【総力特集】NEXTヒット2022
2021年は、コロナ禍で生まれた新しい生活様式や価値観が浸透し、制限のある暮らしのなかで心地良く暮らす方法を追求した一年でした。
2022年は一体どんな一年になるのか。時代を映す鏡であるトレンドを、様々なジャンルのプロがいち早く紹介します!

Chapter.1 モノ知りたちの爆売れ予報
はあちゅう(ブロガー)/Masuo(動画クリエイター)/松橋周太呂(家事えもん/家電芸人)/MB(ファッションバイヤー)etc.

Chapter.2 ジャンル別NEXTトレンドワード
家電・デジタル/日用品・ホビー/フード/乗り物/トラベル/エンタメ・カルチャー

Chapter.3 編集部員が深掘り! 2021年ヒットセレクション

【第2特集】好きです、3COINS
300円ショップの筆頭である「3COINS(スリーコインズ)」はここ数年で数多くのヒット製品を生み出してきました。
SNSやテレビ番組で見かけない日はないほどの快進撃を続ける3COINSの商品から
同ショップのマニアがオススメするものを紹介します。掘り出しモノが必ず見つかるはず!
本誌購入者限定の特典として、900円(税抜)以上の買い物で200円割引となるクーポンが付いてきます。
●電子版にはクーポンは付きません

参考価格: 660円 定期購読(【月額払い】プラン)なら1冊:380円

デジタル機器・車・ファッション・ホビー…若い男性が興味を持つ新アイテムの魅力・購入メリットを解説!

  • 2021/11/24
    発売号

  • 2021/10/22
    発売号

  • 2021/09/24
    発売号

  • 2021/08/24
    発売号

  • 2021/07/21
    発売号

  • 2021/06/24
    発売号

+81(PLUS EIGHTY ONE)の所属カテゴリ一覧

日本最大級の雑誌取り扱い数!
定期購読の利用数100万人以上!
定期購読とは
雑誌を予約することで毎号ご自宅へお届けします!売り切れの心配なし♪
もっと詳しく ▶︎
タダ読みサービス
無料で雑誌が読み放題♪今日発売のあの雑誌も。
もっと詳しく ▶︎
法人サービス
雑誌を年間5万円以上ならお得な法人プレミアムサービスで!
もっと詳しく ▶︎
アフィリエイト
あなたのサイトで雑誌をおすすめしてみませんか?
もっと詳しく ▶︎
カテゴリ一覧
女性ファッション 雑誌
きれいめ・大人カジュアル系 雑誌 モード系・コレクション 雑誌 フェミニン系 雑誌 ママ・主婦 雑誌 コンサバ系 雑誌 ナチュラル系 雑誌 カジュアル系 雑誌 オフィスカジュアル 雑誌 子ども・キッズファッション 雑誌 ガーリー系 雑誌 ティーンズファッション 雑誌 原宿系 雑誌 着物・和服 雑誌 ギャル系 雑誌 セレブ系 雑誌 森ガール系 雑誌
メンズファッション 雑誌
メンズきれいめカジュアル 雑誌 モノ・グッズ 雑誌 メンズカジュアル 雑誌 ストリートファッション系 雑誌 スーツ・トラッド系 雑誌 アメカジ 雑誌 オラオラ系・お兄系 雑誌 腕時計・ブランド 雑誌 古着系 雑誌
ビジネス・経済 雑誌
経営・マネジメント 雑誌 海外事情・国際ニュース 雑誌 政治 雑誌 マネー・投資 雑誌 ビジネス・経済専門誌 求人・転職情報誌 法律・法務 雑誌 環境・エネルギー 雑誌 広告・マーケティング 雑誌 流通・小売 雑誌 人事・総務 雑誌 四季報 外食・ホテル業界 雑誌 会計・税務・経理 雑誌 農業・畜産・漁業 雑誌 飲食店経営・調理師 雑誌 金融 雑誌 貿易 雑誌 地方自治・行政 雑誌 起業・独立開業 雑誌 企業年鑑・データ 業界データブック 自己啓発 雑誌 ビジネスCD・通信教育 株・FX 雑誌 就職・就活 雑誌
健康・生活 雑誌
子供・児童学習 雑誌 子育て・育児 雑誌 家事・生活情報 雑誌 健康・家庭医学 雑誌 住宅・リフォーム 雑誌 住宅情報・賃貸 雑誌 インテリア・雑貨 雑誌 田舎暮らし・エコ・スローライフ 雑誌 結婚情報・ウェディング 雑誌 絵本・大型絵本 妊婦・赤ちゃん 雑誌
スポーツ 雑誌
サッカー・フットサル 雑誌 高校野球・プロ野球 雑誌 ゴルフ 雑誌 その他球技・競技 雑誌 釣り 雑誌 相撲・武術・武道 雑誌 筋トレ・ボディビル 雑誌 ダイビング・マリンスポーツ 雑誌 スノーボード・スキー 雑誌 ランニング・ウォーキング 雑誌 テニス・卓球 雑誌 バレエ・社交ダンス 雑誌 スポーツ医学・コーチング 雑誌 自転車・サイクリング 雑誌 サーフィン・ボディーボード 雑誌 バスケットボール 雑誌 F1・モータースポーツ 雑誌 ダンス 雑誌 プロレス・格闘技 雑誌 ボクシング 雑誌 水泳・ボート 雑誌 ラグビー・アメフト 雑誌
バイク・自動車・乗り物 雑誌
オートバイ 雑誌 カスタムカー・バイク 雑誌 外車・輸入車 雑誌 4WD・RV 雑誌 新車・ニューモデル情報 鉄道・電車 雑誌 飛行機・航空機 雑誌 中古車・中古バイク 雑誌
芸能・音楽 雑誌
テレビガイド・番組表 雑誌 音楽情報誌 エンタメ 雑誌 DVD(ビデオ)マガジン 映画・シネマ 雑誌 韓国(韓流・K-POP) 雑誌 ピアノ・クラシック 雑誌 ギター・ロック 雑誌 演劇・舞台 雑誌 洋楽 雑誌 ジャズ(JAZZ) 雑誌 ジャニーズ 雑誌 グラビア・アイドル 雑誌 写真週刊誌・ゴシップ 雑誌 写真集
グルメ・料理 雑誌
レシピ 雑誌 グルメガイド・レストラン 雑誌 お酒(ワイン・日本酒など) 雑誌 栄養学・食育 雑誌 パン・スイーツ 雑誌
旅行・タウン情報 雑誌
京都・関西 雑誌 関東 雑誌 東京(TOKYO) 雑誌 九州 雑誌 東海 雑誌 東北 雑誌 北海道 雑誌 北陸・信越 雑誌 中国地方 雑誌 四国 雑誌 沖縄情報 雑誌 旅行情報誌 温泉 雑誌 リゾート・レジャー 雑誌 タイ・アジア 雑誌 ハワイ 雑誌 その他 海外情報 雑誌 鉄道・バス時刻表本 航空時刻表
アニメ・漫画 雑誌
少年コミック・漫画 少女コミック・漫画 青年コミック・漫画 レディース(女性)コミック アニメ 雑誌 声優 雑誌 comics&アメコミ ディズニー・キャラクター 雑誌 コスプレ 雑誌 BL(ボーイズラブ)コミック・雑誌
ペット・動物 雑誌
犬 雑誌 猫 雑誌 トリマー・ペット業界 雑誌 魚・熱帯魚 雑誌 昆虫 雑誌 ペットその他 雑誌
文芸・総合 雑誌
女性総合誌 男性総合誌 カルチャー・文化 雑誌 文芸誌・小説 雑誌 時事・社会 雑誌 機内誌 宗教 雑誌 歴史・史学 雑誌 思想・心理学 雑誌 俳句・短歌・詩 雑誌 占い・開運 雑誌 書道 雑誌
趣味・芸術 雑誌
デザイン・アート 雑誌 プラモデル・模型 雑誌 ガーデニング・園芸 雑誌 手芸・ハンドメイド 雑誌 パズル・クイズ 雑誌 ナンプレ・数独 雑誌 クロスワード・ナンクロ 雑誌 ミリタリー・サバゲー 雑誌 競馬・競輪・競艇 雑誌 オーディオ・ステレオ 雑誌 アウトドア・キャンプ 雑誌 カメラ・写真 雑誌 分冊百科・ワンテーママガジン 将棋・囲碁 雑誌 イラスト・グラフィックデザイン 雑誌 建築・住宅建築 雑誌 陶芸・骨董 雑誌 ラジオ・無線 雑誌 ゲーム 雑誌 フィギュア・ホビー 雑誌 DIY・工具 雑誌 パチンコ・パチスロ 雑誌 ハイキング・登山 雑誌 麻雀 雑誌
ヘアカタログ・美容 雑誌
メイク・ネイル 雑誌 フィットネス 雑誌 ヘアスタイル 雑誌 ヨガ 雑誌 美容専門誌 ダイエット 雑誌 アロマ 雑誌
看護・医学・医療 雑誌
ナース 雑誌 介護・福祉 雑誌 医療技術 雑誌 薬学 雑誌 臨床外科 雑誌 臨床内科 雑誌 医療時事 雑誌 歯科 雑誌 獣医学 雑誌 理学療法 雑誌 その他 医学雑誌
教育・語学 雑誌
その他 NHKテレビ・ラジオテキスト NHK語学テキスト 幼児教育 雑誌 小学生教育 雑誌 中学教育 雑誌 高校教育 雑誌 受験・留学 雑誌 試験問題集・資格 雑誌 日本語学習 教材 ハングル・韓国語学習 教材 中国語学習 教材 リスニング教材・語学CD 英語教育・英会話 教材 フランス語学習 教材 ドイツ語学習 教材 スペイン語学習 教材 その他 語学雑誌 教員・教師 雑誌 通信・教育講座
テクノロジー・科学 雑誌
宇宙・天文 雑誌 機械 雑誌 化学 雑誌 情報処理 雑誌 地球科学・環境問題 雑誌 生物・生物学 雑誌 数学・物理 雑誌
パソコン・PC 雑誌
コンピューター・自作PC 雑誌 ネットワーク・セキュリティ 雑誌 Webデザイン・プログラミング 雑誌 DTP・グラフィック 雑誌 アプリ・スマホ 雑誌 インターネット 雑誌 Mac・マック 雑誌
新聞・業界紙
英字新聞 業界新聞・専門紙 新聞縮刷版 切り抜き・クリッピングマガジン 全国紙(新聞) 中国語 新聞・業界紙 地方紙(新聞)
洋(海外)雑誌
English newspaper Science&Nature Magazines Language&Education Magazines Money&Business& Magazines Fashion&Style Magazines others Design&Architecture Magazines Hobby&Entertainment Magazines Home&Interior Magazines Computers&Electronics Magazines バイリンガルマガジン・雑誌
中国雑誌
中国 ビジネス・経済 雑誌 中国 旅行・タウン情報 雑誌 中国 趣味・芸術 雑誌 中国 看護・医学 ・医療 雑誌 中国 文芸・総合 雑誌 中国 教育・語学 雑誌 中国 テクノロジー・科学 雑誌 中国 スポーツ 雑誌 中国 ファッション 雑誌 高等文化院校学報 高等理工学院学報 中国 バイク・車・乗り物 雑誌 中国 健康・生活 雑誌 中国 学生・こども向け 雑誌
その他
その他 雑誌