StereoSound(ステレオサウンド) No.169(冬号) (発売日2008年12月13日) 表紙
  • 雑誌:StereoSound(ステレオサウンド)
  • 出版社:ステレオサウンド
  • 発行間隔:季刊
  • 発売日:3,6,9月2日、12月11日
  • サイズ:B5
  • 参考価格:[紙版]2,640円 [デジタル版]2,640円
StereoSound(ステレオサウンド) No.169(冬号) (発売日2008年12月13日) 表紙
  • 雑誌:StereoSound(ステレオサウンド)
  • 出版社:ステレオサウンド
  • 発行間隔:季刊
  • 発売日:3,6,9月2日、12月11日
  • サイズ:B5
  • 参考価格:[紙版]2,640円 [デジタル版]2,640円

StereoSound(ステレオサウンド) No.169(冬号) (発売日2008年12月13日)

ステレオサウンド
ステレオサウンドグランプリ
STEREO SOUND GRAND PRIX 2008
菅野沖彦(選考委員長)/上杉佳郎/傅 信幸/三浦孝仁/柳沢功力
原田 勳(編集主幹)/小野寺弘滋(編集長)

CRITICS’ APPLAUSE

ステレオ...

StereoSound(ステレオサウンド) No.169(冬号) (発売日2008年12月13日)

ステレオサウンド
ステレオサウンドグランプリ
STEREO SOUND GRAND PRIX 2008
菅野沖彦(選考委員長)/上杉佳郎/傅 信幸/三浦孝仁/柳沢功力
原田 勳(編集主幹)/小野寺弘滋(編集長)

CRITICS’ APPLAUSE

ステレオ...

ご注文はこちら

初購入500円割引
Fujisan.co.jpでご購入が初めての方は、5000円以上のご注文で500円割引となります。ご注文確認画面のギフト券入力欄に自動的に適用されます。
レビュー投稿500円割引 or 10%割引
好きな雑誌のレビューを投稿すると、5000円以上のご注文にご利用可能な500円割引ギフト券と、5000円以下の定期購読にご利用可な10%割引ギフト券が、投稿後メールですぐに届きます。
  • 月額払いの商品ではご利用いただけません。
  • どちらかひとつのギフト券が 今すぐご利用可能です♪
StereoSound(ステレオサウンド)のレビューを投稿する
2008年12月13日発売号単品
  • 売り切れ
定期購読でご注文
レビュー
500円
割引可
この号なら
2,409円
送料無料
2024年03月05日発売号から購読開始号が選べます。
本格オーディオ・クォリティマガジン。バックナンバー・最新号も購入できます!

StereoSound(ステレオサウンド) No.169(冬号) (発売日2008年12月13日) の目次

ステレオサウンドグランプリ
STEREO SOUND GRAND PRIX 2008
菅野沖彦(選考委員長)/上杉佳郎/傅 信幸/三浦孝仁/柳沢功力
原田 勳(編集主幹)/小野寺弘滋(編集長)

CRITICS’ APPLAUSE

ステレオサウンドグランプリ 2008 ノミネート製品一覧

特集 ジャンル別・価格帯別 2008~2009
ザ・ベストバイ・コンポーネント 709選
小林 貢/佐久間輝夫/篠田寛一/菅野沖彦/傅 信幸/細谷信二/三浦孝仁/柳沢功力/和田博巳

●スピーカーシステム──165選
●アナログプレーヤー──26選
●デジタルディスクプレーヤー──83選
●フォノカートリッジ──33選
●CDトランスポート──18選
●フォノイコライザーアンプ──29選
●D/Aコンバーター──34選
●サブウーファー──22選
●プリアンプ──53選
●スーパートゥイーター──9選
●パワーアンプ──96選
●アクセサリー/その他──79選
●プリメインアンプ──62選
選出方法について

連載 レコード演奏家訪問48 広川陽一氏/山田聰氏 菅野沖彦

連載 音のたまもの 第5回 ゲスト : 長谷川陽子(チェリスト) 小林悟朗

連載 ニアフィールドリスニングの快楽
第40回[安くていいもの高くていいもの] 和田博巳

連載 音技の国の散歩道 第12回 冬の道
ホーン型スピーカーの今、昔 高津 修

連載 聴く鏡 無償の愛 菅原正二

連載 いい音のためのベストツール イコライザーのすすめ
私の使い方───石井伸一郎/原本薫子
定在波とは───石井伸一郎

連載 サウンドアクセサリー
オーディオ・サポートショップ 第34回───細谷信二
サウンドアクセサリーブランド研究 第6回───小原由夫

秋のオーディオショウ・リポート 松浦正和/編集部

SSインタビュー ───三浦孝仁
B&W/ジェフ・ロゥランド/エステティクス
チャプター/オクターブ/ソウリューション

ジンガリ ダイナミック・リアリズムの復権に向けて───山本浩司

冬の新着モデル徹底試聴 Exciting Components
●ソニー=SS‐AR2──和田博巳
●ゴールドムンド=テロス5000──柳沢功力
●EMMラボ=TSD1/DAC2──三浦孝仁
●マークレビンソン=No53──柳沢功力
●ラックスマン=D08──三浦孝仁
●ヴィオラ=レガシー──柳沢功力
●デノン=DCD‐SX/PMA‐SX──和田博巳
●チャプター=カプレット500Mリファレンス──三浦孝仁
●オクターブ=ジュビリー・プリアンプ──傅 信幸
●ライドー=アイラC2/アイラC3──傅 信幸
●パス=XP20──三浦孝仁


TEST REPORT 2009 WINTER
話題の新製品を聴く
小原由夫/小林 貢/篠田寛一/高津 修/傅 信幸/細谷信二/三浦孝仁/柳沢功力/和田博巳

スピーカーシステム
●アンフィオン=プリオ510、イオン●B&W=CM9、CM5
●コンセンサス・オーディオ=マグマ、ライトニングSE●ディナウディオ=エキサイトX32、エキサイトX12
●エラック=FS210CE●KEF=iQ90、iQ30
●モニターオーディオ=ラディウス270HD、ラディウス90HD、●ピエガ=CL120X
●パイオニア=S81、S81B‐LR●パイオニア=S4EX●ソナス・ファベール=トイ●シンセシス=デビュー
●タオック=FC3100●ティール=CS3・7●ビクター=SX‐M7●ヤマハ=ソアヴォ3
●ジンガリ=トウェンティ2・08、トウェンティ2・06

SACDプレーヤー
●アキュフェーズ=DP600●マランツ=SA15S2●マークレビンソン=No512
●マッキントッシュ=MCD301●オニキス=SACD15

CDプレーヤー
●アキュフェーズ=DP400

CDトランスポート
●アコースティックアーツ=ドライヴ・●CEC=TL1N

D/Aコンバーター
●アコースティックアーツ=チューブDAC・ SE●バークレー・オーディオ・デザイン=アルファDAC
●CEC=DA1N●ハニワ=HDAC01

プリアンプ
●アトール=PR200se●オーディオスペース=リファレンス2・1●ヘーゲル=P10
●フェーズテック=CA3P●ソウリューション=721

パワーアンプ
●コンバージェント・オーディオ・テクノロジー=JL2シグネチャー●エソテリック=A80、A03
●ヘーゲル=H10●テクニカルブレーン=TBPゼロ・ヴァージョン2・0

プリメインアンプ
●アキュフェーズ=E250●アトール=IN50se●CEC=AMP5300R●ラックスマン=SQ38u
●マランツ=PM11S2●オニキス=A125●オルトフォン=LMA60●ロジャース=E40a、E20a

ADプレーヤー
●ノッティンガム=スペースデッキ・クラシック●オラクル=デルフィMK・ 30thアニヴァーサリー
●ウェル・テンパード=アマデウス

フォノカートリッジ
●オーディオテクニカ=AT33EV●ベンツ・マイクロ=SLRガルウィング
●EMT=JSD6ゴールド●フェーズテック=P1G

フォノイコライザー
●アキュフェーズ=C27●エステティクス=イオ・エクリプス●アンフィオン=フォノ・ベーシック
●オーディア=フライト・フォノ●ラックスマン=E200●オルトフォン=EQA555 ●フェーズテック=EA5

MCトランス
●オーディオテクニカ=AT2000T

パッシヴ・アッテネーター
●テクノクラフト・オーディオデザイン=モデル26

D/Dコンバーター
●dCS=スカルラッティ・アップサンプラー●オルソー・スペクトラム=USB101

トーンアーム
●ターレス・トーンアーム=ターレス


SOUND SCOPE
●ダヴォン=リズム──傅 信幸
●リン=マジックDS/スニーキー・ミュージックDS──和田博巳
試聴ディスク一覧

JUST NEW COMPONENTS

英デッカの名盤をエソテリックがSACDで復刻・発売 宮下 博

168号特別付録 検定ディスク正解発表

連載 SS MUSIC REVIEW & ESSAY
New Discs
クラシック=黒田恭一/菅野沖彦/東条碩夫/宮下 博/柳沢功力
ジャズ=原田和典/ポピュラー=和田博巳

連載 音楽に心躍る日々 小林慎一郎

連載 聴き方の達人 岩田由記夫

The Best Sounding CD 嶋護の一枚

SSインフォメーション

第15回「日本プロ音楽録音賞」受賞作品決定 編集部

新素材が開くディスクメディアの新たな可能性を探る 宮下 博

連載 行間の音楽 舩木篤也

連載 音楽の誘拐 許 光俊

CS-PCM音楽放送番組表

StereoSound(ステレオサウンド)の内容

最高の再生音楽を求める人々のための本格オーディオマガジン。最新製品の本格試聴記事や、組み合わせテストリポートなど、音と音楽を愉しむための情報満載。
季刊『Stereo Sound』は世界随一の本格的なオーディオマガジン。日本で初めてのオーディオ専門誌として昭和41年創刊。以来、「素晴らしい音楽を理想の音で奏でたい、演奏家の魂が聴こえるオーディオ製品を世に広く知らせたいという思いのもと出版を続けている。奏者の息吹を感じ取り、そして、自らそれを求めて努力し続ける人たちへのメッセージ集である。意の尽くされた製品を持つことの喜び、自分の理想とする音を求め、聴くことの喜びを伝道していくオーディオのトップマガジンである。

StereoSound(ステレオサウンド)の無料サンプル

No.184(秋号) (2012年09月02日発売)
No.184(秋号) (2012年09月02日発売)をまるごと1冊ご覧いただけます
サンプルを見る

StereoSound(ステレオサウンド)の目次配信サービス

StereoSound(ステレオサウンド)最新号の情報がメルマガで届く♪ メールアドレスを入力して登録(解除)ボタンを押してください。

※登録は無料です
※登録・解除は、各雑誌の商品ページからお願いします。/~\Fujisan.co.jpで既に定期購読をなさっているお客様は、マイページからも登録・解除及び宛先メールアドレスの変更手続きが可能です。
以下のプライバシーポリシーに同意の上、登録して下さい。
おすすめの購読プラン

StereoSound(ステレオサウンド)の無料記事

この雑誌の読者はこちらの雑誌も買っています!

StereoSound(ステレオサウンド)の所属カテゴリ一覧

Fujisanとは?

日本最大級雑誌の定期購読サービスを提供

デジタル雑誌をご利用なら

最新号〜バックナンバーまで7000冊以上の雑誌
(電子書籍)が無料で読み放題!
タダ読みサービスを楽しもう!

総合案内
マイページ
マイライブラリ
アフィリエイト
採用情報
プレスリリース
お問い合わせ
©︎2002 FUJISAN MAGAZINE SERVICE CO., Ltd.