StereoSound(ステレオサウンド) No.174(春号) (発売日2010年03月13日) 表紙
  • 雑誌:StereoSound(ステレオサウンド)
  • 出版社:ステレオサウンド
  • 発行間隔:季刊
  • 発売日:3,6,9月2日、12月11日
  • サイズ:B5
  • 参考価格:[紙版]2,640円 [デジタル版]2,640円
StereoSound(ステレオサウンド) No.174(春号) (発売日2010年03月13日) 表紙
  • 雑誌:StereoSound(ステレオサウンド)
  • 出版社:ステレオサウンド
  • 発行間隔:季刊
  • 発売日:3,6,9月2日、12月11日
  • サイズ:B5
  • 参考価格:[紙版]2,640円 [デジタル版]2,640円

StereoSound(ステレオサウンド) No.174(春号) (発売日2010年03月13日)

ステレオサウンド
特集1 いい音を身近に

「いい音を身近に」というタイトルが掲げられたこの特集は、オーディオ愛好家のみならず、多くの音楽愛好家の皆さんに、いい音のオーディオシステムを身近に置いて音楽を楽しんでいただ...

StereoSound(ステレオサウンド) No.174(春号) (発売日2010年03月13日)

ステレオサウンド
特集1 いい音を身近に

「いい音を身近に」というタイトルが掲げられたこの特集は、オーディオ愛好家のみならず、多くの音楽愛好家の皆さんに、いい音のオーディオシステムを身近に置いて音楽を楽しんでいただ...

ご注文はこちら

初購入500円割引
Fujisan.co.jpでご購入が初めての方は、5000円以上のご注文で500円割引となります。ご注文確認画面のギフト券入力欄に自動的に適用されます。
レビュー投稿500円割引 or 10%割引
好きな雑誌のレビューを投稿すると、5000円以上のご注文にご利用可能な500円割引ギフト券と、5000円以下の定期購読にご利用可な10%割引ギフト券が、投稿後メールですぐに届きます。
  • 月額払いの商品ではご利用いただけません。
  • どちらかひとつのギフト券が 今すぐご利用可能です♪
StereoSound(ステレオサウンド)のレビューを投稿する
2010年03月13日発売号単品
定期購読でご注文
レビュー
500円
割引可
この号なら
2,095円
送料無料
2024年03月05日発売号から購読開始号が選べます。
本格オーディオ・クォリティマガジン。バックナンバー・最新号も購入できます!

StereoSound(ステレオサウンド) No.174(春号) (発売日2010年03月13日) の目次

特集1 いい音を身近に

「いい音を身近に」というタイトルが掲げられたこの特集は、オーディオ愛好家のみならず、多くの音楽愛好家の皆さんに、いい音のオーディオシステムを身近に置いて音楽を楽しんでいただきたいという願いを込めて企画したものです。ここで紹介・推薦しているオーディオ機器は50万円以下が中心となっており、最高でも100万円まで。また、大きさと重さもほどほどで、すべてのモデルが身近に置きやすい機器です。執筆陣にも、お馴染みのオーディオ評論家4氏に加えて、芥川賞作家の堀江敏幸氏、クラシック音楽評論家の許 光俊氏などを起用し、従来とはひと味もふた味もテイストの異なる、読み応え十分の記事となっています。


特集2 グランプリ・ピックアップ

特集2はステレオサウンドグランプリ2009受賞製品(No.173で発表済み)のなかから厳選した、いま特に注目したい8モデルを、さまざまな条件で試聴することで、それぞれの魅力をあらためて探る企画です。取り上げている製品の内訳は、スピーカーシステム4機種、プリアンプ2機種、パワーアンプ2機種。試聴・執筆を担当しているのは、グランプリ選考委員の傅 信幸氏、三浦孝仁氏、柳沢功力氏です。ひとつひとつの製品をこれだけ深く掘り下げて試聴リポートする記事は最近では異例で、この8モデルに注目している読者はもちろん、多くのハイエンドオーディオファイルにとっても、さまざまな示唆に富んだ必読の特集と言えるでしょう。

そのほかにも、今回が初掲載となる菅野沖彦氏&本誌編集長の対談「Audio Dialog」をはじめ、音楽配信サイトのイー・オンキヨー・ミュージックやデジタルファイル対応新製品を取り上げている「進化するデジタルファイル・ミュージック」、バンドネオン奏者・小松亮太さんをゲストにお招きした「音のたまもの」、イコライザー未体験者のお宅に訪問し、その効果を実感していただいた「いい音のためのベストツール イコライザーのすすめ」など、好評の連載企画を掲載。さらに、ビビッド・オーディオG2 GIYA(世界初レビュー!)、本年1月のCES2010で発表されたばかりのB&W 805 Diamond(同機を含む新800シリーズ・ダイアモンドの詳細な解説は別ページに掲載)など注目の新着製品を網羅する「エキサイティングコンポーネント」「TEST REPORT」、ウィルソンオーディオを主宰するデイヴィッド・ウィルソン氏へのロングインタビューなど、オーディオの楽しさと素晴らしさを凝縮したステレオサウンド174号を、どうぞお楽しみください。

(ステレオサウンド編集部)


CONTENTS

[特集]
いい音を身近に
ouverture音楽を楽しむための身近なオーディオシステム 柳沢功力
特別寄稿りんごの位置 堀江敏幸
シーン別システムプラン&推薦10モデル───傅 信幸/三浦孝仁/柳沢功力/和田博巳
素晴らしきオーディオの力───小林慎一郎
オーディオの誘拐───許光俊
コンソールオーディオのすすめ───編集部


[特集]
グランプリ・ピックアップ
傅 信幸/三浦孝仁/柳沢功力
ステレオサウンドグランプリ2009受賞 注目8モデルの魅力を探る


進化するデジタルファイル・ミュージック
イー・オンキョー・ミュージックの96/24ファイルを楽しむ 山本浩司
PSオーディオPWT/PWDが叶える至福 小原由夫
新製品リポート─────小原由夫/黛 健司/三浦孝仁
●アーカス=インカンターレ●ブラデリウス=エンブラ●オリーブ=オリーブHD4 ●サウンドフィデリティ=サウンドフィデリティモデル2タイプB●ワディア=ワディア151パワーDACミニ ●フェーズテックデジタル=HD7A●ブライストン=BDA1●オニキス=DAC25 ●ケンブリッジオーディオ=DACマジック●アトール=DAC100


[連載]いい音のためのベストツール イコライザーのすすめ石井伸一郎


[連載]夢工房 第6回 ウェスタン・エレクトリックで作る夢の大型スピーカー佐伯多門


[連載]アナログの宇宙海老澤徹


[連載]サウンドアクセサリー
オーディオ・サポート・ショップ 第39回細谷信二
ブランド研究 第11回 小原由夫


SSインタビュー 三浦孝仁/編集部
コード/ヘーゲル/KEF/プレイバック・デザインズ/ダリ


CES2010 コンシューマー・エレクトロニクスショウ・リポート 三浦孝仁


B&W最高峰800シリーズの次世代モデル「800シリーズ・ダイアモンド」発表 三浦孝仁


ウィルソンオーディオ 感動を音にするために 三浦孝仁


[連載]ニアフィールドリスニングの快楽 第45回
[パワーアンプを選ぶ愉しみ]和田博巳


[連載]音技の国の散歩道 春の道
アナログディスク再生の世界から(5)高津 修


[連載]聴く鏡 煙が目にしみる 菅原正二


Audio Dialog Vol.1────────────菅野沖彦×小野寺弘滋(本誌編集長)


[連載]音のたまもの 第10回 ゲスト:小松亮太(バンドネオン奏者)小林悟朗


[連載]新世代リスニングルーム探訪 第5回 石井伸一郎


春の新着モデル徹底試聴 Exciting Components
●ビビッド・オーディオ=G2GIYA──傅 信幸
●ファーストワット=M2──和田博巳
●B&W=805ダイアモンド──三浦孝仁
●TAD=TAD‐D600──三浦孝仁
●JBL=4319──黛 健司
●ATC=CA1、P1、SIA2‐150──高津 修
●ナグラ=MSA──柳沢功力


知的興奮を伴なう音楽体験 ブルメスターが表現する音世界黛 健司


TEST REPORT 2010 SPRING
話題の新製品を聴く
スピーカーシステム
●アンソニーギャロ=リファレンス・ストラーダ●アヴァロン=ミキシング・モニター
●アバンギャルド=デュオΩG2 ●コンセンサス・オーディオ=ボーゲン●ハーベス=HL‐P3ESR
●ヒューガー=604‐8H・+HP3820 ●オルトフォン=カイラス5
●ピエガ=ティーマイクロ5、ティーマイクロ3●ロクサン=K2TR5 ●ロス・オーディオ=オリ4
●スターリング=LS3/5a V2 ●システム・オーディオ=SAマントラ60、SAXP30
●YGアコースティクス=カーメル

SACDプレーヤー
●マッキントッシュ=MCD500

CDプレーヤー
●ケンブリッジオーディオ=アズール840C●アインシュタイン=ザ・ソース
●ミュージカル・フィデリティ=M6CD●ミリヤード=MXC7000

CDトランスポート
●オラクル=CD2000MkII

D/Aコンバーター
●テクノクラフト・オーディオデザイン=モデル15a、モデル45

BDユニバーサルプレーヤー
●マランツ=UD8004

プリアンプ
●アコースティックアーツ=チューブ・プリアンプII ●アインシュタイン=ザ・チューブII
●ゴールドムンド=ミメイシス27・5●ジェフ・ロゥランド=コーラス●ピュアスピード=SC1000

パワーアンプ
●ピュアスピード=SP2000 プリメインアンプ ●アコースティックアーツ=パワーES
●ケンブリッジオーディオ=アズール840A Ver2クラスXD ●コード=CPM2800
●コード=サイアン・クリック100●ゴールドムンド=テロス390・2
●ミュージカル・フィデリティ=M6i●ウエスギ=UTY15

フォノカートリッジ
●オーディオテクニカ=AT‐F7●ゴールドリング=レガシー
●オルトフォン=MC09B、MC09A ●オルトフォン=カデンツァ・ブラック、カデンツァ・ブルー

トーンアーム
●リン=アキトIII

昇圧トランス
●シルバートーン アコースティックス=SX10 スーパートゥイーター
●キットヒット=HIT‐ST1:宙(SoLa)

SACD/CDアンプ
●エソテリック=RZ1

SOUND SCOPE
●ワイズエポック=トリニスターミニ 三浦孝仁


試聴ディスク一覧


[連載] SS MUSIC REVIEW & ESSAY


New Discs
クラシック=東条碩夫/宮下 博/諸石幸生/柳沢功力
ジャズ=原田和典
ポピュラー=高橋健太郎/和田博巳


[連載]The Best Sounding CD 嶋護の一枚


[連載]音楽に心躍る日々 小林慎一郎


[連載]聴き方の達人 岩田由記夫


[新連載]スタジオの音が聴こえる 高橋健太郎


[新連載]現代の名演奏家たち 舩木篤也


マイルス・デイヴィス&サム・クックの3チャンネルSACD登場 三浦孝仁


ブルーノート往年のジャズ名盤がXRCD化 三浦孝仁


「アストル、アストル」……アストル 山口 孝


ディスク評『ピュアDSDレコーディングス~クラシック/ジャズ&ヴォーカル』 宮下 博


SSインフォメーション


ユーズド・コンポーネント・マーケット


JUST NEW COMPONENTS


ステレオサウンドグランプリ2009授賞式開催される


[連載]音楽の誘拐許 光俊


CS-PCM音楽放送番組表

StereoSound(ステレオサウンド)の内容

最高の再生音楽を求める人々のための本格オーディオマガジン。最新製品の本格試聴記事や、組み合わせテストリポートなど、音と音楽を愉しむための情報満載。
季刊『Stereo Sound』は世界随一の本格的なオーディオマガジン。日本で初めてのオーディオ専門誌として昭和41年創刊。以来、「素晴らしい音楽を理想の音で奏でたい、演奏家の魂が聴こえるオーディオ製品を世に広く知らせたいという思いのもと出版を続けている。奏者の息吹を感じ取り、そして、自らそれを求めて努力し続ける人たちへのメッセージ集である。意の尽くされた製品を持つことの喜び、自分の理想とする音を求め、聴くことの喜びを伝道していくオーディオのトップマガジンである。

StereoSound(ステレオサウンド)の無料サンプル

No.184(秋号) (2012年09月02日発売)
No.184(秋号) (2012年09月02日発売)をまるごと1冊ご覧いただけます
サンプルを見る

StereoSound(ステレオサウンド)の目次配信サービス

StereoSound(ステレオサウンド)最新号の情報がメルマガで届く♪ メールアドレスを入力して登録(解除)ボタンを押してください。

※登録は無料です
※登録・解除は、各雑誌の商品ページからお願いします。/~\Fujisan.co.jpで既に定期購読をなさっているお客様は、マイページからも登録・解除及び宛先メールアドレスの変更手続きが可能です。
以下のプライバシーポリシーに同意の上、登録して下さい。
おすすめの購読プラン

StereoSound(ステレオサウンド)の無料記事

この雑誌の読者はこちらの雑誌も買っています!

StereoSound(ステレオサウンド)の所属カテゴリ一覧

Fujisanとは?

日本最大級雑誌の定期購読サービスを提供

デジタル雑誌をご利用なら

最新号〜バックナンバーまで7000冊以上の雑誌
(電子書籍)が無料で読み放題!
タダ読みサービスを楽しもう!

総合案内
マイページ
マイライブラリ
アフィリエイト
採用情報
プレスリリース
お問い合わせ
©︎2002 FUJISAN MAGAZINE SERVICE CO., Ltd.