StereoSound(ステレオサウンド) ヴィンテージアナログ (発売日2009年09月29日) 表紙
  • 雑誌:StereoSound(ステレオサウンド)
  • 出版社:ステレオサウンド
  • 発行間隔:季刊
  • 発売日:3,6,9月2日、12月11日
  • サイズ:B5
  • 参考価格:[紙版]2,640円 [デジタル版]2,640円
StereoSound(ステレオサウンド) ヴィンテージアナログ (発売日2009年09月29日) 表紙
  • 雑誌:StereoSound(ステレオサウンド)
  • 出版社:ステレオサウンド
  • 発行間隔:季刊
  • 発売日:3,6,9月2日、12月11日
  • サイズ:B5
  • 参考価格:[紙版]2,640円 [デジタル版]2,640円

StereoSound(ステレオサウンド) ヴィンテージアナログ (発売日2009年09月29日)

ステレオサウンド
●Top-Sounding Vintage Analog-Audio Components
“心が躍る”アナログ・オーディオ往年の名器たち

往年のアナログオーディオ・ブランド物語
トーレンス、デッカ、オルトフォン、SME、シュアー、ガラード、...

StereoSound(ステレオサウンド) ヴィンテージアナログ (発売日2009年09月29日)

ステレオサウンド
●Top-Sounding Vintage Analog-Audio Components
“心が躍る”アナログ・オーディオ往年の名器たち

往年のアナログオーディオ・ブランド物語
トーレンス、デッカ、オルトフォン、SME、シュアー、ガラード、...

ご注文はこちら

初購入500円割引
Fujisan.co.jpでご購入が初めての方は、5000円以上のご注文で500円割引となります。ご注文確認画面のギフト券入力欄に自動的に適用されます。
レビュー投稿500円割引 or 10%割引
好きな雑誌のレビューを投稿すると、5000円以上のご注文にご利用可能な500円割引ギフト券と、5000円以下の定期購読にご利用可な10%割引ギフト券が、投稿後メールですぐに届きます。
  • 月額払いの商品ではご利用いただけません。
  • どちらかひとつのギフト券が 今すぐご利用可能です♪
StereoSound(ステレオサウンド)のレビューを投稿する
2009年09月29日発売号単品
  • 売り切れ
定期購読でご注文
レビュー
500円
割引可
送料無料
2024年03月05日発売号から購読開始号が選べます。
本格オーディオ・クォリティマガジン。バックナンバー・最新号も購入できます!

StereoSound(ステレオサウンド) ヴィンテージアナログ (発売日2009年09月29日) の目次

●Top-Sounding Vintage Analog-Audio Components
“心が躍る”アナログ・オーディオ往年の名器たち

往年のアナログオーディオ・ブランド物語
トーレンス、デッカ、オルトフォン、SME、シュアー、ガラード、EMTなど、往年のアナログオーディオ・ブランドの歴史と、各ブランドを代表するモデルの特徴・魅力について、ブランドごとに詳しくリポート。


●The Big Sound
EMT 927Dst プロフェッショナル・ターンテーブル
愛機を語る 山中敬三(季刊『ステレオサウンド』No.52より抜粋・改訂版)


●トーレンスの歴史物語 山中敬三(季刊『ステレオサウンド』No.67より抜粋・改訂版)


●DECCA STORY 山中敬三


●SME STORY 山中敬三(別冊『British Sound』より抜粋・改訂版)


●Ortofon HISTORY 1918-1994 編集部
(別冊『オルトフォンのすべて』より抜粋・改訂版)


●ガラードの歴史物語 編集部


●ヴィンテージ・アナログオーディオ機器の代表モデル試聴


●トーレンス Reference 瀬川冬樹季刊『ステレオサウンド』No.56より抜粋・改訂版)


●オルトフォンSPUの歴史 海老澤 徹

SPUシリーズ8モデルを聴く 新 忠篤/海老澤 徹/小原由夫

掲載機種
SPU-A, SPU-AE, SPU-G, SPU-GT, SPU Classic, SPU Meister Silver, SPU Royal G, ESL C99

(季刊『管球王国』Vol.29より抜粋・改訂版)


●シュアー・カートリッジの変遷 海老澤 徹

シュアー歴代カートリッジを聴く 新 忠篤/海老澤 徹/小原由夫

掲載機種
M44-7, M44G, V15 Type II, V15 Type III, V15 Type III HE, V15 Type III MR, V15 Type IV, V15 Type V, V15 Type Vx MR

(季刊『管球王国』Vol.30より抜粋・改訂版)


●英デッカの歴代カートリッジについて 海老澤 徹

英DECCAの歴代カートリッジを聴く 新 忠篤/海老澤 徹/箕口勝善

掲載機種
MK-I Stereo, MK-I Mono, MK-II, MK-III, MK-V London

(季刊『管球王国』Vol.51より抜粋・改訂版)


●オルトフォンSPUシリーズとモノーラルMC型徹底解剖 海老澤 徹

SPU/CG25Dに最適な昇圧トランス探し 新 忠篤/海老澤 徹/池田 勇

掲載機種
Ortofon T1000/SPU-T100, ADC KS16611-L1, Langevin 408A/402A, Peerless 4722/4629, WE618B/7A, JS No.384/251

(季刊『管球王国』Vol.46より抜粋・改訂版)


●使いこなし/メインテナンス篇

レコードプレーヤー使いこなしのフルコース 瀬川冬樹
レコードプレーヤーの上手なセッティング法から、アンプとの接続のしかた、負荷抵抗/負荷容量/入力感度切替とはどんな機能か、これらを切り替えると音はどう変るのか、MCカートリッジの昇圧手段は何がいいか、ハムや誘導ノイズを減らすアースの取り方は? カートリッジとヘッドシェルの上手なつなぎ方、トーンアームの上手な調整法、カートリッジとトーンアームのマッチングとは? など、まさに微に入り細にわたる、レコードプレーヤー使いこなしのテクニック/ノウハウの集大成版!!――全62ページ

(季刊『ステレオサウンド』No.39/40より抜粋・改訂版)


●トーレンス TD124/ガラード 301ターンテーブル修復術
現在でも愛用者が最も多いヴィンテージ・ターンテーブル――トーレンス TD124とガラード 301。どちらも甲乙つけ難い魅力あふれるモデルだが、製造が中止されてすでに数十年が経つ。したがって、その多くは本来の性能を発揮できない状態にあるのでは? あるいは毎日のように稼働させているとしても、最良のコンディションで動作しているとは限らない。ましてや、もう1年以上も、クリーニングや注油などの保守点検を怠っているとしたら、なおさらだ。それでは、せっかくのハイクォリティ・ターンテーブルも宝の持ち腐れというものである。本欄では、トーレンス TD124とガラード 301について、それぞれの修復のベテランに、実際に修復をしていく過程と、そのときどきのポイントについて解説していただいた。

(季刊『管球王国』Vol.35より抜粋・改訂版)


●ヴィンテージ・オーディオショップ・アンケート


■Cover Photo: Garrard Model 301+Ortofon SMG212+Ortofon SPU-G

StereoSound(ステレオサウンド)の内容

最高の再生音楽を求める人々のための本格オーディオマガジン。最新製品の本格試聴記事や、組み合わせテストリポートなど、音と音楽を愉しむための情報満載。
季刊『Stereo Sound』は世界随一の本格的なオーディオマガジン。日本で初めてのオーディオ専門誌として昭和41年創刊。以来、「素晴らしい音楽を理想の音で奏でたい、演奏家の魂が聴こえるオーディオ製品を世に広く知らせたいという思いのもと出版を続けている。奏者の息吹を感じ取り、そして、自らそれを求めて努力し続ける人たちへのメッセージ集である。意の尽くされた製品を持つことの喜び、自分の理想とする音を求め、聴くことの喜びを伝道していくオーディオのトップマガジンである。

StereoSound(ステレオサウンド)の無料サンプル

No.184(秋号) (2012年09月02日発売)
No.184(秋号) (2012年09月02日発売)をまるごと1冊ご覧いただけます
サンプルを見る

StereoSound(ステレオサウンド)の目次配信サービス

StereoSound(ステレオサウンド)最新号の情報がメルマガで届く♪ メールアドレスを入力して登録(解除)ボタンを押してください。

※登録は無料です
※登録・解除は、各雑誌の商品ページからお願いします。/~\Fujisan.co.jpで既に定期購読をなさっているお客様は、マイページからも登録・解除及び宛先メールアドレスの変更手続きが可能です。
以下のプライバシーポリシーに同意の上、登録して下さい。
おすすめの購読プラン

StereoSound(ステレオサウンド)の無料記事

この雑誌の読者はこちらの雑誌も買っています!

StereoSound(ステレオサウンド)の所属カテゴリ一覧

Fujisanとは?

日本最大級雑誌の定期購読サービスを提供

デジタル雑誌をご利用なら

最新号〜バックナンバーまで7000冊以上の雑誌
(電子書籍)が無料で読み放題!
タダ読みサービスを楽しもう!

総合案内
マイページ
マイライブラリ
アフィリエイト
採用情報
プレスリリース
お問い合わせ
©︎2002 FUJISAN MAGAZINE SERVICE CO., Ltd.