ITの企画・開発・活用を牽引するマネジャー/リーダーに送る

定期購読の特典

定期購読のお申込み・予約

STEP1 雑誌の形式を選択

今すぐ使える500円割引
初購入500円割引
Fujisan.co.jpでご購入が初めての方は、5000円以上のご注文で500円割引となります。ご注文確認画面のギフト券入力欄に自動的に適用されます。
レビュー投稿500円割引 or 10%割引
好きな雑誌のレビューを投稿すると、5000円以上のご注文にご利用可能な500円割引ギフト券と、5000円以下の定期購読にご利用可な10%割引ギフト券が、投稿後メールですぐに届きます。
  • 月額払いの商品ではご利用いただけません。
  • どちらかひとつのギフト券が 今すぐご利用可能です♪
日経コンピュータのレビューを投稿する

日経コンピュータの内容

「ITを活かした投資対効果の高い戦術策定と意思決定」に役立つ情報と、「ITを事業の成長に結びつける戦略立案」に役立つ情報をタイムリーにお届けします。
企業改革を支える優れた情報システムの構築には、導入企業と、メーカーやシステム・インテグレータの協力が不可欠です。「日経コンピュータ」は、この両者にとって、真に有益な情報をタイムリーに提供する総合誌です。誌面コンセプトは「わかりやすさ」と「豊富な事例」。導入企業にとってはライバル企業が取り組む情報化の実態、メーカーやシステム・インテグレータにとっては顧客企業のニーズを知る上で、これ以上の情報源はありません。その誌面は、業務でコンピュータやネットワークを活用する多数のITキーパーソンから高いご支持をいただいております。
  • この雑誌の申込みにつきましては、他の商品同様ご購入可能ですがご契約は日経BPとの直接契約となります。
    富士山マガジンサービスは購読料金の受け取りを代行しています。
  • ここでの年間購読のお申し込みは、新規のご購読で日本国内専用とさせていただいています。
  • ご登録いただいたE-Mailアドレスに、関連のメールマガジンをお送りさせていただく場合があります。
  • なお、これ以外に日経BPおよび日経BPグループ会社から、各種ご案内(刊行物、展示会、セミナー等)やアンケート、広告主等の製品やサービスのご案内をさせていただく場合があります。ご同意の上お申し込みください。
  • 購読料は改定させていただく場合がございます。ご購読期間中の方はご契約時の購読料で期間満了まで送本いたします。
  • 雑誌の発行日、発行頻度、誌名および誌面内容を変更する場合がございます。また、万一、雑誌の発行を継続できなくなった場合は、お支払いいただいた購読料を冊数割で精算し、未送本分の購読料をご返金させていただきます。

日経コンピュータの商品情報

商品名
日経コンピュータ
出版社
日経BP
発行間隔
隔週刊
発売日
隔週木曜日  
参考価格
1,430円

「デジタル版の取扱い開始のお知らせ」を希望の方はこちら

「日経コンピュータ」デジタル版定期購読・月額払い購読が取扱いされた時にお客様にお知らせいたします。ご希望の場合はメールアドレスをご登録ください。メールにてご案内いたします。ご登録は無料です!
以下のプライバシーポリシーに同意の上、登録して下さい。

日経コンピュータの無料サンプル

2015年12月01日発売号
2015年12月01日発売号をまるごと1冊ご覧いただけます
サンプルを見る

日経コンピュータ 24年2月22日号 (発売日2024年02月22日) の目次

▲2024年2月22日号 no.1114 2月22日発行


■特集1 GX ・ 脱炭素にITで挑む

●GX ・ 脱炭素にITで挑む 立ちはだかるスコープ3を越える(010p)
●政府も市場も求める 供給網の把握が難題(012p)
●25年までに準備を ITで排出量算出支援(015p)
●大いに関わるIT部門 機器の排出量把握も(019p)
●加速する排出量削減 なぜスコープ3か? (022p)


■特集2 詐欺メール撲滅大作戦

●グーグルお墨付きの対策を急げ(028p)


■編集長セレクト

●NTTの 「IOWN Computer」 開発 NEDOが400億円超を支援 ほか(006p)


■ITが危ない

●能登半島地震で 「想定外」 露呈 安否確認は帰省中の考慮も必要全国一律にメールを配信するのは 「下策」 (008p)


■フォーカス 日本のAI創薬を加速 「Tokyo-1」 が始動

●日本のAI創薬を加速 「Tokyo-1」 が始動(038p)


■インタビュー

●ロート製薬 会長 山田 邦雄 氏AIによるデータ処理に期待 10年後に向け、新たな種をまく(044p)


■ニュース&リポート

●NTT東西が固定電話をIP網に移行 100年以上続いた仕組みが一変IP技術への移行でサービスの安定提供が可能に(058p)
●自転とのずれを抑える 「うるう秒」 IT企業の反対で実質廃止へ継続すれば未経験の 「負の調整」 を実施か(059p)
●伊藤忠食品が富士通汎用機を撤廃へ 脱COBOLとクラウドリフトを実現8000本、300万ステップをマイグレーション(060p)
●IT大手4社の2023年4~12月期 DX好調維持へ人材確保が次の焦点会見で各社幹部から、賃上げ関連の発言が相次ぐ(061p)
●生成AI革命 NRIが生成AI開発支援サービス 安全運用とカスタマイズ需要に商機LLM利用の新たな選択肢を目指す(062p)
●入社2年でトップエンジニアに NTTデータGが 「コホート」 学習で成果ベンダー資格の月間取得数が2.5倍の例も(063p)
●防衛省がサイバー人材の育成を強化 陸自の通信学校を改組し専門家養成官民を行き来する 「リボルビングドア」 に期待(064p)


■乱反射

●大手18社の2023年4Q決算 売上高は7.8%増、1桁成長に(065p)


■データは語る

●IT投資の重点領域 「業務プロセスの効率化」 が3割超(066p)


■日経XTECK 好評記事 2024年1~2月

●波紋広がるGmailガイドライン、国内企業から相次ぐ利用者への 「お願い」 に感じる不安(068p)


■ケーススタディー

●TOPPANホールディングスS/4HANAで基幹系をモダナイ 寝耳に水の会社再編で稼働前倒し(070p)


■CIOが挑む

●コマツ 執行役員 スマートコンストラクション推進本部 本部長 四家 千佳史 氏KOMTRAXの 「反省」 生かす 建設の2024年問題を解決(074p)


■動かないコンピュータ

●神奈川県教育委員会ネット出願にGmailが使えないトラブル 原因特定の難航で復旧に1カ月(076p)


■極言正論

●トヨタグループ不正の構造問題 ITによる現場力の統制が必要だ(080p)


■キーワード

●量子暗号 (Quantum Cryptography) (081p)


■トラブルに学ぶデータベース構築法

●ループ処理が原因のトラブル 環境や状況で見え方は異なる(082p)


■DX成功の鍵になるコミュニケーション術

●食い違う意見を擦り合わせる 対立から合意へと導くスキル(086p)


■ザンネン社員が学ぶ デジタルビジネス創成術

●味はいいのに売れない デジタル活用で価値を共創する(090p)


■社長の疑問に答えるIT専門家の対話術

●新たな価値を創造する 「ビジネスアナリシス」 (094p)


■読者の声

●パスワード(096p)


■モバイル一刀両断

●ソフトバンク広告に苦言のドコモ 「通信品質のルール」 指摘に一理(103p)


■中田敦のGAFA深読み

●Google Cloudの新施策 規制当局の目をMSに集中させる? (104p)


■大森敏行のプログラミングで行こう

● 「1」 も立派なプログラム あなたの知らないプログラミング(105p)


■勝村幸博の 「今日も誰かが狙われる」

●米証券取引委員会も乗っ取られた あなたの会社のXも危ない(106p)

日経コンピュータの目次配信サービス

日経コンピュータ最新号の情報がメルマガで届く♪ メールアドレスを入力して登録(解除)ボタンを押してください。

※登録は無料です
※登録・解除は、各雑誌の商品ページからお願いします。/~\Fujisan.co.jpで既に定期購読をなさっているお客様は、マイページからも登録・解除及び宛先メールアドレスの変更手続きが可能です。
以下のプライバシーポリシーに同意の上、登録して下さい。

日経コンピュータのレビュー

  • 総合評価: ★★★★☆ 4.21
  • 全てのレビュー: 63件
モチベーション
★★★★★2024年01月06日 すーさん 会社員
仕事に関連する情報が詰まっており、全て読み込んではいませんが、興味のある記事や自身の業務に関連する記事を読み、学び共感した際に、仕事へのモチベーション維持向上に役立っている気がします。
とても役に立つ内容です
★★★★★2023年06月18日 Mark 会社員
イマドキのコンピュータの情報を広く知ることができ、とても役に立つ情報です。
ITビジネスの道案内
★★★★★2022年07月17日 Bob 会社員
ITシステム企画部門に配属されて19年になる。コンサル会社やベンダー会社からの提案はどれも自信満々で素晴らしいプレゼンに見えるが、時にシステム集約を推奨し、時にシステム分散を推奨し、言われた通りに従うとITコストがうなぎ上りになり、その本質の見極めが大事である。そのために自ら勉強すべきテーマは広く、毎月新しいITワードが出てくる中、しっかり自社システムを守り、新技術導入といった攻めの判断をする上で、正しい知識と自分なりの考えをもつことが大事と痛感している。他社はどうしているのか、あのシステム障害では何が起きていたのか、そうした情報を惜しげもなく提供し続けているのは、日経コンピュータだけである。圧倒的な情報収集力と魅力的な特集記事において他に比すべき雑誌はなく、IT業界で唯一無二の雑誌である。ITビジネスから引退する日まで定期購読を続けるつもりである。
ひさびさに
★★★★☆2022年05月08日 ひろひろ 会社員
久々にみると勉強になります。定期購読復活したいですね
定期購読
★★★☆☆2022年04月13日 ノブ 部長
コンピュータの動向について書かれている。 内容を確認したので定期購読。
定期購読をしてみます
★★★☆☆2022年04月12日 ゆき 部長
コンピュータの動向がわかる情報が欲しく探している中でこの本を見つけました。 一度本屋で立ち読みして自分の求めている内容でした。
日経コンピュータ
★★★★☆2022年01月31日 優駿 役員
日経コンピュータは もう30年以上の読者になる。コンピュータ関係の業務に着いてから手放せない雑誌の一つである。コンピュータ関係については 他にも専門的に特化したものもあるが 私のように利用者側のコンピュータ関係者にとっては 網羅的に記事やテーマがある日経コンピュータの方が 実際に多くの利用者と話をするには役に立つ。
GOOD!
★★★★☆2021年11月28日 yama 高校生
ひじょうによみやすく、べんきょうになります。
大変勉強になる
★★★★☆2021年09月19日 あき 会社員
私は金融機関のITに関わる仕事をすることが多いですが、本誌を読むことで業界の動向やシステム障害における知見まで、さまざまな情報が満載であり、有意義に利用させていただいています。 また、最近管理者の立場となり、リーダーとして知っているべき知識も満載です!
@
★★★★☆2021年06月18日 けん 会社員
安く利用してます。面白く今後のシステム開発担当者にはうってつけの内容です。
レビューをさらに表示

日経コンピュータをFujisanスタッフが紹介します

日経コンピュータは企業の効率的な業務活動を支える情報システムの構築に関する有益な情報を提供する雑誌です。株式会社日本経済新聞社の子会社である日経BP社によって発行されています。企業の業務を効率化するためには優れた情報システムが必要です。実際に情報システムを導入する際には企業とメーカー、システム・インテグレーターの協力が不可欠とされます。日経コンピュータは企業とメーカー、システム・インテグレーターにとって有益な情報をタイムリーに提供しています。分かりやすさと豊富な事例が同誌の誌面コンセプトです。情報システムの構築に関する有益な情報が総合的に提供されているという特徴があります。

日経コンピュータを読めば、企業が新たな情報システムを導入する際に競合企業の取り組みの実態について知ることができます。また同誌にはメーカーやシステム・インテグレーターの顧客となる企業の需要に関する情報が掲載されています。メーカーやシステム・インテグレーターは同誌を活用することで効果的な営業戦略を立てることができます。ITを活用して投資効率を高めたり、事業成長を図るのに役立つ雑誌です。同誌はIT業界でコンピュータやネットワークを使って働く多数の読者から支持されています。

日経コンピュータの所属カテゴリ一覧

この雑誌の読者はこちらの雑誌も買っています!

Fujisanとは?

日本最大級雑誌の定期購読サービスを提供

デジタル雑誌をご利用なら

最新号〜バックナンバーまで7000冊以上の雑誌
(電子書籍)が無料で読み放題!
タダ読みサービスを楽しもう!

総合案内
マイページ
マイライブラリ
アフィリエイト
採用情報
プレスリリース
お問い合わせ
©︎2002 FUJISAN MAGAZINE SERVICE CO., Ltd.