月刊 税理 11月号 (発売日2015年10月22日) 表紙
  • 雑誌:月刊 税理
  • 出版社:ぎょうせい
  • 発行間隔:月刊
  • 発売日:毎月20日
  • サイズ:B5
月刊 税理 11月号 (発売日2015年10月22日) 表紙
  • 雑誌:月刊 税理
  • 出版社:ぎょうせい
  • 発行間隔:月刊
  • 発売日:毎月20日
  • サイズ:B5

月刊 税理 11月号 (発売日2015年10月22日)

ぎょうせい
【特集】
会社の地方移転と税務

平成27年度税制改正の柱の一つに「地方創生」が挙げられている。東京への人口集中を緩和し,地方経済の振興を図るための措置が,さまざまな形で手当てされた。その代表的な制...

月刊 税理 11月号 (発売日2015年10月22日)

ぎょうせい
【特集】
会社の地方移転と税務

平成27年度税制改正の柱の一つに「地方創生」が挙げられている。東京への人口集中を緩和し,地方経済の振興を図るための措置が,さまざまな形で手当てされた。その代表的な制...

ご注文はこちら

初購入500円割引
Fujisan.co.jpでご購入が初めての方は、5000円以上のご注文で500円割引となります。ご注文確認画面のギフト券入力欄に自動的に適用されます。
レビュー投稿500円割引 or 10%割引
好きな雑誌のレビューを投稿すると、5000円以上のご注文にご利用可能な500円割引ギフト券と、5000円以下の定期購読にご利用可な10%割引ギフト券が、投稿後メールですぐに届きます。
  • 月額払いの商品ではご利用いただけません。
  • どちらかひとつのギフト券が 今すぐご利用可能です♪
月刊 税理のレビューを投稿する
2015年10月22日発売号単品
定期購読でご注文
レビュー
500円
割引可
送料無料
2024年05月21日発売号から購読開始号が選べます。
送料サービス!毎月お手元に届きます!

月刊 税理 11月号 (発売日2015年10月22日) の目次

【特集】
会社の地方移転と税務

平成27年度税制改正の柱の一つに「地方創生」が挙げられている。東京への人口集中を緩和し,地方経済の振興を図るための措置が,さまざまな形で手当てされた。その代表的な制度が「地方拠点強化税制」だ。地方拠点強化実施計画に沿った建物等の取得につき,特別償却等が可能になるとともに,雇用促進税制の拡充措置も施されている。また,特定資産の買換特例(9号買換え)についても,大都市圏の外から中への買換えは課税繰延割合が縮減された。
このように,地方への社屋・店舗・工場等の移転はさまざまな税制上の特例を活用する余地があり,税理士としては,こうした優遇施策を紹介することで関与先のタックスプランニングに役立てたいところだ。そこで本特集では,会社の移転にまつわるさまざまな税務のポイントや特例の活用策等を解説していく。

土地建物等の譲渡と買換特例の適用
 /税理士・中小企業診断士 飯塚美幸

地方拠点強化税制の活用(1)~特別償却等
 /税理士 野中孝男

地方拠点強化税制の活用(2)~雇用促進税制
 /税理士・社会保険労務士 上前剛

会社の移転に伴う新設備の導入と特例の活用
 /税理士 宝達峰雄

会社の移転に伴う借地権の整理
 /税理士 嶋協

会社の移転に伴う資産の廃棄等
 /税理士 守田啓一


【フロントページ】
いよいよ通知がスタート! マイナンバー制度の未来予想図

中央大学大学院教授・東京財団上席研究員
森信 茂樹

いよいよ10月5日から通知が始まったマイナンバー。来年1月からのスタートを目前にして,中小企業ではいまだ準備不足な状況も指摘されるが,税理士としては粛々と業務を進めていくことが求められる。むしろ気になるのは,制度開始後,どのような展開が待っているかだ。というのも,9月初旬に財務省は,マイナンバーカードを利用した「日本型軽減税率」を提案。その実現性には疑問符が付くものの,これまで予想されなかったマイナンバーの活用パターンが出現する可能性もある。そこで今回は,マイナンバーに詳しい森信茂樹中央大学大学院教授に,今後の制度の行方と望まれる施策のあり方を聞いた。
(聞き手/本誌 竹渕 学)

---------------------------------------
【税務論文】
信託税制の在り方
 /神奈川大学法学部教授 葭田英人

【事例研究】
移転価格税制における独立企業間価格の算定をめぐる否認事例(上)
 /税理士 山口敬三郎

---------------------------------------
【実 務】
●法人税実務
使途不明金の認定と反証のポイント
 /税理士・公認会計士 吉田恵子

中小企業における自己株式の処理~その問題点と対策(4)
 /税理士 木村一夫

●会社の税務
役員給与の未払処理をめぐる税務トラブルとその防止策
 /税理士 茂垣志乙里

●評価の実務
宅地及び宅地上に存する権利の有無の判断をめぐるトラブル
 /税理士 関根美男

●利益計画
葬祭業のモデル利益計画
 /中小企業診断士 林啓史

---------------------------------------
●国税通則法の実務研究
[第26回] 10 不服審査・訴訟(3)
 /筑波大学名誉教授・弁護士 品川芳宣

●財産評価のキーポイント
評価会社が課税時期前3年以内に取得した家屋等の価額(課税時期における通常の取引価額)の算定方法が争点とされた事例(中)
 /税理士 笹岡宏保

---------------------------------------
●立法趣旨から探る税務のポイント
贈与税における住所の意義
/税理士 土師秀作
●新・検証! 非公開裁決
賃貸借契約終了後の建物取壊費用と固定資産税
/税理士 新家利津子

---------------------------------------
【コラム・連載】
●深層を斬る
中国バブルの崩壊
 /青山学院大学教授 榊原英資

●役員給与実務の分岐点
代表取締役が個人事業主として受領する対価
 /税理士 小林俊道

●税理士業務のヒヤリハット
組織再編で忘れがち? 不動産取得税
 /税理士・公認会計士 空本光弘

●判決インフォメーション
 /税理士 市野瀬啻子

●クマオーの消費税トラブル・バスター リターンズ!
分割の確定と消費税の納税義務(2)
 /税理士 熊王征秀

●判決から読む憲法解釈
事実婚における配偶者控除
 /青山学院大学教授・弁護士 木山泰嗣

●租税法令 雑学塾
合法な処分でも取消し?~「違法」と「不当」
 /税理士 青木丈

●税金クイズどっちが正解?
 /税理士 岩下忠吾
 /税理士 岡﨑和雄

●政界舞台裏
再び幕上がった橋下劇場 /政治ジャーナリスト 芙蓉峰人

●健全廃業・虎の巻
取引先・従業員等の関係者への対策
 /中小企業診断士 佐藤節夫

●国際税務基礎用語集
エンティティ・アプローチとインカム・アプローチ
 /前明治大学大学院教授 川田剛

●歴史に学ぶ人心収攬術
“国士無双”の無自覚 韓信
 /作家・歴史家 加来耕三

●税務キャッチ・アップ
特定役務提供に係るリバースチャージ方式の問題点
 /税理士 寺内正夫

民事信託において「受益者が存しない信託」となった場合
 /税理士 宮田房枝

●Q&A タックス質問箱
・所得税関係
唯一の相続人の相続放棄と準確定申告
 /税理士 茂呂和夫

・源泉税関係
国外居住親族の確認(確認書類の添付等義務化)
 /税理士 山内克巳

・資産税関係
上場株式の譲渡損失申告を失念した場合の繰越控除
 /税理士 伊藤正彦

著者は語る
多国籍企業と富裕層による、 租税回避の悪影響をつぶさに伝えたい

『<税金逃れ>の衝撃 国家を蝕む脱法者たち』
/税理士 税理士・公認会計士 深見浩一郎

●ブックレビュー
--------------------------------------
別冊付録 税務情報◎「所得税基本通達の制定について」の一部改正について・ほか

月刊 税理の内容

  • 出版社:ぎょうせい
  • 発行間隔:月刊
  • 発売日:毎月20日
  • サイズ:B5
税理士向き記事を含む税務・経営の総合誌。
新しい税務問題はすべてわかります。特集・別冊付録は他誌にみられない実務的内容で、解説は図解・実例が豊富でわかりやすい。税理士向き記事を含む税務・経営の総合誌。

月刊 税理の目次配信サービス

月刊 税理最新号の情報がメルマガで届く♪ メールアドレスを入力して登録(解除)ボタンを押してください。

※登録は無料です
※登録・解除は、各雑誌の商品ページからお願いします。/~\Fujisan.co.jpで既に定期購読をなさっているお客様は、マイページからも登録・解除及び宛先メールアドレスの変更手続きが可能です。
以下のプライバシーポリシーに同意の上、登録して下さい。
おすすめの購読プラン

この雑誌の読者はこちらの雑誌も買っています!

月刊 税理の所属カテゴリ一覧

Fujisanとは?

日本最大級雑誌の定期購読サービスを提供

デジタル雑誌をご利用なら

最新号〜バックナンバーまで7000冊以上の雑誌
(電子書籍)が無料で読み放題!
タダ読みサービスを楽しもう!

総合案内
マイページ
マイライブラリ
アフィリエイト
採用情報
プレスリリース
お問い合わせ
©︎2002 FUJISAN MAGAZINE SERVICE CO., Ltd.