東亜 発売日・バックナンバー

全250件中 1 〜 15 件を表示
『東亜』2024年2月号目次

■特集 ウクライナ戦争で変わる東アジア
*ウクライナ戦争とアメリカ:世論の変化と大統領選挙の行方 前嶋和弘
*ウクライナ戦争の中国人民解放軍への影響 杉浦康之
*金正恩体制の内外情勢認識とその後背 ―疑似的「同盟のジレンマ」とリソース逓減の輻輳― 飯村友紀
■ASIA STREAM(2023年12-2024年1月)
*中国の動向 米中が台湾海峡の新たな危機回避に向け瀬踏 濱本良一
*台湾の動向 頼清徳氏が総統当選、立法院は国民党が第1党 門間理良
*朝鮮半島の動向 北朝鮮、韓国を「敵」として領土編入の対象に 塚本壮一
■COMPASS
*海洋での膨張を進める中国 三船恵美
*重要鉱物供給網再編のトリレンマ ―脱中国依存と脱炭素の追求が高める経済リスク 野木森稔
*「同盟100年」へ向け歩み始めた米韓 伊藤弘太郎
■Briefing Room
*アメリカの内政機能不全と次期大統領選 ―再選運動に入るバイデン政権が直面する厳しい現実 辰巳由紀
■Book Review on Asia 今月の一冊
*『龍の世界(講談社学術文庫)』(池上正治) 嵯峨隆
■ASIA SCOPE
*時ならぬすき焼ブームはなぜ? 黒田勝弘
■滄海中国
*「港人治港」から「愛国者治港」へ新たな舵を切った香港統治 ふるまいよしこ
■企画連載 2024年台湾総統選挙(第5回)
*中台経済リンケージの変容と2024年総統選挙 川上桃子
■巻頭言
*ロシアとの即時停戦交渉はインド太平洋の安全保障に影を落とす 六鹿茂夫
■New Publications on Asia
■表紙写真:ロイター/アフロ
*地雷探知・除去を支援するため、日本はJICAを通じて地雷探知機50台と特殊車両40台をウクライナ国家非常事態庁へ提供した。写真は2023年11月に行われたその引き渡し式。
『東亜』2024年1月号目次

■特集 米中新冷戦と国際秩序の流動化
*国際政治理論からみた「挑戦国」中国 神谷万丈
*中国に向かい合うインド太平洋システム
―米中首脳会談後も変わらない対立の構造的背景― 佐橋亮
*米中首脳会談における中国の認識 山口信治
■ASIA STREAM(2023年11-12月)
*中国の動向 中国がフィリピンとベトナムに硬軟差別対応 濱本良一
*台湾の動向 総統選挙は頼清徳・蕭美琴ペアが逃げ切りか―立法委員選挙は国民党が優勢 門間理良
*朝鮮半島の動向 北朝鮮の軍事偵察衛星打ち上げと「危機」の韓国与党 小針進
■COMPASS
*馬祖島からみる中国 阿南友亮
*地域研究、歴史学、国際政治学を跨ぐ研究の必要性 ジュリオ・プリエセ
*中国の金融国際化は何を目指すのか? 曽根康雄
■Briefing Room
*インドネシア大統領選の行方 大塚智彦
■マカオは今〔79〕
*「立法変通権」という魔法の杖でマカオ市民は安心できるか 塩出浩和
■Book Review on Asia 今月の一冊
*『南京事件と新聞報道―記者たちは何を書き、何を書かなかったか』(上丸洋一著) 嵯峨隆
■ASIA SCOPE
*「新しい社会性」から見る中国と日本―〈個〉としての強さと輝きを求めて― 奈倉京子
■滄海中国
*中国で考える(13)―河東碧梧桐 樋泉克夫
■企画連載 2024年台湾総統選挙(第4回)
*多様化する選挙介入の手法―台湾内部の分裂を導く統一戦線工作への回帰― 五十嵐隆幸
■巻頭言
*今年も米中関係が国際秩序の最大リスク要因 渡部恒雄
■New Publications on Asia
■表紙写真:ロイター/アフロ
*1年ぶりの開催となった米中首脳会談(サンフランシスコ郊外、2023年11月15日)。
『東亜』2023年12月号目次

■特集 加速化する中国の新興技術戦略
*監視国家・中国、ポスト・コロナの現状 高口康太
*新興技術の軍民両用(デュアルユース)を進める中国 土屋貴裕
*デジタルシルクロード 中国の影響力強化と技術の社会実装に関する価値の拡散 持永大
■ASIA STREAM(2023年10-11月)
*中国の動向 台湾総統選挙に介入し始めた中国 濱本良一
*台湾の動向 藍白連合の成立を宣言も、不透明な先行き 門間理良
*朝鮮半島の動向 ロシア・北朝鮮の軍事協力はどこまで進むのか 塚本壮一
■COMPASS
*中国は国際秩序を再編することが出来るか 鈴木一人
*「グローバル化」する香山フォーラム 増田雅之
*台湾総統選挙は「藍白合作」を模索、日台関係は着実に進展 石原忠浩
■Briefing Room
*企業広告の炎上とコミュナリズム 飯田玲子
■Book Review on Asia 今月の一冊
*『頭山満・未完の昭和史 日中不戦の信念と日中和平工作』(石瀧豊美著) 嵯峨隆
■ASIA SCOPE
*銀幕の仏画師ペマ・ツェテン 星泉
■滄海中国
*電影中国 主旋律映画 その1 吉川龍生
■企画連載 2024年台湾総統選挙(第3回)
*アメリカと台湾のパートナーシップの強化 ―「台湾有事」をめぐる相互認識 松本はる香
■巻頭言
*中国の新興技術戦略にどう向き合うか 角南篤
■New Publications on Asia
■『東亜』2023年総目次
■表紙写真:AFP/アフロ
*上海で2023年7月に開催された「WAIC 2023―世界人工知能大会」会場での一コマ。
『東亜』2023年11月号目次

■特集 中国と中東―それぞれの思惑
*中東の秩序再編に参画する「大国」中国の意図と実践 八塚正晃
*サウジアラビアから見た中東での中国のプレゼンス 高尾賢一郎
■ASIA STREAM(2023年9-10月)
*中国の動向 習近平政権は通年5%の経済成長を確保できるか 濱本良一
*台湾の動向 自力建造潜水艦の命名式典を挙行 門間理良
*朝鮮半島の動向 核戦力政策を憲法に明記した北と米の拡大抑止で臨む南 小針進
■COMPASS
*中東における米中の大国間競争 三船恵美
*中国経済の「日本化」と高まる長期停滞のリスク 野木森稔
*新たな高みへ引き上げられた日米韓安保協力と国連軍司令部を巡る動き 伊藤弘太郎
■Briefing Room
*「学級崩壊」状態のアメリカ内政 辰巳由紀
■マカオは今〔78〕
*「大湾区」という祝祭 塩出浩和
■Book Review on Asia 今月の一冊
*『関東大震災 朝鮮人虐殺を読む―流言蜚語が現実を覆うとき』(劉永昇著) 嵯峨隆
■ASIA SCOPE
*韓国人が朝からフグ鍋を食うわけ 黒田勝弘
■滄海中国
*香港政府が展開する「観光客誘致」キャンペーンから、すっぽり抜け落ちた「香港の魅力」とは ふるまいよしこ
■企画連載 2024年台湾総統選挙(第2回)
*台湾統一をめぐる習近平の政治論 ―台湾政策、政治構想、歴史認識 鈴木隆
■巻頭言
*中東の時計は巻き戻るのか 池内恵
■New Publications on Asia
■表紙写真:Saudi Press Agency/ロイター/アフロ
*2023年3月、北京で会談するイラン(右)とサウジ(左)の外相。中国の仲介で両国は外交関係の正常化で合意した。
『東亜』2023年10月号目次

■特集 米中対立下におけるインドの戦略
*宗教国家への道―モーディーの静かな権威主義革命― 中溝和弥
*インド対外戦略の基礎知識
―目標、レベル、枠組み、そしてG20サミット 溜和敏
*インドと中国―多層的観点から「対立」と「連携」を読み解く 笠井亮平
■ASIA STREAM(2023年8-9月)
*中国の動向 軋む中国外交の背後に習近平氏の一極支配 濱本良一
*台湾の動向 頼清徳副総統、支持率調査で優勢を維持 門間理良
*朝鮮半島の動向 金正恩総書記がプーチン大統領と会談 塚本壮一
■COMPASS
*北京の水害から見えてくること 阿南友亮
*イタリア政府が中国の「一帯一路」から離脱する理由 ジュリオ・プリエセ
*40周年を迎えた香港ドルの米ドル・リンク制
「信用」のために受け入れる制約 曽根康雄
■Briefing Room
*寛容掲げる「非寛容」の国インドネシア 大塚智彦
■Book Review on Asia 今月の一冊
*『隣国の発見―日韓併合期に日本人は何を見たか(筑摩選書)』(鄭大均著) 嵯峨隆
■ASIA SCOPE
*台湾におけるスポーツを媒介としたインクルーシブ社会の実現 奈倉京子
■滄海中国
*中国で考える(12)―関和知 樋泉克夫
■企画連載 2024年台湾総統選挙(第1回)
*台湾総統選挙の基本構造・米中要因・注目点 小笠原欣幸
■巻頭言
*大国化するインドの今後 堀本武功
■New Publications on Asia
■表紙写真:AFP/アフロ
*G20サミットのメディアセンターを訪れるモディ印首相
『東亜』2023年9月号目次

■特集 実利狙うグローバルサウスと中国
*「グローバル・サウス」と中国のBRICS・SCO戦略 青山瑠妙
*対峙と共存:インド太平洋秩序の構築とASEAN諸国の対中アプローチ 菊池努
*中国の対ラテンアメリカ政策 ―グローバルサウス外交の理念と現実― 岸川毅
■ASIA STREAM(2023年7-8月)
*中国の動向 様変わりした北戴河報道 ―背後に習氏の意向か 濱本良一
*台湾の動向 侯友宜氏は馬英九時代の対中政策を踏襲 門間理良
*朝鮮半島の動向 朝鮮戦争休戦70周年と日米韓首脳会談 小針進
■COMPASS
*経済の武器化を進める中国 鈴木一人
*秦剛解任と中国外交の「過渡期」 増田雅之
*有力三政党の総統候補が出そろう、7月は日台関係のあり方を考える月に 石原忠浩
■Briefing Room
*インド社会と自死 飯田玲子
■マカオは今〔77〕
*広東・香港・マカオ、拡大ベイエリアの交通網整備 塩出浩和
■Book Review on Asia 今月の一冊
*『日本人が知らない戦争の話 ―アジアが語る戦場の記憶(ちくま新書)』(山下清海著) 嵯峨隆
■ASIA SCOPE
*死者が生者に語る物語 星泉
■滄海中国
*電影中国 日本の映画祭で中国映画を見る 吉川龍生
■企画連載 中国・むらと食からのグローバリゼーション(最終回)
*次の時代を模索し始めた中国農業 高橋五郎
■巻頭言
*中国の開発協力とグローバルサウス 北野尚宏
■New Publications on Asia
*表紙写真:AID/アフロ
『東亜』2023年8月号目次

■特集 “中国式統治”強まる香港
*香港経済の行方
―中国経済へのゲートウェイ機能の低下と地政学リスク上昇の中で― 中川涼司
*乱流下の平安―広東語ポップスに見る国安法時代の香港 小栗宏太
*国安法施行3年―香港における司法への影響 萩原隆太
■ASIA STREAM(2023年6-7月)
*中国の動向 中国経済に復調の兆し見えるも持続に波乱要因 濱本良一
*台湾の動向 頼清徳副総統、総統選挙支持率調査で優勢 門間理良
*朝鮮半島の動向 北朝鮮、固体燃料式ICBMも「フル性能」の発射に成功 塚本壮一
■COMPASS
*米欧の「デリスキング」のレトリックに反撃しようとする中国 三船恵美
*厳しい局面が続く中国半導体産業 ―米主導の包囲網強化による逆風 野木森稔
*先行き不透明な中韓関係 伊藤弘太郎
■Briefing Room
*外交・内政ともに波乱が続く米国 辰巳由紀
■Book Review on Asia 今月の一冊
*『私のものではない国で』(温又柔著) 嵯峨隆
■ASIA SCOPE
*尹大統領のオムライス外交 黒田勝弘
■滄海中国
*国家安全法から3年 キャセイ航空事件に見る、現代香港「統治」の野望 ふるまいよしこ
■企画連載 中国・むらと食からのグローバリゼーション(第5回)
*華北農村における経済的多様性とその歴史的背景・歴史的変遷 河野正
■巻頭言
*今こそ、香港を見つめよう 倉田徹
■New Publications on Asia
*表紙写真:Vernon Yuen/Nurphoto/共同通信イメージズ
 尖沙咀のスターフェリー埠頭に掲出された「国家安全教育の日」を宣伝する看板
『東亜』2023年7月号目次

■特集 米中対立に翻弄される朝鮮半島
*トランプ・金正恩会談から5年―米国から見た北朝鮮 李鍾元
*金正恩政権発足後の中朝関係の展開と中国の対応戦略 姜龍範
*「インド太平洋2.0」と「日米韓2.0」
―尹大統領の首脳外交の背景にあるもの 阪田恭代
■ASIA STREAM(2023年5-6月)
*中国の動向 文化・歴史面で欧米主導の秩序に対峙する習近平氏 濱本良一
*台湾の動向 総統選挙は警察票の争奪も焦点に 門間理良
*朝鮮半島の動向 2年目に入った尹政権の課題と偵察衛星の発射を試みた北朝鮮 小針進
■COMPASS
*日本の新安保三文書に対する中国国内の議論 阿南友亮
*日本と台湾の安全保障上の相互連関 ジュリオ・プリエセ
*グローバルサウスとの関係性を模索するG7と中国 曽根康雄
■Briefing Room
*大麻解禁から1年、タイが直面する課題 宮城英二
■マカオは今〔76〕
*国家安全維持法の改正 塩出浩和
■Book Review on Asia 今月の一冊
*『中国拘束2279日 スパイにされた親中派日本人の記録』(鈴木英司著) 嵯峨隆
■ASIA SCOPE
*中国式ソーシャルワークの〈つなぐ力〉社会的弱者支援の日中比較 奈倉京子
■滄海中国
*中国で考える(11)―中野正剛 樋泉克夫
■企画連載 中国・むらと食からのグローバリゼーション(第4回)
*三農問題への対策をめぐる開発経済学の理論と中国の現実 金湛
■巻頭言
*「悩みを共有し知恵を出し合う」日韓関係へ 木宮正史
■New Publications on Asia
■表紙写真:朝鮮中央通信=共同
*北朝鮮は6月中旬に開催した朝鮮労働党第8期第8回総会拡大会議で、朝鮮半島を取り巻く
 安全保障環境が「手の施しようがなく複雑」という認識を示すとともに、
 米国の「世界覇権戦略」に「反旗を翻した国家との連帯」を強化するとした。
『東亜』2023年6月号目次

■特集 中国経済回復の見通し
*「内向き」志向を強める中国経済と「一帯一路」のゆくえ 梶谷懐
*中国の不動産市場の過去、現在、未来
―中国経済への影響も含め― 福本智之
*家計消費から見る中国内需拡大戦略の課題 唐成
■ASIA STREAM(2023年4-5月)
*中国の動向 反スパイ法の強化で外資系企業の摘発が相次ぐ 濱本良一
*台湾の動向 深まる台湾と米国の軍事協力関係 門間理良
*朝鮮半島の動向 日韓シャトル外交で岸田総理「心が痛む」と表明 塚本壮一
■COMPASS
*中国は平和の使者となれるか? 鈴木一人
*G7、中露、グローバル・サウス 増田雅之
*現前総統の両岸路線対決と次期総統候補の両岸論述 石原忠浩
■Briefing Room
*インド映画がうつし出す政治と社会 飯田玲子
■Book Review on Asia 今月の一冊
*『在日韓国人になる 移民国家ニッポン練習記』(林晟一著) 嵯峨隆
■ASIA SCOPE
*自らの声で謳うチベットの女性たち 星泉
■滄海中国
*電影中国 独立系映画 その2 吉川龍生
■企画連載 中国・むらと食からのグローバリゼーション(第3回)
*中国農業の新しい担い手 山田七絵
■巻頭言
*中国に行くか 行かないか それが問題だ 吉岡桂子
■New Publications on Asia
■表紙写真:AFP/アフロ
*ゼロコロナ政策が撤廃されて初めて迎えた大型連休(メーデー休暇)。中国全土の観光地は多くの
 人々でにぎわった。写真はSNSを通じて最近バーベキューブームを引き起こしている山東省シハク市。
 同市では連休期間の宿泊予約者数は2019年比で800%上昇したという。
『東亜』2023年5月号目次

■特集 ゼロコロナ撤回の深層
*コロナ禍で乱高下した中国経済と今後の展望 三尾幸吉郎
*武漢バブルが招いた感染爆発、経済・外交に甚大な後遺症
―それでも習近平3期目政権が「コロナ対策大勝利」を宣言 中澤克二
*新型コロナパンデミック 今なお不透明な中国の情報公開 笹沢教一
■ASIA STREAM(2023年3-4月)
*中国の動向 習近平政権が新時代の対台湾政策を始動 濱本良一
*台湾の動向 民進党が頼清徳副総統を総統候補に擁立 門間理良
*朝鮮半島の動向 新たな軍事的兆候を見せる北朝鮮と日韓首脳会談の後遺症が続く韓国 小針進
■COMPASS
*習近平のロシア訪問と“ウクライナ12項目提案„ 三船恵美
*脱中国に消極的なASEAN
―フレンド・ショアリング成功の鍵を握る日本 野木森稔
*日韓首脳会談実現の意義 伊藤弘太郎
■Briefing Room
*債務上限問題での与野党攻防とトランプ前大統領起訴 辰巳由紀
■マカオは今〔75〕
*「マカオ文学」の展開と多様性 塩出浩和
■Book Review on Asia 今月の一冊
*『現代アジアの「民主主義」』(岩崎育夫著) 嵯峨隆
■ASIA SCOPE
*ソウルに“新チャイナタウン”が誕生 黒田勝弘
■滄海中国
*世代交代進む香港映画界 その裏でうごめく「見えない手」 ふるまいよしこ
■企画連載 中国・むらと食からのグローバリゼーション(第2回)
*中国の農業対外投資 ―「走出去」戦略の下で― 張馨元
■巻頭言
*中国における公式メディアへの信頼:その多様性と力学が示唆するもの 園田茂人
■New Publications on Asia
■表紙写真:AFP/アフロ
*中国の街中至る所に設置されていたPCR検査所は、昨年末のゼロコロナ政策撤回によって
 多くは撤去ないし求人情報ブースなど他目的の施設へと転用されている。写真は北京市内の
 公園から撤去されるPCR検査所。
『東亜』2023年4月号目次

■特集 どう見る台湾海峡の緊張
*米国の対台湾政策を巡る四半世紀
―米国政治と台湾の変容の交錯 渡辺将人
*統一戦線工作へ回帰する習近平政権の対台湾政策 福田円
*台湾の対中経済依存の現状と行方 伊藤信悟
■ASIA STREAM(2023年2-3月)
*中国の動向 習近平氏が国家主席に3選
―台湾との統一を目指す長期“強国”政権が始動 濱本良一
*台湾の動向 中国の認知戦に警戒すべき日台 門間理良
*朝鮮半島の動向 韓国が徴用工問題解決案を発表 日韓、関係正常化へ節目 塚本壮一
■COMPASS
*日本の新国家安全保障戦略における対中認識 阿南友亮
*G7広島サミットで見えてくるか日本の「主宰力」 ジュリオ・プリエセ
*中国の資本流出の陰で進む人民元国際化の動き 曽根康雄
■Briefing Room
*南シナ海今日も波高し ―中国海警局船舶と周辺国船舶のしのぎ合い 大塚智彦
■Book Review on Asia 今月の一冊
*『「武漢日記」が消された日 ―中国から始まったある言論弾圧』(マイケル・ベリー著 竹田純子訳) 嵯峨隆
■ASIA SCOPE
*草の根の視点から『武漢日記』を再読する
―コロナ禍でみられた中国の「新しい社会性」― 奈倉京子
■滄海中国
*中国で考える(10)―米内山庸夫 樋泉克夫
■企画連載 中国・むらと食からのグローバリゼーション(第1回)
*食糧輸入の急増と調達戦略 森路未央
■巻頭言
*「台湾は何処にあるか」と「台湾は何であるか」 若林正丈
■New Publications on Asia
■表紙写真:AFP=時事
*写真は金門島の建物に残る古い宣伝壁画。蒋介石時代の台湾は、反共復国を国是とした大陸
 との「統一」が大前提であった。しかし近年では現状維持を前提としつつも、大陸・中国と
 自分たちとは別個の存在だと考える台湾人が大多数である。
『東亜』2023年3月号目次

■特集 「核」と東アジアの安全保障
*米国の核態勢見直し ―継続性のなかの課題 戸﨑洋史
*中国の核戦略の現状 小原凡司
*北朝鮮の核戦略:進展と課題 山口亮
■ASIA STREAM(2023年1月-2月)
*中国の動向 中国の偵察気球を米軍機が撃墜 米中両国に衝撃走る 濱本良一
*台湾の動向 新行政院長として陳建仁前副総統が就任 門間理良
*朝鮮半島の動向 大詰めとなった徴用工問題の解決案と韓国の内政事情 小針進
■COMPASS
*インドから見た中国 鈴木一人
*米中戦略的競争と「台湾有事」 増田雅之
*人事刷新で民進党は再建めざす 石原忠浩
■Briefing Room
*国勢調査とインド社会 飯田玲子
■マカオは今〔74〕
*リベンジ消費から構造改革へ 塩出浩和
■Book Review on Asia 今月の一冊
*『千年の歓喜と悲哀 アイ・ウェイウェイ自伝』(艾未未著 佐々木紀子訳) 嵯峨隆
■ASIA SCOPE
*躍動する「あいだ」の人 トンドゥプジャ 星泉
■滄海中国
*電影中国 独立系映画 その1 吉川龍生
■企画連載 国際エネルギー危機と脱炭素潮流の下での中国のエネルギー問題(第6回)
*中国のエネルギー外交 ―経緯と現況 伊藤庄一
■巻頭言
*プラグマティックで思慮深い核政策を 秋山信将
■New Publications on Asia
■表紙写真:朝鮮通信/共同通信イメージズ
*2月18日に平壌国際空港で行われた大陸間弾道ミサイル(ICBM)「火星砲15」型の発射訓練。
 同ミサイルはロフテッド軌道で発射されて日本のEEZ=排他的経済水域内、北海道・渡島大島
 の西方約200km沖の日本海上に落下したと推測される。
『東亜』2023年2月号目次

■特集 半導体めぐる米中の攻防
*米国の半導体政策が世界にもたらす影響
―厳しすぎる対中規制は台湾有事を誘発する 湯之上隆
*半導体地政学の強風のなか、独自の勝利戦略を目指す台湾TSMCの選択 野嶋剛
*米中半導体対立に翻弄される韓国半導体産業 百本和弘
■ASIA STREAM(2022年12月-2023年1月)
*中国の動向 新型コロナの感染爆発と景気低迷に動揺する中国 濱本良一
*台湾の動向 「台湾侵攻は失敗する」米シンクタンクがシミュレーション結果を公表 門間理良
*朝鮮半島の動向 北朝鮮が戦術核で圧迫、韓国も核で対抗へ 塚本壮一
■COMPASS
*日本の安保3文書改訂と日中関係 三船恵美
*香港ドルのペッグ制維持に対する懸念は続く 野木森稔
*さらなる対北抑止力を求める韓国 伊藤弘太郎
■Briefing Room
*トランプ前大統領の影響力後退、共和党内の内紛始まる 辰巳由紀
■Book Review on Asia 今月の一冊
*『越境の中国史 ―南からみた衝突と融合の三〇〇年(講談社選書メチエ)』(菊池秀明著) 嵯峨隆
■ASIA SCOPE
*韓国のオデンは切なくも面白い 黒田勝弘
■滄海中国
*香港人ジャーナリスト李怡が遺した「失敗者の回顧録」の思い ふるまいよしこ
■企画連載 国際エネルギー危機と脱炭素潮流の下での中国のエネルギー問題(第5回)
*再生可能エネルギー世界一への道
―それは尻ぬぐいから始まった 丸川知雄
■巻頭言
*経済安全保障のジレンマ 川上桃子
■New Publications on Asia
■表紙写真:AFP/アフロ
*われわれの日常生活を支えている様々な電子機器。それらは半導体なくして成り立たない。
 今、その半導体をめぐり、米国の対中牽制が加熱している。写真はSEMICON JAPAN 2022の出展ブース。
『東亜』2023年1月号目次

■特集 習近平3期目の課題と展望
*第3期習近平政権の政治課題 唐亮
*中国が直面する経済課題と今後の展望 大西康雄
*内外の脅威と戦う習近平政権:中国の安全保障がもたらす国際秩序の分裂 益尾知佐子
■ASIA STREAM(2022年11-12月)
*中国の動向 コロナ封鎖に国民の不満爆発 大幅譲歩した習近平政権 濱本良一
*台湾の動向 国民党が勝利した統一地方選挙 門間理良
*朝鮮半島の動向 文政権の「後始末」が続く朝鮮半島情勢と韓国社会 小針進
■COMPASS
*個人独裁に逆戻りする中国 阿南友亮
*「一石三鳥」のインド太平洋における欧州の海洋安全保障上の関与 ジュリオ・プリエセ
*途上国の対外債務問題で問われる中国の姿勢 曽根康雄
■Briefing Room
*中国の“一帯一路”と東南アジア したたか戦略の一方で経済的紐帯 大塚智彦
■マカオは今〔73〕
*長期的視点から葡中関係を考える 塩出浩和
■Book Review on Asia 今月の一冊
*『台湾書店百年の物語』(台灣獨立書店文化協會編著 郭雅暉 永井一広訳) 嵯峨隆
■ASIA SCOPE
*人々の日常生活に浸透する「社会主義」 奈倉京子
―その2:何もしないこと
■滄海中国
*中国で考える(9)―前田利定 樋泉克夫
■企画連載 国際エネルギー危機と脱炭素潮流の下での中国のエネルギー問題(第4回)
*世界の原子力市場で主導権握る中国とロシア 窪田秀雄
■巻頭言
*全体主義的イデオロギーの危うさ 塩沢英一
■New Publications on Asia
■表紙写真:新華社/アフロ
*革命の聖地・延安を視察する習近平総書記ら新指導部メンバー。
『東亜』2022年12月号目次

■特集 中国経済が内包するリスク
*中国の雇用を読む ―過去最悪レベルの失業率の問題提起 箱﨑大
*急拡大する中国の地方政府債務問題と都市の財政再建 徐一睿
*中国の不動産金融の構造問題と高まる金融システムリスク 李立栄
■ASIA STREAM(2022年10-11月)
*中国の動向 習近平氏3期目元年は延安訪問と軍視察でスタート 濱本良一
*台湾の動向 現政権の対中政策継承を明言した頼清徳副総統 門間理良
*朝鮮半島の動向 北朝鮮、「火星17型」発射 韓国が「台湾有事」に苦慮 塚本壮一
■COMPASS
*米中半導体紛争の行方 鈴木一人
*習近平「一強体制」の危機感 ―悪化する中国の外部環境― 増田雅之
*ポスト蔡英文の開始となるか
―次期国政選挙前哨戦の台湾統一地方選挙 石原忠浩
■Briefing Room
*世界を席巻するインド系移民の歴史と現在 飯田玲子
■燕京通信
*どんでん返し人事 ―党大会は習思想で統一 塩沢英一
■中共20全:注目人事
*「習一強」の20回党大会人事 稲垣清
■Book Review on Asia 今月の一冊
*『中国パンダ外交史(講談社メチエ)』(家永真幸著) 嵯峨隆
■ASIA SCOPE
*ラジオの時代と声の文学の復権 星泉
■滄海中国
*「香害」は中国人観光客を遠ざける? ―今、守るべき日本の空気と水 榎本泰子
■企画連載 国際エネルギー危機と脱炭素潮流の下での中国のエネルギー問題(第3回)
*世界石油市場に大きな影響を及ぼす中国 野神隆之
―その経緯、現状及び今後の展望
■巻頭言
*中国経済の国内リスク 渡邉真理子
■New Publications on Asia
■『東亜』2022年総目次
■表紙写真:CFOTO/共同通信イメージズ
*中国では就業形態の多様化が進む一方で、若年層の失業率が問題となっている。
 写真は青年人材の雇用を支援するための就職博覧会(湖北省宜昌市、2022年7月8日)。
おすすめの購読プラン

東亜の内容

『東亜』はわが国でもっとも歴史の長い中国・アジア問題専門誌の一つです。 中国・アジアへの理解が必要な今、『東亜』で、情報力に差をつけよう!
▼中国・アジアの動向に関心のある一般社会人から、ジャーナリスト、ビジネスマン、中国・アジア研究家まで幅広いニーズにお応えする雑誌です。▼中国・アジアの現代を学ぶ大学の副教材としても最適です。▼グローバルかつ客観的な視座、事実に基づく精緻な実証分析、フィールドワークの重視、机上の空論ではない活きた情報の提供が『東亜』の主眼です。 ▼政治・経済・国際関係・安全保障などを広くカバー、『東亜』一冊で中国・アジアの動向が分かります。 ▼第一線で活躍中の中国・アジア研究家、ジャーナリスト、作家など一流の執筆者を動員、多角的な視点と切り口で最新情報をお届けします。▼次代を担う新進気鋭の研究者による新鮮かつ柔軟な視点も積極的に掲載しています。

東亜の無料サンプル

4月号 (2011年04月01日発売)
4月号 (2011年04月01日発売)をまるごと1冊ご覧いただけます
サンプルを見る

東亜の目次配信サービス

東亜最新号の情報がメルマガで届く♪ メールアドレスを入力して登録(解除)ボタンを押してください。

※登録は無料です
※登録・解除は、各雑誌の商品ページからお願いします。/~\Fujisan.co.jpで既に定期購読をなさっているお客様は、マイページからも登録・解除及び宛先メールアドレスの変更手続きが可能です。
以下のプライバシーポリシーに同意の上、登録して下さい。

この雑誌の読者はこちらの雑誌も買っています!

東亜の所属カテゴリ一覧

Fujisanとは?

日本最大級雑誌の定期購読サービスを提供

デジタル雑誌をご利用なら

最新号〜バックナンバーまで7000冊以上の雑誌
(電子書籍)が無料で読み放題!
タダ読みサービスを楽しもう!

総合案内
マイページ
マイライブラリ
アフィリエイト
採用情報
プレスリリース
お問い合わせ
©︎2002 FUJISAN MAGAZINE SERVICE CO., Ltd.