BIOINDUSTRY(バイオインダストリー) 発売日・バックナンバー

全149件中 46 〜 60 件を表示
4,950円
【特集】バイオインスパイアード触媒

-------------------------------------------------------------------------

特集にあたって

-------------------------------------------------------------------------
久枝良雄(九州大学 大学院工学研究院 応用化学部門 教授)

-------------------------------------------------------------------------

ビタミンB12 をモデルとしたバイオインスパイアード触媒の開発
Development of Bioinspired Catalyst: Lessons from Vitamin B12 Enzyme

-------------------------------------------------------------------------
嶌越 恒(九州大学 大学院工学研究院 応用化学部門 准教授)
久枝良雄(九州大学 大学院工学研究院 応用化学部門 教授)

 生体関連金属錯体と様々な異種材料を複合化することで,天然酵素機能を凌駕する新機
能を付与した人工金属酵素の開発が可能になりつつある。生き物に学び,そのしくみを理
解し応用することで,新たな人工マテリアルであるバイオインスパイアード触媒の創製が
可能となる。本稿では,ビタミンB12 誘導体を酸化物半導体や高分子等の異種材料と複合
化したハイブリッド型触媒の創製とそのバイオインスパイアード触媒機能について紹介す
る。

【目次】
1.はじめに
2.ビタミンB12 依存性酵素
3.ビタミンB12‒酸化チタン複合触媒
4.可視光応答型ビタミンB12 インスパイアード触媒
5.おわりに

-------------------------------------------------------------------------

ヒドロゲナーゼをモデルとした触媒開発
Catalysts Inspired by Hydrogenases

-------------------------------------------------------------------------
磯邉 清(九州大学 カーボンニュートラル・エネルギー国際研究所
     ;同大学 大学院工学研究院 学術研究員)
小江誠司(九州大学 カーボンニュートラル・エネルギー国際研究所
     ;同大学 大学院工学研究院 教授)

 水中で水素分子を活性化する酵素「ニッケル・鉄ヒドロゲナーゼ」の構造・反応特性を
有機金属化学的に解析し,それに基づくバイオインスパイアード分子触媒「ニッケル・ル
テニウム錯体(小江触媒)」の分子設計と開発プロセスについて紹介する。最後にその分
子触媒を電極触媒に適用した世界初の分子性燃料電池の開発について記述する。

【目次】
1.はじめに
2.ヒドロゲナーゼの活性中心の構造特性およびH2 活性化機能の有機金属化学的解析
3.ヒドロゲナーゼミメティック機能モデルとしての小江触媒の設計
4.小江触媒を用いた世界初の分子性燃料電池の作製

-------------------------------------------------------------------------

バイオインスパイアード有機・無機複合光触媒
Bioinspired Organic‒Inorganic Composite Photocatalysts

-------------------------------------------------------------------------
福住俊一(大阪大学 大学院工学研究科 生命先端工学専攻 教授)

 現在我々が消費している化石燃料は元々植物が行ってきた光合成の産物である。本来人
類が使うエネルギーは人類自ら光合成を行ってつくり出さねばならない。本稿では光合成
にバイオインスパイアードされた人工光合成反応中心分子の設計・合成・電荷分離機能,
さらに有機・無機複合光触媒への応用について概説する。

【目次】
1.序論
2.バイオインスパイアード光合成反応中心モデル化合物
3.有機・無機複合光触媒
4.結論

-------------------------------------------------------------------------

ヘムタンパク質のバイオエンジニアリング
Bioengineering of Hemoproteins

-------------------------------------------------------------------------
林 高史(大阪大学 大学院工学研究科 応用化学専攻 教授)

 ヘムタンパク質はヘム(ポルフィリン鉄錯体)をコファクターに有する一連のタンパク
質である。これまではヘムタンパク質を解析することに主眼が置かれていたが,構造や機
能が明らかになりつつある昨今,ヘムタンパク質の化学的改変を機軸とした新しい機能性
生体分子の創製が次の目標である。本稿では,非天然ヘムを用いた再構成タンパク質の構
造と機能,およびタンパク質集合体構築の最近の研究成果について紹介する。

【目次】
1.はじめに
2.再構成ヘムタンパク質の調製
3.ポルフィセン鉄錯体をコファクターに有するヘムタンパク質
3.1 ミオグロビンの酸素親和性
3.2 ペルオキシダーゼ活性
4.ヘムタンパク質の組織化複合体構築
4.1 ヘムタンパク質超分子ポリマーの構築
4.2 ヘムタンパク質と金属表面との相互作用
5.まとめ

-------------------------------------------------------------------------

自然に学ぶ選択酸化触媒
Nature‒inspired Selective Oxidation Catalysts

-------------------------------------------------------------------------
人見 穣(同志社大学 理工学部 准教授)
小寺政人(同志社大学 大学院理工学研究科 教授)

 金属オキシゲナーゼは酸素分子を活性化して様々な基質を選択的に酸化する金属酵素で
ある。この反応は温和な条件で進行し,従来の工業的酸化反応と比べて様々な利点がある。
本稿では,これらの酵素の作用機序に基づき設計されたバイオインスパイアード単核およ
び二核鉄錯体触媒による過酸化水素を酸化剤とする酸素活性化と選択酸化反応について紹
介する。

【目次】
1.はじめに
2.ヘム依存,単核および二核非ヘム鉄酸化酵素の作用機序
3.単核非ヘム鉄錯体を触媒とする過酸化水素を用いた選択酸化
4.窒素4 座配位子を有する単核非ヘム鉄錯体触媒
5.ヘム依存型酵素反応を行う単核非ヘム鉄錯体触媒
6.二核化のメリットと二核構造の安定化
7.二核鉄錯体が触媒する過酸化水素によるアルケンの優先的エポキシ化
8.sMMO のバイオインスパイアード二核鉄錯体による酸素活性化機構の解明
9.おわりに

-------------------------------------------------------------------------

シクロデキストリンを用いたバイオインスパイアード触媒
Bio‒inspired Catalyst by Using Cyclodextrins

-------------------------------------------------------------------------
高島義徳(大阪大学 大学院理学研究科 高分子科学専攻 助教)
原田 明(大阪大学 大学院理学研究科 高分子科学専攻 教授)

 生体系においては,巧みに酵素触媒が超分子構造を形成し,生体高分子の構成を行って
いる。このような超分子構造は人工系における高分子合成においても重合活性の向上に大
きな効果を見いだせると考えた。本稿ではシクロデキストリン(CD)と環状エステル(ラ
クトン)を混合し,加熱することで,助触媒や溶媒なしにポリエステルが生成することを
見いだした。特にCD dimer を用いたラクトンの重合においては,ペプチド合成を司るリ
ボソームやDNA ポリメラーゼの触媒挙動を彷彿とさせる重合挙動であることが明らかと
なった。

【目次】
1.はじめに
2.シクロデキストリンによるポリエステル合成
3.CD‒ラクトン包接錯体を用いた重合
4.CD とラクトンの固相包接錯体形成
5.ポリマーの構造解析
6.重合反応におけるポリロタキサン構造の重要性
7.反応機構
8.CD dimer を用いたδ‒VL の重合
9.結論

-------------------------------------------------------------------------

BIO R&D

-------------------------------------------------------------------------

貴金属回収のための酵素反応で合成したポリフェノールの開発
Polyphenol Polymerization Using Enzymatic Reaction for Precious Metal Recovery

-------------------------------------------------------------------------
川喜田英孝(佐賀大学 大学院工学系研究科 先端融合工学専攻 准教授)

 西洋わさびペロオキシダーゼを用いてポリフェノールを重合し,貴金属の回収材料に利
用した。都市鉱山中の貴金属を対象とし,塩酸領域で実験を行った。フェノールおよびカ
テコールをペロオキシダーゼで重合して様々な金属が共存する塩酸溶液と接触させると,
金イオンのみが選択的に回収できた。金イオンは還元され金粒子となっていた。酵素の基
質にアミノ基とフェノール基をもつチラミンを用いると,塩酸領域およびpH 領域で溶解
性が変化する高分子となった。このポリチラミンの特性を利用して繰り返し使用が可能な
金イオンの回収プロセスを提案した。さらにポリチラミンは分子内にアミノ基を持つため
に,白金イオンおよびパラジウムイオンを高塩酸領域で回収できた。

【目次】
1.はじめに
2.酵素反応で生成したポリフェノールによる選択的な金イオンの回収
3.ポリチラミンの還元性と溶解性を用いた金イオンの回収
4.ポリチラミンによる白金イオンとパラジウムイオンの回収
5.おわりに

-------------------------------------------------------------------------

BIO BUSINESS

-------------------------------------------------------------------------

工業触媒の市場
Market of Industrial Catalysts

-------------------------------------------------------------------------
【目次】
1.業界概要
2.市場動向
3.輸出入動向
4.需要
5.企業動向
4,950円
【特集】オメガ3脂肪酸―より良い脂質バランスを実現するための機能解析と製品生産法開発―

-------------------------------------------------------------------------

特集に際して

-------------------------------------------------------------------------
小川順(京都大学 大学院農学研究科 教授)
新井洋由(東京大学 大学院薬学系研究科 教授)
植田和光(京都大学 大学院農学研究科,物質-細胞統合システム拠点 教授)


-------------------------------------------------------------------------

オメガ3脂肪酸の栄養化学
Nutritional Functions of Omega-3 Fatty Acids

-------------------------------------------------------------------------
永尾晃治(佐賀大学 農学部 生命機能科学科 食品栄養化学分野 准教授)

 本稿では,オメガ3脂肪酸の栄養・健康機能,とくに生活習慣病・メタボリックシンドロームに対する予防・改善作用に関して,動物実験の結果からヒトでの臨床試験の成果にわたって紹介しつつ,その作用機序について現時点で分子栄養学的に明らかにされていることを解説したい。またオメガ3脂肪酸の機能性を,今後より有効に活用するための可能性についても考察したい。

【目次】
1. はじめに
2. オメガ3脂肪酸の栄養・健康機能
3. オメガ3脂肪酸の作用機序に関する分子栄養学的理解
3.1 糖・脂質代謝制御に関与する分子機構
3.2 オメガ3脂肪酸の栄養・健康機能における分子機構
4. オメガ3脂肪酸の可能性
4.1 オメガ3-ドコサペンタエン酸(DPA)の可能性
4.2 オメガ3脂肪酸含有構造脂質の可能性
5. おわりに

-------------------------------------------------------------------------

オメガ3脂肪酸の代謝と炎症の制御
Omega-3 Polyunsaturated Fatty Acid Metabolism and the Regulation of Inflammation

-------------------------------------------------------------------------
有田誠(東京大学 大学院薬学系研究科 准教授)

 最近,エイコサペンタエン酸(EPA)やドコサヘキサエン酸(DHA)などのオメガ3脂肪酸に由来する抗炎症性代謝物が見いだされ,注目されている。レゾルビンやプロテクチンと呼ばれるこれらの活性代謝物は,オメガ3脂肪酸の健康増進機能に積極的に寄与している可能性がある。

【目次】
1. はじめに
2. オメガ3脂肪酸の抗炎症作用について
3. オメガ3脂肪酸の代謝と機能
4. オメガ3脂肪酸代謝のメタボローム解析システムの確立と応用
5. おわりに

-------------------------------------------------------------------------

オメガ3脂肪酸の食品への応用
Application of Omega-3 Fatty Acids to Foods

-------------------------------------------------------------------------
河島 洋(サントリーウエルネス(株) 健康科学研究所 課長)

 オメガ3脂肪酸がさまざまな機能を持つことは広く知られており,日本だけでなく世界各国でその摂取が推奨されている。ここでは,オメガ3脂肪酸の特長を生かした食品への応用について述べ,特に他の機能性成分との組み合わせについて紹介する。

【目次】
1. はじめに
2. 栄養素としてのオメガ3脂肪酸
2.1 さまざまな栄養機能
2.2 世界各国における摂取の基準値
3. 食品への応用
3.1 オメガ3脂肪酸の食品中での過酸化
3.2 オメガ3脂肪酸の生体中での過酸化
3.3 オメガ3脂肪酸と機能性成分の組み合わせ
4. おわりに

-------------------------------------------------------------------------

海洋性微生物資源を活用するオメガ3脂肪酸素材の生産
Production of Omega-3 Fatty Acids by Marine Microorganisms

-------------------------------------------------------------------------
林雅弘(宮崎大学 農学部 海洋生物環境学科 准教授)

 オメガ3脂肪酸を生産し,高い増殖性や脂質蓄積性を示すことから産業利用が各方面で検討されているラビリンチュラ類について,これまでに筆者らが行ってきた脂質素材生産について紹介する。ラビリンチュラ類の中でもスラウストキトリッドを中心に,有用株の探索方法,培養特性および脂質特性,形質転換系の開発等について詳述する。

【目次】
1. はじめに
2. 有用株の探索
3. 培養特性・脂質特性
4. 形質転換系の開発
5. オメガ3脂肪酸以外の脂質素材生産
6. おわりに

-------------------------------------------------------------------------

オメガ3脂肪酸含有油脂の微生物による生産と変換
Production and Transformation of Omega-3 Fatty Acid-containing Lipids by Microorganisms

-------------------------------------------------------------------------
櫻谷英治(京都大学 大学院農学研究科 助教)
岸野重信(京都大学 大学院農学研究科 助教)
安藤晃規(京都大学 生理化学研究ユニット 特定助教)
新井洋由(東京大学 大学院薬学系研究科 教授)
植田和光(京都大学 大学院農学研究科,物質-細胞統合システム拠点 教授)
小川順(京都大学 大学院農学研究科 教授)

【目次】
1. はじめに
2. M.alpina 1S-4 の油脂発酵生産能力
3. 野生株と誘導変異株によるオメガ3脂肪酸(ω3 PUFA)含油油脂の生産
3.1 培養条件検討によるω3 PUFA 生産
3.2 誘導変異株によるω3 PUFA 生産
4. 油脂の菌体外脂質生産
5. M.alpina 1S-4 の分子育種によるω3PUFA 生産
5.1 M.alpina 1S-4 の形質転換系の開発
5.2 PUFA 生合成に関わる酵素遺伝子
5.3 EPA 含有油脂生産
5.4 ω3ETA 含有油脂生産
5.5 ω3DPA 含有油脂生産
6. ω3 PUFA 代謝のメタボローム解析と代謝物生産
7. 腸内細菌におけるPUFA 代謝
8. おわりに

-------------------------------------------------------------------------

BIO R&D

-------------------------------------------------------------------------

低分子ペプチドの血管機能改善作用
Improvement of Vascular Functions by Small Peptides

-------------------------------------------------------------------------
福田俊彦(九州大学大学院 生物資源環境科学府 生命機能科学専攻 食料化学工学講座)
松井利郎(九州大学大学院 農学研究院 生命機能科学部門 食料化学工学講座 教授)

 ペプチド(特に,ジ・トリなどの低分子ペプチド)は抗高血圧的に作用する食品成分であることが明らかになりつつある。本稿では,抵抗性を介して血圧を決定する臓器である血管に着目し,血管弛緩を誘導するペプチドとそのメカニズムについて最新知見を交えて紹介する。

【目次】
1. はじめに
2. ペプチドの生体調節機能
3. 血管弛緩とペプチド
3.1 内皮と血管弛緩ペプチド
3.2 平滑筋と血管弛緩ペプチド
4. 内皮非依存性弛緩ペプチドの作用:L型Ca2+ チャンネルブロック作用
5. 内皮非依存性弛緩ペプチドの作用:Ca2+ シグナル系遮断作用
6. ペプチド科学の今後
7. おわりに

-------------------------------------------------------------------------

バクテリオファージ尾部吸着分子を利用した細菌検出法
Bacteria Detection using Adsorption Protein of Tailed Phages

-------------------------------------------------------------------------
内山淳平(高知大学 教育研究部 医療学系 助教)
内山(竹村)伊代(高知大学医学部附属病院 検査部 臨床検査技師)
渡辺茂(高知大学 教育研究部 総合科学系 教授)
大畑雅典(高知大学 教育研究部 医療学系 教授)
松崎茂展(高知大学 教育研究部 医療学系 准教授)

 我が国において細菌検査を取り巻く状況は大きく変化している。現在,迅速・簡便・高精度・安価な細菌検査法の改良・開発が急務となっている。その可能性の一つに「バクテリオファージ尾部吸着タンパク質を利用した細菌検出法」がある。本報では,本技術に関して筆者らの知見を含めて概説する。

【目次】
1. 今,細菌検査に求められているもの
2. 細菌検査法の現状と開発
3. ファージと尾部吸着タンパク質
4. ファージ尾部吸着タンパク質を利用した細菌検出法
5. おわりに

-------------------------------------------------------------------------

BIO BUSINESS

-------------------------------------------------------------------------

DDS の将来予想と市場展望
Marketing Outlook and Forecast for DDS

-------------------------------------------------------------------------
保地毅彦(Astellas US Technologies, Inc. Product and Process Technology Assistant Director)
迫和博(アステラス製薬㈱ 製剤研究所 所長)

【目次】
1. はじめに
2. 抗体医薬品
3. ワクチン医薬品
4. 核酸医薬品
5. おわりに
4,950円
【特集】ハイスループットな創薬スクリーニングを目指して

-------------------------------------------------------------------------

抗体医薬シーズ探索
抗原スクリーニング技術と抗体スクリーニング技術
Antibody Drug Seeds Screening:Antigen Screening Technology and Antibody Screening Technology

-------------------------------------------------------------------------
杉浦雅仁((株)ACTGen 事業開発部 部長)

 癌特異的膜タンパク質をSST‒REX 法(signal sequence trap 法)で同定し,該タンパ
ク質に対して抗腫瘍活性を持つ抗体を独自のスクリーニング方法で獲得する。紹介する抗
体医薬シーズは本方法によって得られた抗原に対する抗体で,各々スキルス胃癌,前立腺
癌に強い抗腫瘍活性をもつものである。

【目次】
1. はじめに
2. 抗原スクリーニング技術 SST‒REX法(signal sequence trap 法)
3. 抗体作製・スクリーニング技術
4. 抗体医薬シーズ候補の探索 ①スキルス胃癌に対する抗体医薬シーズ
5. 抗体医薬シーズ候補の探索 ②前立腺癌に対する抗体医薬シーズ
6. おわりに

-------------------------------------------------------------------------

プロベックス・プローブによるセルベース創薬スクリーニング
Cell Based Screening for Drug Discovery by ProbeX Probe Technology

-------------------------------------------------------------------------
三浦研二((株)ProbeX 研究開発部 部長)

 創薬スクリーニングでより特性の優れた化合物を検出するためにも細胞アッセイはます
ます増えている。発光検出はIn vitro,細胞,In vivo まで使える方法論であるが,タンパ
ク質-タンパク質相互作用を高感度に発光検出可能となったスプリットルシフェラーゼプロ
ーブによるセルベースアッセイを紹介する。

【目次】
1. はじめに
2. ルシフェラーゼ技術
3. ProbeX プローブの開発
4. ProbeX プローブによるスクリーニング
5. 今後の展開

-------------------------------------------------------------------------

ヒトiPS 細胞由来分化誘導肝細胞を用いた薬物毒性評価系の開発  
Evaluation of Drug Toxicity by Using Hepatocytes Derived from Human iPS Cells

-------------------------------------------------------------------------
川端健二((独)医薬基盤研究所 幹細胞制御プロジェクト プロジェクトリーダー)
高山和雄(大阪大学大学院 薬学研究科 分子生物学分野)
水口裕之(大阪大学大学院 薬学研究科 分子生物学分野 教授)

 ヒトiPS 細胞は再生医療だけではなく創薬への応用も強く期待されている。特に肝細
胞を iPS 細胞から効率良く分化誘導できれば,ハイスループットな薬物毒性評価系や薬
物代謝評価系を新規に構築できると考えられる。本稿では,筆者らが考案したヒトiPS細
胞由来肝細胞の分化誘導法とその薬物毒性評価への応用について紹介したい。

【目次】
1. はじめに
2. 肝細胞の培養
3. ヒトiPS 細胞から肝細胞への分化誘導
3.1 ヒトiPS 細胞から内胚葉への分化誘導
3.2 内胚葉から肝細胞への特異化
3.3 肝幹前駆細胞から肝細胞への成熟化
3.4 遺伝子導入による肝細胞分化誘導
3.5 三次元培養技術による肝細胞の成熟化
4.iPS 細胞由来肝細胞を用いた薬物毒性評価系の開発
5.おわりに

-------------------------------------------------------------------------

液滴接触法を利用したチャネル型膜タンパク質のハイスループット機能解析システムの開発 
High Throughput Screening Platform for Ion Channel Analysis by Droplet
Contact Method

-------------------------------------------------------------------------
川野竜司((財)神奈川科学技術アカデミー バイオマイクロシステムプロジェクト 研究員)
大崎寿久((財)神奈川科学技術アカデミー バイオマイクロシステムプロジェクト 研究員)
竹内昌治(東京大学 生産技術研究所 准教授;㈶神奈川科学技術アカデミー バイオマイ
      クロシステムプロジェクトリーダー)

 液滴接触法と呼ばれる手法の考案によって,液滴の滴下という簡便な操作で安定なモデ
ル生体膜を再現良く形成できるようになった。このモデル膜にチャネル型膜タンパク質を
再構成し,さらにアレイ化することで,ハイスループット薬剤スクリーニングシステムの実現
を目指している。

【目次】
1. はじめに
2. 生体膜モデルの再現に成功した液滴接触法
3. 接触法デバイスによるチャネル型膜タンパク質シグナル計測
4. おわりに

-------------------------------------------------------------------------

インシリコ創薬支援事業の概要と今後の展望
Outline and Perspective of Supporting Activity of In Silico Drug Discovery

-------------------------------------------------------------------------
志水隆一(NPO 法人バイオグリッドセンター関西 理事/事務局長)

 NPO 法人バイオグリッドセンター関西は,コンピュータ技術の創薬分野への産業利用
促進を推進してきた。文部科学省等のプロジェクトに応募し,自らもインシリコ創薬を実
践しノウハウと経験値を高めてきた。神戸に次世代スパコン「京」が設置されることとな
り「次世代スパコンの創薬産業利用促進研究会」を立ち上げるなかで利用支援の必要
性を感じ,「インシリコ創薬支援事業」を開始するに至った。

【目次】
1. NPO 法人バイオグリッドセンター関西とは
2. インシリコ創薬支援事業について
3. 今後の展望

-------------------------------------------------------------------------

BIO R&D

-------------------------------------------------------------------------

菊花ポリフェノールの開発
Development of“ Chrysanthemum Polyphenol”

-------------------------------------------------------------------------
北村志郎((株)カネカ QOL 事業部)
本田真一((株)カネカ フロンティアバイオ・メディカル研究所)

 菊の花から見出した機能性食品素材である「菊花ポリフェノール」は,高プリン体を摂
取した場合の尿酸値上昇を抑制した。「菊花ポリフェノール」は,体内でプリン体からの
尿酸産生を抑え,さらに,尿酸の排泄を促進することにより,血中尿酸値の上昇を抑制し
ていると考えられた。

【目次】

1. はじめに
2. 痛風・高尿酸血症について
3. 菊花ポリフェノールとは
4. 菊花ポリフェノールの尿酸値上昇抑制効果
4.1 ラットでの連続投与試験
4.2 ヒトでの単回投与試験
5. 菊花ポリフェノールの作用機序
5.1 尿酸産生抑制作用(キサンチンオキシダーゼ阻害)
5.2 尿酸排泄促進作用(尿酸排泄に関するトランスポーターの発現増強)
6. 菊花ポリフェノールの安全性
7. おわりに

-------------------------------------------------------------------------

タンパク質のリフォールディングを補助し,活性を保護する有機ナノチューブゲル   
Organic Nanotube Gels:Refolding Assistance and Activity Stabilization of Proteins

-------------------------------------------------------------------------
亀田直弘((独)産業技術総合研究所 ナノチューブ応用研究センター 研究員)

ライフサイエンス,グリーンイノベーションの観点から,タンパク質や酵素が注目を集めており,
その生産技術の発展が求められている。変性タンパク質を正常な高次構造状態へとリフォ
ールディングさせ,活性を回復させるだけでなく,当該タンパク質を熱や化学物質から保護
可能な有機ナノチューブゲルの開発に成功した。

【目次】

1. はじめに
2. 有機ナノチューブゲルの形成
3. ナノチャンネルに配置した疎水性官能基の効果
4. ナノチャンネルのサイズ効果
5. 酵素活性を保護する機能
6. おわりに

-------------------------------------------------------------------------

BIO BUSINESS

-------------------------------------------------------------------------

バイオ医薬品の効率的製造に向けた世界動向と規制状況
Global Regulatory Aspects of Biotechnology Products and Current Topics of Manufacturing Technology

-------------------------------------------------------------------------
山口照英(国立医薬品食品衛生研究所 生物薬品部 研究員)

【目次】
1. バイオ医薬品の生産技術の開発動向
2. Escherichia coli 等の原核生物を細胞基材とする医薬品生産
3. CHO 細胞等の動物細胞を用いたタンパク質医薬品の生産
4. トランスジェニック動植物を用いたバイオ医薬品の製造
5. 核酸医薬品やペプチド合成技術
6. おわりに
【特集】大きく動き始めたバイオマス発電

-------------------------------------------------------------------------

食品残渣を利用したメタンガス発電-環境・食・エネルギー複合事業-
Methane Fermentation Power Generation using Food Waste
-Holistic Business on Environment, Food, Energy-

-------------------------------------------------------------------------
武田豊樹(環境ルネッサンス(株) 代表取締役)

 環境ルネッサンス(株)は,宮城県にて食品工場等から排出される食品残渣を原料
とするメタン発酵・発電事業を計画している。“環境・食・エネルギー”の循環を統合
する事業として,スマートシティーの理念に合致する。食品リサイクル,再生可能エネ
ルギー製造,有機農業促進,耕作放棄地の利用,藻類培養を複合的に事業化する。

【目次】
1.事業概要
2.多面的な資源開発・社会開発
2.1 環境負荷の小さい廃棄物処理
2.2 再生可能エネルギーの製造
2.3 有機肥料の製造
2.4 耕作放棄地に施肥し花畑を整備 養蜂
2.5 藻類培養
3.メタン発酵対象物とプラント運営
4.メタン発酵副産物を用いた農業振興
4.1 液肥と堆肥
4.2 液肥をパイプラインで水田に供給
4.3 耕作放棄地に花畑を整備 養蜂
4.4 藻類培養
5.最後に,事業採算,参入障壁など

-------------------------------------------------------------------------

超高効率固液分離技術を用いたエネルギーマネジメントシステムに関する実証事業
-国交省下水道革新的技術実証事業(B‒DASH プロジェクト)-
Demonstration Study for an Energy Management System Using Intensive
Solid-liquid Separation Technology
-Ministry of Land, Infrastructure, Transport and Tourism B‒DASH Project-

-------------------------------------------------------------------------
大戸時喜雄(メタウォーター(株) R&D センター センター長)
宮田 篤(メタウォーター(株) 国際・新事業技術部 担当部長)
島田正夫((地共)日本下水道事業団 技術戦略部 戸田技術開発分室 分室長代理)

 国交省B‒DASH プロジェクトとして,下水処理省エネルギー化,汚泥処理創エネルギー
化,温室効果ガス排出量削減,建設コスト削減が可能な革新的技術の実規模プラント実証
を実施中である。超高効率固液分離,高効率高温消化,スマート発電システムの3 技
術の概要,システム理念と全体像を提案する。

【目次】
1. 下水道革新的技術実証事業の背景と目的
2.目指すべき下水処理場の理念と全体像
2.1 超高効率固液分離技術
2.1.1 超高効率固液分離技術の概要
2.1.2 原理,構造,特徴
2.1.3 期待される効果等
2.2 高効率高温消化技術
2.2.1 担体充填型消化タンク
2.2.2 アンモニア濃度制御
2.2.3 投入負荷量制御
2.3 スマート発電システム
2.3.1 プラント運転最適化技術
2.3.2 ハイブリッド型燃料電池
3.今後の予定

-------------------------------------------------------------------------

GET システム-休閑期水田を利用した稲ワラ由来再生可能エネルギー(バイオメタン)の創製-  
GET system-Establishment of renewable energy, biomethane,production
system from rice strawin fallow paddy field-

-------------------------------------------------------------------------
濱田千晶(名城大学 大学院農学研究)
平野達也(名城大学 大学院農学研究科 准教授)
田村廣人(名城大学 大学院農学研究科 教授)

 水田からのメタン発生量は,全世界で50‒100Tg/年である。本稿では,水田を天然の
メタン発酵タンク,稲わらを再生可能なバイオマス資源として利活用し,この膨大な量の
メタンガス(G)をエネルギー(E)として,田んぼ(T)から回収(GET)する食とエネルギーの
二毛作システム「GET システム」について紹介する。

【目次】
1.はじめに
2.メタン発酵に有用な資材
3. メタン発酵に適した稲わらサイズの決定
4. 冬期湛水によるメタンガス発生とガス回収法の検討:実証試験
5.おわりに

-------------------------------------------------------------------------

家畜排せつ物を利用したバイオ燃料製造と発電への応用
Application to Power Generation and Bio‒fuel Production using Domestic
Animal Wastes

-------------------------------------------------------------------------
香取義重((株)三菱総合研究所 科学技術部門統括室 コンセプト・プロデューサー)

 一般的に,バイオマスの燃料化技術は,直接変換,生物化学的変換,熱化学的変換の3
つの技術に大別される。燃焼処理(直接変換)やメタン発酵(生物化学的変換)が家畜排
せつ物のバイオ燃料化技術として技術開発されているが,実用化に当たっては様々な課
題が残されている。これらの課題を解決することを目的として,熱化学的変換技術を採用
したバイオ燃料製造と電力への応用に関する革新的な研究開発の取り組みへの考え
方を概説する。

【目次】
1.はじめに
2.家畜排せつ物処理の課題
2.1 堆肥利用の現状と課題
2.2 耕畜連携の強化に向けた現状と課題
3. 家畜排せつ物のバイオ燃料製造技術の課題
3.1 家畜排せつ物の直接燃焼燃料としての特性
3.1.1 原料水分が多い
3.1.2 灰の発生量が多い
3.1.3 排ガスの環境対策
3.1.4 溶融防止対策
3.2 家畜排せつ物のメタン発酵技術の課題
3.2.1 システム構成
3.2.2 反応温度およびエネルギー利用
3.2.3 含水率と粘性
3.2.4 畜種による発酵効率の違い
4.トータルシステムの構成と特徴
4.1 システム設計の基本要件
4.1.1 堆肥生産との原料競合緩和
4.1.2 燃焼処理の課題解決
4.1.3 メタン発酵技術の課題解決
4.2 トータルシステムの構成
5.サブシステムの構成技術
5.1 前処理設備
5.1.1 家畜ふん尿混合スラリーの脱水処理
5.1.2 固形物の混練処理による微粉砕・流動化
5.2 マイクロ波急速熱分解装置
5.2.1 “ 生煮え状態”なマイクロ波バイオオイルのアップグレード化
5.2.2 機能性マイクロ波吸収材の利用
5.3 電磁誘導加熱水蒸気改質装置
5.3.1  電磁誘導式バイオオイル加熱装置の技術開発
5.3.2 電磁誘導加熱水蒸気改質技術の研究開発
5.4 BioDME 化学合成装置
5.4.1 BioDME の特性
5.4.2 BioDME の化学合成技術
5.5 発電設備
5.6 CaO 再生装置
6.おわりに

-------------------------------------------------------------------------

液体調味料製造残渣のバイオマス燃料としての活用
Practical Use as a Biomass Fuel of Coproducts of Liquid Seasoning

-------------------------------------------------------------------------
大前正典(味の素(株) 川崎工場 技術グループ 課長)

 液体調味料製造残渣「ヒューマス」は,大豆由来であるため,植物の成長過程でCO2
を吸収しており,これを燃料として利用できれば,CO2 フリー(カーボンニュートラル)
のバイオマス燃料として有用である。これまで「ヒューマス」の品質改善を種々取り組む
ことにより,バイオマス燃料としての活用を見出したので報告する。

【目次】
1.はじめに
2.「味液Ⓡ」の沿革
3.ヒューマス活用方法の検討
4.「ヒューマス」中の塩化物の低減
5.「ヒューマス」の水分の低減
6.「ヒューマス」のバイオマス燃料化
7.まとめ

-------------------------------------------------------------------------

森林の香り成分α‒ピネンによるがん抑制効果
Fragrant Environment with α‒pinene Decreases Tumor Growth

-------------------------------------------------------------------------
楠原正俊(静岡県立静岡がんセンター研究所 地域資源研究部 研究部長)

 静岡がんセンターでは,患者の視点を重視することを基本理念とし,最先端の医療とよ
りよい療養環境を提供している。その一環として,香りによる癒し以上の効果を追求する
研究を進めた。森の香りの主成分であるα‒ピネンによりマウスの移植腫瘍の増殖抑制
効果を確認した。今後,医療現場における香りの環境整備が重要と思われる。

【目次】
1.静岡がんセンター
2.研究発案のきっかけ
3.α‒ピネンによるがん抑制試験の結果
4.将来展望
5.結語

-------------------------------------------------------------------------

BIO R&D

-------------------------------------------------------------------------

タンニン酸のアルツハイマー様病態の軽減効果
Ameliorative Effects of Tannic Acid for Alzheimer‒like Pathology

-------------------------------------------------------------------------
森 隆(埼玉医科大学 総合医療センター 研究部 准教授)

 植物由来のタンニン酸をアルツハイマー病の病態モデルマウス(PSAPP マウス)に
6ヶ月間経口投与すると,アルツハイマー様病態の軽減効果が示された。本稿では,タン
ニン酸の行動・認知機能障害の改善効果,アミロイド‒β蛋白の産生・蓄積の抑制効果,
そしてグリア細胞性炎症反応の抑制効果を中心に紹介する。タンニン酸のサプリメントと
しての利用の可能性が期待される

【目次】
1.はじめに
2.タンニン酸の概要
3.行動・認知機能障害の改善効果
4. アミロイド‒β蛋白産生・蓄積の抑制効果
5.グリア細胞性炎症反応の抑制効果
6.将来展望

-------------------------------------------------------------------------

BIO BUSINESS

-------------------------------------------------------------------------

藻類系バイオマスを活用したエネルギー生産事業への展望
Prospects for Energy Production Business Utilizing the Algal Biomass

-------------------------------------------------------------------------
若山 樹(国際石油開発帝石(株) 経営企画本部 事業企画ユニット 
事業企画グループ,技術本部 技術研究所 貯留層評価グループ コーディネーター)

【目次】
1.はじめに
2. 藻類系バイオマスのエネルギー生産技術としての適用
2.1 液体燃料
2.2 固体燃料
2.3 気体燃料
3. 藻類系バイオマスを活用した事業展開先
3.1 エネルギー生産への適用
3.2 CO2 固定・利用技術への適用
3.3 排水処理・廃熱回収への適用
3.4 高付加価値物質生産への適用
4.藻類系バイオマスを活用した事業
4.1 米国の状況
4.2 藻類系バイオマスの事業性
4.3 フォトバイオリアクター
4.4 関連事業者間の連携
5.おわりに
【特集】酒類醸造における味・香りのコントロール

-------------------------------------------------------------------------

特集によせて

-------------------------------------------------------------------------
後藤奈美((独)酒類総合研究所 醸造技術基盤研究部門 部門長)

-------------------------------------------------------------------------

発酵による清酒香気成分の生成
Research of Aroma Production of Sake Yeast

-------------------------------------------------------------------------
堤 浩子(月桂冠(株) 総合研究所 主任研究員)

 清酒の吟醸香の代表的な香り成分として,リンゴ様の香りを呈するカプロン酸エチルと
バナナ様の香りを呈する酢酸イソアミルがあげられる。それらの香りは主に醸造過程で清
酒酵母によって生成されており,清酒酵母での生合成経路の研究ならびに,それぞれの香
り成分を多く生成する酵母の育種技術について紹介する。

【目次】
1.はじめに
2.カプロン酸エチル
2.1 生合成経路
2.2 高生産酵母の育種
3.酢酸イソアミル
3.1 生合成経路
3.2 イソアミルアルコール高生産酵母の育種
3.3 酢酸イソアミル高生産酵母の育種
4.実用酵母の育種
5.おわりに

-------------------------------------------------------------------------

清酒の老香成分の解明と制御因子
Identification and Control of the Precursor Compounds of hineka in Japanese Sake

-------------------------------------------------------------------------
磯谷敦子((独)酒類総合研究所 品質・安全性研究部門 主任研究員)
藤井 力((独)酒類総合研究所 醸造技術応用研究部門 副部門長)

 Dimethyl trisulfide(DMTS)が,清酒の劣化臭の一つ,老香に大きく寄与することを
明らかにした。また,DMTS の前駆物質およびその生成に関与する遺伝子を同定すると
ともに,酵母内容物が保存清酒でのDMTS 生成増大に関与していることを示した。

【目次】
1.老香とは
2.老香に関与する香気成分
3.DMTS 前駆物質とその生成機構
4.製造工程におけるDMTS 生成ポテンシャル増大要因
4.1 DMTS 生成機構の複雑さ
4.2 酵母内容物の影響
4.3 メチレンブルー染色率の異なる製成酒を用いた確認
5.老香の制御に向けて

-------------------------------------------------------------------------

清酒の呈味成分とその制御
Taste‒active Compounds of Sake and Control of Them

-------------------------------------------------------------------------
橋爪克己(秋田県立大学 生物資源科学部 応用生物科学科 教授)

 清酒の主要な呈味成分であるアルコール,糖類,有機酸,アミノ酸,ペプチド,芳香族
アルコールおよびその他の成分について,清酒の呈味における意義,醸造過程等における
成分レベルの変動要因およびその制御に関わる知見を,1990 年代後半以降の報告を中心
として,伝統的な清酒醸造法における制御を含めて解説した。

【目次】
1.はじめに
2.アルコール(エタノール)
3.糖類
4.有機酸
5.アミノ酸
6.ペプチド
7.芳香族アルコール
8.その他成分
9.おわりに

-------------------------------------------------------------------------

ビールにおけるホップ由来の香りの研究
The Study of Hop Derived Aroma Compounds in Beer

-------------------------------------------------------------------------
乾 隆子(サントリー酒類(株) ビール事業部 商品開発研究部 スペシャリスト)

 ビールにおけるホップ由来の香り成分で最も重要な成分は,ホップ精油に含まれるテル
ペン類であるリナロールと考えられている。一方で,ホップ品種が異なれば,ビールホッ
プ香の特徴は大きく異なることから,リナロール以外の複数の成分がビールホップ香の特
徴要因となっていることは明らかである。本稿では,異なるホップ品種を用いたビール
ホップ香の違いに関連する要因成分を把握するための評価法を紹介する。

【目次】
1.はじめに
2.ビールホップ香の違いに寄与する成分把握のためのワークフロー
3.実験概要
3.1 異なるホップ品種を用いたビール醸造
3.2 GCXGC‒TOF/MS を用いたビールホップ香の網羅的成分解析
3.3 ビールホップ香官能評価
4.官能評価結果
5. 網羅的成分分析と官能スコアの多変量解析
6.おわりに

-------------------------------------------------------------------------

焼酎の香味成分とその制御
Shochu Flavor‒taste Components and its Control

-------------------------------------------------------------------------
高下秀春(三和酒類(株) 三和研究所 所長)

 本格焼酎・泡盛は,原料処理,製麹,発酵,蒸留,貯蔵を経て製造される。各工程にお
ける技術開発により同じ種類の原料であっても多様化に対応した製品を製造することが可
能になった。今後は,原料の種類別に利用されている製造技術を上手く製造工程に取り入
れることで更なる酒質向上に繋がることが期待される。

【目次】
1.はじめに
2.麦焼酎
3.芋焼酎
4.泡盛
5.米焼酎
6.ソバ焼酎
7.黒糖焼酎
8.おわりに

-------------------------------------------------------------------------

ワイン醸造における香気成分のコントロール
Control of Volatile Compounds in Winemaking

-------------------------------------------------------------------------
小林弘憲(メルシャン(株) シャトー・メルシャン 製造部 製造課長/技術係長)

 ワインの香り(フレーバー,アロマ,ブーケ)は,ブドウ品種,栽培環境,醸造方法,
ワインの育成方法,ビン内での熟成期間,そしてワインメーカーの思想・哲学などにより
形成される。本稿では,ワインに含まれるいくつかの香気成分を例として,ワイン醸造に
おける香りのコントロールについて紹介する。

【目次】
1.はじめに
2.ブドウ品種が有する香りの研究
3.香りの探索
4.ネガティブアロマの抑制
4.1 未熟な香りの低減
4.2 フェノール臭の低減
5.ポジティブアロマの増強
5.1 甘い香りの増強
5.2 柑橘系アロマの増強
6.現在の取り組みと将来への展望
7.おわりに

-------------------------------------------------------------------------

BIO R&D

-------------------------------------------------------------------------

「餌―シロアリ―腸内微生物叢」系を高度利用した新規な微生物スクリーニング法の開発      
Development of New Method for Screening of Microorganisms Using[Diet‒Termite‒Microbiota]System

-------------------------------------------------------------------------
青柳秀紀(筑波大学 生命環境系 細胞機能開発工学研究室 教授)

 近年,純粋培養法を基礎とした従来の微生物スクリーニング法では,自然界から新規な
有用微生物を獲得することが困難であることが示唆され,新たな方法論の確立が微生物関
連産業界を中心に切望されている。この現状を踏まえ,筆者らはシロアリと腸内微生物叢
の共生系を活用した新規な微生物スクリーニング法を開発した。本稿ではその詳細を概説
する。

【目次】
1.はじめに
2.人工餌の開発と餌成分がシロアリ腸内微生物叢に及ぼす影響の解析
3.「餌-シロアリ-腸内微生物叢」系を用いた微生物スクリーニング法の概念
4.「餌-シロアリ-腸内微生物叢」系を活用したPhenol 分解菌のスクリーニング
5.おわりに

-------------------------------------------------------------------------

メタボローム解析を用いた日本酒の味と成分の関係の解明
Metabolome Analysis to Reveal the Relationship between Taste and Component of Japanese Sake

-------------------------------------------------------------------------
杉本昌弘(慶應義塾大学 先端生命科学研究所 特任講師)

 日本酒は,日本独特の複雑な工程を経て造られる醸造酒であり,糖やアミノ酸をはじめ
として,非常に多種の成分が含まれる。そして,これらさまざまな成分の微妙なバランス
が日本酒独自の繊細な味や香りを構成している。筆者らは,最新の分析技術であるメタボ
ローム解析手法を用いて日本酒中の低分子を一斉定量し,日本酒独特の複雑な味と成分に
はどのような関係があるか,また,熟成過程にどのような変化が起きているのかを調べ,
その秘密に迫った。

【目次】
1.はじめに
2.メタボローム解析
3.官能試験との代謝物の相関
4.熟成過程における代謝物の変化
5.おわりに

-------------------------------------------------------------------------

TOPICS

-------------------------------------------------------------------------

味と匂いの記憶
The Memory of Taste and Smell

-------------------------------------------------------------------------
神宮英夫(金沢工業大学 情報フロンティア学部 心理情報学科 教授;
     感動デザイン工学研究所 所長)

【目次】
1.はじめに
2.記憶心理物理学
3.味の記憶とキー品質
4,950円
【特集】唾液バイオマーカーと非侵襲的診断

-------------------------------------------------------------------------

特集にあたって-検査医療にイノベーションをもたらす唾液検査の展望-

-------------------------------------------------------------------------
槻木恵一(神奈川歯科大学大学院 環境病理学講座 唾液腺健康医学研究室 教授)

【目次】
1.唾液検査から人に優しい医療を目指す
2.歯学部における唾液および唾液腺における教育と研究の現状
3.唾液腺・唾液研究に関する専門学会
4.唾液検査研究の現状
5.実用段階にある唾液検査キット
6.唾液検査研究のストラテジー
7.唾液を検体として用いる際の注意点
8.おわりに

-------------------------------------------------------------------------

唾液腺と唾液の基礎知識-特に唾液の産生と分泌の機序について-
A Basic Information on Salivary Glands and Saliva:Mechanism of Saliva
Production and Secretion

-------------------------------------------------------------------------
杉谷博士(日本大学 生物資源科学部 獣医生化学研究室 教授)

 唾液は口腔の環境や機能を維持する上で重要な体液である。唾液成分のほとんどの部分
は水分であるが,その水分に含まれるたくさんの無機成分や有機成分が唾液の機能を営ん
でいる。唾液成分は唾液腺由来のものと血漿由来のものとで構成されている。近年,唾液
成分を分析することにより様々な疾病診断への有用性が明らかになりつつある。本稿では
唾液腺からの唾液成分である水とタンパク質の分泌の機序について概説する。

【目次】
1.はじめに
2.唾液腺の構造
3.自律神経の二重支配
4.水分泌
5.血漿から腺腔への水輸送
6.経細胞輸送系とアクアポリン
7.傍細胞輸送系
8.導管部の役割
9.タンパク質分泌
10.開口分泌
11.おわりに

-------------------------------------------------------------------------

唾液によるがん診断の現状と課題
Current States and Problems of Cancer Diagnosis by Saliva

-------------------------------------------------------------------------
猿田樹理(神奈川歯科大学大学院 環境病理学講座 唾液腺健康医学研究室 講師)
椎木直人(神奈川歯科大学大学院 環境病理学講座 唾液腺健康医学研究室 非常勤講師)
杉本昌弘(京都大学大学院 医学研究科 特定講師)
槻木恵一(神奈川歯科大学大学院 環境病理学講座 唾液腺健康医学研究室 教授)

 唾液検査と言えば,齲蝕活動性試験や歯周病菌の検索,唾液分泌量の測定などが歯科領
域ではよく用いられている。また近年では,分析技術が格段に進歩を遂げており唾液を用
いた疾患のスクリーニングについて,注目を集めている。そこで本稿では,唾液検査でが
んを発見できる可能性を示した興味深い報告を幾つか紹介する。

【目次】
1.唾液検査の現在
2.唾液PSA と前立腺がんのスクリーニング
3.メタボローム技術を応用して唾液検査でがんを発見
4.乳がんとがん関連タンパク質
5.頭頸部がんと唾液リンス
6.ヒト唾液プロテオーム解析と新規疾患バイオマーカーの探索
7.おわりに

-------------------------------------------------------------------------

唾液ストレスマーカーと非侵襲的診断
Salivary Stress Marker for Noninvasive Diagnosis

-------------------------------------------------------------------------
山口昌樹(岩手大学 大学院工学研究科 バイオ・ロボティクス部門 教授)

 ストレスは,うつ病などの脳にかかわる病気だけでなく,糖尿病やがんのような生活習
慣に関係する病気の発症にも影響することがわかってきている。ここでは,1 滴の唾液か
ら交感神経系,内分泌系,免疫系の3 つの指標を同時分析できるストレスマーカーを解
説することで可視化技術の今を俯瞰し,今後の可能性を探る。

【目次】
1.まえがき
2.生物学的測定は何を見ているのか
3.唾液バイオマーカー
4.ストレスホルモン
5.唾液アミラーゼ
6.あとがき

-------------------------------------------------------------------------

感染症診断における唾液検査の有用性
-糖鎖固定化ナノ粒子を用いた感染初期からのインフルエンザウイルス,
およびエイズウイルス(HIV‒1)の検出-
Promising Salivary Diagnostics for Infectious Diseases:Detection of Influenza Virus at the
Early Stage of Infection, and HIV‒1 Using Sugar‒chain Immobilized Gold Nanoparticles  

-------------------------------------------------------------------------
隅田泰生(鹿児島大学 大学院理工学研究科 教授)
西 順一郎(鹿児島大学 大学院医歯学総合研究科/医学部歯学部附属病院 教授)
岡本実佳(鹿児島大学 大学院医歯学総合研究科 講師)
馬場昌範(鹿児島大学 大学院医歯学総合研究科 教授)
古川良尚(鹿児島大学 医学部歯学部附属病院 部長)
橋口照人(鹿児島大学 大学院医歯学総合研究科/医学部歯学部附属病院 教授)

 ウイルスが感染時に細胞表層の糖鎖に結合する特性を利用し,その糖鎖を固定化したナ
ノ粒子でウイルスを捕捉・濃縮し,PCR と組み合わせることによって,ウイルスの高感
度検出系を構築した。この系を用いれば,唾液中の微量ウイルスも検出でき,非侵襲的高
感度検査診断が可能となる。

【目次】
1.はじめに
2.インフルエンザウイルス
2.1 結合糖鎖のスクリーニング
2.2 SGNP によるウイルス捕捉・濃縮
2.3 患者検体への適応例
3.HIV
4.今後の展望

-------------------------------------------------------------------------

LOH 症候群診断における唾液検査の導入-男性の健康診断とテストステロン測定-
Introduction of the Saliva Testosterone in the Late‒onset Hypogonadism Diagnosis
-The Medical Check of the Man and the Testosterone Measurement-

-------------------------------------------------------------------------
堀江重郎(帝京大学 医学部附属病院 泌尿器科 主任教授)
増田宏子(東京大学 高齢社会総合研究機構 客員研究員)

 男性の加齢に伴うテストステロン分泌低下によって,身体,精神および性機能症状が生
じることを,加齢男性性腺機能低下症候群(LOH:late‒onset hypogonadism)と呼んで
いる。また,急激なテストステロン値の低下はLOH の発生に関与するとされてきた。唾
液テストステロン値は血清中のフリーテストステロン値と強く相関し,しかも非侵襲的
で,採取には医療者の手を必要としないため,大規模コホートでの「メンズヘルス」に関
するバイオマーカーとなり得る。

【目次】
1.テストステロン測定の意義
2.コホート研究における唾液の利便性
3.テストステロン値とコホート研究
4.テストステロン減少と臓器障害の機序
5. 唾液テストステロンでLOH は診断できるか
6. 唾液テストステロンの問題点と今後の展望

-------------------------------------------------------------------------

唾液を用いたアレルギー診断の新技術と今後の展望
Future Prospects of Allergen Determination of Saliva by a New Protein‒chip Technology

-------------------------------------------------------------------------
木戸 博(徳島大学 疾患酵素学研究センター 応用酵素・疾患代謝研究部門 教授)
亀村典生(徳島大学 疾患酵素学研究センター 応用酵素・疾患代謝研究部門 助教)
鈴木宏一(応用酵素医学研究所(AMERIC)(株) 代表取締役社長)
多田仁美(徳島大学 疾患酵素学研究センター 応用酵素・疾患代謝研究部門)
日吉峰麗(徳島大学 疾患酵素学研究センター 応用酵素・疾患代謝研究部門 助教)

 アレルゲン特異抗体定量用の高感度ハイスループット蛋白チップが開発された。
Diamond‒Like Carbon(DLC)基板に高密度にアレルゲンを固定化することで,これま
でにない高感度測定法が確立された。血液はもとより唾液を含む各種体液の抗体価測定が
可能であるが,唾液の測定では血液と違って注意しなくてはならない事項があり,これら
の点と今後の展望を紹介したい。

【目次】
1.はじめに
2.DLC 多項目アレルゲン特異抗体測定法
3.唾液の抗アレルゲン抗体測定
4.おわりに

-------------------------------------------------------------------------

BIO R&D

-------------------------------------------------------------------------

ドロマイト成分BR‒p3 によるインフルエンザA ウイルスの増殖阻害
Inhibition of the Replication of Influenza A Virus by a Component“BR‒p3”of Dolomite

-------------------------------------------------------------------------
塩崎拓也(北海道大学 遺伝子病制御研究所
     プロバイオティクス・イムノロジー研究部門 博士研究員)
原田種展((独)国立長寿医療研究センター 老化機構研究部 流動研究員)
若林一夫((株)モチガセ 代表取締役 社長)
山名英明((株)モチガセ 研究開発室 室長)
三好哲夫((特非)バイオメディカルサイエンス研究会 環境微生物担当 分野長)
白井正孝((特非)バイオメディカルサイエンス研究会 特別事業・研究担当 総務長)
小松俊彦((特非)バイオメディカルサイエンス研究会 理事長)
宮崎忠昭(北海道大学 遺伝子病制御研究所 プロバイオティクス・イムノロジー研究部門 特任教授;
     同大学 人獣共通感染症リサーチセンター バイオリソース部門 教授)

 慢性疾患患者,乳幼児,高齢者や妊婦がインフルエンザに罹患すると重篤化や死に至る
ケースもあり,その原因となるインフルエンザウイルスの増殖を阻害する薬剤の開発が期
待されている。本稿では鉱物ドロマイト成分『BR‒p3』に注目し,そのウイルス増殖阻害
効果およびその成分を含有するマスクの有用性を評価した。

【目次】
1.はじめに
2. バリエールマスク通過によるインフルエンザA ウイルス感染価の減弱
3. バリエールマスク素材によるウイルスの吸着効果
4. BR‒p3 によるインフルエンザA ウイルスのプラークの形成阻害
5. BR‒p3 によるインフルエンザA ウイルスのプラーク形成阻害の作用機序

-------------------------------------------------------------------------

TOPICS

-------------------------------------------------------------------------

もうひとつの開国・産学連携
Another Opening of Japan to the World-Industry‒Academia Cooperation-

-------------------------------------------------------------------------
井上國世(京都大学 大学院農学研究科 食品生物科学専攻 酵素化学分野 教授
     同大学 産官学連携本部 副本部長)

 国立大学の使命として,従来の教育と研究に加え,社会貢献が明記されている(2006
年)。社会貢献のひとつとして産学連携がある。一方,大学等技術移転促進法(1998 年)
施行から10 年余が経過した。米国のバイ・ドール法制定から20 年遅れで制定されたも
のである。施行当初は,大学や社会において戸惑いや違和感が見られたが,ここ数年で好
意的に受け入れられ,形をなしてきたようにみえる。産学連携はイノベーション創出のた
めの手段と位置づけられている(第3 次科学技術基本計画)。イノベーションとは,新し
い技術の発明とそれの普及に伴って惹起される「社会的な価値の創造」のことであり,一
般に「(技術)革新」と呼ばれる。産学連携は,厳しさを増す大学運営にとって無視でき
ない収入源になる可能性もある。また,産業界との関係において,大学が自らの立ち位置
を再確認する必要も生まれるだろう。本稿では,産学連携の現状と問題点について,筆者
の乏しい経験に基づいて考察したい。

【目次】
1.産学連携以前
2.産業構造の変化
3.イノベーションからオープン・イノベーションへ
4.産学連携のかたちと意義
5.わが国の産学連携の特徴
6.さいごに
4,950円
【特集】地域特産物を活かした化粧品づくり

-------------------------------------------------------------------------

奄美黒糖焼酎もろみ由来「黒糖もろみエキス」配合天然系スキンケアシリーズ「あま肌」
Natural Skin Care Series“AMAHADA”which have Blended“Kokuto Moromi Extract”
Extracted from Kokuto Shochu Moromi

-------------------------------------------------------------------------
原暁穂((株)アマミファッション研究所 研究開発部門 主任研究員)
中野隆之(鹿児島純心女子大学 看護栄養学部 教授)
藤井信(鹿児島食品機能研究所 所長;鹿児島大学 名誉教授)

 奄美地方でのみ製造が許可されている黒糖焼酎は,その製造量の増加とともに,大量に
発生する焼酎粕に関する環境問題が顕在化した。この課題解決と地域の新しい産業の立ち
上げを目的とした産学官連携のプロジェクトにおいて,メラニン色素の生成を抑制する効
果のある黒糖もろみエキスは開発された。黒糖もろみエキスを配合したスキンケア「あま
肌」は,地域外のノウハウも取り入れ一般ユーザーの声をもとに消費者視点で開発された。

【目次】
1.開発の経緯
2.製法について
3.黒糖もろみエキスの機能性について
4.あま肌の商品化
5.製品評価
6.おわりに

-------------------------------------------------------------------------

佐賀大学発ブランド野菜“バラフ(R)”を原料とした「バラフ配合ジェル状美容液」          
“Gel‒like Serum Containing Barafu(R)”Used as a Material of the Brand Vegetable“Barafu(R)”,
Saga University

-------------------------------------------------------------------------
下田敏史((株)農研堂 開発部 取締役/開発部長)
野瀬昭博(佐賀大学 農学部 教授)
永原辰哉((株)農研堂 代表取締役社長)

 南アフリカ原産のアイスプラントを野菜化した佐賀大学発のブランド野菜“バラフⓇ”
は2006 年から生産販売が開始され,現在では佐賀のご当地野菜として認知されつつある。
さらに化粧品原料としてもバラフの保湿作用に関する検証がなされ,このたびバラフを原
料とした「バラフ配合ジェル状美容液」が誕生した。

【目次】
1.はじめに
2.南アフリカ原産のアイスプラント
3.佐賀大学発ブランド野菜“バラフ(R)”の開発
4.バラフ配合化粧品の研究開始
5.バラフ配合ジェル状美容液の誕生
6.まとめ
7.おわりに

-------------------------------------------------------------------------

サケ鼻軟骨由来プロテオグリカンを活用した地コスメ(化粧品)の研究開発      
The Development of District Cosmetics Utilized Proteoglycan from Salmon Nasal Cartilage

-------------------------------------------------------------------------
阿部馨((地独)青森県産業技術センター 弘前地域研究所 バイオテクノロジー部 
     総括研究管理員部長事務取扱)

 弘前大学が30 年間にわたり研究し,また,地元企業である(株)角弘とともに開発してき
たサケ鼻軟骨由来プロテオグリカンは多くの美容効果が明らかとなってきた。地独青森県
産業技術センターが中核機関となり,弘前大学とともに文部科学省の地域イノベーション
戦略支援プログラム(都市エリア型)「プロテオグリカンをコアとした津軽ヘルス&ビュー
ティー産業クラスターの創生」事業を通じ,多くのサケ鼻軟骨由来プロテオグリカンを活
用した地コスメ(化粧品)の開発に携わってきた。また,それ以前から青森県の化粧品開
発に関わってきたので,本稿ではその一端を紹介したい。

【目次】
1.はじめに
2.プロテオグリカンについて
3.地域特産物を活かした化粧品づくり
3.1 立ち塞がるハードル
4.発売された商品─ダブル主役戦略と会社のストーリー
5.ブランド化についての試み
6.最後に

-------------------------------------------------------------------------

山形県産ラ・フランスを利用した化粧品素材「セイヨウナシ枝エキス」の開発および化粧品
「フラナスブランシュ」の誕生
Development of the Cosmetics Material Using La France‘ Pear Branche Extract’from
Yamagata and Product of Cosmetics‘Franus Branche’

-------------------------------------------------------------------------

滝田潤(日東ベスト(株) 中央研究所 研究部 新素材研究課 研究員)
海老名太(日東ベスト(株) 中央研究所 研究部 新素材研究課 課長)
小野寺紗智(日東ベスト(株) 中央研究所 研究部 新素材研究課 研究員)
星宏良((株)機能性ペプチド研究所 取締役所長)
渡辺絵理子(山形大学 基盤教育院 准教授)
五十嵐喜治(山形大学 農学部 客員教授)

「ラ・フランス」は山形県を代表する西洋梨の1 品種であり,未熟な果実および剪定枝
に各種ポリフェノールおよびアルブチンが含まれることを発見した経緯から,化粧品原料
製品化へ至った。セイヨウナシ枝エキスには抗酸化性やメラニン生成抑制効果などの機能
も認められており,本エキスを配合した化粧品「フラナスブランシュ」が誕生した。剪定
枝活用の観点から,循環型システムとして環境へも配慮している。

【目次】
1.はじめに
2.ラ・フランスについて
3. ラ・フランスを利用した化粧品素材の開発経緯
4.セイヨウナシ枝エキスの製造方法および品質規格
5.セイヨウナシ枝エキスの微量成分について
6.セイヨウナシ枝エキスの機能について
6.1 ESR 法による一重項酸素消去活性
6.2 ヒト色素細胞に対するセイヨウナシ枝エキスおよびアルブチンのメラニン産生に
   対する効果
6.3  ヒト表皮角化細胞に対するセイヨウナシ枝エキスおよびアルブチンの増殖促進作用
7. セイヨウナシ枝エキスを配合した化粧品「フラナスブランシュ」
8.まとめ

-------------------------------------------------------------------------

ふるさと元気プロジェクト-国産化粧品原料開発-
FURUSATO GENKI PROJECT-Development of Japanese Skin‒care Materials-

-------------------------------------------------------------------------
塩澤あずさ((株)サティス製薬 研究開発部)

 本稿では国産化粧品原料を開発する「ふるさと元気プロジェクト」を紹介する。近年,
地産地消や農商工連携の活動が盛んに行われ,日本国内の地域資源を有効活用しようとい
う傾向がある。我々は化粧品業界から地域特産物を見つめ直し,本プロジェクトを発足し
た。化粧品受託製造業者が自ら地域資源の魅力を見出し化粧品原料として開発すること
で,有効性データや豊富な素材背景情報を消費者に網羅的に届けられる。ふるさと元気プ
ロジェクトは化粧品を通じて生産者,消費者をつなぐ架け橋として期待される活動である
と考えている。

【目次】
1.はじめに
2.ふるさと元気プロジェクトとは
3.地域素材を化粧品原料にする
4.ふるさと元気プロジェクトの成功事例
4.1 島根県松江市 「玉造温泉水」
4.2 秋田県湯沢市 「米ぬか発酵液」
4.3 埼玉県日高市 「和栗渋皮エキス」~社会性活動に注目した事例~
5.受託製造業者だからこそできる原料開発を目指して
6.今後のふるさと元気プロジェクト
7.最後に

-------------------------------------------------------------------------

地域特産物を活かした化粧品づくりにおけるOEM 企業利用のポイント
How to Choose a Good OEM Company in Producing Cosmetics Utilizing a Speciality of the Location

-------------------------------------------------------------------------
伊藤文彦((株)シーリア総合研究所 取締役)

 「ご当地コスメ」という言葉があるように,地域特産物を活かした化粧品づくりは日本
各地で盛んに行われている。工場などの製造設備を持たない事業者が化粧品事業を始める
場合,化粧品OEM 製造企業を利用するのが一般的だ。本稿ではOEM 企業を利用した化
粧品づくりの進め方やOEM 企業の選定のポイントを様々な角度から解説する。

【目次】
1.はじめに
2.化粧品OEM の理解
2.1 化粧品を製造し販売するには
2.2 OEM 活用のメリット・デメリット
3.化粧品製品化までの流れ
3.1 原料の準備
3.2 試作と開発
3.3 容器・パッケージの開発
3.4 製造と納品
3.5 この章のまとめ
4.OEM 企業の選定のポイント
4.1 研究開発
4.2 製造体制
4.3 この章のまとめ
5.おわりに

-------------------------------------------------------------------------

BIO R&D

-------------------------------------------------------------------------

生細胞膜上の分子間相互作用解析試薬「EMARS 試薬Ar‒Flu」の開発
Development of the EMARS Labeling Reagent Ar‒Flu to Identify Molecular
Interactions on the Living Cell Membrane      

-------------------------------------------------------------------------
本家孝一(高知大学 教育研究部 医療学系基礎医学部門 生化学講座 教授;
     高知システム糖鎖生物学教育研究センター;高知大学 医学部附属先端医療学推進センター)
小谷典弘(高知システム糖鎖生物学教育研究センター;高知大学 医学部附属先端医療学推進センター)

 細胞膜マイクロドメインでは,刺激に応じて機能タンパク質が集合離散する。筆者らは,
活性化された膜マイクロドメインに会合する分子を同定するためのEMARS 法を開発し
た。原理は,アリールアジド基を西洋わさびペルオキシダーゼ(HRP)でラジカル化し
て近傍分子をタグで標識する。EMARS 反応標識試薬を改良することにより,標識タンパ
ク質を質量分析で同定することが可能となった。

【目次】
1.膜マイクロドメインとは
2. EMARS 法による膜マイクロドメイン会合分子の同定
3.EMARS 法の分子細胞生物学への応用
4.おわりに

-------------------------------------------------------------------------

酒樽のスギ廃材から抽出した精油と芳香水の抗白癬菌活性              
Antifungal(Trichophyton rubrum) Properties of Japanese Cedar Essential Oil from
Waste Wood Chips made from Used Sake Barrels

-------------------------------------------------------------------------
水品善之(神戸学院大学 栄養学部 食・健康学部門 准教授)
高尾佳史(菊正宗酒造(株) 総合研究所 商品開発グループ 研究員)
栗山磯子(菊正宗酒造(株) 総合研究所 商品開発グループ 研究員)
山田翼(菊正宗酒造(株) 総合研究所 商品開発グループ 研究員)
吉田弘美(神戸学院大学 栄養学部 食・健康学部門 教授)
溝口晴彦(菊正宗酒造(株) 総合研究所 所長)

 樽酒製造後の酒樽のスギ廃材から抽出した「精油」と「芳香水」を高付加価値素材とし
て開発することを目的として,これら成分の分析と水虫の原因となる白癬菌の抗菌活性を
調査した。この精油や芳香水には,白癬菌のDNA ポリメラーゼ阻害活性に基づいた抗菌
活性があったことから,水虫(足白癬)対策商品としての開発が期待できる。

【目次】
1.はじめに
2.酒樽のスギ廃材から精油と芳香水の抽出
3.酒樽スギ廃材由来の精油と芳香水の殺菌活性
4.酒樽スギ精油と日本材精油の抗菌活性比較
4.1 白癬菌に対する抗菌活性
4.2 皮膚表皮常在菌に対する抗菌活性
5.酒樽スギ精油・芳香水と日本材精油の白癬菌DNA 代謝系酵素阻害活性
5.1 DNA ポリメラーゼ阻害活性
5.2 DNA 代謝系酵素阻害活性
6.酒樽スギ精油・芳香水の成分分析
7.酒樽スギ精油の成分による抗白癬菌活性
7.1 白癬菌に対する抗菌活性
7.2 DNA 代謝系酵素阻害活性
8.おわりに

-------------------------------------------------------------------------

BIO BUSINESS

-------------------------------------------------------------------------

「香り」開発のトレンド
The Trend of Fragrance Development

-------------------------------------------------------------------------
丸山賢次(高砂香料工業(株) フレグランス研究所 創香研究部 部長)

1.国内編
1.1 「 香り」の方向性 ─足し算の「香り」から楽しむ「香り」へ─
1.2 日本市場の特性(現状と今後)
1.3 アプリケーションへより特化した「香り」開発
1.4 「香り」の二極化
1.5 香料の製剤化
1.6 香料への規制と法規
1.7 原料の削減
1.8 「香り」開発のための組織
2.海外編
2.1 試される日本のチカラ(東日本大震災[3.11]の及ぼす影響から)
2.2 北米,ヨーロッパ,アジアの「香り」の違い
2.3 北米,南米
2.4 ヨーロッパ
2.5 アジア(全体)
2.6 中 国
2.7  日本の「香り」Global 化の必要性とスピード化の促進
4,950円
【特集】 遺伝子組換え植物の開発利用の現状と今後

-------------------------------------------------------------------------

特集にあたって
江面 浩(筑波大学 生命環境系 教授)

-------------------------------------------------------------------------

遺伝子組換え植物をめぐる国内外の状況
Current Status of Genetically Modified Plants

-------------------------------------------------------------------------
小泉 望(大阪府立大学 生命環境科学研究科 応用生命科学専攻 
     植物バイオサイエンス分野 教授)
 
遺伝子組換え技術によって品種改良された植物(GM 植物)は世界で広く栽培され,日
本が輸入する主要作物の半分はGM 植物と推定される。大量消費の一方で,GM 植物に対
する理解は進まず,産業利用を見据えた研究開発は限られている。GM 植物をめぐる国内
外の状況を概説する。

【目次】
1.はじめに
2.世界の食料生産とGM 植物
3.輸入と消費
4.国内利用と規制
5.GM 食品の表示
6.社会受容・政策など
7.世界の動き
8.おわりに

-------------------------------------------------------------------------

遺伝子組換え植物の環境影響評価の現状と今後の課題
The Present Status of the Environmental Risk Assessment of the Genetically
Modified Plants and Their Future Perspective

-------------------------------------------------------------------------
大澤 良(筑波大学 生命環境系 教授)
下野綾子(筑波大学 生命環境系 助教)

 我が国において商業目的の遺伝子組換え農作物の第一種使用に関しては,カルタヘナ法
のもと,生物多様性影響評価が行われている。平成24 年3 月時点で74 件の第一種使用
による一般圃場栽培の承認がなされてきている。その多くは,各国での知見が豊富であり,
かつ我が国の生物多様性に影響を与える可能性がほとんどないと考えられる除草剤耐性あ
るいは害虫抵抗性トウモロコシやワタなどの遺伝子組換え作物である。しかし,最近に
なって不良環境耐性を遺伝子組換え技術によって付与した作物の生物多様性に対する影響
評価がなされはじめており,わが国における生物多様性影響評価の方向性も新たな局面を
迎えている。本稿では,遺伝子組換え農作物に関する規制の現状と評価の今後の方向性に
関して述べることとする。

【目次】
1.生物多様性影響評価の仕組みと現状
2. 生物多様性影響評価の考え方と今後の方向性
3. 環境影響評価における問題の定式化(Problem Formulation)

-------------------------------------------------------------------------

遺伝子組換え食品の安全性評価の現状と今後の課題
Risk Assessment of Genetically Modified Foods and its Future Issues

-------------------------------------------------------------------------
小関良宏(東京農工大学 大学院工学研究院 生命機能科学部門 教授)

 日本において遺伝子組換え食品は食品安全委員会において安全性が評価される。除草剤
耐性や害虫抵抗性を付与した第一世代の遺伝子組換え植物から,現在は栄養改変・付加を
行った第二世代,さらに環境抵抗性を付与した第三世代の遺伝子組換え植物が開発され,
その安全性評価は実質的同等性をスタートラインとして行われるようになっている。

【目次】
1.はじめに
2.遺伝子組換え食品は安全性評価が必要とされる
3.遺伝子組換え植物のカテゴリーとその安全性評価のポイント
4.おわりに

-------------------------------------------------------------------------

植物改変の新技術:エピジェネティックな遺伝子発現制御
New Technologies in Plant Engineering:Epigenetic Control of Gene Expression

-------------------------------------------------------------------------
金澤 章(北海道大学 大学院農学研究院 准教授)
河西めぐみ(北海道大学 大学院農学研究院)

 植物を改変する必要性とは相反し,その有効な手段である遺伝子導入を行った植物の社
会的受容は限定的な状況にある。一方,エピジェネティックな機構を利用した遺伝子特異
的な発現制御により,外来遺伝子を持たずに特定の形質が変化した植物を作出することが
可能になった。本稿では,この技術を中心に,接木や人工ヌクレアーゼの利用を含む新し
い植物改変の方法について論じる。

【目次】
1.はじめに
2.RNA 機能とエピジェネティックな遺伝子発現制御
3.植物内在性遺伝子の転写抑制の誘導
4.内在性遺伝子の転写抑制を可能にした機構
5.転写抑制の効率に影響する遺伝子のプロモーター配列に相同なRNA の特徴
6.関連する新規な植物改変法
6.1 接木によるTGS の伝達
6.2 エピジェネティックな変化のランダムな誘発と選抜
6.3 ウイルスベクターを用いた人工ヌクレアーゼの発現によるゲノムの改変
7.今後の展望

-------------------------------------------------------------------------

パパイヤリングスポットウイルス抵抗性パパイヤ55‒1 の日本における承認と
世界で作出される遺伝子組換え作物の今後
The Regulatory Approval of PRSV Resistant Papaya 55-1 in Japan and its
Implication to the Future of Genetically Engineered Crops

-------------------------------------------------------------------------
佐藤 卓(米国大使館 農務部 米国農務省 海外農務局 農務スペシャリスト)

【目次】

1.パパイヤリングスポットウイルス抵抗性パパイヤ開発の背景と米国,日本に
  おける規制対応の経緯
2.遺伝子組換え作物の開発を取り巻く状況
3.新たなLLP/AP の出現と今後の対策

-------------------------------------------------------------------------

遺伝子組換え花き植物の開発と課題
Development and Difficulties of Genetically Modified Floricultural Crops

-------------------------------------------------------------------------
田中良和(サントリービジネスエキスパート(株) 植物科学研究所 所長)

 遺伝子組換え花きの開発には,さまざまな技術的な課題に加え,カルタヘナ法に基づく
認可の取得という大きなハードルがある。青い色素の合成に必要な遺伝子を導入すること
により,従来の品種改良ではできなかった青いバラとカーネーションが開発され,市販さ
れている。これらは,遺伝子組換え花きの開発のモデルケースである。

【目次】
1.遺伝子組換えによる育種と特徴とそれに必要な要素技術
2.遺伝子組換え花きを販売するための手続き
3.花の色を変えた遺伝子組換え花きの開発
3.1 青紫カーネーション「ムーンダスト」の開発と販売
3.2 青いバラの開発と販売
4.遺伝子組換えの新しい技術
4.1 遺伝子の発現を抑制するCRES‒T 法
4.2 法的に遺伝子組換えに該当しない可能性がある遺伝子組換え技術
5.おわりに

-------------------------------------------------------------------------

「ミラクルフルーツ」の特徴を併せ持つ機能性トマト
Miraculous Tomato:Functional Food that Effects like Miracle Fruits

-------------------------------------------------------------------------
高根健一((株)インプランタイノベーションズ 代表取締役)

 味覚修飾タンパク質「ミラクリン」は,酸味を甘味に感じさせるがカロリーはゼロであ
る。そのため,食べたくても食べられないという甘味欲求を満足させる甘味料としての生
産,販売が,長い間期待されてきた。本稿では,トマトで「ミラクリン」を大量,安定生
産することに取り組んでいる現状について紹介する。

【目次】
1.取り組みの始まり
2.ミラクルフルーツとは?
3.「ミラクリン」とは? その活用
4.「ミラクリン」生産の取り組み
5.「ミラクリン」生産トマトの実用化に向けて
6.今後の取り組みと課題
7.おわりに

-------------------------------------------------------------------------

ブタ浮腫病ワクチン生産レタス
Development of Transgenic Lettuce Producing Vaccine against Porcise Edema Disease

-------------------------------------------------------------------------
澤田和敏(出光興産(株) 先進技術研究所 環境・バイオ研究室 主任研究員)
松井健史(出光興産(株) 先進技術研究所 環境・バイオ研究室 研究員)
瀧田英司(出光興産(株) 先進技術研究所 環境・バイオ研究室 研究員)

 植物を用いた医療用有用物質(PMPs)生産の開発が世界各国で進んでいる。本稿では,
筆者らが2006 年から研究開発中のブタ浮腫病用経口ワクチン生産レタスについて概説す
るとともに,今後のPMPs,とりわけ植物ワクチンの実用化を考える上で重要と思われる
シードロットシステムの構築における技術課題についても紹介する。

【目次】
1.はじめに
2.ブタ浮腫病
3.ブタ浮腫病ワクチン生産レタスの作出
4.ワクチン生産レタスの浮腫病予防効果
5.実用化に向けた課題
6.おわりに

-------------------------------------------------------------------------

BIO R&D

-------------------------------------------------------------------------

移植用3 次元再生軟骨の長期保存技術
Long-term Storage Method for Transplantable 3D-structured Tissue-engineered Cartilage

-------------------------------------------------------------------------
原井基博(富士ソフト(株) 再生医療研究部 部長 執行役員)
星 和人(東京大学医学部附属病院 ティッシュエンジニアリング部 副部長 特任准教授)

 再生医療の課題のひとつである重篤な軟骨疾患への適用に向け,耳介由来の軟骨細胞と
独自開発の軟骨細胞増殖培養液を使用した3 次元再生軟骨を開発した。さらに,再生軟
骨を無菌的密閉状態で保存し,かつ成長増殖させずに14 日以上保存維持する方法を開発
し,今後の再生医療への活用を検討している。

【目次】
1.はじめに
2.現在行われている軟骨再生医療の課題
3.3次元再生軟骨の研究開発
4.3次元再生軟骨の臨床導入と課題
5.長期保存技術
6.おわりに

-------------------------------------------------------------------------

BIO BUSINESS

-------------------------------------------------------------------------

東南アジアの食品市場とハラル制度
Food Market and Halal System in ASEAN Countries

-------------------------------------------------------------------------
並河良一(中京大学 総合政策学部;同大学 大学院経済学研究科 教授)

 東南アジアの経済成長は著しく,強い経済関係を有する日本にとって,巨大な食品市場を
確保する絶好の機会が訪れている。この魅力ある東南アジアの食品市場を開拓するために
は,ハラル制度(イスラム教に基づく食品規格)をクリアする必要がある。東南アジアで
ハラル制度のノウハウを取得すれば,巨大なイスラム圏の食品市場も視野に入ってくる。

【目次】
1.はじめに
2.東南アジアの食品市場
2.1 大きな市場規模
2.2 高い経済成長率
2.3 高い購買力
2.4 安価で豊富な労働力
2.5 日本との強い経済関係
3.鈍い食品企業の進出
3.1 食品産業に特有の問題
3.2 東南アジアの食品市場に特有の問題
3.2.1 国別の要因
3.2.2 ハラル制度
4.東南アジアのハラル制度
5.進出企業
6.おわりに
4,950円
【特集】 核酸医薬の開発動向

-------------------------------------------------------------------------

特集にあたって
中村義一((株)リボミック 代表取締役社長)

【目次】
1.はじめに

-------------------------------------------------------------------------

アプタマー創薬と国内外の開発状況
Aptamer-based Therapeutics and the Current Status of the Clinical Development

-------------------------------------------------------------------------
石黒亮(東京大学 医科学研究所 「RNA 医科学」社会連携研究部門 特任准教授)

 アプタマーは,生体分子と直接相互作用し,その機能を阻害する核酸医薬である。低分
子や抗体医薬とは異なるユニークな特徴を多く持ち,いまだ十分な治療方法のない分野に
おいて,安全かつ適切な創薬への応用が期待されている。次世代の分子標的医薬として加
速する,アプタマーの研究・開発状況を概説する。

【目次】
1.はじめに
2.アプタマーとは
3.アプタマーの医薬応用
4.アプタマーの開発状況
4.1 AS1411
4.2 ARC1779
4.3 REG1
4.4 NU172
4.5 E10030
4.6 ARC1905
4.7 NOX-E36
4.8 NOX-A12
4.9 NOX-H94
4.10 ARC19499
5.おわりに

-------------------------------------------------------------------------

RNAi創薬と国内外の開発状況
Current State of RNAi-mediated Drug Developments

-------------------------------------------------------------------------
福永淳一(埼玉県立がんセンター 臨床腫瘍研究所 客員研究員)
神津知子(埼玉県立がんセンター 臨床腫瘍研究所 主席主幹)

 RNAi とは,二重鎖RNA が相同配列をもつ遺伝子を特異的にサイレンシングする現象で,
ヒトでは,siRNA(22-mer のdsRNA)として導入することで遺伝子特異的なサイレンシ
ングを起こすことができる。これを疾患の治療に応用しようとする多数のRNAi 創薬ベン
チャー企業がしのぎを削っている。また,RNAi と同様なシステムで働くmicroRNA の広
範な機能が明らかになるにつれて,miRNA を標的とする創薬が盛んになってきた。本稿
では,RNAi 創薬にmiRNA 創薬を加えて,国内外の開発状況を紹介する。

【目次】
1.RNAi とは
2.microRNA とは
3.siRNA とmiRNA の違い
4.siRNA 医薬の開発状況
5.microRNA 医薬の開発状況
6.日本におけるRNAi 医薬の開発状況
7.おわりに

-------------------------------------------------------------------------

アンチセンス創薬と国内外の開発状況
Current Advances in the Development for Antisense Drugs

-------------------------------------------------------------------------
舩渡忠男(東北福祉大学 医療経営管理学科 教授)
竹田真由(天理医療大学 臨床検査学科 助教)

 アンチセンスは,mRNA に対し相補的なオリゴヌクレオチドによりタンパク合成を抑
制する治療戦略である。アンチセンス医薬は核酸合成の進歩により,遺伝子発現制御によ
る核酸医薬治療の礎を築いたが,下火となった。アンチセンス医薬の開発は地道に継続さ
れ,再び難治性疾患の治療薬として,新しいプラットフォームとなっている。

【目次】
1.はじめに
2.アンチセンス法
2.1 アンチセンス法の原理
2.2 アンチセンス法の特徴
2.2.1 特異性
2.2.2 適応性
2.2.3 効率性
2.3 化学修飾とデリバリー
3.アンチセンス医薬の臨床応用
3.1 がんに対するアンチセンス医薬
3.2 感染症の治療
3.3 難治性疾患の治療
4.アンチセンス医薬の課題
5.おわりに

-------------------------------------------------------------------------

核酸デリバリー
Nucleic Acid Delivery

-------------------------------------------------------------------------
望月慎一(北九州市立大学 国際環境工学部 特任講師)
櫻井和朗(北九州市立大学 国際環境工学部 教授)

 核酸医薬の実用化のために“必要な場所”に“必要な時”に“必要な量”だけ送達でき
るドラッグデリバリーシステム(DDS)材料の開発が必要とされている。本稿では,筆者
らの最近の研究から,新たな多糖・核酸複合体を用いた細胞特異的なCpG-DNA のデリバ
リーおよびアンチセンスDNA のデリバリーの2 点について,これまでの進展を概説する。

【目次】
1.はじめに
2.高分子を用いた核酸医薬キャリア
3.シゾフィラン(SPG)/核酸複合体
4.CpG-DNA のデリバリーへの応用
5. アンチセンスDNA のデリバリーへの応用
6.おわりに

-------------------------------------------------------------------------

RNAiにおけるオフターゲット効果-開発における技術的な問題-
Off-target Control in RNAi

-------------------------------------------------------------------------
程久美子(東京大学 大学院理学系研究科 生物化学専攻 准教授)

 RNAi とはsiRNA という2 本鎖の小分子RNA が遺伝子機能を抑制する現象である。
RNAi 法では,目的とする1 遺伝子を特異的に効率よく抑制し,非標的とする遺伝子(オ
フターゲット遺伝子)に対する抑制作用が少ないsiRNA を選択することがポイントとな
る。本稿では,オフターゲット効果がおこるメカニズムと,それを回避するための具体的
な方法について概説する。

【目次】
1.はじめに
2.RNAi による遺伝子抑制機構の概要
3.RNAi 効果の高いsiRNA 配列の選択
4. シード配列に依存したオフターゲット効果が起こる機構
5.siRNA 検索ウェブサイト

-------------------------------------------------------------------------

核酸医薬の製造と物性評価
Manufacturing and Physical Properties Evaluation of Oligonucleotide Drugs

-------------------------------------------------------------------------
佐藤秀昭((株)ジーンデザイン 学術営業部 部長)

 近年核酸を素材とした創薬の急速な進展により,核酸化学合成の重要性が増している。
RNA 化学合成手法は確立されたDNA 化学合成を基に開発されてきたが,2’位保護基の選
択や高次構造をとりやすいRNA 独自の精製手法の確立など課題はまだ多いと言える。さ
らに創薬においては2’位修飾体,リン酸基骨格の修飾,末端への機能性分子の付加など
より複雑な化合物へと進展しており,合成手法の最適化をより難しくしている。ここでは
現在用いられている核酸化学合成を概説するとともに,物性分析や機能性向上への展開に
ついても述べる。

【目次】
1.はじめに
2.DNA 核酸合成法
3.RNA の合成
4.精製から凍結乾燥品まで
5.長鎖RNA 合成
6.核酸-非核酸結合体合成手法の開発
7.核酸医薬の物性評価
8.おわりに

-------------------------------------------------------------------------

核酸医薬品の毒性
Toxicity of Oligonucleotides Therapeutic Agents

-------------------------------------------------------------------------
藤原将寿((株)リボミック 開発研究部 部長)

 核酸医薬品の研究開発は1980 年代より開始された。核酸医薬品には,mRNA や
miRNA の相補鎖配列をもつアンチセンス,RNA 干渉を利用したsiRNA,一本鎖核酸がと
る三次元立体構造を利用したアプタマー等がある。これら核酸医薬品の物理化学的性状に
由来する毒性が多数報告されているが,それを回避する努力が継続してなされてきた。得
られた毒性知見をもとに改良開発された核酸医薬品が,難病で苦しむ人々を救う日が必ず
来ると確信している。

【目次】
1.はじめに
2.アンチセンス
2.1  第1 世代(PS ODN)と第2 世代(2’-MOEASO)のアンチセンスの生体内における特性
2.2 一般毒性
2.3 補体の活性化
2.4 臓器に対する毒性
2.4.1 腎臓
2.4.2 肝臓
2.5 造血系への影響
2.6 安全性薬理
2.7 遺伝毒性
2.8 生殖発生毒性
3.アプタマー
3.1 Macugen(R)
3.2 AS1411
3.3 Spiegelmer
4.おわりに

-------------------------------------------------------------------------

リボミックのプラットフォーム技術と今後の展開
RIBOMIC’s Platform Technologies and Future Developments

-------------------------------------------------------------------------
宮川伸((株)リボミック 探索研究部 部長)

 (株)リボミックは,“RNA アプタマーを創る”プラットフォーム技術を有している。この
技術を最大限利用するために複数の異なる疾患領域において医薬品開発を進めている。そ
の一つが疼痛薬としてのNGF アプタマーである。

-------------------------------------------------------------------------

デコイ型核酸医薬の開発
Development of Decoy Type Nucleic Acid Medicines

-------------------------------------------------------------------------
森下竜一(大阪大学 大学院医学系研究科 臨床遺伝子治療学 寄附講座 教授
     /アンジェスMG(株) 創業者・取締役)

 近年,核酸医薬は,次世代の分子標的薬として注目され,様々な疾患の分子レベルでの
機構解明を目的とした研究に基づき,その有効性が検証され臨床応用への期待が高まって
いる。デコイ型核酸医薬は,転写因子をターゲットとして,広範囲な疾患関連遺伝子を抑
制できるため,色々な難治性疾患に対する治療薬として期待されている。現在,デコイ型
核酸医薬の開発をしているアンジェスMG 社では,アトピー性皮膚炎に対する軟膏製剤
と透析患者のグラフト不全に対するデコイ流出カテーテルの臨床開発を実施しており,実
用化が目前に迫っている。本稿では,デコイ型核酸医薬の医薬品開発の現状を紹介する。

【目次】
1.はじめに
2.NFκB デコイオリゴ
2.1 NFκB とは
2.2 NFκB デコイオリゴの作用機序
2.3  NFκB デコイオリゴのアトピー性皮膚炎治療薬としての開発
3.デバイスとの結合
4.おわりに

-------------------------------------------------------------------------

BIO R&D

-------------------------------------------------------------------------

バイオマスナノファイバー「BiNFi-s(ビンフィス)」
Biomass Nano-fiber“BiNFi-s”

-------------------------------------------------------------------------
森本裕輝((株)スギノマシン 新規開発本部 商品開発部 開発プロジェクト課)

 バイオマスナノファイバー「BiNFi-s(ビンフィス)」は,セルロース,キチン・キトサ
ンを当社独自の超高圧ウォータージェット技術で加工した直径約20 nm の極細繊維である。
BiNFi-s の製造や特性の紹介と,その低線熱膨張率,透明性,生体適合性や生理機能改善
効果など様々な特長を生かした工業・化学・医薬・食品分野での応用展開について述べる。

【目次】
1.はじめに
2.ウォータージェット解繊法について
3.BiNFi-s の特性
4.BiNFi-s の応用事例
4.1  キチンナノファイバーフィルム,およびシート材
4.2  キトサンナノファイバーによる培養軟骨組織の再生
4.3 コーティング材,および食品分野
4.3.1 コーティング材
4.3.2 食品分野
4.4 糖化・酵素による分解
5.おわりに

-------------------------------------------------------------------------

高結合アルカリ耐久型抗体精製アフィニティーゲル担体「Ab-Capcher ExTra」の開発
Development of High Binding and Alkali-tolerant Affinity Resin“Ab-Capcher ExTra”
for Antibody Purification

-------------------------------------------------------------------------
真島英司(プロテノバ(株) 代表取締役)

1.はじめに
2.プロテインA 改変体の開発
3. 高結合アルカリ耐久型Ab-CapcherExTra の開発
4.Ab-Capcher ExTra のアルカリ耐久性
5. Ab-Capcher ExTra を使った生物材料からのIgG 精製
5.1 マウスIgG1 の精製
5.2 ラット血清IgG の精製
6.おわりに
4,950円
【特集】 皮膚モデルを横断的に比較してみよう

-------------------------------------------------------------------------

特集にあたって

-------------------------------------------------------------------------
天野聡(資生堂リサーチセンター 副主幹研究員)


-------------------------------------------------------------------------

MatTek社各種皮膚3次元モデルの特性および有効性・安全性評価
MatTek 3D Skin Models;Characterization and Evaluation of Efficacy and Safety

-------------------------------------------------------------------------
半田由希(倉敷紡績(株) バイオメディカル部)

 クラボウ皮膚3次元モデルは米国のMatTek社で製造されたもので,ヒト皮膚と類似のバリア構造および生物活性を保持している。製品としては,市販の培養カップの膜上に皮膚系細胞が培養された製品(図1)であり,皮膚組織から単離した細胞をもう一度,皮膚構造に戻していることから,再構築モデルとも呼ばれている。本稿では,MatTek社の特徴的な各種モデルについて解説する。

【目次】
1.MatTek社の歴史
2.各種モデルの細胞および培養法概要
2.1 細胞
2.2 基本構造,培養法
2.3 出荷・納品
2.4 注文・販売
3.用途
3.1 色素沈着評価(MelanoDerm(TM))
3.2 肌荒れ改善評価
3.3 老化改善
3.4 各種安全性試験法の国内外利用状況
3.4.1 皮膚腐食性(Skin corrosion)
3.4.2 皮膚刺激性試験(Skin Irritation)
3.4.3 光毒性(Phototoxicity)
3.4.4 遺伝毒性(Genetoxicity)
3.4.5 眼刺激性(Eye Irritation)
3.5 経皮吸収性
4.おわりに


-------------------------------------------------------------------------

東洋紡の3次元培養ヒト皮膚モデル -TESTSKIN LSE‐high とMATREX LDM-
TOYOBO’s Three-dimensional Skin Culture Model:TESTSKIN LSE-high and MATREX LDM

-------------------------------------------------------------------------
荒川琢(東洋紡績(株) ライフサイエンス事業部 創薬プロダクト統括リーダー)

TESTSKIN LSE-highは真皮層と表皮層の両方を持った3次元培養皮膚モデルである。ヒト皮膚組織に類似したバリア機能をもち,安全性評価,経皮吸収評価,その他の皮膚科学研究に用いられている。MATREX LDMは表皮層を持たない真皮層モデルで,細胞毒性や刺激性の評価に用いられている。

【目次】
1.東洋紡の3次元培養皮膚モデル
2.  TESTSIKN LSE‐high(通常品および1週間培養品)
2.1 その構造
2.2 作製方法
2.3 培養の経過
2.4 製品提供のタイミング
2.5 発現しているタンパク質,皮脂の比較
2.6 刺激性評価
2.7 経皮吸収評価
2.8 肌荒れ改善評価1(乾燥肌モデル)
2.9 肌荒れ改善評価2(脱脂モデル)
3.MATREX
3.1 その構造
3.2 作製方法
3.3 製品提供のタイミング
3.4 刺激性評価
3.5 眼刺激性評価への応用
4.おわりに


-------------------------------------------------------------------------

SkinEthic社の皮膚モデル
Human In Vitro Skin Model of SkinEthic

-------------------------------------------------------------------------
京谷大毅((株)ニコダームリサーチ 機能評価部 部長)

 SkinEthic社の培養皮膚モデルについて,再生ヒト表皮モデルであるEpiSkin(TM)を中心に,その特徴から用途まで,OECDガイドライン化されている安全性試験である皮膚刺激性試験や,経皮吸収性を加味した生理活性を評価できる有用性試験などについて,概略を説明する。

【目次】
1.製品紹介
2.販売方法
3.EpiSkin(TM)の特徴および用途
3.1 作製法
3.2 ロット間再現性
3.3 安全性試験への応用
3.4 有用性試験への応用
3.4.1 有用性試験
3.4.2 経皮吸収性試験
4.使用実績


-------------------------------------------------------------------------

ヒト培養組織モデルLabCyte(ラボサイト)シリーズの紹介
Introduction of Reconstructed Human Epithelial Tissue, LabCyte

-------------------------------------------------------------------------
加藤雅一((株)ジャパン・ティッシュ・エンジニアリング 研究開発部 主幹研究員)

 (株)ジャパン・ティッシュ・エンジニアリングは,再生医療技術を応用して研究用ヒト培養表皮モデルLabCyte EPI-MODELを開発し,2005年に発売を開始した。その後,メラノサイト含有培養表皮モデルLabCyte MELANO-MODEL,ヒト培養角膜上皮モデルLabCyte CORNEA-MODELを順次開発して,製品ラインアップを拡充してきた。本稿では,これらの製品概要を説明するとともに,その使用例について紹介したい。

【目次】
1.はじめに
2.LabCyte EPI-MODEL
2.1 LabCyte EPI-MODELの組織構造
2.2 LabCyte EPI-MODELの製造方法,および組織構造の変化
2.3 LabCyte EPI-MODELの使用例
2.3.1 皮膚刺激性試験
2.3.2 皮膚腐食性試験
2.3.3 皮膚透過性試験
2.3.4  LabCyte EPI-MODELを用いた皮膚関連基礎検討
3.LabCyte MELANO-MODEL
3.1 LabCyte MELANO-MODELの組織構造
3.2 LabCyte MELANO-MODELの特徴
3.3 LabCyte MELANO-MODELの使用例
3.3.1 美白剤によるメラニン産生の抑制効果の検討
3.3.2 紫外線に対するメラニン産生関連遺伝子の応答
4.おわりに


-------------------------------------------------------------------------

手作りの皮膚モデルを用いた評価法
Preparation of the Handmade Skin-equivalent Model for the Evaluation of Effectiveness

-------------------------------------------------------------------------
天野聡(資生堂リサーチセンター 副主幹研究員)

 皮膚研究は,生態皮膚を用いることが最良であるが入手が難しく,一定品質で管理することも難しい。そこで,三次元培養皮膚モデルが用いられている。本稿では,皮膚を構成する最も基本的な要素である表皮ケラチノサイト,真皮線維芽細胞,真皮Ⅰ型コラーゲンより構成される皮膚モデルの作製法とともに,本モデルの特徴と評価系への活用例を紹介する。そして,市販モデルとともに,細部を自らコントロールできる手作り皮膚モデルを活用することを考える機会としていただければ幸いである。

【目次】
1.はじめに
2.真皮モデルの作製方法
2.1 真皮線維芽細胞の培養
2.2 真皮モデルの作製
3.表皮作製方法
3.1 表皮角化細胞の培養
3.2 表皮層の作製
4.皮膚モデルの特徴
4.1 表皮の特徴
4.2 基底膜の特徴
5.真皮(収縮コラーゲンゲル)の特徴
6.三次元培養皮膚モデルの応用
6.1 基底膜構造を良好にするアプローチ
7.おわりに


-------------------------------------------------------------------------

3次元培養ヒト皮膚モデルを介した物質透過性の違い
Drug Permeability Differences through Three.dimensional Cultured Human Skin Models

-------------------------------------------------------------------------
藤堂浩明(城西大学 薬学部 薬粧品動態制御学研究室 助教)
杉林堅次(城西大学 薬学部 薬粧品動態制御学研究室 教授)

 物質の薬理や生理学効果などの効果は,組織中濃度と強く関係している。また,皮膚中濃度は,物質の皮膚透過性より算出することができる。そのため,3次元培養ヒト皮膚モデル間で物質透過性が異なる場合は,培養皮膚間で異なる薬理・生理学効果が生じる可能性がある。本稿では,本邦で入手可能な培養皮膚モデル間の物質透過性の違いについて述べる。

【目次】
1.はじめに
2.3次元培養皮膚モデルを介した物質透過性の違い
3.3次元培養皮膚モデルのTEM画像観察
4.おわりに


-------------------------------------------------------------------------

BIO R&D

-------------------------------------------------------------------------

システイン/シスチンのシャトルシステムによる新しい酸化ストレス防御機構
A Novel Oxidative Stress Defense Mechanism of Escherichia coli by Cysteine/Cystine Shuttle System

-------------------------------------------------------------------------
大津厳生(奈良先端科学技術大学院大学 バイオサイエンス研究科 助教)
鈴木茉里奈(奈良先端科学技術大学院大学 バイオサイエンス研究科 修士課程)
仲谷豪(奈良先端科学技術大学院大学 バイオサイエンス研究科 博士課程)
高木博史(奈良先端科学技術大学院大学 バイオサイエンス研究科 教授)

 これまで細菌によるアミノ酸の排出促進には,内膜の排出トランスポーターの強化が一般的であり,外膜透過に関与する因子の必要性については研究されていない。本稿では,ゲノム情報を活用したシステインの外膜透過に関与するトランスポーターの探索と発酵生産への応用に関する知見を紹介する。また,大腸菌における遊離のシステインおよびシスチンの生理的役割についても概説する。

【目次】
1.はじめに
2.外膜透過促進によるシステイン発酵生産への応用
3.システイン排出トランスポーターYdeDの酸化ストレス耐性への関与
4.大腸菌におけるシスチン取り込み因子の同定
5.シスチン取り込み系の酸化ストレス耐性への関与
6.酸化ストレス下でYdeDと協調的に働くシスチン取り込みトランスポーター
7.過酸化脂質の生成を抑制するシステイン/シスチンのシャトルシステム
8.おわりに


-------------------------------------------------------------------------

BIO BUSINESS

-------------------------------------------------------------------------

化粧品OEM製造における問題点
Points at Issue of Contact Manufacturing for Cosmetics

-------------------------------------------------------------------------
島田邦男(日油(株) 研究本部 研究開発推進室 M&D 担当部長)

【目次】
1.はじめに
2.技術移管
2.1 製品標準書
2.2 委受託契約書
3.クレーム対応
3.1 容器の例
3.2 製品不良の例
4.受託者からの情報
4.1 委託者からのトラブル
4.2 委託者が受託者を決める理由
4.3 受託者の問題点
4.4 受注量
4.5 技術移管
5.おわりに
4,950円
【特集】 バイオリファイナリー最前線

-------------------------------------------------------------------------

乳酸菌を利用するBDF製造廃グリセリンからのL-乳酸生産
Production of L-Lactate from BDF Waste Fluid in BDF Process by a Lactic Acid Bacteria

-------------------------------------------------------------------------
滝澤昇(岡山理科大学 工学部 バイオ・応用化学科 教授)
村上翔(岡山理科大学 大学院工学研究科 応用化学専攻)
綱川亜弓(岡山理科大学 大学院工学研究科 応用化学専攻)

 近年カーボンニュートラルな燃料としてバイオディーゼル燃料(BDF)の生産・消費が拡大している。BDF製造廃液である廃グリセリンは,低純度のため焼却廃棄されているが,筆者らは新規に分離した乳酸菌を利用し,廃グリセリン20g/Lからポリ乳酸の原料となるL-乳酸を6.9g/L生産させることに成功し,再資源化の道を拓いた。

【目次】
1.はじめに
2.グリセリン発酵性乳酸菌の分離
3. Enterococcus faecalis W11株の乳酸生成特性
4. W11 株によるグリセリンからのL-乳酸生成
5. BDF 製造廃グリセリンからのL-乳酸生成
6. ミニジャーファーメンターを用いての廃グリセリンからのL-乳酸生産
7.おわりに


-------------------------------------------------------------------------

トルラ酵母Candida utilisによる非可食系バイオマスからのバイオ燃料,バイオ乳酸の生産
Efficient Production of Ethanol and Lactic Acid from Lignocellulosic Biomass by using Genetically Engineered Candida utilis

-------------------------------------------------------------------------
玉川英幸(キリンホールディングス㈱ フロンティア技術研究所 研究員)

 バイオエタノール,ポリ乳酸は環境循環型素材であることから近年注目を集めているが,食料と競合する素材から生産されることが問題視されている。本稿では,リグノセルロースなどの非可食性バイオマスに多分に含まれるキシロースから効率的にエタノール,L-乳酸を生産することが可能な組換えトルラ酵母Candida utilis株の構築に関する研究成果について紹介する。

【目次】
1.はじめに
2.バイオエタノール生産
2.1 酵母によるバイオ燃料生産プロセス
2.2 キシロース発酵性酵母の育種
2.3  トルラ酵母Candida utilisによるキシロースからのエタノール生産
3.ポリ乳酸モノマー生産
3.1  ポリ乳酸とその既存のバイオプロセスの課題
3.2 酵母による乳酸生産
3.3 キシロースからの乳酸生産
4.おわりに


-------------------------------------------------------------------------

代謝工学による化成品生産技術の進展と実用化への展望
Progress and Prospect of Bio-process by Metabolic Engineering

-------------------------------------------------------------------------
加藤尚樹((株)三菱化学科学技術研究センター バイオ技術研究所 所長)

 バイオ合成法で製造される化成品は,これまで限定された用途に向け生産されてきたが,新しい代謝工学の手法により,品質面コスト面でも化学合成法に対抗,また凌駕する道が開かれつつある。三菱ケミカルホールディングスグループの取り組みと今後の展望についてご紹介する。

【目次】
1.はじめに
2.酵素法アクリルアミド
3.代謝工学によるバイオコハク酸,1,4-ブタンジオール製造
3.2 バイオコハク酸の製造(@:OR(登録商標))
3.3 バイオ1,4-ブタンジオールの製造
4. 代謝工学による新たな挑戦~サステナブルMMA~
5.藻類を用いた化成品の生産
6.おわりに


-------------------------------------------------------------------------

セルロース糖化技術および糖の高効率転換技術の確立
Cellulosic Biomass Saccharification and Saccharide Conversion by Heterogeneous Acid Catalysts

-------------------------------------------------------------------------
原亨和(東京工業大学 応用セラミックス研究所 教授)

 セルロースバイオマスや非可食デンプンといったこれまで有効に活用されてこなかった植物資源から糖を取り出し,この糖から得た原料で実用ポリマーを大量生産できれば,社会を支える化学資源を持続的に生産できる。本稿では,新たな概念に基づく触媒によるセルロースバイオマスの有用資源化を解説する。

【目次】
1.はじめに
2. カーボン系固体酸によるセルロースバイオマスの糖化
2.1 セルロース糖化
2.2 カ-ボン系固体酸の合成
2.3 カーボン系固体酸の構造と機能
2.4 カーボン系固体酸によるセルロースの加水分解
3. 含水ニオブ酸触媒によるグルコースからの5-ヒドロキシメチルフルフラール合成
3.1 単糖からのフルフラール類の合成
3.2 酸触媒によるグルコースからのHMF生成
4.おわりに


-------------------------------------------------------------------------

ソフトセルロース由来バイオエタノール燃料の製造技術開発
Development of Bio?Ethanol Production Process from Cellulosic Biomass

-------------------------------------------------------------------------
源田 稔(三菱重工業㈱ 機械・鉄構事業本部 交通・先端機器事業部 先端機器部 開発グループ 主席技師)

 三菱重工業は,2006 年からNEDO とセルロース系バイオマスを原料とし,連続水熱分解と酵素法を組み合わせた糖化技術の共同開発を行った。同開発技術を用い2008 年から農林水産省ソフトセルロース利活用技術確立事業で,白鶴酒造,関西化学機械製作と共同で,兵庫県で原料の収集運搬からバイオ燃料製造までの技術実証を行った。

【目次】
1.はじめに
2.開発プロセス
3.NEDO との共同研究
3.1 共同研究の概要
3.2 成果
4.ソフトセルロース利活用技術確立事業
4.1 事業の概要
4.2 成果
5.おわりに


-------------------------------------------------------------------------

イオン液体と超音波照射を組み合わせたリグノセルロース前処理によるバイオマス・リファイナリー
Biomass Refinery by Advanced Pretreatment using Ionic Liquids and Ultrasound Irradiation

-------------------------------------------------------------------------
高橋憲司(金沢大学 理工研究域自然システム学系 准教授)
仁宮一章(金沢大学 環日本海域環境研究センター 助教)
荻野千秋(神戸大学 大学院工学研究科 応用化学専攻 准教授)
清水宣明(金沢大学 環日本海域環境研究センター 教授)


 木質系バイオマスからバイオエタノールを製造するために最も困難な課題は,バイオマスの前処理方法である。この前処理法として,イオン液体および超音波を組み合わせた方法について紹介する。また,プロセス全体のコストを低下させるため,既存の石油コンビナートを利用する方法について提案する。

【目次】
1.はじめに
2.イオン液体と超音波によるリグノセルロースの前処理
2.1 糖化前処理の方法
2.2 糖化前処理の評価方法
3.イオン液体と超音波照射によるシナジー効果
4.おわりに


-------------------------------------------------------------------------

ラジカル反応を利用したリグニンの低分子化による有効利用
Utilization of Lignin by Depolymerization using Radical Reaction

-------------------------------------------------------------------------
浅野真(金沢大学 大学院自然科学研究科 物質工学専攻)
植田典巳稚(金沢大学 大学院自然科学研究科 物質工学専攻)
仁宮一章(金沢大学 環日本海域環境研究センター 助教)
高橋憲司(金沢大学 理工研究域自然システム学系 准教授)

リグニンをラジカル反応により低分子化して,フェノールなどの有用な芳香族系化合物として回収する方法について述べる。また,プロセス全体のコストを低下させるために,石油コンビナートを利用した方法について提案する。

【目次】
1.はじめに
2.光化学反応を利用したリグニン低分子化
3.フェントン反応によるリグニン低分子化
4.おわりに


-------------------------------------------------------------------------

BIO R&D

-------------------------------------------------------------------------

微生物による高等植物アルカロイドの生産
Microbial Production of Plant Alkaloids

-------------------------------------------------------------------------
南博道(石川県立大学 生物資源工学研究所 応用微生物工学研究室 助教)
佐藤文彦(京都大学 大学院生命科学研究科 教授)

 植物の産生するモルヒネ等のアルカロイドは,医薬品として広く利用されている。合成生物学の進歩により,微生物酵素とアルカロイド生合成酵素を組み合わせ,グルコースから植物アルカロイドを生産する微生物プラットフォームを開発した。このプラットフォームは,多様な植物二次代謝産物の発酵生産に適応できると考えられる。プラットフォーム構築の戦略とその展望について紹介する。

【目次】
1.はじめに
2.微生物におけるIQA生合成システムの構築
3.微生物発酵法によるIQA生産
3.1 チロシン生産大腸菌の作製
3.2 チロシンからドーパミンまでの人工生合成経路の作製
3.3 グルコースからのレチクリン生産
4.おわりに


-------------------------------------------------------------------------

日本の国益に資する藻類燃料開発とは
Contribution of Algal Fuel Development to Japan National Interest

-------------------------------------------------------------------------
藤田朋宏((株)ネオ・モルガン研究所 代表取締役社長)

藻類を利用した燃料生産に,世界中で期待と投資が集まっている。様々な立場の人がその実現可能性について論じているが,本稿では実際にプレイヤーの一人として戦っているベンチャー企業の経営者の立場で,藻類燃料事業の現状と課題,課題突破のための糸口のありかについて私見を大いに交えながら論じてみた。

【目次】
1.はじめに
2.藻はどの藻を使うべきか
3.培養リアクターはどういう形状にするべきか
4.水をどこから得るか
5.培養する場所はどこが良いのか
6.収穫をどうするか
7.抽出・精製をどうするか
8.おわりに


-------------------------------------------------------------------------

BIO BUSINESS

-------------------------------------------------------------------------

木質系原料活用の現状と展望
The Present Situation and Prospects of the Use of Woody Biomass

-------------------------------------------------------------------------

【目次】
1.木質系原料活用の現状と課題
2.「 バイオマス・リファイナリー」による環境負荷の少ない持続的な社会の実現
3.期待される技術開発
4,950円
【特集】 機能性おやつの開発と展望

-------------------------------------------------------------------------

特集にあたって

-------------------------------------------------------------------------
矢澤一良(東京海洋大学 大学院海洋科学技術研究科 ヘルスフード科学(中島董一郎記念)寄附講座 特任教授;「日本を健康にする!」研究会 会長)


-------------------------------------------------------------------------

医療における機能性おやつの意義
Roles of“OYATSU”as a Functional Snack in the Medical Field

-------------------------------------------------------------------------
久保 明(医療法人財団健康院 高輪メディカルクリニック 院長;東海大学 医学部 抗加齢ドック 教授)

 機能性おやつは食・栄養領域における新しい展開であり,欠食を補うもの・3食だけでは十分に摂取できない栄養を補うものとして重要な意義をもつ。今後は長寿・疾病予防・生活の質向上などの効果が期待される成分を含む機能性おやつや,ライフステージごとに特に重要な成分を含む機能性おやつの実現が望まれる。

【目次】
1.はじめに
2.機能性おやつと食品成分
2.1 食物繊維
2.2 糖 質
2.3 果物と野菜
2.4 ビタミン
3.機能性おやつとライフステージ
3.1 朝食欠食と機能性おやつ
3.2 若年層における機能性おやつ
3.3 高齢者における機能性おやつ
4.おわりに


-------------------------------------------------------------------------

「機能性おやつ」を栄養管理にどう活かすか,扱うか
How Does“ OYATSU”as a Functional Snack Utilize for Nutrition Management, or Treat

-------------------------------------------------------------------------
本田まり(神戸女子短期大学 食物栄養学科 准教授)

 「機能性おやつ」は身体的,栄養学的意義のみならず,楽しみ等の精神的なメリットも加わり,多くの人々への有用性を秘めている。但し,医療の分野(傷病者)での活用では時に混乱を招きやすく,特に注意が必要である。その注意点を踏まえた上で,既存の「機能的なおやつ」を傷病者の栄養管理として活用し得る対象等について述べる。

【目次】
1.はじめに~「機能性おやつ」の意義~
2.栄養管理における「機能性おやつ」の取り扱い
2.1 栄養管理に用いる際の注意点
2.2 広告・表示
3.「機能性おやつ」の活用
3.1 肥満,糖尿病患者への活用
3.2 積極的な栄養補給が必要な方への活用
4.おわりに


-------------------------------------------------------------------------

国内外における「機能性おやつ」の最新動向―キッズニュートリションの視点から―
The Latest Trends of Kids Nutrition in Japan and Other Countries

-------------------------------------------------------------------------
武田 猛((株)グローバルニュートリショングループ 代表取締役)

 「機能性おやつ」の定義をやや狭めて「キッズニュートリション」市場についての海外事例を整理し,日本国内の現状を踏まえた上で,日本におけるキッズニュートリション市場の可能性について考察し,商品開発において参考になると思われるポイントを整理した。

【目次】
1.はじめに
2.欧米のキッズニュートリション市場の現状
3.キッズニュートリション商品事例
3.1 Dannon社:Danimals
3.2 Nestle社:Boost Kids Essential
3.3 キッズ・サプリメント
4.欧米キッズニュートリション市場での成功要因
5.日本における子供の食生活上の問題点
6.食生活と密接に関係する健康上の問題
7.日本におけるキッズニュートリションの可能性
8.日本におけるキッズニュートリション
9.日本で受け入れられる方向性


-------------------------------------------------------------------------

機能性おやつの研究開発
Research and Development of“OYATSU”as a Functional Snack

-------------------------------------------------------------------------
米谷 俊(江崎グリコ(株) 研究本部 技術参与)

 「機能性おやつ」は,多様に利用されるおやつに機能性成分などを添加し栄養機能を付加したり,食べやすい物性などを持たせて,三度の食事を補完しながら,人々の健康の維持,増進に貢献できるものである。その中には,ストレス緩和作用や口臭抑制作用を持つもの,病者向け(糖尿病,腎臓病)や高齢者向けなど,さまざまな利用目的や対象者などに合わせて研究開発されている。

【目次】
1.「食と健康」と「機能性おやつ」
2.開発事例(1);GABA 配合チョコレート
3.開発事例(2);糖尿病者向け食品(せんべい,アイスクリーム)
4.開発事例(3);タンパク調整食品
5.開発事例(4);高齢者向けビスケット
6.開発事例(5);口臭を抑制する食品
7.今後に向けて


-------------------------------------------------------------------------

健康食品における機能とおいしさ
Functionality and Taste of the Health Food

-------------------------------------------------------------------------
後藤祥二((株)明治 健康事業マーケティング部 学術情報グループ 専任課長)

 「機能性おやつ」は,おやつが持つ従来のおいしさに加えて機能性を付加し,食生活の中で,より積極的な役割を担わせ,疾病予防やQOL の向上につなげようとするものである。「機能性おやつ」の今後の展開の参考となる目的で,㈱明治におけるおいしさと機能性を兼ね備えた商品群であるパーフェクトプラスの各商品を紹介する。

【目次】
1.はじめに
2.商品紹介
2.1 パーフェクトプラス 即攻ゼリー
2.2 パーフェクトプラス ケーキ
2.3 パーフェクトプラス 朝のバランス食
2.4 パーフェクトプラス サブレ
2.5 パーフェクトプラス ダイエットビスケット
2.6 パーフェクトプラス ダイエットゼリー
3.おわりに


-------------------------------------------------------------------------

チューインガムの機能性
Biological Function of Chewing Gum

-------------------------------------------------------------------------
志村 進((株)ロッテ 中央研究所 基礎研究部 部長)

 チューインガムは長く咀嚼できるという点で特徴があり,ガムの機能性の多くは咀嚼の生理作用に基づいている。本稿ではガム咀嚼の機能性として,咀嚼力の向上,集中力の維持,脳血流,筋力への作用についてこれまでの研究例を概説する。また,オーラルケア製品として歯の再石灰化を促進する特定保健用食品のキシリトールガムについても概説する。

【目次】
1.はじめに
2.ガム咀嚼の効用
2.1 咀嚼力の向上
2.2 集中力の維持
2.3 脳血流の増加効果
2.4 筋力の向上
3.オーラルケアガム
3.1 再石灰化と効果成分について
3.2 関与成分の効果
3.3 ヒト試験での再石灰化促進効果
4.おわりに


-------------------------------------------------------------------------

機能性おやつの開発事例―「日本を健康にする!」研究会―
Case of R&D for“OYATSU”as a Functional Snack-JAPAN HEALTH FOOD ASSOCIATION-

-------------------------------------------------------------------------
大澤裕樹(「 日本を健康にする!」研究会 事務局;㈱RD サポート 代表取締役)


-------------------------------------------------------------------------

〈機能性おやつ開発事例〉DHA ヨーグルトについて
Development and Functionality of Processed Yogurt Contained DHA(Docosa Hexaenoic Acid)

-------------------------------------------------------------------------
川島 勝((株)ノーベル 郡上工場 品質管理室 室長)

【目次】
1.はじめに
2.臨床試験
3.DHA+1000ヨーグルトの機能性おやつとしての今後


-------------------------------------------------------------------------

〈機能性おやつ開発事例〉 還元型コエンザイムQ10配合食品
Ubiquinol Fortification Foods

-------------------------------------------------------------------------
藤井健志((株)カネカ QOL 事業部 幹部職)

【目次】
1.還元型コエンザイムQ10はビタミンQ
2.還元型コエンザイムQ10は活性型CoQ10
3.いつの間にか食卓から減っている
4.機能性おやつで一生を通じた食育


-------------------------------------------------------------------------

〈機能性おやつ開発事例〉機能性おやつの開発課題
Development Issues of“OYATSU”as a Functional Snack

-------------------------------------------------------------------------
田中 進(オルト(株) 営業本部 常務取締役)

【目次】
1.はじめに
2.機能性おやつとは
2.1 食の一般定義
2.2 機能性おやつの開発について
2.3 商品開発事例
3.おわりに


-------------------------------------------------------------------------

〈機能性おやつ開発事例〉アスリート向け機能性おやつ「MRP(エムアールピー)」
“OYATSU”as a Functional Snack for Athlete「MRP(Meal Replacement Powder)」

-------------------------------------------------------------------------
後藤智子((株)健康体力研究所 開発部 課長)
西 勝((株)健康体力研究所 営業部 部長)
出町有希((株)健康体力研究所 開発部)


-------------------------------------------------------------------------

「機能性おやつ」プロジェクトと今後の展望
“OYATSU”as a Functional Snack Projects and Future Prospects

-------------------------------------------------------------------------
矢澤一良(東京海洋大学 大学院海洋科学技術研究科 ヘルスフード科学(中島董一郎記念)寄附講座 特任教授;「日本を健康にする!」研究会 会長)

 「おやつ」とは食事間に摂る補助的な食事であるが,「おやつ」に機能性を付加し食事バランスを整えることによって,さらに多くの人の疾病予防やQOL 向上に繋がると考えている。厚生労働省・農林水産省が発表している「食事バランスガイド」においても菓子・嗜好飲料は楽しみと位置づけしていることから,「機能性おやつ」は食育の一環と捉えても良いと考えられる。

【目次】
1.「おやつ」の語源と新しい食のジャンル
2.「機能性食品」とは
3. 食事バランスガイドの中の「機能性おやつ」の位置づけ
4.「 機能性おやつ」プロジェクトと「日本を健康にする!」研究会について
5.「OYATSU」を世界語に!


-------------------------------------------------------------------------

BIO R&D

-------------------------------------------------------------------------

プロバイオティクス由来活性物質の同定とその作用メカニズム
The Identification of Probiotics-derived Bioactive Molecules and its Mechanism for Protecting Intestinal Tissues 

-------------------------------------------------------------------------
藤谷幹浩(旭川医科大学 内科学講座 消化器・血液腫瘍制御内科学分野 准教授)
高後 裕(旭川医科大学 旭川医科大学 内科学講座 消化器・血液腫瘍制御内科学分野 教授)

 プロバイオティクスの腸管保護作用に関する最新の研究について解説する。疫学的解析に始まったプロバイオティクス研究は,その作用メカニズムの解析へと発展し,最近になって,Bacillus subtilis由来のcompetence and sporulation factorやLactobacillus GG由来のp75,p40タンパク質,Lactobacillus brevis由来のポリ燐酸などの菌由来腸管保護活性物質が同定されるようになった。これら活性物質の発見によりプロバイオティクスの詳細な作用メカニズムが解明されると同時に,これら活性物質を用いた新規腸疾患治療薬の開発が期待される。

【目次】
1.はじめに
2.プロバイオティクスの作用メカニズム
2.1 病原微生物に対する直接作用
2.2 病原微生物や有害物質の腸上皮への吸着阻害作用
2.3 宿主上皮細胞の防御能の強化
2.4 腸管免疫の制御
3. プロバイオティクス由来活性物質の同定とその作用メカニズム
3.1 腸管保護活性ペプチドの同定
3.2  麦芽乳酸菌由来活性物質であるポリ燐酸の同定
3.3  腸上皮におけるプロバイオティクス由来活性物質の認識機構
4.おわりに


-------------------------------------------------------------------------

BIO BUSINESS

-------------------------------------------------------------------------

産業用酵素の市場

-------------------------------------------------------------------------
【目次】
1.酵素の市場概況
2.産業用酵素の市場
3.メーカー動向
3.1 ノボザイムズジャパン
3.2 天野エンザイム
3.3 ナガセケムテックス
3.4 新日本化学工業
3.5 ヤクルト薬品工業
3.6 ジェネンコア協和
4,950円
【特集】 フラーレンのバイオ応用技術
-------------------------------------------------------------------------

特集にあたって

-------------------------------------------------------------------------
増野匡彦(慶應義塾大学 薬学部 教授)


-------------------------------------------------------------------------

フラーレンのアルツハイマー病治療薬としての可能性
Inhibition of Amyloid β Aggregation and Cytotoxicity by Photo-degradation using Designed Fullerene Derivatives 

-------------------------------------------------------------------------
戸嶋一敦(慶應義塾大学 理工学部 応用化学科 教授)

 アルツハイマー病は,脳内に蓄積するアミロイドβ(ペプチド)が凝集することで引き起こされる。本稿では,アルツハイマー病の原因物質であるアミロイドβを,特定波長の光照射により分解し,その凝集を阻害することで,神経細胞におけるアミロイドβの毒性を回避することができるフラーレン誘導体の開発基礎研究について紹介する。

【目次】
1. はじめに
2. フラーレンとタンパク質光分解
3. アミロイドβを光分解するフラーレン誘導体
4. フラーレン誘導体によるアミロイドβの光分解
5. フラーレン誘導体によるアミロイドβの凝集阻害
6. フラーレン誘導体によるアミロイドβの毒性回避と神経細胞の生存
7. おわりに


-------------------------------------------------------------------------

フラーレン光増感剤による光線力学治療法
Photodynamic Therapy using Fullerenes as Photosensitizer

-------------------------------------------------------------------------
池田篤志(奈良先端科学技術大学院大学 物質創成科学研究科 准教授)

 光励起されたフラーレンは溶存酸素への高いエネルギー移動効率によって,効率よく活性酸素の一つである一重項酸素を発生する。そのため,フラーレンは光線力学治療法における光増感剤としての利用が期待されている。本稿では,光増感剤として光線力学活性が評価されたフラーレンを紹介する。

【目次】
1. はじめに
2. 化学修飾によるフラーレンの水溶化
3. 可溶化剤を用いるフラーレンの水溶化
4. おわりに


-------------------------------------------------------------------------

フラーレンの抗酸化機能と化粧品への応用
Antioxidant Property and Application for Cosmetics of Fullerene

-------------------------------------------------------------------------
青島央江(ビタミンC60 バイオリサーチ(株) マネージャー)

 1985年に発見されたフラーレンは,ユニークな形状に加えて構造安定性が高く,また優れた抗酸化機能を有することから,様々な産業分野における利用が期待されている。本稿では,フラーレンの抗酸化機能や抗炎症作用に関する研究を紹介する。また,高機能性化粧品成分としてのフラーレンの有用性を臨床レベルで評価した。フラーレンによる美白効果,シワ改善効果,ニキビ改善効果,および高機能性化粧品成分としてのフラーレン実用化状況について概説する。

【目次】
1. はじめに
2. フラーレンの水/油への分散/溶解
3. フラーレンの抗酸化機能
3.1 β-カロテン退色法
3.2 細胞酸化障害抑制作用
4. フラーレンの抗炎症作用
5. 高機能性化粧品成分としての応用
5.1 美白効果
5.2 シワ改善効果
5.3 ニキビ改善効果
6. おわりに


-------------------------------------------------------------------------

フラーレンの抗がん薬としての可能性
Fullerenes as a New Lead Compound for Anti-cancer Agent

-------------------------------------------------------------------------
増野匡彦(慶應義塾大学 薬学部 教授)

 カチオン性のフラーレン誘導体が,光増感作用によらないがん細胞増殖抑制効果を有することを見出した。フラーレン誘導体はがん細胞にアポトーシスによる細胞死をもたらすものであり,そのメカニズムはフラーレン誘導体が細胞内で活性酸素を発生させることに基づいている。フラーレン誘導体は新規抗がん薬の候補化合物となる可能性を有している。

【目次】
1. はじめに
2. フラーレン誘導体のがん細胞増殖抑制効果
3. ピロリジニウム型フラーレン誘導体によるがん細胞のアポトーシス誘導
4. ピロリジニウム型フラーレン誘導体による細胞内活性酸素生成
5. おわりに


-------------------------------------------------------------------------

フラーレンの抗ウイルス薬としての可能性
Fullerene Derivatives as a Lead Compound for Antiviral Agent

-------------------------------------------------------------------------
中村成夫(日本医科大学 化学教室 教授)

 フラーレン誘導体がHIVプロテアーゼを阻害することは知られているが,さらに,HIV逆転写酵素を阻害するフラーレン誘導体もあることが明らかとなった。そのメカニズムは非核酸系逆転写酵素阻害薬と同様であった。フラーレン誘導体はそのかさ高さにより,薬剤耐性ウイルスの逆転写酵素に対しても効果的に働く可能性がある。

【目次】
1. はじめに
2. 抗HIV活性を有するフラーレン誘導体
2.1 ヒト免疫不全ウイルス(HIV)について
2.2  HIVプロテアーゼを阻害するフラーレン誘導体
2.3 HIV逆転写酵素を阻害するフラーレン誘導体
2.4  薬剤耐性変異ウイルスに対する作用への展望
3. 抗HCV活性を有するフラーレン誘導体
3.1 C型肝炎ウイルス(HCV)について
3.2 HCV RNAポリメラーゼを阻害するフラーレン誘導体
4. おわりに


-------------------------------------------------------------------------

フラーレンの安全性に関する最新知見と評価
Latest Evidence about Safety Evaluation of Fullerene

-------------------------------------------------------------------------
伊藤雅之(ビタミンC60 バイオリサーチ(株) マネージャー)

 フラーレンは,2005年から化粧品原料として発売され,その活性酸素除去能力から採用する化粧品も増えている。一方で,フラーレンのみならず酸化チタンなど化粧品でのナノマテリアルの応用が進むにつれて,安全性を懸念する声が高まっている。本稿では,フラーレンの安全性に関する最新知見を,化粧品用原料としての安全性試験結果を中心に紹介する。

【目次】
1. はじめに
2. ナノマテリアルとフラーレン
2.1 ナノマテリアルの定義
2.2  ナノマテリアルの安全性試験
3. 化粧品原料としてのフラーレンの安全性
3.1 試験で用いたフラーレン
3.2 単回投与試験
3.3 皮膚一次刺激性試験,14日間累積皮膚刺激性試験
3.4 皮膚感作性,皮膚光感作性
3.5 光毒性試験
3.6 眼刺激性試験
3.7 遺伝毒性試験
3.8 ヒトパッチテスト
3.9 その他の試験結果
3.9.1 皮膚透過性試験
4. プロオキシダント効果を有さない抗酸化剤
5. おわりに


-------------------------------------------------------------------------

BIO R&D

-------------------------------------------------------------------------

遺伝子組換えイネ生産ヒトIL-10の化粧品への配合と外用薬の展望
Development of the Cosmetic which Contain Recombinant Human IL-10 Produced by Transgenic Rice, and Strategy for Topical Medication

-------------------------------------------------------------------------
関川賢二((株)プリベンテック 代表取締役)
藤原義博((株)プリベンテック 主任研究員)
石井泰江(札幌医科大学 皮膚科学講座 助教)
山下利春(札幌医科大学 皮膚科学講座 教授)

 オリゴペプチド配合化粧品に対する関心が高まっている。すなわち上皮細胞増殖因子(EGF)などのサイトカイン類がオリゴペプチドと表示され配合された化粧品である。サイトカイン類の分子量はおおむね10~40kDaであるので通常は角質層バリアーを通過して表皮に到達することはできない。抗炎症性サイトカインIL-10の配合化粧品を開発したのでサイトカイン配合の問題点と今後の展望について述べる。

【目次】
1. はじめに
2. ペプチド,ポリペプチドおよびタンパク質の定義
3. 国際化粧品原料登録(INCI)
4. 皮膚の構造と炎症および免疫応答
5. 組換えイネによるヒトIL-10の生産
6. IL-10の構造と機能
7. IL-10ダイマーの安定化
8. IL-10外用剤の開発展望
9. おわりに


-------------------------------------------------------------------------

発酵食品を対象としたPPARリガンドアッセイの研究
Research of a PPAR Ligand Assay for Japanese Fermented Foods

-------------------------------------------------------------------------
多田孝清(センシングバイオ研究室 研究員)
市村直也(センシングバイオ研究室 室長)

 脂質代謝・糖代謝などの制御に関与する核内受容体であるPPARは,糖尿病やメタボリックシンドロームに関連することから注目されてきている。PPARの概要紹介と食品中に含まれるPPARのリガンドの研究を紹介し,日本の発酵食品を対象としたPPARリガンドアッセイについての取り組みを紹介する。

【目次】
1. ペルオキシソーム増殖剤応答性受容体について
2. 食品に含まれるPPAR のリガンド成分
3. 食品中のPPAR作用物質の検出技術
4. 発酵食品中のPPARリガンド
5. PPARリガンド成分の工業的生産にむけて


-------------------------------------------------------------------------

BIO BUSINESS

-------------------------------------------------------------------------

試薬市場
Reagent Market

-------------------------------------------------------------------------
【目次】
1. 概要
2. 需給動向
(1) 一般用試薬
(2) 特定用途試薬
(3) 標準物質・標準液類
(4) 生化学用試薬
4,950円
【特集】 機能性食品探索のフロンティア
-------------------------------------------------------------------------

特集にあたって

-------------------------------------------------------------------------
芦田 均(神戸大学 大学院農学研究科 教授)


-------------------------------------------------------------------------

褐藻脂質の多機能性と食品への活用
Functionalities of Brown Seaweed Lipids and its Application to Foods

-------------------------------------------------------------------------
宮下和夫(北海道大学 大学院水産科学研究院 教授)
細川雅史(北海道大学 大学院水産科学研究院 准教授)

 褐藻は大型藻類の中で最も繁栄している種であり,高い光合成能力により多様な有機物を生産している。褐藻が生産する成分中,注目すべきは脂質であり,特に光合成色素,フコキサンチンは,独特の分子機構に基づく抗肥満作用や抗糖尿病作用を示すことから,新たな機能性成分として今後の応用が期待されている。

【目次】
1. はじめに
2. 褐藻脂質の脂肪酸
3. 褐藻のカロテノイド
4. フコキサンチンの抗肥満作用
5. フコキサンチンによる内臓WATからのサイトカイン分泌抑制作用
6.おわりに


-------------------------------------------------------------------------

大豆(ダイズ)の新規機能性成分開発
Next Generation of Biologically Active Substances in Soybean

-------------------------------------------------------------------------
吉田健一(神戸大学 大学院農学研究科 微生物機能化学教育研究分野 教授)
吉田 正(フジッコ(株) 研究開発室)

 大豆(ダイズ)には3大栄養素のみならず,食物繊維,ミネラル,ビタミンなど様々な栄養素が含まれている。そればかりか,イソフラボン,レシチン,サポニンなど特定の健康増進効果を有する機能性成分の含有もかねてより注目されている。本稿では,これらに次いで大豆含有の新たな機能性成分として認知され,今後の活用に期待が高まりつつあるピニトールと黒大豆ポリフェノールについて最新の開発状況を紹介する。

【目次】
1. ピニトールとは何か
2. ピニトールの作用メカニズム
3. ピニトールの開発の現状
4. 黒大豆ポリフェノールとは
5. 黒大豆ポリフェノールの機能性
5.1. エネルギー代謝の活性化
5.2 抗酸化活性
6. 黒大豆ポリフェノールの開発現状と普及について


-------------------------------------------------------------------------

カシスアントシアニンの視覚機能改善効果
Improvement of Visual Function by Black Currant Anthocyanins

-------------------------------------------------------------------------
飯田博之((株)明治 食機能科学研究)

 筆者らは,カシスアントシアニンの視覚機能改善効果についての研究を進めてきた。本稿では,カシスアントシアニンの一時的な近視化の抑制および毛様体の過緊張の抑制についての臨床試験結果,さらに,学童期の近視化のモデルであるヒヨコ軸性近視モデルでの効果について紹介する。

【目次】
1. はじめに
2. 眼の機能と近視
2.1 眼の構造と見る仕組み
2.2 正視と近視
3. カシスアントシアニンによる近視化抑制作用
3.1 一時的な近視化抑制作用
3.2  全身疲労(24時間の覚醒)負荷試験での毛様体筋の過緊張の抑制
4. ヒヨコ軸性近視モデルでのカシスアントシアニンの近視化抑制作用
5. おわりに


-------------------------------------------------------------------------

コリン補給の重要性 ―α-GPCの機能性―
Importance of the Choline Supply ― The Functionality of α-GPC ―

-------------------------------------------------------------------------
大久保剛(日油(株) 食品研究所 主任研究員)

 日本では「コリン」という物質は栄養学の観点からすれば,まだまだ馴染みの薄い物質である。しかし,コリンはOne carbon metabolismにおいて重要な栄養素であるため既にアメリカでは「ビタミン」として取り扱われている。今回は,コリン補給の重要性とコリンを効率良く補給するためにα-GPCというコリン分子種の機能性を紹介する。

【目次】
1. はじめに
2. コリン補給の重要性
3. コリンはビタミンである(アメリカの取り組み)
4. α-GPCの特徴
5. α-GPCの機能性(中枢への影響)
6. α-GPCの機能性(成長ホルモンへの影響)
7.おわりに


-------------------------------------------------------------------------

植物資源からのグリコーゲンの合成と機能性の探索
The Synthesis of Glycogen from Starch and the Search for Beneficial Effects of the Glycogen

-------------------------------------------------------------------------
古屋敷隆(江崎グリコ(株) 健康科学研究所 研究員)
高田洋樹(江崎グリコ(株) 健康科学研究所 主幹研究員)

【目次】
1. はじめに
2. 植物資源からのグリコーゲンの合成方法の確立
3. 酵素合成グリコーゲンの性質と安全性
4. グリコーゲンの免疫賦活機能
5. 酵素合成グリコーゲンの消化性
6. 酵素合成グリコーゲンの脂質代謝への影響
7.おわりに


-------------------------------------------------------------------------

腸管機能を調節する食品因子の探索評価
Search and Evaluation of Food Factors that Modulate Intestinal Function

-------------------------------------------------------------------------
薩 秀夫(東京大学 大学院農学生命科学研究科 助教)

 腸管は外界と生体内を隔てる場且つやり取りする場として,極めて重要な器官である。特にその最前線に位置する腸管上皮細胞は,食品成分に最も高頻度かつ高濃度曝される場にあり,その機能が食品によって制御されやすいと考えられる。本稿では,腸管上皮細胞に対する食品因子の生理作用について,腸管上皮モデル細胞株を用いた様々な探索解析例を紹介する。

【目次】
1. はじめに
2. 複合培養系を用いた腸炎症を予防・改善する食品因子の探索評価
3. サイトカイン分泌を指標とした腸炎症を予防・改善する食品因子の探索評価
4. 転写活性を指標とした解毒系を制御する食品因子の探索評価
5. mRNA発現量変化を指標とした解毒系を制御する食品因子の探索評価
6. おわりに


-------------------------------------------------------------------------

BIO R&D

-------------------------------------------------------------------------

脂質メディエーター・環状ホスファチジン酸(cPA)の痛み抑制効果とその医療応用への展望
Antinociceptive Effect of Lipid Mediator, Cyclic Phosphatidic Acid(cPA), and Future Prospects in Medical Applications

-------------------------------------------------------------------------
後藤真里(お茶の水女子大学 生命情報学教育研究センター;同大学 大学院人間文化創成科学研究科 特任助教)
室伏きみ子(お茶の水女子大学 大学院人間文化創成科学研究科 教授)

 「痛み」は,身体の異常を知らせる警告として機能し,不快な感覚と情動体験を伴う。時に過度の不快な感覚は人々のQuality of Life(QOL)を大いに低下させるため,慢性痛は痛みそのものが治療の対象となる。現在,痛みを引き起こす原因のひとつとして,リゾホスファチジン酸(LPA)とその合成酵素オートタキシン(ATX)の関与が注目されている。近年,筆者らは新規脂質メディエーター・環状ホスファチジン酸(cPA)による痛み抑制効果について研究を進め,注目すべき結果を得ている。なおcPAは,筆者らが発見した生体物質で,LPAと類似した構造を持ちながら,LPAとは異なる種々の生理作用を示す。本稿では,鎮痛剤としてのcPAの有効性について概説する。

【目次】
1. はじめにに―研究の背景
2. 痛みに与えるcPA と2ccPA の効果
2.1 侵害受容器が伝える痛みに与えるcPAと2ccPAの効果
2.2 神経障害性疼痛に与えるcPAの効果
2.3 光学異性体による鎮痛作用の検討
3. おわりに―医療応用への期待


-------------------------------------------------------------------------

タンパク質やペプチドを認識する合成ナノ粒子“プラスチック抗体”の開発
Development of“Plastic Antibodies”;Synthetic Nanoparticles that are capable of Recognizing Proteins and Peptides 

-------------------------------------------------------------------------
星野 友(九州大学 工学研究院 化学工学部門 助教)

 抗体同様の抗原分子認識能を持ち抗体と同等の大きさを有する合成ナノ粒子は,安価で安定な抗体の代替品”プラスチック抗体”として注目されている。本稿では,プラスチック抗体の開発状況を紹介すると共に,筆者らが開発したプラスチック抗体調製技術とその応用の試みについて紹介する。

【目次】
1. はじめに
2. 分子認識能を有する合成ナノ材料“プラスチック抗体”の開発
2.1 官能基の組み合わせ最適化法
2.2 分子インプリント法
2.3 アフィニティー精製法
3. 今後の展望


-------------------------------------------------------------------------

BIO PRODUCTS

-------------------------------------------------------------------------

ビタミンB2
Vitamine B2

-------------------------------------------------------------------------
【目次】
1. 概要
2. 製法
3. 生産動向
4. 需要動向
5. 価格
4,950円
【特集】 バイオ技術を用いた人工光合成
-------------------------------------------------------------------------

特集にあたって

-------------------------------------------------------------------------
橋本秀樹(大阪市立大学 複合先端研究機構 教授)


-------------------------------------------------------------------------

光合成反応の動作機構の解明と制御
Revealing the Functional Mechanisms of Photosynthesis and Their Artificial Control

-------------------------------------------------------------------------
藤井律子(大阪市立大学 複合先端研究機構 特任准教授)
小澄大輔(大阪市立大学 複合先端研究機構 特任准教授)
橋本秀樹(大阪市立大学 複合先端研究機構 教授)

 高等植物,藻類およびシアノバクテリアの光合成反応は,水と二酸化炭素を原料に太陽光エネルギーを利用して,酸素と炭水化物を生成している。原始的な光合成細菌の場合は,酸素発生は行わないが,太陽光エネルギーを利用して,還元力を蓄えることで有機物を生成している。ここで示した炭水化物や有機物は,現在の社会インフラを支えている石油等の燃料に変換可能な材料である。したがって,光合成生物は,現在の地球上に存在し,唯一,太陽光エネルギーを利用して燃料を生成している機関(バイオナノデバイス)を備えていると言っても過言ではない。人工光合成システムを構築するためには,上述の光合成反応に関与する光合成色素タンパク質の構造と機能を解明することが本質的に重要である。本稿では,最新の構造解析技術および超高速レーザー分光計測技術によって明らかにされた光合成反応の動作機構の詳細と機能制御に関して解説する。

【目次】
1. はじめに
2. 光合成色素の種類と構造
3. 光合成色素タンパク質複合体の構造
4. 光合成色素の電子状態とエネルギー伝達
5. 人工光合成構築に向けた機能制御


-------------------------------------------------------------------------

光合成色素タンパク質複合体の基板上への組織化と光電変換素子への展開
Assembly of Photosynthetic Pigment-protein Complex on Substrates and Development of Bio-solar cell

-------------------------------------------------------------------------
近藤政晴(名古屋工業大学 若手研究イノベータ養成センター テニュア・トラック助教)
出羽毅久(名古屋工業大学 大学院工学研究科 准教授)
南後 守(大阪市立大学 複合先端研究機構 特任教授)

 植物は生命機能をもつ太陽電池とみなせる。光合成膜の電荷分離で生じた電子をうまく取り出すことができるならば分子レベルの光電池および光半導体をつくることができる。ここでは,光合成膜で電荷分離機能をもつ色素タンパク質複合体の基板上への単層吸着・自己組織化により光電流応答機能の評価を行い,光電変換素子への展開について検討を行った。

【目次】
1. はじめに
2. 背景
3. 導電性AFMによるRCの導電特性の評価
4. LH1-RCの光電流応答の評価
5. PSIの光電流応答と色素増感太陽電池への展開
6. おわりに


-------------------------------------------------------------------------

光合成色素タンパク質の空間配列のその場観察
In situ Observation of the Arrangement of Photosynthetic Pigment-Protein Complexes

-------------------------------------------------------------------------
須貝祐子(大阪市立大学 複合先端研究機構 特任助教)
橋本秀樹(大阪市立大学 複合先端研究機構 教授)

 紅色光合成細菌の光合成系は,光合成膜に存在する光捕集色素タンパク質複合体の集合体によって超高速かつ高効率なエネルギー伝達を実現している。これら光合成色素タンパク質複合体の配列様式を理解することは,光合成系におけるエネルギー伝達機構の詳細を理解するために重要である。本稿では,原子間力顕微鏡を用いた光合成膜のその場観察により得られる,色素タンパク質複合体の配列情報について紹介する。

【目次】
1. はじめに
2. 原子間力顕微鏡について
3. 天然光合成膜のAFM観察イメージ
4. 再構成光合成膜のAFM観察イメージ
5. おわりに


-------------------------------------------------------------------------

光合成色素タンパク質を用いたデバイス開発
Device Application of Photosynthetic Pigment-Protein Complexes

-------------------------------------------------------------------------
天尾 豊(大分大学 工学部 応用化学科 准教授;JST さきがけ)

 高等植物やラン色細菌で進行する酸素発生型光合成では,太陽光エネルギーを利用し,電子源としての水を酸化し,酸素と電子を得ており,その後の生体構築・生命活動の源として利用している。本稿では,光合成反応で中心的な役割を果たす光合成色素タンパク質複合体を用いたデバイス開発として,光合成タンパク質を用いたソーラー水素製造反応および二酸化炭素-メタノール変換反応について紹介する。

【目次】
1. はじめに
2. 光化学系Iタンパク質を用いたソーラー水素製造反応
3. 光収穫系タンパク質を用いたソーラー水素製造反応
4. 光合成タンパク質を用いた水の光分解用分子デバイスの開発
5. 光合成色素類似体と脱水素酵素とを用いた光駆動型二酸化炭素-メタノール変換反応
6. おわりに


-------------------------------------------------------------------------

BIO R&D

-------------------------------------------------------------------------

ナノインプリンティング表面加工プレートを利用した三次元がん細胞培養法
3D Tumor Culture System using a Plate with Nanoimprinted Pattern Scaffolding

-------------------------------------------------------------------------
吉井幸恵((独)放射線医学総合研究所 分子イメージング研究センター 研究員)
脇 厚生((独)放射線医学総合研究所 分子イメージング研究センター;福井大学 高エネルギー医学研究センター;Scivax (株))
吉田かおり(Scivax (株))
欠塚杏奈(Scivax (株))
小林真喜(Scivax (株))
並木秀男(早稲田大学 理工学研究科)
黒田悠生(福井大学 高エネルギー医学研究センター)
清野 泰(福井大学 高エネルギー医学研究センター)
浅井竜也(福井大学 高エネルギー医学研究センター)
岡沢秀彦(福井大学 高エネルギー医学研究センター)
吉井 裕((独)放射線医学総合研究所 緊急被ばく医療研究センター)
古川高子((独)放射線医学総合研究所 分子イメージング研究センター;福井大学 高エネルギー医学研究センター)
藤林康久((独)放射線医学総合研究所 分子イメージング研究センター;福井大学 高エネルギー医学研究センター)

 近年,立体構造を有する3D培養がん細胞塊(スフェロイド)は,2D培養がん細胞よりも生体内腫瘍と近い性質を有し,がんの医学生物学研究や抗がん剤開発の上で有用なモデルとなるのではないかと考えられてきた。本稿では,ナノインプリンティング表面加工プレートを用いた新しい3Dがん細胞培養法につき概説する。

【目次】
1. はじめに
2. 新しい3Dがん細胞培養プレートによる簡便な培養
2.1 がんの細胞遊走・細胞間接着によるスフェロイド形成
2.2 高増殖能・高生存率を保った高再現性の3Dがん細胞培養を実現
2.3 スフェロイドの詳細な構造・低酸素領域形成
3. 本研究成果と今後の展望


-------------------------------------------------------------------------

皮膚細胞の三次元組織化技術と血管・リンパ管の再現
Development of Human Skin Equivalents Containing Reconstructed Blood and Lymph Capillaries

-------------------------------------------------------------------------
松崎典弥(大阪大学 大学院工学研究科 応用化学専攻 助教;科学技術振興機構さきがけ)
白方裕司(愛媛大学 大学院医学系研究科 感覚皮膚医学)
平川聡史(愛媛大学 大学院医学系研究科 感覚皮膚医学)
橋本公二(愛媛大学 大学院医学系研究科 感覚皮膚医学)
明石 満(大阪大学 大学院工学研究科 応用化学専攻)

 細胞積層法を用いることで,全く新しい皮膚モデルを構築した。真皮層の層数は播種細胞数により自在に制御できるだけでなく,従来のコラーゲンゲルとは異なる均一な構造とKCの完全被覆を実現できるため,TERなどの微小応用を評価することが可能であった。さらに,真皮層に毛細血管網やリンパ管網を導入した皮膚モデルを構築することができた。本手法を用いることで,様々な附属器を導入した次世代型皮膚モデルの実現が期待される。

【目次】
1. はじめに
2. 細胞積層法による皮膚モデルの構築
3. 血管およびリンパ管を有する皮膚モデルの構築
4. おわりに

-------------------------------------------------------------------------

BIO BUSINESS

-------------------------------------------------------------------------

抗菌・防カビ剤の市場
Market of Antibacterial and Antimold Agents

-------------------------------------------------------------------------
【目次】
1. 概要
2. 抗菌剤の種類
2.1 無機系抗菌剤
2.2 有機系抗菌剤
2.3 天然系抗菌剤
3. 需給動向
3.1 木材用(建築用含む)
3.2 紙・パルプ用
3.3 繊維製品用
3.4 プラスチック製品用
3.5 接着剤,塗料,その他用
4. メーカー動向


-------------------------------------------------------------------------

BIO PRODUCTS

-------------------------------------------------------------------------

D-グルクロン酸
D-Glucuronic Acid

-------------------------------------------------------------------------
【目次】
1. 概要
2. 製法
3. 需要動向
4. 価格

BIOINDUSTRY(バイオインダストリー) 雑誌の内容

バイオテクノロジーの工業化に関する技術情報、市場情報を 満載
あくまでインダストリアルな視点で、バイオにおける研究開発のシーズを鋭く掘り起こし、応用分野におけるニーズに結びつけるということを編集の主眼においています。バイオにおける研究開発、技術開発、製品開発、市場展望、企業動向、産業へのインパクトに焦点をあてた画期的なバイオ専門誌です。

BIOINDUSTRY(バイオインダストリー)の無料サンプル

2010年10月号 (2010年09月12日発売)
2010年10月号 (2010年09月12日発売)をまるごと1冊ご覧いただけます
サンプルを見る

BIOINDUSTRY(バイオインダストリー)を買った人はこんな雑誌も買っています!

テクノロジー・科学 雑誌の売上ランキング

1 天文ガイド

誠文堂新光社

天文ガイド

2021年11月05日発売

目次: 特集「きわめて皆既に近い11月19日部分月食を見よう!」:皆既に近いほど大きく欠ける11月19日の部分月食。5月26日の皆既月食が悪天候だったこともあり、今回の月食に要注目です。月食の概要、月食のしくみ、今回特に注目したい観察ポイント、月食画像のレタッチまでを紹介。ほか、10月15日木星衝突閃光速報、年末に3等級となるレナード彗星の最新予報、小惑星ファエトンの恒星食観測成功レポートを紹介します。

毎月の天文現象と、新製品のニュースをお伝えします。

  • 2021/10/05
    発売号

  • 2021/09/03
    発売号

  • 2021/08/05
    発売号

  • 2021/07/05
    発売号

  • 2021/06/05
    発売号

  • 2021/05/06
    発売号

2 Newton(ニュートン)

ニュートンプレス.

Newton(ニュートン)

2021年11月26日発売

目次:
Newton Special

“究極の理論”の最有力候補はどこまでできあがっているか?

超ひも理論

監修 松浦 壮

執筆 前田 武,中野太郎



2021年に生誕100周年をむかえた南部陽一郎博士が提唱した「弦理論」は,物理学の“究極の理論” の最有力候補として知られる「超ひも理論(超弦理論)」へと進化した。超ひも理論の基礎から最新研究まで,まとめて解説する。

Newton Special(2)

「世界一美しい式」がゼロからわかる

オイラーの等式

多くの科学者や数学者が「世界一美しい式」と称賛する式がある。「オイラーの等式」とよばれる「eiπ+1=0」だ。オイラーの等式のすばらしさにせまっていこう。

監修 小山信也
執筆 山田久美

FOCUS Plus

気象学

台風の脅威を減らし,恵みに変える「タイフーンショット計画」が始動

協力 筆保弘徳

執筆 今井明子

Super Vision

世界最大級の模擬宇宙

協力 石山智明

執筆 中野太郎

Topic

「科学的」とは何だろうか?

科学と疑似科学の境界を探り,科学的考え方を身につける

監修 伊勢田哲治

執筆 福田伊佐央

Topic

眠りを変える技術「スリープテック」

世界が注目する,快眠にみちびく最新テクノロジー

監修 栗山健一

協力 樋江井哲郎

執筆 山本尚恵

Topic

スマホ依存になっていませんか?

使う時間と場所を自分で制御できない心の病

監修 髙橋英彦

執筆 福田伊佐央

Nature View

海の王者サメ

独自の進化が生んだ特殊な体と生態

監修 田中 彰

執筆 薬袋摩耶

Topic

地球が好きになる岩石図鑑

石には地球の歴史が詰まっている

監修 西本昌司

執筆 中作明彦

Topic

宇宙飛行士の訓練


宇宙飛行士に求められる資質や能力とは?

監修 柳川孝二

執筆 北原逸美

参考価格: 1,190円

驚きと興奮のサイエンスマガジン 『ニュートン』

  • 2021/10/26
    発売号

  • 2021/09/25
    発売号

  • 2021/08/26
    発売号

  • 2021/07/26
    発売号

  • 2021/06/24
    発売号

  • 2021/05/26
    発売号

3 日経サイエンス

日経サイエンス

最大
21%
OFF
送料
無料

日経サイエンス

2021年11月25日発売

目次: 【特集:地球防衛】
危険な小惑星にどう向き合うか
100年に1回の衝突を見逃さない ほか
-----------------------------------------------------------------
創刊50周年企画:科学の50年 そして現在
極限微生物が変えた進化観 深海に探る生命の起源
-----------------------------------------------------------------
吃音症はなぜ起こるのか 神経科学が示す治療の糸口

ジェームス・ウェッブ宇宙望遠鏡 ついに開眼へ

太古のマントル岩石にCO2封印 中東オマーンで実験開始
-----------------------------------------------------------------

★このほかにも魅力的な記事がいっぱいあります。

◇SCOPE
エキノコックス なぜ日本に?/国産ワクチン開発 今後の課題は/
CO2でCO2吸収材料を作る/小笠原諸島発 軽石1300kmの旅

◇ADVANCES
自転の変化が大気酸素化に影響/原子1層の極薄磁石/泡の力/昔のイヌの食生活/
生命体センサー/記録破りの山火事/クジラの声をつかめ/ニュース・クリップ/
マイクロプラごみ掃除機 ほか

◇From Natureダイジェスト:1~2年でコロナ再感染のリスク

◇新連載! 数楽実験室 マテーマティケー:斜めに見る

◇ヘルス・トピックス:ウルシかぶれに救いの手

◇パズルの国のアリス:勝率の履歴

◇BOOK REVIEW
『なぜ心はこんなに脆いのか』 鈴木光太郎
『ヒトはなぜ「がん」になるのか』 中西真人
<連載>森山和道の読書日記 ほか

◇サイエンス考古学

◇今月の科学英語

定期購読(3年プラン)なら1冊:1,152円

科学の「先端」「発見の快感」を伝える一般向けの総合科学誌

  • 2021/10/25
    発売号

  • 2021/09/25
    発売号

  • 2021/08/25
    発売号

  • 2021/07/26
    発売号

  • 2021/06/24
    発売号

  • 2021/05/25
    発売号

4 ナショナル ジオグラフィック日本版

日経ナショナル ジオグラフィック社

最大
34%
OFF
送料
無料

ナショナル ジオグラフィック日本版

2021年11月30日発売

目次: 【総力特集】
○驚きの大地 セレンゲティ
●生命の大移動
数千種の動植物が生きるセレンゲティ。野生の営みが見られるが、そのバランスが崩れる危機がある。
●思いがけない真の王者
オグロヌーはセレンゲティで最も重要な動物だ。太古から大移動を繰り返し、草原の生命を循環させてきた。
●フォトエッセイ 野生の地に暮らす
セレンゲティには豊かな伝統を守りながら暮らす人々がいるが、資源をめぐる難題が影を落としている。
●聖なる森の声を聴く
ケニア南部のロイタ地域には、マサイの人々にとって神聖な森がある。その森を守る精神的指導者に話を聞いた。
●フォトエッセイ 命を懸けた戦い
季節によって獲物が増減するアフリカの平原では、次の食べ物にありつけるかが命を懸けた重要な問題となる。

○特製付録:大平原が支える生命/オグロヌーの大移動


【コラム】
○地球を感じる
●模様
生き物たちがまとう、多種多様な模様。捕食者から身を守るためだったり、パートナーを獲得するためだったり、目的はいろいろだが、どれも自然が生み出したアートだ。
●音
ガラガラヘビが威嚇する音からクモの糸が振動する音、クジラの歌声にオオカミの遠吠え……自然界に存在する、さまざまな音について、読んで、そして聞いてみよう。
●色
火山の噴火が創り出したキャンバスを、ちっぽけな微生物から高くそびえる樹木まで、多種多様な生き物たちがカラフルに彩る。溶岩を吹き出すアイスランドの火山を訪れた。
●香り
100年以上前、ハワイの山腹でひっそりと姿を消したアオイ科の木の花。永遠に失われたその香りをよみがえらせようと、科学者たちが残された標本を基に復元に取り組んだ。
●スピード
2000年以降、世界各地の氷河から溶け出した水は5.3兆トンを超える。景観は一変し、海水面は上昇を続けている。

●読者の声
●テレビでナショジオ
●次号予告
●日本の百年「アフタースキーのお楽しみ」
●今月の表紙:草を求めて移動していくシマウマとオグロヌー。捕食動物が潜む場所では、よく一緒に行動する。

参考価格: 1,210円 定期購読(3年プラン)なら1冊:794円

テレビや新聞では報道されない、世界の“いま”を知ることができます。

  • 2021/10/29
    発売号

  • 2021/09/30
    発売号

  • 2021/08/30
    発売号

  • 2021/07/30
    発売号

  • 2021/06/30
    発売号

  • 2021/05/28
    発売号

5 月刊星ナビ

アストロアーツ

送料
無料

月刊星ナビ

2021年11月05日発売

目次: 特別付録は毎年恒例「星空カレンダー2022」。特集では、赤い星雲「HII領域」の魅力に迫ります。11月19日の「部分月食直前ガイド」も掲載。

★表紙画像
ハッブル宇宙望遠鏡が撮影した「オリオン大星雲」の核心部です。中心にある若い恒星「トラペジウム」を真っ赤な「HII領域」が取り囲んでいます。

★綴じ込み特別付録 星空カレンダー2022
毎年恒例のカレンダーが特別付録。表紙の「ピンクムーンとスカイツリー」が目を惹きます。雪景色とオリオン、桜、蛍など、過去1年間の「星ナビギャラリー」掲載作から季節感あふれる9点をピックアップしました。

★魅惑の赤い星雲 ときめくHII領域
オリオン大星雲やばら星雲など、赤く輝く姿が魅力的な「HII領域」。見ても撮っても楽しい天体ですが、どんな天体か知ることでもっと楽しめるはず。プライベートで天体撮影も楽しむ天文学者が、その天文学的な魅力を解説します。

★君と過ごす眠れない夜 能登の星が結ぶ高校生2人の物語『君は放課後インソムニア』
『週刊ビッグコミックスピリッツ』で連載中の高校天文部マンガ『君は放課後インソムニア』。作中で登場する天文台や天体写真、カメラなどがリアルに描かれているのが特徴です。作者へのインタビューをもとに、天文ファン的な作品の魅力を紹介。

★Deepな天体写真 市街地で星雲撮影3 アクロマート三連装で星雲撮影
天体望遠鏡は口径が大きい方が解像度的にも集光力的にも有利ですが、大きな望遠鏡は値段も高いもの。一般的には天体撮影に不向きとされるアクロマート屈折望遠鏡を「三連装」にして、星雲撮影に使う試みとはいかに。

★ステライメージLiteを現役高専生が使ってみた
今年7月に発売された天体画像処理ソフト「ステライメージLite」。どんなことができるのか、フル版との違いは?など気になるポイントを、天文ファンの現役高専生が実際に使ってみました。

★エーゲ海の風 第26回 ギリシア神話とローマ神話の密な関係
ギリシア神話とローマ神話には、名前が異なっても同じ性質を持つ神が多く存在しています。神話の起源や惑星との関係など、2つの神話の密接な関係を辿ります。

参考価格: 960円

星空の楽しみ方を提案する新しいスタイルの情報誌

  • 2021/10/05
    発売号

  • 2021/09/03
    発売号

  • 2021/08/05
    発売号

  • 2021/07/05
    発売号

  • 2021/06/05
    発売号

  • 2021/05/06
    発売号

6 環境ビジネス

日本ビジネス出版

最大
2%
OFF
送料
無料

環境ビジネス

2021年09月15日発売

目次: 第6回 トップリーダーに訊く
三菱ふそうトラック・バス株式会社
代表取締役社長 最高経営責任者(CEO)ハートムット・シック氏

【特集1】製造業で加速する脱炭素の流れ

脱炭素対策は“リスク回避”というより“機会獲得”の有効手段
みずほリサーチ&テクノロジーズ

少なくとも産業界の CO.、 90%削減 国を挙げて取り組む「工場脱炭素戦略」
駐日英国大使館 公使参事官

政策ツールを総動員し、製造業を含め産業界全体を後押し
経済産業省

企業の脱炭素を促進 工場・事業場における環境設備の導入に 1/3補助
環境省

他社に先駆けた取組みでビジネスチャンスを掴む
恩田金属工業

グリーンスチール実現に向け、製造プロセス自体の変革を
ティッセンクルップ・ジャパン


【特集2】製造業に課せられる脱炭素対策

再エネ電化・非化石燃料化が責務に 工場の脱炭素操業と省エネ
環境ビジネス編集部

化石エネルギー源に依存した熱源と廃熱の利活用をエネルギーマネジメント
環境ビジネス編集部

事業の持続的発展には環境と経済の両視点が必要
紅屋ホールディングス

蓄電システムの普及で再エネの拡大・安定化を
エネマン

太陽光発電× NAS電池の導入で脱炭素化と BCPを同時に実現
山一電機

大容量のエネルギーシフトを可能にする NAS電池
日本ガイシ

脱炭素へ向け、“潤滑油で省エネ”の発想
EMGルブリカンツ

【東京ゼロエミッションえの道】
2030年カーボンハーフ実現に向けて全庁一丸となって脱炭素行動を推進
東京都 環境局長

イノベーションを加速させ、持続可能な資源利用の実現を目指す
東京都 環境局 資源循環推進部


【FOCUS】
国産木質バイオマス発電のエフオンが電力小売事業に参入
エフオン

戦略的アライアンスで脱炭素社会の実現を目指す
長瀬産業

顧客の要望に対応し、カスタマイズした架台を提供
安泰ソーラー

脱炭素経営が求められる背景とその実践
香川県

気候変動リスクに備える適応策とは
香川県

【TOPICS】
CO2の有効活用に光明 メタネーション装置

「仙台 事業構想大学院」が来春開設

【特集3】ゼロエミッション工場を実現する先進工場事例


脱炭素化は地球でビジネスを行う上でのライセンス
サントリー

グリーバルで CO.排出ゼロの工場づくりを目指す
パナソニック

グローバルで 2035年自社工場のカーボンニュートラルを発表
トヨタ

環境に配慮した商品づくりを目指す 長期ビジョン達成へ、工場の脱炭素化を推進
カルビー

【特別企画】全国各地で開発が進む洋上風力発電
国は初の選定事業者に浮体式洋上風力を選定
環境ビジネス編集部

全国各地の案件形成を加速させ洋上風力の有望区域選定を増やす
環境ビジネス編集部

全国各地で進む洋上風力発電事業の開発には巨額投資の継続性が不可欠
デロイトトーマツコンサルティング

次世代ネットワークに転換し大量導入の課題である送電容量を確保
資源エネルギー庁

【巻頭グラビア】
発電プラント屋上のレクリエーション場「 CopenHill」

藻類で空気清浄する遊び場「 AirBubble」

【イベント・フォーラム・シンポジウム】
第22回環境ビジネスフォーラム~工場・ビル・施設の脱炭素化

【COLUMN】
Environment★Entertainment 映画「 MINAMATA」


未来海図
日清食品ホールディングス

Circular Economy リーディングカンパニーの挑戦
ヴェオリア・ジャパン

2050年脱炭素社会の現場
ジャーナリスト桃田健史氏

日本文明を環境から解き明かす 第17回「家康の隠居地・駿府の謎」
元国土交通省河川局長竹村公太郎氏

リーガルチェック!
株式会社タイムマシーンアンダーライターズ稲田行祐氏/シティユーワ法律事務所齋藤崇氏

Carbon Neutral Designer's File
空港施設

GREEN CREATIVE TRANSFORMATION
Looop

GREEN ECONOMY
国際協力銀行佐藤勉氏

マダニが媒介する新興感染症の脅威
国立環境研究所五箇公一氏

森田正光の一体何が問題なの!?
気象予報士森田正光氏

Offshore Wind
日本気象名川広志氏

洋上風力発電を成功に導くために
渋谷潜水工業 渋谷正信氏

GREEN ESSAY
在独ジャーナリスト田口理穂氏

参考価格: 1,324円 定期購読(1年プラン)なら1冊:1,300円

環境推進のための実務誌

  • 2021/06/15
    発売号

  • 2021/03/15
    発売号

  • 2020/12/15
    発売号

  • 2020/09/15
    発売号

  • 2020/06/15
    発売号

  • 2020/03/16
    発売号

7 Nature(個人購読専用)

ネイチャー・ジャパン株式会社

最大
93%
OFF
送料
無料

世界No.1総合科学ジャーナル 『Natureで、最先端の科学に出会う!』

  • 2018/04/05
    発売号

  • 2018/03/01
    発売号

  • 2018/02/01
    発売号

  • 2018/01/04
    発売号

  • 2017/12/07
    発売号

  • 2017/11/02
    発売号

8 電気計算

電気書院

送料
無料

電気設備の保守管理。電験・管理士受験指導

  • 2021/10/12
    発売号

  • 2021/09/10
    発売号

  • 2021/08/12
    発売号

  • 2021/07/12
    発売号

  • 2021/06/11
    発売号

  • 2021/05/12
    発売号

送料
無料

月刊マテリアルフロー

2021年12月01日発売

目次: 特集//物流テック最前線 ~自動認識,ロボティクスからDX人材育成まで
…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…
今や,本誌特集の定番のイメージもある物流テック。IT,ロボティクス,AI,DX……等々,フォーカスするポイントによって様々な切り口があり,今シーズンも何度目かのイシューとなったが,メインテーマを同じくしながらも,毎回全く彩を変えてお届けしたいと考えている。今回は,自動認識技術の物流関連トピックを総覧してJAISAのキーマンに語っていただき,先端ロボット導入現場その後のリアルな改善報告という視点で日通×ラピュタの現場ルポ,ASLFの超速ルポでは,先端卸企業対談で「DX人材の育成」という未来志向の取り組みを掘り下げた。三菱商事×GreyOrangeのセミナー報告では海外初の新たなビジネスの潮流から,RaaSの実際について詳らかに紹介。フィニッシュはいよいよその成果の全貌が見え始めてきたSIPの注目トピックについてダイジェストでお届けする。色とりどりの物流テックの「今」を読み取っていただければ幸いである。(編集部)
…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…


■特集
[日本自動認識システム協会]
物流DXに貢献する自動認識技術
◎RFID・画像認識とのハイブリッド活用主流に

[日本通運/ラピュタロボティクス]
AMR増強でヒトとの協働型オペレーションを徹底追求
◎トータルピッキングからオーダーピッキングへ転換

[ASLF2021誌上セッション|先端卸企業対談]
デジタル化時代の課題を突破する物流人材の素養とは
◎トラスコ中山(株) 取締役 物流本部 本部長 直吉秀樹氏×㈱PALTAC 常務執行役員 研究開発本部長 三木田雅和氏

[三菱商事×GreyOrange|オンラインセミナー]
倉庫ロボットの潮流を語る~今,世界で注目のマイクロ・フルフィルメント・センターとは
◎GreyOrange(株) CO-FOUNDER&CEO Samay Kohli氏

[戦略的イノベーション創造プログラム]
社会実装に向けて各プロジェクトの進捗を中間報告
◎SIP「スマート物流サービス」,オンラインシンポジウム開催

■企画
[日本物流システム機器協会]
半導体・電子部品不足に係る緊急覆面座談会
◎納期遅延から大幅売上減にまで波及しかねない半導体クライシスの実態

[展示会レポート]
第23回 自動認識総合展
AUTO-ID & COMMUNICATION EXPO

[統計調査レポート]
物流関連市場調査結果を紹介
◎食品通販,ERPパッケージ,段ボール市場の将来予測

■連載
[物流現場を刷新するDDM(デジタル・デシジョン・メイキング)入門]2
デシジョン(判断)するコンピュータが現場を劇的に変革
◎The Team Digital Decision LLC 代表 酒匂秀敏

[医薬品GDP入門]12
GDPガイドラインの実践に向けて
◎小山ファーマコンサルティング 代表 小山靖人

[チャイナレポート]9
《キーパーソンインタビュー》落とし穴にはまった大企業が再び走り出せるようになる顧客最優先の新時代SCM…中国科学院ソフトウェア研究所 研究員 韓永生教授
《物流改善事例》ロジスティクスはどのようにしてブランド力を高めるための強力なツールになるのか?…eifiniサプライチェーン
《ニュースフラッシュ》

[LOGI裏の統計学]8
海上運賃の高騰を機に考える国際物流コストの統計~貿易統計をベースにしたコスト把握アプローチで実態に迫る
◎合同会社サプライチェーン・ロジスティクス研究所,城西大学非常勤講師/久保田精一

[システムの眼Ⅱ]65
八番目の孫は突如やって来た
◎早稲田大学 名誉教授/高橋輝男

[5分で読める教養講座 87《おススメ書籍》ひとくちガイド]
核心の中国~習近平はいかに権力掌握を進めたか(朝日新聞出版)
旧制高校物語~真のエリートのつくり方(潮書房光人新社)
西郷隆盛101の謎~なぜ今も日本人にこれほど愛されているのか(文春文庫)
◎小泉事務所 代表/小泉 豊

参考価格: 1,980円

物流現場・人とITを結び付け、ロジスティクスを具現化する

  • 2021/11/01
    発売号

  • 2021/10/01
    発売号

  • 2021/09/01
    発売号

  • 2021/08/01
    発売号

  • 2021/07/01
    発売号

  • 2021/06/01
    発売号

BIOINDUSTRY(バイオインダストリー)の所属カテゴリ一覧

日本最大級の雑誌取り扱い数!
定期購読の利用数100万人以上!
定期購読とは
雑誌を予約することで毎号ご自宅へお届けします!売り切れの心配なし♪
もっと詳しく ▶︎
タダ読みサービス
無料で雑誌が読み放題♪今日発売のあの雑誌も。
もっと詳しく ▶︎
法人サービス
雑誌を年間5万円以上ならお得な法人プレミアムサービスで!
もっと詳しく ▶︎
アフィリエイト
あなたのサイトで雑誌をおすすめしてみませんか?
もっと詳しく ▶︎
カテゴリ一覧
女性ファッション 雑誌
きれいめ・大人カジュアル系 雑誌 モード系・コレクション 雑誌 フェミニン系 雑誌 ママ・主婦 雑誌 コンサバ系 雑誌 ナチュラル系 雑誌 カジュアル系 雑誌 オフィスカジュアル 雑誌 子ども・キッズファッション 雑誌 ガーリー系 雑誌 ティーンズファッション 雑誌 原宿系 雑誌 着物・和服 雑誌 ギャル系 雑誌 セレブ系 雑誌 森ガール系 雑誌
メンズファッション 雑誌
メンズきれいめカジュアル 雑誌 モノ・グッズ 雑誌 メンズカジュアル 雑誌 ストリートファッション系 雑誌 スーツ・トラッド系 雑誌 アメカジ 雑誌 オラオラ系・お兄系 雑誌 腕時計・ブランド 雑誌 古着系 雑誌
ビジネス・経済 雑誌
経営・マネジメント 雑誌 海外事情・国際ニュース 雑誌 政治 雑誌 マネー・投資 雑誌 ビジネス・経済専門誌 求人・転職情報誌 法律・法務 雑誌 環境・エネルギー 雑誌 広告・マーケティング 雑誌 流通・小売 雑誌 人事・総務 雑誌 四季報 外食・ホテル業界 雑誌 会計・税務・経理 雑誌 農業・畜産・漁業 雑誌 飲食店経営・調理師 雑誌 金融 雑誌 貿易 雑誌 地方自治・行政 雑誌 起業・独立開業 雑誌 企業年鑑・データ 業界データブック 自己啓発 雑誌 ビジネスCD・通信教育 株・FX 雑誌 就職・就活 雑誌
健康・生活 雑誌
子供・児童学習 雑誌 子育て・育児 雑誌 家事・生活情報 雑誌 健康・家庭医学 雑誌 住宅・リフォーム 雑誌 住宅情報・賃貸 雑誌 インテリア・雑貨 雑誌 田舎暮らし・エコ・スローライフ 雑誌 結婚情報・ウェディング 雑誌 絵本・大型絵本 妊婦・赤ちゃん 雑誌
スポーツ 雑誌
サッカー・フットサル 雑誌 高校野球・プロ野球 雑誌 ゴルフ 雑誌 その他球技・競技 雑誌 釣り 雑誌 相撲・武術・武道 雑誌 筋トレ・ボディビル 雑誌 ダイビング・マリンスポーツ 雑誌 スノーボード・スキー 雑誌 ランニング・ウォーキング 雑誌 テニス・卓球 雑誌 バレエ・社交ダンス 雑誌 スポーツ医学・コーチング 雑誌 自転車・サイクリング 雑誌 サーフィン・ボディーボード 雑誌 バスケットボール 雑誌 F1・モータースポーツ 雑誌 ダンス 雑誌 プロレス・格闘技 雑誌 ボクシング 雑誌 水泳・ボート 雑誌 ラグビー・アメフト 雑誌
バイク・自動車・乗り物 雑誌
オートバイ 雑誌 カスタムカー・バイク 雑誌 外車・輸入車 雑誌 4WD・RV 雑誌 新車・ニューモデル情報 鉄道・電車 雑誌 飛行機・航空機 雑誌 中古車・中古バイク 雑誌
芸能・音楽 雑誌
テレビガイド・番組表 雑誌 音楽情報誌 エンタメ 雑誌 DVD(ビデオ)マガジン 映画・シネマ 雑誌 韓国(韓流・K-POP) 雑誌 ピアノ・クラシック 雑誌 ギター・ロック 雑誌 演劇・舞台 雑誌 洋楽 雑誌 ジャズ(JAZZ) 雑誌 ジャニーズ 雑誌 グラビア・アイドル 雑誌 写真週刊誌・ゴシップ 雑誌 写真集
グルメ・料理 雑誌
レシピ 雑誌 グルメガイド・レストラン 雑誌 お酒(ワイン・日本酒など) 雑誌 栄養学・食育 雑誌 パン・スイーツ 雑誌
旅行・タウン情報 雑誌
京都・関西 雑誌 関東 雑誌 東京(TOKYO) 雑誌 九州 雑誌 東海 雑誌 東北 雑誌 北海道 雑誌 北陸・信越 雑誌 中国地方 雑誌 四国 雑誌 沖縄情報 雑誌 旅行情報誌 温泉 雑誌 リゾート・レジャー 雑誌 タイ・アジア 雑誌 ハワイ 雑誌 その他 海外情報 雑誌 鉄道・バス時刻表本 航空時刻表
アニメ・漫画 雑誌
少年コミック・漫画 少女コミック・漫画 青年コミック・漫画 レディース(女性)コミック アニメ 雑誌 声優 雑誌 comics&アメコミ ディズニー・キャラクター 雑誌 コスプレ 雑誌 BL(ボーイズラブ)コミック・雑誌
ペット・動物 雑誌
犬 雑誌 猫 雑誌 トリマー・ペット業界 雑誌 魚・熱帯魚 雑誌 昆虫 雑誌 ペットその他 雑誌
文芸・総合 雑誌
女性総合誌 男性総合誌 カルチャー・文化 雑誌 文芸誌・小説 雑誌 時事・社会 雑誌 機内誌 宗教 雑誌 歴史・史学 雑誌 思想・心理学 雑誌 俳句・短歌・詩 雑誌 占い・開運 雑誌 書道 雑誌
趣味・芸術 雑誌
デザイン・アート 雑誌 プラモデル・模型 雑誌 ガーデニング・園芸 雑誌 手芸・ハンドメイド 雑誌 パズル・クイズ 雑誌 ナンプレ・数独 雑誌 クロスワード・ナンクロ 雑誌 ミリタリー・サバゲー 雑誌 競馬・競輪・競艇 雑誌 オーディオ・ステレオ 雑誌 アウトドア・キャンプ 雑誌 カメラ・写真 雑誌 分冊百科・ワンテーママガジン 将棋・囲碁 雑誌 イラスト・グラフィックデザイン 雑誌 建築・住宅建築 雑誌 陶芸・骨董 雑誌 ラジオ・無線 雑誌 ゲーム 雑誌 フィギュア・ホビー 雑誌 DIY・工具 雑誌 パチンコ・パチスロ 雑誌 ハイキング・登山 雑誌 麻雀 雑誌
ヘアカタログ・美容 雑誌
メイク・ネイル 雑誌 フィットネス 雑誌 ヘアスタイル 雑誌 ヨガ 雑誌 美容専門誌 ダイエット 雑誌 アロマ 雑誌
看護・医学・医療 雑誌
ナース 雑誌 介護・福祉 雑誌 医療技術 雑誌 薬学 雑誌 臨床外科 雑誌 臨床内科 雑誌 医療時事 雑誌 歯科 雑誌 獣医学 雑誌 理学療法 雑誌 その他 医学雑誌
教育・語学 雑誌
その他 NHKテレビ・ラジオテキスト NHK語学テキスト 幼児教育 雑誌 小学生教育 雑誌 中学教育 雑誌 高校教育 雑誌 受験・留学 雑誌 試験問題集・資格 雑誌 日本語学習 教材 ハングル・韓国語学習 教材 中国語学習 教材 リスニング教材・語学CD 英語教育・英会話 教材 フランス語学習 教材 ドイツ語学習 教材 スペイン語学習 教材 その他 語学雑誌 教員・教師 雑誌 通信・教育講座
テクノロジー・科学 雑誌
宇宙・天文 雑誌 機械 雑誌 化学 雑誌 情報処理 雑誌 地球科学・環境問題 雑誌 生物・生物学 雑誌 数学・物理 雑誌
パソコン・PC 雑誌
コンピューター・自作PC 雑誌 ネットワーク・セキュリティ 雑誌 Webデザイン・プログラミング 雑誌 DTP・グラフィック 雑誌 アプリ・スマホ 雑誌 インターネット 雑誌 Mac・マック 雑誌
新聞・業界紙
英字新聞 業界新聞・専門紙 新聞縮刷版 切り抜き・クリッピングマガジン 全国紙(新聞) 中国語 新聞・業界紙 地方紙(新聞)
洋(海外)雑誌
English newspaper Science&Nature Magazines Language&Education Magazines Money&Business& Magazines Fashion&Style Magazines others Design&Architecture Magazines Hobby&Entertainment Magazines Home&Interior Magazines Computers&Electronics Magazines バイリンガルマガジン・雑誌
中国雑誌
中国 ビジネス・経済 雑誌 中国 旅行・タウン情報 雑誌 中国 趣味・芸術 雑誌 中国 看護・医学 ・医療 雑誌 中国 文芸・総合 雑誌 中国 教育・語学 雑誌 中国 テクノロジー・科学 雑誌 中国 スポーツ 雑誌 中国 ファッション 雑誌 高等文化院校学報 高等理工学院学報 中国 バイク・車・乗り物 雑誌 中国 健康・生活 雑誌 中国 学生・こども向け 雑誌
その他
その他 雑誌