BIOINDUSTRY(バイオインダストリー) 発売日・バックナンバー

全149件中 76 〜 90 件を表示
4,950円
【特集】 安心・安全を目指した微生物農薬の開発と応用
-------------------------------------------------------------------------------

特集にあたって

--------------------------------------------------------------------------------
国見裕久(東京農工大学 大学院農学研究院 研究院長・教授)



--------------------------------------------------------------------------------

微生物農薬使用の現況と将来展望
Current State and Future Prospect for Microbial-Pesticides

--------------------------------------------------------------------------------
有江力(東京農工大学 大学院農学研究院 教授)
国見裕久(東京農工大学 大学院農学研究院 研究院長・教授)

微生物農薬は安全な農産物を生産し消費者に安心感を与えること,植物保護による環境負荷を低減すること等を目的に利用が進められているが,農薬全体に占める割合はまだとても小さい。2008年度には,生物殺虫剤は約160トン,20億円弱を出荷,微生物殺菌剤はこの約半量である。本稿では,微生物殺虫剤,微生物殺菌剤,微生物除草剤それぞれの現況と将来展望について概説する。

【目次】
1. はじめに
2. 天敵微生物による害虫防除
2.1 世界での利用の現状
2.2 日本での利用の現状と展望
3. 微生物を成分とする殺菌剤
3.1 世界での利用の現状
3.2 日本での利用の現状と展望
(1) 効果が安定しない
(2) 保存安定性
(3) 価格
4. 微生物除草剤


--------------------------------------------------------------------------------

日本における微生物殺菌剤の開発
Development of Microbial Fungicide in Japan

--------------------------------------------------------------------------------
伊豆進(出光興産(株) アグリバイオ事業部 部長付)

近年,安全性が高く環境負荷の小さな微生物農薬の実用化に向けた開発が活発化してきている。化学農薬と異なり,生きた微生物を有効成分とするため,その実用化にあたっては一般的な農薬の開発とは似て非なる課題解決が求められる。本稿ではBacillus subtilis剤とTalaromyces flavus剤の開発事例を中心に紹介しながら,微生物殺菌剤開発の現状とその将来像について述べる。

【目次】
1. はじめに
2. 微生物殺菌剤開発の歴史と現状
3. 微生物殺菌剤の特徴と課題
4. 開発と応用事例
4.1 Bacillus subtilis剤
4.2 Talaromyces flavus剤
5. 微生物殺菌剤の今後
6. おわりに


--------------------------------------------------------------------------------

微生物農薬を利用した土壌病害防除の展望
Control of the Soil Borne Deseases useing Bio-pesticide

--------------------------------------------------------------------------------
相野公孝(兵庫県立農林水産技術総合センター 環境・病害虫部 研究主幹)

微生物を用いた土壌病害の防除に内生細菌が原体である生物農薬の登録がされている。作物の抵抗性誘導や有用菌の抗菌活性物質など複数のメカニズムにより効果を発揮する。しかし,圃場の病原菌密度が高まるとその効果が低下する現象があり,経済面からの技術の実用性や補助技術と組み合わせながら「いかにうまくきかす技術」を考察した。

【目次】
1. はじめに
2. 内生細菌製剤の特性と最新登録情報
3. 内生細菌の病害防除メカニズム
4. 経済面から見た生物防除(シュードモナス フルオレッセンス剤を使用した場合)
5. 微生物防除資材と組み合わせ技術の併用効果
5.1 露地型太陽熱利用土壌消毒との併用効果
5.2 土壌くん蒸剤との併用効果
6. おわりに


--------------------------------------------------------------------------------

細胞融合を利用した新規微生物農薬の開発
Development of New Fungal Insecticide Strains using Protoplast Fusion

--------------------------------------------------------------------------------
小池正徳(帯広畜産大学 畜産学部 地域環境学部門 教授)
相内大吾(帯広畜産大学 原虫病研究センター GCOE特任助教)

新規微生物資材を開発するため,昆虫寄生性Lecanicillium属菌の細胞融合を実施した。融合株の中には,親株の特性(アブラムシ類に対する病原性,コナジラミ類に対する病原性,葉面生存力)を合わせ持っている系統や,親株にはない特性(ダイズシストセンチュウ寄生性)を持った系統が新たに生じた。本稿では,昆虫寄生性菌類の育種について概説し,合わせて筆者らが開発した有望な系統について解説する。

【目次】
1. はじめに
2. 昆虫寄生性菌類の育種
3. Lecanicillium属菌の細胞融合
4. Lecanicillium属菌融合株の特性
5. 生物的防除資材としてのLecanicillium属菌融合株
5.1 微小害虫に対するLecanicilliun属菌融合株
5.2 ダイズシストセンチュウに対するLecanicillium融合株
6. おわりに


--------------------------------------------------------------------------------

植物病原菌を弱毒化するマイコウイルスを利用した微生物防除資材の開発
Development of Mycoviruses Causing Hypovirulence to Phytopathogen as Biocontroller

--------------------------------------------------------------------------------
森山裕充(東京農工大学 大学院農学府研究院 生物制御科学専攻 講師)

植物病原菌に感染するマイコウイルスの中には,宿主菌の生育を抑制し,その病原性を著しく低下させるなど弱毒化の要因となるものの存在が知られている。本稿ではこれらのうち,イネに重大な被害をもたらすイネいもち病菌を弱毒化するマイコウイルスと,野菜や果樹などの病原菌であるアルタナリア・アルタナータ菌に生育阻害をもたらすマイコウイルスに関する知見と,その微生物防除資材としての展望について解説する。

【目次】
1. はじめに
2. アルタナリア・アルタナータ菌の生育を阻害する新規マイコウイルス
3. イネいもち病菌の生育を抑制する新規マイコウイルス
4. おわりに


--------------------------------------------------------------------------------

BIO R&D

--------------------------------------------------------------------------------

植物由来弾性ゲルの開発と応用
Development of Elastic Gel Derived from Plant and Its Application

--------------------------------------------------------------------------------
瀧上眞知子((財)群馬県産業支援機構 群馬県地域結集型研究開発プログラム コア研究室 研究員)
前原康延(富岡総合病院 放射線科 主任医長)
長澤尚胤((独)日本原子力研究開発機構 量子ビーム応用研究部門 環境・産業応用研究開発ユニット 副研究主幹)

植物由来の水溶性高分子であるカルボキシメチルセルロース(CMC)と酸からゲルを作る方法を開発した。このゲルには弾力性,柔軟性,吸水性がある。CMCと酸の組み合わせを変えることにより,様々な特性をもつゲルを作成することができる。ゲルの特性を生かした磁気共鳴固定具への応用例を紹介する。

【目次】
1. はじめに
2. CMCと酸で作るゲル
3. ゲル形成のメカニズム
4. ゲル分率に影響を与える因子
5. ゲルの特性
6. ゲルの応用


--------------------------------------------------------------------------------

連載 メディカルバイオ・マネージメント:第1回

--------------------------------------------------------------------------------

これからのヘルスケア・マーケティング(1)―事業の再生と創成による持続的成長をめざす―

--------------------------------------------------------------------------------
目黒昭一郎(麗澤大学 経済学部;同大学 大学院国際経済研究科 教授)


【目次】
1. はじめに
2. 「事業の本質」とマーケティング
3. わが国のヘルスケア・ビジネスの現状
3.1 ヘルスケアの領域は,さまざまな関連領域にそれぞれ固有の役割を担う多様な活動主体(関係者)が存在していること
3.2 ヘルスケア領域における企業の事業展開は,伝統的なマーケティングの枠組みに固定され,産業レベルでも,企業レベルでも,ダイナミックな変革や変容(transformation)が見受けられないこと
3.3 生活者の視点から,より効果的で効率的なヘルスケア・システムを創成するという変革へのエンジン役を担うのは企業である,という気概や志(アンビション)が企業そのものに欠落していること
4. マーケティング・パラダイムの変化
4.1 「カスタマー・フォーカス(customer-focus:顧客の視点に立ってすべての意思決定をすること)」を原点とするヘルスケア・ビジネスの戦略発想が生まれていること
4.2 情報技術の急速な進歩と高度化によって,ヘルスケアに関連する情報/知識・製品・サービスの個人化(personalization)を実現していること
4.3 ビジョンの設定によって,新たな市場空間を定義し,個々の顧客に対する多様な情報/知識・製品・サービスを一元的に提供するために,従来の産業の壁を超えて,さまざまな産業の企業や機関の事業とのパートナリングを構築することによって,新しい事業空間を創りあげていること
5. 新規事業開発の発想の基本的枠組み
5.1 ギャップ・フィリング(gap-filling)の発想
5.2 「消費者」から「生活者」へ発想の転換
5.3 「事業の定義」の発想

コラム〔1〕 「健康」とは
コラム〔2〕 「ヘルスケア」の使命
コラム〔3〕 「生活者」の概念


--------------------------------------------------------------------------------

BIO BUSINESS

--------------------------------------------------------------------------------

抗肥満食品の市場
Market of Antiobesitic Foods

--------------------------------------------------------------------------------
【目次】
1. 概要
2. 抗メタボ用食品とその素材
3. 代表的な抗メタボ食品素材とメーカー
3.1 コレステロール関連素材
3.2 血圧関連素材
3.3 血糖値関連素材
3.4 血中中性脂肪,体脂肪関連素材
3.5 その他の注目される機能性食品素材


--------------------------------------------------------------------------------

BIO PRODUCTS

--------------------------------------------------------------------------------

L-シトルリン
(L-Citrulline)

--------------------------------------------------------------------------------
【目次】
1. 概要
2. 製法
2.1 発酵法
2.2 合成法
3. 生産動向
4. 需要動向
5. 価格





--------------------------------------------------------------------------------
4,950円
【特集1―アカデミア発 バイオ化粧品素材の開発】
--------------------------------------------------------------------------------

特集にあたって

--------------------------------------------------------------------------------
室伏きみ子(お茶の水女子大学 大学院人間文化創成科学研究科 教授)




--------------------------------------------------------------------------------

リン脂質メディエーター・環状ホスファチジン酸(cPA)に基づくバイオ化粧品の開発
Development of Bio-cosmetics involving Phospholipid Mediator,Cyclic Phosphatidic Acid(cPA)

--------------------------------------------------------------------------------
室伏きみ子(お茶の水女子大学 大学院人間文化創成科学研究科 教授)

自然派化粧品の開発が活発化している状況下で,筆者は,日油(株)筑波研究所の田中信治氏との共同研究で,皮膚の老化に関わる細胞外マトリックスを中心とした物質代謝の改善技術を構築するための研究を進めてきた。そして,細胞膜脂質から生成される脂質メディエーター・環状ホスファチジン酸(cyclic phosphatidic acid;cPA)に注目して,それが皮膚の水分制御と弾力性の制御にはたらくことを明らかにし,機能性化粧品素材として利用するための開発を行って来た。cPAは最初,真性(真正)粘菌Physarum polycephalumから筆者によって見出されたもので,真核細胞の種々の機能制御にはたらく,単純な構造を持つリン脂質である。本稿では,cPAの生体内での存在と様々な生理活性,合成法,化粧品材料としての将来性について概説する。

【目次】
1. はじめに
2. cPAの生体における存在と生理活性
3. cPAの製造法
4. 化粧品材料としてのcPAの優れた性質
4.1 cPAによる高分子量ヒアルロン酸(HA)産生誘導と蓄積
4.2 cPAによるアクアポリン産生促進
4.3 cPAによるセラミドの蓄積とトランスグルタミナーゼの発現促進
4.4 真皮モデルの収縮と細胞接着への効果
4.5 毛穴引き締め試験としわの改善試験
5. cPA配合化粧品とその将来性


--------------------------------------------------------------------------------

北海道の自然と科学から生まれた化粧品「北花」
Noble Cosmetics‘KITA-HANA’Developed by Advanced Collaborative Research in Hokkaido

--------------------------------------------------------------------------------
須藤秀紹(室蘭工業大学 大学院工学研究科 もの創造系領域 准教授)
小北麻記子(北海道教育大学 美術コース 講師)
田中順三(東京工業大学 理工学研究科 教授)
野嵜龍介(北海道大学 大学院理学研究院 准教授)
城野理佳子(北海道大学 産学連携本部 産学連携マネージャー)
魚住超(室蘭工業大学 大学院工学研究科 もの創造系領域 准教授)

北海道の広大な大地と海には豊かな天然資源が存在し,多くの研究者とバイオ・化粧品関連企業が協力してその資源の有効活用に取り組んでいる。5年前,北海道内の企業3社と4大学(北大・室工大・北海道教育大・東工大)が,道産資源を用いた新規化粧品の開発と,そのブランド化を目指す挑戦的な研究開発を開始した。素材として,北海道の地下を流れる「伏流水」と道の花である「ハマナス」に着目している。伏流水として道内の12か所の水を採取し,誘電分光法により水分子のダイナミックスを測定し,同時に感性工学により各地域の属性・地質を解析して,伏流水のもつ付加価値の総合的な理解に基づいて水資源を選択している。さらに,ハマナスの花酵母と果実からエキスを抽出し,化学的・物理的分析を行った後,多くの道産資源を最適調合して新しい化粧品の作製に成功している。商品のデザインは感性工学により行い,北海道らしいイメージと高級感をあわせもった美容液「北花エッセンス」を製造し,現在「合同会社ノースラボ」から限定販売するに至っている。

【目次】
1. はじめに
2. 感性工学によるデザイン設計
2.1 容器の選定
2.2 感性工学とマーケティングを踏まえたデザイン・ワーク―ブランドロゴタイプ,ボトル本体へのグラフィック,パッケージ―
3. 誘電分光を応用した北海道の天然水と化粧品の分析
3.1 複素誘電率と誘電分光
3.2 水素結合性液体の誘電分散
3.3 水系試料の誘電分散のポイント
3.4 道内水資源に関する調査
3.5 化粧品(化粧水)の誘電分光測定
4. 化粧品の中に存在するナノ粒子
4.1 化粧水のナノ粒子の大きさと分散性の評価
4.2 美容液の粒子径と分散性
5. 今後の取り組み
6. おわりに


--------------------------------------------------------------------------------

ビタミンEのパラダイムシフトとアンチエイジング化粧品
Cosmetics from Vitamin E Paradigm Shift

--------------------------------------------------------------------------------
松永和久(福岡大学 薬学部 創剤学教室 准教授)
長田(赤穂)菜美(福岡大学 薬学部 創剤学教室 助教)
髙田二郎(福岡大学 薬学部 創剤学教室 教授;(株)ペンタ ラボール 社外取締役)

8種のビタミンE同族体のうちγ-トコフェロール(γ-Toc)に注目し,薬物送達の問題を克服できるプロドラッグ(γ-TDMG)を開発した。γ-TDMGは皮膚中にγ-Tocを効率よく送達し,紫外線による皮膚細胞障害や炎症の抑制,活性窒素種生成抑制,色素沈着抑制作用等を有する優れた機能性化粧品原料である。

【目次】
1. はじめに
2. γ-TDMGの皮膚中への浸透性とγ-Tocへの再変換性評価
3. 紫外線による皮膚細胞障害に対するγ-TDMGの抑制効果
4. 皮膚脂質過酸化に対するγ-TDMGの抑制効果
5. 紫外線による炎症に対するγ-TDMGの抗炎症効果
6. γ-TDMGの活性窒素種生成抑制効果
7. γ-TDMGのメラニン生成抑制効果
8. おわりに


--------------------------------------------------------------------------------

沖縄産長命草を用いたアンチエイジング化粧品の開発
The Development of Anti-aging Cosmetic using Choumeiso of Okinawa

--------------------------------------------------------------------------------
濱田博喜(岡山理科大学 理学部 臨床生命科学科 教授)

沖縄産長命草を用いてアンチエイジング化粧品セットを開発した。また,同様にアンチエイジング化粧品として,飲める化粧品ドリンクも開発した。本稿では,これらの化粧品としての機能性解明や有効成分解明に関して報告し,今後,新たに生まれるアンチエイジング化粧品に関して論じる。

【目次】
1. はじめに
2. サクナ化粧品の開発
3. 飲める化粧品「美オーネ」の開発
4. 当研究室の新規な化粧品素材開発
5. おわりに


--------------------------------------------------------------------------------

【特集2―バイオ化粧品素材の機能性評価法】

--------------------------------------------------------------------------------

タチバナ果皮抽出物のメラニン産生抑制作用
Suppression of Melanin Production by Citrus tachibana Peel Extract

--------------------------------------------------------------------------------
橋爪論(日油(株) 筑波研究所 第一研究室)
林伸二(日油(株) 油化学研究所 HB研究G)

タチバナの果皮から抽出した成分に強い美白作用があることを見出した。有効成分を精製して構造解析を行った結果,ノビレチンとタンゲレチンという2種のポリメトキシフラボンであることがわかった。この2種の化合物は,ヒト由来メラノサイトに対してコウジ酸と同等以上の美白効果を発揮した。タチバナの果皮の抽出成分には抗酸化効果を持つフラボノイド類も含まれており,紫外線から細胞を保護する効果もある。

【目次】
1. はじめに
2. 天然素材のスクリーニング
3. タチバナ果皮抽出物のメラニン産生抑制効果および作用機序
3.1 メラニン産生抑制試験
3.2 チロシナーゼ生合成抑制試験
3.3 チロシナーゼ活性直接阻害試験
4. タチバナ果皮抽出物の有効成分の解析
4.1 タチバナ果皮抽出物の液-液分配
4.2 タチバナ果皮美白活性成分の精製・単離および構造解析
5. タンゲレチンおよびノビレチンの美白作用
6. 正常ヒト皮膚三次元モデルを用いた美白試験
7. ヒトによる美白効果試験
8. チンピエキスK65BTMの紫外線傷害保護作用
9. おわりに


--------------------------------------------------------------------------------

培養ヒト線維芽細胞―in vitro研究材料として―
Cultured Human Fibroblasts―Cells for Experimental studies in vitro―

--------------------------------------------------------------------------------
加治和彦(埼玉大学 理学部 非常勤講師)

線維芽細胞は生体内で組織の実質細胞が失われたとき,その間隙を埋める。この性質はin vitroでも保持され,極めて増殖能が高いので,種々の臓器の細胞の初代培養を行うと,しばしば線維芽細胞が増えてきてしまう。このように線維芽細胞は古くから馴染み深い(または厄介な)存在であるが,この細胞の秘められた能力はいまだ明らかにされていない。ここでは現在日本および世界で広く使用されているヒト線維芽細胞の諸性質について紹介する。特に,同一ボランティアから27年に渡って採取した皮膚線維芽細胞を精しく紹介する。外国人由来の3種を除き日本人由来の線維芽細胞は,すべて筆者および共同研究者が単離培養したものである。それらはいずれも十分量凍結保存されているので,使用希望に応じることができる。最後に筆者の初代培養の方法,細胞クローニングおよび無血清培養法を述べる。

【目次】
1. はじめに
2. ヒト線維芽細胞の培養系と老化
2.1 回数券型老化
2.2 回数券としてのテロメア
3. ヒト胎児肺線維芽細胞
3.1 TIG-1細胞
3.2 TIG-3細胞
3.3 TIG-7細胞
3.4 WI-38細胞,MRC-5細胞,IMR-90細胞
4. ヒト成人皮膚線維芽細胞
5. 個体の加齢と細胞老化研究を橋渡しする細胞系―ASF-4細胞系の樹立の目的と現在までの過程―
5.1 樹立の目的
5.2 これまでの結果と展望
6. ヒト線維芽細胞の分離と研究のための基本手技
6.1 ヒト成人皮膚真皮の線維芽細胞の初代培養―遊走法(out growth法)
6.2 線維芽細胞のクローニング
6.3 ヒト線維芽細胞の無血清培養
7. おわりに


--------------------------------------------------------------------------------

コラーゲンビトリゲル薄膜を用いた皮膚感作性試験法と化粧品への応用
Skin Sensitization Test Method using Collagen Vitrigel Membrane and its Application to Cosmetics

--------------------------------------------------------------------------------
内野正(国立医薬品食品衛生研究所 生活衛生化学部 第二室 主任研究官)
竹澤俊明((独)農業生物資源研究所 遺伝子組換え家畜研究センター 上級研究員)

非水溶性の物質やそれらを含む製剤も評価可能な,コラーゲンビトリゲル薄膜を培養担体とする3次元培養ヒト皮膚モデル(VG-KDF-Skin)を用いる皮膚感作性試験法を開発した。in vivo法との相関性を検討するとともに,化粧品安全性評価への応用を試みた。

【目次】
1. はじめに
2. コラーゲンビトリゲル薄膜の特徴と利活用
3. VG-KDF-Skinを用いた皮膚感作性評価法
3.1 VG-KDF-Skinを用いた皮膚感作性評価法プロトコール
4. VG-KDF-Skinを用いた皮膚感作性のin vitro評価法の化粧品への応用
5. 今後の課題


--------------------------------------------------------------------------------

BIO R&D

--------------------------------------------------------------------------------

焼成ドロマイト粉末の細菌に対する殺菌作用
Antibacterial Activity of Heated Dolomite Powder against Bacteria

--------------------------------------------------------------------------------
安江省吾(神奈川工科大学 大学院工学研究科 応用化学専攻 博士前期課程2年)
澤井淳(神奈川工科大学 応用バイオ科学部 准教授)
菊地幹夫(神奈川工科大学 応用バイオ科学部 教授)

ドロマイトは焼成処理を施すことにより抗菌活性を示す。焼成したドロマイトが細菌の栄養細胞および枯草菌芽胞に対して殺菌効果を示すことが分かった。焼成ドロマイトは食品添加物として認められており,環境中だけでなく,食品分野においても応用が期待されている。ここでは,焼成ドロマイトの殺菌作用および微生物制御への応用について概説する。

【目次】
1. はじめに
2. 焼成ドロマイトの抗菌活性
2.1 栄養細胞に対する抗菌活性
2.2 芽胞に対する抗菌活性
2.3 作用機構
3. ドロマイトの微生物制御への利用
4. おわりに


--------------------------------------------------------------------------------

連載 たまごバイオ(第9回)

--------------------------------------------------------------------------------

アニマルバイオとたまごバイオ

--------------------------------------------------------------------------------
結城惇((株)アニマルバイオ)

【目次】
1. 動物個体のバイオテクノロジー
2. 遺伝子移植法の進歩とニワトリ胚の再評価
3. バイオ操作技術の基本とニワトリの適性
4. 研究開発段階でのニワトリとマウスの比較
5. 事業化段階での宿主動物の比較(ウシ,ブタとの比較)
6. 形質改変動物の繁殖を必要としない技術の時代
7. おわりに


--------------------------------------------------------------------------------

BIO PRODUCTS

--------------------------------------------------------------------------------

グルタチオン
Glutathione

--------------------------------------------------------------------------------
【目次】
1. 概要
2. 製法
3. 生産動向
4. 需要動向
5. 価格




--------------------------------------------------------------------------------
4,950円
【特集】 ヒト幹細胞の産業応用―創薬・食品業界を例に―
--------------------------------------------------------------------------------

特集にあたって

--------------------------------------------------------------------------------
谷口英樹(横浜市立大学 大学院医学研究科 臓器再生医学 教授)




--------------------------------------------------------------------------------

ヒト細胞治療薬の開発と創薬支援技術
Development of Human Cell Therapy Products and New Technology using Human Cells for Evaluation of Safety and Efficacy

--------------------------------------------------------------------------------
山口照英(国立医薬品食品衛生研究所 生物薬品部 部長)

画期的な医療技術として注目されている再生医療・細胞治療は,様々な難病や致死的疾患の治療に有用な治療手段になると期待されている。本稿では,主として薬事法のもとでのヒト幹細胞等を用いた細胞治療薬の開発において求められる要件と,これらのヒト幹細胞等を用いた創薬支援技術への応用について概説する。

【目次】
1. はじめに
2. 再生医療・細胞治療
3. ヒト細胞治療薬の開発と求められる要件
3.1 ヒト細胞治療薬のウイルス安全性
3.2 製法工程開発と恒常性評価
3.3 加工した細胞の特性解析
3.4 細胞治療薬の非臨床安全性試験
3.5 細胞治療薬の効能または性能を裏付ける試験
4. ヒト幹細胞等を用いた創薬支援技術開発
4.1 想定される創薬支援技術
4.2 ヒト幹細胞等を用いた病態モデル開発
5. おわりに


--------------------------------------------------------------------------------

わが国におけるヒト臓器・組織・細胞を用いた医薬品開発研究の抱える問題
The Practical Application of Research and Development in the Pharmaceutical Industry using Human Biomaterials in Japan

--------------------------------------------------------------------------------
鈴木聡(特定非営利活動法人HAB研究機構 附属研究所 主任研究員)

ワクチンや人型タンパク質,そして分子標的薬など近年開発された医薬品はヒト組織・細胞を利用して創製されている。がん細胞に発現している特定のタンパク質を標的とする分子標的薬が次々と開発されているが,わが国はこの分野で大きく遅れをとっている。優れた医薬品を開発するためにはヒト臓器・組織・細胞を用いねばならず,法律・インフラ整備が早急に行われなければならない。

【目次】
1. はじめに
2. バイオ医薬品の開発とヒト肝細胞研究
2.1 ワクチン
2.2 ヒト型タンパク質
2.3 分子標的薬
2.4 肝細胞の開発研究での必要性と欧米の供給体制
3. 問題と今後の課題
3.1 法律の整備と研究振興
3.2 市民への情報発信


--------------------------------------------------------------------------------

ヒト組織幹細胞の創薬産業への応用
Application of Human Somatic Stem Cells to the Bio-industry

--------------------------------------------------------------------------------
谷口英樹(横浜市立大学 大学院医学研究科 臓器再生医学 教授)

【目次】
1. はじめに
2. 肝臓における組織幹細胞の分離
3. ヒト肝幹細胞の分離・同定
4. ヒト組織幹細胞の産業利用
5. おわりに


--------------------------------------------------------------------------------

多能性幹細胞を用いた創薬技術
Pluripotent Stem Cell Derived Functional Cell-based Assay Technology in Drug Development

--------------------------------------------------------------------------------
淺井康行((株)リプロセル 取締役CTO)
饗庭一博(NPO法人幹細胞創薬研究所 主任研究員)
中辻憲夫(京都大学 物質-細胞統合システム拠点(iCeMS) 拠点長;京都大学 再生医科学研究所 発生分化研究分野 教授(幹細胞医学研究センター長))

多能性幹細胞由来機能細胞の有用性を示すデータは多いが,産業利用するためには,効率の上昇や再現性の改善を行う必要がある。ただ,現在創薬研究に根付いている方法論も,提唱当時には同じ課題を抱えていて,それを研究者があるときは競争し,またあるときは共創して克服してきた。多能性幹細胞の創薬応用においてもまだ始まったばかりである。多くの研究者の努力と工夫により,進歩を遂げて創薬研究になくてはならない根幹技術となるであろう。

【目次】
1. はじめに
2. 創薬研究における幹細胞の必要性
3. 多能性幹細胞由来のモデル細胞を用いた創薬研究
3.1 心筋細胞
3.1.1 心筋と心電図QT延長
3.1.2 薬剤誘発性QT延長スクリーニング系への応用
3.1.3 多能性幹細胞の創薬研究への産業化例―QT延長アッセイ系QTempo
3.2 神経細胞
3.2.1 神経変性疾患の創薬研究のための疾患モデル細胞
3.2.2 多能性幹細胞から機能的な分化細胞への分化誘導系の確立
3.2.3 疾患モデル細胞作成のための疾患特異的多能性幹細胞
3.3 遺伝子加工によって作成される疾患特異的多能性幹細胞
3.3.1 ゲノム部位特異的遺伝子挿入法
3.3.2 神経変性疾患モデル細胞
4. おわりに


--------------------------------------------------------------------------------

ヒト腸管上皮細胞を用いた食品機能・安全性評価
The Evaluation of Food Function and Safety using Human Intestinal Epithelial Cells

--------------------------------------------------------------------------------
薩秀夫(東京大学 大学院農学生命科学研究科 助教)
清水誠(東京大学 大学院農学生命科学研究科 教授)

腸管上皮細胞は消化管の最前線に位置し,外界と生体内を隔てる場かつやりとりする場として極めて重要である。本稿では,腸管上皮細胞における食品成分の吸収・透過評価,および腸管上皮細胞の様々な生理機能(栄養素吸収,免疫系,解毒排出系)に対する食品成分の機能性・安全性評価について,主としてヒト腸管上皮モデル細胞株を用いた研究例を紹介する。

【目次】
1. はじめに
2. ヒト腸管上皮細胞を用いた食品成分の腸管上皮細胞透過機構評価
3. 腸管上皮トランスポーターに対する食品成分の作用評価
4. 腸管上皮細胞が産生するサイトカインに対する食品成分の作用評価
5. ヒト腸管上皮細胞と免疫系細胞との複合培養系を用いた食品成分の機能性評価
6. ヒト腸管上皮受容体型転写因子に対する食品成分の作用評価
7. ヒト腸管上皮細胞を用いた食品中に混入する有害物質に対する安全性評価
8. おわりに


--------------------------------------------------------------------------------

ヒト肝細胞を用いた食品機能・安全性評価
Development of Human Hepatocyte Culturing System for Food Functionality and Food Safety

--------------------------------------------------------------------------------
日下部守昭(東京大学 大学院農学生命科学研究科 食の安全研究センター 先端技術開発研究室 特任教授)

食品管理モニタリングは,食の流通のグローバル化に伴いその必要性が注目されている。現在,残留農薬,食物毒素,微生物,環境汚染物質,残留動物薬品など食品に含まれる多くの危害因子に対する基準は,実験動物を用いた検査法によって設定されている。しかしながら,筆者らは,ヒトの寿命を比較した場合,たとえ基準以下の低用量の摂取でも長期に渡る摂取が,体質を変化させ,がんがプロモーションされるリスクを持っていると考えている。そのため,健康食品などに含まれる有効成分やカビ毒などの健康危害物質の生体影響リスクを広汎に評価する培養ヒト肝細胞システムの開発を目指している。本稿では,筆者らが開発中の三次元肝組織培養法について紹介する。

【目次】
1. はじめに
2. 食の安全・安心への取り組みと健康食品
3. 生体肝臓の構造・機能を維持する仕組みと肝細胞培養への応用
4. 培養下で正常な肝機能を発揮させるための要件とは?
5. 肝細胞機能発現に必要な肝臓の分子背景
6. シルクフィブロインスポンジ(SFS)を用いた3次元培養システムの開発
7. おわりに


--------------------------------------------------------------------------------

ヒト幹細胞の産業応用における法と指針
Compliance in Industrial Use of Human Stem Cells

--------------------------------------------------------------------------------
絵野沢伸(国立成育医療研究センター 臨床研究センター 先端医療開発室 室長;東京医科大学 外科学第三講座 客員教授)

幹細胞生物学の応用分野である再生医療は単に新しい医療としてだけでなく,産業の新規発展分野としても期待されている。しかしながら,未知の領域が多く,また研究開発の初期段階から人を対象とすることから,開発には慎重さが求められる。遵守事項は法や指針として規定されており,もし違反すると刑事罰,行政指導,社会的制裁などを受け,最悪の場合,開発中止を余儀なくされかねない。本稿では,規制理解の一助になるようにわが国における法や指針の大枠を概説する。

【目次】
1. はじめに―なぜ再生医療研究に慎重を期するのか
2. 医療として認知されるまでの2つのルート
3. 医学研究に関わる法と指針と再生医療研究との関係
3.1 基礎研究段階に関わる法,指針
3.2 遺伝子組換え生物に関する規制との関係
3.3 再生医療の臨床研究段階に関わる法,指針
3.4 ヒトiPS細胞に関わる法,指針
4. 知っておくべきしくみ,ことばについて
4.1 倫理審査委員会
4.2 介入研究と観察研究
4.3 個人情報と匿名化
4.4 医師主導の治験
5. 審査,許認可を成功させるには―おわりにかえて―


--------------------------------------------------------------------------------

BIO R&D

--------------------------------------------------------------------------------

放射光円二色性分光法による蛋白質の溶液構造解析と医薬分野への応用
Analysis of Protein Solution Structures by Synchrotron Radiation Circular Dichroism Spectroscopy and Application to Medical Fields

--------------------------------------------------------------------------------
松尾光一(広島大学 放射光科学研究センター 日本学術振興会特別研究員)
月向邦彦(広島大学 大学院理学研究科 特任教授)
生天目博文(広島大学 放射光科学研究センター 教授)
谷口雅樹(広島大学 放射光科学研究センター 教授)

近年,生命現象に関わる新規蛋白質が次々と発見されているが,X線結晶学や核磁気共鳴法では構造解析が困難なものが多く,その機能が未解明のまま残されている。本稿では,このような構造未知蛋白質の溶液構造を高精度で解析できる放射光円二色性分光法について紹介し,最新のバイオインフォマティクス技術を組み合わせることで明らかになった蛋白質の変性構造や,糖蛋白質と生体膜の相互作用機構について述べる。

【目次】
1. はじめに
2. 真空紫外円二色性による蛋白質の構造解析
2.1 蛋白質のVUVCDスペクトル
2.2 VUVCDによる二次構造含量と本数の解析
2.3 VUVCDによるアミノ酸配列レベルでの二次構造部位予測
3. 真空紫外円二色性による非天然蛋白質の構造解析
3.1 変性蛋白質
3.2 生体膜と相互作用した蛋白質
4. おわりに


--------------------------------------------------------------------------------

廃棄性サケ白子DNAの有効活用によるDNAプロテクターの創製
Development of the UV Protector with Discarded Salmon Milt DNA

--------------------------------------------------------------------------------
佐々木義晴((株)ファイン 開発課 主任研究員;甲南大学 先端生命工学研究所(FIBER) 特別研究員)
杉本直己(甲南大学 先端生命工学研究所(FIBER) 所長;同大学 フロンティアサイエンス学部(FIRST) 教授・学部長)

紫外線による皮膚やDNAへの損傷を防ぐために,ベンゾフェノン系化合物,酸化チタン,酸化亜鉛などの紫外線防止剤が広く使用されているが,近年,その生体や環境に対する安全性が問題となっている。一方,食用DNAとしての利用も検討されているサケ白子の大部分は産業廃棄物として破棄されるため,新たな用途の開拓が切望されている。本稿では,サケ白子DNAを紫外線防止剤としての新たなツールとして提案し,独自の方法によって開発したDNAプロテクターについて,その研究状況と成果を紹介する。

【目次】
1. はじめに
2. 紫外線防御剤としてのDNAの活用
3. 紫外線照射サケ白子DNAのUVB防御能
4. 紫外線照射サケ白子DNAのUVA防御能
5. 紫外線照射サケ白子DNAの機能
5.1 抗酸化活性の向上
5.2 美白効果の向上
6. おわりに





--------------------------------------------------------------------------------
4,950円
【特集】 微細藻類を用いた炭化水素燃料生産技術
--------------------------------------------------------------------------------

特集にあたって

--------------------------------------------------------------------------------
冨田勝(慶應義塾大学 先端生命科学研究所 教授)




--------------------------------------------------------------------------------

海洋微細藻類の工学的応用とエネルギー資源の可能性
Industrial Application of Marine Microalgae and their Potential for Bioenergy

--------------------------------------------------------------------------------
竹山春子(早稲田大学 理工学術院 先進理工学部 生命医科学科 教授)
松本光史(電源開発(株) 技術開発センター 若林研究所 バイオ研究室 主任研究員)

【目次】
1. はじめに
2. 海洋微細藻類による二酸化炭素の有用物質への変換
2.1 高度不飽和脂肪酸の生産
2.2 UV-A吸収物質
3. 海洋微細藻類を利用したバイオエネルギー生産
3.1 海洋微細藻類を利用したエタノール生産
3.2 海洋微細藻類を用いたバイオディーゼル燃料生産
3.2.1 高油分蓄積海洋微細藻類の獲得
3.2.2 Navicula sp.JPCC DA0580株のオイル成分
3.2.3 Navicula sp.JPCC DA0580株のオイル生産およびCO2固定量試算
3.3 微細藻類のポテンシャルについて
4. おわりに


--------------------------------------------------------------------------------

オイル産生微細藻における脂質蓄積機構の解明にむけて
Investigation of the Mechanism for Lipid Accumulation in Oil-rich Microalgae

--------------------------------------------------------------------------------
田中美穂(慶應義塾大学 環境情報学部 先端生命科学研究所)
伊藤卓朗(慶應義塾大学 先端生命科学研究所 研究員)
冨田勝(慶應義塾大学 先端生命科学研究所 教授)

オイルを蓄積する微細藻類は,次世代バイオ燃料の原料として期待されている。筆者らは,新たなオイル産生藻を探索するとともに,脂質蓄積や環境応答などの生理メカニズムを解明し,培養の効率化や高オイル産生株の開発を行うことで,藻類由来バイオ燃料生産の早期実用化が可能になると考える。本稿では,これらの実験手法と研究戦略について解説する。

【目次】
1. はじめに
2. 新規オイル産生微細藻
3. 環境ストレス応答と脂質蓄積
4. 代謝
5. メタボローム解析
6. おわりに


--------------------------------------------------------------------------------

バイオ燃料生産に適した微細藻類を見つけて増やす
Search and Cultivation of Microalgae Suitable for Biofuel Production

--------------------------------------------------------------------------------
藏野憲秀((株)デンソー 基礎研究所 先端材料研究4室 主幹)

海外に目を向けると,すでにalgae-based biofuel分野は多くの研究資金を獲得しているのに比べて,国内での動きは鈍い。本稿では,資源そのものについては小国だが生物資源の多様性では引けを取らない我が国において,世界の動きにキャッチアップし,その先をいくための生物資源の活かし方,すなわち微細藻類探索の具体的方法論を紹介する。

【目次】
1. はじめに:algae-based biofuel今昔
2. 探索
2.1 アメリカの例
2.2 国内の例
2.3 狙うべき特性
2.4 収集の実際
3. 単離法
4. 油分含有株の選抜
5. 培地の問題
5.1 どんな培地を使うか
5.2 培地組成の最適化
6. おわりに


--------------------------------------------------------------------------------

バイオマスエネルギーとしての微細藻類とそのビジネスの全体像
Business Environment and Recent Technologies of Microalgae as Biomass Energy Source

--------------------------------------------------------------------------------
中原剣((株)ネオ・モルガン研究所 事業開発部 マネージャー)
藤田朋宏((株)ネオ・モルガン研究所 代表取締役社長)

エネルギー分野での利用を中心に近年注目をあびている微細藻類は,既に投資家から多額の資金を集めている一方で,そのビジネスモデルの全貌は明らかになっていない。本稿では,微細藻類という古くて新しいバイオマス資源について,ビジネスの視点で世界的な現状をまとめ,世界で伍して戦っていくための当社の戦略を記した。

【目次】
1. はじめに
2. 微細藻類のバイオマスエネルギー利用の流れ
3. 米国の代表的な微細藻類ベンチャー
(1) Solazyme
(2) Sapphire Energy
(3) Synthetic Genomics
(4) Algenol
(5) GreenFuel
4. 米国微細藻類ベンチャーへの投資傾向
5. バリューチェーンの要となる微細藻類
6. 米国ベンチャーの微細藻類の品種改良戦略
7. 古くて新しい育種という概念
8. NMLの育種技術の特徴
9. 微細藻類ビジネスの確立
10. おわりに


--------------------------------------------------------------------------------

微細藻類からの炭化水素の効率的回収
Efficient Recovery of Hydrocarbons from Microalgae

--------------------------------------------------------------------------------
横山伸也((元)東京大学 大学院農学生命科学研究科 生物環境工学専攻 教授)

微細藻類は次世代のバイオ燃料として注目されている。微細藻類には石油に近い炭化水素や脂肪酸を含むものもあるが,実用化するためにはこれらの成分を効率的に抽出・分離する必要がある。しかし,現状ではこの抽出・分離操作による回収技術には問題が多く実用化の妨げになっている。ここでは,筆者らが開発してきた300℃前後の高温水熱処理によるオイル生産技術と,100℃以下での低温水熱処理による炭化水素の効率的な回収技術を紹介する。

【目次】
1. はじめに
2. 水熱反応の概要
3. 藻体の高温水熱処理
3.1 ボツリオコッカスの高温水熱処理
3.2 ドナリエラの高温水熱処理
4. 高温水熱処理の課題
5. 藻体の低温水熱処理
6. エネルギー収支
7. おわりに


--------------------------------------------------------------------------------

微細藻類からバイオ燃料油の製造
On the Processing of Bio-fuel Oil from Microalgae

--------------------------------------------------------------------------------
前川孝昭((株)筑波バイオテック研究所 代表取締役;筑波大学 名誉教授)

微細藻類に含まれる脂質の特性および細胞の持つ良質のアミノ酸組成を有するタンパク質を考慮して,今後,燃料油および食料として確保すべきものと考えると,燃料油の製造では熱分解による直接法は採用しがたい。人口増加が目前に迫っている世界に対して,提供できるインフラは生産性の高い微細藻類の持つタンパク質の確保と脂質から燃料油を製造するシステムであり,エタノールによる抽出プロセスを置くことが得策である。また,微細藻類の脂質は遊離脂肪酸を多く含むことから,前処理を施すことによって高品質のBDFを製造できる目処がついた。残る問題は,中小規模(3,000~3万kl/年)の炭化水素製造装置の開発であり,このコストは水素の価格に左右される。

【目次】
1. はじめに
2. 藻類の生産性と特質
2.1 微細藻類生産の特質
2.2 微細藻類生産のポテンシャル
(1) 光合成の化学量論
2.3 CO2排出権取引
3. 微細藻類油脂の炭化水素化への問題点
3.1 微細藻類の油脂の特徴
3.2 プロセス形成
(1) 直接法
(2) 抽出法
3.3 BDFに求められる特性
3.4 NExBTL法
3.5 接触分解
3.6 水素化分解
4. おわりに


--------------------------------------------------------------------------------

BIO R&D

--------------------------------------------------------------------------------

無細胞タンパク質合成系を活用した膜タンパク質合成法の開発
Development of Cell-free Protein Synthesis System for Production of Membrane Proteins

--------------------------------------------------------------------------------
下野和実((独)理化学研究所 横浜研究所 生命分子システム基盤研究領域(SSBC) 客員研究員;松山大学 薬学部 薬剤学研究室 助教)
白水美香子((独)理化学研究所 横浜研究所 生命分子システム基盤研究領域(SSBC) 上級研究員)
横山茂之((独)理化学研究所 横浜研究所 生命分子システム基盤研究領域(SSBC) 領域長)

膜タンパク質の構造・機能解析は,可溶性タンパク質に比べ進んでいない。大量試料調製の困難さが,膜タンパク質研究の妨げの1つとなっている。無細胞タンパク質合成系は,生命体の細胞機能維持性等の束縛条件が少なく合成系を構築できるため,生細胞発現系に比べ系の改変が容易などの利点を持つ。最近筆者らは,無細胞タンパク質合成系に界面活性剤と脂質の混合溶液を添加して,タンパク質合成と脂質二重膜リポソーム形成を同時に行わせる系を開発した。本稿では,無細胞タンパク質合成技術を用いた膜タンパク質の大量合成の現状と我々の研究成果を紹介する。

【目次】
1. はじめに
2. 無細胞タンパク質合成
3. 膜タンパク質の大量合成
4. 翻訳共役型リポソーム再構成法の開発
5. 機能合成機構
6. 合成産物の機能
7. おわりに


--------------------------------------------------------------------------------

代謝調節による体内時計の制御
Metabolic Regulation of Circadian Clock

--------------------------------------------------------------------------------
大石勝隆((独)産業技術総合研究所 バイオメディカル研究部門 生物時計研究グループ グループ長)

地球上のほとんどすべての生物には,約24時間周期のリズムを刻む体内時計が存在し,睡眠覚醒や体温,血圧,内分泌などの概日リズム(サーカディアンリズム)を制御している。哺乳類においては,摂食のタイミングが光(明暗サイクル)に匹敵する体内時計の強力な同調因子であることが知られている。筆者らは,摂食のタイミングのみならず,食餌の内容によっても,体内時計の位相を調節できる可能性を見出した。

【目次】
1. はじめに
2. 体内時計の分子機構
3. 摂食のタイミング(制限給餌)による体内時計の制御
4. PPARαの活性化による体内時計の位相前進と睡眠制御
5. ケトン体食による体内時計の位相前進
6. 今後の展望


--------------------------------------------------------------------------------

BIO PRODUCTS

--------------------------------------------------------------------------------

5-アミノレブリン酸
5-Aminolevulinic Acid

--------------------------------------------------------------------------------
【目次】
1. 概要
2. 製法
3. 生産動向
4. 需要動向
5. 価格





--------------------------------------------------------------------------------
4,950円
【特集】 未利用資源を活用した機能性食品素材の開発
--------------------------------------------------------------------------------

特集にあたって

--------------------------------------------------------------------------------
江頭祐嘉合(千葉大学 大学院園芸学研究科 応用生命化学領域 食品栄養学研究室 教授)

化学工業の分野に留まらず,農業や食品工業分野においても環境問題への対策を模索している。そのような背景のもと通常廃棄される未利用資源から付加価値の高い製品へのリユース,環境を考慮したリサイクルへのニーズが高まってきている。そこで本特集では,未利用資源を活用した食品素材開発に関する研究,未利用資源活用システムの事例を紹介する。




--------------------------------------------------------------------------------

亜臨界水による未利用資源からの有用成分の抽出
Extraction of Useful Materials from Unused Resources by Their Subcritical Water Treatment

--------------------------------------------------------------------------------
安達修二(京都大学 大学院農学研究科 食品生物科学専攻 教授)

374℃以下の高温で加圧することにより液体状態を保った亜臨界水は常温常圧の水とは異なる特性をもつ。この特性を抽出や分解に利用しようとする研究が活発に行われている。ここでは,亜臨界水を用いた未利用生物資源からの食品素材として有用な成分の抽出と,その過程で生起すると思われる現象に関する基礎的な知見を概説する。

【目次】
1. はじめに
2. 亜臨界水とその特徴
3. 亜臨界水による抽出
3.1 未利用資源の亜臨界水抽出
3.2 抽出物の利用
3.3 ナノエマルションの調製
3.4 クロマトグラフィへの利用
4. 亜臨界水中での反応
5. おわりに


--------------------------------------------------------------------------------

たまり醤油粕に含まれる血圧降下作用を有する成分の調製
Preparation of Antihypertensive Substance from Tamari Cake

--------------------------------------------------------------------------------
梅川逸人(三重大学 大学院生物資源学研究科 教授)
西尾昌洋(三重大学 大学院生物資源学研究科 講師)
松永正好(サンジルシ醸造(株) 品質管理部 醸造関係担当課 課長)

たまり醤油製造時の副産物である絞り粕を脱塩し,成長期にある高血圧自然発症ラット(SHR)に対して摂取させたところ,有意な血圧上昇抑制作用が認められた。そこで,脱塩たまり醤油粕からアルカリ抽出,ダイアイオンAMP 01およびトヨパールHW-50Fによるクロマトグラフィーにてアンジオテンシン変換酵素阻害画分FIおよびFIIを調製した。FIIをSHRに経口単回投与したところ,血圧を有意に低下させた。

【目次】
1. はじめに
2. たまり醤油粕
3. たまり醤油粕のSHRに対する長期投与試験
4. ACE活性阻害成分の調製とSHRの血圧に対する影響
5. おわりに


--------------------------------------------------------------------------------

好熱菌を活用した未利用資源の高温発酵リサイクル化技術
Fermentation of Organic Resources by Thermophilic Bacteria for Recycling

--------------------------------------------------------------------------------
宮本浩邦(日環科学(株) 代表取締役;千葉大学 大学院園芸学研究科 非常勤講師)
児玉浩明(千葉大学 大学院園芸学研究科 准教授)

大量生産・大量消費の現代社会は,その代償として自然環境の負荷を増大させており,過剰に排出される廃棄物を高効率的に変換する技術が求められている。本稿では,高温環境下でも生息する好熱性微生物群の能力を活用して,食品廃棄物から新たな機能性を併せ持つ農業用資材,ならびに畜水産用飼料として有効活用するための新しいリサイクル化技術について報告する。

【目次】
1. はじめに
2. 海産資源の残渣を高温下で発酵させる技術
3. 高温発酵処理工程と発酵を担う優先微生物種の同定
4. 好熱菌発酵産物が示す抗カビ活性
5. 好熱菌発酵産物が植物に与える影響
6. 好熱菌発酵産物が動物に与える影響
7. おわりに


--------------------------------------------------------------------------------

異性化酵素による副産物ホエイのオリゴ糖変換―エピメラーゼによるラクトースからエピラクトースへの変換―
Conversion of Lactose in Milk Whey to Epilactose by an Epimerase

--------------------------------------------------------------------------------
伊藤進(琉球大学 農学部 亜熱帯生物資源科学科 教授)

ルーメン細菌のセロビオース2-エピメラーゼは,ラクトースのC2の水酸基を異性化してエピラクトースを生成する。エピラクトースは,難消化性/低カロリー,ビフィズス菌増殖促進,Caなどのミネラル吸収促進,コレステロール低下,二次胆汁酸の抑制作用など多様な生理活性を有する新規なプレバイオティクスである。ラクトースは,チーズ製造時に大量に排出するホエイに含まれており,エピラクトースに変換することによって安価で多種多様の機能性食品になるポテンシャルがある。本稿では,ホエイ(ラクトース)の高付加価値化について概説する。

【目次】
1. はじめに
2. CEの物理化学的性質
3. CEの触媒作用
4. エピラクトースの生理作用
4.1 生理作用発見のきっかけ
4.2 プレバイオティクス効果
4.2.1 大腸(盲腸)内の微生物叢の改善
4.2.2 有機酸生成とミネラル吸収の促進作用
4.2.3 コレステロールの低下作用
4.2.4 一次胆汁酸と二次胆汁酸レベルに対する効果
4.3 非プレバイオティクス的な効果
5. エピラクトースの食経験
6. CEによるエピラクトース製造のメリット
7. おわりに


--------------------------------------------------------------------------------

米ぬか由来機能食品(バイオブラン)の開発
Development of Functional Food(BioBran)Produced from Rice Bran

--------------------------------------------------------------------------------
加藤久宜(大和薬品(株) 研究開発部 部長)
朱霞(大和薬品(株) 研究開発部 研究課 課長)

非食用として廃棄される米ぬかを原料として,酵素による加工を行うことによって,製造された食品素材バイオブランは,これまでの研究により多彩な生理活性を持つことが明らかにされている。本稿では,その開発におけるコンセプトと生理活性について最近の話題も含めて紹介する。

【目次】
1. はじめに
2. バイオブランの製造方法
2.1 脱脂米ぬかの利用
2.2 バイオブランの製造工程
3. 免疫調整物質としてのバイオブラン
3.1 バイオブランの成分
3.2 免疫賦活作用
3.3 抗炎症作用
3.4 バイオブランの動態と作用メカニズム
4. バイオブランの臨床応用
5. おわりに


--------------------------------------------------------------------------------

未利用資源からの食物繊維素材の抽出加工技術と機能性
Preparation of Functional Dietary Fiber from Soybean Hull,Cereal Bran or Apple Pomace

--------------------------------------------------------------------------------
江頭祐嘉合(千葉大学 大学院園芸学研究科 応用生命化学領域 食品栄養学研究室 教授)

未利用資源である穀類外皮,大豆外皮,果物ジュースの絞り粕などから水溶性の難消化性多糖類を抽出加工して,生理機能を検討した。大豆外皮,トウモロコシ外皮,米ぬかからアルカリ抽出した水溶性のヘミセルロース画分やりんご搾汁粕から抽出した水溶性難消化性多糖類をラットに投与したところ血中コレステロールの有意な低下が認められた。抗肝炎作用を有するものについても紹介する。

【目次】
1. はじめに
2. 食物繊維素材の調製と生理機能
2.1 豆類外皮等
2.2 穀類外皮
2.3 果物果汁の粕
2.4 甲殻類の殻
3. おわりに


--------------------------------------------------------------------------------

BIO R&D

--------------------------------------------------------------------------------

次世代再生医療としての機能的な歯の再生
The Regeneration of Functional Tooth as an Organ Replacement Therapy

--------------------------------------------------------------------------------
森田梨津子(東京理科大学 基礎工学研究科 生物工学専攻 博士後期課程)
辻孝(東京理科大学 総合研究機構 教授)

21世紀の医療システムとして再生医療が期待されている。再生医療は,幹・前駆細胞を部分的な損傷部位へ移入する移植療法から,人為的に再生した臓器・器官と置き換える「臓器置換再生医療」へと技術開発のステージが移りつつある。本稿では,「歯の再生」をモデルとして,臓器・器官の再生に向けた研究戦略と最近の研究成果について解説する。

【目次】
1. はじめに
2. 器官形成モデルとしての「歯」
3. 三次元的な細胞操作技術としての「器官原基法」の開発
4. 再生歯の成長と機能解析
4.1 成体における再生歯の発生と萌出
4.2 再生歯の咬合と周囲組織との連携機能
4.3 再生歯への神経線維の侵入と刺激応答能の解析
5. 歯の再生の臨床応用化に向けた課題
6. おわりに


--------------------------------------------------------------------------------

複製開始因子を標的とした新規な抗がん剤開発のスクリーニング法
The Screening Method of Novel Anti-cancer Drugs Targeting DNA Replication Initiation Proteins

--------------------------------------------------------------------------------
水品善之(神戸学院大学 栄養学部;同大学 大学院食品薬品総合科学研究科 准教授)
藤田雅俊(国立がんセンター研究所 ウイルス部 室長)

DNA複製開始制御タンパク質であるCdt1とgemininは,両者が結合することでDNA複製や細胞周期を厳密にコントロールしている。この結合阻害剤は,がん細胞特異的な抗がん剤になると考えて,Cdt1-geminin結合阻害活性の探索(スクリーニング)系を構築した。そして,天然材料からCdt1-geminin結合阻害物質をいくつか見出すことに成功した。特に,コエンザイムQ10は本阻害活性を有して,かつヒトがん細胞の増殖を抑制するが,正常細胞には影響しなかった。本法は,5時間以内で結果が出る簡便さから,抗がん剤開発の一次スクリーニング法として有効であると考えられる。

【目次】
1. はじめに
2. Cdt1-geminin結合阻害活性の測定方法
3. コエンザイムQ10のCdt1-geminin結合阻害活性
3.1 コエンザイムQ群のCdt1-geminin結合阻害活性
3.2 CoQ10のCdt1-geminin結合阻害機構について
3.3 CoQ10とCdt1-geminin複合体の立体結合解析
4. コエンザイムQ10のがん細胞増殖抑制活性
5. これまでに見出したCdt1-geminin結合阻害剤
5.1 植物グリセロ糖脂質群
5.2 直鎖脂肪酸群
6. 今後の課題
7. おわりに


--------------------------------------------------------------------------------

連載:バイオ産業と生物多様性条約解説シリーズ(10)

--------------------------------------------------------------------------------

バイオ企業が生物多様性条約問題の解決のためにとるべき方針

--------------------------------------------------------------------------------
森岡一(CBD-ABS研究会)

【目次】
1. バイオ産業における生物遺伝資源の利用
2. 伝統的知識の産業利用
3. 生物遺伝資源から得られる利益の配分に対する企業の考え方
3.1 分野別の利益配分の違い
3.2 生物遺伝資源の利用産業での貢献度
3.3 現在利益と将来利益
3.4 金銭的利益と非金銭的利益
4. アクセスと利益配分問題に対する各国政府の方針
5. 生物多様性条約問題解決のための新しい提案
5.1 農業生物資源へのFairtrade制度の普及・拡大
5.2 生物遺伝資源国際流通管理機構の創設


--------------------------------------------------------------------------------

BIO PRODUCTS

--------------------------------------------------------------------------------

β-コングリシニン
β-Conglycinin

--------------------------------------------------------------------------------
【目次】
1. 概要
2. 製法
3. 生産動向
4. 需要動向
5. 価格





--------------------------------------------------------------------------------
4,950円
【特集】 医療を支援するロボティクス
--------------------------------------------------------------------------------

特集にあたって―医療がロボットに求めるもの―
Medical Robotics,Core Concepts and System Paradigms―Review―

--------------------------------------------------------------------------------
山口昌樹(岩手大学 大学院工学研究科 教授)





--------------------------------------------------------------------------------

ヒトへの親和性を考慮したウェアラブルなアクチュエータ
A Wearable Actuator with Human-compatible Softness for Well-being Technologies

--------------------------------------------------------------------------------
井野秀一((独)産業技術総合研究所 人間福祉医工学研究部門 主任研究員)

高齢化が急速に進んでいる国内はもちろんのこと,欧米やアジア諸国などでも,人々のQOL(Quality of Life)の維持とその向上を目的とする健康・福祉技術に対するニーズは日々高まっている。本稿では,そのような人間中心の生活支援システムのデザインで重要となるヒトとの親和性を考慮したウェアラブルなアクチュエータの研究開発を水素吸蔵合金と高分子ラミネートフィルムを利用して行った成果とそのリハビリ・福祉機器への応用について述べる。

【目次】
1. はじめに
2. 水素吸蔵合金
3. アクチュエータの基本構造とその特徴
4. 伸縮作動部のウェアラブル化
5. 機械インピーダンス特性
6. 運動器リハビリや介助支援への応用
6.1 持続的他動運動(CPM)
6.2 褥瘡予防
6.3 移乗支援
7. おわりに


--------------------------------------------------------------------------------

緊急時の適切な応急手当を支援する椅子型ロボット
Prehospital Care Robot

--------------------------------------------------------------------------------
剣持一(九州大学 大学院医学研究院 先端医療医学 助教)
橋爪誠(九州大学 大学院医学研究院 先端医療医学 教授)

【目次】
1. はじめに
2. 手術支援ロボットの開発
2.1 我が国の内視鏡手術の現状
2.2 ロボット手術の現状
2.3 手術支援ロボットの研究開発
2.4 Open MRIと手術支援ロボットの融合
3. プレホスピタルケアロボットの開発
3.1 背景
3.2 ロボットのコンセプト
3.3 ロボットの機能
4. 筋力向上ロボットの開発
4.1 背景
4.2 ロボットのコンセプトと機能
4.2.1 オールインワン
4.2.2 モーター制御によるロボット化
4.2.3 運動時の安全対策
5. おわりに


--------------------------------------------------------------------------------

パワーアシストロボットの動向
Trend of Power Assist Robots

--------------------------------------------------------------------------------
佐々木誠(岩手大学 大学院工学研究科 助教)
山口昌樹(岩手大学 大学院工学研究科 教授)

人間の力を増幅するパワーアシスト技術は,漫画や映画の世界を飛び越え,今や現実のものになろうとしている。軍事利用を主目的とした海外のパワーアシスト技術に対して,少子高齢化問題が深刻化する我が国では,医療・福祉用のパワーアシストロボットの研究が盛んに行われている。本稿では,これらパワーアシストロボットの歴史と最近の動向について紹介する。

【目次】
1. はじめに
2. 軍事用パワーアシストロボット
3. リハビリ用パワーアシストロボット
4. 介護・福祉用パワーアシストロボット
5. 実用化への課題
6. おわりに


--------------------------------------------------------------------------------

暗黒大陸であった小腸を可視化したマイクロロボット―世界初のカプセル内視鏡―
Micro Robot to Visualize the Small Bowel,Once Referred to as the“Dark Continent”:The World’s First Capsule Endoscope

--------------------------------------------------------------------------------
亀井智成(ギブン・イメージング(株) 常務)

小腸は,十分な診断検査法がなかったことから暗黒大陸と呼ばれていた。近年,イスラエルのギブン・イメージング社によってカプセル内視鏡が開発,製品化され,その暗黒大陸にも光があたるようになった。本稿では,カプセル内視鏡の開発の歴史から現行のカプセル内視鏡の機能,特徴等の紹介と今後の展望について考察する。

【目次】
1. はじめに
2. 開発の経緯
3. カプセル内視鏡画像診断システム
3.1 概要
3.2 PillCam(R)カプセル内視鏡
4. 臨床適応
5. 今後の展望
6. おわりに


--------------------------------------------------------------------------------

BIO R&D

--------------------------------------------------------------------------------

非病原菌Pythium oligandrumを利用した「広スペクトル微生物農薬」の開発
Development of a Broad Spectrum Bio-fungicide Using Non-plant-pathogenic Oomycete Pythium Oligandrum

--------------------------------------------------------------------------------
竹中重仁((独)農業・食品産業技術総合研究機構(農研機構) 北海道農業研究センター(現在:農研機構本部・総合企画調整部))
出﨑里永子(北海三共(株))
高橋英樹(東北大学 大学院農学研究科)

平成16年から5年間,生物系特定産業技術研究支援センターの「生物系産業創出のための異分野融合研究支援事業」で北海道農業研究センター,東北大学,北海道立十勝農業試験場,北海三共(株),アリスタライフサイエンス(株),(株)サカタのタネの5つの研究機関がコンソーシアムを形成し,非病原菌Pythium oligandrum(PO)を用いた「広スペクトル微生物農薬」の開発を実施した。その中で得られた,POの生物防除微生物としての特性,POの製剤化方法,各種作物病害に対するPOの施用方法,等に関する研究成果を紹介する。

【目次】
1. はじめに
2. POの定着性と病原菌との相互作用の解析
3. POのトマトへの誘導抵抗性機構の解明
4. PO製剤の開発
5. PO製剤の施用試験
6. おわりに


--------------------------------------------------------------------------------

こんにゃくセラミドによるコラーゲン産生促進作用について
The Acceleration of Collagen Production by Konjac Ceramide

--------------------------------------------------------------------------------
菊池可菜子(ユニチカ(株) 中央研究所)
松村賢次(ユニチカ(株) 中央研究所 グループ長)
向井克之(ユニチカ(株) 中央研究所 グループ長)

こんにゃくセラミドの表皮および真皮に対する作用を検証した。こんにゃくセラミドの生体内での活性本体であるスフィンゴイドが表皮においてセラミド量を増加させ保湿作用を示すとともに,真皮にも作用して繊維芽細胞増殖促進作用およびコラーゲン産生促進作用を示し,表皮と真皮へのダブルの作用により,こんにゃくセラミドは美肌効果を示すことが明らかとなった。

【目次】
1. はじめに
2. こんにゃくセラミドについて
3. こんにゃくスフィンゴイドについて
4. コラーゲン産生促進作用について
5. おわりに


--------------------------------------------------------------------------------

脂肪組織における慢性炎症とメタボリックシンドローム
Adipose Inflammation in Metabolic Syndrome

--------------------------------------------------------------------------------
真鍋一郎(東京大学 大学院医学系研究科 循環器内科 特任准教授)
永井良三(東京大学 大学院医学系研究科 循環器内科 教授)

内臓脂肪の肥満は単に個々の脂肪細胞が肥大するだけではなく,複雑な慢性炎症変化を惹起する。例えば,血管新生と連関した脂肪細胞の新生(adipo-/angiogenic cell cluster)や,死んだ脂肪細胞を処理するマクロファージの集塊(Crown-like structure),白血球-内皮細胞相互作用の活性化,線維化などのダイナミックな変化が見られる。また,マクロファージに代表される自然免疫系の細胞だけでなく,獲得免疫系が脂肪組織炎症の制御に重要であることが明らかとなっている。今後,肥満脂肪組織における炎症の制御機構の詳細を明らかにすることによって,脂肪組織炎症を抑制する新しい治療法へと展開する可能性がある。

【目次】
1. 肥満脂肪組織における炎症
2. 肥満脂肪組織での細胞ダイナミクス
3. 肥満脂肪組織は慢性炎症の場である
4. 獲得免疫が脂肪組織炎症を制御する
5. おわりに


--------------------------------------------------------------------------------

BIO BUSINESS

--------------------------------------------------------------------------------

DNAチップ(マイクロアレイ)の市場
Market of DNA Chip(DNA Microarray)

--------------------------------------------------------------------------------
【目次】
1. 概要
2. 技術動向
3. 市場別動向
3.1 従来市場(遺伝子発現解析,SNP解析など)
3.2 医療用途市場
3.3 非医療用途市場
3.4 市場規模
4. 企業動向
4.1 東芝
4.2 DNAチップ研究所


--------------------------------------------------------------------------------

BIO PRODUCTS

--------------------------------------------------------------------------------

γ-アミノ酪酸
γ-Aminobutyric Acid

--------------------------------------------------------------------------------
【目次】
1. 概要
2. 製法
3. 生産動向
4. 需要動向
(1) 食品(健康食品,飼料)
(2) 化粧品
(3) 医薬品
5. 価格





--------------------------------------------------------------------------------
4,950円
【特集】 コンパクトバイオシステム
--------------------------------------------------------------------------------

特集にあたって

--------------------------------------------------------------------------------
藤井輝夫(東京大学 生産技術研究所 教授)




--------------------------------------------------------------------------------

マイクロ電気浸透流ポンプを用いたコンパクト送液システムとその応用
Compact Liquid Delivery System Based on Electro-osmotic Pumps and its Application

--------------------------------------------------------------------------------
柳澤一郎(ナノフュージョン(株) 代表取締役社長)
藤井光貴(ナノフュージョン(株) 技術部 技師)

ナノフュージョン株式会社のマイクロ電気浸透流ポンプは,小型(10mm以下),高圧力,低駆動電圧,無脈動・無音,単純な構造ゆえの低コスト性など,従来の機械式マイクロポンプに比べユニークな特長を持ったポンプである。このポンプを,多くの種類の液体を安定に流すための手法である“間接駆動”やフローセンサーなどと組み合わせることにより,微流量(nL/min~mL/min)の流れを制御できる“手のひらサイズ”のコンパクト送液系が可能となる。これらの技術は,バイオロジー,医療,化学あるいは機械工学などの多くの応用分野における微量液体の正確な制御やシステムのミニチュア化の実現に貢献できるものと考えている。

【目次】
1. はじめに
2. EOポンプの概要
2.1 EOポンプの構造,原理
2.2 EOポンプの特性
2.3 EOポンプの特長
3. 間接駆動
4. コンパクトLCへの応用
5. おわりに


--------------------------------------------------------------------------------

可搬型DNA個体識別システムの開発
Development of Portable Human DNA Analysis System Aiming On-site Screening

--------------------------------------------------------------------------------
萩原久(アービオテック(株))
三品喜典(アイダエンジニアリング(株) 開発本部)
麻生川稔(日本電気(株) 第二官公ソリューション事業部 エキスパート)

これまでμ-TASの概念を実現するべく機器開発を行ってきた。ゲノム解析用機器の開発に従事した経験もあり,現在実施しているのはDNAの抽出,増幅,解析(電気泳動)の一連の作業を,1枚の樹脂チップ上で完了させる仕組みである。迅速に結果を得る必要性があり,可搬式で利用する価値の高い利用先として「個体識別解析」へ向けた開発を展開中である。

【目次】
1. はじめに
2. 従来の解析方法
3. 個体識別技術の利用における多様性
4. 制御システムの概念
5. 要素技術の紹介
6. チップ周辺技術に関して
7. おわりに


--------------------------------------------------------------------------------

大規模集積流体システム
Large Scale Integrated Microfluidic System

--------------------------------------------------------------------------------
庄子習一(早稲田大学 理工学術院 教授)
川合健太郎(早稲田大学 理工学術院 助手)

大規模集積流体システムのための流体制御技術として,アドレス型バルブコントロールシステムとマルチプレクサ型バルブコントロールシステムによるニューマチックバルブアレイの個別制御法を紹介し,アドレス型バルブコントロールシステムを用いた複数試薬の並列操作可能なマイクロウェルアレイデバイスの動作を示した。

【目次】
1. はじめに
2. アドレス型バルブコントロールシステム
3. マルチプレクサ型バルブコントロールシステム
4. 並列操作可能なマイクロウェルアレイ
5. おわりに


--------------------------------------------------------------------------------

マイクロリアクタによる薬品生産
Chemical Manufacturing Based on Micro-Reactors

--------------------------------------------------------------------------------
三宅亮(広島大学 ナノデバイス・バイオ融合科学研究所 教授)
富樫盛典((株)日立製作所 機械研究所 室長)
津留英一((株)日立プラントテクノロジー 主任技師)
遠藤喜重((株)日立プラントテクノロジー 主管研究長)

医薬品や化粧品など付加価値の高い化学品の生産技術としてマイクロリアクタが注目されている。マイクロリアクタは混合反応が速い,温度制御性が高い,反応時間の制御が容易など,今までのバッチ式反応装置にないユニークな特長を有し,薬品製造の流れを革新する可能性を秘めている。

【目次】
1. はじめに
2. マイクロリアクタの特長
3. マイクロリアクタによる化学反応
4. マイクロリアクタによる薬品生産
5. 今後の展開
6. おわりに


--------------------------------------------------------------------------------

マイクロ流体デバイスを用いた微粒子・細胞のソーティング
Particle and Cell Sorting Using Microfluidic Devices

--------------------------------------------------------------------------------
関 実(千葉大学 大学院工学研究科 共生応用化学専攻 教授)

細胞・オルガネラ,ミセル・ベシクル・リポソーム,生体高分子・超分子等の生体微粒子や柔らかい微小構造体の精密な操作は,バイオテクノロジー,医療,計測などの分野では重要である。近年,このような微量の微小物体操作のために,マイクロ流体デバイスを利用する新しい手法がいくつか提案され盛んに研究が行われている。

【目次】
1. はじめに
2. 水力学的な微粒子・細胞操作
2.1 ピンチド・フロー・フラクショネーション法
2.2 水力学的濾過法
2.3 決定論的側方移動法
2.4 水力学的クロマトグラフィー
3. 外部場を利用した細胞・微粒子操作
3.1 電場の利用
(1) 電気泳動
(2) 誘電泳動
3.2 音波の利用
3.3 光の利用
3.4 磁場,重力場,遠心場の利用
4. その他の細胞・微粒子操作方法
5. おわりに


--------------------------------------------------------------------------------

マイクロ流体技術を応用した受精卵培養システム
Mammalian Embryo Culture System Based on Microfluidic Technology

--------------------------------------------------------------------------------
木村啓志(東京大学 生産技術研究所 特任助教)
竹内昌治(東京大学 生産技術研究所 准教授)
酒井康行(東京大学 生産技術研究所 教授)
藤井輝夫(東京大学 生産技術研究所 教授)

マイクロデバイスは,次世代のバイオ分析ツールとして医療や生命科学関連分野への応用が期待されている。筆者らは,マイクロデバイスの利点を活かして環境感受性が高い哺乳類受精卵の培養システムの開発を進めている。本稿では,母胎内環境の模倣や受精卵培養操作の自動化を目指す受精卵培養システムを紹介する。

【目次】
1. はじめに
2. 母胎内環境を模倣するマイクロデバイス
3. 受精卵培養操作自動化システム
3.1 ダイナミックマイクロアレイ
3.2 配置
3.3 培養
3.4 回収
4. おわりに


--------------------------------------------------------------------------------

BIO R&D

--------------------------------------------------------------------------------

がん組織のメタボローム解析
Metabolome Analysis of Tumor Tissues

--------------------------------------------------------------------------------
平山明由(慶應義塾大学 先端生命科学研究所 研究員)
曽我朋義(慶應義塾大学 先端生命科学研究所 教授)

キャピラリー電気泳動-質量分析計(CE-MS)を用いたメタボローム測定は,生体由来サンプル中に含まれるイオン性低分子代謝物の一斉測定に極めて有用な分析法である。特にエネルギー産生に必須である解糖系,ペントースリン酸回路,クエン酸回路などの中心炭素代謝や,アミノ酸や核酸の代謝経路の中間体は,そのほとんどがイオン性を有することから,本法は中心代謝を解明する上で効果的なツールになると考えられる。本稿では,CE-MSによるメタボローム測定法とその周辺技術について概観した後,本法をがん組織のメタボローム解析に応用して得られた研究成果を紹介する。

【目次】
1. はじめに
2. CE-MS測定のストラテジー
2.1 CE-MS
2.2 試料の前処理
2.3 データ解析
3. がんのエネルギー代謝の解明
3.1 解糖系およびクエン酸回路
3.2 アミノ酸とエネルギーチャージ
4. おわりに


--------------------------------------------------------------------------------

連載:バイオ産業と生物多様性条約解説シリーズ(9)

--------------------------------------------------------------------------------

生物多様性条約の利益配分問題議論の現状と名古屋COP 10に向けた取り組み

--------------------------------------------------------------------------------
森岡一(CBD-ABS研究会)

【目次】
1. はじめに
2. 締約国会議COP 9の結果とその後の議論
3. アクセスと利益配分の現状と課題
3.1 アクセスと利益配分の現状
3.2 生物遺伝資源特許を巡る問題
3.3 日本政府の取り組み
4. アクセスと利益配分問題の解決に企業が考慮すべきこと
4.1 契約の際注意すべき定義
4.2 不正使用(misappropriation)
4.3 最終製品における遺伝資源の貢献度
4.4 派生物(Derivatives)定義
5. 知的財産権に関する課題と解決策
5.1 特許出願時の出所開示問題
5.2 伝統的知識の取り扱い
6. まとめ


--------------------------------------------------------------------------------

BIO BUSINESS

--------------------------------------------------------------------------------

遺伝子組換え作物の動向
Trend of Genetically Modified Crops

--------------------------------------------------------------------------------
【目次】
1. 概要
2. 遺伝子組換え作物の形質別分類
2.1 除草剤耐性作物
2.2 害虫抵抗性作物
2.3 ウイルス耐性作物
2.4 その他の遺伝子組換え作物
3. 市場の動向
3.1 概要
3.2 作物別の栽培動向
3.3 形質別の栽培動向
3.4 米国における栽培動向
4. 研究開発の動向
4.1 概況
4.2 主要な研究開発の動向
5. 企業動向
5.1 モンサント社
5.2 デュポン社
5.3 国内企業の動向


--------------------------------------------------------------------------------

BIO PRODUCTS

--------------------------------------------------------------------------------

グリチルレチン酸
Glycyrrhetic Acid

--------------------------------------------------------------------------------
【目次】
1. 概要
2. 製法
3. 生産動向
4. 需要動向
5. 価格


--------------------------------------------------------------------------------

グリチルリチン
Glycyrrhizin

--------------------------------------------------------------------------------
【目次】
1. 概要
2. 製法
3. 生産動向
4. 需要動向
5. 価格





--------------------------------------------------------------------------------
4,950円
【特集】 第三の生命鎖「糖鎖」を活用・制御するケミカルバイオロジー
--------------------------------------------------------------------------------

特集にあたって

--------------------------------------------------------------------------------
戸嶋一敦(慶應義塾大学 理工学部 応用化学科 教授)




--------------------------------------------------------------------------------

糖鎖を認識する高分子:レクチン
Sugar-binding Protein“Lectin”

--------------------------------------------------------------------------------
小林夕香((株)J-オイルミルズ 生化学研究所 研究員)
河岸洋和(静岡大学 創造科学技術大学院 教授)

レクチンが発見されて100年以上が経ち,レクチンという用語は生化学および細胞生物学の分野で定着し,多くのレクチンの生体内での役割は未だ定かではないものの,生化学および細胞生物学での研究手段としては一層繁用されるようになった。多くのレクチンが市販され,安易に入手できるようになり,有用な糖鎖プローブとしての地位を確立してきている。

【目次】
1. はじめに
2. レクチンの分類
3. レクチンの生理活性
4. レクチンの糖結合特異性
5. レクチンの活性の測定方法
6. レクチンの利用
7. おわりに


--------------------------------------------------------------------------------

糖鎖を認識する超分子
Supramolecules as Artificial Lectins

--------------------------------------------------------------------------------
高橋大介(慶應義塾大学 理工学部 応用化学科 助教)
戸嶋一敦(慶應義塾大学 理工学部 応用化学科 教授)

生体内の糖鎖は,生体高分子である核酸やタンパクと水素結合およびイオン結合等の非共有結合を介して相互作用することにより,様々な生命現象や疾患に関与している。このため,天然型の相互作用を模倣した人工低分子レセプターは,生体内におけるタンパク-糖鎖間相互作用を深く理解するためのモデル分子として利用できるだけでなく,糖鎖の構造活性相関の解明を促進する新たなツール,さらには,糖鎖が密接に関与する疾患をターゲットとした予防,診断,治療薬への応用が期待できることから,現在注目を集めている。本稿では,糖鎖を,非共有結合を介して認識するバイオミメティックな低分子レセプター(超分子)に焦点をあて,最近の報告例を中心に紹介する。

【目次】
1. はじめに
2. 糖鎖-タンパク(レクチン)間相互作用
3. 非環状型低分子レセプターの創製
4. 環状型低分子レセプターの創製
5. 今後の展望


--------------------------------------------------------------------------------

糖分子を認識する人工レセプター:ボロン酸
Molecular Receptor for Saccharide Recognition:Boronic Acid

--------------------------------------------------------------------------------
甲元一也(甲南大学 フロンティアサイエンス学部 生命化学科 准教授)
新海征治(崇城大学 工学部 ナノサイエンス学科 教授)

本稿では,水中で糖分子に含まれるcis-1,2-ジオールや1,3-ジオールと可逆的な共有結合を形成するボロン酸基(-B(OH)2)を利用した人工糖レセプターの分子設計戦略と,リン酸化糖,ウロン酸を含む種々の糖分子に対する人工レセプターの錯化挙動について紹介する。

【目次】
1. はじめに
2. ボロン酸の特徴
3. ボロン酸基の空間配置と糖分子認識レセプター
4. 回転軸を持つレセプターとそのシグナル増幅機能
5. レクチンとのコンジュゲート
6. おわりに


--------------------------------------------------------------------------------

糖クラスターの構造と機能
Structure and Function of Glycoclusters

--------------------------------------------------------------------------------
青山安宏(同志社大学 理工学部 機能分子・生命化学科 生体機能化学研究室 教授)

糖鎖は核酸やタンパク質と同じく生体の情報素子である。しかしながら,構造形成や機能発現の基盤となる糖鎖の相互作用形態は,核酸やタンパク質に比べ,不明な点が多い。ここでは,筆者らが進めてきた単分子糖クラスターを用いる研究から明らかになった糖鎖の“意外な”相互作用(構造形成)能と機能について述べる。

【目次】
1. はじめに
2. 大環状糖クラスター化合物
3. 糖クラスターの多彩な極性相互作用能
4. 糖クラスターの集積挙動とグリコウイルスの生成
5. 遺伝子キャリアとしてのグリコウイルス
6. おわりに


--------------------------------------------------------------------------------

糖鎖を用いた生体内イメージングとターゲティング
In Vivo Imaging and Targeting by Oligosaccharides and Related Molcules

--------------------------------------------------------------------------------
田中克典(大阪大学 大学院理学研究科 助教)
深瀬浩一(大阪大学 大学院理学研究科 教授)

本稿では,(1)リポソームを糖鎖の担体とした,シアリルルイスXの炎症やがんの生体内蛍光イメージング,(2)リジン残基への高速標識法の開発を基盤とした,糖タンパク質の陽電子放出崩壊断層撮影(PET)イメージング,および(3)タンパク質への化学的な擬似的翻訳後糖鎖修飾を用いた,人工糖タンパク質による炎症や感染症のターゲティングを紹介する。

【目次】
1. はじめに
2. 可溶性糖鎖,および糖タンパク質の生体内イメージング
2.1 リポソームを糖鎖の担体とするシアリルルイスXの炎症やがんのインビボ蛍光イメージング
2.2 リジン残基への革新的標識法の開発に基づく糖タンパク質の陽電子放出崩壊断層撮影(PET)イメージング:シアル酸含有糖鎖によるタンパク質の血中内安定性への影響
3. 化学的に糖鎖修飾を施した人工糖タンパク質による炎症や感染症のターゲティング
4. おわりに


--------------------------------------------------------------------------------

生合成経路を用いたバクテリア細胞壁への分子提示法
Surface Display of Bacteria via a Cell-Wall Biosynthetic Pathway

--------------------------------------------------------------------------------
貞許礼子(お茶の水女子大学 お茶大アカデミック・プロダクション 特任助教)

【目次】
1. はじめに
2. バクテリア細胞壁とその生合成経路
3. バクテリア細胞壁の生合成に取り込まれる分子の探索
4. 生合成経路から細胞壁に取り込まれているのか
5. 乳酸菌表面への糖鎖提示による基板への接着性付加
6. より汎用性をもたせるために
6.1 化学合成が簡単な化合物ではできないのか
6.2 新しい前駆体誘導体の細胞壁への取り込み
6.3 細菌1個あたりのケトン基の提示数の見積もり
6.4 他の菌株への汎用性
6.5 培地中のグルコース濃度の影響
7. まとめと展望


--------------------------------------------------------------------------------

標的糖鎖を光分解する生体機能分子の創製
Development of Target-selective Oligosaccharides Photo-degrading Agents

--------------------------------------------------------------------------------
戸嶋一敦(慶應義塾大学 理工学部 応用化学科 教授)

多様な構造と機能を有し,第三の生命鎖と呼ばれる「糖鎖」。この機能を「理解」し,「活用」する科学技術の開発が精力的に行われている中,人為的に「制御」するための新しい技術が開発された。本稿では,標的とする糖鎖を選択的に光分解することができる人工生体機能分子の創製について紹介する。

【目次】
1. はじめに
2. 糖鎖を光分解する小分子の発見
3. 分解物の同定と分解機構
4. アントラキノン-レクチンハイブリッド分子による標的糖鎖選択的光分解
5. おわりに


--------------------------------------------------------------------------------

ライブラリー選択法による糖鎖認識を制御する新規ペプチドの開発
Library Selection of Peptides that Regulate Carbohydrate Recognition

--------------------------------------------------------------------------------
松原輝彦(慶應義塾大学 理工学部 生命情報学科 講師)
佐藤智典(慶應義塾大学 理工学部 生命情報学科 教授)

ファージ提示法によるランダムライブラリーからの選択手法により,糖鎖ミミックなペプチドリガンドおよび糖鎖認識するペプチドを得ることができた。これらのペプチドはインフルエンザウイルスの感染阻害活性を示すことがわかった。

【目次】
1. はじめに
2. タンパク質-糖鎖間相互作用をペプチドで阻害する
3. インフルエンザウイルスと糖鎖
4. 糖鎖を「模倣(ミミック)」するペプチド
5. 糖鎖を認識するペプチド
6. おわりに


--------------------------------------------------------------------------------

BIO R&D

--------------------------------------------------------------------------------

海洋微生物が生産する新規な生理活性物質の探索
Screening of Novel Bioactive Compounds from Marine Microorganisms

--------------------------------------------------------------------------------
水品善之(神戸学院大学 栄養学部;同大学 大学院食品薬品総合科学研究科 准教授)

全国各地に棲息する野生の海洋生物(海藻・珊瑚・苔など)を無菌的に採集して,そこに寄生している海洋微生物(カビ・細菌など)を分離,培養した。そして,50種類以上の海洋微生物を株化した後,それらを培養した代謝産物からDNA合成酵素阻害活性を指標にスクリーニングを行った。いくつかの菌体に活性を見出したので,活性成分を単離・精製した。化学構造解析の結果,新規物質を高頻度で見出すことができた。このことから,海洋生物に寄生する海洋微生物は未開拓の天然資源であり,新規でかつ有用な生理活性物質の発見が期待できる。

【目次】
1. はじめに
2. 野生の海洋生物に寄生する海洋微生物の分離
3. 菌株の培養とスクリーニング
4. DNA合成酵素(pol)の阻害活性の測定
5. 海洋微生物からpol阻害剤の単離・精製と構造決定
5.1 1-Deoxyrubralactone(1)
5.2 Kasanosin A(2)とKasanosin B(3)
5.3 Hymenoic acid(4)
5.4 Penicilliol A(5)とPenicilliol B(6)
5.5 Trichoderonic acid B(7)
6. 海洋生物から見出した新規物質の生理活性
6.1 polやその他のDNA代謝系酵素に対する阻害活性
6.2 ヒトがん細胞増殖抑制活性
7. 考察
8. 今後の課題
9. おわりに


--------------------------------------------------------------------------------

トバモウイルスの宿主域が制限されるしくみ
Mechanisms Underlying the Host Range Restriction of Tobamoviruses

--------------------------------------------------------------------------------
石橋和大((独)農業生物資源研究所 植物・微生物間相互作用研究ユニット 特別研究員)
石川雅之((独)農業生物資源研究所 植物・微生物間相互作用研究ユニット 上級研究員)

ウイルスはそれぞれ決まった生物種(宿主)にだけ感染するが,ウイルスの宿主範囲がどのようにして決まっているのかは,ほとんどわかっていない。筆者らは,ある種のトバモウイルスがトマトに感染できない原因が,ウイルスタンパク質の機能阻害を含む多層的要因にあることを明らかにした。

【目次】
1. はじめに
2. 植物のウイルス抵抗性遺伝子
3. トマトモザイクウイルス抵抗性遺伝子Tm-1
4. ToMV感受性トマトがもつTm-1対立遺伝子tm-1
5. トマトには複数のTMGMV増殖抑制因子が存在する
6. おわりに


--------------------------------------------------------------------------------

連載:バイオ産業と生物多様性条約解説シリーズ(8)

--------------------------------------------------------------------------------

特許出願時の出所開示要件にいかに対処すべきか

--------------------------------------------------------------------------------
森岡 一(CBD-ABS研究会)

【目次】
1. はじめに
2. 関連国際フォーラムにおける出所開示要件の議論
2.1 WIPOフォーラム
2.2 CDBフォーラム
2.3 WTO/TRIPSフォーラム
3. 各国における出所開示要件の現状
4. 中国専利法改正による出所開示要件
5. バイオパイレシーと主張された特許の無効訴訟
6. 特許出願時の出所開示要件への実務対応のありかた
6.1 特許管理上の課題
6.2 特許出願実務の課題
6.2.1 定義問題
6.2.2 生物遺伝資源の出所が不明,不確かなときの取り扱い
6.2.3 罰則
6.2.4 伝統的知識
7. 出所開示要件に関する考察


--------------------------------------------------------------------------------

BIO PRODUCTS

--------------------------------------------------------------------------------

カラギーナン
Carrageenan

--------------------------------------------------------------------------------
【目次】
1. 概要
2. 製法
3. 生産動向
4. 需要動向
5. 価格




--------------------------------------------------------------------------------
4,950円
【特集】 D-アミノ酸の科学
--------------------------------------------------------------------------------

特集にあたって―生体内D-アミノ酸の存在―

--------------------------------------------------------------------------------
藤井紀子(京都大学 原子炉実験所 放射線生命科学研究部門 機能生化学分野 教授)





--------------------------------------------------------------------------------

老化とD-アスパラギン酸
D-Aspartyl Residues Occur in Proteins with Age

--------------------------------------------------------------------------------
藤井紀子(京都大学 原子炉実験所 放射線生命科学研究部門 機能生化学分野 教授)

蛋白質を構成するアミノ酸はすべてL-体であるが,近年,アスパラギン酸(Asp)がL-体からD-体ヘラセミ化し,その量が加齢とともに増加することが明らかとなってきた。本稿では,蛋白質中でのAsp残基のラセミ化機構について解説するとともに,D-Asp含有蛋白質の蓄積と蛋白質の不溶化,加齢性疾患との因果関係について述べる。

【目次】
1. はじめに
2. 老化した水晶体蛋白質中のD-Aspの部位の決定
3. 蛋白質中でのAsp残基の反転と異性化機構
4. Asp残基のラセミ化はペプチド中より蛋白質中の方が起こりやすい
5. 免疫組織染色によるD-β-Asp含有蛋白質の探索
5.1 皮膚
5.2 水晶体以外の眼の組織
5.3 その他の組織
6. おわりに


--------------------------------------------------------------------------------

D-セリンの脳機能への関与
D-Serine in Mammalian Brain Functions and Neuropsychiatric Disorders

--------------------------------------------------------------------------------
西川徹(東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 精神行動医科学分野 教授)

D-セリンは,D-アミノ酸の中では例外的に,哺乳類の脳において恒常的に高い濃度を保つ。高次脳機能の発現・調節に重要なN-methyl-D-aspartate(NMDA)型グルタミン酸受容体と類似した脳内分布を示し,その生理的活性化に不可欠なコアゴニストとして本受容体Gly調節部位刺激効果を持つこと等から,統合失調症を初めとするNMDA受容体機能不全が関係する様々な精神神経疾患の病態に,D-セリンの異常が関与する可能性が注目されている。したがって,D-セリン代謝系はこれら疾患の新しい治療薬開発の標的としても重要な研究対象となっている。

【目次】
1. はじめに
2. 脳内D-セリンの分布と代謝
2.1 分布
2.2 合成
2.3 細胞外遊離
2.4 取り込み
2.5 分解
2.6 他のD-セリン代謝・作用関連分子
3. 脳内D-セリンの生理的機能
3.1 Glu受容体調節
3.1.1 NMDA受容体
(1) GluN1/GluN2型NMDA受容体
(2) GluN1/GluN3型NMDA受容体
3.1.2 δ2受容体
3.2 グリア-ニューロン相互作用
3.3 神経回路形成
4. 中枢神経系D-セリンと精神神経疾患
4.1 統合失調症
4.2 双極性障害(躁うつ病)
4.3 Gly開裂酵素欠損
4.4 セリン欠損症候群
4.5 脳虚血
4.6 小脳失調
4.7 アルツハイマー病
4.8 筋萎縮性側索硬化症
4.9 神経因性疼痛
4.10 不安
5. おわりに


--------------------------------------------------------------------------------

遊離型D-アミノ酸の役割
Physiological Roles of Free D-Amino Acids

--------------------------------------------------------------------------------
片根真澄(北里大学 薬学部 生体分子解析学教室 助教)
本間浩(北里大学 薬学部 生体分子解析学教室 教授)

ヒトを含めた哺乳類体内では,主なD-アミノ酸としてD-セリンとD-アスパラギン酸(D-Asp)が見出される。本稿では,D-Aspが担っている生理学的役割について概説する。さらに,D-Aspの類縁体であるN-メチル-D-Aspのほか,D-フェニルアラニンやD-トリプトファンといった芳香族D-アミノ酸が示す生理活性についても言及する。

【目次】
1. はじめに
2. 哺乳類におけるD-Aspの局在性と生理活性
3. 外分泌組織におけるD-Aspの解析
4. NMDAとその前駆物質としてのD-Aspの機能
5. 芳香族D-アミノ酸の生理活性
6. おわりに


--------------------------------------------------------------------------------

アミノ酸ラセマーゼの反応機構
Reaction Mechanism of Amino Acid Racemase

--------------------------------------------------------------------------------
大滝証(東京農工大学 大学院工学府 生命工学専攻 特任助教)
養王田正文(東京農工大学 大学院工学府 生命工学専攻 教授)

アミノ酸ラセマーゼは,補酵素ピリドキサール5’-リン酸(PLP)依存型と非依存型に大別できる。その反応機構はPLP依存型,非依存型共に2塩基触媒機構で進行するという見解が主流になりつつある。本稿では,アミノ酸ラセマーゼの反応機構に関する研究の動向と,筆者らが得た研究成果について紹介する。

【目次】
1. はじめに
2. PLP非依存型ラセマーゼの反応機構
2.1 PLP非依存型ラセマーゼ
2.2 PLP非依存型ラセマーゼの構造
2.3 PhAspRの活性部位
2.4 基質結合による構造変化
2.5 反応機構
3. PLP依存型ラセマーゼの反応機構
3.1 PLP依存型ラセマーゼ
3.2 PLP依存型ラセマーゼの構造
3.3 PLP依存型ラセマーゼの触媒残基と反応機構
4. おわりに


--------------------------------------------------------------------------------

哺乳類における微量D-アミノ酸の二次元HPLC精密分析法開発と機能解析への展開
Precise 2D-HPLC of Small Amounts of D-Amino Acids and the Study of Their Functions in Mammals

--------------------------------------------------------------------------------
浜瀬健司(九州大学 大学院薬学研究院 生体分析化学分野 准教授)
三次百合香(九州大学 大学院薬学府 大学院生)
東條洋介(九州大学 大学院薬学府 研究生)
財津潔(九州大学 大学院薬学研究院 生体分析化学分野 教授)

最近,様々な遊離D-アミノ酸が哺乳類体内で発見され,新規生理活性物質やバイオマーカーとしての可能性が期待されている。しかし,数多くの夾雑成分が存在する生体試料中の微量D-アミノ酸分析は困難な場合が多く,分析法の感度と選択性向上が不可欠であった。本稿では,筆者らが開発したD-アミノ酸の精密二次元HPLC法を解説すると共に,特にD-アラニンについて体内分布・細胞局在についての知見を紹介する。また,最近創薬ターゲットとして注目されているD-アミノ酸酸化酵素について,活性変化に伴う内在性D-アミノ酸の含量変化を併せて紹介する。

【目次】
1. はじめに
2. 微量D-アミノ酸の二次元HPLC精密分析法開発
3. D-アラニンの組織分布・細胞局在の解析
4. D-アミノ酸酸化酵素(DAO)欠損マウスにおける各種D-アミノ酸含量の変化
5. マルチループ2D-HPLCを用いる多種D-アミノ酸の二次元一斉分析
6. おわりに


--------------------------------------------------------------------------------

食品中のD-アミノ酸―おいしさとの関連と食品産業への応用―
D-Amino Acids in Food:Relation to Taste and Application to Food Industry

--------------------------------------------------------------------------------
老川典夫(関西大学 化学生命工学部 生命・生物工学科 教授)

本稿では,最近注目されている食品中のD型アミノ酸の定量方法,分析例および生成機構について概説すると共に,日本酒中の遊離型D型アミノ酸の含有量と味との関連について,筆者らの研究成果を交えながら紹介する。

【目次】
1. はじめに
2. 食品中のD型アミノ酸の定量方法,分析例および生成機構
3. 食品中のD型アミノ酸と味
4. D型アミノ酸の食品への応用
5. おわりに


--------------------------------------------------------------------------------

ポリ-γ-グルタミン酸の新用途開発
Advanced Applications of Poly-γ-glutamate

--------------------------------------------------------------------------------
芦内誠(高知大学 教育研究部 自然科学系農学部門 准教授)

ポリ-γ-グルタミン酸は「納豆の糸」の主成分である。その高い安全性,特徴的な分子構造,優れた機能性を活かした新用途開発の取り組みが本格化している。本稿では,D-アミノ酸含有ポリマーの代表格とされるポリ-γ-グルタミン酸の応用分野に的を絞り,最新技術の開発動向について紹介する。

【目次】
1. はじめに
2. 食品・健康関連用途の開発動向
3. バイオケア関連用途の開発動向
4. バイオポリアミド新素材の開発動向
5. 環境関連用途の開発動向
6. 医薬関連用途の開発動向
7. おわりに


--------------------------------------------------------------------------------

BIO R&D

--------------------------------------------------------------------------------

バイオキャパシタ―新規バイオデバイスとそのスタンドアローン血糖診断システムへの応用―
Biocapacitor―a Novel Bio-device Aiming the Development of Stand-alone Blood Glucose Monitoring System―

--------------------------------------------------------------------------------
葉梨拓哉(東京農工大学 大学院工学府 生命工学専攻)
山崎智彦((独)物質・材料研究機構 生体材料センター)
津川若子(東京農工大学 大学院工学府 生命工学専攻;同大学 大学院技術経営研究科 技術リスクマネジメント専攻)
早出広司(東京農工大学 大学院工学府 生命工学専攻;同大学 大学院技術経営研究科 技術リスクマネジメント専攻;(有)アルティザイム・インターナショナル)

バイオキャパシタは,(1)燃料となる基質の濃度に起電力が依存する「酵素燃料電池」,(2)酵素燃料電池から得られる起電力を昇圧する「チャージポンプ」,(3)酵素燃料電池から得られた電気エネルギーをチャージポンプを介して充放電する「キャパシタ」から構成され,チャージポンプを用いて酵素燃料電池の電圧を昇圧する,酵素燃料電池から得られた電気量をキャパシタに充電する,という2つの方法をとることにより,酵素燃料電池の構造やサイズを変更することなく,デバイスを稼動させるのに十分な電力を得ることができるバイオエレクトリックデバイスである。また,バイオキャパシタは放電の間隔または頻度が燃料の濃度に依存するため,放電頻度を指標としたバイオセンシングシステムとして動作させることが可能である。本稿では,新規バイオデバイスであるバイオキャパシタの原理を提唱し,バイオキャパシタの原理を用いた2つのワイヤレスグルコースセンシングシステムについて報告する。

【目次】
1. はじめに:背景と課題~バイオ燃料電池の課題解決にむけて~
2. バイオキャパシタの原理
3. バイオキャパシタの実際
4. 基本的なバイオキャパシタの構成と動作検証
5. 赤外線LEDをトランスミッタとして用いるグルコースセンサ
6. 発振回路をトランスミッタとするグルコースセンサ~バイオラジオトランスミッタ~
7. バイオキャパシタの将来展望


--------------------------------------------------------------------------------

バクテリアが作るセルロースを用いた新規表示デバイスの開発
Development of a New Display Device Using Cellulose Produced by Bacteria

--------------------------------------------------------------------------------
田島健次(北海道大学 大学院工学研究科 生物機能高分子専攻 准教授)

電子ペーパーは,紙の持つ表示の見やすさと,情報が瞬時に書き換えられるというデジタル機器の利点を併せ持った表示技術である。電子ペーパーとしては,以下の3つの要件を満足する必要がある。(1)高いコントラストと解像度:電子ペーパーは光の反射によって文字を表示するため,背景と表示の間に高いコントラストが必要となる。また,他の表示デバイスと同様に,きれいに表示させるためには高い解像度が求められる。(2)メモリー性:表示の切り換えの瞬間だけに電力を必要とし,その後の表示の維持に電力が必要がなければ消費電力を大幅に抑えることができる。(3)フレキシビィティー:用いる素材を柔軟に,さらに素子全体の厚さを薄くすることにより,紙と同様な扱いが可能となる。筆者らは,このような3つの要件を満足しえる素材として,バクテリアが合成するセルロース(バクテリアセルロース(BC))を選択した。本稿では,バクテリア(酢酸菌)におけるセルロース合成機構とその構造的特徴を活かした新規表示デバイスの開発について紹介する。

【目次】
1. はじめに
2. バクテリアにおけるセルロース合成
2.1 セルロース合成関連遺伝子クラスター
2.2 セルロース合成酵素複合体(ターミナルコンプレックス(TC))
2.3 AxCeSDの構造とセルロース合成における機能
2.4 BCの特徴と応用例
3. BCを用いた表示素子の開発
3.1 酢酸菌によるセルロースの合成
3.2 表示素子用BC支持体の調製
3.3 発色試験
3.4 表面に直接電極を形成した支持体の調製
4. おわりに


--------------------------------------------------------------------------------

連載 たまごバイオ(第8回)

--------------------------------------------------------------------------------

特許にみる技術開発の流れ

--------------------------------------------------------------------------------
結城惇((株)アニマルバイオ)

【目次】
1. はじめに
2. 技術内容別にみた最初の特許
3. 卵黄抗体関連特許
4. 遺伝子鳥類作製法


--------------------------------------------------------------------------------

BIO BUSINESS

--------------------------------------------------------------------------------

プロバイオティクスの市場
Market of Probiotics

--------------------------------------------------------------------------------
【目次】
1. 概要
2. 研究動向
2.1 整腸作用
2.2 発がんリスク低減作用
2.3 免疫能調節作用
2.4 アレルギー低減作用
2.5 血中コレステロール低減作用
2.6 血圧降下作用
2.7 ピロリ菌制御作用
3. 市場規模
4. 企業動向
(1) 明治乳業
(2) ヤクルト本社
(3) 森永乳業
(4) カゴメ


--------------------------------------------------------------------------------

BIO PRODUCTS

--------------------------------------------------------------------------------

ラクターゼ
Lactase

--------------------------------------------------------------------------------
【目次】
1. 物性
2. 市場動向
3. メーカー動向


--------------------------------------------------------------------------------

L-トリプトファン
L-Tryptophan

--------------------------------------------------------------------------------
【目次】
1. 概要
2. メーカー動向
3. 市場動向
4.価格





--------------------------------------------------------------------------------
4,950円
【特集】 センシングバイオロジー―生命科学そして医療を支えるセンシング技術―
--------------------------------------------------------------------------------

特集にあたって―「センシングバイオロジー」とは何か?―

--------------------------------------------------------------------------------
三林浩二(東京医科歯科大学 生体材料工学研究所 教授)




--------------------------------------------------------------------------------

センシングバイオロジーのための非侵襲・無意識計測用デバイス
Bio-device for Non-invasive and Non-conscious Monitoring in Sensing Biology

--------------------------------------------------------------------------------
三林浩二(東京医科歯科大学 生体材料工学研究所 教授)

センシングバイオロジーでは生体の状態や疾病情報をリアルタイムに計測することが重要である。特に採血や体液採取を行わない非侵襲的な方法,そして被験者が生体計測を意識させない無意識計測が必要と考える。本稿では,非侵襲・無意識計測を目的に開発したウエアラブルセンサと生体臭計測用の生化学式ガスセンサを概説する。

【目次】
1. はじめに
2. ウエアラブル化学/バイオセンサ
2.1 涙液グルコース計測のためのウエアラブルバイオセンサ
2.2 コンタクトレンズ型バイオセンサ
3. 生体由来の揮発性化学情報(生体臭)のためのバイオスニファ
3.1 スティック型バイオスニファ(生化学式ガスセンサ)
3.2 スティック型バイオスニファによる呼気計測
3.3 UV-LEDを用いたNADH蛍光検出による生化学式ガスセンサ
4. おわりに


--------------------------------------------------------------------------------

量子ドットを用いた脂肪組織由来幹細胞のバイオイメージング
Bioimaging of Adipose Tissue-derived Stem Cells Using Quantum Dots

--------------------------------------------------------------------------------
鏡味幸真(名古屋大学 大学院工学研究科 前期博士課程)
渡辺将生(名古屋大学 大学院工学研究科 前期博士課程)
湯川博(名古屋大学 大学院医学系研究科 後期博士課程)
加地範匡(名古屋大学 大学院工学研究科 助教)
岡本行広(名古屋大学 大学院工学研究科 助教)
渡慶次学(名古屋大学 大学院工学研究科 准教授)
林衆治(名古屋大学 大学院医学系研究科 教授)
馬場嘉信(名古屋大学 大学院工学研究科 教授)

量子ドットとは金属や半導体によって構成される直径1~20nm程度のナノ粒子であり,CdSeなどに代表される半導体量子ドットは蛍光を発する。このような量子ドットは粒子のサイズを変えることで容易に蛍光波長を変化させることができ,従来の有機系蛍光色素と比較して蛍光スペクトルの幅が狭く,光退色性にも優れるといった特徴を持つ。このような優れた光学的特性は,新規の蛍光プローブとして近年非常に注目され,さまざまなバイオ計測に応用されている。特にバイオイメージング用のプローブとしては従来の有機系蛍光色素では困難な測定を可能とする。本稿では,筆者らが行っている幹細胞を用いた再生医療における量子ドットを利用したバイオイメージング応用に関する研究について紹介する。

【目次】
1. はじめに
2. 量子ドットについて
3. 量子ドットのバイオイメージング応用
3.1 量子ドットを用いた脂肪組織由来幹細胞ラベリング
3.2 量子ドットの細胞毒性について
3.3 量子ドットの細胞内への取り込み量における経時変化
3.4 量子ドットがもたらすASCsの分化能力への影響
4. おわりに


--------------------------------------------------------------------------------

マイクロ流体デバイスの開発動向
Trends of Microfluidic Device Development

--------------------------------------------------------------------------------
叶井正樹((株)島津製作所 基盤技術研究所 係長(主査))

微少量の試料を対象としたマイクロ流体デバイスの研究開発が盛んに行われており,特に近年はDNA,タンパク,細胞を対象としたライフサイエンス応用に関する報告が多数なされている。本稿では,ライフサイエンス応用に関連したマイクロ流体デバイスの特徴,および開発動向について紹介する。

【目次】
1. はじめに
2. チップ電気泳動
3. マイクロバルブを集積化したマイクロ流体デバイス
4. 混相系流体を利用したマイクロ流体デバイス
5. おわりに


--------------------------------------------------------------------------------

ユビキタス生体分子センサー
Ubiquitous Biomolecule Sensing System

--------------------------------------------------------------------------------
岩崎弦(日本電信電話(株) NTTマイクロシステムインテグレーション研究所 主任研究員)
瀬山倫子(日本電信電話(株) NTTマイクロシステムインテグレーション研究所 研究主任)
堀内勉(日本電信電話(株) NTTマイクロシステムインテグレーション研究所 主任研究員)
三浦達(日本電信電話(株) NTTマイクロシステムインテグレーション研究所)
高橋淳一(日本電信電話(株) NTTマイクロシステムインテグレーション研究所 主任研究員)
芳賀恒之(日本電信電話(株) NTTマイクロシステムインテグレーション研究所 主幹研究員)

生体分子の種類や濃度の測定は,医療診断,食品管理,環境モニタリングなどの基本的な情報を得るために必要である。このような測定を時と場所を選ばず行い,情報を通信網でやり取りすることができれば,結果を元に必要な場所と時間で迅速な処置や効果的な管理が可能になるだろう。筆者らは,この様な生体分子の情報をどこでもすぐに得られる情報通信網の入り口となるセンサー(=ユビキタス生体分子センサー)を実現するため,小型装置と使い捨ての測定チップを組み合わせたセンサーシステムを開発している。本稿では,このセンサーシステムの特徴と,菌判別センサーとして用いた酪農分野での応用について紹介する。

【目次】
1. はじめに:ユビキタス生体分子センサー
2. 表面プラズモン共鳴(SPR)センサーによる抗原抗体反応の検出
3. 自己送液機能を集積した測定チップ
4. 菌判別センサーへの応用
5. おわりに


--------------------------------------------------------------------------------

オンチップ・セロミクス技術を用いた細胞からのセンシング・バイオロジー
Cell-based Sensing Biology Using On-Chip Cellomics Technology

--------------------------------------------------------------------------------
安田賢二(東京医科歯科大学 生体材料工学研究所 教授)

臓器や組織を構成する細胞各々の機能を1細胞レベルで計測することは,生命システムの理解のみならず,医療への応用展開をする上で重要である。1細胞から構成的に細胞ネットワークモデルを構成的に構築して,非侵襲に細胞機能を計測するオンチップ・セロミクス技術を駆使したセンシング・バイオロジーについて紹介する。

【目次】
1. はじめに
2. オンチップセロミクス計測技術:構成的アプローチによる細胞からの生命システムの理解
3. オンチップセロミクス計測:オンチップ細胞ネットワーク計測技術
4. オンチップセロミクス計測技術の応用:創薬スクリーニングシステム
5. おわりに


--------------------------------------------------------------------------------

バイオ材料を扱いやすくするビーズ化技術
Bead Technology for Easy Handling of Biomaterials

--------------------------------------------------------------------------------
津田行子(東京大学 生産技術研究所 マイクロメカトロニクス国際研究センター 特任助教;Life BEANSセンター BEANSプロジェクト)
森本雄矢(東京大学 生産技術研究所 マイクロメカトロニクス国際研究センター 大学院生)
竹内昌治(東京大学 生産技術研究所 マイクロメカトロニクス国際研究センター 准教授;Life BEANSセンター BEANSプロジェクト)

MEMS(Micro Electro Mechanical Systems)と聞くと硬い材料を想像しがちだが,本稿では,柔らかくて繊細な生物試料を扱いやすくする,MEMSとバイオの新しい融合研究成果について報告する。

【目次】
1. はじめに
2. 均一直径液滴生成のためのマイクロ流路デバイス
3. 生物試料のマイクロカプセル化プロセス
3.1 中空カプセル
3.2 細胞ビーズ
4. 特定のビーズの取り出しを可能とするダイナミックマイクロアレイ
5. おわりに


--------------------------------------------------------------------------------

個の医療への課題
Issues of Personalized Medicine

--------------------------------------------------------------------------------
伊藤哲(東京医科歯科大学 非常勤講師)

「個の医療」が叫ばれて以来,研究開発が進展してきたが,実際に利用されている情報があまりに少ないことの反省として,研究者側と患者側がイメージしている内容に乖離が出ているのではないかとの視点から,現状を整理してみた。患者側はあくまで,自分に最も有利な治療方針への情報(快方への前提で)を期待しているが,研究者側はあくまで正確な情報提供ということで,快方を前提としていない。研究が進むにつれ,状況把握が出きてきており,それなりに追加修正が出ているが,まだまだ期待からは遠い。治療無効例に対する研究課題が明確になるにつれ,新たなアプローチが始まっていることを実感できるように,少ないが文献を拾ってみた。今後の参考になれば幸いである。

【目次】
1. はじめに
2. 個の医療:現状認識
3. 必須の情報 vs. 推奨の情報
4. 無効予測に対する手立てへ
5. おわりに


--------------------------------------------------------------------------------

BIO R&D

--------------------------------------------------------------------------------

ゴミゼロ型バイオエタノール生産
Production of Bio-ethanol by Solid State Fermentation of Cellulosic Biomass

--------------------------------------------------------------------------------
北本宏子((独)農業環境技術研究所 生物生態機能研究領域 主任研究員)
堀田光生((独)農業環境技術研究所 生物生態機能研究領域 主任研究員)

地球温暖化防止のために食糧と競合しないセルロース系バイオマスからエタノールを生産する技術が求められている。生産工程で環境負荷を押さえつつ,エタノールを効率的に生産する方法として,筆者らは,「固体発酵法」の開発を行っている。収穫直後のバイオマスが含む水分と栄養分を利用して,水分が少ない状態で,酵素と微生物の働きでバイオマスの分解とエタノール発酵を行い,エタノール回収後の残さは飼料にする方法である。エタノール回収までの工程で必要なエネルギーの消費を押さえつつ,廃棄物や廃液を出さずに,農家ができる簡単な設備や操作でバイオマスをすべて有効活用する。本稿では,本技術の原理と実用化の可能性について紹介する。

【目次】
1. はじめに
2. セルロースからエタノールを生産する技術での課題
3. 日本の気候にあった醸造技術の知恵
4. サイレージ発酵における微生物の役割
5. バイオマス固体発酵の原理と可能性
6. 実用化に向けた課題


--------------------------------------------------------------------------------

RecA-based PCRの開発と応用
The Development and Application of RecA-based PCR

--------------------------------------------------------------------------------
美川務((独)理化学研究所 生体超分子構造・機能研究協力グループ 専任研究員)

DNAの特定の領域を増幅する方法であるポリメラーゼ連鎖反応(PCR)は,今やライフサイエンスや医療の分野で欠かせない。しかし,PCRには誤増幅や増幅困難領域の存在など未解決の問題も多い。本稿では,DNA相同組換えに働くRecA蛋白質をPCRに応用し,これら問題を解決したRecA-based PCRとその応用例を紹介する。

【目次】
1. はじめに:DNA相同組換え
2. RecA蛋白質
3. 現状のPCRの問題点
4. RecA-based PCRの開発
5. RecA-based PCRを利用した一塩基多型検出
6. RecA-based PCRを利用したマルチプレックスPCR
7. おわりに


--------------------------------------------------------------------------------

連載 たまごバイオ(第7回)

--------------------------------------------------------------------------------

たまごバイオで活躍する国々

--------------------------------------------------------------------------------
結城惇((株)アニマルバイオ)

【目次】
1. はじめに
2. 国別発表論文数
2.1 著者の所属国別論文数
2.2 発表論文数上位10か国
2.3 米日型と中国型
2.4 年代別推移の3つのパターン
3. アメリカのたまごバイオ研究
4. 日本のたまごバイオ研究
5. 中国のたまごバイオ研究
6. カナダのたまごバイオ研究
7. その他諸国のたまごバイオ研究


--------------------------------------------------------------------------------

BIO BUSINESS

--------------------------------------------------------------------------------

ワクチンの市場
Market of Vaccines

--------------------------------------------------------------------------------
【目次】
1. 概要
2. 製品市場別動向
2.1 インフルエンザワクチン
2.2 新型インフルエンザワクチン
2.3 麻しん風しん混合(MR)ワクチン
2.4 日本脳炎ワクチン
2.5 ヘモフィルス・インフルエンザb型菌(Hib)ワクチン
2.6 ヒトパピローマウイルス(HPV)ワクチン
2.7 その他ワクチンの開発動向
3. がんワクチンの動向
3.1 がんワクチンの開発動向
3.2 主ながんワクチン
4. 企業動向
4.1 財団法人阪大微生物病研究会
4.2 ディナベック
4.3 イミュノフロンティア


--------------------------------------------------------------------------------

BIO PRODUCTS

--------------------------------------------------------------------------------

エリスリトール
Erythritol

--------------------------------------------------------------------------------
【目次】
1. 概要
2. 製法
3. 生産
4. 需要
5. 価格


--------------------------------------------------------------------------------

加水分解シルク
Hydrolyzed Silk

--------------------------------------------------------------------------------
【目次】
1. 概要
1.1 加水分解シルク[520284]
1.2 シルクパウダー[520585]
1.3 シルクセリシン抽出液
2. 製法
3. 生産動向
4.応用例
5.市場動向


--------------------------------------------------------------------------------

「BIOINDUSTRY」2009年総目次

--------------------------------------------------------------------------------

2009 Vol.26「BIOINDUSTRY」総目次 1~12月号





--------------------------------------------------------------------------------
4,950円
【特集】 植物による環境保全・浄化のポテンシャル
--------------------------------------------------------------------------------

特集にあたって―環境浄化装置としての植物―
Plants as the Environmental Purification Machinery

--------------------------------------------------------------------------------
池道彦(大阪大学 大学院工学研究科 環境・エネルギー工学専攻 教授)




--------------------------------------------------------------------------------

鉛蓄積性植物の探索と評価―安全なバイオマス最終処分が可能なファイトレメディエーションへの期待―
Quest and Evaluation of Lead Accumulating Plant

--------------------------------------------------------------------------------
西岡洋(兵庫県立大学 大学院工学研究科 准教授)
村松康司(兵庫県立大学 大学院工学研究科 教授)
末広省吾((株)住化分析センター 大阪事業所 組成解析グループ)
寺田靖子((財)高輝度光科学研究センター 利用研究促進部門)

鉛のファイトレメディエーションに使用可能な新規植物を探索した結果,シダ植物のシシガシラに鉛集積性があることを認めた。SPring-8においてX線マイクロビームによるマッピングを行い,シシガシラの鉛蓄積部位を明らかにした。シシガシラはケイ酸植物であり,鉛蓄積部位とケイ酸蓄積部位が非常に近接している。したがって,適切な温度で熱処理を行えばケイ酸をガラス化し,これにより鉛の不溶化を図れるのではないかと考えた。シシガシラの探索から評価までの一部を紹介する。

【目次】
1. はじめに
2. ファイトレメディエーションと超集積性植物
3. 鉛集積性植物の探索と評価
3.1 鉛を超集積するシダ植物の探索
3.2 鉛集積性植物シシガシラの評価
4. シシガシラ地上部の熱処理による鉛の不溶化
5. おわりに


--------------------------------------------------------------------------------

環境ホルモンを分解する植物―環境浄花―
Phytoremediation of Endocrine Disruptors

--------------------------------------------------------------------------------
平田收正(大阪大学 大学院薬学研究科 教授)
原田和生(大阪大学 大学院薬学研究科 助教)
奥畑博史(関西電力(株) 研究開発室 電力技術研究所 環境技術研究センター 研究員)
宮坂均(関西電力(株) 研究開発室 電力技術研究所 環境技術研究センター チーフリサーチャー)

重篤な健康被害が懸念される環境ホルモンの浄化方法のひとつとして,低コストで運用が可能なファイトレメディエーションが注目されている。その一例として,園芸植物ポーチュラカによるビスフェノールAの浄化について,筆者らが行った基礎研究の成果について紹介する。

【目次】
1. はじめに
2. 高い環境ホルモン代謝能を有する植物のスクリーニング
3. ポーチュラカのビスフェノールA浄化能の評価
4. おわりに


--------------------------------------------------------------------------------

水生植物根圏に集積される有害化学物質分解微生物―植物-微生物共生系による根圏浄化法のコンセプト―
Enrichment of Toxic Chemical-degrading Bacteria in the Rhizosphere of Aquatic Plant:A Concept of Rhizoremediation by Plant-bacterial Associations

--------------------------------------------------------------------------------
遠山忠(室蘭工業大学 大学院工学研究科 応用理化学専攻 助教)
清和成(大阪大学 大学院工学研究科 環境・エネルギー工学専攻 助教)
森一博(山梨大学 大学院医工学総合研究部 工学学域 社会システム工学系 准教授)
池道彦(大阪大学 大学院工学研究科 環境・エネルギー工学専攻 教授)

植物と微生物の共生的な関係を理解し,これを活用すること(根圏浄化法)によって,これまでの植物利用浄化技術の性能を飛躍的に強化,拡張することが期待できる。本稿では,根圏浄化法のコンセプトとメカニズムを紹介する。植物機能と微生物機能のどちらかを重点的に発揮させることを狙うシステムデザインの構築が,より効率的な浄化を実現するポイントである。

【目次】
1. はじめに
2. 水生植物の根圏における有害化学物質の効率的な分解
3. 水生植物による根圏への酸素輸送
4. 水生植物の根分泌物と根圏に集積する微生物の特徴
5. 水生植物の根分泌物を利用した有害化学物質の共代謝分解
6. 植物酵素反応による有害化学物質の分解・無害化
7. 植物-微生物共生系の有害化学物質分解メカニズム
8. 未開発微生物資源としての根圏
9. おわりに


--------------------------------------------------------------------------------

有用植物を用いた生活排水等の高度処理―バイオジオフィルターの適用―
Advanced Treatment of Domestic Wastewater using Useful Plants:Application of Biogeofilter Ditches

--------------------------------------------------------------------------------
尾崎保夫(秋田県立大学 生物資源科学部 生物環境科学科 教授)
阿部薫((独)農業環境技術研究所 土壌環境研究領域 主任研究員)

有害物質が混入していない生活排水の合併処理浄化槽処理水は,養分バランスの良いすぐれた肥料液であり,バイオジオフィルター水路を用い野菜や資源植物の水耕培養液として利用することにより,資源循環と水質浄化が図れることを明らかにした。バイオジオフィルター水路では,植物の養分吸収機能と濾材の養分吸着機能の適正組み合わせにより,水質浄化機能を強化しているが,ゼオライトや鹿沼土など養分吸着能の高い濾材に養分吸収能の弱い植物を植栽すると,濾材に強く吸着された養分を植栽植物が吸収利用することができず,試験初期には植栽植物の生育が著しく悪くなることを実証した。これらの結果は,汚水の濃度や組成,浄化目標水質に合わせた有用植物と濾材の適正組み合わせモデルを作成することが必要なことを示唆している。

【目次】
1. はじめに
2. バイオジオフィルターの特徴
3. 合併処理浄化槽とBGF水路を用いた生活排水の高度処理
4. 濾材と植物の組み合わせがBGF水路流出水の水質に与える影響
5. BGF水路を用いた農業集落排水二次処理水の高度処理
6. ゼオライト濾材の長期使用と流出水の窒素濃度の関係


--------------------------------------------------------------------------------

ファイトレメディエーションの実用化動向
Phytoremediation for Oil Contaminated Soil

--------------------------------------------------------------------------------
浅田素之(清水建設(株) 技術戦略室 主査)

植物を用いたファイトレメディエーションは,低濃度汚染土壌に対し,経済性の高い浄化技術として期待されている。本稿では,実用化動向として,油汚染土壌の室内およびフィールドによる浄化試験結果を報告する。バイオレメディエーションより時間がかかるものの,油汚染土壌に適用可能であることが確認できた。

【目次】
1. はじめに
2. 油汚染土壌に対する植物浄化室内試験
3. 日本におけるフィールド試験
4. タイにおけるフィールド試験
5. おわりに


--------------------------------------------------------------------------------

BIO R&D

--------------------------------------------------------------------------------

組換え大腸菌による糖からの芳香族化合物前駆体(2-deoxy-scyllo-inosose=DOI)の高効率生産システム
Efficient Production of 2-deoxy-scyllo-inosose from D-glucose by Metabolically Engineering Recombinant Escherichia coli

--------------------------------------------------------------------------------
高久洋暁(新潟薬科大学 応用生命科学部 応用生命科学科 准教授)
脇坂直樹(新潟薬科大学 応用生命科学部 応用生命科学科 応用微生物遺伝子工学研究室 研究員)
髙木正道(新潟薬科大学 応用生命科学部 応用生命科学科 名誉教授)

2-deoxy-scyllo-inosose(DOI)は,炭素六員環構造を持つ芳香族化合物前駆体であり, 医薬・農薬,酸化抑制剤等の化学品の合成のために重要な中間原料である。本稿では,代謝工学的に改変した組換え微生物を利用し,従来石油資源から合成されていた化学工業原料をバイオマスからクリーンで全く新しい技術で合成する技術について紹介する。

【目次】
1. はじめに
2. 大腸菌における安価なDOI合成酵素大量発現プロモーターの探索
3. 大腸菌におけるグルコース-6-リン酸代謝システムの改変
4. DOIの安定性とDOI発酵生産培養条件の最適化
5. 培養液からのDOIの精製システム
6. おわりに


--------------------------------------------------------------------------------

マイクロカプセルを利用した動物細胞球状組織体の作製
Multicellular Spheroids Production Using Novel Cell-enclosing Microcapsules

--------------------------------------------------------------------------------
境慎司(九州大学 大学院工学研究院 化学工学部門 助教)
川上幸衛(九州大学 大学院工学研究院 化学工学部門 教授)

サイズの均一性が高い動物細胞の球状組織体を大量に作製できる方法の確立は,ES細胞やiPS細胞を利用した再生医療の実現や,組織体の方が二次元的に培養された場合よりもより生体内に近い挙動を示すことから新規薬剤の効用試験などに大きく寄与できると考えられる。本稿では,動物細胞包括カプセルをそのための新たなツールとして提案し,独自の方法によって作製に成功した微小カプセルを利用した検討に関して,研究状況とその成果を紹介する。

【目次】
1. はじめに
2. 動物細胞包括マイクロカプセル
3. 鋳型ゲルビーズ作製
4. カプセル皮膜作製
5. 中空化と球状組織体の形成
6. 大量生産性
7. おわりに


--------------------------------------------------------------------------------

膵β細胞に発現する甘味受容体の機能
Sweet Taste Receptor Expressed in Pancreatic βCells

--------------------------------------------------------------------------------
小島至(群馬大学 生体調節研究所 細胞調節分野 教授)

味蕾に発現する甘味受容体は,ショ糖,ブドウ糖などの糖や,様々な天然および人工の甘味料により活性化されるGタンパクカップル型受容体である。筆者らは,インスリンを分泌する膵β細胞にこの甘味受容体が発現することを見出した。人工甘味料を添加するとβ細胞内のカルシウム,cAMPが増加し,インスリン分泌が刺激される。

【目次】
1. はじめに
2. グルコレセプター説と代謝説
3. グルコレセプター説の復権
4. β細胞の甘味受容体
5. 今後の展望


--------------------------------------------------------------------------------

連載:バイオ産業と生物多様性条約解説シリーズ(7)

--------------------------------------------------------------------------------

日本の大学・公共機関の生物探索研究の生物多様性条約からの見方

--------------------------------------------------------------------------------
森岡一(CBD-ABS研究会)

【目次】
1. 学術研究における植物遺伝資源の入手と保存
2. 日本の大学の生物遺伝資源研究契約と特許出願
3. 生物遺伝資源保管管理としての九州大学有体物管理センターの取り組み
4. 農業生物資源研究所ジーンバンクの試験研究または教育用の生物遺伝資源の保存と配布
5. 考察
5.1 世界の博物学関係学術団体の生物遺伝資源取扱ガイドライン
5.2 米国国立衛生研究所の伝統的医薬に関する考え方
5.3 日本の大学の国際学術交流とCBD関連契約
5.4 学術研究における植物遺伝資源の収集管理と生物多様性条約の関係
5.5 大学発ベンチャーの存在と利益配分


--------------------------------------------------------------------------------

BIO BUSINESS

--------------------------------------------------------------------------------

酵母エキスの市場
Market of Yeast Extracts

--------------------------------------------------------------------------------
【目次】
1. 調味料の市場概況
2. 酵母エキスの市場
3. 酵母エキスメーカーと製品


--------------------------------------------------------------------------------

BIO PRODUCTS

--------------------------------------------------------------------------------

ルチン
Rutin

--------------------------------------------------------------------------------
【目次】
1. 概要
2. 毒性
3. 製法
4. 生産
5. 需要
6. 価格


--------------------------------------------------------------------------------

リパーゼ
Lipase

--------------------------------------------------------------------------------
【目次】
1. 概要
2. 市場動向
3. メーカー動向
4.価格





--------------------------------------------------------------------------------
4,950円
【特集】 バイオクラスター―新産業創出と産学官連携の新たな挑戦―
--------------------------------------------------------------------------------

特集にあたって

--------------------------------------------------------------------------------
小原満穂((独)科学技術振興機構 審議役)




--------------------------------------------------------------------------------

組換え酵素を用いた食品および環境中有毒成分の簡易測定キットの開発
Rapid Assay Kits for Toxins in Food and Environment Using a Recombinant Enzyme

--------------------------------------------------------------------------------
池原強((株)トロピカルテクノセンター 事業開発部 研究開発課 主任研究員)
安元健((財)沖縄科学技術振興センター コア研究室 研究統括)

平成14年度から5年間,JSTと沖縄県による地域結集型共同研究事業「亜熱帯生物資源の高度利用」が行われ,その成果として「組換え酵素を用いた食品および環境中有毒成分の簡易測定キットの開発」に成功した。近年,世界的に高まりつつある「食と環境の安全」を背景として浮上したこのテーマへの取り組みについて紹介する。

【目次】
1. はじめに
2. プロテインホスファターゼ2A(PP2A)の構造と機能および産業利用
3. 遺伝子組換えPP2A生産のためのバキュロウイルス-昆虫細胞発現系
3.1 PP2Aと遺伝子組換え発現系
3.2 バキュロウイルス発現系によるPP2Aの大量調製
4. リコンビナントPP2Aを利用した有毒成分測定キットの開発
4.1 DSP Rapid Kitの開発
4.2 ミクロシスチン検出キットの開発
5. おわりに


--------------------------------------------------------------------------------

ゲノム情報を基本とした次世代先端技術開発
Development of New Technologies Based on Genome Information

--------------------------------------------------------------------------------
富岡登((財)千葉県産業振興センター 企業振興部 新事業取引支援室 科学技術コーディネーター)

千葉県地域結集型共同研究事業は,科学技術振興機構(JST)の支援のもと「ゲノム情報を基本とした次世代先端技術開発」をテーマに,(財)かずさDNA研究所の研究成果であるヒト長鎖cDNA等の遺伝子資源および関連技術を基盤に,ポストゲノム時代の先端技術に関する共同研究事業として,平成13年から5年間にわたって実施された。この事業においては,医療,創薬分野における新技術・製品の開発を目指すとともに,新技術・製品の開発を通じてバイオに特化した地域COEの形成を図ることとされていた。本稿では,産学官連携による大学等公的機関のシーズ・技術の形成とそれに関する商品化について説明する。

【目次】
1. はじめに
2. 事業化に向けての環境整備について
3. 研究開発成果の事業化
4. 「DNA/抗体/タンパク質アレイヤー」の商品化について
4.1 研究開発の経緯
4.2 技術の概要
4.3 商品化への道筋
4.4 科学技術の進展あるいは国民の生活等への寄与
5. 抗体試薬の有償配布について
6. おわりに


--------------------------------------------------------------------------------

食の機能性を中心としたがん予防基盤創出
Diet and Cancer Prevention:Exploring Research Technology

--------------------------------------------------------------------------------
森下敏朗((財)宮崎県産業支援財団 結集型研究推進室 室長)

南九州特有の風土病である成人T細胞白血病(ATL)および肝細胞がんという,共にウイルス感染を背景に発症するがんの発症機構・進展因子を解明し,食の機能性の活用を中心とした予防法および治療法を開発することを目的に,宮崎県内の産学官が医農連携による共同研究体制を構築して宮崎県地域結集型共同研究事業に取り組んだので,その取り組み状況と事業成果を紹介する。

【目次】
1. はじめに
2. 事業概要
2.1 事業推進体制
2.2 研究テーマと事業概要
3. 事業成果
3.1 ラビットアイブルーベリー葉の事業展開
3.2 ATL特異的マーカーを用いた早期診断法および治療法の開発
3.3 コホート研究等を用いた肝炎進展予測法および肝がん発症前診断法の確立とその検証
3.4 ハイスループット食品機能性評価システムの開発
3.5 ナノエマルション製造技術を活用したDDS開発
4. おわりに


--------------------------------------------------------------------------------

メタボリックプロファイリング手法による緑茶の品質予測
Prediction of Japanese Green Tea Quality by Metabolic Profiling Method

--------------------------------------------------------------------------------
米谷力((財)奈良県中小企業支援センター 地域結集型共同研究 コア研究室 主任研究員)
池田達彦((財)奈良県中小企業支援センター 地域結集型共同研究 コア研究室 研究員)
福崎英一郎(大阪大学 大学院工学研究科 生命先端工学専攻 教授)

地域結集型研究開発プログラムにおいて「古都奈良の新世紀植物機能活用技術の開発」をテーマに,奈良県の伝統的な素材を焦点にして機能性の評価技術やメタボリックプロファイリングを中核技術として新製品,新技術の創出を目指し取り組んでいる。本稿では,大和茶のメタボリックプロファイリングを利用した最適栽培・加工技術について紹介する。

【目次】
1. 奈良県における地域結集型研究開発プログラムの概要
2. 大和茶のメタボリックプロファイリング手法を利用した最適栽培・加工技術
3. 本技術の実用化について


--------------------------------------------------------------------------------

高解像度陽電子放出マンモグラフィ(PEM)装置の開発
Development of High Resolution Positron Emission Mammography(PEM)

--------------------------------------------------------------------------------
馬場護(東北大学 サイクロトロン・ラジオアイソトープセンター 研究教授)
伊藤正敏(東北大学 サイクロトロン・ラジオアイソトープセンター 特任教授)
山本誠一(神戸市立工業高等専門学校 電気工学科 教授)
吉川彰(東北大学 多元物質科学研究所 准教授)
薄善行(古河機械金属(株) 素材総合研究所 副所長)
木戸章夫(CMI(株) 社長)

乳がん検診の高精度化を目指し,高解像度を有する乳腺用小型PET(陽電子断層撮影装置)の開発を行った。マンモグラフィとの併用が可能でかつリンパ節診断も可能となるよう平行平板型構造とし,高速高分解能の新型シンチレータ結晶(Pr:LuAG)と位置敏感型光電子増倍管で構成した。大型シンチレータブロック,高速データ収集系と平行平板検出器用3次元画像再構成法の開発により,数分以内で高解像度再構成画像が得られ,最高解像度1.1mmを得た。実用化に向け開発を継続する。

【目次】
1. はじめに
2. PEMの開発
2.1 PEM基本構造の検討
2.2 結晶技術の開発
2.3 PEM用検出器とPEMシステムの設計開発
2.4 ソフトウエアの開発
3. PEMの性能
4. 今後の計画


--------------------------------------------------------------------------------

「DETECTシステム」の開発
Development of DETECT System

--------------------------------------------------------------------------------
奥崎大介(大阪大学 微生物病研究所 感染症DNAチップ開発センター 助教)
野島博(大阪大学 微生物病研究所 感染症DNAチップ開発センター 教授;センター長)

筆者らは,10年以上の歳月の間,独自開発した段階的サブトラクション法とDNAマイクロアレイ法を駆使し,様々なヒトを含めた生物種におけるトランスクリプトーム解析を進めて遺伝子コンテンツ(生物資源情報)を収集してきた。ここでは「DETECTシステムの開発」と命名した実社会へのフィードバックの一例を紹介する。

【目次】
1. はじめに
2. DETECTシステムの開発について
3. 「DETECTシステム」の検査対象は?
4. 感染体DETECTシステムの開発
4.1 感染体チップの作成と評価
4.2 検出器の評価
5. 自己免疫疾患DETECTシステムの開発
5.1 不明熱・膠原病検査チップの作製
5.2 不明熱・膠原病検査チップの評価
5.3 高安病のスクリーニング
6. おわりに


--------------------------------------------------------------------------------

BIO R&D

--------------------------------------------------------------------------------

タンパクフリーローヤルゼリーの開発
Development of Protein-free Royal Jelly

--------------------------------------------------------------------------------
牛尾慎平((株)林原生物化学研究所 研究センター 医薬研究部門 主管研究員)
三宅正樹((株)林原生物化学研究所 研究センター 医薬研究部門)
谷口美文((株)林原生物化学研究所 研究センター 医薬研究部門 担当主任研究員)
福田恵温((株)林原生物化学研究所 研究センター 常務取締役)

近年,ローヤルゼリー(RJ)によりアレルギーが誘発されたとの報告が散見される。そこで,アレルギーの原因となる高分子タンパク質は除去し,デセン酸や生物作用に関しては生RJと同等に保った「タンパクフリーRJ液」の製法を確立した。現在,「タンパクフリーRJ液」および粉末加工標品を機能性素材として展開中である。

【目次】
1. 機能性食品としてローヤルゼリーが抱える問題
2. タンパクフリーRJの開発
3. タンパクフリーRJ液の抗原性確認
4. タンパクフリーRJ液の生物作用
4.1 アトピー性皮膚炎モデルにおける症状軽減作用
4.2 デキストラン硫酸ナトリウム(DSS)誘導性大腸炎モデルにおける作用
4.3 コラーゲン産生増強作用
4.4 老化に伴う精巣の退行性変化の抑制
5. おわりに


--------------------------------------------------------------------------------

がん診断用新規PETプローブの開発
Development of New PET Probes for Cancer Diagnosis

--------------------------------------------------------------------------------
遠藤仁(ジェイファーマ(株) 代表取締役)

PET(Positron Emission Tomography:陽電子放出断層画像法)を用いたがんの診断は被験者への侵襲が少なく,全身でのがんの発見に大きく貢献している新技術である。プローブとしてグルコース標識体(FDG)が一般的に用いられているが,偽陽性が問題とされている。本稿では,よりがんに選択性の高い新規プローブの開発について述べる。

【目次】
1. はじめに
2. 新規分子標的,LAT1の発見
3. LAT1遺伝子とLAT1タンパク質のがん特異性
4. LAT1を標的としたPETプローブのデザイン
5. α-メチルチロシン(FMT)とLAT1の関連性
6. 18F-FMTの有用性
7. 高親和性結合型プローブと蓄積型プローブ
8. おわりに


--------------------------------------------------------------------------------

連載:未来をひらく 脳科学のススメ

--------------------------------------------------------------------------------

最終回

--------------------------------------------------------------------------------

脳科学と社会を隔てる境界を越えて
Toward Cross-Boundary Discipline across Neuroscience and Society
--------------------------------------------------------------------------------

福士珠美((独)科学技術振興機構 研究開発戦略センター(JST/CRDS)ライフサイエンスユニット フェロー)




--------------------------------------------------------------------------------

連載:バイオ産業と生物多様性条約解説シリーズ(6)

--------------------------------------------------------------------------------

農業用植物の育種と植物保存機関の役割

--------------------------------------------------------------------------------
森岡一(CBD-ABS研究会)

【目次】
1. はじめに
2. エノラ豆のケースにみる新品種の知的財産権
3. 生物遺伝資源保存機関から生物遺伝資源の流出
3.1 国際稲作研究所とジャスミン・ライス
3.2 国際じゃがいもセンターとヤーコン
4. 植物園等公共植物保存機関と生物多様性条約
4.1 植物園等公共保存機関の役割と自主的アクセスと利益配分規定
4.2 公共機関である日本植物品種保存センターの取り組み
5. まとめ
5.1 農業用植物の国際的取り決め
5.2 植物園等公共機関の植物へのアクセスと利益配分


--------------------------------------------------------------------------------

BIO BUSINESS

--------------------------------------------------------------------------------

産業用酵素の市場
Market of Industrial Enzymes

--------------------------------------------------------------------------------
【目次】
1. 産業用酵素
1.1 酵素の分類と世界市場
1.2 産業用酵素市場
1.2.1 市場概況
1.2.2 分野別の市場動向
(1) 食品用酵素
(2) 洗剤用酵素
(3) 繊維用酵素
1.3 主要メーカー動向
(1) ノボザイムズジャパン
(2) 天野エンザイム
(3) ナガセケムテックス
(4) 新日本化学工業
(5) エイチビィアイ
(6) 洛東化成工業
1.4 市場の方向性


--------------------------------------------------------------------------------

BIO PRODUCTS

--------------------------------------------------------------------------------

トレハロース
Trehalose

--------------------------------------------------------------------------------
【目次】
1. 概要
2. 毒性
3. 製法
4. 生産
5. 需要
6. 価格・荷姿


--------------------------------------------------------------------------------

SOD
Superoxide Dismutase

--------------------------------------------------------------------------------
【目次】
1. 概要
2. SODの適応症と潜在市場
3. 研究開発動向





--------------------------------------------------------------------------------
4,950円
【特集】 バイオ研究を変える最新分析機器
--------------------------------------------------------------------------------

レーザ顕微鏡の進化と新しい技術
The Evolution of Laser Scanning Microscope and New Technologies

--------------------------------------------------------------------------------
平山香(オリンパス(株) MIS事業部 MIS LCI事業推進部 LCI販売促進1G 主任)

共焦点顕微鏡では難しいとされてきた標本深部観察は,多光子顕微鏡とその最新技術により可能となった。オリンパスの多光子に特化した光学設計は,明るく高解像度なイメージングを実現し,さらなる応用研究もなされている。高度な技術提供の一方,効率的でスムーズな共焦点イメージングにもオリンパスは力を入れている。

【目次】
1. 蛍光顕微鏡の発展
2. 多光子励起レーザ走査型顕微鏡「FV1000MPE」
2.1 ネガティブチャープ搭載多光子専用レーザ
2.2 多光子専用対物レンズ「XLPLN25XWMP」
2.3 透過蛍光用外部検出器
2.4 多光子励起現象の光刺激への応用
3. 共焦点レーザ走査型顕微鏡「FV10i」
3.1 ハードウェア
3.2 ソフトウェア
3.3 タイムラプス観察


--------------------------------------------------------------------------------

ハイスループット細胞機能探索システム
High-throughput Cytological Discovery System

--------------------------------------------------------------------------------
景虹之(横河電機(株) 通信・計測事業部 バイオ・アナリティカルセンター 創薬・バイオグループ 開発チームリーダ)

ハイスループット細胞機能探索システムは,固定細胞はもとより,生細胞の長時間変化を経時的に観察し,解析する装置である。独自の共焦点機能をベースとした顕微光学系により,高いSN比で細胞の断面を撮像し,細胞内における各種分子の局在を高精度で認識できる。また,半導体製造装置で培われた技術を活かして,高速・高信頼性のロボット搬送系を実現している。

【目次】
1. はじめに
2. システムの概要
3. システムのハードウエア要素技術
3.1 共焦点スキャナ
3.2 オートフォーカスユニット
3.3 搬送系
4. 画像処理の例
4.1 細胞トラッキング
4.2 樹状突起検出
5. アプリケーションの例
6. おわりに


--------------------------------------------------------------------------------

バイオマーカー探索―マスイメージング技術を中心として―
Biomarker Discovery by Imaging Mass Spectrometry

--------------------------------------------------------------------------------
中西豪((株)島津製作所 応用技術部 京都アプリケーション開発センター 主任)

マスイメージング法は生体組織切片における生体分子の分布を直接質量分析することでマッピングすることを主な特徴としており,バイオマーカー探索への応用・評価が多くの研究者によって現在進められている。本稿では,マスイメージング法の原理を記述するとともに実際にバイオマーカー探索に応用された実例を紹介する

【目次】
1. はじめに
2. マスイメージング法とは
2.1 組織切片の作成
2.2 前処理法の進展
2.3 質量分析とデータ解析
3. バイオマーカー探索へのマスイメージング法の応用
4. おわりに


--------------------------------------------------------------------------------

食品検査と分析機器
Food Inspection and Analytical Instruments

--------------------------------------------------------------------------------
大道公秀(サーモフィッシャーサイエンティフィック(株) サイエンティフィックインスツルメンツ事業本部 フードセーフティースペシャリスト)

昨今,食の安全に関わる事件・事故や,産地偽装のように食の安心を揺るがす不祥事がわが国だけに限らず世界各国で起こっている。そのため,食品の安全と安心を求める消費者の要求に応える形で,食品検査がなされている。ここでは具体的事例を交えて,食品検査に用いられる分析機器を概説し,食の安全を担保する今日的概況を紹介する。

【目次】
1. はじめに
2. 残留農薬分析での課題
3. メラミン分析法の開発
4. 産地・原材料の判別
5. 異物分析
6. 栄養成分分析
7. 微量元素分析
8. おわりに


--------------------------------------------------------------------------------

BIO R&D

--------------------------------------------------------------------------------

アスタキサンチンの微生物生産
The Astaxanthin Production with Marine Bacterium

--------------------------------------------------------------------------------
今泉暢(東ソー(株) 東京研究所 副主任研究員)
井出輝彦(東ソー(株) 東京研究所 主席研究員)
半澤敏(東ソー(株) 東京研究所 主席研究員)

近年,漁業では安定供給を目的として養殖生産する漁業への転換が進んでおり,養殖魚の品質向上のため,さまざまな研究開発が行われている。魚類や鳥類はAx(アスタキサンチン)を生合成することができず,藻類や微生物が生産したAxを食物連鎖により獲得するが,マダイやサケ類の養殖では通常の飼料では十分なAxを供給できないため飼料にAxが添加される。近年の世界的な魚類の消費需要増加とあいまって,Axの市場は年率5~7%の成長を続けており,2004年には約250億円に達した。またAxには抗酸化活性や抗癌活性などが確認され,その生理活性について近年活発に研究されている。これを応用した健康補助食品としての利用も広がっている。本稿では,特に養魚用飼料向けに筆者らが開発した,微生物を用いた簡便なプロセスによる天然品Axの生産方法を紹介する。

【目次】
1. はじめに
2. Ax生産性の改良方法
2.1 菌株改良
2.2 高密度培養法
2.2.1 酸素供給量制御技術
2.2.2 栄養源濃度制御技術
3. 機能評価
4. おわりに


--------------------------------------------------------------------------------

植物生殖140年の謎―花粉管誘引物質の同定とレーザーマイクロインジェクション法による解析―
Identification of the Elusive Pollen-tube Attractant by Laser Microinjection

--------------------------------------------------------------------------------
筒井大貴(名古屋大学 大学院理学研究科 生命理学専攻 博士前期課程)
東山哲也(名古屋大学 大学院理学研究科 生命理学専攻 教授)

140年にも渡って謎とされてきた花粉管誘引物質が,ついに同定された。その探索の歴史を振り返ると,カルシウムイオンや糖など数多くの物質が候補として挙げられては否定され,さらにはその存在すら疑問視されたほどであった。そのような中,トレニアというユニークな植物を用いた筆者らの解析によって,誘引物質の実体がシステインに富んだ分泌性の低分子量タンパク質であることが明らかとなった。また,誘引物質は少なくとも2種類あることも分かった。今回はその同定までの経緯をはじめとして,植物生殖メカニズムの解明からみえる農業への応用についても議論したい。また,誘引物質同定の際に開発された様々な技術のなかでも,特に植物細胞への効率的なインジェクションを可能にした新規試料導入法(LTM法)について,詳しく紹介する。

【目次】
1. はじめに
1.1 被子植物の重複受精
1.2 花粉管ガイダンス
2. 花粉管誘引物質の同定
2.1 花粉管誘引物質は助細胞から分泌される
2.2 助細胞で発現する16個のTfCRPs
2.3 TfCRP1とTfCRP3が花粉管を引き寄せた
3. 植物細胞への新規試料導入法:LTM法
3.1 LTM法の原理
3.2 LTM法の応用
3.3 花粉管誘引物質の発現阻害
4. 花粉管誘引物質の発見から見える未来


--------------------------------------------------------------------------------

バイオ人工膵臓の開発
Development of a Bioartificial Pancreas

--------------------------------------------------------------------------------
清田正之(岡山大学 大学院医歯薬総合研究科 消化器腫瘍外科学)
窪田康浩(岡山大学 大学院医歯薬総合研究科 消化器腫瘍外科学)
小林直哉(岡山大学 大学院医歯薬総合研究科 消化器腫瘍外科学)

今日,世界には1億人以上の糖尿病患者が存在するとされ,その数は増加の一途を辿っている。こういった背景からいま世界中で糖尿病の予防および治療法の開発が行われている。1型糖尿病に対するインスリン療法は現在標準的な治療であるが,微小血管障害に伴う合併症を必ずしも予防し得ない。また血糖値の安定性の面からもインスリン療法には限界がある。これに代わる治療として膵移植・膵島移植が考案され著しい発展を遂げている。現在までに全世界で多くの膵島移植が施行され,良好な結果を認めている。しかしその一方で深刻なドナー膵不足,施術操作に伴う合併症,長期の免疫抑制剤服用による合併症も指摘されている。これらの問題点を解決するべく開発されたのがバイオ人工膵臓である。バイオ人工膵臓の作用機序,各種タイプとその利点・欠点,人工膵臓に注入する細胞ソース,現状の課題,今後の展望について若干の文献的考察を加え解説する。

【目次】
1. はじめに
2. BAPの開発と作用機序
3. BAPデバイスのタイプ
3.1 血液潅流型BAP
3.2 マイクロカプセル型BAP
3.3 マクロカプセル型BAP
4. BAPデバイスに注入する細胞について
5. 現状の課題
5.1 デバイス内環境の改善
5.2 デバイスへの血流確保
5.3 膵島の保管,凍結保存
6. 今後の展望


--------------------------------------------------------------------------------

連載:未来をひらく 脳科学のススメ

--------------------------------------------------------------------------------

第11回

--------------------------------------------------------------------------------

脳が感じる「感じ」の科学
Scientific Approach to the“Sense”Felt by Brain

--------------------------------------------------------------------------------
福士珠美((独)科学技術振興機構 研究開発戦略センター(JST/CRDS) ライフサイエンスユニット フェロー)




--------------------------------------------------------------------------------

脳と新しいアートの創出
Difference between Computer and Brain and Generation of New Arts

--------------------------------------------------------------------------------
池上高志(東京大学 大学院総合文化研究科 広域科学専攻 広域システム系 教授)

脳とコンピュータの「知覚」を比べると,脳は,対象の記号的な意味だけではなくテクスチャーとしてモノをみることができる。テクスチャーの知覚とはモノの質的な形質の知覚のことである。筆者らが提案する第三項音楽は,このテクスチャーを組み合わせて行くことで構成するサウンドアートの形である。

【目次】
1. はじめに
2. カオスと意味の理論
3. シンボルとテクスチャー
4. 第三項音楽
5. アート作品
6. 新しい経験の創出としてのアート


--------------------------------------------------------------------------------

ロボットの心・意識を作る
How to Make Conscious Robots

--------------------------------------------------------------------------------
前野隆司(慶應義塾大学 大学院システムデザイン・マネジメント研究科 教授)

ロボットの心,中でも意識を作ることは可能か否かについて論じる。まず,意識とクオリアの定義について述べる。次に,ヒトの意識は幻想と捉えられること,および,そのように考えるとロボットの意識はヒトの意識と大差ないと考えうることを述べる。最後に,ロボットの心を作ることの倫理的是非について述べる。

【目次】
1. はじめに
2. 意識とクオリアの定義
3. 意識のクオリアは幻想か?
4. ロボットの心(意識)を作ってもいいか?
5. おわりに


--------------------------------------------------------------------------------

連載:バイオ産業と生物多様性条約解説シリーズ(5)

--------------------------------------------------------------------------------

化粧品業界の生物遺伝資源利用とその課題

--------------------------------------------------------------------------------
森岡一(CBD-ABS研究会)

【目次】
1. はじめに
2. Bodyshopの販売するBrazil nut oil
2.1 Bodyshopのビジネス形態
2.2 Bodyshopとブラジル原住民の関係
2.3 Bodyshopの生物遺伝資源の取り扱いの問題点
3. コーセー・白鳥製薬が特許化したPueraria mirifica(プエラリア・ミリフィカ)
3.1 Pueraria mirificaとは
3.2 Pueraria mirificaはタイの伝統的医薬
3.3 Pueraria mirificaの特許出願
3.4 タイにおけるPueraria mirificaの輸出規制
4. 化粧品分野の生物多様性条約関連の取り組み
4.1 Phytotrade Africa
4.2 Unbuntu Natural
4.3 Union for Ethical BioTrade
5. まとめ
5.1 化粧品素材のアクセスと利益配分のあり方
5.2 自主的な品質保証を含む認証制度の導入による供給の安定化
5.3 伝統的知識の利用と特許権のありかた


--------------------------------------------------------------------------------

連載 たまごバイオ(第6回)

--------------------------------------------------------------------------------

たまごバイオの企業と技術

--------------------------------------------------------------------------------
結城惇((株)アニマルバイオ)

【目次】
1. はじめに
2. 論文調査から
3. 先進バイオ企業アムジェンの取り組み
4. 非専業企業の取り組み
5. 専業企業と技術
5.1 GenWay Biotech社:固定化卵黄抗体
5.2 AviGenics社/Synageva Biopharma社:ヒト生理活性蛋白質の卵白での生産
5.3 Origen Therapeutics社/広島大学バイオメディカル社:ES細胞をベクターとする遺伝子移植法
5.4 Avicore Biotechnology Institute社:ニワトリ始原生殖細胞をベクターとする遺伝子移植法
5.5 BioAgri社:精子をベクターとする遺伝子移植法
5.6 Embrex社:筋肉注射による遺伝子移植法


--------------------------------------------------------------------------------

BIO BUSINESS

--------------------------------------------------------------------------------

機能性食品素材の市場
Market of Functional Food Materials

--------------------------------------------------------------------------------
【目次】
1. 概要
2. 市場規模
2.1 機能性食品市場
2.2 トクホ市場
3.製品動向
3.1 コエンザイムQ10
3.2 L-カルニチン
3.3 コラーゲン
4. 企業動向
(1) カネカ
(2) 日清ファルマ
(3) ニッピ
(4) 新田ゼラチン
(5) ゼライス
(6) 明治製菓
(7) 味の素


--------------------------------------------------------------------------------

BIO PRODUCTS

--------------------------------------------------------------------------------

トランスグルタミナーゼ
Transglutaminase;TGase,JIS K 3611 12033

--------------------------------------------------------------------------------
【目次】
1. 物性
2. 市場動向
3. メーカー動向
3.価格





--------------------------------------------------------------------------------
4,950円
【特集】 科学的データから目指す機能性バイオコスメの開発
--------------------------------------------------------------------------------

脂質メディエーター・環状ホスファチジン酸(cPA)の基礎化粧品への応用―cPAによる皮膚の潤いと弾力性の改善効果について―
Application of Lipid Mediator,Cyclic Phosphatidic Acid(cPA)―for the Improvement of Skin Moisture and Elasticity―

--------------------------------------------------------------------------------
室伏きみ子(お茶の水女子大学 大学院人間文化創成科学研究科 教授)
田中信治(日油(株) 筑波研究所 第1研究室 第1グループ 研究リーダー)

身体の外側を覆っている皮膚は,外部環境ストレスの影響を直に受けるため,生物の老化に伴って,張り・弾力性が低下してシワが形成される。筆者らは,細胞膜脂質から生成される脂質メディエーターに注目して,皮膚の老化に関わる細胞外マトリックスを中心とした物質代謝の改善技術を構築するための研究を進めてきた。その中で,筆者らが世界に先駆けて発見した脂質メディエーター・環状ホスファチジン酸(cyclic phosphatidic acid;cPA)が,皮膚の水分制御と弾力性の制御に関与していることを明らかにした。本稿では,化粧品材料としてのcPAの有効性について概説する。

【目次】
1. はじめに
2. 皮膚とそのはたらき
3. cPAとその機能
4. cPAのヒアルロン酸(HA)産生促進作用
4.1 高分子量HAの合成誘導と蓄積
4.2 HA合成酵素の誘導
5. cPAによるアクアポリン産生促進
6. cPAによるセラミドの蓄積
7. cPAによるトランスグルタミナーゼの発現促進
8. 真皮モデルの収縮と細胞接着へのcPAの影響
9. ボランティアによる毛穴引き締め試験およびしわ改善試験
10. cPA配合化粧品と今後の展望


--------------------------------------------------------------------------------

シミ発生機構の解析とその美白剤への応用
Analysis of the Mechanism of the Development of Pigmented Spots and its Application to Whitening Cosmetics

--------------------------------------------------------------------------------
広部知久(放射線医学総合研究所 生体影響機構研究グループ 発生・分化異常研究チーム チームリーダー;千葉大学放射線医学総合研究所連携大学院 教授)

ヒトのシミの発生に中心的な役割を果たすメラノサイトの増殖・分化制御機構,また,ヒトのシミモデルであるヘアレスマウスを用いての紫外線誘発色素斑発生機構,ヒトの培養メラノサイトを用いた増殖・分化制御機構,さらには組織環境のケラチノサイトやファイブロブラストとの相互作用等を詳しく研究することから,美白剤への応用開発の道が開ける。

【目次】
1. はじめに
2. 紫外線の晩発効果とメラノサイト
3. ヒトのメラノサイトの増殖・分化の制御
4. 美白剤への応用


--------------------------------------------------------------------------------

肌に優しいコスメ新素材,3重らせん・うろこコラーゲン
New Cosmetic Collagen with Triple Helical Structure Extracted from Fish Scale

--------------------------------------------------------------------------------
田中順三(東京工業大学 大学院理工学研究科 教授)
生駒俊之((独)物質・材料研究機構 生体材料センター 主幹研究員)
植村寿公((独)産業技術総合研究所 ナノテクノロジー研究部門 研究グループ長)
山口勇(多木化学(株) 研究所 未来材料グループ 研究員)

「コラーゲン」という言葉をよく耳にする。しかし,コラーゲンの特徴を正しく理解し,効果的に利用している人は意外に少ない。本稿は,魚のうろこから抽出した「3重らせんコラーゲン」について,最近わかってきた優れた性質を紹介する。細胞になじみやすく,化粧品にとって大切な高い保水性・保湿性と皮ふ親和性について述べる。

【目次】
1. はじめに
2. コラーゲンの構造
3. コラーゲンの抽出
4. うろこコラーゲンの細胞親和性
5. 化粧品に応用する効果
6. おわりに


--------------------------------------------------------------------------------

美白研究とヒト3次元培養皮膚モデル
Skin Whitening Research and Three Dimensional Human Skin Model

--------------------------------------------------------------------------------
濵島史泰((株)ジャパン・ティッシュ・エンジニアリング 研究開発部)

最近,再生医療研究の発展に伴って確立された技術であるティッシュエンジニアリングにより開発されたヒト3次元培養皮膚モデルが新しい美白研究の材料として注目されている。本稿では,シミ,ソバカスなどの色素沈着が発生するメカニズムについて概説するとともに,美白化粧品開発に際してのヒト3次元培養皮膚モデルの有用性について紹介する。

【目次】
1. はじめに
2. 色素沈着のメカニズム
3. 美白剤による色素沈着の防止メカニズム
4. これまでの色素沈着防止剤の評価システム
5. 動物実験を代替する研究用培養皮膚モデル
6. 培養皮膚モデルを用いた新規美白評価試験
7. 今後の展望


--------------------------------------------------------------------------------

動物実験データなしで新規医薬部外品の申請はどこまで可能か?
Necessity of Animal Data on an Application of a Quasi-drug

--------------------------------------------------------------------------------
小島肇夫(国立医薬品食品衛生研究所 安全性生物試験研究センター 薬理部 新規試験法評価室 室長)

医薬部外品の許認可申請に求められる安全性試験において,動物実験データなしで,例えば,類似物質による過去のデータベース,構造活性相関,動物実験代替法(以下,代替法と記す)によって新規医薬部外品の申請および認可が行われるかをシミュレーションした。代替法として認められた公的な方法はまだ少なく,国内で医薬部外品の安全性評価における代替法の使い方についての検証が進んでいる現状において,代替法で申請された結果がどれほど認可されるかは断言できない。

【目次】
1. 医薬部外品
(1) 法律の規定
(2) 厚生労働大臣の指定
2. 医薬部外品の許認可申請に必要な安全性試験
3. 動物実験データなしで新規医薬部外品の申請はどこまで可能か?
4. 欧米およびOECDで認められている動物実験代替法
5. 代替法を用いる場合の注意点およびシミュレーション
5.1 OECDで承認された代替法のみ使用
5.2 欧米や日本で認証された代替法や見解も加味する場合
6. おわりに


--------------------------------------------------------------------------------

BIO R&D

--------------------------------------------------------------------------------

植物由来原料による高機能糖鎖材料―ハイパーブランチ糖鎖高分子の調製と特性―
High-performance Carbohydrate Polymer Synthesized from Plant Source

--------------------------------------------------------------------------------
佐藤敏文(北海道大学 大学院工学研究科 生物機能高分子専攻 准教授)

天然には,アミロペクチンやグリコーゲンなどの様々な分岐糖鎖高分子が存在し,これらは直鎖糖鎖高分子とは異なった物性や生理活性を示すことが知られている。それゆえ,複雑に分岐した構造を有する多分岐糖鎖高分子,すなわちハイパーブランチ糖鎖高分子の精密合成が可能となれば,各分野において新しい機能性材料としての応用が期待できる。本稿では,無水糖を用いたハイパーブランチ糖鎖高分子の調製法と生成糖鎖高分子の性質,機能,応用について紹介する。

【目次】
1. はじめに
2. 特殊な構造と機能を持つハイパーブランチ糖鎖高分子の調製
2.1 1,6-無水糖からのハイパーブランチ糖鎖高分子
2.2 1,4-無水糖からのハイパーブランチ糖鎖高分子
2.3 2,3-無水糖からのハイパーブランチ糖鎖高分子
2.4 二無水糖からのハイパーブランチ糖鎖高分子
3. ハイパーブランチ糖鎖高分子を用いた単分子ナノカプセル材料の開発
4. おわりに


--------------------------------------------------------------------------------

機能性糖質トレハロースによる植物への生育促進効果
Effect of Growth Promotion on Plant by Functionality Saccharide Trehalose

--------------------------------------------------------------------------------
倉田理恵((独)農業・食品産業技術総合研究機構 九州沖縄農業研究センター 九州バイオマス利用研究チーム 主任研究員)
小林透((独)農業・食品産業技術総合研究機構 九州沖縄農業研究センター 九州バイオマス利用研究チーム 主任研究員)

植物(作物)は収穫されるまでに,様々な環境による影響を受けて反応し,生体維持を行っている。生産現場では高品質の作物を生産するために,より良い圃場管理・施肥を行い,収穫後では鮮度品質保持処理を行う。筆者らが注目したのは,その施肥段階にトレハロースの機能性を活かして,健康機能成分を維持もしくは増加させることができないだろうかということであった。しかし,予想に反し得られた結果は,作物自体の生育促進効果であった。またその素材は,バイオマス未利用資源の活用を目的としているため,南九州で盛んに栽培されているものの,これまでは未利用であったサツマイモの茎葉で行っている。今回は,その生育促進効果を得られるまでの道のりと今後の活用展望を紹介する。

【目次】
1. 機能性糖質トレハロースの特性
2. サツマイモ茎葉に対するトレハロース処理効果
3. キャベツおよびレタス苗に対するトレハロース処理効果
4. 今後の展望


--------------------------------------------------------------------------------

連載:未来をひらく 脳科学のススメ

--------------------------------------------------------------------------------

第10回

--------------------------------------------------------------------------------

「らしさ」を作る科学,「らしさ」を感じる脳
Science makes“Humanness”, Brain feels“Humanity”

--------------------------------------------------------------------------------
福士珠美((独)科学技術振興機構 研究開発戦略センター(JST/CRDS)ライフサイエンスユニット フェロー)





--------------------------------------------------------------------------------

アンドロイドサイエンス
Android Science

--------------------------------------------------------------------------------
石黒浩(大阪大学 大学院工学研究科 知能・機能創成工学専攻 教授;ATR知能ロボティクス研究所)

人間に似たロボットを開発するという目的のもとに,アンドロイドを開発してきた。その機能は,人間らしい見かけ,動き,知覚に始まり,生体の原理のもと,人間のように複雑な機構を制御する研究にまで発展してきている。この一連の研究を人間理解を目的としたロボット研究という意味で,アンドロイドサイエンスと呼ぶ。

【目次】
1. はじめに
2. アンドロイドサイエンス
3. 生体の原理に学ぶロボット制御
4. おわりに


--------------------------------------------------------------------------------

生体に学ぶ「ゆらぎ」研究とロボット制御への応用
Yuragi Research and its Application to Robotics

--------------------------------------------------------------------------------
松本吉央((独)産業技術総合研究所 知能システム研究部門 主任研究員)

近年の分子生物学や脳研究において,生体システムは“ゆらぎ”を遮断せず利用することで,複雑なシステムを“いい加減”に制御していることが明らかになってきた。このような設計思想は,複雑化を続ける人工システムの制御にも有効なはずである。本稿では,大阪大学にて行われている“ゆらぎ研究”の概要と,これまでに実現したロボット制御への応用について述べる。

【目次】
1. 生体におけるゆらぎ
2. ロボット制御におけるゆらぎの利用
3. おわりに


--------------------------------------------------------------------------------

TOPICS

--------------------------------------------------------------------------------

オッカムの剃刀とその不適切な使用について
Ockham’s Razor and Its Improper Use

--------------------------------------------------------------------------------
ディーター・ゲルナート(ミュンヘン工科大学)

【目次】
1. 経験的事実の誤った解釈―繰り返されるパターン
2. オッカムの原理―オリジナル版と改変版
3. 用語体系は単純であるべきか,適切であるべきか?
4. 単純性という神話
4.1 科学者と「知られざる未知」
4.2 類似性の歪み―誤った解釈の特徴的パターン
4.3 単純性の基準を求めて
4.4 オッカムの剃刀がなし得ないこと

付録I:生物学とその周辺からの諸実例
付録II:生命科学における単純化の限界


--------------------------------------------------------------------------------

BIO BUSINESS

--------------------------------------------------------------------------------

バイオ受託企業の動向
Trend of Entrusted Bio-business

--------------------------------------------------------------------------------
【目次】
1. 概要
2. 市場動向
2.1 受託合成サービス市場
2.1.1 組換え遺伝子タンパク質受託生産
2.1.2 ペプチド受託生産
2.1.3 抗体作製サービス
2.2 受託解析サービス市場
2.2.1 遺伝子解析サービス
2.2.2 プロテオーム解析サービス
2.2.3 メタボローム解析サービス
2.2.4 糖鎖解析サービス
2.3 その他受託サービス
3. 市場規模
4. 企業動向
4.1 片倉工業
4.2 メディビックグループ
4.3 積水メディカル




--------------------------------------------------------------------------------
4,950円
【特集】 再生医療の“実用化”とは…―普及するため,本当に必要なことは何か?―
--------------------------------------------------------------------------------

特集にあたって

--------------------------------------------------------------------------------
上田実(名古屋大学 大学院医学系研究科 頭頸部感覚器外科学講座 顎顔面外科学 教授)




--------------------------------------------------------------------------------

再生医療の医療経済学
Health Economic of Regenerative Medicine

--------------------------------------------------------------------------------
田倉智之(大阪大学 医学部 附属病院未来医療センター)
川渕孝一(東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医療経済学分野)

本稿では,最初に医療技術を円滑に事業へ結実させる方法を論じ,技術革新のプロセスに対する社会資源の投入の考え方(例えば政策支援)を述べる。続いて,再生医療が臨床応用することで医療費がどのくらい適正化されるのか,公的医療保険からみた再生医療の経済的な価値を分析する。さらに再生医療事業への投資が将来どのくらい回収可能なのか,市場の視点により再生医療の経済的な価値を推計する。

【目次】
1. はじめに
2. 医療技術の経済価値の創出に必要なこと
2.1 バリューチェーンを指向した出口戦略が必要
2.2 技術革新のプロセスにそって保険財源を戦略的に運用
3. 再生医療と保険財源:費用対効果の分析から
3.1 再生医療が目指すべき社会経済的な価値とは
3.2 再生医療によって期待される保険財源への影響
4. 再生医療と事業価値:投資・回収の分析から
4.1 再生医療分野の累積投資と時価総額の関係
4.2 再生医療分野の事業価値全体の将来推計
5. おわりに


--------------------------------------------------------------------------------

再生医療の実用化とベンチャーの役割
Commercialization of Tissue Engineering and Venture Company

--------------------------------------------------------------------------------
上田実(名古屋大学 大学院医学系研究科 頭頸部感覚器外科学講座 顎顔面外科学 教授)

再生医療のような先端技術の実用化にはベンチャー企業の存在は欠かせない。日本は基礎研究で世界のトップクラスに位置しながら,研究成果の実用化では常に諸外国に後れをとる。その原因はベンチャー企業の育成が十分ではないからだ。本稿では,再生医療の実用化の現状を産学連携,大学発ベンチャー,知財戦略という視点で解説する。

【目次】
1. はじめに
2. 再生医療とベンチャー企業の役割
3. 審査迅速化のための基盤整備
4. 産学連携のあるべき姿
5. 再生医療ベンチャーの海外事情
6. おわりに


--------------------------------------------------------------------------------

再生医療のビジネスモデル
Business Model of Celltherapy and Tissue Engineering

--------------------------------------------------------------------------------
大須賀俊裕((株)ジャパン・ティッシュ・エンジニアリング 専務取締役)

再生医療は,大手医療器メーカーからベンチャー企業まで参入している。事業化モデルは,薬事法下で製造販売承認を取得して展開,医師法下で展開,細胞バンキングで展開,細胞利用による研究開発支援製品で展開,培養装置・培養機器等で展開するモデルなどがある。世界的に見ても本事業領域は黎明期で,将来に可能性があるものの成功モデルを模索している状態である。

【目次】
1. はじめに
2. 海外および国内の事業化の現状
3. 事業化のビジネスモデル
4. 事業展開における課題


--------------------------------------------------------------------------------

ES細胞,iPS細胞を用いた細胞移植治療の臨床応用
Clinical Application of Cell Transplantation Using Pluripotent Stem Cell

--------------------------------------------------------------------------------
森実飛鳥(京都大学 再生医科学研究所 生体修復応用分野 研究員)
高橋淳(京都大学 再生医科学研究所 生体修復応用分野 准教授)

多能性幹細胞(ES細胞,iPS細胞)の研究分野における進展が目覚ましい。今後,これらの成果を臨床応用して行くことが期待される。本稿では,特に細胞移植治療への応用に焦点を当て,研究の現状,今後の展望,そして解決すべき問題点について述べる。

【目次】
1. はじめに
2. ES細胞とiPS細胞の長所,短所
3. 細胞移植治療を目指した研究の現状(パーキンソン病の場合)
4. 臨床応用の前に解決すべき点
4.1 腫瘍化のリスク
4.2 動物由来の成分の混入
4.3 正常染色体の維持
5. おわりに


--------------------------------------------------------------------------------

実用化は美容医療から
Cosmetic Medicine:The First Stepping Stone in Regenerative Medicine

--------------------------------------------------------------------------------
蛯沢克己(名古屋大学 医学部附属病院 歯科口腔外科 助教)
加藤竜司(名古屋大学 大学院工学系研究科 化学・生物工学専攻 生物プロセス工学 助教)
上田実(名古屋大学 大学院医学系研究科 頭頸部感覚器外科学講座 顎顔面外科学 教授)

再生医療は現在までに多方面にわたる研究がなされているが,臨床応用に関して言えば一般の人が利用可能な製品は限られており,そのほとんどが美容医療の範疇である。本稿では,現時点で実用化されている製品に関して言及し,とくに筆者らの行っている方法をより具体的に紹介する。

【目次】
1. はじめに
1.1 培養表皮
1.2 培養線維芽細胞移植
1.3 脂肪組織由来幹細胞
1.4 多血小板血漿(platelet rich plasma;PRP)
1.5 軟骨
2. 粘膜由来線維芽細胞移植の実際
3. 治療の結果
3.1 治療効果
3.2 合併症
4. おわりに


--------------------------------------------------------------------------------

脊髄損傷者から見た再生医療実用化への要望
The Spinal Cord Injury Person’s Expectation for Regenerative Medicine Practical Use

--------------------------------------------------------------------------------
大濱眞(NPO法人日本せきずい基金 理事長)

脊髄損傷は運動感覚神経や自律神経障害をもたらす深刻な障害であり,その根治療法はない。近年の再生医学の基礎研究の進展は,脊髄損傷者にとって大きな希望をもたらした。しかしわが国の臨床研究の基盤は極めて脆弱であり,患者団体として大きな危惧を抱いている。臨床研究促進の基盤整備こそが急務である。

【目次】
1. はじめに
2. 患者として望むこと
3. 現状,問題点
3.1 アメリカの臨床研究戦略
3.1.1 日本における問題点
3.1.2 研究およびその支援システムの問題
3.2 日本における臨床研究戦略
3.2.1 ハード・ソフトを含めた研究システムの問題
(1) 研究設備の問題
(2) 研究費用の問題(公的資金投入の問題)
3.2.2 審査制度の問題
(1) 二重審査の解消へ
(2) 審査機関の人員
3.2.3 患者サイドの問題
(1) 情報共有化
(2) 臨床研究における被験者保護
4. おわりに


--------------------------------------------------------------------------------

BIO R&D

--------------------------------------------------------------------------------

乳酸ポリマー生産用微生物工場を駆動するエンジニア酵素
An Engineered Enzyme Drives Microbial Factory for Lactate Polymer

--------------------------------------------------------------------------------
山田美和(北海道大学 大学院工学研究科 生物機能高分子専攻 生物工学講座 バイオ分子工学研究室 博士課程)
田口精一(北海道大学 大学院工学研究科 生物機能高分子専攻 生物工学講座 バイオ分子工学研究室 教授)

天然にはなかった乳酸重合酵素の発見により,乳酸ポリマーの微生物合成が実現した。このエンジニア酵素は,再生可能なバイオマス由来の糖から微生物工場内で多様な乳酸ベースポリマーを一段階で完全生合成できるバイオプロセスを開拓した。長い酵素進化工学研究の歴史を経て産声を上げたエンジニア乳酸重合酵素の誕生秘話を紹介する。

【目次】
1. はじめに
2. 微生物が合成するバイオプラスチックとは?
3. 微生物工場におけるPHA生合成経路
4. エンジニアPHA重合酵素でPHAの生産性と物性を向上させる
5. 乳酸ポリマー生産用微生物工場の誕生
6. おわりに


--------------------------------------------------------------------------------

糖鎖チップ・マイクロアレイの開発と応用展開―疾患マーカー探索へのアプローチ―
Development and Application of Glycan Chip & Microarray―Approach for Exploring the Potential Biomarkers―

--------------------------------------------------------------------------------
五十嵐幸太(住友ベークライト(株) S-バイオ事業部 研究部 研究員)
松下隆彦(北海道大学 大学院先端生命科学研究院 特任助教)
西村紳一郎(北海道大学 大学院先端生命科学研究院 次世代ポストゲノム研究センター 教授)

生体内において糖鎖は様々な分子と相互作用することにより生命現象に深く関与している。糖鎖機能を網羅的に解析するためのツールとして糖鎖アレイが注目を集めており,病気の新しい診断法や治療法の開発に役立つと期待される。本稿では,糖鎖を化学選択的に捕捉する独自の技術に基づいた新規糖鎖アレイの開発について紹介する。

【目次】
1. はじめに
2. 糖鎖マイクロアレイ
3. グライコブロッティング法
4. アレイ基板の表面処理
5. アレイ評価
5.1 マイクロアレイ
5.2 マイクロプレート
5.3 ヒト血清中からのレクチン検出
6. 今後の展望


--------------------------------------------------------------------------------

連載 たまごバイオ(第5回)

--------------------------------------------------------------------------------

ヒト抗体の生産

--------------------------------------------------------------------------------
結城惇((株)アニマルバイオ)

【目次】
1. はじめに
2. 抗体の構造と遺伝子
3. トリ細胞のDNA情報転写機構と翻訳機構の借用によるヒト抗体の生産
4. ヒト抗体のL鎖とH鎖の移植
5. 一本鎖抗体を発現するトリ
6. 抗原特異的抗体の生産トリ
7. 抗体ベクター法


--------------------------------------------------------------------------------

連載:バイオ産業と生物多様性条約解説シリーズ(4)

--------------------------------------------------------------------------------

生物遺伝資源の食品産業での利用状況と今後の課題

--------------------------------------------------------------------------------
森岡一(CBD-ABS研究会)

【目次】
1. はじめに
1.1 生物多様性条約と食料農業植物遺伝資源条約
1.2 農民の権利
2. コーヒー流通に見る生物遺伝資源の私有化と農作物化
2.1 コーヒーの農作物化
2.2 農作物化と私有化
3. カナダシューマイザー事件の教訓から学ぶ「農民の権利」と農作物の私有化
3.1 米国モンサント社の穀物ビジネス
3.2 シューマイザー氏の抵抗と農民の権利
3.3 農民の権利に対するカナダ連邦最高裁の判断
3.4 シューマイザー事件の教訓
4. ペルー産農産物の日本への輸出問題にみる生物遺伝資源の解釈
4.1 ペルー産農産物カムカム輸入状況
4.2 ペルー政府のカムカム普及活動
4.3 カムカムのバイオパイレシー問題
4.4 ペルーカムカム問題の本質
5. インドバスマティ米産業と生物多様性条約の関係
5.1 インドのバスマティ米生産
5.2 バスマティ米特許問題
5.3 インド生物多様性法(Biological Diversity Act;以下BDAと略)の例外規定
6. まとめ
6.1 遺伝資源から生物資源への変遷と農民の権利
6.2 食料の伝統的知識
6.3 農産物取引と国際消尽
6.4 今後の生物多様性条約のありかた






--------------------------------------------------------------------------------

BIOINDUSTRY(バイオインダストリー) 雑誌の内容

バイオテクノロジーの工業化に関する技術情報、市場情報を 満載
あくまでインダストリアルな視点で、バイオにおける研究開発のシーズを鋭く掘り起こし、応用分野におけるニーズに結びつけるということを編集の主眼においています。バイオにおける研究開発、技術開発、製品開発、市場展望、企業動向、産業へのインパクトに焦点をあてた画期的なバイオ専門誌です。

BIOINDUSTRY(バイオインダストリー)の無料サンプル

2010年10月号 (2010年09月12日発売)
2010年10月号 (2010年09月12日発売)をまるごと1冊ご覧いただけます
サンプルを見る

BIOINDUSTRY(バイオインダストリー)を買った人はこんな雑誌も買っています!

テクノロジー・科学 雑誌の売上ランキング

1 天文ガイド

誠文堂新光社

毎月の天文現象と、新製品のニュースをお伝えします。

  • 2021/11/05
    発売号

  • 2021/10/05
    発売号

  • 2021/09/03
    発売号

  • 2021/08/05
    発売号

  • 2021/07/05
    発売号

  • 2021/06/05
    発売号

2 Newton(ニュートン)

ニュートンプレス.

Newton(ニュートン)

2021年11月26日発売

目次:
Newton Special

“究極の理論”の最有力候補はどこまでできあがっているか?

超ひも理論

監修 松浦 壮

執筆 前田 武,中野太郎



2021年に生誕100周年をむかえた南部陽一郎博士が提唱した「弦理論」は,物理学の“究極の理論” の最有力候補として知られる「超ひも理論(超弦理論)」へと進化した。超ひも理論の基礎から最新研究まで,まとめて解説する。

Newton Special(2)

「世界一美しい式」がゼロからわかる

オイラーの等式

多くの科学者や数学者が「世界一美しい式」と称賛する式がある。「オイラーの等式」とよばれる「eiπ+1=0」だ。オイラーの等式のすばらしさにせまっていこう。

監修 小山信也
執筆 山田久美

FOCUS Plus

気象学

台風の脅威を減らし,恵みに変える「タイフーンショット計画」が始動

協力 筆保弘徳

執筆 今井明子

Super Vision

世界最大級の模擬宇宙

協力 石山智明

執筆 中野太郎

Topic

「科学的」とは何だろうか?

科学と疑似科学の境界を探り,科学的考え方を身につける

監修 伊勢田哲治

執筆 福田伊佐央

Topic

眠りを変える技術「スリープテック」

世界が注目する,快眠にみちびく最新テクノロジー

監修 栗山健一

協力 樋江井哲郎

執筆 山本尚恵

Topic

スマホ依存になっていませんか?

使う時間と場所を自分で制御できない心の病

監修 髙橋英彦

執筆 福田伊佐央

Nature View

海の王者サメ

独自の進化が生んだ特殊な体と生態

監修 田中 彰

執筆 薬袋摩耶

Topic

地球が好きになる岩石図鑑

石には地球の歴史が詰まっている

監修 西本昌司

執筆 中作明彦

Topic

宇宙飛行士の訓練


宇宙飛行士に求められる資質や能力とは?

監修 柳川孝二

執筆 北原逸美

参考価格: 1,190円

驚きと興奮のサイエンスマガジン 『ニュートン』

  • 2021/10/26
    発売号

  • 2021/09/25
    発売号

  • 2021/08/26
    発売号

  • 2021/07/26
    発売号

  • 2021/06/24
    発売号

  • 2021/05/26
    発売号

3 日経サイエンス

日経サイエンス

最大
21%
OFF
送料
無料

日経サイエンス

2021年11月25日発売

目次: 【特集:地球防衛】
危険な小惑星にどう向き合うか
100年に1回の衝突を見逃さない ほか
-----------------------------------------------------------------
創刊50周年企画:科学の50年 そして現在
極限微生物が変えた進化観 深海に探る生命の起源
-----------------------------------------------------------------
吃音症はなぜ起こるのか 神経科学が示す治療の糸口

ジェームス・ウェッブ宇宙望遠鏡 ついに開眼へ

太古のマントル岩石にCO2封印 中東オマーンで実験開始
-----------------------------------------------------------------

★このほかにも魅力的な記事がいっぱいあります。

◇SCOPE
エキノコックス なぜ日本に?/国産ワクチン開発 今後の課題は/
CO2でCO2吸収材料を作る/小笠原諸島発 軽石1300kmの旅

◇ADVANCES
自転の変化が大気酸素化に影響/原子1層の極薄磁石/泡の力/昔のイヌの食生活/
生命体センサー/記録破りの山火事/クジラの声をつかめ/ニュース・クリップ/
マイクロプラごみ掃除機 ほか

◇From Natureダイジェスト:1~2年でコロナ再感染のリスク

◇新連載! 数楽実験室 マテーマティケー:斜めに見る

◇ヘルス・トピックス:ウルシかぶれに救いの手

◇パズルの国のアリス:勝率の履歴

◇BOOK REVIEW
『なぜ心はこんなに脆いのか』 鈴木光太郎
『ヒトはなぜ「がん」になるのか』 中西真人
<連載>森山和道の読書日記 ほか

◇サイエンス考古学

◇今月の科学英語

定期購読(3年プラン)なら1冊:1,152円

科学の「先端」「発見の快感」を伝える一般向けの総合科学誌

  • 2021/10/25
    発売号

  • 2021/09/25
    発売号

  • 2021/08/25
    発売号

  • 2021/07/26
    発売号

  • 2021/06/24
    発売号

  • 2021/05/25
    発売号

4 ナショナル ジオグラフィック日本版

日経ナショナル ジオグラフィック社

最大
34%
OFF
送料
無料

ナショナル ジオグラフィック日本版

2021年11月30日発売

目次: 【総力特集】
○驚きの大地 セレンゲティ
●生命の大移動
数千種の動植物が生きるセレンゲティ。野生の営みが見られるが、そのバランスが崩れる危機がある。
●思いがけない真の王者
オグロヌーはセレンゲティで最も重要な動物だ。太古から大移動を繰り返し、草原の生命を循環させてきた。
●フォトエッセイ 野生の地に暮らす
セレンゲティには豊かな伝統を守りながら暮らす人々がいるが、資源をめぐる難題が影を落としている。
●聖なる森の声を聴く
ケニア南部のロイタ地域には、マサイの人々にとって神聖な森がある。その森を守る精神的指導者に話を聞いた。
●フォトエッセイ 命を懸けた戦い
季節によって獲物が増減するアフリカの平原では、次の食べ物にありつけるかが命を懸けた重要な問題となる。

○特製付録:大平原が支える生命/オグロヌーの大移動


【コラム】
○地球を感じる
●模様
生き物たちがまとう、多種多様な模様。捕食者から身を守るためだったり、パートナーを獲得するためだったり、目的はいろいろだが、どれも自然が生み出したアートだ。
●音
ガラガラヘビが威嚇する音からクモの糸が振動する音、クジラの歌声にオオカミの遠吠え……自然界に存在する、さまざまな音について、読んで、そして聞いてみよう。
●色
火山の噴火が創り出したキャンバスを、ちっぽけな微生物から高くそびえる樹木まで、多種多様な生き物たちがカラフルに彩る。溶岩を吹き出すアイスランドの火山を訪れた。
●香り
100年以上前、ハワイの山腹でひっそりと姿を消したアオイ科の木の花。永遠に失われたその香りをよみがえらせようと、科学者たちが残された標本を基に復元に取り組んだ。
●スピード
2000年以降、世界各地の氷河から溶け出した水は5.3兆トンを超える。景観は一変し、海水面は上昇を続けている。

●読者の声
●テレビでナショジオ
●次号予告
●日本の百年「アフタースキーのお楽しみ」
●今月の表紙:草を求めて移動していくシマウマとオグロヌー。捕食動物が潜む場所では、よく一緒に行動する。

参考価格: 1,210円 定期購読(3年プラン)なら1冊:794円

テレビや新聞では報道されない、世界の“いま”を知ることができます。

  • 2021/10/29
    発売号

  • 2021/09/30
    発売号

  • 2021/08/30
    発売号

  • 2021/07/30
    発売号

  • 2021/06/30
    発売号

  • 2021/05/28
    発売号

5 月刊星ナビ

アストロアーツ

送料
無料

月刊星ナビ

2021年12月03日発売

目次: 特別付録は星見や撮影にも便利な「星空ハンドブック2022」。特集の「星のゆく年くる年」で2021年の天文イベントを振り返り、2022年を迎える準備をしましょう。

★表紙画像
大熊正美さん撮影の「11月8日 白昼の金星食」です。青空の中、細い月とキラリと輝く金星の姿が美しいです。

★綴じ込み特別付録 星空ハンドブック2022
2022年の毎月の星図と主な天文現象、惑星の動き、天体出没表などをまとめた便利なハンドブック。B5版で見やすく、フィールドへ持ち出しやすいサイズです。

★暮れる2021年×明ける2022年 星の「ゆく年」
「2度の月食」や「ペルセ群突発出現」が話題になった2021年。「はやぶさ2」のサンプルリターンや加速する有人宇宙開発、コロナ禍で行われた天文イベント、新発売の天文機材をまとめました。

★暮れる2021年×明ける2022年 星の「くる年」
2022年の天文界は私たちにどんな天文ショーを見せてくれるでしょうか。注目は「皆既月食と同時に起こる天王星食」。そのほかにも、好条件のしぶんぎ座流星群や5惑星の接近、火星の最接近など見逃せない天文現象が満載です。

★機材セレクション 進化した電視観望専用機 eVscope 2
一世を風靡した電視観望専用望遠鏡「eVscope」の次世代機「eVscope 2」が発売されました。光害のある場所でも写真に近い天体の姿を楽しめたり、スマートフォンを用いて天体画像をシェアしたりできます。実際に試用してレポートします。

★Observer’s Navi 2022年の注目現象 小惑星による恒星食・変光星・彗星
2022年に観測したい現象を項目ごとに解説。好条件なものが多い「小惑星による恒星食」、2022年注目の「変光星と観測ポイント」、大化けの可能性もある「彗星」。気になるトピックをチェックして2022年に備えましょう。

★天文台マダムがゆく 拡大版 みんなでワイワイ!宇宙ボードゲームで盛り上がろう
アナログ世代には懐かしく、デジタルネイティブには斬新で現在ブーム再燃中のボードゲーム。家族や仲間で楽しめる、宇宙にまつわる2作品を紹介します。

参考価格: 960円

星空の楽しみ方を提案する新しいスタイルの情報誌

  • 2021/11/05
    発売号

  • 2021/10/05
    発売号

  • 2021/09/03
    発売号

  • 2021/08/05
    発売号

  • 2021/07/05
    発売号

  • 2021/06/05
    発売号

6 環境ビジネス

日本ビジネス出版

最大
2%
OFF
送料
無料

環境ビジネス

2021年09月15日発売

目次: 第6回 トップリーダーに訊く
三菱ふそうトラック・バス株式会社
代表取締役社長 最高経営責任者(CEO)ハートムット・シック氏

【特集1】製造業で加速する脱炭素の流れ

脱炭素対策は“リスク回避”というより“機会獲得”の有効手段
みずほリサーチ&テクノロジーズ

少なくとも産業界の CO.、 90%削減 国を挙げて取り組む「工場脱炭素戦略」
駐日英国大使館 公使参事官

政策ツールを総動員し、製造業を含め産業界全体を後押し
経済産業省

企業の脱炭素を促進 工場・事業場における環境設備の導入に 1/3補助
環境省

他社に先駆けた取組みでビジネスチャンスを掴む
恩田金属工業

グリーンスチール実現に向け、製造プロセス自体の変革を
ティッセンクルップ・ジャパン


【特集2】製造業に課せられる脱炭素対策

再エネ電化・非化石燃料化が責務に 工場の脱炭素操業と省エネ
環境ビジネス編集部

化石エネルギー源に依存した熱源と廃熱の利活用をエネルギーマネジメント
環境ビジネス編集部

事業の持続的発展には環境と経済の両視点が必要
紅屋ホールディングス

蓄電システムの普及で再エネの拡大・安定化を
エネマン

太陽光発電× NAS電池の導入で脱炭素化と BCPを同時に実現
山一電機

大容量のエネルギーシフトを可能にする NAS電池
日本ガイシ

脱炭素へ向け、“潤滑油で省エネ”の発想
EMGルブリカンツ

【東京ゼロエミッションえの道】
2030年カーボンハーフ実現に向けて全庁一丸となって脱炭素行動を推進
東京都 環境局長

イノベーションを加速させ、持続可能な資源利用の実現を目指す
東京都 環境局 資源循環推進部


【FOCUS】
国産木質バイオマス発電のエフオンが電力小売事業に参入
エフオン

戦略的アライアンスで脱炭素社会の実現を目指す
長瀬産業

顧客の要望に対応し、カスタマイズした架台を提供
安泰ソーラー

脱炭素経営が求められる背景とその実践
香川県

気候変動リスクに備える適応策とは
香川県

【TOPICS】
CO2の有効活用に光明 メタネーション装置

「仙台 事業構想大学院」が来春開設

【特集3】ゼロエミッション工場を実現する先進工場事例


脱炭素化は地球でビジネスを行う上でのライセンス
サントリー

グリーバルで CO.排出ゼロの工場づくりを目指す
パナソニック

グローバルで 2035年自社工場のカーボンニュートラルを発表
トヨタ

環境に配慮した商品づくりを目指す 長期ビジョン達成へ、工場の脱炭素化を推進
カルビー

【特別企画】全国各地で開発が進む洋上風力発電
国は初の選定事業者に浮体式洋上風力を選定
環境ビジネス編集部

全国各地の案件形成を加速させ洋上風力の有望区域選定を増やす
環境ビジネス編集部

全国各地で進む洋上風力発電事業の開発には巨額投資の継続性が不可欠
デロイトトーマツコンサルティング

次世代ネットワークに転換し大量導入の課題である送電容量を確保
資源エネルギー庁

【巻頭グラビア】
発電プラント屋上のレクリエーション場「 CopenHill」

藻類で空気清浄する遊び場「 AirBubble」

【イベント・フォーラム・シンポジウム】
第22回環境ビジネスフォーラム~工場・ビル・施設の脱炭素化

【COLUMN】
Environment★Entertainment 映画「 MINAMATA」


未来海図
日清食品ホールディングス

Circular Economy リーディングカンパニーの挑戦
ヴェオリア・ジャパン

2050年脱炭素社会の現場
ジャーナリスト桃田健史氏

日本文明を環境から解き明かす 第17回「家康の隠居地・駿府の謎」
元国土交通省河川局長竹村公太郎氏

リーガルチェック!
株式会社タイムマシーンアンダーライターズ稲田行祐氏/シティユーワ法律事務所齋藤崇氏

Carbon Neutral Designer's File
空港施設

GREEN CREATIVE TRANSFORMATION
Looop

GREEN ECONOMY
国際協力銀行佐藤勉氏

マダニが媒介する新興感染症の脅威
国立環境研究所五箇公一氏

森田正光の一体何が問題なの!?
気象予報士森田正光氏

Offshore Wind
日本気象名川広志氏

洋上風力発電を成功に導くために
渋谷潜水工業 渋谷正信氏

GREEN ESSAY
在独ジャーナリスト田口理穂氏

参考価格: 1,324円 定期購読(1年プラン)なら1冊:1,300円

環境推進のための実務誌

  • 2021/06/15
    発売号

  • 2021/03/15
    発売号

  • 2020/12/15
    発売号

  • 2020/09/15
    発売号

  • 2020/06/15
    発売号

  • 2020/03/16
    発売号

7 Nature(個人購読専用)

ネイチャー・ジャパン株式会社

最大
93%
OFF
送料
無料

世界No.1総合科学ジャーナル 『Natureで、最先端の科学に出会う!』

  • 2018/04/05
    発売号

  • 2018/03/01
    発売号

  • 2018/02/01
    発売号

  • 2018/01/04
    発売号

  • 2017/12/07
    発売号

  • 2017/11/02
    発売号

8 電気計算

電気書院

送料
無料

電気設備の保守管理。電験・管理士受験指導

  • 2021/10/12
    発売号

  • 2021/09/10
    発売号

  • 2021/08/12
    発売号

  • 2021/07/12
    発売号

  • 2021/06/11
    発売号

  • 2021/05/12
    発売号

送料
無料

月刊マテリアルフロー

2021年12月01日発売

目次: 特集//物流テック最前線 ~自動認識,ロボティクスからDX人材育成まで
…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…
今や,本誌特集の定番のイメージもある物流テック。IT,ロボティクス,AI,DX……等々,フォーカスするポイントによって様々な切り口があり,今シーズンも何度目かのイシューとなったが,メインテーマを同じくしながらも,毎回全く彩を変えてお届けしたいと考えている。今回は,自動認識技術の物流関連トピックを総覧してJAISAのキーマンに語っていただき,先端ロボット導入現場その後のリアルな改善報告という視点で日通×ラピュタの現場ルポ,ASLFの超速ルポでは,先端卸企業対談で「DX人材の育成」という未来志向の取り組みを掘り下げた。三菱商事×GreyOrangeのセミナー報告では海外初の新たなビジネスの潮流から,RaaSの実際について詳らかに紹介。フィニッシュはいよいよその成果の全貌が見え始めてきたSIPの注目トピックについてダイジェストでお届けする。色とりどりの物流テックの「今」を読み取っていただければ幸いである。(編集部)
…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…


■特集
[日本自動認識システム協会]
物流DXに貢献する自動認識技術
◎RFID・画像認識とのハイブリッド活用主流に

[日本通運/ラピュタロボティクス]
AMR増強でヒトとの協働型オペレーションを徹底追求
◎トータルピッキングからオーダーピッキングへ転換

[ASLF2021誌上セッション|先端卸企業対談]
デジタル化時代の課題を突破する物流人材の素養とは
◎トラスコ中山(株) 取締役 物流本部 本部長 直吉秀樹氏×㈱PALTAC 常務執行役員 研究開発本部長 三木田雅和氏

[三菱商事×GreyOrange|オンラインセミナー]
倉庫ロボットの潮流を語る~今,世界で注目のマイクロ・フルフィルメント・センターとは
◎GreyOrange(株) CO-FOUNDER&CEO Samay Kohli氏

[戦略的イノベーション創造プログラム]
社会実装に向けて各プロジェクトの進捗を中間報告
◎SIP「スマート物流サービス」,オンラインシンポジウム開催

■企画
[日本物流システム機器協会]
半導体・電子部品不足に係る緊急覆面座談会
◎納期遅延から大幅売上減にまで波及しかねない半導体クライシスの実態

[展示会レポート]
第23回 自動認識総合展
AUTO-ID & COMMUNICATION EXPO

[統計調査レポート]
物流関連市場調査結果を紹介
◎食品通販,ERPパッケージ,段ボール市場の将来予測

■連載
[物流現場を刷新するDDM(デジタル・デシジョン・メイキング)入門]2
デシジョン(判断)するコンピュータが現場を劇的に変革
◎The Team Digital Decision LLC 代表 酒匂秀敏

[医薬品GDP入門]12
GDPガイドラインの実践に向けて
◎小山ファーマコンサルティング 代表 小山靖人

[チャイナレポート]9
《キーパーソンインタビュー》落とし穴にはまった大企業が再び走り出せるようになる顧客最優先の新時代SCM…中国科学院ソフトウェア研究所 研究員 韓永生教授
《物流改善事例》ロジスティクスはどのようにしてブランド力を高めるための強力なツールになるのか?…eifiniサプライチェーン
《ニュースフラッシュ》

[LOGI裏の統計学]8
海上運賃の高騰を機に考える国際物流コストの統計~貿易統計をベースにしたコスト把握アプローチで実態に迫る
◎合同会社サプライチェーン・ロジスティクス研究所,城西大学非常勤講師/久保田精一

[システムの眼Ⅱ]65
八番目の孫は突如やって来た
◎早稲田大学 名誉教授/高橋輝男

[5分で読める教養講座 87《おススメ書籍》ひとくちガイド]
核心の中国~習近平はいかに権力掌握を進めたか(朝日新聞出版)
旧制高校物語~真のエリートのつくり方(潮書房光人新社)
西郷隆盛101の謎~なぜ今も日本人にこれほど愛されているのか(文春文庫)
◎小泉事務所 代表/小泉 豊

参考価格: 1,980円

物流現場・人とITを結び付け、ロジスティクスを具現化する

  • 2021/11/01
    発売号

  • 2021/10/01
    発売号

  • 2021/09/01
    発売号

  • 2021/08/01
    発売号

  • 2021/07/01
    発売号

  • 2021/06/01
    発売号

BIOINDUSTRY(バイオインダストリー)の所属カテゴリ一覧

日本最大級の雑誌取り扱い数!
定期購読の利用数100万人以上!
定期購読とは
雑誌を予約することで毎号ご自宅へお届けします!売り切れの心配なし♪
もっと詳しく ▶︎
タダ読みサービス
無料で雑誌が読み放題♪今日発売のあの雑誌も。
もっと詳しく ▶︎
法人サービス
雑誌を年間5万円以上ならお得な法人プレミアムサービスで!
もっと詳しく ▶︎
アフィリエイト
あなたのサイトで雑誌をおすすめしてみませんか?
もっと詳しく ▶︎
カテゴリ一覧
女性ファッション 雑誌
きれいめ・大人カジュアル系 雑誌 モード系・コレクション 雑誌 フェミニン系 雑誌 ママ・主婦 雑誌 コンサバ系 雑誌 ナチュラル系 雑誌 カジュアル系 雑誌 オフィスカジュアル 雑誌 子ども・キッズファッション 雑誌 ガーリー系 雑誌 ティーンズファッション 雑誌 原宿系 雑誌 着物・和服 雑誌 ギャル系 雑誌 セレブ系 雑誌 森ガール系 雑誌
メンズファッション 雑誌
メンズきれいめカジュアル 雑誌 モノ・グッズ 雑誌 メンズカジュアル 雑誌 ストリートファッション系 雑誌 スーツ・トラッド系 雑誌 アメカジ 雑誌 オラオラ系・お兄系 雑誌 腕時計・ブランド 雑誌 古着系 雑誌
ビジネス・経済 雑誌
経営・マネジメント 雑誌 海外事情・国際ニュース 雑誌 政治 雑誌 マネー・投資 雑誌 ビジネス・経済専門誌 求人・転職情報誌 法律・法務 雑誌 環境・エネルギー 雑誌 広告・マーケティング 雑誌 流通・小売 雑誌 人事・総務 雑誌 四季報 外食・ホテル業界 雑誌 会計・税務・経理 雑誌 農業・畜産・漁業 雑誌 飲食店経営・調理師 雑誌 金融 雑誌 貿易 雑誌 地方自治・行政 雑誌 起業・独立開業 雑誌 企業年鑑・データ 業界データブック 自己啓発 雑誌 ビジネスCD・通信教育 株・FX 雑誌 就職・就活 雑誌
健康・生活 雑誌
子供・児童学習 雑誌 子育て・育児 雑誌 家事・生活情報 雑誌 健康・家庭医学 雑誌 住宅・リフォーム 雑誌 住宅情報・賃貸 雑誌 インテリア・雑貨 雑誌 田舎暮らし・エコ・スローライフ 雑誌 結婚情報・ウェディング 雑誌 絵本・大型絵本 妊婦・赤ちゃん 雑誌
スポーツ 雑誌
サッカー・フットサル 雑誌 高校野球・プロ野球 雑誌 ゴルフ 雑誌 その他球技・競技 雑誌 釣り 雑誌 相撲・武術・武道 雑誌 筋トレ・ボディビル 雑誌 ダイビング・マリンスポーツ 雑誌 スノーボード・スキー 雑誌 ランニング・ウォーキング 雑誌 テニス・卓球 雑誌 バレエ・社交ダンス 雑誌 スポーツ医学・コーチング 雑誌 自転車・サイクリング 雑誌 サーフィン・ボディーボード 雑誌 バスケットボール 雑誌 F1・モータースポーツ 雑誌 ダンス 雑誌 プロレス・格闘技 雑誌 ボクシング 雑誌 水泳・ボート 雑誌 ラグビー・アメフト 雑誌
バイク・自動車・乗り物 雑誌
オートバイ 雑誌 カスタムカー・バイク 雑誌 外車・輸入車 雑誌 4WD・RV 雑誌 新車・ニューモデル情報 鉄道・電車 雑誌 飛行機・航空機 雑誌 中古車・中古バイク 雑誌
芸能・音楽 雑誌
テレビガイド・番組表 雑誌 音楽情報誌 エンタメ 雑誌 DVD(ビデオ)マガジン 映画・シネマ 雑誌 韓国(韓流・K-POP) 雑誌 ピアノ・クラシック 雑誌 ギター・ロック 雑誌 演劇・舞台 雑誌 洋楽 雑誌 ジャズ(JAZZ) 雑誌 ジャニーズ 雑誌 グラビア・アイドル 雑誌 写真週刊誌・ゴシップ 雑誌 写真集
グルメ・料理 雑誌
レシピ 雑誌 グルメガイド・レストラン 雑誌 お酒(ワイン・日本酒など) 雑誌 栄養学・食育 雑誌 パン・スイーツ 雑誌
旅行・タウン情報 雑誌
京都・関西 雑誌 関東 雑誌 東京(TOKYO) 雑誌 九州 雑誌 東海 雑誌 東北 雑誌 北海道 雑誌 北陸・信越 雑誌 中国地方 雑誌 四国 雑誌 沖縄情報 雑誌 旅行情報誌 温泉 雑誌 リゾート・レジャー 雑誌 タイ・アジア 雑誌 ハワイ 雑誌 その他 海外情報 雑誌 鉄道・バス時刻表本 航空時刻表
アニメ・漫画 雑誌
少年コミック・漫画 少女コミック・漫画 青年コミック・漫画 レディース(女性)コミック アニメ 雑誌 声優 雑誌 comics&アメコミ ディズニー・キャラクター 雑誌 コスプレ 雑誌 BL(ボーイズラブ)コミック・雑誌
ペット・動物 雑誌
犬 雑誌 猫 雑誌 トリマー・ペット業界 雑誌 魚・熱帯魚 雑誌 昆虫 雑誌 ペットその他 雑誌
文芸・総合 雑誌
女性総合誌 男性総合誌 カルチャー・文化 雑誌 文芸誌・小説 雑誌 時事・社会 雑誌 機内誌 宗教 雑誌 歴史・史学 雑誌 思想・心理学 雑誌 俳句・短歌・詩 雑誌 占い・開運 雑誌 書道 雑誌
趣味・芸術 雑誌
デザイン・アート 雑誌 プラモデル・模型 雑誌 ガーデニング・園芸 雑誌 手芸・ハンドメイド 雑誌 パズル・クイズ 雑誌 ナンプレ・数独 雑誌 クロスワード・ナンクロ 雑誌 ミリタリー・サバゲー 雑誌 競馬・競輪・競艇 雑誌 オーディオ・ステレオ 雑誌 アウトドア・キャンプ 雑誌 カメラ・写真 雑誌 分冊百科・ワンテーママガジン 将棋・囲碁 雑誌 イラスト・グラフィックデザイン 雑誌 建築・住宅建築 雑誌 陶芸・骨董 雑誌 ラジオ・無線 雑誌 ゲーム 雑誌 フィギュア・ホビー 雑誌 DIY・工具 雑誌 パチンコ・パチスロ 雑誌 ハイキング・登山 雑誌 麻雀 雑誌
ヘアカタログ・美容 雑誌
メイク・ネイル 雑誌 フィットネス 雑誌 ヘアスタイル 雑誌 ヨガ 雑誌 美容専門誌 ダイエット 雑誌 アロマ 雑誌
看護・医学・医療 雑誌
ナース 雑誌 介護・福祉 雑誌 医療技術 雑誌 薬学 雑誌 臨床外科 雑誌 臨床内科 雑誌 医療時事 雑誌 歯科 雑誌 獣医学 雑誌 理学療法 雑誌 その他 医学雑誌
教育・語学 雑誌
その他 NHKテレビ・ラジオテキスト NHK語学テキスト 幼児教育 雑誌 小学生教育 雑誌 中学教育 雑誌 高校教育 雑誌 受験・留学 雑誌 試験問題集・資格 雑誌 日本語学習 教材 ハングル・韓国語学習 教材 中国語学習 教材 リスニング教材・語学CD 英語教育・英会話 教材 フランス語学習 教材 ドイツ語学習 教材 スペイン語学習 教材 その他 語学雑誌 教員・教師 雑誌 通信・教育講座
テクノロジー・科学 雑誌
宇宙・天文 雑誌 機械 雑誌 化学 雑誌 情報処理 雑誌 地球科学・環境問題 雑誌 生物・生物学 雑誌 数学・物理 雑誌
パソコン・PC 雑誌
コンピューター・自作PC 雑誌 ネットワーク・セキュリティ 雑誌 Webデザイン・プログラミング 雑誌 DTP・グラフィック 雑誌 アプリ・スマホ 雑誌 インターネット 雑誌 Mac・マック 雑誌
新聞・業界紙
英字新聞 業界新聞・専門紙 新聞縮刷版 切り抜き・クリッピングマガジン 全国紙(新聞) 中国語 新聞・業界紙 地方紙(新聞)
洋(海外)雑誌
English newspaper Science&Nature Magazines Language&Education Magazines Money&Business& Magazines Fashion&Style Magazines others Design&Architecture Magazines Hobby&Entertainment Magazines Home&Interior Magazines Computers&Electronics Magazines バイリンガルマガジン・雑誌
中国雑誌
中国 ビジネス・経済 雑誌 中国 旅行・タウン情報 雑誌 中国 趣味・芸術 雑誌 中国 看護・医学 ・医療 雑誌 中国 文芸・総合 雑誌 中国 教育・語学 雑誌 中国 テクノロジー・科学 雑誌 中国 スポーツ 雑誌 中国 ファッション 雑誌 高等文化院校学報 高等理工学院学報 中国 バイク・車・乗り物 雑誌 中国 健康・生活 雑誌 中国 学生・こども向け 雑誌
その他
その他 雑誌