BIOINDUSTRY(バイオインダストリー) 発売日・バックナンバー

全149件中 106 〜 120 件を表示
4,950円

特集:バイオベンチャーに挑む
--------------------------------------------------------------------------------

特集にあたって

--------------------------------------------------------------------------------
清水昌(京都大学 大学院農学研究科 教授)




--------------------------------------------------------------------------------

株式会社ハイファジェネシスの目指すところ
Toward the Goal of HyphaGenesis Inc.

--------------------------------------------------------------------------------
奥田徹(玉川大学 学術研究所 菌学応用研究施設 教授・主任;(株)ハイファジェネシス 代表取締役社長・CEO)

創薬分野では,2025年までに抗体医薬,核酸医薬,再生医療,ワクチンなどが売上高の47%を占めると言われており,欧米の大手製薬企業は低分子天然物創薬から撤退したかのように見える。一方,1993年に発効した生物多様性条約のために海外生物資源へのアクセスは困難を極め,国連では南北問題の様相を呈し解決の糸口がなかなかつかめない。このような状況下で,わが国のお家芸であった天然物創薬は縮小化の一途をたどっている。ところが天然物創薬関連の欧米のベンチャー企業は新技術を導入しながら,大企業,政府機関と三つ巴になってニッチ産業の役割を果たしている。大企業や政府機関は低分子化合物ライブラリや生物資源の囲い込みを行っているように見受けられる。したがって,わが国でも未知の生物資源と新規活性の低分子化合物へのアクセスのスキームは魅力あるビジネスチャンスとなりうる。これが株式会社ハイファジェネシス(HGI)設立のそもそもの理由である。

【目次】
1. 発端から設立まで
2. 事業内容
2.1 リード・シード探索
2.2 研究用ライブラリの提供および受託研究
2.3 生物多様性条約にもとづく海外生物資源へのアクセス事業
2.4 機能性食品など創食事業と工業用化成品に関するメタボリック・エンジニアリング
2.5 コンサルタント,代理店事業
3. これまでの成果と今後の展望


--------------------------------------------------------------------------------

CE-MSによるメタボローム解析技術の産業応用
Application of Metabolomics Technologies using CE-MS to Industries Aspects

--------------------------------------------------------------------------------
大岸治行(ヒューマン・メタボローム・テクノロジーズ(株) 東京事務所 取締役副社長)

ヒューマン・メタボローム・テクノロジーズ(株)(HMT)は,慶應義塾大学先端生命科学研究所(慶應大学先端生命研)で開発されたキャピラリー電気泳動-質量分析計(CE-MS)によるメタボローム解析技術を創薬分野や発酵・食品分野等の研究開発に応用することを目的として2003年に設立されたバイオベンチャーである。本稿では,HMTが開発したCE-MSを用いるメタボローム解析技術と,その産業への応用について紹介する。

【目次】
1. はじめに
2. メタボロームとは
2.1 メタボローム測定法の現状
2.2 CE-MSによるメタボローム測定
3. CE-MSによるメタボローム測定法の開発
3.1 陽イオン性代謝物質の測定法
3.2 陰イオン性代謝物質の測定法
4. CE-TOFMSによるメタボローム測定法の開発
5. メタボローム解析技術プラットフォームの開発
6. メタボローム解析の疾患解析,創薬への応用
6.1 生体サンプルのメタボローム解析
6.2 メタボローム解析技術の創薬研究への応用の可能性
7. メタボローム解析の発酵技術開発への応用
7.1 枯草菌中の全イオン性代謝物質の測定法
7.2 ヒスチジン要求性大腸菌変異株の代謝解析
8. おわりに


--------------------------------------------------------------------------------

ゲノム解析とメタボローム解析が拓く新しいバイオビジネス
The New Bio-Business Created by Genomics and Metabolomics

--------------------------------------------------------------------------------
西達也((株)ジナリス 代表取締役社長)

「緑豊かな自然を取り戻すこと」と「情報革命により人々の生活に豊かさを与えること」を目標として,「ザナジェン」と「ジナリス」という2つのバイオベンチャーに約7年間挑んできた。本稿では,ベンチャー経営で得た貴重な体験を述べるとともに,ジナリスが挑戦する新しいバイオビジネスについて紹介する。

【目次】
1. はじめに
2. いかにして企業理念を具現化するか
3. ゲノム解析技術の開発
4. メタボローム解析技術の開発
5. ビジネスモデル
6. 次世代シークエンス技術
7. おわりに


--------------------------------------------------------------------------------

21世紀は微生物を用いたバイオテクノロジーの時代
Microorganisms Play Important Roles in the Biotechnology in the 21st Century

--------------------------------------------------------------------------------
中川智(協和発酵工業(株) リサーチアライアンス部 マネジャー:(株)ザナジェン 代表取締役社長)

1995年に初めて微生物の全ゲノム配列が決定されて以来,その数は600を超えた。次世代型DNAシーケンサの登場により,ますます微生物のゲノム解析は盛んになり,その結果として,微生物を用いたバイオテクノロジー産業の大きな進展が期待される。株式会社ザナジェンは,そんな時代を夢見て,そんな時代に貢献するために設立した会社であった。

【目次】
1. 微生物ゲノム解析ベンチャー,ザナジェンの設立
2. 次世代型DNAシーケンサの登場
3. 次世代型DNAシーケンサ時代の微生物研究
4. メタゲノム解析の急速な進展
5. 大規模な微生物ゲノム解析プロジェクト
6. 株式会社ザナジェンの解散


--------------------------------------------------------------------------------

より良いビジネスモデルを目指して
Looking for a Better Business Model

--------------------------------------------------------------------------------
藤田朋宏((株)ネオ・モルガン研究所 代表取締役COO)

様々な分野に応用することが可能である当社の育種技術を利用して事業を営むためのビジネスモデルには様々なパターンが存在し得る。我々は,事前に頭の中で考えたビジネスモデルを推し進める方法ではなく,世間のニーズ,会社の規模等の経営環境に合ったベストのビジネスモデルを模索し続ける集団でありたいと考えている。

【目次】
1. 分子生物学という”技術”の発達に思うこと
2. 生物を生物として扱う技術を求めて
3. ビジネスモデルを考える上での課題
3.1 プロジェクトに必要な工数の見積もりが難しいこと
3.2 我々単独では最終製品を生産・販売できないこと
3.3 投資家が期待するスピード感と,生物学の時間の流れが合わないこと
4. より最適なビジネスモデルを追及し続ける組織を目指して


--------------------------------------------------------------------------------

チャレンジスピリット
Challenge Spirits

--------------------------------------------------------------------------------
金武祚((株)ファーマフーズ 代表取締役社長)
東口伸二((株)ファーマフーズ 常勤監査役)

株式会社ファーマフーズは,機能性食品素材を開発・販売するバイオベンチャー企業である。「免疫・老化・神経」をターゲットにして,GABA,卵黄ペプチド,葉酸たまご,鶏卵抗体などを,「やさしいバイオ」というコンセプトに基づいて研究開発・企画提案・営業展開を行ってきた。このような事業展開の成果をもとに,2006年6月,東証マザーズに株式上場した。

【目次】
1. はじめに(ファーマフーズとは)
2. ファーマギャバ(TM)(GABA含有乳酸菌発酵エキス)
3. 「ボーンペップ(TM)」(卵黄ペプチド)
4. 「葉酸たまご(TM)」
5. 鶏卵抗体(IgY)
5.1 鶏卵抗体とは
5.2 「オボプロン(TM)」(抗ピロリ菌鶏卵抗体)
5.3 バイオ抗体フィルター
5.4 バイオメディカル分野
6. おわりに


--------------------------------------------------------------------------------

BIO R&D

--------------------------------------------------------------------------------

イネのフロリゲン
Florigen in Rice

--------------------------------------------------------------------------------
島本功(奈良先端科学技術大学院大学 バイオサイエンス研究科 植物分子遺伝学講座 教授)
玉置祥二郎(奈良先端科学技術大学院大学 バイオサイエンス研究科 植物分子遺伝学講座 研究員)

植物の花成を誘導することができるホルモンとしてフロリゲンの存在が1930年代に提唱されて以来,約70年にわたりその実体は不明のままであった。今回,筆者らは,イネの開花促進遺伝子Hd3aがイネの花成にどのように関与しているかを明らかにする研究を通じて,Hd3aがコードするタンパク質こそがフロリゲンの実体である可能性が高いことを明らかにした。

【目次】
1. はじめに
2. 花成ホルモン「フロリゲン」
3. フロリゲンの解明へ
4. イネのフロリゲンHd3a遺伝子
5. おわりに


--------------------------------------------------------------------------------

DNA内電荷移動とバイオセンサーへの応用
Charge Transfer through DNA and its Application for Biosensors

--------------------------------------------------------------------------------
高田忠雄(大阪大学 産業科学研究所 真嶋研究室 博士研究員)
真嶋哲朗(大阪大学 産業科学研究所 教授)

DNAは電荷を輸送する媒体としての機能を有する。電荷の移動速度はDNAの核酸塩基の配列はもちろん,局所的なDNA構造の秩序性に顕著に依存し,ミスマッチや変異塩基の存在によっても大きく変化する。本稿では,DNA内電荷移動について概説し,電荷移動機構と速度の配列依存性に関して行われた最近の研究と,DNA内電荷移動に基づいた電気化学センサーおよび単一分子センシング技術に関する応用例について解説する。

【目次】
1. はじめに
2. DNA内電荷移動
2.1 DNAは分子ワイヤーか?
2.2 DNA内電荷移動の機構
2.3 DNA内電荷移動の速度
2.4 ホール移動速度によるミスマッチの識別
3. DNA電気化学バイオセンサー
3.1 電気化学センサー
3.2 DNA内電荷移動に基づいた電気化学センサー
3.3 他の電気化学センサーの例
4. DNA光電流バイオセンサー
5. 一分子計測によるDNA内電荷移動の観測とミスマッチ検出への応用
6. おわりに


--------------------------------------------------------------------------------

界面を選択的に観察する偶数次非線形分光
Interface-Selective Even-Order Nonlinear Spectroscopy

--------------------------------------------------------------------------------
山口祥一((独)理化学研究所 田原分子分光研究室 専任研究員)
田原太平((独)理化学研究所 田原分子分光研究室 主任研究員)

界面選択的な新しい二次および四次非線形レーザー分光法として,電子和周波発生(ESFG)分光と振動数領域の四次非線形(χ(4))ラマン分光を開発した。ESFG分光によって,これまでにない高い信号雑音比と密な波長データ点を有する界面電子スペクトルを得ることが可能となった。また,χ(4)ラマン分光によって,全指紋領域を含む広い波数範囲の界面分子の振動スペクトルを測定することができるようになった。電子状態と振動状態に対するこれらの新しい偶数次非線形分光法は,可視・近赤外領域の光パルスのみを用いるため,生体界面や電気化学界面に代表される多様な“埋もれた”界面の研究に適用することができる。

【目次】
1. はじめに
2. 電子和周波発生(ESFG)分光法
3. 四次非線形(X(4))ラマン分光法
4. おわりに


--------------------------------------------------------------------------------

BIO BUSINESS

--------------------------------------------------------------------------------

バイオレメディエーションの市場動向
Market of Bioremediation

--------------------------------------------------------------------------------
【目次】
1. 概要
2. 特徴
3. 用途
4. 市場規模
5. 業界動向


--------------------------------------------------------------------------------
4,950円
【特集】アクティブバイオイメージング―生命活動のリアルタイム計測・イメージングの最前線―
--------------------------------------------------------------------------------

特集にあたって

--------------------------------------------------------------------------------
船津高志(東京大学 大学院薬学系研究科 生体分析化学教室 教授)

生命機能を理解するためには,タンパク質やRNAが,いつ,どこで,どのような働きをしているのかを解明することが不可欠である。本特集では,主に生細胞を対象としたイメージング技術に焦点を当て,生細胞の活動をリアルタイムに計測,イメージングする技術について解説する。


--------------------------------------------------------------------------------

細胞内シグナル伝達物質リアルタイム検出用プローブ
Real-time Assessing of Cellular Second Messenger Dynamics by Fluorescent Probes

--------------------------------------------------------------------------------
森井孝(京都大学 エネルギー理工学研究所 教授)

細胞内シグナル伝達物質であるセカンドメッセンジャーの中でも,イノシトール三リン酸(IP3)は,Ca2+などと共に,その重要性が注目されている。ここでは,天然のタンパク質のPHドメインをもとにして構築した,細胞内IP3の濃度変化を蛍光シグナルとして検出する生体内IP3センサーと,RNAアプタマーをもとにした蛍光センサーの構築について述べる。

【目次】
1. はじめに
2. PHドメインを用いたイノシトール三リン酸(IP3)に対する分子センサーの構築
3. 細胞内に導入可能なIP3センサーの構築
4. リボヌクレオペプチド(RNP)リセプターをもとにしたテーラーメイド蛍光センサーの開発


--------------------------------------------------------------------------------

細胞内分子可視化用蛍光プローブ(ランタノイド錯体)
Visualization Probes for Cellular Application using Lanthanide Complexes

--------------------------------------------------------------------------------
菊地和也(大阪大学 大学院工学研究科 生命先端工学専攻 物質生命工学講座 教授)

現在,生理的条件での機能解明が重要視されるようになってきている。この点の解明には細胞をすりつぶさないで,生きたまま機能を調べることができれば多くの情報が得られると考えられる。この目的のため,細胞内分子と特異的に反応して蛍光特性が変化する蛍光プローブをデザイン・合成し直接細胞に応用することに成功した。

【目次】
1. はじめに
2. Zn2+応答性MRIプローブ
3. 時間分解イメージングを可能とする亜鉛イオン測定用長寿命蛍光プローブの開発と時間分解蛍光測定顕微鏡光学系の構築
4. 光誘起電子移動機構によって蛍光強度が制御されるランタノイド錯体プローブ
5. おわりに


--------------------------------------------------------------------------------

光活性化・光変換蛍光タンパク質を用いたタンパク質動態解析
In Cell Analysis of Protein Dynamics using Photoactivatable and Photoconvertible Florescent Proteins

--------------------------------------------------------------------------------
松田知己((財)医療機器センター 非常勤職員;北海道大学 電子科学研究所)
永井健治(北海道大学 電子科学研究所 教授)

蛍光タンパク質を用いたイメージング技術は発展を続け,最近では光刺激により活性化させたり蛍光波長を変化させたりすることのできる蛍光タンパク質が開発され実用化されている。このような蛍光タンパク質プローブを用いることで細胞内でのタンパク質分子動態を追跡することができ,細胞の環境応答などに伴う動態変化を観察する有効なツールとなっている。本稿では,光活性化・光変換蛍光タンパク質プローブの性質を解説し,それらを用いたイメージング技術を紹介する。

【目次】
1. はじめに
2. 光活性化・光変換タンパク質の種類
2.1 不可逆的な光活性化蛍光タンパク質
2.2 可逆的な光活性化蛍光タンパク質
2.3 不可逆的な光変換蛍光タンパク質
3. 光活性化・光変換蛍光タンパク質の性質
4. 光活性化・光変換タンパク質を用いた生物試料の動態解析
5. タンパク質の拡散動態を解析する方法
6. FDAPによるタンパク質動態の解析
7. おわりに


--------------------------------------------------------------------------------

タンパク質再構成法を用いた細胞内生体分子の解析法
Analytical Methods of Intracellular Biomolecules Based on Protein Reconstitution Methods

--------------------------------------------------------------------------------
小澤岳昌(東京大学 大学院理学系研究科 化学専攻 教授)

蛍光・発光タンパク質は,タンパク質の細胞内局在や遺伝子機能を探るレポーターとして,生命科学研究で広く用いられている。筆者らは,蛍光・発光タンパク質をもとに「タンパク質再構成法」という新たなレポーターの概念を創出した。タンパク質再構成法の特徴は,レポーター分子のニ分子間の自発的反応により,発光のon/offを検出できる点にある。本稿ではタンパク質再構成法の原理とその応用研究を紹介する。

【目次】
1. はじめに
2. タンパク質再構成法の原理
3. タンパク質再構成法を利用した生体分子の可視化
3.1 タンパク質間相互作用検出プローブ
3.2 タンパク質輸送検出プローブ
3.3 RNAの局在検出プローブ
3.4 プロテアーゼ活性検出プローブ
4. おわりに


--------------------------------------------------------------------------------

生細胞の核内におけるmRNAの動態解析
Analyzing the Dynamics of mRNA Molecules in a Lining Cell

--------------------------------------------------------------------------------
船津高志(東京大学 大学院薬学系研究科 生体分析化学教室 教授)

核内におけるmRNAのスプライシングと輸送のダイナミクスを明らかにするため,イントロンを含むmRNAまたはイントロンを含まないmRNAを試験管内で合成,蛍光標識し,核内にインジェクションした。これらのmRNAの動態を蛍光顕微鏡観察することにより,核スペックルがmRNAの成熟に積極的にかかわっていること,成熟したmRNAがブラウン運動によって核膜孔に到達し細胞質へ輸送される結果を得た。

【目次】
1. はじめに
2. イントロンを含む未成熟mRNAの核内における動態
3. 成熟したmRNAの核内運動
4. おわりに


--------------------------------------------------------------------------------

In vivo時空間分解ラマン分光による単一細胞生命活性計測―「生命のラマン分光指標」と細胞の生と死―
Single Cell Bioactivity Measurement by In vivo Time-and Space-resolved Raman Spectroscopy

--------------------------------------------------------------------------------
小野木智加朗(東京大学 大学院理学系研究科)
内藤康彰(東京大学 大学院工学研究科)
濵口宏夫(東京大学 大学院工学研究科 教授)

In vivo時空間分解ラマン分光法は,生細胞を実時間,実空間,非侵襲的に分子レベルで解析する手法として極めて有力である。本稿では,筆者らが見出し,細胞の呼吸活性を鋭敏に反映することを証明した「生命のラマン分光指標」を中心に,生細胞研究におけるラマン分光の可能性を示す。

【目次】
1. はじめに
2. 実験
3. 時空間分解ラマン分光による生細胞の研究
3.1 空間分解ラマンスペクトルによるオルガネラの分子レベル解析
3.2 時空間分解ラマンスペクトルによる細胞分裂の分子レベル追跡
3.3 「生命のラマン分光指標」の発見と呼吸・代謝活性との関係
3.4 「生命のラマン分光指標」の光に対する応答
3.5 ラマンマッピングで見る生細胞内の物質分布
3.6 ラマンマッピングによる細胞自然死過程の可視化分子レベル追跡
4. おわりに


--------------------------------------------------------------------------------

生きたままの細胞内3次元成分分布時系列計測―単一細胞分光トモグラフィ―
3D-Time Series Compositional Distribution Measurement of Single Living Cells:Spectroscopy-Tomography of Single Cells

--------------------------------------------------------------------------------
石丸伊知郎(香川大学 工学部 知能機械システム工学科 准教授)

生きたままの細胞内における生体成分の時間的,空間的な挙動をリアルタイムに計測する,細胞内3次元分光特性分布計測技術(単一細胞分光トモグラフィ)について述べる。本解説では,無染色細胞の3次元屈折率分布計測技術,高空間解像度蛍光標識3次元分布計測技術,細胞表層スキャナー技術,浮遊細胞3次元細胞トラッキング技術について述べる。

【目次】
1. はじめに
2. 無標識浮遊単一細胞の3次元屈折率分布計測
2.1 近接2光束ピンセット方式による細胞回転技術
2.2 3次元位相差像計測
2.3 3次元屈折率分布計測
3. 単一細胞内蛍光標識3次元分光分布計測
3.1 従来分光手法の問題点
3.2 物体光の自己相関位相シフト干渉による結像型2次元フーリエ分光法
3.3 単一細胞内蛍光標識3次元分光分布計測
4. 細胞表層スキャナー
5. 長時間観察のための透明浮遊細胞トラッキング技術
6. おわりに


--------------------------------------------------------------------------------

質量顕微鏡というイノベーション
Innovation of Mass Microscope

--------------------------------------------------------------------------------
瀬藤光利(大学共同利用機関法人 自然科学研究機構 岡崎統合バイオサイエンスセンター ナノ形態生理 准教授)

従来の分子の混合物の一次元分析から,二次元の座標情報に沿った分析へと生体高分子の質量分析技術が新たな展開を迎えた。次元を乗り越えて誕生したのが,分子の分布を描画する質量顕微鏡であり,新薬候補の効果の判定や新薬標的探索,病気の診断補助への応用が始まっている。

【目次】
1. イノベーションの生まれる潮目
2. 顕微鏡からの発展
3. 質量分析側からの発展
4. 質量顕微鏡の開発
5. 質量顕微鏡法の実際
6. 学問に先行する産業応用
7. 身近な病院で使われる未来


--------------------------------------------------------------------------------

BIO R&D

--------------------------------------------------------------------------------

薄膜デバイスによる人工網膜
Artificial Retina using Thin-Film Devices

--------------------------------------------------------------------------------
木村睦(龍谷大学 理工学部 電子情報学科 准教授)
西崎仁貴(龍谷大学 理工学部 電子情報学科)

筆者らは,p/i/n薄膜フォトトランジスタとポリSi薄膜トランジスタによる人工網膜を開発した。この人工網膜は,感度を制御しながら,照度を検出できることを確認した。この人工網膜は,人体に無害な基板に作製できるため,生体埋込に適している可能性がある。

【目次】
1. はじめに
2. 薄膜フォトデバイス
3. 人工網膜
4. おわりに


--------------------------------------------------------------------------------

BIO BUSINESS

--------------------------------------------------------------------------------

健康油の市場動向
Market of Healthy Oil

--------------------------------------------------------------------------------
【目次】
1. 概要
2. 種類・特徴
3. 市場動向
3.1 特定保健用食品における健康油市場
3.2 機能性食品市場
4. 企業動向
4.1 花王
4.2 日清オイリオ
4.3 味の素


--------------------------------------------------------------------------------
4,950円

【特集】再生医療・動物実験代替への応用を指向した細胞培養の先端技術
--------------------------------------------------------------------------------

―特集にあたって―
新しい細胞培養技術の創出と応用―時代の潮流に沿ったアイデアの変遷―

--------------------------------------------------------------------------------
竹澤俊明((独)農業生物資源研究所 遺伝子組換え家畜研究センター 主任研究員)



--------------------------------------------------------------------------------

生体内環境を反映した細胞培養担体の開発とその再生医療あるいは創薬研究への応用構想
Development of Cell Culture Substrate Reflecting the Environment in vivo and their Application Concept for Regenerative Medicine and Drug Development Researches

--------------------------------------------------------------------------------
竹澤俊明((独)農業生物資源研究所 遺伝子組換え家畜研究センター 主任研究員)

培養細胞に生体内環境を付与することを目指して,「コラーゲンビトリゲル担体」と「組織を薄切した切片担体」を近年開発した。これら担体の作製法および特徴を解説すると共に,担体を利用した細胞培養技術の有用性および先端研究を紹介する。さらに,各々の担体の特徴を活かして,再生医療あるいは創薬研究へ応用していく将来展望について述べる。

【目次】
1. はじめに
2. 生体内結合組織のコラーゲン線維密度を反映した細胞培養担体の開発
3. 「コラーゲンビトリゲル担体」を利用した細胞培養技術の有用性および先端研究
4. 「コラーゲンビトリゲル担体」の再生医療あるいは創薬研究への応用構想
5. 生体内の組織や器官の複雑な構造と成分を反映した細胞培養担体の開発
6. 「動物組織を薄切した切片担体」を利用した細胞培養技術の有用性および先端研究
7. 「動物細胞を薄切した切片担体」の再生医療あるいは創薬研究への応用構想
8. おわりに


--------------------------------------------------------------------------------

化学物質の体内動態を再現する複合細胞培養系の開発と利用
Development of Multi-compartment Cell-based Assay Systems that Reproduce Toxicokinetics in Humans

--------------------------------------------------------------------------------
西川昌輝(東京大学 生産技術研究所 博士課程)
中山秀謹(東京大学 生産技術研究所 修士課程)
木村啓志(東京大学 生産技術研究所 博士研究員)
山本貴富喜(東京大学 生産技術研究所 助教)
藤井輝夫(東京大学 生産技術研究所 教授)
酒井康行(東京大学 生産技術研究所;同大学 大学院医学系研究科 疾患生命工学センター 准教授)

化学物質の毒性を評価・予測するためには,濃度,暴露の形態や部位に加え,体内での吸収・代謝・分布・排泄の各ステップの解明とその統合が必要となってくる。筆者らは,このような複雑な過程の一括評価を目指し,各臓器を代表する複数の細胞集団を同時に培養する様々な培養系の開発とその適用可能性の評価を行ってきたので,その概略と今後の展望を述べる。

【目次】
1. はじめに
2. 静置型複合培養系
2.1 モデル小腸膜+標的細胞
2.2 モデル小腸膜+モデル肝細胞
2.3 より高度なモデル肝細胞の構築
3. 灌流型複合培養系
4. マイクロ流体デバイス技術を活用した複合培養系
4.1 成熟脂肪細胞の安定分散固定化
4.2 化学物質の動態分布のイメージング計測
5. おわりに


--------------------------------------------------------------------------------

ハニカムフィルムによる細胞機能の制御
Control of Cell Functions using Self-organized Honeycomb-patterned Films

--------------------------------------------------------------------------------
田中賢(東北大学 多元物質科学研究所 生体機能設計研究分野 准教授)
山本貞明(北海道大学 創成科学共同研究機構 移植医療・組織工学プロジェクト 特任教授)
下村政嗣(東北大学 多元物質科学研究所 生体機能設計研究分野 教授)

再生医療・動物実験代替技術開発などを支える培養担体の開発において,材料表面と生体物質や細胞との界面であるバイオインターフェィスの設計は,材料表面の物性や構造が細胞の接着,形態,増殖,運動,分化や機能などに著しく影響を与えることから,極めて重要である。本稿では,自己組織化法により作製したハニカムフィルムの表面トポロジーが,細胞の接着挙動や機能におよぼす影響について紹介する。

【目次】
1. はじめに
2. ハニカムフィルムの製膜方法
3. ハニカムフィルムによる細胞機能制御
3.1 血管内皮細胞の接着・増殖・機能性制御
3.2 ハニカムフィルムによるその他の細胞培養例
4. おわりに


--------------------------------------------------------------------------------

コラーゲンビトリゲル薄膜を用いた3次元培養ヒト皮膚モデルの構築とその皮膚感作性試験への応用
Construction of Three-dimensional Human Skin Model using Collagen Vitrigel Membrane and its Application to Skin Sensitization Test

--------------------------------------------------------------------------------
内野正(国立医薬品食品衛生研究所 環境衛生化学部 主任研究官)

これまで市販されている3次元培養皮膚モデルは樹状細胞等の免疫担当細胞を含まないため,皮膚感作性のin vitro評価法としては適用が困難であった。そこで樹状細胞,角化細胞,線維芽細胞からなる3次元培養ヒト皮膚モデル(KDF-skin)を構築したが,培養期間を短縮し,細胞数を減らす目的でコラーゲンビトリゲル薄膜を培養担体とした皮膚モデルの構築を試みた。さらに皮膚感作性物質を暴露し,CD86発現およびサイトカイン放出量への影響を検討した。

【目次】
1. はじめに
2. VG-KDF-skinの構築法
3. 皮膚感作性のin vitro評価法への応用
4. 今後の課題


--------------------------------------------------------------------------------

内視鏡下ロボット手術支援基材としてのコラーゲンビトリゲル薄膜
Collagen Vitrigel Membrane as a Novel Lineup of Materials for Robotic Surgery

--------------------------------------------------------------------------------
原田香奈子(国立成育医療センター研究所 特殊診療部 リサーチレジデント;現CRIM Lab.,Polo Sant’Anna Valdera,Scuola Superiore Sant’Anna.,Italy)
絵野沢伸(国立成育医療センター研究所 移植・外科研究部 実験外科研究室 室長)

内視鏡を利用したロボット外科手術の発達はめざましく,術後の患者QOL向上,早期回復という面で多大な恩恵をもたらしている。一方で,この手技は難度が高く,安全性を確保しながら最大の効果を引き出すには熟練を要する。これを補うために内視鏡下手術に適した周辺材料の開発が必要である。ここでは外科手術の基本である縫合を,糸によらずコラーゲンビトリゲルという生体適合材料によって行うという革新的技術の可能性について述べる。

【目次】
1. はじめに
2. ロボット手術の特徴―設計者側の視点から―
3. 創傷治癒基材としてのコラーゲンビトリゲル薄膜
4. 胎児手術への応用の可能性
4.1 胎児手術の特殊性
4.2 適応疾患
4.3 その他の胎児手術への利用
5. おわりに


--------------------------------------------------------------------------------

肝再生医療・バイオ人工肝臓への応用を目指した新規細胞培養系の開発
Development of Novel Cell Culture System for Liver Regenerative Medicine and Bioartificial Liver

--------------------------------------------------------------------------------
八木清仁(大阪大学 大学院薬学研究科 生体機能分子化学分野 教授)

骨髄間質細胞,間葉系幹細胞は成体の組織に存在し,in vitroで増幅が可能なことから患者自身の細胞が使用でき,さらには多分化能を有するなどその潜在能力に期待が集まっている。本稿では,肝臓移植に替わる治療法として注目されている肝再生医療,バイオ人工肝臓への応用を目的とした筆者の研究結果を中心に紹介する。

【目次】
1. はじめに
2. 骨髄間質細胞の肝機能維持効果
3. 三次元担体を利用した肝細胞と骨髄間質細胞の共移植
4. 間葉系幹細胞の肝細胞への誘導と移植
4.1 幹細胞の利用
4.2 骨髄由来間葉系幹細胞(bone marrow-derived MSC;BMSC)
4.3 親知らず由来間葉系幹細胞の利用
5. おわりに


--------------------------------------------------------------------------------

コラーゲンビトリゲル薄膜を用いた広範囲皮膚欠損に対する新規治療法開発
Novel Strategy for Permanent Skin Replacement using Collagen Vitrigel Membrane

--------------------------------------------------------------------------------
青木茂久(佐賀大学 医学部 病因病態科学講座 病態病理学分野 助教)
永瀬浩太郎(佐賀大学 医学部 病因病態科学講座 病態病理学分野 博士課程)
内橋和芳(佐賀大学 医学部 病因病態科学講座 病態病理学分野 助教)
井手口浩幸(佐賀大学 医学部 病因病態科学講座 病態病理学分野 技術専門職員)
戸田修二(佐賀大学 医学部 病因病態科学講座 病態病理学分野 教授)

熱傷をはじめとする広範囲の皮膚欠損状態は,バリア機能および恒常性の破綻を来たし,生体にとっては致死的である。一般的な治療法である植皮術では,移植面積に制限があり,培養皮膚による治療法は,移植までに長時間を要する。今回,筆者らは,コラーゲンビトリゲル薄膜を用いて皮膚シートを作製することで,面積確保と移植期間の短縮が可能な新規治療法を開発したので報告する。

【目次】
1. はじめに
2. コラーゲンビトリゲルを用いた皮膚シートの作製
3. 皮膚シートの移植
4. 皮膚シート移植による創傷治癒効果
5. おわりに


--------------------------------------------------------------------------------

第2特集:細胞培養基材・周辺機器メーカー

--------------------------------------------------------------------------------
【掲載企業】
・(株)ジャパン・ティッシュ・エンジニアリング
・旭硝子(株)
・(株)池田理化
・富士フイルム(株)
・SCIVAX(サイヴァクス)(株)
・アルブラスト(株)
・(株)ジーシー
・コバレントマテリアル(株)(旧東芝セラミックス(株))
・住友ベークライト(株)
・(株)協同インターナショナル
・(株)Cell Force
・トミーデジタルバイオロジー(株)

【主な項目】
・会社プロフィール
・製品の概略
・製品のPR
・試作・特注・技術サポートなど
・関連文献
・その他 周辺サービス・製品
・問い合わせ先


--------------------------------------------------------------------------------

BIO BUSINESS

--------------------------------------------------------------------------------

酵母利用食品の市場動向
Market of Foods using Yeast

--------------------------------------------------------------------------------
【目次】
1. 概要
2. 市場動向
3. 用途動向
3.1 パン
3.2 ソース
3.3 焼酎
3.4 清酒
4. 企業動向
4.1 オリエンタル酵母工業
4.2 キリンビール
4.3 アサヒフードアンドヘルスケア
5. 将来展望


--------------------------------------------------------------------------------
4,950円

特集:バイオミネラリゼーション―形成の多様性とメカニズム―
--------------------------------------------------------------------------------

磁性細菌のマグネタイト微粒子の形成機構
Biosynthesis of Magnetite Particle in Magnetic Bacteria

--------------------------------------------------------------------------------
福森義宏(金沢大学 大学院自然科学研究科 教授)
田岡東(金沢大学 VBL 博士研究員)

磁性細菌は細胞内にナノサイズのマグネタイト(Fe3O4)結晶あるいはグレガイト(Fe3S4)結晶を室温,中性の環境下で生成し,地磁気センサーとして利用している。その結晶型は種に特異的であり,その大きさも極めて均一であることから,微生物学だけでなく鉱物学,結晶学,生物工学などの様々な分野の研究者の興味を集めている。本稿では,今日までに明らかにされた研究成果に基づき,磁性細菌のバイオミネラリゼーションについて概説する。

【目次】
1. はじめに
2. マグネトソームの構造
3. マグネトソームの形成機構
3.1 マグネトソーム膜の形成
3.2 鉄の取り込み機構
3.3 マグネタイト結晶の生成
4. おわりに


--------------------------------------------------------------------------------

海産性植物プランクトン,円石藻のココリス形成
Coccolith Formation in a Group of Marine Phytoplanktons, Coccolithophorids

--------------------------------------------------------------------------------
藤原祥子(東京薬科大学 生命科学部 環境ゲノム学科 環境応答生物学研究室 准教授)
都築幹夫(東京薬科大学 生命科学部 環境ゲノム学科 環境応答生物学研究室 教授)

円石藻とは,汽水域から外洋にかけて広く海洋に生息する植物プランクトンで,細胞表面に円石(ココリス)と呼ばれる石灰化された片鱗をもつ。その円石形成に関して,研究が盛んに行われているのは2属に集約される。そこで,グループごとに整理する形で,形態学的,生化学的,分子生物学的な側面からの研究成果を紹介する。

【目次】
1. はじめに
2. 円石形成機構に関する形態学的研究
2.1 Emiliania huxleyi
2.2 Pleurochrysis carterae
3. 生化学的研究―酸性多糖に関する研究を中心に―
3.1 E.huxleyi
3.2 Pleurochrysis属
4. 分子生物学的研究
4.1 E.huxleyi
4.2 Pleurochrysis属


--------------------------------------------------------------------------------

貝殻形成におけるパラダイムとしての有機基質鋳型説
Template Theory as a Paradigm for Shell Biomineralization

--------------------------------------------------------------------------------
遠藤一佳(筑波大学 大学院生命環境科学研究科 地球進化科学専攻 准教授)
更科功(筑波大学 大学院生命環境科学研究科 地球進化科学専攻 研究員)

基質タンパク質と炭酸カルシウム中のイオンの立体化学的な一致を前提とした鋳型説は核形成メカニズムとして広く信じられている。しかし,最近明らかになった酸性貝殻基質タンパク質の一次構造はこの図式を支持しない。バイオミネラリゼーション研究を30年以上支配してきた鋳型説だが,別の角度から見直す必要があるかもしれない。

【目次】
1. はじめに
2. バイオミネラリゼーションにおける核形成モデル
2.1 核形成現象の分類
2.2 イオノトロピー(イオン蓄積)モデル
2.3 鋳型説
3. 酸性貝殻基質タンパク質の一次構造
3.1 MSP-1
3.2 アスペインとアスプリッチ
3.3 カスパルティン
4. 速度論モデルと結晶多形の制御機構
5. おわりに


--------------------------------------------------------------------------------

アコヤガイ稜柱層の有機基質と稜柱層形成機構
Characterization of an Organic Matrix in the Prismatic Layer of the Shell of the Japanese Pearl Oyster and its Role in the Prismatic Layer Formation

--------------------------------------------------------------------------------
鈴木道生(東京大学 大学院農学生命科学研究科 博士課程)
長澤寛道(東京大学 大学院農学生命科学研究科 教授)

軟体動物の貝殻は無機物である炭酸カルシウム結晶と有機物の複合体から成る。本研究において,筆者らがアコヤガイ貝殻稜柱層より見出した新規基質タンパク質Prismalin-14はキチン結合能と炭酸カルシウム結晶形成阻害活性を有していた。これを基にPrismalin-14の稜柱層内での有機・無機を仲介する役割を推定した。

【目次】
1. はじめに
2. 稜柱層特異的基質タンパク質Prismalin-14
3. 炭酸カルシウム結晶形成阻害活性
4. キチンの同定およびPrismalin-14のキチン結合活性
5. Prismalin-14の局在
6. 稜柱層形成機構の推定
7. おわりに


--------------------------------------------------------------------------------

ヒザラガイの歯舌のバイオミネラリゼーション
Biomineralization of Chiton Radular Teeth

--------------------------------------------------------------------------------
大越健嗣(石巻専修大学 理工学部 生物生産工学科 教授)

磁石につく歯をもつユニークな海洋生物である軟体動物門多板綱に属するヒザラガイ類は,浅海から深海,極域から熱帯域にまで数百種が分布する。日本沿岸に生息するヒザラガイAcanthopleura japonicaは常温・常圧で磁鉄鉱,針鉄鉱,鱗鉄鉱の3種の鉱物を歯のきまった部分につくる。本稿では,ヒザラガイの歯の構造,組成,鉄のミネラリゼーションのプロセス,そこに関わる分子について概括するとともに「硬組織ゴミ箱説」と「積極的歯こぼれ説」を最新の成果とともに紹介し,新たな硬組織像を提案する。

【目次】
1. はじめに
2. ヒザラガイとは
3. ヒザラガイの歯舌の構造とミネラリゼーション
3.1 注目されるヒザラガイの歯舌
3.2 歯舌の構造と成分,ミネラリゼーション
4. 歯舌形成の分子機構
4.1 鉄の吸収と存在状態
4.2 ヒザラガイのフェリチンとミネラリゼーションへの関与
4.3 歯舌の有機マトリックス
5. 再考される硬組織の機能


--------------------------------------------------------------------------------

硬骨魚類の鱗の石灰化機構を探る
Toward the Understanding on the Mechanism of Biomineralization in Teleost Fish Scales

--------------------------------------------------------------------------------
小川展弘(北海道大学 大学院水産科学研究院 博士後期課程)
都木靖彰(北海道大学 大学院水産科学研究院 教授)

鱗はlimiting layer,骨質層,線維層板からなり,それぞれに特徴的な様式でハイドロキシアパタイト結晶が沈着する。鱗の強い再生能を利用すると,結晶形成の進行にともなって基質がどのように変化してゆくかを調べることができる。筆者らは,骨質層における初期結晶形成に関与する基質をスクリーニング中である。

【目次】
1. 鱗とは
2. 鱗の構造と石灰化様式
3. 鱗の石灰化機構を解明する
3.1 鱗の再生
3.2 鱗の再生を利用した骨質層の石灰化実験系
3.3 初期結晶形成が起こる場所
3.4 高電子密度の非コラーゲン性基質の正体を探る
4. 今後の展望


--------------------------------------------------------------------------------

ウシガエルの内リンパ嚢における石灰化と脱石灰化
Formation and Dissolution of Calcium Carbonate Crystals in the Bullfrog Endolymphatic Sac

--------------------------------------------------------------------------------
田中滋康(静岡大学 創造科学技術大学院 研究部 統合バイオサイエンス部門 教授)
鈴木雅一(静岡大学 理学部 生物科学科 生物学教室 准教授)

ウシガエルを始めとした無尾両生類の内リンパ嚢は顕著に発達し,椎骨の間では傍脊椎石灰嚢と呼ばれる袋状の膨らみとして認められる。内リンパ嚢は濾胞構造を呈し,濾胞内腔には炭酸カルシウム結晶から成るアラゴナイトが多量に含まれている。鰓後腺から分泌されるペプチドホルモンであるカルシトニンで合成が促進されるオトコニンと呼ばれるタンパク質が核になりアラゴナイトが形成される。一方,内リンパ嚢の上皮細胞にはミトコンドリアを豊富に持つミトコンドアリッチ細胞も存在し,この細胞内に含まれる液胞型プロトンATPaseにより作出されるプロトンにより内リンパ嚢の内腔が酸性になることによりアラゴナイトが溶解されると想定される。

【目次】
1. はじめに
2. オトコニン発見の経緯
3. オトコニンの組織および細胞内局在
4. 炭酸カルシウム結晶の形成タンパク質
5. オトコニンタンパク質の性質
6. 鰓後腺から分泌されるカルシトニンによるOC22の発現調節
7. プロカルシトニンの細胞内プロセシング
8. 内リンパ襄における炭酸カルシウム結晶の溶解機構
9. おわりに


--------------------------------------------------------------------------------

BIO R&D

--------------------------------------------------------------------------------

大麦若葉エキスの成分と諸性質
The Constituents and Properties of Barley Leaf Extract

--------------------------------------------------------------------------------
上山英夫(日本薬品開発(株) 研究開発部 研究最高顧問)

大麦若葉エキスは,タンパク質,アミノ酸,炭水化物,ビタミン,ミネラル,クロロフィル,フラボノイド,酵素等を含有した生の緑葉植物に近い状態を保つように製造された長期保存性を有する,嗜好性に富む緑黄色野菜の補完食品,食品素材として開発され,健康食品,緑黄色野菜の補完食品,加工食品の素材,植物色素の原料,研究用試料等として広い応用分野に利用されている。

【目次】
1. はじめに
2. 大麦若葉エキスの開発
3. 大麦若葉エキスの特性
4. 大麦若葉エキスの生理活性物質
5. 大麦若葉エキスの生理活性


--------------------------------------------------------------------------------

細胞表面への細胞外マトリックス薄膜の形成による細胞積層化組織の構築
Fabrication of Cellular Multilayers with Extracellular Matrix Thin Films on Cell Surface

--------------------------------------------------------------------------------
松崎典弥(大阪大学 大学院工学研究科 応用化学専攻 助教)
明石満(大阪大学 大学院工学研究科 応用化学専攻 教授)

細胞表面へフィブロネクチン-ゼラチン薄膜を形成し,次層の細胞接着の足場を提供することで,生体外で積層化組織を構築することが可能であった。この手法を応用することで,ヒトの血管壁と同じ構造の積層化組織の構築にも成功した。本手法は,新しい再生医療技術として期待される。

【目次】
1. はじめに
2. フィブロネクチン-ゼラチン薄膜の形成
3. 細胞積層化の検討
4. 細胞の三次元積層化
5. 血管壁類似組織の構築
6. おわりに


--------------------------------------------------------------------------------

味の記憶とヒトの脳
Gustatory Memory and its Role in Human Brain Function

--------------------------------------------------------------------------------
檀一平太((独)農業・食品産業技術総合研究機構 食品総合研究所 食認知科学ユニット 研究員)
岡本雅子((独)農業・食品産業技術総合研究機構 食品総合研究所 食認知科学ユニット 特別研究員)

脳機能研究の中では,味覚の研究は比較的遅れている分野であった。しかし,近年の脳機能イメージング法の発達によって,一次味覚野から高次脳処理に至る味覚の機能研究が活況を呈しつつある。本稿では,筆者らが最近行った「味覚情報の記憶」に関する研究を中心として,脳機能イメージング法による味覚研究の動向を概観するとともに,ヒトの脳と味覚の高次処理の関係について,進化的な考察を試みる。

【目次】
1. はじめに
2. 味覚の低次脳処理過程
3. 味覚の高次脳処理研究
4. fNIRSの仕組みと問題点
5. fNIRSによる味覚情報の記憶研究
6. 味の記憶が語るもの


--------------------------------------------------------------------------------

BIO BUSINESS

--------------------------------------------------------------------------------

生物農薬の市場動向
Market of Biological Agri-chemicals

--------------------------------------------------------------------------------

【目次】
1. 概要
1.1 農薬の分類
1.2 生物農薬の分類
2. 特性・技術
2.1 生物農薬と化学農薬の特性比較
2.2 生物農薬の技術
2.2.1 害虫防除技術
2.2.2 病害防除技術
2.2.3 雑草防除技術
2.2.4 生長調整技術
2.2.5 複合作用技術
2.2.6 その他の技術
3. 市場規模
4. 企業動向
4.1 クミアイ化学工業
4.2 住友化学
4.3 出光興産
4.4 日本化薬
4.5 多木化学


--------------------------------------------------------------------------------
4,950円
特集:ユビキタス生体計測
--------------------------------------------------------------------------------

特集にあたって

--------------------------------------------------------------------------------
三林浩二(東京医科歯科大学 生体材料工学研究所 教授)



--------------------------------------------------------------------------------

インテリジェントヒューマンセンシングチップ
Intelligent Human Sensing Chips

--------------------------------------------------------------------------------
澤田和明(豊橋技術科学大学 電気・電子工学系 教授)
野田俊彦(豊橋技術科学大学 ベンチャー・ビジネス・ラボラトリー 研究員)

個人の身体の状態を手軽にモニタリングする小型な装置「インテリジェントヒューマンセンシングチップ」の実現には,信号処理回路とバイオセンサの集積化(インテリジェント化)が重要である。その一例として,「携帯型測定器への組み込みに適したインテリジェント吸光度測定チップ」および「体着型マルチモーダルヒューマンセンシングチップ」の開発について紹介する。

【目次】
1. はじめに
2. 携帯型測定器への組み込みに適したインテリジェント吸光度測定チップ
2.1 はじめに
2.2 マイクロチップの構造と特徴
2.2.1 高感度吸光度測定センサ
2.2.2 外乱耐性の向上
2.2.3 操作簡便性の向上
2.3 マイクロチップの作製
2.4 特性評価
2.4.1 同期検波機構の評価
2.4.2 参照溶液を用いない吸光度測定
2.4.3 昇温能力の測定
2.5 まとめ
3. 体着型マルチモーダルヒューマンセンシングチップ
3.1 マルチモーダルセンサの構成
3.1.1 マルチモーダルセンサの概念
3.1.2 各種センサ
(1) pHセンサ
(2) 発汗センサ
(3) 温度センサ
3.2 試作チップ
3.3 測定と考察
3.3.1 測定系と測定方法
3.3.2 実測と考察
3.4 まとめ


--------------------------------------------------------------------------------

唾液による生体情報計測
Measurement Techniques for Human using Saliva

--------------------------------------------------------------------------------
山口昌樹(富山大学 大学院理工学研究部 生命・情報・システム学域 准教授)
花輪尚子(富山大学 大学院理工学研究科 博士後期課程)

唾液は,血液から作られるため,血液中の様々な生化学物質が含まれている。唾液による体の状態や疾患の診断は,肉体的・精神的苦痛がなく,医療従事者でなくともサンプルを採取できるなどの利点がある。本稿では,既に実用化されている検査キットや分析機器などの計測技術に焦点を当て,唾液による生体情報計測に関して解説する。

【目次】
1. はじめに
2. 唾液は血液に代われるか
3. 唾液による生体情報計測
4. ストレス計測
5. おわりに


--------------------------------------------------------------------------------

ユビキタスバイオモニタリング
Ubiquitous Biomonitoring

--------------------------------------------------------------------------------
工藤寛之(東京医科歯科大学 生体材料工学研究所 システム研究部門 計測分野 助教)
三林浩二(東京医科歯科大学 生体材料工学研究所 システム研究部門 計測分野 教授)

気相系のバイオアッセイによりガス成分を選択的に計測するバイオスニファを開発し,呼気に含まれるアルコールや口臭成分,ニコチン等様々な匂い成分を選択的に計測・情報化することが可能となった。また,柔軟性という特徴を活かした医療用ウエアラブルセンサが開発され,バイオモニタリングへの応用が試みられている。これらのバイオセンサ群と情報システムの融合により,安全で簡便なユビキタスバイオモニタリングが実現されるものと期待される。

【目次】
1. はじめに
2. バイオスニファと匂い情報計測
2.1 スティック型バイオスニファを用いた呼気成分計測
2.2 口臭計測用バイオスニファ
2.3 ニコチン計測用バイオスニファ
3. Soft-MEMSを駆使した医療用ウエアラブルセンサ
3.1 ウエアラブル酸素センサによる経皮ガス計測
3.2 ウエアラブルグルコースセンサ
4. おわりに


--------------------------------------------------------------------------------

ユビキタス・ヘルスケアモニタリング
Ubiquitous Health-care Monitoring

--------------------------------------------------------------------------------
山越憲一(金沢大学 大学院自然科学研究科 教授)

高齢化と長寿化という点で世界のトップを走っているわが国は,医療費削減や健康で質の高い生活(QOL向上)を営む期間の延伸を目指し,出来る限り医療施設に頼らず,在宅での加療や健康管理・疾病予防,介護・看護などを行う在宅ケアが推進されている。本稿では,工学技術で在宅ケアを支援する各種研究開発領域のうち,健康管理・疾病予防を目指した無(非)侵襲生体計測法に基づく「いつでもどこでも健康チェック」,すなわち「ユビキタス・ヘルスケアモニタリング」技術を取り上げ,その方法論と開発事例の概要を紹介すると共に,今後の課題等についても述べる。

【目次】
1. はじめに
2. ユビキタス・ヘルスケア
3. ウエアラブルモニタリング
3.1 活動モニタリング
3.2 循環動態モニタリング
4. 全自動在宅モニタリング
5. おわりに


--------------------------------------------------------------------------------

ユビキタスヘルスケアサービスのための携帯型レーザ血流計
Portable Laser Blood Flowmeter for Ubiquitous Healthcare Service

--------------------------------------------------------------------------------
清倉孝規(NTTマイクロシステムインテグレーション研究所 主任研究員)
多々良尚愛(NTTマイクロシステムインテグレーション研究所 社員)
嶋田純一(NTTマイクロシステムインテグレーション研究所 主幹研究員)
芳賀恒之(NTTマイクロシステムインテグレーション研究所 主幹研究員)

NTTの光通信用デバイス・実装技術を応用することによって,従来のデスクトップ型レーザ血流計と同等な性能を有する携帯可能なレーザ血流計を開発した。携帯型レーザ血流計の実現によって,時と場所を選ばずに測定可能なことから,従来の装置では考えられなかったような応用が提案され,ユビキタスヘルスケアサービス用端末として期待されている。

【目次】
1. はじめに
2. レーザ血流計の原理
2.1 レーザによる血流の検出
2.2 レーザ血流計の血流量検出原理
2.3 レーザ血流計の応用
2.4 従来のレーザ血流計の構造
3. 携帯可能なレーザ血流計
3.1 血流センサの構造
3.2 センサデバイス作製方法
3.3 センサヘッドの構成
3.4 電子回路部の構造
4. 携帯型レーザ血流計による計測実験
4.1 基本特性
4.2 振動の影響
4.3 市販血流計との比較
5. 負荷に対する血流量の変化
5.1 バルサルバ動作
5.2 寒冷刺激
5.3 エタノールパッチテスト
6. おわりに


--------------------------------------------------------------------------------

BIO R&D

--------------------------------------------------------------------------------

木質形成を制御するキーファクター遺伝子の発見
Key Factors that Regulate Wood Formation

--------------------------------------------------------------------------------
光田展隆((独)産業技術総合研究所 ゲノムファクトリー研究部門 遺伝子転写制御研究グループ 研究員)
高木優((独)産業技術総合研究所 ゲノムファクトリー研究部門 遺伝子転写制御研究グループ グループ長)

植物の木質は地球上最大のバイオマスである。転写因子の機能解析により,木質形成を制御するキーファクターNST遺伝子群を同定した。NST遺伝子を欠損した植物は道管以外での二次壁(=木質)形成がなくなり,逆にこれらを過剰発現すると,異所的な二次壁が形成された。これらの遺伝子を操作することによって,環境に優しいパルプ原料の生産や,バイオ燃料生産により適した植物の開発が可能になるかもしれない。

【目次】
1. はじめに
2. 新規遺伝子抑制技術CRES-T法について
3. 二次壁形成を制御して葯の開裂にかかわる転写因子NST1の発見
4. NST転写因子遺伝子群のプロモーター活性
5. NST1,NST3二重遺伝子破壊株の表現形
6. NST転写因子を過剰発現した場合の表現形
7. 人工的に木質形成を制御する
8. おわりに


--------------------------------------------------------------------------------

リボゾーム工学による微生物からの有用物質発見
Ribosome Engineering and Its Application to Screening

--------------------------------------------------------------------------------
保坂毅((独)農業食品産業技術総合研究機構 食品総合研究所 特別研究員)
王国君((独)農業食品産業技術総合研究機構 食品総合研究所 特別研究員)
岡本晋((独)農業食品産業技術総合研究機構 食品総合研究所 主任研究員)
越智幸三((独)農業食品産業技術総合研究機構 食品総合研究所 ユニット長)

最近,多くの微生物の全ゲノム配列が解読されつつあり,その結果,微生物には眠ったままの遺伝子が予想以上に数多く存在することが判ってきた。これらの遺伝子機能は,当然ながらこれまで利用されることなく見過ごされてきたわけである。筆者らは,これらの休眠遺伝子群を効率よく目覚めさせて,微生物利用における新たな手法の開発を目指してきた。その結果「リボソーム工学」と「転写工学」なる新技術を開発することに成功した。この技法の原理を示すとともに,これを使って実際に新抗生物質を発見した例を解説する。

【目次】
1. はじめに
2. 微生物の休眠遺伝子
3. いかにして活性化するか
4. 休眠遺伝子活性化の例
5. 育種とリボゾーム工学
6. おわりに


--------------------------------------------------------------------------------

可視-近赤外分光法―ウイルス侵入を水際で防ぐ最先端検査となるか―
Possible Spectroscopic Diagnosis of Virus Infection by Visible and Near-infrared Spectroscopy

--------------------------------------------------------------------------------
作道章一(大阪大学 微生物病研究所 ウイルス免疫分野 助教)
生田和良(大阪大学 微生物病研究所 ウイルス免疫分野 教授)

可視-近赤外領域を含む650~1,100nmは「光の窓」と呼ばれ,生物学的なサンプルの測定に適している。このため,可視-近赤外分光装置は果実の糖度測定や脳機能解析などに実用化されている。近年,鳥インフルエンザ,重症急性呼吸器症候群(SARS)など次々とエマージングウイルス感染症が出現していることから,被害を水際で防ぐため,迅速にウイルス感染を検知できる方法の開発が求められている。そのような中,可視-近赤外スペクトルを利用したウイルス感染迅速診断法は,非侵襲的に測定することができるため,輸入感染症の水際対策に有効な方法としての開発が期待される。

【目次】
1. はじめに
2. 可視-近赤外分光法と多変量解析
3. 可視-近赤外分光法が貢献しうる感染症分野
3.1 ワクチン製造や食品の品質管理
3.2 プリオン病の生前診断
3.3 臨床血液検査
3.4 ウイルス感染の非侵襲診断
4. おわりに


--------------------------------------------------------------------------------

多機能型光プローブを用いたタンパク質結合機能解析
Protein Binding-Functional Elucidation with Multifunctional Photoaffinity Probe

--------------------------------------------------------------------------------
兼田真樹(富山大学 大学院医学薬学研究部 生体認識化学研究室 産学官連携研究員)
畑中保丸(富山大学 大学院医学薬学研究部 生体認識化学研究室 教授)

従来の光プローブに,検出や精製用のタグを導入した“多機能型光プローブ”は,標的タンパク質の同定,結合部位解析を効率的にし,光アフィニティーラベル法を大きく発展させることに成功した。本稿では,光プローブの機能をさらに発展させプロテオミクスや阻害物探索へと応用する可能性につき,特に核酸誘導体を中心とする新しい応用を解説する。

【目次】
1. はじめに
2. 核酸誘導体の多機能化と結合部位解析
2.1 核酸誘導体の機能化
2.2 多機能型光プローブによる結合部位解析
3. 機能プロテオミクスへの応用
4. 阻害物質探索への応用
5. おわりに


--------------------------------------------------------------------------------

創発的粘菌コンピューターによる創造的問題解決
Creative Problem Solving by Amoeba-based Emergent Computer

--------------------------------------------------------------------------------
青野真士((独)理化学研究所 フロンティア研究システム 局所時空間機能研究チーム 研究員)
原正彦((独)理化学研究所 フロンティア研究システム 局所時空間機能研究チーム)

筆者らは,創発現象を生じる素材を用い,柔軟で創造的なコンピューターを開発することを目指している。本稿では,その原型を模索するために開発された,粘菌アメーバを用いたニューロコンピューターについて解説し,将来の新しい情報処理システムのあり方を展望する。

【目次】
1. はじめに
1.1 創発とは
1.2 創発的コンピューター開発に向けて
2. 粘菌ニューロコンピューター
2.1 概要
2.2 真性粘菌変形体
2.2.1 粘菌の構造
2.2.2 時空間振動パターン
2.2.3 粘菌の情報処理能力
2.3 ニューラルネットワークの実装
2.3.1 巡回セールスマン問題(TSP)
2.3.2 経路選択のニューラルネットワーク表現
2.3.3 状態遷移の誘導
2.3.4 ニューラルネットワーク・アルゴリズム
2.3.5 抑制性結合加重によるTSPの表現
2.3.6 安定平衡状態としての有効な解
3. 実験
3.1 実験1:4都市のTSPの解探索
3.1.1 解探索プロセス
3.1.2 自発的不安定化による複数の解の探索
3.1.3 統計結果
3.1.4 考察
3.2 実験2:自ら立てた問題を自ら解く計算
3.2.1 実験1からの設定変更
3.2.2 問題設定・問題解決の並行プロセス
3.2.3 実験結果
3.2.4 考察
4. 議論
4.1 自発的不安定化の粘菌にとっての意味
4.2 自発的不安定化のメカニズム
5. 将来展望
5.1 ゆらぎと不安定性を活用する処理
5.2 創発的計算


--------------------------------------------------------------------------------

L-シトルリンの生理学的機能と物性
Physiological Function and Properties of L-Citrulline

--------------------------------------------------------------------------------
木崎美穂(協和発酵工業(株) ヘルスケア商品開発センター 学術研究企画室 マネージャー補佐)

注目されている素材の一つであるL-シトルリンについて紹介する。L-シトルリンは一酸化窒素(NO)の産生に関わり,血管拡張作用を介した血流促進作用などが期待される素材である。また,食品への加工適性も優れており,味や匂いも少ないので,健康食品だけでなく一般食品への応用も可能である。本稿では,L-シトルリンの機能と食品への加工適性について紹介する。

【目次】
1. はじめに
2. L-シトルリンの特徴
2.1 NO産生を介した血管拡張および血流促進など血管への作用
2.2 アルギニンの前駆体としての作用
2.3 尿素サイクルの構成成分としての作用
2.4 抗酸化作用
3. L-シトルリンの海外での使用状況
4. L-シトルリンの安全性
5. L-シトルリンの物性と食品加工への適性(協和発酵工業社内試験)
6. おわりに


--------------------------------------------------------------------------------

BIO BUSINESS

--------------------------------------------------------------------------------

機能性食品素材の市場動向
Market of Physiologically Functional Food Materials

--------------------------------------------------------------------------------
【目次】
1. 概要
2. 市場規模
2.1 機能性食品市場
2.2 トクホ市場
3. 製品動向
3.1 コエンザイムQ10
3.2 L-カルニチン
3.3 コラーゲン
4. 企業動向
4.1 カネカ
4.2 日清ファルマ
4.3 ニッピ
4.4 新田ゼラチン
4.5 ゼライス
4.6 明治製菓
4.7 味の素


--------------------------------------------------------------------------------
4,950円
特集:増やす・たたかう・整える 乳酸菌
--------------------------------------------------------------------------------

乳酸菌を用いたGABA高含有素材の開発
Food and Beverage Products Containing High Concentration of γ-Aminobutyrate Enriched by Lactic Acid Fermentation

--------------------------------------------------------------------------------

門馬豪(カゴメ(株) 総合研究所 技術開発研究部)
早川喜郎(カゴメ(株) 総合研究所 技術開発研究部 部長)

降圧効果を有する食品が市場に増え,有効成分としてのGABA(γ-アミノ酪酸)に注目が集まっている。本稿では,「おいしさを維持しながら機能性を付与させた野菜飲料」の開発を進める過程で,野菜加工技術と乳酸発酵技術を組み合わせることにより実現した「GABA高含有トマト発酵素材」について紹介する。

【目次】
1. 背景
2. 高血圧対策
3. GABAについて
3.1 GABAの発見とその性質
3.2 GABAの代謝系
3.3 GABAの機能性
3.4 GABAの安全性
4. トマト素材のGABA富化
4.1 最適菌種の選抜
4.2 最適素材の選抜(素材製造条件変化)
4.3 発酵条件の検討
5. おわりに


--------------------------------------------------------------------------------

乳酸発酵によるGABA含有漬物の製造
Production of Pickles with GABA using a Lactic Acid Bacterium

--------------------------------------------------------------------------------

小田耕平(京都工芸繊維大学 名誉教授)
平賀和三(京都工芸繊維大学 大学院工芸科学研究科 助教)

我々が市場にて購入する漬物のほとんどは,発酵工程がなく調味液漬けと言ってよい。この点を改善する目的と,さらには,発酵と共に血圧降下作用などの生理活性が知られているγ-アミノ酪酸(GABA)を生産することを目的に,古来の漬物蔵よりGABA高生産乳酸菌を分離した。Lactobacillus sp.L13と同定・命名された本菌株は,800mM のグルタミン酸ナトリウムより81%の変換率で,最大650mM(6.7%)のGABAを生産した。この乳酸菌をスターター菌として使用することにより,GABAを0.1%含有し,かつ,従来の製品よりも風味のすぐれた千枚漬けの試作に成功した。

【目次】
1. はじめに
2. GABA生産菌の分離・同定
3. L13株によるGABA生産性
3.1 L.brevis IFO 12005との比較
3.2 培地の初発pHの影響
3.3 培地のpH調整とGABA生産
4. 千枚漬けの試作
5. おわりに


--------------------------------------------------------------------------------

有胞子性乳酸菌と花粉症
Effect of Bacillus Coagulans SANK70258 on Ceder Pollen Allergy

--------------------------------------------------------------------------------

諏訪桃子(MFCライフテック(株) 企画管理部 開発グループ)

【目次】
1. はじめに
2. 有胞子性乳酸菌とは
3. 有胞子性乳酸菌の特性
4. 有胞子性乳酸菌の効用
5. 有胞子性乳酸菌と花粉症
5.1 被験者
5.2 試験食
5.3 試験スケジュールおよび摂取方法
5.4 検査方法
5.4.1 自覚症状
5.4.2 鼻腔診断
5.5 結果
5.5.1 自覚症状
5.5.2 鼻腔診断
6. 今後の有胞子性乳酸菌への期待


--------------------------------------------------------------------------------

乳酸菌が生産する抗菌ペプチド―探索と応用研究―
Exploration and Applications of Antimicrobial Peptides Produced by Lactic Acid Bacteria

--------------------------------------------------------------------------------

岩谷駿(九州大学 大学院生物資源環境科学府 生物機能科学専攻 応用微生物学講座 博士前期課程)
善藤威史(九州大学 大学院農学研究院 生物機能科学部門 応用微生物学講座 助教)
中山二郎(九州大学 大学院農学研究院 生物機能科学部門 応用微生物学講座 准教授)
園元謙二(九州大学 大学院農学研究院 生物機能科学部門 応用微生物学講座 教授;同大学 バイオアーキテクチャーセンター 教授(複担))

乳酸菌が生産するバクテリオシンは,安全な抗菌剤として様々な分野での応用が期待されている。乳酸菌バクテリオシンの性質や新奇なバクテリオシンの探索技術について解説し,とくに期待が集まる食品分野における最新の応用研究例を紹介するとともに,筆者らの新しい分野への展開についても解説する。

【目次】
1. はじめに
2. 乳酸菌バクテリオシンの性質
3. 新奇な乳酸菌バクテリオシンの探索
4. 乳酸菌バクテリオシンの応用と産業的な利用方法
5. おわりに


--------------------------------------------------------------------------------

植物性乳酸菌を利用した飲料・食品の開発
Development of Beverage and Food using Plant Origin Lactic Acid Bacterium

--------------------------------------------------------------------------------

五十嵐俊教(キッコーマン(株) 商品開発本部 機能性食品グループ)

日本人はしょう油,漬物など植物原料を発酵させた食品を古くから摂取してきた。植物原料の発酵食品より単離もしくは植物原料を良好に発酵することのできる乳酸菌は植物性乳酸菌と提唱され始めている。植物性乳酸菌のもつ機能性の活用および乳酸発酵による素材の活用に重点を置き,飲料および食品の開発を紹介する。

【目次】
1. はじめに
2. 乳酸菌発酵野菜飲料の開発
2.1 野菜の摂取目標
2.2 飲料用植物性乳酸菌の選抜
2.3 植物原料の乳酸菌による発酵
2.4 機能性の研究
3. 乳酸菌による豆乳発酵食品の開発
3.1 大豆の栄養および機能性
3.2 大豆タンパクの凝集・凝固
3.3 凝集抑制の乳酸菌選抜
3.4 乳酸発酵豆乳の加工特性
4. 今後の展開


--------------------------------------------------------------------------------

漢方(配糖体)の効果を高めるプロバイオティクスの開発
Probiotics for Potentiating(Standardizing)the Efficacy of Herbal Glycoside

--------------------------------------------------------------------------------

長谷川秀夫(NPO日本サプリメント臨床研究会 代表理事;(独)理化学研究所 客員研究員)

大豆等の食品並びに漢方処方を構成する生薬には,様々な配糖体が有効成分として含まれる。配糖体は,加水分解されてから吸収され,薬効を発揮する。この加水分解には,腸内細菌が深く関与する。ところが,腸内細菌叢の構成は個体差が大きく,配糖体を加水分解する能力を有する腸内細菌の有無が薬効差を引き起こす一因になることが懸念されている。そこで筆者は,安全面を考慮し,食品発酵に利用される乳酸菌から,配糖体を分解して,目的とする有効成分を生成する能力があるプロバイオティクス(Lactobacillus paracasei A221)を開発した。これを製剤化し,薬用人参(Panax ginseng C.A.MEYER)を例として,配糖体を加水分解する能力がほとんど認められなかったボランティア8名に3週間服用させた結果,ボランティア全員にその能力の改善が認められ,プロバイオティクスとしての機能が確認された。また,このプロバイオティクスをボランティア136名に摂取させた結果,痒み(68%),皮膚症(52%),便臭(50%),花粉症(49%),乾燥肌(46%),不眠(29%)に有意な改善が認められた。さらに,プロバイオティクス効果とは別に,日常的な人参既用者においても57名中36名に人参の効果に関するスコアの改善が認められた。プロバイオティクスの漢方領域への応用が期待される成果といえる。

【目次】
1. はじめに
2. 人参配糖体の加水分解
3. 配糖体を”有効”にする腸内細菌
4. 腸内細菌による配糖体加水分解には個人差がある
5. 配糖体加水分解能は誘導される・・・しかしプロバイオティクスは必要
6. 配糖体加水分解能を高めるプロバイオティクスの開発
6.1 配糖体加水分解能をもつプロバイオティクスの発見
6.2 A221による配糖体加水分解能の標準化
6.3 A221のプロバイオティクス効果
6.4 A221による人参の効果増強作用
7. おわりに


--------------------------------------------------------------------------------

魚類のプロバイオティクス
Probiotics for Cultured Fish

--------------------------------------------------------------------------------

星野貴行(筑波大学 大学院生命環境科学研究科 生命共存科学専攻 教授)

食の安全との関わりから,水産業・養殖漁業でもプロバイオティクスの利用が注目されるようになった。しかし水産業では,プロバイオティクスや生菌剤について陸上動物での利用とは異なる側面が多々存在する。これらについて通観した上で,筆者らが行っている霞ヶ浦のコイを対象としたプロバイオティクス開発の現状について紹介し,将来展望についても述べる。

【目次】
1. はじめに
2. 水産業における「プロバイオティクス」
3. 魚類消化管内優占乳酸菌の季節変化
4. プロバイオティクス候補株の選択と長期投与試験
5. コイヘルペス症の予防効果の検討
6. 魚類用プロバイオティクス開発を目指した新たな展開
7. おわりに


--------------------------------------------------------------------------------

安全で食品に利用可能な乳酸菌増殖促進剤:オクタデセン酸
A Growth Factor of Lactobacillus Strains:Octadecenoic Acid

--------------------------------------------------------------------------------

遠藤泰志(東京工科大学 バイオニクス学部 教授)

プロバイオティクス乳酸菌であるLactobacillus属乳酸桿菌の生育に及ぼす脂肪酸の影響を調べた結果,二重結合の位置や幾何異性によって代謝が異なるものの,炭素数18で二重結合を1個有するオクタデセン酸に強い増殖促進作用のあることを認めた。またオクタデセン酸は,乳酸菌のコレステロール結合能にも影響を及ぼした。

【目次】
1. はじめに
2. オクタデセン酸の乳酸菌増殖促進作用
3. オクタデセン酸の代謝
4. コレステロール除去能に及ぼすオクタデセン酸の影響
5. おわりに


--------------------------------------------------------------------------------

乳酸菌プロバイオティクス食品の減圧噴霧乾燥
Vacuum Spray Drying of Probiotics Food with Lactic Acid Bacteria

--------------------------------------------------------------------------------

北村豊(筑波大学 大学院生命環境科学研究科 准教授)
本田慎平(小川香料(株) 舞浜研究所)

噴霧乾燥は液状の食素材などを乾燥塔内へ霧状に噴射し,そこに熱風(120~180℃)を吹き込むことによって粉末を得る乾燥法である。瞬間的に乾燥が終了するため素材の品質低下は少ないとされるものの,ある種のビタミンや酵素,プロバイオティクスといった熱感受性の高い有用成分は,熱風にさらされると劣化・消失する可能性も考えられる。この問題を解決するため,乾燥塔内を減圧して従来法よりも低温での乾燥を実現する減圧噴霧乾燥法の開発を試みている。減圧噴霧乾燥法が実用化されれば,熱に弱い乳酸菌プロバイオティクス食品などの粉末化が可能となり,その貯蔵性や輸送性が向上されるとともに,現在利用されている凍結乾燥法等に比べて,低コストで乳酸菌の粉末を製造できると考えている。

【目次】
1. はじめに
2. 乳酸菌群の粉末化
3. 試験用VSDの構築
4. 加糖乳酸菌飲料のVSD粉末化実験
5. ヨーグルトスターターのVSD粉末化
6. VSD実用化の課題


--------------------------------------------------------------------------------

インスタントヨーグルト
Instant Yogurt

--------------------------------------------------------------------------------

菅辰彦((有)バイオ研 代表取締役社長)

インスタントヨーグルトは働く女性が家に帰り,くつろいでいた時に突然「ヨーグルトを食べたくなったが,買い置きがない。コンビニに行くのも面倒。そんな時手軽にできるヨーグルトがあったらいいのに」という要望にこたえて開発したものである。その際,味だけ似せるのではなく,ヨーグルトの機能をすべて持たせたものを開発しようと考えた。

【目次】
1. はじめに
2. 乳酸菌と健康の関わり
3. 乳酸菌(死菌)と健康の関わり
4. インスタントヨーグルト開発にあたり留意した項目
5. 製品完成後生じた問題点
6. 解決策
7. おわりに


--------------------------------------------------------------------------------

BIO BUSINESS

--------------------------------------------------------------------------------

バイオプラスチックの市場動向
Market of Bioplastics

--------------------------------------------------------------------------------

【目次】
1. 概要
2. 種類
2.1 生分解性プラスチック
2.2 バイオマスプラスチック
3. 用途
3.1 生分解性プラスチック製品
3.2 バイオマスプラスチック製品
4. 市場動向
5. 企業動向
5.1 三菱化学
5.2 三菱樹脂
5.3 昭和高分子
5.4 ダイセル化学工業
5.5 東セロ
5.6 東レ
5.7 ユニチカ
5.8 サカタインクス
5.9 BASFジャパン
5.10 ネイチャーワークス社(米国)
5.11 テレス社(米国)


--------------------------------------------------------------------------------
4,950円
特集:バイオで進化する化粧品

--------------------------------------------------------------------------------

超低分子ヒアルロン酸
Very Low Molecular Weight Hyaluronic Acid

--------------------------------------------------------------------------------

渡部耕平(キユーピー(株) 研究所 健康機能R&Dセンター ファインケミカルグループ)

ヒアルロン酸は,保湿性だけでなく,肌につけた時のふっくらとした感触が非常に特長的な高分子多糖であり,化粧品の保湿性原料としての地位を確立している。ヒアルロン酸の保湿性を探求した結果,従来のヒアルロン酸(平均分子量約10万~約200万)に比べ,粘度が非常に低く,十分に保湿性を有する新しい感触の超低分子ヒアルロン酸(平均分子量約1万以下)を開発した。本稿では,ヒアルロン酸の基本的性質を述べた後,超低分子ヒアルロン酸に関しての最新の知見および今後の展望について説明する。

【目次】
1. はじめに
2. ヒアルロン酸とは?
3. ヒアルロン酸の性質
4. ヒアルロン酸の化粧品への利用
5. 超低分子ヒアルロン酸の開発
6. 超低分子ヒアルロン酸の性質
6.1 低い粘性
6.2 優れた溶解性
6.3 高い粘度安定性(熱およびpH)
6.4 相溶性
7. 超低分子ヒアルロン酸の機能性
7.1 超低分子ヒアルロン酸の皮膚内浸透性の確認
7.2 超低分子ヒアルロン酸の保湿性の確認
7.3 ヒアルロン酸の分子量の違いによる保湿効果の確認
7.4 超低分子ヒアルロン酸の毛髪への浸透性の確認
8. 今後の展望
9. おわりに


--------------------------------------------------------------------------------

ローズマリー抽出物等の植物成分の酵素不活化による体臭抑制作用
Suppressive Effect of Plant Extracts,Especially for Rosemary Extract,on Body Odor by the Inactivation of Enzymes

--------------------------------------------------------------------------------

染矢慶太(ライオン(株) 生物科学研究所 主任研究員)

リパーゼ等の菌体外酵素を中心とした酵素系が関与する体臭発生経路では,化学薬剤を用いて微生物を完全に殺菌した後でも臭気が発生し続ける場合が存在した。そこで,この殺菌剤処理後に発生し続ける臭気に対する植物成分の効果を調べたところ,ローズマリー等の植物種が有効なデオドラント作用を示すことを見出した。

【目次】
1. はじめに
2. 殺菌剤処理後に発生し続ける臭気の例
3. ローズマリー抽出物の低級脂肪酸発生抑制効果
4. アミノ酸代謝によるイソ吉草酸の発生に対するオトギリソウ抽出物の作用
5. ローズマリー抽出物とオトギリソウ抽出物のヒトパネラーによる体臭発生抑制試験
6. おわりに


--------------------------------------------------------------------------------

マリアアザミ種子由来シリビンの皮膚老化抑制に対する内外美容効果
Prevention of Skin Aging by Topical and Oral Applications of Silybin,Which was Isolated from the Seeds of Milk Thistle

--------------------------------------------------------------------------------

宮田智((株)ファンケル 総合研究所 基盤探索研究所 新素材探索グループ グループマネージャー)

レチノイドは,表皮細胞の老化抑制などにより,皮膚老化抑制に作用するが,効果が高い反面,皮膚炎症を引き起こすことが知られている。そこで,安全で効果の高いレチノイド様素材の開発を目指して探索を行った結果,マリアアザミ種子由来のシリビンを見出した。シリビンは表皮細胞の老化抑制,真皮のコラーゲン産生促進において,レチノイド様作用を持ち,かつ安全性の高い成分であることが明らかになった。シリビンは外用剤または経口剤として使用することで皮膚老化を抑制し,さらに,外用剤および経口剤を併用すると,より効果的に皮膚老化を抑制することから,内外美容効果を持つことが明らかになった。シリビン配合化粧品および健康補助食品を使用することでQOL向上が期待される。

【目次】
1. はじめに
2. シリビンとは
3. 皮膚細胞でのシリビンのアンチエイジング作用
4. ヒト皮膚でのシリビンのアンチエイジング作用
5. 今後の展望


--------------------------------------------------------------------------------

酵母が作り出すバイオサーファクタント―新しい化粧品素材への展開―
Glycolipid Biosurfactants Produced by Yeasts:Application to Skin-care Materials

--------------------------------------------------------------------------------

北本大((独)産業技術総合研究所 環境化学技術研究部門 バイオ・ケミカル材料グループ長)
福岡徳馬(((独)産業技術総合研究所 環境化学技術研究部門 研究員))
森田友岳((独)独産業技術総合研究所 環境化学技術研究部門 研究員)
井村知弘((独)産業技術総合研究所 環境化学技術研究部門 研究員)
北川優(東洋紡績(株) 総合研究所 主幹)
曽我部敦(東洋紡績(株) 総合研究所 部長)

マンノシエルエリスリトールリピッドは,酵母によって量産される両親媒性脂質であり,優れた界面化学的物性に加え,ユニークな生理活性を発現する。特に,液晶形成能が高く,天然セラミドと同等の保湿効果を示すため,新しいモイスチャー成分として,スキンケア化粧品や皮膚用外用剤への実用が期待されている。

【目次】
1. はじめに
2. バイオサーファクタントとは
3. バイオサーファクタントの構造
4. バイオサーファクタントの実用化例
5. バイオサーファクタントの微生物生産
6. バイオサーファクタントの界面化学的特性
7. バイオサーファクタントの生化学的特性
8. バイオサーファクタントのスキンケア化粧品への応用
9. おわりに


--------------------------------------------------------------------------------

動物実験代替法時代の美白試験用培養表皮
Cultured Human Tissue for the Research of Skin Whitening―as the Alternatives to Animal Testing―

--------------------------------------------------------------------------------

加藤雅一((株)ジャパン・ティッシュ・エンジニアリング 研究開発部 マネージャー)
畠賢一郎((株)ジャパン・ティッシュ・エンジニアリング 研究開発部 部長)

日本では,平均寿命が延びるのに伴い,アンチエイジング関連商品の市場が拡大している。化粧品業界も例外ではなく,中でも美白化粧品は,いつまでも肌を美しく保つ化粧品として人気が高まっている。これらの美白化粧品は,シミ,ソバカスなどの色素沈着や日焼けの原因となる,メラニン産生や蓄積のメカニズムに着目した研究を通じて開発されるが,新規美白剤の開発に必要な美白評価系には課題がある。最近,再生医療研究の発展に伴って確立された技術であるティッシュエンジニアリングにより開発されたヒト3次元培養皮膚モデルが新しい美白研究の材料として注目されている。本稿では,シミ,ソバカスなどの色素沈着が発生するメカニズムについて概説するとともに,美白化粧品開発に際してのヒト3次元培養皮膚モデルの有用性について紹介する。

【目次】
1. はじめに
2. なぜ色素沈着が発生するのか?:原因となるメラニン産生のメカニズム
3. 色素沈着の防止:美白剤の開発
4. 一般的な美白評価系について
5. 化粧品の新しい評価アイテム:研究用ヒト3次元培養皮膚モデル
6. ヒト3次元培養皮膚モデルを用いた新規美白評価試験
7. 今後の展望


--------------------------------------------------------------------------------

BIO R&D

--------------------------------------------------------------------------------

微生物の不斉分解を利用したDL-ホモセリンからのD-ホモセリンの製造
Production of D-homoserine from DL-homoserine via Microbial Optical Resolution

--------------------------------------------------------------------------------

望月一哉((独)産業技術総合研究所 生物機能工学研究部門 酵素開発研究グループ 主任研究員)
宮崎健太郎((独)産業技術総合研究所 生物機能工学研究部門 酵素開発研究グループ 研究グループ長)

D-ホモセリンの簡便な製造法として,微生物の不斉分解によりDL-ホモセリンをD-ホモセリンへ光学分割する方法を検討した。DL-ホモセリンの中のL-ホモセリンを立体選択的かつ効率的に分解する微生物を新たに分離することができた。この微生物を利用することにより,99.9%e.e.以上の光学純度を持つD-ホモセリンを簡便に製造できることが実証された。

【目次】
1. はじめに
2. 微生物を用いるD-ホモセリンの製造法
3. L-ホモセリン分解菌の探索
4. A.nicotinovorans2-3株による光学分割
5. A.nicotinovorans2-3株の洗浄菌体による光学分割
6. 今後の展開


--------------------------------------------------------------------------------

微視的環境変化に応答する蛍光色素を利用した1塩基判別
SNP Typing with Microenvironment-Sensitive Fluorophores

--------------------------------------------------------------------------------

岡本晃充((独)理化学研究所 フロンティア研究システム 岡本独立主幹研究ユニット 独立主幹研究員)

微視的環境応答性蛍光色素によって標識された新しい種類のヌクレオシドを含むDNAオリゴマーの光化学的性質を紹介する。DNAに導入されたこの蛍光性核酸ヌクレオシドは,相手側塩基の種類に鋭敏に応答してその励起スペクトルをシフトさせた。励起スペクトルの赤色端での励起を使うことによって塩基選択的蛍光を得ることができた。このユニークな光化学的特長は,遺伝子の中の1塩基多型の効果的な判定法として応用でき,他の塩基識別型蛍光性核酸塩基と組み合わせることによってマルチカラー遺伝子多型判定が可能になった。この方法は,従来法と異なりサンプルの標識工程や洗浄工程を要しない遺伝子解析システムであり,遺伝子多型判定の簡便手法として今後の発展が期待できる。

【目次】
1. はじめに
2. 分子設計
3. プロダン標識ヌクレオシドの光化学的特性
4. DNA導入後の光化学挙動の変化
5. 相補鎖側の塩基の種類に応じた蛍光強度の制御
6. 他のプロダン修飾ヌクレオシド
7. 1塩基多型判定
8. おわりに


--------------------------------------------------------------------------------

疾患刺激に応答して細胞増殖因子の徐放を制御する機能性バイオマテリアルの開発
Ischemic Disease-sensitive Controlled Release of Growth Factor from Functional Biomaterials

--------------------------------------------------------------------------------

松崎典弥(大阪大学 大学院工学研究科 応用化学専攻 助教)
明石満(大阪大学 大学院工学研究科 応用化学専攻 教授)

スルホン化ポリγ-グルタミン酸のスルホン基とカルボキシル基の割合を制御することで,虚血性疾患(酸性環境)を認識して塩基性繊維芽細胞増殖因子(FGF-2)を徐放し,疾患の回復(中性環境)を認識してFGF-2の徐放を自ら停止する機能性バイオマテリアルの開発に成功した。新しい再生医療用の機能性マテリアルとしてその応用が期待される。

【目次】
1. はじめに
2. FGF-2と相互作用するポリγ-グルタミン酸誘導体の分子設計と合成(Point 1)
3. 酸性環境に応答するスルホン化ポリγ-グルタミン酸ハイドロゲルの調整(Point 2)
4. 虚血性疾患モデル環境に応答したFGF-2の徐放制御
5. スルホン化ポリγ-グルタミン酸およびハイドロゲルの生分解性(Point 3)
6. おわりに


--------------------------------------------------------------------------------

マイクロスケール誘電泳動技術を応用した微生物の濃縮,検出および殺菌
Concentration,Detection and Sterilization of Microorganisms by Microscale Dielectrophoretic Technique

--------------------------------------------------------------------------------

内田諭(首都大学東京 大学院理工学研究科 電気電子工学専攻 准教授)

微生物感染の深刻化に伴い,食品産業における安全管理の強化が必須となっている。微細加工技術の発展にともなって考案されたマイクロスケール誘電泳動法は,生体微粒子の直接的操作や物理的計測を可能としており,厳格な管理体制に対応した迅速かつ簡易な手法として注目されている。本稿では,微小反応場における誘電泳動を利用した細菌の濃縮,検出および殺菌技術について,筆者らの研究を中心に紹介するとともに,それらの要素技術を統合した新たな微生物制御システムへの展望を述べる。

【目次】
1. はじめに
2. マイクロスケール誘電泳動法
3. 微生物の捕集・濃縮
4. 微生物の菌数計測および代謝活性評価
5. 微生物の泳動濃縮およびパルス殺菌
6. おわりに


--------------------------------------------------------------------------------

バイオプラスチック分解酵素の吸着・触媒挙動
Binding and Catalytic Actions of Bio-plastics Degrading Enzyme

--------------------------------------------------------------------------------

平石知裕((独)理化学研究所 前田バイオ工学研究室 研究員)
藤田雅弘((独)理化学研究所 前田バイオ工学研究室 研究員)

地球環境問題の観点から,生態系の循環サイクルに還元できる次世代の高分子材料としてバイオプラスチックが注目されている。バイオプラスチックの利用には,使用目的に応じた生分解性の制御が重要である。本稿では,酵素吸着制御から生分解性制御を目指す観点から,代表的なバイオプラスチックであるポリ[(R)-3-ヒドロキシブタン酸](PHB)とその分解酵素間の相互作用に着目し,進化分子工学と顕微鏡学的手法を融合した新手法により明らかとなった,分子レベルにおける分解酵素吸着機構について解説する。

【目次】
1. はじめに
2. PHB分解酵素とPHB酵素分解反応
3. 分解酵素-PHB間に生じる相互作用力
4. 吸着反応に関与するアミノ酸残基
5. おわりに


--------------------------------------------------------------------------------

BIO BUSINESS

--------------------------------------------------------------------------------

遺伝子組換え作物の市場動向
Market of Genetically Modified Organisms

--------------------------------------------------------------------------------

【目次】
1. 概要
2. 関連法整備
3. 生産技術
4. 市場動向
5. 企業動向
5.1 モンサント社(米国)
5.2 BASF社(ドイツ)
5.3 日本製紙
5.4 サントリー


--------------------------------------------------------------------------------
4,950円
特集:微生物の復権:小分子の宝庫

--------------------------------------------------------------------------------

微生物化学の復権
The Revival of Microbial Chemistry

--------------------------------------------------------------------------------

長田裕之((独)理化学研究所 中央研究所 主任研究員)


創薬シードの探索源として,コンビナトリアルケミストリーで合成したライブラリーが用いられているが,天然物あるいは微生物産物に匹敵する強力な生理活性を示す化合物は必ずしも多くない。化合物の精製法やライブラリー化の技術革新が進んだ今,また微生物が作る小分子に関心が戻ってきた。理研の化合物バンク(NPDepo)には,微生物由来の化合物を中心にして,構造多様性に富む化合物が収集されライブラリーになっている。これら化合物ライブラリーで化合物マイクロアレイを作成する技術開発に成功したので,超高速スクリーニングが実施できるようになった。

【目次】
1. はじめに(我が国の微生物発酵,50周年)
2. 微生物由来の化合物ライブラリー
3. 天然化合物バンク(RIKEN NPDepo)
4. 化合物マイクロアレイ
5. 化合物生産のための生合成研究
6. おわりに


--------------------------------------------------------------------------------

微生物を宿主としたコンビナトリアル生合成法による非天然型植物ポリケタイドの生産
Combinatorial Biosynthesis of Unnatural Plant Polyketides in Microorganisms

--------------------------------------------------------------------------------

勝山陽平(東京大学 大学院農学生命科学研究科 応用生命工学専攻 博士課程)
鮒信学(東京大学 大学院農学生命科学研究科 応用生命工学専攻 助教)
堀之内末治(東京大学 大学院農学生命科学研究科 応用生命工学専攻 教授)

ポリケタイドは高い生理活性を持つ化合物であり,有用な医薬品資源であると言える。本稿では,まず植物ポリケタイドの一種であるフラボノイドの微生物生産系について概説する。次いでこの生産系をコンビナトリアル生合成法に応用することにより可能となった,「非天然型」新規ポリケタイド生産系について述べる。

【目次】
1. はじめに
2. ポリケタイドとポリケタイド合成酵素
3. コンビナトリアル生合成
4. フラボノイド
5. 天然型フラボノイドの微生物生産
5.1 flavanone生産系の確立およびその改良
5.2 CHIの導入
5.3 acetyl-CoA carboxylase(ACC)の導入
5.4 培養条件の最適化
5.5 Flavone,flavonolの生産
6. 非天然型植物ポリケタイドの微生物生産
6.1 非天然型フラボノイド,スチルベンの生産
6.2 マルチプラスミド法とprecursor-directed biosynthesis法
6.3 非天然型植物ポリケタイド生産系の構築
6.4 非天然型植物ポリケタイドの生産
7. イソフラボンの生産
8. 今後の展開


--------------------------------------------------------------------------------

放線菌代謝産物の網羅的解析と取得
Systematic Analysis and Exploitation of Actinomycete Metabolites

--------------------------------------------------------------------------------

植木雅志((独)理化学研究所 長田抗生物質研究室 先任研究員)
鈴木龍一郎((独)理化学研究所 長田抗生物質研究室 協力研究員)
長田裕之((独)理化学研究所 長田抗生物質研究室 主任研究員)

土壌などから分離されるStreptomyces属をはじめとする数多くの放線菌は,我々の想像以上に多様な代謝産物の生産能を有することが,近年のゲノム解析や網羅的代謝産物解析などで明らかとなった。放線菌が持つそれら未知の能力を利用する方法が開発されつつあり,これからの天然物探索を大きく変えることになるだろう。

【目次】
1. 放線菌が持つ可能性
2. 放線菌の未利用機能開発
3. Streptomyces sp. SN-593のメタボローム解析と系統的代謝産物取得
4. これからの天然物探索としての放線菌
5. おわりに


--------------------------------------------------------------------------------

微生物代謝産物を用いたケミカルバイオロジー
Special Gifts from Microorganism for Chemical Biology

--------------------------------------------------------------------------------

二村友史(慶應義塾大学 大学院理工学研究科 基礎理工学専攻 博士課程)
井本正哉(慶應義塾大学 大学院理工学研究科 基礎理工学専攻 教授)

化学の力を利用して生命現象を理解する「ケミカルバイオロジー」がポストゲノム時代の新しい学問領域として世界を席巻しつつある。読者諸氏がPubMedを開けば,様々な小分子化合物を用いた生命現象解明を目の当たりにするだろう。ケミカルバイオロジーの成功にはその性質上,多様性に富んだ化合物群が不可欠である。その化合物源として,今再び微生物代謝産物への回帰が叫ばれている。

【目次】
1. はじめに
2. 微生物代謝産物の歴史
3. ケミカルバイオロジーの躍進と微生物代謝産物の復権
4. 微生物代謝産物を用いたケミカルバイオロジー研究
4.1 FK506
4.2 Fumagillin
4.3 Leptomycin B
4.4 Geldanamycin
4.5 Pironetin
4.6 Apratoxin A
5. ケミカルバイオロジー研究における微生物代謝産物の未来
6. おわりに


--------------------------------------------------------------------------------

微生物代謝産物をもとにしたコンビナトリアルケミストリー合成と創薬への展開
Application to Combinatorial Synthesis of Fungal Beauveriolides for Drug Development

--------------------------------------------------------------------------------

大城太一(北里大学 薬学部 微生物薬品製造学教室 特任助教)
土井隆行(東京工業大学 大学院理工学研究科 准教授)
供田洋(北里大学 薬学部 微生物薬品製造学教室 教授)

天然由来の化合物は医薬品のリードとして重要な位置を占めている。このような天然由来化合物とコンビナトリアルケミストリー合成の手法との組み合わせは,医薬品開拓のより強力な戦略と考えられる。本稿では,新しい動脈硬化予防治療薬のリードとして注目されている真菌由来のbeauveriolideの場合を例に述べる。

【目次】
1. はじめに
2. マクロファージ脂肪滴形成評価系の構築
3. Beauveriolide類の発見
4. マクロファージ脂肪滴阻害活性とその作用メカニズム
5. BeauveriolideIIIの抗動脈硬化作用
6. コンビナトリアルケミストリー合成への展開
7. おわりに


--------------------------------------------------------------------------------

微生物代謝産物由来の小分子ライブラリーの利用技術―スクリーニングとケミカルバイオロジー研究―
Small Molecules Library from Microbial Metabolites:Screening and Chemical Biology

--------------------------------------------------------------------------------

掛谷秀昭(京都大学 大学院薬学研究科 医薬創成情報科学専攻 システムケモセラピー・制御分子学分野 教授;(独)理化学研究所 客員研究員)
齊藤安貴子((独)理化学研究所 中央研究所 長田抗生物質研究室 基礎科学特別研究員)
長田裕之((独)理化学研究所 中央研究所 長田抗生物質研究室 主任研究員)

特異な構造・生物活性を有する微生物代謝産物由来の小分子は,新しい化学・生物学を生み出し,創薬に直結する可能性が高い。そのような小分子を開拓するためのスクリーニング,およびそのような小分子を利用したケミカルバイオロジー研究は,“微生物の復権”には不可欠である。本稿では,スクリーニング技術の動向とケミカルバイオロジー研究を筆者らの研究を中心に紹介する。

【目次】
1. はじめに
2. スクリーニング技術の動向
3. 小分子マイクロアレイ
3.1 官能基依存的固定化法
3.2 官能基非依存的固定化法
3.3 非固定化法
4. アポトーシス誘導剤ETB(epolactaene tert-butyl ester)に関するケミカルバイオロジー研究
5. おわりに


--------------------------------------------------------------------------------

海外企業における天然物創薬研究の動向と知財
Trend of Natural Product Research in Major Pharmaceutical Companies

--------------------------------------------------------------------------------

永井浩二(アステラス製薬(株) 醗酵研究所 微生物資源研究室 室長)
稲村典昭(アステラス製薬(株) 醗酵研究所 所長)

微生物産物などの天然物は人知を超えた構造と活性を持つものが多く,医薬品リード創出の重要なソースである。しかし,これまでの大規模な探索活動によって新規化合物の発見が困難になってきている状況もあり,製薬企業の天然物創薬への取り組みは二極化している。本稿では,特に海外企業における天然物創薬の歴史と現状について紹介する。

【目次】
1. はじめに
2. 微生物からの創薬研究の歴史と現状
3. 海外メガファーマの動向
3.1 天然物創薬研究の変遷
3.2 現在の天然物創薬戦略
3.2.1 メガファーマの撤退とバイオベンチャーの出現
3.2.2 天然物創薬への期待
4. 遺伝資源アクセスと知的財産
5. おわりに


--------------------------------------------------------------------------------

【座談会】
微生物の復権:小分子の宝庫―日本がリードする微生物利用研究の最新動向―

--------------------------------------------------------------------------------
〈出席者〉(50音順)
稲村典昭(アステラス製薬(株))
長田裕之((独)理化学研究所)
堀之内末治(東京大学)

・微生物利用の現状
・微生物代謝産物の生合成
・化合物ライブラリー
・眠っている遺伝子を目覚めさせる
・バイオコンバージョン
・微生物代謝産物の将来性


--------------------------------------------------------------------------------

BIO R&D

--------------------------------------------------------------------------------

カビ毒を自ら解毒する遺伝子組換え作物
Genetically Engineered Maize Detoxifying Fusarium Mycotoxins

--------------------------------------------------------------------------------

安藤直子((独)理化学研究所 中央研究所(DRI) 微生物代謝制御研究ユニット)
井川智子((独)理化学研究所 植物科学研究センター(PSC1) レメディエーション研究チーム)
木村真((独)理化学研究所 中央研究所(DRI) 微生物代謝制御研究ユニット)

組換え作物の栽培や作物への農薬散布に対し,世間では根強い懸念がある。しかし,病原菌の防除を行わないことで生じる作物のカビ毒汚染のリスクには関心が低いようである。赤かび病は穀類に収穫減少と毒素混入の二重の脅威をもたらすが,筆者らは赤かび病菌の代表的なカビ毒ゼアラレノンを解毒する酵素遺伝子を単離した。本稿では,カビ毒を自ら解毒するトウモロコシの有用性の実証,およびそこに至るまでの研究経緯について紹介する。

【目次】
1. はじめに
2. ゼアラレノンを解毒する分解酵素
3. 組換え出芽酵母によるゼアラレノンの解毒
4. 遺伝子組換え作物によるゼアラレノンの解毒
4.1 モデルとしての遺伝子組換えイネ
4.2 遺伝子組換えトウモロコシの作成
4.3 組換えトウモロコシのゼアラレノン解毒活性
5. 今後の展望


--------------------------------------------------------------------------------

BIO BUSINESS

--------------------------------------------------------------------------------

キチン・キトサンの市場動向
Market of Chitin and Chitosan

--------------------------------------------------------------------------------

【目次】
1. 概要
2. 利用分野
2.1 医療分野
2.2 化粧品分野
2.3 繊維分野
2.4 食品分野
2.5 農業分野
2.6 水処理分野
3. 市場規模
4. 企業動向

4,950円
特集:RNAi医薬創薬の最前線

--------------------------------------------------------------------------------

―特集にあたって―RNAi医薬の可能性と展望

--------------------------------------------------------------------------------

横田隆徳(東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 脳神経機能病態(神経内科) 准教授)

--------------------------------------------------------------------------------

RNAiの基本原理
Molecular Mechanism of RNA Interference

--------------------------------------------------------------------------------

長尾章弘(徳島大学 ゲノム機能研究センター 分子機能解析分野)
塩見美喜子(徳島大学 ゲノム機能研究センター 分子機能解析分野 准教授)

RNAiとは小分子RNAが引き金となって起こる塩基配列特異的な遺伝子発現抑制機構である。RNAiの発見以来,その分子経路について精力的に研究がなされ,それに伴って,RNAiに類似した,しかも内在性の小分子RNAによる遺伝子発現抑制機構に関する知見も蓄積しつつある。本稿では,これら機構の基本原理に関して解説する。

【目次】
1. はじめに
2. RNAiの分子機構
3. インターフェロン応答
4. miRNA機構
5. RNAiの生理学的役割
6. おわりに


--------------------------------------------------------------------------------

超音波を利用したsiRNAデリバリー
siRNA Delivery Utilized with Ultrasound Technology

--------------------------------------------------------------------------------

鈴木亮(帝京大学 薬学部 生物薬剤学教室 助教)
滝澤知子(帝京大学 薬学部 生物薬剤学教室 助手)
宇都口直樹(帝京大学 薬学部 生物薬剤学教室 准教授)
丸山一雄(帝京大学 薬学部 生物薬剤学教室 教授)

近年,siRNAの医療への応用が注目されている。siRNAを臨床応用していくためには,細胞質内にsiRNAを効率よく導入するためのツールの開発が求められている。これまでに筆者らは,リポソームに超音波造影ガスを封入したバブルリポソームを開発した。このバブルリポソームは,超音波との併用によるキャビテーション誘導で生じるジェット流で,一時的に細胞膜透過性を亢進させる特性を有している。そこで本稿では,この特性を利用し,バブルリポソームのsiRNA細胞内送達ツールとしての有用性を検討した。

【目次】
1. はじめに
2. バブルリポソームと超音波の併用によるin vivo遺伝子導入
3. バブルリポソームを用いたプラスミドDNAとsiRNAの共導入による遺伝子発現抑制
4. バブルリポソームや超音波の細胞やsiRNAへの影響
5. バブルリポソームによる恒常発現タンパク質の発現抑制
6. おわりに


--------------------------------------------------------------------------------

siRNAの生体内における問題点
The Problems of siRNA in Living Body

--------------------------------------------------------------------------------

久保寺隆行(東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 脳神経病態学(神経内科) 研究員)
横田隆徳(東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 脳神経病態学(神経内科) 准教授)


small interfering RNA(siRNA)の遺伝子発現抑制効果は非常に高く,遺伝性疾患・ウイルス性疾患においてその変異遺伝子,病原遺伝子自体をsiRNAで治療する究極の遺伝子治療を目指した基礎研究が進行している。その研究の中で,実際の医療への応用に際して障害となるであろうoff-target効果・インターフェロン(IFN)誘導・short-hairpin RNA(shRNA)毒性などの問題点も指摘されるようになった。しかし同時に,それら問題点に対する回避策・解決策も見出されてきており,siRNAが近い将来,難治性疾患における治療法の新しい選択肢となることが非常に期待される。

【目次】
1. はじめに
2. siRNAの配列特異性
2.1 off-target効果
2.2 変異遺伝子特異的な発現抑制
3. インターフェロン誘導
3.1 TLR
3.2 RIG-I
4. shRNA毒性
5. おわりに


--------------------------------------------------------------------------------

がん治療へのRNAi創薬
RNAi-based Approaches in Cancer Therapy

--------------------------------------------------------------------------------

竹下文隆(国立がんセンター研究所 がん転移研究室 特定研究員)
落合孝広(国立がんセンター研究所 がん転移研究室 室長)


RNAiの発見は,がん細胞における遺伝子の機能解明のみならず,創薬標的遺伝子のスクリーニングから,RNAi医薬品へと幅広い応用を期待させることとなった。RNAi創薬の鍵となるのは,siRNAの生体へのデリバリー方法であり,本稿ではがんモデル動物,RNAi効果の評価系についても概説する。

【目次】
1. はじめに
2. RNAiのがん治療への応用の可能性
3. siRNAの動物へのデリバリー方法
4. がんモデル動物を用いての研究
4.1 アデノウイルスベクター
4.2 カチオニックリポソームなどの導入試薬
4.3 shRNA発現プラスミドベクター
4.4 抗体結合型とバイオマテリアル
5. アテロコラーゲン
5.1 アテロコラーゲンの性状と核酸との複合体の形成
5.2 アテロコラーゲンと核酸の複合体によるセルトランスフェクションアレイ
5.3 アテロコラーゲンによる核酸医薬のin vivoデリバリー
5.3.1 プラスミドDNA
5.3.2 アデノウイルスベクター
5.3.3 アンチセンスオリゴヌクレオチド(AS-ODN)
5.3.4 オリゴヌクレオチドによる遺伝子変換
5.4 がんモデル動物に対するsiRNA/アテロコラーゲンデリバリーシステム
6. おわりに


--------------------------------------------------------------------------------

<参考資料>
siRNA医薬品の開発状況

--------------------------------------------------------------------------------

編集部

1. はじめに
2. 治験中の薬剤
2.1 Bevasiranib(Cand5)
2.2 AGN-211745(Sirna-027)
2.3 ALN-RSV01
2.4 RT801i-14
3. 前臨床段階の主な薬剤
3.1 Alnylam社
3.1.1 PCSK9
3.1.2 Huntington(htt)
3.1.3 Nav1.8
3.1.4 Alpha-synuclein
3.1.5 ALF-FLU01
3.2 Sirna社
3.2.1 Sirna-034
3.3 Calando社
3.3.1 CALA-A01
3.4 Atugen社
3.4.1 Atu027
3.5 Quark Biotech社
3.5.1 Akli-5
3.5.2 AHLi-11
3.5.3 Cti-1
3.6 Nastech社
4. siRNA以外のRNAi薬剤


--------------------------------------------------------------------------------

BIO R&D

--------------------------------------------------------------------------------

含嗽液による口腔癌の早期発見
Early Detection of Oral Cancer by Mouth Washing

--------------------------------------------------------------------------------

小村健(東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 顎口腔外科学分野 教授)
植草優(東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 顎口腔外科学分野 大学院生)

口腔癌の早期発見・早期治療は治療成績ならびに治療後のQOLの点から極めて重要である。今回,含嗽により剥離する口腔癌細胞をターゲットとして,SCCAのRT-PCR法による口腔癌スクリーニング法を開発し,高い診断精度が得られたので,その概要を紹介する。

【目次】
1. はじめに
2. 口腔の疾患
2.1 口腔癌の疫学
2.2 口腔癌のTNM分類
2.3 口腔癌の治療成績
2.4 口腔の前癌病変・前癌状態
3. 含漱液による口腔癌検診
3.1 RNA抽出
3.2 RT-PCR法
4. 含漱液による口腔癌スクリーニングの検討
4.1 被検者
4.2 結果
4.3 口腔癌スクリーニングとしての効果指標
5. 口腔癌スクリーニング検査の位置付け
6. おわりに


--------------------------------------------------------------------------------

BIO BUSINESS

--------------------------------------------------------------------------------

甘味料の市場動向
Market of Sweeteners

--------------------------------------------------------------------------------

【目次】
1. 概要
2. 主な製品の概要
2.1 トレハロース
2.2 キシリトール
2.3 アスパルテーム
3. 市場動向
3.1 トレハロース
3.2 キシリトール
3.3 アスパルテーム
4. 企業動向
4.1 味の素
4.2 明治製菓
4.3 林原
4.4 三栄源エフ・エフ・アイ
4.5 ニュートリノヴァ・ジャパン
4.6 丸善製薬

4,950円
特集:生体・酵素と金属

--------------------------------------------------------------------------------

必須元素とサプリメント
Mineral Supplimentation

--------------------------------------------------------------------------------

西牟田守((独)国立健康・栄養研究所 栄養疫学プログラム 生体指標プロジェクト)

必須ミネラルのサプリメントの関連するそれらの必要量,平衡維持摂取量,食事摂取基準などを解説し,サプリメントの有効性について解説する。

【目次】
1. はじめに
2. 必須ミネラルの過不足判定
3. サプリメントの有効性
4. 必須ミネラルの必要量
5. 主要ミネラルの平衡維持量
(1) Naの平衡維持量
(2) Kの平衡維持量
(3) Caの平衡維持量
(4) Mgの平衡維持量
(5) Pの平衡維持量
6. 必須微量元素の平衡維持量
(1) 微量元素I:Fe,Zn,Cu,Mn
(2) 微量元素II:Co,Cr,I,Mo,Se
7. 必須元素とサプリメント




--------------------------------------------------------------------------------

メタロミクス研究と生体金属分析
Metallomics Research and Bio-metal Analysis

--------------------------------------------------------------------------------

(名古屋大学 大学院工学研究科 化学・生物工学専攻 教授)


【目次】
1. 「メタロミクス」の提唱
2. メタロミクスの研究目標
3. メタロミクスの研究領域
4. 多元素相関解析による病態診断
5. おわりに




--------------------------------------------------------------------------------

HPLC-ICP-MSによる生体金属の化学形態別分析
Speciation Analysis of Biometals by HPLC-ICP-MS

--------------------------------------------------------------------------------

鈴木紀行(千葉大学 大学院薬学研究院 衛生化学研究室 助手)
鈴木和夫(千葉大学 大学院薬学研究院 衛生化学研究室 教授)


【目次】
1. はじめに
2. HPLC-ICP-MS
3. 安定同位体マルチラベル法によるセレン代謝の解析
3.1 セレンの体内動態
3.2 安定同位体マルチラベル法の概略
3.3 安定同位体マルチラベル法を用いたセレンの代謝の分析




--------------------------------------------------------------------------------

生体内の物質変換機能を有する分子性材料開発
Development of Bio-inspired Molecular Materials Processing Biomimetic Reactions

--------------------------------------------------------------------------------

舩橋靖博(名古屋工業大学 大学院工学研究科 生命・物質工学教育類 おもひ領域)


【目次】
1. はじめに
2. 金属蛋白質・酵素の活性中心内部におけるアミノ酸残其の局所的効果
3. 配位子の構造と性質が及ぼす中心金属イオンの電子状態と酸化還元電位に対する効果
4. 金属蛋白質・酵素の中心金属周りの奇妙な構造とそのモデル化の手法
5. 金属周りの構造に対する四面体型歪みの導入とその制御
6. 捻れた二核遷移金属中心による酵素の還元反応
7. 二核金属中心における分子状酸素の段階的四電子還元反応
8. おわりに




--------------------------------------------------------------------------------

気体センサーとして働く金属タンパク質
Metalloprotein as Gas Sensor

--------------------------------------------------------------------------------

山田斉爾((独)理化学研究所 播磨研究所 放射光科学総合研究センター 城生体金属科学研究室 基礎科学特別研究員)
城宜嗣((独)理化学研究所 播磨研究所 放射光科学総合研究センター 城生体金属科学研究室 主任研究員)


単純な化学構造を持つ気体分子も生体内における重要なシグナル分子として認識されている。生体内には,その気体分子の感知によって,酵素活性の制御を行うセンサー金属タンパク質が存在する。本稿では,酸素センサータンパク質を例に上げ,その分子メカニズムを解説する。

【目次】
1. はじめに
2. 酸素センサータンパク質FixL
2.1 二成分情報伝達系
2.2 FixLセンサードメイン
3. ヒスチジンキナーゼ/レスポンスレギュレーターにおけるシグナル伝達
3.1 X線小角散乱測定:ドメインの空間配置と複合体形成
3.2 結晶構造解析
3.3 酸素センサータンパク質FixLにおける情報伝達の経路
(1) センサードメインから触媒ドメインへ
(2) 触媒ドメインから二量化ドメインへ
(3) 二量化ドメインからレスポンスレギュレーターへ
(4) レスポンスレギュレーターからセンサードメインへ
4. おわりに




--------------------------------------------------------------------------------

ホヤの高選択的バナジウム濃縮機構とその応用
Highly-Selective Accumulation of Vanadium in Ascidians and its Application

--------------------------------------------------------------------------------

植木龍也(広島大学 大学院理学研究科 生物科学専攻 助教授)
道端齊(広島大学 大学院理学研究科 生物科学専攻 教授)


生物の中には特異な金属の濃縮機能,金属耐性機能,金属の酸化還元能,金属親和性を有するものが存在する。最近これらの生物から新規の金属関連タンパク質とそれらの遺伝子の発見が相次いでおり,金属とタンパク質の関係が大きく見直されるとともに,応用の可能性が示唆されている。そのような生物の一つとして注目されている海棲脊索動物ホヤ類は,稀少金属バナジウムを体内に高濃度かつ高選択的に濃縮する。その細胞内濃度は種によって生理学的に決まっており,最も高濃度の種では350mMに達する。濃縮係数が1,000万倍におよぶこの特異な生理現象は,生物学や錯体化学等の分野から学際的関心を集めてきた。本稿では,筆者らの研究グループを中心とする研究の現状を紹介するとともに,この高選択的濃縮機能の応用の可能性について考察する。

【目次】
1. はじめに
2. バナジウムと生物
3. バナジウム濃縮細胞
4. バナジウム結合タンパク質
5. レアメタル分取への応用
6. おわりに





--------------------------------------------------------------------------------

BIO R&D


--------------------------------------------------------------------------------
口臭センサによる無侵襲病気診断
Non-invasive Diagnosis Based on Halitosis Monitoring by Using a Bio-sniffer

--------------------------------------------------------------------------------

斉藤浩一(東京医科歯科大学 生体材料工学研究所 システム研究部門 計測分野 助教)
三林浩二(東京医科歯科大学 生体材料工学研究所 システム研究部門 計測分野 教授)


薬物代謝酵素モノアミンオキシダーゼtype-Aを固定化した薄膜と光ファイバ型酸素センサを組み合わせた口臭測定用バイオスニファを構築した。本スニファは,酵素の基質特異性により口臭の主成分であるメチルメルカプタンを他のガス成分に影響されずに選択的かつ連続的に計測可能なセンサである。感応部は細径構造のため,口腔内での局所的計測による口臭発生部位の特定や発生原因に基づく適切な治療が可能となり,本スニファを利用した口臭の日内変動モニタリングにより,日常生活における口臭予防の指導などにも応用可能と期待される。

【目次】
1. はじめに
2. 口臭計測用バイオスニファ
2.1 口臭成分の選択的検出方法
2.2 口臭計測用バイオスニファの構造
3. バイオスニファによる口臭計測実験
3.1 バイオスニファの基礎特性
3.2 バイオスニファを用いた口臭計測
4. おわりに




--------------------------------------------------------------------------------

細胞内外での病原体認識と昆虫感染防御システム
Intra-and Extracellular Recognition of Pathogens and Insect Defense Systems

--------------------------------------------------------------------------------

倉田祥一朗(東北大学 大学院薬学研究科 教授)


昆虫に限らず自然免疫では,遺伝子の再編成に頼らずに多様な病原体を認識できる。これを担うのが病原体認識蛋白質であり,ショウジョウバエでは,ペプチドグリカン認識蛋白質(PGRP)ファミリーがその一端を担う。PGRP-LEは,血液中で病原体を認識し感染防御応答を誘導するだけでなく,免疫応答細胞表面,さらには細胞内においても,病原体を認識し免疫応答を誘導する多機能性を有している。

【目次】
1. はじめに
2. 昆虫の感染防御システム
3. PGRPファミリーによる血液中での細菌認識と免疫応答活性化
4. PGRP-LEによる細胞表面上と細胞内での細菌認識と免疫応答活性化
5. 貪食に関わる病原体認識蛋白質と多様性発現
6. おわりに




--------------------------------------------------------------------------------

プロバイオティクスの市場動向
Market of Probiotics

--------------------------------------------------------------------------------



【目次】
1. 概要
2. 研究動向
2.1 整腸作用
2.2 発がんリスク低減作用
2.3 免疫能調節作用
2.4 アレルギー低減作用
2.5 血中コレステロール低減作用
2.6 血圧降下作用
2.7 ピロリ菌制御作用
3. 市場規模
4. 企業動向
4.1 明治乳業
4.2 ヤクルト本社
4.3 森永乳業
4.4 カゴメ

4,950円
特集:動き出した燃料用エタノール―日本の実用化研究最前線―

--------------------------------------------------------------------------------

特集にあたって

--------------------------------------------------------------------------------

山田正仁((社)アルコール協会 専務理事)




--------------------------------------------------------------------------------

高バイオマス量サトウキビを原料とした砂糖・エタノール複合生産
Simultaneous Production of Sugar and Ethanol from High-biomass Sugarcane in Japan

--------------------------------------------------------------------------------

小原聡(アサヒビール(株) 技術開発研究所 バイオマスグループ 副主任研究員)
寺島義文((独)農業・食品産業技術総合研究機構 九州沖縄農業研究センター さとうきび育種ユニット 研究員)


サトウキビからのバイオマスエタノール生産では砂糖生産との食糧競合,原料コスト高が問題となる。また砂糖生産後の副産物をエタノール原料とした場合は生産量の低さと,小規模生産による製造コスト高が指摘される。本稿では,新たに開発した高バイオマス量サトウキビを原料として,現状砂糖生産量を維持しながら多くのエタノール生産を可能にする新規生産プロセスを紹介する。

【目次】
1. はじめに
2. 高バイオマス量サトウキビの開発
3. 新しい砂糖・エタノール複合生産プロセス
3.1 従来プロセスの問題
3.2 新しいプロセスの提案
3.3 プロセスに適した高バイオマス量サトウキビの選抜
3.4 プロセスの効果
4. パイロットプラント実証試験
4.1 高バイオマス量サトウキビ栽培試験
4.2 砂糖・エタノール複合生産試験
4.3 E3ガソリン製造・利用試験
4.4 副産物総合利用試験
5. おわりに




--------------------------------------------------------------------------------

凝集性酵母によるバイオエタノール高生産性発酵技術の開発
Development of Efficient Continuous Fermentation Process for Bio-ethanol Production by Flocculating Yeast

--------------------------------------------------------------------------------

森村茂(熊本大学 大学院自然科学研究科 工学系)
湯岳琴(熊本大学 大学院自然科学研究科 工学系)
木田建次(熊本大学 大学院自然科学研究科 工学系)


地球温暖化防止や各国のエネルギー戦略,農業政策から,バイオマスからの燃料用バイオエタノールの生産が再度注目されるようになり,アメリカ,ブラジルはもちろんのこと中国やヨーロッパで燃料用バイオエタノールの増産や開発が急ピッチで進められている。わが国においても新・国家エネルギー戦略の中で燃料用バイオエタノールの普及が謳われるようになった。このような現状を踏まえ,ここでは世界のバイオエタノール製造技術の紹介と筆者らが長年研究してきた凝集性酵母を用いた連続発酵法による廃糖蜜やセルロース系バイオマス(建築廃材),デンプン質系バイオマス(農産廃棄物,家庭系生ごみ)からのバイオエタノール生産技術の紹介を行う。

【目次】
1. エタノール発酵プロセスの変遷と問題点
2. 当研究室での燃料用バイオエタノール製造に関する研究
2.1 凝集性酵母を用いた海外産糖蜜からの燃料用エタノールの生産
2.1.1 プロトプラスト融合による凝集性酵母の育種
2.1.2 塔型リアクターを用いた無殺菌連続発酵プロセスの開発
2.1.3 繰返し回分発酵による燃料用エタノール製造技術の開発
2.2 デンプン質系廃棄物である廃ジャガイモからのバイオエタノールの生産
2.3 生協食堂残飯からのバイオエタノールの生産
2.4 セルロース系バイオマス(建築廃材)からの燃料用エタノールの生産
3. 今後の展望




--------------------------------------------------------------------------------

アーミング酵母を用いたリグノセルロースからのバイオエタノールの高効率生産
Efficient Bioethanol Production from Lignocellulosic Biomass by Using Arming Veast

--------------------------------------------------------------------------------

近藤昭彦(神戸大学 工学部 応用化学科 教授)


21世紀に入って,資源・環境問題はますます深刻になりつつあり,石油を代表とする化石資源の枯渇問題から再生可能資源の導入や省エネルギー化,そして温室ガス削減に向けてバイオマスの大幅導入が極めて大きな課題となっている。この様な変革を進めるために,現在精力的に取り組まれているのが,バイオマスからのエタノール製造である。バイオマスから発酵法により製造されるエタノールはバイオエタノールとよばれる。バイオエタノールは多様な液体燃料として利用できるとともに,多くの基幹化学品の出発原料となる。現段階でのバイオエタノール生産に関しては,ブラジル,米国が世界をリードしている。ブラジルではサトウキビ由来の糖液から,また米国ではコーンスターチをアミラーゼにより糖化して得られるグルコースを原料として生産が行われている。米国を見ても近年バイオエタノールの生産量は急拡大を続けており,2004年で1,250万kLに達しており,2012年には3,000万kL程度の需要を予測している。問題は,原料として利用できるコーンに限界があることである。こうした需要をまかなうためには,どうしてもリグノセルロース系バイオマスからのバイオエタノール生産が必須となり,米国エネルギー省(DOE)を中心とした研究開発が精力的に行われている。日本においても,「バイオマス・ニッポン総合戦略」の下,研究開発が活発に行われている。本稿では,リグノセルロースからのバイオエタノール生産における技術課題,将来の方向性,筆者らの取り組みについて紹介する。

【目次】
1. リグノセルロースからのバイオエタノールの生産
2. 今後の発展を考える上での方向性―コンソリデーティッドバイオプロセス(CBP)―
3. 微生物によるバイオマス変換におけるキーテクノロジー―アーミング技術―
4. アーミング技術による微生物セルロース系バイオマスからのバイオエタノール生産
5. 固体発酵を利用した未来型のプロセス開発
6. おわりに




--------------------------------------------------------------------------------

セルロース系原料からのバイオエタノール製造技術の現状と展望
Present State and Future View for the Bioethanol Production Technology from Cellulosic Biomass

--------------------------------------------------------------------------------

山田富明((社)アルコール協会 研究開発部 部長)


京都議定書の発効に伴い,バイオマスエネルギー有効利活用技術,とりわけ,セルロース系バイオマスからのバイオエタノール製造技術の開発が近年急速に進められている。本稿では,わが国ならびに海外のバイオマス原料事情を概説すると共に,資源的にも最も有望な未利用,未活用セルロース系バイオマスからのエタノール生産技術の開発の世界各国の開発の現状の概説と,実用化開発では一歩先んじている米国NRELプロセスならびに筆者が実際の開発に携わったNEDOプロセス等について,プロセスの経済性評価や熱収支,CO2削減効果について紹介する。

【目次】
1. はじめに
2. わが国および海外のバイオマス原料事情
3. セルロース系バイオマスからのバイオエタノール製造技術
3.1 NRELプロセス
3.2 logenプロセス
3.3 NEDOプロセス
4. プロセスの経済性評価
4.1 プロセス設計の前提条件
4.2 建設費の積算
4.3 エタノール製造原価の試算
5. プロセスのエネルギー収支の検討
6. おわりに




--------------------------------------------------------------------------------

バイオエタノール混合ガソリンによる自動車燃料適合性試験
Conformity Test of Bioethanol Blended Gasoline as Automotive Fuel

--------------------------------------------------------------------------------

塩谷仁((独)産業技術総合研究所 エネルギー技術研究部門 クリーン動力グループ)
後藤新一((独)産業技術総合研究所 エネルギー技術研究部門 クリーン動力グループ グループ長)


国産バイオマスとして注目されている木質系バイオマスを原料としたバイオエタノールの,自動車燃料としての適合性を検証するため,燃料性状,燃料配管への適合性,排出ガスおよび燃料蒸発ガス,車両性能および耐久性への影響を調べた。その結果,木質系バイオエタノールがエタノール3%混合ガソリンとしての利用についての適合性を有することの確証が得られた。

【目次】
1. はじめに
2. 燃料性状
3. 材料適合性
3.1 金属材料への適合性
3.2 高分子材料への適合性
4. 排出ガス特性
5. 燃料蒸発ガス排出特性
6. 車両性能および耐久性に及ぼす影響
7. おわりに




--------------------------------------------------------------------------------

燃料用バイオエタノールの国内外規格
Specification of Bioethanol for Fuel Use in Japan and Overseas Countries

--------------------------------------------------------------------------------

齋藤熹敬((社)アルコール協会 研究開発部長 企画事業部分析室長)


燃料用バイオエタノール利用について先進海外諸国の燃料用エタノール規格および日本の燃料エタノール規格などについて紹介すると共に,建設廃材や飼料作物などのセルロース系原料から製造した燃料用エタノールの品質についても紹介する。

【目次】
1. はじめに
2. ブラジルの燃料用エタノール規格
(1) アルコール分,密度および水分
(2) 炭化水素
(3) 全酸度
(4) 電気伝導度
(5) 銅
3. 米国の燃料用エタノール規格
(1) エタノールおよび水分
(2) 変性剤および洗浄ガム質
(3) メタノール
(4) 塩化物イオンおよび酸度
(5) 銅
(6) pHe
(7) 硫黄
4. アジア諸国の燃料エタノール規格
5. セルロース系原料から製造した燃料用エタノールの品質
6. 日本における燃料エタノール規格
7. おわりに




--------------------------------------------------------------------------------

バイオエタノール生産の技術開発未来戦略
Future Strategy for Development of Bio-ethanol Production Technology

--------------------------------------------------------------------------------

植田充美(京都大学 大学院農学研究科 応用生命科学専攻 教授)


地球温暖化の急速化に伴い,排出CO2の循環によるカーボンニュートラルを唱えた京都議定書の重みが増す現況のなか,バイオマスから変換生産されるバイオエタノールへの期待は大きく膨らんでいる。将来は食糧と競合するであろうデンプンや再生可能な放置資源としての植物由来のセルロースから酵母などの微生物を利用して作られる新しくもあり,旧来のガソリンとも融和できるバイオエタノールの現代社会への普及は,地球環境の保全化のみならず,世界の政治戦略や農業政策の大きな改革にもつながり,このバイオエネルギーを基にした新しい未来世界圏や未来社会像を創造してゆかねばならない。

【目次】
1. はじめに
2. 京都議定書とポスト議定書
3. カーボンニュートラルによる新しいエネルギー事情の変動
4. バイオエタノールの普及への農工連携戦略と政策
5. バイオエタノールの未来展望
5.1 休耕田のエネルギー田への転換
5.2 海洋からエネルギーを生産
5.3 食糧や飼料との競合からの脱却
5.4 生体触媒の改良
5.5 エネルギープラント(エネルギー産生専用植物)の育種
5.6 植物・森林材の集荷や前処理,発酵システムの流通の戦略的政策
5.7 京都議定書のCDMに基づくアジア共存圏から世界への環境技術の普及




--------------------------------------------------------------------------------

BIO R&D


--------------------------------------------------------------------------------
稲発酵粗飼料による牛肉の品質改善
Improvement of Beef Quality by Feeding Whole Crop Rice Silage

--------------------------------------------------------------------------------

石田元彦((独)農業・食品産業技術総合研究機構 中央農業総合研究センター 関東飼料イネ研究チーム チーム長)
中西直人((独)農業・食品産業技術総合研究機構 畜産草地研究所 関東飼料イネ家畜飼養研究サブチーム サブチーム長)
三枝貴代((独)農業・食品産業技術総合研究機構 中央農業総合研究センター 関東飼料イネ研究チーム 主任研究員)
加藤浩((独)農業・食品産業技術総合研究機構 作物研究所 低コスト稲育種研究チーム 上席研究員)


稲発酵粗飼料はビタミンEを多く含み,肉用牛に与えると牛肉品質改善効果のあることが見出され,注目されている。稲発酵粗飼料の生産,イネの育種,飼料価値,牛に与えた場合の牛肉品質に及ぼす影響,ビタミンE含量の高い稲発酵粗飼料作出の可能性について解説する。

【目次】
1. はじめに
2. 稲発酵粗飼料とは
2.1 稲発酵粗飼料の生産・利用のメリット
2.1.1 耕種経営にとってのメリット
2.1.2 畜産経営にとってのメリット
2.1.3 飼料自給率向上効果
2.2 稲発酵粗飼料の栽培面積
2.3 稲発酵粗飼料向けイネの育種
2.3.1 育種目標
2.3.2 育成されたWCS用イネ品種
2.3.3 今後の課題
2.4 稲発酵粗飼料の牛用飼料としての価値
3. 稲発酵粗飼料による牛肉の品質改善の効果
4. 高ビタミンE含有稲発酵粗飼料の開発
5. おわりに




--------------------------------------------------------------------------------

RNAに依存したグルタミン酸からグルタミン生成のメカニズムの解明と産業への応用
Mechanism of RNA-dependent Conversion of Glutamate to Glutamine and its Industrial Application

--------------------------------------------------------------------------------

濡木理(東京工業大学 大学院生命理工学研究科 生命情報専攻 教授)


tRNA依存性アミド基転移酵素GatDEとtRNAGlnの複合体の結晶構造から,GatDEはtRNAの形状を認識して,GatDサブユニットでアンモニアを合成し,これがアンモニア輸送チャネルにより,GatEサブユニットの活性部位へ運搬され,tRNAGlnの先端に結合したグルタミン酸をグルタミンに変換することが明らかになった。本研究により,太古の生命で,(t)RNAを介して新規のアミノ酸が遺伝暗号コードに組み込まれたメカニズムが解明された。

【目次】
1. はじめに
2. tRNA依存性アミド基転移酵素によるGln-tRNAGlnの新規合成経路
3. GatDEの2つの活性部位とアンモニア輸送チャンネル
4. 真正細菌型tRNA依存性アミド基転移酵素GatCAB
5. ND-GluRSからGatDEへのGlu-tRNAGlnのチャネリング
6. おわりに

4,950円
特集:DDS技術の最前線

--------------------------------------------------------------------------------

特集にあたって

--------------------------------------------------------------------------------

永井恒司((財)永井記念薬学国際交流財団 理事長)



--------------------------------------------------------------------------------

経口投与するDDS
Oral Drug Delivery System

--------------------------------------------------------------------------------

迫和博(アステラス製薬(株) 製剤研究所 剤形研究室 室長)

薬物療法の中心的な役割を担う経口投与剤形にも,DDSの概念は適用される。経口投与するDDSは,様々に変化する消化管内環境や,味覚・服用感等の感覚を考慮して設計される。薬物送達速度・送達量・送達部位の制御による薬物療法の最適化,あるいは利便性の追求による様々な「使い易い・飲み易い」製剤技術について紹介する。

【目次】
1. はじめに
2. 経口放出制御製剤
2.1 持続吸収型経口徐放システム
2.2 時限放出製剤
3. 部位標的化製剤
3.1 胃滞留製剤
3.2 大腸送達製剤
4. 吸収促進製剤
4.1 吸収促進剤
4.2 トランスポーターの利用
4.3 消化管内での分解・凝集抑制
4.4 薬物溶解性の改善
5. 経口利便性製剤
5.1 易服用剤形
5.2 苦味隠蔽技術
6. おわりに



--------------------------------------------------------------------------------

ポリ乳酸系ポリマーのDDSへの応用
Application of Polylactide and Its Copolymers for Drug Delivery System

--------------------------------------------------------------------------------

大矢裕一(関西大学 工学部 応用化学科 助教授)

生分解性の合成ポリマーであるポリ乳酸および乳酸と類似の脂肪族ポリエステル類を主な構成成分とする共重合体を用いてDDSを目指した研究の最近の報告例を,主として剤形の観点から分類し,その特徴を概説する。特に近年では,ポリ乳酸系ポリマーと他のポリマー(主として親水性ポリマー)との複合化による機能付与が盛んに研究されており,本稿でもそうしたアプローチを中心に紹介する。

【目次】
1. はじめに
2. リュープリン
3. 微粒子型DDS
3.1 微粒子タイプの分類
3.2 マイクロスフェア,ナノスフェア
3.3 ポリマーミセル,ナノゲル
4. ゲルおよび固体マトリックス
4.1 物理架橋ゲル
4.2 その他の形態
5. おわりに




--------------------------------------------------------------------------------

シクロデキストリンと高分子の串刺し構造による標的指向性向上へのアプローチ
Approach the Bio-targeting Based on Supramolecular Structure Consisting of Cyclodextrin and Polymers

--------------------------------------------------------------------------------

大谷亨(富山県立大学 工学部 知能デザイン工学科 助教授;同大学 大学院工学研究科 生物工学研究センター)
由井伸彦(北陸先端科学技術大学院大学 マテリアルサイエンス研究科)


【目次】
1. はじめに
2. シクロデキストリンとポリエチレングリコールを基本骨格としたポリロタキサンによる超分子多価リガンドの設計
3. ビチオン-ポリロタキサン結合体の合成とストレプトアビジンとの多価相互作用の解析
4. ポリロタキサン構造が多価相互作用へ
5. ポリロタキサンの超分子構造に基づく分子運動性が多価相互作用へ及ぼす影響
6. おわりに




--------------------------------------------------------------------------------

トランスポーターの機能および膜局在性に及ぼすメチル化シクロデキストリンの影響
Effects of Methylated Cyclodextrins on Function and Membrane Localization of Transporters

--------------------------------------------------------------------------------

有馬英俊(熊本大学 大学院医学薬学研究部 製剤設計学分野 助教授)
上釜兼人(崇城大学 薬学部 製剤学研究室 教授)


シクロデキストリン(CyD)は,医薬品,香粧品,臨床検査薬,食品など様々な分野で汎用されているが,最近,天然CyDの機能性を改変した各種誘導体が構築されている。その中でメチル化CyDsは,両親媒性物質で,非イオン性界面活性剤に類似した溶解特性を有し,生体膜とユニークな相互作用を示すことから,細胞膜表面に存在するタンパク質の機能に影響を及ぼすことが考えられる。本稿では,消化管のトランスポーターの機能ならびに膜局在性に対するCyDの影響について筆者らの研究を中心に紹介する。

【目次】
1. はじめに
2. 薬物排出トランスポーターに及ぼす影響
3. アミノ酸トランスポーターに及ぼす影響
4. グルコーストランスポーターに及ぼす影響
5. ペプチドトランスポーターに及ぼす影響
6. 生体膜とCyDsとの相互作用
7. おわりに



--------------------------------------------------------------------------------

葉酸修飾ナノ粒子と癌ターゲティング遺伝子治療への応用
Folate-modified Nanoparticles and their Application to Tumor-targeting Gene Therapy

--------------------------------------------------------------------------------

米谷芳枝(星薬科大学 医薬品化学研究所 創剤構築研究室 教授)


薬物治療では,薬物の有効性を高め副作用の軽減のために,目的とする組織や細胞への薬物送達技術が必要となる。ナノ粒子製剤は,表面加工しやすいことからターゲティング製剤として脚光をあびており,抗癌薬や抗真菌薬のリポソーム製剤がようやく2006年,日本でも発売許可された。本稿では,ナノ粒子の製造法など技術的な視点を中心に,葉酸修飾ナノ粒子ベクターによる癌ターゲティング遺伝子治療への応用例を紹介する。

【目次】
1. はじめに
2. 葉酸受容体の発現癌細胞
3. ナノ粒子調整法
4. 葉酸修飾ナノ粒子ベクターの処方
5. 葉酸修飾ナノ粒子のDNAおよび細胞との相互作用
6. 葉酸修飾ナノ粒子ベクターによる選択的な遺伝子発現の検証
7. ナノ粒子とDNAの複合体調製法
8. 治療への展開
9. 今後の展開
10. おわりに


--------------------------------------------------------------------------------

次世代型DDS製剤としてのリポソームの可能性
Potency of Liposomes as Drug Delivery System(DDS)Carriers in the New Generation

--------------------------------------------------------------------------------

鈴木亮(帝京大学 薬学部 生物薬剤学教室 助手)
滝澤知子(帝京大学 薬学部 生物薬剤学教室 助手)
宇都口直樹(帝京大学 薬学部 生物薬剤学教室 助教授)
丸山一雄(帝京大学 薬学部 生物薬剤学教室 教授)

リポソームは有用なドラッグデリバリーシステム(DDS)製剤として臨床応用されている。近年では,目的組織・細胞へのターゲティング機能を付与するリガンドや抗体により修飾したアクティブターゲティング型リポソームが次世代型DDS製剤として注目されている。これまでに筆者らは,アクティブターゲティング型リポソームを用いたがん細胞への薬物送達や樹状細胞への抗原送達技術を開発した。そこで本稿では,本リポソームのDDS製剤としての可能性について論ずる。

【目次】
1. はじめに
2. アクティブターゲティング型リポソームの設計
3. ターゲット分子の選択
4. 抗体・リガンドの選択と入手
5. 抗体修飾リポソーム(イムノリポソーム)によるアクティブターゲティング
6. リガンド修飾リポソームによるアクティブターゲティング
7. 抗原デリバリーツールとしてのイムノリポソームの応用
8. 今後の展望


--------------------------------------------------------------------------------

DDSにおける薬剤形状決定の数理とシミュレーション
Mathematical Study Determining Drug Structure for DDS and its Simulation

--------------------------------------------------------------------------------

大矢雅則(東京理科大学 理工学部 情報科学科 教授)


腫瘍(癌)は正常な血管から養分を取り入れるため,新たな血管を作ることが知られている。これは,このような組織近傍の血管の構造に起因する。正常な毛細血管の場合,細胞と細胞の間隔は10~50nmであるが,腫瘍血管内壁には不規則な~1mm程度の孔が存在する。このため,これらの組織には注入した物質が正常組織に比べて長時間滞留することが知られている(EPR効果)。本稿では,このEPR効果を考慮して,どの位の大きさの薬剤を作れば最も効果的に腫瘍をたたくことができるかを考案する。すなわち,DDS製剤開発にEPR効果を最大限に生かす方法を数理モデルを考案し,その計算機シミュレーションの手法について述べる。

【目次】
1. はじめに
2. 方法
3. EPR効果
4. 薬剤粒子のモデル化
5. モデルの数理化
6. モデルにおけるパラメーターと考察量
7. 計算機シュミレーションとその効果



--------------------------------------------------------------------------------

DDS開発のためのレギュラトリー戦略
Regulatory Strategy for DDS Development

--------------------------------------------------------------------------------

中田雄一郎(参天製薬(株) 製剤開発センター 処方開発グループ グループマネージャー)


DDS製剤を早期に開発,承認取得するためにはRegulatory Strategy(レギュラトリー戦略)を立て,その戦略に基づいて行動することが重要となる。本稿では,レギュラトリーサイエンスの視点に立ち,承認取得に必要な戦略を構築する際に重要となる事項,あるいは注意すべき事項を開発から承認に至るプロセスに従い解説する。

【目次】
1. はじめに
2. DDS製剤の現状
3. DDS製剤開発における課題
3.1 分析評価技術
3.2 賦形剤・添加剤の選択と工業化
3.3 非臨床,臨床試験デザイン
3.4 薬剤経済学
3.5 環境への影響
3.6 審査当局の考えと関連ガイドラン
4. おわりに




--------------------------------------------------------------------------------

BIO R&D


--------------------------------------------------------------------------------
微細孔吸引による細胞固定技術
A Device for Fixing Cells Using Through Pore Porous Silicon

--------------------------------------------------------------------------------

早瀬仁則(東京理科大学 理工学部 機械工学科 講師)


細胞等の微小物体を整列固定し,個々の個体に別々の投薬を行い観察することができれば,創薬研究において有用なツールになるであろう。シリコン基板上に部分的に貫通した多孔質領域を形成し,そこにスチレンビーズを吸引固定することに成功した。製作手法および今後の展開について紹介する。

【目次】
1. はじめに
2. 微小物体吸引デバイス
2.1 多孔質シリコン
2.2 デバイスのデザイン
2.3 製作手順および試作
3. 吸引実験
3.1 空気の透過実験
3.2 純水の透過実験
3.3 スチレンビーズの吸引固定実験
4. 今後の展開
(1)その場観察
(2)薬品投与
(3)電気刺激
(4)細胞膜破壊と内容物の保持
(5)光学計測
5. おわりに



--------------------------------------------------------------------------------

母体血による胎児DNA診断法
Fetal DNA Diagnosis from Maternal Blood(FDD-MB)

--------------------------------------------------------------------------------

高林晴夫(金沢医科大学 総合医学研究所 人類遺伝学研究部門 臨床遺伝学 助教授)
北美紀子(金沢医科大学 総合医学研究所 人類遺伝学研究部門 臨床遺伝学)
伊川和美(石川県予防医学協会)
斉藤真人(北陸先端科学技術大学院大学 マテリアルサイエンス研究科)
山村昌平(北陸先端科学技術大学院大学 マテリアルサイエンス研究科)
民谷栄一(北陸先端科学技術大学院大学 マテリアルサイエンス研究科)

妊婦末梢血液中に胎児由来の細胞が移行していることが知られるようになり,それら胎児有核細胞を選択的に回収しDNA診断をしようとする試みが,国内外の研究グループによって現在盛んに行われている。さらに妊婦末梢血液中には胎児由来のDNAが検出できることも明らかとなり,無侵襲的胎児DNA診断への応用が考えられている。また,妊婦末梢血中に出現する胎児由来細胞の動態については今後解明すべき不明な点も多く,強い関心が寄せられている。母体血による胎児DNA診断法(Fetal DNA Diagnosis from Maternal Blood;FDD-MB)は周産期医療における革新的手法であり,現在行われている羊水穿刺,絨毛採取の一部またはかなりの部分を近い将来に置換または補完するものと思われる。母体血による胎児DNA診断のための技術的な課題の多くは,今後遠からず解決されるものと思われるが,生命倫理の観点から十分な議論を行いコンセンサスを得,その適用にあたって問題を引き起こさないための十分な配慮が必要である。

【目次】
1. はじめに
2. 母体血中の胎児有核赤血球
3. 母体血漿中の胎児DNA
4. 母体血による胎児DNA診断の近未来
5. おわりに



--------------------------------------------------------------------------------

BIO BUSINESS


--------------------------------------------------------------------------------

水耕栽培(植物工場)の市場動向
Market of Water Culture in Plant Factory

--------------------------------------------------------------------------------


【目次】
1. 概要
2. 技術動向
2.1 栽培環境制御技術
2.1.1
(1)概要3.
(2)完全制御型植物工場
2.1.2 温度・湿度制御技術
2.1.3 空気供給技術
2.2 養液調整技術
2.3 給排水技術5.
2.4 培地調整技術
2.5 栽培容器技術
2.6 機械化技術
2.6.1 移動技術
2.6.2 整列技術
2.7 省力化技術
2.7.1 播種技術
2.7.2 収穫技術
3. 市場規模
4. 企業動向
4,950円
特集:日本のバイオ系μTAS最新技術

--------------------------------------------------------------------------------

特集にあたって

--------------------------------------------------------------------------------

馬場嘉信(名古屋大学 大学院工学研究科 化学・生物工学専攻 教授;(独)産業技術総合研究所 健康工学研究センター 副センター長)

本特集では,μTASのバイオ応用に関わる最新の研究動向を各研究分野で最先端研究を行っておられる研究者の方々に解説していただいた。本稿では,特集全体を理解する上で必要な,μTASバイオ応用の最新動向と今後の発展方向について概説する。また,μTASと関連の深いLab on a Chip,MEMS,マイクロマシン,マイクロリアクタなどの関連技術について,μTASとの類似点・相違点などについて,その定義,関連性,歴史,応用分野などから明らかにする。

【目次】
1. μTAS 2006国際会議にみるμTASバイオ応用の最新動向
2. μTASとその関連科学技術
2.1 μTAS
2.2 MEMS
2.3 マイクロリアクター
3. 3つの技術の背景と現在に至る関わり



--------------------------------------------------------------------------------

μTASのためのバイオインターフェイス構築
Biointerface for μTAS

--------------------------------------------------------------------------------

西澤一樹(東京大学 大学院工学系研究科 マテリアル工学専攻 博士課程)
高井まどか(東京大学 大学院工学系研究科 マテリアル工学専攻 講師)
石原一彦(東京大学 大学院工学系研究科 マテリアル工学専攻 教授)

バイオセンサーを搭載したマイクロチップは,低侵襲で簡便かつ高速な診断を可能にする。しかし,微量検体中の微量生体分子を高感度かつ高精度に測定するためには,検出デバイスだけでなく,高機能なバイオインターフェイスの開発が必要不可欠である。特にμTAS開発においてマイクロ流路内では反応体積に占める表面積の割合が大きくなるため,バイオインターフェイスが測定に与える影響は大きく,マイクロ流路デバイスにおける表面改質の重要性が高まってきている。本稿では,筆者らが進めている高感度バイオセンサーの実現に向けた高機能バイオインターフェイスの研究について紹介する。

【目次】
1. はじめに
2. ノイズレベルを低減する表面の創製
3. バイオ分子固定化MPCポリマー表面
4. 高密度バイオ分子固定化のためのナノ構造表面創製
5. マイクロチップ内での微少量検体検出
6. おわりに



--------------------------------------------------------------------------------

遺伝子診断チップ
Microfluidic Devices for Genetic Analysis

--------------------------------------------------------------------------------

加地範匡(名古屋大学 大学院工学研究科 助手)
馬場嘉信(名古屋大学 大学院工学研究科 教授)

従来の化学・生化学分析法をマイクロスケールのチャネル内で実現するμTASは,オミクス研究の進展に貢献する基幹技術として期待されており,医療診断や環境分析といった様々な分野への応用研究が精力的に進められている。本稿では,ヒトゲノム計画に端を発するゲノム解析のために開発されたμTAS,特にマイクロチップ電気泳動を分析原理として利用した遺伝子診断チップについて紹介する。

【目次】
1. はじめに
2. ハプロタイプ解析
3. SNPs(一塩基多型)解析
4. 挿入・欠失多型解析
5. 完全集積化型マイクロチップ
6. おわりに



--------------------------------------------------------------------------------

細胞研究・医療診断用チップ
Chips for Biomedical, Diagnostic, and Therapeutic Applications

--------------------------------------------------------------------------------

成瀬恵治(岡山大学 大学院医歯薬学総合研究科 システム循環生理学 教授)

【目次】
1. はじめに
2. ソフトリソグラフィーによるチップ製造法
3. 細胞研究用チップ
3.1 ストレッチ用チップ
3.2 シェアーストレス(マイクロチャネルを用いた流体力学的研究)
3.3 マイクロコンタクトプリンティング法を用いた細胞形態制御
4. ソフトリソグラフィーを医学・医療に応用
4.1 再生医療
4.2 不妊症
(1) One-Chip型Sperm Sorter&受精システム
(2) 人工授精用Sperm Sorterシステム
5. 今後の展望とバイオベンチャー



--------------------------------------------------------------------------------

ストレスマーカー計測チップ
Microfluidic Point of Care Testing Biochip for Stress Marker

--------------------------------------------------------------------------------

脇田慎一((独)産業技術総合研究所 ヒューマンストレスシグナル研究センター チーム長)
田中喜秀((独)産業技術総合研究所 ヒューマンストレスシグナル研究センター 主任研究員)
永井秀典((独)産業技術総合研究所 ヒューマンストレスシグナル研究センター 研究員)
宮道隆((独)産業技術総合研究所 ヒューマンストレスシグナル研究センター テクニカルスタッフ)

マイクロ流体デバイス技術を利用した,ポイント・オブ・ケア・テスティング(Point of Care Testing;POCT)型ストレスマーカー迅速アッセイデバイスを研究開発した。本稿では,対象分野のストレス科学・計測法を概説し,唾液ストレス計測チップの研究開発戦略を解説し,筆者らが行った被験者実験も含めて得られた研究成果を紹介する。

【目次】
1. はじめに
2. ストレス
3. ストレス計測
4. 唾液ストレス計測チップの研究開発戦略
5. 唾液ストレス計測ラボチップの研究開発
5.1 電気泳動型ラボチップによるNO代謝物の迅速アッセイ法開発と運動ストレスの予備的な検討
5.2 電気泳動型ラボチップによる唾液ストレスマーカー迅速アッセイ法のプロトタイプ開発
5.3 ラボCDによる唾液ストレス迅速アッセイ法の基礎検討
6. おわりに


--------------------------------------------------------------------------------

バイオ系マイクロTOF-MSの実用化研究
The Bioindustrial Significance of Micro-TOF-MS

--------------------------------------------------------------------------------

松本公平((独)海洋研究開発機構 地球内部変動研究センター 研究員;首都大学東京 理工学研究科 客員研究員;(株)山武 研究開発本部;オンサイトリサーチ(株))
伊永隆史(首都大学東京 理工学研究科 化学専攻 教授)
林智仁((株)山武 研究開発本部)
小出俊弘((株)山武 研究開発本部)

新しい質量分析計の活用法として,即時,現場(オンサイト)分析や,より一般市民が使えるようになるために,近年超小型質量分析計のニーズが非常に高まってきている。筆者らは,このニーズに対応するために超小型飛行時間型質量分析計の開発を行い完成したのは以前既に報告を行ったとおりであるが,今回このアプリケーション法として,どのような使い方があるのか,またどのような人たちが使うと質量分析法が社会貢献となるのかを俯瞰しながら,その要求性能の確認を行ったのでここに述べる。

【目次】
1. はじめに
2. マイクロTOF-MSのアプリケーション考察
2.1 調査内容
2.2 マイクロTOF-MSのアプリケーション調査結果―バイオ分野
2.3 マイクロTOF-MSのアプリケーション調査結果―環境分野
2.4 マイクロTOF-MSのアプリケーション調査結果―安全,安心分野
3. 性能追求実験
3.1 実験内容
3.2 実験結果
4. おわりに



--------------------------------------------------------------------------------

マイクロリアクターを用いた高効率化学合成
Efficient Chemical Synthesis Using Microreactors

--------------------------------------------------------------------------------

渡慶次学(名古屋大学 大学院工学研究科 化学・生物工学専攻 助教授)
菊谷善国((財)神奈川科学技術アカデミー 光科学重点研究室 マイクロ化学グループ 研究員)

【目次】
1. はじめに
2. マイクロリアクターの特徴
3. セグメントフローを利用した相間移動アルキル化反応
4. 温度制御によるニトリル加水分解反応の高選択率化
5. 三相(気相-液相-固相)系水素添加反応
6. ゲル粒子生産用マイクロ化学プラント
7. おわりに



--------------------------------------------------------------------------------

オンチップ細胞応答計測
On-chip Measurement of Individual Cell Response

--------------------------------------------------------------------------------

新井史人(東北大学 大学院工学研究科 バイオロボティクス専攻 教授)

単一細胞に着目して細胞応答を計測する需要は多く,微細加工技術によって製作したバイオチップを利用してオンチップで細胞を操作し,変化をその場で計測するシステムに関する研究が行われている。特定の細胞を操作し,分離後に培養し,環境変化に対する個々の細胞の応答を計測することを可能とするシステム技術を紹介する。

【目次】
1. はじめに
2. オンチップ細胞応答計測システムの必要性
2.1 機能や培養条件が未知な場合
2.2 遺伝子レベルでの機能が未知な場合
3. オンチップ細胞応答計測システムの要素技術
4. オンチップ細胞応答計測技術の事例紹介
4.1 感温性高分子ゲルを用いた細胞固定とオンチップ培養
4.2 光ピンセットを用いた細胞の位置決めと固定
4.3 光硬化性樹脂を用いた細胞のその場固定とオンチップ培養
4.4 垂直半透膜のその場造形と細胞応答計測
4.5 細胞伸展培養による分化の活性評価
5. おわりに



--------------------------------------------------------------------------------

特集:バイオチップ・μTAS加工受託企業

--------------------------------------------------------------------------------

・株式会社アルバック
・株式会社協同インターナショナル
・株式会社倉元製作所
・サイボックス株式会社
・フルイドウェアテクノロジーズ株式会社
・住友ベークライト株式会社



--------------------------------------------------------------------------------

BIO R&D

--------------------------------------------------------------------------------

精巣の細胞から卵をつくる―魚類精原細胞の性的可塑性―
Production of Eggs Derived from Testicular Cells : Sexual Bipotency of Fish Spermatogonia

--------------------------------------------------------------------------------

吉崎悟朗(東京海洋大学 海洋科学部 助教授)
奥津智之(東京海洋大学 海洋科学部 大学院生)

精子に分化することが運命付けられている精原細胞を孵化稚魚に移植すると,この精原細胞は宿主卵巣内に取り込まれ,成熟を開始した。さらに,これらの宿主魚を成熟させた結果,精原細胞に由来する卵が生産され,次世代の作出が可能であった。以上から,魚類精原細胞は完全な性的可塑性を有していることを明らかにした。

【目次】
1. 生殖細胞の異種間移植技法
2. 精原細胞の移植
3. 移植精原細胞は宿主精巣内で機能的な精子を形成するか?
4. 精原細胞は卵に分化するか?
5. 精原細胞由来の卵の性染色体
6. 将来展望



--------------------------------------------------------------------------------

ニコチンの創傷治癒促進効果
Nicotine Effects on the Wound Healing of Skin

--------------------------------------------------------------------------------

森本尚樹(京都大学 大学院医学研究科 形成外科学 助手)
鈴木茂彦(京都大学 大学院医学研究科 形成外科学 教授)

喫煙は創傷治癒に悪影響があるとするものが多い。最近,ニコチンが血管新生を促進するとの報告があり,創傷治癒を促進する可能性が示された。筆者らの実験では,ニコチン1.0×10-4Mを皮膚全層欠損層に投与すると創傷治癒促進効果があった。ニコチンを局所投与すれば新たな潰瘍治療薬として使用できる可能性もあると考えられた。

【目次】
1. はじめに
2. ニコチンの性質
3. ニコチンの血管新生促進効果
4. マウス全層皮膚欠損創への局所投与
4.1 方法
4.2 創の面積および組織評価
5. おわりに



--------------------------------------------------------------------------------

遺伝子組換え植物工場
Plant Factory for GM Plant

--------------------------------------------------------------------------------

安野理恵((独)産業技術総合研究所 ゲノムファクトリー研究部門 植物分子工学研究グループ 研究員)
松村健((独)産業技術総合研究所 ゲノムファクトリー研究部門 植物分子工学研究グループ 研究グループ長)

Plant-madepharmaceuticals(PMPs;組換え植物由来医療用物質)に関する研究開発は,ラボレベルの試験研究から実用化へ向けた次のステップを踏み始めた。(独)産業技術総合研究所ではPMPs製剤化モデルシステムの構築を目指して,現在,パイロットプラントとなる「密閉型遺伝子組換え植物工場」施設の建設を進めている。本施設では,組換え植物の栽培から,それを原材料とする医薬品製剤化までの一連の工程を,閉鎖された同一施設内で実施するものである。本稿では,本システム開発のニーズとそのコンセプト,また建設中の植物工場施設の概要について紹介する。

【目次】
1. はじめに
1.1 PMPsの優位性,国内外における研究開発の現状
1.2 密閉型植物工場施設のニーズ
1.3 国内外における野菜工場の現状と技術開発
2. 密閉型遺伝子組換え植物工場施設の概要
2.1 遺伝子拡散防止対策(封じ込め対策)
2.2 汚染防止対策
2.3 交雑防止対策
3. イヌインターフェロン発現イチゴの開発
3.1 CaIFNの歯周病に対する効果
3.2 CaIFN発現イチゴの開発
4. おわりに



--------------------------------------------------------------------------------

BIO BUSINESS

--------------------------------------------------------------------------------

バイオチップの市場動向
Market of Biochip

--------------------------------------------------------------------------------


【目次】
1. 概要
2. 種類
2.1 DNAチップ
2.2 プロテインチップ
2.3 糖鎖チップ
2.4 細胞・微生物チップ
3. 市場規模
4. 企業動向
5. 開発・事業化動向
5.1 タカラバイオ
5.2 キリンビール
5.3 東洋紡
5.4 日立ソフトウェアエンジニアリング
5.5 理化学研究所
5.6 日立製作所
5.7 山武
5.8 その他

4,950円
特集:食品酵素の最新利用技術

--------------------------------------------------------------------------------
特集にあたって
--------------------------------------------------------------------------------

井上國世(京都大学 大学院農学研究科 食品生物科学専攻 酵素化学研究室 教授)
--------------------------------------------------------------------------------

微生物起源トランスグルタミナーゼの食品タンパク質加工への応用 -課題と改質例-
Improvement of Food and Food Protein by Microbial Transglutaminase

--------------------------------------------------------------------------------

添田孝彦(九州共立大学 工学部 生命物質化学科 教授)

Gln と Lys の側鎖間でのペプチド結合を可能とするタンパク質架橋重合化酵素 transglutaminase のゲル形成能について紹介する。 ゼラチンおよび WPC は熱に弱いという食品利用上の課題を有している。 また蓄肉練製品には現状以上のゲル形成能が求められている。 さらには蓄肉小片肉は蓄肉加工分野では有効利用されていない。 これらの肉を本酵素により接着し, 一枚肉に仕上げられれば蓄肉くず肉の食料資源の有効利用の面から貢献できる。

【目次】
1. はじめに
2. MTGとは
3. MTGの機能性
4. 食品タンパク質の改質と食品利用の具体例
4.1 WPC(乳ホエイタンパク質15))
4.2 ゼラチン
4.3 蓄肉ゲル
4.4 蓄肉片の接着
5. おわりに




--------------------------------------------------------------------------------

細菌ラクターゼの乳製品加工における利用
Application of Bacterial Lactase on Processing of Milk Product

--------------------------------------------------------------------------------

多田周作(大和化成㈱ 技術部 開発課)

食品産業には種々の微生物 (細菌, 酵母およびカビ) を起源とするラクターゼ製剤が利用されている。 しかし, その起源により酵素の性質は様々である。 本稿では, 細菌 Bacillus circulans 起源ラクターゼ製剤の特長を中心として, 食品として非常に価値の高い乳製品の加工における利用例を紹介する。

【目次】
1. はじめに
2. 牛乳・乳製品の食生活における重要性
3. ラクターゼ処理による乳製品加工の意義
4. 大和化成ラクターゼと他社ラクターゼの比較
5. ガラクトオリゴ糖の製造(ビオラクタの応用)
6. ラクターゼ処理牛乳の製造
6.1 低乳糖牛乳(ラクトレスの応用)
6.2 オリゴ牛乳(ビオラクタの応用)
7. おわりに



--------------------------------------------------------------------------------

微生物アミラーゼを用いるデンプン加工工業の問題点と今後の課題
Problems and Perspectives of Starch Manufacturing by Bacterial Amylases

--------------------------------------------------------------------------------

長谷川信弘(サンエイ糖化㈱ 生産課 技術係)
井上國世(京都大学 大学院農学研究科 食品生物科学専攻 酵素化学研究室 教授)

【目次】
1. はじめに
2. 日本におけるデンプン加工および甘味料製造の歴史
3. デンプン加工工業の歴史
3.1 デンプンからの水飴製造
3.2 デンプンの分解法
4. アミラーゼ利用
4.1 アミラーゼの歴史
4.2 日本国内のアミラーゼの需要量
4.3 アミラーゼの種類と利用法
4.3..1 水飴・ブドウ糖製造用アミラーゼ
4.3.2 各種オリゴ糖製造用アミラーゼ
5. アミラーゼ利用上での問題点
5.1 アミラーゼ利用の現状
5.2 アミラーゼ利用の問題点
5.2.1 原料デンプン
5.2.2 デンプン乳濃度
5.2.3 液化駅のDE(dextrose equivalent ; 還元糖をグルコースとみなして、他の固形分に対する比率)と糖化液糖組成
5.2.4 液化液pHと糖化液糖組成
5.2.5 糖化酵素添加量
5.2.6 異性化酵素
6. 今後の課題
6.1 加水分解酵素としての利用
6.1.1 食品素材としての水飴・ブドウ糖の製造 : コスト削減、生産性向上
6.1.2 バイオマスの分解
6.1.3 機能性食品(三次機能 : 生体調節機能)としてのオリゴ糖の製造
6.2 異性化酵素と異性化糖の製造(高果糖化)
6.3 糖転移酵素の利用
6.3.1 不安定物質の安定化・徐放性:医薬、化粧品、食品
7. おわりに


--------------------------------------------------------------------------------

ガラクトマンナナーゼを用いたコーヒー製品の品質改善
Quality Improvement of Coffee Products by Using Galactomannanase

--------------------------------------------------------------------------------

岩井和也(UCC 上島珈琲㈱ R&Dセンター)
福永泰司(UCC 上島珈琲㈱ R&Dセンター 課長)

コーヒー濃度の高い製品では, コーヒー由来の濁りや沈殿が発生する可能性が高く, その一因として多糖類が考えられる。 そこで酵素, 特にガラクトマンナナーゼに着目, 各種コーヒーの製造方法について研究を重ねた。 その結果, 経時的な保存における沈殿の発生を防止し, 製品の品質改善につながる製造方法が確立できた。
【目次】
1. はじめに
2. 酵素の利用
3. コーヒー濃度と酵素添加量の関係13)
4. 酵素とアルカリ剤の併用
5. 膜濃縮工程への応用
6. 香気成分の損失が少ない沈殿防止法17)
7. ディスペンサー用の濃縮コーヒーへの応用19)
8. おわりに



--------------------------------------------------------------------------------

プロテアーゼによるダイズタンパク質の消化分解と特性の改変
Protease catalyzed Digestion of Soy Proteins and Modification of the Protein chemical Properties of Soy Proteins

--------------------------------------------------------------------------------

井上國世(京都大学 大学院農学研究科 食品生物科学専攻 酵素化学研究室 教授)

【目次】
1. はじめに
2. 方法
2.1 実験材料および試薬
2.2 SPIのプロテアーゼによる分解反応の観察
2.3 SDS-PAGE
2.4 トリクロロ酢酸(TCA)沈殿放によるSPI分解活性の測定
2.5 目視による凝固時間(clotting time)の測定
2.6 分光光度計による濁度変化の測定
3. 結果
3.1 プロテアーゼによるSPIの低分子化に伴いゲル化と凝集物形成が起こる
3.2 SPIのプロテアーゼによる加水分解に伴い凝集物形成の経時変化8)
3.3 凝集物は第2相で生じるペプチド断片により起こる
3.4 SPI分割活性の測定
4. 今後の課題




--------------------------------------------------------------------------------

温州みかんの酵素処理によるβ クリプトキサンチンの高濃度化
Concentration of β Cryptoxanthin by Enzymatic Processing of Satsuma Mandarin

--------------------------------------------------------------------------------

向井克之(ユニチカ㈱ 中央研究所 マネージャー)
高柳勝彦(ユニチカ㈱ 中央研究所 主任研究員)

温州みかんの搾汁残さにβ クリプトキサンチンが多く含まれることを見出し, さらに食品加工用酵素で処理することによりβ クリプトキサンチンを高濃度化する技術を開発した。 この酵素処理温州みかんを経口摂取したところ, 温州みかんの生食に比較してβ クリプトキサンチンの取り込み効率の向上が認められた。 さらに, β クリプトキサンチンによる美白・骨粗鬆症予防・耐糖能改善への効果について検証した。

【目次】
1. はじめに
2. β-クリプトキトサンとは
3. 温州みかんの酵素処理によるβ-クリプトキトサンの高濃度化
4. 健常人への酵素処理温州みかんの投与によるβ-クリプトキトサンの血中への移行
5. β-クリプトキトサンの美白作用
6. 酵素処理温州みかんによる骨粗鬆症予防
7. 酵素処理温州みかんによる耐糖能改善
8. おわりに



--------------------------------------------------------------------------------

α-グルコシダーゼによるニゲロシル オリゴ糖の合成
The Production of Nigerosyl oligosaccharides by Glucosidase

--------------------------------------------------------------------------------

山本健(日本食品化工㈱ 研究所 研究一課 第2チーム チームリーダー)
藤本佳則(日本食品化工㈱ 研究所 研究一課 第1チーム チームリーダー)
山本幹男(日本食品化工㈱ 研究所 所長)

発酵食品など飲食物の芳醇なコク味を形成する重要な糖質として古くから知られているニゲロシル オリゴ糖を, アクレモニウム属のα グルコシダーゼの糖転移反応を有効に利用しデンプンから工業的に製造することが可能になった。 アクレモニウム属のα グルコシダーゼは, α 1,3 グルコシド結合に特異的な極めてユニークな酵素であった。

【目次】
1. はじめに
2. α-グルコシターゼとオリゴ糖合成
2.1 ニゲロシル-オリゴ糖を形成するα-グルコシターゼ5)
2.2 ニゲロシル-オリゴ糖の生成機構5)
2.3 ニゲロシル-オリゴ糖の工業的生産方法
3. おわりに




--------------------------------------------------------------------------------

シクロデキストリン分解酵素の酵素化学と食品科学技術への応用
Enzyme Chemistry of Cyclodextrin Hydrolase and Its Application to Food Science and Technology

--------------------------------------------------------------------------------

朴官和(ソウル大学 食品生命工学科 教授)李守馥(延世大学 食品栄養学科 準教授)

【目次】
1. 酵素化学
1.1 シクロデキストリン分解酵素の生化学的特性(基質特異性と作用機構)
1.2 シクロデキストリン分解酵素の三次構造およびオリゴマー化機構
1.2.1 N-端末ドメインが別に存在
1.2.2 二量体と多量体の存在
1.2.3 こうぞの活性部位のアミノ酸残基および幾何学的形態
1.3 糖転移反応
2. 産業的利用
2.1 イソマルトオリゴ糖の製造
2.2 アミロースの選択的分解による米デンプンの改変
2.3 アカボース(Acarbose)誘導体の合成
2.4 イソフラボンの糖転移




--------------------------------------------------------------------------------

BIO R&D

--------------------------------------------------------------------------------

二酸化炭素経皮吸収剤 「エコツージェル」-炭酸ガス療法の夜明け-
Carbon Dioxide Transdermal Absorption Agent eCO 2 GEL The Dawn of CO 2 Therapy

--------------------------------------------------------------------------------

田中雅也(ネオケミア㈱ 代表取締役)

水に溶解した二酸化炭素が経皮吸収されやすい性質を利用し, 高粘度のゲル内でこれを発生させ, ゲルの水に溶解させて経皮吸収される二酸化炭素経皮吸収剤技術を開発した。 二酸化炭素はヘモグロビンの酸素解離を促進し, 組織細胞が利用可能な酸素量を増大させることにより, 創傷治療や部分痩せ効果等を発揮すると考えられる。

【目次】
1. 二酸化炭素経皮吸収剤開発の目的
2. 二酸化炭素経皮吸収剤の効果
2.1 美容効果
2.2 治療効果
3. 経皮吸収二酸化炭素の作用メカニズム
3.1 血管拡張作用
3.2 組織中酸素分圧上昇作用
4. エコツージェルの二酸化炭素経皮吸収機構
5. エコツージェルの製剤学的特徴
6. 二酸化炭素経皮吸収技術の比較
7. 二酸化炭素経皮吸収技術の今後の展開

4,950円
特集:生理活性ペプチド

--------------------------------------------------------------------------------

カゼインドデカペプチドの発見と商品化
Discovery and Commercialization of Casein Dodecapeptide

--------------------------------------------------------------------------------

丸山進((独)産業技術総合研究所 生物機能工学研究部門 グループ長)

食品蛋白質のプロテアーゼ加水分解物から見出されたアンジオテンシンⅠ変換酵素阻害ペプチドを含有する食品が「血圧が高めの方の食品」の表示が許可された特定保健用食品として数多く商品化されている。その第一号として許可された飲料に配合されているカゼインドデカペプチドの発見から商品化について概説する。

【目次】
1. はじめに
2. アンジオテンシンⅠ変換酵素阻害ペプチド
3. カゼインドデカペプチドの発見から商品化へ
4. 他のACE阻害ペプチド
5. 他の生理活性ペプチド
6. おわりに




--------------------------------------------------------------------------------

食品由来ペプチドの腸管からの吸収特性
Mechanisms for the Intestinal Absorption of Food derived Peptides

--------------------------------------------------------------------------------

清水誠(東京大学 大学院農学生命科学研究科 応用生命化学専攻 教授)
孫動玉(東京大学 大学院農学生命科学研究科 応用生命化学専攻 博士課程)

経口摂取されたタンパク質やペプチドは腸管内のプロテアーゼや腸管上皮刷子縁膜のペプチダーゼによって分解され,様々なサイズのペプチドとなる。これらのペプチドの中には体内に吸収されて血圧上昇抑制,神経調節,免疫増強などの生理作用を示すと考えられるものがある。本稿では,これらのペプチドがどのようにして吸収されるのか,その機構について概説する。

【目次】
1. 腸管上皮のペプチド吸収経路
2. ペプチドトランスポーター
3. 細胞間経路
4. ペプチドの腸管上皮透過性の解析‐血圧降下性トリペプチドを例にとって‐
5. トランスポーターを介さないオリゴペプチドの細胞内輸送
6. おわりに




--------------------------------------------------------------------------------

経口摂取ペプチドの血中検出
Detection and Identification of Food derived Peptide in Blood

--------------------------------------------------------------------------------

佐藤健司(京都府立大学 人間環境学部 食保健学科 教授)
岩井浩二(日本ハム(株)中央研究所)
森松文毅(日本ハム(株)中央研究所)
佐藤典子(京都府立大学 人間環境学部 食保健学科)
井上美佐子(京都府立大学 人間環境学部 食保健学科)

【目次】
1. はじめに
2. ヒト末梢血に存在するコラーゲンペプチド
3. ピログルタミン酸ペプチドの吸収
4. 血液中の食事由来ペプチドの検出・分離法の改良
5. おわりに



--------------------------------------------------------------------------------

高効率ジペプチド工業製法の開発
Development of Efficient Dipeptide Manufacturing

--------------------------------------------------------------------------------

矢ヶ崎誠(協和発酵工業(株)生産技術研究所 主任研究員)
田畑和彦(協和発酵工業(株)バイオフロンティア研究所 研究員)
池田創(協和発酵工業(株)生産技術研究所 研究員)
橋本信一(協和発酵工業(株)生産技術研究所 所長)

アミノ酸が2分子連結した一群の化合物であるジペプチドは,優れた物性と多様な生理機能という特徴を持つ。この魅力的な機能を持つジペプチドを従来の方法よりも格段に低いコストと高い品質で生産できる全く新しい製造法を開発した。新規酵素の発見と工業製造法の開発について概説する。

【目次】
1. はじめに
2. アミノ酸
3. ジペプチド
3.1 物性の改善
3.2 新たな生理機能
3.2.1 血圧降下作用
3.2.2 抗潰瘍作用
3.2.3 保湿作用
3.2.4 呈味性
4. 従来のペプチド製造法
5. L‐アミノ酸α‐リガーゼの発見
6. ペプチド製造法の開発
6.1 菌体反応法
6.2 直接発酵法
7. おわりに




--------------------------------------------------------------------------------

醸造発酵物中の「コク味」の強いペプチド
Peptide with Strong KOKUMI in Fermented Seasonings

--------------------------------------------------------------------------------

山中智彦(味の素(株)食品カンパニー 調味料開発・工業化センター 第4グループ)

近年複合的な呈味として「コク味」が着目されている。現在までに「コク味」物質に関する研究は種々行われているが,醸造発酵物での「コク味」を示す物質に関する報告は見られない。そこで,小麦由来の醸造発酵物より単離・精製を通し,「コク味」を示す物質の探索を行い,構造の推定,呈味閾値測定,および構造活性相関を検討した。

【目次】
1. はじめに
2. 醸造発酵物の「コク味」
3. 「コク味」成分の探索
3.1 探索の手法
3.2 小麦グルテン醸造発酵物の開発
3.3 小麦グルテン醸造発酵物の「コク味」成分探索
3.4 Fr.C-2-⑧のコク味物質構造推定と呈味
3.5 醸造発酵食品におけるFr.C-2-⑧含量
3.6 まとめ
4. おわりに




--------------------------------------------------------------------------------

乳タンパク分解物CPP ACPと歯科領域におけるセルフケアツールとしての特定保健用食品「リカルデント」シリーズ
Casein Phosphopeptide amorphous Calcium Phosphate Nanocomplex(CPP ACP)of Milk Protein Digest, and the Recaldent TM Product Line of Food for Specified Health Uese Serving as a Selfcare Tool for Dental Health

--------------------------------------------------------------------------------

山井雅文(キャドバリー・ジャパン(株)科学技術本部 法規・学術グループ アクティングマネージャー)
飯島洋一(長崎大学 大学院医歯薬学総合研究科 医療科学専攻 社会医療科学講座 口腔保健学 助教授)
「リカルデント 」シリーズは,カゼインホスホペプチド‐非結晶リン酸カルシウム複合体(CPP‐ACP)の初期う蝕(脱灰)の抑制, 再石灰化増強(エナメル質へのミネラルの回復)およびその部位の耐酸性増強(酸への抵抗性の付与)に関する科学的根拠に基づき,2000年に日本で初めて「歯を丈夫で健康にする食品」として許可された特定保健用食品である。CPP‐ACPは歯面上に局在・滞留することにより,過飽和状態でも沈殿することなくリン酸カルシウムを持続的にエナメル質に供給する特徴を有している。本稿では,CPP‐ACPの構造と生理活性,初期う蝕(脱灰)の発生と再石灰化のメカニズム,およびリカルデントガムでのヒト試験での有効性に関する知見を中心とし,最近発表されたCPP‐ACP配合ガムを用いた疫学レベルの大規模な臨床試験の結果についても紹介する。リカルデントガムにおけるCPP‐ACPの再石灰化テクノロジーは,キシリトール(糖アルコール)などの代替甘味料による非う蝕誘発性や生体が有する唾液の機能よりも一層積極的に歯の健康増進効果をもたらすセルフケアツールとして期待される。

【目次】
1. はじめに(リカルデント、新規に耐酸性効果が承認された日本初の”歯を丈夫で健康にする”特定保健用食品)
2. 乳タンパク質由来のCPP-ACP(CACRN:691364-49-5)
3. 初期う蝕(脱灰)とミネラルの回復(再石灰化)
4. CPP-ACPの脱灰抑制・再石灰化増強メカニズム
5. リカルデントの再石灰化増強効果(ヒトin situ試験)
6. リカルデントによる再石灰化部位の耐酸性増強効果に関する新たな知見
7. おわりに‐最新の知見と展望




--------------------------------------------------------------------------------

L-カルノシン亜鉛錯体(ポラプレジンク)
Carnosin Zinc Complex(Polaprezinc)

--------------------------------------------------------------------------------

松倉武文(浜理薬品工業(株)企画部 主席部員)
抗潰瘍薬,結晶性L‐カルノシン亜鉛錯体(ポラプレジンク)と,その作用本体であるL‐カルノシンおよび亜鉛の生理・薬理作用を紹介する。L‐カルノシンと亜鉛は生体内物質であり,生体内で重要な働きを担っている。
At present, people see fogs, not because there are fogs, but because poets and painters have taught them the mysterious loveliness of such effects.-Oscar Wilde-

【目次】
1. はじめに
2. ポラプレジンクの化学構造
3. ポラプレジンクの発見と金属薬剤
4. ポラプレジンクの特異性
5. ポラプレジンクの作用機序
6. L-カルノシンと亜鉛
6.1 L-カルノシン
6.2 亜鉛
6.2.1 亜鉛と免疫とのかかわり
6.2.2 脳(神経)における亜鉛の役割
6.2.3 亜鉛の必須性と欠乏の指標
7. ポラプレジンクの新しい用途
8. おわりに




--------------------------------------------------------------------------------

アミノ酸連結酵素の探索とジペプチド合成への利用
Search for Amino Acid Ligase and Application to Dipeptide Synthesis

--------------------------------------------------------------------------------

木野邦器(早稲田大学 理工学部 応用化学科)
近代発酵工業の先駆けとなる画期的なグルタミン酸発酵プロセスが開発されてから, 今年はちょうど50年になる。代謝制御発酵法の開発によって多くのアミノ酸が安価に供給されるようになると,アミノ酸の用途開発も進み,食品のほか医薬品や化成品など多くの分野で利用されるようになってきた。一方,アミノ酸が酸アミド結合でつながったペプチドには,それを構成するアミノ酸にはない新たな物性や有用活性を有するものが数多く存在する。最近,日本を代表するアミノ酸メーカー2社が,相次いで画期的なジペプチド合成法を独自に開発してL‐アラニル‐L‐グルタミンの商業生産を開始するなど,アミノ酸をめぐる新たな動きが活発化してきた。本稿では,筆者らが実施しているL型およびD型の遊離アミノ酸を連結する酵素の探索と,それを利用したジペプチド合成法の開発について概説する。

【目次】
1. D-アミノ酸ペプチド
2. D-Alanine-D-Alanine ligaseとバンコマイシン耐性腸球菌
3. 各種微生物起源のDdlの高発現と基質特異性
4. 好熱性細菌由来TmDdlの特性解析
5. D-アミノ酸ジペプチド生産
6. L-アミノ酸ペプチド
7. 新規L-アミノ酸α‐リガーゼの探索
8. L-アミノ酸ジペプチドの合成
9. おわりに

--------------------------------------------------------------------------------

R&D
--------------------------------------------------------------------------------

STM分子探針を用いて核酸塩基配列を決定する-分子間電子トンネル効果による相補的核酸塩基ピンポイント可視化検出-
Complementary Base-pair- facilitated Electron Tunneling for Electrically Pinpointing Complementary Nucleobases

--------------------------------------------------------------------------------

大城敬人(東京大学 大学院理学系研究科 化学専攻 COE特任研究員)
梅澤喜夫(東京大学 大学院理学系研究科 化学専攻 教授)

STM 探針を核酸塩基分子で化学修飾して作製した核酸塩基分子探針を用いて,核酸塩基鎖対間の電子波動関数の重なりを介した分子間トンネル効果に基づき,相補的核酸塩基のみを単分子レベルでピンポイント的に可視化検出することに成功した。核酸塩基探針のもつ相補的核酸塩基の単一分子可視化検出能を用いることで,核酸塩基鎖の配列決定が可能となる。この分子間トンネル顕微鏡と呼べる分子探針による分析手法は,化学種選択性のある高分解能な生体分子のイメージング法として発展することが期待される。

【目次】
1. 研究背景
1.1 走査型トンネル顕微鏡による生体分子の観察
1.2 特定の原子・官能基を選別する”分子探針”の開発
2. 研究の概要
2.1 核酸塩基探針を用いて核酸塩基鎖を観察する
3. 実験の手順
3.1 核酸塩基分子探針の作製
4. 核酸塩基探針による相補的核酸塩基を選択的に選別
4.1 分子間トンネル効果に基づく相補的核酸塩基を選択的に選別
4.2 分子間トンネル効果に基づく核酸塩基鎖中の相補的核酸塩基の可視化検出
5. 分子探針の今後の展開と課題
5.1 核酸塩基分子探針の用途・応用
5.2 STM分子探針の持つ可能性




--------------------------------------------------------------------------------

尿細管上皮細胞を利用したバイオ人工腎
Bioartificial Kidney Using Tubular Epithelial Cells

--------------------------------------------------------------------------------

斎藤明(東海大学 医学部 腎・代謝内科 教授)

腎臓代替治療である間欠的血液透析は濾過機能を不完全に代行するが,尿細管の代謝機能は全く代行していない。したがって,腎不全患者は多くの合併症に苦しんでいる。そこで,中空糸膜内面に尿細管上皮細胞の単層を形成して,腎不全患者血液濾過液をその内腔を通し,水分や有用物質を代謝,再吸収させ,より完全な腎臓代替え治療の確立を目指した。先ず,種々の尿細管上皮細胞と人工膜の接着能や増殖能を検討した。そして,porcineの近位尿細管上皮細胞を膜面積 0.4m 2 のpolysulfone中空糸膜に生着させ,水,Na,グルコースなどの能動輸送能とその持続期間などを評価した。次に,物質の輸送能を向上させるために,LLC PK1細胞に水チャネルの1つであるaquaporin1遺伝子導入をして細胞膜へのタンパクの発現を亢進させ,水輸送能が2~3倍に増加することを確認した。ヒト近位尿細管上皮細胞HK2を用いてマトリックス非coatingのpolysulfone,polyimide,ethylene vinyl alcohol copolymer(EVAL)各膜への接着・増殖能を検討した結果,polyimide, EVAL膜では,collagenなどのcoatingなく,直接接着・増殖することが明らかとなった。現在,初代ヒト近位尿細管細胞を遺伝子技術を用いて可逆的な不死化をさせ,治療に必要な大量の細胞を得る技術を確立している。

【目次】
1. はじめに
2. バイオ人工腎臓システムの構築
3. 近位尿細管上皮細胞を中空糸内面にコンフルエントに生着させたバイオ人工尿細管の開発
3.1 人工膜への尿細管上皮細胞細胞形態の定量化の接着・増殖と細胞接着モジュールの能動輸送能の研究
4. ヒトの腎臓細胞を利用したバイオ人工腎臓の開発
4.1 ヒト近位尿細管上皮細胞利用の課題
5. バイオ人工腎の今後の展開
6. おわりに

BIOINDUSTRY(バイオインダストリー) 雑誌の内容

バイオテクノロジーの工業化に関する技術情報、市場情報を 満載
あくまでインダストリアルな視点で、バイオにおける研究開発のシーズを鋭く掘り起こし、応用分野におけるニーズに結びつけるということを編集の主眼においています。バイオにおける研究開発、技術開発、製品開発、市場展望、企業動向、産業へのインパクトに焦点をあてた画期的なバイオ専門誌です。

BIOINDUSTRY(バイオインダストリー)の無料サンプル

2010年10月号 (2010年09月12日発売)
2010年10月号 (2010年09月12日発売)をまるごと1冊ご覧いただけます
サンプルを見る

BIOINDUSTRY(バイオインダストリー)を買った人はこんな雑誌も買っています!

テクノロジー・科学 雑誌の売上ランキング

1 Newton(ニュートン)

ニュートンプレス.

Newton(ニュートン)

2021年11月26日発売

目次:
Newton Special

“究極の理論”の最有力候補はどこまでできあがっているか?

超ひも理論

監修 松浦 壮

執筆 前田 武,中野太郎



2021年に生誕100周年をむかえた南部陽一郎博士が提唱した「弦理論」は,物理学の“究極の理論” の最有力候補として知られる「超ひも理論(超弦理論)」へと進化した。超ひも理論の基礎から最新研究まで,まとめて解説する。

Newton Special(2)

「世界一美しい式」がゼロからわかる

オイラーの等式

多くの科学者や数学者が「世界一美しい式」と称賛する式がある。「オイラーの等式」とよばれる「eiπ+1=0」だ。オイラーの等式のすばらしさにせまっていこう。

監修 小山信也
執筆 山田久美

FOCUS Plus

気象学

台風の脅威を減らし,恵みに変える「タイフーンショット計画」が始動

協力 筆保弘徳

執筆 今井明子

Super Vision

世界最大級の模擬宇宙

協力 石山智明

執筆 中野太郎

Topic

「科学的」とは何だろうか?

科学と疑似科学の境界を探り,科学的考え方を身につける

監修 伊勢田哲治

執筆 福田伊佐央

Topic

眠りを変える技術「スリープテック」

世界が注目する,快眠にみちびく最新テクノロジー

監修 栗山健一

協力 樋江井哲郎

執筆 山本尚恵

Topic

スマホ依存になっていませんか?

使う時間と場所を自分で制御できない心の病

監修 髙橋英彦

執筆 福田伊佐央

Nature View

海の王者サメ

独自の進化が生んだ特殊な体と生態

監修 田中 彰

執筆 薬袋摩耶

Topic

地球が好きになる岩石図鑑

石には地球の歴史が詰まっている

監修 西本昌司

執筆 中作明彦

Topic

宇宙飛行士の訓練


宇宙飛行士に求められる資質や能力とは?

監修 柳川孝二

執筆 北原逸美

参考価格: 1,190円

驚きと興奮のサイエンスマガジン 『ニュートン』

  • 2021/10/26
    発売号

  • 2021/09/25
    発売号

  • 2021/08/26
    発売号

  • 2021/07/26
    発売号

  • 2021/06/24
    発売号

  • 2021/05/26
    発売号

2 天文ガイド

誠文堂新光社

最大
50%
OFF

天文ガイド

2021年11月05日発売

目次: 特集「きわめて皆既に近い11月19日部分月食を見よう!」:皆既に近いほど大きく欠ける11月19日の部分月食。5月26日の皆既月食が悪天候だったこともあり、今回の月食に要注目です。月食の概要、月食のしくみ、今回特に注目したい観察ポイント、月食画像のレタッチまでを紹介。ほか、10月15日木星衝突閃光速報、年末に3等級となるレナード彗星の最新予報、小惑星ファエトンの恒星食観測成功レポートを紹介します。

定期購読(【月額払い】プラン)なら1冊:550円

毎月の天文現象と、新製品のニュースをお伝えします。

  • 2021/10/05
    発売号

  • 2021/09/03
    発売号

  • 2021/08/05
    発売号

  • 2021/07/05
    発売号

  • 2021/06/05
    発売号

  • 2021/05/06
    発売号

3 日経サイエンス

日経サイエンス

最大
24%
OFF
送料
無料

日経サイエンス

2021年11月25日発売

目次: 【特集:地球防衛】
危険な小惑星にどう向き合うか
100年に1回の衝突を見逃さない ほか
-----------------------------------------------------------------
創刊50周年企画:科学の50年 そして現在
極限微生物が変えた進化観 深海に探る生命の起源
-----------------------------------------------------------------
吃音症はなぜ起こるのか 神経科学が示す治療の糸口

ジェームス・ウェッブ宇宙望遠鏡 ついに開眼へ

太古のマントル岩石にCO2封印 中東オマーンで実験開始
-----------------------------------------------------------------

★このほかにも魅力的な記事がいっぱいあります。

◇SCOPE
エキノコックス なぜ日本に?/国産ワクチン開発 今後の課題は/
CO2でCO2吸収材料を作る/小笠原諸島発 軽石1300kmの旅

◇ADVANCES
自転の変化が大気酸素化に影響/原子1層の極薄磁石/泡の力/昔のイヌの食生活/
生命体センサー/記録破りの山火事/クジラの声をつかめ/ニュース・クリップ/
マイクロプラごみ掃除機 ほか

◇From Natureダイジェスト:1~2年でコロナ再感染のリスク

◇新連載! 数楽実験室 マテーマティケー:斜めに見る

◇ヘルス・トピックス:ウルシかぶれに救いの手

◇パズルの国のアリス:勝率の履歴

◇BOOK REVIEW
『なぜ心はこんなに脆いのか』 鈴木光太郎
『ヒトはなぜ「がん」になるのか』 中西真人
<連載>森山和道の読書日記 ほか

◇サイエンス考古学

◇今月の科学英語

定期購読(3年プラン)なら1冊:1,121円

科学の「先端」「発見の快感」を伝える一般向けの総合科学誌

  • 2021/10/25
    発売号

  • 2021/09/25
    発売号

  • 2021/08/25
    発売号

  • 2021/07/26
    発売号

  • 2021/06/24
    発売号

  • 2021/05/25
    発売号

4 ナショナル ジオグラフィック日本版

日経ナショナル ジオグラフィック社

最大
34%
OFF
送料
無料

ナショナル ジオグラフィック日本版

2021年10月29日発売

目次: 【特集】
●世界を驚かせた考古学の発見100
過去2世紀ほどで、人類の歴史に対する理解は一気に深まった。そのきっかけが、考古学の誕生だ。世界各地で遺跡や遺物が次々に見つかり、調査手法が進歩するにつれて、先人の物語が解明されてきた。
●エチオピアの苦悩
エチオピアの内戦は多くの避難民と犠牲者を生み、人道的な危機を招いている。
●南極の海の生命を守る
海氷が解け、オキアミ漁船が増える南極半島沖。海洋保護区の設立が急がれる。
●地球最南端の木
地上に数多く生える木の最南端はどこか?その疑問を解く冒険が始まった。
●長い旅が教えたこと
人類の拡散ルートをたどる徒歩の旅は、貴重な教訓を与えてくれている。

【コラム】
●PROOF 世界を見る「道場の熱気を記録する」
インドの伝統的な格闘技「クシュティ」。写真家の龍神孝介は道場を訪れ、厳しい稽古に励む選手たちの鍛え抜かれた肉体と真摯な姿勢に圧倒された。そして、近代化で失われつつある伝統を記録する重要さを、改めて感じている。
●EXPLORE 探求するココロ
「衝突した鳥を突きとめる」「ハイイログマの顔認識」「カラフルなゴキブリ」「花で眠るハチ」「プラネットポッシブル」

●読者の声
●もっと、ナショジオ
●テレビでナショジオ
●次号予告
●日本の百年「木炭を運ぶ女性」
●今月の表紙:考古学が学問分野として誕生して以来、人類の知られざる歴史に光を当てる遺跡や遺物が世界各地で発見されてきた。

参考価格: 1,210円 定期購読(3年プラン)なら1冊:794円

テレビや新聞では報道されない、世界の“いま”を知ることができます。

  • 2021/09/30
    発売号

  • 2021/08/30
    発売号

  • 2021/07/30
    発売号

  • 2021/06/30
    発売号

  • 2021/05/28
    発売号

  • 2021/04/30
    発売号

5 環境ビジネス

日本ビジネス出版

最大
2%
OFF
送料
無料

環境ビジネス

2021年09月15日発売

目次: 第6回 トップリーダーに訊く
三菱ふそうトラック・バス株式会社
代表取締役社長 最高経営責任者(CEO)ハートムット・シック氏

【特集1】製造業で加速する脱炭素の流れ

脱炭素対策は“リスク回避”というより“機会獲得”の有効手段
みずほリサーチ&テクノロジーズ

少なくとも産業界の CO.、 90%削減 国を挙げて取り組む「工場脱炭素戦略」
駐日英国大使館 公使参事官

政策ツールを総動員し、製造業を含め産業界全体を後押し
経済産業省

企業の脱炭素を促進 工場・事業場における環境設備の導入に 1/3補助
環境省

他社に先駆けた取組みでビジネスチャンスを掴む
恩田金属工業

グリーンスチール実現に向け、製造プロセス自体の変革を
ティッセンクルップ・ジャパン


【特集2】製造業に課せられる脱炭素対策

再エネ電化・非化石燃料化が責務に 工場の脱炭素操業と省エネ
環境ビジネス編集部

化石エネルギー源に依存した熱源と廃熱の利活用をエネルギーマネジメント
環境ビジネス編集部

事業の持続的発展には環境と経済の両視点が必要
紅屋ホールディングス

蓄電システムの普及で再エネの拡大・安定化を
エネマン

太陽光発電× NAS電池の導入で脱炭素化と BCPを同時に実現
山一電機

大容量のエネルギーシフトを可能にする NAS電池
日本ガイシ

脱炭素へ向け、“潤滑油で省エネ”の発想
EMGルブリカンツ

【東京ゼロエミッションえの道】
2030年カーボンハーフ実現に向けて全庁一丸となって脱炭素行動を推進
東京都 環境局長

イノベーションを加速させ、持続可能な資源利用の実現を目指す
東京都 環境局 資源循環推進部


【FOCUS】
国産木質バイオマス発電のエフオンが電力小売事業に参入
エフオン

戦略的アライアンスで脱炭素社会の実現を目指す
長瀬産業

顧客の要望に対応し、カスタマイズした架台を提供
安泰ソーラー

脱炭素経営が求められる背景とその実践
香川県

気候変動リスクに備える適応策とは
香川県

【TOPICS】
CO2の有効活用に光明 メタネーション装置

「仙台 事業構想大学院」が来春開設

【特集3】ゼロエミッション工場を実現する先進工場事例


脱炭素化は地球でビジネスを行う上でのライセンス
サントリー

グリーバルで CO.排出ゼロの工場づくりを目指す
パナソニック

グローバルで 2035年自社工場のカーボンニュートラルを発表
トヨタ

環境に配慮した商品づくりを目指す 長期ビジョン達成へ、工場の脱炭素化を推進
カルビー

【特別企画】全国各地で開発が進む洋上風力発電
国は初の選定事業者に浮体式洋上風力を選定
環境ビジネス編集部

全国各地の案件形成を加速させ洋上風力の有望区域選定を増やす
環境ビジネス編集部

全国各地で進む洋上風力発電事業の開発には巨額投資の継続性が不可欠
デロイトトーマツコンサルティング

次世代ネットワークに転換し大量導入の課題である送電容量を確保
資源エネルギー庁

【巻頭グラビア】
発電プラント屋上のレクリエーション場「 CopenHill」

藻類で空気清浄する遊び場「 AirBubble」

【イベント・フォーラム・シンポジウム】
第22回環境ビジネスフォーラム~工場・ビル・施設の脱炭素化

【COLUMN】
Environment★Entertainment 映画「 MINAMATA」


未来海図
日清食品ホールディングス

Circular Economy リーディングカンパニーの挑戦
ヴェオリア・ジャパン

2050年脱炭素社会の現場
ジャーナリスト桃田健史氏

日本文明を環境から解き明かす 第17回「家康の隠居地・駿府の謎」
元国土交通省河川局長竹村公太郎氏

リーガルチェック!
株式会社タイムマシーンアンダーライターズ稲田行祐氏/シティユーワ法律事務所齋藤崇氏

Carbon Neutral Designer's File
空港施設

GREEN CREATIVE TRANSFORMATION
Looop

GREEN ECONOMY
国際協力銀行佐藤勉氏

マダニが媒介する新興感染症の脅威
国立環境研究所五箇公一氏

森田正光の一体何が問題なの!?
気象予報士森田正光氏

Offshore Wind
日本気象名川広志氏

洋上風力発電を成功に導くために
渋谷潜水工業 渋谷正信氏

GREEN ESSAY
在独ジャーナリスト田口理穂氏

参考価格: 1,324円 定期購読(1年プラン)なら1冊:1,300円

環境推進のための実務誌

  • 2021/06/15
    発売号

  • 2021/03/15
    発売号

  • 2020/12/15
    発売号

  • 2020/09/15
    発売号

  • 2020/06/15
    発売号

  • 2020/03/16
    発売号

6 Nature(個人購読専用)

ネイチャー・ジャパン株式会社

最大
93%
OFF
送料
無料

世界No.1総合科学ジャーナル 『Natureで、最先端の科学に出会う!』

  • 2018/04/05
    発売号

  • 2018/03/01
    発売号

  • 2018/02/01
    発売号

  • 2018/01/04
    発売号

  • 2017/12/07
    発売号

  • 2017/11/02
    発売号

7 月刊星ナビ

アストロアーツ

送料
無料

月刊星ナビ

2021年11月05日発売

目次: 特別付録は毎年恒例「星空カレンダー2022」。特集では、赤い星雲「HII領域」の魅力に迫ります。11月19日の「部分月食直前ガイド」も掲載。

★表紙画像
ハッブル宇宙望遠鏡が撮影した「オリオン大星雲」の核心部です。中心にある若い恒星「トラペジウム」を真っ赤な「HII領域」が取り囲んでいます。

★綴じ込み特別付録 星空カレンダー2022
毎年恒例のカレンダーが特別付録。表紙の「ピンクムーンとスカイツリー」が目を惹きます。雪景色とオリオン、桜、蛍など、過去1年間の「星ナビギャラリー」掲載作から季節感あふれる9点をピックアップしました。

★魅惑の赤い星雲 ときめくHII領域
オリオン大星雲やばら星雲など、赤く輝く姿が魅力的な「HII領域」。見ても撮っても楽しい天体ですが、どんな天体か知ることでもっと楽しめるはず。プライベートで天体撮影も楽しむ天文学者が、その天文学的な魅力を解説します。

★君と過ごす眠れない夜 能登の星が結ぶ高校生2人の物語『君は放課後インソムニア』
『週刊ビッグコミックスピリッツ』で連載中の高校天文部マンガ『君は放課後インソムニア』。作中で登場する天文台や天体写真、カメラなどがリアルに描かれているのが特徴です。作者へのインタビューをもとに、天文ファン的な作品の魅力を紹介。

★Deepな天体写真 市街地で星雲撮影3 アクロマート三連装で星雲撮影
天体望遠鏡は口径が大きい方が解像度的にも集光力的にも有利ですが、大きな望遠鏡は値段も高いもの。一般的には天体撮影に不向きとされるアクロマート屈折望遠鏡を「三連装」にして、星雲撮影に使う試みとはいかに。

★ステライメージLiteを現役高専生が使ってみた
今年7月に発売された天体画像処理ソフト「ステライメージLite」。どんなことができるのか、フル版との違いは?など気になるポイントを、天文ファンの現役高専生が実際に使ってみました。

★エーゲ海の風 第26回 ギリシア神話とローマ神話の密な関係
ギリシア神話とローマ神話には、名前が異なっても同じ性質を持つ神が多く存在しています。神話の起源や惑星との関係など、2つの神話の密接な関係を辿ります。

参考価格: 960円

星空の楽しみ方を提案する新しいスタイルの情報誌

  • 2021/10/05
    発売号

  • 2021/09/03
    発売号

  • 2021/08/05
    発売号

  • 2021/07/05
    発売号

  • 2021/06/05
    発売号

  • 2021/05/06
    発売号

8 印刷雑誌

印刷学会出版部

送料
無料

印刷雑誌

2021年11月19日発売

目次: 特集 絵本のリアルな世界
最近の絵本事情 〔松岡由紀〕
絵本のできるまでと海外展開〔森本英樹,山口貴毅〕
(48)絵本作家の魅力〔田渕健一〕
想いのこもった本と人をつなぐ〔大内達也,森岩拓子〕

技術情報
コンパクトなシール・ラベル用オフセット機 ─ ミヤコシ ─
新しいクラスのオフセット印刷機 ─ ハイデルベルグ・ジャパン ─
新製品紹介
教育,読者,包材,VR ─ 大日本印刷,凸版印刷,共同印刷 ─

デザイン・文化・歴史
デザインと印刷の世界
文字もじMOJIの世界(51)文字校正のいま・みらい〔下重一正〕
近代日本の印刷技術書探訪(34)『最新石版印刷開業案内』(1)〔松浦広〕
デジタル印刷へのデザイナーの呟き(3)面白くなってきた「ホワイトナーの力」〔鈴木順子〕

業界動向
脱炭素社会に向けて ─ 日本WPA,久栄社,文星閣 ─
印刷界展望
オンライン進行の良さ ─ 文伸,上新電機,総合商研 ─
業界再起動へ 日本印刷学会
ルーペ

連載エッセイ
欧州パッケージ紀行(3)スイス・記念セットのパッケージ〔猪俣吉春〕
デジタル出版よもやま話(252)〔植村八潮〕

海外情報
パッケージと大判化対応 ─ マンローランド・シートフェッド ─
ワールドニュース



印刷雑誌2021年(第104巻) 主要記事

100年近く積み上げた信頼の誌面 印刷・デザイン・出版の未来を見つめる技術情報誌

  • 2021/10/20
    発売号

  • 2021/09/17
    発売号

  • 2021/08/20
    発売号

  • 2021/07/20
    発売号

  • 2021/06/24
    発売号

  • 2021/05/20
    発売号

9 電気計算

電気書院

送料
無料

電気設備の保守管理。電験・管理士受験指導

  • 2021/10/12
    発売号

  • 2021/09/10
    発売号

  • 2021/08/12
    発売号

  • 2021/07/12
    発売号

  • 2021/06/11
    発売号

  • 2021/05/12
    発売号

BIOINDUSTRY(バイオインダストリー)の所属カテゴリ一覧

日本最大級の雑誌取り扱い数!
定期購読の利用数100万人以上!
定期購読とは
雑誌を予約することで毎号ご自宅へお届けします!売り切れの心配なし♪
もっと詳しく ▶︎
タダ読みサービス
無料で雑誌が読み放題♪今日発売のあの雑誌も。
もっと詳しく ▶︎
法人サービス
雑誌を年間5万円以上ならお得な法人プレミアムサービスで!
もっと詳しく ▶︎
アフィリエイト
あなたのサイトで雑誌をおすすめしてみませんか?
もっと詳しく ▶︎
カテゴリ一覧
女性ファッション 雑誌
きれいめ・大人カジュアル系 雑誌 モード系・コレクション 雑誌 フェミニン系 雑誌 ママ・主婦 雑誌 コンサバ系 雑誌 ナチュラル系 雑誌 カジュアル系 雑誌 オフィスカジュアル 雑誌 子ども・キッズファッション 雑誌 ガーリー系 雑誌 ティーンズファッション 雑誌 原宿系 雑誌 着物・和服 雑誌 ギャル系 雑誌 セレブ系 雑誌 森ガール系 雑誌
メンズファッション 雑誌
メンズきれいめカジュアル 雑誌 モノ・グッズ 雑誌 メンズカジュアル 雑誌 ストリートファッション系 雑誌 スーツ・トラッド系 雑誌 アメカジ 雑誌 オラオラ系・お兄系 雑誌 腕時計・ブランド 雑誌 古着系 雑誌
ビジネス・経済 雑誌
経営・マネジメント 雑誌 海外事情・国際ニュース 雑誌 政治 雑誌 マネー・投資 雑誌 ビジネス・経済専門誌 求人・転職情報誌 法律・法務 雑誌 環境・エネルギー 雑誌 広告・マーケティング 雑誌 流通・小売 雑誌 人事・総務 雑誌 四季報 外食・ホテル業界 雑誌 会計・税務・経理 雑誌 農業・畜産・漁業 雑誌 飲食店経営・調理師 雑誌 金融 雑誌 貿易 雑誌 地方自治・行政 雑誌 起業・独立開業 雑誌 企業年鑑・データ 業界データブック 自己啓発 雑誌 ビジネスCD・通信教育 株・FX 雑誌 就職・就活 雑誌
健康・生活 雑誌
子供・児童学習 雑誌 子育て・育児 雑誌 家事・生活情報 雑誌 健康・家庭医学 雑誌 住宅・リフォーム 雑誌 住宅情報・賃貸 雑誌 インテリア・雑貨 雑誌 田舎暮らし・エコ・スローライフ 雑誌 結婚情報・ウェディング 雑誌 絵本・大型絵本 妊婦・赤ちゃん 雑誌
スポーツ 雑誌
サッカー・フットサル 雑誌 高校野球・プロ野球 雑誌 ゴルフ 雑誌 その他球技・競技 雑誌 釣り 雑誌 相撲・武術・武道 雑誌 筋トレ・ボディビル 雑誌 ダイビング・マリンスポーツ 雑誌 スノーボード・スキー 雑誌 ランニング・ウォーキング 雑誌 テニス・卓球 雑誌 バレエ・社交ダンス 雑誌 スポーツ医学・コーチング 雑誌 自転車・サイクリング 雑誌 サーフィン・ボディーボード 雑誌 バスケットボール 雑誌 F1・モータースポーツ 雑誌 ダンス 雑誌 プロレス・格闘技 雑誌 ボクシング 雑誌 水泳・ボート 雑誌 ラグビー・アメフト 雑誌
バイク・自動車・乗り物 雑誌
オートバイ 雑誌 カスタムカー・バイク 雑誌 外車・輸入車 雑誌 4WD・RV 雑誌 新車・ニューモデル情報 鉄道・電車 雑誌 飛行機・航空機 雑誌 中古車・中古バイク 雑誌
芸能・音楽 雑誌
テレビガイド・番組表 雑誌 音楽情報誌 エンタメ 雑誌 DVD(ビデオ)マガジン 映画・シネマ 雑誌 韓国(韓流・K-POP) 雑誌 ピアノ・クラシック 雑誌 ギター・ロック 雑誌 演劇・舞台 雑誌 洋楽 雑誌 ジャズ(JAZZ) 雑誌 ジャニーズ 雑誌 グラビア・アイドル 雑誌 写真週刊誌・ゴシップ 雑誌 写真集
グルメ・料理 雑誌
レシピ 雑誌 グルメガイド・レストラン 雑誌 お酒(ワイン・日本酒など) 雑誌 栄養学・食育 雑誌 パン・スイーツ 雑誌
旅行・タウン情報 雑誌
京都・関西 雑誌 関東 雑誌 東京(TOKYO) 雑誌 九州 雑誌 東海 雑誌 東北 雑誌 北海道 雑誌 北陸・信越 雑誌 中国地方 雑誌 四国 雑誌 沖縄情報 雑誌 旅行情報誌 温泉 雑誌 リゾート・レジャー 雑誌 タイ・アジア 雑誌 ハワイ 雑誌 その他 海外情報 雑誌 鉄道・バス時刻表本 航空時刻表
アニメ・漫画 雑誌
少年コミック・漫画 少女コミック・漫画 青年コミック・漫画 レディース(女性)コミック アニメ 雑誌 声優 雑誌 comics&アメコミ ディズニー・キャラクター 雑誌 コスプレ 雑誌 BL(ボーイズラブ)コミック・雑誌
ペット・動物 雑誌
犬 雑誌 猫 雑誌 トリマー・ペット業界 雑誌 魚・熱帯魚 雑誌 昆虫 雑誌 ペットその他 雑誌
文芸・総合 雑誌
女性総合誌 男性総合誌 カルチャー・文化 雑誌 文芸誌・小説 雑誌 時事・社会 雑誌 機内誌 宗教 雑誌 歴史・史学 雑誌 思想・心理学 雑誌 俳句・短歌・詩 雑誌 占い・開運 雑誌 書道 雑誌
趣味・芸術 雑誌
デザイン・アート 雑誌 プラモデル・模型 雑誌 ガーデニング・園芸 雑誌 手芸・ハンドメイド 雑誌 パズル・クイズ 雑誌 ナンプレ・数独 雑誌 クロスワード・ナンクロ 雑誌 ミリタリー・サバゲー 雑誌 競馬・競輪・競艇 雑誌 オーディオ・ステレオ 雑誌 アウトドア・キャンプ 雑誌 カメラ・写真 雑誌 分冊百科・ワンテーママガジン 将棋・囲碁 雑誌 イラスト・グラフィックデザイン 雑誌 建築・住宅建築 雑誌 陶芸・骨董 雑誌 ラジオ・無線 雑誌 ゲーム 雑誌 フィギュア・ホビー 雑誌 DIY・工具 雑誌 パチンコ・パチスロ 雑誌 ハイキング・登山 雑誌 麻雀 雑誌
ヘアカタログ・美容 雑誌
メイク・ネイル 雑誌 フィットネス 雑誌 ヘアスタイル 雑誌 ヨガ 雑誌 美容専門誌 ダイエット 雑誌 アロマ 雑誌
看護・医学・医療 雑誌
ナース 雑誌 介護・福祉 雑誌 医療技術 雑誌 薬学 雑誌 臨床外科 雑誌 臨床内科 雑誌 医療時事 雑誌 歯科 雑誌 獣医学 雑誌 理学療法 雑誌 その他 医学雑誌
教育・語学 雑誌
その他 NHKテレビ・ラジオテキスト NHK語学テキスト 幼児教育 雑誌 小学生教育 雑誌 中学教育 雑誌 高校教育 雑誌 受験・留学 雑誌 試験問題集・資格 雑誌 日本語学習 教材 ハングル・韓国語学習 教材 中国語学習 教材 リスニング教材・語学CD 英語教育・英会話 教材 フランス語学習 教材 ドイツ語学習 教材 スペイン語学習 教材 その他 語学雑誌 教員・教師 雑誌 通信・教育講座
テクノロジー・科学 雑誌
宇宙・天文 雑誌 機械 雑誌 化学 雑誌 情報処理 雑誌 地球科学・環境問題 雑誌 生物・生物学 雑誌 数学・物理 雑誌
パソコン・PC 雑誌
コンピューター・自作PC 雑誌 ネットワーク・セキュリティ 雑誌 Webデザイン・プログラミング 雑誌 DTP・グラフィック 雑誌 アプリ・スマホ 雑誌 インターネット 雑誌 Mac・マック 雑誌
新聞・業界紙
英字新聞 業界新聞・専門紙 新聞縮刷版 切り抜き・クリッピングマガジン 全国紙(新聞) 中国語 新聞・業界紙 地方紙(新聞)
洋(海外)雑誌
English newspaper Science&Nature Magazines Language&Education Magazines Money&Business& Magazines Fashion&Style Magazines others Design&Architecture Magazines Hobby&Entertainment Magazines Home&Interior Magazines Computers&Electronics Magazines バイリンガルマガジン・雑誌
中国雑誌
中国 ビジネス・経済 雑誌 中国 旅行・タウン情報 雑誌 中国 趣味・芸術 雑誌 中国 看護・医学 ・医療 雑誌 中国 文芸・総合 雑誌 中国 教育・語学 雑誌 中国 テクノロジー・科学 雑誌 中国 スポーツ 雑誌 中国 ファッション 雑誌 高等文化院校学報 高等理工学院学報 中国 バイク・車・乗り物 雑誌 中国 健康・生活 雑誌 中国 学生・こども向け 雑誌
その他
その他 雑誌