• 雑誌:アナログ(analog)
  • 出版社:音元出版
  • 発行間隔:季刊
  • 発売日:[紙版]1,4,7,10月の3日  [デジタル版]1,4,7,10月の5日
  • サイズ:A4
  • 参考価格:[紙版]1,680円 [デジタル版]1,600円
  • 雑誌:アナログ(analog)
  • 出版社:音元出版
  • 発行間隔:季刊
  • 発売日:[紙版]1,4,7,10月の3日  [デジタル版]1,4,7,10月の5日
  • サイズ:A4
  • 参考価格:[紙版]1,680円 [デジタル版]1,600円

アナログ(analog) vol.29 (発売日2010年09月15日)

音元出版
特集:今年注目の真空管アンプ・集中試聴!詳しくは下記目次欄をご覧下さい。

アナログ(analog) vol.29 (発売日2010年09月15日)

音元出版
特集:今年注目の真空管アンプ・集中試聴!詳しくは下記目次欄をご覧下さい。

ご注文はこちら

2010年09月15日発売号単品
  • 売り切れ
キャンペーン
定期購読でご注文
最大
12%
OFF
1,483円 / 冊
2023年12月28日発売号から購読開始号が選べます。
「オーアナログオーディオ&ゆとりライフ! 最新号・バックナンバーもご購入可能です!<オールカラー>

アナログ(analog) vol.29 (発売日2010年09月15日) の目次

●良い音を手に入れる!10万円以下のカートリッジ研究!!

様々な音を気軽に楽しめ、聴くたびに新しい発見をもたらしてくれるカートリッジ。

オーディオファンであれば、コレクションやお気に入りのレコードを聴くためのベストモデルなど、こだわりは誰しも持っていることだろう。

今回の特集では、この秋のアナログプランを充実させる10万円以下のカートリッジを研究します。

・SHURE「M97XE」

・AUDIO-TECHNECA「AT-F7」

・DENON「DL-103R」

・GRADO「Statement Platinum1」

・NAGAOKA「MP-300」

・DYNAVECTOR「10X5」

・LINN「ADIKT」

・GOLDRING「EROICA GX」

・CLEAR AUDIO「Aurum Alpha」

・ORTOFON「MC-20W」

・BENZ MICRO「ACE SL」

・PHASETECH「P-3 Alexandrite」


●注目の真空管アンプ!集中試聴!!

きらめく灯りの醸し出すノスタルジックなイメージとは裏腹に、現代の真空管アンプは先鋭化が進んでいる。

半導体では実現できないサウンドを求め、内外のメーカーがしのぎを削っている。

最新モデルを中心に、2010年の注目真空管アンプを紹介します。

・PRE AMPLIFIRE「G-70」

・PREMAIN AMPLIFIER「HG-KT88S Tango」

・PREMAIN AMPLIFIER「EAR 869 Black」

・MONAURAL POWER AMPLIFIER「Reference-5(KT88)」

・POWER AMPLIFIER「TRX-P6L」

・MONAURAL POWER AMPLIFIER「M-8000」


●ピットインインタビュー特別版!渡辺貞夫さんが語る「ピットイン」とジャズに生きた日々〈前編〉

「ピットイン」創成期から支えてきた日本を代表するミュージシャン、渡辺貞夫さんに登場していただき、佐藤良武さんとの対談形式で、サキソフォンを手にした経緯から、ピットインとの深い関わりあいや思い出を語ってもらいます(渡辺貞夫さんとの対談は、次号30号を含め2回構成となります)。


●analog特別インタビュー!北村英治さん(後編)「クラリネットとの運命的な出会い」


●レコード悦楽人登場!

・村内弘道さん (株)村内ファニチャーアクセス 取締役副社長

・田中伸明さん 専門学校講師

・山中明光さん 音騒会会員


●厳選!至福の銘品!音の五つ星物語」

アナログ関連機器を中心とした比較的新しいモデルの中から、息が長く陳腐化しない、ロングセラーが期待できるもの、あるいは魅力的なストーリーがあるもの、さらにはマイルストーン的な製品という条件で、厳選したモデルを紹介します。

長く使えて、楽しい音楽との時間を一緒に過ごす仲間として最適な、「音の五つ星」。

今回は14機種を取り上げ、それぞれの深い物語をお届けします。


●デノンが創立100周年!アナログプレーヤーなど記念モデル7機種を発売へ!

日本を代表するブランド「デノン」は、来る2010年10月1日に創立100周年を迎える。

世界的に見ても100年という長い歴史は、稀なことであり、その間、数多くの銘機を生み出してきた。

ここでは、今回100周年を迎えるにあたって、ディーアンドエムブランドグループジャパンのプレジデント、市川博文氏にコメントをいただくと共に、100周年記念モデルを紹介していきます。


●「HANIWA/“Real3Dオーディオ”がここに誕生」


●オープンデッキに夢中「ワイヤーレコーダーと細川康行氏のコレクション」


●旧くて新しい銘機LP12 MAJIK LP12+UPHORIK モニターレポート」


●UPHORIKのバランス接続で意外なほど音に変化が


●神崎コレクション「SATINのMC型」


●G.T.Sound/研ぎ澄まされた感性により誕生したウッドホーン


●今宵はアナログで!オレのもとにおいで、魅惑のレコード達 寺島靖国


●大人の道具楽「天然素材の雉の羽や筆で作ったアナログレコード回りのクリーナー」

数百年から千年近くも使われてきた公家や武家社会の道具を調べてみると、当然そのほとんどが、天然の素材でできている。

それらは大変貴重で美しい。その道具は階級社会の地位に応じて使い分けもされてきた。

今回こうした日本古来の古典の道具の魅力を再現、オーディオへの対応を試みてみた。


●菅野沖彦の私のアナログ感覚「若い人に伝えたいオーディオの愉しみと喜び」

若い人のオーディオ離れが進んでいるといわれている。

携帯電話やポータブルオーディオ、ヘッドホンで音楽を聴く人は増える一方、コンポやピュアオーディオ機器を揃えて音楽を楽しむ人は少なくなってきているのが現状である。

音楽を聴く時間自体の減少、溢れる多数の娯楽、質の良くない音源の増加・・・・そういった状況を踏まえ、改めて「オーディオの愉しみと喜びとは何か」を伝えて頂く。


●アナログを楽しめるお店「BAR MARTHA」


●自作工房!Craft入門!

同じキャビネットにキャラクターの違うスピーカーユニットを装着したら、それぞれどんな音が鳴るだろうか。

今回はPARC AUDIO製品から、同軸ポリプロピレンコーン、同軸ウッドコーン、フルレンジパルプコーン、というまったくキャラクターを異とするユニット3つを用意。

それぞれを聴き比べて、ユニットごとの魅力を探りましょう。


●アナログメンテナンス情報「カートリッジ針の修理・修復」


●話題のニューディスクレビュー


●アナログ関連機器 新製品試聴レビュー


●特選・アナログアクセサリー


その他情報満載!!

アナログ(analog)の内容

  • 出版社:音元出版
  • 発行間隔:季刊
  • 発売日:[紙版]1,4,7,10月の3日  [デジタル版]1,4,7,10月の5日
  • サイズ:A4
ニュースタイルなオーディオ&ライフスタイルマガジン!
アナログ機器、管球アンプ、スピーカーといった、物として質感の高いオーディオ機器を中心に置くニュースタイルなオーディオ&ライフスタイル誌。あわせて通底する趣味の世界、カメラ、時計、楽器、酒などの奥深さもご案内する、“よりよい音楽を聴く、よりよい時間を楽しむ”を基本コンセプトにおきます。単に復古、レトロではなく、未来につながるアナログ感覚や、わかりやすさを追求する雑誌です。

アナログ(analog)の無料サンプル

Vol.70 (2020年12月30日発売)
Vol.70 (2020年12月30日発売)をまるごと1冊ご覧いただけます
サンプルを見る

アナログ(analog)の目次配信サービス

アナログ(analog)最新号の情報がメルマガで届く♪ メールアドレスを入力して登録(解除)ボタンを押してください。

※登録は無料です
※登録・解除は、各雑誌の商品ページからお願いします。/~\Fujisan.co.jpで既に定期購読をなさっているお客様は、マイページからも登録・解除及び宛先メールアドレスの変更手続きが可能です。
以下のプライバシーポリシーに同意の上、登録して下さい。
おすすめの購読プラン

アナログ(analog)の無料記事

この雑誌の読者はこちらの雑誌も買っています!

アナログ(analog)の所属カテゴリ一覧

Fujisanとは?

日本最大級雑誌の定期購読サービスを提供

デジタル雑誌をご利用なら

最新号〜バックナンバーまで7000冊以上の雑誌
(電子書籍)が無料で読み放題!
タダ読みサービスを楽しもう!

総合案内
マイページ
マイライブラリ
アフィリエイト
採用情報
プレスリリース
お問い合わせ
©︎2002 FUJISAN MAGAZINE SERVICE CO., Ltd.