初めてのご利用またはレビュー投稿で500円OFF割引ギフト券プレゼント

月刊おりがみ 376号 (2006年11月01日発売)

日本折紙協会
特集「クリスマス」

動物たちが仲良く暮らしている森のお家にサンタさんが贈り物を届けにやってきました。その様子を天使が優しく見守ります。今月号の表紙は絵本の中の1ページのような場面を表現してみま...
376号 (2006年11月01日発売)は在庫なしです

月刊おりがみの商品詳細

季節にあった折り紙の折り方がたくさん載った楽しい雑誌「月刊おりがみ」毎年の行事にあわせた内容を特集します
幼稚園、保育園の壁紙飾りや教材として、また、四季折々の暮らしを飾り、ゆとりある豊かな気持ちを育み子どもから大人まで楽しめます。

月刊おりがみの無料サンプル

436号 (2011年11月01日発売)
436号 (2011年11月01日発売)をまるごと1冊ご覧いただけます
サンプルを見る

月刊おりがみ 376号 (2006年11月01日発売) の目次

特集「クリスマス」

動物たちが仲良く暮らしている森のお家にサンタさんが贈り物を届けにやってきました。その様子を天使が優しく見守ります。今月号の表紙は絵本の中の1ページのような場面を表現してみました。
羊は聖書でよく出てくる動物であり、リスはそのかわいさと木の実を集める習性のため、豊かな実りや収穫の象徴としてクリスマスカードなどに描かれることが多い動物です。羊やリスはどんな贈り物がもらえるのでしょう…、みんなで一緒にクリスマスのお祝いをするのかな。折り紙でクリスマスのお話が広がりますように。

掲載作品とコメント(☆はおりがみ級申請作品)

①プレゼントサンタ・梅本吉広
「簡単に折ることのできるサンタクロースはいかがでしょうか。プレゼントの入った袋を担いでいます。机上に立ててクリスマスカードに貼ってもステキです。」

②☆サンタ・アレンジ松野幸彦
「三角柱の置き物として不思議な存在感のあるデザインのサンタです。平面の形はカードなどに使えるように編集部で工夫させていただきました。(編集部)」

③季節の輪飾り/クリスマス・永田紀子
「数年ぶりに創ったクリスマスリースです。グリーンの葉、金銀の葉など、折る人の色を使い方で雰囲気の異なるリースが出来ると思うとワクワクします。それらをぜーんぶ見せていただきたくなってしまいます。」

ミニ知識・ベル
もともとは古代ヨーロッパで冬至の魔よけとして使われていたそうです。大きな音で悪霊を追い払おうとしたのです。今ではクリスマスの喜びの訪れを告げる音とされています。

④カラフルなロンド・瀬田美恵子
「ロンドとはもともと輪舞曲という意味ですが、ここ1年やたらとつなげるのが面白く、次にはその姿を変えることに頭をひねるのが楽しく、本当に1人遊びが好きで困ります。色を選んで、素敵なロンドをこしらえてください。」

⑤三角BOX・北詰澄子
「直角を3等分にする方法を応用して、12個で円形になる立体の三角BOXを工夫しました。同じ紙でも頂点の位置を変えると高さや長さの違う小物入れに、フタの色を変えてイチゴやチョコ、クリームなどを飾るとケーキになります。」

ミニ知識・ショートケーキ
柔らかいスポンジ生地に生クリームとイチゴのついたケーキは日本で戦前に生まれました。もともとショートケーキは(バターやラードを使ったショートニングがたくさん入って)サクサクする固まり(ケーキ)という意味をもつビスケット状のお菓子です。ビスケットの部分を日本人が好んだカステラ生地に代えて作られましたが、名前はそのままショートケーキを使いました。

⑥花のお楽しみBOX・川手章子
「上から見ると花をかぶせたようなBOXとなりました。折り図にしたがって1つずつ丁寧に折ってみてくださいね。フタを白色で折ったらこんもり雪が積もった小人さんのお家のようです。何だか楽しくなってきました。」

⑦リスくん・川手章子
「リスに見えるかな…という作品ですが、小さな両足でしっかりと立ちます。折り紙講習のため木曽へ下見に行った時、道路ぎわの石垣を1匹のリスが駆け上って行くのを見ました。一瞬の出来事でした。」

⑧魔法の箱、くす玉・アレンジ曽根泰子
「おりがみで大切なことは、角をきちんと合わせて折ること。そしてしっかり折りすじをつけることだと思います。この2つをしっかり守ればきれいな箱とくす玉が完成すると思います。鈴を入れても楽しめます。」

⑨天使・青木良
「天使の顔はみなさんのイメージがあると思いますので、自由に描いてかわいい天使をつくってください。」

ミニ知識・天使
森永のキャラクターのエンゼルをはじめ一般的に考えられている天使の姿は、無垢な子どもで羽をつけていますが、これはルネサンス期にローマ神話の恋愛の神キューピッドのイメージから生まれた姿だそうです。それ以前は、翼を持たない青年の姿や、たくさんの目や羽をもった怪物のような姿と考えられていたようです。
キリスト教の聖書の中でイエスの母マリアが精霊により身ごもったことを知らせるのが天使ガブリエルです。名前はヘブライ語で「神の人」という意味です。ガブリエルは絵画では優美な男性の姿で描かれています。

~おってあそぼう~プッシュホンキャッチ・川手章子
「①で大きい方に入れるとき、入口のあたりに小さい方を入れてからキュッと押すと勢いよく飛び出てきます。それをもう一方の手でキャッチする遊びです。童心に帰ってしばらく遊んでしまいました。」

⑩☆クリスマスツリー・アレンジ白井和子
「風船基本形から折り紙の大きさを変えると、絵で見るような3段のクリスマスツリーができあがりました。幹にはポケットもついています。飾りつけは何にしようかなと考えるのも楽しいですね。簡単に折れますので、たくさん折ってメリークリスマス!」

ミニ知識・アドヴェントカレンダー
アドヴェントとはイエスの降誕を迎える待降節のことで、11月30日の前後でもっとも近い日曜日から始まります。アドヴェントカレンダーはクリスマスを心待ちにするカレンダーのことで、通常12月1日~25日までの日付の窓がついていて、それを1日ごとに開けていきます。

ミニ知識・クリスマスイブ
西洋では昔、1日は日没から始まっていました。もともとイブは前日という意味ではなく、夕方(イブニング)を意味します。

⑪ほし・松野幸彦
「星を何種類も創作されている作者です。この作品はのりづけなしできれいに止まり、裏返しても使えるのが特長ですが、“ぐらい折り”(折り加減が曖昧なこと)が多く、格好よく仕上がりにくいのが難点です。できあがりの星形を想像しながら折るとよいでしょう。(編集部))」

⑫☆伝書鳩・青柳祥子
「鳩といえば、ノアの箱舟でオリーヴをくわえた平和のシンボルですね。『シートン動物記』の伝書鳩アルノーを読むと、鳩と人間のことがよくわかります。」

ミニ知識・鳩
聖書のルカによる福音書の中に聖母マリアは産後の清めの際に、「山鳩一つがいか、家鳩の雛2羽をいけにえとして捧げるために」エルサレム神殿に上がったと書かれています。
鳩もクリスマスにゆかりのある動物といえます。なお、伝書鳩は鳩が遠くから自分の巣のあるところに戻ってくる習性を利用したもので、古くから手紙や時には薬などを運ぶのに飼われた鳩です。今はレース用になっています。

⑬ペットバスケット・永田紀子
「ベルトがしっかりとついているので、大きな紙で折るとぬいぐるみのプレゼントボックスになります」

⑭大掃除・畠山久子
「一年間ありがとうございました。来年もよろしくお願いします。心を込めて掃除します。」

ミニ知識・大掃除
昔は新年を迎えるために、その1年の煤(すす)を払って家を清めたため、「煤払い」や「煤掃き」といいました。12月13日を煤払いの日とする地方が多く、その日から正月の準備を始めています。
煤払いのほうきは新しく切り出した笹竹を使うことが多いですが、それはただの掃除ではなく、新年にやってくる年神を迎える場所を清めるという神聖な行事だったからです。

詩を折る第5回 色紙構成・制作 青柳祥子

北原白秋訳「べああ、べああ、黒(ブラック)羊(シープ)」

べああ、べああ、黒羊
お前はいい毛をお持ちだろ。
はい、はい、嚢(ふくろ)に三嚢ござります。
旦那さまに一ふくろ、
奥さまに一ふくろ、
だっけど、そこいらの細道で、
べそかく坊っちゃんにゃ、いイやいや。
「まざあ・ぐうす」(アルス出版 大正十年刊)

原詩
BAA, BAA, BLACK SHEEP.

Baa, Baa, black sheep,
Have you any wool?
Yes, marry, have I,
Three bags full;
One for my master,
And one for my dame,
But none for the little boy
Who cries in the lane.

※マザーグース
英語圏の人々の間で昔から伝えられてきた童謡。nursery rhyme(子ども部屋のうた)ともいわれ、ナンセンス(無意味)やなぞなぞ、風刺、自然現象などを軽快なリズムで表現しています。

「娘が小さい頃、マザーグースは何度も一緒に歌いました。この『BAA, BAA, BLACK SHEEP』も歌いやすく、みんなに親しまれていますが、実はこの唄の背後には1275年に平民に課せられた税に対する反抗があります。泣いている男の子は税を国王(master)や貴族(dame)にとられ、結局何も残らない庶民を表します。中世英国の歴史の1ページを見るようです。西洋の多くの子どもは、不安になると自分のぬいぐるみや毛布をにぎりしめて安心します。そういうことも表現してみました。(制作者)」

ミニ知識・北原白秋
1885(明治18)年~1942(昭和17)年。現在の福岡県の柳川市生まれの詩人、歌人、童謡詩人。マザーグースの訳は白秋の10年ほど前に画家の竹久夢二によってなされていて、白秋はそれをかなり意識していたそうです。
「語学力のいささかのこころもとなさをその天才的な詩人の直感で補っている」と英文学者の平野敬一氏も述べていますが、白秋は軽快で無味乾燥な英語の詩であるマザーグースを日本的な抒情豊かなロマンティックなものにし、独特の世界を創りだしています。
このマザーグースについて白秋は、巻末で、『「BAA, BAA, BLACK SHEEP」というようなのも困った。すべてBでいっているのであるが、日本の黒羊の「く」にBは掛からない。かといって、「くうくう黒羊」でも羊のなき声は出ない。「なけなけ、黒羊」では意味だけのものになる。意味だけのものでは、ほんとうの訳にはならないのだ。しかたがなければその言語のまま生きさせるほかに道がない』と訳の苦労を語っています。

ミニ知識・羊
8000年以上も前から世界各地で家畜として飼われています。キリスト教では羊を従順や犠牲を象徴したものと考え、イエスを「世の罪を除く神の子羊」と呼んでいます。クリスマスの絵には馬、羊、ラクダなど色々な動物が描かれますが、キリストの降誕の場面に必ず出てくるのは羊だけです。

[ミニ知識参考]
「洋菓子はじめて物語」(平凡社)「サンタクロースの謎」(講談社)「クリスマスおもしろ事典」(日本キリスト教団出版局)「聖書」(日本聖書協会)「年中行事事典」(三省堂)「心をそだてる子ども歳時記12か月」講談社

◇◇支部だより◇◇
~新潟支部「はまなす」支部長 津野ミエ~
「観光船内で折り紙教室」
今年の「ぱしふぃっくびいなす」(客船の名称)は韓国訪問の8月29日出発の3泊4日の船旅でした。船中の時間が長いので私共折り紙教室もいろいろ趣向をこらし、お客様に喜んでいただけるよう工夫しました。子どもさんからご年配の方までほとんどが個人指導の形でじっくり楽しんでいただきました。
カードキーを入れる「カード入れ」、色紙に貼って荷物にならないよう工夫した「パンダ」はとくに人気があり、韓国に敬意を表して「チマチョゴリ」をミニ色紙に貼りました。韓国語を書き入れてとても喜ばれました。

~武南支部「折り紙夢工房」支部長 山本良子(埼玉県)~
「折り紙夢工房の作品展と近況報告」
第10回折り紙夢工房作品展を7月17日~23日までギャラリー銀座(東京都中央区)で開催しました。
テーマ「いつくしみ」の作品や、10号の額装、色紙、人気キャラクタージオラマ、季節の花々など300点余りを展示しました。
梅雨明けが遅れ、毎日雨や曇りのあいにくの1週間でしたが、毎年の開催を心待ちにしてくださる顔なじみの方々や折り紙大好き少年が今年も早々と来場されました。日替わり折り紙教室は毎日大好評で、とくに最終日の三角パーツ使いのピエロのストラップ(夢工房会員遠山さん考案)の教室は大勢参加され、本当にうれしい出来事でした。

「平和を祈る千羽鶴」
“ボランティア日本一の街・川口(埼玉県川口市)”の活動の一環として大勢の市民、学生さんなどの協力で平和を祈って折り上げた6千羽以上の折り鶴を、夢工房川口教室の会員が連ねるお手伝いをいたしました。できあがった作品は、NPOボランティアネット川口のメンバーが8月6日の広島原爆記念日に広島平和公園の“原爆の子の像(サダコの像)”に届けてくださいました。

~寄稿~「市役所で個展を開催」野別 郁(埼玉県)
5月10日~16日、上尾市役所のギャラリーで「古希のわたし ふろしきやおりがみを楽しむ」と題して個展を開催しました。意外にも多くの方々(270名)が見てくださり、いろいろな感想やお話をうかがうことができました。折り紙は自分が楽しむだけのものでなく、他人の心を和ませたり、いろいろなことを回想させたりするということを深々と感じ取り、とてもうれしく思いました。

~寄稿~「病院に月替わりで作品展示」大西公子(愛知県)
ボランティアで訪問している病院の老人病棟の棚に月替わりで折り紙を飾り始め、この9月で19回目の展示になりました。お年寄りの病人もナースのみなさんも喜んでくださり、それが励みになっています。折り紙の本を10冊以上買い、難しくて途中で投げ出したりもしますが、2、3日頭を冷やすと折り方がわかってくるのが不思議です。1か月間の展示が終わると、近くの姉妹病院が引き取ってくださり、月遅れでも喜んで飾ってくださいます。だから手元に作品は何も残りません。喜んでくださる方がいらっしゃる限り、続けたいと思います。

~寄稿~「鶴岡八幡宮の七夕祭に協力」郷原利夫(神奈川県)
鎌倉市にある名越やすらぎセンターはゴミの焼却熱を利用して60歳以上の高齢者が入浴する保養施設です。数年前から子どもたちを交えて主に七夕飾りの講習をしてきましたが、昨年鶴岡八幡宮より「新しい恒例行事として七夕祭を採り入れたいので、ぜひ協力してほしい」と申し入れがありました。センター利用者の生きがいになるならと参加したところ、七夕飾りを見てくださった方から大変に喜ばれたとうかがいました。
4月ごろから利用者約30名で鶴岡八幡宮にちなんで折り鶴をなんと2500羽、私が講習した2種類の花くす玉を各20個、子どもたちはクサリ60本などを作りました。折り紙の使用枚数は3万枚を超え、一時は鎌倉市の文房具店で折り紙が品切れになるという珍事も…。
これらの七夕飾りは7月1日(土)、鶴岡八幡宮に用意された高さ7mの笹竹4本にも飾りきれず、JR鎌倉駅改札口にも高さ6mの笹竹2本に鈴なりの状態で飾りました。各新聞紙上でも紹介されて、牽牛・織姫の縁結びにちなんで願い事を書き込む「梶の葉の色紙」とともに町中で評判になりました。利用者の方々も入浴して帰るだけでなく、「八幡様に奉納するものを作るんだ」「さらに来年の分も」と今やセンターは「折り紙ブーム」となっているそうです。
私も折り紙の持つ不思議な力にあらためて驚いています。折り図がなく、いろんな作品を参考にし、話を想像しながら創作した作品もあります。自分のスキルアップにいい勉強をさせていただいたと感謝しているところです。

~寄稿~「折り紙が生きがいです」桑原恵美子(滋賀県)
折り紙と出会ったのは3年半前のことです。腰の手術をして主治医から2年間は仕事に就くことは無理と宣告され、実家での療養中に母に勧められたのがきっかけでした。絵を描いたり折り紙を折ったりするうちに精神的に救われ、それ中心の生活が楽しくなりました。周りの方に折り紙を折っては喜んでいただき、お世話になった病院の先生や地域の人に差し上げたときの笑顔や御礼の言葉に励まされて今日に至っております。
障害者になってしまい、いまだ仕事に就くことができずに悩みましたが、そんなときも折り紙に救われました。今後も折り紙を通していろいろな人たちと交流し、折紙講師の資格が取れれば自分に自信もつき、生活に生き甲斐を感じられると思います。

~おりがみニュース~
「「第13回おりがみカーニバル」開催」
会場/こどもの城1Fアトリウムギャラリー
(東京都渋谷区神宮前5-23-1 電話03(3797)5666 JR渋谷駅東口徒歩10分、地下鉄銀座線/千代田線/半蔵門線表参道駅B2出口徒歩8分)

日時/10月28日(土)~11月19日(日)(休館日10/30、11/6、11/13)
土日祝日10:00~17:30
平日12:30~17:30
最終日10:00~17:00

会場構成
1.テーマ「うたを折ろう」応募作品展示
2.世界のおりがみ展パノラマ作品「お国自慢」シリーズ展示
3.折り紙ワークショップ開催
4.折り紙専門書、折り紙用紙販売コーナー
※3、4は土日祝日のみ開催

~日本折紙協会(http://origami-noa.com)とは~
NIPPON ORIGAMI ASSOCIATION (NOA)
日本折紙協会は、折り紙を世界の国々により一層普及させたいという思いと、幼児教育に限らず、大人の趣味、高齢者や身障者の方のリハビリテーションなど様々な可能性をもつ「おりがみ」普及の一助となりたいという考えから1973年10月27日に結成されました。
現在では、月刊「おりがみ」の発行、「世界のおりがみ展」「折紙シンポジウム」の開催、「おりがみ級」「折紙講師」「折紙師範」「折紙上級師範」の認定、「おりがみの日」記念イベントの実施、「日本折紙博物館」との提携など、おりがみ普及のためにさまざまな活動を行っています。

~会員になるには~
月刊「おりがみ」の年間購読を申し込めばどなたでも会員になれます。会員の特典として、協会発行単行本と協会取扱い折り紙商品の割引購入、月刊「おりがみ」への創作作品投稿、「世界のおりがみ展」「おりがみの日」「折紙シンポジウム」など協会主催行事に参加および作品を応募できるほか、「おりがみ級」「折紙講師」の申請資格があたえられます。

~月刊「おりがみ」とは~
会員から投稿される創作折り紙作品(話題の動物やキャラクター、季節にそった行事・イベントに関するもの)の折り図(折り方を図で順番に説明したもの)を紹介するほか、会員の折り紙活動を紹介します。折り図の順番通りに折っていけば完成できるので、小学生から90代の方まで1万人を超える会員の方がおりがみを楽しんでいます。
月刊「おりがみ」は毎月末ごろお届けします。

~世界のおりがみ展とは~
日本折紙協会各支部がさまざまな風景や情景を折り紙で制作した美しい大型の立体パノラマ作品と国内外の個人創作作品を展示するほか、おりがみ教室の開催や、書籍と折り紙の販売コーナーを設置します。

~折紙シンポジウムとは~
全国各地で毎年夏(7月下旬)に開催。講演会、児童教育部会、歴史研究部会、創作部会、折り紙教室などにより新たな折り紙の世界に触れる機会として、また会員相互の情報交換や懇親の場として2泊3日の日程を行楽地(温泉地)で楽しく過ごします。世界各国から毎年300名を超えるおりがみファンが集まる世界最大の「おりがみイベント」です。

~NOAブックスとは~
日本折紙協会では、月刊「おりがみ」のほか、折り紙専門書籍を発刊しています。
「おりがみ4か国語テキスト」、「みんなくすだま」、「おりがみでクリスマス」、「おりがみでクリスマス2」、「おりがみでひなまつり」、「古典にみる折り紙」、「おりがみ傑作選1」、「おりがみ傑作選2」、「おりがみ傑作選3」、「おりがみ傑作選4」、「プレ創刊誌vol.1~3」の11点です。購入をご希望の方は、日本折紙協会のHP(http://origami-noa.com)の「こんな本知ってる?」のページで表紙画像をクリックすると、アマゾンの購入サイトへジャンプできます。代金引換やコンビニ払い等の各種お支払い方法で購入できます。

~おりがみの日(11月11日)とは~
この日は世界平和記念日であり、また数字の「1」が4つで正方形折り紙の4辺を表すことから、日本折紙協会では「おりがみの日」としています。この日を中心にして、会員の皆さんから寄せられた作品の展示会「おりがみカーニバル」や折紙講師勉強会を毎年10月にこどもの城(東京都渋谷区)で開催します。

~「おりがみ級」と「折紙講師」とは~
「おりがみ級」とは、主に16歳未満の会員のための資格です。月刊「おりがみ」で指定している作品を規定数折って協会に送付し、認定されると「おりがみ級認定証」が授与されます。最初は10級からスタートします。16歳未満の1級取得者には申請により「こどもおりがみ博士」認定証と、NOA特製バッジが授与されます。(詳細は月刊「おりがみ」をお読みください)

「折紙講師」資格は、16歳以上の会員であればどなたでも申請できます。協会発行の「おりがみ4か国語テキスト」を購入し、テキスト掲載の全作品約60点を自作完成させた形で申請書(テキスト巻末)とともに協会に送付し、申請料2,100円を納付(下記口座番号へ郵便振替)します。その後審査会が全作品合格と認定した方に折紙講師認定証と講師バッジを授与します。不合格作品があれば、その作品のみ折り直して再提出いただきます。(詳細は月刊「おりがみ」をお読みください)。
おりがみ4か国語テキストは、折紙協会のホームページ(折紙協会で検索)経由で購入できるほか(代引き・コンビニ払い)、郵便局にある払込取扱票の通信欄に「テキスト1冊」とご記入の上、テキスト代1,020円+送料290円=1,310円を下記へ郵便振替で送金していただければ入金日より約1週間でお届けいたします。
口座番号00110-6-188035 加入者名「日本折紙協会」

~おりがみをおしえる~
老人ホームや社会福祉施設、自治体主催のサークル、保育関係施設・学校、文化センター、カルチャー教室などなど、さまざまな場所でおりがみは活躍しています。
独自にボランティアで教えている会員の方も多くおられますが、協会には全国から「おりがみを教えてくれる方を紹介して欲しい」という依頼が毎月あり、折紙講師資格をお持ちの会員の方に指導をお願いしております(協会より報酬を支給)。
おりがみ教室では、お子さんから年配の方まで「おりがみをおぼえたい」という気持ちにこたえようと講師も真剣です。熱のこもった授業を終えて帰られる皆さんの表情は満足そうですが、講師の方は生徒の「ありがとう」の言葉に安心しつつも、もっとわかりやすい説明はないだろうかと考えるようです。毎回真剣勝負なので様々な苦労がありますが、いろいろな形で努力が報われるようです。

日本折紙協会の公式メールマガジンです。全国のおりがみイベントを告知しています。
http://www.mag2.com/m/0000023495.html

+   月刊おりがみの目次配信サービス

月刊おりがみのバックナンバー

801円
801円
801円
801円
801円
801円

月刊おりがみ376号 (2006年11月01日発売)を買った人はこんな雑誌も買っています!

趣味・芸術 雑誌の売上ランキング

月刊おりがみの所属カテゴリ一覧

キャンペーン&TOPICS

ご存知ですか?
Fujisan.co.jpにはお得なサービスが満載です!
定期購読
雑誌は定期購読がお得です!初めての方500円割引♪
もっと詳しく ▶︎
タダ読みサービス
無料で雑誌が読み放題♪今日発売のあの雑誌も。
もっと詳しく ▶︎
法人サービス
年間5万円以上ならお得な法人プレミアムサービスで!
もっと詳しく ▶︎
アフィリエイト
あなたのサイトで雑誌をおすすめしてみませんか?
もっと詳しく ▶︎
カテゴリ一覧
女性ファッション 雑誌
きれいめ・大人カジュアル系 雑誌 モード系・コレクション 雑誌 フェミニン系 雑誌 ママ・主婦 雑誌 コンサバ系 雑誌 ナチュラル系 雑誌 カジュアル系 雑誌 オフィスカジュアル 雑誌 子ども・キッズファッション 雑誌 ガーリー系 雑誌 ティーンズファッション 雑誌 原宿系 雑誌 着物・和服 雑誌 ギャル系 雑誌 セレブ系 雑誌 森ガール系 雑誌
メンズファッション 雑誌
メンズきれいめカジュアル 雑誌 モノ・グッズ 雑誌 メンズカジュアル 雑誌 ストリートファッション系 雑誌 スーツ・トラッド系 雑誌 アメカジ 雑誌 オラオラ系・お兄系 雑誌 腕時計・ブランド 雑誌 古着系 雑誌
ビジネス・経済 雑誌
経営・マネジメント 雑誌 海外事情・国際ニュース 雑誌 政治 雑誌 マネー・投資 雑誌 ビジネス・経済専門誌 求人・転職情報誌 法律・法務 雑誌 環境・エネルギー 雑誌 広告・マーケティング 雑誌 流通・小売 雑誌 人事・総務 雑誌 四季報 外食・ホテル業界 雑誌 会計・税務・経理 雑誌 農業・畜産・漁業 雑誌 飲食店経営・調理師 雑誌 金融 雑誌 貿易 雑誌 地方自治・行政 雑誌 起業・独立開業 雑誌 企業年鑑・データ 業界データブック 自己啓発 雑誌 ビジネスCD・通信教育 株・FX 雑誌 就職・就活 雑誌
健康・生活 雑誌
子供・児童学習 雑誌 子育て・育児 雑誌 家事・生活情報 雑誌 健康・家庭医学 雑誌 住宅・リフォーム 雑誌 住宅情報・賃貸 雑誌 インテリア・雑貨 雑誌 田舎暮らし・エコ・スローライフ 雑誌 結婚情報・ウェディング 雑誌 絵本・大型絵本 妊婦・赤ちゃん 雑誌
スポーツ 雑誌
サッカー・フットサル 雑誌 高校野球・プロ野球 雑誌 ゴルフ 雑誌 その他球技・競技 雑誌 釣り 雑誌 相撲・武術・武道 雑誌 筋トレ・ボディビル 雑誌 ダイビング・マリンスポーツ 雑誌 スノーボード・スキー 雑誌 ランニング・ウォーキング 雑誌 テニス・卓球 雑誌 バレエ・社交ダンス 雑誌 スポーツ医学・コーチング 雑誌 自転車・サイクリング 雑誌 サーフィン・ボディーボード 雑誌 バスケットボール 雑誌 F1・モータースポーツ 雑誌 ダンス 雑誌 プロレス・格闘技 雑誌 ボクシング 雑誌 水泳・ボート 雑誌 ラグビー・アメフト 雑誌
バイク・自動車・乗り物 雑誌
オートバイ 雑誌 カスタムカー・バイク 雑誌 外車・輸入車 雑誌 4WD・RV 雑誌 新車・ニューモデル情報 鉄道・電車 雑誌 飛行機・航空機 雑誌 中古車・中古バイク 雑誌
芸能・音楽 雑誌
テレビガイド・番組表 雑誌 音楽情報誌 エンタメ 雑誌 DVD(ビデオ)マガジン 映画・シネマ 雑誌 韓国(韓流・K-POP) 雑誌 ピアノ・クラシック 雑誌 ギター・ロック 雑誌 演劇・舞台 雑誌 洋楽 雑誌 ジャズ(JAZZ) 雑誌 ジャニーズ 雑誌 グラビア・アイドル 雑誌 写真週刊誌・ゴシップ 雑誌 写真集
グルメ・料理 雑誌
レシピ 雑誌 グルメガイド・レストラン 雑誌 お酒(ワイン・日本酒など) 雑誌 栄養学・食育 雑誌 パン・スイーツ 雑誌
旅行・タウン情報 雑誌
京都・関西 雑誌 関東 雑誌 東京(TOKYO) 雑誌 九州 雑誌 東海 雑誌 東北 雑誌 北海道 雑誌 北陸・信越 雑誌 中国地方 雑誌 四国 雑誌 沖縄情報 雑誌 旅行情報誌 温泉 雑誌 リゾート・レジャー 雑誌 タイ・アジア 雑誌 ハワイ 雑誌 その他 海外情報 雑誌 鉄道・バス時刻表本 航空時刻表
アニメ・漫画 雑誌
少年コミック・漫画 少女コミック・漫画 青年コミック・漫画 レディース(女性)コミック アニメ 雑誌 声優 雑誌 comics&アメコミ ディズニー・キャラクター 雑誌 コスプレ 雑誌 BL(ボーイズラブ)コミック・雑誌
ペット・動物 雑誌
犬 雑誌 猫 雑誌 トリマー・ペット業界 雑誌 魚・熱帯魚 雑誌 昆虫 雑誌 ペットその他 雑誌
文芸・総合 雑誌
女性総合誌 男性総合誌 カルチャー・文化 雑誌 文芸誌・小説 雑誌 時事・社会 雑誌 機内誌 宗教 雑誌 歴史・史学 雑誌 思想・心理学 雑誌 俳句・短歌・詩 雑誌 占い・開運 雑誌 書道 雑誌
趣味・芸術 雑誌
デザイン・アート 雑誌 プラモデル・模型 雑誌 ガーデニング・園芸 雑誌 手芸・ハンドメイド 雑誌 パズル・クイズ 雑誌 ナンプレ・数独 雑誌 クロスワード・ナンクロ 雑誌 ミリタリー・サバゲー 雑誌 競馬・競輪・競艇 雑誌 オーディオ・ステレオ 雑誌 アウトドア・キャンプ 雑誌 カメラ・写真 雑誌 分冊百科・ワンテーママガジン 将棋・囲碁 雑誌 イラスト・グラフィックデザイン 雑誌 建築・住宅建築 雑誌 陶芸・骨董 雑誌 ラジオ・無線 雑誌 ゲーム 雑誌 フィギュア・ホビー 雑誌 DIY・工具 雑誌 パチンコ・パチスロ 雑誌 ハイキング・登山 雑誌 麻雀 雑誌
ヘアカタログ・美容 雑誌
メイク・ネイル 雑誌 フィットネス 雑誌 ヘアスタイル 雑誌 ヨガ 雑誌 美容専門誌 ダイエット 雑誌 アロマ 雑誌
看護・医学・医療 雑誌
ナース 雑誌 介護・福祉 雑誌 医療技術 雑誌 薬学 雑誌 臨床外科 雑誌 臨床内科 雑誌 医療時事 雑誌 歯科 雑誌 獣医学 雑誌 理学療法 雑誌 その他 医学雑誌
教育・語学 雑誌
その他 NHKテレビ・ラジオテキスト NHK語学テキスト 幼児教育 雑誌 小学生教育 雑誌 中学教育 雑誌 高校教育 雑誌 受験・留学 雑誌 試験問題集・資格 雑誌 日本語学習 教材 ハングル・韓国語学習 教材 中国語学習 教材 リスニング教材・語学CD 英語教育・英会話 教材 フランス語学習 教材 ドイツ語学習 教材 スペイン語学習 教材 その他 語学雑誌 教員・教師 雑誌 通信・教育講座
テクノロジー・科学 雑誌
宇宙・天文 雑誌 機械 雑誌 化学 雑誌 情報処理 雑誌 地球科学・環境問題 雑誌 生物・生物学 雑誌 数学・物理 雑誌
パソコン・PC 雑誌
コンピューター・自作PC 雑誌 ネットワーク・セキュリティ 雑誌 Webデザイン・プログラミング 雑誌 DTP・グラフィック 雑誌 アプリ・スマホ 雑誌 インターネット 雑誌 Mac・マック 雑誌
新聞・業界紙
英字新聞 業界新聞・専門紙 新聞縮刷版 切り抜き・クリッピングマガジン 全国紙(新聞) 中国語 新聞・業界紙 地方紙(新聞)
洋(海外)雑誌
English newspaper Science&Nature Magazines Language&Education Magazines Money&Business& Magazines Fashion&Style Magazines others Design&Architecture Magazines Hobby&Entertainment Magazines Home&Interior Magazines Computers&Electronics Magazines バイリンガルマガジン・雑誌
中国雑誌
中国 ビジネス・経済 雑誌 中国 旅行・タウン情報 雑誌 中国 趣味・芸術 雑誌 中国 看護・医学 ・医療 雑誌 中国 文芸・総合 雑誌 中国 教育・語学 雑誌 中国 テクノロジー・科学 雑誌 中国 スポーツ 雑誌 中国 ファッション 雑誌 高等文化院校学報 高等理工学院学報 中国 バイク・車・乗り物 雑誌 中国 健康・生活 雑誌 中国 学生・こども向け 雑誌
その他
その他 雑誌