月刊おりがみ 379号 (2007年02月01日発売)

日本折紙協会
特集「ひなまつり」

まだまだ外の風は冷たいながらも、日一日と夕暮れが遅くなり、太陽のありがたさを改めて感じる季節です。地球が1年をかけて太陽の周りを1周する間、多くの国で四季が生まれるのは、地球...
379号 (2007年02月01日発売)は在庫なしです

月刊おりがみ379号 (2007年02月01日発売)を買った人はこんな雑誌も買っています!

月刊おりがみ 雑誌の内容

季節にあった折り紙の折り方がたくさん載った楽しい雑誌「月刊おりがみ」毎年の行事にあわせた内容を特集します
幼稚園、保育園の壁紙飾りや教材として、また、四季折々の暮らしを飾り、ゆとりある豊かな気持ちを育み子どもから大人まで楽しめます。

月刊おりがみの無料サンプル

436号 (2011年11月01日発売)
436号 (2011年11月01日発売)をまるごと1冊ご覧いただけます
サンプルを見る

月刊おりがみ 379号 (2007年02月01日発売) の目次

特集「ひなまつり」

まだまだ外の風は冷たいながらも、日一日と夕暮れが遅くなり、太陽のありがたさを改めて感じる季節です。地球が1年をかけて太陽の周りを1周する間、多くの国で四季が生まれるのは、地球の自転軸が傾いているおかげです。その四季の恵みで、世界じゅうで独特な文化が育まれ、さまざまな行事が行われています。日本のひなまつりやお彼岸や花見も、もちろんその1つです。春の日ざしを感じながら、折り紙でいろいろな行事を彩って、楽しい『折り紙ライフ』をお過ごしください。

掲載作品とコメント(☆はおりがみ級申請作品)

①☆おひなさまの折り手紙・アレンジ丹羽兌子
「少しずらして和服の衿を表現しました。さしこんで封をできることもお手紙としてうれしいですね。衿の重ねをまちがえないようにしましょう。向かって右が上になるようにしてください。」

②ピラミッドびな、ふたご姫ダルマ・川手章子
「ピラミッドのような形のおひなさまとなりました。エジプトの砂漠に立つピラミッドにこの作品のように着物を着せてみたらどんなだろうと一瞬思ってしまいました。ふたご姫ダルマは厚みがありますが、がんばって折ってみてください。」

ミニ知識・姫だるま
愛媛県松山市に伝わる伝統工芸品。福を呼ぶ縁起物や円満な家庭の象徴として、出産や病気快癒のお祝い品などに使われます。

ミニ知識・ひな祭り
3月の最初の巳の日に水辺で穢れを祓うという中国の行事がありました。その行事に春になると紙や植物で作った人形で体をなでて海や川に流し、これから始まる農作業のために身を清めた日本の農耕風習が結びついて、今のひな祭りのもととなりました。
ひな祭りが終わるとすぐに人形を片付けなければお嫁に行けなくなるといいますが、これは片付けることで人形を流したこととみなした名残りと考えられています。

③☆キャンディのおみくじ・アレンジ青柳祥子
「甘いのが好きな人は、英語で”I have a sweet tooth”といいます。面白い表現ですね。自然の甘さと違って人工の甘さは虫歯の原因になります。このキャンディは甘くないけれど、中に甘ーいメッセージでも挟んでください。」

④季節の輪飾り(ひな飾り)・永田紀子
「つなぎ方を変えないで、各単体の表を変化させるのに苦労しましたが、おびなが片袖になってしましました。気になる方はおびなのつなぎ手を袖に折り直して、ひなとひなの境を別の紙で裏からのり付けしてください。」

⑤ひいなの入れもの・守屋朝子
「ひなの帽子を考えているうちに、入れ物になってしまいました。色の調整が難しく、やはり素朴な紙でもよいのではと思います。」

⑥三色すみれ・小倉隆子
「完成した花びらを上手に整えるのが、少し難しいのですが、可愛らしい三色すみれができました。たくさん折ってください。素敵な花束や花壇のできあがりです。」

ミニ知識・三色すみれ
パンジーの和名で、原種のワイルドパンジーが1つの花に紫、黄、白、または紫、黄、青の3色をあわせもつことに由来します。江戸時代末期、オランダ船に乗って渡来したとされ、胡蝶菫、遊蝶花、人面草などとも呼ばれていました。パンジーという名前はフランス語で「思う・考える」という意味の「パンセ」から付けられました。これはつぼみが下を向き、頭を垂れて物思う姿を思わせることからだと考えられています。

⑦☆屏風・白井和子
「簡単に折れて、しかもしっかりとしている屏風ができました。おひなさま、かぶと、クルマの置き物…、何を飾ろうかなあと考えるのも楽しいですね。」

⑧折り紙を楽しむお坊さん・青柳祥子
「『秘伝千羽鶴折形』の連鶴の考案者である魯鎬庵義道に敬意を表するために、住職であった三重県桑名市の長円寺に参詣しました。義道住職が折り紙をされているのを想像していたらひょっこりできた作品です。桑名市博物館では秘伝千羽鶴折形をすべて見ることができます。東海道も散策しながら一見の価値ありです。」

ミニ知識・秘伝千羽鶴折形について
昔より現在に至るまで、折り紙の代名詞・象徴として、ある意味頂点を占め続けてきた折り鶴ですが、いったい誰がいつごろ考えたのかはいまだに明らかになっていません。
その折り鶴の歴史の中で画期的な展開とされているのが、寛政9年(1797)に1枚の紙に切り込みを入れて作る連続した鶴(連鶴(「れんづる」または「れんかく」)の折り方49種を紹介した本「秘伝千羽鶴折形」の出版です。
版元は京都の吉野屋為八、作品考案者は伊勢国桑名の長円寺住職、魯鎬庵義道(ろこうあんぎどう)、編者および狂歌の作者は数々の名所図会(旅行案内)を執筆した秋里離島(あきさとりとう)、絵師は竹原春泉斎(春朝斎)で、遊戯折り紙としては世界最古の図解本とされています。
当時ベストセラー作家であった秋里離島が取材中に義道と連鶴を知り、狂歌本と実用書を兼ねた独特の形式で企画・出版したもので、全49種の造形の意外性や美しさ、パズル性には目を見張るものがありますが、内容が高度なためか、これ以後これらの連鶴が折り紙の中心を占めるには至らなかったようです。

随時連載 詩を折る〈6〉 西條八十「かなりや」 色紙構成・制作二階堂黎子
「かなりやの詩を絵にするために何回も歌詞を読み返しました。できる限り、歌詞に忠実な景色をと思いますと、やはり4番目の、心に傷を負った“かなりや”をやさしくいたわってあげるところが気に入りました。」

かなりや

唄を忘れた金糸雀(かなりや)は、後の山に棄( す)てましょか
いえ、いえ、それはなりませぬ

唄を忘れた金糸雀は、背戸の小薮に埋(い)けましょか
いえ、いえ、それはなりませぬ

唄を忘れた金糸雀は、柳の鞭でぶちましょか
いえ、いえ、それはかわいそう

唄を忘れた金糸雀は
象牙の船に、銀の櫂
月夜の海に浮べれば
忘れた唄をおもいだす

初出「赤い鳥」大正七年11月

ミニ知識・西條八十(さいじょう やそ)
1892(明治25)~1970(昭和45)。詩人、童謡詩人、フランス文学者。野口雨情、北原白秋とともに童謡三大作詞者のひとりです。資産家であった西條重兵衛の三男として東京の牛込(現在の新宿区)に生まれました。八十という名前は本名で、両親が「苦」に通じる九を抜いた「八」と「十」から付けたそうです。
「かなりや」は1918(大正7)年11月発行の児童雑誌「赤い鳥」に最初発表された時は、「かなりあ」という作品名でしたが、その後詩集「砂金」に収録される際に改題されました。
14歳で父が病死、早稲田大学在学中に兄の放蕩で一家の生活を背負わなければならず、やりたい詩作活動から遠ざかる自分を責めながら生活していた時に、「赤い鳥」を主宰する鈴木三重吉の依頼で作った歌です。自分をかなりやに見立てているといわれています。なお東京都台東区の上野公園内の不忍池のほとりにこの歌の歌碑が建てられています。

ミニ知識・彼岸
1年に春と夏の2回あり、春の彼岸は春分の日を中日とした7日間です。中日には極楽浄土があると考えられていた真西に太陽が沈むこと、また昼夜の時間がちょうど同じとされるため、中道を尊ぶ仏教の考え方に合うことから、この期間に祖先の霊の供養や仏事が行われます。なお、彼岸はサンスクリット語para(波羅)の訳で、三途の川の向こう岸、つまり悟りの境地のことです。

⑨桜・中本容子
「角度90度の単体を5個組むことにより、だぶった90度分が思わぬ効果を出してくれて、レリーフのような美しい両面桜ができあがりました。」

ミニ知識・サクラ
古事記や日本書紀に木花開耶姫(このはなさくやひめ)の話があり、木花(このはな)とはサクラのことで、開耶(さくや)がそのままサクラとなったという説もあるそうです。
サクラの「サ」が穀霊を、「クラ」は神楽を表し、田の神の依代(神霊を迎えるもの)とする意味もあり、花見は豊作を祈る山遊びのひとつとして考えられます。また3月27日は「さくらの日」です。1992年にサクラと「咲く」の「3(サ)×9(ク)=27」の語呂合わせから、財団法人日本さくらの会が制定しました。桜への関心を高め、花と緑の豊かな国土作りを目的としています。

⑩りんごのお手紙・白井和子
「りんごは色鮮やかで見ているだけでも、おいしそうですね。ワクワクしながらりんごを半分にすると、うれしい楽しいお手紙が届きます。」

⑪お名前スタンド・川手章子
「お花の中の白い部分にお名前やメッセージを書いて立てておくことができます。また、折り紙作品の前に立てて、作品名などを書いて置くのもよさそうです。ニッコリしたお顔を書き込んでも楽しそうです。」

⑫赤頭巾ちゃん・納所克志
「クマに始まり同じ基本形から色々動物を作る中、狼が出来た時に赤頭巾ちゃんがほしくなり考えたものです。人の子も動物も同じ形から作れることに自分でも驚いています。」

ミニ知識・赤頭巾
19世紀のドイツのグリム兄弟による「グリム童話」の話のひとつとして有名ですが、それより100年以上も前の1697年に、フランスのシャルル・ペローが口伝えの民話を再話した「ペロー童話集」があり、その中からグリム兄弟はこの話を取ったそうです。
狼などが人を食う「赤頭巾」系統の民話はヨーロッパ各地のみならずアジアにもあり、人々が普遍的に好む話だといえます。また「狼と七匹の子やぎ」の話も、子やぎが狼に食べられる話ですが、「赤頭巾」系統の話と近い関係にあったと考えられています。

[ミニ知識参考図書]
「花の風物誌」(八坂書房)、「家族で楽しむ日本の行事としきたり」(ポプラ社)、「記念日・祝日の事典」(東京堂出版)、「年中行事事典」(角川書店)、「世界大百科事典」(平凡社)、「なるほど!民俗学」(PHP)、「赤ずきん」の秘密(紀伊國屋書店)、「増補 赤頭巾ちゃんは森を抜けて-社会文化学からみた再話の変遷」(阿吽社)

◇◇支部だより◇◇
~湘南支部「TUTTI」支部長 野中陽子~
「透かし折りの窓飾り」
2006年11月4日、日ごろ部会の会場として使っているカトリック協会湘南台センターで、支部主催の講習会を開きました。ワンルームマンション2階の会場は三方が透かしガラスの窓になっていて、好条件の会場でした。
当日は前もってみんなで折った作品を窓に飾り、紙の準備から受付、進行など役割を分担しました。教える係りは二人で、ふだん折り紙をしない人たちにどうしたら楽しく折ってもらえるか、前もって何度も相談しました。基本の折り方と応用、貼り合わせのポイント、できあがった作品の裏に透明テープを貼ることなどを実習することにしました。
この窓飾りは112号(絶版)で広島の伊達好先生が紹介したものです。先生はクリスマスの頃、ドイツのシュタイナー教育のゼミナールに参加されました。その際訪れたシュトウットガルトは一面の雪におおわれ、点在する家々の窓にはとても美しい透かし折りの窓飾りが飾られていたそうです。先生は「どうしてもこれが折りたい」と思い、テキストを見つけて日本に持ち帰られました。
おかげで私たちは今、折る人の創意工夫が活かせるこの素晴らしい作品を楽しむことができるのです。私は亡き伊達先生の優しい笑顔を思い出します。
講習会は最後に紙の入手方法の説明をして閉会しました。皆さんは喜んでそれぞれの作品を、事前に渡したクリアケースに挟んでお持ち帰りになりました。「おりがみを見直したわ」、「帰ったら娘と一緒に折ってみます」などの感想も聞くことができました。
こうして支部設立2年目の事業の一つが終了しました。ちなみにTUTTIはイタリア語で「いっしょに」の意味です。これからも一人一人の良さを大切にしながら、一緒に活動していきたいと思います。

~新潟支部「はまなす」支部長 津野ミエ~
「岡村昌夫先生をお迎えして」
2006年10月3日、「連鶴の基本と応用」と題して、岡村昌夫先生をお迎えして講習会を催しました。
60名が参加しました。用意した和紙に先生は「用具はハサミだけ」の一言。エッ?ホント?なるほど!江戸時代の寛政年間の絵を見ても紙とハサミだけ。しかも正方形の紙があったわけはなく、懐紙とかを使って折りをつけ、ハサミを使ってのものだとのこと。
豊国、清長、そして北斎の絵にある千羽鶴と括り猿、他なんのためだろうと不思議に思っていたのですが、これも縁起物というか、厄除けの具としての女性の思い、はては日本人の心として折り鶴は発展してきたものと思います。豊国3代の美人画には紺の地柄がすべて折り鶴で白色の大きな折鶴紋が付いていて、その粋なデザインにはゾクゾクする思いです。
さて、いよいよ実技をお教えいただくのですが、まず正しい鶴の折り方、羽に線をつけないよう「空中折り」の妙技を教わり、和紙でハサミを使っての「芙蓉」と「稲妻」を作らせていただきました。作品についている狂歌のお話も伺いたかったのですが、時間が足りなく、またの機会になりました。
「つなぎ折鶴」の世界を楽しむには2年は必要のこと。さもありなん、と有意義な講習会を持たせていただきましたことに心から感謝いたしております。

~寄稿~「住民ふれあい祭りに参加して」井坂知里(東京都)
11月11日(おりがみの日)と12日に行われた八王子北野地区住民ふれあい祭りに、折り紙教室のみなさんの1年間の作品を出展しました。
書道、写真、編み物など力作ぞろいの中で、子どもたちが折り紙に興味を持ってくれました。伝承の「玉手箱」を開けて見せたり、「マジック・ローズ・キューブ」(バレリー・バンさん創作)を広げて箱から花になったのを見せると、「ワー!」と驚いてくれました。折り紙の楽しさが伝わってうれしくなりました。
「チマ・チョゴリ」は韓流ブームも手伝って、中年女性に人気がありました。「おかめ・ひょっとこ」(熊坂浩さん創作)は1枚の紙で折ってあることを説明しますと、「折り紙ってすごいわね!」とびっくりされました。毎年この祭りに参加していますが、体調をくずした本年は生徒さんたちが協力してくれました。折り紙で癒された1年でした。

~寄稿~「いのしし大集合!年賀状展」十河政子(広島県)
2006年11月1日からの年賀状の発売にあわせて、2007年の干支のいのししの折り紙年賀状と色紙を音戸郵便局(呉市)に展示しました。
いろいろなイノシシを折った後。どのように年賀状に貼ろうか迷いました。獅子舞やイノシシの夫婦などが人気だったようです。作品を見て年賀状を買っていかれる方も多いので、年賀状の売り上げも伸びていますと職員の方に喜ばれてホッとしています。12月28日まで展示しました。

~寄稿~「楽しい折り紙ライフ」川井久枝(愛知県)
先日、出雲へ行くバスツアーに参加しました。バスの中は退屈だろうと思って折り紙を持っていき、参加者全員に寿鶴(千野利雄作くじゃくばとのアレンジ)を折ってあげました。カバンにしまう人、鶴は羽が命だからと大切そうに旅行先から宅配便で送る人もいました。「鶴の先生、一緒に写真を撮りましょう」と声をかけられたりして、楽しい時間を過ごしました。
クリスマスには、きれいな広告の紙でアルド・プティグナーノさんの「バスケット」(「おりがみでクリスマス2」に掲載)を折って、図書館、保育園、老人クラブに配りました。広告の紙は丈夫ですし、バラエティに富んでいるので楽しいです。
自宅の玄関を折り紙で飾っています。折り紙の小鳥は歌い、花は咲き、魚は泳いで、修道女はしずしず歩き、ヨサコイの兄ちゃんは踊っています。日光の陽明門、日暮しの門のごとく眺めていて楽しいです。

~おりがみニュース~
「ふれあいフェスティバルで折り紙教室」
「障害者週間」(毎年12月3日~9日)のイベントの一環として、2006年12月5日に東京都庁第1本庁舎5階の大会議場で平成18年度障害者週間記念の集い「第26回ふれあいフェスティバル」が開催されました。プログラム第2部では「みんなでアートを体験しよう」をテーマに、折り紙、鉛筆デッサン、押し花アート、手で見る(目隠しして作る)造形の4つのワークショップが開かれました。
折り紙教室の講師をつとめられた大橋皓也常任理事(東京都)は、季節にあわせた作品としてサンタクロース(河合豊彰作品のアレンジ)と星を講習しました。
伝承作品とはひと味違った創作折り紙に初めて触れた方も多く、耳の不自由な方にもわかりやすいように文字による解説も同時におこなったユニークな内容は、参加者にも大好評でした。

「世界のおりがみ展「お国自慢シリーズ」 富山と群馬で開催決定」
日程:1月27日~2月4日(※1/9休館)
会場:北陸電力エネルギー科学館ワンダー・ラボ(電話076-433-9933
交通:JR富山駅徒歩2分
土日に折り紙教室開催!

日程:3月21日~4月3日
会場:高崎市少年科学館(電話027-321-0323)
土日に折り紙教室開催!

~日本折紙協会(http://origami-noa.com)とは~
NIPPON ORIGAMI ASSOCIATION (NOA)
日本折紙協会は、折り紙を世界の国々により一層普及させたいという思いと、幼児教育に限らず、大人の趣味、高齢者や身障者の方のリハビリテーションなど様々な可能性をもつ「おりがみ」普及の一助となりたいという考えから1973年10月27日に結成されました。
現在では、月刊「おりがみ」の発行、「世界のおりがみ展」「折紙シンポジウム」の開催、「おりがみ級」「折紙講師」「折紙師範」「折紙上級師範」の認定、「おりがみの日」記念イベントの実施、「日本折紙博物館」との提携など、おりがみ普及のためにさまざまな活動を行っています。

~会員になるには~
月刊「おりがみ」の年間購読を申し込めばどなたでも会員になれます。会員の特典として、協会発行単行本と協会取扱い折り紙商品の割引購入、月刊「おりがみ」への創作作品投稿、「世界のおりがみ展」「おりがみの日」「折紙シンポジウム」など協会主催行事に参加および作品を応募できるほか、「おりがみ級」「折紙講師」の申請資格があたえられます。

~月刊「おりがみ」とは~
会員から投稿される創作折り紙作品(話題の動物やキャラクター、季節にそった行事・イベントに関するもの)の折り図(折り方を図で順番に説明したもの)を紹介するほか、会員の折り紙活動を紹介します。折り図の順番通りに折っていけば完成できるので、小学生から90代の方まで1万人を超える会員の方がおりがみを楽しんでいます。
月刊「おりがみ」は毎月末ごろお届けします。

~世界のおりがみ展とは~
さまざまな情景を折り紙で表現した立体パノラマ作品(おりがみブースといいます)と個人作品の展示コーナーにおりがみ教室を加えたイベントが『世界のおりがみ展』です。もちろん書籍や折り紙用紙の物販コーナーを加えることもできます。

現在、世の中では様々なイベントが行われていますが「世界のおりがみ展」は動員催事と文化催事を兼ね備えた独特の巡回展で、1976年の第1回展より20年以上の歴史があります。

3年に1度ひとつのテーマにそって制作され、お子様ばかりではなく大人の方にも十分楽しんで頂き、毎回皆様に驚きと感動の世界を展開しています。なお、「世界のおりがみ展」には、外務省と文化庁の後援を戴いております。他に都道府県・市町村・地元教育委員会・マスコミ等に後援を戴いている場合もございます。

おりがみ展は、おりがみブース・個人作品展示とおりがみ教室に、オプションの[販売コーナー]で構成するおりがみイベントです。
[おりがみブース]は、数え切れないほどの作品によって作られたジオラマが、所狭しと展示されています。約90㎝角の展示台(ブース)とパネル(壁面)作品を基本に組合せて大小変化にとんだ装飾を可能にしています。又、この展示台は折りたたみ式で、運搬時には箱型に収納して運べるようになっています。

[個人作品]は、折り紙作品コンクールの対象になり、日本国内のみならず、世界20数カ国から送られてきた作品が、200余点集まります。その中から、外務大臣賞、国際交流基金理事長賞、NHK会長賞などの賞が授与されています。さらに、折紙著名人の作品も招待作品として展示します。

[おりがみ教室]は、日本折紙協会認定の折紙講師により行われています。1回40分の講座が1日数回行われ、いずれの会場でも連日大好評を頂いております。

[販売コーナー]は、日本折紙協会編集発行の月刊誌「おりがみ」、折り紙専門書、有名折り紙メーカーの商品(折り紙用紙等)を豊富に取り揃え、販売しています。これらの商品は、日本折紙協会がまとめて会場へ搬入・搬出致します。

この「世界のおりがみ展」は過去には全国の有名百貨店の催事として多く実施され、開催期間は標準で6日間前後です。集客には実績があり、「これほど折り紙が人気のあるものとは思わなかった」と催事のご担当者には必ず驚かれ、喜ばれます。昨年夏には日本橋三越本店催事場で実施し、大好評のうちに幕を閉じました。

来訪者としては、年配の方はもちろんですが、お子様連れのファミリー層も多いです。ベテランの折紙講師が懇切丁寧に教えますので、親子で皆さん楽しんでいかれます。当協会が活動趣旨に掲げている「折り紙の普及」にご協賛いただき、ぜひとも開催をご検討いただきたいと存じます。

パノラマ作品の最新作は下記の「世界のお国自慢シリーズ」であり、全34点あります。
1. 大江戸 天下祭り
2. どおか、おさいじゃったもんせ(おいでください)
3. 新潟のふるさとを語る〝萬代橋〟
4. 長崎くんち 龍踊り(じゃおどり)
5. 熊本のまつり
6. スポーツ健康宣言都市、船橋
7. 見沼田んぼ物語り1・2
8. ちくごは花盛り
9. 名所、旧跡が数多く残る福島県会津へGO!
10.折紙動物園市原ぞうの国
11.ひな人形・段飾り
12.美(うま)し国かがのと
13.雑司ヶ谷鬼子母神のお会式
14.高幡不動尊五重塔
15.信濃の国~田毎のお国自慢~
16.沖縄の「ちゅら海水族館」と楽しむ人々
17.相模の国のまつり自慢
18.世界でたった一つふなばしアンデルセン公園
19.世界遺産熊野古道参詣道中絵図
20.淡墨桜(うすずみさくら)
21.彩の国まごころ国体のおもいで
22.日本三景 宮 島
23.どや!大阪てんこもり ようけおまっせ!
24.あおによし寧(な)楽(ら)の都は咲く花の・・・・。
25.隅田川花火大会
26.因州和紙と折り紙にこだわって
27.万博自然公園太陽の塔をとりまく四季の花々
28.海・街・山 元気です 「神戸」
29.東海道「戸塚宿」幻想
30.吉原仲之町界隈(春宵)
31.刀田の太子さん」のほとり
32.ワッショイ百万、北九州!
33.ひまわりの迷い道
34.新東京百景「薬師池公園」の春夏

バックパネル・アブスト(ディスプレイ棚)・パーテーション・テーブル・椅子・販売ワゴン・ガラスケース・ストック棚等什器、電源・配線、看板・ポスター・チラシ・入場券、宣伝広告・広報・告知(宣材のポジはご用意致します)等はお願い致します。又、地元教育委員会・マスコミ等の後援も頂けるようお願い致します。
開催費用は、開催時期・開催期間・開催場所・内容等の条件によりご相談の上お見積りさせて頂きますが、おりがみブース全作品と個人作品展示、おりがみ教室、販売コーナーを設置した場合(フル装備)の最終的なご予算は「7桁」になるとお考えください。
「おりがみブース」は折り紙で制作した繊細な立体作品ですので、傷付かないようにダンボールで覆い、1個が2m弱の立方体になります。また運送方法にも細心の注意が必要となり、チャーター便で他荷物と混載せずに運ぶため、運送コストが通常よりもかかります。

展示作品数は会場スペースやご予算に応じて調整できますので、実施期間、会場の場所と規模、おりがみブースの展示数、おりがみ教室の実施日・時間・対象人数等と全体のご予算につきましては、お気軽に担当佐野までご相談ください。

日本折紙協会事務局
おりがみ展担当 佐野
TEL (03) 3262-4764
FAX (03) 3262-4479

~折紙シンポジウムとは~
全国各地で毎年夏(7月下旬)に開催。講演会、児童教育部会、歴史研究部会、創作部会、折り紙教室などにより新たな折り紙の世界に触れる機会として、また会員相互の情報交換や懇親の場として2泊3日の日程を行楽地(温泉地)で楽しく過ごします。世界各国から毎年300名を超えるおりがみファンが集まる世界最大の「おりがみイベント」です。

~NOAブックスとは~
日本折紙協会では、月刊「おりがみ」のほか、折り紙専門書籍を発刊しています。
「おりがみ4か国語テキスト」、「みんなくすだま」、「おりがみでクリスマス」、「おりがみでクリスマス2」、「おりがみでひなまつり」、「古典にみる折り紙」、「おりがみ傑作選1」、「おりがみ傑作選2」、「おりがみ傑作選3」、「おりがみ傑作選4」、「プレ創刊誌vol.1~3」の11点です。購入をご希望の方は、日本折紙協会のHP(http://origami-noa.com)の「こんな本知ってる?」のページで表紙画像をクリックすると、アマゾンの購入サイトへジャンプできます。代金引換やコンビニ払い等の各種お支払い方法で購入できます。

~おりがみの日(11月11日)とは~
この日は世界平和記念日であり、また数字の「1」が4つで正方形折り紙の4辺を表すことから、日本折紙協会では「おりがみの日」としています。この日を中心にして、会員の皆さんから寄せられた作品の展示会「おりがみカーニバル」や折紙講師勉強会を毎年10月にこどもの城(東京都渋谷区)で開催します。

~「おりがみ級」と「折紙講師」とは~
「おりがみ級」とは、主に16歳未満の会員のための資格です。月刊「おりがみ」で指定している作品を規定数折って協会に送付し、認定されると「おりがみ級認定証」が授与されます。最初は10級からスタートします。16歳未満の1級取得者には申請により「こどもおりがみ博士」認定証と、NOA特製バッジが授与されます。(詳細は月刊「おりがみ」をお読みください)

「折紙講師」資格は、16歳以上の会員であればどなたでも申請できます。協会発行の「おりがみ4か国語テキスト」を購入し、テキスト掲載の全作品約60点を自作完成させた形で申請書(テキスト巻末)とともに協会に送付し、申請料2,100円を納付(下記口座番号へ郵便振替)します。その後審査会が全作品合格と認定した方に折紙講師認定証と講師バッジを授与します。不合格作品があれば、その作品のみ折り直して再提出いただきます。(詳細は月刊「おりがみ」をお読みください)。

おりがみ4か国語テキストは、折紙協会のホームページ(折紙協会で検索)経由で購入できるほか(代引き・コンビニ払い)、郵便局にある払込取扱票の通信欄に「テキスト1冊」とご記入の上、テキスト代1,020円+送料290円=1,310円を下記へ郵便振替で送金していただければ入金日より約1週間でお届けいたします。
口座番号00110-6-188035 加入者名「日本折紙協会」

~おりがみをおしえる~
老人ホームや社会福祉施設、自治体主催のサークル、保育関係施設・学校、文化センター、カルチャー教室などなど、さまざまな場所でおりがみは活躍しています。
独自にボランティアで教えている会員の方も多くおられますが、協会には全国から「おりがみを教えてくれる方を紹介して欲しい」という依頼が毎月あり、折紙講師資格をお持ちの会員の方に指導をお願いしております(協会より報酬を支給)。
おりがみ教室では、お子さんから年配の方まで「おりがみをおぼえたい」という気持ちにこたえようと講師も真剣です。熱のこもった授業を終えて帰られる皆さんの表情は満足そうですが、講師の方は生徒の「ありがとう」の言葉に安心しつつも、もっとわかりやすい説明はないだろうかと考えるようです。毎回真剣勝負なので様々な苦労がありますが、いろいろな形で努力が報われるようです。

~おりがみ教室とは~
日本折紙協会事務局では、全国の日本折紙協会公認の折紙講師を派遣しています。
おりがみ教室をご依頼いただく際は、専用の申込書をご提出いただきますので、
ご請求ください。FAXでお送りいたします。
必要事項をご記入の上、実施日の最低1~2月前にご提出ください。

[折り紙教室料金表]
1.講師報酬:講師1名につき、12,600円(拘束3時間以内・対象40名まで)
※対象60名まで2名、80名まで3名、100名まで4名の講師が必要です。
※標準的な時間割は、講習1コマ45分(2作品)、準備・休憩15分です。

2.超過料:3時間を越える1時間毎に講師1名につき、2,100円を加算
3.材料費(折り紙):実費(一人100円程度+会場宛送料)※そちらで用意する場合は不要。
4.教材費(教本等):実費(内容により不要)
5.講師交通費:実費
6.講師昼食代:実費(時間帯による)
7.講師宿泊費:実費(日程による)
8.管理費:上記1~7の合計金額の50%がマネージメント料として加算されます。
※上記料金は消費税込み

※折り紙教室料金のご請求とお支払いについて
折り紙教室実施後、講師が協会に提出する「折り紙教室実施報告書」に基づき請求書を作成し、ご送付申し上げますので、ご検収の上日本折紙協会へお支払いください。
※講師への報酬等は日本折紙協会から講師にお支払いいたします。

折り紙教室でご準備いただくもの
1.予定参加人数分の机とイスをご用意ください。
2.入門証等の証明パスが必要な場合は、手続き方法と通用口をお知らせください。
3.宿泊を必要とする場合は、宿泊場所の手配の有無をお知らせください。
4.講師の人数に応じた講師控え室を教室付近にご用意ください。
5.作品展示をご希望の場合は、事前にご相談ください(別料金)。


教室時間割(プログラム)その他ご不明・ご要望は担当佐野までお気軽にご相談ください。
TEL:03-3262-4764 / FAX:03-3262-4479

日本折紙協会の公式メールマガジンです。全国のおりがみイベントを告知しています。
http://www.mag2.com/m/0000023495.html

+   月刊おりがみの目次配信サービス

趣味・芸術 雑誌の売上ランキング

BE-PAL(ビーパル)

2020年09月09日発売

目次: 特別付録 SHO’S 4WAY肉専用ソロ・トング/特集 最新キャンプギア徹底批評 160ITEMS/おつまみからメイン料理まで!この秋は“燻製達人”になろう

アウトドアといえばBE-PAL(ビーパル)!

  • 2020/08/06
    発売号

  • 2020/07/09
    発売号

  • 2020/06/09
    発売号

  • 2020/05/08
    発売号

  • 2020/04/09
    発売号

  • 2020/03/09
    発売号

2 美術手帖

美術出版社

最大
50%
OFF
送料
無料

美術手帖

2020年09月07日発売

目次: 特集
ポスト資本主義とアート

新型コロナウイルスは世界を大混乱に陥れた。
グローバル経済に伴う人の移動がウイルスを拡散させる新たなリスクになり、
加速し続ける資本主義というシステムを再考させる契機にもなっている。
現在私たちが社会の前提としている、商品や労働の概念は、
資本主義が生み出したものであり、
作品が「商品」として市場で売買され、作家の創作活動が「労働」ともされる
アートの「生産関係」もまた同様である。
本特集では、それらをとらえ直し再構築するために、
資本主義社会への問いを投げかけるアーティストやアートプロジェクトを取り上げる。
われわれはその経済システムとの関係をどうつくり変えることができるか? 
資本主義社会の新しいかたちとその可能性を、アートを切り口に探りたい。


PART1

マルクス・ガブリエル
かないみき=聞き手

マルクスからおさらいするアートと資本主義の関係
白井聡=文

「贈与」から考える美術と社会
白川昌生×白井聡

コラム:白川昌生『贈与としての美術』を読む
福住廉=文


PART2

レンゾ・マルテンス
河南瑠莉=聞き手

丹羽良徳
熊倉晴子=聞き手

アマリア・ウルマン
永田康祐+布施琳太郎=聞き手

資本主義とどう付き合うか?
遠藤水城×卯城竜太


PART3

アーティストサバイバルの最新形
喫茶野ざらし/カタルシスの岸辺/四谷未確認スタジオ

ポスト資本主義社会における「芸術生産」
毛利嘉孝×田中功起×清水知子

[論考]ポスト・コーポレーション
新しいコレクティビズムをめぐる2つの物語
河南瑠莉=文


PART4

アイザック・ジュリアン
近藤健一=聞き手

ヨアー・ナンゴ
かないみき=聞き手

[年表]資本主義の余白としての、ベッドルームにおける「展示」の試み
布施琳太郎=文

[論考]後期資本主義/ミュージアム/文化理論を日本において考える
小田原のどか=文

[翻訳論考]アートとポスト資本主義
デイヴ・ビーチ=文 中野勉=翻訳 清水知子=解説

ARTIST PICK UP
ラクス・メディア・コレクティブ/鴻池朋子

WORLD NEWS
London /Berlin /Insight

ARTIST INTERVIEW
内藤礼
星野太=聞き手

特別寄稿
「あいだ」と写真
『太陽の鉛筆』の余白、ではなく写真集の「潮間帯」をめぐって
北澤周也=文

REVIEWS
「ヨコハマトリエンナーレ2020」
椹木野衣=文
桑原正彦展「heavenly peach」
清水穣=文 

青柳龍太「我、発見せり。」(15)
平山昌尚「つづく」42話
プレイバック! 美術手帖

アート&デザイン学校ガイド
文化学園大学/東京工科大学/日本工学院
Go Artists Go! 市森天颯
アートスポットガイド
セゾン現代美術館/ポーラ美術館/
ベネッセアートサイト直島/MIND TRAIL 奥大和/岡崎市美術博物館/福島ビエンナーレ
LA GRANDE DAME Veuve Clicquot×YAYOI KUSAMA

BOOK
月刊美術史
常備店リスト
バックナンバー案内
次号予告

BOOK IN BOOK
台湾アートシーンの現在
武玉玲/何采柔/張徐展/幾米/游文富
栖来ひかり=文

参考価格: 1,760円 定期購読(【月額払い】プラン)なら1冊:880円

美術の専門雑誌という枠組みにとらわれず、さまざまなジャンルを横断する斬新な内容に定評。

  • 2020/07/07
    発売号

  • 2020/05/07
    発売号

  • 2020/03/06
    発売号

  • 2020/01/07
    発売号

  • 2019/11/07
    発売号

  • 2019/09/06
    発売号

送料
無料

PEAKS(ピークス)

2020年09月15日発売

目次: 特別付録 ハセベ式マルチクッカーケース/特集 秘湯を目指す山の旅/歩いてしか行けない名湯と、下山後に立ち寄りたい山麓の温泉を厳選!

参考価格: 1,100円

山登りをやってみたいと思っている20~30代、登山雑誌になじめない40~50代の人への情報誌。

  • 2020/08/12
    発売号

  • 2020/07/15
    発売号

  • 2020/06/15
    発売号

  • 2020/05/15
    発売号

  • 2020/04/15
    発売号

  • 2020/03/14
    発売号

COTTON TIME(コットンタイム)

2020年08月06日発売

目次: 〈特別付録〉人気作品柄カットクロス

ハンドメイド好きさん=布好きです。
「布との出会いは一期一会」と、ときめいたら買ってしまいますよね。
買ったはいいけれど意外と合わせづらい、高価だからハサミを入れられない、
福袋に入っていたけど捨てるのは忍びない…と
消費量と在庫量がアンバランスになっている方が多いようです。
今号は収納方法から、使いきりアイデア、
ときめかなくなった布の交換会や布を生かす新手法まで、
あなたの布”罪”庫が”財”庫になる提案をお届けします。

★巻頭特集★どうする!? 布在庫
Part1/あなたの布事情教えてください
Part2/余らせなければいいんです。ほぼ直線でできるアイテム
Part3/普通なのになんかおしゃれ♪ 有名作家のまいにち服
Part4/お悩み布、私ならこう使う!
Part5/布罪庫あるある!!
Part6/スラッシュキルトが新鮮です
Part7/どんな布でもかわいくなる魔法のデザイン3

〈特別付録企画〉人気作品柄カットクロスでボストンバッグorデイリー小物を作りましょう
話題の大臣マスクのレシピ大公開!
アマビエさんを刺しゅうで楽しむ
型紙フリーの量産できる布小物
端ぎれで作るゆるマスコット
幻のホビーショーを誌面で開催
布罪庫に悩む編集部員がハンドメイドノートを作ってみました
7月号付録のカットクロスでかわいい作品ができました!

連載/ちくちくちどりさんの 糸ボタン歳時記
連載/赤峰清香さんの帆布バッグレッスン
連載/みんなの知りたい調査隊「水通し・地直しについて」
69名様にPRESENT
COTTON TIME おしゃべり広場

〈タカギ繊維〉手作りキットがあれば、洗えるエコマスクが約10分で完成!
〈ブラザー販売〉刺しゅうミシンがお役立ち!
〈清原〉レジンラボ始動します!

参考価格: 930円

布のある居心地のいい暮らしを楽しむためのハンドメイドマガジン

  • 2020/06/05
    発売号

  • 2020/04/07
    発売号

  • 2020/02/07
    発売号

  • 2019/12/07
    発売号

  • 2019/10/07
    発売号

  • 2019/08/07
    発売号

最大
14%
OFF

CasaBRUTUS(カーサブルータス)

2020年09月09日発売

目次: LIFE DESIGN SHOPPING
理想の暮らしが買える店2020
新しいショップ様式

衣食住、そこにしかない何かがある、
日本全国リアルショップ74軒!

オンラインでの買い物がより身近になった今、
それでも、わざわざ足を運びたいのは?
空間やセレクト、店主の個性で魅了し、
訪れることがひとつの体験となりうる場所です。
ライフスタイルショップは"衣食住なんでも揃う"から、
"そこにしかない何かがある"へと変貌中。
自粛期間を経てますます面白くなった2020年のショップ、行き時は今です!

【SKWAT】
東京の空き物件を次々と占拠する…
〈SKWAT〉って何だ!?

【PEOPLE】
時代を先取る仕掛け人たち。

1 モノ好きな店主がハマっているもの。
〈Graphpaper AOYAMA〉南貴之〈/DEPT TOKYO〉eri
〈BATHHOUSE DAZAIFU〉郷古隆洋
〈KAUFHAUS〉中津由利加〈/IDÉE TOKYO〉深澤直人

2 古着の聖地から広がる輪。
〈TORO Vintage Clothing〉山口郁子
〈Out of museum〉小林眞〈/Picnika〉津留慎太郎

3 蔵前を面白くする仕掛け人。
〈喫茶 半月〉〈from afar〉〈文月〉〈道具屋 nobori〉〈菓子屋シノノメ〉毛宣惠

スタイリスト、坂元真澄の往古来今。

【GREEN】
「緑のある生活」も次のステージへ。

1 アートのある植物店。
〈(THISIS)SHIZEN〉/〈Blumo〉

2 植物とうつわで選ぶ8軒。

【INTERIOR】
時を経たモノや場所が時代を拓く。

1 ヴィンテージ家具ショップ、新世代。
〈es quart〉/〈PORT〉/〈CONTOUR〉/〈Hooked vintage〉

2 ファッションデザイナーが選ぶショップ空間。
〈WMV VISVIM TOKYO〉/〈Mame Kurogouchi Hanegi〉
〈FUMIKA_UCHIDA Store〉

【CATALOG】
ショップで探す、部屋を彩るプロダクト。

【FOOD】
あの人気ブランドが新たに作った食の店。

〈SAVEUR〉YAECA〈/TEATON〉PHEATON
〈puukuu 食堂〉mina perhonen〈/お茶と酒 たすき 新風館〉
PASS THE BATON〈Arkhē apothecary&kitchen〉CASICA...etc<.br><; br><; b>【GUIDE】
日本全国・最新ショップ案内30

ホンマタカシ TOKYO NEW SCAPES
櫻井翔 ケンチクを学ぶ旅。
祐真朋樹 ファッションスペシャル 2020 A/W
古今東西 かしゆか商店
長山智美 デザイン狩人
小寺慶子 レストラン予報
ほしよりこ カーサの猫村さん
Chill Cars 時代を超えて愛される、デザインの良い車。

参考価格: 980円 定期購読(2年プラン)なら1冊:843円

ファッション、建築、デザイン、インテリア、食、アートなど、暮らしにまつわる「デザイン」情報をお届けするLife Design Magazine = 暮らしのデザイン誌

  • 2020/08/07
    発売号

  • 2020/07/09
    発売号

  • 2020/05/09
    発売号

  • 2020/04/09
    発売号

  • 2020/03/09
    発売号

  • 2020/02/07
    発売号

最大
40%
OFF
送料
無料

IMA(イマ)

2020年08月29日発売

目次: 特集 「写真が描く世界のいま」

■写真家はどちら側にいるか? 文= 池澤夏樹
 カータ・ゲイブル/モナ・クーン/テリ・ワイフェンバック
 ヴァサンタ・ヨガナンタン/カート・トン/チョウ・アンド・リン
 アレキサンダー・グロンスキー/グラシエラ・イトゥルビデ
 クリスト&アンドリュー/ソン・ニアン・アン/マリア・グルズデヴァ
 顧 剣亨/ 張 克純/カティア・ストゥーケ&オリバー・ジーバー
 グレゴリー・エディ・ジョーンズ/ハンナ・ダラビ/エリック・ケッセルス
 ニック・ワプリントン/チャーリー・エングマン/小原一真/ 志賀理江子
 曹 良賓/藤原聡志/長島有里枝/バラット・シッカ/エルサ・レイダー
 オリバー・チャナリン/ 森 栄喜/ピクシー・リャオ/ジャブラーニ・ドゥラミニー
 アリス・マン/ソラブ・フラ/クリスティーナ・デ・ミデル&ブルーノ・モライス
■アートが呼び起こす連鎖反応 文=チョウ・アンド・リン
■社会運動における政治的展望と写真
文=カティア・ストゥーケ&オリバー・ジーバー
■死までの、自然までの、現代社会の中で人間である私からの「距離」
文= 志賀理江子
■女性のポートレイトにおける美の基準と教育の必要性
文=長島有里枝
■写真というメディアの脱植民地化
・ジャブラーニ・ドゥラミニー インタヴュー
■STEP OUT! vol.29 溝渕亜依
■アフリカ系アメリカ人写真家が紡ぐ、もうひとつの写真史
・美術史家シェリル・フィンレーに訊く
・アフリカ系アメリカ人がとらえる「自画像」を求めて 文=八巻由利子
 キャリー・メイ・ウィームズ/ダンジェロ・ロベル・ウィリアムズ
 ジョシュア・ラシャード・マクファデン/ザビエラ・シモンズ
■GINZA MAISON HERMES by DAISUKE YOKOTA


.................................................................................


連 載
TOKYO and US vol.15 シェルテンス&アベネス
Catch Up 世界の写真ニュース
Collector’s Eye vol.5 デイヴィッド・ソロ
Photobook Chronicle
vol. 4 『Doors』/『BUKUBUKU』
How They Are Made 新しい写真が生まれる現場
vol.21 石塚元太良
Subscriptions 定期購読のご案内
Back Issues / IMA Photobooks / Foci Press のご紹介

参考価格: 2,750円 定期購読(学割1年プラン)なら1冊:1,650円

さまざまなフォトグラファーとその作品を紹介、すぐれた写真評論も掲載する総合誌。

  • 2020/05/29
    発売号

  • 2020/02/28
    発売号

  • 2019/11/29
    発売号

  • 2019/08/29
    発売号

  • 2019/05/29
    発売号

  • 2019/02/28
    発売号

最大
50%
OFF
送料
無料

ビデオサロン

2020年09月19日発売

目次: ●特集
DaVinci Resolve
カラーグレーディング再発見講座

ルック作りのビジュアル思考と「ノード」構築をマスターする……鈴木佑介
DaVinci Resolveで“理想”に近づけるカラーグレーディング術……ニコラス・タケヤマ
風景映像を印象的に表現する実践テクニック……井上卓郎
カラリスト倉森 武氏に聞く~映画制作のカラーグレーディング・プロセス……高柳 圭
カラーグレーディングで困らない映像データの収集と管理術……渡辺裕之

●今月の話題

新製品カメラ速報
パナソニックLUMIX S5/ソニーα7C

ソニーα7S III
現場で感じたファーストインプレッション……江夏由洋(マリモレコーズ)

博報堂プロダクツのクリエイターが「ライティング」で魅せる
光でどこまで変わる?<Vol.2>[2FACE]編

●WEB連動企画

WEB連載「暮らしの映像」入門より
これから始める民俗映像記録……今井友樹

●連載

・New Products
・監督×俳優 演出ふたりがたり
 『蒲田前奏曲』監督・安川有果×女優・瀧内公美
・ビデオ作品投稿コーナー「Views」……岡野肇
・今日からあなたもダビンチ推し!……井上卓郎
・Final Cut Pro X Reboot……斎賀和彦/高田昌裕
・ビデオに効く! Creative Cloud活用術……大須賀淳
・CineWhoop Shooting STYLE……青山祐介
・Videographer’s File「奥山大史」……松岡佳枝
・DISCOVERY Movie……Heatin’ System
・映画監督・武 正晴の『ご存知だとは思いますが…』
・それが映画を○○にする……前田有一
・映画の裏窓……御木茂則
・4K&8K&HDR最前線……麻倉怜士
・映画作家主義……ふるいちやすし
・鈴木佑介の「動画をもう一度はじめから」
・日日精進!! 撮影部。……藍河兼一
・動画配信スタジオ運営日誌……川井拓也(ヒマナイヌ)
・イチから学ぶWEB動画広告……久松慎一・株式会社援軍

定期購読(【月額払い】プラン)なら1冊:715円

録る・見る・創る!デジタル時代のAVマガジン。

  • 2020/08/20
    発売号

  • 2020/07/18
    発売号

  • 2020/06/19
    発売号

  • 2020/05/20
    発売号

  • 2020/04/20
    発売号

  • 2020/03/19
    発売号

送料
無料

人生100年 植物と暮らそう!

  • 2020/08/21
    発売号

  • 2020/07/21
    発売号

  • 2020/06/21
    発売号

  • 2020/05/21
    発売号

  • 2020/04/21
    発売号

  • 2020/03/21
    発売号

最大
50%
OFF
送料
無料

ミセスのスタイルブック

2020年07月13日発売

目次: [特集1]
実物大パターンが大活躍!!
手早く作ってすぐに着たい
4  とっておきのワンピース&トップ
20  石田純子のスタイリングレッスン
    もう高いヒールははきたくない!
    明るく軽やかに 最旬シューズで鮮度アップ

[特集2]
夏を楽しむ 10item
30  1.洗練の白でクールビューティ
36  2.暑い日のお出かけはワンピースで
42  3.ストライプで颯爽と
46  4.大人がきれいに見える服
   レースが主役
50  5.着回し自在のジャケット
56  6.魅惑のエスニックプリント
60  7.[BEST ITEM] サマートップ30
72  8.素肌に優しい木綿と麻の服
78  9.カットソー図鑑
80  10.涼しいが一番!ゆったりサイズの“夏ボトム”

84  “いまり”の花更紗を着る
86  デザインの生まれる場所
    草木染め&手まり作家 TEMARICIOUS 安部梨佳さん、泉 菜穂さん
    季節をイメージした染め糸で
    伝統ある模様を現代的に表現
88  日暮里繊維街マップ
90  “エレガンス”発
    夏スタイルが小気味よく映る 涼やか素材のトップ
92  中野ユカリさんのベビーロック・ストーリー
    ロックミシンで服作りの時間と仕上りを上質に
94  アナウンスメント
95  “ファッションポラリス”の布地で作る
    スカート&チュニック
98  お便りルーム
109  「P.92 ベビーロック・ストーリー」の作り方
110  「P.95 スカート&チュニック」の作り方
112  「P.90 涼やか素材のトップ」の作り方
115  「P.4 とっておきのワンピース&トップ」の作り方
135  「P.4 とっておきのワンピース&トップ」の製図
141  PATTERN GUIDE パターンガイド
211  [特別付録]夏の手作りガイドブック

regulars
96  電話でショッピング
99  「文化式原型成人女子用」「文化式婦人原型」の通信販売
100  文化式原型成人女子用
102  文化式婦人原型
103  採寸のしかた
104  製図記号と製図表示
106  袖山のかき方
108  ニット素材の扱い方
209  文化出版局の本
210  SHOP LIST
224  次号予告
    年間定期購読のご案内
225  バックナンバーリスト
226  読者プレゼント

[とじ込み付録]
実物大パターン
S、M、L、LLの4サイズ
P.4~19掲載
ブラウス、チュニック、ワンピース 計14点

定期購読(【月額払い】プラン)なら1冊:495円

おしゃれを楽しむためのソーイング&ファッション誌

  • 2020/04/11
    発売号

  • 2020/02/12
    発売号

  • 2019/10/12
    発売号

  • 2019/06/12
    発売号

  • 2019/04/12
    発売号

  • 2019/02/12
    発売号

月刊おりがみの所属カテゴリ一覧

キャンペーン&TOPICS

日本最大級の雑誌取り扱い数!
定期購読の利用数100万人以上!
定期購読とは
雑誌を予約することで毎号ご自宅へお届けします!売り切れの心配なし♪
もっと詳しく ▶︎
タダ読みサービス
無料で雑誌が読み放題♪今日発売のあの雑誌も。
もっと詳しく ▶︎
法人サービス
雑誌を年間5万円以上ならお得な法人プレミアムサービスで!
もっと詳しく ▶︎
アフィリエイト
あなたのサイトで雑誌をおすすめしてみませんか?
もっと詳しく ▶︎
カテゴリ一覧
女性ファッション 雑誌
きれいめ・大人カジュアル系 雑誌 モード系・コレクション 雑誌 フェミニン系 雑誌 ママ・主婦 雑誌 コンサバ系 雑誌 ナチュラル系 雑誌 カジュアル系 雑誌 オフィスカジュアル 雑誌 子ども・キッズファッション 雑誌 ガーリー系 雑誌 ティーンズファッション 雑誌 原宿系 雑誌 着物・和服 雑誌 ギャル系 雑誌 セレブ系 雑誌 森ガール系 雑誌
メンズファッション 雑誌
メンズきれいめカジュアル 雑誌 モノ・グッズ 雑誌 メンズカジュアル 雑誌 ストリートファッション系 雑誌 スーツ・トラッド系 雑誌 アメカジ 雑誌 オラオラ系・お兄系 雑誌 腕時計・ブランド 雑誌 古着系 雑誌
ビジネス・経済 雑誌
経営・マネジメント 雑誌 海外事情・国際ニュース 雑誌 政治 雑誌 マネー・投資 雑誌 ビジネス・経済専門誌 求人・転職情報誌 法律・法務 雑誌 環境・エネルギー 雑誌 広告・マーケティング 雑誌 流通・小売 雑誌 人事・総務 雑誌 四季報 外食・ホテル業界 雑誌 会計・税務・経理 雑誌 農業・畜産・漁業 雑誌 飲食店経営・調理師 雑誌 金融 雑誌 貿易 雑誌 地方自治・行政 雑誌 起業・独立開業 雑誌 企業年鑑・データ 業界データブック 自己啓発 雑誌 ビジネスCD・通信教育 株・FX 雑誌 就職・就活 雑誌
健康・生活 雑誌
子供・児童学習 雑誌 子育て・育児 雑誌 家事・生活情報 雑誌 健康・家庭医学 雑誌 住宅・リフォーム 雑誌 住宅情報・賃貸 雑誌 インテリア・雑貨 雑誌 田舎暮らし・エコ・スローライフ 雑誌 結婚情報・ウェディング 雑誌 絵本・大型絵本 妊婦・赤ちゃん 雑誌
スポーツ 雑誌
サッカー・フットサル 雑誌 高校野球・プロ野球 雑誌 ゴルフ 雑誌 その他球技・競技 雑誌 釣り 雑誌 相撲・武術・武道 雑誌 筋トレ・ボディビル 雑誌 ダイビング・マリンスポーツ 雑誌 スノーボード・スキー 雑誌 ランニング・ウォーキング 雑誌 テニス・卓球 雑誌 バレエ・社交ダンス 雑誌 スポーツ医学・コーチング 雑誌 自転車・サイクリング 雑誌 サーフィン・ボディーボード 雑誌 バスケットボール 雑誌 F1・モータースポーツ 雑誌 ダンス 雑誌 プロレス・格闘技 雑誌 ボクシング 雑誌 水泳・ボート 雑誌 ラグビー・アメフト 雑誌
バイク・自動車・乗り物 雑誌
オートバイ 雑誌 カスタムカー・バイク 雑誌 外車・輸入車 雑誌 4WD・RV 雑誌 新車・ニューモデル情報 鉄道・電車 雑誌 飛行機・航空機 雑誌 中古車・中古バイク 雑誌
芸能・音楽 雑誌
テレビガイド・番組表 雑誌 音楽情報誌 エンタメ 雑誌 DVD(ビデオ)マガジン 映画・シネマ 雑誌 韓国(韓流・K-POP) 雑誌 ピアノ・クラシック 雑誌 ギター・ロック 雑誌 演劇・舞台 雑誌 洋楽 雑誌 ジャズ(JAZZ) 雑誌 ジャニーズ 雑誌 グラビア・アイドル 雑誌 写真週刊誌・ゴシップ 雑誌 写真集
グルメ・料理 雑誌
レシピ 雑誌 グルメガイド・レストラン 雑誌 お酒(ワイン・日本酒など) 雑誌 栄養学・食育 雑誌 パン・スイーツ 雑誌
旅行・タウン情報 雑誌
京都・関西 雑誌 関東 雑誌 東京(TOKYO) 雑誌 九州 雑誌 東海 雑誌 東北 雑誌 北海道 雑誌 北陸・信越 雑誌 中国地方 雑誌 四国 雑誌 沖縄情報 雑誌 旅行情報誌 温泉 雑誌 リゾート・レジャー 雑誌 タイ・アジア 雑誌 ハワイ 雑誌 その他 海外情報 雑誌 鉄道・バス時刻表本 航空時刻表
アニメ・漫画 雑誌
少年コミック・漫画 少女コミック・漫画 青年コミック・漫画 レディース(女性)コミック アニメ 雑誌 声優 雑誌 comics&アメコミ ディズニー・キャラクター 雑誌 コスプレ 雑誌 BL(ボーイズラブ)コミック・雑誌
ペット・動物 雑誌
犬 雑誌 猫 雑誌 トリマー・ペット業界 雑誌 魚・熱帯魚 雑誌 昆虫 雑誌 ペットその他 雑誌
文芸・総合 雑誌
女性総合誌 男性総合誌 カルチャー・文化 雑誌 文芸誌・小説 雑誌 時事・社会 雑誌 機内誌 宗教 雑誌 歴史・史学 雑誌 思想・心理学 雑誌 俳句・短歌・詩 雑誌 占い・開運 雑誌 書道 雑誌
趣味・芸術 雑誌
デザイン・アート 雑誌 プラモデル・模型 雑誌 ガーデニング・園芸 雑誌 手芸・ハンドメイド 雑誌 パズル・クイズ 雑誌 ナンプレ・数独 雑誌 クロスワード・ナンクロ 雑誌 ミリタリー・サバゲー 雑誌 競馬・競輪・競艇 雑誌 オーディオ・ステレオ 雑誌 アウトドア・キャンプ 雑誌 カメラ・写真 雑誌 分冊百科・ワンテーママガジン 将棋・囲碁 雑誌 イラスト・グラフィックデザイン 雑誌 建築・住宅建築 雑誌 陶芸・骨董 雑誌 ラジオ・無線 雑誌 ゲーム 雑誌 フィギュア・ホビー 雑誌 DIY・工具 雑誌 パチンコ・パチスロ 雑誌 ハイキング・登山 雑誌 麻雀 雑誌
ヘアカタログ・美容 雑誌
メイク・ネイル 雑誌 フィットネス 雑誌 ヘアスタイル 雑誌 ヨガ 雑誌 美容専門誌 ダイエット 雑誌 アロマ 雑誌
看護・医学・医療 雑誌
ナース 雑誌 介護・福祉 雑誌 医療技術 雑誌 薬学 雑誌 臨床外科 雑誌 臨床内科 雑誌 医療時事 雑誌 歯科 雑誌 獣医学 雑誌 理学療法 雑誌 その他 医学雑誌
教育・語学 雑誌
その他 NHKテレビ・ラジオテキスト NHK語学テキスト 幼児教育 雑誌 小学生教育 雑誌 中学教育 雑誌 高校教育 雑誌 受験・留学 雑誌 試験問題集・資格 雑誌 日本語学習 教材 ハングル・韓国語学習 教材 中国語学習 教材 リスニング教材・語学CD 英語教育・英会話 教材 フランス語学習 教材 ドイツ語学習 教材 スペイン語学習 教材 その他 語学雑誌 教員・教師 雑誌 通信・教育講座
テクノロジー・科学 雑誌
宇宙・天文 雑誌 機械 雑誌 化学 雑誌 情報処理 雑誌 地球科学・環境問題 雑誌 生物・生物学 雑誌 数学・物理 雑誌
パソコン・PC 雑誌
コンピューター・自作PC 雑誌 ネットワーク・セキュリティ 雑誌 Webデザイン・プログラミング 雑誌 DTP・グラフィック 雑誌 アプリ・スマホ 雑誌 インターネット 雑誌 Mac・マック 雑誌
新聞・業界紙
英字新聞 業界新聞・専門紙 新聞縮刷版 切り抜き・クリッピングマガジン 全国紙(新聞) 中国語 新聞・業界紙 地方紙(新聞)
洋(海外)雑誌
English newspaper Science&Nature Magazines Language&Education Magazines Money&Business& Magazines Fashion&Style Magazines others Design&Architecture Magazines Hobby&Entertainment Magazines Home&Interior Magazines Computers&Electronics Magazines バイリンガルマガジン・雑誌
中国雑誌
中国 ビジネス・経済 雑誌 中国 旅行・タウン情報 雑誌 中国 趣味・芸術 雑誌 中国 看護・医学 ・医療 雑誌 中国 文芸・総合 雑誌 中国 教育・語学 雑誌 中国 テクノロジー・科学 雑誌 中国 スポーツ 雑誌 中国 ファッション 雑誌 高等文化院校学報 高等理工学院学報 中国 バイク・車・乗り物 雑誌 中国 健康・生活 雑誌 中国 学生・こども向け 雑誌
その他
その他 雑誌